5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

F4Fワイルドキャットスレ

1 :名無し三等兵:03/12/15 20:49 ID:???
いってみよう

2 :名無し三等兵:03/12/15 20:50 ID:???
前スレ
実は名機F4Fワイルドキャット【CCさくら】
http://hobby3.2ch.net/test/read.cgi/army/1063630146/

3 :名無し三等兵:03/12/15 20:50 ID:???
一等自営業阻止

4 :名無し三等兵:03/12/15 20:53 ID:???
重複ですので続きはこちらでどうぞ
http://hobby3.2ch.net/test/read.cgi/army/1071489115/

5 :名無し三等兵:03/12/15 20:57 ID:???
>>4
そっちは2分遅れだな

6 :名無し三等兵:03/12/15 20:58 ID:???
削除依頼しますた。

7 :名無し三等兵:03/12/15 21:02 ID:qDxuA9Q+
告知age

8 :名無し三等兵:03/12/15 21:05 ID:???
http://page4.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/d35213267

問題のオークションはこれ。

9 :名無し三等兵:03/12/15 21:07 ID:???
開戦当初はボロクソに言われていたものの
結構撃たれ強いし護衛空母とかで大活躍

10 :名無し三等兵:03/12/15 21:10 ID:???
使いモノな無線電話がウラヤマスイ

11 :名無し三等兵:03/12/15 21:15 ID:???
重複ですので続きはこちらでどうぞ
http://hobby3.2ch.net/test/read.cgi/army/1071489115/

12 :名無し三等兵:03/12/15 21:25 ID:???
>>11
そっちは2分遅れだな


13 :名無し三等兵:03/12/15 21:30 ID:???
★★★★★★★★★★★★★

このスレは重複スレです。

削除依頼済みなので
ここは放置して
>>11へ移動してください

★★★★★★★★★★★★★

14 :名無し三等兵:03/12/15 21:32 ID:???
頑丈な機体にゼロよりやや速い急降下速度。命中精度の高い機銃。
主脚の間がせまく、上げ下げが手動なのは大きな欠点。

15 :名無し三等兵:03/12/15 21:34 ID:XVnC+EBW
age

16 :名無し三等兵:03/12/15 21:34 ID:???
>>14
F4Fを見れば見るほどゼロ戦の欠点が浮き上がるのが鬱

17 :名無し三等兵:03/12/15 21:40 ID:???
量産性+敵から見るとイヤになるほどの工作精度+改良に耐える余裕も売り物
>>14
これから要撃戦闘だってのに「腕力鍛錬」は、確かにイヤだよな。

18 :名無し三等兵:03/12/15 21:53 ID:???
ゼロとはまた性格の違う名機である、といえる
頑丈な機体に重武装 その上米軍機としては良好な運動性
ただやはり脚が大欠点だが
>>17
別に当時の米の工作精度がそんなに優れていたわけではない
設計に余裕があって多少の誤差はものともしないという点も大きい

19 :名無し三等兵:03/12/15 21:55 ID:???
>>17
あのビアダルのような太った機体は、工場などで整備士が動き回りやすいように、
わざと中を広くした結果らしいです。実際、兵器には美しさなど無用ですからね。
P-51やBf-109などがカッコよく見えるのは、液冷だからでしょう。

ちなみに、F4Fのパイロットはマッチョな腕が必要だったと、
「世界の傑作機グラマンF4Fワイルドキャット」にも書いてありました(w

20 :名無し三等兵:03/12/15 21:56 ID:???
撃たれ強さは乗員の練度の向上にも大きく関わるから
性格が違うとはいえ重要でしょう。
どこの国のパイロットでも一番やられやすいのは初陣なわけで、
多少撃たれてもダイブで逃げてその経験を後日に活かせるというのは(゚д゚)ウマー

21 :名無し三等兵:03/12/15 22:05 ID:???
>>19
ますます羨ましい話なことで。
睡眠を充分に摂って、800gステーキを食って(←妄想)、頭も体も冴えわたった
状態のグラウンドクルーが存分に腕を振るえる戦闘機・・・ハァハァ(AA割愛

22 :名無し三等兵:03/12/15 22:07 ID:???
>>20
確かに。
最終的に日本のバイロットは、ごく少数のベテランと圧倒的多数の初心者、
一方、アメリカは中級程度のパイロットが過半数という結果になっています。

23 :名無し三等兵:03/12/15 22:16 ID:???
ベンゼンマンセ〜 ベンゼンマンセ〜 ベンゼンマンセ〜
ベンゼンマンセ〜 ベンゼンマンセ〜 ベンゼンマンセ〜
ベンゼンマンセ〜 ベンゼンマンセ〜 ベンゼンマンセ〜
ベンゼンマンセ〜 ベンゼンマンセ〜 ベンゼンマンセ〜
ベンゼンマンセ〜 ベンゼンマンセ〜 ベンゼンマンセ〜
ベンゼンマンセ〜 ベンゼンマンセ〜 ベンゼンマンセ〜
ベンゼンマンセ〜 ベンゼンマンセ〜 ベンゼンマンセ〜
ベンゼンマンセ〜 ベンゼンマンセ〜 ベンゼンマンセ〜
ベンゼンマンセ〜 ベンゼンマンセ〜 ベンゼンマンセ〜
ベンゼンマンセ〜 ベンゼンマンセ〜 ベンゼンマンセ〜

24 :名無し三等兵:03/12/15 22:17 ID:???
うんこの成分の大部分が食物繊維ですよね.
野菜をミキサーにかけたものだと思いながらならば
食べられるのではないか?

25 :名無し三等兵:03/12/15 22:20 ID:???
>>22
少数精鋭主義のほうが後の戦記で華々しくて好まれるが

近代戦には向かない

26 :名無し三等兵:03/12/15 22:21 ID:???
>>25
中国人は鉄とタイヤ以外は食べられると言います。
うんこも当然食べます。
そもそもスカトロという単語自体、中国のうんこ料理全般を指す言葉なのです。
漢字で書くと須加吐露。「吐き気が加わる汁」という語源からきています。

27 :名無し三等兵:03/12/15 22:23 ID:???
>>24
そういえばバッファローには小便排便用のチューブがあったそうだが
F4Fにはあったのだろうか?

28 :名無し三等兵:03/12/15 22:23 ID:???
ドイツ空軍も燃料の欠乏で訓練不足、
即席で養成され前線の部隊に送られた新米パイロットは
初陣でほぼ全滅というパターン。

性能のみでなく製造、整備、戦闘等を含めた兵器としてのトータルパッケージでは
名機と呼ぶにふさわしいものだったと思います。

29 :名無し三等兵:03/12/15 22:27 ID:???
ウンコは下ごしらえが一番大事だと思うな。
最初に裏ごしするのは基本だろ。

30 :名無し三等兵:03/12/15 22:27 ID:???
>>28
一見凡庸なF4Fを名機と呼べるとすれば、まさにその点でしょうね。

31 :名無し三等兵:03/12/15 22:30 ID:???
空母ガムビアベイにF4Fの活躍ぶりが結構のってます。

32 :名無し三等兵:03/12/15 22:30 ID:???
グラマンのスタッフはそこまで考えて作ったのかな?

33 :名無し三等兵:03/12/15 22:31 ID:???
頑丈なのと大量生産向きというのはアメリカの工業製品に共通しているので
考えたというよりも常識みたいなものだったのでは?
グラマン製品は特に頑丈だったような評判ですが(笑)

34 :名無し三等兵:03/12/15 22:31 ID:???
ベンゼンマンセ〜 ベンゼンマンセ〜 ベンゼンマンセ〜
ベンゼンマンセ〜 ベンゼンマンセ〜 ベンゼンマンセ〜
ベンゼンマンセ〜 ベンゼンマンセ〜 ベンゼンマンセ〜
ベンゼンマンセ〜 ベンゼンマンセ〜 ベンゼンマンセ〜
ベンゼンマンセ〜 ベンゼンマンセ〜 ベンゼンマンセ〜
ベンゼンマンセ〜 ベンゼンマンセ〜 ベンゼンマンセ〜
ベンゼンマンセ〜 ベンゼンマンセ〜 ベンゼンマンセ〜
ベンゼンマンセ〜 ベンゼンマンセ〜 ベンゼンマンセ〜
ベンゼンマンセ〜 ベンゼンマンセ〜 ベンゼンマンセ〜
ベンゼンマンセ〜 ベンゼンマンセ〜 ベンゼンマンセ〜

35 :名無し三等兵:03/12/15 22:35 ID:???
>>27
多くの場合、尿をためる袋のようなものはあったらしいです。
でも、上空では低い気圧のため「機内にそのまましても」
すぐに蒸発してしまいあまり問題にならなかったと、
坂井氏の本に書いてありました。

36 :名無し三等兵:03/12/15 22:38 ID:???
>>33
世界最小・最軽量が売りのポータブルMDプレイヤーが早々と壊れたときに
「やっぱ丈夫が一番」と痛感したよ・・・

37 :名無し三等兵:03/12/15 22:40 ID:???
ゼロ戦ほど航続距離が長くないということで
飛行時間もそれほど長くはないから
無理すればこらえられたかも。

>>36
S○NY製ですか?
手が滑って完全に水没させたことがありますが
2、3日陰干ししたら問題なく動いて感動したことあります。

38 :名無し三等兵:03/12/15 22:41 ID:???
>>31
ガムビアベイって、日本の戦艦に砲撃されて沈んだ護衛空母ですね。

39 :名無し三等兵:03/12/15 22:46 ID:???
>>38
です。その時もF4Fは日本艦隊に対して機銃掃射を行ったりして
最後まで果敢に戦ったそうです。
燃料ほとんど空のまま魚雷を抱えて出撃したアベンジャーの話や
空母を護るために捨て身の突撃を敢行した護衛駆逐艦の話など泣けます(´Д⊂

40 :名無し三等兵:03/12/15 22:47 ID:???
>>37

>ゼロ戦ほど航続距離が長くないということで
>飛行時間もそれほど長くはないから
>無理すればこらえられたかも。

F4Fではあまり関係ないと思いますが、
日本の場合は、ラバウル→ガダルカナル上空、
アメリカの場合は、硫黄島→東京上空など、
爆撃機の護衛による長距離飛行の中で、
この種の「生理現象」は強力な敵機よりも深刻だったらしいですが(w

41 :名無し三等兵:03/12/15 22:47 ID:???
ですます調のは全部同一人物の自演だな
文体もう少し変えろよ(プ

42 :名無し三等兵:03/12/15 22:48 ID:???
ベンゼンマンセ〜 ベンゼンマンセ〜 ベンゼンマンセ〜
ベンゼンマンセ〜 ベンゼンマンセ〜 ベンゼンマンセ〜
ベンゼンマンセ〜 ベンゼンマンセ〜 ベンゼンマンセ〜
ベンゼンマンセ〜 ベンゼンマンセ〜 ベンゼンマンセ〜
ベンゼンマンセ〜 ベンゼンマンセ〜 ベンゼンマンセ〜
ベンゼンマンセ〜 ベンゼンマンセ〜 ベンゼンマンセ〜
ベンゼンマンセ〜 ベンゼンマンセ〜 ベンゼンマンセ〜
ベンゼンマンセ〜 ベンゼンマンセ〜 ベンゼンマンセ〜
ベンゼンマンセ〜 ベンゼンマンセ〜 ベンゼンマンセ〜
ベンゼンマンセ〜 ベンゼンマンセ〜 ベンゼンマンセ〜

43 :名無し三等兵:03/12/15 22:52 ID:???
ガムビアベイに配属された飛行隊(VC-10)は
当初はF4UだったのにF4Fに改編されたのが興味深いです。
単に小型空母にF4Uが向かなかっただけ?

44 :名無し三等兵:03/12/15 22:54 ID:???
まんこ

45 :名無し三等兵:03/12/15 22:54 ID:???
>>40
「捨て身の攻撃」というと日本の専売特許のように思われがちですが、
アメリカも結構やっていますね。
ミッドウェイ海戦のときに戦闘機の護衛もなく日本の空母を攻撃したTBDとか。

それにしても、アメリカにとって戦況が有利だったはずのフィリピンの戦いでも、
まだ、そんなことをしてたんですか。

46 :名無し三等兵:03/12/15 22:59 ID:???
>>43
甲板が長い正規空母でさえF4Uとは相性が悪かったので、
護衛空母には、もっと向かなかったのでは?

F4Uは機首が突出して長く下方の視界が悪かったので、
離着陸での運用面はいいとは言えません。
きっと、護衛空母向きではなかったんでしょうね。

47 :名無し三等兵:03/12/15 23:00 ID:???
>>45

よ・・・>>40は違うんじゃないかな?

48 :名無し三等兵:03/12/15 23:01 ID:???
零戦と同じく実は終戦まで現役戦闘機だったりする

49 :名無し三等兵:03/12/15 23:03 ID:???
>>43
F4Uを積んだ護衛空母では事故が頻発してる
殉職者と喪失機が余りに多いから変更された
また、F4Fに変更後の搭乗員の評判も悪くない(悪いクセが無く乗り易いから)

50 :45:03/12/15 23:04 ID:???
>>47
誤爆です(汗 >>45>>39へのレスです。

51 :名無し三等兵:03/12/15 23:07 ID:???
>>45
ハルゼーの正規空母群とリーの戦艦群が囮に引っかかってしまったところへ
強力な水上部隊が上陸部隊に向かってきたので
護衛空母群は最適と思われる方位への逃走を禁じられ
生贄として提供されてしまったようです。
奮闘の甲斐あって結局沈められたのはガムビアベイと駆逐艦及び
護衛駆逐艦数隻で、日本艦隊に与えた損害の方がはるかに上だったようです。
日本艦隊が引き返さずに上陸部隊に突入していたらとんでもないことに
なっていたかもしれませんね。

>>46 >>49
なるほど。よく揺れる護衛空母ではF4Fもアベンジャーも随分破損していたそうで。
しかし破損した分を補えるアメリカの工業力(゚д゚)スゲー

52 :名無し三等兵:03/12/15 23:17 ID:???
>>51
あの海戦ほど不手際が重なったものも無い
あろうことか旗艦の大和が両側を魚雷にはさまれ、敵艦隊と逆方向へ魚雷と一緒に20分も全力航行する羽目になったり

53 :名無し三等兵:03/12/15 23:20 ID:???
F4Uとか米軍機って本命を押しのけて
2番手がのし上がるパターンが多いような気がするな。

54 :名無し三等兵:03/12/15 23:21 ID:???
>>51
護衛空母ってF4F(FM-2)だけでなくTBFアベンジャーのような最新鋭機?も
積んでいたんですね。てっきりFM-2やSBDなどの寄せ集めかと思ってました。

55 :名無し三等兵:03/12/15 23:26 ID:???
>>52
せっかくオトリ作戦が成功したのに栗田提督が反転を命じたことは、
特に有名だね。

56 :名無し三等兵:03/12/15 23:29 ID:???
護衛空母の大量生産が始まったのが1942年の中頃からですし、
ガムビアベイのように43年末に就役したような艦だと比較的新しい
機材が回ってくる余裕があったとか。

57 :名無し三等兵:03/12/15 23:40 ID:???
>>56
護衛空母は、最初は貨物船を改造して作られ、
その後は、貨物船を作る手法で最初から空母として作られたようです。
しかも、ほぼ1週間に1隻の割合で作られたとか。

この護衛空母とF4Fが文字通り上陸部隊などの護衛を行ったので、
正規空母による部隊が本来の任務に専念し、
大きな戦果をもたらすことができたようです。

58 :名無し三等兵:03/12/15 23:43 ID:???
世界の艦船増刊号「第二次大戦のアメリカ軍艦」の
ボーグ級護衛空母の項に1943年4月に大西洋で活動中の艦の写真が載っていますが
飛行甲板にはF4FとTBFが並んでます。

>>57
写真を見てみるとちゃんと対空レーダーを装備していて、
カサブランカ級などはCICまであってそこから戦闘機隊を管制しており、
こんなのがうじゃうじゃいて待ち伏せくらったらたまりませんな。
マリアナ諸島やフィリピン沖で攻撃をしかけた日本軍機がバタバタやられたのも納得。

59 :名無し三等兵:03/12/16 00:02 ID:???
コンパクトなグラマンの折りたたみ方式萌え(*´Д`)ハァハァ

60 :名無し三等兵:03/12/16 00:07 ID:???
CVEでも格納庫の天井を高くとって、予備機をぶら下げているのかな?

61 :名無し三等兵:03/12/16 00:13 ID:???
>>59
ゼロのように翼端だけが折れ曲がるのはイヤなのか?

62 :名無し三等兵:03/12/16 00:16 ID:???
>>60
あの小さい船体の中に、そのような余裕はなかったのでは?

63 :名無し三等兵:03/12/16 00:26 ID:???
>>60
予備機を搭載していたかどうか知りませんが
海兵隊のためにOY-1観測機を運んだことがあって、
その時は飛行甲板の桁から吊り下げていたと書かれています。

>>60
なんか鳥がうずくまってるみたいで可愛くて(;゚∀゚)=3 ハァハァ

コンパクトに翼をたためるとそれだけ沢山運べるわけですが、
ヘルキャットとアベンジャーの組み合わせで84機(発艦不可能)
ワイルドキャットとアベンジャーの組み合わせで79機(カタパルトによる発艦可能)
CVEのちっこいガタイでこれだけ運べたというのは驚きです。
もちろん航空機を運んで行く時のことですが。

64 :名無し三等兵:03/12/16 00:35 ID:???
>>63
なるほど。大きな船体のわりには搭載機数が少ない信濃や大鳳などとは、
大違いというわけですな。
もっとも、護衛空母と大戦後半の日本の空母とでは、
用途がまったく違いますけどね。

65 :名無し三等兵:03/12/16 01:09 ID:???
>>63
>なんか鳥がうずくまってるみたいで
これからの季節、スズメを観察するとよいです。
(カゴの中の飼い鳥でもOKですが)
凍えないように羽毛を膨らませている姿をお目にかかれます。
以上、脱線レス。

それはそうと、これほど大仕掛けの折りたたみ機構にしても、それなりに
制空戦をやれるだけの構造強度を確保しているのも、何だかなー

66 :名無し三等兵:03/12/16 01:36 ID:???
折りたたみ機構はグラマン氏が消しゴムとペーパークリップで思いついて
模型を作って靴箱な何かに詰めて海軍に持っていったら採用されたそうで(笑)

67 :名無し三等兵:03/12/16 04:55 ID:???
どこだったかエアショー見に行ったらF-14とF/A-18と
ワイルドキャットかヘルキャットが3機並んで飛んでた。
海軍の過去、現在、未来を担う戦闘機とか言って。

68 :名無し三等兵:03/12/16 18:39 ID:???
>>67
場所はアメリカですよね?
確かにアメリカではその種のイベントで大戦中の戦闘機が登場することが多いですね。
中には民間機を改造して作った九九艦爆が飛ぶこともあるとか...
でもさすがに、戦勝国とはいえ飛行可能なF4Fは非常に少ないらしいです。


69 :名無し三等兵:03/12/16 19:57 ID:???
age

70 :名無し三等兵:03/12/16 21:38 ID:???
>>66日本だと実用化されるまで結構間があるな。

71 :名無し三等兵:03/12/16 22:34 ID:???
>>70
少なくとも、当時の日本の戦闘機では、
主翼をあれほど大きく折りたためるものはほとんどなかったのでは?
折りたためるものがあっても艦攻や艦爆など。しかも手動。


72 :名無し三等兵:03/12/16 22:38 ID:???
E-2ホークアイに至るまで同じような形態が受け継がれたみたい。
F4Fは自動?手動?

73 :名無し三等兵:03/12/16 22:56 ID:???
>>72
主脚でさえ手動で出し入れするくらいだから、
当然、主翼の折りたたみも手動ですね。

74 :名無し三等兵:03/12/17 04:47 ID:???
ttp://www.angel.ne.jp/~tochy/airplane/1942/1942.mpg

75 :名無し三等兵:03/12/17 08:23 ID:???
>>67
コルセアタンは? ねえコルセアタンは?

76 :名無し三等兵:03/12/17 08:25 ID:???
F6Fの主翼が一人で5秒かからず簡単に折りたためるのを見てかなり驚いた。

77 :名無し三等兵:03/12/17 12:45 ID:???
海戦時にミッドウェー島に配備されていた戦闘機が
F2A、21機&F4F、7機だけというのが泣ける(´Д⊂
空襲後に飛行可能なのは僅か2機

78 :名無し三等兵:03/12/17 16:09 ID:IAeq15zq
向こうはスレストかかったぽいですなw

79 :名無し三等兵:03/12/17 17:22 ID:???
>>76
油圧ブーストかな?>一人で5秒かからず
ということは、F4Fで既に確立されていたかも(未確認)

80 :名無し三等兵:03/12/17 17:53 ID:???
>>79
残念ながら、F4Fには油圧で動作する部品はまったくないらしい。
既存の技術だけで作られた堅実な設計というわけだね。
なんせ、最初は複葉機として設計されていたらしいので。


81 :名無し三等兵:03/12/17 21:08 ID:???
>最初は複葉機として設計されていた
・・・忘れていました(汗

82 :名無し三等兵:03/12/17 21:14 ID:???
そういやあの翼を後ろに折り畳むやり方は複葉機みたいなやり方だな
更に場所をとらないように翼を縦にするあたりはオリジナルだろうか
そのまま後ろに折り畳んだらイギリスのバラクーダみたいな感じになる

83 :名無し三等兵:03/12/17 23:07 ID:???
>>82
>>66にあるように、グラマン社のオリジナルなのでは?
主翼があれほどハデに折れ曲がる艦載機はそれ以前にはないはずですし。
(TBDなどがどうなのかはわかりませんが・・・)
むしろ、グラマンに影響されたのがバラクーダかもしれません。

84 :名無し三等兵:03/12/18 00:29 ID:???
>83

 ソードフィッシュの折り畳み時を見てね↓

http://www.stringbag.flyer.co.uk/rnhf/images/duxford.jpg

85 :名無し三等兵:03/12/18 07:11 ID:???
模型ですが折りたたみ時の綺麗な写真
ttp://www.aircraftresourcecenter.com/Gal2/1501-1600/Gal1570_Wildcat_Kelley/gal1570.htm

86 :名無し三等兵:03/12/18 07:15 ID:???
ttp://rogerritter.com/images/aviation/Mu4FM-2/File0020.jpg

クランクでキコキコやるようです

87 :名無し三等兵:03/12/18 15:41 ID:???
>>84
固定ペラが実に美しいフォルムを醸し出しておりますな

88 :83:03/12/18 18:25 ID:???
>>84
知らなかった... _| ̄|○

ソードフィッシュ...
あれはもう兵器としての常識を大きく逸脱してます(汗
複葉機なのにレーダーやロケット弾を装備したり、
大戦終結まで第一線で使われたりと...

イギリス海軍の空母は1945年5月の沖縄上陸作戦に、
米海軍第56任務部代として参加したらしいので、
ソードフィッシュも沖縄の空を飛んだのかも?

89 :名無し三等兵:03/12/19 18:08 ID:???
最終生産機がロールアウトしたのが1944年か


信じられん・・・・


90 :名無し三等兵:03/12/20 18:07 ID:???
>>85>>86
F4Fの主翼が折りたためるようになったのは、F4F-4以降らしい。
武装が強化され(弾数は減ったが)、ゼロともマトモに戦えるようになった頃かな。
空母に搭載できる数が増えたことも、戦況に影響したのかもしれない。

91 :名無し三等兵:03/12/21 12:54 ID:???
>>90
そのとおりです。
ちなみに空母搭載戦闘機がすべてF4F-4となったのはミッドウェー作戦からだったようです。
この時期の各米空母航空団は戦闘機1個中隊(27機)、爆偵2個中隊(36機)、
雷撃機1個中隊(15機)の合計78機程度で運用されていたようです。

同時期の日本海軍の空母航空団は艦戦18、艦爆18、艦攻18の54機程度でした。
(場合によってどれかの機種が増えて63機となる場合もあった)
日本が真珠湾以来、少しずつ空母搭載機を減らしているのに対し、
米軍はF4F-4の投入で搭載機数が増えているのが興味深いですね。

ただF4F-4は折りたたみ翼のせいで速度と航続距離、運動性が低下し、
当初パイロットたちには不評だったようです。

92 :名無し三等兵:03/12/21 14:25 ID:???
幅が半分になったからといって倍搭載できるわけではありませんが、
見た目だと半分くらいに縮んでません?

93 :名無し三等兵:03/12/21 20:01 ID:???
主観で3/5くらいぽ(これまた主観で九七艦攻と同じ比率っぽ)

94 :名無し三等兵:03/12/21 21:50 ID:???
CVEでのカタパルト発艦においては、ブライドルケーブルが必須と思われますが、
射出した後のケーブルの行方が気になって仕方がありません。
そのまま海に落とす消耗品なのでしょうか?
(となると「品切れ」後の艦は、当面発艦能力を失うことに)

95 :名無し三等兵:03/12/21 22:59 ID:???
>>94
F4Fは主翼が大きいため、護衛空母でもカタパルトは不要だったのでは?
カタパルトなしで発艦する写真をよく見かけます。
もちろん、そのときの装備にもよると思いますけどね。
むしろ、カタパルトはTBF等のためのものでは?

それと、離陸のための距離を確保できない場合、
F4Fの胴体の下に小型のロケットブースターを装着して
発艦することも多かったようです←すごい騒音らしい。

で、発艦用のケーブルですが、「ブライドル回収装置」なるものが
装備されており、必ずしも使い捨てではなかったようです。

96 :名無し三等兵:03/12/21 23:08 ID:???
>>95
情報THXです。
艦上ジェット機のエセックス改からの発艦シーンで、ケーブルが海に落ちて
水飛沫を上げているショットを見たことがありますので、気になっておりま
した。
「初期のBig.Eみたいな双角=ブライドルキャッチャーは無いのか」と。

97 :名無し三等兵:03/12/22 16:09 ID:???
>92>93

 グラマンの宣伝写真で、翼を拡げた二機の後ろ(前だったかも?)で、
翼を折り畳んだ五機が並んでいる写真がありますよ。

98 :名無し三等兵:03/12/23 19:37 ID:???
ttp://www.angel.ne.jp/~tochy/airplane/1942/1942.mpg

でも零戦が相手じゃ所詮こんなもんさ

99 :名無し三等兵:03/12/23 22:21 ID:???
>>91
大戦後半の日本の空母が搭載機数を減らしたのは、
防御力を強化したという理由もあるようです。大鳳や信濃がその例でしょう。
ただ、いたずらに空母の艦載機の数を増やせばいいというわけではなく、
搭載機数が多すぎるワスプなどは、運用面に難があり、
これと言って目立った活躍もできずに沈んだようです。

その点、護衛空母は、防御力が非常に弱く足が遅いことを除けば、
そこそこバランスが取れているようで、このあたりが「F4F+護衛空母」が
陰の功労者であると言われる理由なのでは?
単に数で押したという見方もできますが。

100 :名無し三等兵:03/12/24 01:16 ID:???
>単に数で押した
目視戦闘の王道のような気が・・・

101 :FW190Ta152H-1:03/12/24 14:50 ID:m8vBzC8O
ワスプは同時期の他の米空母と比べると余り目立たないね。南太平洋海戦であっさり沈んだみたいだし。

102 :名無し三等兵:03/12/24 14:58 ID:???
>>95-96
ブライドルの回収成功率は2割を切るぐらいだったそうなので
基本的には消耗品と考えられていたようだ
これがジェット機の時代になって、高張力鋼を使ったオ高い
もんになったんで使い捨てできなくなったから今のリンクバー
式が考案された

103 :名無し三等兵:03/12/24 16:28 ID:???
>>99
大戦後半の搭載機減少についてはおっしゃるとおりかと思います。
ただ日本軍は真珠湾攻撃からミッドウェーに至る半年間に、
すでに空母搭載機を減少させています。
これはハワイ、ウェーキ島、ラバウル、オーストラリア、インド洋と
作戦を続ける過程での損耗を補充できなかったからだと思われます。
私が申し上げたかったのは、この点についてでした。


104 :名無し三等兵:03/12/25 22:01 ID:???
日本軍のパイロットは、いわば職人のように養成されていたわけですから、
少しでも消耗をおさえるように配慮するべきでしたね。
当時の日本軍では、飛行機の防弾装備が貧弱というだけでなく、
「被弾したら、たとえ帰還できても自爆しなければならない」という暗黙の約束が
あったそうですから。

105 :名無し三等兵:03/12/25 22:16 ID:???
>>104
うーん、難しいところですね。
1941年12月〜1942年4月に至る損害の多くは、やむを得ない消耗といえるかもしれません。
問題だったのは、これらの損失を補充する予備パイロットも、その訓練システムも、
不十分だったということではないでしょうか。

もちろん、いろいろ事情はあったのでしょうけれど、
瑞鶴が珊瑚海での艦載機の損失によってミッドウェーに参加できなかったのに対して、
ヨークタウンは(その多くがサラトガ隊だったとはいえ)艦載機をほぼ定数まで補充して
参加しているという状況を比較すると、やや差を感るところではあります。


106 :FW190Ta152H-1:03/12/27 00:43 ID:CzYr6kJY
>104
日本軍のパイロットは限られた武器弾薬その他装備の中で、職人のごとく手塩に
かけて育て上げたのだからこそ、もう少し戦闘で被弾しても何とか生還させる
手段を講じられなかったのか?それこそ貴重な戦力だったはずなのに。、むざむざ
死なせて味方の戦力も低下し、ひいては戦争そのものにも負けていくことになる

107 :名無し三等兵:03/12/27 00:49 ID:???
>>102
具体的なデータ感謝。やはり消耗品でしたか。
それにしてもスクリューに絡みませんかね(絡んだら面白いのに)。

108 :名無し三等兵:03/12/27 17:49 ID:???
>>105-106
アメリカの場合も、少なくともF4Fが主流だった時期は、パイロットの養成に関して、
お世辞にも効率が良いとは言えない状態だったようです。

ただ日本の新兵が、飛行機はもちろん自動車さえも運転したことがない場合が
ほとんどだったのに対して、アメリカは自家用機のライセンスなどを持つ者も
少なくなかったという点が大きな違いだと思います。
それに、天候の変化が激しい日本と比較して、アメリカの西部などは晴れの日も多く、
パイロットの訓練には最適だったようです。

そのような底辺の違いが、その後のパイロットの量と質に大きく影響したのでしょうね。
それに加えて、少々被弾しても帰還できたF4Fの防弾装備も重要だったのでは。

109 :名無し三等兵:03/12/27 18:37 ID:???
訓練する燃料が不足していたと言われますが、
何故南方で訓練しなかったのでしょう?

110 :名無し三等兵:03/12/27 19:55 ID:???
>109
現代日本語を用いて記述する際には、主語と目的語の少なくともどちらかは省略しないのが普通です。

111 :名無し三等兵:03/12/27 20:15 ID:03Fv7/gw
>110
ここは、現代日本語の書き方とは如何なるものであるか?についてあなたから講義を受ける場では無い。

112 :名無し三等兵:03/12/27 20:33 ID:???
喧嘩キタ━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━!!

113 :名無し三等兵:03/12/27 21:57 ID:???
>>109
燃料が足らなくなる頃には、南方が危なくなってたから。

114 :名無し三等兵:03/12/29 18:31 ID:???
時期と場所にもよるけど、戦争の後半の頃だと、
米軍のいわゆる飛び石作戦によって基地となる島が孤立してしまい、
自給自足で生きていくのがやっとで、訓練どころではなかったのでは?

115 :名無し三等兵:03/12/29 19:04 ID:+Oz+/+jY
加藤隼戦闘隊では現地で訓練する描写があったと思ったが
まあそれも開戦前の話だがな

116 :名無し三等兵:03/12/29 19:29 ID:zxnyjeKM
>>115
それは、練習機過程を終えた実戦機(隼)過程の飛行学生でしょう?

117 :名無し三等兵:03/12/29 19:33 ID:+Oz+/+jY
当然
赤とんぼなんか乗ってる奴が実戦部隊にいるわけがない

109の話はバレンバンとかの製油所の近くで
初練から育成するって話なのかな


118 :名無し三等兵:03/12/31 00:28 ID:???
>>98
スレ違いの亀レスではありますが...同じサイトにこんな動画もあります。

ttp://www.angel.ne.jp/~tochy/airplane/1945/1945.mpg

四式戦疾風の自動空戦フラップが動作する場面まで描写されており、
かなりの芸の細かさです。
ちなみに、このサイトの作者もF4Fをあまり高く評価していないようですが(w

119 :名無し三等兵:04/01/05 07:09 ID:???
どっかに保存されてる機体の飛行中の動画ってありませんか?

120 :名無し三等兵:04/01/06 00:31 ID:???
>>119
P-51などと違い、F4Fは現存している機体そのものが少ないので、
今あるF4Fだけの動画というのは、かなり見つけにくいのでは?
とりあえず、ネット上で見つかるのはこの程度です(記録映像)。

ttp://www.aircraftfilms.com/f4fpreview.html

アメリカの出版社によるF4Fを特集したDVDのプレビューです。
国内では『週刊 ワールド・エアクラフト』 のビデオくらいでしょうか。
それにしても、軍用機や戦車の名前でググると、
個人が作ったプラモデルのサイトが、たくさんみつかるけど、やはり、
外国でもミリヲタ=プラヲタなのかな(w



121 :FW190Ta152H-1:04/01/08 08:38 ID:hMzxrMA1
エアレースでもF8FベアキャットとP51が2大勢力のようだし。F4Fワイルドキャット
はなかなか苦しいだろう。現存している機体そのものは・・・・。少ないだろうな。

122 :名無し三等兵:04/01/11 18:30 ID:???
>>119
動画ではないけど、F4Fの詳細を知りたいなら、

エアロディテール 22 「グラマンF4Fワイルドキャット」 発行 大日本絵画

これがいいんじゃないかな。写真はすべてカラーで、コックピット内部から
主脚の細部にいたるまで詳しく説明されており、かなりの優れモノ。
ちなみに、飛行可能なF4F(本家グラマン製のもの)は、90年代前半の段階で、
すでに1機だけらしい。他はすべてFM-2のようだね。

123 :名無し三等兵:04/01/16 02:20 ID:???
DiscoveryChannelとかで飛行シーン出てませんか?

124 :名無し三等兵:04/02/10 09:48 ID:???
同時期に陸軍航空隊が使っていた機体との撃墜数の比較とかないかなぁ

125 :名無し三等兵:04/02/16 10:23 ID:???
フォッシュ

126 :名無し三等兵:04/02/19 16:50 ID:bq8//OEA
>>123 Discovery Channel とか History Channel の空母編にちょくちょく出てた

127 :名無し三等兵:04/02/19 18:50 ID:???
>>91 >>99
アメリカの空母の定数が多いのは、露天係止の機体も数に入れていた
というのも、理由のひとつです。
天候が荒れやすい北太平洋の運用には、大きな問題があり、ハルゼー
が酷い目に逢っています。

128 :名無し三等兵:04/02/20 07:42 ID:???
まあ話題が回転中ですね。

別に海が荒れたくらいで「酷い目」には遭わないわな。
ありゃ台風のど真ん中に突っ込んだからであって。

129 :名無し三等兵:04/02/24 13:39 ID:???
で、何となくこっちもageてみる

130 :名無し三等兵:04/03/01 03:09 ID:YLG93lPs
護衛空母で終戦まで使われていましたが
小型の空母にヘルキャットは無理だったとか?

131 :名無し三等兵:04/03/01 08:39 ID:???
>130

 米の護衛空母の中でもサンガモン級はF6Fを搭載しているし、
英の護衛空母もF6Fを搭載しているから搭載できないわけではないよ。

 米がF4F搭載を主としたのは、F6Fを積むと搭載機数が減少するとか
カタパルト使用の頻度が増えるとかの問題でしょう。

132 :名無し三等兵:04/03/03 10:53 ID:???
対地攻撃とか揚陸部隊の上空警戒程度ならF4F程度でもOKというのもあり?

133 :なでるくん ◆yRVFRjwmsI :04/03/03 21:11 ID:???
対潜スキームのF6Fって見たことないな
Uボート狩りはもっぱらF4Fの仕事か

134 :名無し三等兵:04/03/08 01:43 ID:???
スキームと言えば空母ガムビアベイに夜間スキームのF4Fの話がありました。

135 :名無し三等兵:04/03/11 21:36 ID:eFL5MpMI
F4Fって珊瑚海海戦ではどのくらいゼロ戦に撃墜されたの?

136 :名無し三等兵:04/03/11 21:41 ID:???
?


137 :135:04/03/14 16:03 ID:B7EwCejB
要は、F4Fは弱いってことです。

138 :名無し三等兵:04/03/14 16:26 ID:???
??

139 :なでるくん ◆yRVFRjwmsI :04/03/14 19:02 ID:Jup6ppf9
珊瑚海海戦ではドーントレスが零戦落としてます

140 :名無し三等兵:04/03/14 19:12 ID:???
>>137
それでも烈風程度が相手なら負けないと思う。


141 :名無し三等兵:04/03/14 20:16 ID:???
珊瑚海海戦の航空機損害は
日本側が81機、アメリカ側が60機、と手元の資料にはある。
詳しい内訳は知らん。


142 :名無し三等兵:04/03/14 21:39 ID:???
>140
96艦戦の間違いです

143 :名無し三等兵:04/03/14 23:43 ID:cNTlDM+3
>>103
まあ真珠湾攻撃に一機でも多く参加させる為に練習航空隊からも
搭乗員を回したとの事なので、その後縮小編成にしてもやむ得ないのでは?


144 :名無し三等兵:04/03/19 09:03 ID:???
戦闘機の量産能力よりも搭乗員の大量育成の方が驚異的ってことで。

145 :名無し三等兵:04/03/20 11:32 ID:???



146 :名無し三等兵:04/03/20 13:07 ID:???
>>144確かに。米軍だと腕が多少劣っても
数や豪華な周辺装備で補えたからなぁ

147 :名無し三等兵:04/03/20 13:19 ID:???
Fw190Aとくらべてもそう見劣りしない

148 :名無し三等兵:04/03/20 22:15 ID:???
F4ファントムは親戚なんですか?

149 :名無し三等兵:04/03/20 22:25 ID:???
ファントム部類

150 :名無し三等兵:04/03/23 11:12 ID:???
ぶっちゃけ、烈風ごときならF5Fスカイロケットでも勝てそうな気がする

151 :名無し三等兵:04/03/24 19:51 ID:???
ワイルドキャット>ヘルキャット>ベアキャット>トムキャット
ベアキャットとトムキャットの間の猫は何ですか?

152 :名無し三等兵:04/03/24 20:16 ID:???
>>151
クーガーとかパンサーとか


153 :152:04/03/24 20:23 ID:???
もうちょっと補足
グラマンF9Fパンサー 朝鮮戦争に参加
グラマンF9Fクーガー ↑の改良型
グラマンF10Fジャガー 可変後退翼機 不調続きで試作どまり
グラマンF11Fタイガー 超音速戦闘機 短期間で退役


154 :名無し三等兵:04/03/24 20:33 ID:???
つーか双発艦上機が抜けてるじょ
F7FタイガーキャットとF5Fスカイロケットだ。

155 :名無し三等兵:04/03/24 21:02 ID:6fIHHo+R
零VSキャットならただでさえ、零戦の法が有利なのに、
日本は日中戦争でバリバリの実戦経験があるのに対し、
大戦初期のF4Fは実戦経験が少ないからそりゃ零が勝つよ。
日本の実戦経験を練習面で捉えると中国は程よい強さで練習台には最適の相手だったのも
幸いしてるし、生還率も高い。)
模擬空線なんかよりよほど、上達すると思う。


156 :名無し三等兵:04/03/24 21:03 ID:6fIHHo+R
ところで>>98の動画のゼロがF4Fを撃墜する機銃は20mm?7mm?どっちなの?

157 :名無し三等兵:04/03/24 21:06 ID:6fIHHo+R
>>118
の疾風かっこいい。フラップ動作時の挙動は、左ひねりこみ?
もの凄い機動性棚。

158 :名無し三等兵:04/03/24 21:08 ID:6fIHHo+R
>>98
の動画は、増槽を次々と落すシーンが素晴らしい。
最後のとどめのシーンも零の上昇力の凄さを物語るな

159 :名無し三等兵:04/03/24 21:11 ID:6fIHHo+R

21型の増槽付きで3300km?もの航続力はマジすごいな。
百式偵やその他、日本機全般に燃費が良いのは、機体構造を零戦を基本にしている為?
(フレーム穴あけや超超ジュラルミン)

160 :名無し三等兵:04/03/24 21:16 ID:6fIHHo+R
日本機の風防は自分の頭が後ろに剥き出しで怖い

161 :名無し三等兵:04/03/24 21:19 ID:???
>>159
あちこちに燃料を搭載していること、防弾設備がほぼ無いので
機体が軽いことなどがおもな要因だね。
ま、単座戦闘機に3000kmも飛ばせてもあんま意味ないんだが・・・。
パイロットを消耗させるだけだね。

162 :名無し三等兵:04/03/24 21:24 ID:6fIHHo+R
>>161
クルマでいうと、九州から東京まで休憩無しで高速かっとんで、
そのまま東京の首都高でバトルを開始するようなものw

163 :152:04/03/24 21:56 ID:???
>>154
スマソ。ベアキャットとトムキャットの間の話だと思ってたよ


164 :True/False ◆ItgMVQehA6 :04/03/24 22:17 ID:???
>162
相手もプロですからむしろ、「九州から筑波まで高速を休憩なしで飛ばしてレースして、休憩なしで帰る」では。

途中で敵と遭遇しうるような空域であれば高速ではなく下道になるかな。

165 :名無し三等兵:04/03/24 22:39 ID:???
P?51の航続距離は3700kmだったはずだが

166 :名無し三等兵:04/03/24 22:41 ID:???
ああすまんP-51な
硫黄島から東京に往復で攻撃はなかなかの技だと思う

167 :名無し三等兵:04/03/24 22:50 ID:???
ガダルカナルではF4Fが主力だし43年春までに大勢は決まってる。

仮にF6Fが存在しなくて、エセックス級の艦載機がF4Fであったとしても
太平洋戦争の大枠は変わらなかっただろう。

168 :名無し三等兵:04/03/24 23:36 ID:???
ベテランパイロットが乗った零式に新兵の乗ったP-51が負けても仕方無い
もーね現代で言ったら、星野が乗ったDR30に初心者女が乗ったR34GTRが
負けるよーなもんだしね。


169 :重巡 ブリンツ・オイゲン:04/03/25 11:24 ID:54vlY1cU
ミッドウェーで零戦に撃墜されたF4Fは88機中26機です。

170 :重巡 ブリンツ・オイゲン:04/03/25 11:27 ID:54vlY1cU
で、SBDは128機中48機。

171 :名無し三等兵:04/03/25 11:37 ID:???
>>164
燃費最良の意味で言ってるなら高速を80-100km/hでクルーズした方が
ゴーストップが頻発する下道よりはるかに賢い

172 :名無し三等兵:04/03/25 12:00 ID:???
>>153
タイガーはブルエンで10年間にわたって使用されてるゾ

173 :名無し三等兵:04/03/25 12:03 ID:???
>>171
「途中で敵と遭遇しうる」=常に周囲を警戒
って意味だと思いますが

174 :名無し三等兵:04/03/25 12:58 ID:???
>169>170

 そのF4FとSBDの損失数は全喪失数だな。対空砲火による損失や
不時着水及び事故で失われたの数値を抜かないと正確な数には
ならんよ。

175 :名無し三等兵:04/03/25 21:43 ID:???
戦果に正確な数を求めるなどと・・・

176 :名無し三等兵:04/03/25 23:29 ID:???
   ∩___∩
   | ノ      ヽ
  /  ●   ● |    
  |    ( _●_)  ミ     ベア(クマ──!!)キャット
 彡、   |∪|  、`\
/ __  ヽノ /´>  )
(___)   / (_/
 |       /
 |  /\ \
 | /    )  )
 ∪    (  \
       \_)




177 :名無し三等兵:04/04/03 23:04 ID:???
随分やられましたけどパイロットの死亡率はどんなもん?

178 :名無し三等兵:04/04/05 10:49 ID:???
ゼロとP-51を比べると、ゼロは暖房無しサスがきついオープンカーで
P-51はラグジュアリーセダンだな。

179 :名無し三等兵:04/04/05 16:07 ID:???
米軍機は撃墜されてもパイロットの回収/復帰率が高いのがミソ。
というか日本軍は撃墜=パイロットの喪失ほぼ確定。

180 :名無し三等兵:04/04/12 18:22 ID:???
フォッシュ

181 :名無し三等兵:04/04/24 20:09 ID:???
こんなに大活躍したのに・・・

182 :名無し三等兵:04/04/29 15:44 ID:???
ワイルドウィーゼルスレかと思った

42 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.02 2018/11/22 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)