5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

軍艦の食事について語るスレ

661 :名無し三等兵:04/01/26 17:50 ID:???
以下、コピペ。

グロッグは配給酒。英国海軍の原動力で、1970年に廃止されるまで続いた伝統の酒である。水割りのラムの
ことを一般に指すが、適宜砂糖やレモンを加えていたようである。水とラムの混合比は2:1。「パッサーズ・
ラム(Pusser's Rum)」(注1)は英国海軍に納入されていたものが配給酒制度廃止で市場に出回ったもので、
「1655年以来の伝統」が売り文句(注2)である。しかし、ラムが配給され始めたのは18世紀のことであ
る。
 折しもその時代、フランスとの戦争状態に入ったことで、それまで配給酒に使っていたブランデーの補給が出
来なくなった。タイミング良くジャマイカを占領して、ラムに切り替えたところ、生のまま呑んで悪酔いする水
兵が続出し、事故が増えた。そこで1740年(注3)にエドワード・ヴァーノン中将が水割りにして配給した
ところ、それがなくなったので、水割りでの配給が一般的になったのである。そして、このヴァーノン提督、ト
レードマークがグログラム(絹毛混紡の布)のボート用長マントで、「グロッグ親父(Old Grog)」の通り名が
あった。このために、彼が発明した配給酒も「グロッグ」と呼ばれるようになったとのことである。いくらグロ
ッグでも飲み過ぎればふらふらになる。その状態を指した言葉がグロッギー、日本語になまると「グロッキー」
である。
注1、2:Pusser's Rumラベルより
注3:研究社英和大辞典第5版grogの項より

ちなみに一日の配給量は60mlほど。かならず水かお湯割りだそうな。

216 KB
★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.02 2018/11/22 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)