5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

軍事・兵法・戦記・戦史関連書籍総合スレット 2

1 :名無し三等兵:03/10/10 19:53 ID:???
950行きましたので立てました。以下コピペ

軍事や兵法や戦記や戦史などの書籍について語りましょう。

歴史を語ろうと思えば必ず戦争があります。それを語るのは大切です・
また。古典兵学の孫子やカール・フォン クラウゼヴィッツ など戦争論は、
単に戦術のみならず国際政治や哲学を語る不朽の名作です。語り尽くせ
ぬものがあるでしょう。

他にもサバイバルや危機管理関連の書籍なども、もしもの時の知識として良いです。
「民間防衛」 スイス政府 編やアメリカ陸軍監修のサバイバルなども良いですよ

前スレ
http://hobby3.2ch.net/test/read.cgi/army/1053498652/l50

2 :名無し三等兵:03/10/10 19:56 ID:gofincXA
自営業阻止……かな?

3 :名無し三等兵:03/10/10 19:56 ID:???
        __
 カキカキ   |';";ヾ;;|_  / ̄ ̄ ̄
       ( ・∀・) < 自営業阻止!
   _ _φ|_⊂_)_ \
 /凸/   /旦. /|   ̄ ̄ ̄
 | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|. .|
 |  一 等 自 . |. .| 
 |_______|/

4 :名無し三等兵:03/10/10 20:11 ID:???
赤軍の狙撃師団や、WW2の英米軍の歩兵・機甲師団の編制について
解説している本ってないでしょうか。
(欧州戦史シリーズ以外で)
それとWW2の英米の火砲についての本とかあったら教えて下さい。

5 :名無し三等兵:03/10/10 20:33 ID:???
昨日Osprey の Elite シリーズ第九十巻 Heroines of the Soviet Union 1941-45 入手。
・・・おーい、「ヒロインズ」だぜぇ! 「ソ連邦婦人英雄列伝」!
リーリャ・リトヴァクやマリア・オクチャブリスカヤ、リュドミラ・パヴリチェンコといったメジャー所から知られざる人物まで盛りだくさん。
して・・・あえて言おう、「萌え」であると!
ポートレイトが(選んでるんだろーが)美人ぞろい。三分の二くらいはそうでないかな。
で、エピソードが・・・
一個中隊が二十二人まで撃ち減らされ指揮官も倒れた部隊の・・・女性政治将校(精悍!)が戦車の上に飛び上がって拳銃をぶっ放し、「我ニ続ケ、前へ!」とやった話とか、
負傷兵を守るため一戦で二十八名のドイツ兵を撃ち倒した看護兵(お嬢様系)が、最後に七十名の負傷兵を助けるためタイガー戦車の履帯に梱包爆薬を抱えて飛び込む話とか、
後三日で航空学校に入るはずだったのに、射撃技量の優秀さを見込まれて徴兵された狙撃兵(きつめの、物凄い美形・・・)が、狙撃学校で知り合った親友(こっちはあまり美人じゃないけど、癒し系)と合わせて300の敵を狩った挙句に、退路を断たれて致命傷を負い・・・
「最後の別れのキスを交わし」て!(they kissed each other farewellって書いてある)手榴弾でドイツ兵を巻き添えに自爆する話とか・・・
生き残る人の話も勿論ある。
”looked like a sweet, hareless teenager"なのに赤星勲章、アレクサンドル・ネフスキー章、親衛徽章、黄金星勲章、レーニン勲章と赤旗勲章3個を持っていたため、外国報道機関から「ネタではないか?」と疑われた・・・
夜間複葉爆撃機で935回の出撃記録を持つ親衛大尉(小動物系美少女)の話とか。
おそらく全世界空前絶後の、萌え萌え実録戦記ですた。
・・・あちらさんも萌えの心が判るようになったかと思ったら、著”Henry Sakaida"って・・・ 日系かよ・・・

われながらネタに見えますが全てマジです。とりあえずぐぐってみそ。

6 :名無し三等兵:03/10/10 21:25 ID:???
前スレ第四章(突然死)http://hobby3.2ch.net/test/read.cgi?bbs=army&key=../dat9/1052454024
前々スレ http://hobby.2ch.net/test/read.cgi/army/1034984955/l50
前々々スレ http://hobby.2ch.net/test/read.cgi/army/1009497643/l50
前々々々スレ http://yasai.2ch.net/test/read.cgi/army/980501031/
関連:
軍事板 書評スレッド
http://page.freett.com/updat2ch/030428-980501031.html
軍事板 書評スレッドII
http://page.freett.com/updat2ch/030428-1009497643.html
軍事板 書評スレッド
http://yasai.2ch.net/army/kako/980/980501031.html
軍事オタが薦める一冊
http://mentai.2ch.net/army/kako/962/962485777.html
軍事マニア推薦図書スレッド
http://mentai.2ch.net/army/kako/966/966664863.html
軍事・兵法・戦記・戦史関連書籍総合スレット
http://hobby3.2ch.net/test/read.cgi/army/1053498652/

7 :名無し三等兵:03/10/10 21:35 ID:???
>>1,6乙

8 :名無し三等兵:03/10/11 04:05 ID:8sQCj0VM
堺屋太一age

9 :名無し三等兵:03/10/11 10:14 ID:EMqzUw63
     下がってろウジ虫ども! 。
      海兵隊M1がここを通過する!

                              /0 ゝヽ
                            _|___|_
                              (゚Д゚#) |
                        _ ━十⊂个_O  |
   ____                 // ̄/' ̄' ̄' ̄'i ̄'~'ニコニ]=ヽ
   ()) ))  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄) ̄ ̄) ̄ ̄ ̄)< /_      i  ニコニ]= |
   ~~~ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄<7三三ヽ._._._._.i._._,, -''ニニ" ̄ ̄ ̄ ̄i)
          /~/ニニ=''"~ ̄o/ーヽ''''~' ̄' ̄' ̄' ̄' ̄' ̄' ̄' ̄' ̄' ̄' ̄' ̄' ̄|
          /_/\' ̄' ̄' ̄' ̄/__/\_i__i__i__i__i__i__i,-''i"
           V==7ヽ._._._. V==ヽ~;~√ヽiii√ヽi;√ヽi√ヽi√ヽi√ヽi√ヽフノ
            V==ゝ 丿丿丿~~ V==ヽλ'丿iλ丿λ丿λ丿λ丿λ丿λ丿/

T72  貴様!俺の海兵隊をどうするつもりだ!
60式  口でクソたれる前と後に「サー」と言え!
97式チハ ふざけるな!大声だせ!タマ落としたか!
チャレンジャー 貴様には両生動物のクソをかき集めた値打ちしかない!
T55 アカの手先のおフェラ豚め!
90式 まるでそびえ立つクソだ!
レオパルド2 タマ切り取ってグズの家系を絶ってやる!
メルカバ じじいのファックの方がまだ気合いが入ってる! 
以降のフニャマラ戦車 ベトナムに行く前に戦争が終わっちまうぞ、アホ!

10 :名無し三等兵:03/10/12 13:01 ID:0umk1n6F
三野 

11 :名無し三等兵:03/10/13 23:05 ID:???
保守。

12 :名無し三等兵:03/10/16 09:27 ID:???
パンツァータクティクを先日読みました。戦術について他にも書いている本を
読みたいのですがお奨めを教えて下さい。

13 :名無し三等兵:03/10/16 09:34 ID:???
>>12
とりあえず松村の指揮と戦術

14 :名無し三等兵:03/10/16 12:05 ID:???
いっそFM 71-100 DIVISION OPERATIONSとか
ttp://www.adtdl.army.mil/cgi-bin/atdl.dll/fm/71-100/toc.htm

このサイトはその他Field Manual類各種がうぷされている。

15 :名無し三等兵:03/10/16 16:49 ID:???
13氏 14氏有難う御座いました。

>13
松村氏は多作ゆえどれを読むべきなのか迷います。
>14
IP規制のためライマ−将軍の電子図書館はここ2ヶ月間見られませぬ。
見られたら、SBCTの工兵中隊の話を見に行くのですけども。

16 :名無し三等兵:03/10/16 18:05 ID:???
松村さんの「戦術と指揮」「戦争学」「新戦争学」は読んどいて損は無い。
(でも若干日本人贔屓で、発言が過激かな? と個人的に思う。)

17 :名無し三等兵:03/10/16 22:39 ID:???
>>12 古典中の古典、ジョミニの「戦術概論」は押さえといた方が良いかと。

18 :名無し三等兵:03/10/17 11:51 ID:???
>16 実はビジネス書の類だと思って敬遠していました。
>17 諸兵科連合戦術などを知ろうとするとFMのようにひたすら具体的で
   絵解きが多く入っているか、古典になってしまうのが不満です。
   パンツァータクティクももっと内容が詳しければいいなぁと思って
   読んでいました。近接航空支援の話などは簡略すぎて。

19 :名無し三等兵:03/10/19 14:14 ID:???
「戦争映画100!バトル&ウェポン」を購入。
著者は「戦闘糧食の三ツ星をさがせ!」の大久保義信。とりあえず巻頭言がいい。

 紳士淑女のみなさん!
 なぜか20世紀末以来、戦争映画は「感動に胸ふるわせ涙する」
 ものとなってしまいました。
 こんなことではいけません。破壊と暴力、鉄と炎の嵐を戦争映画
 に取り戻そうではありませんか!!

映画秘宝ライクだが、本文は戦争映画に出てきた兵器、戦術を語るもので、以外とマトモ。


20 :名無し三等兵:03/10/20 22:28 ID:???
日本語で書かれた本で、大戦中から朝鮮戦争あたりの近接航空支援について書かれた本はありますか?


21 :ベタ藤原 ◆RoMNjfnp0E :03/10/21 21:58 ID:???
>>20
 そのものズバリ!
『朝鮮半島空戦記』ってのがありますよん。
 あと、
『朝鮮戦争空戦史』にちょびっと書いてあったよん。

 まあ、両方ソノラマで入手困難かと思いますが……

22 :ばばぼん♪ ◆.N0YKuUJPw :03/10/21 22:03 ID:???
>>1
スレッドのタイトル「スレット」は継承するのか(笑)。


23 :名無し三等兵:03/10/21 22:36 ID:???
>>20

陸戦史集(陸戦史研究普及会)の朝鮮戦争は、わりあい近接航空支援に
ついて触れられています。

二巻の最後のあたりには、近接航空支援による戦果などもまとめられておりました。
ただし、これも絶版ですね。

24 :⊂⌒~⊃。Д。)⊃グロツキー ◆DbCV61GINU :03/10/21 22:57 ID:???
>>5
http://www.ospreypublishing.com/author_detail.php?title=S5988&author=A2511&type=authors

ふむ、読みたいのぅ。でも英語だからなぁ。

25 :名無し三等兵:03/10/24 13:12 ID:qjduTA76
新潮新書・半田滋「自衛隊VS北朝鮮」読んだのですが
この本軍板的にはどうなんですか?

あとこの本にでてくる「K半島事態対処計画」について詳しい書籍あれば教えてください

26 :ばばぼん♪ ◆.N0YKuUJPw :03/10/24 20:59 ID:???
昔、サンケイ出版から出てた「艦攻スカイレイダー」をたったの\140でゲトーしますた!
カバーが日に焼けてるけど、気にしない気にしない。


27 :名無し三等兵:03/10/25 23:56 ID:???
「最強のジェット戦闘機」(世界の航空機1)編者デアゴスティーニ及び青木謙知 
「最強の空軍」(世界の航空機2)編者デアゴスティーニ及び青木謙知 
どちらも1050円税込 講談社 +α文庫

この本はデアゴスティーニの「週刊ワールド・エアクラフト」を編集し直した本です、
週刊ワールド・エアクラフト」の時の間違いが直ってます。
ただ残念な事にカラーが少なく、モノクロが主なのでそこが減点。

28 :名無し三等兵:03/10/26 07:25 ID:???
「間違いが直ってる」って、米英ひいきの記述もちゃんと公平に直してあるのだろうね。


29 :名無し三等兵:03/10/26 08:58 ID:???
『パンツァータクティク』のように、諸兵科部隊の運用についての本はないですか?
もちろん、日本語で。

30 :名無し三等兵:03/10/26 19:26 ID:???
英国製のシリーズ(たしか)なのでしかたないよ
贔屓は

というより無贔屓のがずっと珍しいかもね

31 :ベタ藤原 ◆RoMNjfnp0E :03/10/26 21:11 ID:???
 光人社NF文庫の「輸送船入門」がスゴ〜クイイ!
 日本輸送艦の台所事情、それを護衛する護衛艦の実情。それと日本のそれと対比さ
せる為に、イギリス、アメリカの輸送船、護衛のエピソードを取り上げてる点が凄く
イイです。
 買いだと思います。

32 :名無し三等兵:03/10/26 23:30 ID:???
>>29

自衛隊の教範。

たぶんイパーン人入手不可だけど。
英語くらい読めたほうが軍ヲタやるにも、人生楽しくやるにもいいと思いますがね。

33 :名無し三等兵:03/10/27 12:23 ID:???
>31
漏れも昨日ゲト!内容についてもはげ洞。
ついでに立ち寄った古本屋で「補給戦」ゲト!

34 :名無し三等兵:03/10/28 12:15 ID:???
>29
英語ならFMが無料で読めます。特殊作戦関係と生物化学兵器関係と機甲関係を
除いて大抵は閲覧可能。
 でも、一つだけ読んでもあまり面白くないかも。小隊と中隊と大隊と旅団と
師団といろいろのレベルで書かれていてるし、度々改訂されているのを比較すると
何となく面白くなるかもしれません。

35 :名無し三等兵:03/10/29 01:55 ID:???
>>14
DIVISIONより、
FM71-123 Tactics and techniques for Combined Arms Heavy Forces, Armored
Brigade, Battalion/Task Force, and Company Teamをお勧めするね。

>>34
しかし、日本語に訳すときに公式な防衛用語辞書すらでてないので訳すときに
対照すべき日本語の意味がわからん。
自衛隊はまことに軍事学を独占している組織ですなぁ。
用語集くらい公開にしてくれりゃいいのに。
教範を買おうと古本屋めぐりするしかない現状、ばかばかしくなるよ。
前スレで誰か聞いてたけど、一番の基本である「躍進」、広辞苑にも
定義書いてないよ。死語になっちゃったw

36 :名無し三等兵:03/10/29 02:13 ID:???
どこで聞いたらいいのか全く分からないのでここに書きますが
河野嘉之がよく挿絵等を描くときに使っている画材って何なんですか?
墨みたいな感じの絵です

37 :名無し三等兵:03/10/29 13:51 ID:???
>>35
そんなあなたに情報公開制度
http://www.jda.go.jp/
で質問なんですが、防衛庁の情報公開制度を利用した人っています?
申請不許可を受けた場合ってどうなるんでしょうか?
今度用語集を申請しようと思うんですが、
おそらく不許可処分を受ける確立が高いと思ってますので・・・
プロ市民や極左テロ組織の一員と勘違いされて公安?に目をつけられたり
とかすると家族に迷惑かかるしフリーターで社会的に立場弱いしで困ります。

38 :名無し三等兵:03/10/29 14:07 ID:???
>>37
申請不許可の意味がわからんけど、
貴方が特定の外国人と付き合いがある人や特定の団体の関係者以外なら、
ただリストの記載されるだけで問題は無いよ。

もし不開示があった場合は不服申立てをしたら、
結構開示される事がありますので。

もちろん重要な箇所は黒塗り開示ですが、
黒塗り開示は凄く腹が立つ、手数料を返せと。

39 :名無し三等兵:03/10/29 16:13 ID:???
>>37
軍ヲタ風味をあからさまに醸し出せば大丈夫。

40 :名無し三等兵:03/10/29 17:33 ID:???
>>39
軍オタ風味って具体的にはどんな感じですか(w

41 :名無し三等兵:03/10/29 17:48 ID:???
服装を軍装か迷彩で統一し
行進スタイルで窓口に向かい、ビシッと敬礼
手を後ろで組んで顔をやや上に向け、大声で
「自分は〜であります」の口調で発言し
待機中はキヲツケで直立不動、しかし周囲の警戒を怠らず……

こんな感じか?

42 :名無し三等兵:03/10/29 17:50 ID:???
>40
まず小太りで眼鏡をかけて服装には頓着せず、風呂も数日控えた方がよい。
中に大事な資料をみっちり詰めたでかいカバンとポケットの多い服は必須。
ちょっとオドオドして挙動不審気味だが、話題が軍事になったとたんに自信満々にマシンガントークを繰り出す。

こんな感じ。

43 :海の人 ◆STEELmK8LQ :03/10/29 18:30 ID:???
>41
> 「自分は〜であります」の口調で発言し

 陸式氏ね

44 :37:03/10/29 18:43 ID:???
>>38
ありがとうございますM( )M。
利用したことのある方の話が聞けたらなぁという淡い
期待は抱いていましたが、やはりここで聞いてヨカッタ・・・


>>41 42
>軍オタ的
ア、アブナイ・・・^^;
普通に行こうと思います。
どうせ私も軍オタの端くれですんで地が出ると思います。

そういうんであれば、
「Semper Fi! Do or Die! Gung-ho Gung-ho Gung-ho!
サー!こんにちわ○○です。サー!」
というのを瞬時に思いつきますもん。
実際はやりませんがw

45 :名無し三等兵:03/10/29 18:50 ID:???
マリナーズは何でネタに噛みついてんのかな

46 :名無し三等兵:03/10/29 21:26 ID:???
>45 42式に対する声援


47 :名無し三等兵:03/10/29 21:33 ID:???
「アメリカの巨大軍需産業」って軍事板的にはどんな感じですか?

48 :名無し三等兵:03/10/29 22:05 ID:???
すると、海では、「○○であります」とはやらないのかぁ。しらなんだ。
この分野の知識を補う本は何かいいのがありませんか?
各軍の言葉使いなど。

49 :名無し三等兵:03/10/29 22:11 ID:???
つか陸自って今でも〜であります って言葉使ってんの?

50 :名無し三等兵:03/10/30 01:17 ID:???
>48 「あります」は長州弁。
海軍は薩閥だから、上官に話すときの語尾は「ごわす」。これ付けないと通じない。
ちょっと別の訛りもはいって、「はい」という返事を鈍くさく「あい、あいさ」とか言ったりもする。

51 :名無し三等兵:03/10/30 05:08 ID:xQxyGj+6
ふしぎだなあ にほんごわ

52 :名無し三等兵:03/10/30 05:31 ID:???
>>47
電波

53 :名無し三等兵:03/10/30 15:11 ID:???
陸自で「あります」は使わない。
今でも使ってるのは、旧軍フェチ、勘違いオタ、リアル長州人

54 :名無し三等兵:03/10/30 19:06 ID:???
「ウォーシミュレイション 北朝鮮暴発の日」って、読んだ方いらっしゃいます?
立ち読みした限りでは、タイトルとは裏腹にかなりまともそうな感じなんですが。

55 :ミリ屋哲 ◆StCoSUah7Q :03/10/30 21:48 ID:???
芙蓉書房って、なんで独自のサイト持たないんだろう。。。


今回芙蓉書房から出版された、明治以降の日本の軍事制度や施策を
研究した本、なんて言う題名か知っている人いたら教えて。

56 :ベタ藤原 ◆RoMNjfnp0E :03/10/30 21:53 ID:???
>ミリ哲
 こういう時の為に、Yahooがある……
http://books.yahoo.co.jp/bin/search_key?p=%C9%E7%CD%D6%BD%F1%CB%BC&pp=&sc=7
 こん中にあるか?

57 :ミリ屋哲 ◆StCoSUah7Q :03/10/30 22:01 ID:???
>56
無いな。。。今週の朝雲に、「戦訓報」集成や戦略思想家辞典と並んで広告
打たれていたんだが。。。やっぱチョパーってくれば良かった>朝雲

58 :名無し三等兵:03/10/30 22:20 ID:???
>>55ここにあるよ↓
ttp://www.stb.co.jp/fuyo/

でも望みの本は無いようだが。

59 :名無し三等兵:03/10/31 18:03 ID:???
レーニン、トロツキー他、共産系指導者で軍オタとして読んでおくべき本
もしくは、知るべき事を著した本を知りたいです。
報告願います。

60 :名無し三等兵:03/10/31 18:20 ID:???
>>59
・赤軍野外教令(1936年ソビエト軍教令)
http://www.kosho.or.jp/servlet/bookselect.Kihon_result
・毛沢東 遊撃戦論 中公文庫
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4122038510/qid%3D1067591787/249-0557241-3919504
・ゲバラ
ゲリラ戦争―キューバ革命軍の戦略・戦術 中公文庫BIBLIO S
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4122040426/ref=sr_aps_b_/249-0557241-3919504
・グエン・ザップ(ディエンビエンフーのベトナム側指揮官)
人民の戦争・人民の軍隊―ヴェトナム人民軍の戦略・戦術 中公文庫BIBLIO S
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4122040434/ref=pd_bxgy_text_2/249-0557241-3919504

61 :37:03/10/31 18:46 ID:???
「リスト」っていのがあれから、気になったのでぐぐってみましたが、
そのリストでは何回も利用する者には元G、市民G等ランク付けがされていた
申請用紙にはない住所・氏名・職業があった(追跡調査されてる?)...と(毎日新聞)
http://www.mainichi.co.jp/news/selection/archive/200205/28/20020528k0000m040172000c.html
ソースが毎日新聞なのがアレですが、うーん。。。これってプロ市民ホイホイですね。
趣味の延長で読んでみたいだけで、別に妙なことに使おうというわけじゃないんですけど
ただ、定職についてるなら格別、ふけば飛ぶようなフリーターの経歴がいつでも
庁内回覧されうるよーな羞恥プレイに個人的に耐えられそうもないので^^;
やっぱやめときます。

62 :名無し三等兵:03/10/31 19:29 ID:???
>>60
有難うございます。
一番上は特に興味深いので
探してみたいと思います。

63 :60:03/10/31 19:40 ID:???
>>62
追伸
60の赤軍野外教令は階行社ので、戦前の出版だから、カナ交じりで読みにくいと思う。
同じものが戦後次の題ででてる。
『ソ連野外教令』、 土居明夫、 大蔵出版 1953
(土井昭夫ってのは元陸軍中将)
ここで取り扱ってるみたい。
http://www.t3.rim.or.jp/~ariya/w2.html
あと、検索したらでてきたけど、ここでさわりだけ読めるようだ。
http://angrif.hp.infoseek.co.jp/RAD.htm

64 :ミリ屋哲 ◆StCoSUah7Q :03/10/31 20:18 ID:???
>55は

近代日本の軍事戦略概史  黒川雄三 著

ですた。どこでやってもヒットしねぇ。明日直で芙蓉書房に
注文しよう。

65 :名無し三等兵:03/10/31 20:24 ID:???
>>59 クラウゼヴィッツも忘れずに。
後マルクス・エンゲルス全集の14巻あたりは軍事ジャーナリスト・エンゲルスのレポートがたくさん詰まってる。結構面白い。
それから・・・これはどうかな。
ttp://hanran.tripod.com/guerrilla/minimanual00.html

66 :ベタ藤原 ◆RoMNjfnp0E :03/10/31 22:47 ID:???
「本土防衛戦史元寇」も、だぶつくようになったねぇ……


67 :ベタ藤原 ◆RoMNjfnp0E :03/10/31 22:48 ID:???
>>64
 広告は予告で、実はまだ発売されてないんじゃ、とか?

68 :名無し三等兵:03/10/31 23:45 ID:???
「図解でわかる戦争からの生き残り方」フロム出版 880円(税込)

一般人が戦争が起きた場合のサバイバルの本です、
中途半端な記述内容なのででお勧めはしないです。

少し高くても良いからサバイバルの本は、
しっかりした本を作って欲しいですな。

69 :ミリ屋哲 ◆StCoSUah7Q :03/11/01 10:54 ID:???
>67
大当たり。再来週だってさ。。。

70 :名無し三等兵:03/11/03 18:18 ID:???
http://www.soshisha.com/books/1226.htm
http://www.mainichi.co.jp/life/dokusho/2003/0914/05.html
健康帝国ナチス

オモロソウで気になる・・・

71 :名無し三等兵:03/11/03 18:55 ID:???
>>68
貴方は、サバイバルマニュアルを読んだ過去がありますね?

72 :名無し三等兵:03/11/04 00:16 ID:???
ミリ哲の人は実にふさわしいレス番を取るなあ…。

73 :ミリ屋哲:03/11/04 22:27 ID:???
平和のための「戦争学」  松村 劭 著  PHP研究所


getした。とりあえず、政治屋どもは全員これ読めといいたい。

74 :名無し三等兵:03/11/04 23:17 ID:???
>>ミリ
松村って同じ内容の本ばかり書いてないか?

75 :ベタ藤原 ◆RoMNjfnp0E :03/11/04 23:42 ID:???
「統師乱れて」買い損ねた〜

76 :ミリ屋哲 ◆4EZIX.r92I :03/11/04 23:51 ID:???
>74
一応、そのときそのときのデータを加えてアップデートしてるからな。

内容にしても、よく読めばだんだん深くなっている。

77 :名無し三等兵:03/11/05 10:35 ID:P5B37TDv
>70

俺読んだけど面白かったよ。内容は書評のとおり。
表紙は凄いけど、著者はペンシルヴァニア州立大の教授(医学関係らしい)でしっかりした人。
メンゲレの人体実験の論文が、現在の医療関係論文でも引用されてるなんて話は興味深かった。
(似たような実験やった人がいないから、当然と言えば当然なのかもしれないが・・・)

直接軍事には関係ないけど、ナチスに関心があるんなら買いだろう。結構おすすめ。

78 :名無し三等兵:03/11/05 16:49 ID:???
>>77
感想ありがとうございます
ナチスに関心あるほうなんで 
これで購入確定

79 :名無し三等兵:03/11/05 23:39 ID:???
古本屋で、「日本戰時經濟讀本」(1941年2月発行)なる本を購入しますた。

目次はこんな感じ(現代表記に改めます)

第一章 欧州戦争と東亜経済の動向
第二章 世界大戦化と列強の国防力拡充工作
第三章 経済新体制における諸問題
第四章 経済新体制要綱の検討とその運営
第五章 官界新体制とその私案
第六章 ナチス統制経済の検討
第七章 経済封鎖下の日本戦時経済

レベル的には、当時の知識階層に対する経済の現況の啓蒙を狙った感じの
本に見えます。学術書ほど硬い文体ではありませんが、数字などはそれなりに
出てますし、岩波新書くらいのレベルですかねえ。

ぱらぱら読んでいますが、日本経済の現況が比較的客観的な数字と言葉で
語られているのがいささか意外ですた。

シリーズで、他にも何冊かあるみたいなんですが、入手して読んでみたいですね。
特に、ソヴィエト重工業讀本と、燃料・動力経済讀本と、日本戦時中小工業論を。

80 :眠い人 ◆gQikaJHtf2 :03/11/06 00:33 ID:???
>79
もしかして、小島精一著でっしゃろか?
漏れは、「戦時日本重工業」(S.14)を持ってまふ。
なかなかこれも面白い本ですよ。

81 :名無し三等兵:03/11/06 01:32 ID:???
>>80

そうです。

「戦時日本重工業」とは出版社が違うようなのですが。わたしの買った本は
千倉書房から出版されています。

著者についてはよくわからないのですが、どうも鉄鋼関係に強い人だったようですね。


82 :303:03/11/06 11:19 ID:etwjpY/k
今、手に入るジョミニの「戦術概論」は、完訳ですか?
それとも抄訳ですか?

83 :名無し三等兵:03/11/06 14:06 ID:???
>>82
抄訳です


84 :82:03/11/06 14:37 ID:etwjpY/k
そうですか、残念ですね。
過去までさかのぼれば、完訳本はありますか?
訳が酷いのとかは除いて。

85 :名無し三等兵:03/11/06 21:14 ID:???
>>84

Antoine Henri Jominiの"Precis de l'Art de Guerre"の中公文庫Biblioに
入っている訳は、もとは原書房から出ていたものです。

で、この原書房の訳なんですが、実はこれは原典のフランス語からの直訳
ではなく、1862年に原典から英語に抄訳された版からの重訳です。

つまり、今出ているジョミニの戦争概論は、抄訳された英訳版からの重版と
いうことで、かなり注意して取り扱う必要があることになります。

ということで、フランス語から直訳された版があればいいわけですが、大学図書館
レベルでも所蔵しているところはないみたいですね。戦前に参謀本部あたりが
訳しているはずなんですが。

結論ですが、英訳版自体が抄訳なものですから、原典そのままを読みたいのなら、
頑張ってフランス語勉強してください(笑



86 :名無し三等兵:03/11/06 22:14 ID:???
>戦前に参謀本部あたりが訳しているはずなんですが。
国会図書館でなんと言う検索キーワードで探せばいいですかね。

87 :名無し三等兵:03/11/06 22:51 ID:???
>>86

著者名で検索かけるのが普通だと思いますが。でも、国会図書館が所蔵してる
かどうかはわかりませんよ。

さっき検索してみましたが出ませんでしたし。

Nacsisのwebcatでもダメでしたね。素直に英語版か、そのもとになったフランス語版
探したほうがよさそうです。

88 :眠い人 ◆gQikaJHtf2 :03/11/06 23:47 ID:???
>81
小島経済研究所というのを自分で興して所長になった人みたいですね。
商工省の元役人だったみたいです。

89 :名無し三等兵:03/11/07 03:12 ID:???
フォークランド紛争の、アルゼンチンがわパイロットの手記が読める本を教えてクダサイ

90 :名無し三等兵:03/11/07 10:18 ID:???
>89
the fight for the malvinas
などはどうでしょうか。アルゼンチン側に取材した英国人の著作なので
入っているかもしれません。

91 :82:03/11/07 10:53 ID:5z5nIwVx
>>85>>86>>87
ありがとうございます。
ということは、完訳が出ていないから、もし出せばけっこう売れる可能性があるわけですねw
身近に翻訳が酷い本の新訳運動に関わっている人がいるので、相談してみたいと思います。

ところで、フランス語の原典は長大で難解なのでしょうか。

92 :82:03/11/07 11:21 ID:5z5nIwVx
自分であーだこーだ訊いておきながら申し訳ありませんでしたが、国会図書館で検索してみたところ、こんなのが出てきました。

ジョミニ著 司馬亨太郎訳《韜略提要》(興亡史論刊行会 大正7)

「興亡史論」というシリーズの7巻目でマキアヴェリの「君主論」とセットのようです。
おそらく、漢文調でメチャメチャ読みにくいでしょうが。
ちなみに請求記号は「355-89-(1・7)」です。
あと、参謀本部による《七年戦論》の重訳も見つかりました。「 YDM3587 (マイクロフィッシュ)」

私は地方在住なので、どなたかこれらの本について論評していただけないでしょうか。

93 :名無し三等兵:03/11/07 11:26 ID:???
>>92=>>82
図書館間貸し出しに参加している県立、市立図書館が近隣にあれば
国会図書館の本も借りられます。問い合わせてみたほうが良いでしょう。
マイクロもそれで貸し出してくれますよ。

94 :82:03/11/07 11:57 ID:5z5nIwVx
>>93
ありがとうございます。
利用してみたいと思います。

95 :名無し三等兵:03/11/10 23:42 ID:???
七年戦論って近代デジタルライブラリーで読めない?

96 :名無し三等兵:03/11/11 00:44 ID:???
>>82
完訳期待しているから、もし何か進展があったら報告キボンヌ。

97 :名無し三等兵:03/11/11 04:35 ID:???
「タンクテクノロジー」がすごく欲しいんですが、どこにも売ってない・・・

98 :82:03/11/11 11:02 ID:13ocJ5xJ
>>96
ただ残念ながら自分が知っている新訳運動家の人は英語専門なんですよ。
ドイツ語やフランス語の文献にも、こういった運動が広がっていくことを願っています。

99 :名無し三等兵:03/11/11 12:16 ID:???
>>98

ただこのJominiの場合、>>85で書いたフランス語原典を入手するのは非常に困難で
あるように思われます。NacsisのWebcatで検索かけても仏語版を収蔵している大学
はないようですし、amazon.frでも売っていません。

洋書古書を取り扱っている海外のサイトで検索かけるところまではやってない
のですが、結構入手難な文献なのかもしれません。

英訳版は簡単に手に入ります。

# クラウセビッツはレクラム文庫にも入ってるくらいなのにねえ。

100 :82:03/11/11 14:07 ID:13ocJ5xJ
今日、>>92に書いた大正時代の訳本が図書館から届きました。実は自分が学生として通っている大学図書館にありました(検索の方法が悪かったらしいです)。
で、国会図書館の検索では表示されなかった事実が判明。

この本は原典のドイツ語訳を重訳したものであり、「興亡史論」というシリーズのため「第四章以下は純軍事的専門を以って全然これを省略」していること。
また、第三章にも「多少の剪裁を施した」こと。

まだ中身までは進んでいませんが、凡例を見てみただけで、国名や人名を漢字表記しているなど、そうとう古い文章になれている必要があると感じました。
ちなみに面白かったのは、今手元にあるこの本が、昔は陸軍学校の図書館にあったことを示す捺印が押されていたことです。

>>99
英語版でも、抄訳しか出ていないということでよろしいのでしょうか。

101 :名無し三等兵:03/11/11 15:31 ID:???
アマゾンフランスで売ってるけどこれじゃないの?
http://images-eu.amazon.com/images/P/2851840797.08.LZZZZZZZ.jpg

102 :ミリ屋哲 ◆4EZIX.r92I :03/11/11 22:55 ID:???
近代日本の軍事戦略概史、クロネコでは注文できるようになった。
さっそく注文。

103 :名無し三等兵:03/11/12 13:59 ID:???
ミリはどうして高い本ばかり買いやがるのでつか?

104 :名無し三等兵:03/11/12 15:11 ID:???
>>103
欲しい本が少部数発行で高いのだからしょうがないやん!


105 :名無し三等兵:03/11/12 20:15 ID:???
高いといえばチャンドラーのナポレオン戦争(信山社)ですが、
最終巻はいつ出るんでしょうかね?
最終巻出さずに潰れられると困るのですが

106 :ベタ藤原 ◆RoMNjfnp0E :03/11/12 21:13 ID:???
 暇つぶしに、オークションで競り落とした、

 第二次世界大戦ブック別巻「作戦の真相」

 が凄いです……
 米戦略戦略爆撃調査団の日本軍上層部に対する尋問記録のダイジェストなんです
が、あの小沢が、戦後、自宅の一部を人に貸したら、何時の間にかその下宿人に母
屋の乗っ取られ、端の一間でひっそりと暮らしてたという小沢治三郎が、レイテ、
マリアナ両海戦について語ってるんですわ!
 戦後すぐなのに、栗田タンは己の妄想に生きようとしてるし、山下奉文の証言記
録もあるし!

 見かけたら、絶対買っておいて損はないかと思います。

107 :ミリ屋哲 ◆4EZIX.r92I :03/11/12 21:25 ID:???
>106は日本の古本屋にも結構あるぞ。1000円前後で手軽だ。

早速注文しますた。

>103
近代日本の軍事戦略概史は2300だし、軍事関係としては
手ごろな価格だと思うぞ。


108 :ベタ藤原 ◆RoMNjfnp0E :03/11/12 21:32 ID:???
>>107
 え〜 特別編(「開戦の原因」「終戦への決断」「作戦の真相」)は見かけないぞ。
「終戦への決断」なんか、もう何年も探してるのに……

109 :ミリ屋哲 ◆4EZIX.r92I :03/11/12 21:34 ID:???
>108
じゃあ、タンクテクノロジーや戦車第十一聯隊史がいつまでも見つからない
漏れにどうしろと?

110 :ベタ藤原 ◆RoMNjfnp0E :03/11/12 21:44 ID:???
>>109
 写本するとか?
 いや〜ん! お坊さんみたいでカッコイイ!!

111 :ゆうか ◆9a1boPv5wk :03/11/13 10:56 ID:J5WSJovh
国立国会図書館を利用しましょう。
あそこなら日本で発行された全ての書籍が揃ってますし、コピーサービスもあります。
遠方の方向けに地元の図書館経由の配送サービスもあったかと。

112 :名無し三等兵:03/11/13 20:16 ID:1yf0vDcI
特殊部隊や軍隊の格闘術について解説してる
おすすめの本などないでしょうか?
田舎なので手に入れやすい本だとうれしいっす。

113 :名無し三等兵:03/11/13 20:56 ID:???
>>112
並木書房の「自衛隊徒手格闘」は?

114 :名無し三等兵:03/11/13 21:17 ID:kBC4FcRO
司馬亨太郎って、明治時代の陸大の教授ですよね。司馬遼太郎は、この人を意識してペンネーム考えたと密かに推測してます。

115 :名無し三等兵:03/11/13 21:48 ID:???
>遠方の方向けに地元の図書館経由の配送サービスもあったかと。

 それ,館内閲覧限定の上,コピーもとらせてもらえない.


116 :名無し三等兵:03/11/13 23:13 ID:???
この前ブックオフで
「満州開発四十年史」 上巻 定価4500 下巻 4500 補巻 3000円
 満史会編 謙光社発行 昭和40年刊
というものを各500円で買いましたが、どの程度の価値のあるものでしょうか。


117 :名無し三等兵:03/11/13 23:37 ID:???
>>113
少し遅れてしまいましたがありがとうございます。

>少人数で密かに活動する特殊部隊の格闘技といったら
>素手あるいはナイフ1本で戦うことのできる「徒手格闘」を置いてありません。
なんか凄そうですね〜 探してみます!

118 :名無し三等兵:03/11/14 06:28 ID:???
>>116
「日本の古本屋」で検索すると大体揃\30,000と言うところですね。
良い買い物をしましたな、コンチクショウ。

119 :名無し三等兵:03/11/14 23:47 ID:???
>>118
ありがとうございます
なぜか満州もの(写真集等)が多数並んでいたので
おそらく当時の体験者の蔵書が並んでいたのだと思います。


120 :Belgar:03/11/16 02:06 ID:cqv7Zy9/
きっと、その爺さんが死んで遺族が価値もわからず、売り払ったんだろうな
はぁ・・・

121 :名無し三等兵:03/11/16 02:25 ID:???
>>119
並んでるモノを買い占めると一小金出来そうな気がします。買い占めましょう。

122 :名無し三等兵:03/11/16 17:37 ID:???
>105
1巻2002年12月、2巻2003年1月、3巻3月、4巻6月と、だんだん間が開いてきている・・・
当初の予定では、昨年末から毎月発刊、昨年度内に全五巻出てるはずだったそうだが・・・

本気で5巻出なかったらとんだ茶番だな

123 :名無し三等兵:03/11/16 18:08 ID:???
調べたらナポレオン戦争って、一巻一万するんですね。



ナポレオンに興味がある人向け?
同時代に興味がある人でもおk?


でも、一巻10000は辛いなぁ・・・(´・ω・`)ショボーン

124 :名無し三等兵:03/11/16 19:11 ID:???
>123
題名どおり、ナポレオンの戦争がメイン。
特に重要な会戦は図入りで解説される。
ナポレオンでも戦争以外のことにはさほど深く言及しないし、
戦争でもロシアとスウェーデン、ロシアとトルコとかの、
同時代の戦争にはノータッチなかんじ。
原著は1万以下。

ナポレオン戦争に関して深く知りたい、中級者以上向けだと思う。

ナポレオンや同時代に「興味がある」のなら最初は、
アンリ・カルヴェ「ナポレオン」白水社(文庫クセジュ)
井上幸治「ナポレオン」岩波新書
長塚隆二「ナポレオン」読売新聞社(文春文庫版は少し割愛されている)
この三つがイイと思う。上から順に読みやすい(長塚のは約1000P)
戦争なら、
「世界の戦争7 ナポレオンの戦争」講談社
「世界の戦史7 ナポレオンと国民戦争」人物往来社
あたりが邦語で安価で読みやすいと思う。


125 :ミリ屋哲 ◆4EZIX.r92I :03/11/16 20:14 ID:???
「近代日本の軍事戦略概史」キタ(略

とりあえず現代の所だけパラパラめくってみたが、事実関係
の列挙のみにとどまり、論評は避けている感じ。

資料としてはいいだろうけど、中級者以上じゃないと資料として
「活用」しきれないかも。

126 :名無し三等兵:03/11/17 01:05 ID:???
>>122
出版社がつぶれちまったかな?
社長は自宅を担保に入れてまで、本を出そうとしてたらしいが。

127 :名無し三等兵:03/11/17 02:00 ID:A7UGwWc5
>122読んで思い出したんだが

芙蓉書房出版の『戦略論大系』って完結したの?
別冊の辞典は出たみたいだけど、F巻の『毛沢東』はまだ出てないよね?
けっこう待ってるんだけどなあ・・・。

128 :名無し三等兵:03/11/17 09:00 ID:???
高いんで躊躇してたが・・・・・・、
そろそろナポレオン戦争を買っておくか。

129 :名無し三等兵:03/11/17 19:28 ID:???
>>127 出てないよ。

130 :名無し三等兵:03/11/18 23:54 ID:SCr8jzdp
日本の軍隊―兵士たちの近代史 岩波新書

岩波だから敬遠してたんだけどアマゾンのレビューなんか読むと面白そう・・・
読んだ人います?

131 :名無し三等兵:03/11/19 00:08 ID:???
>130
日本軍に興味あるなら買っとけ。損はしない

132 :131:03/11/19 19:50 ID:???
だけじゃ何だな。amazonのレビューとかぶるかも知れんが,感想を。

基本的に明治〜終戦までの「社会と軍隊の関わり」「軍隊内の社会」について
一次史料および統計資料を元にコンパクトに纏め上げた良書。
特に,明治期においての軍が民衆レベルでの近代化の原動力として有効だったが
昭和期に入ってからは逆に近代化を抑圧する方向へ進んで逝ったという論のように
軍隊と社会との関わりをメインテーマとするこの本の主張は「岩波」という響きから
予想されるような旧態依然とした「軍隊アレルギーなアカデミズムの中の人」には
見られなかった切り口だと思うナリ。
同時にミリヲタ向け出版物や旧軍出身者個々人の体験談でもこの辺の領域を
カバーすることはなかなか難しいので,そういう意味でもお勧め。

本書の後書きや「電撃戦という幻」の訳者後書きに述べられている様に
戦後のアカデミズムの中の人が軍事をタブー視する一方でマニア向け商品としての
軍事本が氾濫するっつー状況が有った訳だけど,状況は確実に改善されて逝っていると思われ。

133 :131:03/11/19 19:54 ID:???
どーでもいいが,2chだったか余所の掲示板だったかで
>電撃戦というものは実体のない幻だった。と「電撃戦という幻」に書いてました(大意)
というような書き込みがあって唖然。おまいはホントに読んだのかと小一時間

134 :ミリ屋哲 ◆4EZIX.r92I :03/11/19 20:03 ID:???
>133
まぁそういうな。軍事からはずれるが、小浜逸郎の『「弱者」とは誰か』
読んでボランティアに入った奴を知っているとか言い出した奴がいるし。

「我が闘争」読んで日本人の優秀性に気づいた、って言う方がまだまし。

135 :名無し三等兵:03/11/19 22:58 ID:???
ナンセンス極まりない研究の本って
日本のはあくまでマニアの書いたスキモノサブカルチャーで終るけど
洋書やその翻訳はかなり高い素養と教養を求められる

136 :ダヴー ◆Hmqjspr06A :03/11/20 10:56 ID:???
>122

信山社に問い合わせましたら、昨晩完成したそうです。
遅くとも年内には手にとれるようになっているのでは

137 :眠い人 ◆gQikaJHtf2 :03/11/20 23:36 ID:???
今月の光人社NF文庫から二点。

「軍艦メカ開発物語」(深田正雄著)
 主砲とか機関銃、戦闘機などの華やかな部分に脚光を当てるものではなく、
 揚錨機とか射出機、水中聴音機など、余り注目を浴びない、しかし、艦艇に
 とっての必需品についての筆者の見たり聞いたりした経験に基づく物事を
 随筆風に綴ったもの。
 この本自体は何度か版を改めて出版されていて、今回再刊したので、何度か
 目にしたことはあるかも知れない。

「彗星夜襲隊」(渡辺洋二著)
 その昔、朝日ソノラマから出版された「『彗星』夜襲隊」の加筆、訂正版。
 戦争末期の狂乱状態の日本に、特攻を拒否して唯一正攻法での出撃に拘った、芙蓉部隊に
 ついて書かれた著者の懇親の一作。
 これも何度か版を改めて出版されているが、朝日ソノラマ版には一つだけ著者としての悔いが
 あったそうで、その雪辱を濯ぐ為にもう一度、版を改めたものだそうな。
 朝日ソノラマ版を持っている人には、結構重複する部分もあるけど…。

今月は他に、紫電改入門(碇義朗著)、関東軍特殊部隊(鈴木敏夫著)が出ていました。
後、学研歴史群像シリーズから、「最新ヨーロッパ海軍図鑑」、ガリレオ出版から、「WWIIフランス
軍用車輌」が発売されています。

138 :名無し三等兵:03/11/21 00:06 ID:???
>137
ガリレオ出版の方は雑誌の増刊だから、雑誌スレに書いてくれるとうれしい。

139 :名無し三等兵:03/11/21 00:17 ID:???
彗星夜襲隊は買いですね。

関東軍特殊部隊は、過去に単行本が出ていたはずですが、
それの文庫版ってことですかね。
あれは結構面白かった・・・文庫版増補改訂されてたら買いなおそうかな

140 :名無し三等兵:03/11/21 00:51 ID:???
謎の消滅を遂げた巡洋艦「畝傍」について、オカルティックな視点から離れて
論理的な考察を試みている文献はあるでしょうか?

141 :名無し三等兵:03/11/21 23:08 ID:???
給料日後の散財モードになっていたのでちょいと買い物。ミリ哲氏が言及されていた
近代日本の軍事戦略概史を買ってきました。確かに主題について手際よく
まとめられたよい概説書だと思います。重要な資料については値段が多少
跳ね上がってもいいから原資料を収めて欲しかった気がしますが。みんなが
みんながみんな日本外交文書や戦史叢書にアクセスできるわけでもないですし。

# 参考文献に上がっている陸戦学会の近代戦争概史って手に入るんでしょうか。

あとは関東軍特殊部隊とホーンブロワ全巻とエマですた。

>>139

関東軍特殊部隊ですが、改訂増補はなされていません。著者の鈴木敏夫氏は
平成11年11月にお亡くなりになられています。

142 :ミリ屋哲 ◆4EZIX.r92I :03/11/21 23:29 ID:???
>141
>近代戦争概史

一般人の入手はきわめて難しいだろうね。。。陸戦学会も、入会資格
を緩和すればいいのに。
会員からの紹介があった人間は審査の上で入会許可とか。
会員の段階もうけて、入手可能な本をランク付けするのもまぁありだろう。

143 :名無し三等兵:03/11/21 23:39 ID:???
入会条件が厳しいことによるメリットとか、あるんでしょうかね

144 :ミリ屋哲 ◆4EZIX.r92I :03/11/21 23:45 ID:???
>143
というか、会誌はあくまで部内での研究内容だから、秘密保全上の問題が
大きいんじゃないかと。

自衛隊側に問題なしとはしないが、一番我々が恨むべきは三矢研究とか
ああいうようなときに自衛隊を叩きまくった奴らだろうな。
自衛隊側が研究内容をオープンに語るような環境が潰されているし。。。

145 :名無し三等兵:03/11/22 00:25 ID:???
陸戦研究 戦術入門上下 戦理入門
この辺りは手に入れたいな…
伝を頼ってでも。

146 :名無し三等兵:03/11/22 01:42 ID:???
スレ違いすんません
>芙蓉部隊
母の叔父が藤枝飛行場に整備兵として勤めていた話しをこないだ初めて聞きました。
昭和19年に徴兵されたそうで部隊の整備兵にかなりきつく指導されたそうです(笑)

147 :トルエン大尉:03/11/22 05:52 ID:???
>>144
研究自体を叩き、研究内容をオープンに語るような環境が潰すことは
民主主義の国家においては唾棄すべきことですな。
主権在民なのだから、知らなくてはならない。知らなければ支持できない・・・

148 :眠い人 ◆gQikaJHtf2 :03/11/22 18:36 ID:???
本日、某書肆にて購入。

妹尾正彦著 「日本商船隊の崩壊」(1949年発行)

発行が損害保険事業研究所というところであり、戦争保険の面から見た日本商船隊の崩壊を描いたもの。

序論で、太平洋戦争に於ける全般的な日本商船隊の全損船舶、戦後の触雷危険について述べ、各論では
戦時中の徴傭船の全損事故、沈没、火災、座礁の事例を挙げて、これがどのように戦争保険の支払い対象
となったかを、詳しく述べている。

大井篤の「海上護衛戦」の前に、日本のシーレーンの崩壊について書いている貴重な資料と言えよう。

次も戦争経済に関する本だけど、國學院大學教授から鎌倉市長に転じた正木千冬氏が訳した
「日本戦争経済の崩壊〜戦略爆撃の日本戦争経済に及ぼせる諸効果」

これは、1950年に発行されたアメリカ合衆国戦略爆撃調査団報告の総合報告部分の訳出本。
日本の戦前の経済活動から、真珠湾に進んでいく過程、戦時体制が徐々に進んでいく過程、後半、
空襲、通商破壊などで日本の戦争経済が崩壊していく過程を示しており、その中から特に空襲に目を
向け、それが、日本の戦争経済にどのような影響を与えたかを各分野毎に示している。

この本の第七章には、目標選択理論の検討というのがあり、沖縄戦や敵第一線に空爆を用いるよりも
日本国内の工業生産、物流を停止させれば戦争はもっと早くに終わった筈という理論が書かれている。

ついでに、本体は百数十ページだが、以後二百頁以上に渡って詳細な統計表が添付されており、米軍の
調査能力に圧倒される思いがある。

後、同人誌で戦時鉄道記録というのと、Jane's Fighting Ships of WWIも買ったがこれについては割愛。

149 :名無し三等兵:03/11/23 14:10 ID:???
陸上自衛隊パーフェクトガイドはどうですか?

150 :名無し三等兵:03/11/23 17:49 ID:Paequqkb
三野御大の最新刊は

 「自転車の発電機でマイクロ風力発電に挑戦 風と遊んでみよう」 三野正洋/著 パワー社 1,600 2003年10月
ttp://www.e-hon.ne.jp/bec/SA/Detail?refShinCode=0100000000000031197638

激わら


151 :ゆうか ◆9a1boPv5wk :03/11/23 20:55 ID:qx4TBsuL
今日は古本屋で「日本列島空襲戦災史」他1点入手。
そして、ブックオフで「第二次世界大戦事典」も入手。
こっちは定価¥6500が¥1000だもんな・・・
お得はお得なんだけど、なんか釈然としなかったり。

152 :名無し三等兵:03/11/23 22:11 ID:???
>>150
ワラタ。そんな本書いてるのか。

153 :ミリ屋哲 ◆4EZIX.r92I :03/11/24 13:14 ID:???
・・・

ttp://www.fukkan.com/sell/index.php3?mode=detail&i_no=14587886

154 :名無し三等兵:03/11/24 16:56 ID:???
ミリにそんな趣味があったなんてっ・゚・(ノД`)・゚・

155 :名無し三等兵 :03/11/24 16:59 ID:???
ミソ哲は食えるものなら何でも食いまつ(wwwwwwwwww

156 :名無し三等兵:03/11/24 17:39 ID:???
まあ、ヤマジュン作品の中には連合軍の捕虜となった相愛の日本兵が、
新任の連合軍司令官の歓迎パーティーの余興となって性行為を見せる
ことになる、というあらすじの作品があるから軍事ネタといえなくもない。

# いや、ダメだろ。

話を変えて

関東軍特殊部隊、新幹線の中で読んでますが、細々とした日常の営為が
活写されていて実に興味深いでつね。

# 気球で挺身作戦というエピソードが実にいい。

157 :82:03/11/25 15:27 ID:45kt6Erk
で、例のジョミニですが、中公文庫のは削られている箇所が非常に多いことがわかりました。
ひとつの章の中にある節をまるごと削っているところもあるばかりか、彼がところどころで挙げている箇条にも勝手な割愛がありました。
もっとも、漢文調で読みにくくてなかなか先に進めないうちに《韜略提要》の返却期限がきてしまいました。

158 :127:03/11/26 01:06 ID:???
書店から電話がありました。『戦略論大系F毛沢東』は12月発売だそうです。
丸2年かかったけど、ようやく完結ですね。

159 :名無し三等兵:03/11/26 17:01 ID:???
似たような本が出てたので、購入しました。
「生物・化学・核テロから身を守る方法」草思社
アンジェロ・アクイスタ (著) 楡井 浩一 (翻訳)

「「テロ」は日本でも確実に起きる―核・生物・化学兵器から身を守る法」
講談社+α新書 井上忠雄 (著)

上記の本(草思社)は一般向けの対応マニュアルみたいな本ですな、
下記の本(講談社)はマニュアルとは行かないですが、
知識として得るには良いです。

興味があるなら購入しても損は無いと思いますが。

160 :名無し三等兵:03/11/27 23:40 ID:???
草思社のシリーズ昭和20年って読んだ方います?
いたら感想をよろしく。今から揃える価値あります?

161 :名無し三等兵:03/11/28 12:20 ID:???
>>160

お金が余っているのならどうぞ。

あと、図書館には結構入ってるはずなんで、一冊読んでみてはどうでしょう。

162 :ミリ屋哲 ◆4EZIX.r92I :03/11/29 11:20 ID:???
おい、てねいら!


質問があるんですが

機関銃の社会史   ジョン エリス (著)

戦争の科学―古代投石器からハイテク・軍事革命にいたる兵器と戦争の歴史  アーネスト・ヴォルクマン (著)

戦争の世界史―技術と軍隊と社会  ウィリアム・H. マクニール (著)


の内どれかを買おうと思うんだが、どれがいいかアドバイスキボンヌ。

戦争の科学の値段>他の2つの値段の合計


という冷静なツッコミは抜きで。

163 :名無し三等兵:03/11/29 12:29 ID:???
>>162

全部買ってインプレキボン。

それはともかく、戦争の世界史は買っといてもいい本のような気がする。
漏れは金がないので、とりあえずCreveldのTechnology and Warで我慢してますが。

164 :名無し三等兵:03/11/29 14:58 ID:cEeD0A2B
お勧めの軍事本
どのような本があげられるでしょうか。

165 :名無し三等兵:03/11/29 15:00 ID:???
魔法先生ネギま

166 :名無し三等兵:03/11/29 15:10 ID:???
>165
別に挙げてもかまわんが、どう軍事的にお勧めなのか説明の義務があるぞ。

167 :名無し三等兵:03/11/29 15:13 ID:???
>>164
無難なところで、軍事評論家の江畑氏の本をどうぞ。

168 :「自衛隊の対テロ作戦」もおすすめ:03/11/29 16:15 ID:4R48GS2W
http://www.alpha-net.ne.jp/users2/shakai/top/49-2.htm

169 :名無し三等兵:03/11/29 16:17 ID:???
>>162
マクニールは世界史とセットで買ったほうがいいと思う

170 :名無し三等兵:03/11/29 19:28 ID:suIpI6fE
まじかるに本板デキタヨ-
http://www.babu.com/~magical/futaba/book/imgboard.htm

171 :名無し三等兵:03/11/29 21:02 ID:???
>>162
まじめな話、すべて読むとよいと思います。

172 :名無し三等兵:03/11/29 21:04 ID:???
風俗行く金をすべて回せば可能だしね

173 :名無し三等兵:03/11/29 21:18 ID:???
全部買って世界史追加してもソープ1回分だからなあ。

今日は中央線沿線の古本屋で、ダニガン先生の聖典(新版)を1200円で、
真珠湾への道(大杉一雄)を1500円で購入しますた。

前者はまあここ読んでる人なら誰でも知ってる本なので紹介略するとして、
後者は、昭和15年から日米開戦にいたる時代の日本の外交政策を、対中国
外交と対米外交に特に注目して述べた本であります。実はあまり軍板ネタではない(w

ハルノートの位置付けについてもかなり詳細に書かれているので、楽しそう
だなあ、と。

軍板の一部で"strictly tentative"なるハルノート冒頭の但し書きを過大に評価して
いる向きがある(そこから外務省批判まで持っていった人もいたような…)わけですが、
実はこの文言だけ取り出してもあまり意味がないわけで、(陰謀論は論外ですが)
対米交渉におけるハルノートの意味というものをもう一度考えてみようかと思いますです。

174 :ミリ屋哲 ◆4EZIX.r92I :03/11/29 22:32 ID:???
ふらっと入った閉店間際の近所の本屋で

密着報告自衛隊  戦闘部隊としての行動と実力
加藤健二郎 著
ぶんか社 刊

買った。偶然ながら(・∀・)イイ!買い物した(ってまだ読んでないけど)
この人、軍事系ルポライターとしては一番だと個人的には思う。

175 :海の人 ◆STEELmK8LQ :03/11/29 22:46 ID:???
>173
 ・・・い、いあ、そんな得意満面に江戸の敵を長崎で式な話をするまでもなく、その本で
紹介されているのは米国がいかに開戦前夜まで避戦に努力していたかという話なのだが(苦笑
 そういうトクトクとした語りは読んでからの方が良いよ。

176 :名無し三等兵:03/11/29 22:50 ID:???
>>175
あんまり他人を馬鹿にしたレスは止めた方が良いよ
特に、春ノートについては。

春ノートは某金物HPあたりで教育されたかもしれんが、自分の主義主張を
結論だけ押しつけないこった。
せめて、その結論に至った経過を説明しないで厨房扱いするのは止めた方が良い。

177 :名無し三等兵:03/11/29 22:55 ID:???
>>176は、173のレスだなw

178 :名無し三等兵:03/11/29 22:57 ID:???
>>177
うーん、君の中では軍事板の人口が30人位なのだろうね(w
おいらは仙台市の引きこもり予備軍で、中央線沿線古本屋なんて行けません
神田に1年1回行くぐらいさ。

179 :名無し三等兵:03/11/29 23:29 ID:???
173ですが、

>>177

違います。まあ、アメリカが日本との戦争回避に努力していた(んで、
日本も少なくとも日米交渉始めた段階ではそう考えていた)のは、常識レベル
のことなんで、それを今更賢しげに出されてもな、とは思います。これまでに
何冊か日米交渉についての研究書を読んだこともありますし。

ハル・ノートの意義について、"strictly tentative"という文言に注目すべきである、
と指摘したことはありますが(大海令第三号スレだったかな、手元にないけど)、
そんときに日本側の反応やアメリカ側の思惑についても考える必要がある、と指摘
しなかったのは漏れの不徳の致すところでしょう。後書きを読んだだけでも>>175
ような単純な結論をこの本の筆者が持っているとは考えにくいのです。

>>178

申し訳ない。

180 :名無し三等兵:03/11/30 01:23 ID:???
>>162
戦争の科学は今見るとちょっと新味が無いと思うので
機関銃の社会史

181 :名無し三等兵:03/11/30 02:56 ID:???
光人社はHPで「NF文庫化希望投票」でもやってくれないかな

武藤章の回想録読んでみたいのう(´A`)

182 :名無し三等兵:03/11/30 04:08 ID:???
「船舶砲兵−血で綴られた戦時輸送船史」はNFで出して欲しいなあ。

183 :名無し三等兵:03/11/30 05:03 ID:???
>>174
同意。この本の「空中機動」の所なんか、ヘリ万能厨に読ませてやりたい。
#読んでも理解しないから厨か(苦笑

184 :ベタ藤原 ◆RoMNjfnp0E :03/11/30 09:03 ID:???
>>181
「統帥乱れて」なんかモナ〜

185 :名無し三等兵:03/11/30 13:49 ID:???
>136
イーエスブックスに「ナポレオン戦争」5巻出現しました。
とうとう完結ですね。

186 :名無し三等兵:03/12/01 00:29 ID:d2AMytdV
自由フランス軍やドゴールについて
の本でオススメとかありますか?

187 :名無し三等兵:03/12/01 01:02 ID:???
とりあえずドゴールの「大戦回顧録」でしょう。
内容はともかく基本図書です。

188 :俄将軍:03/12/01 01:26 ID:???
>>174
>密着報告自衛隊  戦闘部隊としての行動と実力
>加藤健二郎 著
>ぶんか社 刊

「「実戦との比較」という視点」からなされた考察が、大変興味深い内容の
本でありました。

良い本だと思います。

189 :トルエン大尉:03/12/01 03:37 ID:???
>加藤健二郎 
香具師は本当に戦争が良い意味で好きだからなぁ・・・(w

190 :名無し三等兵:03/12/01 09:11 ID:???
ちょうど数日前に、

著・加藤健二郎、『イラク戦争最前線』、アリアドネ企画

を読んでました。
著者が米軍のバグダッド侵攻前に、
なぜか「人間の盾」に参加して首都へ乗り込んだ見聞録という内容です。
なんか変な本です。
軍ヲタが戦場を歩き回ってきたというか、
軍ヲタが知りたい痒いところに手が届くというか、
軍ヲタならすんなり読めるというか(w
2200円という値段さえ気にしなければ読んでみても良いと思います。

191 :名無し三等兵:03/12/01 13:49 ID:???
>>190
>2200円という値段さえ気にしなければ

ここも気になります
著・加藤健二郎、『イラク戦争最前線』、アリアドネ企画
 .                       ~~~~~~~~~~~~~~

192 :トルエン大尉:03/12/01 15:32 ID:???
>>191
>190の方が言っているのが合っているよ。軍研に連載されていたものと同じだと思うけど。
アリアドネでも加藤健二郎氏のは大丈夫。彼は健全な軍オタだから。
立ち読みで眺めてみればいいと思うよ。

193 :名無し三等兵:03/12/01 19:15 ID:???
佐貫亦男氏の「ヒコーキの心」シリーズは面白い

194 :名無し三等兵:03/12/01 21:22 ID:???
>>146

「彗星夜襲隊」(渡辺洋二著) をぜひとも叔父上様に差し上げてください。

他部隊では敬遠された液冷彗星を使いこなした、数少ない部隊の苦労が、
叔父上様が日夜取り組んでいたであろう姿がしのばれます。




195 :名無し三等兵:03/12/01 21:31 ID:???
アリアドネ企画は全部ダメなところじゃなくて
ダメなのを多数出してるところだから

196 :ベタ藤原 ◆RoMNjfnp0E :03/12/01 21:34 ID:???
アリアドネ企画って、そんなに変な本だしてるの?

197 :ミリ屋哲 ◆4EZIX.r92I :03/12/01 21:41 ID:???
>196
・・・漏れの本棚にある

世界の装輪装甲車カタログ(97年度版)


うpしるぞゴラァ

198 :ミリ屋哲 ◆4EZIX.r92I :03/12/01 21:49 ID:???
そういや、軍研で連載していた硫黄島の奴もアリアドネから出たんだっけ?

199 :名無し三等兵:03/12/01 21:56 ID:???
アリアドネでも
「アメリカ海兵隊の太平洋上陸作戦〈上〉旧日本軍との戦いで誕生・成長した水陸両用作戦システム」
とか結構良いと思うがね。

まあ、打率低すぎるのは同意する


200 :ミリ屋哲 ◆4EZIX.r92I :03/12/01 21:59 ID:???
>199
あ、>198ってこれの間違いだな、多分。。。

201 :トルエン大尉:03/12/01 22:02 ID:???
>>198
硫黄島だけじゃないけどね(w

>>199
河津幸英氏も大丈夫な著者に一人ですね。
上中下の三巻で構成されているかなりの力作。

202 :名無し三等兵:03/12/01 22:06 ID:???
アマゾン検索でのアリアドネ企画本

日米全調査 ドーリットル空襲秘録
徹底解説 最強戦車対決
自衛隊リストラ大計画―究極の国防マニュアル
違いだらけの自衛隊兵器カタログ
北朝鮮人民軍の全貌―知られざる「赤い軍事力」の実像に迫る!
世界の軍用ヘリコプター
戦友が死体となる瞬間―戦場ジャーナリストが見た紛争地
世界の最新兵器カタログ 空軍・海軍編
世界の最新兵器カタログ 陸軍編
欧州火薬庫潜入レポート
世界のPKO部隊
世界の軍用4WDカタログ
軍事ジャーナリストが追跡する自衛隊最前線
世界の近未来兵器カタログ

などなど、もっとあります

203 :名無し三等兵:03/12/01 22:17 ID:???
獅子文六を読んでいる人はおらんかね。中公文庫で「海軍随筆」と
「海軍」(こっちは小説だけど)が復刻されている。

「それまでの私の文学は『遊び』で、戯作者として終始するつもりだったが、
 戦争になって、日本が勝つために役立つことなら、何でもする気になった。
 従って、戦争中に書いたものは、すべて実用の文学である」

ここまで言い切ったからか戦後は仮追放処分を受けてしまった人。

204 :名無し三等兵:03/12/01 22:40 ID:???
>>203
海軍随筆なら買って読んだyo

205 :ベタ藤原 ◆RoMNjfnp0E :03/12/01 22:48 ID:???
 私の場合、初アリアドネ本が『アメリカ海兵隊の太平洋上陸作戦』で、次が『戦争
報道の舞台裏』(イスラエルに於けるパレスチナ人のデモが、ある種の定期イベント
みたいな物だった話は興味深かった)だったもんで『中々良い本を出す出版社』って
イメージが強かったんで『ダメなのを多数』と聞いて、ちとびっくりだったもんで。

206 :名無し三等兵:03/12/01 22:51 ID:???
>>205

>自衛隊リストラ大計画―究極の国防マニュアル
>違いだらけの自衛隊兵器カタログ

ベタさん、ここら辺の地雷啓開するのはどうですか?
懲罰大隊の気分が味わえますぜ
ウラー!! スターリンのために!!


207 :名無し三等兵:03/12/01 23:07 ID:???
できれば改訂版と銘打ってあったら
改定前のも見るとよろし

208 :名無し三等兵:03/12/02 02:07 ID:???
>174
人間の盾としてイラクへ戦場見物に行ったり
純真な盾の青年を軍ヲタに染め上げて総火演見物に逝ったりした
東長崎機関のあの人か・・・・・買お。

209 :名無し三等兵:03/12/02 20:27 ID:???
http://ruku.qp.tc/dat2ch/0312/01/1034984955.html
http://ruku.qp.tc/dat2ch/0312/01/1009497643.html
http://ruku.qp.tc/dat2ch/0312/01/980501031.html

210 :ミリ屋哲 ◆4EZIX.r92I :03/12/02 22:46 ID:???
>162
てねいらが煽るから、↑に「世界史」加えて注文しちまったじゃねーかぱかやろ!

211 :名無し三等兵:03/12/02 22:58 ID:???
>>210
それは極めて正しい行いです。T-72神もさぞお喜びのことでしょう。
神はおっしゃいました。

「それにしても知識が禁じられるとは?それほど奇怪な無法なことが
ありえようか?」

オブイェークト

212 :名無し三等兵 :03/12/02 23:05 ID:???
後は素人女の知識だけだ・・・

213 :名無し三等兵:03/12/02 23:34 ID:???
わしズムに載っている、
潮匡人(元航空自衛隊)の「若者の軍事学」ってどうですか?

214 :名無し三等兵:03/12/03 00:46 ID:???
>>210

ついでにこれもどうぞ
ttp://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B00009ELSU/249-9059263-6876350?val=authorized
世界史的な部分が結構つぼでつ

215 :名無し三等兵:03/12/03 12:31 ID:???
>>214 ああ、これね。絵が好みじゃないんだよな。つか、エロゲかよ。

216 :名無し三等兵:03/12/03 12:41 ID:???
>>214
うーん、それを買うんだったら、文庫で
「レパントの海戦」「コンスタンティノープルの陥落」「ロードス島攻防記」「わが友マキアヴェッリ」
等の塩野シリーズとか、
地中海でも買ったほうがいいんでない?

いや、ゲームとしては嫌いではないけどね

217 :名無し三等兵:03/12/03 15:28 ID:???
ブローデルはええですの。
全巻揃えで買うとかなりの値段だけど。
もう少し安くしてくれ。

218 :名無し三等兵:03/12/03 20:31 ID:???
無理だって。ウォーラーステインあたりにしとけ。あれなら安い。

219 :ミリ屋哲 ◆4EZIX.r92I :03/12/03 21:36 ID:???
ttp://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4915540707/ref%3Dsr%5Faps%5Fb%5F/250-2790560-2233003


・・・・・・・・・・・







                                注文しますた_| ̄|○

220 :名無し三等兵:03/12/03 22:46 ID:???
>>219
英単語のセレクトは意外とまともだから安心しる。

221 :名無し三等兵:03/12/04 00:55 ID:???
日本海軍軍装図鑑 柳生悦子著 並木書房 ゲット

いやあ、おもろいです。これを見ながら戦史を読むと結構リアリティが出てきます。

222 :ミリ屋哲 ◆4EZIX.r92I :03/12/05 19:26 ID:???
機関銃の社会史   ジョン エリス (著)

戦争の科学―古代投石器からハイテク・軍事革命にいたる兵器と戦争の歴史  アーネスト・ヴォルクマン (著)

戦争の世界史―技術と軍隊と社会  ウィリアム・H. マクニール (著)

世界史  ウィリアム・H. マクニール (著)

キタ(略

223 :名無し三等兵:03/12/05 23:04 ID:???
>>222
おすすめの本はないすか?
最近の自分的ヒットは
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4810380033/249-9059263-6876350
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4582532128/249-9059263-6876350
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/408614459X/qid=1070633025/sr=1-3/ref=sr_1_2_3/249-9059263-6876350

ここらへん

224 :名無し三等兵:03/12/06 00:38 ID:DssoIMvj
今ならこれでしょう。
http://images-jp.amazon.com/images/P/4887083173.09.LZZZZZZZ.jpg
戦争の世界史の隣に置いておきたい一冊。
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4887083173/qid=1070638623/sr=1-4/ref=sr_1_2_4/249-4172356-7102747

225 :名無し三等兵:03/12/06 01:12 ID:???
>>224
これ、書店で見かけて凄く気になってたんだけど、
内容はどうなんでしょうかね?

226 :名無し三等兵:03/12/06 01:41 ID:???
戦争の科学―古代投石器からハイテク・軍事革命にいたる兵器と戦争の歴史
アーネスト・ヴォルクマン (著), 茂木 健

これ面白かったよ
まさに科学は戦争を制すだね


227 :名無し三等兵:03/12/06 02:19 ID:???
>>225
内容がどうたら以前に三十年戦争について書かれたまともな本で
現在本屋で買えるのはこれだけしかない。

安いのならこれもあるけど、レヴューを見たらわかるとおり、
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4061492829/ref=sr_aps_b_/249-4172356-7102747
上のウェッジウッド「ドイツ三十年戦争」が種本となっている。
つまり元ネタが出たうえは初心者向けのガイド以上の役割は持たない。

もっともウェッジウッドは値が張るので
心底あの時代に興味がある人以外にはとても推薦できないが。

228 :名無し三等兵:03/12/06 11:58 ID:???
1万か…陸戦史集纏め買いしたばかりだしなア…ほすいなあ

229 :名無し三等兵:03/12/06 12:49 ID:???
さて、ミリが>>222のを全部PDFにしてうpしてくれる訳だが。


230 :海の人 ◆STEELmK8LQ :03/12/06 13:15 ID:???
>229
 マジっすか?
 ほいでは、わしは公開するサーバを提供しますので、メールくだちぃ
 ↓ここまで
 sitrep@zaf.att.ne.jp

231 :ミリ屋哲 ◆4EZIX.r92I :03/12/06 14:57 ID:???
ここは知的所有権に無頓着なインターネットですね。

1 スキャナ持ってない
2 アクロバット持ってない
3 他人がタダ同然のコストで高い本の中身を所有するのが許せない


以上の観点から、うpはあり得ない。

232 :名無し三等兵:03/12/06 15:19 ID:???
>231
じゃあ〜モー娘のメンバー誰か一人とデート出来るなら、
どうする?

233 :ミリ屋哲 ◆4EZIX.r92I :03/12/06 15:28 ID:???
ののたんが一生漏れのものになるなら、今から速攻でスキャナ&アクロバット
入手して、不眠不休でpdf化&うp作業始めるよ。

234 :海の人 ◆STEELmK8LQ :03/12/06 15:43 ID:???
>233
 一生って、3ヶ月もしないうちに飽きたら、どないすんねん(笑)

235 :名無し三等兵:03/12/06 15:46 ID:???
>>233
残念だが、ののたんはもう既に漏れのモノになっているので、
不眠不休でpdf化&うp作業は無駄だぞ。

236 :名無し三等兵:03/12/06 15:55 ID:???
>>231-235  (>>234は除く)
ミリ哲のジサクジエンは (・A・)イクナイ!!



237 :ミリ屋哲 ◆4EZIX.r92I :03/12/06 16:59 ID:???
>235-236


信者絵。

238 :名無し三等兵:03/12/06 16:59 ID:???
実は>>236までがミリ哲の欺瞞工作であることは、賢明なる同志の皆さんならお気づきでしょう。
ところで、最近第2次大戦の欧州に興味を持ってパウル・カレルのバルバロッサ作戦を読んでいるのですが、
パウル・カレルの著作は基本として全て押さえておいた方がいいですか?

239 :名無し三等兵:03/12/06 18:01 ID:???
>>238
ドイツヲタなら基本物件
ほかにも、満シュタイン将軍の下手な弁解本「失われた勝利」とか
A・シュペーア君の著書なども必見

240 :名無し三等兵:03/12/06 20:51 ID:???
グデーリアンの「電撃戦」もついでにドゾ。

241 :海の人 ◆STEELmK8LQ :03/12/06 20:57 ID:???
>231
> ここは知的所有権に無頓着なインターネットですね。

 「知的所有権」というと、いたいけな子供たちがプールの底に書いたネズミの絵を
裁判をちらつかせてはぎ取らせたり、年予算数万円の片田舎の高校の吹奏楽部が
コンサートを開こうとしたら10数万の著作権使用料を請求してきたり、はたまた
楽曲を制作した本人がPDSにしようとしても「著作権があるから」と阻止しちゃう
アレでつか?
 :-p


242 :トルエン大尉:03/12/06 21:15 ID:???
>>241
あと、営業さん達が頑張って上げた売上を、自分の考案だけが利益をあげたと
主張している青色発光ダイオードとか?(w

243 :名無し三等兵:03/12/06 22:59 ID:???
戦争の世界史、邦訳は高くて手が出せないので洋書で探してみようかと調べてみたら、
Amazonだと2000円足らずで買えるみたい。

世界史の原題はA World Historyでいいのかな。こっちはちょっと高いですね。

話題とは無関係に。注文していた本が何冊か届いたんで。

Zulu Victory (R. Lock and P. Quantrill)

ズールー戦争におけるイサンドルワナでのズールー王国の勝利について詳細に
述べた本。

The Washing of the Spears (D. R. Morris)

ズールー王国の興隆と滅亡についての概説書。ズールー王国は数少ないアフリカ
大陸南部に発生した中央集権制の常備軍を有した国家として知られている。

Primitive War (H. H. Turney-High)

未開の戦争について実例を収集しそこから法則を導き出そうとした本。発表当時は
色々と話題になったらしい。新刊では手に入らないが、洋古書店には割とよく出ている。

244 :名無し三等兵:03/12/07 01:01 ID:???
>>239-240
ありがとうございます。マンシュタインとグデーリアンも物を書いていたとは、実に読んでみたいです。

>>241
あと小学生だったかが、合唱コンクールで歌ったひきこもりみたいなニックネームの人の歌を
ネットで公開することに難癖をつけてみたり、
航空自衛隊の機体に描かれた電気ねずみの絵にイチャモンつけたり、
バカ高い、独占禁止法に触れないのが素人には全く不可解なレッドブックに準拠していないCDを売りつけておきながら、
ファイル共有やCD-Rそのものに因縁つけたり、挙句の果て逆輸入にまで文句を垂れる、
アレですか?

245 :名無し三等兵:03/12/07 01:08 ID:???
>243
マクニールの「世界史」は昔出ていた新潮社版なら
古書店でたまに安くである。
新刊書店で買える中公版は流石に高い。

246 :ベタ藤原 ◆RoMNjfnp0E :03/12/07 06:14 ID:???
>>228
>陸戦史集纏め買いしたばかりだしなア…
 え〜 どこで買ったの〜?

247 :ベタ藤原 ◆RoMNjfnp0E :03/12/07 06:30 ID:???
>ねずみ帝国
 これでも読んでろ!
http://books.yahoo.co.jp/bin/detail?id=30913893

248 :眠い人 ◆gQikaJHtf2 :03/12/07 12:32 ID:???
ここはミリ屋哲氏を破産に追い込み、彼の本を安く買い叩くスレですか?

船団護衛戦に関して、色々本を探していると、こんな本を発見。

「日の丸ドイツ船」(岡村信幸著)
ドイツから遙々日本にやってきて、そして、帰れなくなったドイツ商船、Scharnhorst号
の物語。
そして、この商船が後に日本海軍の神鷹となった訳で、前半はScharnhorst号の、後半
は神鷹への改造、そして戦歴について書かれている。
この中には、呉で改造された第1004番艦のマストの起倒装置計算書なんて言うのもある。
また、生残りの方々からの証言で、空母の対空戦闘要領など、普段余り目に付かない部分の
話もきちんと書かれており、また、撃沈した潜水艦の艦長からも証言を集めている。
こういった感じで、Scharnhorst号、神鷹の全てを集約した本になっており、日独航路の歴史など
にも触れられている。

筆者は、1969年から神戸港に神鷹、Scharnhorst号の慰霊碑を建てたいと奔走しているが、30年
以上経った今でも、「特定団体の使用目的の為に公共用地をお貸しすることは出来ません」という
一点張りで未だ果たせていないと言う。
(ま、こういう慰霊碑と建てると、プロ市民が騒ぎ出すから、自分の代でそう言う先例を作りたくない
 と言うことであろうか)

249 :海の人 ◆STEELmK8LQ :03/12/07 13:58 ID:???
>248
 神戸という土地も、懲りない地域ですからなぁ・・・。

>247
> 出版社名 データハウス

( ´д)ヒソ(´д`)ヒソ(д` )

>244
 あと、日本のヲタクアニメの金字塔や、日本アニメの傑作を丸ごとパクっときながら、
「しらぬぞんぜぬ」で押し切っちゃったりとか。

250 :名無し三等兵:03/12/07 14:08 ID:???
日の丸ドイツ船の紹介文書こうとここ見たら
丁度眠い人氏が書いててビックリ

わたしは、戦前の船舶ファン生活部分にもけっこー惹かれた

251 :名無し三等兵:03/12/07 15:58 ID:???
>>248
イタリア降伏時に日本に寄港していて、神戸港で日本の捕虜になって
戦後も日本に住み付き神戸でイタリア料理店をやっている
イタリア人の爺さんをふと思い出したな。なんでか。

252 :ベタ藤原 ◆RoMNjfnp0E :03/12/07 17:47 ID:???
「阪神大震災自衛隊かく戦えり」 松島 悠佐
 阪神大震災に出動した自衛隊がどんな救助活動をしたかを書いた本です。
「ほかの避難所では、暖かい飯を出すことが出来ず、格差が出来ますので……」と
野戦炊飯車での温食提供が中止されたり、住民のエゴに振り回されたりする中で、
活動していく自衛隊の姿が書かれています。

 ちゅか、涙無しには読めませんでした。 

253 :名無し三等兵:03/12/07 18:37 ID:???
「銃器使用マニュアル」ってどうよ?

254 :名無し三等兵:03/12/07 19:39 ID:???
文春文庫新刊
・真珠湾の日 半藤一利
・戦場から届いた遺書 辺見じゅん
・雷撃隊、出撃せよ! 巌谷二三男

一番下のが気になる

255 :名無し三等兵:03/12/07 20:06 ID:???
>>253
銃創や銃器の犯罪抑止効果、ストッピングパワーへの細かい考察で
おすすめ

値段以上の価値があると思う。

256 :ベタ藤原 ◆RoMNjfnp0E :03/12/07 21:21 ID:???
>>254
>雷撃隊、出撃せよ! 巌谷二三男
 多分、名著「中攻」の再版じゃないかな?

257 :トルエン大尉:03/12/07 21:47 ID:???
>>256
それは「海軍陸上攻撃機」とは違うの?

258 :名無し三等兵:03/12/07 21:49 ID:???
『雷撃隊、出撃せよ! 海軍中攻隊の栄光と悲劇』ってあるしなぁ

259 :名無し三等兵:03/12/07 22:01 ID:???
解説を読むと「中攻」の改訂版ですね。
ちなみに解説は渡辺洋二氏が書いています。


260 :254:03/12/07 22:05 ID:???
んじゃ買うべ

261 :ベタ藤原 ◆RoMNjfnp0E :03/12/08 21:28 ID:???
>>257
 原書房の「中攻」の文庫収録版が、朝日ソノラマ「海軍陸上攻撃機 上・下」だった
ハズ。 
 根幹的には同じ本かと〜


262 :名無し三等兵:03/12/09 00:18 ID:???
>>255
了解、購入を決意した。

263 :トルエン大尉:03/12/09 18:54 ID:???
>>261
なるほど、そうでしたか。レスありがとう。

264 :ミリ屋哲 ◆4EZIX.r92I :03/12/09 19:09 ID:???
加藤健二郎の

攻撃か、それとも自衛か   自衛隊・米軍・戦場最前線からの報告
現代人文社 刊

を注文。

今日の産経書評欄でこの本が紹介されていたのを見て、初めて
この本の存在を知った。
しかしその書評を読む限り、加藤健二郎って年収200万円台
で安アパート住まいらしいね。
#まぁ全般として加藤健二郎を褒めちぎってはいたが。

こんな優秀な軍事系ルポライターがそんな悲惨な生活を。・゚・(ノД`)・゚・。
みんな、彼の本買ってやれよ。。。

265 :トルエン大尉:03/12/09 19:14 ID:???
>>264
そんなに苦しい生活しているのか、加藤健二郎・・・
よっしゃ。買うか。

266 :名無し三等兵:03/12/09 19:28 ID:???
>264
知ってるかも知れないが、取り合えず本人のHP
ttp://2.pro.tok2.com/~higashi-nagasaki/

267 :名無し三等兵:03/12/09 19:44 ID:???
自衛隊の2士も、衣食住を考慮すると年収300万ぐらいと同レベル
なはずだよな。。。折れも買おう。。。>カトケンの本

268 :名無し三等兵:03/12/11 01:27 ID:???
古本屋で上下合わせて300円で買った「細川日記」がサイン入りだったよ・・・

269 :名無し三等兵:03/12/11 09:30 ID:???
チャンドラーのナポレオン戦争、全巻セット販売をするらしい
本誌では戦況図が一色刷りだったのだが、
敵味方の区別の付きやすい二色刷り戦況図を別冊付録とし、
箱入りセットで出すとのこと

去年から一巻ずつ購入している身としてはブチ切れものなので、
同じ境遇の方は、「戦況図よこせ」と怒りのメールを送るといいかも
信山社のメールアドレス
shinzan@sun.interq.or.jp
全巻セットといっても、売れなかった既刊に箱を後から作って
セットにしただけのような気がする

270 :名無し三等兵:03/12/11 10:32 ID:???
>>269
あやうく昨日1巻を注文してしまうところだった・・・。
おとといは4、5巻を書店で買ってしまうところだった・・・。
 
俺 は 勝 ち 組 (クラブじゃないよ)

271 :名無し三等兵:03/12/11 10:49 ID:???
>>269
これを機に買ってみようかな・・・金ためて。

ちなみにいくらくらいになるのかねぇ?
50kくらい用意すればおkかな?・・・まさか、限定生産ってことないよな

272 :名無し三等兵:03/12/11 17:21 ID:???
「必携-生物化学テロ対処ハンドブック」
生物化学テロ災害対処研究会/編 診断と治療社

この本は軍ヲタ向きでは無くプロ向きの本ですな、
やはり内容は難しいですが、興味があるならどうぞ。

273 :名無し三等兵:03/12/12 23:54 ID:???
日露戦争を概説的に知りたかったので中公新書の「日露戦争」をブクオフで購入したのですが、
この本(作者)は多少左なのでしょうか?

>>272
今月は中公、講談社両社の新書から生物化学兵器モノが出ますね

274 :名無し三等兵:03/12/13 21:37 ID:???
>270-271
なんか出版社と懇意で本来一巻一万で計五万のところを、
四万で買ったやつのHPでしかその情報は書いてない。
信山社がその全巻セットを本当に出すのか、
いつ出すのかも正確なところは不明。
ただ、チャンドラーの訳本を出すという心意気に答えた
読者をこそないがしろにするやり方だよこれは。

情報の真偽と、
事実ならすでに全巻購入した読者にフォローする気はあるのか、
確認のメールを送ってみた。現在返答待ち。

ナメた返答の場合、信山社に手持ちの全巻送りつけて、
箱と戦況図付けて送り返させるつもり。


275 :名無し三等兵:03/12/14 13:58 ID:???
売れなくて苦肉の策なんじゃないの
もう1セット買ってやれ

276 :名無し三等兵:03/12/14 14:29 ID:???
戦況図は原著では二色だった
それを一色にした一巻が出た時点で文句は出ていた
二色の戦況図のみを集めた別冊を作るのは
この批判に答えたものだろう

が、それをもう五万出さないと提供しないというのでは話にならない

俺もすでにメールずみ

277 :名無し三等兵:03/12/14 17:12 ID:???
単体で販売される可能性はあるんじゃないのかな?
現在の読者からの要望で実現するのならば。
ただし、無料ってことはないと思う。
本当に購入者かどうか確認の方法もないし、
全巻分の戦況図を1巻しか購入してない人にも渡すかどうかという問題もある。
だいいち、別巻が付いてるのにセット版が5万円になるとは限らない。

278 :ミリ屋哲 ◆4EZIX.r92I :03/12/14 20:42 ID:???
>264の本キタ(略

まだ所々とばし読みしかしていないけれど一言言うと
「ちょっと米国批判したら『反米厨』『コヴァ』と叫ぶ奴には
お勧めできない」って事かな。
そういう人が読むと、目次見ただけで「陰謀論者の妄言」
とか言い出しそう。


279 :八重:03/12/15 23:32 ID:???
>>278
このスレにいるような濃い連中は、そんなレベルではないだろう

280 :名無し三等兵:03/12/16 10:13 ID:???
( ´Д`) 歴史群像が・・・・・・
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/405603267X/249-4907044-5616340

281 :名無し三等兵:03/12/16 14:29 ID:/m4M6iQu
森鴎外が「戦争論」を訳した「大戦学理」の現代語訳って、ありませんか?
自分が見たのは旧字だったです。

282 :名無し三等兵:03/12/16 14:51 ID:???
旧字でええやん。

283 :名無し三等兵:03/12/16 15:04 ID:???
まったくだ。
古文や外語読めってんじゃないんだぞ。

284 :名無し三等兵:03/12/16 15:27 ID:XpEYEYRH
箱入りのチャンドラ−の本はセットが45000円、
予約すると40000円になるらしい。
限定で150セットを販売するとのこと。
ちなみに、5巻の巻末にあった1〜4巻の正誤は改訂されていない。



285 :名無し三等兵:03/12/16 15:31 ID:???
>>280
ニガワラ
つうか表紙バースかい

286 :名無し三等兵:03/12/16 17:57 ID:XpEYEYRH
チャンドラーの『ナポレオン戦争』は
第1版が150冊を刷り、130冊が書店に出回って
完売したらしい。今回の増刷は、リクエストに応えてということで、
重版したようである。
これまた、130セットが書店に卸されるようで、値段は完結記念として
45000円、箱絵はアルプス越えのナポレオンを予定しているもよう。
また、予約すると40000円で購入できるとのこと。
二色刷りの戦況図は5巻の巻末に付けられるようで、別冊ではないような
かんじです。

287 :名無し三等兵:03/12/16 21:28 ID:???
予約か・・・信山社へ直接予約できるんだろうか。
もし書店で予約するとしたら都心の大手のところじゃないと駄目なんだろうか・・・。
そして販売はいつなんだろうか・・・。
公式サイトでの情報が早く出て欲しいものだ。

288 :名無し三等兵:03/12/16 21:31 ID:???
激しく遅レスで流れを読まずの160です。
助言に従って草思社のシリーズ昭和20年を一冊だけ読んでみました。
読んだのは第一部10巻-天皇は決断する-です。

このスレの住人のように一次資料重視で、自分の解釈を自力で考える
のが好きな人には不向きな本でした。著者の推理が必ず断定口調で終
わるのが某研テイストでした。
というわけで、手元に置いておきたい本ではないと思います。

さて、戦争の科学を読むか。ちょと楽しみ。

289 :名無し三等兵:03/12/17 00:26 ID:???
科学を制す者は全てを制す

290 :名無し三等兵:03/12/17 00:27 ID:???
WW2のロシアをいろいろ読んでるうちに、レーニントロッキーの革命バリバリ内戦ボコボコの
時期の話を詳しく知りたいのですが、なにかオススメの本ってありますか?

291 :眠い人 ◆gQikaJHtf2 :03/12/17 00:52 ID:???
>290
軍事関係で初心者向けなら、学研の欧州戦史シリーズの一つに、赤軍を扱った
本の上下巻本がありましたから、そのうち上巻をご覧になっては?

ソ連の内戦って結構色々な地域で起きていますから、その辺、Minorな所では、
「極東共和国の興亡」(題名はうる覚え)と、「スルタン・ガリエフの夢」辺りが面白いと
思いまする。

292 :名無し三等兵:03/12/17 00:54 ID:???
>>290
前にも似たようなレスしたな。
えーと、どこでも手に入るのが、学研の「ソヴィエト赤軍興亡史」の上巻、トロツキー本人が書いた「ロシア革命史」、ジョン・リード「世界を揺るがした十日間」(岩波文庫)
やや入手難なんで図書館で借りるべきなのが、エーリヒ・ヴォレンベルク『赤軍』 鹿砦社、アイザック・ドイッチャー「武装せる予言者 トロツキー」 新潮社
って所かな。
ラリサ ライスナーの「ヨーロッパ革命の前線から」(平凡社)もあったらどうぞ。題名通りの最前線レポ。なかなか萌えキャラな著者がいい。
あと、芙蓉書房出版の戦略思想家事典を読めるなら、エンゲルスからこの方の共産主義軍事思想家の項目を一通り読むこと。

293 :名無し三等兵:03/12/17 07:58 ID:dlo+4mB1
>287
直接予約できます。
発売日は来年早々。すでに刷り終わっているという
話を聞きました。後は箱の版権関係(使用する絵画の)
だけみたいですね。


294 :名無し三等兵:03/12/17 08:46 ID:???
機甲入門ほしいよ

295 :名無し三等兵:03/12/17 10:06 ID:???
>>293
ありがとうございます。
さっそく資金調達してきますw

296 :名無し三等兵:03/12/17 11:20 ID:???
>>291
>>292
ありがとうございます。
赤軍興亡史は前前から買おうと思ってたのでこれをはずみに買ってみようかと思います。
それよか今は同じ学研から出てるパウル・カレルのバルバロッサ作戦上・中をブックオフで手に入れて
まったり消化しつつある状態ですわ。面白い面白い。ちなみに>>238は別人ですが。

   ∩___∩
   | ノ      ヽ
  /  ●   ● |  書店にダッシュだ!
  |    ( _●_)  ミ
 彡、   |∪|  、`\
/ __  ヽノ /´>  )
(___)   / (_/
 |       /
 |  /\ \
 | /    )  )
 ∪    (  \
       \_)


297 :八重:03/12/17 23:18 ID:???
誰も書かなかった日本陸軍

16歳5ヶ月で軍曹になった著者の書いた本ですが
細かい用語の違いや、軍隊組織についても結構細かいです
暗号屋らしく、通信と暗号に関する小話もあります。
前半は日本陸軍の組織について
後半は著者の伝記って感じですね。

戦争が終わって、中学4年生に復学ってのはすごいのやら

298 :眠い人 ◆gQikaJHtf2 :03/12/18 23:38 ID:???
今月の光人社NF文庫

飯山幸伸著 「偵察機入門」
 毎度良い所突いてくれまつ。
 第一次世界大戦のよちよち歩きの偵察機から、初期のジェット偵察機まで、色々なエピソードを交えながら、
 古今東西の偵察機について触れています。
 戦後編があればもっと良かったのですが、ここまででも纏まった本はないので、お薦めです。

あと二冊、橋本以行著 「日米潜水艦戦 第三の原爆搭載艦撃沈艦長の遺稿」と、
佐藤清夫著 「駆逐艦「野分」物語」が文庫新刊として出てますた。

これは軍事かどうか微妙。

平凡社新書 杉浦一機著 「ものがたり 日本の航空技術」

日本の航空機産業の興亡をさらっと書いて、戦後の航空機開発の苦難の道のりと、
未来に向けての提言を行なっている。
F-2に関してもちょっくら触れられている。

最後、古本屋で仕入れた新古書。

伊藤隆監修 百瀬隆著 「事典 昭和戦前期の日本 制度と実態」

昭和元年から二十年までの戦前、戦中期の日本の国土、植民地制度、軍隊、経済、教育など
あらゆる物事の状況について、浅く広く書かれた本。
軍隊だけでも、軍隊、陸軍官衙、陸軍部隊、陸軍軍人、陸軍の教育、海軍官衙、海軍部隊、
海軍軍人、海軍の教育とこれだけの物事について書かれている。

299 :名無し三等兵:03/12/19 00:02 ID:???
>>299

>百瀬隆著「事典 昭和戦前期の日本 制度と実態」

著者の名前ですが、百瀬「孝」ですね。

事典 昭和戦後期の日本(占領と革命)、百瀬 孝 著、吉川弘文館
なんて著書もあります。

いい本なんですが、新本だと結構高いんですよね(5,700円)
その価値はあると思うんですが。











300 :眠い人 ◆gQikaJHtf2 :03/12/19 00:07 ID:???
>299
あいや失礼シマスタ。
何かとごっちゃになったラスィ。

著者の人は、日鐵に勤めながらこれを編纂してたらしいですね。
好きこそものの上手なれと申しましょうか、なかなか出来るものではないです。

301 :名無し三等兵:03/12/19 00:40 ID:???
>>300

>>173であげられている「真珠湾への道」の著者も、長年企業に勤めた後で
著述に専念された方ですね。

海外でも時々こういう方がいらっしゃいますが、ひたすら敬服するしかありません。
ある分野での基本図書として、知らなきゃもぐりとまで言われる本を書かれた方も
いますし。

# 日本の軍事関係の研究者には、こういうタイプの方多いような気がします。

302 :名無し三等兵:03/12/19 01:28 ID:7nXuxFg7
お金がないので光人社NF文庫からおすすめの本あれば教えて下さい。

303 :名無し三等兵:03/12/19 02:16 ID:???
何に興味があるのか言わなきゃお勧めもへったくれも無いと思われ

304 :名無し三等兵:03/12/19 11:02 ID:nGNi8u0E
http://pink.jpg-gif.net/bbs/2/img/675.jpg

305 :ミリ屋哲 ◆4EZIX.r92I :03/12/19 23:26 ID:???
ttp://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4769811675/250-2790560-2233003

光人社だと思って油断した。。。地雷と言ってよかろう。。。

306 :名無し三等兵:03/12/20 17:10 ID:???
「日本の戦跡を見る」安島太佳由 岩波ジュニア新書 ¥780

タイトル通り、日本中の戦争遺跡の写真がこれでもかとばかりに詰め込まれた一冊。
新書版でモノクロだが、長年撮り溜めた写真はどれも極めて鮮明。
地の文は、やや左翼リベラル入っているけど概ね妥当。
このテーマに、興味は「さほど無い」けど「一応知っておきたい」程度の奴なら最良の一冊。
安いし入手しやすいし、持ち歩きやすいし。
いくつか近所にあるんだよな。明日晴れてたら回ってみるか・・・

307 :名無し三等兵:03/12/20 21:26 ID:???
何か書店に行ったら、新書で生物兵器系の本が二三冊出てたね・・・
スルーしてきましたが。

眠い人氏の光人社NF文庫の紹介は大変助かってます。
いつも楽しみにしております&購入の参考にさせていただいてます。

308 :名無し三等兵:03/12/20 21:54 ID:???
ナポレオン戦争の戦況図は、単品販売するそうです(信山社から返答
全巻セットの方には最初から付属するそーです
>286さんは予約すると4万と言っているが、
4万は関係者の知人とかの縁故価格なので一般は4万5000だと思うよ


309 :名無し三等兵:03/12/20 22:27 ID:???
何か書店に行ったら、新書で制服肛虐系の本が二三冊出てたね・・・
スルーしてきましたが。

眠い人氏のフランス書院文庫の紹介は大変助かってます。
いつも楽しみにしております&購入の参考にさせていただいてます

310 :名無し三等兵:03/12/21 10:49 ID:???
戦車戦について解説している本でお勧めなのありますか?

311 :眠い人 ◆gQikaJHtf2 :03/12/21 11:28 ID:???
>309
ミリ屋哲氏には負けると思うが…。

>310
古典になるかもしれんけんど、図書出版社から出ていた、木俣滋郎著「世界戦車戦史」、
「世界戦車戦史Part2」辺りかなぁ。
偶に古本屋で目にする程度だけど。

312 :名無し三等兵:03/12/21 12:47 ID:???
>>310
戦車戦のなにについてお知りになりたいかによって、いろいろ違うと思います。
戦車のハードウェア的な性能、小隊単位の対戦車戦術、
中隊、大隊規模の戦車戦闘団の運用、戦車師団を中核とする機甲作戦など、
戦術面に限ってもいろいろありますので、おすすめ書籍を限定しにくいですね。
また、これらは国や時代によっても異なるので、難しいところです。

米陸軍の現代における戦車戦術でしたら、小隊規模なら米軍のFM17-15 Tank Platoon、
中隊、大隊規模の小部隊戦術ならFM71-1、71-2、などがよろしいのでは?


313 :ミリ屋哲 ◆4EZIX.r92I :03/12/21 14:05 ID:???
私は絵里子23歳・肛虐レイプなんか買っていませんいい加減にしてくださいなかやろ!

>307
そのうちの1冊はおそらく

「テロ」は日本でも確実に起きる  核・生物・化学兵器から身を守る法
井上忠雄
講談社+α新書

ではないかと。著者は元化学学校長だし、内容は安心しておすすめできると思う。
どちらかというと、基本的な軍事知識はそれなりにある人間が、特殊武器について
基礎的知識を得るのに最適な本だと思う。
おすすめ度星4つぐらいかな?(5つが最高で)

314 :名無し三等兵:03/12/21 17:41 ID:???
>310 めちゃくちゃ高いが、ヴォルフガンク・シュナイダー「パンツァー・タクティク」(大日本絵画)が決め手かな。
体験談ならオットー・カリウスか島田豊作が入手しやすい。安くて内容があるのはレン・デイトン「電撃戦」(早川文庫)
現代戦なら>>312氏。

315 :310:03/12/22 22:08 ID:???
みなさんありがとうございます。パンツァータクティクを買ってみることにしたんですが、
訳あって通販を使えないので誰か都内でこの本売ってる店知りませんか?

316 :314:03/12/22 22:41 ID:???
都内か。神保町の書泉グランデかブックマートにならあると思う。というか本当に高いよ?
「都内で」なら、近くに公立図書館くらいあるだろ。
リクエストすれば大抵の本は借りられるから、(市立・区立で所蔵してなければ都立から来る)
いったん取り寄せて内容を検討してからでも、遅くは無いと思う。流石にこの額だとな・・・


317 :名無し三等兵:03/12/22 22:49 ID:???
いくらかと思ったら、5900円か>パンツァータクティク
この程度、ナポレオン戦争や、ドイツ三十年戦争や、
世界銃砲史とかに比べたら安いもんだ


…うん、感覚がおかしくなってるね、おいら

318 :310:03/12/23 00:04 ID:???
ありがとうございました。

319 :名無し三等兵:03/12/23 00:55 ID:???
先週、出張で上京した時に書泉へ逝った時は在庫あったよ。

それはそうと、地方と東京の書籍格差は絶望的に深いと
思いまつた。

320 :名無し三等兵:03/12/23 01:58 ID:???
>>317
正直、俺もこのスレに常駐するようになって散財しまくり。
思うに「本土防衛戦史 元寇」がターニングポイントだった。
あれから戦争の世界史やらリオリエントやら。

つーかさ、今まで買ってた本がむしろ安すぎたんじゃないかと思うのよね。

321 :名無し三等兵:03/12/23 02:38 ID:YADoCRfZ
結局、安い本に書いてあることは高い本に書いてあることの引き写しだからなあ

322 :一等自営業 ◆JYO8gZHKO. :03/12/23 03:45 ID:???
最新でのお勧めは大日本絵画の『クルスクの戦い』。
¥5500+税です。
7月12日のLAH師団リッペントロップの対戦車壕前での
戦車戦の記録が新しいです。一年後の連載ではこの戦闘状況を
描く予定です。

323 :名無し三等兵:03/12/23 06:03 ID:???
安い本は、密度は薄いが、範囲が広い。
で、その範囲の中から、密度を求めていくと、高い本に行き着く。

・・・至極当然の流れだな。

324 :名無し三等兵:03/12/23 08:37 ID:???
>>322
楽しみにしております。

325 :名無し三等兵:03/12/23 15:12 ID:/Ieev9Rk
>>1
1の文章をコピペで済ますな。
続編であっても、立ち上げた本人が責任をもって自分の意見を述べよ、

326 :名無し三等兵:03/12/24 00:34 ID:???
>325

おいおい(笑)

あ、コピペ?

327 :名無し三等兵:03/12/24 01:12 ID:???
>>315
パンツァータクテクなら、池袋のジュンク堂になら確かあったはず。
あとは神田の書泉グランデかな。

328 :名無し三等兵:03/12/24 03:47 ID:???
秋葉原の書泉にもあったよ。

329 :名無し三等兵:03/12/24 14:38 ID:???
新宿の紀伊国屋にもあったよ

330 :名無し三等兵:03/12/24 16:35 ID:???
札幌の旭屋書店にもあったよ。

331 :名無し三等兵:03/12/24 17:55 ID:???
松村劭「平和のための戦争学」(PHP研究所)

氏の持論をだいたい広く押さえた内容。
大学なんかで安全保障論の教科書に使えそう。そんな講義無いだろうけど。

332 :名無し三等兵:03/12/24 18:46 ID:???
広島駅前のジュンク堂にもあったな。
ところで、ニュルンベルク裁判もので手頃な文庫or新書ってなんかありませんか?

333 :ベタ藤原 ◆RoMNjfnp0E :03/12/24 21:09 ID:???
>>332
 文庫、新書では思いつかない……

 サンケイの赤本であったけどねぇ。
 アカデミイ書店に赤本がかなり入ってたけど、あったかなぁ?

334 :名無し三等兵:03/12/24 21:13 ID:???
ニュルンベルグの本
 最近単行本が平積みにされていたからかおうと思ったらだいぶ昔に買った本そのものだった。
 パーシコの本だけど再版されたのかな?
 A級戦犯に選ばれそうな人を調べたいんだけどよく分からない。
 起訴された人は分かるんだけど・・・連合軍は被告候補に誰を予定していたのかなぁ?

335 :名無し三等兵:03/12/24 21:23 ID:???
>>332

岩波新書の「赤い」本でよければ、

「戦争犯罪とは何か」藤田久一著 (岩波新書赤380)

が、50ページほどニュルンベルグ裁判について触れてる。まあ、この本は
戦争犯罪について通時的に見た本だから、総括的な記述しかされてないけどね。

336 :名無し三等兵:03/12/24 22:30 ID:???
定番はないんですね、残念。>ニュルンベルク裁判
>>335とかドイツ戦争犯罪の線で探してみることにします。
高い本はハズレが怖くてなかなか…。

337 :眠い人 ◆gQikaJHtf2 :03/12/24 23:17 ID:???
>332
後、中公新書の木佐芳男「<戦争責任>とは何か−清算されなかったドイツの過去」
あたりかなぁ。

Nuremberg裁判については、英米仏蘇四カ国によって、1945.8.8.にロンドンで調印された、
「欧州枢軸諸国の主要戦争犯罪人の訴追及び処罰に関する協定」の付属書である、
「国際軍事裁判所条例(Charter of the International Military Tribunal)」、
所謂、Nuremberg裁判所条例に規定されていたのだと思うが。

338 :名無し三等兵:03/12/24 23:22 ID:???
>>334

>  A級戦犯に選ばれそうな人を調べたいんだけどよく分からない。
>  起訴された人は分かるんだけど・・・連合軍は被告候補に誰を予定していたのかなぁ?

当時の新聞に載ってないかな?


339 :名無し三等兵:03/12/24 23:23 ID:???
死んだり捕まらなかったナチでA級に起訴されそうなのは誰?
ヒトラー、ヒムラー、ゲッベルス・・・そんなもんか、生きていればハイドリヒ?

340 :ボルマン:03/12/24 23:23 ID:???
オレ

341 :名無し三等兵:03/12/24 23:24 ID:???
日本だと近衛文麿とか招集が来てから自殺したり、
軍人は勝手に自殺している。
当たり前だけど日本の情報は豊富だよな。



342 :名無し三等兵:03/12/24 23:25 ID:???
マルティン・ボルマンは起訴されて判決まで出てるじゃん、欠席裁判だけど。

343 :名無し三等兵:03/12/25 00:52 ID:???
>>336

あとはですね、Webcat Plusで連想検索かけるという手があります。

http://webcatplus.nii.ac.jp/

ここで検索して、あとは身近な図書館やweb上の古書検索(日本の古本屋で
ぐぐると出てきます)を使って地道に集めていくしかないでしょうね。

あと、原史料ならHarvard Law Schoolがweb上で公開しているようです。当然、
英語とドイツ語ですが。

http://www.law.harvard.edu/library/digital/war_crime_trials_nuremberg.htm

ぐぐるをうまく使うと、この手のメジャーな事項についての情報は、結構集まるものです。

344 :名無し三等兵:03/12/25 03:01 ID:6hCpAkRH
http://www02.so-net.ne.jp/~muraji/

http://www.maromaro.com/

http://www7.ocn.ne.jp/~zerosiki/

軍事・戦略関係の書評ならここらへんだね


345 :名無し三等兵:03/12/25 07:11 ID:???
久々のコピペだな

346 :ミリ屋哲 ◆4EZIX.r92I :03/12/25 19:18 ID:???
日本全国 保存兵器ガイド
寺田近雄 著
文春ネスコ 刊

ゲット。写真が少なく文章主体、地図等も無いに等しいが、紹介している
施設の数がダントツ。連絡先や料金、予約の必要性も記されていて、
自分で歩き回るタイプの人にはお勧めかと思う。



もう一冊

台湾海峡、波高し 素顔の台湾海軍
松村劭 著
文春ネスコ 刊

もゲット。こっちは著者買いなので中身はまだ見ていない。細部は後で。

347 :名無し三等兵:04/01/01 00:39 ID:???
新年明けましておめでとう御座います。クリスマス攻勢に正月攻勢はあるなぁ、
と思い返してみました。

 イスラエルウェイを買うかどうかで悩んでます。アチザリットの本なんですが
どうでしょうか。

348 :名無し三等兵:04/01/01 01:39 ID:???
戦術、戦史などの書籍に関してはいろいろ出ていますが、
現代兵器の構造などの具体的な情報に関しての良い資料
(信頼すべき機関の作成した。)
はどのようなものがあるのでしょうか。

いろいろなスレでは憶測で語られている情報がおおく、
また、実際の構造に対して具体的な資料が無いためどうも議論が
空回りをしております。

349 :名無し三等兵:04/01/01 02:27 ID:???
>>348
いちおう「信頼すべき期間の作成した」基本的な資料となると、
多くの軍事関係者は、ジェーン年鑑、
ジェーンズ・ディフェンス・ウィークリー、
ジェーンズ・インターナショナル・ディフェンス・レビュー
などを利用しています。
ただし、これらの情報にも誤りはあり、完全とはいえません。
しかもこれらの資料は各兵器の基本的な構造などは周知のものとして、
あまり深くはふれず、より詳細な情報を提供しようとするので、
基本的な知識は別に学んでおく必要があります。
現代兵器の構造と一言でいっても、火器管制、推進、発射、装填、
誘導、破壊、照準、操縦、通信、装甲、居住環境など、分野別に多岐にわたり、
これらを一括して扱っている資料はほとんど存在しないといっていいと思います。

兵器に関する構造は、各国のマニュアルを見るのが一番信頼性が高いでしょうが、
ライフルや対戦車ロケット程度ならまだしも、誘導ミサイルや艦艇の構造となると、
多くは秘密事項であり、我々が知ることはできないということになります。

結局、基本的な技術について多方面から学ぶと同時に、公表されている最新技術などを
マニュアルと雑誌などから仕入れることになるでしょう。
それ以上は私たちも、世に出ている多くの同様、憶測に頼るほかないということになります。

350 :名無し三等兵:04/01/01 02:47 ID:???
>>349

火器・弾薬などについては、「火器弾薬技術ハンドブック」が基礎的な資料として
使用できるのではないでしょうか。

351 :348:04/01/01 12:55 ID:???
>>349-350 

非常にあいまいな質問にかかわらず回答ありがとうございます。

世間一般で語られる雑誌等は皆さんもご存知の評論家やライター
などの記事が多く、(私も数誌読んでいますが。)

TV等の発言から考えると、どうも記事そのものの信憑性に疑問を
感じざるおえませんでした。

(もちろん、見当違いの発言を強要するTVもどうかと思いますが。)



352 :名無し三等兵:04/01/02 09:22 ID:DVd43DHm
あげ

ついでに以前ここで紹介を受けた
「図説 世界軍事技術史」を購入しますた。

まだ、手元には届いていませんが、8500円・・・_| ̄|◯

353 :名無し三等兵:04/01/03 15:05 ID:???
軍ヲタになるにあたってまずこれは必読というような基本書があれば
教えてください。現代戦は興味がないので、それ以外で。
あとクラウゼヴィッツとか小難しいのは無しで。


354 :名無し三等兵:04/01/03 15:12 ID:???
>>353
クラウゼヴィッツの戦争論は必読だぞ

355 :名無し三等兵:04/01/03 15:35 ID:???
>>353
取りあえず自分の質問がどれだけアホなものか自覚しなさい。

356 :名無し三等兵:04/01/03 15:42 ID:???
>>354
>>355
じゃあ軍ヲタの皆さんは全員クラウゼヴィッツ読んだんですか


357 :名無し三等兵:04/01/03 15:47 ID:???
>>353
まぁ、いきなり原典に挑戦するのもアレですから
まずはビジネスマン向けの解説書を読むと良いでしょう。
ランチェスターの法則なんかは商業分野に応用されているんで
面白い発見があると思いますよ。

358 :海の人 ◆STEELmK8LQ :04/01/03 16:15 ID:???
>357
 装輪厨誕生の予感(笑)

359 :名無し三等兵:04/01/03 18:42 ID:???
>>357
自分はどうもビジネスマン向けのとか、ああいうのは劣化コピーとかそういった単語が思い浮かんで敬遠しているのですが、
(解説本を読む前に自分で原典をそしゃくした方が良いんじゃないかと思って)
ああいったものは結構参考になるものなのですか?

360 :名無し三等兵:04/01/03 18:49 ID:???
>>359
解説者の妙なバイアスがかかっているということを忘れなければ、入門用としては
役に立つ。
解説本と原典を読み比べて、解説者がどこを間違えた(あるいは自説に都合のよい
ようにねじ曲げた)かを読み取るというのは、読解力をつける訓練にもなる。

361 :名無し三等兵:04/01/03 20:11 ID:???
>>359
なるほど、よくわかりました。何とかとはさみは…ですね。

362 :361:04/01/03 20:12 ID:???
ミスった…自分にレスつけてどうするんだ…
>>361>>360宛です、すいません。

363 :名無し三等兵:04/01/03 21:00 ID:???
確か眠い人氏が書いておられたと思うのですが、

「船舶砲兵」(駒宮真七郎)を帰省した際に地元の古書店で入手しました。

丹念に見ていくと思わぬものがあるので、地道に見ていこうかと思いますた。

# この人の他の著書って結構入手難ですか?

364 :名無し三等兵:04/01/04 00:05 ID:???
「秘史満州国軍・小澤親光著」を入手。
満州国軍についての本は少ないので貴重?


365 :名無し三等兵:04/01/04 00:58 ID:???
あれはマジでいい本だ。

366 :名無し三等兵:04/01/04 15:24 ID:xYxf6/w1
クラウゼヴィッツの戦争論を読んでみようと思うんですが、
岩波文庫と中公文庫はどっちが良いでしょうか?

367 :名無し三等兵:04/01/04 15:26 ID:???
>>366
初めて読むのならば、芙蓉書房(レクラム)版をおすすめする。

あと、↓ここも参考にして。

クラウセヴィッツ『戦争論』読破したやついる?
http://hobby3.2ch.net/test/read.cgi/army/1063301217/

368 :名無し三等兵:04/01/04 15:35 ID:???
>>367
どうもありがとうございました。

369 :名無し三等兵:04/01/04 15:43 ID:IMh9CACH
原書房の民間防衛の注釈書を書きたいのだが、民間防衛で警告されているような、敵のプロパガンダ
そのことの参考となる実例を示した書籍はない?
出来たら近年、それも日本の例が良い

370 :ベタ藤原 ◆RoMNjfnp0E :04/01/04 16:12 ID:???
>>369
 古典的一冊なんですけど、『プロパガンダ戦史』(池田 徳眞 著/中公新書)って
のがあるけど、日本に関しての記述はイマイチです。

『秘録・謀略宣伝ビラ』(鈴木明・山本明編/講談社) に、連合国側の対日ビラとか
の実物が多数掲載されているそうな。

371 :ベタ藤原 ◆RoMNjfnp0E :04/01/04 16:39 ID:???
>『秘録・謀略宣伝ビラ』
 実はまだ未見なのよ。

372 :名無し三等兵:04/01/04 17:14 ID:???
>>370
同じ著者の「日の丸アワー」(中公新書)なんてどうよ?

373 :ミリ屋哲 ◆4EZIX.r92I :04/01/04 17:16 ID:???
>秘録・謀略宣伝ビラ

まだ「日本の古本屋」に幾分か在庫有るようだが、総じて割高だな。

374 :名無し三等兵:04/01/04 17:19 ID:???
「ビルマ航空戦」買った。
高いから躊躇してたけどお年玉貰ったし思い切って購入。


375 :名無し三等兵:04/01/04 17:34 ID:IMh9CACH
>>370
どうもありがとう。探してみます。
私が近代のそれも日本に拘っているのは、そうでないと必ず外国の話で日本では起こらないとか
時代が違うとか、とぼけたことを言い出す人間がいるからです。
その手の不毛な反論を封じ込めるために、出来るだけ現在の日本の例も出したいのですよ

376 :ベタ藤原 ◆RoMNjfnp0E :04/01/04 17:45 ID:???
>>375
 こんな本が本屋に置いてあるんだけど、内容は確認してない。
http://books.yahoo.co.jp/bin/detail?id=31315584
 まあ、本屋行ったついでに見てみたらどうでしょう?

377 :ベタ藤原 ◆RoMNjfnp0E :04/01/04 17:51 ID:???
>>372
>「日の丸アワー」
 内容的には、日本の対米謀略放送を始めるにあたってのドタバタぶりと、泥縄ぶり、
そして、その放送に加わった米兵捕虜たちの運命に書かれた本だから、敵性プロパガ
ンダの参考にするには、ちょ〜っとな〜って感じだったYo!


378 :名無し三等兵:04/01/04 19:42 ID:???
>>369 WWUのラジオ対日宣伝で良ければ、「ブラック プロパガンダ」(岩波書店 山本直利著)という本がある。
ttp://www8.ocn.ne.jp/~m20th/yamamoto/profile/books/book02_05.html
この本にも出てるけど、ビラについては、対日戦でせっせと作っていた当事者が書いた「心理戦争」(みすず書房 こーどうぇ、もとい、P・M・A・ラインバーガー)という本がいい!んだが、
昭和28年の翻訳なんでまず入手不能(漏れは大学で読んだ。コピーとっときゃよかった・・・)
早川書房で再訳きぼんぬ。

379 :名無し三等兵:04/01/04 19:56 ID:???
>>378

人類補完(ry

amazon.comのUsed bookに原書の在庫がありますた。$500だそうです。

amazon.comで"Psychological Warfare"を検索語にして検索かけてやると
沢山ヒットがありますね。



380 :名無し三等兵:04/01/05 23:25 ID:???
あ、そーだ。ついでに書いとく。

>>369

近代日本の例なら、本探すより自分でフィールドワークした方が早いかもよ。
ていうか、それをしない人間の書いたものなんて信用できない。

381 :名無し三等兵:04/01/06 00:38 ID:ULQo5CYj
>>380
素人ジャーナリストに無理を言わないでくれや。
本を書くと言っても、実際のとこは、HPに掲載するだけだし

382 :名無し三等兵:04/01/06 14:37 ID:LEfxQcly
ジョント−ランドが亡くなったようだ。

383 :トルエン大尉:04/01/06 14:38 ID:???
>>382
なぬ!本当?

384 :名無し三等兵:04/01/06 14:40 ID:LEfxQcly
ヤフーで見た ほんと。

385 :名無し三等兵:04/01/06 14:43 ID:LEfxQcly
<訃報>ジョン・トーランドさん91歳=米ノンフィクション作家
ジョン・トーランドさん91歳(米ノンフィクション作家)AP通信が
家族の話として伝えたところによると、4日、肺炎のため米コネティ
カット州ダンベリーの病院で死去。

米ウィスコンシン州生まれ。太平洋戦争時代の日本の歴史を日本の
視点から描いたと評価された「ザ・ライジング・サン」(邦題
「大日本帝国の興亡」)で1971年にピュリツァー賞を受賞。
また、日本の真珠湾攻撃を当時のルーズベルト米大統領が事前に
察知していたとした「真珠湾攻撃」(82年)で論議を呼んだ。
妻は日本人。(共同)(毎日新聞)[1月6日10時46分更新]


386 :トルエン大尉:04/01/06 14:44 ID:???
>>384
本当だ。ハヤカワの「バルジ」とかよく読んだなぁ・・・黙祷。

387 :名無し三等兵:04/01/06 14:48 ID:???
385氏が貼ったけどこれか
ttp://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20040106-00001024-mai-peo

「バルジ大作戦」は好きだったなあ
「大日本帝国〜」でパネー号事件を若手将校の謀略と書いてるのはちといただけなかったけど

388 :名無し三等兵:04/01/06 14:49 ID:???
>>386
おお同志...残念だが、いい仕事をした人だった。
黙とう。

389 :名無し三等兵:04/01/06 14:51 ID:???
黙祷

390 :トルエン大尉:04/01/06 14:52 ID:???
>>388
マクリーンが亡くなった時は、ハヤカワの追悼フェアがあったが、
今回はどうかな?

391 :名無し三等兵:04/01/06 15:01 ID:???
凄い偶然だ。ちょうど昨日、「大日本帝国の滅亡」「バルジ大作戦」を
注文したばかりだ・・・
ご冥福をお祈りする。
奥さん日本人なんだよね

392 :名無し三等兵:04/01/06 15:02 ID:???
「滅亡」じゃなくて「興亡」だった、スマソ


393 :名無し三等兵:04/01/06 16:37 ID:???
・・・ていうかまだ生きてたんだ。

394 :名無し三等兵:04/01/09 14:47 ID:9t3nhASq
兵器関連の入門書を教えてください

395 :名無し三等兵:04/01/09 15:01 ID:???
光人社NF文庫の
「〜入門」ってタイトルのものが良い

初級者から上級者まで楽しめるし、値段も安いのでオススメ

396 :名無し三等兵:04/01/09 15:06 ID:???
>394
何時の時代?何処の国?
取り合えず光人社NF文庫から出てる「〜〜入門」は
濃くてお勧めではあるが、初心者の人がいきなりあれを読んで
面白いと思うかちょいと疑問でもある。

397 :名無し三等兵:04/01/09 15:30 ID:9t3nhASq
>>395>>396
ありがとうございます。
特に国や時代や種類の指定はありません。
兵器全般の基礎的、初歩的なことが知りたいです。

398 :名無し三等兵:04/01/09 15:54 ID:???
>>394
マール社の「武器」も入門にはいいかも。

399 :名無し三等兵:04/01/09 21:25 ID:???
>>397
それは・・・ちょっと曖昧すぎるというか・・・
そのままだと、膨大な量の書物を紹介しなければならない予感。

多少絞ったほうがいいと思われ。
現代とか、近代、近代以前(日本でいう戦国期とか)・・・

400 :ゆうか ◆9a1boPv5wk :04/01/09 21:31 ID:Ca06M5rQ
というか、多分そういう入り方だと苦労する気がしますね。
私は宇宙戦艦ヤマトにあこがれ、そのまま大和に萌え、
さらに連合艦隊や各国戦艦、大東亜戦争、WWUと範囲を広げていきました。

同じようにタイガー戦車やゼロ戦など、ある特定の兵器からこの世界に足を踏み入れ、
関連事項に手を広げていった同好の方は少なくないと思いますが?

401 :名無し三等兵:04/01/09 21:42 ID:???
私はどっちかと言うと兵器一つ一つにはそれほど興味がなかったですね。
プラモやWTMを嬉々として集め始めたのも最近ですし。
せいぜいが大戦略で現代兵器の名前だけは知っていたと言う感じです。
好きな戦車はチャレンジャーでした。それも大戦略で防御が高くて強いからという身も蓋もない理由…。
むしろ歴史の方から軍事のほうに広がったという感じですね。

402 :名無し三等兵:04/01/09 21:48 ID:???
>>397

とりあえず、「火器弾薬技術ハンドブック」読んどけ

403 :名無し三等兵:04/01/09 21:49 ID:???
>>402
いきなりそれは・・・

404 :名無し三等兵:04/01/09 21:50 ID:???
>>400
漏れも宇宙戦艦から(w
後は銀英伝で戦略というものに興味もったり

405 :名無し三等兵:04/01/09 22:13 ID:???
>>397 398で上がってる、マール社の「武器」をとりあえずすすめる。
冗談抜きで、棍棒から核兵器まで武器という武器を一通りクリアしている本だよ。

406 :名無し三等兵:04/01/09 22:17 ID:???
>>394
>>398氏のおっしゃるとおり、まずはマール社の「武器」をお薦めします。
この本は古代から現代までの陸上兵器、つまり剣や槍、弓、攻城兵器などから、
小銃や野砲まで一通り網羅しています。
ただし軍隊の指揮系統や通信機器、輸送車両といった装備や、軍艦や航空機などには触れていません。
本書にひととおり目を通し、さらなる疑問が生じたら他の書籍を探すなり、
このスレッドで質問をするとよいと思います。


407 :名無し三等兵:04/01/09 22:29 ID:???
古代、近代までさかのぼって洋書をあさると
ナンセンス極まりない本がうじゃうじゃ出てくるが
それを読みこなせるほど知識がない漏れ…

408 :名無し三等兵:04/01/10 00:19 ID:???
「武器」はいいよね。暇つぶしにも何か描く時の資料にもそこそこ耐えうる。
パッツァータクティクほしいけど高いよママン。(つД`)

409 :名無し三等兵:04/01/10 00:53 ID:???
前スレ見たいんだけどどこにあるの?
>3みたいに誰か補完しちくり


410 :名無し三等兵:04/01/10 00:54 ID:???
自営業阻止がどうかしたのか?

411 :409:04/01/10 00:59 ID:???
誤爆スマソ

412 :名無し三等兵:04/01/10 01:04 ID:???
>>408

>パッツァータクティクほしいけど高いよママン。(つД`)

一日バイトすれば買える本は、高いとは言えない。

413 :名無し三等兵:04/01/10 01:10 ID:???
>>412
うちの高校バイト禁止なので。
それでなくとも5900円は本の中では高いと思うのだが。

414 :名無し三等兵:04/01/10 01:12 ID:???
>413
まあ、大学生/社会人になれば自由に使える金額が
1〜2ケタ上がるから心配するな。

415 :名無し三等兵:04/01/10 01:13 ID:???
月々3000円ですが何か?

416 :名無し三等兵:04/01/10 01:16 ID:???
>414
ケコーンするまでは・・・・な。

417 :名無し三等兵:04/01/10 01:16 ID:???
>>413

まあ、昼飯代ケチって貯めるとか、ネット古書店地道に回るとか色々頑張れ。

>それでなくとも5900円は本の中では高いと思うのだが

全然高くない。一冊買えば福沢さん消える本なんてそこら中にあるんだわ。

418 :名無し三等兵:04/01/10 01:17 ID:???
結婚なんてしたくねー!

419 :397:04/01/10 01:57 ID:???
>>398-408
ありがとうございました。「武器」を買ってみます。

420 :名無し三等兵:04/01/10 10:01 ID:???
ttp://page6.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/f13178727

>417さま
私には1万エソは高いです…

421 :名無し三等兵:04/01/10 10:30 ID:???
一万超える良書と言ったら、「現代戦略思想の系譜」はどうかと言ってみる

422 :名無し三等兵:04/01/10 10:58 ID:???
図書館にリクエストすると入れてくれるかもしれません
わたしはそれで、パンツァータクティクと「武器」を読みました

423 :名無し三等兵:04/01/10 11:40 ID:???
>>420

これ、オクに出しても大丈夫なんかな。
高いけどしょうがないよね、手に入れるためだったら。

# 内容と価格のトレードオフなんだよなあ、結局。

424 :名無し三等兵:04/01/10 16:47 ID:???
安くてお薦めの本教えてたもれ

425 :名無し三等兵:04/01/10 17:17 ID:???
学研M文庫はよくいい本を文庫にしてくれるから嬉しい。
しかし最近あんまり出してなくない?


426 :名無し三等兵:04/01/10 17:19 ID:???
M文庫の戦記部門は破綻状態だからね・・・
まだ光人社NF文庫の方が・・・

427 :名無し三等兵:04/01/10 17:41 ID:???
赤字なのか・・・?
やっぱ一般人は買わないのか。マニアしか買わないからか・・・

428 :マ−ル社Good!:04/01/10 18:04 ID:???
マ−ル社の「武器」はイラスト入りの良書だが、1970年代までの
軍事兵器までしか載ってないからなぁ。
ぜひとも現代まで網羅した改訂版をキボン。
マ−ル社の本って安いのが多くていい。(「武器」は3100円かな?)


429 :名無し三等兵:04/01/10 18:04 ID:???
>>424 何について?
WW2の大日本帝国全般なら、森本忠夫「魔性の歴史」、
海軍は、大井篤「海上護衛戦」、陸軍は、堀栄三「大本営参謀の情報戦記」をそれぞれ読んどけ。 

430 :名無し三等兵:04/01/10 20:14 ID:???
>420 ラインナップと落札時期を見てちょっと動揺した。

431 :名無し三等兵:04/01/10 23:58 ID:???
>>424

光人社NFの「入門」が付いてる奴は大体どれもお勧め。

432 :名無し三等兵:04/01/11 15:40 ID:???
地政学 アメリカの世界戦略地図

奥山真司 著
2004年1月23日刊行 四六判上製 
定価:本体1800円+税 ISBN4-7727-0401-9

ttp://www.fureai.or.jp/~gogatsu/syoseki-tiseigaku.htm


国際情勢板向けだと思うが、軍事板ではどうよ?

433 :名無し三等兵:04/01/12 02:32 ID:???
世界戦争犯罪事典も18000円だっけ?

434 :名無し三等兵:04/01/12 11:44 ID:???
>433
YES。 でも新品に近いのがネット古本屋で8000〜9000で結構ある。

435 :名無し三等兵:04/01/12 12:30 ID:???
というか、ヤフオクで今3000円>世界戦争犯罪事典

436 :名無し三等兵:04/01/12 20:15 ID:???
そいつを新品で買ったのさ・・・

 ;y=ー( ゚д゚)・∵. ターン
 \/|俺|)


437 :名無し三等兵:04/01/12 20:35 ID:???
ヲッチしてたけど結局六千円ほどで落札されてたよ

438 :ベタ藤原 ◆RoMNjfnp0E :04/01/12 21:28 ID:???
http://www.library.tohoku.ac.jp/T-LINES/cgi-bin/opac/books-query?code=20226641
 こんな本を見つけたりして……

 実は、各駐屯地の修親会が、各々こんな本を密かに出してたりするんじゃ……

439 :眠い人 ◆gQikaJHtf2 :04/01/12 21:32 ID:???
そいつを新古書で13000円でGetした漏れって・・・

 ;y=ー( ゚д゚)・∵. ターン
 \/|俺|)


440 :名無し三等兵:04/01/12 21:36 ID:???
このスレは、高額な本を買った香具師が自分の愚かさを後悔するスレになりました。

以下ドゾー↓

# ドロシーたんのBOX買ったとかいうのは禁止。絶対に禁止

441 :名無し三等兵:04/01/12 21:43 ID:???
図書館でリクエストして借りて、会社でコピーを取ったの漏れは!

休日出勤したの時にコピーしたので、
堂々と出来たが。

本当は業務上横領で処分の対象になるので、
素人にはお勧めできない。

442 :海の人 ◆STEELmK8LQ :04/01/12 21:47 ID:???
>441
> 休日出勤したの時にコピーしたので、

 陸自だとジバラー(笑)

443 :名無し三等兵:04/01/12 22:26 ID:???
それ以前に著作権法無視
通報しますた

444 :名無し三等兵:04/01/12 22:41 ID:???
>438
あれま、我が母校の図書館システムも立派になっちゃって。

今にして思えば大学図書館って濃い情報の宝庫だったんだよなあ
在学当時は軍事について一次資料当たったりとかそういうことは
マターク何にも思って無かったものだが。


445 :ミリ屋哲 ◆4EZIX.r92I :04/01/12 22:50 ID:???
>440
「戦訓報」集成

6万ちょっとしたんだが、カードで分割したつもりが一括になっていた。。。


次の月は地獄ですた_| ̄|○

446 :名無し三等兵:04/01/12 23:01 ID:???
さて、某セレでの行為によって、ミリは実はスキャナ持ちだと言うことが
発覚した訳だが。
これでうp出来ない理由は無くなったな。

447 :名無し三等兵:04/01/12 23:30 ID:???
>>444

最近は大学図書館を横断的に検索できたり、和書だけですが、連想検索できたりします
からねえ。連想検索は結構お勧め。

>>NACSIS Webcat

http://webcat.nii.ac.jp/

相互利用なども昔に比べると容易になってきてますから、うまく使うと楽しく遊べます。
大抵の大学の図書館は、学外からも利用できるようになってるので、活用してやりましょう。

>>446
著作権法に違反する行為を求めるのは感心しないねえ。それに、労力費やした
著者にも失礼だ罠。

# 一応ナジレス

448 :ベタ藤原 ◆RoMNjfnp0E :04/01/13 20:24 ID:???
>>445
 がんがれ。
 パンの耳にマヨ付けて焼くと、美味しいよ。

 ちゅか、↓ではダメやったんかい?
http://books.yahoo.co.jp/bin/detail?id=31093787

449 :名無し三等兵:04/01/13 22:38 ID:???
徳富蘇峰の『陸軍大将川上操六』を読んだことある方いますか?

450 :眠い人 ◆gQikaJHtf2 :04/01/14 22:21 ID:???
神保町の十字屋書店の親父が身罷った様だ。
19時頃覗いたら、あの親父の写真が飾ってあって、坊主が読経していた。
多分、お通夜だったのだろう。

12月下旬に行った時はまだ元気だったのに…。
最後に買ったのが「偵察機入門」だった。
カバーして貰ったのは、暫く取れそうにない。
寂しいなぁ。

今日買ってきた本。

オスプレイ・ミリタリー・シリーズの「IV号中戦車G/H/J型 1942-45」
著者は Hilary L. Doyle/Tom Jentzの共著。
両方ともジャーマンタンクスの著者である。
この手の本にしては、開発史、派生型解説、戦闘記録がコンパクトに纏まっている。
主砲貫徹距離の比較表なんか結構分かり易い。

ちなみに、次回配本は、メルカバMk.I〜IIIだそうな。

軍用機シリーズは、「モスキート爆撃機/戦闘爆撃機部隊の戦歴」
こちらは戦歴主体で、爆撃機型、戦闘爆撃機型の登場から、終戦までの各作戦について
記述している。
ビルマのブリッジバスターなどの体験談なども面白い。

こちらの次回配本は、独空軍地上攻撃飛行隊だそうな。

451 :名無し三等兵:04/01/15 17:13 ID:???
橋本以行艦長の著書が先月出ましたがこれは
今まで出た本の再刊?「伊58潜帰投せり」とは別だよね

452 :名無し三等兵:04/01/15 19:38 ID:???
》神保町の十字屋書店の親父が身罷った様だ。

あらら、まだそんなにお歳という感じじゃなかったけどなぁ。
最後にあすこで買ったの、いつだったろう?

》こちらの次回配本は、独空軍地上攻撃飛行隊だそうな。

今日、本屋で表紙をめくってみて大興奮。ハァハァ(*´Д`)
早く来月にならないかなぁ。


453 :ベタ藤原 ◆RoMNjfnp0E :04/01/15 21:21 ID:???
 最近買った本

「大空の華」 田中賢一
 陸軍空挺部隊の黎明から終焉までを記した一冊。
 成功裏に終わったパレンバン空挺作戦から、敵航空基地へ強行着陸を繰り返す
レイテ作戦、そいて沖縄への義烈作戦までを丹念に追っております。

 最後に方に空挺部隊関係者による装備品についての座談会があり、落下傘の月産
数や、事故などに触れられていて、興味深いものがあります。 

454 :名無し三等兵:04/01/16 18:06 ID:???
ごめん、一瞬「身篭った」に見えた

455 :名無し三等兵:04/01/16 20:34 ID:???
阿波丸撃沈って本はどうですか?

456 :名無し三等兵:04/01/17 17:48 ID:???
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/416322520X/ref=sr_aps_b_/249-9598810-1930720

これ本屋でみかけたけどどうかな?

457 :眠い人 ◆gQikaJHtf2 :04/01/17 18:28 ID:???
>454
あにょね(^◇^;)。

>456
残念ながら、中は見てないんですよねぇ。

さて、郷土出版社からの本で面白いのを見つけた。

山形 紘著 「房総の幕末海防始末」

江戸末期の異国船出没に際して、北方からのロシア、西方からの英国との接遇経過、
欧米の捕鯨船の登場に際し、小笠原の帰属を巡る幕府の対応など、高島流砲術に
ついての概観と江戸末期の火砲の性能、そして開国への道と言う、幕府、諸家の動向
を大まかに記した後、房総半島の防備計画を諸家がどのように行なったのかを丹念に
追っている。

小さな新書サイズだけど、内容は濃い。

458 :ベタ藤原 ◆RoMNjfnp0E :04/01/17 21:21 ID:???
 質問!
>大井篤著「海上護衛戦:太平洋戦争の戦略的分析」
 と
>大井篤著「海上護衛戦」
 は別物? それとも同じ物?

459 :眠い人 ◆gQikaJHtf2 :04/01/17 21:42 ID:???
>458
新版と旧版だと思いますよ。
前者が旧版か、と。

460 :ベタ藤原 ◆RoMNjfnp0E :04/01/17 21:53 ID:???
>>459 眠い人氏
 ん〜 「海上護衛戦:太平洋戦争の戦略的分析」からの引用文が、講談社メチエの
「戦艦大和」に載ってるんですが、その引用されてる文章(伝統、栄光、みんな窓の
外に見える桜のように美しい言葉だ〜)が「海上護衛戦」には無い文章なんで、どう
かな〜 と思ってみたりしてるのです。 「海上護衛戦:太平洋戦争の戦略的分析」
の実物を持ってる人は居ませんかね?


461 :眠い人 ◆gQikaJHtf2 :04/01/17 22:15 ID:???
>460 ベタ氏
ん〜、さっき軽くググって見たら、全部初版1953年でヒットするんですわ。
1953年と言えば、海上護衛戦の旧版初版が出た年なので、そう類推したのですが。
実際にものを見てみないと分らないですな。


462 :名無し三等兵:04/01/17 22:52 ID:???
>>ベタさん

旧版(1953年発行のもの)持ってますが、何ページからの引用かわかりますか。
全部一通り目を通すのは大変なので。


463 :海の人 ◆STEELmK8LQ :04/01/17 23:02 ID:???
>460
> 「海上護衛戦」には無い文章なんで

 あるよ。
 p.397の6行目

464 :462:04/01/17 23:04 ID:???
ああ、見付けた。大和の水上特攻に護衛総司令部の参謀が激怒するシーンですね。

有名な「馬鹿野郎」発言の後にこうあります。

「彼は、長い間れ、連合艦隊主義の行き過ぎが、日本を毒していると考えてきたのが、
いま、その連合艦隊主義の毒素のありかを、はっきりと、つき止めたような気がした。
『伝統』。『栄光』。みんな窓の外に見える桜のように美しい言葉だ。しかし、連合艦隊
主義は、連合艦隊の伝統と栄光のために、それが奉仕すべき日本という国家の利益を
まで犠牲にしている」

旧版266ページ上段

465 :名無し三等兵:04/01/17 23:18 ID:???
大山柏「金星の追憶」読了。いやー、めっちゃめちゃ面白いわ、これ!
終戦前後の根室築城戦の奮闘努力もさることながら、上原勇作元帥のポートレートが面白い。
「大戦間期の日本陸軍」を読んだ時にも思ったのだが、大正あたりまでの日本陸軍は、地位と頭の良さは比例していたようですな。
どこで間違えたんだ・・・

>海上護衛戦
ソノラマ文庫版 第8章ー28 「特攻大和 栄光の代償」 P346
「国を挙げての戦争に、水上部隊の伝統が何だ、水上部隊の栄光が何だ、馬鹿野郎」
そうどなりつけるように言って、ガチャンと受話器をかけた
(4行略)
「伝統」「栄光」 みんな窓外に見える桜花のように美しい言葉だ。
しかし、連合艦隊主義は、連合艦隊の伝統と栄光のために、それが奉仕すべき日本という国家の利益をまで犠牲にしている。

他の版なら、29「天皇の浴槽」から逆に引いた方が早いかと思います。
本書の白眉というべき部分なので、ここを抜かすことだけはありえない筈。


466 :名無し三等兵:04/01/18 09:41 ID:xlZYr+yE
ミリタリー・バランスみたいな、世界各国の軍事情勢が分かる本って、他にありませんか?
ミリタリー・バランスは、英側が態度を急変させたため、
日本語版の出版は1995〜1996年版が最後になっているとの事なので。
最新の情報が載ってて、具体的な数字が出てる本が読みたいんです。
取りあえず、東アジア戦略概観2003は買ってみたんですけど、あれは東アジア限定だし。
世界軍事情勢〈2003年版〉ってのも、ありますけど、読んだことある人いますか?
それとも、ミリタリー・バランスの英語版を買うしかないんですかねぇ。

467 :名無し三等兵:04/01/18 09:46 ID:???
>466 中東版のみでよければネット上に無料で置いてあると思います。
"military balance"でググッテ見てください。本家じゃない奴があるのです。
ちなみに本家もネットで買えます。

468 :名無し三等兵:04/01/18 10:02 ID:???
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/0198528736/
The Military Balance 2003/2004 (Military Balance, 2003-2004)

の商品に興味がある人は、こんな商品にも興味をもっています

* The Military Balance 2002-2003 (Military Balance, 2002-2003) International Institute for Strategic Studies (著)
* Amazon.co.jp オリジナルブックカバー(文庫サイズ)
* 萌える英単語もえたん 渡辺 益好, 鈴木 政浩
   ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
(´Д`;)

469 :ベタ藤原 ◆RoMNjfnp0E :04/01/18 10:10 ID:???
>>461-465
 あ〜すみませんでした。 ありますわ(w;;

 前段の「馬鹿野郎!」の方ばかり印象に残ってって、綺麗さっぱり忘れてました。
 この本(ソノラマの58年版)の前の持ち主が、御丁寧にも、赤線でアンダーライン
してるのに……

 お手数かけすみませんでした。

470 :ベタ藤原 ◆RoMNjfnp0E :04/01/18 10:12 ID:???
>>468
>* 萌える英単語もえたん 渡辺 益好, 鈴木 政浩
>  ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 哲だ……
 ミリ哲に違いない……

471 :名無し三等兵:04/01/18 17:32 ID:???
>>466
ミリバラは売れないから、日本の出版社が出さなくなったと聞きましたが。

472 :名無し三等兵:04/01/18 21:29 ID:???
>>470

> 哲だ……
> ミリ哲に違いない……

他のコテの名前を出して自分への批判を未然に防ごうとするの、イクナイッ

473 :名無し三等兵:04/01/18 22:43 ID:???
>>472
ミリ哲必死だなw

474 :名無し三等兵:04/01/19 08:45 ID:???
で、国家秘密警察が自宅に乗り込んでみると、
全員の家から発見されるのだな。

475 :名無し三等兵:04/01/20 00:50 ID:3I+SSRjI
クレヴェルト「補給戦」ゲット。
ブックオフで百円。
見つけたとき絶句した。

476 :名無し三等兵:04/01/20 01:03 ID:???
>>475
可哀想に。
それで一生分の運を使い果たしたな。

477 :名無し三等兵:04/01/20 01:15 ID:???
475だけど俺もそんな気がして怖い

478 :名無し三等兵:04/01/20 02:02 ID:???
現代モノで、戦争を扱った小説や漫画等はスレ違いですか?

479 :名無し三等兵:04/01/20 02:08 ID:???
鋼鉄の少女たちの話でもしますか?w

480 :名無し三等兵:04/01/20 02:28 ID:???
取りあえずこっちのスレはノンフィクションのみ。
フィクションは仮想戦記スレやら雑談スレで。

481 :名無し三等兵:04/01/20 02:37 ID:???
>>現代モノで、戦争を扱った小説や漫画等はスレ違いですか?

小説も漫画も対象外だね。480氏の誘導に従ってください。

482 :名無し三等兵:04/01/20 03:45 ID:???
漫画はともかく小説はたまに出てくるような。仮想戦記みたいな完全フィクションならともかく
「ユリシーズ」みたいなタイプの戦記挿入フィクションみたいのならいいんでないの?と思ったり

483 :名無し三等兵:04/01/20 15:52 ID:???
アリアドネの「世界の軍用ヘリコプター」ってどうよ?
ヘリ図鑑みたいなのが欲しいんだが。

484 :名無し三等兵:04/01/20 20:35 ID:???
>483
これなんて、どう。
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4871495094/249-8263335-2939521#product-details

485 :眠い人 ◆gQikaJHtf2 :04/01/20 23:56 ID:???
とりあえず、十字屋書店はまだ店仕舞いしていなかったのでホッと一安心。

さて、今月の光人社NF文庫より2点。

広田厚司著 「エニグマ暗号戦 恐るべき英独情報戦」

ドイツが採用したエニグマ暗号機とその解読を巡る、各国のせめぎ合いを描いた
ノンフィクション。
その機構、暗号の作成要領などを描き、かつ、最初にそのエニグマ暗号解読に
取り組んだ、ポーランドの動き、そして、その資産を引き継いだ、英国の執念、
とその解析の経過なども描かれています。
ただ、現在に至るも本質的な部分は明らかにされていない為、評価が分かれる
ところはあるかな、と。

も一つは、木俣滋郎著「大西洋・地中海の戦い」

こちらは、ソノラマ文庫の「第二次大戦海戦小史」の加筆、訂正版。

最後に一冊。
4年前の本だけど、売れ残っていた…。

吉田恵吾著「創出の航跡 日露海戦の研究」

日露戦争に於ける両国海軍の技術論、組織論を中心とした本で、視点が歴史家、
軍人ではなく、技術屋の目から見たものとなっている。
ちなみに、著者はホンダの二輪車開発を主にしてきた人で、本当に畑違いの研究
であるが、それなりに技術的な視点は新鮮な感じを受ける。

486 :名無し三等兵:04/01/21 00:29 ID:???
朝日ソノラマの本が次々NFで復刊されていくな・・
もってない本が手には入るのはうれしいが、持ってる本は加筆訂正されて
れば買おうかどうか迷ってしまう。

487 :名無し三等兵:04/01/21 02:28 ID:???
木俣滋郎著「大西洋・地中海の戦い」
↑これって、「欧州海戦記」と内容かぶってたりします・・・?

488 :眠い人 ◆gQikaJHtf2 :04/01/21 07:56 ID:???
>487
「欧州海戦記」は「撃沈戦記」の改題です。
こちらは艦中心の話ですが、今回出た方は戦史中心の話ですから、
全く別物です。

489 :ハスケ ◆BnyPF68LQs :04/01/21 12:06 ID:???
昨日、秋葉原のアソビットシティに装備更新の為に行ったとき、書籍フロアで
懐かしい本を発見、思わず買っちゃいました。
『写真で見るヨーロッパ戦争2 戦車大決戦 史上に残る大地上戦』(秋田書店 刊)

この本、オレが小学校低学年くらいのとき、生まれて初めて手にした軍事本だった(記憶が正しければ)。
どっかのバザーで古本を親に買ってもらった。捨てちゃったようだけど、もう1度読みたかったんだ。

秋田書店の他の戦記シリーズも、なぜか一通りそろってました(新品状態で)
年末に行った時には無かったし、なぜこんな古い物が今になって出てきたのだろう?はて…。
古い本だから、バーコードがついてなくて、それも懐かしかったり。


490 :名無し三等兵:04/01/21 19:06 ID:???
木俣滋郎は日本語が不自由だとアマゾンレビューで書かれてたけど本当?

491 :名無し三等兵:04/01/21 20:04 ID:???
>490ほら↓ココに。
ttp://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4769821999/qid=1074681084/sr=1-1/ref=sr_1_10_1/250-6098002-2847433

自衛隊初心者向き本3連発

いまこそ知りたい自衛隊のしくみ 
加藤健二郎 日本実業出版社

防衛ってなに―君は知ってるかな?自衛隊と日本の防衛
上田愛彦 杉山徹宗  鷹書房弓プレス

自衛隊潜望鏡ペレスコープ2004
ケンゴンザレス浜田  アートブック本の森

3冊とも自衛隊初心者向きの本ですが、
内容は加藤健二郎氏の本は3冊の中では最良。

上田愛彦と杉山徹宗両氏の本は少し難しくて、
自衛隊初心者にはちと辛いかもしれない。

ケンゴンザレス浜田氏は元海自らしいけど、
もう少し内容を詰めて出して欲しい。

492 :名無し三等兵:04/01/21 20:31 ID:???
しかし、加藤健二郎はイラクバブルだなあ(本人もHPで書いてたが)・・・・

まあ、良質の軍事ジャーナリストの本が着実に売れて行ってるというのは
喜ばしいことなんだけどね。

493 :名無し三等兵:04/01/22 07:42 ID:???
>>490
amazonのレビューは個々の感想ですからほとんど信用できませんし
木俣氏の著作はわんさとあるし、古本屋あたりで一冊文庫を買ってみてはいかが。

どちらかと言えば自分は一昔前の戦争講談調っぽく感じる。
提督クラスの人物が「全軍突撃、〜を撃滅せよ!」など言うセリフが途中に
入ってきたりするのでなんだか微笑ましい。読みやすいですよ。

494 :トルエン大尉:04/01/23 21:56 ID:???
光人社のNF文庫「「沖縄 悲運の作戦」「雷撃のつばさ」「日米潜水艦戦」をゲット。
読んでいると、根拠の無いXX主兵論、現場の声の無視、目先の状況に目を奪われ何の計画ももたずに方針を変える・・・
なんか現在の国防とのだぶる・・・

495 : :04/01/23 22:06 ID:???
>>494
実は何も変わっていないのではないかと。
http://hobby3.2ch.net/test/read.cgi/army/1073013164/276

すれ違いスマソ。


496 :トルエン大尉:04/01/23 22:13 ID:???
>>495
禿同(悲

497 :ベタ藤原 ◆RoMNjfnp0E :04/01/25 10:00 ID:???
クレヴェルトの『補給戦』が、某オークションに出てるけど、高すぎ〜


498 :名無し三等兵:04/01/25 16:41 ID:???
図書館で借りればタダ

499 :名無し三等兵:04/01/25 21:19 ID:???
>497
ちなみにおいくらで落札されましたか?

500 :名無し三等兵:04/01/25 21:55 ID:???
日本語で高ければ、えーごで読めばいいんだよね。確か10ドルくらい。

問題は日本語でしか出てない本だ。

501 :ベタ藤原 ◆RoMNjfnp0E :04/01/25 22:28 ID:???
>>499
>ttp://page6.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/f13533159
 あと六日もあるしぃ〜

 昔、6000円で出てたのは、売れんかったがな。

502 :名無し三等兵:04/01/26 01:25 ID:???
光栄から出てる「戦車名鑑 現用編」なんてどうよ。戦闘車両が詳しく
なかなかいいと思うのは漏れだけ?戦闘車両をダイジェストに取り扱う
オススメの本があれば教えてくれい。

503 :名無し三等兵:04/01/26 11:09 ID:???
>>502
入門用としては悪くない。
入手性と価格を考えれば最良かも。
物足りなくなったら、後は洋書。
お薦めは「ジェーン機甲砲兵年鑑」
国別ならグラパ別冊あるいはバックナンバー辺りを。


504 :名無し三等兵:04/01/26 18:46 ID:???
「軍艦武蔵」最高。

505 :名無し三等兵:04/01/26 18:50 ID:???
「もう一つの陸軍兵器史 〜知られざる鹵獲兵器と同盟軍の実態〜」 藤田昌雄 光人社 三駅乗って購入。後で読みます。
まあ、副題が全てを表してる。日本軍ヲタは買え。もの凄い勢いで絶版になって泣いても知らんぞ。

506 :名無し三等兵:04/01/26 19:01 ID:???
>>505
同盟軍というところに興味ガあるな。
タイ軍とか満州国軍とか内蒙古軍とかが載っているのか?

507 :名無し三等兵:04/01/26 19:31 ID:???
>>506
それ次第では漏れ購入決定だな

>>504
そっちは当分絶版の恐れはあるまい・・・
かなり売れてるらしいし

508 :505:04/01/26 19:52 ID:???
目次から同盟軍列挙する。

大陸

満州国軍
南京政府軍
蒙古連合自治政府警備軍

南方

ジャワ防衛義勇軍
スマトラ義勇軍
ボルネオ義勇軍
マライ義勇隊
越南青年先鋒隊
比島愛国同志会
ビルマ防衛軍
インド国民軍
泰国軍

まあ扱いの軽重はあるみたいだが。写真も結構多い。 

509 : :04/01/26 21:51 ID:???
>>505
藤田兵器研究所に逝くニダ


510 :名無し三等兵:04/01/27 18:16 ID:???
『日本騎兵史』
本の中身とは関係ないけど、巻末に原書房の本の紹介がある。
そこに機密日露戦史の谷中将の写真が載ってるんだけど、そのキャプションが振るってる。
”軍国主義日本が健在なら今後なお百年間はわれわれの目に触れることのなかった
唯物論的戦史と「朝日」が激賞した「機密日露戦史」の著者故谷寿夫氏”

時代は変わったね・・・




511 :名無し三等兵:04/01/27 22:37 ID:twR1CXi/
光人社NF文庫コンプリートしてる人っているのかな

512 :名無し三等兵:04/01/28 01:45 ID:???
中国国共内戦について詳しい本キボソ

513 :眠い人 ◆gQikaJHtf2 :04/01/28 01:51 ID:???
>512
そのものズバリのタイトルの、森下修一編「国共内戦史」(三州書房)というのが
ありますよ。

1971年発行の本ですが、国府、共産両軍の配置、編成から内戦の流れ、個々の
戦場に於いての各軍の動きなども俯瞰的に見ることが出来るものです。

514 :名無し三等兵:04/01/28 18:29 ID:???
昔読んだ日本海軍についての本を探しているのですが、残念なことに小学生の時に読んだ本なので、
書名、著者名、出版社のすべてを失念してしまいました。
覚えている限りでは、出版は昭和40〜50年頃で、版形はA5、
表紙には黄色い空を背景に浮かぶ戦艦長門が正面から描かれていました。
本文はたしか2段組で、内容は真珠湾攻撃に始まり、シンゴラ・コタバル上陸、
プリンス・オブ・ウェールズの撃沈と続きますが、そこでいったん時代を遡り、
日清、日露戦争と大艦巨砲主義、軍縮条約、大和建造が語られます。
それから第二次大戦に戻り、珊瑚海、ミッドウェー、ガダルカナル、マリアナ、レイテと進んで、
最後に大和の沖縄特攻で幕を閉じていました。
記述は主に海軍の戦闘が中心で、マレーやガ島など必要に応じて陸戦の描写が挿入されるという構成でした。

どなたか、この本の題名、著者、出版社などの情報がおわかりでしたら、
ご教授願えませんでしょうか。

515 :名無し三等兵:04/01/28 19:13 ID:???
>>514
池田清の「日本の海軍」??

516 :名無し三等兵:04/01/28 19:22 ID:???
>>515
調べてみたのですが、至誠堂発行の『日本の海軍』は上下巻本みたいですね。
私が持っていたのは1冊本でした。また本文の構成も少し違うみたいです。
ソノラマおよびM文庫で復刻されているみたいなので、調べてみます。
情報、ありがとうございました。

517 :名無し三等兵:04/01/28 20:45 ID:???
>512
読んだことはないが、 鳥居民『毛沢東五つの戦争』に載ってるかもしれない。



518 :名無し三等兵:04/01/28 21:35 ID:???
>>517 俺は読んだよ。
載ってない。朝鮮戦争から始まってる。

519 :眠い人 ◆gQikaJHtf2 :04/01/28 23:50 ID:???
>505
サンクスコ。
今日、Amazonで手に入れますた。

斜め読みしましたが面白そうな本ですねぇ。
後は、海空軍ですが…。

520 :ばばぼん♪ ◆gdH1Km1a0U :04/02/01 10:42 ID:???
何げにAmazon.co.jpで>>505氏のあげた
「もう一つの陸軍兵器史 〜知られざる鹵獲兵器と同盟軍の実態〜」 藤田昌雄 光人社
を検索してみた。
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4769811683/qid=1075599482/sr=1-1/ref=sr_1_10_1/249-3676621-6122723

するとそのぺージには、以下のような興味深い一文があった。

「 この商品に興味がある人は、こんな商品にも興味をもっています
  フェイト/ステイナイト・プレミアムファンブック TYPE‐MOON (著)
  萌える英単語もえたん 渡辺 益好, 鈴木 政浩  」

実に味わいのあるチョイスであった。


521 :名無し三等兵:04/02/01 13:27 ID:???
ま た か
 
もうAmazonでそっち方面の本と一緒に買うの止めときなさいよ(藁

522 :ミリ屋哲 ◆4EZIX.r92I :04/02/01 15:22 ID:???
あなた達は最低ですねまるで私が悪いかのように決めつけてもう許しません!!!



逃亡中にgetした2冊

深く静かに潜航せよ
エドワード・L・ビーチ 著
柏舟魯舎(舟魯で一文字)刊


エンジンのロマン
鈴木孝 著
三樹書房 刊


前者は小説だけど、まぁ名作って事で許せ。後者は、基本的にエンジン話だが
話の流れ上軍事関連もかなり多い。面白いと思うよ。

523 :名無し三等兵:04/02/01 15:45 ID:???
最近じゃ東京湾に浮かぶドラム缶の中から
インターネット出来るのか?

524 :ミリ屋哲 ◆4EZIX.r92I :04/02/01 16:21 ID:???
>523
なかやろう!!!!!生きて帰ってきたよ!!!!!

525 :名無し三等兵:04/02/01 16:33 ID:???
帰ってこんでいい香具師が来ちまったな

526 :やってしまえTrue/False ◆ItgMVQehA6 :04/02/01 17:20 ID:???
>522
イラクはどうでしたか?

527 :やってしまえTrue/False ◆ItgMVQehA6 :04/02/01 17:21 ID:???
それはともかく「エンジンのロマン」はT-34のあのエンジン、偉大なるB2(V2)エンジンについても
多くを割いて解説しています。

日本の統制式空冷ディーゼルとも対比して解説しています。軍板住人諸氏には確かにお勧め。

528 :眠い人 ◆gQikaJHtf2 :04/02/01 18:06 ID:???
>527
そうしてまた未読リストが増えていく訳ですね(ぅ。

529 :海の人 ◆STEELmK8LQ :04/02/01 18:57 ID:???
>524
ttp://202.212.239.234/up2/momo/thread/9414/momo20040118154257765.jpg

 おかえり〜、サマーワの族長さんどでした〜?
 なんか、こないだ隊長さんが表敬先間違った件は、ミリ屋哲さんが暗躍してたとかいう噂が・・・。

530 :ベタ藤原 ◆RoMNjfnp0E :04/02/01 20:29 ID:???
>>522
 おかえり!

 んで、お土産は?

531 :ミリ屋哲 ◆4EZIX.r92I :04/02/01 20:42 ID:???
>530
研磨してない丸い黒曜石でいいかや?

532 :名無し三等兵:04/02/01 20:54 ID:???
>>531
それは十勝石ですね?

533 :ミリ屋哲 ◆4EZIX.r92I :04/02/01 20:57 ID:???
>532
採れたのは内地だけどナー

534 :名無し三等兵:04/02/01 21:00 ID:???
見たことない奴はわからんだろうけど黒曜石=十勝石のナイフの鋭さってビビるよな。
すれ違いスマソ

535 :ベタ藤原 ◆RoMNjfnp0E :04/02/01 21:09 ID:???
>>533
 それでかまわへんが、なんか欲しい本があったら言っといてくれ。
 古本屋へ行った時、チェックしといてやっから。

536 :名無し三等兵:04/02/03 16:18 ID:???
「現代戦車のテクノロジー」ってどうよ。
けっこう面白そうだったけど、アリアドネだったんで買わずに帰ってきてしまったんだが………

537 :_:04/02/03 19:56 ID:???
>>535
タンクテクノロジー頼む

538 :ベタ藤原 ◆RoMNjfnp0E :04/02/03 20:49 ID:???
>>537
 Rog!

 って、↓ここに加藤健二郎のインタビューVTRがあるYO!
>ttp://www.ch-sakura.jp/sitemap.php

539 :名無し三等兵:04/02/04 20:58 ID:???
日本の諜報/防諜機関関連の本で何かおすすめのものはありませんか?
現在・過去は問いません。

540 :名無し三等兵:04/02/04 23:11 ID:p6ApWdYf
藤林保武『萬川集海』全十巻及び別巻一 八万五千円

541 :名無し三等兵:04/02/04 23:29 ID:???
>>539 赤旗がまとめた「影の軍隊」と、当事者が書いた「自衛隊『影の部隊』」がいいんじゃないかな。
警察だと、講談社現代新書の「日本の公安警察」あたり。

542 :名無し三等兵:04/02/05 00:48 ID:???
第二次大戦中のソ連海軍について知りたいんですが
よい本ないでしょうか。

543 :名無し三等兵:04/02/05 08:31 ID:???
イギリスのホーム・ガード(本土防衛隊、国防市民軍)についての良書はないでしょうか……
(英文可)

544 :名無し三等兵:04/02/05 15:10 ID:???
無血戦争と交換ならタンクテクノロジー譲ります。

545 :ベタ藤原 ◆RoMNjfnp0E :04/02/05 21:31 ID:???
>>542
『ソビエト海軍』 D,W,ミチェル 著
 1905〜1980年までのソビエト海軍の変遷について書かれた本で、当然WW2中の
コトについても書かれてるよん。

>>544
>無血戦争
 私が欲しい……


546 :542:04/02/05 21:54 ID:???
>>545
スパシーバ
もう売ってないようなので図書館で借りてみまつ

547 :ベタ藤原 ◆RoMNjfnp0E :04/02/05 23:01 ID:???
>>546
 2時間前まで、日本の古本屋に一冊あったが……

548 :名無し三等兵:04/02/06 01:17 ID:xuy9LMgJ
>547
『ソビエト海軍』は一度書評スレで名前が出たからだろう。

俺も日本の古本屋でその時買ったし。

549 :名無し三等兵:04/02/06 01:26 ID:???
無血戦争は原書なら普通にアマゾンで買えますよ。
翻訳がいまいちなので、原書で読むことを勧めます。

550 :藁しべ544:04/02/06 08:55 ID:???
それじゃアンダーグラウンド・ウェポンとタンクテクノロジーを……

551 :名無し三等兵:04/02/06 10:38 ID:rjzeEH/K
原書房の民間防衛。。
スイス政府が国民に無償で配布するテキストの翻訳だって言うが、しかし元が元だろう。
誰にでも分かり易く書いているのだろうが、どうも突っ込んだ内容ではないな。
実例も簡単に書き流しているだけだし。
もう少し内容を突っ込んだものに出来ないだろうかな?
誰か日本人でも分かり易いような注釈書を書いてくれないかと思ったりする。

552 :名無し三等兵:04/02/06 11:01 ID:???
肉屋に行ってミカン寄越せといってるようにしか聞こえない。

553 :眠い人 ◆gQikaJHtf2 :04/02/06 16:56 ID:???
今日は三点紹介。

MARUZEN BOOKSより、習志野市教育委員会編「ドイツ兵士の見たニッポン」

第一次大戦、青島で捕虜となったドイツ(二重帝国軍含む)人兵士の記録。
第一部で、戦闘の概観、捕虜収容の実態、ドイツ人捕虜と言えば、徳島の板東
俘虜収容所が有名だが、この本に描かれているのは、編纂が習志野市教育委
員会であることからも分るように、習志野の俘虜収容所に関して多くを割いている。
ちなみに、当時の習志野俘虜収容所の所長は西郷南州の長男寅太郎で、彼はこの
俘虜収容所の環境改善に奔走した後、大正8年に西班牙風邪に倒れた。
第二部では、この俘虜収容所に収容されたドイツ人の日記を紹介している。
当時の風俗なども垣間見られて面白い。

東海大学出版会から双書・北欧2「ノルウェーと第二次世界大戦」

この本は、Olav Riste、Johs.Andenaes、Magne Skodvinの共著である、"Norway and Second World War"の訳本。
ドイツによるノルウェー占領を軸に、対独協力をしたクヴィスリング政権の動き、逆に連合国側となった亡命ノルウェー政権の
活動、戦後の対独協力者に対する裁判という三つの流れを追っている。
北欧空戦史などで軽くノルウェー戦とその後の動きについて触れられてきたが、薄い本だけれども、内容は濃い。
ただ、訳者がちと軍事用語に不慣れなところが惜しい。

ちくま新書、板野潤治著「昭和史の決定的瞬間」

昭和11年と12年、日本の転換点に当たっての政治の動きを活写したもの。
特に政党の動き、その政党がどのような政策を採ろうとしていたのか、という視点でこの時代を見詰め、何故、
日中戦争移行の泥沼に、日本が浸かっていったのかを説き起こしている。
粛軍演説なども、その視点から見ると、極めて面白い訳で…。

554 :べるりん ◆Belgar/rRI :04/02/07 13:17 ID:???
良いよ。この本。
極東の憲兵は如何にして栄光を手にして敗北していったか。
日本軍って何さっていうひとは読んでも良いのかもしれない。
まず、日本陸軍の健軍から始まる当然だが。
常備兵力に衝いてもそれなりに解説されてる。
内務班の記述がおもろい。
有名どころばかりだけど写図も多数盛り込まれてる。
巻末の付録はささっと調べるのにはいいのかもしれない。
陸軍が参戦した主な戦争と軍人についてだが
有名な大将から喇叭卒まで載っております。
姉妹本の海軍の方は未読。



555 :べるりん ◆Belgar/rRI :04/02/07 13:19 ID:???
>554
おっと、書名書くの忘れた
「日本陸軍がよくわかる事典」php文庫
です。

556 :名無し三等兵:04/02/07 13:29 ID:???
>>553

>ちくま新書、板野潤治著「昭和史の決定的瞬間」

古川隆久の「戦時議会」(吉川弘文館 ISBN: 4642066586)という本を
御存知でしょうか。これは、日清日露戦争あたりから書き起こして、
日中戦争〜太平洋戦争時の議会の動きについて、従来の「何もできな
かった議会」という見解に対して新しい見方を提出している本です。

やはり斎藤孝雄の粛軍演説および彼が議会を除名されることになった
反軍演説に対してなかなか面白い見解を提出していますし、太平洋戦争
終結に向けての議会の努力についても、興味深い分析を行っています。

多分、この新書にも参考文献として挙げられていると思うのですが、
未読のようでしたら是非手にとって見てください。

557 :名無し三等兵:04/02/07 13:46 ID:YpB8nNc+
>やはり斎藤孝雄の粛軍演説および彼が議会を除名されることになった
>反軍演説に対してなかなか面白い見解を提出していますし

気、気になる・・・・
買ってこようかな。

558 :名無し三等兵:04/02/07 14:23 ID:???
気になる本

「カナダの旗の下に」
第二次大戦中のカナダ軍についての本

誰か読んだ人感想きぼむ

559 :眠い人 ◆gQikaJHtf2 :04/02/07 14:53 ID:???
>558
前スレ816でてめえが書いたものを再掲。

David J. Bercuson著 池内光久、立川京一訳(彩流社)
  「Maple Leaf Against The Axis Canada's Second World War」
   (カナダの旗の下で 第二次大戦に於けるカナダ軍の戦い)

文字通り、第二次大戦を戦い抜いた英連邦軍の一員たるカナダ軍の軌跡を追った労作。
訳者の立川京一氏は、軍事史学会員で防衛研究所戦史部に所属している人なので、
妙な訳は無い。
Canadaの陸軍、海軍、空軍のそれぞれの活躍を描き、軍制についてもその複雑さを労さずに
書いているし、巻末の翻訳参照もなかなか充実しています。

また、カナダ軍の対日戦にも言及しており、香港防衛軍の殆どがCanada兵だったこと、そして
意外なことに、キスカ島攻略作戦に、5000名のCanada軍兵士が参加していたこと、Burma戦線
に於いて、軽巡洋艦Ugandaとその輸送艦隊が、海路、Burma戦線を支えていたことまで記され
ています。

英連邦軍で大きな勢力を占め、欧州戦では重要な役割を担っていたカナダ軍の通史が出たのが
なかなか興味深いものがあります。

560 :名無し三等兵:04/02/07 15:25 ID:???
>>559
thx
買うか図書館で済ますか迷ってるんだが
なかなか良さそうだけどどうしようかな

561 :名無し三等兵:04/02/07 20:20 ID:???
もうひとつ気になる本

「死闘の海 第一次大戦海戦史」

どうですか

562 :眠い人 ◆gQikaJHtf2 :04/02/07 21:15 ID:???
>561
前スレでは入門書としてそこそこ行けますという評判ですたな。
漏れ的には、掘り下げ方が浅く、ちょっと物足りなかったかなという感じ
でした。

563 :ベタ藤原 ◆RoMNjfnp0E :04/02/07 22:29 ID:???
>561
 第一次世界大戦の海戦に関する本の入り口としてはベストな本かと思うけど……
 まあ、三野本なんで、変な数値を気にしなければOKかと〜

564 :名無し三等兵:04/02/07 23:41 ID:???
>>562
>>563
この方面さほど詳しくないので私のような者には良いかもしれません


565 :名無し三等兵:04/02/07 23:46 ID:???
第二次大戦のイタリア海軍について詳しいことが載っている本は無いでしょうか?

とりあえず古本屋で世界の艦船の増刊と文庫で「欧州海戦記」という本を買ってみましたが、文庫の方は思ったよりイタリアが載っていなかったです。


566 :眠い人 ◆gQikaJHtf2 :04/02/07 23:54 ID:???
>565
その手の本は洋書しかないでしょうね。
日本のものは断片的にしか掲載されていません(世界の艦船の増刊と、
1974年頃の特集号くらいが関の山かと思います)。

567 :ベタ藤原 ◆RoMNjfnp0E :04/02/08 22:27 ID:???
>>565
 ソノラマ「地中海の戦い」なぞは?

 本章最初の見開きに、ドーチェの勇姿が掲載されてる点でも、なんとなく察しが
つくかも知れませんが、イタリア海軍の活躍がメインの本です。
 WW2の地中海での戦闘を6期に分け、それぞれの期間における伊、独、英の動き
を追い、大規模な海戦に関しては、別項を設けて解説しています。
 各期間の最後には、その期間中に失われた伊、英の艦艇の種類、日時、原因が記さ
れていたりします。

 三野本ですが、怪しげな数値式が無く、お勧めかと思います。

568 :名無し三等兵:04/02/09 00:05 ID:???
>567
ああ、そうなんだ
古本屋でゲットしたんだけど開かずじまいでもう数年経ってる。
今度読んでみますよ

569 :名無し三等兵:04/02/09 19:12 ID:???
タンクテクノロジーげっと。
関数電卓買った方がいいかな……。

570 :名無し三等兵:04/02/09 19:36 ID:???
フリーウェアで良い関数電卓が結構出てる。

それはそうと、関数電卓機能付き携帯電話って出ないもんかな。

571 :ベタ藤原 ◆RoMNjfnp0E :04/02/09 20:53 ID:???
>>569
 ぬを〜〜!! 
 ど〜こ〜で買った!!

572 :名無し三等兵:04/02/10 01:01 ID:5b6PU/yX
つーか復刊させたい書籍だよねタンクテクノロジー。
http://www.fukkan.com/group/index.php3?no=1391
復刊の方にもないみたい。
結構有名どころの軍事関係者も持っていなかったりしているようだし。
復刊希望者100名いくかな?

573 :名無し三等兵:04/02/10 01:28 ID:???
正直、普通の書籍としての復刊は無理ぽ。高コスト&低需要の見本みたいな本だもの。
オンデマンドなら何とかなる・・・か?

574 :名無し三等兵:04/02/10 09:57 ID:???
うちに死蔵させている。戦車が転覆する際に力がどうかかるか
という公式を見せられてもさっぱりだったりします。ごめんなさい。

575 :名無し三等兵:04/02/10 10:54 ID:???
人類にとって戦いとは、げと

内容はこの板というよりも日本史板のほうが適切かもしれないが、
軍制や、中世における日本の戦争の実相なども伺い知れる内容。
(巻によって多少のぶれがあるが)

補足的な内容といっていいのではないだろうか

576 :名無し三等兵:04/02/10 19:52 ID:???
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4534036957/qid%3D1074684198/249-6903899-2622744
リア厨にもついていける内容ですか?

577 :べるりん ◆Belgar/rRI :04/02/10 20:29 ID:???
>576
てかリア棒におすすめ

578 :名無し三等兵:04/02/10 20:52 ID:???
>>576
もともと本の企画が初心者向けですから、
やはりり加藤健二郎氏らしく陸自の方がページの割合は多いですね、
海自や空自は割合が少ない、ココが残念な所だが。


志方閣下も自衛隊初心者向けの本を出すみたいだが、
さてどうなる。

話しは違うがミリ屋哲氏は加藤健二郎氏を注目してたが、
上記の本を購入するのであろうか?

購入した場合はミリ屋哲氏のコメントが欲しいが。

579 :名無し三等兵:04/02/10 20:59 ID:???
>志方閣下も自衛隊初心者向けの本を出すみたいだが、
その志方氏が監修した陸自のムック見てみたけど、薄くて内容が兵器紹介ばっかで……。

580 :名無し三等兵:04/02/10 21:17 ID:???
>>578
いや自分の言ったのは3月発売予定の
「学校で教えない教科書シリーズ」の方です。

まあ出版社は同じですけど。

581 :ベタ藤原 ◆RoMNjfnp0E :04/02/10 22:16 ID:???
 私は「攻撃か、それとも自衛か」の方を買ったけど、こっちは、今までのケンジ本
のダイジェストって感じがしたな。
 昔出した本では触れられてなかったような事も書かれていて、唸る部分もしばしで、
悪い本じゃないと思う。


582 :ベタ藤原 ◆RoMNjfnp0E :04/02/10 22:20 ID:???
>>550
>「アンダーグラウンド・ウェポン」
 6月ぐらいまでにはなんとかなるかもだから、逃げるなYo!


583 :569:04/02/10 22:42 ID:???
>>570
ありがとうございます。
ただ、ディスプレイ眺めながら、本の数式を解くってのはちょっと面倒ですので、
関数電卓自体買って計算する方が効率的だと思いましたので。

>>571
どこで買ったかは

 ひ み つ

カバーがちょっと汚れているけど、定価(8000円)以下の値段だった。

584 :ミリ屋哲 ◆4EZIX.r92I :04/02/10 23:48 ID:???
>578
カトケンは著者買いしてもいいとおもうが、さすがに初心者向けのは
漏れは買わんなぁ。。。

初心者には勧めてもいいとおもう。

585 :544=550:04/02/11 08:13 ID:???
>>582
お待ちしております。
カバーは若干痛んでますが中身は美品と言えると思います。

586 :名無し三等兵:04/02/11 17:12 ID:L3yUuqQb
小火器の構造に関しての入門書ってありませんか?
日本語の書籍がいいのですが。

587 :名無し三等兵:04/02/11 17:46 ID:???
別冊Gunの最初のヤツとパート2あたりか

588 :名無し三等兵:04/02/11 18:14 ID:???
>>586
初心者質問スレでよくくる質問だわな。
超初心者なら「小林宏明のgun講座 -ミステリ−が語る銃の世界-」
手間かける気があるなら、古いけど別冊Gun「素晴らしきGunの世界」、
本格的に知りたいなら「The Gun Digest Book of Firearms Assembly/Disassembly」
のシリーズを全て買うこと。

589 :名無し三等兵:04/02/11 19:08 ID:???
>>584
ミリ哲氏に自衛隊入門書かぁ・・・。富野監督に炉利について語るようなもんだな。

590 :名無し三等兵:04/02/11 21:07 ID:???
トミーノは炉では無いと思うが・・・
自分の作品中で一番好みの女は「キシリア」らしいし。

591 :名無し三等兵:04/02/11 21:15 ID:???
>>590
いまさらウソクセーなぁ御大w

592 :名無し三等兵:04/02/11 21:19 ID:???
高射砲塔についての本でオススメってあります?
洋書でもなんでもいいです

593 :名無し三等兵:04/02/11 22:02 ID:???
「世界の特殊部隊 ヴィジュアル版―戦術・歴史・戦略・武器」
マイクライアン 小林朋則翻訳 原書房 3990円(税込)

少々高いが特殊部隊好きならどうぞ。

残念ですが日本の特殊部隊は、
警察のSATだけでそれもほんの少しだけ。

「自衛隊員も知らなかった自衛隊」
松島悠佐 ゴマブックス 1365円(税込)

松島氏の現職の時の愚痴を本にした感じなので、
自衛隊について詳しい人なら知っている事なので、
あえて買う必要性は無いですな。

「図解でよくわかる自衛隊」
志方俊之監修 日本文芸社 999円(税込)

コレは初心者向きの本です自衛隊について知りたい初心者なら、
千円札1枚で買えるのでお勧めできます、
あくまで初心者向きなので、中級者以上は物足りない。

「裸の自衛隊イラク派遣版」
  宝島社  945円(税込)

コレは以前に別冊宝島の「裸の自衛隊」の文庫の方がまだ良かったと思います、
立ち読みで良いかと。

最近の自衛隊本は自衛隊バブルの証しなのでしょうかね〜

594 :名無し三等兵:04/02/11 22:16 ID:???
別宮氏の「坂の上の雲では分からない旅順攻防戦」というのが予定されてるようで
非常に楽しみです。

595 :名無し三等兵:04/02/11 22:33 ID:???
富野はロリコンじゃないのは、有名だと思ったが。
金髪とインド人が大好き。色気のないガキは対象外。

ロリコンは宮崎だろ。

596 :586:04/02/11 23:16 ID:???
>>587>>588
ありがとうございました。

597 :名無し三等兵:04/02/11 23:38 ID:???
FLAK TOWER 画像なら落ちているんですが書籍はどうでしょう。
ドイツ語の本ならあるかもしれませんね。ウィーンには残っている
ようなので。
h ttp://www.thirdreichruins.com/vienna.htm

598 :名無し三等兵:04/02/11 23:47 ID:???
ドイツ語は読めませんが、FLAKTURMで検索するとでてきます。
詳しいので参考図書もおそらく一覧があると思いますがどうでしょう。
h ttp://www.lostplaces.de/wilhelmsburg/

599 :名無し三等兵:04/02/11 23:57 ID:???
Die Flakt?rme
h ttp://www.airpower.at/news03/0813_luftkrieg_ostmark/flaktuerme.htm
ここもいいですね。上のはなんか廃墟探検ものっぽいですね。こっちは画像が
奇麗です。

600 :名無し三等兵:04/02/12 00:21 ID:???
600GET

601 :名無し三等兵:04/02/12 17:55 ID:???
>>595に同意
しろはた読むとよくわかる

602 :名無し三等兵:04/02/13 01:25 ID:???
火器弾薬技術ハンドブックって内容的にはどんな感じなんですか。
すごく興味はあるんだけど、おいそれと買える値段じゃないし。

603 :名無し三等兵:04/02/13 08:22 ID:???
陸戦学会の『現代戦争史概説』と『近代戦争史概説』が、
セットで4500円だったんだけど、買いかな?相場がわからんのだけど・・・

604 :名無し三等兵:04/02/13 11:13 ID:???
>>603
安い、安すぎる。今すぐ買いなさい。


じゃなきゃ俺が買う。どこで売ってた?

605 :名無し三等兵:04/02/13 13:20 ID:???
>>603
民間に出回るものにしては、恐ろしく安い。
自衛官の友人がいなければ、即刻購入すべし。

606 :名無し三等兵:04/02/13 13:39 ID:???
>>603

幹部自衛官必読の書だよ。
CGS一次試験の戦史課目出題範囲にも指定されているから。

607 :名無し三等兵:04/02/13 16:01 ID:???
現代工学社の『近代の戦闘車両 開発ー設計ー性能』って本
結構専門的な内容だと思ったんだけど、どうでしょう。
20年前の本だから今更買う必要ないかなと思ったんだが・・・
読んだ人いますか?

608 :603:04/02/13 20:16 ID:???
急いで買ってきました。
陸上幕僚監部の『軍事英語ハンドバック』も500円だったんで一緒に購入。
構文が凄い・・・

売るような本じゃないし、誰か幹部の人が亡くなったんだろうか。


609 :名無し三等兵:04/02/13 20:38 ID:???
>>608
日本の古本屋あたりで検索してみると、自分がどんだけ得したかわかるよw

そんな値段で買って、死蔵しちゃ嫌だぜー

610 :名無し三等兵:04/02/13 21:33 ID:???
>>603
燃やそうぜ。
それだけでここの住人は殺せるみたいだ。

611 :ばばぼん♪ ◆gdH1Km1a0U :04/02/13 21:41 ID:???
大日本絵画・オスプレイ軍用機シリーズ「ドイツ空軍地上攻撃飛行隊」
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4499228387/ref=sr_aps_b_1/249-2715614-1995554

会社の帰りに買ってきますた。
今から読みます。
ハァハァ(*´Д`)

612 :名無し三等兵:04/02/14 00:07 ID:???
どなたかご存知ないですか。

3 名前:イラストに騙された名無しさん :04/02/13 21:47 ID:huq72F4M
私も
「若きドイツ人神学生が徴兵後訓練期間中にナチ高官の目にとまり武装SSに転属、後国防軍に再転属
 イタリア戦線を転戦しながら各地の教会を略奪。ローマ教皇の謁見を受けた際 教皇を脅して直々に司祭になる許可を得る
 敵包囲下に残された負傷した仲間の救出に赴き敵の捕虜になる。捕虜になった際 教皇直筆の許可状を振りかざして修道院に送らせ そこで司祭となる
 捕虜収容所で司祭としてナチ派捕虜と抗争」

という自伝を読んだ記憶があるんだが

誰に話しても真実だと信じて貰えない。

10 :3 :04/02/13 23:01 ID:huq72F4M
記憶にある題名は「黒い翼に乗って」という単行本なんだが… goolgeにも国会図書館にも引っかからない

中のエピソードも

ナチ高官から「貴様は黒服(ナチ)か?茶服(修道士)か?」と問い詰められて
「黒服であります、閣下。ベネディクト派は700年間黒服であります」としらばっくれるわ
軍用トラックで教会に乗りつけて、「御聖体を頂きに来た」と言って臨終の秘蹟用に御聖体(コイン状のパン)をごっそり取って行くわ

教皇に向かって、「我が部隊に従軍司祭を派遣して下さい」と詰めより、断られたら
「なら私を司祭にして下さい」、と畳み掛けて許可状GET 。もうやりたい放題

最後に日本に赴任して普通の神父になりました、という自伝

凄く読みたいんですけど…

613 :名無し三等兵:04/02/14 10:57 ID:???
>>607
第一次大戦〜戦後第二世代までの戦車開発史のような本。
タンクテクノロジーのような数式バリバリの工学書ではないから、
数学苦手でも大丈夫。

ただ、書いてあることが古いんだよね。およそ20年前に翻訳された本だけど、
原著は60年代に執筆されたもので、MBT−70のガンランチャーとか、
パンツァーカノーネのようなイロモノ車両が結構でてくる。

614 :名無し三等兵:04/02/14 19:55 ID:???
>>597
>>598
>>599
ありがとうございます
洋書っていってもドイツ語多いみたいですね。。。
さすがにそれはちょっとキツイ

615 :名無し三等兵:04/02/14 20:35 ID:???
>613
イロモノ一杯はいいとして、原著が60年代の執筆とは・・・
自分は見送ります。レスありがとうございました。

616 :ベタ藤原 ◆RoMNjfnp0E :04/02/14 21:26 ID:???
『WEAPONS AD −広告に見るアメリカ航空産業の企業戦略ー』
 WWU中、アメリカ航空機メーカーが出した広告を集めたモノなんですが、
広告のイラストにつけられた、

「No Achilles Heel」 B-17
「NEW EYES FOR THE FLEET」XSO3-1
「All-Service BOMERS」マーチン167

 なんてキャッチコピーが中々いい味を出してて面白いです(w

617 :眠い人 ◆gQikaJHtf2 :04/02/14 22:13 ID:???
今日買ってきた本。

既に述べられているので、レビュー略
 ドイツ空軍地上攻撃飛行隊
 世界の特殊部隊-戦術・歴史・戦略・武器-

新多昭二著 講談社文庫刊 「秘話 陸軍登戸研究所の青春」

作者は、京都帝大工学部を出て、学徒動員で敗戦直前の陸軍登戸研究所
に勤務し、戦後、いくつかのエレクトロニクス産業に勤めた人。
登戸研究所のくだりはそんなに多くを割いている訳ではないが、殺人光線、
電波信管などの開発余話がちりばめられている。

それ以外は自伝的内容がメインになるが、戦前〜戦時中の時代背景とか、
京都帝大での軍関係の研究なんかが結構描かれている。

618 :名無し三等兵:04/02/14 22:31 ID:InMKEOzA
実録満鉄調査部上下 朝日文庫

普通にげっと。おもしろそうだけど
読んだことある人いまつか?

619 :ばばぼん♪ ◆gdH1Km1a0U :04/02/14 23:03 ID:???
>>617
新多さんは某NiftyserveのFSENZENで、
戦時中の登戸でのこととかを連載してましたね。


620 :眠い人 ◆gQikaJHtf2 :04/02/14 23:08 ID:???
>618
その昔、光文社文庫に「満鉄中央試験所」というのがありまして、それの
種本の一つになってましたね。
それなりに面白い本だと思います。

あ、著者に成り代わり、ご購入御礼申し上げます(謎 _(_^_)_。

>619
てことは、その連載の集成かもしれませんねぇ。

621 :名無し三等兵:04/02/15 13:28 ID:???
>>608
CGS試験終わったので、売ったのだろう。
「近代」がソフトカバー2冊なら新版なので多分そう。
ハードカバーの厚いやつなら旧版、誰か死んだのかもしれん。

622 :名無し三等兵:04/02/15 13:36 ID:???
奥宮正武の一連の著作に対してはどういう評価をしているのでしょうか?
気を付けないといけないポイントはありますか?

623 :名無し三等兵:04/02/15 18:41 ID:???
統帥綱領&作戦要務令ゲトー。合計4千円也。

624 :名無し三等兵:04/02/15 19:59 ID:???
>>623,それって大橋武夫氏のやつ?


625 :名無し三等兵:04/02/15 22:36 ID:???
近代日本戦争概史要図を800円
田中隆吉『裁かれる歴史』初版を300円
でゲット。

裁かれる歴史は初版なのに
日本軍閥暗闘史の文庫と同じ値段でウマー。

626 :名無し三等兵:04/02/15 22:50 ID:???
皆さん、手に入れてうれしいのはわかりますが、

なるべくレビューもおながいします

627 :名無し三等兵:04/02/15 22:53 ID:???
本は買うもの。読むものにあらず(泣

628 :名無し三等兵:04/02/15 23:16 ID:???
著作権は作者が死後50年及び法人及び作者不明の場は公表50年立てば、
自由に使用できます。



629 :名無し三等兵:04/02/16 06:13 ID:???
>>624
yes

630 :名無し三等兵:04/02/16 10:20 ID:???
>>628
ttp://www.japan-army.com/MilitaryDrillTextbook/index.html
じゃあ、こういうことしてもいいの?


631 :名無し三等兵:04/02/16 14:30 ID:???
>>630
著者が死後50年若しくは団体は公表50年立てば問題無し。

共同著作物の場合(2人以上の著作物)は最後に死亡した著者の、
死亡時を基準に計算します。

632 :名無し三等兵:04/02/16 17:03 ID:???
青空文庫みたいのもあるしねー

633 :名無し三等兵:04/02/16 17:19 ID:???
ダイソウの百円本もそうだな

634 :名無し三等兵:04/02/16 17:50 ID:???
桜井忠温『大将白川』昭和8年
まだ半分くらいしか読んでないが、中々面白い。
江川は多分これ読んでるな。

635 :名無し三等兵:04/02/16 23:17 ID:???
日本の戦国時代で、今まで常識だと思われていた事に対する最新の定説
(たとえば軍板FAQにのってる長篠の合戦で鉄砲の三段打ちは実際にはお
こなわれていなかった)とかって、どんな本に載ってるんでしょうか?
お勧めのものがあれば、是非お教え願います。


636 :眠い人 ◆gQikaJHtf2 :04/02/16 23:25 ID:???
>635
手軽なものならば、洋泉社の新書ですね。

 鈴木真哉(真は本字です)著 「鉄砲隊と騎馬軍団 真説・長篠合戦」

後、吉川弘文館の歴史文化ライブラリー146

 宇田川武久 「鉄砲と戦国合戦」

辺りが入門編としてはお薦めかと。

もっと、深く知りたいのなら、藤木久志氏とか笹間良彦氏辺りの著書を読んでみては如何でしょう。

637 :名無し三等兵:04/02/16 23:26 ID:???
>>635
藤本正、 鈴木真哉で検索すべし。大抵この二人が書いてる。
ただし、全面的には真に受けないように。少々怪しい部分もあるので。
細かいことは日本史板か三国戦国板のほうが良いかと。

638 :名無し三等兵:04/02/17 00:06 ID:???
鉄砲と日本人

639 :反面教師本として。:04/02/17 00:07 ID:???
>636
上級者向けには、『長篠・設楽原合戦の真実』名和弓雄・雄山閣がある。

俺は、本屋でざっと見て買ってきてしまったが、(\2200)
読み進めるうちに『民明書房』刊かと、怒りがこみ上げてきた。
(引きちぎろうかとも思った)

名和弓雄氏は、古式銃関係では結構な重鎮なので買ったのだが、
「地面に穴を一度掘ったら、もう二度と元には戻せない」という
考古学の基本も知ら無い様子で、設楽原で穴凹を掘りまくった上で、

とっても素敵な「トンデモ本」を世に送り出してくれました。


640 :635:04/02/17 00:20 ID:???
眠い人さん、637さん、638さん、639さん、素早い返答、感謝します。

提供いただいた情報および忠告をもとに読んでみようと思います。
ありがとうございました。



641 :名無し三等兵:04/02/17 01:34 ID:???
>>630

>>631に追加。

戦時加算なんて制度もあるので単純に死後50年とは言えない。翻訳の場合は
翻訳者の翻訳権を考慮する必要もある。詳しくは、

http://www.aozora.gr.jp/KOSAKU/MESSAGE.html

このあたり。まあ、630のサイトの場合、どっちも関係しないけどね。

# うーむ、人間腸詰テキスト化されたか。

642 :名無し三等兵:04/02/17 17:22 ID:???
http://www.zakzak.co.jp/top/top0217_1_16.html

買った人、正直に手を上げなさい!先生怒らないから。

643 :名無し三等兵:04/02/17 18:13 ID:???
恋単は買いましたが・・・何か

古書でゲルハルト・ヘラー『占領下のパリ文化人』白水社を購入

知仏家だった著者がパリ軍政司令部の文芸検閲官としての回想を綴ったもの。
占領下の文化人の交流、動向が綴られており面白い本です。
個人的にはモーリヤックと著者の交流にちょっと感動。

インテリという出自のせいか、ナチズムに対する冷淡さや
抑制の効いた文章がシュタールベルクの『回想の第三帝国』に似ています。

『ナチ占領下のフランス』や『対独協力の歴史』などで
背景を理解するとより一層楽しめるかと思います。

644 :名無し三等兵:04/02/17 18:17 ID:???
>>642
同志、それは人民が米帝の言語を学習をする上で最高の参考書であると、
白頭山の光明星、父なる将軍様も仰られている。
そのため、現在では紀伊国屋書店などといった大型書店の参考書売り場に
DUOだの速読英単語だのと一緒に置かれ、あまつさえ大学の生協でも取り扱われているぞ。
貴官はサハリンホール送りだ。

645 :名無し三等兵:04/02/17 20:19 ID:EZj++YhO
初心者スレからの転載質問です、少々失礼してよろしいでしょうか?

敬愛するミリオタ諸氏に質問です。
ミリタリー関係の資料を出している出版社の、その記事内容の
信頼度の高さの序列はどうなっていますか?
私的意見でも結構ですので、幾人かの方の評価を伺えれば幸いです。
今後の資料選びの参考にしたいと思いますので、よろしくお願いします。

・メインエントリー
サンケイ出版 大日本絵画 学研 日本出版社 アリアドネ出版
他、良い資料を多数出されている出版社があれば、それも伺いたいです。

646 :名無し三等兵:04/02/17 20:27 ID:???
分野ごとに得手不得手があるからものによりけりじゃないかと
旧デルタ出版のグランド・パワーは読める雑誌だが、同社の出した
ドイツ空軍写真集のキャプションや解説なんて酷かったし

日本出版社て資料だしてたのかしら

647 :名無し三等兵:04/02/17 20:28 ID:???
>>645
一般論だが、出版社より執筆者に着目することをお勧めする。
同じ出版社でも、執筆者により色々


648 :645:04/02/17 20:52 ID:???
レスありがとうございます。

>>646
なるほど、ありそうな話ですね。
では一概にあそこは良くない、そこは最高とは、なかなか言えないということですね。
日本出版社はコンバットバイブル1〜4を出してるところです。

>>647
これはもっともなご意見を。
やはり数を読んで、著者から読み比べていくのが最良なんですねぇ……。

ありがとうございました。

649 :名無し三等兵:04/02/17 20:57 ID:???
>>648
>日本出版社
あそこは昔「コンバットコミック」という軍事漫画専門雑誌を出してたんで、
その関係。(その本の連載作品だった)
小林源文も単行本を出してたけど、今は見る影もない。
まあ、もともとは得ろ漫画雑誌出してた会社だし。

650 :名無し三等兵:04/02/17 21:03 ID:???
日本出版社を検索してみたら新日本出版社(共産党系)と18禁モノがでますた。

651 :名無し三等兵:04/02/17 21:19 ID:???
>612
 その本、読んだ記憶はあります。(実家にまだあるかも知れません。)
タイトルは確か「翼の影」だったかと思います。

652 :651:04/02/17 21:26 ID:???
国会図書館で見てみると、

翼の影 ゲレオン・ゴルドマン著〔工藤京子訳〕
コルベ出版社(1975)
定価 1200円

が引っかかりました。
この著者名でGoogleしてみたら、

The Shadow of His Wings
by Fr. Gereon Karl Goldmann, OFM
Originally published 1964 by Franciscan Herald Press
Republished 2000 by Ignatius Press

が引っかかってきたので、少なくとも海外では入手可のようですね。

653 :612:04/02/17 21:29 ID:???
や、ありがとうございます。明日図書館行ってきます。

654 :眠い人 ◆gQikaJHtf2 :04/02/17 22:06 ID:???
そう言えば、Ariadneの本も、海外の本をそのまま翻訳したものを解説に
載っけてたのもあったか、と。

前に、ある洋書を訳してて、どこかで見た記述だなと思って、対比してみたら、
解説がまるっきり翻訳だったと言うことがあったべな。

655 :名無し三等兵:04/02/17 22:26 ID:???
>>645
大日本絵画の書籍・別冊は良いですよ

656 :名無し三等兵:04/02/17 22:58 ID:???
>>645
原書房、かや書房あたりは軍関係出版強い。
あと、内容にバラつきはあるものの、光人社NF文庫は安くて良い。

657 :名無し三等兵:04/02/17 23:39 ID:???
>612
ttp://product.esbooks.yahoo.co.jp/product/keyword/keyword?accd=30738762

取り寄せできるような感じだが…出版社に在庫ないような気もする
一応あたってみては?

658 :ゆうか ◆9a1boPv5wk :04/02/18 00:08 ID:YoF+fJcZ
>>656
この前文華堂書店に行ったら、光人社NF文庫のせいで単行本がどんどん文庫化されてしまうので
単行本が値崩れするわ売れないわで散々だ、て店主のお爺さんがぼやいてました(笑

659 :名無し三等兵:04/02/18 00:10 ID:???
光人社は文庫化しないと売れないし、古書店は
単行本が売れないといかん・・・悪循環だなあ
とはいえ自分も文庫化まで粘ってしまう口ですが。

660 :名無し三等兵:04/02/18 00:37 ID:???
しかし、古書店でプレミアが付いてしまっている本なんかを
文庫化してもらえると助かるのは事実ですよねえ。そもそも売ってなかったりもするし。

661 :名無し三等兵:04/02/18 00:48 ID:???
高級軍人の自伝、評伝に関しては芙蓉書房

662 :名無し三等兵:04/02/18 00:52 ID:???
以前の箱入り無地の装丁の方がカコイイ>芙蓉書房

しかも評伝の類の少なくない数が絶版なのも厳しいところ

663 :名無し三等兵:04/02/18 01:01 ID:???
最近ぼちぼちrepublishされてるね>芙蓉書房
ただ昔の方が、写真は豊富。

664 :べるりん ◆Belgar/rRI :04/02/18 01:07 ID:???
>656
自費出版本みたいな感じがすき。
特に、弾道ミサイル防衛入門とか。

665 :名無し三等兵:04/02/18 01:12 ID:???
草思社も

666 :名無し三等兵:04/02/18 02:47 ID:???
つうか光人社NF文庫がなけりゃ、
単行本を買う層が維持できなくなるだろ。

667 :べるりん ◆Belgar/rRI :04/02/18 04:18 ID:???
昨日、別の本買う用事で本屋に行ってそのついでに浅田次郎の文庫版日輪の遺産を買った。
今、少し読んだんだけど、面白いけど気になる事が・・・
「幼年からずっとだ、おかげでシャバのことは(略)」というせりふがあるけど、
シャバじゃなくて地方って言うじゃないだろうか。
そもそもシャバって言葉はいつ頃から使われてるんだろうってふと気になった

668 :名無し三等兵:04/02/18 11:01 ID:???
光人社はさすがに戦略的

669 :ベタ藤原 ◆RoMNjfnp0E :04/02/18 22:14 ID:???
>>585
>「アンダーグラウンド・ウェポン」
キタ━━━(゚Д゚)━( ゚Д)━(  ゚)━(   )━(゚  )━(Д゚ )━(゚Д゚)━━━!!!!!
http://www.geocities.co.jp/Bookend-Ango/6744/Pht02182207.jpg

670 :645:04/02/19 06:31 ID:???
続いてレスありがとうございました。
>>649
日本出版は漫画屋さんでしたか、知りませんでした。
コンバットバイブルは安くて内容のある良本だったので、
同社の本は気になっていたのですが。
>>654
ほぉー。そういうことってあるんですねぇ。
そういう筆者は良くない、ということですね。
>>655
大日本絵画は世界の戦車という書籍を中古1000円で購入しました。
編注が付いてたり、小林源文先生のおまけがあったり良本でした。
興味深い本を多数出版されているようですが、定価が凄くて腰が引けますw
>>656
なるほど、参考にさせていただきます。

遅れて申し訳ありませんが、重ねてお礼申し上げます。
ご協力、ありがとうございました。

671 :544=550=585:04/02/19 07:57 ID:???
>>669
>>ベタ藤原さん
 まずhp掲載のアドレスへメール送れば良いですか?

672 :ベタ藤原 ◆RoMNjfnp0E :04/02/19 21:05 ID:???
>>671 さん
 ええ、そこへ一発メールを送ってください。
 お願いします。

673 :名無し三等兵:04/02/19 22:37 ID:9p5EPiyv
来月学研M文庫でパンツァー・マイヤーことクルト・マイヤー「擲弾兵」
文庫化されまつよ!

674 :名無し三等兵:04/02/19 22:38 ID:???
Ω ΩΩ <な、なんだってー!

675 :名無し三等兵:04/02/19 22:40 ID:???
ttp://www.gakken.co.jp/m-bunko/new-r-shinkan.html
ホントだ。excellent

676 :名無し三等兵:04/02/19 23:31 ID:???
↑単行本は大日本絵画だと思ってたら、そもそも学研なんだよね。

677 :名無し三等兵:04/02/19 23:32 ID:???
久々にキター!

678 :老兵:04/02/19 23:44 ID:???
…大日本絵画…

…パウル・カレルと同じく、フジ出版社→学研の流れなんだがな…

…そもそもフジ出版社の存在自体知らないのかな、676は… …俺ももう、トシって事か…

679 :名無し三等兵:04/02/19 23:48 ID:???
単にフジ出版の奴を大日本絵画で再販したと思ったんでは?


680 : 544=550=585=671:04/02/20 07:45 ID:???
>>672
>>ベタ藤原さん
 送りますた。

681 :名無し三等兵:04/02/20 08:21 ID:???
ここ数年、中公と学研からフジ出版の復刻>文庫化が続いていますが、
なにぶんどの作品も古いので、できれば今日的な解説または訳注をつけてほしい、
と思いましたが、復刻されるだけでもありがたいことなのかもしれませんね。
いずれにしても回想録は行間を読む必要があるとは思いますけれど。

私的には字詰めが広くなり、級数が上がったため、
ただでさえ高価だった本がさらに高くなったこととかさばる点が不満です。
で、結局手に入りやすくなったフジ出版社版を買ってしまう今日この頃。
(もっとも「彼らは来た」のように増補されているものもあるので、微妙ですが)

682 :名無し三等兵:04/02/20 16:39 ID:???
>>681
パウル・カレルのやつなんか、手描き然のなぐり描きのような図版が、
きれいな図版になっただけでも、買いのような気もする(w

683 :名無し三等兵:04/02/20 20:09 ID:???
うう、FASの規制解除、いったいいつになったら……。

684 :ベタ藤原 ◆RoMNjfnp0E :04/02/20 20:44 ID:???
>>680 さん
 あれ? 届いてない……
 すみませんが、こちら↓へもう一度、お願いできませんでしょうか?
>b_fujihara@hotmail.com

685 : 544=550=585=671=680:04/02/20 20:50 ID:???
>>672
>>ベタ藤原さん
あれ?
再送しました。

686 :ベタ藤原 ◆RoMNjfnp0E :04/02/20 22:02 ID:???
 あれ〜やっぱり届かない……
 私のHPの掲示板に書き込んでるメアドへもう一度送って頂けませんでしょうか?

687 :眠い人 ◆gQikaJHtf2 :04/02/21 00:10 ID:???
今月は漏れ的に光人社NF文庫は買うものがなかったので、書評は別の人に譲るでつ。

今日買ってきた本。

柘植書房 戦没船を記録する会編 「知られざる戦没船の記録」上下。
太平洋戦争中に戦没した16,000余隻の沈没船舶のうち、代表的な大型船舶の戦没の姿を
上巻で88隻取り上げ、下巻では小型船舶の戦没の状況を中心に44隻を取り上げている。
特に、下巻には77頁に渡って、喪失船舶明細表が付いており、喪失日付、A船、B船、C船の
区分、船名、総トン数、船主、喪失原因、遭難地点、戦死者数が記録されている。

そのうち、海上護衛戦スレでも取り上げるかも。

もう一冊。
こっちはAmazonだけど、

 Richard Hooker "MASH"を購入。

舞台は朝鮮戦争の移動野戦病院。
そこに巣くう、医者とその仲間達のハチャメチャな日々を描いたもの。

Catch22と並ぶ、「戦争なんか糞食らえ」精神の反戦(寧ろ反軍か?)小説としての名作で、
映画にもなっているが、日本とか半島の描写が今の状況に合うものではないのだろうな、
と思う。
しかし、それ抜きにしてもかなり面白い小説であることには間違いない。

688 :名無し三等兵:04/02/21 00:35 ID:???
昔の角川文庫で出てますな、MASH。愛読書ですた。
普段のお馬鹿ぶりと、一章だけ入ってるシリアスシーンの対比が凄かった。

689 :名無し三等兵:04/02/21 01:48 ID:???
マッシュのテレビ版って日本では放映されてないんだっけ?

690 :544:04/02/21 06:42 ID:???
>>686
>>ベタ藤原さん
三度目の正直!!
再々送しました。

691 :名無し三等兵:04/02/21 11:49 ID:???
軍事史学が出してる「季刊軍事史学会」ってどうですかね?
バックナンバーの目次を見てると結構面白そうな感じなんだけど。

692 :691:04/02/21 11:54 ID:???
ミスった

>軍事史学が出してる「季刊軍事史学会」
じゃなくて
”錦正社が出してる軍事史学会編「季刊軍事史学会」”

693 :名無し三等兵:04/02/21 15:33 ID:???
>>692
別冊とか激しく欲しいな

でも、セキュも購読してるから金が_| ̄|◯

694 :名無し三等兵:04/02/21 17:15 ID:???
>692
軍事史学なら毎号読んでるよ。軍事と歴史関係の論文・研究ノート
が中心の雑誌で、よく歴史学の論文の参考文献に挙げられている。

独軍関係でいろいろ訳書を出してる守屋純なんかも学会員の一人。
昔は黛治夫なんかの『戦艦主砲命中率の変遷』って論文も出てた。

論文は面白いが、兵器のカラーグラビアなんかはないんで注意。

>693
史学科のある大学図書館とか、でかい図書館には置いてあるよ。

695 :名無し三等兵:04/02/21 18:00 ID:???
最近の新書ブームのおかげで、軍事に関連した本も新書で多く出ているのが、
学生としてはうれしい。

696 :名無し三等兵:04/02/21 19:05 ID:???
>>695
オススメを教えてください。>新書

697 :名無し三等兵:04/02/21 19:53 ID:???
松岡完『ベトナム症候群―超大国を苛む「勝利」への強迫観念』(中公新書)
ttp://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4121017056/249-0178328-4129100

これ読んだ人いる?面白そうだから買ってみようかなって思ってるんだけど。

698 :名無し三等兵:04/02/21 21:21 ID:???
>>696
無難なところで、エヴァたん本を。

699 :名無し三等兵:04/02/21 22:04 ID:???
>>696
新書だからって間違っても>>47の電波本に手を出すんじゃないぞ。
金の無駄だった。ひでェ

でも、ここ10年の兵器メーカーの合併年表みたいなのが付録でついてるのが救い。
複雑な系譜がわりとわかりやすい。ブックオフで100円なら○。

700 :名無し三等兵:04/02/21 22:59 ID:???
700

701 :名無し三等兵:04/02/21 23:33 ID:???
悪書をつかまされても、ダメージが少ないのが新書の良いところ。
その辺の雑誌より安いし。

702 :ベタ藤原 ◆RoMNjfnp0E :04/02/22 00:10 ID:???
>>696
「騙し合いの戦争史」吉田一彦 PHP新書
 なぞは、面白かった。

703 :ベタ藤原 ◆RoMNjfnp0E :04/02/22 00:28 ID:???
>>690
 なんとか届きました。
 返事をしたためときましたんで良しなに〜

704 :544:04/02/22 08:15 ID:???
>>703
>>ベタ藤原さん
 こちらも受信しました。
 お待ちしております。

705 :名無し三等兵:04/02/22 19:04 ID:???
地政学入門は良著

706 :名無し三等兵:04/02/22 21:05 ID:???
軍事革命(RMA)も良著

707 :名無し三等兵:04/02/22 21:53 ID:???
>>705
それブクオフでゲットして持っているなあ。面白かったです。
とりあえずハートランドが大陸国家で海洋国家が云々と知ったかぶりくらいはできるようになった。

708 :名無し三等兵:04/02/22 22:51 ID:???
中公新書なら、テクノヘゲモニーと中国革命を駆け抜けたアウトローたちを忘れんでくれ。
面白くて名著。

709 :名無し三等兵:04/02/23 00:04 ID:???
>>705
同意
>>706
薄いんでこの前スルーした
良いの?

710 :名無し三等兵:04/02/23 08:01 ID:???
>>709
入門書としてなら。

711 :名無し三等兵:04/02/23 22:58 ID:???
新書で最近面白かったんは
日本の軍隊 - 兵士たちの近代史 - 吉田裕 岩波新書
皇居前広場 原武史 光文社新書


関係無いけど、防衛庁Web更新メールに史料ネタがあったので甜菜
◆防衛研究所
・『史料公開ニュース』(第45回) - 陸軍の公文書及び私文書史料
 http://www.nids.go.jp/military_history/military_archives/news/index.html

712 :名無し三等兵:04/02/23 23:40 ID:???
『源田の剣 第三四三海軍航空隊―米軍が見た「紫電改」戦闘機隊』
が気になっているんだが読んだ人いたらレビューきぼお


713 :名無し三等兵:04/02/24 01:51 ID:???
日米双方の視点から三四三空の奮闘を綴ったドキュメント。
とにかく「力作」としか形容しようがないというか,これを読まずに
三四三空を語る資格無しってな感じの一冊。

まあ,三四三空について冷静に評価したい香具師は迷わず買い。
”夢を壊すな”って方はスルーするが吉。

714 :名無し三等兵:04/02/24 22:07 ID:???
俺は>>617じゃないけど、えらい面白そうだったんで注文してミタ
--------
名無し三等兵 様
イーエスブックスです。取り寄せ品を入手することができませんでした。
誠に申し訳ございません。ご注文はお取り消しとさせていただきます。
ご注文日:2004/02/22
ご注文番号:xxxxxxxx
ご注文商品
商品名 :ノンフクション 翼の影 第3版
販売価格:\1,200
---------
orz

715 :714:04/02/24 22:08 ID:???
ああ、>>617ですね。失礼。>翼の影

716 :名無し三等兵:04/02/24 22:26 ID:???
>>713
thx
そうか・・・夢は壊したくないけどそれより真実が知りたい

717 :名無し三等兵:04/02/26 10:30 ID:???
この板的、軍事ライターのランキングってどんな感じでしょか?
ちょっぴり聞きたいです。

718 :名無し三等兵:04/02/26 11:12 ID:???
防衛大学校の真実て本がでるみたい

719 :名無し三等兵:04/02/26 16:27 ID:???
図解 現代の航空戦―エア・パワー最前戦
B・ガンストン, M・スピック, 江畑 謙介

ブックオフで100円でゲット。陸好きなんだけど100円だから買った。

720 :名無し三等兵:04/02/26 18:40 ID:???
>>719
同じ本を数ヶ月前に800円でゲッツ・・・・・・。

721 :名無し三等兵:04/02/26 19:31 ID:???
>>720
1000円で古本屋でゲッツした俺は負け組ですか。

722 :名無し三等兵:04/02/27 00:21 ID:???
>714
ttp://business2.plala.or.jp/k-kosyo/
ここの6431番にあった。>翼の影
問い合わせてみれ
え? いや俺は持ってるから

この店は日本の古本屋とかとリンクしてないのだな。
結構色々見つかった。原書房では
リデル・ハートの戦略論とか、ヒットラーと国防軍、第一次大戦・その戦略。
海軍砲戦史談、西欧海戦史、近代西欧海戦史、
兵器と戦術の世界史、兵器と戦術の日本史、対戦車戦
あとスレで人気の本土防衛戦史 元寇もあった。
全体的にちと割高かも。

あまり詳しくないので価値はわからないが、他にも軍事系の本が大量にあったので、諸兄にとってのお宝が眠っているかも知れん。
ただ、目録にあった「補給戦」3000円は私が注文させていただいたがな!

723 :眠い人 ◆gQikaJHtf2 :04/02/27 00:45 ID:???
ところで、山川の西洋史リブレットの最新刊、「オスマン帝国の近代と海軍」って
もう出ていますでしょうか?

Amazon見ても売り切れになってたのですが、今朝の新聞に広告が出ていましたので。

724 :名無し三等兵:04/02/27 05:34 ID:???
ttp://www.yamakawa.co.jp/catalogue/exec/browse.cgi?code=00341-00079
未刊ディスヨー

私も広告見て欲しいと思ったくちで。リブレットは新書と同じで
興味ある分野の概略を把握したい時には良いですね。

725 :名無し三等兵:04/02/27 15:35 ID:???
ゲバラ日記(朝日新聞社)買った。昭和43年7月発行で700円。
さっきamazon見たら、文庫版が出てたのね(´・ω・`)
で、これが置いてあった上の棚にゲバラ選集全四巻が。6,000円。


726 :名無し三等兵:04/02/27 18:45 ID:???
今は亡きソビエト連邦を
「謎の超兵器で世界赤化を企む悪の帝国」みたいに
ヒステリックに扱っている本ありませんかね?


727 :名無し三等兵:04/02/27 21:02 ID:???
厳密には軍事ではないかもしれんが、アハメド・ラシッドの「タリバン」がブクオフで100円だった…
いやもちろん接収したんだけどさ。
良書を捨て値で売ってるって意味では、新古書店も侮れないね。

しかし最近いい気になって買い漁ってたから、読む時間が…_| ̄|○

728 :眠い人 ◆gQikaJHtf2 :04/02/28 00:43 ID:???
>724
とりあえずAmazonで買ってみました。
その前に、今日の午後神保町行って買った方が良かったかも。

ちなみに、同じ作者の「オスマン帝国の海運と海軍」も併せて買ってみたり。
到着が楽しみです。

729 :名無し三等兵:04/02/28 03:37 ID:???
講談社現代新書 3/20
黒野耐『参謀本部と陸軍大学校』

この人の本は面白いですか?

730 :名無し三等兵:04/02/28 09:09 ID:???
>>727
ブクオフの価値とは何か?
値段が内容ではなく、保存状態で決まることだ。

731 :名無し三等兵:04/02/28 11:49 ID:???
>>730
実に即物的で宜しいw

732 :名無し三等兵:04/02/28 14:11 ID:???
「戦理入門」ってどうよ?
黒い毛が生えたハードカバーだったんだけど。

733 :名無し三等兵:04/02/28 15:46 ID:???
陸戦学会が出した戦理入門かフランス陸軍大将が書いたどちらかと
思うけど。
そういった本はここで名前出さない方がいいよ。特に買おうと思うのなら。
この板には専門書をかなり持っている人とこれから集めまくろうとする中堅が
たくさんいるから。
戦理入門ぐらいの本なら誰かが狙っていることが多いから。
かなり小さな古本屋に陸戦学会の本が入っても入荷の情報は次々と伝わっていく
ものだから。ネット上ではなく。
自分もプラス5千円でこの本見つけてと頼んだらどこどこの古本屋に入ったとかやって
もらったことがある。電話帳に電話番号載ってない古本屋でも半年すればわかる。

734 :名無し三等兵:04/02/28 16:00 ID:???
「オスマン帝国の海運と海軍」興味津々だな
安いけど頁数も少ないんだね。中身も薄っぺらなんてことは・・・
買った人読んだら感想きぼそ

735 :名無し三等兵:04/02/28 16:05 ID:???
「オスマン帝国の近代と海軍」だったすまそ

736 :名無し三等兵:04/02/28 16:47 ID:???

グラフィックアクションの1〜20ぐらいを集めたいのですが
どこか品揃えの良い古本屋は無いですか?

大阪在住です。
おねがいします。


737 :名無し三等兵:04/02/28 16:51 ID:???
>>736
全54巻揃い!
http://page6.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/f17342613

738 :名無し三等兵:04/02/28 18:03 ID:???
>>730
売れ線かそうでないか、ってのもあるぞ。

739 :名無し三等兵:04/02/28 18:59 ID:???
エヴァたん、古い本なら結構100円コーナーにあるよね。
今日も「殺さない兵器」「世界軍事ウォッチング」「世界軍事・兵器情勢98」
を100円で保護してきますた


740 :眠い人 ◆gQikaJHtf2 :04/02/28 22:13 ID:???
>734
う〜みゅ。
Amazonで買ったけど、今日、待ちきれずに書泉で見てきた(苦笑。

ざっと見、印象としては、19世紀末〜20世紀のトルコ海軍なら良かった
のだが、時代的に遡りすぎたところがあって、ページ数の少なさと相まって、
全体的に話が拡散してしまった感が否めない。
ま、これをとっかかりに他の本を読むのなら良いかもしれないけどね。

この作者の「オスマン帝国の海運と海軍」が2年前に出たところだから、
ちょっと中途半端な出版なのかも。
続巻的なものを期待していると、ちょっと裏切られるかなぁと。

741 :名無し三等兵:04/02/28 22:34 ID:???
>>729
『日本を滅ぼした国防方針』はわかりやすかったです。
幹部上がりの現防衛研究所教官の方なので記述も信頼できます。

大江さんの参謀本部(中公)が古くなってきたので、時期的に
新しいのが出るのは嬉しいかも。

742 :名無し三等兵:04/02/28 22:35 ID:???
というか、あんな分厚いマイナー本(誉めてます、凄い仕事だ)
誰も読まんし買わんからダイジェスト作りましょ、て企画なのでは?

743 :名無し三等兵:04/02/28 23:06 ID:???
学術書書いた人間に総覧的な新書やらブックレット書かせるのは
よくあることでしょ。
上の黒野氏なんかも帝国国防方針に関しての学術書書いた後に
『日本を滅ぼした〜』書いてますし

744 :名無し三等兵:04/02/29 19:51 ID:???
帝国ではなく、日本国なんだが

「戦後日本の防衛と政治」 佐道明弘著 吉川弘文館

裏表紙にいわく、
「戦後日本において、防衛政策はいかに形成されたのか。
自主防衛中心か安保依存かと言う議論の経緯を、未公開資料とインタヴュー資料を活用して追及
政軍関係の視点から戦後日本の防衛体制をはじめて体系的に分析する」

日本独自の政・官・軍システムの政・官の代表者たちに視点を当てて、歴史的経緯を追いかけている。
基盤的防衛力構想の実際の推移や、中曽根のスタンス変化など呼んでいて納得する所の多い良著。

ただ、漏れは図書館で借りたが、¥9000は流石にたけーよ… 新書でダイジェストきぼんぬ。

745 :名無し三等兵:04/03/01 11:35 ID:???
それ折れもたまたま近くの古本屋で見つけてどうなんだろうと思ってた


746 :名無し三等兵:04/03/01 20:03 ID:???
「財閥と帝国主義〜三井物産と中国〜」 坂本雅子 ミネルヴァ日本史ライブラリー

タイトルで判る通り左翼史家の仕事だが、実に良著。
明治から敗戦までの日本と中国の係わり合いを、三井物産に視点を置いてたどる。
WWI当時の対ヨーロッパ(主にロシア)相手の武器輸出にもかなり詳しい。
田中義一がアメリカ資本を満州に導入してアメリカを味方につけようとして、
向こうの経済界は大乗り気だったが、中国側の猛反発でぶっつぶれた経緯など初めて知った…
この時期を専門としていれば、¥5900の価値は充分にある。満州ものを書くときの基礎文献の一つになるだろう。読むべし。

747 :名無し三等兵:04/03/01 23:41 ID:VamjpOEI
>WWI当時の対ヨーロッパ(主にロシア)相手の武器輸出にもかなり詳しい。

日本の武器輸出に関しては、その本の参考文献に挙げられてたと思ったけど
『軍事史学』の芥川哲士氏の一連の論文を読んだほうが速いと思うぞ。


748 :名無し三等兵:04/03/02 11:48 ID:Gv2nGaJV
陸軍の元搭乗員の著書で何かお薦めはありますか?

749 :名無し三等兵:04/03/02 16:56 ID:???
松村劭氏の「戦争学」を読んだのですが
戦術についての戦史の実例の部分はいいのですけど
戦争というわりに
戦略や当時の歴史要因とのからみが少ない結論が多かったような印象がありましたが
この方の「新・・」「平和のための・・」「ゲリラの・・」も似たような展開なのでしょうか?

750 :名無し三等兵:04/03/02 18:17 ID:???
>>748
「ああ隼戦闘隊」-かえらざる撃墜王-  黒江保彦 光人社NF文庫

751 :べるりん ◆Belgar/rRI :04/03/03 21:53 ID:???
入寮まで2日しかないのに、負けてしまった・・・

・ミリダスJ(Japan) 自衛隊・自己防衛キーワード事典 大波 篤司 著 新紀元社 2500円(税別) ISBN4-7753-0211-6
 最新です。
 三省堂で購入したんですが、初代ミリダスと共に平積みされてました。
 多分、イラク派遣などの波に乗って裁きたいのでしょう。
 内容は、自衛隊全般、陸自、海自、空自、警察、消防、海保、内政・テクノロジー、キーワード集に章別されてます。
 何故か旧軍の軍艦、艦艇等も掲載されてます。
 一般に公開されてる見た事のある写真が多数掲載されており、武器等には緒元と簡単な解説が掲載されてる。
 内容的には極々初歩的な内容。
 面白いのが警察の章です。刑事ドラマのお供にちょうど良い感じ。
 鑑識などが使ってる道具などから専門用語まで広く浅く解説されてます。
 兵器オタさんとハードオタさんを取り込もうとしてる様な内容で広く浅くです。
 より深く知りたければ、兵器、組織の解説は他社から出てる良書があるのでそちらを見てくださいみたいな感じだと思います。
 とにかく自衛隊や警察について知った気で居たい人向けかな。
 自衛隊用語なら防衛用語辞典(国書刊行会)の方が遙かに良著であるし、自衛隊の組織であればかや書房の防衛庁・自衛隊の方が詳しく読みやすい。
 詳しく読んでないけど、変な所ありそうだし。
 「ナニナニ?」「特科って何?」「駐退復座機って何?」と言う人向けか。


一緒に、陸軍師団総覧とか買っちゃった。
入寮まで寝られない・・・

752 :名無し三等兵:04/03/03 23:46 ID:???
米空母におけるCICシステムの発展や運用についての
良書紹介きぼんぬ。
取り合えず、「図解 空母機動部隊 コンバットA to Zシリーズ」の
内容紹介が面白そうだったのでamazonで発注済み。

ネト上で漁ってると、空母のCombat Action Reportは結構
引っかかってくるものの、総論が読みたい。

753 :べるりん ◆Belgar/rRI :04/03/04 13:48 ID:???
・二世部隊物語  菊月 俊之 著  グリーンアロー出版 1714円(税別) ISBN4-7663-3338-1
 言わずと知れた日系人部隊第100大隊と第442連隊戦闘団の話。
 大変面白い。写図多数で写真を見ているだけで楽しい一時が過ごせる。
 内容的には二世部隊を体系的に書かれている。
 部隊と関係する人物についても言及されており、部隊史とまではいかないものの、内容は濃い様に思う。
 沖縄等で日本兵に投降を呼びかける兵隊ではなく戦闘兵の話であり、日系人強制収容から話が始まり、
 部隊創設、訓練、戦地へ、そして戦争について書かれている。後半には詳細なデータ類が掲載されており、これだけでも楽しめる。
 所謂洋書の翻訳ではなく日本人の手による作品であり読みやすい点も大変良い様に思う。
 何人にも勧められる本だ。
 久しぶりにこう言う本にであった。入寮前に本屋に行って正解だった。

754 :名無し三等兵:04/03/04 14:53 ID:???
福田茂夫氏ってどうよ?

755 :名無し三等兵:04/03/04 16:12 ID:???
コンバット・バイブル―アメリカ陸軍教本完全図解マニュアル1・2 上田 信 (著)
例によってブックオフで各300円でゲット。
それと、自営業氏の東亜総統特務隊を450円で。スマン。

756 :名無し三等兵:04/03/05 16:56 ID:???

『「坂の上の雲」では分からない旅順攻防戦』って読んだ人いる?
第一次大戦やってる別宮さんの本なんだけど、書店で見つからん。

757 :海の人 ◆STEELmK8LQ :04/03/05 16:57 ID:???
>756
ttp://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4890631690/ref=sr_aps_b_1/249-8087396-7417928


758 :べるりん ◆Belgar/rRI :04/03/05 17:06 ID:???
いつのまにかアマゾンのテーマ別に探すリンクがパワーアップしてますね

759 :名無し三等兵:04/03/05 23:28 ID:???
乃木の遺族は司馬を名誉毀損で訴えれば良かったのに

760 :名無し三等兵:04/03/05 23:47 ID:???
>>759
アホか。名誉毀損について勉強しなおしてこい。

761 :名無し三等兵:04/03/06 03:49 ID:???
>>759
訴えるべきは「おまえはッ、女かッ!!」の名言を吐かれてしまった
伊地知サンの係累でしょ。

ところでオスプレイ・ミリタリー・シリーズ―世界の戦車イラストレイテッド
なんだけどこれに日本の61式と74式が取り上げられることはないのかな?
世界的には知名度ないんだろか?

762 :名無し三等兵:04/03/06 05:13 ID:???
>>761
アリエテくらい難しい

763 :名無し三等兵:04/03/06 17:00 ID:???
アリエテも悪くないというか手堅くまとまってるんですけどね・・
ルクレールより総合力は上のようにも思えるんだけど

764 :756:04/03/06 17:19 ID:???
>757
レスサンクス。誰も読んでないみたいなんで、自分で突撃してきます。
面白い本だといいなあ。

765 :海の人 ◆STEELmK8LQ :04/03/06 18:22 ID:???
>764
 どいた〜ま、感想楽しみにしてるよん:-)

766 :761:04/03/06 23:40 ID:???
ありえて・・・
仮にもソビエト連邦の巨大な影に対峙していた74式がその程度?

WTMで戦車に嵌った口なんですが61式と74式の良い本はないですかね?
10年以上聞くのが遅かったような気もしますが。


767 :眠い人 ◆gQikaJHtf2 :04/03/07 00:22 ID:???
>766
記事の内容はどうなのか、漏れは判断付きかねるのでつが、最近出たものであれば、
陸上自衛隊の装備車輌Vol.1(グランドパワー別冊)に61式戦車が掲載されています。
多分、Vol.2には74式戦車が掲載されるのではないでしょうか。

開発の裏話的な本であれば、かや書房から出ている、林磐男著「戦後日本の戦車開発史」
がお薦めかと思います。

768 :名無し三等兵:04/03/07 10:43 ID:???
大変大雑把で、申し訳ないんですが、
第一次大戦辺りから戦間期を経て第二次大戦終結位までの、
英海軍の組織を扱った本などありますでしょうか?
(どのような役職が何をしていたとか、どんな艦隊整備をやったか、など)
また、それとは別に英海兵隊の総記みたいな本も
あったら教えていただきたいです。

769 :名無し三等兵:04/03/08 15:21 ID:???
乃木無能説は驚くほど浸透しているね。全部司馬のせいだな。

770 :名無し三等兵:04/03/08 15:25 ID:???
>>760
何か問題でも?

771 :名無し三等兵:04/03/08 16:03 ID:???
>>769
はずかしながら乃木将軍については司馬しか読んだことがないので、
ほかに良書があったら教えてください。カッコイイ乃木将軍を希望します。
(もちろん煽りでも司馬ヲタでもありません)

772 :名無し三等兵:04/03/08 16:32 ID:???
>>771
徳富健次郎「寄生木」

773 :名無し三等兵:04/03/08 16:50 ID:???
そう言えば、司馬の小説って一回も読んだことない・・・

まずいかな?

774 :名無し三等兵:04/03/08 17:26 ID:???
>>771
「乃木大将と日本人」 S・ウォシュバン 講談社学術文庫


775 :名無し三等兵:04/03/08 18:16 ID:???
>>771 乃木神社で売ってる、桑原嶺「名将 乃木希典」
著者は元陸将補。こっちはややマンセーし過ぎだが、面白い。

776 :ミリ屋哲 ◆4EZIX.r92I :04/03/10 19:29 ID:???
中公文庫 BIBLIO20世紀で出てるジョミニの戦争概論って抄訳?完訳?

777 :名無し三等兵:04/03/10 19:43 ID:???
>>776
抄訳だよもん!もん!

778 :名無し三等兵:04/03/10 19:49 ID:???
一応目次では翻訳全文になってるが

779 :ミリ屋哲 ◆4EZIX.r92I :04/03/10 19:52 ID:???
まあいいや。外国語はヘブライ語しか出来ないし、原著読むのかったるいから
買おう。

780 :名無し三等兵:04/03/10 20:32 ID:???
>>778
訳者後書きを見ればわかるもん!もん!

781 :ベタ藤原 ◆RoMNjfnp0E :04/03/10 20:59 ID:???
>>779
      _∧_∧ ___
    /(・(・・)・) /\
  /| ̄∪ ̄∪ ̄|\/  イラクへ行く前に、連絡とってね。
    |   ベ タ   |/
      ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

782 :ベタ藤原 ◆RoMNjfnp0E :04/03/10 21:20 ID:???
 世界の紛争地ジョーク集 / 早坂 隆 著
http://books.yahoo.co.jp/bin/detail?id=31346258

 ジョークの量自体は少ないけど、コソボとか、イスラエルとか、北朝鮮のジョーク
も収録されてるんで、味わい深いモノがあります。

783 :名無し三等兵:04/03/11 01:35 ID:???
SuddenStrike2

公式HP
ttp://suddenstrike2.zoo.co.jp/

これお勧め。

同じサドンでも、SSFは荒らしの巣窟。やめたほうがいい。
質問等は、公式HPかファンサイトにするといいよ。



784 :名無し三等兵:04/03/11 13:13 ID:???
グスタフ・アドルフとかフリードリヒ大王とかナポレオンとかの
軍事に関して調べてて、洋書を読んでるんですが、
この時代の階級とか役職とかその他様々な軍事用語の、
適当な訳語を調べる助けとなるような本って何かないでしょうか?

現代の軍事の訳語集みたいなのは多いようなんですが、
この辺の時代のは全然聞かないので…。

785 :名無し三等兵:04/03/11 21:30 ID:???
>>784 メンアットアームズで検索してみろ。Men-at-Armsじゃなくて。

786 :眠い人 ◆gQikaJHtf2 :04/03/11 22:39 ID:???
>673で予告が出てた、Kurt Meyer「擲弾兵」買って来ますた。
2000年に出版されたものの文庫化、659ページの大著で、値段もそれなりです。
これは有名な本ですから特に感想は良いでしょう。
久々に読み応えのある本ですね。
この調子でバルバロッサとかも文庫化して頂けると助かりますが、逆に単行本を
買った方は複雑かも。

他に買った本。

モデルアート社「日本海軍航空隊 軍装と装備」

軍装のみ成らず、海軍航空隊に絡む装備品などまで事細かに記したもので、
模型製作資料のみ成らず、表面に出て来ない、細かい装備の歴史をも俯瞰
出来るもの。
監修に当たった方(佐藤繁雄氏)は13期飛行予備学生から戦闘機搭乗員と
なった方で、他にも搭乗員からの資料を集めている様で、その努力には頭が
下がる。

独ソ戦車戦シリーズ4 「モスクワ防衛戦」(マクシム・コロミーエツ著)
一連の露西亜側資料を駆使した、独ソ戦のコンパクト本。
今回は、モスクワ攻防戦を取り上げている。
次回はカフカスの戦いだそうな。

787 :眠い人 ◆gQikaJHtf2 :04/03/11 22:41 ID:???
書ききれなかったので続き。

Osplay Militaryシリーズ「メルカバ主力戦車Mk.I/II/III」
筆者はイスラエル国防軍の元軍人(何故か海軍だが)。
イスラエルの戦車部隊誕生から説き起こし、メルカバ計画のkickoff、そして発展型の解説
まで網羅している。
部品製造会社の一覧なんてのが、素敵。
ちなみに、次回は88mm高射/対戦車砲だそうな。

最後が文春文庫 Richard Whelan著(沢木耕太郎訳)「キャパ その青春」
来月、東京都写真美術館でキャパの展覧会があるのに合わせて再販された
もので、1988年の「キャパ その青春」「キャパ その死」を三分冊とした一冊目。
興味がある方はどうぞ。

あと古本で、日本経済評論社 三輪宗弘著「太平洋戦争と石油」なぞも購入。
海上護衛戦スレで何かに使おうかと。

788 :名無し三等兵:04/03/11 22:48 ID:???
カレルのバルバロッサ作戦と焦土作戦は学研M文庫にあったような・・


789 :眠い人 ◆gQikaJHtf2 :04/03/11 22:55 ID:???
>788
ををっ(ぽむ。
相当呆けてますね。
ちょっと頸括ってきます。

790 :ベタ藤原 ◆RoMNjfnp0E :04/03/11 23:53 ID:???
『明と清の決戦 サルフの戦い』陸戦史普及会/原書房

 清の勃興と、明の衰退を決定付けた 『サルフの戦い』 を解説した一冊です。

 満州の地で急速に勢力を伸ばす清 (当時の国号は 『後金』 ですが) を危
険視した明は、文禄・慶長の役で活躍した古強者や、北慮征伐に功績があった勇将
達に10万の兵と十分な火砲を与え、四方から清の根拠地・興京へ侵攻する作戦を立
案します。

 それを迎え撃つ清軍に火砲は無く、兵力も、1万きっきり!

 しかし、稀代の勇将ヌルハチに率いられた清軍は、明軍諸将間の不和と、内線の
利を活かして明軍の各個撃破に成功し、勝利を手にします。


 この戦争の特徴の一つとして、火砲を十分に持った軍が、それを持たない軍に敗
れた点が挙げられるかと思います。

 世に名が通っているとは云い難いヌルハチですが、本の端々で語られる将帥ぶり
には、熱いモノを感じずにはいられません(w;



791 :名無し三等兵:04/03/13 12:07 ID:???
学生運動の、学生側の戦略・戦術・政治目的その他などを総括して知ることの出来る書籍はありませんでしょうか?
後、学生運動の歴史とその内容について・・・

792 :Lans ◆EDLansNRRQ :04/03/13 23:58 ID:???
近くの古本屋で「定本・太平洋戦争(全2巻セット)」が¥5000(元¥20000)で売られてたでつ。
これ、買いでしょうか?
(ビニール包装されてて、中確認できないんで…(汗)

793 :ミリ屋哲 ◆4EZIX.r92I :04/03/14 18:12 ID:???
近代の戦闘車両 −開発・設計・性能−
R・M・オゴルキィウィチ 著
林磐男 訳
現代工学社 刊

をget

794 :名無し三等兵:04/03/14 18:45 ID:???
>>_
書き込むついでに、何か書評しる。
他スレでなんかこのスレに紹介しようと思っていた本があったはずだがどうなのだろうか

795 :名無し三等兵:04/03/14 21:05 ID:???
>>793
その本と「タンクテクノロジー」を図書館で借りて休日出勤して、
会社でコピーしました。
(用紙が会社の物なら業務上横領になるので良い子はマネをしないように)

「戦争の本質と軍事力の諸相」石津朋之編著 彩流社 3360円税込
こちらは購入しました、内容は初心者向きでは無くある程度知識が有る人向き、
自分としては興味深い本でした。

796 :ベタ藤原 ◆RoMNjfnp0E :04/03/14 22:09 ID:???
>「タンクテクノロジー」
   ∧_∧   / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
  (・(・・)・) < だから、早く連絡とれYO! ミリ!!
  /JベタJ   \__________
  ~し―-J

797 :ミリ屋哲 ◆4EZIX.r92I :04/03/14 22:58 ID:???
>796
そんな貴重な本を、軽々しく他人に譲ろうとするなよ。

気持ちは非常にありがたいけど、さ。

798 :名無し三等兵:04/03/15 17:51 ID:???
ソ連野外教令 土居明夫 大蔵出版 (1953年)
ってどうですか?買おうかどうか迷っていて…

799 :名無し三等兵:04/03/15 18:05 ID:???
>>798
36年の教令だよね。一応、トハの縦深作戦理論に準拠してたんじゃなかったかな。
粛清でその後、骨抜きにされてるけど。
1行目が思い違いでなければ、目を通しておいて損はないと思うが。

800 :名無し三等兵:04/03/15 19:32 ID:???
「赤軍野外教令」
ここで読めますよ。

ttp://www.warbirds.jp/sudo/red_army/kyourei_index.htm

801 :名無し三等兵:04/03/15 20:03 ID:???
土居明夫って参本ロシア課長だった人か

802 :名無し三等兵:04/03/15 20:09 ID:???
>>800
そのHP、趣味はともかくとして(苦笑
歩兵操典も置いてあったりと、ちょと行く末楽しみ

803 :名無し三等兵:04/03/15 22:27 ID:???
>>795

>会社でコピーしました。
>(用紙が会社の物なら業務上横領になるので良い子はマネをしないように)

電気代とコピーのトナー代はお咎めなしなんですか。

いい会社ですね。

804 :名無し三等兵:04/03/15 22:39 ID:???
>>803
うちの会社はコピーする時はコンビニみたいな硬貨を投入しないと駄目なので、
電気代は自腹。

あとコンビニ仕様のコピー機は中古を自腹で購入してトナーなどの
コピー用紙以外の消耗品は自腹ですが。
(もちろん経費では落ちない)

805 :名無し三等兵:04/03/15 22:44 ID:???
>>804
>うちの会社はコピーする時はコンビニみたいな硬貨を投入しないと駄目なので、
>電気代は自腹。

それだとコピー用紙と電気代や消耗品も自腹に近いような…

806 :名無し三等兵:04/03/16 15:27 ID:???
松村劭氏の本の中で、特に出来がいいオススメなもの教えてください

807 :名無し三等兵:04/03/16 16:38 ID:???
>>791
あー、三一あたりの出版社であったような…。
それ系の出版社がたまに総括本(みたいなもの)を出してるけど、プロパガンダ臭がきつくて、読むの大変みたいです。
中核・革マルに限れば、立花隆が「中核VS革マル」というのを書いてますが(本の前半が学生運動の歴史とかぶる)

808 :名無し三等兵:04/03/17 18:11 ID:???
>>791
赤い嵐が超オススメ。

809 :ミリ屋哲 ◆4EZIX.r92I :04/03/17 21:05 ID:???
>775
入手しますた。これから読むところ。

810 :名無し三等兵 :04/03/18 22:48 ID:???
>806
戦術と指揮

811 :名無し三等兵:04/03/18 22:58 ID:???
芙蓉書房出版の戦略論大系7・毛沢東ようやく出るみたいですね。
(2004年3月だそうです。)

812 :127:04/03/18 23:45 ID:???
>811
今度こそ信じていいですか?

813 :名無し三等兵:04/03/19 01:40 ID:???
 ジェーピー出版の「太平洋の墓標をたずねて」を読まれた人はいますか?
軍艦の現状を全てとは言わないまでも見られれば満足なのですが、
立ち読みでちょっと見てみたところ、輸送船やら航空機やらの写真ばかりで
購入しようか悩んでます。

814 :811:04/03/19 01:46 ID:???
>>811
>今度こそ信じていいですか?
紀伊国屋書店やいくつかの書店のHPで検索してみると掲載されているので今度こそ大丈夫かと。
(まだ発売前なので在庫は無しになってますが。)

815 :ZII ◆RPvijAGt7k :04/03/19 19:00 ID:AkICQR4H
 毛沢東、札幌の旭屋書店には置いてました。給料入れば、私のもの
となる予定です。

816 :名無し三等兵:04/03/19 22:49 ID:???
京都市内で軍事関係の本と世界の艦船のバックナンバーがたくさん置いてある本屋はありますか?


817 :名無し三等兵:04/03/19 23:05 ID:???
>>811
本日、神田の書泉グランデにおいてありまたよ。

818 :名無し三等兵:04/03/19 23:10 ID:???
>>816
京都住んでるなら、大阪まで偶に買出しに出れば良いような。
気分転換と遊びをかねて。

819 :名無し三等兵:04/03/19 23:42 ID:???
>>818
一週間前に京都に引っ越してきたので京都市内にありませんかね?
大阪だとどこの本屋にありますか?

820 :名無し三等兵:04/03/20 00:29 ID:???
>815
ZII氏、札幌在住なんですか?
それはともかく、旭屋書店、札幌市内の新刊書店としては、
軍事関係が一番充実してるような気がしますね。
単に売り場が広いだけかもしれませんが。

821 :烏丸 ◆KyotoJNj4A :04/03/20 00:31 ID:???
>>819
京都駅前プラッツ近鉄内の旭屋か、四条の談(dan)の3階がいいと思います。
あとは四条のジュンク堂ぐらいかな@京都

822 :名無し三等兵:04/03/20 00:41 ID:???
>>819
まだマッピングが済んでいないその状態なら、四条あたりへ出て、
片っ端から本屋見てみる事をオススメ。ジュンク堂なりふたばなり。

大阪はここいってみんさい。模型屋ホビーランド
http://www.hobbyland.co.jp/
書籍も結構扱ってる。

823 :名無し三等兵:04/03/20 01:23 ID:???
>>821
>>822
どうもありがとう
今度見てきます

824 :ばばぼん♪ ◆gdH1Km1a0U :04/03/20 08:28 ID:???
のりもの倶楽部、移転してたのね。
http://secure.ikaros.jp/norimono/image/new_map.gif
昨日、久しぶりに6時前に退社できたんで会社の帰りに逝って、初めて知ったよ。

会社→深夜プラスワン(新刊見るだけ)→のりもの倶楽部→文鳥堂→飯田橋駅のルートで回ってたのに、
遠くなっちゃうじゃんか〜!

ヽ(`Д´)ノウァァァン


825 :名無し三等兵:04/03/20 12:16 ID:???
>>815
ならば俺が阻止行動を……無理ぽ

826 :名無し三等兵:04/03/20 13:47 ID:???
歴史群像太平洋戦史シリーズを古本で揃えようと走り回るも
なかなか置いてない


827 :ZII ◆RPvijAGt7k :04/03/20 15:11 ID:3ayTu4Vi
 歴史群像シリーズって、既に品切れのもあるんですよ。
 新刊でフルコンプは無理なので、私も古本屋をのぞいてます。

828 :名無し三等兵:04/03/20 15:39 ID:RVe7cGCk
光人社だったと思うのですが今年に入って出版された地政学の本の
題名知っている人いますか?
買いにいったらもう置いて無かったので、本は再生紙を使ったような本でした。

それとオーム社から中国の宇宙技術と有人飛行の本がシリーズ4冊で出ています。
http://www.ohmsha.co.jp/information/st/shin-syu/index.htm
学習参考書の棚にあったので今まで気づきませんでした。


829 :名無し三等兵:04/03/20 16:03 ID:kvKlFf5h
光人社のサイトにそれらしいものはなかった。
再生紙でそれらしいものは光文社のペーパーバックス。
「イラク戦争、日本の分け前」あたりだが
これは地政学というよりはかつてのFSX本みたいなものだしな。
もしくは去年の年末に出た「戦略思想ナビゲーション 世界地図の切り取り方」

830 :名無し三等兵:04/03/20 18:53 ID:???
学研サイトによると、以下の巻は在庫切れだとか

歴史群像太平洋戦史シリーズ
ミッドウェー海戦
ラバウル航空戦
水雷戦隊2 陽炎型駆逐艦
大和型戦艦2
金剛型戦艦

歴史群像欧州戦史シリーズ
西方電撃戦
英独航空戦
アルデンヌ攻勢
ドイツ装甲部隊全史3

831 :名無し三等兵:04/03/20 19:01 ID:???
水雷戦隊2 陽炎型駆逐艦
大和型戦艦2
金剛型戦艦

は書店には在庫あり

832 :名無し三等兵:04/03/20 22:05 ID:???
国際情勢板で見かけた奴だけどこれかしら
>>828
ttp://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4334933254/ref=ase_fukkishien-22/250-7873084-4601000
こちらは出版社が違いますしね
ttp://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4772704019/ref=ase_fukkishien-22/250-7873084-4601000

>>830
むー、面倒でドイツ装甲部隊全史と赤軍史は買っていなかったがこんなことになっているとは・・・

833 :CCIA ◆vvx6VMwMl. :04/03/20 22:58 ID:???
ながれの辞典 (丸善) 神部勉(編)
ISBN4-621-07381-9

とにかく流れるものの辞典です
よくまあ集めたなという感じなので、本棚に隙間がある方はどうぞ
かたちの辞典というのもあるらしけど、まだ読んでないのでこれだけ推薦

834 :眠い人 ◆gQikaJHtf2 :04/03/20 23:05 ID:???
本日は新書他。

KOEIの航空機名鑑(1939〜45)
これの改訂版が出ました。
解説に関しては、少なくとも誤植は直っています。
カラーガイドの一部が削除され、代わりに機体側面塗装図に差し替え、また現存航空機の写真に加え、
機関銃、エンジンなどの写真も追加されています。
既存のものを持っている人は微妙でしょうか。

後は文庫1冊、新書4冊。

文庫は、横井勝彦著「アジアの海の大英帝国−19世紀海洋支配の構図−」(講談社学術文庫)

1988年に同文舘出版から出版された単行本の文庫化。
19世紀中期に於ける、英国の造船業の発達と海軍、そして海運の発達がどのように英国の勢力
伸張に寄与したかを述べた好著。
前の「オスマン帝国の近代と海軍」などと見比べるのも一興かも。

次いで、黒野耐著「参謀本部と陸軍大学校」(講談社現代新書)

筆者は、「帝国国防方針の研究」「日本を滅ぼした国防方針」を著した人で、陸自出身の幹部。
明治期から昭和期に至る参謀本部の経緯を縦糸に、その人材育成を担う幹部教育機関の
迷走を横糸にして日本陸軍を語っている。
一連の著作の延長線上にあるけど、一種の指導者論になっている。

835 :眠い人 ◆gQikaJHtf2 :04/03/20 23:21 ID:???
後は、サイドストーリー的なもの。

深田祐介著「大東亜会議の真実−アジアの解放と独立を目指して−」(PHP新書)

筆者が昔、文春文庫から出版した「黎明の世紀−大東亜会議の主役たち−」の
大幅加筆訂正版らしい。
所謂、春めいたコヴァさんたちが好みそうな本ではある。
読み物としては面白いけどね〜、限度があると思う訳で。

牛村圭著「「勝者の裁き」に向き合って−東京裁判を読み直す」(ちくま新書)

東京裁判に於ける、重光葵元外相の起訴から判決までの経緯を、その著書、
「巣鴨日記」を元に検察・弁護双方の動き、重光本人の述懐などを含め読み
込んだもの。
そもそも、「勝者の裁き」とは何か、から始まって、多角的な視点から、東京
裁判を問い直そう、としている様に思われる。

後一冊は、武光誠著「海外貿易から読む戦国時代」(PHP新書)だけど、これについては割愛。

836 :名無し三等兵:04/03/21 00:02 ID:???
重光本なのかー 読んでみたいな

837 :名無し三等兵:04/03/21 00:27 ID:???
>>833
宣伝?

838 :828:04/03/21 00:50 ID:???
いろいろと情報ありがとうございます。
「世界地図」の切り取り方 光文社ペーパーバックス
多分これです。
光文社でした。てっきり光人社と思っていました。

839 :名無し三等兵:04/03/21 02:15 ID:???
>>837
たまには技術系の本も読もうよ
スレ的に問題ないと思う

840 :名無し三等兵:04/03/21 07:21 ID:???
「たまには」なんてずいぶん相手を馬鹿にした言い方だな

841 :名無し三等兵:04/03/21 16:00 ID:???
何かいやなことでもあったか?>>840

842 :名無し三等兵:04/03/21 18:07 ID:hIPmodFu
蛇の目試作機本 "British Experimental Turbojet Aircraft" を購入しました。

【タイトル】British Experimental Turbojet Aircraft
【シリーズ】
【著  者】Barry Jones (著)
【発  行】Crowood Press http://www.crowoodpress.co.uk/780/index.asp
【発行年月】2003/10/31
【ページ数】176頁
【判  型】ハードカバー サイズ(mm): 280x218
【定  価】£29.95 ¥5,165 http://www.amazon.co.jp/
【ISBN】 1861266219
【種  別】航空史
【分  野】イギリス試作機
【内  容】開発史、実機写真、三面図、カラー塗装図
【コメント】
イギリスで開発された、実験機、試作機を第二次大戦中の1941年から戦後の1964年
まで、年代順に豊富な写真、図版で取り上げた本です。似た様な内容の本なら20年
位前に"ARGUS BOOKS"から"British Experimental Jet Aircraft"が刊行されていた
ので、改訂再版かと思ったら別物でした。掲載機種はイギリス最初のジェット機、
グロスターE.28/39から、1960年代に開発されたステンレス鋼製の駄っ作機ブリス
トルT-188に至るまで計26機種、実機が製作され飛行した機種だけで実機が完成
しなかった機種、計画機は殆ど載っていません。各機当りの記事は写真と図版を
含み8〜10頁、カラー三面図も掲載されています。図面の縮尺は残念ながら統一
されず、平面図は上面だけで下面は掲載されていません。
 イギリス試作機中で最も人気の高いTSR.2の記事は6頁だけ、しかも図面も
載っていません。本書の掲載機種は1964年で終わっているので、もしかすると続刊
が刊行されてTSR.2が載るのかも知れません。本書はイギリス試作機ファンで
"British Experimental Jet Aircraft"を持ってない方にお勧めしますが、今まで
掲載され無かった写真も載っているので、既に類書をお持ちの方にもお勧めです。


843 :名無し三等兵:04/03/21 18:39 ID:???
岡部駄作氏

844 :名無し三等兵:04/03/22 11:34 ID:???
>795 「戦争の本質と軍事力の諸相」おもしろいな。新奇な情報はない
が、それだけに考えが練りこまれていて、啓発されることが多い。

845 :名無し三等兵:04/03/22 12:29 ID:zer8r2ku
>844
石津朋之って、戦略論大系のリデルハートを担当した人だろ。
防大の人で、軍事史学会員。

どんな内容の本なの?

846 :名無し三等兵:04/03/22 17:05 ID:???
航空ファンにレビューが乗ってたヤーボの本
AMAZON.USでも検索にかからない・・・何故?

847 :名無し三等兵:04/03/22 19:37 ID:???
>845
内容は複数人の論文集で、防衛大学校ではなく防衛研究所の人
が中心。

巻頭は石津による「戦争の起源と本質をめぐる試論」
戦争は政治の延長、手段だというクラウゼヴィッツ説に噛み付き、
利益計算で説明できる戦争があまりに少ないと言う。最近の他の
社会科学の成果を消化して論じている。

これともう一つ、「軍事力の有用性」というのが「本質」に関する論
文で、残りはもう少し具体的な、核、非通常戦とかの話になる。全
部で10本。うちRMAが3本。各論文相互のつながりはなし。

848 :845:04/03/23 00:35 ID:???
>847
レスサンクス。
クラウゼヴィッツに噛み付いたのか。おもしろそうだな。


849 :名無し三等兵:04/03/23 18:42 ID:???
とりあえず孫氏を全部頭にインストールしてみますた。
まだ変化はないようです。

850 :名無し三等兵:04/03/23 20:09 ID:???
孫氏というと、Yahooのアレかいな。

851 :名無し三等兵:04/03/23 20:34 ID:???
原書房「世界戦争史」伊藤政之助
全十巻+別冊の詳細ってわかる人います?
西洋最近編とか近古編とかしかネットではわからなくて、
具体的にどのあたりの戦争を扱っているのか知りたいのです
7巻がナポレオン戦争ということはわかるので、
5、6巻の西洋近古編1、2と別冊の内容を知りたいのです

852 :名無し三等兵:04/03/23 22:13 ID:???
旧かなづかいの本かい?
復刊ドットこむの特集原書房とかをチェックしてはどう?
ていうか投票してね。

イタリア統一を少し読んだことがある。
定価は各9000円。
古代、中世、近古、近世、最近 各2冊づつ。別冊は戦争史年表。

853 :名無し三等兵:04/03/23 22:18 ID:???
全然詳細じゃないじゃん

854 :852:04/03/23 22:34 ID:???
明日か明後日か確認しに行って書き込もうと思ったけどもういいや

855 :853:04/03/23 23:39 ID:???
 .    /ヘミミミ/  ``'ー-.、,ヽ丶)ヽ、
  、. レ"ヾヘミミ/        ヽソノ;、ヾi
  _ヽlヾミミミン  -zュ、、     ´ ';ソ:|
  i A;ヽミミゾ   ,__゙ヾヽ       |ノ!
  | | iミミソ     ヽィ;:i゙! `   ,,,,,,,__  |/
  | ヽiミソ        `   /,,,,,_~`ヽ/
  ゙iー:ソ           ,、-'  |ヽ,r;_i /
 ノソ         ` = _, |   ./
.  "!      ,.r===;-、, ` '′  ,'
  ハ.      / ヽ、  ヽ,)   ノ
,r'イ ',     l!、   ゙i ./   ,.'
. i |  ',      iゝヽ..ノ,イ   /   >>854すっこんろ!
. !│ ヽ    ゝ.二 '´ /.│
. ! |   ヽ      /   !、
. | |     >‐‐ァ"     | \
 | |  ,、r'" ,、r''"      /   \


856 :名無し三等兵:04/03/23 23:46 ID:???
じゃフォローでご希望の近古編を

第一篇 イタリア戦争
第二篇 宗教改革戦争
第三篇 オランダ独立戦争
第四篇 三十年戦争
第五篇 イギリスの勃興 (薔薇戦争から英蘭海戦まで)
第六篇 フランスの勃興 (ルイ14、15世時代の戦争)
第七篇 北方戦争
第八篇 七年戦争
第九篇 ポーランド滅亡戦争 (ビアスト朝、選挙王制時代、からポーランド分割まで)
第十篇 植民地戦争 (スペインのインカ征服から、英仏蘭の植民地での戦争)
第十一篇 アメリカ独立戦争

もともと>852氏の書いているように原書の「戦争史」は
陸軍将校の伊藤政之助が昭和11年から17年にかけて
出版した本で、一部、研究が古かったり、各篇の末尾の
興亡評論など解説が戦前の歴史観まるだしだったりするので、
訂正したり、注をくわえながら年表にしたのが別冊。

ただ、戦前の研究とはいえ、古代エジプトから(原書では)支那事変まで
戦争に関して系統立てて表や図などを用いつつ
近古編ではポーランド選挙王制時代の対トルコ戦争みたいな
マイナーな戦いまで解説した本は和書ではそう無いので、
図書館などで読んでみるにはおすすめ。

857 :名無し三等兵:04/03/24 10:03 ID:???
AAまで貼って煽りを入れるのはやめないか。
荒れる原因になるから。

858 :名無し三等兵:04/03/24 16:34 ID:???
>852
近所の本屋で一冊千円で売ってたから高校のときわけも分からず買った。まだ読んでない。

859 :851:04/03/24 18:44 ID:???
>852>856
どうもありがとうございます。
三十年戦争と、ルイ十四世と、七年戦争と、入っていて欲しかったものが全部ありました。
今度読んでみます。

860 :名無し三等兵:04/03/24 22:07 ID:ENY0qv51
伊藤陸軍少将は、戦後まも亡くなられたんでしたっけ。

861 :名無し三等兵:04/03/24 22:09 ID:ENY0qv51
戦後まもなく、亡くなられたんでしたっけ。
でした、すいません。

862 :名無し三等兵:04/03/25 15:19 ID:???
ww2のイタリア戦線本ってないもんかね?

グラフィックアクションとか色々集めてみたが、
まとまった解説のついた本はやっぱり少ないし。

863 :名無し三等兵:04/03/25 20:02 ID:???
>791 :名無し三等兵 :04/03/13 12:07 ID:???
>学生運動の、学生側の戦略・戦術・政治目的その他などを総括して知ることの出来る書籍はありませんでしょうか?
>後、学生運動の歴史とその内容について・・・

>808 :名無し三等兵 :04/03/17 18:11 ID:???
>>>791
>赤い嵐が超オススメ。

「赤い嵐」だとそれらしき本が見つからないのですが、これは「赤い雪」の間違いでしょうか?
「赤い雪」だとそれらしい内容なのですが…。


864 :名無し三等兵:04/03/25 20:08 ID:???
>>863
赤い嵐↓

ttp://hobby3.2ch.net/test/read.cgi/army/1053703167/

865 :ミリ屋哲 ◆4EZIX.r92I :04/03/27 18:51 ID:???
本日購入の本

進め!タンクボーイズ  最後の陸上自衛隊機甲生徒たち
吉田敬三 著
光人社 刊

機甲科職種の自衛隊生徒で最後の期となった44期生の中期教育(富士学校での
約9ヶ月)のドキュメンタリー。筆者も機甲生徒22期生だけあって、かなり読める
内容になっている。お薦め。


帰ってきた二式大艇  海上自衛隊飛行艇開発物語
碇義朗 著
光人社 刊

US−1開発に関するドキュメンタリー。所謂「プロジェクトXもの」だね。筆者は
説明の必要ないだろう。開発秘話とかが随所にちりばめられていて良書。


で、この2冊と一緒に買ってきたのが

ドクタープリンセス1
荻野眞弓 著
竹書房 刊

辣韮の皮3
安倍川キネコ 著
ワニブックス 刊

なのはどういう訳なのか説明しなさい。先生怒らないから。

866 :名無し三等兵:04/03/27 19:03 ID:???
自衛隊生徒って機甲科入れなくなっちゃったんですか!?

867 :名無し三等兵:04/03/27 19:54 ID:???
世界地図の切り取りかた読了。
うーん。地政学入門ならいいかもしれんがあんまり面白くなかったなぁ
今中公新書の「地政学入門」読んでるがこっちは中々面白い。
まっきんだーやハウスフォーファーの地政学を当時おかれていた状況とかも説明しながら書いてる感じ

868 :名無し三等兵:04/03/27 20:33 ID:???
「助言は一つ。穴を沢山掘って、棺桶を沢山作って、神に祈っとけ」

アルフレッド・クロスビー 「史上最悪のインフルエンザ」(みすず書房)より。
WWI末期に全世界を席巻し、推定4000万人、それも20〜30歳の青年層を抹殺したスパニッシュ・インフルエンザの実態を解明する書。
兵員輸送船に蔓延し、看護要員を含めた全員が倒れた疫病船と化したり、師団がインフルエンザで戦闘不能になったり、海軍艦船が出航不能になったりといった惨状の描写が凄い。
まして、銃後にいたっては・・・
1975年の本で、長らく読みたかったが、まあ何とも絶妙なwタイミングでこの程出版。是非一読をお勧めしたい。

869 :名無し三等兵:04/03/27 22:00 ID:???
>>868
これ関連の、ディスカバリーch.でみたよ。
くらくらするほどの勢いで人が死んでいってたヨ。

870 :眠い人 ◆gQikaJHtf2 :04/03/27 22:14 ID:???
ミリ屋哲殿程ではないが、本日購入の本。

まずはお馴染み光人社NF文庫より。

大内建二著「間に合わなかった軍用機−知られざる第二次大戦傑作機」

一応、タラレバ書の一つにはなるかもしれないが、そんなに不真面目な本ではなく、
もう少し戦争が長ければ登場、または本格的に使用されていたであろう機体の開発
経緯、その後の活躍(しなかったものもあるが)を取り上げている。
従来から解説されているものもあるが、新たな資料によって判明したものも書いており、
それなりに良心的な本と言えるでしょう。

光人社は他に、「憲兵よもやま話」「彗星特攻隊」の二冊が出ています。
前者は、憲兵の世界を描いたものとしてお薦めかも知れません。

続いてKKベストセラーズ刊

原勝洋著「真相・カミカゼ特攻−必死必中の300日」

米国側資料、写真記録を丹念に収集し、特別攻撃隊の全容を描き出そうとしたもの。
100ページ以上が連合国艦船に突入するカミカゼの姿、その被害状況の写真になっている。
後半はその特別攻撃隊の構想、乗員の処遇などに軽く触れており、以後は日毎の突入兵士の
氏名、階級、戦果をひたすら羅列しているが、他に被害艦の報告が中に挿入されている場合が
ある。
総じて、淡々とした感じの本であるが、毎日続く突入者の氏名はこれでもか、と言う形で迫ってくる
ものがある。

871 :眠い人 ◆gQikaJHtf2 :04/03/27 22:25 ID:???
>868
うちの曾祖父は、1920年代のHamburgで、頼まれて彼の国の人々にインフルエンザの
予防接種を無給で引き受けていたそうでつ。
今思うと、無茶苦茶危ないことをしていたのですが…。
ついでに、祖父の異母弟はそれで亡くなりますた。

先日、購入した、「「勝者の裁き」に向き合って−東京裁判を読み直す」が面白かったので、
重光葵著「昭和の動乱(上・下)(中公文庫)を購入。

巣鴨での受刑中に獄中で書いた原稿で、自らの体験を振り返って、それを日本の来し方に
当て嵌めた日本の外交面から見た現代史。
筆者の当事者でありながら、冷静な視点からの記述が素晴らしいと思う。

後、山川出版社刊 橋谷弘著「帝国日本と植民地都市」

日本が作り上げた植民地、そして、そこに作り上げた都市の形成過程を取り上げたもの。
建築史、都市計画論なんかもあって結構ユニークな研究。
特に、日本の植民地都市には絶対作られる装置として、神社と遊郭の存在なんて全然、
気が付かなかったり。

872 :名無し三等兵:04/03/27 23:44 ID:???
>871
げ、「昭和の動乱」まだ読んでなかったな。

東京裁判と言えば、同じBIBLIOの「秘録東京裁判」は読まれましたか?
東条英機の主任弁護人だった清瀬一郎のやつ。

873 :ZII ◆RPvijAGt7k :04/03/29 22:41 ID:QKeT2Qal
 ふふふ、芙蓉書房の戦略論大系全7巻一挙ゲットしました。
 読み終わるのは…1年後かも(泣

874 :トルエン大尉:04/03/29 22:48 ID:???
>>873
提督すごいなぁ・・・
オイラはやっとパンツァータクティックを買えたのに・・・

875 :兄妹:04/03/29 22:54 ID:???
>>873
次はチャンドラーの「ナポレオン戦争」全5巻一挙ゲットですね。
がんばってください。で10年後には戦史叢書改訂版全106巻一挙ゲットか。
私の夢はHistory of Brithish Army全10巻一挙ゲットですが、
当分無理でしょうね。

876 :ZII ◆RPvijAGt7k :04/03/29 23:05 ID:QKeT2Qal
 よ、洋書は御勘弁を…
 戦史叢書は、5割増しぐらいになって、ロムも付くんですよね。
 月刊として、12年余かかる計算ですね。壮大ですな。

877 :ベタ藤原 ◆RoMNjfnp0E :04/03/29 23:37 ID:???
>>876
>戦史叢書
 最終巻が出る前に、漏れは死ぬな(w

「日本陸軍『戦訓』の研究」 白井明雄 著 ★★★★☆
 上の方でミリが買ってた『「戦訓報」集成』が生の資料なら、こちらはそれを基に
した研究書です。
 太平洋戦争の個々の戦闘で、日本陸軍はどんな戦訓を得て、どのような新しい戦
術を生み出したか? その得た戦訓に問題はなかったか? を問う本となっており、
お勧めかと思います。

878 :名無し三等兵:04/03/30 00:21 ID:???
>>876
週刊 戦史叢書 デアゴスティーニから発売
第一回はバインダー付

879 :名無し三等兵:04/03/30 01:20 ID:???
チャンドラーの「ナポレオン戦争」五巻セットってもう出たの?
戦況図単品販売ともども、延びまくってるんじゃないか?

880 :名無し三等兵:04/03/30 02:49 ID:???
「ナポレオンの戦争」って、版元に直接セット注文すれば、1万円引きになったような。
漏れはバラで全巻買っちゃったけど。

881 :名無し三等兵:04/03/30 20:01 ID:???
>>879
きんたま小さいな、お前。


882 :名無し三等兵:04/03/30 20:25 ID:???
>881
お前のケツの穴よりはましだな

883 :名無し三等兵:04/03/30 20:39 ID:???
原書房の出してるコンバットバイブルも悪くないなぁ

884 :名無し三等兵:04/03/30 21:02 ID:???
俺の尻の穴はしまり具合がいいと評判だが。

885 :名無し三等兵:04/03/30 21:48 ID:???
>884
それで気の利いたことを書いたつもりか?
おめでたいヤツ

886 :名無し三等兵:04/03/30 22:19 ID:???
べつに〜。

>>879>>884はメール欄に「文盲」という侮蔑的な言葉を平然と
書ける狭量な人間をまぜっかえしてみたかっただけですわ。
それだけ〜。

887 :名無し三等兵:04/03/30 22:33 ID:???
>886
レス番ずれてるよ
スルーできないお前に人を「狭量」呼ばわりできるとは思えんな
そっくりそのまま返せる
程度が知れたから、こちらは以後スルーする

888 :名無し三等兵:04/03/30 23:17 ID:???
まさに。
目糞鼻糞を笑うってやつでさ。

889 :名無し三等兵:04/03/30 23:24 ID:???
 
お二人さん、ここは書評スレだ
 

890 :名無し三等兵:04/03/31 00:06 ID:???
失礼。

それではご指導を承りたく。

危機管理に備えた組織作りを専門に扱った書籍をどなたか
ご存じないですか?
佐々氏の危機管理ハウツー本等は読んだのですが、個々の
トピックや組織内での個人にはフォーカスが当たっていたとは
思うのですが、組織全体で危機管理を考えるという視点では
深い議論がなかったように思えるのです。

どなたかよろしく。できれば軍事組織との対比があるものを。


891 :名無し三等兵:04/04/02 17:07 ID:???
>890 古本屋で100円山積みのワゴンを探せ。求めるものはそこにある。
わしゃ急に眠くなった。寝よう。

892 :名無し三等兵:04/04/03 00:36 ID:snU8S/FF
Valkyrie: North American's Mach 3 Superbomber
Dennis R. Jenkins (著), Tony R. Landis (著)
U.S. 定価: $39.95
定価: ¥4,479 (税込)ハードカバー: 240 p ; サイズ(cm):
出版社: Specialty Press Publishers & Wholesalers ;
ISBN: 1580070728 ; (2004/09)
 一昔前と違いXB-70バルキリーの資料は数多く刊行され、既に"Specialty Press"
はモノグラフシリーズ"WarbirdTech"Vol. 34で"NORTH AMERICAN VALKYRIE XB-70"
を刊行していますが、本書はXB-70初のハードカバー本です。"Specialty Press"は
コンベアB-36やノースアメリカンX-15の写真や図版等が多数掲載された、ハード
カバー本を刊行しているので、本書も同様の装丁となるでしょう。XB-70の写真等
は既に出尽くした感が有りますが、ページ数が多い分だけ未発表資料も期待出来そ
うです。

893 :名無し三等兵:04/04/03 00:54 ID:snU8S/FF
British Secret Projects 3: Fighters and Bombers 1935-1950
Tony Buttler (著)
U.S. 定価: $39.95
定価: ¥4,479 (税込) ハードカバー: 192 p ; サイズ(cm):
出版社: Midland Publishing, Ltd. ; ISBN: 1857801792 ; (2004/09)
 Tony Butler氏のイギリス試作機本"British Secret Projects"の新刊です。
第二次大戦後1950年代以降のイギリス軍用機開発史の本なら、戦闘機編
"Jet Fighters Since 1950"と爆撃機編"Jet Bombers Since 1949"が刊行されてい
ますが、この2冊には1950年代以前は記載されていませんでした。第二次大戦中の
試作機、計画機の本は既に数多く刊行されており一番多いのはドイツ機ですが、
不思議な事に第二次大戦中のイギリス試作機だけ載った本は皆無です。イギリス機
は駄っ作機の宝庫なので、未発表資料も期待出来そうです。


894 :名無し三等兵:04/04/03 01:44 ID:???
「中東戦争全史」田上四郎著(原書房) ってどうですか。
近くの古書店で\1000で売ってるんだけど。

895 :名無し三等兵:04/04/03 03:36 ID:???
「Fighting Force 世界の陸軍軍事力データファイル」新紀元社 ¥3600
内容は良かったんだけど、装備と部隊の「火力」の所の色分け
優秀、平均、不十分に分けられてるけど、何に対してなんだろうか?
軍の規模に対する量なのか、錬度、性能なのか、それともそれらを
総合したものなのか?
空挺装備、装甲車両、歩兵装備、砲兵装備、ミサイルと分かれているのに
全部評価はおなじ。
日本の陸自が全部不十分と評価されてるのを見ると
うーむ

896 :名無し三等兵:04/04/03 08:32 ID:bK8zs07f
>>894
学研M文庫になってなかったっけ?それとも同タイトルの別物かなあ?

897 :名無し三等兵:04/04/03 09:11 ID:???
>896
著者が違いますから、別物みたいですね
自分も内容は知りませんが

898 :眠い人 ◆gQikaJHtf2 :04/04/03 10:12 ID:???
>896
別物ですね。
巻末の参考文献に、>894の書名も掲載されています。
1981年発行ですから、第四次中東戦争辺りまでを取り扱っていたのではなかった
かなと記憶していますが、記憶は曖昧です。

899 :名無し三等兵:04/04/03 14:22 ID:4Z4IVO+C
http://www.bk1.jp/0018/00185180.html

900 :名無し三等兵:04/04/03 14:22 ID:4Z4IVO+C
900

901 :名無し三等兵:04/04/03 14:46 ID:???
>>895
日本より規模の小さいイギリス軍が優秀となっているとこを見れば、規模や性能ではないだろう。
多分、戦略上に求められる陸軍力をもとに決めているのでしょう。

902 :補給戦:04/04/03 17:35 ID:???
http://www.bk1.jp/0018/00185180.html

903 :名無し三等兵:04/04/03 18:18 ID:???
軍事板の皆様に是非お聞きしたい事があります。
前にテレビでアルカイダのマニュアルが公開された
と見た事があります。
これはテロや諜報活動を仕掛ける側の視点からかかれた
モノであるに違いないのでまたとない情報機関の勉強に
なると私は思います。
だけど入手方法がわかりません。
このマニュアルをどうやって手に入れたらよいのでしょうか。
入手された方がいたら是非教えてもらいたいのです。

904 :名無し三等兵:04/04/03 19:01 ID:???
>>890
軍事評論家の人がロサンジェルス大地震の後に
その時のサンフランシスコかどこかのマニュアルを
部分抜粋した本を出して、自分は買っているんだけど
今どのダンボールに入っているかわかんない。
イカロス出版からJレスキューという消防雑誌が出版されている。
ほんの2〜3ページだけど組織構成も一応書いてある。
http://secure.ikaros.jp/sales/list.asp?cat=&mag=RS&txtPageSize=20
情報セキュリティ技術大全
http://bookweb2.kinokuniya.co.jp/guest/cgi-bin/wshosea.cgi?W-NIPS=9976143397
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4822281426/qid%3D1080984598/250-3028924-4880218
この書籍はコンピュータエンジニア関連の書籍だけどいろいろと情報が載ってる。
18pから23pにミグ インザミドル攻撃の話題がある。
9章に銀行、10章に監視システム、11章に核の指揮統制、15章に
電磁輻射セキュリティ、16章に電子情報戦、21章に情報セキュリティ政策
巻末に823もの参考文献の情報がある。これから目的とする情報に
遡っていくか?内容はアマゾンのレビューとかを参考にしてくれ。

ネットワーク関連の書籍だと執筆されたり翻訳されたりしているけど
警察、消防、軍事関連でそういった本はあるのだろうけど
それに詳しい人物が2ちゃんねるに来ていないかも。
電話関連、警察関連はほとんど書籍がなくて洋書に頼らざるを
得ないけど、どこにそういう書籍あるのかという情報すら見つけるのが
困難。電話関連は古い部分の情報は出ているのだが。

890さんはどの分野の人?行政、会社、警察、消防、軍事、それとも
俺と同じでこういうのが大好きな趣味な人??

905 :名無し三等兵:04/04/03 20:53 ID:???
>902
以前イーエスブックスでも注文できた
でも出版社在庫切れ
たぶんこれもそうでしょ

906 :名無し三等兵:04/04/03 22:24 ID:???
>>904
サンクス。買ってみます。

一応ネット系技術者ですが、最近は社内の行政的な仕事もしてます。
上のほうから危機管理危機管理と声だけはうるさいのですが、組織が
ないうえに、誰もやる気と知識がないので何も変わりません。ですので、
まずは基礎知識だけはつけておこうかと。
多謝!

907 :名無し三等兵:04/04/04 00:01 ID:???
>>894
それは購入すべきと思います。

908 :名無し三等兵:04/04/04 01:30 ID:???
戦時中一斉にネットワークが停止状態になったら、どういった被害を受けるのかな・・・

909 :名無し三等兵:04/04/04 02:15 ID:???
>>896-898 >>907
ども。 で買って参りました。
A5版ハードカバー全552ページ、田上氏の肩書きは「防衛研修所所員」となっております。
まだぱらっとしか見ておりませんが、第一〜四次の戦争の作戦解説や兵器、編制の紹介は勿論のこと、
そこにいたる歴史的背景や中東を取り囲む大国の政戦略、抑止など付いても解説されているようです。
それからエジプト、イスラエル両側の中東戦争に関する軍事論文も掲載されています。

因みに、直接は関係ないですが最後のページの原書房の出版広告の中に>>902もあります。

910 :904:04/04/04 03:55 ID:???
>>906
わお 買っちゃうの?できるなら本屋さんで内容確認してね。
これ高いし、理論に重きを置いた書籍で途中途中に出てくる
数式概念とか多岐に渡っているのでむずい!!
一つの章の最後には研究課題なんてもんがついてるよ!!

911 :名無し三等兵:04/04/04 08:51 ID:???
「火器弾薬技術ハンドブック」買った人います?
防衛技術ジャーナル4月号に正誤表がついてますよ。


912 :名無し三等兵:04/04/04 18:50 ID:???
正誤表はあとから郵送されてきたぞ。

913 :名無し三等兵:04/04/04 19:55 ID:???
>>903
http://cryptome.quintessenz.org/mirror/alq-terr-man.htm
これのこと?

914 :名無し三等兵:04/04/04 20:35 ID:???
「日本標的!テロ誘拐ビジネスの真実国際テロ誘拐の実際と対策」
大泉光一著 光人社1680円(税込)
書名の通りテロと誘拐について書かれた本、
それ程目新しい内容では無かった。

当たり前何だがスペインの列車テロ事件以前に書かれたので、
内容が一部陳腐しているのが残念。

「メルカバ主力戦車MKs 1/2/3」
サム・カッツ著 山野治夫訳 大日本絵画 1365円(税込)
メルカバでご飯が3杯食えるメルカバマニアとしてはありがたい本です、
日本語の本でメルカバの本は、ほとんど無く洋書位しか無いですからね。

「北朝鮮工作船がわかる本」
海上治安研究会編 成山堂書店 1470円(税込)
この本は朝日新聞や読売新聞の1面の下部の書籍広告に載っていたので、
知っている人も多いですが、工作船について知りたいならお勧めの本、
工作船に興味がある人ならどうぞ、
ちなみにこの本の印税は工作船の保存の募金に寄付されるので、
工作船を保存した方が良いと思う人は必ず買いましょう。

915 :イスラエル国防相 ◆3RWR.afkME :04/04/04 20:54 ID:???
>>896
学研M文庫の「中東戦争全史」の著者は山崎雅弘氏です。620円也。
こちらはエンタメ寄りかなあ。
読みやすいですが、逆にそれなりのことしか書いてありません。マニアにはちと足りないか。


ところで先日、古本屋漁りの収穫を調べていたら、
広河隆一の本が2冊もあってガタガタ(AA略
著者のところ見ないで買うから…

でも中身は(ところどころ香ばしい文章が散見されるものの)意外と読めるものでした。

916 :名無し三等兵:04/04/08 11:29 ID:nN6adFiB
age

917 :名無し三等兵:04/04/08 18:19 ID:???
待ちきれずにpanzer taktik を原書で買ってしまった・・・
おかげでいつまでたっても邦訳本を買う気が起きん。

918 :名無し三等兵:04/04/10 16:55 ID:???
漏れは買った原書読まないうちに
邦訳が出てしまいました…

919 :眠い人 ◆gQikaJHtf2 :04/04/10 17:35 ID:???
>872
清瀬一郎のは買って積ん読状態でつ。
「「勝者の裁き」に向き合って」を読んでいる限り、重光はファーネスや外務省出身の弁護人には
絶大な信頼を置いていた反面、他の日本人弁護人については余り良い評価を下していないような
気がしますね。
陸軍の他の被告の法廷戦術なんかを見て、「アフォか馬鹿か」という感じの記述もありますし。

でもって、今日購入の本で、某スレと少し被るけど。

KOEI「ビジュアルガイド WWII戦車2 東部戦線」

一年位前に、1が出てから、なかなか出て来なかった続編が漸く登場。
独ソ戦をメインに、そこで戦った全軍の戦歴や装備を取り上げたもので、独ソでも、急造戦車などの
珍品まで取り上げたりしているし、独ソ以外でもフィンランド、スロヴァキア、ハンガリー、ルーマニア、
イタリア、ブルガリア、ユーゴスラヴィア(クロアティア)を取り上げている。
滅多に出て来ない、ハンガリーの国産車輌なんかも取り上げられており、なかなか資料的価値は高し。

オスプレイ軍用機シリーズ44 「クロアチア空軍のメッサーシュミットBf-109エース」

まさか出るまいと思っていた本が出るほど衝撃的なものはない。
ユーゴスラヴィア空軍前史からクロアチア空軍の設立、戦歴、装備機などの解説を戦闘機部隊中心に
追ったもの。
エースの一覧も例によって巻末に掲載されているが、色々は波瀾万丈な生涯を送った人も多い。
ちなみに、次回は「第二次大戦のルーマニア空軍エース」だそうな。

920 :眠い人 ◆gQikaJHtf2 :04/04/10 17:36 ID:???
学研 歴史群像太平洋戦史シリーズ 「帝国海軍 真実の艦艇史」

トンデモ本かどうかは、きちっと読んでいないので何とも言えないが、一応旧海軍の艦艇史で、
通説とされているものを、綿密な研究の末、実はこうだったと言う説を紹介したものである。
評価に関してはちょっと保留。
ただ、須磨とか哨戒艇102号の様に、従来余り光が当たっていなかった部分に目を向けたのは
新しい試みだと思う。

新人物往来社 「別冊歴史読本 戦車機甲部隊」

日本の戦車戦史を縦糸に、その装備の変遷を追ったもので、最後に簡単ではあるが、戦後戦車の
開発にも触れられている。
ただ、司馬氏のヤスリで云々の話は残念ながら無し。

中公新書ラクレ 長谷川公昭著 「世界ファシスト列伝」

著者は欧州現代史を専門に研究している人で、独仏関係のファシストやその時代に関する著作も
多い。
本書は、その時代に台頭したMussolini、Hitlerと言った有名所から、場末で野垂れ死んだ米国の
ファシストに至る各国のファシズムを信奉した人々のエピソードと各国ファシズムの歴史を描いて
おり、ファシズムに関する研究をしようという人の入門書的なものと言える。

最後に、文庫五冊の紹介。

キャパの伝記については、>787で取り上げたが、その続編が文春文庫から、二分冊目で、「キャパ
その戦い」として出版された。
この本は、Spain戦争末期からアンツィオ上陸作戦までのキャパの動きを追った本。
次月辺り、完結で、「キャパ その死」というのになるらしい。

921 :眠い人 ◆gQikaJHtf2 :04/04/10 17:37 ID:???
中西輝政(PHP文庫)「大英帝国衰亡史」

衰亡史と銘打っているが、大英帝国の興隆からその衰亡を描いた力作。
今回の文庫版は97年に出版された単行本に加筆、訂正を加えた本である。
スペインのアルマダとの戦闘、ハルツームの悲劇、ボーア戦争と言った英国の
絶頂期を築いた各時代の戦争から、第一次大戦の塹壕戦、アラブとユダヤへの
二枚舌外交が招いた悲劇、そして止めのスエズ動乱を搦めて、その衰亡の過程
を描いている。

内田百閨@「東京焼盡」(中公文庫)

太平洋戦争末期の空襲警報から敗戦に至る日々を綴った日録。
如何に当時の庶民が空襲と対峙したか、生活していたかを記録したもの。
当然、百阯ャのペーソスが随所に鏤められている。

最後は小説。

Douglass Reeman "Twelve Seconds to live"(邦題:起爆阻止:早川文庫)

英国の掃海艇乗りの物語。
枢軸国の敷設した磁気機雷を除去する海軍軍人の健闘を描いたもの。
小説とはいえ、この人の考証はかなりしっかりしていて、当時の英国海軍の
掃海戦術なんかが垣間見られて面白い。
ついでに、物語の中程以降にはX艇なんかが出てきたりする。
ちなみに、原題の"Twelve Seconds"と言うのは、磁気機雷が感応して爆発
するまでの時間だそうな。

後は九三式中練の操縦マニュアルなんかも出てますた。

922 :752:04/04/10 22:53 ID:???
いやあ,”取りあえず”で買った本が届いたは良いんだが・・・

いくら初心者向けとはいえ,リファレンスの類が全く提示されてないとは
おもわなんだ。つーか,初心者向け本だからこそ「より濃い情報」への
道しるべは重要だと思うんだけどなあ・・・
まあ,今月号の軍研で連載が始まった「艦艇・海軍作戦情報化の歴史」に
参考文献がのっていたのでそのへんをぼちぼち漁ってみようかと。

923 :イスラエル国防相 ◆3RWR.afkME :04/04/11 00:54 ID:???
早坂隆「世界の紛争地ジョーク集」
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4121501241/ref=sr_aps_b_/249-9423841-3819522

ちくしょう面白いぞこれ(w
東欧系のアネクドートも充実してるので、出張のお供に是非。


★パレスチナのジョーク
『涙の理由』

ある時、ユダヤ人で満員のバスが崖から落ちて、乗客全員が死亡した。
それを二人のパレスチナ人が見ていたが、そのうちの一人がやがて大粒の涙を流し始めた。
その様子を見てもう一人が聞いた。
「どうして泣いているんだい? 乗客はユダヤ人だ。別にいいじゃないか」
涙を拭いながら彼は言った。
「でも、俺は見たんだ」
「何を?」
「席に一つ空きがあった」

924 :名無し三等兵:04/04/11 21:35 ID:???
自衛隊初心者向き本4連発 

「戦士の値段」北井亮著 太田出版 1050円(税込)
主に自衛官の貰えるお金について書かれています、
それ程目新しいモノはありませんでした、
防大卒のライターが書いた本だそうですが、
もう少し考えて書いて欲しい。

「面白いほどよくわかる自衛隊最新装備から防衛システムまで本当の実力を検証!」
志方俊之監修 日本文芸社 1470円(税込)
志方氏が監修しているには少々内容が雑ですな、
監修は名義借りと言うモノですかな。

「自衛隊のことがマンガで3時間でわかる本 へぇ〜そうなのか!」
深川孝行著 飛鳥幸子漫画 明日香出版社  1365円(税込)
漫画が何回も使い回されているので如何なモノかと、
そして内容は少々難があり。

「そのとき自衛隊は戦えるか」井上和彦著 扶桑社 1500円(税込)
本の帯で小林よしのりが推薦しているので、手に取るのが躊躇する、
内容はSAPIOの読者向けの本です、あえて買わなくても良い本だが。

925 :名無し三等兵:04/04/12 01:37 ID:???
文体からして>>924さんはこのスレに時々書き込んでる人だろうけど
>>924さんの感想だけでなく、内容についてそれぞれ軽く解説して欲しい。

926 :名無し三等兵:04/04/12 23:30 ID:???
>>925さんの忠告(意見)があったので簡単に内容を書く。

「戦士の値段」については自衛官の諸手当や殉職の時に貰えるお金や、
隊内での内訓など書かれています。

「面白いほどよくわかる自衛隊」については>>491
加藤健二郎氏の自衛隊初心者向けの本と似た内容でした、
内容については陸海空自衛隊は簡単に紹介されていて、
簡単な自衛隊の歴史紹介もありました。

「自衛隊のことがマンガで3時間」については、
最初は自衛隊イラク派遣について書かれていますので、
今の時期的にはタイムリーかと、
ただ同じ絵が何回も使い回されているのが気になります。

「そのとき自衛隊は戦えるか」については
上記の3冊の本と少々編集内容が違い、
自衛隊イラク派遣や対テロ対策や集団的自衛権など書かれているが、
著者が軍事に関して知識が少々足りないかと。

927 :名無し三等兵:04/04/13 21:23 ID:???
戦略論大系・毛沢東読了。
なんつーのか…一人の人間が率いる百頭の羊は、十匹の猿が率いる九十頭のライオンに勝てるって事か。
視野と決断力で日本の将星なぞとても及ばんわ。負けた訳だね。

928 :名無し三等兵:04/04/14 08:56 ID:???
>>926
GJ

929 :名無し三等兵:04/04/14 22:29 ID:???
 お聞きしたいのですが、吉村 昭の「背中の勲章」に登場する中村末吉は
仮名なのでしょうか。作者の他の作品では仮名を用いている物があるので
すが、これもそうなのでしょうか?ご存知の方がいたら教えてください。

930 :名無し三等兵:04/04/17 11:04 ID:???
age

931 :名無し三等兵:04/04/19 11:12 ID:???
特にドイツ軍萌えではないのだが、
ブクオフで「ドイツ第三帝国軍用機ガイド(新紀元社)」ってのが
100円で売ってたので、つい勢いで買ってしまった。
家帰って読み始めたのだが内容うんぬんよりも、
ページとページの間になんと
陰 毛 が は さ ま っ て い ま し た。

本の内容からして99パーセント男のものだと考えると、
気分がむかついてきて、速攻でゴミ箱に陰毛を捨てた。
しかし後で少し考え直した。
もしあれが軍オタドイツ萌え眼鏡っ娘美少女のものだったら、と。
Me262の先っちょとかでオナニしてて、はさまったのでは、と。
この本は100円どころか1000円の価値があるのではないか、と。

俺はそのわずかの確率に賭けて
陰毛を手に取り本に戻した・・・・・




ごめん、うそです( ノД`)食欲ナクナッタヨ

932 :名無し三等兵:04/04/19 12:38 ID:???
・世界現代史32 「アメリカ現代史」 山川出版社
 70年代、建国200年ぐらいまでのアメリカ史
・世界各国史4 「ロシア史(新版)」 山川出版社
 そのまんま
・ドキュメント現代史8 「レジスタンス」 平凡社
 フランスレジスタンスの経緯について。
 当たり前かもしれないが軍事というより政治に関して。
・「藤原(F)機関」 原書房 藤原岩市著
・「ドイツの秘密情報機関」 講談社現代新書
 東西ドイツ双方の情報機関に関して書いてある。

古本屋で以上五冊を買って\880はちょっと感動かも。

933 :名無し三等兵:04/04/19 19:32 ID:???
陰毛じゃなくて髪の毛の可能性は考えないのか(w

934 :名無し三等兵:04/04/20 13:22 ID:???
>>933
陰毛の独特の髪質を知らんのか?
毛の生えてない小学生ですか?

935 :名無し三等兵:04/04/20 17:07 ID:???
別宝Real057「最新!自衛隊「戦略」白書」 別冊宝島Real (057)
加藤 健二郎 (編集), 黒井 文太郎 (編集), 軍事ジャーナリスト会議 (編集)
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4796640630/qid%3D1081409765/sr%3D1-1/ref%3Dsr%5F1%5F10%5F1/249-9955757-1646720
自衛隊装備カタログから一歩踏み出したような内容かな。
装備・その運用・作戦など、著者陣が解説提案批判してます。
M24狙撃銃が装備され始めたのをこれで知りましたw

936 :名無し三等兵:04/04/20 17:56 ID:???
腋毛じゃないの

937 :名無し三等兵:04/04/20 19:09 ID:???
>>931
ダイエットのお裾分けありがとうございます。

938 :名無し三等兵:04/04/21 02:36 ID:???
>>934
いやいや、剛毛で天然パーマな髪の毛をお持ちの方かもしれんですぞ?

939 :名無し三等兵:04/04/21 03:35 ID:???
学研のアメリカ軍のすべてが品切れになってますが、売れなかったんでしょうか?

940 :ベタ藤原 ◆RoMNjfnp0E :04/04/21 09:06 ID:???
>>939
 Yahoo! では買えるみたいよ。
http://books.yahoo.co.jp/bin/detail?id=07115779

941 :名無し三等兵:04/04/21 14:04 ID:???
>>940
あ、いえ。最近買ったのですが、急に出版社品切れになったので、ちょっとびっくりして。

942 :ZII ◆RPvijAGt7k :04/04/21 18:32 ID:d3LwfzSq
 ダイアプレスから、アメリカ海軍の空母の本が出ましたね。
 早速購入しましたが、中身はどんなもんでしょう。

943 :ZII ◆RPvijAGt7k :04/04/21 18:40 ID:d3LwfzSq
 札幌弘栄堂書店地下鉄店は、中規模書店ながら、軍事関係の本の入荷が
非常に良い感じです。軍事研究はもちろん、グランドパワー別冊も必ず
入っています。私のために発注してくれているのではないかと錯覚する
ほどです。以前、そこでオスプレイのバックナンバー40冊一括購入を敢行
したこともありますしね(笑

944 :名無し三等兵:04/04/21 18:49 ID:???
>>942
世界の艦船の増刊「アメリカ航空母艦史」と、
どちらが良いか感想を聞かして欲しい。

お願いします。

945 :名無し三等兵:04/04/21 18:52 ID:???
ペトリオットはたまに友軍誤射するから欠陥品だとか。
極論だなー。
>別宝Real057「最新!自衛隊「戦略」白書」 別冊宝島Real (057)


946 :ZII ◆RPvijAGt7k :04/04/21 19:03 ID:d3LwfzSq
 そうですね、ダイアの本は空母のほかに海軍の略史のようなものや、
艦載機にも触れられています。内容は薄めですが、これはビギナー向けと
いう点では良いと思います。1800円は高くないですしね。
 世界の艦船のは、マニア必携です。
 そういう意味で、甲乙は付けられないと思います。

947 :名無し三等兵:04/04/21 19:17 ID:???
>>946
回答いただき、どうもありがとうございます。


948 :ZII ◆RPvijAGt7k :04/04/23 19:14 ID:ti4TK20/
 旭屋書店札幌店にて「日露海戦写真帳」(柏書房、21,000円)をゲット
しました。装丁は極めて豪華です。連休の楽しみです。

949 :名無し三等兵:04/04/23 20:35 ID:???
>>948


950 :名無し三等兵:04/04/23 23:35 ID:???
>948
そんな本が出版されてたなんて知らなかったよ、情報ありがとう。
明日にでも書泉に行ってみます

951 :ミリ屋哲 ◆4EZIX.r92I :04/04/23 23:37 ID:???
>950
新セレよろ

952 :眠い人 ◆gQikaJHtf2 :04/04/24 00:06 ID:???
今回の光文社NF文庫は、個人的には興味ある分野がなかったので、1冊のみ購入。

●「最強部隊入門」(藤井久ほか著)
陸海空の兵器運用、戦術運用に関して簡単に述べた入門書。
殆どが既出なので、「丸」を定期購読している人なら要らないかもしれない。

このほか、今回刊は、「関東軍参謀 怨嗟の中に立つ悲劇の軍人伝」(小松茂朗著)と、
「韓国を強国に変えた男 朴正煕 その知られざる思想と生涯」(河信基著)が出てますた。

他に数冊周辺本を購入。

●光文社新書「大本営発表は生きている」(保坂正康著)

今、「日本陸軍「戦訓」の研究」という本を読んでいるのだが、自分で自分に酔っている
状況がよく分る。
その環境を作ったのが、「大本営発表」であり、海軍の虚偽の戦果発表。
本書も、多分読み進めるうちに鬱に成っていくこと請け合い(苦笑。

●中公新書「イラク建国」(阿部重夫著)

現在、統治機構が崩壊しているイラクだが、それは以前経験したことであった…
と言うイラク「王国」独立を巡る、英国人女性の動きを追ったもの。
イラクという国家の成立の歪さがよく分る本になっていると思う。

●海人社「日本客船の黄金時代 1939〜1941」

日本の客船が最後の光芒を見せた時代の各船の写真集。
これが、数年後には氷川丸ただ一隻だけに成るのかと思うと、涙が出てくる。

953 :名無し三等兵:04/04/24 00:19 ID:???
>951
うぅ、すんまそん、スレ建てた事無いんで辞退します。
皆の衆よろしく。
この板創設以来ここであそばせてもらってますが、怖くてスレ立てなんてしたことないんでw



戯言
・ミリにレスもらったの初めてなんでちょっと嬉しい。
・今、亀井氏のミッドウェー戦記読んでるんですが面白くてしょうがない、読み終わったら戦史叢書詠み返そうっと。
・こないだ浜松の広報館に行ってシミュレーターに跨ってちゃんと墜落させてきたよw



954 :名無し三等兵:04/04/24 00:22 ID:???
あ、953=950です

955 :名無し三等兵:04/04/24 01:53 ID:???
今月の光文社NF文庫の『玉砕の島』は読んでて激しく鬱になってきますな。
なにせ全編玉砕。
第1章のタナンボコ島(兵力600名)からいきなり生存者3名。
2章のアッツ島(兵力2650名中)は生存者16名。
3章のマキン島(兵力693名中)に至ってはたったの1名。
こんなのが11章の硫黄島まで続きます。




956 :名無し三等兵:04/04/24 12:44 ID:???
立てられたので、新スレたてますた。

ちょっと>>1の文章いじった。

軍事・兵法・戦記・戦史関連書籍総合スレット3
http://hobby3.2ch.net/test/read.cgi/army/1082778203/


957 :ZII ◆RPvijAGt7k :04/04/24 19:40 ID:9svDAWrj
 浅田次郎「歩兵の本領」を購入しました。
 自衛官が主人公の短編集です。当然実戦場面はありません。
 凄惨な戦記の合間に読むと心もなごみます。

958 :名無し三等兵:04/04/24 22:53 ID:???
浅田次郎といえば「日輪の遺産」はヨカタ
悲しくて涙が出てきた。

959 :名無し三等兵:04/04/25 21:13 ID:???
>>957
和むですか? 私は涙なしには読めませんです。

960 :ミリ屋哲 ◆4EZIX.r92I :04/04/25 21:23 ID:???
>959
元予科練の人の話とか、元カノとのデートとか、涙あふれるよな。

961 :名無し三等兵:04/04/26 01:25 ID:???
「歩兵の本領」って、営内生活を経験した者ならば泣ける場面って、
そうでない人には笑える場面なんだろうか?

962 :ZII ◆RPvijAGt7k :04/04/26 18:32 ID:xrSZlkKM
 須崎真一「二・二六事件」(平成16年、吉川弘文館、2,940円)を読んで
います。読者がある程度事件のあらすじを知っているという前提のもとに
書かれており、引用も原文尊重、註多数に上っています。そんなに厚くない
本ですが、読むのに大変なエネルギーを要します。
 しかし、それだけ濃い内容ですし、新しい研究成果が盛り込まれており、
研究者には良い本だと思います。関係者の顔写真も比較的鮮明です。

963 :名無し三等兵:04/04/26 21:04 ID:???
>>962
普通に本屋で手に入る(つまり近年出た)2.26本の中では、
かなり(・∀・)イイ!!本だと思います。

964 :名無し三等兵:04/04/26 22:26 ID:???
とりあえず新スレが立ってるのでsageの方向で

965 :ZII ◆RPvijAGt7k :04/04/27 20:02 ID:gN3Nzzj+
 っていうか、埋め立てしませんか?

 早坂隆「世界の紛争地ジョーク集」(中公新書ラクレ、平成16年、756円)
が出てました。(ガイシュツかな?)
 奥付は3月10日でしたが、何故か札幌には今日から並び始めました。
 悪い予感がして、私の蔵書リスト(約2900冊掲載)を確認しましたが、
載っていませんでした。あー良かった。

966 :ZII ◆RPvijAGt7k :04/04/27 21:13 ID:gN3Nzzj+
 埋めます。

 ディスカバリークラブからカタログが来ました。新作DVDの案内です。
 全て3570円です。
・F16 5/28
・F/A22 5/28
・B2 5/28
・垂直離着陸機の誕生 5/28
・進化するヘリコプター 6/25
・ホバークラフト軍用開発史 7/23
・悲劇の潜水艦 8/27
・超音速戦闘機 9/24
 楽しみな半年間ですなー。もちろん全巻購入します。

967 :魚が食えない。:04/04/27 22:20 ID:eX1gbLyw
私の名は福田定一。かつては警察予備隊で働く平凡な一戦車兵であり、
退屈な訓練と、かつての敵が用意した中古の鉄の棺桶に住む生活者であった。
だがあの夜、シャーマンのキューポラから目撃したあの衝撃の光景
が私の運命を 大きく変えてしまった。

張り子の虎の戦闘団で敵親衛戦車連隊を降伏させたその翌日から、
世界はまるで開き直ったかのごとくその装いを変えてしまったのだ。
いつもと同じ兵、いつもと同じ戦車、いつもと同じ戦場、だが何かが違う。
路上からは行き来する装甲車の影が消え、北海道の原野にキャタピラの音も途絶え、
野戦炊飯所脇のテントで慌しく食事をする人の姿もない。

この戦場に、いやこの世界に我々だけを残し、あの懐かしい人々は突然その姿を
消してしまったのだ。数日を経ずして荒廃いう名の時が駆け抜けていった。
かくも静かな、かくもあっけない終末を一体誰が予想しえたであろう。

佐藤大輔が過去数年にわたり延々として築き上げていった歴史と共に、
「征途」世界の陸戦は終わった。



968 :魚が食えない。:04/04/27 22:22 ID:eX1gbLyw
しかし、残された我々にとって終末は新たなる始まりに過ぎない。
世界が終わりを告げたその日から、我々の生き延びる為の
戦いの日々が始まったのである。

奇妙なことに、東南アジアへの自衛隊派遣は押し寄せる陸戦の荒廃
をものともせずにゴジラコマンドとしてその勇姿を留め、コマンド兵、
送レ符丁等の豊富なストックを誇っていた。

さらに奇妙なことに、赤い日本には戦車も、戦車師団も名誉称号も
依然として供給され続け、驚くべきことに政治将校すら配属されてくるのである。

当然我々は陸戦の存続と言う大義名分の下に鉄の棺桶をその生活の拠点と定めた。

しかしなぜか私は早々とゴジラコマンドのパージを喰らって国会に召還。

続いて赤い日本では藤堂守の独壇場となり、空軍ばかりに焦点が集中。

そして川宮は、日がな一日ハーレムの女を乗り回し、おそらく欲求不満の解消で
あろう、 時折を発砲を繰り返している。何が不満なのか知らんが実に可愛くない。

あの運命の夜からどれ程の歳月が流れたのか。
しかし今、我々が築きつつあるこの世界に時計もカレンダーも無用だ。
我々は衣食住を保証されたサバイバルを生き抜き、かつていかなる先達達も実現
しえなかった地上戦の楽園を、あの永遠のシャングリラを実現するだろう。

ああ、選ばれし者の恍惚と不安共に我にあり。人類の未来がひとえに我々の双肩
にかかっていることを認識するとき、めまいにも似た感動を禁じえない。

福田定一著 「佐藤大輔全史第一巻 陸戦の終末を超えて」序説第3章より抜粋

969 :名無し三等兵:04/04/27 23:12 ID:???

誤爆?


970 :名無し三等兵:04/04/27 23:53 ID:???
いいかんじじゃない、続編きぼんぬ

971 :名無し三等兵:04/04/28 15:56 ID:???
司馬っぽくねえな

972 :名無し三等兵:04/05/01 12:49 ID:???


973 :名無し三等兵:04/05/01 19:22 ID:???
アメリカやソ連など、連合国の兵士による。日本やドイツなど枢軸国への暴虐を記した書物はないか?
いまだに連合国善説を信じている人間に見せてやりたいのだが

974 :名無し三等兵:04/05/01 19:48 ID:???
>>973
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4059011150/qid=1083408434/sr=1-30/ref=sr_1_2_30/249-3505194-9506700

リンドバーグの。在庫なしか・・・

975 :名無し三等兵:04/05/01 21:04 ID:???
>>973 パウル・カレル「捕虜」、リチャード・バクー「消えた百万人」
後者はあまり当てにならんが。

976 :ミリ屋哲 ◆4EZIX.r92I :04/05/01 21:22 ID:???
>973
シベリアの日本人捕虜たち
セルゲイ・クズネツォフ 著
集英社 刊

はどうか?

977 :名無し三等兵:04/05/01 21:24 ID:???
>>973
アーロン収容所
会田雄次、中公新書

978 :名無し三等兵:04/05/02 00:11 ID:???
>>973です。
>>974->>977
どうもあちがとう
探してみます


979 :名無し三等兵:04/05/02 01:41 ID:???
>後者はあまり当てにならんが

そ、そうなんですか?たまたま今読んでるんですが

980 :名無し三等兵:04/05/02 02:24 ID:???
バクー氏は公式サイトもあるので向こうの評価も知れれば面白いけど
別冊歴史読本ではこきおろしていたと話には聞いたが。
ttp://jamesbacque.com/

日本ではリヴィジョニスト連中御用達と化しているようでヘキエキ
(木村愛二あたりまでmuraji氏のサイトのレビューを丸々コピペというアレな手法で紹介してるし)

981 :名無し三等兵:04/05/03 14:09 ID:???
「消えた百万人」ははっきりいってトンデモ本だよ

982 :名無し三等兵:04/05/04 01:15 ID:???
今、「戦艦大和いまだ沈まず」読んでるけど
ひどい誤字だらけ、戦記物数十冊読んできたけど
これほどひどいのは無かった担当編集者しっかりしろー。

983 :名無し三等兵:04/05/04 21:08 ID:???
…片山正人の「アフリカ傭兵作戦」読んだこと無いなw
そもそも日本語で書け、おいって代物だったぞ、あれは。出版社が変わってからマトモになったが。


274 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.02 2018/11/22 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)