5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

自衛隊がファンタジー世界に召喚されますた 第10章

1 :名無し三等兵:04/01/22 23:22 ID:???
敵のオークが悠然と歩いてくるのには仰天した。
オークロードの中には、バールのようなものを手にしている人もいる。
私たちは銃撃を開始した。あとはどんどん弾を詰め込むだけだった。
連中は100匹単位で倒れていく。
狙う必要などない。彼らに向けて、引き金を引けばそれで済んだ。

                        ――ある一等陸士の手記より

ハイテク兵器VS剣と魔法

銃を手に、ファンタジー世界で生き残れ!

・sage進行

前スレ:
http://hobby3.2ch.net/test/read.cgi/army/1073833118/

2 :名無し三等兵:04/01/22 23:24 ID:???
暫定ガイドライン

1.「自衛隊がファンタジー世界に」とあるように、あくまで「現代日本」が主に関わる話であること。
2.現代日本というからには、自衛隊の組織・装備はあくまで現用もしくは近未来的に配備が予想されるものに限る。
3.空母・核兵器などの日本が配備するにはナンセンスなものは極力避ける。
4.あくまで「ファンタジー世界」の話であり、「超兵器まんせー」な話にならぬよう気をつける。ファンタジーに詳しくない場合、スレの住人に相談する。
5.ファンタジー側の人間もきちんと描写する方が好ましい。自衛官主観という演出などであえて描写しないのはこの限りで無い。
6、戦術、戦略としてありえないものを避ける。たとえば人間の徒歩部隊が一日に100kmすすむとか
7、敵にしろ味方にしろ主力に無敵を作らないほうがいい。
8.安易に萌えを狙うのは自粛すること。狙われても萎えるだけです。
9.嵐は徹底放置。嵐認定を受けた後に、かまった者も同罪とする。
10.SS作者は、抽出がしやすいようにトリップ装着を推奨。
11.感想書き込む人も節度や口調を考えるべし。作品が気に食わないなら透明あぼーん汁!

3 :名無し三等兵:04/01/22 23:25 ID:???
過去スレ
1 http://hobby.2ch.net/army/kako/1037/10371/1037116790.html
2 http://hobby.2ch.net/army/kako/1038/10388/1038809488.html
3 http://hobby.2ch.net/test/read.cgi/army/1041774797/
4 http://hobby.2ch.net/test/read.cgi/army/1045319445/
5 http://hobby.2ch.net/test/read.cgi/army/1052104929/
6 http://hobby3.2ch.net/test/read.cgi/army/1053596453/
7 http://hobby3.2ch.net/test/read.cgi/army/1061460453/
8 http://hobby3.2ch.net/test/read.cgi/army/1071232198/
9 http://hobby3.2ch.net/test/read.cgi/army/1073833118/


保存庫
ttp://shizuoka.cool.ne.jp/fantasure/
ttp://fwsdf.hp.infoseek.co.jp/

4 :名無し三等兵:04/01/22 23:28 ID:???
>>1
早いけどw乙

5 :名無し三等兵:04/01/22 23:29 ID:???
安易に萌を狙うなとあるのは、雑談にも当て嵌まる事なのですか?

6 :名無し三等兵:04/01/22 23:35 ID:???
>>5
いや 雑談くらいなら構わないっしょ
作品を作る際に、心に留めておこうね、って程度だと思う

7 :名無し三等兵:04/01/22 23:36 ID:???
あんまりルール厳しくしても、窮屈なスレになっちゃうし・・・


8 :名無し三等兵:04/01/22 23:39 ID:???
>>1等陸士、乙であります

>5
雑談で出る小ネタなら良いんじゃないかな?
端から萌え萌えしたSSはこのスレの趣旨と違うってことだね

9 :名無し三等兵:04/01/22 23:48 ID:???
>>7
どんなガイドラインが適切か考えるのは次スレまでの課題だな。

10 :名無し三等兵:04/01/22 23:55 ID:???
>>1
リオミアさんお疲れ。休んでいいよ。

11 :名無し三等兵:04/01/23 01:53 ID:???
メイド×自衛隊なんかでメイド萌えを主体とするなら自衛隊じゃなくても良いんで、別の板でやって欲しい。

12 :名無し三等兵:04/01/23 01:56 ID:???
>>1

「萌えが欲しいのなら違う板にいけ、ここは硬派な軍事版だ」
って言っちゃおうよ。

13 :名無し三等兵:04/01/23 01:58 ID:???
え”ーーーー。
メイドさんがいなきゃヤだ。


14 :名無し三等兵:04/01/23 02:16 ID:???
萌えだけを目的にするのは嫌だけど
ただ殺伐と軍事だけというのもシンどい。

15 :名無し三等兵:04/01/23 02:22 ID:???
萌えネタなしの粗筋

何故か異世界に来た自衛隊

敵(恐らくは帝国)と戦闘

延々と戦闘、ただしおなごの替わりにむっさい親父、トロールがワラワラと

飽きもせず戦闘、もはや虐殺の域

それでも戦闘、書いてる奴以外は鬱になるほど単純な虐殺シーンが延々と

書いてる奴も虐殺に飽きて終了

(゚д゚;)……ウ、ウマー?

16 :15:04/01/23 02:26 ID:???
ヤパーリ多少の萌えがないと自衛隊が召還されましたin日中戦争(ただし女子は1人も存在しません)小説になる予感
ライバルが存在しないと無理ぽ

ローマ時代の海戦に連合艦隊が召還されて暴れまわっても最終的には空しくなる悪寒

17 :名無し三等兵:04/01/23 02:28 ID:???
まぁ、メリハリも大事だけど、メリメリになっちゃダメよってことだ!

18 :名無し三等兵:04/01/23 02:42 ID:???
「武装」メイドの響きが隙だ。

19 :名無し三等兵:04/01/23 03:19 ID:???
>16
>ライバルが存在しないと無理ぽ

えっ? 奢る近代軍に、知恵と勇気で一泡吹かせるスレじゃなかったの?

と、まあ冗談はさておき、日本丸ごと召喚の場合は事態の把握と、
自衛隊の動員にかかる手続きが半端じゃないので、そのあたりで読者にストレスかけて
演出をタメにタメて、波動砲の如きカタルシスを味あわせるのが王道だろう。

20 :名無し三等兵:04/01/23 03:22 ID:???
>>15
そもそも、近代兵器がファンタジーの世界でも通用するのかというのが初心だったと思うが。
あちらの世界の法則に則っても圧倒できるのか、というのが問題だ。

21 :19:04/01/23 03:23 ID:???
そのあたり、元1だおー氏は上手いな。

22 :名無し三等兵:04/01/23 03:38 ID:???
……なんでこう「互角のドンパチ」をやらせたがる奴が多いのか。

日本側は、世界経済から切り離されて混乱する産業構造の再編成と安全保障、
F世界側は日本を取り込んだ世界秩序の再編が急務。

こういう考察をおろそかにすると話自体に説得力が無くなる、
戦場でのドンパチだけが戦争じゃない。

そもそもF世界に自衛隊と互角の正規戦をやらせようとしたら魔法を持ち出さなきゃならんのだが、
これまでの作品で魔法を全面に押し出したものは、例外なく厨な代物だ。

派手で互角の大規模決戦は、このスレとはかなり相性が悪い。

23 :名無し三等兵:04/01/23 03:43 ID:???
そもそも、中世社会に自衛隊と互角の正規戦をやらせようってのが間違い。

24 :名無し三等兵:04/01/23 04:28 ID:???
皆「そもそも」バカーリ。

「自衛隊」が異世界に召喚されるというスレタイなのに、
何時の間に日本全体、もしくは地域ごと召喚されるという話しになったのやら。

25 :名無し三等兵:04/01/23 04:39 ID:???
ドンパチ始めるのに必要な弾薬燃料その他もろもろをどっから調達するんだい?
という感じになって
どうせなら地域ごと転送
っていう風になったんかな。

そろそろ必死こいて応戦してたけど弾薬が無くなりかけて
中の人大変だなSSが見てみたいな。

「もうだめぽ・・・!」
「根性age」
「悪魔キタ━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━ !!!!!」
「おまいら!急造火炎瓶できますた!!」
「 神 光 臨 」

26 :名無し三等兵:04/01/23 05:54 ID:???
自衛隊のみ召喚でインフラ使えないとなると、結局戦国自衛隊のファンタジー版にしかならないと思うけどねぇ…

27 :名無し三等兵:04/01/23 07:43 ID:???
前スレ終了。
意外な所で滅茶苦茶寂寥感溢れる短編が…
きっと歴戦の勇者なんだろうな。ドクオ…

前々スレで厭戦的になってしまった陸曹の話を書いた作品を
思い出してしまった。

28 :名無し三等兵:04/01/23 10:21 ID:???
ドクオを始めとした、AAキャラ各小隊のいろんな戦いが見たい。
ドクオが待ちの戦術使いなら、ギコは攻めるタイプとか。モララーは手段を選ばないとか。

29 :名無し三等兵:04/01/23 10:55 ID:???
ヨーロッパの地図の「同緯度同縮尺の日本」を見てると、

北海道
冬でも平均気温が0℃を上回る。降水量は年間を通してほぼ一定。
したがって、暖房用の石油消費量を大幅に節約できるものと思われる。
そのかわり、雪祭りはしばらく開催できなくなる。
現在よりも農業に適した土地になるらしい。

本州・四国・九州
夏の降水量が激減。
そのため夏はカラッとして過ごしやすく、冷房用の電力を大幅に節約できる。
稲作にどれほどの影響があるかは考えたくもない。

沖縄
日本が弧状列島をしているため、大洋のど真ん中にくる。
万が一大陸の西側に隣接することがあれば、激しく乾燥して砂漠に近い気候に。

30 :名無し三等兵:04/01/23 12:40 ID:xCAOU2Hm
じゃあパラレルワールドにしちまったらどうだ?
地形だけが同じなパラレルワールドにね。

31 :名無し三等兵:04/01/23 12:54 ID:???
>>30
地形が同じだとそれこそ大陸進出&東南アジア進出しないとならないので
第2次世界大戦再び・・ですな。

パラレルワールドぐらいは隣に異常な国が無い場所にして欲しい・・・

32 :名無し三等兵:04/01/23 13:22 ID:???
打通さん再び・・・

33 :名無し三等兵:04/01/23 13:30 ID:???
もしくは移転先でこちらが分裂して2カ国に別れるのは?
積極派と慎重派や、県なんかに分裂したり
これなら互いの武器は使えるし他の国との交渉や戦争の幅もできる
でも、話も広がりすぎてややこしくなるけどねw
途中で放り出す確立が高くなりそう

34 :名無し三等兵:04/01/23 13:48 ID:???
>>33
F世界に対するハンデとしてはちょうどいいが、
F世界がちょっかいかけてきたら一つにまとまりそうな予感。

で、国論が統一されつつある中、独り空気の読めないサヨ。
その前に極右もどうにかして欲しいな、こういう状況下には必ず台頭する連中だからな。

35 :名無し三等兵:04/01/23 14:06 ID:???
ヨーロッパや、カリフォルニアは大陸の西側で暖流が流れ込むから
緯度の割りにあったかいよな。
大陸の東側の朝鮮、ニューヨークはむちゃくちゃ寒い。
どこに召喚されるかわかんないし。

召喚された、ファンタジー世界の惑星の自転の向きや速度、傾き
質量、成分、衛星の有無、造山活動の活発さとか現代でもどうしよ
うもないファクターも絡んでくるだろうなぁ。
安定した地域には自衛官と一緒(あるいは、一般大学出の博士号を
持っている自衛官とか・・少なそうだけど)に学者も同伴して世界を知ることが
重要になるな、(恐竜の所で学者がいっぱいいたけどあんな風になる
んだろう)ファンタジー世界でも学術的に体系化されていなくても(現代
とは違う視点で体系化されている可能性は高いけど)天文、気象、生物
に関する蓄積はあるだろうから、それを聞き出すのも重要だ。

それを機会に地元住民と交流を深めればある程度の関係は作れるだろう
シーボルトだって日本にも妻がいたし。
アジサイの昔の学名Hydrangea otakusa の`otakusa `はシーボルトの妻の
「お滝さん」からシーボルトがつけてるし、似たようなロマンスがあるだろう。

36 :名無し三等兵:04/01/23 14:19 ID:???
http://users72.psychedance.com/up/img/4/20030917/23414715.gif
DDHってこんなやつ。

37 :名無し三等兵:04/01/23 14:25 ID:???
>>29
地図を見ながら、
北海道を窓口にF世界のヨーロッパにあたる地域と交流する一方、
伊豆諸島、マデイラ諸島、小笠原諸島、カナリア諸島を経由して
現在の西サハラ(に相当するF世界の土地)に入植しつつ、
農耕に適した土地を求めて海岸線を南下する日本人移民を想像しますた。

38 :名無し三等兵:04/01/23 16:07 ID:???
ゴトウさんの帝都攻略戦に使われたのはこれだってさ。
「世界の妄想艦船」ってページで13500tの新型DDHをベースにしたのをモデルにしたんだって。

ttp://members.at.infoseek.co.jp/n_hikkii/DDH_CVL_2.html
外観図

ttp://members.at.infoseek.co.jp/n_hikkii/DDH_CVL_22.html
格納庫検討

ttp://members.at.infoseek.co.jp/n_hikkii/DDH_CVL_2EL.html
塩害対策検討

39 :名無し三等兵:04/01/23 16:14 ID:???
ちなみにこれが38のいってた世界の妄想艦船のページアドレス
http://members.at.infoseek.co.jp/n_hikkii/
なお参考として海上自衛隊の艦艇集
http://users72.psychedance.com/up/img/4/20040122/04125818.jpg

40 :名無し三等兵:04/01/23 16:43 ID:???
>>38
本人じゃないのに何故それが元ネタだと断定的に解るのか?
そんな事は本人一言も言ってなかったと思うが・・・


・・・・もしかして本人様ですか?
仮にそうなら荒れる元になるんで止めてもらいたいです。

もし違うのならこの文は無視してくだされ。

41 :名無し三等兵:04/01/23 16:51 ID:???
>>40
本人様が前スレで言っていたぞ

42 :名無し三等兵:04/01/23 16:57 ID:???
>>41
失礼した。確かに前スレ690にて確認。
此方のミスです。謝罪します。

以前そういう自作自演でスレを荒らした輩がおりましたゆえに
疑心暗鬼になっておりました。

この場を借りてゴトウ氏および>>38氏への謝罪を行わせてもらいます。
すまそ。

43 :名無し三等兵:04/01/23 16:58 ID:???

日本から異世界への移民(想像図)

http://denn-2.hp.infoseek.co.jp/cgi-bin/img-box/img20040123165612.jpg

44 :名無し三等兵:04/01/23 17:51 ID:???
>>43

これって復員船?それとも北チョンに行く船?(((( ;゚Д゚)))

45 :名無し三等兵:04/01/23 18:37 ID:???
F世界の国力と兵制はどの程度なんだろ?

元1だおー氏の小説では百万と号していたけど、
近代以前に其れだけの兵力を動員した例は隋の高句麗遠征以外にあったっけ。

それとも明の「常備軍220万」と同じフカシなんだろうか。

常備軍なら小兵力だろうし、農民兵なら秋は殴り放題だな。

46 :名無し三等兵:04/01/23 18:48 ID:???
中世ヨーロッパの人口
http://www.ku-rpg.org/trpg/population.html
から推測できないかな。

47 :名無し三等兵:04/01/23 19:18 ID:???
実際のヨーロッパでは、フランス革命以前は戦力のほとんどを傭兵に頼ってたらしいが。

48 :名無し三等兵:04/01/23 20:13 ID:???
メイドさんのSSまだ〜チンチン(AA略)
SSのメイドさんは却下。

49 :名無し三等兵:04/01/23 20:15 ID:???
>>45
人口の1%を動員できたとしても帝国内の総人口が一億ってことに。
実は農作物の生産性がアジア並なんでは?主食も米とか。

で、脳内補完。
帝国はインド半島・インドシナ半島あたりから攻めてきて、華南、華中、華北と次々に占領、
東北や朝鮮半島のほうまで攻めてこようとしたため、日本が召喚される。


50 :名無し三等兵:04/01/23 20:17 ID:???
>>48
板違い。

51 :名無し三等兵:04/01/23 20:37 ID:???
>>49
中世欧州よりも中国をベースに考えた方がいいかも。

>で、脳内補完。
アラカン山系、メコン、華南のクリーク、長江、黄河、越えるべき障害が
多すぎやしませんか?
と、ここまで書いて「海洋民族なら可能かも」と思ってしまった。

インドより発し、インドシナ、オセアニア諸島を押さえ、海から一方的に大陸を殴りつづける海洋民族萌え。
イメージとしては「海のモンゴル」みたいな感じで。

52 :名無し三等兵:04/01/23 20:39 ID:???
>>51
海自との大規模な海戦を期待sage

53 :名無し三等兵:04/01/23 20:49 ID:???
>51
なおかつ沿岸部にも支配を及ぼしている、と。

まぁ、そういう国家を想定しないと海と空の出番が作りづらいね。

54 :名無し三等兵:04/01/23 21:04 ID:???
舞台は、秦の始皇帝が中国を統一できなかったため、
いくつもの小国に分裂した状態の中国ってとこか。

お茶が出たりする点も納得だな。

55 :名無し三等兵:04/01/23 21:05 ID:???
>>52-53
セイロンあたりに本拠地を置いてるってのはどうよ?
大陸は「解放」したものの、オセアニア諸島では帝国の残党が抵抗を繰り広げ、
広大な戦線に人手を取られる自衛隊。

一方、帝国の本拠地では徹底抗戦の構えを取り、セイロン全島を要塞化。
広大な版図から上がる商業利益で、資本の蓄積が成されて国民の生活レベルは高く、
強い国家的忠誠心と世界最強の自負からくる、高いプライドを持つ連中がわんさか。

橋頭堡は確保したものの、決死の覚悟で抗戦する帝国。
……これじゃ悪者は自衛隊だな。

56 :名無し三等兵:04/01/23 21:07 ID:???
>>51
それぐらいの技術があるのなら動員力だけでなく、長距離航海に最低限必要な
基礎的医学、栄養学、または構造力学などの点も相当レベルの文明に達しているだろう。
食糧の保存のために缶詰なども開発されている予感。

また、輸送量増加のために船舶が見直されガリオン船レベルの物も開発されているかも知れん。
海戦のために100門近いカルバリン砲を積んだ戦列艦とかがでてきたら燃えるなあ・・

57 :名無し三等兵:04/01/23 21:20 ID:???
>>56
それだけじゃない、それらの技術を効率的に運用する為に、
相当高い組織管理能力を身に付けてると思われ。

55にあるように、蓄積した資本で社会インフラを整備してるだろうし、
となれば臣民の教育レベルも高く、国民国家を形成してもおかしくない段階にあるかと。

魔法抜きでも、かなり苦戦の予感。


58 :名無し三等兵:04/01/23 21:21 ID:???
海洋国家VS大陸国家・・・そこに介入する自衛隊・・・。

大陸に深入りするのも、限りある資源で海洋に進出するのもどっちも難しそうだなあ・・

日本の本質的には海洋国家なんだから海洋同盟結んで大陸の入り口あたりでうろついてる方がお得そうだなあ・・・

59 :名無し三等兵:04/01/23 21:24 ID:???
逆だろ?
大陸国家とむすんで、海洋国家を滅ぼす方が現実的だと思うんだが………
そっちの方が戦争も有利に進められるだろうし。
大陸相手だと、兵力が足りなすぎるだろう。(海相手でもどうかとは思うが、大陸相手よりはまし。)

60 :名無し三等兵:04/01/23 21:26 ID:???
ベトナム戦争でアメリカを日本に置き換えた場合と同じにならなければいいがな。

61 :名無し三等兵:04/01/23 21:32 ID:???
歴史的に有名な大陸国家。
ローマ マケドニア ドイツ(プロセイン含む) トルコ ヒッタイト エジプト
フランス 中国 ロシア インド モンゴル

歴史的に有名な海洋国家
カルタゴ イギリス 北欧(バイキング)日本 アメリカ スペイン 
ポルトガル オランダ イタ公

参考になるような国家は上の様のな物になるな・・・

>>59
そうか?歴史的には海洋国家の方が強い場合が多いぞ?
海洋交易による経済力は馬鹿にならんし、経済力に裏打ちされている軍事力も脅威だ。
尚且つ海上展開には数多くの港湾、燃料、資源を手に入れる必要があるが
異世界に飛んだばかりの日本が燃料が切れるまでに制海権を握れるだろうか?相当疑問だが・・・
仮に燃料が切れるまでの制海権を得たとしても、燃料が打ち止めになれば
今度は逆に海上封鎖で此方がやられるぞ。

62 :名無し三等兵:04/01/23 21:34 ID:???
>>60
ベトナムは兵力の逐次投入という最大の失敗が敗北の原因だと思うが・・・
アメリカ軍の戦略もはっきりした物が無いしねえ・・・

それにロスケの武器弾薬の協力や中国による聖域の提供もあったからなあ・・
参考になるのか?

63 :名無し三等兵:04/01/23 21:37 ID:???
海洋国家の防衛線は大陸の港の内側にある。

>>45
中世西欧はあんまり穀物が取れなかったから、100万もの軍隊なんて動員できないよ。
実は中世期は西欧より東洋の方が強かったりする。

64 :名無し三等兵:04/01/23 21:39 ID:???
海軍はそれだけ金がかかる。
初戦である程度の打撃を与えられれば、どれだけ金があっても関係ないだろう。
それに、燃料キレルまでに相手の本拠地を圧倒的勝利で制圧できれば、
完全ではないが政治的にも有利にたてるだろうし、相手も迂闊に手を出してこなくなるだろう。
第一、中世レベルの海軍と自衛隊では比較にならんだろ。大戦中の艦船ならともかく………

65 :名無し三等兵:04/01/23 21:41 ID:???
>>63
ここまでの流れを見る限り、格好だけ中世欧州だけど、
舞台は東洋なんだろ。
そのほうが召喚される日本にしても食料生産の面で都合がいいし。

66 :名無し三等兵:04/01/23 21:42 ID:???
>>64
それを言うと大陸に進出する方が楽だぞ。
港湾とその周辺だけを征圧して後は無視だからな。

>>第一、中世レベルの海軍と自衛隊では比較にならんだろ。大戦中の艦船ならともかく………
比較になったら恐いって・・・
逆にいえば中世レベルの陸軍が自衛隊に勝てるわけ無いだろ!とも言える訳で。


67 :名無し三等兵:04/01/23 21:53 ID:???
>>61
>今度は逆に海上封鎖で此方がやられるぞ
帆船でタンカーは捕捉できんでしょ。

>>46
そのページ面白いな。
それみたいに、もっと生活レベルに密着した話題が欲しいところだ。

てな訳で参考資料として、
阿部謹也著「ハーメルンの笛吹き男」をあげてみる。

中世都市の生産力、司法、行政、立法と産業構造、統治機構から
市民の食事、衣服、労働条件といった生活実態から信仰に関わる精神世界にまで言及しており
大変お得な一冊かと。

68 :名無し三等兵:04/01/23 21:58 ID:???
なにがともあれ、まずはメイドさんだな。

69 :名無し三等兵:04/01/23 21:59 ID:???
>>64
>>66
ここはひとつ、お互いに大陸政策と海洋戦略、
それぞれのメリットとデメリットを書き出して比較してみては如何?

70 :名無し三等兵:04/01/23 22:00 ID:???
>68
激しく同意。


71 :名無し三等兵:04/01/23 22:01 ID:???
>>46

京大RPG研究会
http://www.ku-rpg.org/
だな。「RPGに関する雑文」からいろいろ辿れる。

他に、
http://ww2.enjoy.ne.jp/~tteraoka/
ここの「ファンタジー資料」などはどうだろうか。

中世史では以下のサイトが有名らしい。
http://www.toride.com/~canossa/

72 :名無し三等兵:04/01/23 22:01 ID:???
いやいや、陸だと数と戦法で撹乱はできるだろ。
海だとレーダーを持つ自衛隊の方が圧倒的有利だし、陸戦だって必要最低限で済む(大陸戦と比較してな)。
自衛隊自身の戦死者も押さえる事ができて、民間団体の皆さんの追求も(ry
物資運搬上の都合も海運の方がよさげ。

日本に必要なのは大量に物資を調達する事と、それを運搬する航路の確保だと思うんだが、海運帝国は明らかに邪魔だろ。
帝国近海を通る度に、帝国軍艦が商船を検閲とか言って嫌がらせしてくるのは目に見えている。
そういうのが意外な役人の小遣いになってたりするし、海軍のメンツを保つ上でも重要だ。
同盟したとしても、同等の要求をしてくるだろう。守ってやってンだから賄賂よこせとか。
日本の定住に大きく作用するであろう海運。その潜在的な敵である帝国海軍は動ける内に叩くのは道理。
また、海運を獲得できれば大陸帝国に対する政治的なカードにもなる。
運がよければ、海運帝国の海図などの情報から広大な無人島や大陸が見つかるかも知れない。
同盟の場合、完全に教えてもらえないか、それ相応の条件(貿易権や異世界での大金)を用意しなければならないだろう。

近海の海賊連中もウザイだろうし、そう言う輩に心理的に圧力を掛ける意味でも、
海運帝国に圧倒的勝利を治める事は良い案だと思うんだがどうだろうか………

73 :名無し三等兵:04/01/23 22:06 ID:???
>72
大筋としてはイイ!と思うんだが、海自は外洋海軍じゃあないからね……。

自力で展開し行動できる範囲は極めて限られている。
洋上で出会う有形の敵に百戦百勝であろうとも、距離という敵だけは乗り越えられない可能性あり。
早期に油と食い物が確保できるかどうか、だ。

近隣大陸までの輸送ライン確保が手一杯とかいう状況であるなら、海洋支配は後回しになってしまう。
つーわけで、使えるリソースを考えないと。

・召還時点での手持ち
・数ヶ月のタイムスパンで入手できる資源

これは最低でも考察しないと。

74 :名無し三等兵:04/01/23 22:09 ID:???
なんつーか、大陸相手にしてもいいんだけど、日中戦争を思い出しちゃうんだよな。
始めは帝国だけ相手にしてたつもりが、いつの間にやら周りは敵だらけみたいな。
海運帝国に敵に回られたら、大陸に野心燃やしてる場合じゃ無くなるし。
下手すりゃ、大陸との戦争終わってみたら海運帝国に借金大杉。または海運の利権取られ過ぎ。
なんて事になるような悪寒がスゲーする。

海運帝国のイメージって英国だから。

75 :名無し三等兵:04/01/23 22:15 ID:???
>>54
そんなあなたには
青木基行著「龍騎兵」がお薦め。

16世紀の東アジアを舞台にした、
劉邦が匈奴に敗死して中国が統一されなかったという設定の小説です。

ヒロインの軍事思想はまんま現代のそれなんでこのスレの趣旨に少しかすってるような。

なにより兵站と組織マネジメントの描写があるのが素晴らしい。

76 :海洋信者:04/01/23 22:15 ID:???
>>69
なるほど。了解した。
取り敢えず当方が考える海洋国家との同盟による利点欠点は以下のものです。

利点
1、海上貿易による莫大な利益が見込める。
2、海上優性(制海権)を此方が握れるのなら最悪でも敵性国に本土が脅かされる事は無い。
  というよりも主力港湾さえ占領しておけば敵は海軍の構築すら出来ない。
3、物資輸送の効率。陸上輸送にくらべて5倍以上の効率で物資を輸送しうる。
  また石油が手に入るまでの代替手段としての帆船の入手や運用の際にも協力関係を結べるだろう。
4、海上輸送の安全化。・・・現実世界でも漁船がタンカー制圧する海賊事件は相当起こっている。
  以下に海上自衛隊が強力であろうとも、将来構築されると思われるシーレーン全体の防御を単独で行なう事は不可能だろう。
  未だにマラッカに海賊が出る事をお忘れなく  
5、大陸における戦闘地点を此方が選択しうる。

欠点
1、海軍事態が維持費かかりすぎ。
個人的解釈(維持費がかかりすぎるが利益も大きいのでたいした欠陥ではないと思う)
2、大陸進出の際に大陸での戦闘での消耗
個人的解釈(イギリスのように深入りせずに港湾で稼げばモウマンタイ)
3、食糧確保の困難・・満州事変はやりたくない
4、鉱山資源の入手困難
個人的解釈(交易で手に入れられる可能性あり) 
  

77 :名無し三等兵:04/01/23 22:16 ID:???
大陸相手は戦争が早期に終わりそうもないって危惧もある(海の方は陸よりは早く決着が着きそう)。
物資に乏しい日本側には辛いところだと思うんだが………

78 :海洋信者:04/01/23 22:20 ID:???
>>77
そんなの無視です無視。海洋国家は沿岸部以外に興味持つ事は許されません。
大陸奥地に進出した海洋国家がどうなったかは先の大戦で証明済みです。


79 :名無し三等兵:04/01/23 22:24 ID:???
カルタゴは殆んど壊滅して取り上げられた海軍を数年で復活させた。


80 :海洋信者:04/01/23 22:26 ID:???
ただ・・効率を無視して話をするとなると
海洋国家と戦う方が面白い話を書きやすいかもしれない。
大陸国家との戦闘は単調になる傾向が強いし。


81 :名無し三等兵:04/01/23 22:27 ID:???
>76
問題は交易によって、数千万人分の食糧を確保できないこと。
大陸国家の生産力は恐らく1〜3億人が自給自足するのがやっと、の
だと思われる。
大陸帝國に農業技術を供与して生産性向上を待っていたら、数千万人
の餓死者が出ると思われ。
イヤでも大陸進出して、農地を確保しないとダメ(爆)

82 :名無し三等兵:04/01/23 22:30 ID:???
>>76
前々スレで「イギリスの如く海だけ押さえとけば?」
と聞いたところ、「大陸の市場規模と農鉱業の生産量が小さすぎて商売できないから意味なし、
直接制圧して、開発統治をやらないと日本経済が回転しない」といった趣旨の回答をいただいたのですが、
その点どうなんでしょう?

大陸に中国並みの生産力を持たせると、話しは変わってくるのでしょうか?

83 :海洋信者:04/01/23 22:36 ID:???
>>81
なるほど。食糧問題ですな。
確かに貴方の言うように陸『だけ』に食糧を求めるのならその通りでしょう。
食糧問題を考えるに、償還直後に食糧大増産計画を立てたとしても
結果が返ってくるのは半年以上、一年前後の月日を必要とすること。ですね
大陸奥地に進出しようがしまいが絶対にその程度の月日を必要とします。
が、最初の一年を耐え切れるのなら国内生産だけでも相当生産力を上げうるのです。

食糧問題は最初の一年が問題。
それ以後は大陸に進出しようがしまいが殆んど同じでしょう。
輸送に無駄に燃料を使わない分、国内生産のほうがいいと思われます。
人員は大漁のサラリーマンが余ってるでしょうしね。

84 :名無し三等兵:04/01/23 22:42 ID:???
大陸帝国との同盟による考察。(俺一人じゃ歯抜けになると思うンで援護頼みます。)

利点。
1.自衛隊の人的損失。その時になってみないと分からないが、陸戦よりは被害が少ない。
2.敵の回復が遅い。兵卒と違って、海軍は今も昔も戦力回復が難しい。よって短期決戦で戦費も浮く。
3.戦闘行動がそのまま示威行動になる。これは海賊・大陸に対してもカードになる。
(これは陸戦にも言える事。だが、海の戦力を陸に見せつけるのとその逆では、海と戦った方が印象は大きい気がする)
4.理想的な形で海運能力が手に入る。直接的に商業活動・情報収集できる(利権の独占)。
 運が良ければ、本土以外の無国籍の土地も手に入る。
5.将来、大陸に進出するにあたって、後方の憂いは無くなる。これは重要。

欠点。
1.最大の欠点は食料の大量確保。作物関係は大陸帝国の土地を借りるしか無さそう。
 それまでのつなぎをどうするかが課題。
2.海軍の維持。(海運帝国瓦解後は主力を帆船に移すとか、維持費を落とす方法は幾らでもあるし、貿易利権で金も入るので問題無し?)
3.立地条件にもよるが、戦争中の海運輸送。大陸帝国に隣接(現代の日本と中国くらい)してれば問題無さそうだが・・・
4.戦争後の治安状況(海運帝国残党の海賊化)。これをなんとかできれば、一山越える事になる。

・・・まだありそうだが、ひとまず。
2.

85 :名無し三等兵:04/01/23 22:46 ID:???
>83
1年後には食糧問題を解決する必要がなくなる、というのが正しいと
思うが(w


86 :名無し三等兵:04/01/23 22:47 ID:???
大陸と戦争しないで、湾岸部だけ借用という方法論はなしですか?
どうせ、海を倒したら陸なんだし。

87 :海洋信者:04/01/23 22:47 ID:???
>>82
なるほど・・・そう言う意見もありますな。
ですが、大型港湾都市を抱えていない国に発展していた国があったでしょうか?
鉄道輸送があればまだしも、そんなものが存在しないのに。
大規模な港湾都市が無い=対した国ではない。古代と一部の例外を除きこの図式が成り立ちます
それなら大陸に進出するのは簡単でしょう。
わざわざ簡単に進出できる場所があるのに海洋国家と戦っている暇なぞありません。
とっとと大陸に進撃しましょう。

また大陸港湾都市には大陸自体からの収益だけでなく、
海洋国家同士の中継港としての価値もあります。
昔マカオなどが繁栄した大きな理由のひとつです。

88 :名無し三等兵:04/01/23 22:49 ID:???
米の備蓄量は約半年分とどっかで見たような気が。
ただし、消費量が現在並で増えなかった場合。
自給率がカロリーベースで40%な国の中の人も大変だな。

89 :名無し三等兵:04/01/23 22:50 ID:???
あと、最近餓死者1千万という数をよく見るが、
座して餓死する日本人がそれだけいるのかと言う疑問がある。
単純に引き算すればその数になるのかもしれんが・・・

90 :海洋信者:04/01/23 22:50 ID:???
>>85
確かに言えてるw が、それはどっちも抱えてる問題だねw
>>86
なるほど。香港のような感じですな。
確かにそれは海洋国家にとって有効な手段です。

91 :名無し三等兵:04/01/23 22:54 ID:???
海側に潜在的な敵を残すのは如何なものか。
海の上の行動力は陸上をはるかに凌ぐ。
大陸で戦闘してる最中に、本土に上陸されたら目も当てられない状況に・・・
飛び石作戦を海運帝国にかまされた日には、大陸と戦争どころじゃないと思うんだが。

92 :名無し三等兵:04/01/23 22:55 ID:???
つまり真の目的は大陸の開発統治。

その為には、ちっぽけな儲けで満足している
海運帝国をぶっ潰さなきゃ駄目ってこと?

93 :名無し三等兵:04/01/23 22:56 ID:???
>89
国内で自給可能な人数は約6千万。
食糧の備蓄を半年分。
大陸でも自給自足がやっと。
1千万人分の食糧を確保するためには1千万人殺す必要がある。

さあ、何人餓死するか考えてみよう。


94 :海運帝国攻撃派:04/01/23 22:56 ID:???
海洋信者さんは大陸戦争派?
根本は同じような気がする・・・

95 :名無し三等兵:04/01/23 22:56 ID:???
>>89
座して餓死するのを待つってのなら、6〜8千万は死ぬと思われ。
国内だけで頑張ってどれだけ自給率を上げられるかなぁ。

96 :海洋信者:04/01/23 22:57 ID:???
>>海を倒した後、陸へ
と言う意見も間違っていないと思います。

ただ問題は、戦争終結後、日本のように大人しく統治される国ばかりではないということです。
部族による反乱、戦争終結後の混乱。旧政府軍の残党などなど・・
統治するには制圧するのに要した兵力と同じだけの兵力が必要になるでしょう。

海洋国家をぶちのめすのは大陸沿岸部である程度体力を付けてからで構いません。
どうせ兵器の差は歴然としています。

97 :名無し三等兵:04/01/23 22:59 ID:???
>>93
いやいや、だから、餓死する前にどっかに消えるでしょ。
大陸なりなんなりに。
別に鎖国してる訳でもないんだから。

まあ、大陸の国々は迷惑きわまりないが。
その分日本の技術とか手に入るから、そうでもないか。

98 :海洋信者:04/01/23 22:59 ID:???
>>94
そのとおりでございますw
大陸に生存権を求めるのは同じ。順番が違うだけ。

99 :92:04/01/23 23:00 ID:???
あ、91氏と同じ意見だ。

話としても、
日本側にこれぐらいの制約がないと面白くないし。

100 :名無し三等兵:04/01/23 23:01 ID:???
>>97
一日あたり何人ぐらいのペースで輸送できるかな。
とりあえず>>43並に詰め込んだとして。

101 :海運帝国攻撃派:04/01/23 23:03 ID:???
そうか・・・
俺はどうしても石橋叩くタイプだから、鮫の泳いでる海で商売はしたくないんだよなあ。
海運取れば戦費の元取れると思うし、戦争後の山を越えればそれ程人員も浪費しないで済むと思うんだけどな。
まあ、考え方か。

102 :海洋信者:04/01/23 23:05 ID:???
>>91
その潜在的な敵を味方にしてみませんかね?

確かに完全には信用できないが、此方とて海上戦力を陸に上げて戦う訳ではなく
海上戦力は大陸港湾で、またはシーレーン上で自国船舶の護衛を行なっているんですから。
仮に裏切られても補給線を寸断すれば・・・て、この時代の軍隊なら略奪で部隊を維持しかねんな・・・

・・・・・ま、まあ此方は機動隊や警察戦力、本土防衛の火力攻撃も行なえるんだから問題は無いよ。うん。

103 :海運帝国攻撃派:04/01/23 23:06 ID:???
ちなみに戦争後の方策として、異世界板ODAを発動する。
頑張ってくれ!!鈴木宗男!!

104 :名無し三等兵:04/01/23 23:07 ID:???
で、SSマダーーー(AA略)

105 :名無し三等兵:04/01/23 23:10 ID:???
>>104
http://www.sscom.co.jp/

106 :海運帝国攻撃派:04/01/23 23:10 ID:???
91をレスしたのは俺だけど、やっぱり異世界人を信用できないだろ。
初めはいいが、知恵がついて来てテロリストまがいをどんどん本土に潜入させられた日には正直ヤバい。
異世界でも組織的に拉致誘拐されたんじゃ、政府も責任問題になるだろう。

107 :名無し分隊指揮官:04/01/23 23:11 ID:???
 ファンタジー世界に移った日本が一番欲するのは食料と燃料ですよね?
 そうなって来ると、それをある程度素早く提供してくれるのは大陸帝国しか
無いと思うのですよ。
 侵略して、支配してっつーのもアリですけども、そうなると物資を生産したり
日本へと送るためのシステムを一から構築する必要がありますので、時間が掛かり
過ぎると思うのです。
 だから、まぁ大陸帝国とは自給体制が構築出来るまでは仲良くする必要があると
思います。

 で、海運帝国ですが、海運の名の通り物流で成り立ってますので、日本の欲しい
ものを即座に揃えられる訳では無いでしょうから、同盟相手としては論外ではないかと。
 というかですね、即座に回すだけの生ものの余剰物資がある様では、その行き先は
お先真っ暗でしょうから、まぁありえないと思う訳で(笑


 で、大陸帝国と同盟した後に、ファンタジーな人員を集めて外人部隊を編成するのって
萌えだよなーと思う訳で(笑

108 :名無し三等兵:04/01/23 23:11 ID:???
>>104
http://www.ss-info.net/

109 :海運帝国攻撃派:04/01/23 23:12 ID:???
って、106のレスって本題とずれてますな。スマソ。
なんか頭がボーとしてきたよ。

110 :海洋信者:04/01/23 23:12 ID:???
>>104
ttp://search.yahoo.co.jp/bin/query?p=%c9%f0%c1%f5%bf%c6%b1%d2%c2%e2++%a5%c0%a5%b9%a5%e9%a5%a4%a5%d2++%a3%d3%a3%d3&hc=0&hs=0

111 :名無し三等兵:04/01/23 23:13 ID:???
>>101
完璧な戦略には無限の戦力が必要だからね。
結局のところは「何を重視し、何に見切りをつけるか」ってことだな。

このあたりの判断の根拠になるのが、指導者の個性や組織の得手不得手なんだろうが、
一番まずいのは悪手を打つ事ではなく決断の先送り。

何時の時代も一番の敵は官僚主義の悪弊とか言ってみる。

112 :海洋信者:04/01/23 23:14 ID:???
>>101
いや、船舶を縦横無尽に走らせて警備船舶も出しまくれる状況下なら君の意見に賛成するんだが
此方は何分、補給不足で底が既に見えてる部隊で戦わないとならんのだよ。

仮に力を奪ったとしても海洋国家を制圧し続けるのにも、兵力が必要なの。
それだけの兵力が大陸から引き抜かれるということはそれだけ大陸の維持が困難になるということ。
痛めつけただけで放置するば必ず蘇ってくるよ。
食糧確保が楽な地点では大陸国家にとっても貴重な食糧を確保できる場所。
戦争以外の手段で確保は出来んでしょう

113 :海洋信者:04/01/23 23:15 ID:???
一応自分が双方の意見を纏めると。

海洋側
海と手を組んで大陸に進出し、力をつけてから海ぶちのめす

大陸側
海ぶちのめして後顧の憂いをとっての大陸進出。

と解釈しているがどうか?

114 :名無し三等兵:04/01/23 23:17 ID:???
>105、108、110
ページを表示できません、しか出てこねえぞ(ゴルア


115 :海運帝国攻撃派:04/01/23 23:18 ID:???
>>111
同意。
よくかんがえたら、国内の問題が山積み過ぎて戦争どころじゃない様な気がしてきた。
で気がつけば、たいした方策も取られないまま餓死者1000万人越えて、政府官僚崩壊。自衛隊大暴走。
理性的な戦略を立てられないまま、異世界をアメーバのように食い散らかして、最後に魔王の帝国として勇者に隕石落とされる。

荒唐無稽なこの説が、妙に信ぴょう性を帯びてくるのが怖い。

116 :名無し三等兵:04/01/23 23:20 ID:???
>>113
それでいいと思う。
私の好みとしては、先に海をぶちのめしたいところだな。

好みなんで、こっちが正しいとは言わんが。

117 :名無し三等兵:04/01/23 23:20 ID:???
最近帝都攻略戦以来小説の書き込みがないですな〜。
楽しみにしてるのに。

後ファンタジー世界にはモンスターがいるがそれは一体どういった影響を及ぼすのでしょうかね?
それと召喚された日本にはモンスターはいないからファンタジー世界の人間からは暮らしやすく見えるんだろうな・・。
他にも便利な「魔法」が存在するのも重要なのでは(できることにも限界がありますが)、人は面倒にもわざわざ機械などを作り出そうとするでしょうか?
人々がそういう「魔法」の便利さに慣れきった世界では恐らく機械文明は発達しないといいます。
だから魔法を使える人々が魔法を使えない人間を奴隷として行使している国があってもおかしくないといえます・・。
ただこれは特定の地域にそういった魔法を使える人々が一定数以上いなければ成り立つことはありませんが。

それともし機械文明と魔法文明が戦争をすれば最終的には機械側が勝つのではないでしょうか。
ファイナルファンタジー10およびファイナルファンタジー10-2ではベベル(機械)とザナルカンド(召喚術)の戦争がありました。
これは結局長期戦の果てにベベルが優勢になりました。
なぜかというと魔法や召喚術などは確かに強力ですがその人材を育成するのには時間がかかりすぎます。
おまけに強力な術ほど魔力の血統や適性、資質の問題などによって使える人間も限られ、戦力の供給が不安定ともいえます。
しかし機械、主に銃などは定期的な整備などは確かに必要ですが生産拠点を全て破壊されない限りある程度安定した供給ができます。
おまけにその兵器のノウハウは魔法と違い確実に次世代へと継承されていきます。
魔法と比べても短い期間の訓練で充分戦線に投入することが可能です。

118 :名無し三等兵:04/01/23 23:21 ID:???
食糧備蓄が6千万人を半年養う程度だとしても、
その基準が今の食べ物いっぱい夢いっぱいな状況だったらもう少しマシになるかも

そもそも日本国は国民に対する統制力が大した事なさそうなんで短期決戦で決めないと
暴動起きて戦争どころじゃなくなって自滅が確定するぞ

119 :名無し分隊指揮官:04/01/23 23:22 ID:???
>>112
 何も、目に付く海域全てを最初から確保する必要は無いのでは?
 日本の欲する物資を得られる港湾とのSLOCを維持すれば良いだけですので。

 日本はSLOCを確保し、生存可能な状態を構築した後は、科学技術他を総動員して
組織や技術のF世界への適応を進めていけば良い訳で。
 時間と共に戦力が強大化していくのは、何も海洋帝国だけでは無いですよ(笑

 後、海洋国家との距離や規模が判らないと、詳細はどうにもならないと思いますよ(笑

120 :名無し三等兵:04/01/23 23:23 ID:???
>>118
いや、西洋食に傾いて米の消費量が本来の半分まで落ちこんでる状況での「半年分の米」らしいw

121 :海運帝国攻撃派:04/01/23 23:25 ID:???
>>113ちょっと違う。

海→主力を倒して本拠地制圧(軍事、商業の最大勢力を潰す)。現地の反体制勢力を利用して周辺に根回し。(完全制圧ではない)
  領地にするンじゃなくて、植民地。日本に取って利益じゃなければ、現地の勢力に譲渡してもいい。

陸→湾岸を借用し、来るべき日の為に金と情報、人脈(大陸帝国反体制勢力)を揃える。
  そして、準備を万端に整えて侵略開始。

122 :名無し三等兵:04/01/23 23:26 ID:???
海運帝国・・・・・・港湾を封鎖してしまえばいいでしょう。
ただ、問題は木造の帆船に効果があるかといわれると・・・・・。

使えそうなもの
接触方式

音響感応(可能性だけはある)
水圧感応(可能性だけはある)

使えそうにないもの
磁気感応

http://homepage2.nifty.com/captain-z/publicity/academy/studies/weapons/mine.htm#3


123 :海運帝国攻撃派:04/01/23 23:26 ID:???
121は俺の意見。

124 :名無し三等兵:04/01/23 23:27 ID:???
>120
ダメじゃんw
半年どころか3ヶ月じゃんw
しかも米だけだしw

こうなると大戦力の集中投入で大帝国の首都に電撃戦かまして乗っ取るしかないような…

125 :名無し三等兵:04/01/23 23:27 ID:???
>>117
>ファイナルファンタジー10およびファイナルファンタジー10-2では
>ベベル(機械)とザナルカンド(召喚術)の戦争がありました

参考資料を上げるなら物理法則と史実か、それに準拠した仮想史に限定してくれ。
ゲームの話をされてもリアリティが無い。

126 :海運帝国攻撃派:04/01/23 23:29 ID:???
ごめん。言葉が足りない。113の箇条書きの意味を理解してなかった。
121は海運攻撃派のそれに対するスタンスの箇条書き。
ごめんなさい。

ちなみに、113はだいたいあってる。加えるなら、大陸には「時期を見て」かな。

127 :海洋信者:04/01/23 23:30 ID:???
>>119
無茶を言うなよ・・・この議論の前提は現在の地球と同じ地形のパラレルワールドと言う設定ではあるが、
もしそう言う設定ならシーレーンは現実と同じではるか彼方まで伸ばさないといけない。

仮に違ったとしても『日本周辺にありとあらゆる資源が露天掘りできるほどある』
と言うような地形に恵まれん限り自主海洋防衛は無理だ。どうやってもシーレーンが延びる。

現行の海自戦力では内線航路の防衛すら出来んのだぞ?
幾ら敵がヘタレとはいえ、それだけの面積を日本が守れるか?
護衛群で護送船団を形成するにしても、輸送量の激減は免れんし。

128 :名無し三等兵:04/01/23 23:31 ID:???
>125
ソースは確かにアレだが、言ってる事はそう間違ってないと思う
しかしF世界には問答無用に桁外れな「個人、又は少人数で世界を救えるレベルの勇者」が存在する可能性が有るとも思うんだが

129 :名無し三等兵:04/01/23 23:31 ID:???
ところで、やっぱり向こうには存在してるんでしょうかね?
私掠船。(通商破壊を民間に委託するあれ。)
http://kino-p.keddy.ne.jp/history/2002_02_10.html


130 :名無し三等兵:04/01/23 23:33 ID:???
>>128
ガイドライン第7条
>>1
7、敵にしろ味方にしろ主力に無敵を作らないほうがいい。


131 :海運帝国攻撃派:04/01/23 23:35 ID:???
>>127
なんつーか、別に航路を管理するだけなら護衛艦を出さなくてもいい様な・・・
帆船でもなんでも数揃えて、航路の管理をすればいいと思うんだが。情報量もこっちが上だし。
その為に海運帝国を滅ぼしといて、少しでも主力を出さなくてもいいようにするんだから。
海運帝国がいる限り、主力は帝国の裏切りに対する保険として行動しなければならないでしょう。
まあ、裏切ってもすぐわかるでしょうが・・・

132 :名無し三等兵:04/01/23 23:38 ID:dhFsK9Vo
1だおーさんカムバック(泣)

133 :海運帝国攻撃派:04/01/23 23:40 ID:???
正直、もうウザソウだからもうやめますね。
おやすみなさい。

134 :やってしまえTrue/False ◆ItgMVQehA6 :04/01/23 23:42 ID:???
>131
現状の海自、海保では日本の海岸線の全てを把握することは出来ません。
空、陸を加えても海岸線全域警備は不可能です。

日立だったと思いますが、貨物船が漂着してから発見されるまで二日掛かった事例がありました。

そして潜入を許せばいかに生身の市民は槍や刀でも石斧でも投石でも殺傷されうるわけで……。

艦船を使える国を敵に廻すと、それがいかにクラシックなものであろうとも厄介なことになるでしょう。
逆に、海洋国家がどの程度の艦艇動員を行えるのかを想定する必要もあるかと。

135 :128:04/01/23 23:42 ID:???
>130

確かに仰る通り

ですが今のところ海戦等、まともに戦ったら自衛隊が確実に勝つという事が前提条件に
なっているような気がするのでF世界における「英雄」が居ても良いんじゃないかなと思ったわけです
過去の戦争でも、いくら武名の誉れ高い将軍(関羽とか)が居てもそれだけでは戦争には勝てないわけですし
そういう存在が居ても無敵には成らないと思うのですが

136 :Call50:04/01/23 23:43 ID:???
>129
複数国家による貿易競争が激しく進行中ならあるでしょー
海賊を(ある程度)身内にできるし、味方船の損害が減る。
勝手にライバル国家の貿易額を減らしてくれる。維持費
が海賊持ち(それとも補助がつくのか?)

貿易独占状態なら完全に取り込んで海軍化するか、討伐
されるかのどっちかとゆー事になりそうだなー

と妄想してみるけどどーなのやら。

137 :名無し三等兵:04/01/23 23:43 ID:???
1だおーさんカムバァァァック!!してくれ!……してくださいm(__)m

138 :海洋信者:04/01/23 23:43 ID:???
>>131
タンカーに追従できる護衛帆船が1つの輸送船につき1つ以上用意できるのならそれでもいいでしょう。

>>海運帝国がいる限り、主力は帝国の裏切りに対する保険として行動しなければならないでしょう。
>>まあ、裏切ってもすぐわかるでしょうが・・・
保健の必要性は大陸進出時も同じ。情報網の方も信用できない。
大体何処から情報を受け取る気だ?

139 :名無し三等兵:04/01/23 23:44 ID:???
>>135
日本には「資源に乏しい」「食料自給率が糞」というペナルティーがある。

140 :名無し三等兵:04/01/23 23:46 ID:???
>海洋側
>海と手を組んで大陸に進出し、力をつけてから海ぶちのめす

>大陸側
>海ぶちのめして後顧の憂いをとっての大陸進出。


結局の所、日本の取り得る戦略はこの二つのどっちか。
どっちの案も利点と欠点があり、どっちを採るかは好み次第ってことでOK?。



141 :名無し三等兵:04/01/23 23:46 ID:???
>>133
個人的にはこの議論を非常に興味深く傍観させてもらってるのだが。

142 :海洋信者:04/01/23 23:46 ID:???
>>131
お休み〜
戦略思想は違えど同じスレの仲間、これからもなかよくしませう。

143 :名無し分隊指揮官:04/01/23 23:48 ID:???
>>127
 いや、海上自衛隊や海上保安庁の船舶が足りていないのは判るけど、それは
前提として、相手が同じレベルの技術を持つが故では無いですかね?
 F世界が中世世界程度の船舶建造技術しか無いのであれば、そこまで恐ろしい
相手とは思えないのですよ。
 魔法に関しては流石に図れないけれども、それ以外の攻撃手段しか有していない
場合、陸上自衛隊普通科が装備している対戦車装備すらも暴力的な効果を発揮出来る
と思いますけど、どうですかね?

144 :名無し三等兵:04/01/23 23:48 ID:???
>>138
レーダーでしょ
いろんな。

145 :名無し三等兵:04/01/23 23:49 ID:???
>>135
そらまあ、有能な指揮官とかなら問題はないんですけどね。
人外キャラが出てくるのはいかがなものかと。


146 :名無し三等兵:04/01/23 23:50 ID:???
そうだ、タンカーにも武器を載せておこうw
まずは法整備からだ。

147 :海洋信者:04/01/23 23:51 ID:???
>>144
我が方に友好的な帆船と敵対的な帆船。どう見分けるつもりですか?
まさか海賊旗を上げてるから解るとか言わないで下さいね。


148 :やってしまえTrue/False ◆ItgMVQehA6 :04/01/23 23:52 ID:???
>143
どれほど強力な装備を整えた部隊も、一度に複数の場所に存在することは出来ないということです。

別の言い方をすれば、どれほどまで薄く広く展開させうるかが限界を決めることになるかな、と思うですよ。

149 :海洋信者:04/01/23 23:54 ID:???
>>143
対戦車兵器は確かに上陸用舟艇にとって大打撃ではあるが、
帆船には致命的ではない罠。射程も短いから着上陸地点に常に展開していないといけないという欠陥もある。
しかも敵と判明していなければ撃てもするだろうが、敵か味方かもわからない船舶も沈めるのか?

結論。海の人も陸式の数も足りませ―ん・・(泣

150 :名無し三等兵:04/01/23 23:54 ID:???
>>139
さらに付け加えるなら、
事態の急変を理解する為のタイムラグと、お役所仕事と、国論の統一。

日本の最大の敵は時間と国内事情だ。
これまでの遣り取りをロムってて解らないのだろうか?

いい加減、「戦争の勝敗は戦場の外で決まる」という事を理解して欲しいものだな。



151 :名無し三等兵:04/01/23 23:55 ID:???
>139>145
根底にあるのが判官贔屓的な弱い方に肩入れしたい、強い相手に一発食らわせてやりたいって思考なんで
スレ違いになりそうなんでちょっと黙ってますわ
元々軍板の住人じゃないから知識もないし(ニガワラ

152 :名無し分隊指揮官:04/01/23 23:57 ID:???
>私掠船
 こっそり、武器の提供とかするだけでも相当に愉しい事態を引き起こしてくれ
そうな感じではありますが、問題は、何処まで信用出来るのか、そして、私掠船を
雇うと云う決断を政治が出来るのかと云う所に問題がありますな(笑


>>134
>そして潜入を許せばいかに生身の市民は槍や刀でも石斧でも投石でも殺傷されうるわけで……。
 ここら辺はもう、ゲリコマなんかの現代戦と余り変りませんな(笑


 と云うか、海運帝国とどう向き合うのかが、重要になりますな。
 尤も、海運帝国がそれを実施した場合、同等の行為をし返すと云うオプションも
ある訳で、攻撃ヘリ等の現代兵器の暴力性を考えた場合、ある程度、相手に対しても
抑止力を期待出来ないかな、したいなと思いますね(笑

153 :名無し三等兵:04/01/23 23:57 ID:???
単純に考えて、陸も同じくらい人員使うよ。
制圧にもっと時間がかかるよ。
お金はもっとかかるよ。

戦争に勝つ前に、日本は国として機能しなくなるよ。

154 :名無し三等兵:04/01/23 23:58 ID:???
>>144
木造の小型船舶だけに、レーダーには映り難いような・・。

あと、情報収集といっても、F世界の場合、ヒューミントとフォティント位しか使えないんですが。

・ヒューミント(HUMINT/human intelligence):人による情報収集
・コミント(COMINT/communication intelligence):通信傍受による情報収集
・エリント(ELINT/electronic intelligence):電子的傍受による情報収集
・シギント(SIGINT/signals intelligence):信号傍受による情報収集
・フォティント(PHOTINT/photographic intelligence):写真撮影による情報収集

http://home.p01.itscom.net/mys/kids/base.html

155 :やってしまえTrue/False ◆ItgMVQehA6 :04/01/24 00:00 ID:???
>153
要するに外征戦力とそれを動かす能力が決定的に欠けていますからねぇ。

……あ、時折板違いとか言われつつも結局軍板の領分に戻ってきている。



156 :海洋信者:04/01/24 00:00 ID:???
>>151
その気持ちわかりますよ〜w土方とか伊庭八郎とか自分もああいうの大好きですからw

判官贔屓な最強軍師の諸葛先生とかなら現実の軍隊とも張り合いそうだし・・w

157 :名無し三等兵:04/01/24 00:01 ID:???
>>155
それが、このスレの不思議なところの一つ。
だから魅力的なんだよな。このスレ。

158 :154:04/01/24 00:01 ID:???
で、この場合、現地住民と接触する方々がどうしても必要なわけで、そこいら辺は?




159 :海洋信者:04/01/24 00:01 ID:???
結局異世界に行ってもやることは同じかw
強い国にへばり付いて寄生するように生きていくんだから・・・


160 :名無し三等兵:04/01/24 00:04 ID:???
まあ自分ももう寝るんで名無しに戻ります。
何か様があったら海洋信者で呼んで下され。

161 :名無し分隊指揮官:04/01/24 00:05 ID:???
>>148
 だから、個人的には水道の元栓を閉める行動をするべきだと思うのですよ。
 海運帝国の信頼性が図れず、又、相互の利害が対立する要素を孕んでいる以上、
禍根は先に断つ方が良いと思うのですけどもどうですかね?

>>149
 御免、誤解させたね。
 陸自普通科云々は船舶への自衛力付与の話。
 普通の船舶でも1個分隊程度の普通科が十分な装備と共に乗り込んだ場合、正直、
F世界の艦船の攻撃力では、此れを撃破する事は困難だろうと云う事。

162 :名無し三等兵:04/01/24 00:06 ID:???
>>117
海にもモンスターなどがいればそれがファンタジー世界には要害になるのでは?
なぜなら木造の帆船だから。

163 :名無し三等兵:04/01/24 00:06 ID:???
>>156
「よく女子供が殺せるな」
「簡単だ、動きがのろいからな」

こんな台詞に痺れてしまう私はどうすればいいんだ……。

そんな私の一番好きな戦争は太平洋戦争、悲惨な敗北って好きだなぁ……。

164 :名無し三等兵:04/01/24 00:06 ID:???
>>159
資源がないので仕方ありません。
(近くにあるのはメタンハイドレートとマンガン団塊だけ。しかもあるのは海の底)

下手をすると埋立地を掘り返して資源回収なんてことになるかもしれん。
さもなければ寺の鐘まで供出とか。

165 :名無し三等兵:04/01/24 00:09 ID:???
>>117
陸も補給線を常に脅かされると言う恐怖が付きまといますな・・
こういう世界では船舶の構造や補給に関する概念が我々とは全く違う恐れがありますな。

>>163
もしかして末期戦という言葉に萌えを感じてしまう同士でつか?w

166 :名無し三等兵:04/01/24 00:10 ID:???
>>162
ということは、モンスターの駆除もシーレーンの確保には必要なのか。

167 :名無し三等兵:04/01/24 00:10 ID:???
>>163
でも絶対その当事者になりたいとは思わない。

168 :Call50:04/01/24 00:11 ID:???
現代の海賊も「攻撃による足止め」はあまりなく、接舷乗り込みがけっこう多い
と某講義で聞いたなぁ。5年ぐらい前だけど。

タンカーに群がる海賊ども。乗組員たちはどうする!?な話が1本書けそうですね。

169 :名無し三等兵:04/01/24 00:12 ID:???
体当たり。

170 :名無し三等兵:04/01/24 00:12 ID:???
大型海洋生物は生息圏が限定されるだろうから
友好的な海洋種族(半漁人、人魚等)の協力を条件に駆除してやるといいかも、って既出だな

中世程度の文明レベルなら今で言う所の南米やアフリカ等の手付かずの広大な土地があるかも知れない

171 :名無し三等兵:04/01/24 00:13 ID:???
>>168
放水で時間稼ぎ→水密扉全部閉鎖して引きこもり。

172 :名無し三等兵:04/01/24 00:13 ID:???
>>166
陸にも言える。

173 :Call50:04/01/24 00:15 ID:???
問題は何ノット出ているかわからん現代の船にどうやって帆船クラスの
船で近寄るかですな。現代の海賊はモーターボートを使用とも聞いてま
すし。まー一定の航路を通るから、追い越されるようにして合わせる(うま
い言い方がみつからない)ので問題ない・・・か?

174 :海洋信者:04/01/24 00:15 ID:???
>>161
なりほど。だが元栓を締めてる間に元栓を締めてる人間が飢え死にする罠。

>>普通の船舶でも1個分隊程度の普通科が十分な装備と共に乗り込んだ場合、正直、
>>F世界の艦船の攻撃力では、此れを撃破する事は困難だろうと云う事。
乗り込むのが困難だという罠。接舷上陸なら敵も反撃可能だし、
まず敵船舶を見つけないといけない罠。

175 :名無し三等兵:04/01/24 00:15 ID:???
攻撃して下手に船体や商品に傷つけるよりも、人質とって言う事聞かせれば丸ごと手に入るからね
死人には身代金も出ないし

176 :名無し三等兵:04/01/24 00:18 ID:???
何にしても結局は異世界に行っても日本は日本ということでファイナルアンサー?

177 :Call50:04/01/24 00:18 ID:???
>>171
実は正解。
放水まではしませんでしたが、いつの間にやら乗り込まれていたが扉
をしっかり閉めていたので侵入できず、そのまま帰ってしまった海賊
がいたそーで。
戸締りはしっかりすべきですね。海でも陸でも。

178 :名無し三等兵:04/01/24 00:19 ID:???
>>174
べつに乗り込まなくても追い払えばいいんでないの?

179 :名無し三等兵:04/01/24 00:19 ID:???
>>169
全くもって正しいやり方だw
アメリカの輸送船が同じ事しましたw

180 :名無し三等兵:04/01/24 00:20 ID:J33UjCww
>173
竜/大鳥に乗って空から
転移魔法
風の魔法(風を起こして船を自在に操る、等)
水の魔法(敵の船を足止めする、等)

F世界ならこんな所か?

181 :海洋信者:04/01/24 00:21 ID:???
>>178
乗り込まないと敵性船舶なのか、味方船舶なのか判断は付かないと思うがどうか?
君は麻薬密輸船と漁船を見ただけで判別できるかね?

182 :名無し三等兵:04/01/24 00:22 ID:???
海賊が魔法使いを雇うの?
・・・よっぽど追い詰められてるンだな。

183 :名無し三等兵:04/01/24 00:23 ID:???
>>181
その質問は陸でも言えるな。
イラクを見れば分かる。

184 :名無し分隊指揮官:04/01/24 00:23 ID:???
>Call50さん
 そこら辺、海の難所で現代貨客船の船足が落ちるとか設定しても面白いんじゃ無いですか?(笑
 で、地元の連中が小型な船で襲撃をかけて来るとか。
 何度も同じネタは出来ないですが、最初の一回。
 各船舶に自衛策の必要性が求められる様になったエポックメイキングな事件(話)
としては面白く無いですかね?(笑

 襲い来る海賊。
 追い詰められる船員。
 その時、コックが立ち上がった。
「俺は只のコックだ」
 ………へんなものを受信してしまった(自爆

>>174
>乗り込むのが困難
 いや、だから相手の船から乗り込まれなくするのが目的な訳で。
 これで船団護衛用の戦力をある程度減らせますし、そうすれば、機動投入できる
艦艇も増えるだろうと云う話です。

185 :名無し三等兵:04/01/24 00:23 ID:???
水竜に手綱つけて海面を走る健康的日焼け海賊娘ハァハァ

186 :名無し三等兵:04/01/24 00:25 ID:???
>>165
同志ッ!

>>167
思わないよ。思わないからこそ、あの台詞が魅力的に聞こえるし、
勝てないなら一人でも多く、道連れにしてやろうかと。


同盟派と決戦派、どっちの案にもリスクとチャンスがあり、どっちを採るにせよ
問題となるのは実施の際の手際かと。

ここは一つ、スレ住人に
「どっちが燃えるか」
を聞いて見たいものです。


187 :名無し三等兵:04/01/24 00:27 ID:???
>>181
これは船舶上の話でしょ?航行してる貨物船に襲撃以外の目的で接舷しようとするF側船はあまり無いのでは

188 :名無し分隊指揮官:04/01/24 00:27 ID:???
>>181
 怪しく接近を図ってくる船舶を打ち払えれば良い訳で。
 魔法に関してはアレですが、それはカウンターマジックでも使える魔法使いを
雇って乗せると云う方向で無効化する必要があるかと。

189 :186:04/01/24 00:27 ID:???
ちなみに、私は決戦派。
弁当の嫌いなおかずは、先に食べる主義です。

190 :海洋信者:04/01/24 00:27 ID:???
>>183
まあその通りだ。
ただ陸なら身を隠す事も装甲物の背後に隠れる事も逃げる事もできるが、海では逃げ場は無いという罠

>>184
乗り込まないとなるとどうやって友好船舶か敵性船舶かの見分けをつけるのかね?
帆船全てを攻撃するのでない限り誰かが接舷上陸、又はヘリによる上陸を行なう必要がある罠。


191 :Call50:04/01/24 00:28 ID:???
>>185
それに乗組員が全員見ているうちに船を制圧!
…イスラエル軍だったかが成功した戦車強奪法みたいだなー

>>名無し分隊指揮官氏
私も真っ先にその電波を受信しかけましたが何か?とゆーわ
けでかめらーど。

192 :名無し三等兵:04/01/24 00:29 ID:???
豪快な海戦と、憎たらしい程の大陸への謀略戦が燃える。
両方の指揮官が、同期のサクラだったらなお燃える。

193 :海洋信者:04/01/24 00:29 ID:???
>>187>>188
帆船の時代の商業船舶は接舷しての海上取引なども行なっていた訳で。



194 :名無し三等兵:04/01/24 00:30 ID:???
>>190
それは敵にも言える。

195 :名無し分隊指揮官:04/01/24 00:32 ID:???
>>190
 ナンか論点がズレてるヨカーン!

 貨客船の武装化案は自衛力の向上が目的であって、まだ海運国家攻撃を話している
訳では無いのですが?

196 :名無し三等兵:04/01/24 00:32 ID:???
そろそろ誰か小説書いてくれませんかね〜?
ちなみに自分には文才がないっす。
ああ、ガイドラインが増えたせいか作家がいなくなってしまった(泣)

197 :海洋信者:04/01/24 00:33 ID:???
>>194
敵は攻撃するタイミングを自由に選べる。
民間人を装って臨検に来た隊員に荷物を点検させると船内に引きずり込んで奇襲で殺害する事もできる訳で。
もちろん自分達も只ではすまんが、そのうち只でさえ人員が少ない海保海自が任務拒否しかねんぞ。
臨検の度に戦死者が出ていたら。


198 :名無し三等兵:04/01/24 00:35 ID:???
>>193
日本管理海域内は識別旗を掲揚しなければならない様にすれば?
その旗はレーダーに反応する様なもので作ったものにして、
その旗が船の形状や特徴を現す暗号のような印(英国の紋章のようなもの)がついているものにする。
その旗は船が新調する度に申請しなければならない。

商船の裏切りについてはしらね。

199 :海洋信者:04/01/24 00:35 ID:???
>>195
おっと、『貨物船』に『対戦車火器』を積み込んで防御するという話ですか?
船舶一つ一つに対戦車火器積んでたら前線の武器が足りませんぞ。

200 :名無し三等兵:04/01/24 00:37 ID:???
>>199
この場合の前線は陸の上?

201 :名無し分隊指揮官:04/01/24 00:37 ID:???
>>191
 かめらーど♪
 ヴァルハラ炎上まで戦いませう(ナニ?

>>193
 海上取引に関しては、接舷襲撃を受ける危険があるので行うべからずと、海上保安庁
辺りが布告すれば宜しいのでは?
 相互が意図しない限り、特に現代船の速力や機動力を考えれば、余程の事が無い限りは
接舷攻撃を受ける恐れは低いと思いますけどどうですかね?

202 :名無し分隊指揮官:04/01/24 00:39 ID:???
>>199
 前提で、大陸帝国と仲良くがあるので、前線で消費する対戦車装備は少ないと考えて
居ますけどどうですか?

 流石に、陸海二つの帝国を相手にしていては洒落になりますまい(笑

203 :海洋信者:04/01/24 00:41 ID:???
>>198
管理海域内ではそれで通ったとしてもシーレーンはその外にも伸びている訳で。
さらにその旗を所有してる船舶が海賊行為に会い、旗を奪われて撃沈されたら
その旗を奪った海賊はやりたい放題です。海賊行為に及ぶまでどれが海賊船か判断はつきませぬ。
査察を行なったとして武器を積んでいるを見つけても
『護身用』とか『武器商人です』とか言われたら終わりだし。

204 :名無し三等兵:04/01/24 00:41 ID:???
海上貿易でも海洋侵攻でもいいけど、

この世界のまともな海図はあるのか?
GPSもなく、星座も異なり、磁石も使えないとしても
外洋航行は普通に可能なのか?

205 :海洋信者:04/01/24 00:42 ID:???
>>202
海洋国家制圧中の部隊に武器弾薬は必要ないと申されるのか?

206 :Call50:04/01/24 00:45 ID:???
>>196
書きたいんだけど…書く暇も文才も無いのが大問題なんだよね。
個人的には戦闘モノよりも海上護衛とか兵站とか後方での活動
の方が萌えるので、そっちネタで書き始めるとどれだけかかる事
やら。それにデッドコピー化する可能性が高いからなー

とか言いつつW.G.パゴニス中将(当時)が書いた兵站の話でも読
み返してみるかな。

207 :海洋信者:04/01/24 00:45 ID:???
>>205言い方が極端すぎた。

占領部隊にも多数の武器弾薬が必要なの解りきってる。

>>204
敵海洋国家はそれが可能でしょうな。味方は星座の解析が終わるまで沿岸航行以外不可能かと

208 :名無し三等兵:04/01/24 00:46 ID:???
>>203
だから、識別旗がその船の形状・特徴を現したものにして、その船しか使えないものにすればいいじゃん。
>>205
大陸侵攻よりは必要無いだろう。

209 :名無し三等兵:04/01/24 00:49 ID:???
>>204
それを手に入れる為の大陸や海洋との同盟なんだよな。
どっちもそれなりの貿易をしてるだろうから、資料をもっているだろう。

210 :名無し三等兵:04/01/24 00:51 ID:???
陸は地図。海は海図。手に入れる手段は違えど、欲しいものはどっちも同じ。

211 :海洋信者:04/01/24 00:53 ID:???
>>208
>>だから、識別旗がその船の形状・特徴を現したものにして、その船しか使えないものにすればいいじゃん。
船舶の構造など造船所が同じならほぼ同じですが何か?
また、船舶乗っ取り海賊が相手の場合どうしますか?

ゲリコマ対策と同じで海賊対策にも莫大な予算と人材が居る罠。

それとあなた方も勘違いしているようですので言っておきますと。
私、大陸国家得の進攻を確かに標榜しておりますが日中戦争や満州事変のような事態は
まったく考慮の外ですが何か?

沿岸部主要都市とその周辺以外は放置です。

212 :名無し三等兵:04/01/24 00:54 ID:???
>>206
おおっ、兵站・後方支援萌えの同志ですか。
SSのレベルは問いません、うPキボン。

兵タン、ハァハァ

213 :名無し分隊指揮官:04/01/24 00:54 ID:???
>>205
 いや、ソ連正規機甲師団とガチする予定で物資蓄積していた陸上自衛隊ですので、
それ位は何とか成るかと。
 1隻につき、1個分隊程度づつ乗船させるとして1000隻日本が動員して
必要な兵力は(荒い計算ですが)予備も含めて2個師団相当の人員を再編する
事で賄えると想定します。
 で、そうなると問題です。
 2個師団規模の普通科に2、3会戦分の弾薬を持たせた程度で、自衛隊って
前線分の弾薬が不足すると思います?
 今まで得た情報などから、私はそう思いませんがどうでしょうか?

 海洋国家の制圧に関しては、船舶の建造と整備を行える重要港湾の制圧を考えた
場合、投入される陸上戦力は精々が1個師団規模(但し、機械化である事は必要ですけど)
で十分でしょうから。
 普通科の対戦車装備が意味を持つのは、相手が機甲部隊で無い以上、市街地攻略戦程度です。
 市街地を制圧し、その外側の平地に防衛ラインを構築すれば後は野砲や戦車の方が
意味を持ってきます。
 だから、船舶に配られる分にはそこまで圧迫は無いと思うのですが、どうですかね?

214 :名無し三等兵:04/01/24 00:55 ID:???
>210
だが、相手は中世なんだろ。
そもそもまともな海図が存在しているのか?

215 :名無し三等兵:04/01/24 00:56 ID:???
海図が発達していてある程度海路が確立していないと海賊等は発生しないのでは?
海賊って沿岸だけにしか出ないものなのかな?
それだったら対策のしようなんていくらでもありそうな気はするが…

216 :名無し三等兵:04/01/24 00:57 ID:???
こっちが考慮外でも、向こうがそう持ち込むだろ。
占領に時間がかかるのは分かり切った事だし、時間が敵なのは日本の方なんだが。
大体、陸地を占領してそれを耕地として使えるようになるまで、物凄く時間と金が掛かりそうなんだが。
素直に借りた方が逆に金も掛からず、安全性も高いような気がする。

217 :名無し三等兵:04/01/24 00:58 ID:???
216は海洋信者宛。

218 :名無し分隊指揮官:04/01/24 00:59 ID:???
>>206
 ガンバレー(笑

>>211
 皆そう言うんだって。
 そしてね、ズルズルと泥沼に引きずり込まれるんだって(笑

 日本の自給率を支えられるだけの農地だけを確保するとして、どれだけの
面積になりますかね?
 後、その広大な領域をどうやって匪賊なんかの襲撃から護るのですかね?

 海上の方が余程に楽だと思うんですけども。

219 :海洋信者:04/01/24 01:01 ID:???
>>213
・・・わかっていらっしゃると思いますが、
相手は『海洋国家』と言う事をもう一度考え直してみてくれませんか?
そうすれば制圧に必要な兵力がそんなものではすまないということが良くわかっていただけると思いますが。


220 :名無し三等兵:04/01/24 01:04 ID:???
ガイドラインが増えたせいで殺伐とした感じが侵攻している・・・・

221 :名無し三等兵:04/01/24 01:07 ID:???
>>219
なにもすべての範疇を占領しようとしてる訳じゃないんだが。
悪魔でも海洋国としての正規海軍を撃滅して、護衛艦を必要最低限の使用頻度にしようと言うのが目的。
だから、海路さえ確保できれば利権のない土地はそのまま放置で構わない。


222 :('A`):04/01/24 01:09 ID:???
伸びてると思ったら議論カヨマンドクセ
ネタキボン

短編書くわ
この調子だと書けていても投下できない

223 :名無し三等兵:04/01/24 01:11 ID:???
>>220
侵攻ではなく進行でした。
スマソ
そろそろ萌えも欲しいころあい(つд`)

224 :元1だおー:04/01/24 01:12 ID:???
前スレの埋め立てでやってたドクオが指揮官の話がマジで面白かった。
何気に続いてくれないかなーと思ってたりしまつ。

それと、箱庭のメイドたち(仮題)は明日必ず更新するので御安心を!
いやはや、武装メイドの処遇やら帝国軍残党の話やらフリー…おっとっと、
これ以上話すとネタバレになってしまう。
お楽しみにしている方には遅筆で申し訳ないでつ……。

225 :名無し三等兵:04/01/24 01:12 ID:???
>>222
頼む!!流れを変えてくれ!!
正直、どっちを攻めるかなんてどうでもいいんだ。

226 :海洋信者:04/01/24 01:14 ID:???
>>216
上半分は殿発言に対しての発言かわからんので、まあ置いておくとして、

時間が無いのは私も同意だ。
海洋国家をぶちのめした後、大陸で土地を確保して農業を始めても間に合いません。
端から大陸で土地を確保して仕事を始めないと。そのためには莫大な兵力が必要になる。
自衛隊の全兵力以上の兵力が動員しても勝てるかどうか怪しい海洋国家なんぞと戦争してられん。
科学力、軍事力の『差』を考えても『『海洋国家』』と戦うのはリスクが大きすぎる。

大体、同盟=土地の供与と何故なるのかわからん。何処の誰が自分の土地を只で貸してくれるものか。

227 :名無し三等兵:04/01/24 01:15 ID:???
>>225
結局ここのスレでは書き手の一存だもんな。
でもこういう議論がssの質を上げていると信じたい。

228 :素人考え:04/01/24 01:16 ID:???
敵味方の判別方法ですが、
スイッチを入れれば電池が切れるまで信号を発信する発信器とか持たせておけば、どうでしょうか?

その程度の機械ならば、いくらでも作れますし、他の国にレーダー装備してる国なんか有りませんし。
(超音波信号とかだったら、反応するモンスターとかいるかもしれませんが(w)

構造が簡単だし初期不良の可能性も低いと思うのだが・・。
まあ、壊れてたら思いっきり味方をやっつける事になりますな・・。

229 :海洋信者:04/01/24 01:18 ID:???
>>225
おっと、議論を楽しんでおられる人が一人も居なくなったのか。
それは失礼した。自分はこれで黙る。

>>211
正規海軍が全滅しても一隻でも残っていれば、海自は常に展開せざるを得ず、大変な脅威なんだが。
『海洋国家』の息の根を止めるにはその植民地すら制圧しない事には直ぐに蘇ってくるぞ。

映像の世紀のチャーチルの演説を思い出してくれ・・・。

230 :名無し三等兵:04/01/24 01:18 ID:???
>>226
同時進行で大陸と交渉すればいいじゃん。
だれもただで借りるとは言ってないし、はなからそうは思ってない。

考慮外〜ていうのは、>>211の満州なんとかっていう発言に対しての意見。
分かりにくかったね。スマソ。

231 :名無し三等兵:04/01/24 01:19 ID:???
>>229
それは陸でも同じ事だと、何回言わせるんだ!!

232 :元1だおー:04/01/24 01:21 ID:???
みなさんおちけつ!

233 :上島:04/01/24 01:23 ID:???
すいません。取り乱しました。

234 :名無し三等兵:04/01/24 01:24 ID:???
おちけつではなくおちつけです。
一回リラックスしてF世界の萌え及び癒し系の情景を創造しましょう。

235 :名無し三等兵:04/01/24 01:27 ID:MD3OxQ/U
いやーまさにF界に召還された日本における戦略会議の様相を呈してきましたな

236 :名無し三等兵:04/01/24 01:28 ID:???
だれか、この小田原評定のSS化キボンヌ。

237 :名無し三等兵:04/01/24 01:29 ID:???
>>231
だったら、何度も言わせないでほしいが。
どちらにも同じリスクはある。
ただ、『日本が海洋国家』であるという事を皆忘れてないか。

通商破壊戦がどれだけ恐いかご存知だろう?

>>230にしても土地の貸し借りについて交渉が失敗したらどうするつもりだ?
貿易と違い、向こうが得る利益は何も無いぞ?
陸上戦力ならば、機動ルートが地形によって左右されるが、
海上戦力なら相当の自由度を得る。(制限が無いわけではない。

また、緊急の被害がでたとしても、
陸上戦力なら数十人〜の死亡で済むが、船舶が1隻、2隻程度でもやられると、国が傾く。

238 :名無し三等兵:04/01/24 01:31 ID:???
>>235
つまり、

陸自:大陸への進出が先だ
海自:シーレーンの確保が先だ
空自:どっちでもいいから早く決めてくれよ。

こういうこと?

239 :名無し三等兵:04/01/24 01:32 ID:???
>>237
だから、先に海洋国を叩くんだと言ってンだろうが〜〜・・・
もういい。寝る。

240 :元1だおー:04/01/24 01:34 ID:???
まるでかつての陸軍と海軍の不仲のようだ(w

241 :名無し三等兵:04/01/24 01:36 ID:???
ああ!!だから、仲悪かったのか!!

まさかこんな所で、それを実感できるとは思わなかった・・・

242 :名無し三等兵:04/01/24 01:37 ID:???
>>238
ここは空自も空中国家との交戦を主張するべきではw

243 :名無し三等兵:04/01/24 01:38 ID:???
>>238
微妙に違う。

海洋信者は、
食糧、資源確保が目的。

そのためには海洋国家との協力で大陸沿岸部、シーレーンの確保&資源調達の効率化

国として体力がついたら海にも対処。

イギリスなどに代表される海洋国家の典型的な戦略


分隊指揮官殿達の考え方
食料資源の確保が目的

資源調達やシーレーン防衛ために海洋国家を粉砕して後顧の憂いをたっておく必要がある。

海洋国家も黙らしたし陸地に進出するか。

だと自分は判断している。

244 :名無し三等兵:04/01/24 01:40 ID:???
どっちも

・大陸に生命線
・シーレーン防衛

は考慮に入れているのはまちがいない。方法論が違うだけ。

245 :名無し三等兵:04/01/24 01:41 ID:???
濃い、すばらしい!俺には何一つ理解できないけど!!。・゚・(ノД`)・゚・。

現代では到底ありえない、中世レベルの人たちとの戦闘を思考できるのが、
このスレならでは、だなぁ…?

魔法、あなどれない…
ヘタしたらミサイル並の追尾能力

246 :名無し三等兵:04/01/24 01:44 ID:???
>>245
まあやってることは近代兵器を魔法で代用するだけだからなw

247 :名無し三等兵:04/01/24 01:46 ID:???
>>239
全ての造船機能、及び海軍を殲滅する為には海洋国家が進出してるのと同じだけ進出しないといけないんだぞ?



248 :名無し三等兵:04/01/24 01:46 ID:???
>>246
ぐは、言われてみればその通り。
ならば自衛隊装備と魔法の決定的な違いはなんだろう?

・・・設定によりますね、ええ。

249 :名無し三等兵:04/01/24 01:59 ID:???
確か、旧陸軍は大陸国家であるドイツから学び
旧海軍は海洋国家であるイギリスから学んだんで
国家戦略が真っ二つに割れたって聞いたことがあるな。

250 :作りつつ貼り貼り:04/01/24 01:59 ID:???
自衛隊がファンタジー世界に召喚されますた
ただし隊長は今度もドクヲ('A`)ですた

n司令部
( ・∀・)<エルフとドワーフの都市を海賊から守れと命令がキタ━━━(゚∀゚)━━━!!!!のですが……
('A`)<…話は移動中に
( ・∀・)<了解しました

n司令部
('A`)<…海賊警備はマンドクセ、海保にヤラセロ
(;・∀・)<それが、ただの海賊ではなく●×帝国の…
(A` )<侵略?
(;・∀・)<…は、はい
('A`)<…パンが1つに口が二つもマンドクセ…
(;・∀・)<…!!??
('A`)<日本がいきなり召還されたから気候が変動
    その影響で今まで豊かだった帝国の穀物収穫量が激減
    結果、食べるためにやむなく周辺諸国へ侵攻開始…虐殺が発生するのは成り行き…
(;・∀・)<……………………………………
('A`)<日本も日本で速やかに農耕地を確保しなければ餓死者が出るのは確実…
    …で、農業指導とか理屈付けて侵略開始…反対する者は市民が口を封じた…
(;・д・)<で、ですが…
('A`)<…パンが1つに口が二つもマンドクセ…
(;・д・)<……………………………………はい…

251 :名無し三等兵:04/01/24 02:02 ID:???
深い。

252 :名無し三等兵:04/01/24 02:04 ID:???
>>242
すごいぞッ!
ラピュタは本当にあったんだ!!

ネタはさておき、このスレの人たちは相手の海洋帝国はどの程度のものと想定しているのでしょうか?
倭寇やバイキングのような「海の匈奴」的なものなのか、
アテネやカルタゴのような都市国家なのか、
大英帝国のような凶悪な代物なのか、

そしてその地理的環境は?

相手の能力と地理次第で、日本の採るべき戦略も変わってくると思うのですが。

253 :名無し三等兵:04/01/24 02:08 ID:???
さて本当に寝る前に一言だけ書いて置くなら

海洋国家も大陸国家も義理人情で同盟を結んでくれている訳ではない。ということだ。
何らかの利益が双方無い限り、同盟関係など発生しない。
ならば逆に向こうの側にたって、此方との同盟関係を考察してみようではないか。

・海洋国家が日本と同盟を結ぶ事によって得られる利益
1、純粋貿易利益  2、海洋制圧の協力 3、技術的利益4、シーレーンの延長及び警備能力強化  
・海洋国家が日本と同盟を結ぶ事によって出る損失
1、日本側に勢力圏を広げられなくなる。 2、既得権益を持っていかれる恐れ

・大陸国家が日本と同盟することによって得られる利益
1、純粋貿易利益2、万が一の際の増援 3、技術的利益
・大陸国家が日本と同盟することによって出る損失
1、土地、労働者の供与を強制される 2、海洋への進出が不可能に

・・・まあ・・適当に書いたので追加、反論、削除はご自由に。
自分は海洋派なので海洋派に有利な風に書いたかも知れん。

254 :名無し三等兵:04/01/24 02:08 ID:???
>>252
俺もそう思う。
海攻撃側だが、英国並のやつが相手ならちょっと考える。

でも、貿易をやる上で絶対謀略仕掛けてくるだろうしなあ。
要求飲まないとお宅の商船の安全は保証できませんなあ・・・とか言って。
日本ってそう言うの極端に弱いんだよ。民主主義国家だし。

255 :名無し三等兵:04/01/24 02:11 ID:???
>>253
なんつーか。ホントに自分に有利に書いてるな。
もう、どうでもいいけど。

256 :253 海洋:04/01/24 02:12 ID:???
>>252
実際の戦力は別として、
『海洋国家』が大英帝国、アメリカの様な物
『大陸国家』をドイツ、フランス、ロスケ、中国の様な物
を想定してます。

まあ海洋国家の代表例と大陸国家の代表例ですな。

257 :名無し三等兵:04/01/24 02:14 ID:???
>>255
そりゃ持論通すのに相手に有利なように書く奴いないだろw
反論があるのなら、何処が間違ってるとか言えばいいじゃん。

258 :名無し三等兵:04/01/24 02:15 ID:???
>>250
すると帝國の周辺の国家でドンパチやってるわけか。


で、状況はこんな感じで?

 海海海海海大陸大陸     海海日本海大陸大陸
 海海海海海大陸大陸     海海日本海大陸大陸
 海海海海海帝國大陸 →   海海日本海帝國大陸
 海海海海海大陸大陸     海海日本海大陸大陸
 海海海海海大陸大陸     海海日本海大陸大陸






259 :名無し三等兵:04/01/24 02:15 ID:???
しかしタイムスリップ戦争では食料の自給はどうなっていたんだろう。
だいぶ前だから忘れてしまった。

260 :名無し三等兵:04/01/24 02:19 ID:???
>>254
じゃあひとつ、相手の能力を想定してみよう。

地理と気候はアジアそのまんまの世界で日本は現在位置と同じ場所に出現、
しかし細かい点が違っていてこちらのデータは役に立たない。

バタフライ効果? 気に寸名ッ!!

セイロン島を本拠にする海洋帝国でオセアニア諸島を植民地とし、
インド、インドシナ、中国沿岸部を押さえている。

臣民の国王に対する忠誠心は高く、国民国家成立寸前にまで成熟している。

こんな感じでどう?

261 :名無し三等兵:04/01/24 02:28 ID:???
海洋派も大陸派も、こちらに戦略の主導権があるという前提みたいだけど、
初動の拙さと偶発事により海洋帝国と大陸双方に対し、外交的信用0の状態での
二正面作戦というスタートもありだと思うけど。




262 :作りつつ貼り貼り:04/01/24 02:33 ID:???
移動中in隊員たち
(゚д゚*)<時におまいらエルフ耳(*゚∀゚)=3ハァハァ だと思いませんか?
(-_-)<…メイドサンナラ…
(*゚∀゚)<…ヤッパリアレかな、金髪で耳とがってて…
(;゚∀゚)<ウホッ!いいトガリミミ
(*゚∀゚)<や エ エ な !
(`Д´)<としあきUzeeeeeee!!

inエルフ集落
(;・∀・)<……………………………………
(゚A゚;)<……………………………………
(;´∀`)<…え、エルフ族の族長…ロサ…ロサ・キネンシスです…
(;=゚ω゚)<…ど、ドワーフ族のぃょぅ・ふぐりだょぅ…
(-_-)<…メイドサンイナイ…
(・ω・`;)<…耳はとがってて金髪だけどショボーン…

263 :名無し三等兵:04/01/24 02:35 ID:???
>>261
ていうか、結局そういう形になりそうだよなあ。
よく考えたら、どっちの帝国にも信用度がないんだから、下手すりゃタコ殴りだ・・・

264 :名無し三等兵:04/01/24 02:39 ID:???
>>252
あの天空城とやらはこのままの進路ですと佐世保上空を通過することになります!
いかが対処しましょうか?

265 :作りつつ貼り貼り:04/01/24 02:41 ID:???
             / ) / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
            ./ / | エルフ族の族長ロサ・キネンシスです
           / /  \      
           / /     ̄|/ ̄ ̄
         ./ /_Λ     , -つ
         / / ´Д`)  ./__ノ
        /    \ / /
        .|    へ/ /
        |    レ'  /、二つ
        | / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
       / | ぃょぅ・ふぐりだょぅ
       /  \
      /     ̄ ̄|/ ̄ ̄      ('A`;)
     / ノ    ∧∧          (∞ )  (・∀・; )     (ω・`;)<…エ、エルフ…  (-_-) (-_-) (-_-)
   _/ /    ヽ(=゚ω゚)ノ         | |  ⊂    つ     /|_ |\         (∩∩) .(∩∩) .(∩∩)
  ノ /      〜(  x )              ( (  (       (   )        __∧__∧__∧__
⊂ -'          UU              (_(_)                   鬱だ  死のう ソウダネ

266 :名無し三等兵:04/01/24 02:41 ID:???
>>263
萌える……、絶体絶命のピンチ萌え。
日本の明日はどっちだ?

このスレの如く小田原評定をしているうちに、事態は加速度的に悪化した。
「もう駄目だ」
誰もがそう思いつつ保身と既得権益にしがみつく中、
ある男たちが立ち上がった!

風の中のす〜ばるぅ〜〜



えぇ―――――っくす


267 :名無し三等兵:04/01/24 02:43 ID:???
出現した日本列島が元のままだとしたら
バイアスとして半島国家があったらどうなるんだろうなと、
煽ってみる。

イメージとしては大きさは韓(朝鮮)半島よりでかく
スカンジナビア半島ぐらいで
歴史は高句麗と百済が同盟して朝鮮半島を統一
大陸勢力を撃破。
何とか独立は保っているけど、ライバルとして新興の海洋帝国がある。
というような国家。

こんなんなら友邦として使えそうなんだけどね。

268 :名無し三等兵:04/01/24 02:55 ID:???
>こんなんなら友邦として使えそうなんだけどね

現実世界と同じ方が萌えます。
気位ばっか高くて役に立たない亜陣が住んでる半島、
って半島ネタは荒れるから止めよう。

私の想定としては半島は中国が支配。
中国、インドが二大帝国として大陸に君臨し、インドシナ諸国がその狭間で
双方から影響を受けつつ独自の文明を形成し、セイロンが大陸諸国の勢力均衡
を保ってるって感じ。

269 :作りつつ貼り貼り:04/01/24 02:59 ID:???
inエルフ集落集会場
('A`;)<…と、自己紹介は済ませたので具体的計画に移ってもいいですか?
( ´∀`)<はい
(=゚ω゚)<ぃょぅもいいょぅ
('A`;)<…では(・∀・)が説明します
(;・∀・)。 o 0 (…逃げやがった…
(・∀・;)<…えと、これまでの情報を総合すると帝国艦隊はガレー船20隻から30隻
     ドラゴンが1ないし2、魔法使いが10人。後は弓を主体とした歩兵です
(=゚ω゚)<そのとおりだょぅ
( ´∀`)<………………………………………………
(・∀・;)<こちらは戦車1両と1個中隊で船、及び金属鳥(ヘリコプター等)はいません
     だから積極的に攻撃するのは不可能なので陣地を築いての防御が主体になると思われます
(#´∀`)<…陣地?
(・∀・;)<…で、守備の要の築城ですが…
(#´∀`)<戦闘には参加しますが木に触れる事は許可しません
(・∀・;)。 o 0 (話してないのに早速キタ━━━(゚д゚;)━━━!!!!

270 :名無し三等兵:04/01/24 03:02 ID:???
>268
追加
三つの文明圏はそれぞれ閉じており、「世界」を知っているのは海洋帝国だけ、
しかし中国とインドは自分たちこそは「唯一の文明人」を自負している。

271 :名無し三等兵:04/01/24 03:11 ID:???
>>268
ああ、なるほど。そんな感じか。
でも北方の陸路とか遊牧民国家や
チャンパーとかの地中海型の海洋交易国家萌えている、
高句麗と百済が同君連合化したらという妄想を抱いてしまうんだよなあ。



272 :作りつつ貼り貼り:04/01/24 03:16 ID:???
inエルフ集落集会場の続き
(・∀・;)<…えと…
(#´∀`)<私達は森が命より大切ですし、森を守るために貴方達と同盟を結びました
      しかし、森に手を付けるとなると話は別です
(・∀・;)<…し、しかしですね…
(・∀・;)。 o 0 (足元見やがってこの女…
(#´∀`)<森に…
('A`)<陣地の事はさて置きどこで寝るの?
(・∀・;)<…??
(#´∀`)<洞窟等に落ち葉などをひいたりしてますが?
('A`)<洞窟あるの?
(#`д´)<…この付近にはありませんが?
('A`)<…で、この集会場みたいに枯れ木、藁その他で家作って火矢で…
(#`Д´)<…な、何が言いたいんですか!?
('A`)<…要約すると黒焦げ志願者無視して帰りたい。
   今すぐ帰りたい、さっさと帰りたい。話もせずに帰りたい。
(・∀・;)。 o 0 (要約し過ぎじゃ!アホんだら!!
(#´∀`)<それなら私はこの同盟無かった事にさせてもらいます
(・∀・;)。 o 0 (ほら見ろ、言わんこっちゃ無い…あ〜あ、出て行っちゃったよ…
('A`)<…じゃ準備して
(・∀・;)<ほ、本当に帰るんですか!?
(;=゚ω゚)て <…そ、それは困るょぅ…ぃょぅ達、もう行くところ無いょぅ…
('A`)<…帰りたいとはいったけど帰るとは言ってないと言ってみるテスト
   ドワーフだけ守りますが何か?
(=TωT)<…ぃょぅょぅ…ありがとうだょぅ…

273 :作りつつ(゚д゚)<シメジ:04/01/24 03:41 ID:???
inエルフ集落から少し離れた草原
(;=゚ω゚)<…こ、これが家なのかょぅ?
(゚д゚ )<これを組み立てて布の家を作るんだ、手伝って
(;=゚ω゚)<…わ、わかったょぅ…

小一時間後…
_______________      __________
         /\          \   /\./\          \
        / 人 \          \/  / 人 \      フゥ…             ∧∧   / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
      /  │ \ \          \ /  │ \ \     (゚д゚;)   ( ゚д゚)   ヽ(^ω^=)ノ< 凄いょぅ!流石だょぅ!!
    /    │  \ \         /    │  \ \   /|_ |\ /|_ |\   O x  )〜 \_______
\ /     │    \ \      /     │(-_-\ \   (   )   (   )       U
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


(=^ω^)<本当にすごいょぅ
(゚д゚*)<…そ、そうか?
( ´_ゝ`)<流石だよな
(´<_` )<俺ら
(゚д゚;)<いや、お前等何もしてないだろ…

274 :作りつつ貼り貼り:04/01/24 03:58 ID:???
in仮設司令部
(;・∀・)<…あの…
('A`)<エルフの事か?
(;・д・)<…は、はい…
('A`)<仕方ないと言えば仕方ないだろ
(;・д・)<で、ですが命令では…
('A`)<そっちの方かよマンドクセ…
(;・д・)<…?……!!
('A`)<連中は連中なりに考えてるさ
(;・д・)<…し、しかし…
('A`)<守られる立場なららしくしろ…か?
(;・д・)<は、はい…仮にも
('A`)<そう言うな、連中の立場だとああ言わなければならないし
   ああ言うほか無いんだ、許してやれ
(#・д・)<…で、ですが
('A`)<自分達の立場の価値を高めようと必死なんだよ…おとなしくホイホイ従って上の連中から軽く見られまいと必死なのさ
    苛められ続けた子猫は周囲を拒絶し続ける…本心は優しくされたいと思っても身体が拒否するんだ
(;・д・)<…し、しかし…
('A`)<嘘だと思うなら双眼鏡で向こう見てみろ
00二)(д・ )て <…!!??
('A`)<基地に寄り添うように家を建ててる
    近過ぎず離れすぎずな…
00二)(дi )<…………
('A`)<…被害者ゆえの拒絶反応マンドクサイな…
00二)(дT )<…はい…

275 :作りつつ貼り貼り:04/01/24 04:09 ID:???
in翌朝仮設司令部
(;・∀・)<…あ、あの…
('A`)<?
(;・∀・)<…何で耕運機やら田植え機やらが…
('A`)<食料生産
(;・∀・)<それにブルドーザーやショベルカーや…
('A`)<移民の可能性あり
(;・∀・)<更にプレハブ小屋と工作機械まで…
('A`)<ドワーフ達を労働力にしろ
(;・∀・)<……………………………
('A`)<…マンドクセ…
(;・д・)<…植民地化…ですか?
('A`)<…何もかもマンドクセ…
( iдi)<…はい…

in早速作られた工場
(=^ω^)<凄い機械がイパーイだょぅ!これぃょぅ達が使ってもいいのかょぅ?
( ´_ゝ`)<その為に持って来ましたが何か?
(=^ω^)<ぃょぅょぅ!イパーイ働くょぅ!!

inエルフ集落内基地にちょっぴり近づいた集会場
( ´∀`)<…私は何があっても仲間と森を守らなければならない…
     …最後になったエルフ達の血を絶やすわけにはいかない…

276 :作りつつ貼り貼り:04/01/24 04:21 ID:???
in司令部
('A`)<…ハァ…マンドクセ…
( ・∀・)<どうしたんですか?
('A`)<命令書。要約すれば
    エルフ達を飼いならせ
( ・д・)て
('A`)<従うのもマンドクセ、無視するのもマンドクセ
( ・д・)<………………………
('A`)<…本日未明自治権を求めるエルフ達と小規模戦闘あり
   負傷者は無し、ゲリラ化の可能性は無し
( ・д・)<…!!??
('A`)<本部に連絡しろ『狼を飼いならすのは無理だ』って
(;・д・)<…そ、そんな事をすれば…
('A`)<皆殺しにするならこの兵力で十分だ
    誰もそれは望んでいないさ
(;・д・)<…は、はい…
('A`)<どっち道、このままだといずれ森を伐採し建材、紙に使うような時が来る
   その時になって後悔するより今、終わらしておいた方がいい
(;・д・)<わかりました

277 :作りつつ貼り貼り:04/01/24 04:35 ID:???
in攻撃も無くマターリと1月経過
( ´∀`)<…私達の力を借りたい…だと?
('A`)<いちいち繰り返すのもマンドクセ
(#´∀`)<だな…で、具体的には?
('A`)<本土の森林事業。あの森には手を付けない
   その代わり住宅などに使う木を育てる
   簡単に言うなら森の世話
( ´ー`)<…場所と人員は?
('A`)<場所は日本の東北…いや、今は東南か…
    人員は5ないし10名、条件は森の事に詳しい事だけ
( ´∀`)<わかった…しかし1つ聞きたい事がある
('A`)<?
( -∀-)<何故急に態度を変えた?
      家を作る木はお前達が本土と言う所から機械獣(トラック)を使って運んでくる
      ドワーフ達の待遇も最初に比べれば段違いによくなった
      …何故だ?
('A`)<エルフ達が反乱を起こし、超大型のドラゴンを召還したから
(;´∀`)<…わ、私達はそんな事は…
('A`)<した事になってますが?
( ´∀`)<…………………なるほど…
     そう言う事か…
('A`*)<マンドクセ
( ´ー`)<ふふっ…確かにマンドクサイな
     …では
('∀`*)ノシ

278 :作りつつ貼り貼り:04/01/24 05:05 ID:???
inエルフ達本土に向けて出発
( ´∀`)<では準備が出来たので…
( ´∀`)´∀`)´∀`)´∀`)<出発の踊り踊りまーす♪
(;・∀・)<……………………
(゚A゚;)<……………………

            / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ 
        ⊂~ヽ |    準備ができたので〜♪
          \ \
            | |  ̄|/ ̄ ̄|/ ̄ ̄|/ ̄ ̄|/ ̄ ̄
            | |∧ ∧ |∧ ∧ |∧ ∧ |∧ ∧
            | ( ´∀`)( ´∀`)( ´∀`)( ´∀`)
            \    ⌒\  ⌒\  ⌒\  ⌒\
              |    |\\  |\\  |\\  |\\
          ___\   \ > > \ > >  \ > > \ > >
       イ]''-|| |∞==,| //.||-[ゝ; |:|| |/    |/   |/
        \||(´Д`;)   ||,/ |   |:||==|===|=⊂_ヽ==|===|
      ___|----------|チ ̄ ̄ |ii|| ̄ ̄: ̄ ̄:.\\  ∧_∧
      /-----ヾ~ ̄ ̄ ̄ヽ||    -.|ii||    :    :  \ ( ´∀` ) 逝ってきま〜す♪
    ,-'||lllllll|lllllll||,--,,-=,_lllll|チ________|ii||__:__:__: >  ⌒ヽ
   ,/ _,O-'☆''-O_ 7 ~ヽ'-,_|::::二||二|/二,/⌒ヘ ,/⌒ヘ/    へ \
   |___i人lllll|llll人___||.∵.|::::::"'====ー´:::::::::::|||.∵.|:|||.∵/    /   \\
    ゝi='===='==i ゞゝ_,ノ  ̄ ̄ゞゝノゞゝノ ̄ゞゝ_ノ.ゞゝ_レ  ノ     ヽ_つ
                                /  /
                               /  /|
                               ( ( 、
                               |  |、 \

279 :名無し三等兵:04/01/24 05:06 ID:???
俺の脳内声優では大林隆之介がドクヲに決定。

280 :作りつつ貼り貼り:04/01/24 05:09 ID:???
(゚A゚;)<…ど、どういう反応したらいいかわかんないのマンドクセ…

その日、2ちゃんに1つのスレが立った…

>8頭身のエルフはキモイ
>1 名前: ( ´∀`)さん [綺麗なのはいいんだが…] 投稿日: 01/09/25 02:48 ID:aSWG05gI
>キモすぎます。超嫌いです。
>
>2 名前: ( ´∀`)さん [それは禿同] 投稿日: 01/09/25 02:51 ID:0DmcM5CU
>では削除依頼出してきます
>
>3 名前: 大耳 [綺麗だけどあの踊りはなぁ…] 投稿日: 01/09/25 09:50 ID:AG8McWVk
>    では、削除されるまでの間、大耳ホビットが
>    ここを管理しておきます。
>                            +
>.   +  (\_/)(\_/)(\_/)  +
>      ( ´∀`∩(´∀`∩)( ´∀`)
> +  (( (つ   ノ(つ  丿(つ  つ ))  +
>       ヽ  ( ノ ( ヽノ  ) ) )
>       (_)し' し(_) (_)_)

281 :作りつつ貼り貼りしますた:04/01/24 05:19 ID:???
inエルフ達が寝静まった夜の司令部
(゚A゚;)<…何か疲れた…
(;・∀・)<…じ、自分もです…
('A`;)<…漏れ、もう寝ます…
    けど寝れない予感…
(;・∀・)<?…何か騒ぎですかね…
(`Д´;)<た、大変です!ダークエルフが…
('A`;)<…エルフを襲った!?
(;`Д´)<…せ、戦闘準備!!
(`Д´;)<違います!保護を求めて来たんです!!
(゚A゚;)<…ま、またマンドクセイ事に…
(;・∀・)<…寝れますかね、今日…

〜〜脳味噌がウニになってきたので続きます〜〜

_| ̄|○i||i …自分の中のエルフのイメージが…
       ダレカモレヲウチコロシテ

282 :作りつつ貼り貼りしますた:04/01/24 05:23 ID:???
エルフのイメージぶち壊してゴメンナサイ・゚・(つД`)・゚・
脳味噌が'`'`'`'`(゚∀゚)'`'`'`'`になってますた・゚・(つД`)・゚・
軌道修正無理かもしれないけどできるかぎりやってみます。・゚・(ノД`)・゚・。

ちょっとしたギャグが命取り;y=ー( ゚д゚)・∵. ターン





後、貼り貼りしてる時に書き込み無くなったのはつまらないからですか?そうですか…

283 :名無し三等兵:04/01/24 05:33 ID:???
夜が遅いからだと思われ。風邪で6時に寝て
今おきた俺とかは別だ。

284 :名無し三等兵:04/01/24 06:16 ID:???
>>282

ワラタけど漏れの中のエルフも8頭身になっちまったよ

285 :名無し三等兵:04/01/24 06:21 ID:???
すっかり('A`)隊長のファンになっちまった

286 :名無し分隊指揮官:04/01/24 06:39 ID:???
 寝落ちは久方ぶりだなと思いつつ(笑

>>243
 私の場合、もう少し違ったりするんですよ。
 海運帝国が日本にとって根本的に商売敵だと思って居います。
 で、相手にとっても日本は強力な商売敵だと思って居る訳で。
 だからどんな穏健な外交を実施していても衝突はある意味で不可避だろ、と。
 何しろ、海運帝国の商品を横から掻っ攫っていく事が日本の基本ですので。
 海運帝国との交易という奴は、言うならば物流/卸問屋みたいな存在だから、
商品の入手に関して、コストが掛かる訳で。
 オマケに、日本の生存に関して相手にイニシアティブを与える事になります。

 それが嫌で、日本商船団で………と成れば、相手の権益を傷つけたとゆう事で
相手の態度は硬化していくでしょうし。
 という事で、海運帝国との対立は不可避だと思います。
 これに対して、大陸国家に関して言えば貿易相手だから適当にあやして行けば
いい、と思う訳で。

 海運帝国=商売敵
 大陸帝国=商売相手

 こんな色分けで。
 基本的には大陸帝国から食料他を輸入。
 で、それ(日本による制海権管理)を邪魔するようであれば、海運帝国と事を
構える、と。
 日本の意思決定の遅さから、F世界に行ってから数年後じゃないかなーとは思います
けども(笑

287 :名無し三等兵:04/01/24 07:16 ID:???
同盟結ぶにしても会話は通じるのか?言語設定は?
話し合いができない
     ↓
強硬派が食料の略奪のために民間人を殺害
     ↓
戦闘開始(対外もしくは暴動発生)
となるのは明白だと思うんですが。
あと、とりあえず戦闘にいけない老人方には口減らしで死んでもらうか
農業に従事してもらうことになると思います。
今の年金受給者を皆殺しにするだけで2000万人近く減るだろうし
サラリーマンにしても商売が成り立たなくなる方が出るので転職(前線に送り出しとか)
農業や軍需産業に従事することになるでしょう。
また、国内の物資も限られてますからまさに太平洋戦争のような情況になるでしょうね。

あ〜〜もしかしてアメリカの軍事基地も一緒についてくるから見せしめで核ミサイル投下なんてこともできますか?


288 :287:04/01/24 07:20 ID:???
核はガイドライン3がありますが・・・
“日本”はやらなくても“アメリカ”の軍人さんならやりそうですね・・・
まさか“日本人”しかファンタジー世界に飛ばされなかったとか?

とりあえずその辺はどうなってるの?と問題提起してみる


289 :名無し三等兵:04/01/24 07:37 ID:???
強国AとピンチなB国。
国運をかけてB国は、救世主を呼ぶべく召還術を行使。
ところが・・・現れたのは、変な格好をした初老の男。(注:某研究者ではない。)
常人よりは、運動能力が優れているものの、剣や弓矢が使えるわけでもない。
かといって、魔法も使えない・・・。

もう一度召還を試みるだけの時間も余力も無いと、頭を抱えるB国の面々。
A国軍が侵攻を開始し、もはやこれまでと思われた。

死ぬとわかっていて、戦場に行くバカは居ない。将軍達の間で、指揮権の押し付け合いが始まる。
会議室の隅っこにちょこんと座っている「救世主」、地図を睨みながら何やらぶつぶつ呟いている。
すっかり忘れられている男。戯れに、王が意見を聴いてみる。

そのアドバイスが妙に的を射ていて・・・これ幸いと男に軍の指揮を押し付ける。
連戦連勝。あれよあれよと言う間に、A国と休戦協定を結ぶことに成功する。

みたいなのを書いてみたいが・・・
これでは「自衛官がファンタジー世界に召還されますた」になってしまうという罠。

290 :やってしまえTrue/False ◆ItgMVQehA6 :04/01/24 08:03 ID:???
>236
そうか……そうだったんだ。

この世界の国防会議か衆院の安全保障特別委員会ではこういう光景が展開されていたのですな。

291 :名無し三等兵:04/01/24 09:28 ID:???
>>289
その展開はありだと思う。
投下してみれば?

292 :名無し三等兵:04/01/24 09:50 ID:???
召喚先の国々の意思決定の速度と日本国会民主主義の速度って
トータルで考えたら変わりがない、もしくは若干日本が早いようなきがしない?

 日本
→ 民主主義なので意思決定遅い
→ しかし情報伝達速度と決まった場合の行動は早い。(電話もあるしなあ)

異世界

→ 意思決定は早い(王制として)
→ 高速ドラゴン宅急便とかあれば話は別だけど、
基本的に馬なのでの書簡のやりとりだけで下手すれば数ヶ月かかる。

293 :名無し三等兵:04/01/24 10:06 ID:???
>海洋派VS大陸派
実際は成り行き任せになりそうな気も。

新しい島が出現したので日本を制圧しようとする海洋国家。
で、それを撃退して海洋国家と戦争状態へ。

大陸国家にはその様子を見せ付けつつ、海洋国家人の捕虜から教わった言葉で
「困っているので協力してくださいね(ニコッ」(片言の単純な語彙+ジャパニーズスマイル)
と協力を迫る。

その後、食料確保のために大陸への技術提供&未開拓の土地を開墾するために進出
&そのための労働力を千万単位で移住させる。

で、下手したらその後、大陸国家でもさまざまな軋轢から武力衝突へ・・・

ダメじゃん。

294 :元1だおー:04/01/24 10:18 ID:???
ドクオー!!(禿藁

295 :名無し三等兵:04/01/24 11:26 ID:???
>>293
もおいいよ。お腹いっぱい。
それよりも、ドクヲの続編が気になる。

296 :メイドさんの戦塵:04/01/24 11:27 ID:???
 食糧問題は何とか解決しつつあった。
 少なくとも、1千万の単位で餓死者を出すよ
うな自体は回避されつつあった。
 何の事は無い。北海道を始め、全国で転作
と二毛作を行った結果である。特に北海道で
の甜菜から馬鈴薯、蕎麦への転作が効果的
だった。
 何より作れば飛ぶように売れていく状況と
豊富な労働力が、食糧生産増加の背中を突
き飛ばしたと言える。


297 :メイドさんの戦塵:04/01/24 11:40 ID:???
 新満州の開拓は順調に進んでいた。
 だが、新満州の開拓はあくまでも失業対策
であり、本土の食糧需要を満たせるほどもの
ではない。
 新満州の本年度開拓予定面積は24万haで
ある。10aあたりの平均収穫量を150kgとする
と、1人あたりの年間消費量にほぼ等しい。
 よって、新満州では240万人分の食糧を生産
できる。二毛作される作物も勘定に入れれば、
360万人分ぐらいは生産可能だろう。
 巨大な数字ではあるが、本土の食糧不足が
数千万人の単位である事を考えれば、焼け石
に水だった。


298 :名無し三等兵:04/01/24 12:48 ID:???
戦国自衛隊でも見てオナってろ。ヴォケが。

299 :名無し三等兵:04/01/24 13:08 ID:???
異世界での主攻軸を廻る、海自と陸自の争い書いてみていいですか?w
トンでもな結末が待ってますがw

300 :名無し三等兵:04/01/24 13:50 ID:???
チャーチルの演説。
フランスの敗戦を受けて行われたもので、よく知られている演説である。

「たとえヨーロッパの古く名高い国々が、ゲシュタポと憎むべきナチ支配機構の圧制下におかれ、また今またおかれ
つつあるとしても、我々は決してひるみはしない。我々は行き着くところまで行くだろう。
我々はフランスで戦い、海で戦い、確信と力で以って空中で戦うだろう。
いかなる犠牲を払っても、本土を守り抜こう。我々は海岸で戦い、敵の上陸地点で戦い、
野原や山中で戦い、町で戦うだろう。我々は決して降伏しない。
たとえ一瞬たりともそうなるとは思わないが、万が一本土の大部分が占領され.
飢えに苦しむようになったとしても、海を隔てた我らが帝国は海軍を武器として、戦いを続け、
いつか必ず新世界が全力を挙げて旧世界の救援と解放に立ち上がる日を向かえるだろう。」


逆に地獄のような大陸に引きずり込まれたドイツ軍将校の日記

スターリングラードはもはや街ではない 日中は火と煙がもうもうと立ち込め、一寸先も見えない
炎に照らし出された巨大な炉のようだ それは焼けつくように熱く、殺伐として耐えられないので
犬でさえボルガ川に飛び込み、必死に泳いで対岸に辿り着こうとする
動物はこの地獄から逃げ出す どんなに固い岩でも、いつまでも我慢していられない
人間だけが耐える。 神よ、なぜ我らを見捨て給うたのか・・・


どっちとも戦いたくないねえ・・・・
両方敵にまわすような戦い方は確実に破滅を招くな・・・

301 :名無し三等兵:04/01/24 13:57 ID:???
謎の海の怪獣大量発生により海の交通が脅かされたファンタジー世界に召還され、
クラーケンやテンタクルズやオクトパス、シーサーペントや海の主相手に
死闘を繰り広げる羽目になった海上自衛隊見たいな話はどうか?

302 :名無し三等兵:04/01/24 14:09 ID:???
そういえばインターネットはどうなるんだ 日本国内限定になってしまう。

インターネット見たら異世界住人はどんな反応するんだろ?

盗賊ギルドが眼を付けて導入したりしそうだな。

303 :名無し三等兵:04/01/24 14:29 ID:???
>>301
むしろ海の怪獣相手に死闘を繰り広げる漁師に萌えるな♪

304 :名無し三等兵:04/01/24 14:32 ID:???
>>299
お願いします。
「F世界と如何に戦うか」よりも国論と戦略の統一の方が先ですから。

>>300
だからこそ、読み物や思考実験としては面白いのではないかと。
上の方のレスにもありましたが、二正面作戦での考察もキボン。

私には、それをやるだけの見識が無いもので……。

305 :名無し三等兵:04/01/24 14:32 ID:???
>>302
回線どうやって引っ張ってくるんだ(笑)
導入したところで、日本の年配の方々と同じようなことになりそうだけど。

306 :名無し三等兵:04/01/24 15:20 ID:???
例のパラレルワールドにて

部下「司令!!また台湾沖で6000tの貨物船が通商破壊船にやられました!!」
司令「またか・・やはり護衛の艦船が少なすぎる・・改めて艦隊司令部と幕僚監部に要請しろ、
 どれでもいいから一個護衛群を船舶の護衛に回してくれと。」
部下「了解しました。」

数日後・・・・

部下「司令、先の要請に対し、返答が返って来ました。」
司令「読み上げてくれ。」
部下「は、まずは海上幕僚監部からの返答から・・・
   『確かに貴官の提案は的を見たものである。が現在、セイロン帝国との戦闘中であり、貴重な・・・』」
司令「・・・もういい。艦隊司令部のほうは?
部下「は。『我々は現在東南アジア全域を制圧する海洋国家とマラッカに置いて、決戦準備中であり・・・』
司令「・・・・・・」

部下「他にも陸上自衛隊と航空自衛隊から基地を大陸に進出させるので護衛部隊を派遣してくれとの要請が・・・」
司令「・・・・・・・しばらく一人にさせてくれ」

307 :名無し三等兵:04/01/24 15:24 ID:???
どうもF世界がわの考察が弱いような気がする、
議論が途中でぐだぐだになるのも、そのせいではないだろうか。

そこで、オレ設定投下。

舞台は春秋戦国時代風の中国。で、台湾がイギリスの如く振舞っている。

大陸では中原の北にの晋、長江沿岸の楚、この南北二大超大国が睨み合い、
秦、斉の東西二大国がそれをけん制、他の小国はこの4大国の顔色を伺い、
台湾が勢力均衡を保っている。

こんな所でどうよ?


人口、農業生産力、技術力、市場規模については手元にこの時代の中国の資料が無いので、
誰か補完キボン。



308 :名無し三等兵:04/01/24 15:26 ID:???
ファンタジー世界だと、
http://that.2ch.net/test/read.cgi/gline/1071673068/
↑この術をマスターした魔術師が敵にいたら敵わんな。

309 :名無し三等兵:04/01/24 15:27 ID:???
>>306
おもろい、おもろいけどセイロンが東南アジアを支配してたんじゃなかったっけ?

310 :名無し三等兵:04/01/24 15:33 ID:???
>>306
軍拡には10年はかかる上に、資源のめどが付かないことには
それすらあやしい。

結局民間船に武装を許可するしかないかも。

311 :名無し三等兵:04/01/24 15:36 ID:???
>>309
東南アジアを制圧する海洋国家〜のくだりがセイロン帝国です。

312 :名無し三等兵:04/01/24 15:38 ID:???
>>307
書きっぱなしというのも無責任なんで、知ってる範囲内で考察。
軍制に関しては、

最小単位が「一卒」、その内訳は


戦車1両に甲士3人
それを支援する歩兵72人

計75人の戦闘部隊の支援部隊に重車1両と使役夫25人
炊事          10人
武具の保管・修理     5人
馬の飼育・車馬具の修理  5人
燃料・飲料水の管理
戦車・兵器の修理     5人     

計100人




313 :名無し三等兵:04/01/24 15:39 ID:???
>>310
多少の武装を許可した所でどうにもならないと思われ。
B25に襲われる輸送艦の如く沈められていきそうだ・・・


314 :名無し三等兵:04/01/24 15:48 ID:???
>>312の続き
装備、食料は全て自前。
576戸を1くくりにして、徴収されるのは

車       1両
馬       4頭
牛      12頭
甲士      3人
歩兵     72人

甲士は貴族で、歩兵・使役夫はその領民。


スケールが小さくてツマランという人は、セイロン帝国の方で考察してみて。

315 :名無し三等兵:04/01/24 15:52 ID:???
数週間後
部下「司令。また8500tタンカーが・・・ベトナム沖で怪物にやられました」
司令「・・・・やはり単独行動させるのは危険すぎる。護送船団形式に切り替えねばならん」
部下「は、しかし小官は、司令が以前幕僚監部に提案した際に、
 『輸送量の低下するから無理』と言われた記憶がありますが」
司令「『物資が遅れるのと物資が届かない、どちらが望みか?!』と脅迫してやれ! ・・・・・・・・丁寧にな」
部下「了解しました」

数ヵ月後
部下「やはりセイロン帝国攻略は不可能な模様です。敵艦隊の大半を沈め、
  敵中央、ならびに東北南方艦隊を制圧したものの、武器弾薬燃料が足りずに前進が出来ない模様です」
司令「・・・そうか。なら防衛線を下げてシンガポールまで護衛群が引き上げてくるだろうから、海上護衛に護衛艦を回せるな」
部下「いえ・・・最後の決戦とばかりに敵首都に対して強行突入作戦を行なう模様です。」
司令「・・・・・・弾薬燃料が無いのに?」
部下「・・・小官が聞いた噂では、この海上護衛総隊から弾薬燃料艦船を引き抜いて行なうつもりだとか・・」
司令「なんだと!!仮に敵帝国を撃破してもまだ海賊や残党、それに怪物に対処せねばならんのだぞ!?
  艦隊司令部に電話を繋げ!!」

316 :名無し三等兵:04/01/24 15:53 ID:???
司令「艦隊特攻を行なうと聞いたが本当か?」
艦隊「今此方から電話をかけようととしていた所です。具体的な作戦は・・・・・」
司令「・・・しかし幾らセイロンに行って127mmを撃ちまくると言っても、
  そんな事したら仮に成功しても、その後の東南アジア周辺海域に展開する事すら敵わなくなるぞ。」
艦隊「その公算も大いにあるんですか・・・狙いは他にもあるそうなんです。
  陸上自衛隊が大陸で敵首都に迫っているというのに、海上自衛隊が敵首都に近づく事すら敵わないでは
  黙っていられる訳が無いという気持ちが強いそうです。
  幕僚長が読む予定の訓辞がここにあるので読んでみましょう。
  『・・・壮烈無比の突入命令を出したるは、海上自衛隊総力をこの一戦に結集し、
  光輝ある海上自衛隊水上部隊の伝統を発揚すると共に、その栄光を後期に伝えんとす。』」

司令「・・・・・国をあげての戦争に、水上部隊の伝統が何だ!!水上部隊の栄光が何だ!!馬鹿野郎!!」

ガシャン!!(電話を切る音)

部下「・・・・・終わりましたね。」
司令「もう付き合いきれん・・・」

これで終わりっす。

317 :名無し三等兵:04/01/24 16:03 ID:???
>>316
旧軍みたいになってきたな。

318 :名無し三等兵:04/01/24 16:11 ID:???
>>316
乙かれー。
面白かったけど、自衛隊へたれすぎ……。

>>314続き
奴隷売買の手続き
地域自治体が民間人より奴隷を購入する際には、
まず行政責任者が奴隷の履歴書とスペック?評価を受け取り、
これを奴隷本人に確認する。
次に、医務官に健康検査を受けさせる、医務官が専属か外注かは不明。時と場合によると思われ。
次に財政関係者が市場価格と照らし合わせ、適価か否かを判断する。
適価と判断されたなら、県次官が奴隷の出身地の行政責任者に奴隷の戸籍、姓名、身分、経歴
に確認の問い合わせをする。
最後に行政責任者が裁可する。

こーゆーかんじです。

319 :名無し三等兵:04/01/24 16:18 ID:???
セイロン帝国世界の考察

セイロン帝国       17−18世紀の大英帝国並みの国力・民度・技術力
中国           永楽帝以降の明代
インド          ムガール帝国
インドシナ        16世紀−19世紀の東南アジア


こんな感じ?



320 :名無し三等兵:04/01/24 16:29 ID:???
>>319
個人的な設定では。

セイロン帝国       17−18世紀の大英帝国並みの国力・民度・技術力
インド          沿岸部をセイロンに制圧され大陸奥地に追い込まれてる
                文明レベルはムガールぐらい
インドシナ        16世紀−19世紀の東南アジア、セイロンの植民地
中国(+朝鮮)       初期清と李氏朝鮮


321 :名無し三等兵:04/01/24 16:29 ID:???
http://www.watch.impress.co.jp/game/docs/20020715/aa.htm

322 :名無し三等兵:04/01/24 16:31 ID:???
セイロン帝国でヒンズー教の影響を受けてたら奴隷の供給は問題ないだろうね。
しかも宗教に基づいてるから、最近占領された地域ならともかく、
帝国領内(支配が数世代に及ぶ地域)では簡単に「奴隷開放」とか出来ない罠。
(開放された奴隷はアイデンティティーを失うらしい。)

323 :名無し三等兵:04/01/24 16:34 ID:???
>>271
>チャンパーとかの地中海型の海洋交易国家萌えている

それいいな、地中海に地域覇権を持っていたジェノアやヴェネチアの如く
南シナ海に地域覇権を持つチャンパーやアンコール萌え。

落日の貿易国家と日没せざる帝国の台頭、そこに日出ずる帝国が現れたッ!!
なんてことになったら超燃えだな。

324 :名無し三等兵:04/01/24 16:37 ID:???
>>321
しいて貼るならこっちのほうがいいんで無いかい?
ttp://americanconquest.zoo.co.jp/screen01.html

325 :名無し三等兵:04/01/24 16:40 ID:???
>>320
>インドシナ        16世紀−19世紀の東南アジア、セイロンの植民地

オセアニア諸島、フィリピン、台湾はセイロンの植民地でいいけどインドシナ諸国には
独自の文明圏を形成させた方がよくない?

セイロンは海洋国家なんだから、国家戦略を縛る大陸領土は持たない方がいいと思う。


326 :名無し三等兵:04/01/24 16:47 ID:???
>>325
その通りですな。
では貿易港としての植民地ということにしておきませう。

327 :名無し三等兵:04/01/24 16:49 ID:???
>>323のような地域覇権をもった海洋国家はどう扱います?

328 :名無し三等兵:04/01/24 16:53 ID:???
この中で一番弱そうなのはインドシナ諸国だな。
日本が同盟組むならこいつらかな?

329 :名無し三等兵:04/01/24 16:56 ID:???
>>322
農業の生産基盤は東洋だけど、文化は欧州風って話じゃなかったっけ?
でも、文化は生活様式によって形成されるからなぁ……。

330 :名無し三等兵:04/01/24 16:59 ID:???
>>327
放置かますか、味方に組み込むか、それとも駆逐するかの三種類でしょうな。
理想は無視に限りますが。

>>328
弱いのと手を結んでも・・・
北に大陸国家、南に海洋国家と足引っ張りまくられる予感。

331 :名無し三等兵:04/01/24 17:05 ID:???
>>329
少なくともリアルな中世欧州よりは風呂に入ってそうだな。

332 :名無し三等兵:04/01/24 17:10 ID:???
>>330
>放置かますか、味方に組み込むか、それとも駆逐するかの三種類でしょうな。
>理想は無視に限りますが。

いえいえ、セイロン帝国とチャンパー、アンコールの関係はどんな感じかと思いまして。

333 :名無し三等兵:04/01/24 17:11 ID:???
セイロン、チャンパー、アンコールの海洋三国志とか言ってみる。

334 :名無し三等兵:04/01/24 18:36 ID:???
F世界に召喚でなくて昔の地球に召喚されたと勘違いしてるとしか見えないのだが。
おまけにドラゴンやエルフやドワーフがほとんど出てこない。
他に木造帆船などにはモンスターは十分脅威だが鋼鉄製の船には余り脅威ではないのでは・・・
それと艦艇が足りないのならヨーロッパなどで計画されている1000トンで少数運営用のコルベット艦を建造すべきでは?

335 :名無し三等兵:04/01/24 18:41 ID:???
F国の海軍や海賊は、現代の船に追いつけるの?

336 :名無し三等兵:04/01/24 18:44 ID:???
なんか、無理がある設定を既成事実として話を進めつつあると思う。
流れを変えるべきでは?

つーか、ドクオの続きが読みたい。
妄想マンドクセ。

337 :名無し三等兵:04/01/24 19:08 ID:???
>>331
リアル中世欧州だと、月一度風呂に入りたがるお姫様でも病的な潔癖性になるからな。

まあしかしいくらF世界でも、毎日風呂に入るのがあたりまえの日本人は病的潔癖性集団にされそうだが。

338 :名無し三等兵:04/01/24 19:21 ID:???
現代アメリカ人・イギリス人もシャワー程度だしねぇ。日本文化好きは知らんが。

339 :名無し三等兵:04/01/24 19:25 ID:???
ペストが流行り出す前はそれなりに入浴してたそうだ。
(但し、よほどキレイ好きでも3日に1度ぐらい)
http://woodruff.press.ne.jp/illusion/materia/lib/materia_faq_1-4.html

340 :名無し分隊指揮官:04/01/24 19:38 ID:???
>>334
 外洋で運用する、安価で航続能力と居住性とを兼ね備えた護衛艦を建造するので
あれば3000tからの大きさは見ておいた方が良く無いですかね?
 船体は、現代兵器を相手にしない前提ですので商船構造でも構わない訳ですし、
兵装に関しても40o程度の砲で十分ですので、廉くは上げられると思いますよ。
 乗組員に関しては、実は自衛隊の拡張による雇用対策と云う側面があるなと
思ったり。
 大陸に進出する人々を、一種、屯田兵的なものとして運用しても良い訳ですので(笑

 只、問題は、現代兵器は水中の生物を相手にする為にデザインされていませんので、
結構、苦戦しそうな事ですね。
 護衛艦が、鎮められるとかは思いませんけども、小型漁船ではきついでしょう
からね(苦笑
 爆弾の水中爆発の衝撃波と云うのが一番簡単ですが、近すぎる場合、船体側にも
ダメージがあり得る訳ですので、一番効果的な装備は………対潜臼砲?(笑

>>335
 帆船の場合、大体、10ノット程度で見ていれば良いみたいです。
 これに対して現代商船の場合は15ノット以上ですので、その気で逃げる限りは
捕捉攻撃される恐れは低いと思いますよ。
 まぁ燃料の問題から、何時も最大速力と云う訳にはいかないでしょうが、帆船も
その推進方式から何時も最大速力を発揮できる訳でもなければ、海上を現代船以上に
自由気ままに動ける訳ではないですからね。

341 :名無し三等兵:04/01/24 19:39 ID:???
>>334>>336
セイロン帝国なんて存在しなかったし、インドが真に統一されたのはイギリス統治時代。
「中世欧州風の世界」が元ネタなら、思考実験として過去の世界の一部を切り取ってくるのはありだろう、
あくまでも「○○風の世界」であって過去の地球ではないと思うが?

不満ならオレ設定をうPしてくれ。
面白そうなら乗るから。

342 :名無し三等兵:04/01/24 19:45 ID:???
とりあえず、セイロン帝国世界にエルフやドわー夫ぶちこんでみるか?
だとすると、どの製鉄民や狩猟民族にあてはめるのがいいだろうか。

343 :名無し三等兵:04/01/24 19:46 ID:???
>>1を見る限り「ハイテク兵器VS剣と魔法」なので
エルフetc.の各種族やドラゴンなどは必須では無いのではと言ってみるテスt。

344 :名無し三等兵:04/01/24 19:48 ID:???
半魚人の帝国というのはいかがか。

345 :名無し三等兵:04/01/24 19:53 ID:???
それはマズイ
ネタが板違いな方向にいってしまうぞ

346 :名無し三等兵:04/01/24 19:57 ID:???
セイロン帝國よりは、シュリーヴィジャヤ王国とゆーてくれ。
地形が同じなら、まだシュリーヴィジャヤの方が実在した分
まともだって。


347 :名無し三等兵:04/01/24 20:02 ID:???
>>238

陸自:大陸への進出が先だ
海自:シーレーンの確保が先だ
空自:ドラゴンを駆逐して国民の安全を確保するのが先だ


348 :名無し三等兵:04/01/24 20:04 ID:???
>>346
君はあれかね?ネタの中の世界にまで突っ込むタイプかね?

349 :名無し三等兵:04/01/24 20:06 ID:???
いやまあここまでの流れを見る限り、ネタの中の世界に突っ込むのが目的になってきてるけどね。

350 :メイドさんの戦塵:04/01/24 20:12 ID:???
「上海で海自の陸戦隊が暴れてる?」
「居留民保護の為の、現地の官吏と小規模な
抗争が拡大したようです」
「気がついたら大騒動になっていたという状況
かね?」
「はい」
「速やかに降伏するように伝えたまえ。私は近
衛声明を出すつもりはないぞ」
「士気の崩壊が懸念されます」
「軍が暴走するよりマシだ」
「南方群島の存在が確認されています」
「それがどうした?」
「石油が出るかもしれません」
「で、南方群島とやらを制圧する為には上海が
必要だと言いたいのかね?」
「大規模な通商国家が存在しています。土人の
島ではありません」
「なら、なおさら戦はできんな。上海の馬鹿ども
にとっとと降伏するように連絡しろ」


351 :名無し三等兵:04/01/24 20:19 ID:???
>>346
いや、そんな帝国もともと存在してないし……。
シュリーヴィジャヤの本拠地はスマトラ島。

セイロン帝国世界と海洋帝国のネタを最初に振った者なんだけど、
F世界の実像がはっきりしないのでとりあえず思考実験として、既存の地理に架空の設定ぶちこんで
考察の叩き台になればと思ったんだけど……。
言語・文化体系考えるの骨なんで名無しにして、スレの流れのなかで肉付け出来ればと思ってるうちに
ついた名前がセイロン帝国。

もともと他の住人が乗ってくれたら、細かい設定を任せようという他力本願な思いつき……、
もとい、他の住人たちと一緒にたのしめたらいーなーと思って振ったネタなんで、大勢の人が乗ってくれて嬉しかったり
するのですがイマイチって人もいるのですね……。

もし、よろしければこの世界のエルフやドワーフの設定をつくっていただけませんか?

352 :名無し三等兵:04/01/24 20:23 ID:???
メイドをここに置いておくから1だおー氏更新までまったり汁。

ttp://moe2.homelinux.net/src/200401/20040118600447.jpg

353 :名無し三等兵:04/01/24 20:25 ID:???
>>351
まるでカイジのようだ。

354 :名無し三等兵:04/01/24 20:27 ID:???
エルフ→東南アジアのジャングルに住んでいる。
ドワーフ→ヒマラヤ山脈の地下に超巨大コロニーを作ってる。

355 :名無し三等兵:04/01/24 20:29 ID:???
・・・その設定だとエルフはともかくドワーフは登場すら出来んなw

356 :名無し三等兵:04/01/24 20:31 ID:???
どっちとも戦端を開かなければいいンじゃない?
なんか、どっちかと戦わなきゃいけないような話してるけど。

信用度ゼロのうさん臭い国(日本のこと)と同盟しようなんて国は常識的にないでしょ。
なら、初めは国交を結ぶ外交活動からっていうのが風雨の考え方だと思うんだが。
食料や燃料など問題は山積みだけど、だからといって余計に物資を消費する戦争(大陸にしろ、海洋にしろ)を起こすなんて正気の沙汰じゃない。
しかも、侵略する立場なので、海にしろ陸にしろ頼れる味方ができるとは思えない。
(傀儡国家ならともかく、自国に自負を持っている国は基本的に敵対か放置してくるだろう)
そこら辺の考えって皆さんはどうなのだろうか。

つーか、自衛隊って侵略に向いた組織だっけか?
装備も気質も全然向いてもいないと思うんだが。
どっち攻めるにしろ、慣れない作戦行動に被害・消耗が無駄に消費されるような気がしてならない。
むしろ、時間を置いて自衛隊を侵略軍向けに再編成するべきだろう?

357 :名無しの三等兵さん:04/01/24 20:32 ID:???
やはりファンタジーだから実際にある地名は舞台のイメージが
損なってよくないと思う
新満州も痛いけど

358 :名無し三等兵:04/01/24 20:34 ID:???
共通の知識として地形図データが与えられてて、
特定の地域を示すのに実際の地名を使うってのは
思考実験として議論する上で有効だと思うが。

359 :名無し三等兵:04/01/24 20:37 ID:???
>>356
座して飢え死ぬよりは戦場で討ち死にしたいのでございます。

・・とまあ冗談はさておき。
かつての満州事変も一応は食糧確保を目的に始めた戦争ですし。
それに国内で耐えていては、いざ外に出て行く時に力が持ちませぬ。
やるなら余力のある内に。

360 :名無し三等兵:04/01/24 20:40 ID:???
>351
こんなカンジかな。

ドワーフ 崑崙山脈にある山の王国の民。
      金属加工を生業とし、鋳掛け屋として大陸各地を放浪する。

エルフ  妖精郷ニルヴァーナの民。
      斯界では異界への門である森に住む。
      異界の民の常として、不可思議な術を使う。


361 :名無し三等兵:04/01/24 20:40 ID:???
>>354
エルフはそれでいいけどドワーフはなぁ、アガルタじゃないんだから。
実在の製鉄・技術民をモデルにした方がいいだろう。
と、いう訳で歴史・民俗学に詳しい神、かも〜〜ん。

362 :名無し三等兵:04/01/24 20:42 ID:???
>>356
まず、3ヶ月のうちに1億2000万を養うだけの食料源を確保する必要がある。
次に、ご都合主義を廃するなら言葉は通じない。
相手の言葉が理解できるようになるのに1ヶ月は見たほうがいい。

ファンタジー世界側の人口は、多く見積もっても1億〜3億、
食料生産は自給自足が限界。

あまり悠長なことはやってられないってのが実際のところ。

363 :名無し三等兵:04/01/24 20:42 ID:???
余力なんて初めからないと思うんだが・・・
海攻める場合はいままで散々外出だし。
陸攻める場合も、1年持つのかも疑問。
初めはいいかも知れないが、数カ月で形成はあっさり逆転。
太平洋戦争の二の舞い・・・なんて事にならなきゃいいが・・・

364 :名無し三等兵:04/01/24 20:45 ID:???
初めから全面戦争を想定した国家再編が急務?
地図も海図もない。それで戦略をたてるの?
陸の穀倉地帯が、無人の平野である可能性は?
陸海両帝国が味方になってくれる理由は?そしてその代償は?
ツッコミどころが大杉なんじゃないか?

365 :名無し分隊指揮官:04/01/24 20:47 ID:???
 皆様お忘れでしょうが(ええ。私も忘れていましたよ!)、日本がF世界に居る
羽目に陥ったのは誰かが何かにトチ狂って日本列島を召喚してしまった訳で。
 食糧問題とかそこら辺、押し付けるとか、外交は、其処に基点を置いてとか
考えるべきなんじゃないですかね?(他人事

366 :名無し三等兵:04/01/24 20:48 ID:???
>>362-364
まずは問題点を思いつく限り書き出してみて。

その後で当面の対策と長期戦略を立てよう。

367 :名無し三等兵:04/01/24 20:49 ID:???
>>365
すっかり忘れていた……。
「F世界にとっても不慮の出来事」でもいいような気がしてきた。

368 :名無し三等兵:04/01/24 20:50 ID:???
そもそも日本全土にしろ自衛隊の一部隊にしろ、F世界の住民に召還されるんだから
召還した連中とは同盟なりなんなりを結べても良いと思うんだが・・・・・

369 :名無し三等兵:04/01/24 20:50 ID:???
穀倉地帯を制圧できても、食料ないのは帝国も同じ。
手段を選ばず攻撃してくるぞ。それこそ海の帝国と同盟結んでも・・・
国の命運を背負ってるのはなにも日本だけじゃないんだろ?その設定だと。
戦争したって、自殺と変わらないんじゃ自衛隊も浮かばれんぞ・・・

370 :名無し三等兵:04/01/24 20:54 ID:???
>369
そこで、F世界の住民には開拓できないけど、日本なら開拓できる
土地を譲ってもらって、開拓ですよ(w


371 :名無し三等兵:04/01/24 20:55 ID:???
>>370
そんな土地、耕してる内に本土は干上がっちまうでしょう。
欲しいのは短時間で大量の食料を確保できる土地でしょ?

372 :名無し三等兵:04/01/24 20:56 ID:???
>>364
んな穀倉地帯があればとっくに誰かが棲みついてる罠。
よっぽど周りが未開人だけってのならともかく。

373 :名無し三等兵:04/01/24 20:58 ID:???
なんか土地を奪って屯田兵とか、トンでも案が飛び交っている様ですが、
そんな暇あったら略奪でもしたらどうですか?
作ってる暇ないんですよ?餓死者が一千万人なんですよ?日本国崩壊の危機なんですよ?


374 :名無し三等兵:04/01/24 20:59 ID:???
>370
心配しなくても、北海道がある。
甜菜300万dを馬鈴薯、蕎麦、小麦に転作すれば、2000万人分の
食糧になる。
で、本土の生産力は北海道の5倍以上あるから、実は食糧の心配
は、中身を気にしなければ、する必要がない。


375 :名無し三等兵:04/01/24 21:00 ID:???
>>373
一千万人なんてぬるいもんじゃない。
五千万ないし一億。
(エネルギー不足で耕作機械が使えなければ、江戸時代の基準すなわち3000万しか養えない)

376 :名無し三等兵:04/01/24 21:01 ID:???
なんていうか、初めから戦争しか選択肢がない時点で国家戦略も糞もねえなあって感じですな。
外務省も出番がなくて可哀想だ。こういう時に一番活躍すべき組織なのに。

戦争になっても、右寄りの国家になることは確定的だな。
おそらく、2chもなくなるだろう。寂しい限りだ。

377 :名無し三等兵:04/01/24 21:03 ID:???
>>374
じゃあ、戦争する必要性がないじゃん。
なんですんの?

378 :名無し三等兵:04/01/24 21:04 ID:???
別世界に転送されたからといって、
何が何でも戦争しなけりゃいけないということはないと思うんだがな。

…それとも皆、心の中では敵陣に侵攻していく
『現代の大日本帝国』
の姿を夢に描いているのだろうか?

379 :名無し三等兵:04/01/24 21:07 ID:???
>>378
大陸への侵略案なんて、まさに旧軍の進路そのままだし。新満州だし。

380 :名無し三等兵:04/01/24 21:07 ID:???
>>319-320
中国に位置する帝国のモデルは明と清か、
とりあえず明清(仮名)と呼ぶ。

明も清も海禁政策を採っていたから、明清も海外事情には相当疎そうだ。

もともと「普天の下、王土にあらざるはなし」なんてふざけた文明原理を持った帝国だし、
明治維新の際にも「日本は七七の島よりなり(中略)美加戸が王位を簒奪し国の制を
改めた為、万民は塗炭の苦しみを味わい前王の統治を懐かしんでいる。ここで中華が軍を
動かしその威光を示せば、日本人は感涙を流してひざまづく」

なんて寝言ほざく奴でも高官が勤まるぐらいだからな。


381 :名無し三等兵:04/01/24 21:10 ID:???
>374
自衛隊を活躍させやすいから。
自衛隊員が豆播いたり、土塁築いたりしてるだけじゃ、格好悪い。
それに、石油がないと凍死しそうな方々が少なくない。


382 :名無し分隊指揮官:04/01/24 21:12 ID:???
 召喚してくれやがった国家から食料を巻き上げて属国化。
 後は日本が生残る為の生存圏の拡大を図る。
 逆らうものは赦さず、恭順の意を示すものには進んだ医療や技術を提供(でも、日本にヤヴァイのは駄目よ?)。
 民族差別も無く(平等と云うか、公平に二等国民として差別………区別するでしょうね)、
宗教にも寛容(生贄をとならない限りは、日本人はアバウトだしね:笑)。
 多くの民衆が恭順の意を示すようになり、旧来の国家群は軍事的にも勝てないので
存亡の危機に。
 ………………誰だ、こんなタチの悪いものを召喚したのは?
 まるで、悪魔の国を呼び出してしまった様なものでは無いか(核爆

383 :名無し三等兵:04/01/24 21:12 ID:???
>378
いっそのこと、『大日本帝国』を召喚したほうが良いのでは?
ああ、ここは『自衛隊』が召喚されるスレですか・・・

384 :名無し三等兵:04/01/24 21:13 ID:???
セイロン帝国の一般人は明清、インドシナ、インドという世界を知っているけど、
明清の都市民は「自分たちが唯一の世界」と思っていそうだな。

地方の農民にいたっては自分たちの皇帝の名前すら知っていそうに無い、
いや、それどころか存在すら知らないかも。


385 :名無し三等兵:04/01/24 21:15 ID:???
現実的に考えるなら、
異世界に飛んだ時点である程度の餓死者の覚悟はして置かないといけない。
(突発的に飛んだ場合、混乱が混乱を呼んで餓死者以上の死傷者を出しそうだ。)
そして周辺の国との国交は速めに結ばなければならない。
(難民問題などで遅々として進まないだろうが。)
国内の世論を統一しなければならない。手段は問えない。←ここ重要。
(政府の最大の敵は国民。)
貿易で食料、資金を調達。
(相手の商業基盤のレベルと信用度、海洋国との軋轢を考えると収益はかなり少ないと思われる。)
ここでやっと侵略準備完了。

飛んで直ぐ侵略開始ではない事を肝に命じておきたい所だ。
(他にもやって置かなくてはならない事がありそうだが・・・)


386 :名無し分隊指揮官:04/01/24 21:16 ID:???
>>374
 化石燃料が無いと、今の生活水準を維持する事は出来ません。
 まぁ娯楽系は我慢汁を飲む事が出来ても、医療面等での水準の後退は洒落に
ならない事態を引き起こします。

 異世界の住人の生活を護る為に、貴方の家族に死んでもらわねばなりません。

 そう成った時、それを従容と受け入れるのは人間では無いでしょ。
 まぁそゆう事で、冬、暖房の効いた部屋でTVを見ながら家族と駄弁る為に、
F世界を支配せねばならないのです(笑

387 :名無し三等兵:04/01/24 21:17 ID:???
>>380>>384
「王命に従わない」という大義名分のもとチャンパーに懲罰戦争を仕掛ける明清帝国。
そして、それを唆すセイロン帝国。

388 :名無し三等兵:04/01/24 21:21 ID:???
>>382
まさに魔王の帝国だ。
あとは何度もやってくるだろう、旧来国家群の連合軍をどう捌くかだが・・・
初期の段階で攻めてこられたら、最悪だろうな。
下手すりゃ日本民族虐殺なんて事も・・・(神の名に置いて、悪魔は皆殺しなんて・・・)

召還された時に、それ以外の国々の政治的関係がモノを言うだろう。
召還した国が四面楚歌で追い詰められて・・・なんて状況じゃ、いくら日本でもどうしようもない。

389 :名無し三等兵:04/01/24 21:21 ID:???
>386
娯楽が減れば、子供が増える。
医療水準は確実に低下するから、年寄りもバタバタくたばる。
栄養水準が低下するから、成人病もなくなる。
良いことづくしだな(爆

390 :名無し三等兵:04/01/24 21:22 ID:???
日本が異世界に飛ばされたら何が起こり、何をしなきゃならない?
まずそこから考えよう。


391 :名無し三等兵:04/01/24 21:24 ID:???
>>390
まず、国内の状況把握。
混乱をすみやかに治める。
でも、政府自体が混乱している罠。

392 :名無し三等兵:04/01/24 21:25 ID:???
休耕田がすぐに使えるようになるわけじゃないし、
サラリーマンを農作業にあたらせるにも、仕事に慣れてないと使い物になら無いしなぁ。
飼料用の穀物の輸入もストップするから酪農は壊滅するし、
石油がなければ近代的な農業技術のほとんどが使えなくなる。
さあ困ったw

393 :名無し三等兵:04/01/24 21:26 ID:???
>>390
日本が飛ばされた時点でできた津波で、周辺の湾岸部が壊滅的な被害を被ります。
そのため、日本は周辺国よりとんでもない偏見を被ります。

394 :名無し三等兵:04/01/24 21:29 ID:???
最初に国民がパニくらないように希望を与える。
現実がどうあれ、全国で転作して、輪作すれば
餓死しなくてもすみます、と信じこませる。

流通を国有化して、。売り惜しみで餓死者が出ないようにする。
物資隠匿は殺人罪に準ずる罪にする。

周囲にP-3C飛ばして、周囲の測量を行う。
気象観測衛星と放送衛星の打ち上げ準備だな。




395 :名無し分隊指揮官:04/01/24 21:30 ID:???
>>389
 身内に入所老人が居る家庭ではそうならんでしょ。
 そして、今の日本ではその入所老人が多い罠。
 外征しか無いですな。

 老人用の紙オムツを作る為に外征する自衛隊………萌え?

396 :名無し三等兵:04/01/24 21:31 ID:???
まあ、結論は元1だお〜さんの世界観に到達するには、
日本国として様々な課題を突破しなければならないでFA?


397 :名無し三等兵:04/01/24 21:34 ID:???
非常に肝心な事なんだが、
召還された日本は、異世界の金は無一文なんだよな?

・・・
どこの国も、国交を結ぼうとはしないんじゃないか?
話を聞いてもらえすらしない気がする。
外務省は辛い営業になりそうだな。

398 :名無し分隊指揮官:04/01/24 21:34 ID:???
>>396
 ですな。
 と言う訳で、頑張れ元1だお〜さん! いや、マジで(笑

ネタ
 日本の不法在留外国人を狙った、外人部隊の創設を考えたり。
 色々な意味で仕事が無くなってしまった彼らが、アレコレしだす前に、定職と
住居を提供と云う事で。
 後、失職したサラリーマン辺りも、屯田兵に近い方向で自衛隊の後方支援する
部隊を構築してはどうかなと思ったり。

399 :名無し三等兵:04/01/24 21:35 ID:???
>>390
石油の供給が停止するとあらゆる技術レベルが産業革命前に戻りそうだな。
国内の炭田を再開発するにも時間が必要だろうし。

テレビやラジオは廃止。
広報手段は「鐘を鳴らす」に変更。
広いところは校庭からゴルフ場までとりあえずサツマイモ畑に。
家庭では日の入りとともに消灯w

400 :名無し三等兵:04/01/24 21:35 ID:???
結論

日本が丸ごと召喚されたら、世界制服以外に生存の途なし。

401 :名無し三等兵:04/01/24 21:36 ID:???
>395
問題は外征する場所がないこと。
大陸は自給自足で精一杯で、収奪すべき余剰生産力を持たない。
仏印から米をかっぱらったり、蘭印の油田を占領すれば良かった
60年前より条件は遥かに悪い罠(w


402 :名無し三等兵:04/01/24 21:38 ID:???
>>397
西洋みたいに紙が珍しければ貨幣として通用するかも知れんが、
東洋だと「ただの紙じゃん」となるわな。

403 :名無し三等兵:04/01/24 21:39 ID:???
>>397
異文明のファースト・コンタクトにおける、貨幣の交換比率については
佐藤雅美の「大君の通貨」が参考になるんじゃない?

404 :名無し三等兵:04/01/24 21:40 ID:???
>397
そこで、金と銀製品の供出ですよ。



405 :名無し三等兵:04/01/24 21:41 ID:???
>>400
餓死者や生活水準とかにこだわらなければ、別に世界征服しなくてもいいと思うんだが。
それらの被害は覚悟しなきゃなんの国家戦略も立てられんだろう。
大日本帝国じゃあるまいし、戦争しか手段はないと言ってる内は、まだ政治的努力が足りない証拠だ。

間違いなく言える事は、戦争を一度起こしたら、日本以外を滅ぼさない限り日本国民は虐殺される。

406 :名無し三等兵:04/01/24 21:41 ID:???
おまいらッ!
石川大輔の「2050年は江戸時代」を読めッ!!

407 :名無し三等兵:04/01/24 21:42 ID:???
>>406
詳細キボン

408 :名無し三等兵:04/01/24 21:46 ID:???
>>407
簡単に言うと、落ちぶれて世界経済から切り離された日本が江戸時代の
自給自足体制に回帰する話。

石川氏は、この他にも江戸時代に取材した「大江戸シリーズ」を手がけており
このスレの住人なら必読の価値あり。

409 :名無し三等兵:04/01/24 21:46 ID:???
>>403
うさん臭い国の通貨を欲しがる国があると思えないんですが。
第一、国交を結んでない国とどうやって通貨交換をするんですか?

410 :名無し三等兵:04/01/24 21:47 ID:???
>>408
ライトノベル?
どっかで聞いたような・・・

411 :名無し三等兵:04/01/24 21:49 ID:???
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4062638096/qid=1074948298/sr=1-38/ref=sr_1_2_38/249-2330771-5589120

412 :名無し三等兵:04/01/24 21:49 ID:???
>410
自国以外は全部胡散臭い国だし。
この頃は金貨銀貨だから、通貨そのもの価値がある。
日本も貿易用に金貨と銀貨を再発行する。

413 :名無し三等兵:04/01/24 21:52 ID:???
>>409
なんか誤解があるような……。

信用通貨の確立以前は、貨幣それ自体の価値で取引されていたのですが
金銀山を幕府が押さえていた日本では自然発生的にこの信用通貨が流通していたのです。
ハリスとの交渉と条約締結後の金の大量の国外流出と金融の崩壊は、
このあたりの認識の食い違いによるものです。

414 :名無し三等兵:04/01/24 21:53 ID:???
一回TVSPドラマになったな
原作のファンだったからあまりのできに怒りまくった記憶がある

415 :名無し三等兵:04/01/24 21:53 ID:???
>>412
その金と銀を調達するのが難しいな。
IT機器には金が必要だし、銀も使用頻度高いし。

第一、異世界にとって金銀が希少金属かどうかも分からない。
下手すりゃ錬金術で生産可能になってたりして。

416 :名無し三等兵:04/01/24 21:55 ID:???
>>415
それが日本で出回って、国内の相場がめちゃくちゃに・・・
より復旧が遠のくな。

417 :名無し三等兵:04/01/24 21:56 ID:???
>>415
錬金術で理論上無制限に生産できるが、
それにはコストが掛かりすぎて採算が合わない、
人工ダイヤモンドと同じような感じってことにしておけば?

418 :名無し三等兵:04/01/24 21:56 ID:???
ここでバーター取引ですよ。
工業製品を力いっぱい高値で売りつけてやるのです。

419 :名無し三等兵:04/01/24 21:59 ID:???
>>417
安価な金が手に入るのは心強いな。
工業用に是非輸入したい所だ。
出来ればダガ・・・

420 :名無し三等兵:04/01/24 21:59 ID:???
>>418
工業製品の価値がわかるのか?
電化製品は持っててもガラクタだろうし、
プラスティックは石油が少ないと貴重品になる。
あえて輸出できるものといえばセメントとガラスぐらい?

421 :名無し三等兵:04/01/24 22:00 ID:???
>>243
必ずしも粉砕する必要性はないんじゃないかと思うんだが。
要は弱体化させればいいわけで。

で、弱体化させるためには社会を不安定にすればよい。
その手段としてとりあえず安く上げられそうな手段がこれ。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A2%E3%83%98%E3%83%B3%E6%88%A6%E4%BA%89
しかも、覚醒剤なんかは化学的に合成できる=大量生産が可能
http://www.gulf.or.jp/~houki/essay/zuihitu/kakuseizai.html
第3国経由で標的としている国に大量に流せばそのうち勝手に
http://tanakanews.com/980611drug.htm
こうなる。


422 :名無し三等兵:04/01/24 22:01 ID:???
>>420
城塞建築に革命が起きるな。
ゼネコン関係だけは、他国でも営業が上手くいきそうだ。

帝国の町並みに、ひときは目立つ高層ビル萌〜

423 :名無し分隊指揮官:04/01/24 22:02 ID:???
>>405
 それを拘らない国民が居るのかと思えば不思議な訳で。
 と云うかですね、餓死者とかを政府が座視したり、必要だとか言い出した日には
政府は持たないですよ、真面目な話。

424 :名無し三等兵:04/01/24 22:03 ID:???
>>421
下衆な手段だが、非常に効果的な方法だ。
なんだかんだで調略の一環に取り入れるだろうな。

425 :名無し三等兵:04/01/24 22:03 ID:???
その前にF世界の市場規模ってどのぐらいだよ。

セイロン帝国世界なら中世欧州風世界よりでかいだろうけども、
それでも日本経済の胃の腑を満たせるのか?
先方の資本を悉く収奪してなお、餓えに身悶えする予感。

426 :名無し三等兵:04/01/24 22:07 ID:???
国債の大量発行で経済をムリヤリ回転させて、焼け付きを起こす前に
世界制服と開発統治完成させる。

自転車操業の綱渡りだな。

427 :名無し三等兵:04/01/24 22:08 ID:???
根本的に異世界と貿易しようと考える時点でナンセンス。
かといって、全世界を相手に戦争する能力も余力(国内の混乱収集で精根尽き果てる)もない。
国家はとっくの昔に崩壊。国民は難民として大陸へ。移民先で毎年に万単位で死傷者が出る。

飛んで来た時点で、なんらかの目標がないとなんの指針も立てられないな。
つーか、情報不足過ぎてなにすればいいかさえわからないまま、なにもかも終わっていそう。


428 :名無し三等兵:04/01/24 22:11 ID:???
ちと遅スレだが
ファンタジーっぽい海洋生物に現代船舶が苦労する話としては
ソノラマ文庫の群青神殿が良い感じ。

429 :名無し三等兵:04/01/24 22:12 ID:???
>408
極私的には江戸時代を良かった、見習うべきだと言う人は
「都市としての江戸」
しか見てない人だと思う。

十万人以上の餓死者が出た享保、天明、天保の三大飢饉を始め、
何度も大飢饉を起こした江戸時代がそれほど良い時代だったというのだろうか?

430 :名無し三等兵:04/01/24 22:14 ID:???
>>420
目の前で使って見せれば「すごいもの」ていうのは解るだろ。



431 :名無し三等兵:04/01/24 22:15 ID:???
>>429
そりゃ〜鎖国してたからなあ。
今みたいに、ほかの国家から緊急輸入できる体制なら回避も出来ンじゃないか?
よくわからんが。

432 :名無し三等兵:04/01/24 22:15 ID:???
>>430
で、買ってみたけど
「どうやって使うんだ?」

詐欺ですなw

433 :名無し三等兵:04/01/24 22:16 ID:???
>>430
それを買うかはわからない。
つーか使い道が分からない物は土産にしかならんだろ?

434 :名無し三等兵:04/01/24 22:16 ID:???
>>431
まあ、F世界に召喚されたケースでは、その緊急輸入すら不可能だが。

435 :名無し三等兵:04/01/24 22:17 ID:???
現在、このスレにはツッコミ役が二人いる・・・

436 :名無し三等兵:04/01/24 22:21 ID:???
流れが止まった。
SSが投下されるならこのチャンスしかない!!

437 :名無し三等兵:04/01/24 22:21 ID:???
>>432
電池式で、別にこれといって手を加えなくても動くものなら何とか売れるんじゃないかと。
(たとえば腕時計)

あるいは、>>421みたいに覚醒剤とか。



438 :名無し三等兵:04/01/24 22:21 ID:???
じゃあ漏れはボケ役な。

結局のところ>>421が最大にして最も効率のよい輸出品になりそうな悪寒。

439 :名無し三等兵:04/01/24 22:22 ID:???
>>429
物事は相対評価だ。
近代以前に「その程度」の犠牲に押さえ込むことが出来た社会、
それだけの富の蓄積とそれを効率的に運用するソフト面の社会インフラが整備
出来ていた社会が存在したか?

これより後の時代のアイルランドでは150万以上の餓死者を出しているぞ、
ちなみに現代社会では億単位の餓えが蔓延しているのだが……。

440 :名無し三等兵:04/01/24 22:22 ID:???
後は・・・・・・実際セメントくらいしかないか。

441 :名無し三等兵:04/01/24 22:24 ID:???
>>440
だが、そのセメントが侮れない罠。
ていうか、異世界の建築技術に革命をもたらすだろう。

それが、日本にとって有益かどうかは別として。

442 :名無し分隊指揮官:04/01/24 22:26 ID:???
 偉大なる敗北か、悲惨なる勝利か。
 まー普通仙人でも無い限りは、普通どれ程に悲惨で情け無くて絶望的でも
勝利を求めるものでは無いですかね?
 名誉在る敗北?
 趣味じゃ無いです(笑



>覚せい剤
 アヘン戦争ー(w

443 :名無し三等兵:04/01/24 22:28 ID:???
>>421にはこんな利点もある。
http://www.09chan.com/~adultchild/mental_health/yakubutu.html

やめられなくなるってことね。
当然中毒患者のために周りに負担がかかる。


444 :名無し三等兵:04/01/24 22:28 ID:???
>429
持続可能な社会の中では良い方だと思う。
居心地はいいけど、そのうち倒産する会社と居心地は悪いけど、倒産しない
会社。どっちで働きたい?


445 :名無し三等兵:04/01/24 22:29 ID:???
>>442
とりあえず王侯貴族に試供品を配る。
    ↓
「高級品」として売り出す。
    ↓
支配階級がヤク漬けに。
    ↓
その国の財力を搾り出す。

麻薬の売人と同じ手口ですなw

446 :名無し三等兵:04/01/24 22:31 ID:???
>421
鶏は太らせて、卵を生ませるものであって、鶏肉にするものではないと
思われ。
とにかく、無償援助しまくってそれなりの経済力を持ってもらわんとこっち
が困る。


447 :名無し三等兵:04/01/24 22:31 ID:???
つーかもうね。どんな汚いことをしてでも食料と資源を手に入れるしかないわけで。
さもなきゃあぼーん。
ちょうど>>250みたいな状態。

('A`)<日本も日本で速やかに農耕地を確保しなければ餓死者が出るのは確実…
    …で、農業指導とか理屈付けて侵略開始…反対する者は市民が口を封じた…
(;・д・)<で、ですが…
('A`)<…パンが1つに口が二つもマンドクセ…
(;・д・)<……………………………………はい…



448 :名無し三等兵:04/01/24 22:32 ID:???
国家戦略として、覚醒剤は欠かせないと言う事でFAでよろしいか?

449 :名無し三等兵:04/01/24 22:33 ID:???
>>429
>「都市としての江戸」
>しか見てない人だと思う。

江戸時代の農村は当時世界有数の富裕さを誇り、木こり漁師が暇つぶしに数学を嗜み、
京都の八坂神社には木こりのといた七十次元方程式がのこされているのだが。

明治の近代化はこの豊かな農村を国内植民地化して資本を東京に集中させることによって
成されたもの。
会田雄二が怨嗟の声を上げた前近代の貧しさとは明治になってから引き起こされた事態。
2.26事件だって……!


450 :名無し三等兵:04/01/24 22:34 ID:???
>>415
電気精錬が無かった昔はアルミは貴重品で、
ナポレオンの時代にはアルミは金や銀より高価だったそうだ。

逆にこっちではありふれた素材が異世界では貴重品かも。


とはいえ、アルミニウムはその存在が予想されたのが1782年、
アルミナの発見が1807年、アルミニウム単体の分離に成功するのが1825年。
アルミを発見している文明だと中世どころか近代だな。

451 :名無し三等兵:04/01/24 22:34 ID:???
>>446
その前に飼いならす必要があるでしょ。
で、そこでマッチポンプですよ。

何食わぬ顔で”覚醒剤でお困りのようですね。格安で援助してあげましょう。”と
持ちかけて有利な条件を飲ませると。

452 :名無し三等兵:04/01/24 22:41 ID:???
>>449
しかし、当時300万haの耕地で三千万の人口を養ってたのに対し、
現在は500万haで一億二千万を養う必要がある。

>>450
電力の確保が難しいと思われ。

453 :名無し三等兵:04/01/24 22:42 ID:???
>451
基本的に植民地経営をした事が無い日本人がソレをやると
ドツボに嵌ると思われ。
英国の真似なんかせずに、マターリ行けばいいのよ。
食糧の自給だって、やれば出来るんだし。(上の方参照)

454 :名無し三等兵:04/01/24 22:43 ID:???
>453
日本国の食糧自給の条件は「石油その他エネルギーが確保できていること」でしょ?



455 :名無し三等兵:04/01/24 22:44 ID:???
>>445
覚醒剤は相手の国力を弱めるための手段+マッチポンプのマッチなんで、
金儲けはあんまり考えずに、国民に広くいきわたらせたいんですが。
ちなみにポンプは>>451みたいな医療活動(無論有料。)


456 :名無し三等兵:04/01/24 22:45 ID:???
>>453
そういう時は火をつけっぱなしで放置。

457 :名無し三等兵:04/01/24 22:47 ID:???
 つまり、今のところの結論としては、
「日本は異世界に召喚された時点で亡国の危機となる」
と言う事かな?




 それと、このスレは日本とか自衛隊だけに限定する必要も無いと思う。
「異世界の資源や魔法の可能性に魅せられた連中が、向こうの小国の願いを受けて
資源利権と引き換えに派遣軍を組織する。」
こういうネタを出してみたけど、ど、どうかな?

458 :名無し三等兵:04/01/24 22:49 ID:???
軍事占領の次は麻薬汚染ですか。
逆の立場になって考えてみて、それは許されることか?

459 :名無し三等兵:04/01/24 22:49 ID:???
「自衛隊が(ry」ってスレタイなんだがな。
(「スレ違い」と断りを入れた上で米軍を主役にした、一回更新限りの短編もあったが)

460 :名無し三等兵:04/01/24 22:51 ID:???
何というか、今まで出てるssって今問題になってる食料問題が理由はともかく
大まかにでは有るが、どうにかなったって前提条件があるように感じたんだが

ここまで深く考察や議論されたのはここ数日の話で、
今まで続いてきたSSに無理矢理反映させる事も無いんじゃないか?
議論を反映させた方がリアルさが出るかもしれないが、味付け程度でもOKだと思う

スレ全体の雰囲気が、絶対こうなる、こうでなければおかしい、
って締め付けが厳しすぎると新人さんどころか職人さん達も続きが書けなくなるよ

水を差して済まんです

461 :名無し三等兵:04/01/24 22:52 ID:???
>>457
その小国がそれだけの利権をもってる理由が必要。
少なくとも化石燃料(ウラン鉱石でもいいけど)と食料がないと。

462 :名無し三等兵:04/01/24 22:53 ID:???
物語にするなら、戦国自衛隊のように少数の自衛官が異世界に迷い込んで、悪戦苦闘しながら
なにかをやらかすという感じのほうがシンプルで良いのでは?

463 :名無し三等兵:04/01/24 22:53 ID:???
>>460
同意。いまさらメイドやヲタSEALが軌道修正する必要はないと思う。

464 :名無し三等兵:04/01/24 22:54 ID:???
>>458
>>447>>250を参照のこと。
悲しいかなそんな余裕がない。
国民を餓死させるわけにいかんでしょう。

465 :名無し三等兵:04/01/24 22:54 ID:???
>449
七十次元方程式を解けたのは結構なことだが、
当時の日本人はそれ全くを
”こんなにすげえ式ができました!”
といって神棚に飾っていただけという罠。

同時期のヨーロッパの産業の進展には、数学の発展が大きく寄与していた。
世界最高レベルの数学も、豚に真珠だったと言ってはいいすぎか?

466 :名無し三等兵:04/01/24 22:54 ID:???
>>458
それをいうなら、
「国民が万単位で餓死していくのは、国家戦略として享受できるのか」
ということにもなる。

やれる事をやると言うのが、このスレの流れじゃないの?

467 :名無し三等兵:04/01/24 22:55 ID:???
>>460
同意、ただこういう方向の考察は続けた方がSS職人さんの参考になると思う。

468 :名無し三等兵:04/01/24 22:55 ID:???
>>463
確かに。アレはアレで面白いのでぜひ続けてもらいたい。

469 :名無し三等兵:04/01/24 22:59 ID:???
>>465
天性の才を活かすのは、その才の持ち主ではなく社会と言う訳か・・・

ということは、異世界にも日本にいないその道の天才がいるのかも知れない。
例えば、魔術が発展して異端化してしまった物理などの学者達・・・

これは流れを変えるネタにならないか?

470 :名無し三等兵:04/01/24 23:02 ID:???
>>465
>当時の日本人はそれ全くを
>”こんなにすげえ式ができました!”
>といって神棚に飾っていただけという罠

>世界最高レベルの数学も、豚に真珠だったと言ってはいいすぎか?


まぁ、確かにその通りなんだが私が言いたかったのは、
「専門教育を受けた訳でもない木こりや漁師・農民が、趣味でここまで高度な事が出来た」ってこと。

趣味ってのは余裕のあるとこでしか生まれない、
そしてその余裕は、趣味が専門性を帯びていればいるほど大きいものと判断される。

それぐらい当時の農村は豊かだったって話。

471 :名無し三等兵:04/01/24 23:04 ID:???
魔法が宗教を源流としてたりすると、魔法に近い効果を得られる科学知識は極めつけの異端扱いだろうな
そもそも然るべき手段を経れば科学やら物理法則の理解をすっ飛ばして結果だけが得られるのが魔法だとしたら
そんな知識が生まれるかも疑わしい

472 :名無し三等兵:04/01/24 23:04 ID:???
おーい誰かラノベ板から馬鹿一スレ・嫌展スレの住人を連れてきてくれ。

473 :名無し三等兵:04/01/24 23:08 ID:???
>>471
だから、異世界なら無用の学問の物理等の学者をスカウトですよ。
学者も喜んでくるでしょう。
たとえ、その学問自体が存在しなくても、魔法使いって学者みたいなものと仮定すれば、
なんらかの形で日本のそういう学問が耳に入るだろうし、興味も湧くと思われる。
(存在してなければ、嫌悪の対象には入ってないだろうし。)

474 :名無し三等兵:04/01/24 23:11 ID:???
>>470
現在では当時に比べて、耕地面積の割りに人口が多すぎるので
「当時並に」豊かに暮らせるとは思えないがな。
山を切り開いて畑にするにも、一朝一夕には無理だろうし。

>>471
実際のキリスト教では、魔術は悪だったがな。
ただ、それでも科学技術を魔術と勘違いされて異端扱いされるかも知れんw

>>473
現在の物理学は中世に比べればあまりにも進みすぎてるから、どうかな?

475 :名無し三等兵:04/01/24 23:11 ID:???
>>471
王権神授説、
王朝革命、
前近代の王権の正当性は宗教的権威によって保証されている。

その権威を否定する科学と、それを駆使する日本は損得勘定を問う以前の問題として、
存在そのものが、F世界の王権の正当性を否定するものになってしまいますね。

476 :名無し三等兵:04/01/24 23:12 ID:???
食料問題解決にはなりふり構っていられなというのは全く同意だが、
だからといって覚醒剤というのは、

それは、例えファンタジーの世界でも、許されることじゃないと思う。

(個人的な事情で本当に恐縮だが、身内に薬物に手を出した挙句
人生終わらせた人がいるので…)

477 :名無し三等兵:04/01/24 23:14 ID:???
>>476
同意。居れもできれば、麻薬を使わずにすむ方法を望む。

ただ、倫理を無視すれば、このスレで出てる中で最も有効と思われるのがそれなんで(苦笑)

478 :名無し三等兵:04/01/24 23:17 ID:???
>>474
なおさら学者は狂喜するでしょう。
そして遅れを取り戻す為に貪欲に吸収する。
下手すりゃ、現代の学者より高みに行くかも知れない。
へんな思い込みとかもないから、現代にはない新しい発想が生まれるかも知れない。

魔法にも詳しい学者なら、物理と魔法学のコラボレーションも夢じゃないだろうな。
新たな学説(異世界限定?)も生まれるかも知れないし、それを元にした夢の燃料やら食料やら兵器やらができるかも知れない。

479 :名無し三等兵:04/01/24 23:18 ID:???
>454
現在のところ、石油代替燃料の問題は「価格の高さ」なのよ。
石油の輸入が途絶すれば、バイオ・ディーゼルやらアルコールが採算
ベースに乗って一石二鳥。


480 :名無し三等兵:04/01/24 23:18 ID:???
>>476
侵略戦争も覚醒剤の利用も結局のところやってることは同じではありますが。
まあ、使う武器が違う程度です。

481 :名無し三等兵:04/01/24 23:19 ID:???
>>477
だから、戦争?
50歩100歩の典型だな。

482 :名無し三等兵:04/01/24 23:21 ID:???
>>478
その可能性は十分ありえるんだけど、問題はそれをどうやってSSに取り込むか。

>>1 
ガイドライン第7条との兼ね合いで、さじ加減が難しい。

483 :名無し三等兵:04/01/24 23:21 ID:???
>474
いや宗教源流なら、魔術=神の働き、になって神の力を借りずにそれに類似した効果が得られる技術は
悪魔が人間を堕落させるために起こした、とか理屈をつけて弾圧しそうって事
特に宗教勢力が権力もってたりすると自分達の足場を壊しかねない
教会とは異なる系統の知識を持ってた為に弾圧された魔女狩りなんてのもあるし

ついでに
それが有るのが当然という世界で自分達が使う力を
わざわざ神とは反対に位置する魔に属する術という意味の「魔術」と表すのはおかしいって話も聞いた事があるな

484 :名無し三等兵:04/01/24 23:22 ID:???
正義や道義と言う言葉が好きな皆さんに一言。
『勝てば官軍、負ければ賊軍』

戦争に勝てるのならアヘンだろうが覚醒剤だろうが売り飛ばしてでも国民を食いつながせて
国としての生存を図るのが先決でしょうが。
国際的信用?かつてのイギリスの信用がそれで落ちたでしょうか?


485 :名無し三等兵:04/01/24 23:24 ID:???
>>475
>その権威を否定する科学と、それを駆使する日本は損得勘定を問う以前の問題として、
>存在そのものが、F世界の王権の正当性を否定するものになってしまいますね。

魔法がすべての物理学法則や科学理論から独立して存在しているのであれば、必ずしも
国家の主権を握るものとしての権威を歪めるような事はないのでは?

486 :名無し三等兵:04/01/24 23:25 ID:???
>>479
その燃料の原料になるのは炭水化物だろ。
投入するエネルギーに対して得られるエネルギーの割合は、
近代農業ではかえって悪くなってる。

487 :名無し三等兵:04/01/24 23:28 ID:???
>475,485
ところが相手がF世界だったりすると、
>王権神授説
が、リアルで本当のお話だったりするかもなわけよ。
神聖魔法とか使えたりする世界ではね。
神に祝福され、魔王を倒した英雄が興した王国と言う設定も
F世界ではありがちだ罠。

こういった歴史的事実の前には科学も何も関係ないと思うが。

488 :名無し三等兵:04/01/24 23:28 ID:???
>>484
大麻草は北海道に自生してたり。



489 :名無し三等兵:04/01/24 23:30 ID:???
>484
そうすると一度たりとも負けることは許されないな
下手に恨み買うようなことすると後に問題が残るだけだぞー

勝てば官軍〜的思想で侵略戦争かまして一旦は勝利したが最終的に敗戦
戦後50年以上経っても近隣諸国から敵意剥き出しにされて賠償やらなんやらで問題抱えっぱなしの国が有るだろう
近隣諸国が復讐しないのは某国に大国の後ろ盾が有ったからだし

490 :名無し三等兵:04/01/24 23:30 ID:???
要は国家が使い易いと判断した学問が主流となり、
異世界では魔導学、日本は科学という違い。

なんでそうなったかは、脳内補完でいいんじゃない?

491 :名無し三等兵:04/01/24 23:33 ID:???
>484
日本も太平洋戦争で負けてからアメリカの言うことには
一切逆らえなくなってるし

ファンタジー世界でも『勝てば官軍、負ければ賊軍』は有効なのか(嘆息)

492 :名無し三等兵:04/01/24 23:33 ID:???
>>489
でも、今じゃあ大国の背中を借りつつ金を貸しまくって、
気がつけば周辺の国々は借金で頭が上がらない罠。
できることは、マスコミの前でデカい口叩くのみ・・・

結構、狡猾かな?その国も・・・

493 :名無し三等兵:04/01/24 23:34 ID:???
>>485
んー、私が言ってるのはそういう事じゃなくてですね。

「俺ら、なんであいつの言う事聞かなきゃなんないの?」
「それはね、あいつ…もとい、あのお方は神様が選んだお方だからなのです」

「神様っていうのはね、世界を創ったとっても尊い存在なのです」
「だから、あのお方に逆らうと地獄行きです」

「ウン、ボク王様ノ言ウコトチャント聞クヨ」ガクガクブルブル



日本人
「神様? んなもんいるかボケッ!!」
「きぃー! 天罰覿面!!」
「それが何か?」

「な、何だって――――」

と、言う訳です。

494 :名無し三等兵:04/01/24 23:35 ID:???
魔法があって当然ならそれを系統立てて研究する学者も居るだろうしね
中世日本みたく学問が盛んなら一般人も生活に根付いた術の一つや二つ覚えていてもおかしくは無い
これもss書く人の設定によるか

495 :名無し三等兵:04/01/24 23:36 ID:???
要するに「神の御子」の面子の問題です。

496 :名無し三等兵:04/01/24 23:37 ID:???
>>494

きっとアセンブリでプログラム書くぐらいのスキルが必要なんだろ。

っと、マ板に帰りまつ。

497 :名無し三等兵:04/01/24 23:38 ID:???
 第1次上海事変の結末は、第2次ほどではな
いが、悲惨な事となった。
 陸戦隊が命令通り戦闘を終結すれば、居留
民の安全は確保できない。相手は近代法治
国家ではなく、外見はそれなりだが、人身売買
に人肉食まで行う非文明人である。陸戦隊は
上海居住民の懇願により、楽な死に方をさせた
後に、全員が自決した。
 海自の商船護衛部隊の司令官はブチ切れか
けたが、指揮下の掃海艇部隊では有効な報復
は不可能だった。


498 :名無し三等兵:04/01/24 23:40 ID:???
日本にも専学やカルチャースクールに、魔法習得学科が出来そうだな。
そしてヲタが魔法を習得・・・

499 :名無し三等兵:04/01/24 23:41 ID:???
>>497
戦前のリアル中国のようだ……。

500 :名無し三等兵:04/01/24 23:42 ID:???
>>497
ずいぶん無責任な本営だな。
民主国家の軍人として失格だな。

501 :名無し三等兵:04/01/24 23:44 ID:???
>>489
まあ、ヤクの供給元が日本だとばれた日には不味いことになるでしょう。
だとすれば、ばれにくくする工夫が必要になる。

問題は具体的にどんな工夫をするか。

502 :名無し三等兵:04/01/24 23:46 ID:???
>>497
おそらく、本土では上海の海自や居留邦人を見捨てたとして、
陸自の総責任者と政府は責任問題で総辞職。
見捨てた当事者は軍法会議で恐らく極刑。

503 :名無し三等兵:04/01/24 23:46 ID:???
>486
未来永劫、植物油や蒸留したアルコールで内燃機関動かそうと言うなら
ともかく、北海道沖のLPG田や石炭液化で燃料が生産されるまでのつ
なぎなら十分だろう。


504 :名無し三等兵:04/01/24 23:49 ID:???
>>503
そのために、食料確保の一番困難なときにその食料の一部を燃やさなきゃならんのだが。

505 :元1だおー:04/01/24 23:49 ID:???
そ、そろそろうpしていいかな?

506 :名無し三等兵:04/01/24 23:50 ID:???
カモーン!(AA略

507 :名無し三等兵:04/01/24 23:50 ID:???
おまいらー、書き込みを自粛しる。

508 :名無し三等兵:04/01/24 23:51 ID:???
敵国の犯罪組織に便宜を与えてやればいいのか。
ばれた場合の言い訳は、”情報不足が原因で、連中が犯罪組織の1員だったとは気がつきませんでした。”

509 :名無し三等兵:04/01/24 23:54 ID:???
現在の日本の石油備蓄は168日分。

日本の発電量のうち、原子炉の割合は3割程度だが、
原子炉フル稼働させれば6割ぐらいまで持っていける。

石油を節約して使えばたぶん1年ぐらいは持つだろう。


石油確保のタイムリミットは1年程度だろうな。

510 :元1だおー:04/01/24 23:55 ID:???

「一命は取り留めたそうです」

街の小さな教会の祭壇近くの長椅子に浮かない顔をして腰掛けていた僕は、
奥の部屋から戻ってきたリオミアの澄んだ声に現実に呼び戻された。

「そうか……」

とりあえずホッとして、僕は疲れた笑みを浮かべる。

「神官によると一週間ほどは絶対安静が必要だそうです」

小銃を背負い、リオミアの後ろについてきていた佐久間が補足する。
あのとき拳銃で、しかも至近距離で撃たれたシュレスヴァイラは、肺を貫通され虫の息だった。
もう助からないならここで一発ぶち込んで楽にしてやりますと恐ろしいことを平然と言ってのける佐久間を
抑え、なにか助ける手段はないかと思わずリオミアに尋ねたところ、
街のスラムにある教会なら救えるかもしれないとトラックを飛ばして担ぎこんだんだ。
最初はこんな場所に医者でもいるのか疑問に思ってたけど、話を聞いて呆れちまったよ。
『この教会に癒しの魔法を操れる神官がおります。神の奇跡を信じましょう』
さすがに半信半疑……いやほとんど疑ってたが、まさか助かったとはな。

511 :元1だおー:04/01/24 23:56 ID:???
「もう意識は戻ったのか?」

「はい。ですが……」

「なんだ?」

「何で死なせてくれなかったのか、と泣き喚いたので、また眠ってもらいました」

リオミアがいつも通りの無表情で淡々と説明する。
代わって佐久間が、首をトントンとチョップする仕草を見せた。つまり手刀を叩き込んで気絶させたらしい。

「まあ……なにはともあれ死人が出なくて幸いだったよ」

率直な今の気持ちだった。
正当な拳銃使用だったとはいえ、人殺しにはなりたくねえよ。

「三尉、そろそろ帰りましょう。前島一人では館が心配です」
「そうだな……」

とにかく疲れていた。
眠ってしまえばもう再び起き上がれないのではと思える疲労感だ。

512 :元1だおー:04/01/24 23:58 ID:???
「あら……可愛い籠の中のメイドさんは無事だったようですわね?」

「!」

僕を含めた三人が一斉に正面扉を振り返った。
夜の帳が下り、闇に閉ざされたスラムの街から、ぬるりと抜け出るかのように
扉から中へ入ってきたのは……

「サキュア・ナイトロード……」

僕はその名を無意識に呟いていた。
露出度の高い皮製の服が、まるで闇に生きる者の保護色のように写る。

「そんな嫌そうなお顔をなさらないで下さいまし。この一帯は我らのテリトリーですのよ。
私がいても不思議はないのではなくて?」

彼女は艶然と微笑んでこちらへ歩み寄ってくる。

「なんか用ですか?」

僕は憮然として尋ねる。
この女は、どうもきな臭い。

513 :名無し三等兵:04/01/24 23:59 ID:???
支援いる?

514 :元1だおー:04/01/24 23:59 ID:???
「用? いいえ、私は領主様に御用があってここを訪れたのではありませんわ」

心外そうに答え、彼女は僕らを素通りして祭壇前へと歩き去る。
彼女が通り過ぎるとき、甘い香水の香りが鼻腔をくすぐった。

「私、これでも光母神の信者なのでしてよ」

質素な造りの祭壇に祀られた聖母の像を見上げ、彼女はクスリと笑って言う。

「これはこれは。サキュア殿ではございませんか」

さっきリオミアが帰ってきた奥の部屋から、もう一人の人物が現れ、
サキュアの姿を認めるや、親しげな態度を見せた。
年齢は四十半ばくらいだろう、温厚そうな神官だった。

「お久しぶりですわ。アールマン司祭」

彼女の容姿からは想像しにくいであろう丁寧なお辞儀をする。
どうやら、この教会の祀る宗教の信者であるのは本当のようだ。

「いやはや、領主様があのようなものに乗って現れたので、もうここもおしまいかと冷や汗をかきました」

「どういうことですか?」

司祭の苦笑混じりの言葉に、僕は疑問を抱いた。

515 :元1だおー:04/01/25 00:01 ID:???
「あら、御存知ないのですかしら? この街が帝国領だった頃、マーラル教は邪教扱いでしたのよ」

司祭の代わりに、サキュアが答えた。

「はぁ……」

それって答えなのか?
よく分からないので曖昧な返事を返していると、司祭がしみじみと思い出すように語り始めた。

「ええ。闇を司るヴェルーア原理教以外の信仰が禁じられ、多くの他宗教信者が異端者狩りにあって処刑されました。
そんな中、この教会を救っていただいたのが、サキュア殿の母上だったのです」

僕と佐久間が一斉に信じられないといった表情を浮かべ、飄々とした態度のサキュアを見やった。
このフェロモン姉ちゃんが!?

「お母様は私よりも敬虔な信者でしたから、苦労はしたでしょうけど、ね…」

昔のことを思い出したのか、彼女は遠い目をして言う。

「ここは酷い街ですわ。でも、皆ここで生まれ、ここで死んでゆく運命。その到底幸せとはいえない人生で、
せめて神に慈悲を乞うことだけは許されるべき……と言っていましたわ」

在りし日の母の姿に思いを馳せ、彼女は語った。
彼女の母は、前領主に対して知謀の限りを尽くしてこの界隈の暗黙の自治権を得、
そしてその中にひっそりと教会をかくまったという。
どうやら奇麗事だけでは済まなかったらしく、領主の側近の買収や上玉の娼婦をあてがっての懐柔など、
あまり聞いていて心地よいとはいえないことも相当行ったようだ。
僕は、この世界、この街、この教会、そして彼女について、あまりにも無知だった。

516 :元1だおー:04/01/25 00:02 ID:???
「それでも、立派な方だったんですね……」

口をついて、そんな感想が漏れた。

「……?」

サキュアが、驚いたように僕の顔を凝視する。

「そんなどうしようもない状況下で、よく弱者のために命をかけたもんです」

自嘲の笑みを漏らし、僕は独り言のように呟いた。

「自分には真似できませんよ……」

僕がここに着任してから、まだたったの三日しか経っていないのに、問題は山積。
解決する術も見通しもない。
彼女の母もそうだったか、それ以上の絶望的状況だったのかもしれない。
そんな中で、人々のために自分を犠牲にできることが、僕にはとても眩しく思えた。
そして、自分はなんと情けない人間なのだろうか。
犯罪者と謗りを受けながらも、この小さな教会を守った彼女の母と、それを守り続けている彼女の
方が、ずっと立派だ。

517 :名無し三等兵:04/01/25 00:03 ID:???
支援

518 :元1だおー:04/01/25 00:04 ID:???
「あの、司祭さん?」

「はっ、はい。なんでございましょうか領主様?」

僕が突然話しを振ってきたことに狼狽したアールマン司祭は、慌ててかしこまった。

「寝込んでいる彼女のこと、お願いできますでしょうか?」

「え、ええ。構いませんが……」

「お願いします。彼女とは後日、きちんと話しに来ますので。
自分はこれで帰ります。夜分にご迷惑をおかけしました」

「そ、そんな! 領主様。もったいのうございます!」

司祭は頭を下げた僕に慌てて取りすがった。
僕は苦笑し、今度はサキュアに向き直る。

「情けない話ですけど、僕らの命を狙っているのはあなた方だけじゃないみたいです」

「………」

「では」

僕は軽く敬礼すると、佐久間とリオミアに目配せして帰る意を示した。
教会を出て行く際、サキュアに向かってリオミアが、鋭い視線を向けているのが気になったが、
今は深く考える余裕はないので何も尋ねようとはしなかった。

519 :元1だおー:04/01/25 00:05 ID:???
「リオミアさん……」
「はい。なんでしょう?」

トラックが領主の館へ向かう中、僕は薄く明りの漏れる家の窓から僕らの乗るトラックを恐ろしげに盗み見るこの街の人々を
眺めながら、呟いた。

「僕は……いや、僕らは、これからどうすればいいのかな?」

リオミアは、初めて何も答えようとはしなかった。
そのことに促されるように、僕は続けた。

「僕がやったことは……正しかったのだろうか。
彼女達の人生を縛るなんて、正しいことなのだろうか……」

一呼吸おく。
佐久間も、リオミアも、無言だった。

「僕だけじゃない、この世界は……この街は……日本は……どうすればいい……」

トラックのエンジン音にかき消されるように、僕は呟いた。


520 :名無し三等兵:04/01/25 00:06 ID:???
まだ続く?

521 :元1だおー:04/01/25 00:06 ID:???
「珍しいですな?」

異世界からの客人が去り、
礼拝を終え、教会から去ろうとする彼女の背に、司祭は声をかけた。

「異世界人は誰だって初めてですものね」

「いえ。サキュア殿が裏世界の者以外に興味を持たれるなど……何か理由でも?」

「…何も、ございませんわ」

彼女は司祭の問いに冷たく答えると、そのまま扉の外へと消えていった。


「あの領主、今なら殺れたのでは?」

いつからそこにいたのか、扉から出た彼女の横で、
痩せた顔の中で眼光だけは不気味に鋭い男が尋ねる。

522 :元1だおー:04/01/25 00:06 ID:???
「決起もまだなのに殺してしまってどうするおつもり?
殺せば本国から増強部隊が送られてくるし、下手をすれば残党の集結を気取られるのがオチですわ」

教師が出来の悪い生徒相手に話すように、彼女は答えた。

「今は静観しなさい。そもそも、我らは闇の存在。闇は底なしの自由。
帝国も異世界の国も我らには関係ない。ただ、その欲望のみに忠実たれ……」

「…?」

リドルのような主の呟きに、アサッシンの男は無表情に疑問を抱く。

「ふっ…まあいいですわ」

しかし彼女はその疑問に答えることもなく呟き、彼らの住処、闇の街へと戻っていった。

523 :名無し三等兵:04/01/25 00:07 ID:???
終わり?

524 :元1だおー:04/01/25 00:08 ID:???
今日はここまでだぃょぅ

525 :名無し三等兵:04/01/25 00:09 ID:???
http://www7.plala.or.jp/ungeromeppa/flash/kita.html
キター

526 :名無し三等兵:04/01/25 00:09 ID:???
支援って必要なの?

527 :名無し三等兵:04/01/25 00:19 ID:???
おつー。

>>526
このスレに限ればまずいらない。昔12レスを書き込んでも止まらなかった。


528 :名無し三等兵:04/01/25 00:44 ID:???
>>452
江戸時代の収穫量は、現在の収穫量の4割程度。
ぎりぎり自給可能なレベルにあります。

ただ、現代農業は機械力と科学肥料とエネルギーを
馬鹿みたいに投入してるから燃料事情が問題だ。

529 :名無し三等兵:04/01/25 00:57 ID:???
とある最前線基地
「肉はたっぷりありますから、いくらでも食べてください」
「おお、それはありがたいな。しかし本土では餓死者も出ているというのに、
ここの奴らはいっぱい食ってるようだな。そんなに獲物がいっぱい取れるのかね?」
「ええ、獲物のほうから大挙してやってきてくれますから」

530 :名無し三等兵:04/01/25 01:07 ID:???
・・・・人肉?
もしくはコブリンやオークあたりをバラシテ食べているとか・・・

・・・まあ喰えるのなら豚肉として販売してもいいかも知れん。

・・とここまで書いて思い出したが国内には
犬、猫、ハト、etcの食糧がうろついておるな。あれも貴重な食糧には違いない。

531 :名無し三等兵:04/01/25 01:13 ID:???
機械力のかわりに、第2次産業や第3次産業の失業者を大量
投入する。
北海道あたりの農場を国が借りて、中小企業1個がまるまる
入植するとか(w
(元の農家は指導員として公務員扱い。)
この場合は石油が無い方がうまくいきそうだ。


532 :名無し三等兵:04/01/25 01:16 ID:???
>>528
今の日本では、農業に投入するエネルギー1に対して、
農作物として得られるエネルギーは1.1らしいからなぁ。
http://www.goodpic.com/mt/archives/000255.html
http://www005.upp.so-net.ne.jp/yoshida_n/L9_08.htm

人力での農業に戻るとして、生産効率が江戸時代波まで戻るとすると
新たに700万ha、余裕を持たせて1000万haほどの新しい農地が欲しいわけか。
新たに開墾してる時間は無いから、大陸から「すぐにでも耕作開始できる土地」
を借りるか奪うかして用意する必要があるな。

で、1haあたり一人の農業従事者を当てるとしても1000万人の移民が必要だが、
残念ながら日本には300万強の農業従事者しかいないという罠。


で、素人農家を割り当てるにしても、マニュアル片手にまともな仕事が出来るような
職場じゃないからなぁ・・・

533 :722:04/01/25 01:29 ID:???
元1だおー氏、乙かれー。
ここでリオミアたん支援ですよ。
http://denn-2.hp.infoseek.co.jp/cgi-bin/img-box/img20040125012416.jpg

めんどいのでメイド服はパス、
……殴り書きで申し訳ないけど。

534 :名無し三等兵:04/01/25 01:39 ID:???
1年目は化学肥料と農薬だけは確保した上で、人力に頼った農業でなんとか切り抜け、
その隙に休耕田の復活と開墾の作業にあたる。大陸への進出もこの時期に。
山がちな島国より大陸のほうが広大な農地を確保できそうな気はするが・・・

2年目はいよいよエネルギーが尽きてるので開墾は期待できない。
肥料と農薬はあればいいな。大陸の農地ではTGコーンの栽培を開始。
これが大コケしたら洒落にならん。

いずれにせよ、数千万単位で移民が発生しそうだ。



一番いいのは、食料とエネルギーが尽きる前に元の世界へ帰ることだが。

535 :名無し三等兵:04/01/25 01:40 ID:???
>532
自分が読むかぎり、

人力のみの農耕 収穫/使用エネルギーの比 11.7
機械による農耕  収穫/使用エネルギーの比 3.6
日本の米作    収穫/使用エネルギーの比 1.1

だが。
これぐらいなら、最初の1年間は備蓄の石油使って、
その後はバイオ・ディーゼルとアルコールで何とか
なりそうだな。



536 :名無し三等兵:04/01/25 01:49 ID:???
>>535
なるか?
稲作の場合、単純計算で収穫1.1のうち口に入るのは0.1だろ?
本来の11倍の人口を養うだけの収穫を維持できなければ
日本人を食わせていけないように思えるが。

表の二番目(とうもろこし)の場合だと1.4倍ですむけど、
農地をそのために対応させる暇があるとは思えないが。

537 :名無し三等兵:04/01/25 01:58 ID:???
>>536
トウモロコシは非常に生命力が強い。
土地を適応させるのは簡単な上、量が取れる

畑の石をある程度とって肥料と一緒に種をまいておけば相当量が収穫できる。
体験済みですので信用してくだされ。

あと土地が悪くても栽培できる物にジャガイモがある。

538 :名無し三等兵:04/01/25 02:10 ID:???
>536
なる。
米の場合、投入した労力にほぼ等しいカロリー分の収穫ができる
というだけ。
1.1のうちの0.1が食える分というわけではない。


539 :名無し三等兵:04/01/25 02:26 ID:???
北海道の耕地面積が117万8千ha。
北海道以外の耕地面積が358万4千ha。

で、北海道で甜菜を小麦、馬鈴薯に転作した
場合の収穫量は約600万トン。4000万人分
の食糧になる。
本土で生産できるのが、10aあたり1人養える
として、3600万人。
耕地面積が1/3で養える人数はほぼ同じ。
つまり、機械化農業と人力農業の生産力の
比にほぼ等しいのが本土と北海道の農業
の違いを表している(w

540 :名無し三等兵:04/01/25 02:31 ID:???
石川英輔氏の試算によると3人分のマンパワーを半年間1haの田に投入して2.4tの収穫という仮定で

一人あたりの1日の労働エネルギーを1000キロカロリー、
全投入エネルギーは54万キロカロリー。

米は1キログラムあたり約3400キロカロリー、
2.4tで820万キロカロリー。

1キロカロリーの人力の投入で、15キロカロリーの食品エネルギーが手に入るらしい。

これが現代農業では1.5倍にしかならんそうだ。

541 :名無し三等兵:04/01/25 02:46 ID:???
>540
ふつーの作物は1haの収穫量が1.5tあれば良い方だと思われ。
でも、3人が働いて、16人分の収穫が取れるんだから、米って
凄いよな〜。

ま、1.5倍にしかならんかわりに、農家の中の人は楽だし、おじー
ちゃんとおばーちゃんだけでも米が取れる罠。

542 :名無し三等兵:04/01/25 02:48 ID:???
雇用対策と合わせると人力を投入するほうがいいってことかね。

543 :名無し三等兵:04/01/25 02:53 ID:???
農業の話題が出ているので、F世界の農業生産と市場規模も考察してみる。
中世欧州風だと小さすぎて話しにならんので、セイロン帝国世界でやります。

戦国時代初期の魏の平均的農家の収穫は耕地面積182アール、穀物の収穫量2910リットル
租税として10分の1の291リットル
家族の食べ分1746リットル
共同体の維持費194リットル
衣類の費用970リットル
この時点で完璧な赤字だけど、まだまだ人頭税や事故・怪我・病気・葬式といった
不慮の費用が必要だから、恒常的な餓死者が出る構造になってる。

てことは、この層は市場にならない、のこるは10分の一税を取る特権階級。
農民との人口比を100対1とすると、明清帝国・インドシナ・インドの人口を
それぞれ1億ずつと仮定する。


結論  セイロン帝国世界の市場規模は、人口300万程度の農業国ぐらい。


544 :名無し三等兵:04/01/25 03:01 ID:???
http://www.d1.dion.ne.jp/~tmhk/yosida/stat.htm
このページから日本に関するめぼしい情報(2000年)を集めると、

作物   面積(百万ha) 収穫(t/ha)
全穀物  2.06        6.10
小麦    0.17        3.53
米     1.80        6.53
大豆    0.108       1.73
じゃが   0.10        29.6
とうもろこし ※        4.26 (日本に関する情報無し)


誰かカロリーベースへの換算表キボンヌと言ってみるテスト。

545 :名無し三等兵:04/01/25 03:01 ID:???
かなりおーざっぱな計算だけど目安ぐらいにはなるかと。
あと、セイロン世界の燃料事情も気になる。

史実では中国の黄河流域は、漢代まで今の東南アジアのような密林だったらしい。
それが農耕生産の向上によって経済規模が拡大し、増えた人口を維持する為に
必要とされるエネルギーが大きくなり乱伐した結果、禿げたらしい。

個人的には漢が衰退したのは、このエネルギー事情の悪化のせいなんじゃないかと
思ってる。

546 :名無し三等兵:04/01/25 03:14 ID:???
セイロン帝国の経済規模と燃料事情にも言及したいのだが手元に資料がねー!
誰か17−18世紀のブリテンに詳しい人降臨キボン、
産業革命とナポレオンの大陸封鎖について熱く語ってくれ。

547 :名無し三等兵:04/01/25 04:07 ID:???
だからファンタジーなんだから実際にある地名は舞台のイメージを損なってよくないと思う。
それにセイロン世界ってなによ?
正直言って萎えるゾ。
それに現実ではロクに活躍できないのだからこの世界では大活躍させてやるべきだと思う。
もちろんいい意味で。

548 :元1だおー:04/01/25 04:09 ID:???
>>533
キタ━━━(゚∀゚ )━(∀゚ )━(゚  )━(  )━(  ゚)━( ゚∀)━(゚∀゚)━━━!!!!

549 :まとめ:04/01/25 04:14 ID:???
SS
ドクオ          >>250-281
メイドさん戦塵      >>296>>297>>350
箱庭のメイドたち     >>510-522>>533
セイロン世界準拠のSS   >>306-308   



550 :まとめ:04/01/25 04:18 ID:???
F世界の考察
セイロン世界  >>45-65 >>260-271 >>319-387 >>425-426 >>543-546
春秋世界 >>49-75>>307->>318


551 :まとめ:04/01/25 04:19 ID:???
日本の対応策
海洋戦略対大陸政策 >>64-263>>286-364
国内事情 >>362-509>>534-544


552 :まとめ:04/01/25 04:26 ID:???
失敗したのでやりなおし。

F世界の考察
セイロン世界  >>45-65>>260-271>>319-387>>425-426>>543-546
春秋世界 >>49-75>>307-318


553 :名無し三等兵:04/01/25 04:36 ID:???
>>547
気にいらないならオレ設定を落とせばいい。
それとネタふった本人が
>>351
>セイロン帝国世界と海洋帝国のネタを最初に振った者なんだけど、
>F世界の実像がはっきりしないのでとりあえず思考実験として、既存の地理に架空の設定ぶちこんで
>考察の叩き台になればと思ったんだけど……。
>言語・文化体系考えるの骨なんで名無しにして、スレの流れのなかで肉付け出来ればと思ってるうちに
>ついた名前がセイロン帝国。

>もともと他の住人が乗ってくれたら、細かい設定を任せようという他力本願な思いつき……、

こう言ってんだから、名前が気に入らないなら言語体系を構築した上で、
君の好きな名前をつければいい。

554 :名無し三等兵:04/01/25 05:06 ID:???
明清帝国はださいので「大夏」もしくは「太華」を提唱。

インドは「ヒンドゥースタン」もしくは「ヒンドゥースターナ」

インドシナは「シーサン・パンナ(西双版納)」もしくは「シップ・ソーン・パンナ」


他に意見のある人はいる?

555 :名無し三等兵:04/01/25 05:23 ID:???
>>549

正しくはこうだ。
×セイロン世界準拠のSS   >>306-308   
〇セイロン世界準拠のSS   >>306-318   

556 :554:04/01/25 05:43 ID:???
しまった!
「農業は東洋、文化は欧州風」だった。
言語学と民俗学の専門家はいるか?


557 :名無し三等兵:04/01/25 05:58 ID:???
セイロン帝国相手だと下手を打つと返り討ちだけど、
春秋世界の台湾と大陸諸国なら、二正面作戦でも瞬殺出来そう。

漢代の中国の人口が約6000万なんで>>543の計算方式だと、
取引相手としては人口60万ぐらいの小国。
群雄割拠しているので市場は統合されておらず、実際はもっと小さいはず。

台湾を一撃で屠り、大陸諸国を制圧して開発統治を行う。
これ最強、でもこれをやると大陸に際限なく資本が吸い込まれる諸刃の剣。
F世界に永住するつもりがないならお薦めできない。

558 :名無し三等兵:04/01/25 06:15 ID:???
「メイドさんの戦塵」と春秋世界の設定ってみょーに被ってるな。

559 :名無し三等兵:04/01/25 06:19 ID:???
この二つが同じ世界とすると、
満州を提供した帝国が晋で、南方の海洋国家が台湾になるな。

560 :名無し三等兵:04/01/25 10:03 ID:???
あのさあ、食料難とかの問題は
あえて近未来の日本なので、自給率が80から90%になりますた
という設定に、しとかない?

>>328
ああ、同士がいた!!
チャンパーは木材や香料がメインだったけど
ちなみに和寧半島(仮名)で交易が盛んな理由として…
北方の遊牧民族の北側にドワーフの大鉄鉱山があり、
そこを抑えた鉄鋼と北方の馬の生産がメイン
しかしそれだけだと、食料が入らんので
半島南部の穀倉地帯+そこを拠点とした内海交易による
帝国穀倉地帯の貿易によって栄えたが
南方より来る海洋帝国ヒンドゥースタンによって航路が奪われつつある。
というのを考えました。


561 :名無し三等兵:04/01/25 10:17 ID:???
>556
長城から南がガリアで、北がゲルマニア。
セイロンがブリタニアなのか、イスパニアなの
かは意見が別れるな(w


562 :名無し三等兵:04/01/25 10:20 ID:???
>>561
イスパニアでしょう。カルタゴがいるんだから。

563 :名無し三等兵:04/01/25 10:26 ID:???
>560
じゃが芋の収穫量を見てると、種芋の確保と
流通の統制に成功すれば餓死する人間は
いないだろ。
問題は調理の為の燃料だが。


564 :名無し三等兵:04/01/25 10:29 ID:???
>>543
石炭という手があります。
採掘は人海戦術で。

565 :560:04/01/25 10:51 ID:???
しまった>>328に対してレスではなく>>323にレスだった。ゴメン。
 



566 :名無し三等兵:04/01/25 11:03 ID:???
エルフのフィギュア、見つけますた。
これを見て息抜きしてください。

ttp://www3.kcn.ne.jp/~ponya/gallery/2002/02.html
ttp://www.hatcheggs.co.jp/aule/bbsdata/16.html

567 :名無し三等兵:04/01/25 11:09 ID:???
>>566
キタ━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━ !!!!!

568 :名無し三等兵:04/01/25 11:22 ID:???
コンナノヲ待ッテタンダヨー
ウワアアン

569 :名無し三等兵:04/01/25 11:27 ID:???
韓国人も好きねw

570 :名無し三等兵:04/01/25 11:36 ID:???
もの凄く色っぽくいやらしい・・
萌えだ・・・・
彼女をモデルに自衛隊の若手幹部との交流を書いてくれ〜
ちなみに自分には文才がないから書けないよ〜〜〜(TДT)


571 :名無し三等兵:04/01/25 11:40 ID:???
そりゃ自分でかけるなら苦労はしないよなあ。

572 :560:04/01/25 11:49 ID:???
>570
今プロジェクトX風エルフと自衛官の交流ネタを書いているから、
待っていろ。

573 :名無し三等兵:04/01/25 11:51 ID:???
>>566
どんなものかと見てみたとたんに、
惚れた・・・(゚∀゚)
激しく萌えだ・・・

574 :名無し三等兵:04/01/25 11:52 ID:???
基本はこっちじゃrou
ttp://www.ne.jp/asahi/moriya/smac/lodoss.html

575 :名無し三等兵:04/01/25 11:57 ID:???
こんなのもあったゾ。
ttp://jetfunta.hp.infoseek.co.jp/illust/3000hit.html

576 :名無し三等兵:04/01/25 12:00 ID:???
キタ━━━(゚∀゚ )━(∀゚ )━(゚  )━(  )━(  ゚)━( ゚∀)━(゚∀゚)━━━!!!!
個人的には>>575がキタ━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━ !!!!

577 :名無し三等兵:04/01/25 12:15 ID:???
>>572
シチュエーション的には森にヒキコモリ派ではなく、
海外移民派(多様な価値観を受け入れられる)のエルフとのふれ合いを、
設定的には前スレのゴトウさんのを使ってくれるのをキボン。

578 :名無し三等兵:04/01/25 12:22 ID:???
うおおおお!
自衛隊の話は情けなく、エルフという花(話題)も散ってしまったからしばらくこのスレにはこなかったが、久しぶりに戻ってみたら花が再び咲いていたーー!!!

579 :名無し三等兵:04/01/25 12:22 ID:???
なんつーか、海洋帝国にしろ大陸帝国にしろ、
懐が深すぎて情報収集してる内に干上がっちまうな。戦争開始に至るまで数年掛かる。見切り発車なら別だが。
肥沃な土地を手に入れたところで、入植者を運んで〜なんてやってる内に、1年は時間を消費するだろうし。
それからやっと開墾開始。収穫は3ヶ月から半年後。しかし、その頃には燃料などが不足しがち。開墾が遅々として進まず。
開墾地周辺とのトラブル(原住民、モンスターなど)も絶えない。
侵略戦争(陸にしろ海にしろ)を行っている為、一般人にも偏見から協力を得られず。
慢性的な食料不足で、移民の意欲も上がらず。(飢えない為に来たのに、そのギャップにがっくり。)
そのうち、開墾地の移民より不満が続出し、暴動に発展。毎年、数千単位で死傷者が出る。

北海道にしろ、あの厳寒の地をどうやって開墾するのか・・・
今でさえ未開の地がほとんどなんだぞ。耕作地として使えるようになるまでどれぐらいかかるのか・・・
本土の方も、地方の平地は住宅地に変わりつつある。
田園風景に戻すにはなんだかんだ(瓦礫をかたす。排水、治水、人員確保、物資確保など)で1年以上は掛かる。

あと、現在の農業は農薬、農機、公共施設がないと成立しない。それぐらい素人には手が出せない代物になっている。
とうもろこしやら何やらと言っているが、そんなもの作る暇あったら外貨を稼いだ方が対比の利益は高いと思われ。(それで飯を買え!!)
いくら簡単だからといって、連作したら2年目は牛も食わないもろこししかできないぞ。
(ほかもしたり。品種改良で連作は無理な物が多い。ただし、農薬があれば別。)

580 :名無し三等兵:04/01/25 12:27 ID:???
>>566>>574>>575
(´∀`)

581 :名無し三等兵:04/01/25 12:29 ID:???
>>575
ワタシはこれが一番好き

582 :名無し三等兵:04/01/25 12:34 ID:???
俺もエルフ貼っておくか
ttp://www.manbou-net.com/~csy/CG/CG/2001_05_18.jpg
ttp://www.isuzu.co.jp/world/amusement/tms2002/image/elf-kr05.jpg

>>579
思っているほど北海道は寒くないし、知床半島みたいな所は少ないYO

583 :名無し三等兵:04/01/25 12:42 ID:???
>579
前スレ読んでからレスしろ。
F世界の外貨を稼いでも、それで買える食物はない。
どこも自給自足で手一杯だという状況を認識してないだろ。


584 :名無し三等兵:04/01/25 12:44 ID:???
寒いか寒くないかは問題じゃない。
要は、開拓する時間があるのかないのかが問題だ。
つーか、寒いだろ。普通に。おそらく、異世界は温暖化もないだろうし。中世の頃の気候なんだろ?

牧草地に作物が育つ程の地力が備わっているのかも疑問だし、既にある耕地は農薬が確保できないと作物が出来ない罠。
キャベツを始めとした北海道名産の作物達は、農薬がないと食えるかも怪しいものなりうる事を忘れない方がいい。
そしてそれだけの生産にそった物を作る場合の、化学燃料の消費量を考えると・・・

585 :元1だおー:04/01/25 12:49 ID:???
>>582
二つ目でオチをつけてるのにワロタ

586 :名無し三等兵:04/01/25 12:50 ID:???
>>583
魔法が使えるのならば、魔法を使って食料が大量に取れるかもしれないじゃん。

587 :名無し三等兵:04/01/25 12:52 ID:???
>>583
なら、なおさら外貨を稼いで合法的に食料を確保しないと、四面楚歌で大陸で食料生産どころの話じゃ無くなるぞ。
ていうか、異世界が自給自足で手一杯なら、肥沃な土地に原住民がいないはずがないだろう。
そいつらを追っ払って耕地を手に入れて、移民達が安全に生活できるかが疑問だ。
守る為に自衛隊が駐在するのも無理がある。戦争中だからだ。武器も前線で手一杯だろうし、配備されても3線級の代物ばかりがオチ。

外貨を稼ぐと言った効果は、なにも金を稼いで食料を買う為だけのものじゃない。
それで少しでも相手(大陸にしろ、海にしろ)が日本を商売相手として信用できると思わせる為の手段でもある。
戦争はその逆だ。信用を得る事が、今後期待できなくなる。だから、戦争は外交の最終段階の政治行動なんだ。

588 :名無し三等兵:04/01/25 12:52 ID:???
>>584
>>牧草地に作物が育つ程の地力が備わっているのかも疑問だし、既にある耕地は農薬が確保できないと作物が出来ない罠。
あの独逸の糞のような貧弱な大地でもジャガイモだけは育つ。

>>キャベツを始めとした北海道名産の作物達は、農薬がないと食えるかも怪しいものなりうる事を忘れない方がいい。
虫が食えるのに人間に食えないものは無い。
むしろ虫が一口もかじっていない野菜や作物の方が恐い。
というか、最悪その虫すら食糧だ。

>>つーか、寒いだろ。普通に。おそらく、異世界は温暖化もないだろうし。中世の頃の気候なんだろ?
古代ローマは普通に温暖でしたが何か?

589 :名無し三等兵:04/01/25 13:05 ID:???
>>588
現在の日本国のじゃがいもが、ドイツと同じならそう言えるだろうが。
品種改良されて、日本国仕様のじゃがいもはそんな簡単にはいかない。

キャベツは根っ子を細菌にやられて、茎がカビにやられる。そして腐る。食えない。
虫に食われただけなら、遥かにましな方だ。

北海道は人も住めない未開の地でしたが?
つーか、日本の気候をヨーロッパの気候で語るのは無理があるダロ・・・

590 :名無し三等兵:04/01/25 13:06 ID:???
>587
いや・・・だから2百レスほど使って

海洋同盟論(北進論)で海洋同盟を結んで大陸に進出する

大陸同盟論(南進論)で海洋国家を叩きのめしてから大陸に権益を求める

論者がやり合ってたわけだが。

でそれらの国の精神を知るために
『チャーチル演説』や『スターリングラード独逸将校の日記』などを貼り付けたりしたわけだが


591 :名無し三等兵:04/01/25 13:09 ID:???
ジャガイモは種芋が確保できないと生産効率を維持できないんだよなァ。
それに、ジャガイモばっかりに頼ると、疫病が流行って飢餓であぼーんなんて事にも。
http://www.asahi-net.or.jp/~ap6y-umd/poteto.html

592 :名無し三等兵:04/01/25 13:11 ID:???
さらにいうなら、日本の農業は農薬無しでは土地が地力を維持できない。
土にカビ、細菌が常駐する為である。
農薬は雑草や害虫に対してのみ使うのではない。ほとんどはカビや細菌を駆逐する為のもの。
こっちは農薬でないと対処しようがない。
輪作するにも、二作物分の農薬を用意しなければならず、よけい物資を消耗する。

農家もただ種を植えてるだけじゃないってこった。

593 :名無し三等兵:04/01/25 13:11 ID:???
>>589

>>つーか、日本の気候をヨーロッパの気候で語るのは無理があるダロ・・・
これは同意。『北海道より向こうの方がはるかに性質が悪い環境』だからな

594 :名無し三等兵:04/01/25 13:17 ID:???
肥沃な土地に住民がいても、国家があるとは限らん罠。
こっちの「中国」の人口が1億しかいない事を考えると
空いている土地は少なくないと思われ。


595 :名無し三等兵:04/01/25 13:18 ID:???
>>590
それら両方を否定してんだろ。
ていうか、なんで戦争前提なんだ?
戦争に至るまでに餓死者は大量に出るだろ?
なんで戦争してさらに餓死者を出す必要があるんだ?
つーか、その段階で戦争する余力があると言えるのか?
余力がある内に攻めるとかそう言うレスがよくあるが、その段階に至って本当に余力があるって言えるのか?
地図も海図も相手の規模も分っていない。そんな状況で戦略が立てられんのか?
そんな無謀な戦争を許す国家があるのか?
だいたい、そんな戦争起こしたら、戦争を終わらせる事なんて出来ないぞ。勝までやるのか?見込みもないのに。

なんかナンセンスなんだよな。
もうちょっと真剣に考えようぜ。短絡的過ぎだ。

596 :名無し三等兵:04/01/25 13:20 ID:???
>>595
お前このスレ最初から読んでそれ言ってるんだよな?


597 :名無し三等兵:04/01/25 13:20 ID:???
>>594
難民がゲリラ化するのはよくあるだろう。中東辺りで。

沿岸の土地は基本的に空いてないだろうな。奥地にまで出向くか?
日中戦争の再来だな。

598 :名無し三等兵:04/01/25 13:21 ID:???
>>596
3スレ前から常駐してるよ。

599 :名無し三等兵:04/01/25 13:24 ID:???
>>597
世界史を見る限り、
基本的には大陸国家の主要都市は大河に沿って形成されていて、沿岸部には殆んど無い。
沿岸部の都市が発達したのは海洋貿易のおかげ。
沿岸部がそれだけ発展しているようなら、相当量の資源、食糧を確保できる。

600 :名無し三等兵:04/01/25 13:25 ID:???
そろそろ話題変えません?
ますます鬱になってきた……。

601 :名無し三等兵:04/01/25 13:28 ID:???
>597
1平方kmあたり10人以下なら、肥料だな。
それに住民が人とは限らん。
人型敵対種族なら、殺してもOK。


602 :名無し三等兵:04/01/25 13:28 ID:???
>>599
でっかい海洋国家が貿易取り仕切ってンでしょ?
なんで海洋貿易が発達してないっていえるの?
それなら貿易で資源、食料確保できんのに戦争スンノ?

矛盾だらけなんだよ、設定に対しての国家戦略が。
大日本帝国じゃなくて日本国が召還された事を忘れないように。

603 :名無し三等兵:04/01/25 13:29 ID:???
>>600
軍板的にも兵站の問題は無視出来ないよ。

604 :名無し三等兵:04/01/25 13:30 ID:???
>>601
亜人種にとっての餌が、自分からやって来た訳か・・・
そんな危険な場所に入植せにゃならんのも気の毒な。

605 :名無し三等兵:04/01/25 13:30 ID:???
>>595
食糧だけでない。資源も必要になる。
一年後に仮に食糧だけ確保できたと仮定しても、各種資源は既に底をついている。
代替資源も製造され始めるだろうが、今の国を支えられるだけのエネルギーを確保できない。

外貨を稼ぐと言ってもどうやって稼ぐつもりだ?
紙や繊維産業か?それとも製鉄か?

606 :名無し三等兵:04/01/25 13:34 ID:???
>>605
ゼネコン。工作機械。紙、ガラス、繊維。獲得できる資源にもよるが考えればいくらでもあるだろ?
最悪、覚醒剤って手もある。商売は日本国の十八番だ。戦争と違ってな。

607 :名無し三等兵:04/01/25 13:36 ID:???
>>605
前のほうにセメントってのは出てたけど。
(セメントの採掘にどれだけエネルギーが要るかは知らん)

608 :605:04/01/25 13:38 ID:???
ついでに言えばそれらの物資を輸出するのにも燃料を始めとする各種物資を必要とする。
その上で質問する。

仮に外貨と食糧が確保できたと仮定しよう。餓死者も少数で済んだとする。
これから先も当分『生存』には困らない状況だとしよう。

・・・で、国家としてこの後どう生存繁栄する?
既に燃料の不足から海外への進出は非常に困難だ。
また、貿易でそれらの物を得るとしても、いざと言う時にはそれこそ海上封鎖でお陀仏。
しかも相手の貿易力はどう見積もってもこっちの期待値を満たす事は無い。
静かに辺境で暮らしていくか、そのまま滅びていくしかない。

609 :605:04/01/25 13:41 ID:???
>>606
なるほど、ゼネコン関係などは確かに輸出できる産業だろう。
工作機械・・?電気も無い相手に?発電施設ごと売りつけるか?
で、それで相手の国力を高めてやって『いざ海外進出』のときに不利になるわけか。

覚醒剤については賛成だ。



610 :605:04/01/25 13:46 ID:???
>>607
セメントは確かに殆んどタダ同然に取れます。
WW2時でも珍しく不足しなかった資源の1つです。

が、相手がそれを必要とするかどうかは疑問点ですな。
政府レベルのゼネコン関係にはかなり必要だろうけど、
(要塞、城砦、道路etc)
民間向けに貿易してまで手に入れるような高価な建築資源の使用は不可能でしょう

611 :名無し三等兵:04/01/25 13:55 ID:???
此方が『貿易』で生存していく為には、相手もそれなりの『貿易国』であることはもちろん、
貿易を行なう際に支出される『燃料、資源、技術』より多くの『資源、金銭、燃料』の採算が取れなければいけない。
慈善事業じゃないからね。

海洋同盟派が海洋同盟に走るのは大陸に進出したいからだけではない。
『海図』や『航海術(天文学を含む)』を得る為でもある。
大陸同盟派が大陸同盟に走るのも大陸に権益を求めるだけではない。
『地図』や『通商路や土地事情の知識』を得る為でもある

612 :名無し三等兵:04/01/25 14:01 ID:???
なるほど『技術力』を「資源」として輸出する事も可能だろう。
だが相手に渡った『技術』は飛躍的に相手の国力を増強させる事にもなる事を忘れてはいけない。

『農作物』の輸出は不可能『地下資源』はセメントなどのごく稀な資源を除くと国内需要で消滅
『金銭』は・・・外国に出ればタダの紙切れだ。

自国が『海洋国家』であるということを忘れないで欲しい。

613 :名無し三等兵:04/01/25 14:10 ID:???
>>612
しかも『飛び切り資源の少ない海洋国家』だな。



614 :名無し三等兵:04/01/25 14:10 ID:???
>>608
その為の自衛隊だろう。
なにも戦争する為の組織が自衛隊じゃない。
敵にまわしたら怖いと思わせる為の自衛隊。それが政治機関による武力の本来の使い方だろ?
俺の言いたい事は、物欲にまかせて安易に戦争を吹っかけるなって事。
アメリカさんの二の舞は嫌だろ?

615 :名無し三等兵:04/01/25 14:14 ID:???
右も左も分からない異世界に飛ばされて、いきなり戦争論から入るのがおかしい。
計画的に異世界に飛んで、どの場所に進駐するって戦略立ててるならそれでもいいが、
そうじゃないみたいなのに、大陸だ海だなんて言い合うのはくだらないを通り越して馬鹿馬鹿しい。

616 :名無し三等兵:04/01/25 14:16 ID:???
>608
基本的なルートは二つ。
日本の生活水準をF世界まで落とす。
F世界の生活水準を日本まで引き上げる。

世論がどちらを選択するかは自明。
ならば、どう振舞うべきかも決まってくる。


617 :名無し三等兵:04/01/25 14:18 ID:???
>>614
そりゃそうだ。相手は何も『戦争』する必要派無いからな。

618 :名無し三等兵:04/01/25 14:20 ID:???
で、召喚者はどういう意図で日本を召喚したと、このスレの住人は考えてるわけ?

619 :名無し三等兵:04/01/25 14:21 ID:???
>>612
それ故に、多額の外貨も獲得できる事をお忘れない様。

異世界でモノを言うのは、自衛隊じゃなくて外務省。
戦争じゃなくて外交。(調略、情報収集、国交樹立、通商条約調印など)
それがだめで戦争が普通の順路。
どっち攻めるかは、その時の外交状況によって変わる。

620 :名無し三等兵:04/01/25 14:22 ID:???
>>618
四面楚歌の国家状況を打開する為の悪あがき。

621 :名無し三等兵:04/01/25 14:22 ID:???
>>614
アメリカの二の舞を踏めるなら喜んで実行させていただきますが何か?

>>615
なるほど。確かに『戦争論』から入るのは間違いだな。それは認めよう。
で?具体的にはどうするの?
資源は無い、食糧は無い。食糧問題は解決しても資源が無いのは変わらない。

622 :名無し三等兵:04/01/25 14:24 ID:???
>619
>>多額の外貨
ねえ?相手がこっちの足元見るって事は考えないの?
圧倒的に交渉に有利なの向こうだよ?
商売人が大もうけできるチャンスを逃すと思う?

623 :名無し三等兵:04/01/25 14:25 ID:???
>>599で語られた設定は無視なの?
セイロン帝国があるなら、貿易で賄えるらしいんだけど?

624 :名無し三等兵:04/01/25 14:26 ID:???
>>618
なんかの事故。

召還した国が存在したとしても、四面楚歌で敗北確定な国を支援するより
勝ってる国に味方する。


625 :名無し三等兵:04/01/25 14:28 ID:???
>>623
それ書いたの俺だ。
それだけの国力のある国が、見ず知らずの国のいうことを簡単に聞くと思うか?

626 :名無し三等兵:04/01/25 14:29 ID:???
>>621
それを考えるのがこのスレだろ?
自衛隊を使ってどう生き残るか。
戦争が悪いと言ってるんじゃなくて、戦略も糞もない議論がウザイだけだし。

>>622
だから、何の為の自衛隊なんだっての。
交渉に武力をちらつかせるのなんて、普通の外交における交渉術だろ?
まさか、自衛隊なんてカードにならないなんて言い出さないだろうな。
異世界100万の動員に匹敵するんだろ?

627 :名無し三等兵:04/01/25 14:29 ID:???
>>566
服装につっこみ所ありすぎ。

まあ、狙ってやってることくらいわかるけど。

628 :名無し三等兵:04/01/25 14:30 ID:???
>>625
それじゃ同盟できないジャン。
海洋信者さんの理論はこれで崩れた?

629 :名無し三等兵:04/01/25 14:32 ID:???
>>交渉に武力
軍事制圧と何が違う?
力を見せ付けるのに戦争以外に方法があるのなら教えてくれ。
相手はこっちの何をどう見て脅威だと思うのだ?
戦車や航空機だって知らん相手にそれらの物が威嚇になると思うのか?
それがどの程度の戦力の物かを知らん奴には、どんな戦力も抑止力足り得ない。
核兵器を知らん奴は核兵器を恐れない。それと一緒だ。

630 :名無し三等兵:04/01/25 14:32 ID:???
2、3人だけで激論しちょるな
自衛隊関係無いからもうサパーリ理解できん

631 :名無し三等兵:04/01/25 14:33 ID:???
召還した者を捕まえて処罰。
考えようによっては規模の大きい拉致とも取れる。

632 :名無し三等兵:04/01/25 14:35 ID:???
>>629
>>戦争以外に方法があるのなら

演習、訓練展示その他色々

633 :名無し三等兵:04/01/25 14:35 ID:???
このスレの題は「自衛隊がファンタジー世界に召喚されますた」です。
原点に戻ってみては?


634 :名無し三等兵:04/01/25 14:36 ID:???
>>632
>>演習訓練その他。
・・・・すんません。大砲の威力や戦車が以下に強力なものか、
何の知識もなしに解ると思いますか?


635 :名無し三等兵:04/01/25 14:37 ID:???
>>606
武器も入れといて。
包丁なんかみたいに刀剣類を大量生産して売る。
あとは毒ガスとかダイナマイトなんかも売れるかも。

636 :名無し三等兵:04/01/25 14:38 ID:???
>>包丁なんかみたいに刀剣類を大量生産して売る。
賛成だ。問題はそれでどれほどの利益を得れるかだな。

>>あとは毒ガスとかダイナマイトなんかも売れるかも。
論外。自分に使われる可能性を考慮しましょう。

637 :名無し三等兵:04/01/25 14:39 ID:???
>>631
確かに、展示訓練とか観艦式にはそういう側面もありますからね。

638 :名無し三等兵:04/01/25 14:39 ID:???
>>634
大砲を旋回させたり、ただ戦車走らすだけが演習じゃないでしょ

639 :名無し三等兵:04/01/25 14:40 ID:???
>>634
使っていない倉庫にでもHEAT-MPブチこんでやれぃ

640 :名無し三等兵:04/01/25 14:43 ID:???
石油が無い時点で終了ぽ・・・・

あとエルフ
ttp://www.uxo.jp/images/races/elffemale.jpg

641 :名無し三等兵:04/01/25 14:44 ID:???
とりあえずフローチャート置いときますね。誰か補完よろ。

四面楚歌の国が悪あがきで日本を召喚
    ↓
日本、食料および石油を要求―→四面楚歌の国、要求を飲む→(a)へ
    ↓
四面楚歌の国「そんな無茶な。」
    ↓
日本「ではあなたの国と同盟は出来ませんね。これからは敵国同士ということで」←――(b)
    ↓
四面楚歌の国は日本を元の世界に帰す?
    |        ↓yes
    |no      終了
    ↓
このスレの議論へ。


    (a)
    ↓
要求は満たされた?――→(b)へ
    |yes       no
    ↓
日本と四面楚歌の国を舞台とした専守防衛へ。

642 :名無し三等兵:04/01/25 14:44 ID:???
>>634
手練の格闘家が素手で岩石割ったり瓦割ったりすれば、見てる香具師はビビルだろ?
目の前に珍子剥き出しの奴がいたらビビルだろ?
お下げで眼鏡でメイドのあの子が物干し竿咥えこんでたらビビルだろ?


643 :名無し三等兵:04/01/25 14:44 ID:???
>>637
その通り。だがそれは『相手が近代兵器』の強力差を知っている事が前提。

>>638
だーかーら。ぶっ放して見せても、
それがどんな殺傷力を持つか理解できない可能性を考慮に入れんのか?
『遠くの的を一撃で射抜いた。』は確かに脅威だと向こうにも移るだろう
が『それを人間が食らったらどうなるのか?』は経験または学習していない人間には絶対わからんぞ。

644 :名無し三等兵:04/01/25 14:44 ID:???
こういう肌も露わなエルフを見てると、おまえらほんとに森林に居住する種族なのかと(ry

645 :名無し三等兵:04/01/25 14:45 ID:???
日本全土が召喚されたときに何者かが、100年分くらいの食料や資源と
それらを劣化することな保存できる倉庫を用意してくれた。
これで良いじゃんw

646 :名無し三等兵:04/01/25 14:49 ID:???
まず、何が起こったのかを認識する。
GPSの動作不能や国際便の不着から、ここは別の世界だと
認識する。
政府が各都道府県の存在確認を取る。
主要四島とそこに展開する自衛隊の所在が確認される。
(位置的に、南西諸島と小笠原諸島がついてきてるかどうか
は怪しいと思う。が、米国領になるから問題無いか。)
佐世保から大陸、呉から半島方面に状況確認に行く。

…そこはファンタジーな世界ですた。


647 :名無し三等兵:04/01/25 14:49 ID:???
>>643

  釣  り  で  す  か  ?


648 :名無し三等兵:04/01/25 14:49 ID:???
日本て北方領土も尖閣も大陸棚も含んでるんだろ。
資源はけっこうあるぞ。

649 :名無し三等兵:04/01/25 14:50 ID:???
というか、イギリス式の植民地経営で国を繁栄させるのに反対な意見が多いわけだが。
F世界を自分達並の暮らしにして、貿易しようとか意見があるが、
何故『自分(達)だけ反映してりゃあとはどうなろうとも知らん』という本質的なことは嫌がるのか?


650 :名無し三等兵:04/01/25 14:51 ID:???
>>647
こっちがそう聞きたいんですが?

651 :名無し三等兵:04/01/25 14:52 ID:???
>>645
もう少しあざとさをなくしてくれ。

652 :名無し三等兵:04/01/25 14:54 ID:???
>>421
を見る限り、そうでもない。
ただ単に外征しようにも兵力が足りないんで他の手段を模索してるだけ。

653 :名無し三等兵:04/01/25 14:55 ID:???
まあ双方の意見とも理解できないではないが、今ひとつの事を思いついた。

抑止力構築のために演習その他もろもろを行なったとする
『そして異世界が殆んど脅威に思わない』可能性や
『異世界が脅威に感じて抑止力足りえた』可能性はまあいいとしよう。

『異世界が日本に脅威を感じてヤラレル前にヤッテしまえ』となった場合日本はどうすればいいのか?w

654 :名無し三等兵:04/01/25 14:56 ID:???
「自衛隊がファンタジー世界に召集されました」

「補給はどうする。今の軍事活動は後方支援なしじゃ成り立たないぞ」

「じゃあ基地とかと一緒に」

「基地だけじゃ自活できんだろ」

「その周辺地域と一緒に」

「おいおい、今の地域社会は単独でなりたっているわけじゃないぞ」

「それでは日本ごと召還してしまえ」

というインフレーションを辿ってきたわけで。
このまま行ったら
「元世界が丸ごとファンタジー世界に召還されました」
まで行きそう。

655 :名無し三等兵:04/01/25 14:56 ID:???
うおー リネエルフイイヨーイイヨーイイヨーイイヨー

・・・こんなかわいかったか?w

656 :名無し三等兵:04/01/25 14:56 ID:???
そうこうしているうちに、召喚した国からの使節が来る。

(どこの国だ…? もしや半島の国が…。)

召喚した国が、ピンチを助けてくれたら、元の世界に
戻してやるという。

イマイチ信用できないので交渉決裂。
 

657 :名無し三等兵:04/01/25 14:57 ID:???
ここは元1だおー氏に仲裁して貰わなければ。いつまでも不毛の議論がつづいてしまふ。


658 :名無し三等兵:04/01/25 14:58 ID:???
>654
「全世界がファンタジー世界に召還されますた(朝鮮半島を除く)」
・・・おお、すばらしい。

659 :名無し三等兵:04/01/25 14:59 ID:???
おまえらその議論はスレ違いではないかと思われます。

個人的にはガイドラインに
12. 召喚された世界やその世界のファンタジー的な要素に関する設定はSS作者さんの自由です。ご都合主義に万歳
13. 物語が成立しなくなるような突込みは禁止(禁止例:ファンタジー世界に酸素がなかったら召喚された瞬間あぼーんだろ?)
を追加することを希望します。

660 :名無し三等兵:04/01/25 14:59 ID:???
>>657
誰でも仲裁は出来んでしょう。既にこのスレもひとり立ちしてるしw

661 :名無し三等兵:04/01/25 14:59 ID:???
覇壊の宴

662 :名無し三等兵:04/01/25 15:00 ID:???
「全世界が召喚されますた」

・とりあえず米軍にまかせる
・異世界利権のために積極介入

やっぱ後者のほうが魅力的か?w

663 :名無し三等兵:04/01/25 15:01 ID:???
>>659
いや、まあSSの作者氏の世界観に突っ込んでる訳じゃないから良いんで内科医?
ただ単に議論してるだけだし。ssが投下されてる間は黙ってるし。


664 :名無し三等兵:04/01/25 15:01 ID:???
>>651
100年は大げさだが、少なくとも10年程度の食料や資源はあらかじめ用意されてあった。
このような設定のほうが話は進めやすいのでは?
あとは未開の土地に進出するなり、適当に理由をつけて別の国から土地を奪うなり好き
にすれば良いじゃん。

665 :名無し三等兵:04/01/25 15:02 ID:???
>649
植民地にして、搾取じゃ儲からん。
下手に反乱とかされると足が出る。
日本が売りたい高付加価値製品を買ってくれる
ような富裕な国家になってくれないと、日本が
困る。

666 :名無し三等兵:04/01/25 15:05 ID:???
あんまし自衛隊関係無い議論ばっかし
もう付いて行けない

667 :名無し三等兵:04/01/25 15:05 ID:???
>>665
モノによるだろうけど、
ちょっとくらい高くても無理して買う国家多そうじゃない?
現代のソレはあっちからすれば魔法を超えた物体だし。
自動車から果ては100ライターまでなんでも売れそう。

668 :名無し三等兵:04/01/25 15:08 ID:???
>>667
そうですね。案外高価なものより小物のほうが売りやすいかもしれませんね。

まあ相手が魔法で火を起したりしだした日には、ほぼ販売不可能になるがw

669 :名無し三等兵:04/01/25 15:12 ID:???
きっと魔法を使えるようなやつは100万人に一人ぐらいのエリートなんだろう。

670 :名無し三等兵:04/01/25 15:13 ID:???
燃料に関して。石炭はいっぱいあるよ。炭鉱は掘り尽くしたから閉山したわけ
ではない。単純に、海外から輸入したほうが安いから、採算がとれなくなった
だけ。石炭の液化、バイオディーゼルやメタン、燃料電池が普及しないのも同く
中東から石油を輸入した方が安いから。

石油に関して。前に168日分の備蓄量があると出ていたけど、これは今のままの
消費量が前提だよね?F世界にいったら大半の会社は商売ができないから、工場
は停止、食料品以外の物流は激減する。会社のやっていなければ電車も最低限
しか動かさない。24時間やっているコンビニなんて消滅する。自家用車の運行
は禁止、燃料は供出。電気だって夜だけ送電、テレビの放送も短縮、ネット
だって使えない、ということになりそう。今の日本はそういう便利な生活を維持
するためにものすごい燃料を使っている。
そいういった状況で農業生産やライフライン(消防、警察、自衛隊)だけに燃料
をつかえば、石炭の液化、バイオディーゼル、海外の油田開発で必要最低限の
燃料を確保できるまで持たせることは不可能だろうか。



671 :名無し三等兵:04/01/25 15:14 ID:???
>>669
100万人に一人だったら、生産性から考えて国に一人いるほうが珍しくなるかもしれん‥

672 :名無し三等兵:04/01/25 15:14 ID:???
とすると今度は文明レベルからして
戦列+お手頃大砲orお手軽投石器か・・・
ナポレオニックな戦争になるな。

673 :名無し三等兵:04/01/25 15:19 ID:???
大陸の開拓地を守る方法を思い付いたよ!!
周りに地雷をまけばいいんだ!!
こんな簡単な事が思い浮かばないなんて!!

674 :名無し三等兵:04/01/25 15:19 ID:???
岩国基地からP-3Cを飛ばして、大陸沿岸部の情報を収集する。

政治的混乱が続くが、大陸への調査部隊の派遣だけが決まる。

陸海合同部隊が上陸して、港湾や城砦を作る。 

上陸調査部隊が人型異種族と接触して、戦闘になる。

政治的混乱が続くも、大陸国家への使節派遣が決まる。





675 :560:04/01/25 15:19 ID:???
>>672
「皇国の守護者の世界に日本が召還されますた」
になるな

676 :名無し三等兵:04/01/25 15:20 ID:???
上総掘りでも伝授して周れば良いじゃん

677 :名無し三等兵:04/01/25 15:20 ID:???
そいういった状況で農業生産やライフライン(消防、警察、自衛隊)だけに燃料
をつかえば、石炭の液化、バイオディーゼル、海外の油田開発で必要最低限の
燃料を確保できるまで持たせることは不可能だろうか。

持つことは持つと思うが、その後の行動に支障が出ると思われ。
少なくとも相当量の石油がF世界で発見されるまでは、
貿易の際に使用される船舶の燃料とそれを護衛する海保、海自、空自が燃料の大半を食いつぶすと思われ。
国内についても大型トラックや公共交通機関を止める訳には行かないしね・・・


678 :名無し三等兵:04/01/25 15:21 ID:???
>>671
間違い無く国政を動かすようなVIPになるな。
ガンダルフみたいな超行動派の爺ちゃんか?

679 :名無し三等兵:04/01/25 15:22 ID:???
海洋の航路を守る方法を思い付いたよ!!
周りに機雷をまけばいいんだ!!
こんな簡単な事が思い浮かばないなんて!!

680 :名無し三等兵:04/01/25 15:22 ID:???
>>678
底まで少ないと逆に魔女狩りで駆逐されるかも知れん

681 :名無し三等兵:04/01/25 15:23 ID:???
>>679
その機雷を作る資源が・・・(泣

682 :名無し三等兵:04/01/25 15:24 ID:???
性論帝國とか潰瘍国家なんたらなんざどうでも良いよ

ちょっと高飛車なエロフの姉ちゃんとしっぽりしたい
薄幸のダークエロフの少女とパンパンしたい
天然気味の猫耳おにゃのことハメハメしたい

683 :名無し三等兵:04/01/25 15:25 ID:???
>>678
剣を抜いて突撃したり魔神と格闘したり実は生きていた!フラグを活用する行動派じじい…
ガクガクブルブル

684 :名無し三等兵:04/01/25 15:25 ID:???
>>680
そこで日本国が保護ですよ。
ダウジングで石油とか掘り当ててもらおう。

685 :名無し三等兵:04/01/25 15:27 ID:???
>>682
地が出てるぞ。そう言うのが興味なら半角か葉鍵にでも行け。

686 :名無し三等兵:04/01/25 15:32 ID:???
ファンタジ−世界の奴らには近代兵器が効かないんだよ!!
和製ファンタジ−漫画のお約束だろボケナス!!

687 :名無し三等兵:04/01/25 15:32 ID:???
>>685
禿同。
俺はそうしてる。

688 :名無し三等兵:04/01/25 15:33 ID:???
なんだかんだで今日もレスが伸びてるな。

689 :名無し三等兵:04/01/25 15:35 ID:???
2,3日で700レスか。異常だ。でもいい。
SS書けなくたって、こういうスレで語り合えるなんて。

690 :名無し三等兵:04/01/25 15:37 ID:???
>682
それが否定されなかったのがこのスレのいいとこだったのになあ・・・。
ウホッ、な連中に占領されてしまった・・・。
メイドさんは今いずこ・・・。


691 :名無し三等兵:04/01/25 15:37 ID:???
なんか充実した休日でした。
こんなにレス打ったの久し振りだ。
正直、楽しかった。

692 :名無し三等兵:04/01/25 15:40 ID:???
>>690
萌えるなと言ってるんじゃないだろ?
エロが好みならそう言う板に行けと言ってるだけじゃないのか?

693 :名無し三等兵:04/01/25 15:46 ID:???
>690
自衛隊がホモホモワールドに召還されますた。

「三尉どの、奴らがこっちを見てます」
「うん、判ってる。」
「…三尉どの、ここを離れましょう!」
「え?おいおい、引っ張らなくてもいいじゃないか」
「いいから急いで!」
「別に危なくないと思うけどな。ほら、友好的な笑顔だよ」
「「あれは”したごころいっぱいのスケベ顔”っていうんです!」
「?」

694 :名無し三等兵:04/01/25 15:54 ID:???
(訂正)暫定ガイドライン

1.「自衛隊がファンタジー世界に」とあるように、あくまで「現代日本」が主に関わる話であること。
2.現代日本というからには、自衛隊の組織・装備はあくまで現用もしくは近未来的に配備が予想されるものに限る。
3.空母・核兵器などの日本が配備するにはナンセンスなものは極力避ける。
4.あくまで「ファンタジー世界」の話であり、「超兵器まんせー」な話にならぬよう気をつける。ファンタジーに詳しくない場合、スレの住人に相談する。
5.ファンタジー側の人間もきちんと描写する方が好ましい。自衛官主観という演出などであえて描写しないのはこの限りで無い。
6、戦術、戦略としてありえないものを避ける。たとえば人間の徒歩部隊が一日に100kmすすむとか
7、敵にしろ味方にしろ主力に無敵を作らないほうがいい。
8.安易に萌えを狙うのは自粛すること。
9.嵐は徹底放置。嵐認定を受けた後に、かまった者も同罪とする。
10.SS作者は、抽出がしやすいようにトリップ装着を推奨。
11.感想書き込む人も節度や口調を考えるべし。作品が気に食わないなら透明あぼーん汁!
12. 召喚された世界やその世界のファンタジー的な要素に関する設定はSS作者さんの自由です。ご都合主義に万歳
13. 物語が成立しなくなるような突込みは禁止(禁止例:ファンタジー世界に酸素がなかったら召喚された瞬間あぼーんだろ?)
14. 議論は節度をわきまえて。ループを繰り返すようなら議論停止。

を提案します。

695 :名無し三等兵:04/01/25 15:58 ID:???
ご都合主義も程々に
重箱の隅を突付くような指摘も程々に

696 :名無し三等兵:04/01/25 15:59 ID:???
8.安易に萌えを狙うのは自粛すること。
これだけは撤回しませんか?
そうしないとますますこのスレ殺伐とした感じになりそう・・・。

697 :名無し三等兵:04/01/25 16:00 ID:???
議論がループするのは当たり前だろ?大体、答えがないんだから。
禁止したら、議論自体ができなくなる。
SS投下の時は黙ってるんだから、節度は守ってるだろ?
このスレで一番偉いのはSS職人。議論してる本人が分ってるんだから問題ないだろう。
スレの始めでも誰か言ってたが、ぎちぎちにルールつくんなら誰も寄らなくなるぞ。
議論自体だってSS製作のネタになんだから、禁止項目に入れるのはどうかと思うぞ。

698 :名無し三等兵:04/01/25 16:00 ID:???
ご都合主義設定するにしても
「超兵器マンセーにならない」
「無敵キャラを作らない」
という縛りがあるわけだが。



699 :名無し三等兵:04/01/25 16:01 ID:???
>>696
なら、萌を議論するか?
いかにしてエルフを森から日本国に移住させるかとか・・・

700 :名無し三等兵:04/01/25 16:02 ID:???
最近こんな本が出たので紹介させてもらいます
結構色々な参考になるかも
2ちゃんねる軍事板をネタ元に作られた雑誌
「ここまで進化する日本の防衛力!自衛隊・新世代兵器」
http://tkj.jp/bessatsu/4796639195/

701 :名無し三等兵:04/01/25 16:03 ID:???
8.過度な萌えは自粛すること(適度ならOK)。エロはスレ違い。

ぐらいでいいと思うが。
もちろん、どの程度が適度かはSS作者の判断に委ねられるが。

702 :名無し三等兵:04/01/25 16:07 ID:???
http://book.2ch.net/test/read.cgi/magazin/1074691793/l50
向こうに貼ってみた。

703 :名無し三等兵:04/01/25 16:08 ID:???
8.エロ・グロはスレ違い。萌えは適度を推奨します。

を希望。

704 :名無し三等兵:04/01/25 16:09 ID:???
エルフとか闇ルートでとっ捕まえて生体実験。長寿のひみつを探る化学製薬系企業。
ペット用に小妖精を密輸入。ペット業界&893企業。
独自の私設軍創設してF世界でやりたい放題。力こそ正義。多国籍企業。
武装高速艇で私椋活動。海運業者。

・・・成る訳ねえか。
元1だをー氏は企業の暴走とか御考えになってるのだろうか。



705 :名無し三等兵:04/01/25 16:13 ID:???
>>702
余計な事スンナ。
向こうとこっちで思考の向きが違うのは当たり前だろ?
向こうは魔法使いが普通にいて当たり前。
こっちは稀少価値の存在をして扱ってるんだから。

つーか、向こうって自衛隊を始め、現代の日本の力をなめ切った発言が多かったな。
さすが現実を見れない人達の集団だ。

706 :名無し三等兵:04/01/25 16:15 ID:???
>>704
何か番組前後のスポンサー紹介みたい。
この番組は、>>704
ご覧のスポンサーの提供で・・・。

707 :名無し三等兵:04/01/25 16:18 ID:???
異世界に移転して考え付くことが、
軍事征服か麻薬汚染っつう俺らも
相当痛い集団だと思うが。

708 :名無し三等兵:04/01/25 16:19 ID:???
>>705
ケンカイクナイ!!

といって思ったが、

こっちは向こうのことをよく知らず、
あっちはこっちをナメきってる、
というのは今まで出てきたSSの流れそのものだ

709 :名無し三等兵:04/01/25 16:22 ID:???
>704
そういうのが好きなら自分で書いてみれば?
煽りじゃなく、説得力持った話ができれば面白いと思う。

710 :名無し三等兵:04/01/25 16:23 ID:???
>>707
非常に現実的でスマートじゃないかw
向こうもなんでもありらしいから、こっちだって手段を選ぶ義理はない。

つうか、向こうも自衛隊に魔法が効くという前提で書き込んでるのはどうなんだ・・・
物理法則が効かないなら、向こうも同じじゃねえの?

711 :名無し三等兵:04/01/25 16:24 ID:???
ネタ提供しただけ・・・
SSは前前前前前前前スレ辺りで懲りたから

712 :名無し三等兵:04/01/25 16:26 ID:???
       /                    .\
     /                       .\
 \ /                          \ /
   \      ___________     . /
    \   ./                \   /
     | \/                   \/...|
     |  |                       |  |
     |  |                       |  |
  .._ |_|                       |_|_..
     |  |     さあ‥ 逝こうか‥‥     |  |
     |  |                       |  |
     |  |                       |  |
     |  |                       |  |
     |  |/                   ..\|  |
     |  |                       |  |
   .._|/|      _ _ _ _ _ _ _ _     ...|\|_
  / ..|  |   _−_−_−_−_− _   |  |  \
     |  |/_/━ ━ ━ ━ ━ ━\_\|  |
   .._| /_/━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ \_\.|_
     /_/━  ━  ━  ━  ━  ━  ━ \_\
   /  /━  ━  ━  ━  ━  ━  ━\  \


713 :名無し三等兵:04/01/25 16:36 ID:???
誰も行かないっつーの!

714 :名無し三等兵:04/01/25 16:37 ID:???
>>710の補足。
見方を変えれば、自衛隊は異世界の法則では成り立たない意味不明の組織な訳だし。

715 :名無し三等兵:04/01/25 16:39 ID:???
>710
しかしそういうSSはないな。
誰か書いてくれないかな、「生存のため」を旗印に極悪非道の圧制軍事国家と化した日本と、
その尖兵となって虐殺殺戮を繰り広げる自衛隊の話。

716 :名無し三等兵:04/01/25 16:41 ID:???
メイドさんとエルフ娘がいっぱいいるなら行ってもいい。

717 :名無し三等兵:04/01/25 16:41 ID:???
>>715
タイトルは「魔界召喚」ってことになるなw

718 :名無し三等兵:04/01/25 16:43 ID:???
>715
漫画だけどそういうのあった。
詳細は忘れたけど、敵のラスボスが「大日本帝国」だったような。

719 :名無し三等兵:04/01/25 16:44 ID:???
>>717
それをファンタジー側の視点で書いて欲しいな。
自衛隊をこれでもかってくらい悪役にして。
日本企業とかの描写も面白そうだ。

720 :名無し三等兵:04/01/25 16:45 ID:???
>>719
個人的には、同じ事件を日本側とファンタジー側両方の視点で書いて欲しかったり。
作者の手間は倍になるけど。

721 :元1だおー:04/01/25 16:48 ID:???
>>719
「覇壊の宴」でつね……(;´Д`)

722 :名無し三等兵:04/01/25 16:48 ID:???
俺は自衛隊は基本的に善をキボン。
ただでさえイラク派遣で叩かれているのにこのスレでさらに悪役にさせたくない。

723 :名無し三等兵:04/01/25 16:52 ID:???
>715
狂四郎2030 を思い出してしまった。

724 :名無し三等兵:04/01/25 16:59 ID:???
「剣と鎧の兵隊を相手に、機関銃なんて虐殺兵器を使うとは言語道断!」

とかって騒ぐ某S党を想像してウツになる今日この頃。


725 :名無し三等兵:04/01/25 17:08 ID:???
>>718
怒涛!ジャムカの大冒険かな?

726 :名無し三等兵:04/01/25 17:11 ID:???
マターリして来たな。
ここで職人さんが降臨して欲しい。

727 :名無し三等兵:04/01/25 17:24 ID:???
上の方のレスで「戦争より貿易」って意見があるけど、
大陸諸国は人口3億が恒常的に餓えていて商売相手になるのは特権階級の
300万だけ、その上その300万のお得意様はセイロン帝国。

300万市場では焼け石に水、どころか足が出かねない。
んでもって、セイロン帝国を敵にまわす。

市場規模がたった300万だと普通に取引するだけで、相手を経済植民地に
変えてしまいそうだ。

728 :名無し三等兵:04/01/25 17:28 ID:???
いつのまにその3億人が飢えてる状況になったんだ?
ていうか、そんな痩せ細った土地を戦争してまで手に入れてどうすんだ?
なんで、大陸帝国とセイロン帝国が仲がいい事になってンだ?
むしろ、お互いの生存範囲を巡って対立してんだろ。どっちも飢えてンだから。

729 :名無し三等兵:04/01/25 17:31 ID:???
>>728
辺境で揉めてても貿易関係にある国は珍しくない罠。
というかスレ嫁。


730 :名無し三等兵:04/01/25 17:35 ID:???
経済植民地は「悲惨」の一言に尽きる。
欧州が世界を実効支配したのは19世紀以降の話で、
それ以前は経済植民地として扱っていた。

今の第3世界の惨状は実効支配を受ける以前にすでにもたらされていた。
それでも、当時は欧州の経済規模が小さかったから「あの程度」の惨状で済んだけど
1億2000万対300万となれば大陸資本はその血の最後の一滴まで絞り尽くされて
破滅し、後には人の住まない荒野が広がる破目にはなる。

F世界の住人の事を思うなら戦争して征服して開発統治したほうがダメージが少なくて済む。

731 :名無し三等兵:04/01/25 17:36 ID:???
>>729
戦争中に国交を断絶してる事だってあるよな。

732 :名無し三等兵:04/01/25 17:39 ID:???
>>730
制服なんてしてたら、日本自体の物資、時間ともに無駄に消費して、こっちのダメージが深刻に。
下手しないでも、国家としては絶対立ち行かなくなる結果が待っている。

ていうか、人の心配してる場合じゃないだろ。

733 :名無し三等兵:04/01/25 17:40 ID:???
>>731
あるだろうな。
と言うか何処で海洋国家と大陸国家が戦ってると言う設定を見つけてきた?

734 :名無し三等兵:04/01/25 17:42 ID:???
>>728
欧州ですら20世紀初頭まで、餓えとは無縁でいられなかった。
ちなみに欧州が餓えから解放されたのは中国からの農業技術の導入によるもの。

農業技術にかんしては常に東洋がリードしていた。

735 :名無し三等兵:04/01/25 17:44 ID:???
>>733
セイロン帝国が貿易を独占し、
大陸諸国に対して勢力均衡のスタンスで臨んでるって流れのようだ。

736 :名無し三等兵:04/01/25 17:46 ID:???
>>732
貿易で相手を絞り尽くして破滅させ、無人の荒野に入植してウマ―。

737 :名無し三等兵:04/01/25 17:47 ID:???
>>51-53 >>55
あたりがこのスレの流れの根源らしい。

738 :名無し三等兵:04/01/25 17:47 ID:???
>>735
海洋国家=大英帝国 大陸国家=中国、独逸などがモデル。

元々は海洋国家と大陸国家は相反する物ではないが、
大陸国家が海洋に進出しようとしたら海洋国家は断固として叩き潰すだろうな・・・

739 :名無し三等兵:04/01/25 17:50 ID:???
>>733
どっちかと同盟してどっちかを攻撃すんだろ?
その設定で話すなら、両帝国が仲よかったらなりたたねえだろうが。
もし、仲よかったら、
陸(又は海)の方攻撃しますから、軍事同盟結んでください。ってお願いに行って、
あそことは仲良いからだめ。ていうか聞き捨てならねえな・・・なんて事になんじゃねえか普通。

740 :730:04/01/25 17:50 ID:???
>>732
いや、別に心配してる訳じゃなくて
「相手に迷惑かけたくないから貿易? んなことしたらもっと酷い事になるよ」
と言いたかっただけ。

大体、自分の身が危ないのに人の心配なんてしてらんない。

741 :名無し三等兵:04/01/25 17:53 ID:???
>>739
独逸のビスマルク参考に。それ以上何も言う必要は無いと思われ。

>>陸(又は海)の方攻撃しますから、軍事同盟結んでください。ってお願いに行って、
>>あそことは仲良いからだめ。ていうか聞き捨てならねえな・・・なんて事になんじゃねえか普通。

正論。だけど国際関係は義理人情じゃなくて国益で動いてる。




742 :名無し三等兵:04/01/25 17:53 ID:???
>>740
単純に武器から口に方法が変わっただけ。
日本が生き残るには、異世界の犠牲が必然。
これはしょうがない。

743 :名無し三等兵:04/01/25 17:57 ID:???
>>741
情報も信用ないうさん臭い日本と、今までの付き合いがある帝国ではどっちと結べば国益がアルか・・・

744 :名無し三等兵:04/01/25 17:58 ID:???
>>741
第一次大戦を思い出せ。

745 :名無し三等兵:04/01/25 17:58 ID:???
>742
正確に言えば、「日本が生き残れるとしたら……」だな。
これまでの議論を見ていると、その可能性が非常に低い事は明らか。
ある特殊な、ご都合主義的な設定の世界に召喚された時のみ、
異世界の犠牲の元になんとか生き残れる、と言うことでFA?

746 :名無し三等兵:04/01/25 18:00 ID:???
>>743
そんなもの、1回から数回、『教育』してやればいいのです。
どっちに付くのが徳かをw

747 :名無し三等兵:04/01/25 18:02 ID:???
>>746
ますます信用なくすダロ・・・
寝首をかかれない様にするのが一苦労だな。
そんなんで戦争できんのか?

748 :名無し三等兵:04/01/25 18:02 ID:???
ご都合主義な世界なら、日本丸ごと召喚する必要もない。
武器弾薬燃料も『複製』の魔法で量産すればよい。

749 :名無し三等兵:04/01/25 18:03 ID:???
とりあえずこれまで出てきた設定を纏めてみるか。


大陸諸国

大夏         モデルは明と清、海禁政策を採っており海外事情に暗い。
           人口約1億の農本国家で常備軍は百万。
           南方の南シナ海に地域覇権を持つチャンパーを「征夷」の名のもとにいぢめている。

シーサン・パンナ   モデルはインドシナ、チャンパーとアンコールという二つの海洋国家が
           南シナ海の覇権を争っているらしい。その裏ではセイロンが糸を引いている。

ヒンドゥースターナ  モデルはムガール帝国

セイロン帝国     モデルは17−18世紀の大英帝国、
           文化はヒンドゥースターナの流れを汲んでいるらしい。


書き漏らしがあったら補完よろ。

750 :名無し三等兵:04/01/25 18:05 ID:???
>>747
アメリカを信用できないからと国をあげてアメリカの寝首を書こうとした馬鹿がいましたか?
でその結果どういう事が起こったかを覚えていませんか?


751 :名無し三等兵:04/01/25 18:06 ID:???
セイロン帝国は「分割して支配せよ」の原則のもと大陸にいどみ、
貿易を独占しているこの世界の最強国

この世界の市場規模はこちらの世界の300万程度。


後は?

752 :名無し三等兵:04/01/25 18:07 ID:???
>>749
セイロン帝国は海洋国家だ……。

753 :名無し三等兵:04/01/25 18:08 ID:???
>751
>この世界の市場規模はこちらの世界の300万程度
それは大陸国家3億の場合の試算であるので、海洋国家には適用しにくいと思うがどうか?


754 :名無し三等兵:04/01/25 18:09 ID:???
>>750
相手の国が日本がアメリカ並だと認識してる根拠は?
戦争した事あんなら継続中(相手も生存圏を守る戦争だろうし、引く事は考えられない)だろうし、
なんらかの方法で武力見せつけられたとしても、相手も技術交流などを要求してくるだろう。
数が揃えば、味方の帝国も敵になりうるぞ。

それと、どっちの帝国も日本と同盟結んでまで、片方の帝国と戦争したいとは思ってないだろうし・・・


755 :名無し三等兵:04/01/25 18:11 ID:???
>>753
そうか、300万市場は大陸のみの話だった。
300万市場と独占貿易やってるってことは、
セイロン帝国もこちらの世界での300万市場を持ってるってことでいいかな?

756 :名無し三等兵:04/01/25 18:13 ID:???
>750
異世界に召喚された日本がアメリカ並みの強国ですか?
食料も自給できず、石油も調達の目処が立たず、
持久戦にもちこまれれば滅亡必死の日本が?

757 :名無し三等兵:04/01/25 18:16 ID:???
>>755
いや・・多分海洋国家なんだから他の国とも交易してるでしょう。
少なくとも>>749に出てる国とはそれなりの交易があるでしょうし、
それ以外にも世界中に国々が存在するでしょうから数千万単位の経済力はあるかと。

758 :名無し三等兵:04/01/25 18:17 ID:???
むこうの国の文明レベルは?

大英帝国とか言うなら、鉄砲に大砲は当然持ってるよな。
黒色火薬の発明は宗の時代だっけ?
あるいは、それに相当するレベルで魔法が普及しているのか?

次はこの辺について詰めてもらいたいな。

759 :名無し三等兵:04/01/25 18:18 ID:???
>756

自衛隊が確り機能すれば、ね
燃料弾薬をどうにかしない限り大東亜戦争前半のアメリカになるぞ……

760 :名無し三等兵:04/01/25 18:19 ID:???
>>754
ヨーロッパ諸国や日英同盟参照。非介入だけでもこちらが有利。

>>756
此方にある資源量など向こうがどうやって知りうるのか?
虚勢でもばれなければ立派な恫喝です。


761 :名無し三等兵:04/01/25 18:22 ID:???
>>758
>>セイロン帝国     モデルは17−18世紀の大英帝国、
だそうなのでそれらの物は充分所有しているかと。

762 :名無し三等兵:04/01/25 18:25 ID:???
>760
つまり国家の命運を掛けたギャンブル、というわけですね。
恫喝が成功すれば勝ち、失敗すれば滅亡と。

向こうが面子にこだわって強攻策に出てきたり、
あるいは自衛隊の戦力を見誤る事も考えられるわけだが、
その場合は、結果として向こうが勝つことになるわけですね。

763 :名無し三等兵:04/01/25 18:25 ID:???
>>757
いや、>>749に出てる大陸諸国3億でこちらの300万程度の市場規模しかないんだろ?
これまでの流れを読む限りセイロン帝国はこれ以外の国々と交渉持ってる形跡ないし……。
そもそも、この世界の一番の富裕地域ですらこのレベルってことじゃないの?

764 :名無し三等兵:04/01/25 18:29 ID:???
おまいら、自衛隊圧勝ムードが漂ってたときには「強すぎてツマラン」と言ってた癖に、
おいおい、やばくねーか?って話になったら「条件きびしすぎる」とはなにごとですか?

確かに厳しい条件ではあるが生存不可能って訳ではないと思うぞ。

765 :名無し三等兵:04/01/25 18:30 ID:???
>>762
そういう事でつ

766 :名無し三等兵:04/01/25 18:31 ID:???
>>758
ただでさえキツイのに、魔法なんて使われた日には……。

767 :名無し三等兵:04/01/25 18:34 ID:???
>>760
おいおい、日英同盟は英国が自分に被害が及ばないから結んだだけで、
こっちにも鉾先が来る場合は無視するだろう?
つーか、同盟できたとしても物凄い利権を要求されそうだな。
なんのために戦ったんだか・・・

768 :名無し三等兵:04/01/25 18:38 ID:???
>>767
海洋戦力の殆んど無い大陸国家がどうやって
もう1つの海洋国家と戦争しながらそれとは別の海洋国家と戦うのでつか?


769 :名無し三等兵:04/01/25 18:40 ID:???
考える順序を変えよう。
日本の生存の可否ではなく、生存シナリオを作ってその勝算を検討しよう。
まずは言い出しっぺの私から。


国家目的  大陸の開発統治
手段    セイロン帝国をぶちのめして邪魔がはいらないようにして海から大陸をたこ殴り。


経過  アンダマン海かマラッカ海峡あたりでセイロン艦隊を決戦に引きずり出して、これを撃滅。


後頼む。


770 :名無し三等兵:04/01/25 18:45 ID:???
>>756
横レスで申し訳ないが、国民国家以前の王朝には持久戦も総力戦も無理です、
だからアジア・アフリカは欧州にいいようにされたのです。

あれは装備の優越以前の、ソフトの優越で勝負がついたのです。

771 :名無し三等兵:04/01/25 18:47 ID:???
>>769
日本側が勝つ事が既成事実なの?
ここで負ける事又は甚大な被害を被る事はないの?

772 :名無し三等兵:04/01/25 18:47 ID:???
国家目的、 できる限りの資源をありとあらゆる手段で効率よく入手する。
手段、   余力が付くまでは弱い物虐め(小国)で命を繋ぐ。余力が出来たらアメリカ的世界派遣へ。

経過、   生涯はすべて効率を考えた上で排除。全てに石油を優先する。

773 :名無し三等兵:04/01/25 18:48 ID:???
>>770
セイロン帝国は英国並なのに、大陸帝国は違うの?
だったら、日本が占領する前にセイロン帝国に植民地化されてないか?

774 :名無し三等兵:04/01/25 18:49 ID:???
>>771
だから、まずは勝つことが前提のシナリオを作るんだろ。
そのうえで、そのシナリオが成り立つ可能性を考えるってことでは?

775 :名無し三等兵:04/01/25 18:50 ID:???
>>774
なるほど。わかった。

776 :名無し三等兵:04/01/25 18:51 ID:???
>>773
航海技術とその関連技術だけが17〜8世紀並とか

777 :名無し三等兵:04/01/25 18:52 ID:???
>>769
ぶちのめす前に、>>421を蔓延させることを奨める。


778 :名無し三等兵:04/01/25 18:52 ID:???
>774
いい加減、日本が丸ごと召喚されたら、っていうシナリオを諦めたら?
前提に無理が有るから、その上でなんとかしようとすると、
ご都合主義的な設定を用意せざるをえなくなるんだろ

779 :名無し三等兵:04/01/25 18:53 ID:???
というより、国民が民主主義とか国民主権とか考え始めるには
最低限の工業化とか相当国家全体が裕福でない限りそういった思想に目覚めないのでは?

780 :名無し三等兵:04/01/25 18:55 ID:???
>>779
俺もそう思う。
で、その切っ掛けが自衛隊とか。

781 :名無し三等兵:04/01/25 18:57 ID:???
>>778
まあ>>654というインフレの経緯があるわけで。
限定された規模の部隊が補給なしでどれほどのことが出来るか考える
というのには個人的にも賛成。

(極端な例で「自衛官一人だけ」というのがあったが、
超絶魔力を持つヒロインが登場したりして崩壊したんだよな)

782 :名無し三等兵:04/01/25 18:57 ID:???
まずファンタジーであるからには魔法がどのへんまで都合のいい存在かを決めない事には。

783 :名無し三等兵:04/01/25 18:58 ID:???
>>772
それが1番いいかも。


784 :名無し三等兵:04/01/25 18:59 ID:???
向こうのスレだと、現実の物理法則をねじ曲げる物だそうな。
そうとうの都合のいい物だと思われ。

785 :名無し三等兵:04/01/25 19:04 ID:???
>>784
そうだとするとどうやっても自衛隊が勝てない恐れ。

やはり物語として科学と魔法を共存させるのなら、
魔法を『便利な道具、兵器』扱いにしない事にはどうにもならんかと。

786 :名無し三等兵:04/01/25 19:09 ID:???
銃弾砲弾は軌道を曲げられ
トラップ、地雷は魔法で見つけ
狙撃兵の奇襲も精霊の囁きで回避し
航空機にはSAMまがいの魔法で対抗する。

・・こんなの相手にどうしろと。

787 :名無し三等兵:04/01/25 19:11 ID:???
>>782 以下を適当に組み合わせる。

I.魔法はどのようなものか
a.呪文を唱えれば誰でも使える。知力ベース。
b.身体的(遺伝的)素質による。ESPなど。精神力ベース。
c.精霊など上位種族との契約による。社交性と狡猾さベース。

II.魔法を使える人口は?
a.要求される知識により、多い/少ないが決定する。
b.魔法を使える血を持つものが多い/少ない。
c.契約できる精霊の絶対数が多い/少ない。

III.魔法の仕組み
i.魔法を使えるための物理体系が存在する。魔法⊂物理
ii.物理法則を物理法則たらしめる低レベルの層に干渉できる能力。スピノザの神にお願い。魔法⊃物理

IV.体系化可能か?
1.数学、論理学などを道具として体系化可能。
2.呪詛的なもので、体系化不可能。

788 :名無し三等兵:04/01/25 19:12 ID:???
でも、相手から見れば自衛隊が使う物は理解不能のモノで、
しかも方法さえ理解出来れば精度はともかく扱う事はできる。

なんだかんだで魔法使いの方が追い詰められるだろう。
単体でできる事なんて、たかが知れてんだから。

789 :名無し三等兵:04/01/25 19:14 ID:???
>>787
gj!
いいテンプレ!!

790 :787:04/01/25 19:16 ID:???
ちなみにマ板のファンタジースレでは
a(補助的にb)+ii+1 の組み合わせらしい。

791 :名無し三等兵:04/01/25 19:16 ID:???
>>786
そこまで魔王vs勇者パーティーの超近接少人数選民ガチンコバトル用に
調整されたあざとい世界では、自衛隊など組織的軍事力は役に立ちません。
素直に自衛隊ではなく勇者様を召喚してくださるようお願い申し上げます。

792 :名無し三等兵:04/01/25 19:17 ID:???
でも馬に乗ってテレポート魔法で自由自在に飛び回り、相手の武器を叩き落とし、
回復される前に武器と魔法のコンボで敵を秒殺する肉体派魔法使いが居るゲームもあるぞ。

793 :自分としてはこんな感じかと。:04/01/25 19:18 ID:???
I.魔法はどのようなものか
×a.呪文を唱えれば誰でも使える。知力ベース。
●b.身体的(遺伝的)素質による。ESPなど。精神力ベース。
×c.精霊など上位種族との契約による。社交性と狡猾さベース。

II.魔法を使える人口は?
●a.要求される知識により、多い/少ないが決定する。
×b.魔法を使える血を持つものが多い/少ない。
×c.契約できる精霊の絶対数が多い/少ない。

>>787

III.魔法の仕組み
●i.魔法を使えるための物理体系が存在する。魔法⊂物理
×ii.物理法則を物理法則たらしめる低レベルの層に干渉できる能力。スピノザの神にお願い。魔法⊃物理

IV.体系化可能か?
●1.数学、論理学などを道具として体系化可能。
×2.呪詛的なもので、体系化不可能。


794 :名無し三等兵:04/01/25 19:19 ID:???
>791
久しぶりにこのスレで笑ったwありがとうw


795 :名無し三等兵:04/01/25 19:24 ID:???
ちょっと改変

I.魔法はどのようなものか
a.呪文を唱えれば誰でも使える。知力ベース。
b.身体的(遺伝的)素質による。ESPなど。精神力ベース。
c.精霊など上位種族との契約による。社交性と狡猾さベース。

II.魔法を使える人口は?
a.要求される知識により、多い/少ないが決定する。
b.魔法を使える血を持つものが多い/少ない。
c.契約できる精霊の絶対数が多い/少ない。

III.魔法の仕組み
i.魔法を使えるための物理体系が存在する。魔法⊂物理
ii.物理法則を物理法則たらしめる低レベルの層に干渉できる能力。スピノザの神にお願い。魔法⊃物理
iii.遺失した旧文明の科学技術。

IV.体系化可能か?
1.数学、論理学などを道具として体系化可能。
2.呪詛的なもので、体系化不可能。
3.出来るかもしれないけど、サンプルが少ないor学術的基盤がないので実現してない。

796 :名無し三等兵:04/01/25 19:34 ID:???
個人的には
(a or c)+ii+2
かな。

797 :名無し三等兵:04/01/25 19:34 ID:???
      ,.ィ , - 、._     、
.      ,イ/ l/       ̄ ̄`ヽ!__
     ト/ |' {              `ヽ.            ,ヘ
    N│ ヽ. `                 ヽ         /ヽ /  ∨
   N.ヽ.ヽ、            ,        }    l\/  `′
.  ヽヽ.\         ,.ィイハ       |   _|
   ヾニー __ _ -=_彡ソノ u_\ヽ、   |  \   
.      ゙̄r=<‐モミ、ニr;==ェ;ュ<_ゞ-=7´ヽ   > 魔法は遺失した旧文明の
.       l    ̄リーh ` ー‐‐' l‐''´冫)'./ ∠__ 科学技術だったのだよ! 
       ゙iー- イ'__ ヽ、..___ノ   トr‐'    /    
       l   `___,.、     u ./│    /_ 
.        ヽ.  }z‐r--|     /  ト,        |  ,、
           >、`ー-- '  ./  / |ヽ     l/ ヽ   ,ヘ
      _,./| ヽ`ー--‐ _´.. ‐''´   ./  \、       \/ ヽ/
-‐ '''"  ̄ /  :|   ,ゝ=<      /    | `'''‐- 、.._
     /   !./l;';';';';';';\    ./    │   _
      _,> '´|l. ミ:ゝ、;';';_/,´\  ./|._ , --、 | i´!⌒!l  r:,=i   
.     |     |:.l. /';';';';';|=  ヽ/:.| .|l⌒l lニ._ | ゙ー=':| |. L._」 ))
      l.    |:.:.l./';';';';';';'!    /:.:.| i´|.ー‐' | / |    |. !   l
.     l.   |:.:.:.!';';';';';';';'|  /:.:.:.:!.|"'|.   l'  │-==:|. ! ==l   ,. -‐;
     l   |:.:.:.:l;';';';';';';';| /:.:.:.:.:| i=!ー=;: l   |    l. |   | /   //
       l  |:.:.:.:.:l;';';';';';';'|/:.:.:.:.:.:.!│ l    l、 :|    | } _|,.{::  7 ))
        l  |:.:.:.:.:.:l;';';';';'/:.:.:.:.:.:.:.:| |__,.ヽ、__,. ヽ._」 ー=:::レ'  ::::::|;   7
.      l |:.:.:.:.:.:.l;';';'/:.:.:.:.:.:.:.:.:.|. \:::::\::::: ヽ  ::::::!′ :::|   .:/
.       l |:.:.:.:.:.:.:∨:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.!   /ヽ::: `:::    ::::  ....::..../ 

798 :名無し三等兵:04/01/25 19:48 ID:???
へえ〜

799 :名無し三等兵:04/01/25 19:57 ID:???
な、なんだってー!!(AA略

800 :名無し三等兵:04/01/25 19:58 ID:???
さ、次いってみよー

801 :名無し三等兵:04/01/25 20:02 ID:???
魔法といえばエルフですけど・・・・・・。
ちなみにここでエルフのイラストが紹介されています。
>>566>>574>>575>>582>>640
個人的には召喚されたF世界には>>566>>575のようなエルフがいてほしいですね。

802 :名無し三等兵:04/01/25 20:03 ID:???
旧文明の科学技術だと魔法とは趣が変わってしまうし、
その文明のレベル如何では自衛隊の兵器となんら変わらなくなってしまう。
自分としては>>793の意見に賛成です。

803 :名無し三等兵:04/01/25 20:04 ID:???
>>771
決戦をやれば間違いなく勝てるだろ、問題はいかに決戦に引きずり出すか。
大英帝国並みの連中なら、とんでもない戦略センスを持っていそうだ。

>>777
潰すべきはセイロン帝国、大陸市場を育て上げる為にセイロンとやりあうのです。

804 :名無し三等兵:04/01/25 20:05 ID:???
>>797
コレッテタダノアラシナンジャ……?

805 :名無し三等兵:04/01/25 20:06 ID:???
>>802
「旧世界の魔法」でいいんじゃないの?

806 :名無し三等兵:04/01/25 20:06 ID:???
>>804
アラシハホウチデスヨ

807 :名無し三等兵:04/01/25 20:06 ID:???
>>803
その議論はもうキリが無いからこの辺で終わりにしませう。
どういった手段を取るかは作者諸氏にお任せしませう。

808 :名無し三等兵:04/01/25 20:08 ID:???
それではいってみましょう〜。

809 :名無し三等兵:04/01/25 20:08 ID:???
旧文明の科学技術‥趣はかなり違うが、なぜか宇宙英雄物語が浮かんだ。
最終的には「ゆーしゃさま」が勝利を収めるようさいころの目が有利に修正される創られた世界。

810 :名無し三等兵:04/01/25 20:09 ID:???
>>773
やっぱ、大陸市場の規模がでかいからじゃない?
日本からみると微々たるものだけど、前近代でここまででかい市場は存在しなかった。



811 :名無し三等兵:04/01/25 20:11 ID:???
>>801
イイネ!
自分も>>566>>575のようなエルフに会いたいと激しくキボン。

812 :名無し三等兵:04/01/25 20:14 ID:???
>>810
だからキリが無いから終わりにしましょうって。


813 :名無し三等兵:04/01/25 20:17 ID:???
>>812
それだけ追求のし甲斐がある話題ってことだろ。

814 :名無し三等兵:04/01/25 20:17 ID:???
〔帝都攻略戦〕の続きが読みたい・・・・。
あれが一番自衛隊の快進撃を描いてるのになあ・・。

815 :名無し三等兵:04/01/25 20:19 ID:???
>>801 >>811
エルフの女性というとアルウェンやガラドリエルの奥方が思い浮かぶ俺としては賛同しかねる。
とくに服装w

816 :名無し三等兵:04/01/25 20:25 ID:???
ま、いいじゃないですか人には好みがあるんですからそれぞれ好きなタイプで。
ちなみに私は811さんと同じ意見です。

817 :名無し三等兵:04/01/25 20:27 ID:???
俺も俺も激しく同意(゚∀゚)

818 :元1だおー:04/01/25 20:33 ID:???
エルフ画像ならウチのHPにもあるにはあるよ…

ttp://ww61.tiki.ne.jp/~jpnarmy/ru.htm

819 :名無し三等兵:04/01/25 20:35 ID:???
>>644のツッコミにも理屈をつけられるつわものは居らんか?

820 :名無し三等兵:04/01/25 20:37 ID:???
>>819
エルフの肌は鋼のように強く、血は猛毒とか。

821 :名無し三等兵:04/01/25 20:39 ID:???
>>820
おいら別にエルフが好きじゃないからその設定でもいいが
エルフが好きな人はその設定を認可する事が出来るのか?w

822 :名無し三等兵:04/01/25 20:41 ID:???
きっと見てくれでハァハァできりゃ委員だろ。

823 :名無し三等兵:04/01/25 20:46 ID:???
そうじゃなくてエルフという種族は基本的に自然と共に生きている、
そのため自然の力を感じ取れる力があるから風の精霊の息吹を直に感じたいために、
あういう風に薄着をしている(体温調節などはエルフ特有の魔力である程度可能)
肌をさらしているほうがより強く感じ取ることが可能。
このほうが説得力があるのではないのでしょうか。

824 :名無し三等兵:04/01/25 20:47 ID:???
エルフの放つフェロモンには強力な殺虫作用があるとか。

825 :名無し三等兵:04/01/25 20:49 ID:???
>>821
好きな人ならそれはそれでいいのでは。
ちなみに自分はパス。
むしろ>>823に賛同。

826 :名無し三等兵:04/01/25 20:49 ID:???
ルーンクエスト的解決。
エルフ自体、生物的には植物なので羽虫や小動物にやられない。よって薄着で問題ない。
まあ、マゾーンの親戚だな。

827 :名無し三等兵:04/01/25 20:50 ID:???
別にトンデモ設定しなくても、熱帯林に住む部族と同じようなもんと考えれば筋は通ると思う。

828 :名無し三等兵:04/01/25 20:53 ID:???
>827
の意見を参照すると。
赤道付近・・・ダークエルフ多し
極付近・・・・(ホワイト?)エルフ多し
その間・・・・イエローエルフ多し

て感じ?

829 :名無し三等兵:04/01/25 20:54 ID:???
エルフは強い魔力を持っている。
だからその魔力をちょっとずつ放出するか身に纏う事でその身を守っている。
そのため薄着をすることによって素早さを上げる様にしている。

830 :名無し三等兵:04/01/25 20:54 ID:???
エルフの森でさつまいも農家が出会った。
by下条アトム

831 :名無し三等兵:04/01/25 20:55 ID:???
>>828
その間にはいないことにしときましょう。

832 :名無し三等兵:04/01/25 20:57 ID:???
>>828
F世界の生物も地球と同じように環境へ適応していくと考えると、
顔つきも必然的に地球の各民族に似ていくという‥

だめだ。やはりファンタジーらしく、それぞれの種は生物学的時間スケールで
最近作られたということにするしか。創造主とか神様とかに。

833 :名無し三等兵:04/01/25 21:00 ID:???
>>828
その間には灰色エルフってことで。

834 :名無し三等兵:04/01/25 21:00 ID:???
エルフ
高い魔力によって防御力を向上
そのため素早さを上げるために薄着になる
攻撃力に関しては余剰魔力で攻撃魔法を発動
こんな感じ?

835 :名無し三等兵:04/01/25 21:03 ID:???
>>828
それでいくと、
ダークエルフ:露出度が高い
ホワイトエルフ:厚着

ってことで。

836 :名無し三等兵:04/01/25 21:05 ID:???
>>823
これが現時点で一番無理のない設定ですね。

837 :名無し三等兵:04/01/25 21:07 ID:???
>>836
同意。これなら理由として十分。


838 :名無し三等兵:04/01/25 21:08 ID:???
やっぱり男エルフも露出度高いんだろうな。
(海パンだけとか)

839 :名無し三等兵:04/01/25 21:09 ID:???
寿命ってどうなんだ?
やっぱ長生きなのか?
NHKみてて思った・・・

840 :名無し三等兵:04/01/25 21:11 ID:???
>>839
2000歳とか余裕っしょ。

841 :名無し三等兵:04/01/25 21:12 ID:???
>>838
…………………………('A`)

842 :名無し三等兵:04/01/25 21:13 ID:???
栄養事情とかで変わったりしないのか?
栄養豊富なら数千年。
慢性的な飢餓状態なら数百年とか。

843 :名無し三等兵:04/01/25 21:14 ID:???
エルフは基本的に不死の存在だと思っていたが。

844 :名無し三等兵:04/01/25 21:15 ID:???
>>839
生活環境による、としたほうがいい予感。
深林のなかで自然の調和の一部として生きているとそれこそ樹木並の寿命だけど、
外界との境界線にいて非自然とも交わるとせいぜい数百年、積極的に外界に
参入してると人間並みかそれよりちょっと長い程度、とか。(寿命はF世界換算)

845 :名無し三等兵:04/01/25 21:15 ID:???
でもそれでは生物としての多様性に長けているとはいえないのでは?
普通エルフといえば長寿と一般的に言われているがそれは生殖能力を代償、または森とリンク(契約といった形で)することによって成り立っている。
しかし外界とある程度交流しているエルフにはそれが当てはまるとはいえない。
なぜかというと木がゆっくりと成長するように森の生活は天災などが起こらない限りに大規模な変化は起こらない。
そのためか未開の地に生きているエルフは一生外界に出ることはなく性欲もほとんどなく寿命も長い。
しかし森と比べると外界ははるかに危険に満ちておりいつ死ぬかわからない。
そのため種を残すためにも生物の環境適応能力の一環なのか、高い魔力はそのままで生殖能力が向上し代わりに寿命が短くなり人間とほぼ同じになる。
つまりエルフは森と契約したうえでその狭い領域で生きているからこそ長寿でいられ、生存領域が広がれば生殖能力が高くなり寿命が縮むという。
ゴトウ氏の書いた帝都攻略戦の一文だがこれが一番しっくりと納得がいくのではないか?

846 :名無し三等兵:04/01/25 21:16 ID:???
>>843
指輪物語のエルフとかは、半神だから。
ファンタジー世界のエルフは、もっと世俗的・生物的な種族としてのエルフだと思われ。

847 :名無し三等兵:04/01/25 21:17 ID:???
>>845
同意。

848 :名無し三等兵:04/01/25 21:17 ID:???
>>846
えっ?指輪物語ってファンタジーじゃないの?

849 :名無し三等兵:04/01/25 21:18 ID:???
>>838
さすがに海パン一丁はちょっと…創造したくない…。
半そで半ズボンまでがいい所だと思う。

850 :名無し三等兵:04/01/25 21:20 ID:???
スカンジナヴィアのエルフは牛の尻尾を生やしていたらしい。
http://www.asahi-net.or.jp/~QI3M-OONK/tosyokan/fantasy/w-elf.htm

851 :名無し三等兵:04/01/25 21:23 ID:???
>>838
海パンではなくふんどしというのはどうだろうか?

852 :名無し三等兵:04/01/25 21:24 ID:???
>>838>>849
男エフの海パン一丁、創造してみた・・・・・・。
オエエエエエェェェェェェェェ・・・・・・・・・。

853 :名無し三等兵:04/01/25 21:27 ID:???
>>827の路線でいくと、ペニスサックというのもありだなw

854 :名無し三等兵:04/01/25 21:28 ID:???
女エルフのふんどし・・・
なんかすげえ・・・いろんな意味で・・・
それで山笠祭りにでも参加して欲しいな。

855 :名無し三等兵:04/01/25 21:29 ID:???
個人的に……美少年なら無問題

856 :名無し三等兵:04/01/25 21:30 ID:???
話が怪しい方向に…

857 :名無し三等兵:04/01/25 21:32 ID:???
昨日とは大違いだw

858 :名無し三等兵:04/01/25 21:33 ID:???
>>823
この設定に関して補足。
自然の力を感じ取ると共に空気中に存在するマナを肌から吸収、
そのマナを体内で魔力に還元、
ちょっとずつ放出するかその身に纏う事でその身を守る目に見えない鎧を形成。
(ただしこれにはもちろん限度がある)
そのため露出する肌が多ければ多いほどマナの吸収効率が良くなる。

859 :名無し三等兵:04/01/25 21:34 ID:???
>>858
それでふんどし・・・

860 :名無し三等兵:04/01/25 21:34 ID:???
エルフはボディペインティングして躍りながら精霊に祈りを捧げるんですよ?

861 :名無し三等兵:04/01/25 21:35 ID:???
エルフは露出狂でFA?

862 :名無し三等兵:04/01/25 21:35 ID:???
>>858
男も女も全裸ってことにしとけば全て解決だな。
かえっていやらしさも無くなるし。

863 :名無し三等兵:04/01/25 21:37 ID:???
金属鎧を装備するとマナの回復速度が落ちるし、瞑想も使えなくなるから却下。
エルフの高DEX・AGIを生かすために装備は薄め、全裸がベスト!

というウィザードリィ式の考え方はどうか

864 :名無し三等兵:04/01/25 21:37 ID:???
エ、エルフは裸族!!斬新だ!!!

865 :名無し三等兵:04/01/25 21:40 ID:???
目の保養のためにエルフの村を訪れた自衛官。
しかし、男エルフが目に入ってしまい、萎えまくり。

自衛官「ま、負けた_| ̄|○」

866 :名無し三等兵:04/01/25 21:42 ID:???
>>865
しかも裸族か…
現実とは常に非常なのですね…_| ̄|○

867 :866:04/01/25 21:43 ID:???
変換間違いキタ━(゚∀゚)━…('A`)
非常→非情でお願いします

868 :物語は唐突に:04/01/25 21:45 ID:???
「よくやった、全員いるな?」

 全力疾走の後だというのにまったく呼吸が乱れていない准尉は、荒い息をする一尉たちの無事を確認しつつ一応質問した。

「一階より突入する。突入準備」

 全員が小銃を構え、一人が扉の前に立ってドアを蹴飛ばそうとする。

「ちょっと待て、ドアに対して正対するな」

「はあ」

「ドアごとぶち抜かれたいのか貴様は!?」

「はっ!も、申し訳ありません」

 顔を青ざめさせてドアから離れる一士。
 他のメンバーも扉から離れていく。

「よし、俺が手榴弾を使う、炸裂と同時にドアを撃ちまくって突入しろ」

「はっ」

 准尉は手榴弾を取り出すと、安全ピンに手をかける。

「行くぞ!」


869 :物語は唐突に:04/01/25 21:47 ID:???
 ピンを抜き、落ち着いて数える・・・2・・・1・・・

「喰らえ!」

 既に銃撃でガラスのなくなっている窓からそれを放り込む。

BAKOM!!

「突入!!撃て撃て撃て撃て!!!」

PAPAPAN!PAPAPAN!PAPAPAN!

 数名が一斉に扉に銃弾を打ち込む。
 無数の弾丸を叩き込まれ、扉はそこらかしこに穴を開けて内側に倒れそうになっている。

「うるぁぁぁぁぁ!!!」

 まさしく雄たけびと言うに相応しい怒号を上げ、隊員たちが突入していく。
 室内は手榴弾の炸裂によりメチャメチャになっていた。
 そこらかしこに破片が食い込み、重傷を負った兵士や魔法使いが転がっている。

「死ね死ね死ねぃ!!!」

 それらに容赦なく銃剣を突き刺し、踏みつけ、撃った。
 気がつけば、玄関には血染めの自衛官が五人、荒い息をして立っているだけであった。

「次だ!次の部屋に行くぞ!」

「「「「はっ!」」」」

870 :名無し三等兵:04/01/25 21:48 ID:???
そういえば月曜日(1.19)に日本テレビで放送されてる世界丸見えテレビ特捜部を見た時に少林寺の事がやっていた。
修行によって体内の気を自由に操れるようになった僧達は頭で瓦を叩き割ったり拳で壁に穴を開けたりしていた。
これは気を体の一点に集中させることで可能な技なのだが、最後に自分の体や首を槍で刺してみても大丈夫だった。
エルフの場合は気でなくマナから得た魔力を、体の一点でなく全体に纏っている(防御力は落ちる)という違いだろう。

871 :物語は唐突に:04/01/25 21:48 ID:???
第一次投下完了。
次回投下は本日中を予定しております。ではでは

872 :名無し三等兵:04/01/25 21:50 ID:???
>>814
「帝都攻略戦」でもなければSSですらないのですが、


F世界に飛ばされた日本。当初の混乱を切り抜け事態を把握した政府は愕然とした。
世界経済から切り離され、枯死は時間の問題。
官民合同の話し合いの場が持たれ、「日本生存の為には帝国主義も已む無し」と云う
国民的合意を形成するに至った。

「我等こそが世界の支配者である」彼等はそう自認していた。ちっぽけな大地にしがみつき
自分たちこそが唯一の文明人と信じて疑わない夜郎自大の大夏人、いつまでたっても
遅れたままのヒンドゥースターナ、ちっぽけなシーサン・パンナ諸国。
どれも取るに足りない。
「海を支配する我等こそが世界の支配者なのだ」
彼等はそう自認していた。
彼等の名はセイロン帝国。




873 :名無し三等兵:04/01/25 21:51 ID:???
1年、それが結論だった。産業構造を再編し、国民生活を制限し、
日本が自由に動ける時間の、それが上限だった。

「奴らはいったい何者なのだ?」
我が帝国の対大夏拠点のフォルモサ沖に現れた「奴ら」は恐るべき力の持ち主だった。
最初に接触した艦隊は成す術も無く海の藻屑と化した。
飛行機械、潜水艦、風に依存しない内燃動力船、概念上の存在でしか無かった
筈の空想機械で武装せる異形の艦隊。
だが「奴等」の真の恐ろしさは装備の優越ではなくそのソフト、我等にとって
未知の概念を装備したソフトの優越にあった、しかし。
「奴等は焦っている」
理由は解らない。しかしそれだけは解っている、そしてそれが解っていれば
充分だった。それさえ解っていればあの「ニホン」とか自称する連中に
一泡吹かせてやれる……。

「あの『ニホン』とか云う連中を引き摺り回してやれッ!!」


874 :名無し三等兵:04/01/25 21:52 ID:???
「……こ…、ここまでやるか!?」
「……してやられたか」
フォルモサ降伏
ルソン陥落    生存者0
ミンダナオ陥落  生存者0
パラワン陥落   生存者0
スラウェシ降伏  セイロンに宣戦布告
カリマンタン降伏 セイロンに宣戦布告
シンガサリ降伏  セイロンに宣戦布告
アチェ降伏    セイロンに宣戦布告

ニホンの遣り口は邪悪や悪辣を通り越して過酷そのものだった。
奴等はまず最初に降伏の勧告と本国からの独立と宣戦布告を要求する、
これを受け入れれば自治を認め一切の手出しをしない。
では拒否すれば? ……虐殺だ。
降伏も、助命嘆願すらも受け付けずに女子供に至るまで。

かくして帝国は植民地の政治的信頼を勝ち取る為、
勝ち目の無い決戦に引きずり出される羽目となった。
決戦場は……、アンダマン海!!


「ぎりぎり間に合ったか」
虐殺も殺戮も好きでやった訳じゃない、仕方ないだろ?
それ以外に生きる道が無いんだから。
アンダマン海決戦、
「これが最後の戦いだ」


あれ? 日本が悪者だ。


875 :名無し三等兵:04/01/25 21:53 ID:???
>>871


876 :名無し三等兵:04/01/25 21:59 ID:???
そんな事してると鬼神のごとき補正効果を持った10代の青少年数人に壊滅させられちゃいますよ!

877 :生駒 ◆S3iyOiMLIA :04/01/25 22:01 ID:???
エルフは猿だったのだ!!
ttp://www.trpg.net/webzine/200301/1000000018.html

878 :名無し三等兵:04/01/25 22:05 ID:???
>>876
ガイドライン以下略。
>>1を以下略。

879 :名無し三等兵:04/01/25 22:07 ID:???
・・・?

880 :名無し三等兵:04/01/25 22:09 ID:???
褌、褌と興奮したり悶えたりしている連中がいるが、
褌はある程度の長さの布で有れば縫製の必要が無いから結構機能的なんだが

そもそも今あるような下着はゴムの量産ができるようになってようやく普及したような物
中世文明がベースならもっともポピュラーな下着ですよ(次点はノーパン)

つまりF世界ではエルフだろうとメイドさんだろうと女性は下帯か何も(ry

881 :名無し三等兵:04/01/25 22:10 ID:???
>>876
有能な指揮官なら出してもいいかもしれませんけど。

882 :名無し三等兵:04/01/25 22:13 ID:???
>>845
寿命に関してはこれが一番適切な設定なのではないでしょうか?
>>823>>829>>870
服装の露出度が高いのもこれで納得、ただ少林寺には敵わないでしょうね。
またエルフの服装ですが女性は>>566のヘソだしや>>575のようなビキニアーマーが基本、
なお素材はヘソだしのは絹、ビキニ鎧は銀及び魔法でないと加工できないミスリルでどうですか?
男性のほうは半そで短パン、ムネにミスリルの胸当てがいいのでは…裸は見たくないですしね。
なおミスリルは>>863のような問題がなく魔法が使え、金属音がしないという特性があります。

883 :名無し三等兵:04/01/25 22:13 ID:???
>>880

ソウイエバソレモツッコミドコロダッタ・・・・・。
さて、>>880を否定するためには、どんな設定が必要なのか。そこが問題だ。


下帯か何も(ry ←でもまあ、これでもいいかも。



884 :名無し三等兵:04/01/25 22:15 ID:???
>>880
よっしゃー!!ふんどし説確定!!

885 :名無し三等兵:04/01/25 22:15 ID:8NaNuHqU
>879
無敵の勇者様を出すなって言いたいんだろ
ゲームとかで登場する勇者とか主人公連中はやたら強くて10代のキャラが多いから

個人的には戦い方によって自衛隊の一小隊〜一中隊に勝つこともできる(もちろん負けることもある)個人が居ても良いと思うけどねー

886 :名無し三等兵:04/01/25 22:16 ID:???
ノーパンでいいじゃないか

887 :名無し三等兵:04/01/25 22:16 ID:???
>>881
いくら指揮官が有能でも軍の能力が低くちゃ、どうしようもないだろ。

888 :名無し三等兵:04/01/25 22:16 ID:???
>>886
いや、ふんどしの方がえr(略

889 :名無し三等兵:04/01/25 22:17 ID:???
>>885
>>885
>>885
>>885
>>885
>>885
>>885
>>885

890 :名無し三等兵:04/01/25 22:18 ID:???
リオミアたんはふんどしでつか?

891 :名無し三等兵:04/01/25 22:19 ID:???
赤ふん

892 :名無し三等兵:04/01/25 22:19 ID:???
ノーパンに1票。

893 :名無し三等兵:04/01/25 22:20 ID:???
スクール水着に一票。

894 :名無し三等兵:04/01/25 22:20 ID:???
ノーパンだろ。
で、用を足すときはスカートをたくし上げて立ちショ(ry

895 :885:04/01/25 22:22 ID:???
ageてしまってごめんなさい

魔力の集中とか風を皮膚で知覚するとか肌の露出が必要なエルフの場合
丸出しはまずいだろうから下帯が主になるでしょうね

896 :名無し三等兵:04/01/25 22:22 ID:???
前任者の趣味から考えて貞ピーーー。


897 :名無し三等兵:04/01/25 22:24 ID:???
まわし

898 :名無し三等兵:04/01/25 22:25 ID:???
>>882
これが一番ベストかも。
それと確かに男の裸は見たくない。
よりによって男の裸でガイドラインに抵触するのも嫌だし。
それとミスリルと魔法との関係についての資料を見つけたで良かったら参考にしてほしい。
http://www.sw-pbm.net/oran/weapons/w_5.htm
http://members.at.infoseek.co.jp/mahoubu/hp/report/tai/my/my.htm
http://members.at.infoseek.co.jp/mahoubu/hp/report/ka/my/my.htm
http://members.at.infoseek.co.jp/mahoubu/hp/report/toko/my/rouge.htm

899 :名無し三等兵:04/01/25 22:27 ID:???
>>898
男女差別はよく無いだろと言ってみるテストw
いや、別にフェミファシストじゃないけどね

900 :名無し三等兵:04/01/25 22:30 ID:???
エルフに関しては>>882で行きましょう。
それと下着に関しては火魅子伝のように女性の下着だけ発達しているか、紐パンがよろしいのでは?

901 :名無し三等兵:04/01/25 22:31 ID:???
>899
このスレで気にする事はないだろ(w
といいつつ、900ゲト。

902 :名無し三等兵:04/01/25 22:33 ID:???
紐パン・・ふんどしよりもイイ!!(´∀`)

903 :名無し三等兵:04/01/25 22:34 ID:???
イヤ〜ンなほど露出度の高い♀エルフにほいほいついていったら、
イヤ〜ンなほど露出度の高い♂エルフに迎えられた、というのも現実味があると思うがなw

904 :名無し三等兵:04/01/25 22:36 ID:???
ふんどしより紐パンのほうが萌え(・∀・)

905 :名無し三等兵:04/01/25 22:36 ID:???
>501
。・゚・('A`)・゚・。


906 :名無し三等兵:04/01/25 22:38 ID:???
ドクオはまだかいな‥

907 :名無し三等兵:04/01/25 22:38 ID:???
いや、ふんどし、侮りがたいぞ?
どんな衣服よりも一番自身に近い下着。
そして、ふんどしのあのタレてる所には呪文も書けよう。
素肌に密着しているため、その効果は莫大だといえる。

ファッソン雑誌・エルフィズム
「今話題のおしゃれフンドシ!あなたならどれ?!」
魔力増大!限定生産・竜の血で染めたフンドシ
お馴染みのフンドシが、最新技術によって生まれ変わった!ミスリル糸で呪文を縫ったフンドシ
大事なアソコも見事ガード!異国の技術盛りだくさん、鋼鉄フンドシ

908 :名無し三等兵:04/01/25 22:39 ID:???
普通は男性用の下着のほうが発達すると読んだ事があるが。
ぶらぶらするものをある程度抑えておかないと行動しにくいから。

909 :名無し三等兵:04/01/25 22:41 ID:???
ペース速すぎです。
もう900超えてますよ。


910 :名無し三等兵:04/01/25 22:43 ID:???
獣人とかは素っ裸だね

911 :名無し三等兵:04/01/25 22:43 ID:???
>>907
自己レス
>鋼鉄フンドシ
ただの貞ry

912 :名無し三等兵:04/01/25 22:46 ID:???
女性の生理時の下着はむしろ褌のほうが機能的だと思うがなー。

913 :名無し三等兵:04/01/25 22:50 ID:???
>>897
雲龍型?

914 :名無し分隊指揮官:04/01/25 22:56 ID:???
 それは戦争に敗れつつあった魔道都市による最後の掛けだった。
 悠久の歴史を持ち、限りない栄光に包まれた魔道都市であったが、戦争相手がが召喚した魔王とその
軍団によって存亡の危機に陥っていたのだった。
 異世界からの召喚術は、世界の律が壊れるおそれがあると、遥か過去より研究すらも禁じられた
禁断の魔術ではあったが、律を護って国が滅びては意味が無い。
 と、云う事で現実主義な魔道都市は、歴史にものを言わせてありとあらゆるブーストを掛けた異世界
からの大召喚を実施。
 そして、轟音と共に魔道都市の沖合いに呼び出されたのは1つの列島国家。
 名は日本。
 後に、大日本皇国を名乗る異世界国家だった。
(注:普通に今の日本も、君主が絶対に国政他にタッチしないだけの立憲君主型の帝政国家です(笑)


 日本は魔道都市の願いを果たし、瞬く間に魔王とその軍団を討ち滅びしていた。
 そこまでは、少なからぬ齟齬や摩擦があるものの平和だった。
 だが、歯車が狂ったのは大召喚を実施した大魔道師の言葉だった。

「どーやって召喚出来たか判らんので、帰れませんm(_ _)m」
「ハァ?(゚Д゚)」
「いやワシ、魔王に対抗する勇者を召喚する予定だったのですが、何か失敗した様で、魔術が暴走した
挙句にあなた方がキタ━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━!? 訳で」
「うあ゛ぁあ ・゚・(´Д⊂ヽ・゚・ あ゛ぁあぁ゛ああぁぁうあ゛ぁあ゛ぁぁ」

 だが、何時までも日本は泣いてはいませんでした。
 手始めに魔道都市に責任取ってもらい、後は国家が生残る為の闘争を始めたのでした。

915 :名無し三等兵:04/01/25 23:00 ID:???
猫耳犬耳等の獣人種族も半裸である可能性が高いな
毛皮持ちだったら服を着る必要がなくなってくるし
尻尾持ちや有翼種族だと下着や衣服の形状が問題になるかな?
羽付き用の服は背中全開かも

916 :名無し三等兵:04/01/25 23:01 ID:???
尻尾持ち種族は下半身になにもつけないとか?

917 :名無し分隊指揮官:04/01/25 23:01 ID:???
 来た理由と云う感じで(笑

 え?
 魔道都市に取ってもらった責任ですか。
 簡単ですよ。
 彼等の持つ魔道や世界の知識を全部巻き上げて、後、外交の窓口として利用する
だけですよ。
 ええ。
 食料とかを強奪したり、市民を奴隷としたりとかはしませんよ?
 何と言っても日本は民度の高い民主主義国家ですので。
 只、自主権とか、そこら辺を一切与えないだけで。
 何とも穏健じゃありませんか(微笑

918 :名無し分隊指揮官:04/01/25 23:03 ID:???
 薄着よりは厚着した女性、萌え〜と叫ぶのは少数派ですかね?(笑
 いや、だって日頃から露出狂気味な奴を剥くより、厚着して恥じらい深い奴を
騙し賺してひん剥く方が萌えると思うんですけども(駄目人間

919 :名無し三等兵:04/01/25 23:03 ID:???
・・・・もしかしたら今回のスレでヲタSEALは一本も投下されないのでは

920 :名無し三等兵:04/01/25 23:05 ID:???
まだ80レスあるし。
それよりも暫定ガイドラインを改定するならイマノウチなわけだが

921 :名無し三等兵:04/01/25 23:08 ID:???
>>917
早い話が、今の日本と米国の関係ってことか……
穏健だなぁ。下手すれば寝首かかれそうだが。


関係ないが「ニホン」と言う単語を見ると学園ト○イア○グルを思いだうわなんだおまえやめr

922 :名無し三等兵:04/01/25 23:11 ID:???
http://arikawa2.hp.infoseek.co.jp/fkdsos5/qk038801.jpg
これがエルフの女性にとって一番理想的な戦闘スタイルなんだろうなあ。
>>898からの資料を読むとミスリルや銀は魔法的な金属でミスリルは魔法でしか加工できない。
とするとこの絵の彼女の装備をビキニの格好はそのままで全部ミスリル製にするのが、
F世界のエルフ(女)にとって最高の装備なんだろうな。(肌が露出しているほうがマナを吸収しやすい)

923 :名無し三等兵:04/01/25 23:14 ID:???
ビキニアーマーを装備したエルフ。
ハゲシクイイ!!!

924 :名無し三等兵:04/01/25 23:14 ID:???
694 :名無し三等兵 :04/01/25 15:54 ID:???
(訂正)暫定ガイドライン

1.「自衛隊がファンタジー世界に」とあるように、あくまで「現代日本」が主に関わる話であること。
2.現代日本というからには、自衛隊の組織・装備はあくまで現用もしくは近未来的に配備が予想されるものに限る。
3.空母・核兵器などの日本が配備するにはナンセンスなものは極力避ける。
4.あくまで「ファンタジー世界」の話であり、「超兵器まんせー」な話にならぬよう気をつける。ファンタジーに詳しくない場合、スレの住人に相談する。
5.ファンタジー側の人間もきちんと描写する方が好ましい。自衛官主観という演出などであえて描写しないのはこの限りで無い。
6、戦術、戦略としてありえないものを避ける。たとえば人間の徒歩部隊が一日に100kmすすむとか
7、敵にしろ味方にしろ主力に無敵を作らないほうがいい。
8.安易に萌えを狙うのは自粛すること。
9.嵐は徹底放置。嵐認定を受けた後に、かまった者も同罪とする。
10.SS作者は、抽出がしやすいようにトリップ装着を推奨。
11.感想書き込む人も節度や口調を考えるべし。作品が気に食わないなら透明あぼーん汁!
12. 召喚された世界やその世界のファンタジー的な要素に関する設定はSS作者さんの自由です。ご都合主義に万歳
13. 物語が成立しなくなるような突込みは禁止(禁止例:ファンタジー世界に酸素がなかったら召喚された瞬間あぼーんだろ?)
14. 議論は節度をわきまえて。ループを繰り返すようなら議論停止。

を提案します。
・・・・・・・・・・・・
について皆さんの意見を聞きませう。

925 :名無し分隊指揮官:04/01/25 23:14 ID:???
>>921
 穏健でしょ?(笑
 世の中、ラブ&ピースです。
 治安もバッチリ護ります。
 人権に配慮して行動する様に警察組織を立ち上げて、当然、その顧問にはその手の
ノウハウ豊富な警察OBを大量に配備しますからバッチリです(微笑
 後、政治活動でも、人権弾圧等が発生しない様に議会には顧問を配置します。
 それから、経済活動も当然、経団連辺りから人員を派遣。
 後、支配階層の子息に関しては、近代的な政治を学んで戴く為に日本に留学して
戴きましょう(微笑

926 :名無し三等兵:04/01/25 23:14 ID:???
>>922
するとやはりエルフの男性は(ry

927 :名無し三等兵:04/01/25 23:15 ID:???
なんとかして10以内に抑えたいもんだ。10と11じゃ気分が大違い。

萌え萌えエルフメイドさんとの10のお約束!
1.「自衛隊がファンタジー世界に」だから、あくまで「現代日本」が主に関わる話であること!わかった?
2.現代日本なんだから、自衛隊の組織・装備はあくまで現用もしくは近未来的に配備が予想されるものが基本だよ。
3.空母・核兵器などの日本が配備が装備しちゃ「あちゃちゃー」なのは、やめてね?
4.基本は「ファンタジー世界」の話だから、「超兵器マンセー<・∀・>」な話はダメ!F世界で解らないコトがあったら、みんなに相談だ!
5.F世界の人たちのコトも、ちゃんと教えてね!自衛隊のおじさんが主人公だぁー!って場合は許しちゃうけどネ!
6、戦術、戦略は、みんなが出来ないようなことは×!一日に100kmも徒歩で進めないもん・・・
7、「ECCCCCCCCCCCM」みたいな「ボクが最強だ!」のはやめてね!
8.萌えというものは、狙うものではない。魂(こころ)で感じるものなのだ。
9.アラシちゃんはそっとしてあげようね!かまっちゃだめだよ?
10.作者さんは、抽出がしやすいようにトリップつけるようにしよう!感想をいいたいヒトも、マナーを守ろう!気に入らないなら、あぼーんだ!

928 :名無し三等兵:04/01/25 23:16 ID:???
>917
その魔導都市ってのは、「呪われた半島」にあるんじゃないのか?
とっとと撤退したほうが身の為だと思うんだが…。


929 :名無し三等兵:04/01/25 23:16 ID:???
乳が揺れると動きにくくなるからある程度固定しないとマズイと思いますが
女性にとっても股間や胸、ヘソは急所だから掴まれると危険だし

930 :名無し三等兵:04/01/25 23:18 ID:???
>>925
>各組織にはニホンから専門家を顧問として配置
各国の軍隊には政治将校がもれなくついてくる……
素晴しいね。イロンナイミデ(微笑

931 :名無し三等兵:04/01/25 23:18 ID:???
3.空母・核兵器などの日本が配備が装備しちゃ「あちゃちゃー」なのは、やめてね?
これには既に海自が空母型護衛艦を導入しようとしているのだが、その点については?

932 :名無し三等兵:04/01/25 23:19 ID:???
>925
フルブライト留学生つーか、ローマ時代の「留学生」つーか・・・(w

933 :名無し三等兵:04/01/25 23:19 ID:???
>>929
しかし過度の股間・胸・ヘソその他を防護するために装備を着ると、
動きづらくてかなわん罠。

「魔法撃ったら即退却!」ならば動きやすいほうがいいかも。


934 :名無し三等兵:04/01/25 23:19 ID:???
21か条の何とかと言う条文を思い出す・・・(微笑

935 :名無し三等兵:04/01/25 23:20 ID:???
>>931
あれに固定翼機の運用能力は無いと小一時間(ry

936 :名無し三等兵:04/01/25 23:20 ID:???
ビキニ鎧復活、この時を待っていた。

(つДT)

937 :名無し三等兵:04/01/25 23:20 ID:???
>>933
裸で襲撃後、何かを激しく揺らしながら走り抜けていく男エルフ

938 :名無し三等兵:04/01/25 23:20 ID:???
改定案

1.「自衛隊がファンタジー世界に」とあるように、あくまで「現代日本」が主に関わる話であること。
2.現代日本というからには、自衛隊の組織・装備はあくまで現用もしくは近未来的に配備が予想されるものに限る。
3.核兵器などの日本が配備するにはナンセンスなものは極力避ける。
4.あくまで「ファンタジー世界」の話であり、F世界側の設定は作者が勝手に決めることが出来る。
  ただし、「超兵器・超魔法まんせー」な話にならぬよう気をつける。また、無敵キャラは作らないことが望ましい。
5.ファンタジー側の人間もきちんと描写する方が好ましい。自衛官主観という演出などであえて描写しないのはこの限りで無い。
6、戦術、戦略としてありえないものを避ける。たとえば人間の徒歩部隊が一日に100kmすすむとか
7.安易に萌えを狙うのは自粛すること。
8.嵐は徹底放置。嵐認定を受けた後に、かまった者も同罪とする。
9.SS作者は、抽出がしやすいようにトリップ装着を推奨。
10.感想書き込む人も節度や口調を考えるべし。作品が気に食わないなら透明あぼーん汁!

939 :名無し三等兵:04/01/25 23:21 ID:???
>>931
あれって空母というよりは艤装商船じゃなかったか?

940 :名無し三等兵:04/01/25 23:22 ID:???
>931
アレはヘリ空母であって、F-35Bもシーハリアーも今のところ搭載
する予定はありません。


941 :名無し分隊指揮官:04/01/25 23:23 ID:???
>>928
 大丈夫です。
 魔道都市は本当に5000年位の歴史があって、エラも張っていませんから(マテ

>>930
 大事な事は、相手にそれと判らずに真綿で首を絞める事です。
 だから、士気不足に対する支援行動は無しです、残念ですが。

 彼等をそれと気付かせずに、日本のシンパに仕立て上げるのです(微笑
 力による制圧は効率が悪いです。
 民衆は衣食住の足りた安定した日常さえ得られれば文句は言わないものです。
 後は、その改革を日本が後押ししたと言い張って、善玉に収まればGoodです(微笑

942 :愛知国首相 ◆aDC37xH6dI :04/01/25 23:24 ID:???
なによこのスレの消費の速さは!!

943 :名無し三等兵:04/01/25 23:25 ID:???
佐世保に寄港していた米海軍の空母とか。
たまたま寄港していたチャクリ・ナルエベとかはありでつか?


944 :Call50:04/01/25 23:27 ID:???
試作型SSができました。問題は自衛隊が主人公じゃないんだよね〜
書き終わって気がついてしまった。

945 :名無し三等兵:04/01/25 23:27 ID:???
>>943
米軍との関係の問題とかいろいろをクリアできるのならありだと重い松。


946 :やってしまえTrue/False ◆ItgMVQehA6 :04/01/25 23:28 ID:???
>944
うpきぼんぬ。

心の奥底から絞り出すように、うpきぼんぬ。

947 :名無し三等兵:04/01/25 23:29 ID:???
>>960
が次スレ。テンプレは

1.「自衛隊がファンタジー世界に」とあるように、あくまで「現代日本」が主に関わる話であること。
2.現代日本というからには、自衛隊の組織・装備はあくまで現用もしくは近未来的に配備が予想されるものに限る。
3.核兵器などの日本が配備するにはナンセンスなものは極力避ける。
4.あくまで「ファンタジー世界」の話であり、F世界側の設定は作者が勝手に決めることが出来る。
  ただし、「超兵器・超魔法まんせー」な話にならぬよう気をつける。また、無敵キャラは作らないことが望ましい。
5.ファンタジー側の人間もきちんと描写する方が好ましい。自衛官主観という演出などであえて描写しないのはこの限りで無い。
6、戦術、戦略としてありえないものを避ける。たとえば人間の徒歩部隊が一日に100kmすすむとか
7.安易に萌えを狙うのは自粛すること。
8.嵐は徹底放置。嵐認定を受けた後に、かまった者も同罪とする。
9.SS作者は、抽出がしやすいようにトリップ装着を推奨。
10.感想書き込む人も節度や口調を考えるべし。作品が気に食わないなら透明あぼーん汁!

でよろ

948 :名無し三等兵:04/01/25 23:30 ID:???
>>944
大丈夫。漏れも自衛官以外が主人公のを構想してるから。(どこが大丈夫なんだ

949 :Call50:04/01/25 23:33 ID:???
そろそろいっぱいなので次スレで公開すべきと考えています。
内容ですけど「旅立ち」な段階までしか書いていませんのでそ
れでよろしければ。

950 :名無し分隊指揮官:04/01/25 23:33 ID:???
>>944
 ガンバ♪

951 :名無し三等兵:04/01/25 23:33 ID:???
今までこのスレで討議された議題

食料輸入を経たれた日本は自活できるか
メイドさんの制服は黒と青のどちらが望ましいか
麻薬による世界支配は許されるか
江戸時代とファンタジー世界の類似性について
中世城郭入門
エルフの着衣はどこまで許されるか
大陸国家VS海洋国家戦略、その長短について
マッチとメラ、着火手段としてどちらが優れているか

952 :メイドさんの戦塵:04/01/25 23:35 ID:???
 山は賑わっていた。
 山林は再び十分な管理が為されていた。
 輸入材の途絶により、大量の需要ができた
ためである。
 しかし、切り出された木々が木材となるため
には、1年間の時間がかかる。山にどれだけ木
があっても、当面の木材不足は解決不能だった。


953 :名無し三等兵:04/01/25 23:36 ID:???
次スレ立てるか?

954 :名無し三等兵:04/01/25 23:36 ID:???
>>950
それに「F世界の市場規模」も付け加えてくれ。

955 :テンプレ>>1:04/01/25 23:36 ID:???
もう何も考えなかった。城砦から飛び出し、走り、叫び、撃った。
自分が何処に居て、誰なのかも考えなかった。
僕は城壁を越え、堀を越え、まだ火薬の臭いのする砲弾の跡に沿って走っていた。
仲間の一士たちが倒れている。悪夢の霧に包まれているようだ。
僕の任務は、あと何分かで終わる。

向こうに赤いものが見える。燃える炎だ。
足元にも赤いものが見える。人間の血だ。

                        ――作戦に参加した>>1等陸士の手記より

ハイテク兵器VS剣と魔法

銃を手に、ファンタジー世界で生き残れ!

・sage進行

前スレ:
http://hobby3.2ch.net/test/read.cgi/army/1074781379/

956 :954:04/01/25 23:37 ID:???
違った、正しくは

>>951

957 :名無し三等兵:04/01/25 23:37 ID:???
>>951
>メイドさんの制服は黒と青のどちらが望ましいか

メイド服は藍色に汁

958 :メイドさんの戦塵:04/01/25 23:37 ID:???
 499型の内航型貨物船がゆっくりと三陸沖を
南下していた。総トン数500t弱の小型船でも
約1600tの貨物、転移以後は主に食糧、を運ぶ
ことが出来る。
 環境の為のモーダルシフト、トラックから貨物
船への移行、もあって、国内流通は船舶主体
へと急速に移行しつつあった。


959 :テンプレ>>2:04/01/25 23:38 ID:???
暫定ガイドライン

1.「自衛隊がファンタジー世界に」とあるように、あくまで「現代日本」が主に関わる話であること。
2.現代日本というからには、自衛隊の組織・装備はあくまで現用もしくは近未来的に配備が予想されるものに限る。
3.核兵器などの日本が配備するにはナンセンスなものは極力避ける。
4.あくまで「ファンタジー世界」の話であり、F世界側の設定は作者が勝手に決めることが出来る。
  ただし、「超兵器・超魔法まんせー」な話にならぬよう気をつける。また、無敵キャラは作らないことが望ましい。
5.ファンタジー側の人間もきちんと描写する方が好ましい。自衛官主観という演出などであえて描写しないのはこの限りで無い。
6、戦術、戦略としてありえないものを避ける。たとえば人間の徒歩部隊が一日に100kmすすむとか
7.安易に萌えを狙うのは自粛すること。
8.嵐は徹底放置。嵐認定を受けた後に、かまった者も同罪とする。
9.SS作者は、抽出がしやすいようにトリップ装着を推奨。
10.感想書き込む人も節度や口調を考えるべし。作品が気に食わないなら透明あぼーん汁!

960 :元1だおー:04/01/25 23:39 ID:???
>>951
どっかの大学の卒論みたいな議題やなぁ(w

961 :テンプレ>>3:04/01/25 23:39 ID:???
過去スレ
1 http://hobby.2ch.net/army/kako/1037/10371/1037116790.html
2 http://hobby.2ch.net/army/kako/1038/10388/1038809488.html
3 http://hobby.2ch.net/test/read.cgi/army/1041774797/
4 http://hobby.2ch.net/test/read.cgi/army/1045319445/
5 http://hobby.2ch.net/test/read.cgi/army/1052104929/
6 http://hobby3.2ch.net/test/read.cgi/army/1053596453/
7 http://hobby3.2ch.net/test/read.cgi/army/1061460453/
8 http://hobby3.2ch.net/test/read.cgi/army/1071232198/
9 http://hobby3.2ch.net/test/read.cgi/army/1073833118/
10 http://hobby3.2ch.net/test/read.cgi/army/1074781379/


保存庫
ttp://shizuoka.cool.ne.jp/fantasure/
ttp://fwsdf.hp.infoseek.co.jp/

962 :名無し三等兵:04/01/25 23:39 ID:???
メイドさんの服は黒がいいなあ…。


963 :名無し三等兵:04/01/25 23:40 ID:???
>954 了解

■今までこのスレで討議された議題

・ファンタジー世界の市場規模についての考察
・食料輸入を経たれた日本は自活できるか
・メイドさんの制服は黒と青のどちらが望ましいか
・麻薬による世界支配は許されるか
・江戸時代とファンタジー世界の類似性について
・中世城郭入門
・エルフの着衣はどこまで許されるか
・大陸国家VS海洋国家戦略、その長短について
・マッチとメラ、着火手段としてどちらが優れているか

964 :名無し三等兵:04/01/25 23:42 ID:???
>エルフの着衣はどこまで許されるか

まるで「裸が基本」みたいな書き方だなw

965 :sageごん:04/01/25 23:42 ID:???
しばらく来なかったらスゴイ事になってる…。


966 :名無し三等兵:04/01/25 23:42 ID:???
>922
貴様ははぢらいの欠片も無い丸出しエルフ娘に萌えるのかと小一時間(ry

967 :名無し三等兵:04/01/25 23:42 ID:???
このスレの議論は、いままでに無い濃さだったな。

968 :名無し三等兵:04/01/25 23:42 ID:???
ミスリルでできたビキニアーマーを着たエルフ(顔は>>566、体は>>922をキボン)
と接触する自衛官、彼女の格好にも驚かされるが、彼女の装備している鎧や剣に
使われている未知の金属、ミスリルにさらに驚かされる事に・・・。
エルフの彼女と接触しその金属の特性及び出産地を聞き出せと命令される自衛官。
探究心旺盛な彼女も不思議な姿をした兵隊に興味を持ち不思議な関係が始まる。

969 :名無し分隊指揮官:04/01/25 23:43 ID:???
 あ、全部出来てたんだ。
 950踏んだので、作ってきます。
(チッ、ネタの1作ったのに(自爆)

 しばし、お待ちアレ。

970 :名無し三等兵:04/01/25 23:43 ID:???
>>968
しかしその彼女には、同程度の露出度のパートナーがいた!

971 :名無し三等兵:04/01/25 23:45 ID:???
最低限の恥じらいはちゃんとある筈だ・・と思う。
寝るときとかはパジャマみたいなものに着替えている。

972 :名無し三等兵:04/01/25 23:46 ID:???
>>970
ビキニをつけた男エルフにハァハァ。

973 :名無し三等兵:04/01/25 23:47 ID:???
>>969
>>1の文章は適当でいいんだろw
「ハイテク兵器VS剣と魔法」
「sage進行」
さえ書いてあれば。

ちなみに>>955はこのスレがもとネタだな。
http://that.2ch.net/test/read.cgi/gline/1071505667/

974 :名無し三等兵:04/01/25 23:47 ID:???
>972
801板にカエレ!

975 :名無し分隊指揮官 ◆OZummJyEIo :04/01/25 23:48 ID:???
 作りますた。
http://hobby3.2ch.net/test/read.cgi/army/1075041908/

>>973
 ゑ?
 そーなの?(笑


976 :972:04/01/25 23:50 ID:???
>>974
ネタなんだが、ツッコむとこはそこでいいのか?
男エルフはビキニって設定でホントにいいのか?

977 :名無し三等兵:04/01/25 23:50 ID:???
男エルフは半そで短パンにミスリルの胸当てを装備している。
これぐらいにしておこう・・・。
出ないとこっちの精神が持たない。
オンナハイイケレド、オトコノビキニイッチョウハ イヤアアアァァァ ガクガクブルブル(゚д゚)

978 :名無し三等兵:04/01/25 23:51 ID:???
>>977
しかしそれだと筋が通らなくなる罠

979 :名無し三等兵:04/01/25 23:52 ID:???
ターザンみたいなエルフだな。

980 :名無し三等兵:04/01/25 23:53 ID:???
>>979
男も女も腰に毛皮巻いてるだけのエルフか

981 :名無し三等兵:04/01/25 23:53 ID:???
つーか、女のビキニもあんま好きじゃない。

やっぱブルマかスク水だよ。

982 :名無し分隊指揮官 ◆OZummJyEIo :04/01/25 23:54 ID:???
 埋め立ても兼ねて、ネタでの1(笑


 気がつけば日本がF世界に丸ごと召喚されてます。
 どーなる日本。
 食料輸入を経たれた日本は自活できるかという疑問から始まった国家戦略――大陸国家VS海洋国家戦略、
その長短について真面目な考察から、麻薬による世界支配の是非に関する哲学的思考まで。
 でも、平行してメイドさんの制服は黒と青のどちらが望ましいか、或いはエルフの着衣はどこまで許される
かという魂の叫びまで。
 世界は混沌としてますF世界での日本と云う思考実験。
 さてさて、大召喚です。

前スレ 自衛隊がファンタジー世界に召喚されますた 第10章
http://hobby3.2ch.net/test/read.cgi/army/1074781379/

 ガイドライン等は2以降です。
 皆様、sageで深く静に侵攻しましょう(微笑

983 :名無し三等兵:04/01/25 23:54 ID:???
女エルフもノースリーブの上に胸当て程度が適当だと思ふ

スパッツて何?w

984 :名無し三等兵:04/01/25 23:54 ID:???
おまいらッ!
萌えの基本はチラリズムですよ!?

985 :名無し三等兵:04/01/25 23:54 ID:???
エルフ族の主張

生き物は本来全裸こそが自然である。
他のものを身に纏うときには、
必ず何かの命を奪わねばならない。
止むを得ないときに限り、必要最低限の布や皮を
つける事は許されよう。
だが、必要もないのに厚着をするのは、
不道徳であり、自然の理に背く行いである。

大民明書房:
「エルフに学ぶ11の知恵」
より

986 :名無し三等兵:04/01/25 23:54 ID:???
>>979
なんか安永航一郎の漫画を創造してしまったw

987 :名無し分隊指揮官 ◆OZummJyEIo :04/01/25 23:56 ID:???
>>980
 指輪物語のエルフ象に真っ向から喧嘩うっとりますね(笑
 尤も、劇場版は劇場版で凄まじくアレなエルフ象を創っとりますが。

 完全武装でミリタリーなエルフ(;´Д`)ハァハァ

988 :名無し三等兵:04/01/25 23:57 ID:???
>>983
ガリア戦記には「ゲルマン人はスパッツをはいてる」
と言う記述がある。

989 :元1だおー:04/01/25 23:58 ID:???
>>984
どんなに旨い肉でもスパイスがなければその旨みを引き出せぬ。
一方で、スパイスに頼りすぎては素材の素晴らしさを損ねてしまうだけ。

チラリズムとはそういうものだと考えているのだがどうであろうか、同志よ?

990 :名無し三等兵:04/01/25 23:59 ID:???
>>988
ありゃスパッツつーか、短パンだと思ふが

991 :名無し三等兵:04/01/26 00:00 ID:???
>>989
同意。
奥が深い物なのだ。

992 :名無し三等兵:04/01/26 00:01 ID:???
>985
種作って枯れた綿花から取れる綿は命を奪った事にはならないと思うが
肉食った後に出る食えない皮も命を無駄にしないって意味では捨てられはしないだろう
草食だったら仕方ないが

993 :名無し三等兵:04/01/26 00:01 ID:???
歓迎の踊りはファイアーダンス。

994 :名無し三等兵:04/01/26 00:01 ID:???
女エルフはニーソ着用!以上!

995 :名無し三等兵:04/01/26 00:02 ID:???
>>990
いや、肌に密着した長ズボン、またゲルマン人は美形揃いとも書いてある。
どうだ萌えないか?





まぁ男の話なのだが。

996 :名無し三等兵:04/01/26 00:03 ID:???
801業界が紛糾しそうだな。
スパッツかふんどしか!!(もちろん直)

997 :名無し三等兵:04/01/26 00:03 ID:???
今日のエルフ像は山本弘が

998 :名無し三等兵:04/01/26 00:04 ID:???
>>994
すると、エルフはローマ人のような短衣を身に着けてるのか。
そういや、ディードの服もそんな感じだな。

999 :名無し三等兵:04/01/26 00:04 ID:???
1000

1000 :sageごん:04/01/26 00:05 ID:???
乙!!


1001 :1001:Over 1000 Thread
このスレッドは1000を超えました。
もう書けないので、新しいスレッドを立ててくださいです。。。

316 KB
★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.07 2022/05/23 Walang Kapalit ★
FOX ★