5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

自衛隊がファンタジー世界に召喚されますた 第11章

1 :名無し分隊指揮官 ◆OZummJyEIo :04/01/25 23:45 ID:???
もう何も考えなかった。城砦から飛び出し、走り、叫び、撃った。
自分が何処に居て、誰なのかも考えなかった。
僕は城壁を越え、堀を越え、まだ火薬の臭いのする砲弾の跡に沿って走っていた。
仲間の一士たちが倒れている。悪夢の霧に包まれているようだ。
僕の任務は、あと何分かで終わる。

向こうに赤いものが見える。燃える炎だ。
足元にも赤いものが見える。人間の血だ。

                        ――作戦に参加した>>1等陸士の手記より

ハイテク兵器VS剣と魔法

銃を手に、ファンタジー世界で生き残れ!

・sage進行

前スレ:
http://hobby3.2ch.net/test/read.cgi/army/1074781379/


2 :名無し三等兵:04/01/25 23:49 ID:???


3 :名無し分隊指揮官 ◆OZummJyEIo :04/01/25 23:49 ID:???
暫定ガイドライン

1.「自衛隊がファンタジー世界に」とあるように、あくまで「現代日本」が主に関わる話であること。
2.現代日本というからには、自衛隊の組織・装備はあくまで現用もしくは近未来的に配備が予想されるものに限る。
3.核兵器などの日本が配備するにはナンセンスなものは極力避ける。
4.あくまで「ファンタジー世界」の話であり、F世界側の設定は作者が勝手に決めることが出来る。
  ただし、「超兵器・超魔法まんせー」な話にならぬよう気をつける。また、無敵キャラは作らないことが望ましい。
5.ファンタジー側の人間もきちんと描写する方が好ましい。自衛官主観という演出などであえて描写しないのはこの限りで無い。
6、戦術、戦略としてありえないものを避ける。たとえば人間の徒歩部隊が一日に100kmすすむとか
7.安易に萌えを狙うのは自粛すること。
8.嵐は徹底放置。嵐認定を受けた後に、かまった者も同罪とする。
9.SS作者は、抽出がしやすいようにトリップ装着を推奨。
10.感想書き込む人も節度や口調を考えるべし。作品が気に食わないなら透明あぼーん汁

4 :名無し三等兵:04/01/25 23:49 ID:???
暫定ガイドライン

1.「自衛隊がファンタジー世界に」とあるように、あくまで「現代日本」が主に関わる話であること。
2.現代日本というからには、自衛隊の組織・装備はあくまで現用もしくは近未来的に配備が予想されるものに限る。
3.核兵器などの日本が配備するにはナンセンスなものは極力避ける。
4.あくまで「ファンタジー世界」の話であり、F世界側の設定は作者が勝手に決めることが出来る。
  ただし、「超兵器・超魔法まんせー」な話にならぬよう気をつける。また、無敵キャラは作らないことが望ましい。
5.ファンタジー側の人間もきちんと描写する方が好ましい。自衛官主観という演出などであえて描写しないのはこの限りで無い。
6、戦術、戦略としてありえないものを避ける。たとえば人間の徒歩部隊が一日に100kmすすむとか
7.安易に萌えを狙うのは自粛すること。
8.嵐は徹底放置。嵐認定を受けた後に、かまった者も同罪とする。
9.SS作者は、抽出がしやすいようにトリップ装着を推奨。
10.感想書き込む人も節度や口調を考えるべし。作品が気に食わないなら透明あぼーん汁!

5 :名無し三等兵:04/01/25 23:49 ID:???
5

6 :名無し三等兵:04/01/25 23:49 ID:???
>1
お疲れ様です。


7 :名無し三等兵:04/01/25 23:50 ID:???
テンプレ全部張り付けてからリンク張ったほうがよかったと言ってみるテスト。

8 :名無し分隊指揮官 ◆OZummJyEIo :04/01/25 23:50 ID:???
過去スレ
1 http://hobby.2ch.net/army/kako/1037/10371/1037116790.html
2 http://hobby.2ch.net/army/kako/1038/10388/1038809488.html
3 http://hobby.2ch.net/test/read.cgi/army/1041774797/
4 http://hobby.2ch.net/test/read.cgi/army/1045319445/
5 http://hobby.2ch.net/test/read.cgi/army/1052104929/
6 http://hobby3.2ch.net/test/read.cgi/army/1053596453/
7 http://hobby3.2ch.net/test/read.cgi/army/1061460453/
8 http://hobby3.2ch.net/test/read.cgi/army/1071232198/
9 http://hobby3.2ch.net/test/read.cgi/army/1073833118/
10 http://hobby3.2ch.net/test/read.cgi/army/1074781379/


保存庫
ttp://shizuoka.cool.ne.jp/fantasure/
ttp://fwsdf.hp.infoseek.co.jp/

9 :名無し分隊指揮官 ◆OZummJyEIo :04/01/25 23:51 ID:???
>>7
 ですね。
 御免なさいm(_ _)m

10 :Call50:04/01/25 23:53 ID:???
スレ立てお疲れ様です。

11 :名無し三等兵:04/01/25 23:54 ID:???
■今までこのスレで討議された議題

・ファンタジー世界の市場規模についての考察
・食料輸入を経たれた日本は自活できるか
・メイドさんの制服は黒と青のどちらが望ましいか
・麻薬による世界支配は許されるか
・江戸時代とファンタジー世界の類似性について
・中世城郭入門
・エルフの着衣はどこまで許されるか
・大陸国家VS海洋国家戦略、その長短について
・マッチとメラ、着火手段としてどちらが優れているか

12 :名無し三等兵:04/01/25 23:57 ID:???
>>1にガイドラインへのアンカーつけといた方が良かったんじゃ…

13 :名無し三等兵:04/01/25 23:58 ID:???
●これまでのスレの経過

654 名前:名無し三等兵[sage] 投稿日:04/01/25 14:56 ID:???
「自衛隊がファンタジー世界に召集されました」

「補給はどうする。今の軍事活動は後方支援なしじゃ成り立たないぞ」

「じゃあ基地とかと一緒に」

「基地だけじゃ自活できんだろ」

「その周辺地域と一緒に」

「おいおい、今の地域社会は単独でなりたっているわけじゃないぞ」

「それでは日本ごと召還してしまえ」

というインフレーションを辿ってきたわけで。
このまま行ったら
「元世界が丸ごとファンタジー世界に召還されました」
まで行きそう。

14 :名無し三等兵:04/01/26 00:00 ID:???
●魔法に関する設定のテンプレ

787 名前:名無し三等兵[sage] 投稿日:04/01/25 19:11 ID:???
>>782 以下を適当に組み合わせる。

I.魔法はどのようなものか
a.呪文を唱えれば誰でも使える。知力ベース。
b.身体的(遺伝的)素質による。ESPなど。精神力ベース。
c.精霊など上位種族との契約による。社交性と狡猾さベース。

II.魔法を使える人口は?
a.要求される知識により、多い/少ないが決定する。
b.魔法を使える血を持つものが多い/少ない。
c.契約できる精霊の絶対数が多い/少ない。

III.魔法の仕組み
i.魔法を使えるための物理体系が存在する。魔法⊂物理
ii.物理法則を物理法則たらしめる低レベルの層に干渉できる能力。スピノザの神にお願い。魔法⊃物理

IV.体系化可能か?
1.数学、論理学などを道具として体系化可能。
2.呪詛的なもので、体系化不可能。

15 :名無し三等兵:04/01/26 00:02 ID:???
●エルフに関する設定のテンプレ
前スレにおいて

823
そうじゃなくてエルフという種族は基本的に自然と共に生きている、
そのため自然の力を感じ取れる力があるから風の精霊の息吹を直に感じたいために、
あういう風に薄着をしている(体温調節などはエルフ特有の魔力である程度可能)
肌をさらしているほうがより強く感じ取ることが可能。
このほうが説得力があるのではないのでしょうか。

829
エルフは強い魔力を持っている。
だからその魔力をちょっとずつ放出するか身に纏う事でその身を守っている。
そのため薄着をすることによって素早さを上げる様にしている。

845
でもそれでは生物としての多様性に長けているとはいえないのでは?
普通エルフといえば長寿と一般的に言われているがそれは生殖能力を代償、または森とリンク(契約といった形で)することによって成り立っている。
しかし外界とある程度交流しているエルフにはそれが当てはまるとはいえない。
なぜかというと木がゆっくりと成長するように森の生活は天災などが起こらない限りに大規模な変化は起こらない。
そのためか未開の地に生きているエルフは一生外界に出ることはなく性欲もほとんどなく寿命も長い。
しかし森と比べると外界ははるかに危険に満ちておりいつ死ぬかわからない。
そのため種を残すためにも生物の環境適応能力の一環なのか、高い魔力はそのままで生殖能力が向上し代わりに寿命が短くなり人間とほぼ同じになる。
つまりエルフは森と契約したうえでその狭い領域で生きているからこそ長寿でいられ、生存領域が広がれば生殖能力が高くなり寿命が縮むという。
ゴトウ氏の書いた帝都攻略戦の一文だがこれが一番しっくりと納得がいくのではないか?


16 :名無し三等兵:04/01/26 00:04 ID:???
よって、エルフは裸族。

17 :名無し三等兵:04/01/26 00:04 ID:???
●エルフに関する設定のテンプレ
>>15の続き
前スレにおいて

858
823の設定に関して補足。
自然の力を感じ取ると共に空気中に存在するマナを肌から吸収、
そのマナを体内で魔力に還元、
ちょっとずつ放出するかその身に纏う事でその身を守る目に見えない鎧を形成。
(ただしこれにはもちろん限度がある)
そのため露出する肌が多ければ多いほどマナの吸収効率が良くなる。

882
>>845
寿命に関してはこれが一番適切な設定なのではないでしょうか?
>>823>>829>>870
服装の露出度が高いのもこれで納得、ただ少林寺には敵わないでしょうね。
またエルフの服装ですが女性は>>566のヘソだしや>>575のようなビキニアーマーが基本、
なお素材はヘソだしのは絹、ビキニ鎧は銀及び魔法でないと加工できないミスリルでどうですか?
男性のほうは半そで短パン、ムネにミスリルの胸当てがいいのでは…裸は見たくないですしね。
なおミスリルは>>863のような問題がなく魔法が使え、金属音がしないという特性があります。

18 :名無し三等兵:04/01/26 00:06 ID:???
次はドワーフの設定かなあ・・・

19 :名無し三等兵:04/01/26 00:07 ID:???
●エルフに関する設定のテンプレ

859
>>858
それでふんどし・・・

862
>>858
男も女も全裸ってことにしとけば全て解決だな。
かえっていやらしさも無くなるし。


20 :名無し三等兵:04/01/26 00:07 ID:???
>>1
お疲れリオミアさん。休んでいいよ。

21 :名無し三等兵:04/01/26 00:08 ID:???
●エルフに関する設定のテンプレ

その他、嫌展エルフ

Q.「エルフ娘は森林に暮らす種族の癖に、なぜ露出度が高いのか」

・鋼鉄の皮膚に猛毒の血
・フェロモンが強力殺虫剤
・熱帯林に住む部族みたいなもん
・そもそも裸族

Q.「では、男エルフの服装は?」

・海パン
・ふんどし
・ペニスサック
・全裸

22 :名無し三等兵:04/01/26 00:08 ID:???
注意)暫定ガイドライン以外のあれこれは、これまでの議論で出てきた意見でして、
参考までに記載、ということです。
SSを書く人は全員これにしたがわなくちゃいけないということじゃありません。
自分でよいと思った設定だけつまんでSSのなかに盛り込むくらいでもけっこうでつ。


で、いいんだよね?

23 :やってしまえTrue/False ◆ItgMVQehA6 :04/01/26 00:09 ID:???
>1
      ∧∧   ∧_∧
      (,,゚∀゚)   ( ´∀`) o
      /  |   (    づ_,..................,____
   〜OUUつ _,,...!-‐'''" ̄          ̄~`''ー-.、_
       ,,r‐'"      ,r-ー、..,,,,r''""゙`ヽr-、,、_    ~`ー、
     ,r''"     r'~゙ヾ'"          "  ヽ,_      ゙ヽ,
    ,r"      ,r"~                  `'ヽ,、_    ゙:、
   ,i"     r'"                       ゙''j     ゙:,
  ,!     ,i'"   _,,,,,,,,_         _,,,.___,.,  __,、,   "ヽ,    l,
  |    ,r'.;:'"~:::"::::::::::::::~`''''ー―::::'''''"::::::::::::::::~~::::::::゙''"`ー:'''':、   |
  i,   ,r'::r:::::ヾ;::::::::::ヾ;;;;;ソ::、::ソ:::::(;;;;シ:::ヾ::::::,r':,r、:::::::::::::::::::::::::::゙i   ,!
   ゙i  !;:::::ヽ'''::::::::::::::::::::::::::::::::::::::シ:ヾシ:::::::::::::::〉::::::::'''''シ:::::::::::::::::ノ ,:'
   ゙i、 ゙i、:::::::::〈:::::::::ヾ:::::::::::::::::::::::`ー''"::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::,r" ,r'
    ゙ヽ、゙ヾ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ーミ;;;:::::::::::::::::::::::::::::::::::,,r'" ,r'
      ゙ヽ、~゙ヾ;:::::::::::::::::::::く:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::,,,r''",,r''"
         `ー-ニ_ー--、::::::::::::::::::::::::::::::::::::_,,,,,,r‐'二.:r''"
             ~゙`''''ー---゙二二二~--―''''"~

乙カレー。

24 :名無し三等兵:04/01/26 00:10 ID:???
カレークイテー

吉野家のカレー丼ってどうよ?

25 :Call50 ◆XVAlPbeLKw :04/01/26 00:11 ID:???
あんまりギチギチに縛るとかきにくくなるから多少ゆるめでお願いします。

それではそろそろいきますか。

26 :名無し三等兵:04/01/26 00:11 ID:???
うんこ味のカレーか、カレー味のうんこか。それが問題だ。

27 :名無し三等兵:04/01/26 00:11 ID:???
●エルフに関する設定のテンプレ

979
ターザンみたいなエルフだな。

980
>>979
男も女も腰に毛皮巻いてるだけのエルフか

987
>>980
 指輪物語のエルフ象に真っ向から喧嘩うっとりますね(笑
 尤も、劇場版は劇場版で凄まじくアレなエルフ象を創っとりますが。

 完全武装でミリタリーなエルフ(;´Д`)ハァハァ

28 :元1だおー:04/01/26 00:12 ID:???
スレ建てた当初はまさか2ケタもスレが続くとは思わなかったなぁ……。
感慨深いものです。

29 :名無し三等兵:04/01/26 00:12 ID:???
カレーが好きそうな亜人種って誰だろう?
意外にエルフが好きそうだ。赤道近くの。

30 :名無し三等兵:04/01/26 00:12 ID:???
前スレの議論のまとめ

・海洋戦略対大陸政策
 海洋側
 海と手を組んで大陸に進出し、力をつけてから海ぶちのめす

 大陸側
 海ぶちのめして後顧の憂いをとっての大陸進出。

・ファンタジー世界の市場規模は人口の100/1

・ファンタジー世界に飛ばされた日本のタイムリミットは1年前後

31 :名無し三等兵:04/01/26 00:13 ID:???
●エルフに関する設定のテンプレ

985
エルフ族の主張

生き物は本来全裸こそが自然である。
他のものを身に纏うときには、
必ず何かの命を奪わねばならない。
止むを得ないときに限り、必要最低限の布や皮を
つける事は許されよう。
だが、必要もないのに厚着をするのは、
不道徳であり、自然の理に背く行いである。

大民明書房:
「エルフに学ぶ11の知恵」
より


32 :名無し三等兵:04/01/26 00:13 ID:???
>1乙

普通のレスと参考テンプレが交錯してて見難いな
テンプレと参考は編集しなおした方が良いかも
長すぎると邪魔くさいし
次はテンプレを張り終わってから前スレに告知した方が良いかな

33 :名無し三等兵:04/01/26 00:13 ID:???
カレースタンドにたむろするエルフ。
駅前で多し。

34 :名無し三等兵:04/01/26 00:13 ID:???
ttp://firedragon.homelinux.com/loliani/img/6510.jpg

ふんどし

35 :名無し三等兵:04/01/26 00:14 ID:???
>>34
いいなこれ。ダークエルフの原形になりそうだ。

36 :sageごん:04/01/26 00:15 ID:???
>>1
スレ立て乙!!


37 :Call50 ◆XVAlPbeLKw :04/01/26 00:15 ID:???
01
某支店事務所

「先輩、暇ですね」
「ああ、暇だな」
先輩と僕は日向ぼっこの真っ最中だった。普通なら問題になるのだがそうでは
なかった。
真昼間から野郎たちが事務所で暇を持て余していた。
ある者は将棋。ある者はトランプ。ある者は読書。事務所に併設された寮で寝
ているツワモノもいる。
共通するのは暇でだらけた雰囲気だった。
僕たちは支店をいくつか持つ中堅運送業者(法人向け)のドライバーと社員であ
り、本来ならば暇を持て余すことはあってはならないのだが…F世界への召還
という驚天動地の出来事以来、仕事が無くなってしまったのだ。
召還されてすぐの燃料規制やら何やらの規制で身動きが取れなくなった事と、
同様の理由による工場等の操業短縮による物流量の激減のダブルパンチは強
力だ。
「ウチの支店も暇だが、葛西のトラックターミナル(同業者が集まった巨大ターミ
ナル。実在)も閑古鳥が鳴きまくってるらしいぞ」
「先輩、この会社どうなっちゃうんでしょうか…入社してまだ半年なのに…」
「日本中がそれを考えているさ…ん?支店長が戻ってきた。慌てているな」


38 :名無し三等兵:04/01/26 00:16 ID:???
Wikiで編集すべし

39 :Call50 ◆XVAlPbeLKw :04/01/26 00:16 ID:???
02
事務所会議室
「良いニュースと悪いニュースがある。どっちから聞きたい?」
戦争映画でありそうなセリフだが、この支店長がこのセリフを使う時はたいてい困
難な事になると全員が知っていた。だがそうと知っていても返答しなければ支店長
がヘソを曲げる事もまた全員が知っている。で、返答するのは新入りの役目と決ま
っていた。つまり僕だ。
「悪いニュースからお願いします」
順番は僕の趣味だ。美味しいものは最後までとっておくものだしね。
「悪いニュースは、近隣の農家を手伝って稼ぐ計画が半分以下になった。やはりど
こも同じ事を考えるらしい」
みんなが落胆の声をあげた。食料が調達しにくくなったのだ。士気と食料は切って
も切れない関係にあるのでこれは大変だ。
「では良いニュースは?」
「仕事が見つかった」
落胆から一気に歓声があがった。これで食料が調達できる…とみんな思った。僕も
そうだ。
「仕事は隣国への派遣だ」
「隣国ってどこです?」
「F世界での隣国。日本を召還した国に行くんだ」
歓声が一気に氷点下まで落ち込んだ。

40 :Call50 ◆XVAlPbeLKw :04/01/26 00:23 ID:???
>>38
申し訳ない。Wikiについてよく知らないので今回はそのまま書きます。

03
派遣話を持ってきたのは支店長だが、話の元は本社からだった。
内容が内容だけにいろいろ誤魔化しながらの話だったが要点はこうだった。
1.自衛隊が展開した後方での勤務。自衛隊向け兵站活動&民生運送を行う。(人手が
足りないらしい)
2.できれば若くていろいろ知識がある方がいい。(ウチの支店は仕事が多い割には若
い奴が僕しかいない)
3.ウチの支店からは1人を派遣。(他の支店からも来るのか)
4.出した会社には優先的に仕事を割り振る。(交換条件かよ)
5.死亡時には通常の倍額の保険金が下りる。
何のことはない。人身御供みたいなものだ。畜生。
2と3の条件に合うのは僕しかいないじゃないか。畜生。
「出発は2週間後だそうだ」
支店長は済まなそうな顔で僕の顔を見ながらそう言った。
決定事項かよ。畜生。

41 :Call50 ◆XVAlPbeLKw :04/01/26 00:25 ID:???
04
あれから2週間後。僕は同期入社の連中と一緒に異世界への船に乗り込んだ。
個人携行が許されたのはバック1つだけ。
泣いてしまった両親が持たせてくれた食べ物。
なかなか続編が出ない作家が書いた、日本が宇宙開発に狂奔する小説。
中学生の頃からのつきあいがある指輪の小説。
なんとかかき集めたサバイバルに使える道具と教本。
そして着替え。
後は…軍事とファンタジーな知識。

「足りないのは?」
「勇気だけだ」
そう答えて船内で笑いをとってしまった。でもみんな笑顔がこわばっている。
みんな怖いんだ。ここにいる民間人や同乗している自衛隊の隊員も、無敵のサイ
ボーグではない。だからこそ無理をして笑って恐怖を紛らわそうとしていた。
でも僕は…少し期待もしていた。まだ見ぬ世界に。

始まりの終わりか終わりの始まりかは分からないが、僕-草壁守はこうして死と隣り
合わせのF世界へ旅立った。

42 :名無し三等兵:04/01/26 00:26 ID:???
畜生連呼にわらた。

43 :Call50 ◆XVAlPbeLKw :04/01/26 00:29 ID:???
今回は以上です。
試作品ですので問題があるとは思いますががそこらへんはご容赦を。

それにしてもコレは…運輸板の方が合うよーな気がするな。後でいろいろいじろう。

44 :名無し三等兵:04/01/26 00:31 ID:???
>>43
乙。
>>「足りないのは?」
>>「勇気だけだ」
のくだりがかっこよすぎます。こういうノリ大好きw

45 :名無し三等兵:04/01/26 00:32 ID:???
深刻な話より、大陸人との人情話になってくれればと期待。
でもこのスレだし微妙かな・・・

46 :38:04/01/26 00:32 ID:???
失礼、割り込んでしまった。 Wikiのことはエルフ等のテンプレね。

ともかく乙。

47 :名無し三等兵:04/01/26 00:33 ID:???
深刻な話が大好きなやつもここにいるぞ(笑)

48 :名無し三等兵:04/01/26 00:33 ID:???
がんばれ勤労青年
うまくいけば「なにぬねの」が「にゃににゅにぇにょ」になる猫耳娘や
普段は高飛車だが時々しおらしくなる金髪長耳なエルフ娘と仲良くなれるかも知れないぞ
迷子の動物にはとりあえず餌をあげて体を洗っておけば次の朝には美少女が同衾しているはずだ

49 :名無し三等兵:04/01/26 00:35 ID:???
裸族のエルフとかには、あってみたい気がする。
この際、男でもいいや。

50 :名無し三等兵:04/01/26 00:35 ID:???
>>48
その動物がオスだった日にはどうしたらいいのだ・・・

51 :名無し三等兵:04/01/26 00:36 ID:???
「なにぬねの」が「にゃににゅにぇにょ」になるやる気なさげな猫耳青年や
普段は高圧的だが意外なことで尊敬してくれる金髪長耳なエルフ青年や
迷子の動物にはとりあえず餌をあげて体を洗っておけば次の朝には男のこが(ry

という展開は絶対にありえないのかw


52 :名無し三等兵:04/01/26 00:37 ID:???
>>50
しかも美男子。もしくはショタ。
どうしたものかと悩む勤労青年。

53 :名無し三等兵:04/01/26 00:38 ID:???
>>52
マッスルな獣人だったら、貴重な労働源だな。

54 :名無し三等兵:04/01/26 00:39 ID:???
>>53
だがそれと同衾は死んでも嫌だw

55 :名無し三等兵:04/01/26 00:39 ID:???
「なにぬねの」→「にゃににゅにぇにょ」
「ほんとに裏切ったんですかー!!」→「オンドゥルルラギッタンディスカー!!」


…いや、ゴメン

56 :名無し三等兵:04/01/26 00:40 ID:???
オスの場合は元気が良くて好奇心が強い少年が遊びに来る
少年には美人のお姉さんがいるから仲良くなっておいて損は無い

怪我したオスは群の長だ
認められるまで多少苦労するかもしれないがハーレム構築のチャンスだ

57 :名無し三等兵:04/01/26 00:42 ID:???
ttp://kigaruni-up.ath.cx/~kigaru/cgi-bin/clip-board/img/6940.jpg

エフル分投下っ!

58 :名無し三等兵:04/01/26 00:43 ID:???
>>54
寒い所ならあったかいぞ。
いや、ケモノの姿で同衾だが。

でも、朝には・・・

59 :名無し三等兵:04/01/26 00:43 ID:???
>>57
エフルにもわらたが、男エルフもワラタ。

60 :名無し三等兵:04/01/26 00:45 ID:???
エルフって金属全般が苦手なんだろ?
きゃつらに小銃持たせたい時はどうすればいいんだ。89式は外側プラだから大丈夫かな。

61 :元1だおー:04/01/26 00:45 ID:???
>>57
(;゚Д゚)!?

62 :名無し三等兵:04/01/26 00:47 ID:???
>>57で、俺のエルフに関する脳内設定で
ふんどし着用が確定した。

63 :名無し三等兵:04/01/26 00:48 ID:???
セラミック系もOKかな?

64 :元1だおー:04/01/26 00:49 ID:???
港湾都市ビネ・ゼル・ジークグリス
海上自衛隊専用埠頭


潮風に乗った海鳥が舞い、朝日が湾内を飴色に変えている。
ひんやりとした朝の空気が心地いい。
戦時下でなければ、そうも思えただろう。
古来より中継貿易によって栄えてきたこのジークグリス連邦だが、
ほんの一年前まで帝国という招かれざる客に怯えていた。
しかし、ある珍客のおかげでその恐怖も解消された。
珍客とは、ニホンという異世界より召喚された国である。
魔導兵器による圧倒的な軍事力を以て、帝国による大陸制覇の野望は打ち砕かれた。
そして、この街に異世界からの客人が求めたことは唯一つ。
ここの戦略的重要性から、港の半分を貸せということだった。
中継貿易の要である港を半分も渡してしまうことに当初人々から批難があったものの、
ニホンからの貴重な交易品が流入してくるにつれてその不満も解消されていった。
今では、すっかりこの街は異世界人と中継貿易を両立させていた。

65 :元1だおー:04/01/26 00:50 ID:???
ぴぴーぴぴぃー!

けたたましい警笛の音が朝の簡易倉庫群の中で響き渡った。

「こちら警務第二分隊! 不審者を発見した! 服装からして違法渡航した日本人と思われる!」
「そっちに逃げたぞ追えー!」

二人の警務隊の腕章をつけた隊員が思わぬ事態に慌しく対応していた。
巡回警備中に昨晩搬入されたコンテナの中から人影が出てくるのを発見したのだ。
数は二人。
ちらりと見えたその姿は、この世界のコソドロが着ているみすぼらしいものではなかった。
一人は着古されところどころが破けたジーパンに、上着は収納ポケットの多くついたミリタリージャケット。
そして頭には『大漁』なんてなめたロゴの入った帽子を逆さにして被っている。
もう一人は、黒の三本白線ジャージに、白シャツの上にどこで手に入れたのか、紺色の防弾チョッキを
着込んでいる。

66 :名無し三等兵:04/01/26 00:51 ID:???
>>54
いやわからないぞ。
自然界には片方の性の数が多すぎてしまい、性転換をはかる生物もいる。
朝起きたら少年だったが、いろいろと世話をしてなついてしまい
気がついたら数ヵ月後には美少女へと変貌を遂げてくれるかもしれん。
ふた○りかどうかはお好み次第でw

67 :元1だおー:04/01/26 00:51 ID:???
「あっはははぁ! まさかいきなり警備員と出くわすなんてねぇー」
「笑ってる場合ですかセンパイぃ!? わーん私犯罪者として新聞に載りたくないですぅー!」
「だったらちゃっちゃと走るっ!」

重いリュックを背負いながら、追跡される身となった二人は口々に叫んだ。
背後で、鋭い警笛の音と、自衛隊員と思われる警備員の怒鳴り声が聞こえてくる。
だが彼女らにはさして気にはならなかった。
それはもちろん、自衛隊員は米兵と違って民間人を撃ったりはしないからだ。
それが同じ日本人、ましてや民間人となればなおさらだろう。

68 :元1だおー:04/01/26 00:52 ID:???
「イっちゃんあそこだ!」
「は、はいぃ!」

まだ設備に十分な予算が割けていないのか、申し訳程度のフェンスがそこにそびえている。
彼女らでも、よじ登れそうだった。

「おりゃあ!」
「えいっ!」

背負っていたリュックを向こう側へ放り投げ、続いて自分たちがフェンスをよじ登る。
警務隊員たちがすぐそこまできていたが、間一髪でフェンスの向こう側へ飛び降りた。

「コラー! 止まれー!」

警務隊員らの叫び声も空しく、日本人らしき二人の人影は、朝の漁港へと消えて行った。

69 :元1だおー:04/01/26 00:53 ID:???
以上、伏線張りですた。

70 :名無し三等兵:04/01/26 00:53 ID:???
どうでもいいが、愛眼動物としては一匹欲しいな。
牡でも良いから。

71 :66:04/01/26 00:54 ID:???
割り込んでしまた。スマソ

72 :名無し三等兵:04/01/26 00:54 ID:???
>>69
乙!!
どう言う展開?
これでダークなら・・・エグイ展開になりそう。

73 :エフル:04/01/26 00:55 ID:???
自衛官A「えー、我が部隊に補充要員として来て貰った、エフル君だ」
隊員BCD(ふんどし?!)
エフル「夜露死苦。あなた共の国の言葉は勉強したのでコミニュケーションについては心配はいらないDEATH」
自衛官A「…えー、彼には我が部隊の対魔法戦における、対策と同時に支援をしてもらう」
エフル「この世界のマジックは魔力を持たない貴様達には恐ろしいので、私が守らせていただきます」
隊員BCD「えっと・・・その、ふん・・・格好で、戦線にいけるのでしょうか?」
エフル「問題ない。私は魔力の壁を使えるし、テクニックについてはベリー自信があるんです」
隊員BCD(その日本語、どこで学んだんだ・・・?)
自衛官A「…えー、とにかく、新しい仲間、だ。仲良くするように。詳しい打ち合わせは後ほど」
隊員BCD「はっ!」
エフル「わかったニダ」

74 :名無し三等兵:04/01/26 00:55 ID:???
フェンスを越えた先に地雷とか

75 :名無し三等兵:04/01/26 00:58 ID:???
エフル爆誕!!
新しいヒーローの誕生だ!!
君みたいなキャラをこのスレは待っていた!!

彼には理不尽な鬼教官として頑張ってもらいたい。

76 :名無し三等兵:04/01/26 00:59 ID:???
エフル「わかったニダ」 >
エルフなのに2ちゃんねらかよ!w

77 :名無し三等兵:04/01/26 01:01 ID:???
>>73
確実に日本文化を誤解してるな。GJ!!

78 :名無し三等兵:04/01/26 01:03 ID:???
>>68
オツカレー

タケちゃぁん!漂流記まだあ!?

79 :名無し三等兵:04/01/26 01:03 ID:???
>73
なんかモテモテ王国のファーザーを思い出したよ
一定しない喋り方がそれっぽい

80 :名無し三等兵:04/01/26 01:04 ID:???
同志は受験生なのですよ。自粛なさい。

81 :名無し三等兵:04/01/26 01:04 ID:???
まった濃いキャラが・・・w>エフル

エフル・・・>>57の彼か(藁

82 :名無し三等兵:04/01/26 01:07 ID:66/L5Nps
>>68 続編あげおつかれです

83 :名無し三等兵:04/01/26 01:08 ID:???
>>80
そうでしたか・・・
暴言失礼いたしました・・・

ってタケちゃぁん!なに書き込んでんのこんな時間にぃ!

84 :名無し三等兵:04/01/26 01:08 ID:66/L5Nps
>>82sage さげ忘れました。すんません・・・

85 :名無し三等兵:04/01/26 01:09 ID:???
ビキニ鎧の女エルフをプリーズ!
自分には書きたくても文才がないから誰か書いてくださいお願いします〜〜(泣)
このままじゃ萌え以前に801スレになっちゃうよー。
オトコハイラネーーー!!!

86 :名無し三等兵:04/01/26 01:09 ID:???
>>83 SAGE

87 :元1だおー:04/01/26 01:10 ID:???
>>83
ふかーい事情があるんだよ。マジで(鬱)

88 :名無し三等兵:04/01/26 01:11 ID:???
>>85
いや、萌えが燃えになるだけだろ。

89 :名無し三等兵:04/01/26 01:11 ID:???
                   _ _  ・  .'  , .. ∧_∧
          ∧  _ - ― = ̄  ̄`:, .∴ '     (    ) ←>>81
         , -'' ̄    __――=', ・,‘ r⌒>  _/ /
        /   -―  ̄ ̄   ̄"'" .   ’ | y'⌒  ⌒i
       /   ノ                 |  /  ノ |
      /  , イ )                 , ー'  /´ヾ_ノ
      /   _, \               / ,  ノ
      |  / \  `、            / / /
      j  /  ヽ  |           / / ,'
    / ノ   {  |          /  /|  |
   / /     | (_         !、_/ /   〉
  `、_〉      ー‐‐`            |_/

90 :名無し三等兵:04/01/26 01:11 ID:???
>>87
一緒にファンタジーの世界へ

 逝 か な い か

91 :89:04/01/26 01:11 ID:???
間違えた。>>82宛てね。

92 :名無し三等兵:04/01/26 01:12 ID:???
>>87
単語帳巻いたアスパラ食って腹壊してるに10鉄球

93 :81:04/01/26 01:13 ID:???
痛いっ!
オヤジにも殴られたこと無いのに!2回もぶったね!
謝罪と賠s

94 :名無し三等兵:04/01/26 01:13 ID:???
>>81>>89
口は災いの元です。
無用心な発言は慎みましょう。

95 :10・13 ◆YlfFTVBogg :04/01/26 01:15 ID:???
凄い。やっと見れたと思ったら11章逝ってるよ11章。
凄杉。

96 :名無し三等兵:04/01/26 01:16 ID:???
なんか久しぶりに来て見たらすげー盛り上がってるな。
・・・やっぱ萌え路線だと食いつきが違うのか_| ̄|●
(漏れは以前散々萌え路線反対だった香具師)

ところで1だおー氏よ。
あんた陸自入るとか言って忙しいんじゃなかったっけ?
はて、記憶違いだったか?だったらゴメン

97 :元1だおー:04/01/26 01:17 ID:???
陸自じゃないよ空自だよ。

98 :名無し三等兵:04/01/26 01:18 ID:???
>>79
何があっても服の着用を拒否し、ふんどし一丁ですごすエフル。

99 :名無し三等兵:04/01/26 01:19 ID:???
>>96
萌え路線推進派が必死にビキニエルフを擁護し、
萌え路線反対派がそれを茶化すので
こんなことになってるのではないかと分析してる。

今のところ、エルフ♂は「ふんどし姿」ということで
このスレでのコンセンサスが得られてるw

100 :元1だおー:04/01/26 01:20 ID:???
>>95
コテハン見てやっと気付いた!
お久しぶりでつ!

101 :名無し三等兵:04/01/26 01:20 ID:???
同志二尉が帝国主義の手先たる自衛隊に入るわけ無いでしょこの馬鹿チン。


102 :名無し三等兵:04/01/26 01:20 ID:???
>>96
前スレも、あれはあれで盛り上がってたと思うが?
あーいう議論も楽しかった。

103 :名無し三等兵:04/01/26 01:22 ID:???
そのうち「ふんどしエルフ戦記」なるものが出てきそうだ。

104 :名無し三等兵:04/01/26 01:24 ID:???
タケちゃぁん!ふんどしエルフまだあ!?

105 :名無し三等兵:04/01/26 01:28 ID:???
 やっぱり九州のみとか北海道のみってのが、軽くて振り回しが効く分良かったのかも。
 そう言えば、レース開催中のサーキットが関係者やレース参加者や観客ごと異世界に飛ばされるって作品もあったような。

106 :名無し三等兵:04/01/26 01:32 ID:???
illustrarion 〜エルフの水浴び場〜
http://whi2.cside.com/page/illust/elf.htm

107 :エフル:04/01/26 01:33 ID:???
隊員B「えっと、エフルさんだっけ? キミはこの世界でいうエルフなの?」
エフル「その通り。私はここより数センチ離れた森で生活をしてたんだぜ」
隊員C「センチ?! キロじゃなくて?!」
エフル「おっと、間違いだ。そう、キロでしたな」
隊員D「ここから数キロ… ナントカの森かな。確か自衛隊と同盟みたいなの組んだ」
エフル「そうです。貴様等に魔法使いを送ると同時に森を守ってもらうモナー」

隊員C「…ところで、その日本語はどこで学んだんですか?」
エフル「あなたたちの本部で『シェンセー』という人物に教わりました。
     発音を習ったあと、『いんたぁねっと』というモノで読むのも習った」
隊員BCD(あ そ こ か)
エフル「すなわちコミニュケーションは問題ないと言いました。それが何か?」
隊員BCD「いえ・・・滅相も。ところで、その、ふんどしは…何か服を着たほうが」
エフル「ガッデム! 口でクソ垂れる前に前と後ろに『ダー』と言え!」
隊員BCD「だっ、ダー?! すいません、ダー?!」
エフル「私達の森ではみんながこのコスプレなのです。
    それは世界のManaと大気の流れを肌で直接感じ取れるからね」
隊員BCD「ダー! 理解しました、ダー!」
エフル「この9割が裸の本来ならば肌に呪文を書くのですが、私はそれが嫌いなのれす」
隊員BCD「ダー、暴言、お許しください! ダー!」

自衛官A「自己紹介はすんだか? それではミーティングだ。各人、ジープに乗れ!」
隊員BCD「ダー!」

108 :名無し三等兵:04/01/26 01:35 ID:???
前スレで男エルフもビキニを着けてるというネタがあったな……。


ビキニを着けた男エルフをキボン。

109 :名無し三等兵:04/01/26 01:38 ID:???
>>107
素晴らしい! エルフはもはやイロモノ種族決定だな。

110 :名無し三等兵:04/01/26 01:40 ID:???
>>107
ダー! 是非そのまま最後まで続けてください! ダー!

111 :名無し三等兵:04/01/26 01:42 ID:???
>>96
貴様は、ふんどしエルフに萌えておられやがるのでいらっしゃいますか?
だとしたら、謹んで兄貴呼ばわりさせやがれ。

よろしいですか?

112 :名無し三等兵:04/01/26 01:43 ID:???
拙僧文才はほとんどないのですが褌エルフ興隆期を書いてもよろしゅうござんすか?

113 :名無し三等兵:04/01/26 01:44 ID:???
特に若い娘は肌を多く晒すことで多くのマナの恩恵をえられる・・・らしい
エルフのソーラサー
http://sumomo.m78.com/MEMORYS/040116A.html
http://sumomo.m78.com/MEMORYS/040116B.html

114 :名無し三等兵:04/01/26 01:46 ID:???
http://tdc.channel.or.jp/press/199911/img/elfcom.jpeg
ナイフを手に駆け抜けるエルフ。

115 :名無し三等兵:04/01/26 01:48 ID:???
http://tdc.channel.or.jp/press/199905/img/title_s.jpeg
ついでに同じ人が書いたのをモウ一つ追加!

116 :エフル:04/01/26 01:49 ID:???
>>113-115
お前、直リンクはご遠慮くださいました


117 :名無し三等兵:04/01/26 01:50 ID:???
残念ながら>>57を超えるほどではないな。

118 :名無し三等兵:04/01/26 01:52 ID:???
靴に金属使ったら隠密行動できなくね?

119 :名無し三等兵:04/01/26 02:20 ID:???
舗装されたり人通りが多くて地面が露出した道は無理だな
河原とか石が多い所もそうか

F世界にそぐわないかも知れないが、
底に鎖と更にその下に綿を縫いこんで丈夫さと静穏性を持たせた草鞋があったような
忍び道具だったかな

120 :('A`):04/01/26 02:27 ID:???
SS明日投下予定です
褌とか濃い方向行ってるので『家事手伝いエルフさんin自衛隊駐屯地』投下してごまかします
ttp://sotg89.hp.infoseek.co.jp/cgi-bin/up/ahya/up0004.jpg

そんな訳で↓に記念カキコしる  _| ̄|○i||i …SSドウジシンコウハムリポ…
ttp://www2.bbspink.com/test/read.cgi/801/1071185044/l50

121 :エフル:04/01/26 02:45 ID:???
思いつきで書いたのがウケてしまったので続きは任されました
ttp://kigaruni-up.ath.cx/~kigaru/cgi-bin/clip-board/img/6944.jpg

122 :名無し三等兵:04/01/26 03:16 ID:???
>>121
うまい……けど何かヤダ…

123 :名無し三等兵:04/01/26 03:29 ID:???
「服を着ろ」という要求に激しく抵抗するエフル。
なんとか上着を着せたものの、ズボンだけは頑として拒否する。

「なんか、よけいヤバイ人にみえるよ……」

   ヒソヒソヒソヒソヒ

「服を着せられるとは何たる屈辱、もはやズボンは譲れぬ一線なのじゃよ
 総員傾聴、貴様らにエルフ魂見せてさしあげやがるッ!」


「うわ――――――――ッ!! 見たくね―――――、見たくね――――――ッッッ!!!」


124 :倉庫番:04/01/26 03:32 ID:???
ttp://fwsdf.hp.infoseek.co.jp/img/
とりあえず画像倉庫開設して、このスレ用に投下されたと思われるものを無断でうp
(リオミア×2、ふんどしエルフ×2、および>>120
公開してまずいもの、拾い忘れがあったら申し出てくだちい。

125 :名無し三等兵:04/01/26 03:45 ID:???
許可するッ!
とっとと、うPさせやがれッ!!

お願いしますですよ?

126 :125:04/01/26 03:47 ID:???
>>125>>112宛です。
鬱だ、氏のう。

127 :エフル:04/01/26 03:51 ID:???
>>124
問題はさらさら無いです。ご苦労様。

128 :名無し三等兵:04/01/26 04:55 ID:???
やばい。リオミアタンがエフルに押されそう

129 :名無し三等兵:04/01/26 05:06 ID:???
それはまずいぞ・・・

130 :名無し三等兵:04/01/26 05:11 ID:???
リオミア、ドクヲ、エフルが
いまのところこのスレの三本柱だな。

131 :名無し三等兵:04/01/26 05:57 ID:???
WOW ! おまいら夜中でも元気だな。恐るべしエルフパワー。

132 :プロジェクトX風異世界交流:04/01/26 06:31 ID:???
エーックス!
(暴風雨が吹き荒れ、それに耐えている家屋)
ここ異世界の地にも台風は来る。
F県榊市のまほろばの森はその中で風雨に
しかし過去最大の土石流をおこす事は少ない。
まほろばの森達が保水を行っているためである。
(広大な森が広がる。)
またエルフ達とドワーフ達の探索の魔法が伏流水の流れをチェックし、大規模な地滑りをおこさぬよう、砂防ダムに誘導する。

(ツナギを来たエルフ達が呪文を唱えている様子、雨中合羽で出て行くドワーフと人間)
これらのシステムがこの地域一体を守っている。
だが、森が出来上がったのも比較的新しく、当初は禿山同然だった。
(昔の映像が映し出される。禿山だらけの森)

森は異世界の隣人達の協力と種族を超えた知恵の元、蘇ったのだ。
(ちょっとくたびれた自衛官の姿、若いエルフ達の集団、頑固そうな親父)

これは森の復活と神聖にかけた人々のドラマである。

133 :プロジェクトX風異世界交流:04/01/26 06:31 ID:???
(地上の星が流れると同時に様々なテロップ)

異世界移転による、燃料不足、土砂崩れ
このままでは森は死ぬ。
異世界の森は豊かだった。
隊舎で出会った二人の若者
私達の森の親になってください。
立ちはだかる防疫の壁と種族の世界観
私達は、森の種族である。
鉄でできた機械を通した水など飲めない。
鉄も森も地から湧き出たものです。
何故育たない?
魔術の壁、科学の壁が
迫りくる大型台風
世界樹を守れ!
ドワーフ工兵とエルフの魔道部隊は間に合うのか
精霊達の宴を成功させよ。
(テロップ終わる)

134 :プロジェクトX風異世界交流:04/01/26 06:33 ID:???
異世界の移動より10年、日本の森は荒れ果てていた。
召還されて以来、石油は比較的貴重品となった。
勢い庶民の生活用煮炊きには木材を頼る日々が続いた。

(暖炉、石炭ストーブが売れている様子、囲炉裏端で料理をする奥様)

当初、政府も貴重な化石燃料を保護するためにも、これらの伐採に基本的な規制をかけなかった。
だが3年、5年と続くうちに、日本の森は過度の伐採に蚕食されていく。
また人々も地味な植林よりも、食料の自給を高めるために一生懸命だった。
誰も森を省みなかった。
その中で起ったのが、台風9号による同時土石流の悲劇であった。
強い大型台風である9号は猛威を振るうが、
精々2、3箇所の土砂災害を起こす程度のものだろうと、地方自治体は楽観視していた。

ようやく戦争は終わり、比較的安定した燃料が異世界からもたらされようとしていた。
前の豊かさを取り戻せるのだ。人々はそう信じて疑わなかった。

だが九号はそのような楽観を打ちのめした。
避難勧告を行わなかった地域一体から土石流が発生。鉄砲水が人々を襲った。
砂防ダムも役に立たなかった。それどころかより大きな被害を与える原因となった。
家も流された。食料の元となる田畑は崩壊した。
死者100名を越す大惨事であった。
(土石流で流される家屋、農土。病に倒れる人々)
被害にあった人々は地方に戻ってきた人々が殆どだった。
とても消防団では対応しきれず、
救援に駆けつけたのは戦役より帰還していた自衛隊が借り出されることになった。

大陸より帰還して1週間にもならなかった。
久しぶりの祖国を見た兵士達は驚いた。森が消えている。
緑はこんなに少なかったのか
荒れ果てた山々に呆然としながら、隊員達は救助活動に励んだ。
その中で2人の若者が出会ったことから、プロジェクトは始まる。

135 :作りつつ貼り貼り:04/01/26 06:34 ID:???
inエルフ集落及び自衛隊駐屯地正門前
(;・∀・)<……………………………………
(゚A゚;)<……………………………………
(;゚ー゚)<…よ、よろしくお願いします…
(゚A゚;)<…普通…だよな…
(;・∀・)<…ですね…
('A`;)<…と、時にここでは何だから中ででも…
(;゚ー゚)<…は、はい…

in司令部
(;゚ー゚)<…やはり無理ですか?
('A`;)<今すぐにと言うわけには…
    住居の不足が一番ですし、食べ物は糧食が…
(;゚д゚)<…そうですか…
(・∀・;)<それに、先程貴方が言ったように避難して来たのであれば
    まだ人数が増える可能性も…
(*゚∀゚)<人数の事なら大丈夫です
     これ以上増えません
('A`;)<…?
(*i∀i)<ダークエルフは私達が最後ですから
(・д・;)<…と、言うと?
(*iдi)<…皆…皆殺されました…
('A`;)<…………………………………

136 :作りつつ貼り貼り:04/01/26 06:35 ID:???
inダークエルフが帰った後の司令部
('A`;)<…嫌なくらいにマンドクセ…
(・д・;)<…ですね…
('A`;)<…宗教と肌の色…
    差別のネタは出涸らしだけど実際付き合うとマンドクセ…
(・д・;)<…はい…
     それと…
('A`)<それと?まだ何かあったのか?
(・д・;)<ダークエルフがエルフ達に助けを求めず私達のところに来たのは
     “エルフらしい考え方をしないので爪弾きにされたから”らしいです
('A`;)<…たとえば?
(・-・ )<私達に近いと言う事です
     魔法はほとんど使えない、木を切って家を作る事に拒否反応が出ない…
     他人や多種族との触合いに重点を置く等です…
('A`;)<…で、嫌われて助けてもらえなかった…と…
(・д・;)<…はい…何でもとある一族はエルフの結界内に入る事すら拒否され
     その結界の外で帝国軍に皆殺しにされたとか…
('A`;)<…聞くのも嫌になるくらいマンドクセ…

137 :プロジェクトX風異世界交流:04/01/26 06:35 ID:???
とりあえず書いたんですけど
普通のSSのほうがいい?それともこの調子で続けたほうがいいのでしょうか?

出来れば返事をおながいします。

138 :作りつつ貼り貼り:04/01/26 06:38 ID:???
inエルフ集落環状塹壕外
('∀`)<…草原の開墾はだいぶ進んだな…
(・∀・;)<はい…彼女達が頑張ってますから…
('∀`;)<…新しい森作りか…
(・∀・;)<実際は果樹園+雑木林の予定なんですけどね…

 / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 | 森のためならエンヤコラ〜♪       ................:::::::::::::::::::::::::::::::::::.............
 \___  ______       ............::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::..............
       |/     ミ          __________
              ヽ \       /   ./\|//////\
            ./ \ \   ./// .|___|./////:::::\\
       ∧_∧/     ̄  /∠∠∠∠∠∠∠∠∠/::::::::::::::::\\
      ( *゚∀゚)     i i i   . | ┌┬┐┌┬┐   |::::::::::::::::::::::::::::| ̄
''""~"'''"/    ヽ''"~"__i i i--、 .| ├┼┤├┼┤   |::::::::||||||||||:::::::|
    ./| |   | |   ̄ ̄ ̄ |:::::| ..| └┴┘└┴┘   |::::::::||||||||||:::::::|
iiiiiiiiiiiii/ \ヽ/| |iiiiiiiiiiiiii::..  ノ__ノ..|| ̄|| ̄|| ̄|| ̄|| ̄||  |::::::::||||||||||:::::::|
   /   \\| |          ||_||_||_||_||_||_|__.||||||||||:::::::|
   / /⌒\ し(メ    .i i i . ..|| ̄ ̄|| ̄ ̄|| ̄ ̄|| ̄ ||  ||乃三三-_
 / /    > ) \  ノノノ
/ /     / /    .\_  ザックザック
し'     (_つ   /:::::/::...  ザックザック
            ノ・ ./∴:・:
           ''""~~"''

139 :名無し三等兵:04/01/26 06:51 ID:???
>>137
そのまま続けるのもありだと思う。

>>138
邪魔してスマソ

140 :作りつつ貼り貼り:04/01/26 07:03 ID:???
in司令部
('∀`*)<・・・〜♪
( ・∀・)<今日は珍しくご機嫌ですね
     何かいい事あったんですか?
('ー`*)<魔法使いと諜報員が足りないって総司令部に連絡したら
    伝説の域に達した者を二名こちらに送ってくれるそうだ
(;・∀・)<…か、かなり苦労したんですね…
('∀`*)<いや、二つ返事だ
(;・∀・)<…ま、まさか〜…
      諜報員はともかく魔法使いはどこも不足しているのにここに送れる余裕なんか…
('A`#)<そんな事言っても……ほら、配属証明書
(;・д・)<…ほ、本当ですね…それも二人ともナイトの称号を持った…
('∀`*)<だろ?
(;・д・)。o0(…とてつなく嫌な予感がする…
苗<ジリリリリリーン!!
('∀`*)<おっと正門から電話だ…とうちゃくしたみたいだな…
    じゃあ俺は向かったって伝えてくれ
(;・д・)<…は、はい…、…と、とりあえず電話に…
苗《こ、こちら警務隊詰所!本部本部!!
(;・д・)<…!!??

141 :作りつつ貼り貼り:04/01/26 07:10 ID:???
in正門to“ナイト”改め“内藤”
(゚A゚;(゚д゚;(゚д゚;(゚д゚;(゚д゚;(゚д゚;)<……………………………………………………
(  ̄∀ ̄) ̄+ー ̄)<はじめまして
(゚A゚;(゚д゚;(゚д゚;(゚д゚;(゚д゚;(゚д゚;)<…こ、こちらこそ…
(  ̄∀ ̄) ̄+ー ̄)<うはwwww硬直wwwwwおkwwwwwwwwwwww
(゚A゚;)<…な、ナイトのローザ・クリューガーさんとニーナ・シュタインドルフさんですよね?
(  ̄∀ ̄) ̄+ー ̄)<うはwwwwそwのwとwうwりwwww
(゚A゚;)<……………………………………………………
(  ̄∀ ̄) ̄+ー ̄)<貴方が隊長さん?wwwwwwww
(゚A゚;)<…は、はい…
(  ̄∀ ̄) ̄+ー ̄)<おkwwwみwなwぎwっwてwきwたwぜwwwwっうぇうぇwwwwwwwwwwww
(゚A゚;)<…と、時に質問なんですが…
    …何故…何故お二人とも…全裸…なんですか?
(;´∀`)<…そ、それについては私が説明する…
(゚A゚;)<…は、はい…
(;´∀`)<…まず“彼等”が何故全裸なのかと言うと…
     その…使用している魔法が大地の精霊の力を借りているからだ…
     大地の精霊の力は普段そんなに強くないだから精霊の力を全て引き出すために
     精霊の力の行使に干渉する余分な装備を身につけれないのだ
(゚A゚;)<…は、はあ…
(;´∀`)<防御力は大地の精霊の加護で大気の精霊等に比べれば段違いに上がっている
     全身鋼鉄の鎧に包まれているようなものだ
     熱も遮断するから服を着て暖を取る必要も無いし、そんな事をすれば精霊力に干渉する
     …だからその…全裸なんだ…
(゚A゚;)<…は、はあ…、…それで戦闘はどうやって…

142 :名無し三等兵:04/01/26 07:23 ID:???
前々スレにあった身体はフェロモン全開なんだけど根っから真面目で堅い性格の
さっきゅばすハーフの委員長話はどうなった?!

143 :作りつつ貼り貼り:04/01/26 07:29 ID:???
in正門to“内藤”
(  ̄∀ ̄)<戦闘?うはwww無理www俺、サポシwwwwwwww
(゚A゚;)<…??
(;´∀`)<…彼が精霊魔法を使っている…二人が浮いてるのはその為だ…
     それから彼はナイトと言うよりシーフ兼魔法使いだ…その為戦闘には向いてない…
(  ̄+ー ̄)<うはwww俺のスーパーwドラグゥーンwランスww無敵wwwおkwwwwww
(;´∀`)<…ランスと言ってるが…その…実際はただの鉄の棒だ…
(゚A゚;)<…馬車の車軸…ですね…
(  ̄∀ ̄)<うはwwwこの風使い糞過ぎるwwwwwwww
       ミスwwwwwwwwwwwww
(#´∀`)<…今のは説明するまでも無く私を侮辱している…
      ……そうとっていいか?
(゚Д゚;)て
(  ̄∀ ̄) ̄+ー ̄)<うはwwww戦闘?おkwwwwwwwwwwww
(゚Д゚;(゚Д゚;(゚Д゚;(゚Д゚;(゚Д゚;(゚Д゚;)て

---戦闘?あれが戦闘って言うならライオンが子猫をいたぶるのも戦闘ですよ
  ロサさんの風魔法はニーナの大地魔法で無効にされてそこにローザの
  攻撃、その上重力されちゃ何もできないでしょ?
  で、身動き取れない所をニーナがろささんから盗んで…
  …盗むと言っても肌着みたいな服だけだからあっという間に全裸ですからね…
  いや、いい物見せてもらいましたよ
                       ---この戦闘を目撃した一自衛隊員---

(  ̄∀ ̄) ̄+ー ̄)<うはwwww全裸おkwwwwwwwwwwww

144 :作りつつ貼り貼りしますた:04/01/26 07:35 ID:???
今回はこれだけです…というか今回の登場人物がやっと出揃いました…
次回は戦闘です

一線突きぬけたキャラは止めたほうがよかった?

参考にしたスレ等

無理wwwww俺サポシwwwwwwww2
http://game3.2ch.net/test/read.cgi/mmosaloon/1070118755/l50

内藤列伝wwwwwwwww
ttp://www.geocities.co.jp/SiliconValley-Oakland/9989/

そしてここ最近のエルフ談義

145 :名無し三等兵:04/01/26 08:20 ID:???
エルフでもなんでも服は普通に着て欲しいと思うのは漏れだけですか?

146 :名無し三等兵:04/01/26 09:27 ID:???
私は男のエルフだけ通気性のいい半そで短パンかズボンくらいを着いていてほしいのをキボン。
そして防具はミスリルの胸当てやガントレットぐらい。
女性エルフの薄着は大賛成だが男性エルフのふんどしはイヤ。
これを正当化させる理由としての私的設定では、
エルフの場合女は力があまりないから魔法中心の戦いになりああいうふなビキニ鎧のようになっている。
男のほうは女より力があるので魔法よりも素早さを重視した戦いになり通気性の良い服と胸当てを装備。
(これは女は基本的に魔法による遠距離戦、男は素早さを生かした接近戦になるのでそれを殺さない程度
防御力が必要という法則が成り立つ)

147 :名無し三等兵:04/01/26 09:37 ID:???
>>106>>113-115
男エルフのふんどしばかりの話題の中に神が降臨した!
ありがとう、でも直リンクはやめようね(´∀`)

148 :名無し三等兵:04/01/26 09:54 ID:???
よーするに

女は力がないから基本的に遠距離戦=魔法が主体=マナ吸収効率アップのため肌着やビキニアーマー

男は力がある程度あるから近距離戦も可能=オールマイティ型=マナ吸収を殺さない程度の防御力が必要
=通気性の良い(袖口などが広く大きいからそこからマナを取り込みやすい)半そで短パンかズボン

ってこと?

149 :名無し三等兵:04/01/26 09:54 ID:???
第零遊撃部隊出撃!

150 :名無し三等兵:04/01/26 10:01 ID:???
これには漏れも大賛成!
この調子で基本的に男エルフは半そで短パン、女はビキニ風の肌着かビキニメイルを定説に!

151 :名無し三等兵:04/01/26 10:05 ID:???
ビキニ鎧はちょっとねえ・・・
そういやエルフと人間ってどう区別してるの?
耳とがってりゃエルフ?

152 :名無し三等兵:04/01/26 10:13 ID:???
萌えは無いより有るほうがいい、ビキニ風の肌着や鎧は悪くない。
ま、いいんでないかい?
人には好みがあるんですからそれぞれ好きなタイプで。

153 :名無し三等兵:04/01/26 10:15 ID:???
基本的に耳と魔力の高さで区別するのではないのでしょうか?

154 :名無し三等兵:04/01/26 10:21 ID:???
>>150>>151
まあそんなに硬く考えないで頭を柔らかくして進めていきましょう。
それに違和感を感じるのなら何か話を書いてみては?
ちなみに私は今はちょっと・・。

155 :名無し三等兵:04/01/26 10:23 ID:???
>>152
まー、ビキニが好きな香具師がそういうネタを振るのは構わんが、
「ビキニ以外認めない、ふんどしダメ」って、一方的に押し付けられるのはウザイ。

156 :名無し三等兵:04/01/26 10:28 ID:???
>>149
F世界がめちゃくちゃになる…

157 :名無し三等兵:04/01/26 10:29 ID:???
それは私も賛成、
基本的な設定って事にしとこう。
それをどう受け止めるかは個人次第。

158 :名無し三等兵:04/01/26 10:35 ID:???
>>156
暫定ガイドライン
8.嵐は徹底放置。嵐認定を受けた後に、かまった者も同罪とする。
この通り無視しましょうね。

159 :名無し三等兵:04/01/26 10:37 ID:???
>>155
ていうか、そう言うのを求める時点で萌を過度に要求してるよな。
そう言う発言する奴って、そこらへんのこと分ってンのかな。
ここはそう言う板じゃねえって事だ。嫌なら半角行け。

160 :名無し三等兵:04/01/26 10:39 ID:???
これぐらいにしておきましょう。
前スレのように海洋進出派か大陸進出派のような論議になるのも嫌ですしね。

161 :名無し三等兵:04/01/26 10:41 ID:???
今までの流れだって、どうせ次スレには消えてる設定だと思うんだが。
SS投下切れ目のネタじゃねえか。なに躍起になって流れを消そうとしてるんだ?
なに夢持ってンだか分からんが、流れが切れた辺りに意見を言えば良いだけで、
今、その発言をするのはケンカ売ってる様にしか見えんぞ。

162 :名無し三等兵:04/01/26 10:53 ID:???
>>145>>155も同じレベルだ。

163 :名無し三等兵:04/01/26 10:55 ID:???
もーケンカは終わり!
とにかく話を進めよう。

164 :名無し三等兵:04/01/26 11:29 ID:???
外見的特徴(イメージ)
エルフ
色白、ダークエルフは色黒
基本的に長身痩躯
長い耳
一般に筋力は高くない
体毛が薄い傾向がある

ドワーフ
肌は黄色から白色
基本的に短身太躯
一般に筋力は高い
体毛が濃い傾向がある

獣人
人間種以外の生物的特徴を備える
但し変異可能種の場合は人間種との区別は困難

165 :名無し三等兵:04/01/26 11:38 ID:???
第九のビデオを見ながら思った事。

舞台設定。
異世界の魔法が、音の周波数の組み合わせによって構成されているものとする。(必ずしも言葉である必要はない)

自衛隊幹部は友好の一環として、帝国魔導学会のVIPを大晦日恒例の第九コンサートに招待した。
会場のお客にVIPを紹介した後、指揮者が入場。つつがなく演奏が始まる。

荘厳に響く管弦楽器達。
その迫力に満足している様子の学会のVIP、しかし曲が刻まれるにつれ段々と顔色が変わる。
「・・・なんということだ・・・」
その顔は蒼白だか、目はキラキラと輝き少年のようだ。
周りの自衛隊幹部は喜んでいるものと思い、そのまま曲に集中する。

交響曲はまもなく歌に入る。神の祝福を歌った歓喜の歌。4人の歌手とバックコーラスの大合唱にホールの熱気は最高潮に。
ふと、自衛隊幹部はVIPの方に視線を向けると、彼は号泣していた。
「・・・ここに、こんな所に私の長年の夢がアルトは・・・こんな完璧な呪文公式は初めてだ・・・」
狼狽する自衛隊幹部をしり目に、VIPは食い入る様に第九演奏に聞き入っていた。

後日、帝国では月一の教会ミサで第九をアレンジした「祝福の歌」なるものが演奏される様になり、
訪れた礼拝者達に神の御姿と心身の浄化を得て、とても幸せな気分を与えたと言う。
それを聞き、自衛隊幹部は「第九ってそんな効果があったんだ〜」と、大晦日に恒例になった意味を何となく理解した。


166 :名無し三等兵:04/01/26 11:43 ID:???
そこでニョキニョキですよ

167 :名無し三等兵:04/01/26 11:46 ID:???
そもそもが、F世界の住人の種族の認識が個人で違うものだからなあ…
指輪物語が原典である、ロードス島などのライトノベル作品のエルフも、
もとの指輪物語とは全く違うものになっているし。

「こういう設定のエルフは萌えると思うのだが、誰か書かないか? あるいは自分が書いてみようと思うんだがどう思う? でなきゃちょっと参考代わりに聞いてみてくれない?」

という方向性の議論がこのスレでの、書き手以外の人間によるレスの暗黙のローカルルールだと思っていたのだが…
結局まあ、スレにSS書く奴は自分で書きたいから書いているわけで、読み手を満足させる義務は無い。
読み手以外の奴が参考にどうぞ、とレスした議論をとるか取らないかなんて、そもそも議論して出た交渉を元にSS書くと取り決めているわけでも無い。

書き手が、「完全に自分の決めた設定で書く人」「読み手の議論を参考にしながら推敲しつつ書く人」「誰かの設定を元に、自分は書きだけの分担作業に徹する人」
と三種類ちゃんと分かれているならともかく、「議論した内容は全て書き手に反映されなければならない」と思いこまないほうがいいんじゃない?

168 :167:04/01/26 11:54 ID:???
あと一言抜けていた。

議論する人はそこら辺に留意すべきではないかと思う。

蛇足。
自分もSS書き手の一人になりたい、とかなり前のスレから思い続けて、未だに自衛隊・軍事関連の資料不足と勉強不足で書けずにいる。
そして、自分は上記3つのうちのどのスタンスの書き手になろうか、決めかねている。
設定担当と書き手が分かれて、議論しつつ合間にSS投下、というのもとても面白そうだと思う。
が、それは書き手自身も誰かの考えた設定が面白い、と思わなければ書きたくは無いわけで。
議論する人、設定を考える人、SSのネタを提供する人は、もし書き手の誰かが気まぐれに自分の考えを採ってくれれば嬉しい、程度に思っていたほうがいいんじゃないかな、と思った。


169 :名無し三等兵:04/01/26 11:54 ID:???
>>165
もう一つ。

昨日友達になった、ダークエルフのE君に古着をあげる為、自宅に呼んだB子さん。
自宅につくとコンポの電源を入れ、お気に入りの椎名林檎のCDをかける。
始めは落ち着かない雰囲気だったE君も、曲を聞くにつれ落ち着いて来たようだ。

が、異変は2曲目に流れて来た「歌舞伎町の女」が始まった途端に起こった。

ガタン!!という音に驚いてB子は、リビングに振り向いた。
そこにはふんどし一丁で仁王立ちするE君。目はうつろでなにやらぶつぶつと呟いている。
「そうか、初めからそのつもりだったんだね。僕も、初めてあった時から・・・」
といいながら、じりじりと接近してくるE君。その異様なプレッシャーに、思わず引いてしまうB子。
「責任、とってもらうよ」
臭い立つ肉体美と、無駄に潤んだ瞳に陥落したB子。
で、出会って2日で契りを結び、なんだかんだで夫婦ぜんざい。

後から聞くと、「歌舞伎町の女」には女性エルフが異性を誘う時に奏でる旋律に瓜二つで、
発情機会が一生に数回しかないエルフに取って、これはあがらう事が出来ないそうだ。
これと同じ事例は日本各地で起こっている事らしい。
おかげで、大陸に渡る女性が後を立たないらしい。

170 :名無し三等兵:04/01/26 12:00 ID:???
>>169
・・・間違えて男がその曲をかけてしまったら・・・

ガクガクブルブル・・・・

171 :名無し三等兵:04/01/26 12:04 ID:???
というか・・エルフ♂とケコーンした女性は向こうの風習に合わせるべきなのか・・
年がら年中ビギニや水着では寒くてたまらないと思うのだが。

172 :名無し三等兵:04/01/26 12:06 ID:???
>>167
基本的には同意、ただルールを厳格に運用しすぎるとスレの居心地が悪くなるが
なんでもありってのも困り物だ。
>>160
そうか? あれは結構、面白かったぞ。
楽しめない人間もいたみたいだが、あくまでもルールに則ったディベートであって
「自分と違う意見は認めない」とは言ってた訳では無いので、
引き合いに出すのは違うだろ。

173 :名無し三等兵:04/01/26 12:16 ID:???
>>170さらにもう一つ。>>166に捧げる。

大陸に初めて繋がったインターネット。
早速、プロバと契約し友達のA君と2chを覗いた。
二人ともFLASHが好きなので、FLASH板を覗くと久し振りだったので大量の新作があった。
僕とA君は狂喜して次々と観覧しては、二人で批評しあった。

ふと、一つのリンクに目が止まる。
nyoki2.swf・・・ニョキニョキ?僕はA君と目を合わせてしまった。
興味本位でクリックする。そして、あれは起こった・・・

「あなたのこ〜と、き〜らいじゃないの〜♪」
ダンスナンバーのようなベースの聞いた始まりに、舌足らずな歌声が意外に良い。なかなかの完成度な曲だ。
ついつい最後まで聞いてしまった。
感想を聞こうと、振り返った。
すると、A君はこたつの上で全裸で踊り狂っていた。
「ニョキニョキ!!ニョキニョキ!!ニョキニョキ!!ニョキニョキ!!ニョキニョキ!!ニョキニョキ!!ニョキニョキ!!」
大音量で連呼するA君。
僕の身体は凍り付いた様に動けなかった。
その内、下の階から僕の両親が以上に気付き、二階にやって来て僕も一緒にA君を取り押さえた。

後日、魔法学会の発表であの曲には軽い陶酔作用があり、体質によっては強く出る事もあるらしい。
A君とはそれ以来あっていない。

174 :名無し三等兵:04/01/26 12:28 ID:???
ttp://page.freett.com/mimic_flash/nyoki.html
ニョキニョキ参照

175 :名無し三等兵:04/01/26 12:32 ID:???
個人的な意見だが、菅野よう子が手掛けるサントラとかに変な魔力を感じるのは俺だけか?
もしかして・・・

176 :名無し三等兵:04/01/26 12:50 ID:???
>>148
こう言ってはなんだが、全身金属繊維で覆ったほうが防御力高くないか?
ミスリルあるし。



177 :名無し三等兵:04/01/26 13:12 ID:???
>>176
これでビキニ案は崩れたか・・・

178 :名無し三等兵:04/01/26 13:29 ID:???
隊長「この森に暮らしているエルフの方々と共同で作戦を行うことになった」
隊員「エルフキタ━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━!!!!!」
隊長「で、だ。 彼女等は我々から見て少し特異な装備をしているが、まあ気にしないように」
隊員「?」
エルフ「に、ニポーンの皆様、は、初めまして」
隊員「ビキニ鎧キタ━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━!!!!!」
隊員「(;´Д`)ハァハァ」
隊員「(;´Д`)ハァハァ」
隊長「お前等、ハァハァしとらんで作戦開始だ! 行くぞ!」
エルフ「??」

隊員A「いやー、今日ほど自衛隊入ったことを嬉しいと感じた日は無い」
隊員B「まったく」
隊員C「本物のビキニ鎧なんてのが見られるとは… これでいつ死んでも悔いは無い」
隊長「まったくお前等は… それしか頭に無いのか」
隊員D「あ、ふと思った」
隊長「どうした?」
隊員D「全身金属繊維で覆ったほうが防御力高くないですか? ミスリルあるし」
隊長「なるほど。 さっそく彼女等に提案してみよう」
隊員D「俺、天才wwwwwwwwwwwwおkwwwwwwwwwwww」
隊員A「……」

隊長「えー、何故か隊員Dが重傷を負ったため後方送りになった。 誰か事情を知る者はいないか」
隊員A「我々にも全くもって検討が付かんであります、ダー!」

179 :名無し三等兵:04/01/26 13:33 ID:???
そんなことしたらマナの吸収能率が悪くなりますよ。
ミスリルはあくまで通常の金属よりも同じ重さでより堅く無音性、魔法の効果を増幅させる機能はないっていいます。
比べてみると鉄の防具では魔法の効果が減少してしまう、しかしミスリルの防具では魔法の威力の減少が無く、鉄よりも軽く無音性。
ちなみに前スレにそのミスリルに関する詳しいことが紹介されていました。

180 :名無し三等兵:04/01/26 13:38 ID:???
そうだよなあ。
エルフは地肌からマナを吸収して魔力に変換しているんだし・・・。
夏とかに着るような風通しのいい服装ならまだしも全身タイツのようなのじゃ吸収できないな。

181 :名無し三等兵:04/01/26 13:57 ID:???
でも、結局は想像の金属であり、いくらでも設定を変える事ができる罠。
書き手の好みだな。

182 :名無し三等兵:04/01/26 14:01 ID:???
「あれ?」
「どうしたんですか?」
「なんで、服きてんの?マナとかが吸収し難いんじゃなかったっけ?」
「・・・御自分の胸に手を当てて、よく考えてみてください・・・」
「?」

ある、自衛隊員とエルフ女性の会話より

183 :名無し三等兵:04/01/26 14:05 ID:???
エルフの森で全裸になり、拍手喝采の江頭2:50。

184 :名無し三等兵:04/01/26 14:21 ID:???
1.女性エルフは大気からのマナ吸収効率を高めるため露出の多いビキニアーマー
→じゃあ男性は露出の多いふんどし姿だな。

で、以下の問題を提唱する。

2.魔力を妨げないミスリル銀糸製のドレスなり全身タイツなりを着用すれば?
→ミスリル銀は魔力を高めるだけでマナの吸収は阻害する。
―→ミスリル銀製の腕輪、指輪、足輪、首輪、耳輪、鼻輪、etc.をジャラジャラ装備した全裸エルフが最強では?

3.女性は男性に比べて非力なので露出が多い。男性はその必要がない。
→露出の多い男性エルフ魔法部隊が最強では?

185 :名無し三等兵:04/01/26 14:24 ID:???
なんだかんだと理屈こねてる所悪いが、一言言わせてくれ。

ネタにマジレス・・・カッコ悪いぞ。

186 :名無し三等兵:04/01/26 14:26 ID:???
>>184
ますますビキニが遠のくな。

187 :名無し三等兵:04/01/26 14:26 ID:???
「ふう〜〜〜〜〜」

テントの中で書類を処理しながら、今日になって何度目かのため息が出る。

「どうしたんですシンヤ。何か悩み事でも?食事を持ってきましたが」
「ルーシャ、ううん何でもないよ。」


188 :名無し三等兵:04/01/26 14:28 ID:???
机の上にある書類から声のしたほうに顔を向ける。
美しいストレートロングの金髪にとがった耳、そして整った顔、彼女はこの世界におけるエルフという種族だ。


189 :名無し三等兵:04/01/26 14:29 ID:???
日本が召喚されてから一部の自衛隊はこの世界の調査のために出発、その中には異例の速さで若くして幹部になった僕もいた。
彼女との出会いは異世界の大陸で初めてゲームに出てくるようなモンスターに襲われた時だった。
彼女曰く、見聞を広めるために旅に出たのはいいがここらあたりに来た時道に迷ってしまい、
その時僕らを襲っているドラゴンの姿を見てとっさに魔法で助けたのだという。
一部の頭が固い人達は、魔法というものを見て面食らってしまったが。
だがそういったものに免疫がある僕はすぐに彼女、ルーシャと溶け込めたこともあり彼女からこの世界のことを聞いてみた。
内容はやはりここが異世界だということを再認識させるには充分だった。
結局一度報告の為本土に帰還することとなった、しかし彼女自身僕らに興味を持ったらしくて同行を申し出てきたのだ。
これには反対の声も出たがここが異世界だという証拠が一つでも多く必要だという結論が出る。
その後の話し合いの結果、この世界の説明役及びガイドとしてルーシャは僕らと行動を共にすることになるのだが・・・。
厄介なのはその姿だった。
ルーシャの格好はこの世界の金属、ミスリルで作られたビキニそのものの鎧に身をまとい、手には弓を持っていた。
右腰には細長い長剣レイピア、左腰にはコンパクト化された旅の荷物、後ろの腰には弓に使う矢があった。
当然格好については何とかできないかという意見が上がる。
しかしルーシャが言うには、
「私たちエルフは自然の力を感じ取ると共に空気中に存在するマナを肌から吸収、そのマナを体内で魔力に還元、
それをちょっとずつ放出する形でその身に纏う事により、その身を守る目に見えない鎧を形成します。
もちろんその強度には限界がありますけどね・・それとある程度体温の調節も可能なのです。
そのため露出する肌が多ければ多いほどマナの吸収効率が良くなる仕組みになっているんです。
どうしてもと言うのならあなたたちの軍服を着ますけど・・・それだと魔法の効果が低下してしまうんです」
結局彼女は格好はそのままで、自衛隊に入ることとなった。
女気の無い自衛隊員達にとっては嬉しいことこの上なかったが・・・。


190 :名無し三等兵:04/01/26 14:30 ID:???
その後いろいろあって彼女に告白され、今では部下から恨みがましく見られる日々が続いている。
今僕らは自衛隊の魔法の対しての対処法のレポートを作成中だ。
ちなみにルーシャは魔法の対策アドバイザーとして活躍している。
彼女は相変わらずの姿、今ではその格好にはもうなれたものだが。
そしてあたりまえとなった二人きりの食事を楽しんでいる。
ただルーシャは相変わらず自衛隊の戦闘糧食の食べ方に苦戦しているようだ。
彼女が言うには

「食べ物はおいしいのですが袋やカンヅメをあけるのが難しいんです・・・」

無理も無い、彼女の世界ではまだこういった物は発明されてないのだから。
また彼女は箸の使い方を覚えたいというので時々手伝ってあげている。

「ここはね、こうするんだよ」
「ありがとうございますシンヤ、いつもいつもすみません」

ま・・・こんな日も悪くない・・・か。
そんな二人にとっては何気ない日常だった。


191 :名無し三等兵:04/01/26 14:32 ID:???
終わり?

192 :名無し三等兵:04/01/26 14:32 ID:???
187〜190、ネタに触発されて書きました。
乱文ですが気に入っていただけたら幸いです。

193 :名無し三等兵:04/01/26 14:43 ID:???
ttp://homepage1.nifty.com/kcaohige/gs/world.png
どこかの架空のファンタジー世界の地図、小説の参考にでも使ってくれ

194 :名無し三等兵:04/01/26 14:51 ID:???
>>187>>190
キタ━━━(゚∀゚ )━(∀゚ )━(゚  )━(  )━(  ゚)━( ゚∀)━(゚∀゚)━━━!!!!

195 :名無し三等兵:04/01/26 14:58 ID:???
ネタ。エルフとカレー。

エルフの森に派遣された僕達の小隊は、今ある病気にかかっていた。
カレーが食べたい病である。
エルフが持て成してくれる御馳走は、毎回レパートリーに富んでいて、
糧食係の僕も感心させられる所しきりだが、困った事に総じてとにかく薄味なのである。
ある隊員が呟いた、「カレーくいてー」の一言が連鎖的に大きくなり、とうとう爆発寸前まで拡がってしまった。
そこで白羽の矢が僕に向けられた訳である。

だが、意外にもカレーに使えそうな香辛料は簡単に見つかった。
エルフの料理にも香辛料は欠かせないらしく、塩分の代わりに使って味を整えるのだそうだ。
結構種類のある中からチョイスし、早速キャンプでスパイス調合を始める。
隊員も臭いを嗅ぎ付けやって来ては、スパイスの臭いを嗅いで腹を鳴らしていた。
野菜を刻み煮込み始めた頃には、エルフ達も周りに集まって来ていた。(肉は手に入らなかったので、缶詰マメを入れた。)
飯ごうで炊いていた飯を皿にもり、出来上がったカレーをかける。
みんなが穴をあける様に見つめているなか、隊長の号令で試食会が始まった。

隊員達がもりもりとカレーをガッツく中、僕はエルフ達にもカレーを勧めた。
元々興味があったのか、スパイスを分けてもらった女性のエルフがひとくち頬張る。

キラーーーン!!

一瞬固まった後、物凄いスピードでかっ込んでいくエルフ。
ぜひレピシを教えてくれと詰め寄られ、引きながらも僕はレピシを教えた。
彼女は喜びながら、更にカレーを3皿おかわりして帰った。


196 :名無し三等兵:04/01/26 15:01 ID:???
>>195続き
翌日、
エルフの長老の住処に定期訪問に向かう途中、どっかで嗅いだ事のある臭いが森中に拡がっているのが分った。
もしかして・・・
僕はヤナ予感を胸に秘めつつ、長老の住処に向かう。
が、長老は留守で本日は中央の広場で祭りを催していると聞いたのでそちらに向かう。
すると、そこには、

広間の真ん中で、でかい鍋に大量のカレーをぐつぐつ煮つつ、周りではエルフ達が踊り狂っていると言う光景

が拡がっていた・・・
その日僕と隊長は、日本にいた時でも食べた事の無いような量のカレーを、まさに死ぬ程堪能した。
僕達がキャンプに戻る頃にも、エルフ達はカレーを飽きる事無く、ただもくもくと食べ続けていた。
カレーは、日本人だけでなくエルフの心までも魅了してしまう、魔法の料理である事を僕は確信した。

197 :名無し三等兵:04/01/26 15:02 ID:???
>>184

エルフにとっては本来、全裸に近いほうが望ましい。
しかし、ぶらぶらするものをそのままにしておくと行動しにくいため、

女性:ビキニアーマーの上だけ
男性:ビキニアーマーの下だけ

を装備することが多い。

さらに魔力を高め、マナ吸収効率を妨げない装備として
腕輪、指輪、足輪、首輪、耳輪、鼻輪、etc.をありったけ装備している。

こんなことで動きにくくないのか?と思われがちだが、ミスリルは軽くて丈夫なうえ、
金属音がしないという特性(前スレ882)があるため、隠密行動にさえ妨げにならないという。

↑論理的帰結としては結局これが一番シンプルだと思う。

198 :名無し三等兵:04/01/26 15:06 ID:???
>>196
前々スレぐらいで、

魔術師がエネルギー源としてどんぶり飯をかっ食らう

さらに、生体内でのエネルギー燃焼を促進するため、唐辛子などの辛いものを摂取する

というネタがあったが、
やはり同じようなものか?

199 :名無し三等兵:04/01/26 15:08 ID:???
>>197

ぶらぶらする部分の少ない

女性:貧乳
男性:短小包茎

なエルフが最強の魔道戦士と言ってみるテスト

200 :名無し三等兵:04/01/26 15:19 ID:???
より小さくするため行動前に冷水をぶっ掛ける男エルフ

201 :名無し三等兵:04/01/26 15:23 ID:???
>>198
外界から魔力を摂取できるエルフは肌を露出することにより、
エネルギー源の確保。

外界から摂取できない人間はどんぶりメシをかっくらうことによろ、エネry

というのはいかがか

202 :名無し三等兵:04/01/26 15:24 ID:???
>>200
冬の戦場において、彼らは最強だ。
彼らを妨げるものは何もないからだ。
鎧さえ身に着ける必要がない。

全裸で敵の只中に現れ、強烈な魔法を連発する
短小包茎な男エルフは、F世界最強の戦士である。

203 :エフル:04/01/26 15:26 ID:???
隊長A「えー。今回、我々に与えられた命令は、本隊のドドメ砦進行のサポートだ」
隊員B「サポート、とは具体的にどのような活動を行うのですか?」
隊長A「うむ、本隊は日本時間26日ニイニイマルマルにドドメ砦進行を行う。
    そこで、同時刻にドドメ砦左方よりトラップによるけん制を仕掛け、
    砦内部の霍乱を行う。そして、その一角を担うのが…」
エフル「拙者なのだな?」
隊長A「その通り。我々は発破などをしかけ、城壁の一部を爆破。
    敵がこちらへ向かって来たのを確認しだい、君の魔法で我々の撤退の手助けをしてもら

    う」
エフル「まかせてください。血の雨を降らしてしんぜよう!」
隊長A「…いや、そこまではしなくてもいいです…」
エフル「なんだと?! 貴様、どの口で言った台詞か! 口でクソ垂れる前に『ダダー』と言え

!」
隊長A「ダダー?!」
エフル「いいですかぁ? あなた達の居たなるほどザ・ワールドでは知ったこちゃないですが、
    この世界の人たちはあなた達の想像をはるかに絶した対応をしてきます」
隊長A「ダダー! 例えばどのような反撃が予想されますか? ダダー!」

エフル「私の知っている情報では、あの砦には数多くのマジシャンが存在します。
    あなた方の使う『れぇだぁ』…大体どのようなモノかは教わりました…と
    同等の能力を秘めた魔法、自動迎撃魔法等もありえます。
    あなた達は魔法を足の指から舐めている…程度の加減など、命を落とすだけです。
    よろしかったですか?」
隊員ABCD「ダダー! 了解しました!どの様な対処をとればよいでしょうか! ダダー!」
エフル「そうだな、まずは先ほどの作戦通り、『バクダン』で壁を破壊した後、
    そこの『ミニにタコで団地妻』で威嚇をしましょう。そこへ私が爆雷魔法を仕掛けます


隊員D「ダダー! MINIMIです! ダダー!」
エフル「しまった!そうでした。ありがとう、家のフェレットでマッキントッシュしていいぞ」

204 :エフル:04/01/26 15:27 ID:???
むが。メモちょからコピペしたらヘンな改行はいってる。

続きは本日ニイニイマルマルを予定!ダー。

205 :名無し三等兵:04/01/26 15:29 ID:???
>>203
キタ━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━!!!

206 :名無し三等兵:04/01/26 15:35 ID:???
やっぱ、エフルは短小なのだろうか・・・

207 :名無し三等兵:04/01/26 15:36 ID:???
そして貧乳なのだろう。

208 :名無し三等兵:04/01/26 15:38 ID:???
え!!女なの?!

209 :名無し三等兵:04/01/26 15:40 ID:???
出撃の前に

マナの吸収をよくするための特性ローション

を全身に塗るエフル

210 :名無し三等兵:04/01/26 15:41 ID:???
>>208
違うだろ(笑)

211 :名無し三等兵:04/01/26 15:41 ID:???
ふと思ったんだが、
中世の亜人種とかはこれまでもでてきたが、
東洋の空想の存在はどうなんだろう。
仙人とかカッパとか、あとなんかいる?

212 :名無し三等兵:04/01/26 15:42 ID:???
>>209
モンゴル相撲ミテエだ・・・

213 :名無し三等兵:04/01/26 15:43 ID:???
>>211
まあ、舞台が「中世欧州風の世界」だからな。

214 :名無し三等兵:04/01/26 15:45 ID:???
>>211
さらに言うと、和製ファンタジーに出てくる亜人種は
ヨーロッパの民話に出てくる同名の妖精とはまったく別物だし。

215 :名無し三等兵:04/01/26 15:46 ID:???
天狗とか飛頭蛮とかどうよ?

216 :名無し三等兵:04/01/26 15:52 ID:???
でも、東洋の地理が舞台じゃなかったっけ?
まあいいが。

217 :名無し三等兵:04/01/26 15:53 ID:???
地形だけ東アジアで文化的にはヨーロッパって設定じゃなかったっけ。

218 :名無し三等兵:04/01/26 15:56 ID:???
エルフと烏天狗が森の覇権をかけて術また術の戦いですね!

219 :名無し三等兵:04/01/26 15:57 ID:???
シッチャカメッチャカな世界だな。

220 :名無し三等兵:04/01/26 15:59 ID:???
>>218
きっとそのエルフは和製ファンタジイに出てくるようなエルフではなく、
伝統的なヨーロッパ民話に出てくるようなエルフなんだろう。

221 :名無し三等兵:04/01/26 16:01 ID:???
>>190
いいねぇ、ほのぼのしてて。
なんかいっきにムサ苦しくなってきたから・・・(w

222 :名無し三等兵:04/01/26 16:02 ID:???
カレーネタ。その2。

帝国中部に拡がる広大な森。人々は敬意をもって「エルフの森」と呼んだ。
それまで日本との交流に頑なだった高尚なるエルフ族が、ある切っ掛けで心を許す様になる。

カレーである。

エルフ族は従来、体調などの身体的な要因をマナを頼った治療のみで頼って来た。
よって、マナの加護のみに頼る生活しか望めなかった。
エルフとて生物である。子孫を増やす為、生物として進化をする。
生存範囲を広げる為に進化を遂げて来て、他の人種にはないマナの加護を得る事に成功した唯一の人種ではあるが、
反対にそれがエルフ達を森の中に閉じ込めてしまう結果に落ち入った。
結果、文明の遅れによる外界からの隔離。不等な差別。それによる争いで、各地のエルフ達が消えていった。
それを保護したのが、日本国であり、自衛隊である。

223 :名無し三等兵:04/01/26 16:14 ID:???
>>222続き
当初は人間への不信感から、自らを守る自衛隊にさえ気を許さなかったエルフ達。
しかし、カレーの伝来により風向きは変わった。

カレーはなにも、エルフ達の味覚にあったから急速に広まった訳ではない。
カレーにはエルフ達が旧来より求め続けていたある効能があった。
それは、マナに変わる大量の魔力補充食品であると言う事である。

人間の魔導師が、魔力を補充する為に炭水化物や香辛料を摂取する事は有名だが、
エルフ達はこれに独自の薬草知識を活かしたアレンジを加え、みごとな魔力補充及びマナ吸収促進を促すカレーを作り上げたのだ。
これには日本国のカレー会社も協力している。(神秘のスパイスとして、日本でも売られている)

これにより、エルフは森以外での身体的な行動の制限に縛られない、広大な生存範囲を手に入れる事に成功。
その優れた頭脳と鋭い見識で、日本を始めとした異文化を吸収していった・・・
今日、少数民族に過ぎなかったエルフが世界各地で活躍するに至った経緯は、こんな所にあったのだ。

224 :名無し三等兵:04/01/26 16:22 ID:???
リオネアタンとドクオとエフルのディスカッション

225 :名無し三等兵:04/01/26 16:23 ID:???
リオミアだった。 もちろんカレーを交えてのトーク。

226 :名無し三等兵:04/01/26 16:24 ID:???
>>222-223
素晴らしい!
ものすごい勢いで特盛カレー丼をかっ食らうふんどしエルフを想像してワロタ

227 :('A`):04/01/26 16:38 ID:???
>>226
そのネタ(σ・∀・)σゲッツ!!

228 :名無し三等兵:04/01/26 17:20 ID:???
ファンタジー世界における異種族差別のモデルは、
現実世界における人種、民族差別である。
すなわち、異民族は人間ではないという思想が根底にあるわけである。

それはしばしば、相手に対する虐殺などの形をとって作品に現れる。
しかし、それを行う人間は何ら咎められることはない。
なぜなら、相手は人間ですらないからである。

それはしばしば、虐げられるものに対する同情、保護という形で現れる。
それを行う人間は、優越感に浸ることが出来る。
なぜなら、弱い立場の動物を保護することは、賞賛されるべきだからである。









ゴブリンを殺した自衛官を殺人罪で訴える市民団体。
亜人種に人権を認めるべきかどうかで激しい議論がなされる最高裁。
エルフを絶滅危惧種に指定しようとする環境省。

どこかで見たネタだな。

229 :名無し三等兵:04/01/26 17:44 ID:???
イラクに派遣された先遣隊の隊長を見たある部族長は
「立派な髭で、イラク人のようだ」
と感想を述べた。(実話)



日本の力士を見たエルフの王は
「立派なふんどしで、エルフのようだ」
と感想を述べた。



230 :名無し三等兵:04/01/26 17:57 ID:???
ふんどしは>>34みたいなのだったら許す。

231 :名無し三等兵:04/01/26 18:00 ID:???


日本がこの世界へ召喚されてから、もうどれだけの時間が経ったろう。
未知の文明との接触は様々な不幸を呼んだが、
とりあえず自衛隊が大活躍しなければならない様な事態は収束に向かいつつあり、
著名希望の三尉である俺もようやく暇が取れるようになった。

「いや〜、楽しみッスね三尉〜」
「俺なんかカメラ持って来ちゃったであります」

浮かれた声を出しながら隣りを歩いているのは、共に厄介事をくぐり抜けて来た仲間二人だ。
面倒なので友人A・Bと呼称する。
俺達はある料理店に向かっていた。 休暇が取れたら真っ先に行きたいと思っていた店だ。
そこはちょっと前にテレビで紹介されてから一躍有名になり、
今ではお客が遠路はるばる並びにやって来るという繁盛ぶりを見せている。

「あ、見えましたよ! あれですかね」

Aが指差す先には、なるほど長蛇の列が見える。
どういう訳か男しかいないその列の最後尾に俺達も並んだ。
前にいる大勢の客はどういう訳かソワソワしたりニヤニヤしたりで、変に落ち付きが無い。
AとBもカメラのチェックをしたり、何故か服装を正したりと、挙動がどんどん不振になってくる。
まあ、それも仕方ないことだ。 これから俺達が入る店は、まさに楽園と呼ぶに相応しい…
おっと、想像しただけで鼻血が。

232 :名無し三等兵:04/01/26 18:01 ID:???


かなりの長い時間を待たされて、ようやく店の入口が俺達の眼前に迫った。
小便は済ませたか? 神様にお祈りは? 部屋のスミでガタガタ震えて命乞いをする心の準備はOK?
俺が先頭になり、覚悟を決めて店のドアを開けた。
カランカラン、とベルが鳴る。
その途端に…

「いらっしゃいませ〜!」

くはあ。
来た、来ましたよ。
エルフにケモノ耳、天使みたいな羽に蝙蝠羽、他にもわんさか。
俺達を出迎えてくれたのは、人間とは異なる様々な種族の、とびっきりの美女たちだった。
AもBも、当然ながらこの俺も、完全に( ゚д゚)ポカーンとしている。
目の前にある地上の楽園の様な光景が、現実であるという実感が今一つ湧いて来ない。

「お客様?」

ああ、やめろ、ネコミミ少女。 不思議そうな顔で俺を見つめないでくれ。 それだけでイッちまう。
いち早く我に返ったBが、この素晴らしい景色を永遠に保管しようと素早くカメラを構えた。
その瞬間に、朱塗りの六尺棒がカメラのシャッターに突き付けられた。

「お客様、当店では許可無く撮影は禁じられております」

そう言ってこちらを睨むのは、皮製の防具を纏ったエルフの少女だ。 用心棒的なものだろうか。
そんな武器持って凄まれても困る。 Bはあんたの姿も写真に収めたいだろうな。


233 :名無し三等兵:04/01/26 18:36 ID:???
>>212
アフガン航空相撲を登場させるか?
奴らならファンタジーに登場しても違和感無いだろう。

234 :名無し三等兵:04/01/26 18:44 ID:???
自衛隊VSアフガン航空力士

235 :名無し三等兵:04/01/26 18:49 ID:???
萌えキャラとの出会いを期待しつつF世界での作戦を遂行するも、
ことごとく期待を裏切られる自衛隊の話キボンヌ

236 :名無し三等兵:04/01/26 19:11 ID:???
ちょっとばかり即興で考えたネタ。
プロット代わりに投下してみる。


文章が稚拙なので、あんまり期待しないで下さい。



「日本国自衛隊エインヘイヤル中隊」

設定:召喚国ヴィンドヘイム 敵国ヴァルランド
召喚された自衛隊員は20XX年に勃発した戦争での戦死者、英霊。
ヴァルランドの侵攻により窮地に立たされたヴィンドヘイムは、異世界より英霊の軍隊を召喚する魔法を実行する…

237 :236:04/01/26 19:12 ID:???
…その国は、滅亡の危機に瀕していた。
戦の発端は、どこの世界にもよくあること。 天候不良による飢饉、食糧不足。
飢える自国の民を救うため、豊かな他国に戦を仕掛け、肥沃な領土を、食料を奪い取る。
痩せた土地しかない貧しい国に、他にどれだけの選択肢があっただろう。
貧しさゆえに一切れのパンを盗む貧民を、誰も責められぬように。
親は飢えた子を、夫は飢えた妻を、領主は飢えた領民を、王は貧しい荒れ果てたこの国を、救いたいと願った。
だから、奪うことにした。 奪わなければ、明日を迎えず飢え死にする。
明日に畑の穂が実って飢えから逃れられようとも、今日死んでしまえば意味は無い。
既にそこまで差し迫った危機ゆえに、仕方なく仕掛けた戦だった。

戦を仕掛けられた豊かな国は、当初すぐに戦は終わるものと思った。
貧しい国にはろくな食糧の備蓄も無く、軍備をそろえる国庫も無く、兵の数も少なかった。
それ故に、油断していた。 死ぬ物狂いで襲い来る敵の力を見誤ったのだ。
将兵の油断と怠慢から戦線は突破され、崩壊し、敵の侵入を許してしまった。
飢えた獣と化した兵たちは、村々を襲い、奪い、殺し、焼き払った。

やがて、当初の国同士の力関係は、数ヶ月で逆転した。


238 :名無し三等兵:04/01/26 19:14 ID:???
 彼女は海上自衛隊初の原子力空母である。
 本来ならば、彼女はフォークランド紛争時の
アトランティック・コンベアに船舶用原子炉と将
来型護衛艦用試作モーターを積んだような特
設航空機支援艦になるハズだった。
 しかし、彼女の運命は人の思惑と安全基準と
関連法規を越え、商船構造とは言え見た目は
立派な「原子力空母」となった。
 彼女の名を「やまと」と言う。


239 :236:04/01/26 19:14 ID:???
大地に馬蹄の音をとどろかし、槍の穂先をそろえて、騎士たちが突撃する。
人も馬も甲冑に身を包んだ重装騎士の突撃を阻めるものなど、この世に存在しない。
迎え撃つ歩兵達は、細い長槍を地面に突き立てて斜めに構え、槍衾をつくって対抗しようとする。
が、槍の数は兵士の数に比べて明らかに少なく、まばらで、また、重装騎馬の突撃を食い止めるには、信じられないほど細く頼りない。
それでも、身軽な武装しか持たない歩兵達は必死の形相で槍にしがみ付いていた。
目前に迫る騎兵の踏み鳴らす馬蹄の音に、全員が蒼白となっている。
無理も無い。 数十秒後にはこのほぼ全員が馬の脚に蹴散らされ、踏み潰されて死んでゆくのだから。

「…もう少し引き付けよ。 この距離ではまだ最前列しか射程に入らない」

歩兵達の隊列の数歩前に、黒いローブをまとう小柄な人影が立っていた。
怯えながら、蹂躙されるのを待つ彼らと違って、その人影は随分と落ち着き払っている。
背後に立つ兵士達と見比べても、その格好は随分と簡素、かつ軽装であり、戦場では少し違和感があったかもしれない。

「フェニヤ殿、まだ、まだ待たなくてはいけませんか!?」

槍を構える兵士の一人が恐怖に怯えきった、震える声でその人物の背中に叫んだ。
彼は、後ろを振り返らずに「もう少し」とだけ呟いた。
騎馬の轟く馬蹄が、すぐ、目前まで迫る。
隊列の中からひい、という悲鳴やうめき声が漏れ、最後列の兵士達の中にはそっと逃げ出そうとする者も見られた。

『来たれ風の精霊 …打ち鳴らせ嵐の鐘 今頭上に来たりて 天を割らんが如く鳴り響いたり』

ローブの人物が、右手を頭の上に差し伸べて、呟きだした。
その声は、朗々と歌うようにその口から漏れて、後列の兵士達の耳にまで届いた。
雁の隊形を取って突撃する重装騎士たちの、大地を揺るがす轟音が歩兵たちの数メートル手前まで近づく。

『闇より生まれ闇を切り裂く光の刃 天空を走り のたうつ光の蛇とならん』


240 :名無し三等兵:04/01/26 19:14 ID:???
何スレか前からずっと思ってたんだが。
スレを重ねるごとに軍事関係なくなってないか?


それだけじゃなんなので。
召喚されたのが日本じゃなくて沖縄のみだった場合は
駐留してる米軍がメインの話になるのかな。
まあ。兵站の確保が出来ないから2ヶ月保たずに終わりを迎えそうだが。

241 :236:04/01/26 19:15 ID:???
歩兵達が、もう駄目だ、と目を瞑りかけたその時。
ローブの人物が突如として声を張り上げて、叫んだ。

『今 我が敵のことごとくを 打ち砕け!!』

瞬間、轟音とともに閃光が走り、重装騎士たちの馬蹄も、兵士達の悲鳴も、皆もろともに飲み込まれる。
百万本の剣を一度に砕いたような、あるいは大きな太鼓を千個も並べて一度に叩いたような、山をもとどろかすような爆音が、歩兵達の鼓膜を進撃し、多くは槍も剣も捨てて、皆一様に耳を押さえて大地にひれ伏してうずくまった。

…やがて、爆音が遠く聞こえなくなり、兵士達は瞑っていた目を開けた。
大地のあちこちが黒く、野火でもあったように黒く焦げ、肉の焼ける異臭がする。
見ると、ローブの人物が立っていて、その先には黒焦げになった人馬の遺体が連綿と続いていた。

「…しばらくは、これで敵も追撃を仕掛けてこないだろう。 砦に戻るぞ」

歩兵達は呆然として、地面にへたり込んだままローブの人物を見上げていた。
フェニヤ、と先ほど兵士に呼ばれたその人物は歩兵達を振り返り、ふん、と鼻で笑うと、そのまま真っ直ぐ歩兵達を掻き分けて歩き始める。
兵士達は、ぽかんと口を開けて、ふぬけたような表情で彼を見つめたまま、立ち上がることができないでいた。
その頬に、ポタリ、と水滴が一つ落ちて、フェニヤは空を見上げた。
空を、黒い雲が渦巻き…ポツ、ポツ、と雨が降り始める。
彼は、それが今しがた自分が使った魔法の影響によるものだ、ということを知っていた。

「……」

フェニヤは、それを特に感慨のない瞳で見つめた。


242 :反萌主義者:04/01/26 19:16 ID:???
>>240
必死に萌えに走ろうとするやつがいるから。

243 :236:04/01/26 19:17 ID:???
「…では、戦を止めるには降伏しか無いと申されますか」

半透明のくすんだガラス窓に打ち付ける激しい雨粒を見つめながら、貴族の服を着た少女が呟く。
場所は砦の会議室。 長方形の長い卓を囲んで、4人の人物が椅子に腰を降ろしている。
少女は、四人に背を向ける形で、窓際に立って、暗い窓の外を見ていた。
既に日は落ちかけ、もともと透明度の薄いガラス板は何も映さない。
ただ、窓に張り付いた幾つもの水滴が、流れて涙のような跡をつくっていた。
壁側の席に座った髭面の貴族が、告げる。

「…ヴァルランドの軍勢は我が方の領土の3分の2を占領し、勢いづいております。 対して、我らは主力の3個騎士団を喪失。 残ったのは傷病兵ばかり。 もはや、我らに抵抗する戦力は残されておりませぬ」
「講和はどうなりました?」
「…開戦の時点で、その道は閉ざされました。 先王がヴァルランドの使者をことごとく斬って捨てたのが、今更ながら悔やまれます」

今度は、その向かいの席に座るやや若い貴族が答えた。
少女…ヴィンドヘイム国の現女王は、今は亡き父を思い出した。
傲慢で、尊大で、選民意識の鼻についた、狭量な王。
父が半年前、再三に渡り食料の援助を求めるヴァルランド国の使者の要求をはねつけ、あまつさえ殺してさえしなければ…
国中の倉庫に唸る麦の半分でも、あるいは辺境の小さな領土の一つでも、くれてやればよかったのだ。
それを惜しんだが為に、いまや国土の半分は敵の手に落ち、民は苦しんでいる。

「これ以上戦を続ければ、民の苦しみは一層増すでしょう。 ただでさえ、勝敗の帰趨は既に決しております。 もはや…」


244 :236:04/01/26 19:18 ID:???
>240
日本国丸ごと召喚、とかF世界の国勢や事情とか考察すると、戦術レベルよりも戦略レベルで
考えなければならなくなってくるから、とも思うよ。

245 :236:04/01/26 19:20 ID:???
少女とて、それはわかっている。
もう既に、勝ち目は無い。 数少ない兵力を結集させたこの砦が落ちれば、あとは無防備な町や村が残るばかりだ。
今日、見方の魔法使いの放った雷の魔法でどうにか一日落城を先延ばしに出来たものの、明日も上手く行くとは限らない。
だが…いま降伏しても、降伏せずに戦ったときと同じようにヴァルランドの兵は我らの領民を殺すだろう。
元々が、略奪のための戦争なのだ。
戦争で一度勢いに乗った兵の流れは、容易には止まらない。 本流のように押し寄せて、そして全て奪っていく。
それに、飢饉で飢え苦しんだヴァルランドの民は、冷たい態度で援助を断ったヴィンドヘイムを恨んでいる。

「剣を取り戦っても、敗れ、殺され、奪われる。 剣を捨て降伏しても、やはり、殺され、奪われる。 どちらを選んでも結果は同じさね」

卓の隅、少女から一番離れた席に座っていた、茶色いローブを着た老婆が、しわがれた声を出した。
しわの深く刻まれた土気色の顔、曲がった背。
少女は、老婆のほうに顔を向けた。

「…さて、どちらになさるね。 結果は同じだが、過程は違う。 雄々しく戦って死ぬか、負け犬のように惨めに死ぬか。 選ぶのは、スヴァンヒルド、あんただよ」

老婆は白く濁った瞳を、女王…スヴァンヒルドに向ける。
その目は既にめしいていたが、老婆にはまるで物が見えているかのようでもあった。

「…フレック、私は、迷っています。 国が滅ぶのを、容易には受け入れられません。 しかし、運命から逃れることも出来ません」


246 :236:04/01/26 19:23 ID:???
フレックと呼ばれた老婆は喉の奥でくつくつと笑う。

「もうすぐ国も民も貴族も全て死ぬというのに、まだぐずぐずしているのかい。 さっさと決めちまいな。 あたしは、どっちだっていいんだがね。 でも、スヴァンヒルド、あんたが最後まで戦って死ぬことを選ぶんなら、力を貸してもいい」
「その言葉は真ですか、魔女フレック!?」

老婆の言葉に先に反応したのは少女ではなく若い貴族だった。
老婆は彼の問いには反応せず、スヴァンヒルドが「それはどういうことですか」と口にしてから、ようやく答える。

「ヴァルグリンドの門。 天上、地獄、異界より、遥か昔に死んだ英霊を呼び出す魔法の儀式さ。 それを行なえば、あるいは、ヴァルランドの忌々しい略奪者どもを、押し返す事も出来るかも知れないね。 ただし…」

ただし、と老婆は一呼吸置いてから言った。

「…呼び出される英霊が、どんなもので、どの程度の力になるのかは、全くわからない。 一つの賭けさね。 天を突くほどの巨人の軍勢が呼び出されるかもしれないし、
くるぶしより小さな小人の軍隊がやってくるかもしれない。 全く持って、期待も保障もできないよ。 それでもいいんなら、あたしは構わない」



…今日書いたのはここまでで。 次に書くときは自衛隊側の描写になると思う。
自分、軍事には疎いのが心配の種。 F世界以上に稚拙で矛盾と突っ込みの入れどころに満ちた文章になると思う。

247 :名無し三等兵:04/01/26 19:25 ID:???
戦死者を召喚ってネタは前々スレぐらいにあったな。

248 :メイドさんの戦塵:04/01/26 19:27 ID:???
「原子力空母? 何に使うつもりだ? イスカ
ンダルまで放射能除去装置でも取りに良くつ
もりか?」
「南洋群島の油田調査に使います」
「既存の護衛艦は使えないのかね?」
「ましゅう1隻分の燃料があれば、満州開発に回
した方が確実です。原子力船が使えないならば、
南洋の調査は延期するべきでしょう」
「空母である必要があるのかね?」
「いろいろとヘリが必要になりますから」
「当たればでかい大博打か。…良かろう。今回は
貴様等の勝ちだ、何隻欲しい?」
「とりあえず、一隻あれば十分です」


249 :名無し三等兵:04/01/26 19:28 ID:???
>>247
いやいや、鳥山の戦いを元ネタにした奴より
オリジナリティーがあって面白いと思われ。

250 :名無し三等兵:04/01/26 19:31 ID:???
>>236殿 goog job
続編に期待してます。

251 :250:04/01/26 19:33 ID:???
誤goog
正good


252 :名無し三等兵:04/01/26 19:37 ID:???
>247
(ぼそ)ファンタジー世界が未来の地球だたーりしたら、日本まるごと呼ぶことも可能……

253 :名無し三等兵:04/01/26 19:37 ID:???
マナ摂取能を上げたい→
体表面積を増やそう→
腕と胸の間の皮膚が発達してムササビのような皮膜が形成される→
呪術的文様の刺青またはペインティングを施す→
そのうち樹上間の滑空にも利用するように→
体重を軽量化したい→
脳の容積はそのままで体を矮小化する→
要は皮膜を除いた外見が人間の幼児に→
消化器官が退化→
吸収が容易な糖分を好むように→
養蜂業の発明→
フェアリー(モドキ)種の成立

異常、風が吹けば桶屋が儲かる式論法でお送りしました、サー!

254 :236:04/01/26 19:38 ID:???
>247 249 250

自分北欧神話とか好きなので人名や地名はそこら辺から引用しました。

参考資料
中世の戦争様式資料…13ウォリアーズ ブレイブハート グラディエーター
          軍板 世界史板 ファンタジー板 卓上ゲーム板 各スレの幾つか
近代軍事・自衛隊資料…ガメラ2 ガメラ3 自衛隊員募集のパンフレット 自衛隊公式HP
           自衛隊板 軍板 特にこのスレ

…映画が混じっている時点でダメポ。

255 :名無し三等兵:04/01/26 19:50 ID:???
あるエルフが言った。

「カレーは飲み物だ・・・」

エルフとカレーその3

僕は南洋での任務で一緒にだった、若い男性ダークエルフとひょんな切っ掛けで友人になった。
それまでエルフに対する印象は、堅物で頑固の固まりって感じだとよく言われていたが、全然そんな事はなく普通に話せる良い奴だった。
ただ一つ、カレーに対する執着を除けば・・・

「君は気がつくと、いつもカレーを食べているなあ。」
「よく言われるよ。でも、この味を教えたのは君たち日本人だろ?」
「それはそうだが・・・毎日10皿は食べてるだろう。正直飽きないのか?」
「まあ、エルフにとってはカレーは飲み物みたいなモンだからなあ・・・」
・・・・・・
「はあ?」
「いや、君たちはのどが乾くと水を飲むだろ?
 私達はマナや魔力を常に消費して生きている。その為、カレーを食べて補充する必要があるんだよ」

「・・・その割には本当に旨そうに食うよなあ。・・・なんか俺も食いたくなって来た。」
「・・・私のはやらんぞ・・・」

256 :名無し三等兵:04/01/26 20:09 ID:???
>>187>>190の小説を書いてくれた方、ありがとう。
僕らはこんなセクシーでぼのぼのとした話を待っていた。

257 :名無し三等兵:04/01/26 20:11 ID:???
ウガンダエルフキター

258 :名無し三等兵:04/01/26 20:12 ID:???
>>236
いい雰囲気だ。gj

259 :名無し三等兵:04/01/26 20:15 ID:???
牛肉の輸入制限で牛丼を停止する店が続出!!
そのため代替え商品として発案された「カレー丼」!!


店にはカレー丼を求めてエルフ達の行列が・・・


ますます、行く機会が無くなりそうな吉野家だった。

260 :名無し三等兵:04/01/26 20:19 ID:???
>>259
その光景を見た僕の友人が一言。

「・・・寒そうだな」

激しく同意。

261 :名無し三等兵:04/01/26 20:20 ID:???
>>248
前スレで「大陸侵攻は開発統治の為、世界市場から切り離された日本経済を回転
させるのに必要な海外市場を育てるのが目的」って意見が主流だったんで調べてみたら、
日本の貿易依存度は輸出9.3%、輸入6.6%とかなり低い。

各国別、貿易依存度


          輸出    輸入
韓国        35.9%   30.7%
西独逸       26.8%   20.7%
カナダ       23.9%   22.9%
イギリス      17.4%   22.8%
フランス      17.2%   18.7%
オーストラリア   13.8%   14.0%
日本         9.3%   6.6%
アメリカ       6.6%   9.4%

この表を見て判るように日本経済の海外市場への依存度は、
「先進国の中で世界経済から切り離されても生存可能な唯一の国、アメリカ」並に低いです。
食料、資源の問題がクリアできれば、F世界の開発はやらなくても済みそうです。

SSの設定を変える必要はありませんが、ひとつ参考までに。  

262 :名無し三等兵:04/01/26 20:23 ID:???
ていうか、ずいぶん古そうなデータだな。
西ドイツって・・・

263 :名無し三等兵:04/01/26 20:23 ID:???
>>261
出展資料の名前かURLを併記してくれるとありがたい。

264 :名無し三等兵:04/01/26 20:28 ID:???
>>260

吉野家はもはや店ではない。
日中は カレー臭と煙が濛々と立ち込め Uの字テーブルの向こうも見えない。
炎に照らし出された巨大な炉のようだ。
それは焼け付くように暑く 殺伐として耐えられないので
通でさえ並を注文し 必死にかきこんで消化しようとした。
人間はこの地獄から逃げ出す。
どんなに固い意思でも いつまでも我慢してはいられない。

エルフだけが 耐えるのだ。
神よ 何故われらを見捨てたもうたのか!

                        ――吉野家通@ファンタジー世界 の手記

265 :名無し三等兵:04/01/26 20:30 ID:???
>>264
ここで吉野家の改造コピペがくれば完璧だな。

266 :名無し三等兵:04/01/26 20:37 ID:???
カレー業界は風雲急を告げていた・・・

果して、人間向けのカレーに重点を置くべきか、エルフ向けのカレーに重点を置くべきか・・・
カレー業界トップのA社、経営会議は揉めに揉めた。
もはやカレーは人間だけのモノではないと、声高々に意見を述べる常務兼アドバイザーのエルフ族長のB氏。
カレーを奪われてたまるものかと、従来路線を主張する専務。
A社は今、二つに別れて激しく揺れようとしていた・・・

267 :名無し三等兵:04/01/26 20:56 ID:???
>>265
作ってみたけどイマイチ面白くなかった。
誰か勇者の登場キボン↓

268 :名無し三等兵:04/01/26 21:01 ID:???
じゃ俺作る。
ちょっと舞ってて。

269 :やってしまえTrue/False ◆ItgMVQehA6 :04/01/26 21:05 ID:???
>268
          |     |/(-_-)\|
          |     |  ∩∩   |
          | アヒャヒャヒャ  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ アーヒャヒャヒャヒャ
          ヽ(゚∀゚)ノ 三  (゚∀゚)ノ
           .(  へ)── <(   )─────────
      /    く   (゚∀゚ ) く し
    /       ミ 〜(  〜) 彡
               ノ ノ アヒャヒャヒャ

勢い良く舞っております。

270 :名無し三等兵:04/01/26 21:06 ID:???
今日、吉野家に行ったんですよ。
そしたら駐車場は満車、駐車待ちですよ!
「うわ」とか思いつつ店に入ったらそこはもう黄色い空気。
持ち帰りレジは10人待ち、老若男女エルフ問わずですよ・・。
弁当待ちしているうちにもエルフがどんどん入ってきて
いまにも警備員呼んだ方が良いんじゃないかってくらい。
弁当目当てだったから、待っているときに客を観察してたんだけど、
小奇麗な小さいガキエルフが席を独占して、親エルフに「並ってどれ?」とか聞いてるんですよ。
しかも銀髪の品のいいエルフ婦人も息子に連れられて入ってきて、
物珍しそうに「卵を上にかけるのー、へえ・・。」とか可愛く言ってるんですよ。
いやほんと「吉野家コピペ」を作った人の気持ちがやっとわかったよ。

神経すり減らして山から下りてきた走り屋とトラック屋のおっさんと
背中でガンとばしつつ孤独に大盛りを平らげる・・。
それが吉野家じゃないのか!

挙げ句の果てに、さっきの小奇麗なガキエルフが食い終わって
「ねぇおとうさん、次はニトリ行こう」だってYO! こんな天気の良い日曜にそれかYO!
どうなってんだ、このエルフ家族・・。
まぁ節約のために妹と一緒に「カレー丼の日」の昼に弁当買いに来る方も来る方だが。

271 :名無し三等兵:04/01/26 21:18 ID:???
そんな事より1よ、ちょいと聞いてくれよ。スレとあんま関係ないけどさ。
このあいだ、近所の吉野家行ったんです。吉野家。
そしたらなんかエルフがめちゃくちゃいっぱいで座れないんです。
で、よく見たらなんか垂れ幕下がってて、カレー丼始めました、とか書いてあるんです。
もうね、アホかと。馬鹿かと。
お前らな、カレー丼如きで普段来てない吉野家に来てんじゃねーよ、森の賢人ども。
カレー丼だよ、カレー丼。
なんか親子連れとかもいるし。エルフ4人でカレー丼か。おめでてーな。
よし、私は特盛を頼もう、とか言ってるの。もう見てらんない。ついでに臭いもきつい。
お前らな、カレールーやるからその席空けろと。
吉野家ってのはな、牛丼食う所なんだよ。
牛丼売ってない吉野屋なんて吉野屋じゃない、
牛丼なければ買いに行かない、そんな信念が吉野屋通じゃねえか。エルフ供は、すっこんでろ。
で、やっと座れたかと思ったら、隣の奴が、大盛福神漬大盛りで、とか言ってるんです。
そこでまたぶち切れですよ。
あのな、福神漬なんてきょうび流行んねーんだよ。ボケが。
得意げな顔して何が、福神漬、だ。
お前は本当に福神漬を食いたいのかと問いたい。問い詰めたい。小1時間問い詰めたい。
お前、福神漬って言いたいだけちゃうんかと。
吉野家通の俺から言わせてもらえば今、吉野家通の間での最新流行はやっぱり、
らっきょう、これだね。
大盛りらっきょうギョク。これが通の頼み方。
らっきょうってのは酢漬けらっきょうがトッピングされている。酸っぱさがカレーの旨味を引き出す。これ。
で、それに大盛りギョク(玉子)。これ最強。
しかしこれを頼むと次からエルフ共に尊敬されるという危険も伴う、諸刃の剣。
素人にはお薦め出来ない。
まあお前、1は、ヤキトリ丼でも食ってなさいってこった。

272 :名無し三等兵:04/01/26 21:30 ID:???
吉野屋で殺伐とカレー丼を食べるエルフ達・・・

ちょっとカッコ良いか?

273 :名無し三等兵:04/01/26 21:33 ID:???
吉野屋で殺伐とカレー丼を食べる、ふんどしエルフ達・・・

274 :名無し三等兵:04/01/26 21:35 ID:???
異世界の戦隊モノトリビア。

イエローは














ウガンダ。

275 :名無し三等兵:04/01/26 21:36 ID:???
あるエルフは言った。
ウガンダはネ申!!

276 :名無し三等兵:04/01/26 21:45 ID:???
なんかネタばっかだな。
みんな楽しんでんのか?

277 :名無し三等兵:04/01/26 21:46 ID:???
楽しんでるからこんだけネタが出てくるんだろ。

278 :名無し三等兵:04/01/26 21:49 ID:???
諸君 私はカレーが好きだ、
諸君 私はカレーが好きだ 、
諸君 私はカレーが大好きだ 。
 
ポークカレーが好きだ、ビーフカレーが好きだ、チキンカレーが好きだ、海老カレーが好きだ。
マトンカレーが好きだ、野菜カレーが好きだ、キーマカレーが好きだ、ドライカレーが好きだ。
 
専門店で、定食屋で、ファミレスで、蕎麦屋で、屋台で、パーキングエリアで、日本で、故郷で 、
この地上で調理される 、ありとあらゆるカレー料理が大好きだ 。
 
無数の香料を用いた芸術の元祖たるインドカレーに、バターが塗られた熱いナンを
ちぎり、じっくりと染み込ませたのを食べるのが好きだ。
鮮やかな黄色に染まったナンから、焼きたての証の湯気がもうもうと上がった時など心がおどる
ココナッツソースの神秘タイカレーのグリーン・レッド等の風味豊かなスープに、
プリックナンプラーを掛けて味わうのが好きだ。
金属製の鍋に、たっぷりと入ったスープの底に沈んだ色鮮やかな唐辛子を
スプーンですくい上げたときなど、胸が高鳴るような気持ちだった。
日本ならではの、伝統が発揮された和風カレーの調和と優しさに満ちた味わいを、
炊き立てのライスと共に楽しむのが好きだ。
調味料の帝王たる醤油が、カレースープの隠された魅力をどこまでもどこまでも
引き出している様など、感動すら覚える。
即席カレーの切り札たるカレールウが、スープの中に溶け込んでいく様などはもうたまらない。
飴色になるまで炒めた玉ねぎと、細かく刻んだ大量のセロリを煮込んだスープを、
ぐらぐらと鳴る鍋でとことん煮詰めるのも最高だ。
だしをふんだんに使ったカレーうどんに、長葱と鶏肉が具に入っているのを
その感触すら心地よい割り箸で、うどんに絡み付いてくるスープごと啜りこむ時など絶頂すら覚える
専門店のカレーが、無茶苦茶に辛いのが好きだ。
余裕で食べられる筈だったその辛さにうめき、ラッシーでなんとか頑張る様は
とてもとても格好悪いものだ。
レトルトカレーの味が、予想より駄目で失望させられるのが好きだ。
「カレーの王子様」クラスの甘さに苦しめられ、完食を諦めるのは屈辱の極みだ。
 

279 :名無し三等兵:04/01/26 21:52 ID:???
カレースレになりつつあるな。

自衛隊 VS カレーの王子様率いる王国軍


280 :名無し三等兵:04/01/26 21:54 ID:???
諸君、私はカレーを、地獄のようなカレーを望んでいる。
諸君、私に付き従う、部族戦友諸君、君達は一体何を望んでいる?
 
更なるカレーを望むか?情け容赦のない炎のようなカレーを望むか?
辛さ苦さの限りを尽くし、全世界の香料を集める嵐のようなカレーを望むか?
 
『Curry!!(カレー!!)』
『Curry!!(カレー!!)』
『Curry!!(カレー!!)』 

よろしい、ならばCurry(カレー)だ。

我々は満身の力をこめて、今まさに振り下ろさんとするスプーンだ
だが、この「亜人種」という偏見の下で密林の中に耐え続けて来た我々に、
ただのカレーではもはや足りない!!
 
激辛カレーを!!
一心不乱の激辛カレーを!!

我らはわずかに一部族、千人に満たぬカレー好きにすぎない。
だが諸君は一騎当千の古強者だと私は信仰している。
ならば我らは諸君と私で、総兵力百万と一人のカレー軍団となる。

エルフを萌えの彼方へと追いやり、ビキニばかり着せたがるる連中を叩き起こそう。
首根っこを掴んでテーブルに付かせ、を開かせ思い出させよう。
連中にペパーの辛さを思い出させてやる。連中にターメリックの黄色を思い出させてやる。
天と地のはざまには、奴らの萌え概念では決して理解出来ない種族があることを、思い知らせてやる。
一千人のカレー好きの戦闘部族で、世界を食い尽くしてやる。

征くぞ、諸君。


281 :名無し三等兵:04/01/26 21:58 ID:???
日本よりの輸送船。
近海で荒らしまくっていた海賊に襲われ拿捕される!!

この一報は大陸のエルフ達に衝撃を与えた!!
この輸送船には、日本で新発売のカレールーが大量に積み込まれ、10日後の盛大なセレモニーで盛大に発表される予定だったのだ。
すでに初回店頭分は予約で完売。エルフ達はこの日を首を長くして待っていた。その矢先の出来事である。

「この所行・・・許すまじ!!」

カレーまんを頬張りながら、普段は温厚で知られるエルフ族最大の族長が声を荒げて言った。
周りを囲むエルフ達も心情は一緒だった。そしてカレーまんを頬張っていた。

・・・・・・

争いごとを嫌うエルフ達。しかし、怒らせると怖い。特にカレー方面で。
エルフ選抜(ふんどしドリームチーム)は、海賊駆逐作戦でその事を世界に知らしめた。

282 :名無し三等兵:04/01/26 22:02 ID:???
278と280を演説後、海賊討伐に向かった訳か。(ふんどしドリームチーム)
ずいぶんと濃い集団だな・・・

283 :261:04/01/26 22:04 ID:???
>>262>>263
1988年のデータです。
当時はバブル真っ盛りで、世界中から内需拡大をせっつかれていたので、
今はもっと低いかも知れません。

参考資料は
清水書院刊「91年度政治・経済資料集」です。

284 :名無し三等兵:04/01/26 22:04 ID:???
>>281
・・・・・・
↑この部分だな。
ここにあの有名な演説が入るんだな!!

285 :名無し三等兵:04/01/26 22:05 ID:???
ふんどしを愛用し、カレー気違いというエルフ像はもはや動かしがたいな。

286 :名無し三等兵:04/01/26 22:06 ID:???
金曜カレー目当てに森を捨て、海軍に志願するエルフの若者
とかもいるんだろうなぁ……

287 :名無し三等兵:04/01/26 22:08 ID:???
鉄の船に乗りたがるのか?

288 :名無し三等兵:04/01/26 22:11 ID:???
「やはりカレーは海軍だな」
とのたまうエルフ青年将校。
人間の部下達は、上司の手前頷くしかなかった。
下手に返答すれば、カレーについての素晴らしさを小一時間語られるからである。

これは隊内でも、エルフに対してカレー方面で問答をする際の了解事項になりつつあった。

289 :エフル:04/01/26 22:19 ID:???
───彼は見た。満天の星空と漆黒の闇に、炎に照らされながらそびえ立つ、
   漆黒の肌、赤い眼、純白のふんどしの奇跡の魔法使いを───

隊員A「エフルさま、本隊より通電、『ハデにやりやがってください』です」
エフル「そうですか、すばらしいですか」

隊員D「ダダー! 爆破装置設置、完了しました! ダダー!」
隊員A「了解、作戦開始時刻まで待機」
エフル「ふが ふが ふが」
隊員C「作戦開始時刻まであと1分…各員カウントダウン開始」
隊員D(5 4 3 2 1…)
エフル「ぶわーーーーーっくしょい!!」
見張り「誰だ?! 敵襲! 敵襲ーーー!! カーンカーンカーン」
隊員B「わー! わー! 矢! 得意技! 矢来ちゃったよ!」
隊員D「わきゃーーーー!! エ エフルさまーーー!?」
エフル「失敬!」

隊員A「何をしてる! 爆破!」
隊員D「ダダー! 爆破!」
見張り「な、なんだ?! 砦が燃え…!」
エフル「さあ、イッツショータイム、私の魔法を受け止めて!」
隊員B「エフルに…光が集まってゆく、エフルの股間に光が集まってゆく!」
エフル「レリーーーーーーーズ!!」
隊員A「コレが…エルフの魔法…」

290 :エフル:04/01/26 22:20 ID:???
隊員B「本隊より通電! 『ドドメ砦突破セリ ヨクヤッタ』!」
隊員A「たった一撃で、砦の半分をふっ飛ばした… エフルさま、アレは一体…」
エフル「私はホンタイの命令通り、ハデにやりやがっただけですぞ」
隊員A「ダダー! 壮観でした、ダダー!」

隊員D「ところでエフルさま、あの魔法はどういったモノなのですか?」
エフル「そうですね、かいつまんで説明しちゃうと、
    周囲のManaを一箇所に集中させ、魔力による爆発でそれらを撒き散らし、
    さらにそれを破裂させて攻撃する魔法なんですよー?」
隊員C「クラスター爆弾みたいなものか… 名称みたいなの、あるんですか?」
エフル「ダダー! ぬるぽ です! ダダー!」
隊員B「ガッ!」
エフル「あいたー! 何するアルニダ!?」
隊員B「あ?! ダダー! 申し訳ございません!思わず手が! ダダー!」
エフル「もう… 忘れられないじゃないですか…」
隊員B「 ? ! 」

291 :エフル:04/01/26 22:21 ID:???
以上っ

ダークフンドシエルフにカレー食わせたらただのインド人

292 :名無し三等兵:04/01/26 22:22 ID:???
>>291
ドリフワラタ。

・・・ダークフンド シエル フ・・・

まさか、このネタ元は・・・

293 :エフル:04/01/26 22:23 ID:???
せ・・・先輩・・・?!

294 :名無し三等兵:04/01/26 22:25 ID:???
エルフに対抗したのかどうかはしらないが、ラーメンに心奪われるドワーフ

295 :名無し三等兵:04/01/26 22:26 ID:???
>>291
よくしでかしたッ! 褒美を取らせるッ!!

そういや前スレのセイロン帝国は、
インドをモデルにしたヒンドゥースターナの文化的影響を受けてるって話だったよな。

あの世界なら、日本に勝ち目ないな。


296 :名無し三等兵:04/01/26 22:26 ID:???
>>283

もう少し新しいデータを拾ってきた。(1996年)

     一人あたり貿易額(j)   貿易依存度(%)
国名      輸出/輸入        輸出/輸入

日本      3268/2777         8.0/6.8
アメリカ.    2345/3084         8.4/11.1

※貿易依存度:国民総生産に対する輸出入額の割合

ただ、香港とかシンガポールでは100%超えてるんだけど、
この数値で持って鎖国状態の日本で経済が回転するかを
判断していいものかね?教えて経済のエロイ人!

参考資料:1999年 世界各国要覧 (二宮書店)

297 :名無し三等兵:04/01/26 22:27 ID:0j+uLfrR
カレーだ…カレーだ…ッ
あのトラックが…!?
あれか!?ハウスか?S&Bか!?
見ろ!もう見えるぞ!!見える!!
カレーだ…カレーの灯だ…カレーだ!


298 :名無し三等兵:04/01/26 22:27 ID:???
いつからカレーとエルフのスレになったの?

299 :名無し三等兵:04/01/26 22:28 ID:???
>>298
前スレの800ぐらいからかな。

300 :名無し三等兵:04/01/26 22:30 ID:???
そうだ あれが ついに我々が待ち望んだカレーの匂いだ
私は諸君らに約束どおり持ってきてあげたぞ
あの懐かしのカレーを あの懐かしのカレーを
部長殿 部長 販売部長殿

301 :名無し三等兵:04/01/26 22:33 ID:???
ドワーフとラーメン。

大陸動乱の時代。
当時、資源不足に喘いでいた日本は国内の炭坑を復活させるべく動いていた。
しかし、昔炭坑で働いていた従業員達は総じて老い、もはや経験者が皆無に等しい状況だった。
そして、ドワーフ達も帝国が強いた焦土作戦で、自ら開いた炭坑を放棄せざるえなくなった。

ここに利害の一致した日本とドワーフ一派が、炭坑復活共同戦線を張ることになる。

だが、そう簡単にはいかなかった。
ドワーフ達はかっての違う日本の炭坑にやきもきし、日本側は予想を下回る生産量に焦った。
互いにスレ違い、段々と険悪になっていく両者。

それでも彼等の友情を結び続けたモノがあった。ラーメンである。

302 :名無し三等兵:04/01/26 22:37 ID:???
>>296
経済には詳しくないけど、解る範囲内で。

貿易依存度の計算はめんどいので8%ということにすると、
日本の国内総生産、よーするに年収500兆円のうち、40兆円を海外市場で稼ぎ出し
残りの460兆円は国内での儲けって話。

この40兆円は世界市場3000兆円の世界で稼ぎ出したものなので、
セイロン世界300万市場程度では餓えを満たすどころか、喉の湿り気にすらならない。

国内総生産の中から40兆円が消えるって事は単に国富が8%減ったというにとどまらず、
海外市場に依存していた産業とその取引先が大ダメージを受けるって事です。

303 :名無し三等兵:04/01/26 22:44 ID:???
ドワーフとラーメンその2
動乱のさなか、物資不足が囁かれる中、営業を続ける博多ラーメン「長州力」。
ここが、彼等の憩いの場である。
かつて炭坑で働いていたドワーフはこう語る。

「日本が俺達に炭坑をくれるといってくれた時は点にも昇る気持ちだったさ。でも、実際来てみるとヒデエもんだった。
 なんでも何十年も放置しやがってたらしいじゃねえか。正直頭に来たよ。
 でもな、その帰りにラーメン屋にいったんだよ。そしたらそこの親父が昔の炭坑の事を教えてれてな。
 この炭坑を復活させてやりてえと思った訳さあ。その日は親父を秘蔵のいも焼酎も御馳走になって、一緒に炭坑節も歌っちまったさね。」

ドワーフは今でもこのラーメンの味が忘れられないと、鼻をすすりながら語ってくれた。

親父さんは数年前、癌でこの世を去った。
だが、今でもドワーフの若店主が昔の味を守り、炭坑の街でラーメンを作り続けている。

304 :エフル:04/01/26 22:46 ID:???
何人かエフルネタ書いてたけど、そのネタ使ってもいいっすか?

305 :名無し三等兵:04/01/26 22:47 ID:???
ネタは美味しい内に召し上がれ。

306 :名無し三等兵:04/01/26 22:47 ID:???
エルフ「親愛なるニポンがもたらしてくれたカレーこそ、この世の頂点に立つべき料理である」
ドワーフ「否、様々な多様性を見せるラーメンこそ全ての料理の祖にして、最も尊ぶべき料理である」

「総理、大変です! エルフとドワーフの間で武力紛争の可能性が…」
「何だと!? 原因は何なのかね!」
「カレーとラーメンどっちが美味いか、だそうです」
「……」

307 :名無し三等兵:04/01/26 22:49 ID:???
カレーラーメン作れ。

308 :名無し三等兵:04/01/26 22:50 ID:???
エルフとドワーフの集団が、野原にて対峙していた。
そう、カレーとラーメン問題の決着をつけるため。
今にも乱闘が発生してもおかしくない、一触即発の場だった。

そこへ、一人の老人が歩み出た。
「まぁまぁ…おたくら、落ち着いて、コレでも食べなさい」


…カレーラーメン、だった…

309 :名無し三等兵:04/01/26 22:53 ID:???
これがエルフ・ドワーフ連合国誕生の瞬間である。

310 :エフル:04/01/26 22:53 ID:???
隊員A「おねがいします」
エフル「私は断固拒否」
隊員B「おねがいですから服を着てください」
エフル「私はハラキリクンフーなのだ」
隊員C「意味が解りません」
エフル「服だけはイヤ!」
隊員D「味方の識別だと思ってください! 誤射されちゃいます」
エフル「………」

隊員A(なんとか…防弾チョッキだけは着せたけど…チョッキにふんどし。なんか、ものすごくヤバイ人に見える…)
エフル「………」
隊員C(うわ、もんのすごく機嫌悪そう…(´Д`;))
隊員D「あ、あぁ、お、物凄くお似合いですぞ!! ささ、ついでにこのズボンも…」
隊員C「あ! 余計なコトいうな…?!」

エフル「ふ…服を着せられるとは何たる屈辱!素肌を晒すことはMana溢れる自然と同化すること!
    魔法を操る我等エルフにとって! 衣服は! 否! 断じて否ァアァアアァ!」
隊員ABCD「ダダー! 落ち着いてください! ダダー!」
エフル「ええい! 更には事及んでズボンなど! 私のA.T.フィールドがハッキングされる!
    こうなったら…あなた達に…エルフの魂(スピリット)、見せてさしあげやがるッ!」
隊員ABCD「うわーーーーーーーー!! ふんどし下ろさないで! おろさないで!!
       見たくねーーーーーー!!見たくねーーーー!!」
エフル「ぽろっ」

隊員A「なぁ、この世界って、不思議だらけだよな」
隊員B「そうですね。何もかもが、我々の想像をはるかに超えている」
隊員C「我々の常識というものは、なんとちっぽけなモノか」
隊員D「とぅーーるるる とぅーーーるるる」
隊員B「…蟻が像に挑むなど、到底無茶なコトなんだよな…」
隊員A「見てはいけないものを見てしまったな」
隊員C「そうですね…」
隊員D「とぅーーるるる とぅーーーるるる」

311 :名無し三等兵:04/01/26 22:55 ID:???
>>308 次は、

ラーメンのスープをカレー味にする「カレーラーメン」

            V.S.

カレーの具にラーメンを入れる「ラーメンカレー」


                          で紛争が起こると。

312 :名無し三等兵:04/01/26 22:57 ID:???
>>311
ドワーフとエルフは、結局相入れぬ関係と言う訳か・・・

313 :名無し三等兵:04/01/26 22:57 ID:???
カレーラーメンは邪道だという保守派と
別にいいじゃないかという改革派とにそれぞれ別れ
泥沼の内部分裂が起きると

314 :名無し三等兵:04/01/26 22:58 ID:???
>>310
ワラタ!!
これはデカかったと解釈すべきなのか?

315 :名無し三等兵:04/01/26 22:59 ID:???
>>310
ハライテェヨ

316 :名無し三等兵:04/01/26 23:17 ID:???
もう何も考えなかった。城砦から飛び出し、走り、叫び、撃った。
自分が何処に居て、誰なのかも考えなかった。
僕は城壁を越え、堀を越え、まだ火薬の臭いのする砲弾の跡に沿って走っていた。
仲間の一士たちが倒れている。黄色の霧に包まれているようだ。
僕の任務は、あと何分かで終わる。

向こうに赤いものが見える。燃える炎だ。
足元にも赤いものが見える。人間の血だ。
物陰で黄色い空気が見える。奴等の気だ。

                        ――エルフ掃討作戦に参加した>>1等陸士の手記より

317 :Call50 ◆XVAlPbeLKw :04/01/26 23:27 ID:???
輸送戦記?(仮)
2回目の投稿
05
日本をF世界に召還した王国に到着して1週間。最初の港町にまだ僕たちはいた。
まだ僕たちは噂や公式発表レベルでしかこの世界を知らない。そんな集団にいきなり仕
事をさせる訳がない。合計2週間は港町(正確には郊外の)自衛隊基地で缶詰にされて

この世界に関する速成教育を受ける事が義務付けられてちょうど半分といったところだ

正直に言おう。面食らっている。
ファンタジーの定番種族エルフは確かにいたが…フンドシやビキニアーマーで歩いてい

れば誰だって驚くだろう。もっともフンドシやビキニアーマーを着用している部族はか
なり珍しいと説明を受けた。安堵すべきかがっかりすべきか、微妙だ。
さらに面食らったのは、到着直後から「現地の人たちの言葉が分かる」という事だ。
指摘されて初めて気がついて教師役の自衛隊の人に聞いてみたところ
「なぜかはわからん。召還魔法は都合がいいようにできているんだろう」
と投げやりな返答が返ってきた。最初に来た言語学者が驚きのあまり盆踊りを踊りなが
ら同じセリフを叫んだという話だ。まぁ考えてみれば召還して言葉が通じなくて…では
役に立たないから脳味噌か意識に言語がすりこまれているのではないかという仮説が流
れている。まー便利だから問題ないけど。

318 :Call50 ◆XVAlPbeLKw :04/01/26 23:28 ID:???
06
そして今日、僕たちは基地で何をやっているかと言うと…
教官「てーいーこーくはクソったれ!」
僕たち「てーいーこーくはクソったれ!」
教官「このジジイのチ○ポみてーなクズども!声がちいせえっ!」
僕たち「はい!」
教官「誰がんな返事を教えたっ!返事はSir Yes Sirだっ!このオカマどもっ!」
僕たち「Sir Yes Sir!」

ここはF世界ではなくてベトナム戦争の頃の新兵教育キャンプかよ。
そんなぼやきが聞こえてきそうなグラウンド。
僕たちは万が一の為に体力向上カリキュラムを(無理やり)組みこまれて「フルメタル
○ャケットのハー○マン軍曹」みたいな自衛隊の教官にしごき倒されていた。多分、上
のだれかが心配してこのカリキュラムを組み込んだらしいが…ありがた迷惑だとその時
は思った。が、このカリキュラムが後々役に立つ事態がこようとはだれも想像
しなかった。

教官「よぉーし。ランニング終了」
僕たち「Sir Yes Sir!」
教官「10分間休憩の後に障害物訓練だ!」
僕たち「Sir Yes Sir」
教官「声がちいせぇ!もっと増やしたいようだな、このゴミ虫どもは」
僕たち「Sir Yes Sir!」
教官「フン。休憩開始」

「畜生。いつか殺してやる」
みんながその考えで団結した15:00。嫌になるぐらいの快晴の下、夕方まで体力訓練
はまだ続く。夕食後は休み時間を挟んで午前中と同じく座学。地獄はまだ続く・・・


319 :Call50 ◆XVAlPbeLKw :04/01/26 23:29 ID:???
07
晩の食堂は体力訓練以来、戦場と化した。
クタクタになるまでしごき倒され、ストレス・疲労が溜まりっぱなしでヤバイ目つきの

野郎どもが吉野家コピペよろしく殺伐と、夕食の取り合いを始めればそうなる。
今日はカレーだ。一言も言わずに大盛をたいらげていく野郎の集団は気味が悪い。そん
な僕たちを他の職員は奇異の目で見ていたが・・・今ではすっかり気にしなくなった。な
お、自衛隊関係者は最初から気にしていなかった。慣れとは恐ろしい。

こんな生活の利点は団結力が異常に高まった事か。「内をまとめたければ外に敵をつく
れ」とは孫子だったかマキャベリだったかはどうでもいいが、その論理でハー○マン軍
曹を敵にしてそれこそ「犯罪結社の構成員並み」の結束が最終的に出来上がった。
はたしてコレは上の目論見どおりなのか? それでもまだ訓練は続く。

320 :Call50 ◆XVAlPbeLKw :04/01/26 23:31 ID:???
今回はここまでです。

エルフネタを組み込んでました。
それにしても偶然とは恐ろしい。なんでカレーを出した時にカレーねたが来るかな〜

321 :名無し三等兵:04/01/26 23:34 ID:???
>>Call50氏

乙です!

322 :エフル:04/01/26 23:35 ID:???
>>320
乙!

いっぱしの会社員が特訓カリキュラムやらされる、って結構ツライだろうな・・・

つか。そちらの世界でもエルフはフンドシなのか・・・w

323 :名無し三等兵:04/01/26 23:36 ID:???
このカレーは辛ぇー。
なん茶って。

324 :元1だおー:04/01/26 23:39 ID:???

朝、眠れぬ夜を過ごした僕は、佐久間と前島だけで会議を行い、
今日やるべきことを割り振った。
誰を信用すればいいか分からない状況下で、毒をもられる危険を考え、
朝食は自衛隊のカンヅメで済ませる。
純潔の猟犬が事実上消滅した以上、街の自警団を統率し治安の維持に
努める必要が出てきたので、今日はそのことも含めて評議会と協議しなくてはならない。
帰ったら帰ったで、軟禁している純潔の猟犬のメンバーと、教会で療養中のそのリーダーの
処遇も決めねばならない。
ああ、その他にも盗賊ギルド絡みでも色々考えないと……。

「領主様……それは?」

半ば懊悩しながらトラックの荷台でごそごそとやっている僕に
いつものようについてきていたリオミアが目を丸くしてその物体を凝視した。

「自転車」
「は、はぁ……」

明らかに分かってない返事をするリオミア。
駐車しているトラックの荷台から、中古みえみえのママチャリを降ろす。

325 :元1だおー:04/01/26 23:40 ID:???
「その……何のために使う道具なのでしょうか」
「乗り物」
「は、はぁ……」

またしても分かってなさそうな返事をするリオミア。
その上、僕の態度がいつにも増して他人行儀なのに気付いているのか、
どこか話しかけにくそうな様子だ。

「リオミアさんは前島の手伝いをしてください。今日は俺一人で仕事こなしてきます」
「そ、そんな!?」

僕の言葉にリオミアの血相が変わる。

「リオミアさん」
「は、はい!」

自転車の空気入れをやめ、僕が面と向かって声をかけたことに、
彼女は狼狽した様子だった。

「……心配せんでもいいです。自分が暗殺でもされりゃ、また代わりが誰かきますよ。
きっと俺より優秀で頼れる奴です。あなたに俺の身の安全を気遣う理由は、よくよく考えたら
ないんだって、昨日やっと分かりましたから」

彼女は、石の彫像のように固まった。
でも、たぶんこれでいいんだ。
畜生め……どんなに考えても、彼女を信じたくても、信じられねえよ。もうあんなことを知った後じゃ。

326 :元1だおー:04/01/26 23:41 ID:???
「……それじゃ、行ってきます」

場がもたない。
いや、僕自身、彼女のその表情を見たくなかった。
僕は逃げるように自転車を押し出した。
その時、僕は腕に華奢な手が回されるのに気付いた。

「なっ…!?」

リオミアが、唇を噛んで僕を睨むように凝視していた。

「私も行きます」

一言だけ、彼女は言った。

「アンタな……」

無性に腹がたった僕は、思わず強く振りほどこうとする。

「私はあなたに媚びているわけじゃありませんっ!」

彼女は、短く叫んだ。

327 :元1だおー:04/01/26 23:42 ID:???
「あ……」

僕は思わず彼女のその表情に目を見張った。
今まで見せたことのない彼女の感情。それは怒りだった。

「言ったはずです……私たちを初めて人間として見てくれたと」

彼女は精一杯に抑えた口調で言葉を紡いだ。
そして、掴んでいた僕の腕から手をおそるおそる放す。
やり場のない感情を逃がすかのように、僕から顔を背けて地面に視線を落とす。
その姿は、何故か優美に感じられた。

「……私のことが信じられませんか?」

彼女は僕を聞き分けのない子供に言い聞かせるようにキッと睨みつけ、尋ねた。

「……すんません」

僕は一言だけ、曖昧ともとれる答えを返した。
それ以外、うまく説明できる言葉もなかった。
彼女は、いったいどういう人生を歩んできたのかは知る術もないが、
たった一人でランクロードに立ち向かっていた。
奴が去ったあとは、この館のメイドたちを守るために残留した。
そして、新しい支配者である僕たちの不興を買わないように媚びへつらっていた。
あげくの果てには、影に隠れて命を守ってもらってまでいた。

328 :元1だおー:04/01/26 23:42 ID:???
だがそれも全て、自分と仲間のメイドたちを守るためであり、僕らのことを心配してでの
ことではないのだ。
おそらく心の中では、僕に向かって反吐をはいていたのだろう。
考えてみれば、こんな綺麗な女の子が身も心も捧げて僕みたいな男に尽くすなんて
こと自体に疑問を持つべきだったんだ。
脳裏に、昨日の彼女の傷だらけの裸体が蘇る。

……クスッ

彼女が口に手をあてて、頬を赤くしている。

「え?」

もしかして笑った、のか?
今まで、どんな冗談を言っても困った顔か理解できていない顔しかしてこなかったのに。
いきなりなんで、しかもこんな状況で。
ワケが分からず、僕は無意味に混乱した。

329 :元1だおー:04/01/26 23:44 ID:???
「領主様は、人が良すぎます」
「え、えええ?」

困ったように、だがそれもどこか和んだ口調で、彼女は言った。

「領主様、私は生きるためには何でもしてきました。
領主様の国のように、ただで生きられる場所ではなかったからです。
ここでは疑わねば生きていけないのです。それと同時に、騙さなければ生きていけません。
……領主様と過ごしてまだほんの数日ですが、
領主様はあまりにもお優しすぎて納得してはもらえないことは承知しておりました。
ですが、いつか真実を話してもいいと思えたのも、また事実です。
これで御説明にはなりませんでしょうか?」

最後は俯き加減に、彼女は語った。
僕は、彼女のその言葉を頭の中で整理することもできずに
引きつった表情を浮かべる。

「あ、いやその……」

何か言わなくては、答えなくてはいけない。
畜生め! 彼女に本音で話して欲しいだなんて思ってたくせに、本当に本音で話してくれたらこのざまだ。

330 :元1だおー:04/01/26 23:45 ID:???
「私は私で、必死な思いだったのです。新しい支配者が、いったいどんな人物なのか……」

焦って黙りこくる僕を、不信をぬぐいきれていないと勘違いしたリオミアは躊躇いがちにそんなことまで打ち明けた。
僕は、いつの間にか彼女を真っ直ぐと見つめていた。
彼女はその視線に気付くと、まるで細波一つない湖に一羽の白鳥が舞い降りたときのような清廉な微笑を浮かべた。
そして、目を細めて呟く。

「おかしな気持ちです。その支配者を目の前にしてこんな事をいえるなんて……」

そう呟いたきり、彼女も黙ってしまった。
僕は、彼女のその双眸を魅入られたかのように見つめ、彼女もまた見つめ返している。
不思議な静寂にその場が包まれた。
トラックを停めてあるその場の隣にある小さな花壇に咲く花々の蜜を吸いに、小鳥たちが舞い降りた。
細やかなさえずりが風景に溶け込む。

僕は彼女に背を向け黙って自転車を押し出した。

「ツジハラさん……」

僕の背中を見た彼女が珍しく、僕を名で呼んだ。
いつもの無機質な声ではなく、想い人に別れを告げられた少女のような、切なげな声だった。

331 :元1だおー:04/01/26 23:45 ID:???
「なにしてんですか、リオミアさん」

僕は振り返らずに言った。

「……?」

彼女がワケが分からずに息を飲んだ表情が手に取るようだ。

「ついてくるんでしょう? 急がないとまた遅くまで会議になっちゃうんですから」

少しだけ顔を後ろへ向け、彼女を促す。
彼女は、一瞬固まっていたが、すぐに返事をした。

「は、はいっ!」

それは今まで聞いた中で、一番気持ちのいい返事だった。
今は彼女がいったい何者なのかなんて気にしなくていい。
それでいいんだ。
うららかな日差しと、彼女のぎこちない笑顔が、そんな気持ちにさせてくれた気がした。

332 :元1だおー:04/01/26 23:47 ID:???
今 日 は こ こ ま で ニ ダ

333 :名無し三等兵:04/01/26 23:49 ID:???
乙であります!( ´∀`)ゝ

334 :名無し三等兵:04/01/26 23:49 ID:???
>>332


335 :名無し三等兵:04/01/26 23:50 ID:???
乙!
腹一杯カレー喰ったあとの冷水のように爽やかだーっ!

336 :名無し三等兵:04/01/26 23:52 ID:???
おわり?

337 :名無し三等兵:04/01/26 23:53 ID:???
このスレにはやっぱり、リオミアさんが必要だ!!

338 :名無し三等兵:04/01/26 23:54 ID:???
乙です

339 :名無し三等兵:04/01/26 23:56 ID:???
さわやかんw

340 :名無し三等兵:04/01/26 23:59 ID:???
さわやかメイドさん物語もいいが!!

最近、血と汗と銃声と硝煙のにおいが足らないぞ!!

341 :名無し三等兵:04/01/27 00:00 ID:???
キター(AAは↓)
http://www7.plala.or.jp/ungeromeppa/flash/kita.html

342 :名無し三等兵:04/01/27 00:03 ID:???
Nice萌え!

343 :メイドさんの戦塵:04/01/27 00:03 ID:???
「おにーちゃん、ご飯できたよーーー」
 秋津二尉はメイドさんに呼ばれて、キッチン
に戻ってきた。テーブルの上にはちょこんと丼
が二つ載っている。中身はいつもの如く蕎麦
だった。
「また蕎麦かあ…」
「ぜーたく言わないの。本土じゃ御飯が食べら
れない人もいるんだから」
「そー言われてもなあ…」
 転移後しばらくの体験か、メイドさんは粗食が
気にならないらしい。しかし、転移後の本土を
ほとんど知らない秋津二尉には「食糧の節約」
という概念は受け入れがたいものがあった。


344 :名無し三等兵:04/01/27 00:03 ID:???
ドワーフとラーメン小ネタ。

「主任飲みに行きましょうよ」
「ふふふ、俺を飲みに誘うとは良い度胸だ」
・・・・・・
「う〜飲み過ぎた〜」
「うははは、まだまだ青いなヒヨッコ!!俺と飲み比べなんて百年速い!!」
「ハハハ・・・じゃ、ここで。お疲れS
「何を言っている!!締めのラーメンを食べてないだろうが!!」
「へ?・・・いや、気持ち悪くてそれどころじゃ・・・」
「うるさい!!ラーメンを美味しく食べる為の酒じゃねえか!!しのご言わずいくぞ!!」
「だめです!!今食べたら出ます!!」
「なに!!じゃあ今出せ!!直ぐ出せ!!そしたらすぐ行くぞ!!」
「うおええええええぇぇぇぇぇぇぇえぇ〜〜〜〜〜〜〜〜・・・・・・

それ以来、主任とは飲みに行ってない。

345 :鞭でみんなをぴしりと叩き1/4:04/01/27 00:10 ID:???
「あ〜そこから1キュービットほど左です。」
「そうそう。その点を重心に1辺2.5キュービットの正三角形を頂点を北に向けて。」
「×○△◇。」
「何ですか〜?よく聞こえませんよ〜。」
「×○△◇!!」
「聞こえません!こっちへ来なさ〜い。」

少年が、てろてろと歩……いやスピードはともかく、走っているようだ。
100メートル程の距離を30秒くらい駆けてようやくたどり着く。
ぜぇぜぇと肩で息をしている。
「ま……巻尺の……長さが……足りま……せん。」
「そうですか、困りましたねぇ。
ああ!そういえば、私の机の引き出しに5キュービットのが入っているはずです。」
「ええ〜!研究所まで取りに行くんですか〜?」
「日没まで時間がありません。急いで取って来なさい。」
「悪魔……」
「なにか言いましたか?」
「い、いえっ、なにも。」
「駆け足!」
「ハイ……」
アジエ15歳。魔道研究所召還科所属で私の部下。素直で物覚えは良いが、体力は無い。

346 :鞭でみんなをぴしりと叩き2/4:04/01/27 00:11 ID:???
一時間後、地面には完成した魔法陣と、うずくまる少年の姿があった。

確認の為、古文書に目を通す。
「それにしても、ずいぶん古そうな本ですねぇ。お師匠様、どこで見つけたんですか?」
「王立図書館第一分館……」
の裏の古本屋の100G均一の棚……と、こっそり心の中で付け加えた。
印刷後1000年は経とうかというボロボロの本。
元の色がわからない程変色したその表紙には、古代エルフ語でこう書いてある。

「ゴブリンにもできる!!簡単召還術入門」

体験者の声
『鉄の馬乗ってる。先月召還して契約しに行ったら見た瞬間に即決した。
カッコイイ、マジで。そして速い。アクセルを踏むと走り出す、マジで。
ちょっと感動。しかも機械だから魔力も必要なくて良い。
異世界軍は野蛮と言われてるけど個人的には良い人たちだと思う……』

「あっ!西側の第二魔方陣の外周円を忘れていました。」
「!!!」
アジエに目を向けると、彼は目を見開き、魚のように口をパクパクさせている。
「あ……ど……な……」言葉になっていない。
「駆け足!!」
「ハィ……」

347 :鞭でみんなをぴしりと叩き3/4:04/01/27 00:12 ID:???
中心部の魔方陣に杖を立てる。すると、ぼうっと青白い光が陣を満たし、
それは次々に隣接する魔方陣に広がっていく。全体に広がりきると、光は黄を帯びた白になり、
地面を離れて、空中に浮いた。そのまま、星の瞬く空へと吸い込まれてゆく。幻想的な光景。
「きれいですねぇ〜。」少年は、いつの間にか元気を取り戻していたようだ。上を見上げ感嘆する。
その時、にわかに空が曇り杖に稲妻が落ちる。
「きゃ!」「わっ!」
稲妻が開けた雲の裂け目から光が降り注ぎ、巨大な光の柱が形作られ、森が強烈な光に照らされる。
獣のうなり声。バサバサバサと大きな羽音。どうやら、森の動物達の安眠を妨げてしまったらしい。

まさか本当に成功するとは……

「お師匠さま。今なにかおっしゃいましたか?」

「いえ、なにも。」
おっと、思わず声に出てしまったか、あぶないあぶない。
まあとりあえず、これで来年度の予算枠は確保できる。
何しろ……『救世主』の召還に成功したのだから。

348 :鞭でみんなをぴしりと叩き4/4:04/01/27 00:13 ID:???
それどころか、召還獣の働き次第では予算の増額や人員増もありうる。
そうなれば、手の届かなかったラルゴ碑文やミルメコの宝珠、
戦争とかで最近とみに値段が釣り上がっているミスリル製の実験用具、何もかも買い揃えることができる。
人手が増えれば、もっと大規模な準備が必要な儀式も可能になる。
にへらと口元が緩む。その上、給料UPも夢じゃない。そしたら、あのボロ家を引き払って、
もっと大きな所に引っ越そう。欲しかった本も買える。手持ちの金が無くて、
このあいだの古本市で逃した『アムル王朝期性風俗辞典』あれは惜しいことをした。
これからは、そんな事もなくなるだろう。だいたいあの王がどケチなのが……

「おお〜。」

アジエの大きな歓声に、妄想から現実へと引き戻される。
そうだった、まだ儀式の最中なのだ。一番大切な仕上げが残っている。
最後まで、気を抜くわけにはいかない。ぎゅっとアンクレットを握り締める。
「??それにしても……」
光が薄れるにつれ、露になるその姿。
光輝を背負ったその姿はまるで……まるで……

「箱?」

349 :名無し三等兵:04/01/27 00:24 ID:???
エルフ戦隊カレーンジャー
 作詞/エルフA 作曲・編曲/エルフB 唄/エルフC

君のカレーが君のカレーが狙われてるぞ
さあ 手を取り立ち上がれ!!
みなぎる血潮はラッセラー
守れ守れ守れ原始のお山 守れ守れ守れスパイスの町
荒野の果てから世界樹へ(ホイ)
山谷越えて朝市へ(ソレ)
飛ぶぞふんどし 走るぞふんどし(来てる来てるぞ気分はインド人)←しってるの?
燃えろエルフ族!! 活彩エルフ族!!
エルフ戦隊(とおりゃー)
エルフ戦隊カレーンジャー

君の皿が君のスプーンが狙われてるぞ
さあ 肩組み立ち上がれ!!
みなぎる血潮はナニャドヤラ
守れ守れ守れ寸胴鍋 守れ守れ守れ秘伝のスパイス
キャラバン街道から原始森へ(ホイ)
船に揺られてニッポンへ(ソレ)
踊れ響宴 唄え精霊歌(来てる来てるぞ気分は黄色い人!!)←尊敬してマス。
叫べエルフ族!! 活彩エルフ族!!
エルフ戦隊
エルフ戦隊カレーンジャー
燃えろエルフ族!! 活彩エルフ族!!
エルフ戦隊カレーンジャー
注:(  )内は叫んで下さい。

350 :名無し三等兵:04/01/27 00:25 ID:???
>>349
ttp://www5b.biglobe.ne.jp/~aomo/koka/koka.html
元ネタ。音源もそこ。

351 :エフル 1/2:04/01/27 00:29 ID:???
隊員D「え、エフルが今日の食事当番?」
隊員A「そうだ。彼が言い出したんだ」
エフル「私の森の伝統的猟奇を味わってください」
隊員B「料理…ね」

隊員C「で、どんなのを作るの?」
エフル「…スパイス。ここに、世界のありとあらゆるスパイスがある。
    スパイスは食欲を増進し、そして風味をもたらす。
    過去の料理人達は、更なる香料を求め、走り、そして厨房に向かう」
隊員B「あの…?」
エフル「スパイスはいかなる料理にも使われ、そして愛されていった…
    しかし! この料理ほどスパイスを前面に押し出し、
    その効果を引き出したものはないだろう!」
隊員C「目が逝ってますよ…?」
エフル「今日の料理の鉄人! そのメニューは!! カ レ ー ! !」
隊員D「あなた、研修中に何を見てきたんですか!!」

352 :エフル 2/2:04/01/27 00:30 ID:???
隊員D「なぁ。カレーに使えるような食材、あったっけ」
隊員B「さぁ…エフルが自前で用意したとか言ってたけど」
エフル「ふんふんふーん ふふん♪」
隊員C「彼はさも機嫌がよさそうに、鼻歌を口ずさんでいる」
隊員D「そして、煮え立つ鍋を前に、おもむろにそのフンドシへと手を伸ば…」

隊員B「まてーーーー!! エフル!! 待ってくれーーーー!!」
エフル「Why? なんですか? 何か気になることでも?」
隊員D「気になりすぎだ!! なぜ股間へ手を伸ばす!!」
エフル「なぜって… 貴様、スパイスなくしてカレーはクリエイトできませんですよ?」
隊員C「うぉわぁっ?! フンドシからスパイスのビンが!!」
隊員B「待って!! おねがい、入れないで!!」
エフル「あらあら、そんなに楽しみなんですか? 大人しく果報を寝て待ってやがってください」
隊員D「そういう問題じゃ… ってあー、入れちゃった…」

エフル「おーう、まだ足りませんネ。 別のスパイスを入れましょう!そうしましょう!」
隊員B「またフンドシから出てきた?!」
隊員C「今日はメシ抜きか…」
エフル「ッポーーーウゥ!!」

353 :名無し三等兵:04/01/27 00:35 ID:???
>>352
非常にワラタ。
マイコーかよ・・・

354 :名無し三等兵:04/01/27 00:39 ID:???
ここは軍事と萌えと議論とフンドシとカレーとラーメンが一所に集まった不思議なスレですね

355 :名無し三等兵:04/01/27 00:41 ID:???
>>354
そうなんです。
この流れも前スレの流れを汲むモノなのです。
そして、しばらくすればこの雰囲気も殺伐とした雰囲気に変わるのです。

非常に不思議なスレです。

356 :エフル:04/01/27 00:46 ID:???
>>349
俺の地元ネタだ・・・ワラタ

357 :名無し三等兵:04/01/27 01:10 ID:???
混沌としてきたな(;´Д`)

358 :佐藤正久一等陸佐:04/01/27 01:19 ID:???
   ソ::          _,,.,、、,.ィ-- ti- 、、、.ノ
 、r'      ,,..、、ri':'゙::::::::::::::::::::::::::.:.:.:.:.:゙ヘ:l
ノ  _,...r:::''"ノ::::::::::::::::-=ニ二,'_ー- 、、:::::::!l!
'''ノ:   、r':::::::::::::::::.:.:.:.:.:.:.:.::::::::`'' ‐-`.、 /
 、 : :::ノ::::::::::::::::.:.:.:.:.:.:.:.:::<"゙'i;ソ':::::::::',
~. r'ノ:ヽ:::::::::::::::::.:.:.:.:.:.:.:.:::::::::::::::~':::::::::: '、
/ .) :::::::::::!::::::::::::::::.:.:.:.:.:.:.:.:::::::::::::::::::::::.:.:.:.::'、
::::ヽ:::::::::::::::::ヽ:::::::::::::::.:.:.:.:.:.:.:.::::::::::::::::::::::.:.:.:.::'、
\ ':::::::::::::::::::::ヾ::::::::::::::::.:.:.:.:.:.:.:.:::::.:::::::::::::::.:.:.:.::,'
:::::゙:::::::::::::::::::::::::::::::.:.:.:.:.:.:.:.:::::::::::::::.:.:.:.::‐'" ,. r ゙
ー-‐i::::::::::::::::.:.:.:.:.:.:.:::::::::::::.:.:.:.::r,,iilll鬚髯ヲ
.::::::: l:::::.:.:.:.:.:.:.:.:::::::::::::::.:.:.:.::`''' ‐‐ ---t‐'     インドのカレーは世界一デェ〜ス
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄~"''、' ‐ 、:::::::::::::::::ー‐ノ
             ',  ヽ::::.:.:.:.:.:.:.:.::l
               l   l:::::::::::.:.:.:.:l
              l    l::::::::::.:.:.:ノ

359 :名無し三等兵:04/01/27 01:19 ID:???
自衛隊から、専守防衛の信念が、ついに奪い取られてしまった。

自らの身を危険をさらしながら、罵声と冷たい視線にさらされ、
それでもなお、被災地を駆け巡り、災害復興に汗を流す。
そんなことは、もうなくなった。

これからの自衛官は、非情で冷酷で、無抵抗のエルフにも容赦なく、銃口を向ける。
一方何万というドワーフやホビットたちが、指令書一枚で、機械の力によって殺され、息の根を止められる。

これから先に起こる戦いは、女性や、子どもや、一般市民全体を殺すことになるだろう。

やがてそれぞれの民は、大規模で、限界のない、一度暴発したら、
制御不可能となるような、どす黒い怒りを日本に向けるようになるだろう。

自衛隊は、初めて軍隊として振舞うことのできる機会を手に入れた。

これこそが、第二次大戦の犠牲と、戦後の復興の努力の全てが、最後に到達した、運命である。

360 :名無し三等兵:04/01/27 01:22 ID:???
自衛隊とはちょっと違うが、傭兵さんたちにとってカレー粉は生命線ともいえる物資だそうで
国からの補給が確実に受けられるとは限らない傭兵は、砂漠とか食えるものが本当に何も無い所以外では、
そこらにいる蛇やら猿やらを捕まえて食うしかないことが良くあるそうな
そういった食料は美味いとはいえないものも多く、多量のカレー粉で匂いや味を誤魔化して食うんだと

361 :名無し三等兵:04/01/27 01:25 ID:???
>>359
>自衛隊は、初めて軍隊として振舞うことのできる機会を手に入れた。
感慨深い一文ですな

>>360
カレー粉聖典説は確定したw

362 :名無し三等兵:04/01/27 01:32 ID:???
そろそろドワーフの話題が出てきたのか。

●ドワーフ

身長100〜130cm、がっしりした体系の種族。
洞窟に棲み、力持ちで、その体系に似合わず
手先が器用である。
遠くのものを見る能力は劣る(近視?)。

男女を問わずあごひげを生やしているので性別の
区別がつかない。そのためドワーフには男性しか
おらず、岩から生まれるものと信じられている。

ラーメンをこよなく愛し、歌(炭坑節など)を好む。
芋焼酎などを飲ませると底抜けに陽気になる。

ttp://www.asahi-net.or.jp/~QI3M-OONK/tosyokan/fantasy/w-dwarf.htm

363 :名無し三等兵:04/01/27 01:37 ID:???
300万年の時を越え、宇宙をさまよう孤独な赤ドワーフもいるらしい。

364 :名無し三等兵:04/01/27 01:52 ID:???
エフルパクりネタ
TVで日本に紹介されたエフルさん

隊員B「ダダー!エフル殿!!よろしいですか!!ダダー!」
エフル「なんだ!!コノヤローー!!」
隊員B「ダ、ダダー!実は今度、この小隊にTVクルー来る事になりまして・・・」
エフル「な、なんだってーーーーーーーー!!」
隊員B「は、はい。それで是非エフル殿にも取材を・・・」
エフル「・・・」
隊員B「ど、どうかなさいましたか?」
エフル「とうとう・・・私が箱の中に出現できる事が達成されまくるのでしょうな!!」
隊員B「へ?・・・ま、まあ、そうなるでしょうな・・・」
エフル「分かりました!!了承です!!またあう日をこう御期待!!」
隊員B(嫌な予感・・・)





365 :名無し三等兵:04/01/27 01:59 ID:???
TVで日本に紹介されたエフルさん その2

女性キャスター「あの〜彼が噂のエフルさんなのですか?」
ディレクター「ちょっと・・・濃い方ですね。」
隊員C「まあ、危害は加えないと思いますんで、安心してください・・・」

エフル「見てください!!この純白のふんどし!!今日のこの日の為に新調したふんどしです!!イカス?イカス?」
隊員B「ダー!!イカスです!!ダー!!」(なにやってんだろ・・・俺・・・)

女性キャスター「・・・」(顔を赤くして、ある一部分をチラチラ見ている)
ディレクター「まあ、おもしろい素材だと思うけど、本来の意図と違った放送になりそうですね・・・」
隊員C「・・・否定はしません」(ていうか、できんよなあ・・・)

366 :名無し三等兵:04/01/27 02:03 ID:???
エフルはいじりやすいキャラだな。
もはや自衛隊どこいった、だけどw

ていうか「イカス?イカス?」って・・・w

367 :名無し三等兵:04/01/27 02:07 ID:???
TVで日本に紹介されたエフルさん その3

なんだかんだで取材終了。そして後日。
隊員B「お!あの取材の放送、今日みたいだぞ。」
隊員C「へ〜、どれどれ・・・なあ、疑問に思った事を素直に発言して良いか?」
隊員B「・・・なんとなく分かるが許す。送れ。」
隊員C「なんで、深夜枠なんだ。確か、夕飯時に流れるニュースの取材だと聞いたが・・・」
隊員B「・・・エフル殿の器はニュースで取り上げられる程、小さくはなかったって事だろうなあ・・・」
隊員BC「・・・・・・」

エフル「ふははははは!!!!非常に楽しみであります!!!ふはははははははははH!!!」

後日談。エフルのフィーバー振りを撮った取材フィルムは、本土の青少年の夢を粉々に砕いただけでなく、
主にやらないか方面の腐女子達の食指を疼かせまくり、その道ではカリスマの存在になったとかならないとか。

368 :名無し三等兵:04/01/27 02:10 ID:???
TVで日本に紹介されたエフルさん おまけ
放送後、その日の内に2CHで祭り。しかもそこに本人降臨。3ヶ月もの間、話題をかっさらう存在になった。

369 :名無し三等兵:04/01/27 02:13 ID:???
エフルと同じノリの女性エルフも存在するんだろうなぁ。

370 :名無し三等兵:04/01/27 02:18 ID:???
>>369
このあいだニュー速に女神が降臨したのを思い出した

371 :フエル:04/01/27 02:25 ID:???
俺自衛隊の装備とかよくわかんないからSS書かなかったけど
結構なんとかなりそうですね。
自衛隊HPに行けば装備一覧あるし、詳しい情報はまたそれを検索すればいいし。


自衛隊の銃撃戦のさなか、ほとばしる汗と純白のフンドシが走る場面を書きたいな。

372 :名無し三等兵:04/01/27 02:26 ID:???
女性エルフが衛生科に配属されるという話を聞いて暴れる隊員CD。

「何で俺たちのところは野郎エルフなんだ!?」

しかし冷静な隊員Bが彼らを諭す。

「なあ、おまえら逆に考えてみろよ。エフルみたいなやつに癒されたいか?」

373 :フエル:04/01/27 02:27 ID:???
>>372
あああぁっぁぁあぁぁん
まさに今ソレを書いていたのにぃぃいん!

お楽しみに

374 :名無し三等兵:04/01/27 02:28 ID:???
しかし、なんだかんだ言って戦場ではエフルに(回復魔法で)癒されるという罠。

375 :物語は唐突に:04/01/27 02:35 ID:???
ワレ、コレヨリ投下ニウツル。
支援ヲ、ヨロシク頼マレタシ。

376 :名無し三等兵:04/01/27 02:35 ID:???
了解。オクレ

377 :物語は唐突に:04/01/27 02:38 ID:???
「一階の探索は以上だな?」

 既にその表情に狂気を隠さなくなっている准尉が尋ねる。

「はっ、間違いありません。残すは二階だけです」

 一方、答えを返す一士たちの方は、その表情に徐々に狂気が現れてきている。
 屋内での初めての戦闘に、昂ぶり過ぎた精神がおかしな具合になってしまったようだ。
 いや、正しくは、准尉の持つ狂気が感染しただけなのか。

「よし、あがるぞ」

378 :物語は唐突に:04/01/27 02:39 ID:???
 一同は階段の下に集まった。
 弾倉を交換し、銃剣を装着する。

「楽なもんですね」

「馬鹿野郎、うまくいきすぎなんだよ。少しは警戒しろ」

 軽口を叩いた一士を叱りつつ、しかし周辺警戒を緩めずに准尉。
 その目は二階へと続く階段を睨んでいる。
 嫌な構造だな、上り終えた途端に背後にある廊下から何かが飛んできそうだ。

「手榴弾あるか?」

「二つほど」「自分は一つです」

 俺を入れて四つか、あまり贅沢には使えないな。

379 :物語は唐突に:04/01/27 02:41 ID:???
 一士たちに警戒を命じつつ思案にふける。
 使える手榴弾は四つ。建物の構造から考えて二階の部屋は三つか二つ。
 だが、階段を上った段階で一人減るのは痛いな・・・よし。

「お前」

 先ほど手榴弾を二つ持っていると言った一士を呼ぶ。

「はっ」

「二人同時に投げる。1、2の3でだ。お前は」

 そこで別の一士も呼ぶ。
 こちらは手榴弾を一つだけ持っていると言った方だ。

「援護射撃する。先陣を切ってくれ」

「はい、よろこんで」

 うれしそうに言い、銃剣のマウント部分を確認する。
 うん、いい感じだ。


380 :物語は唐突に:04/01/27 02:42 ID:???
「よし、行くぞ!1!」

「2の!」

「3!」「3!」

BAKOMU!
  BAKOMU!

「突撃ぃー!突撃ーー!!」

PAPAPAN!PAPAPAN!

 最後の瞬間が微妙にずれてしまったおかげで、爆発にタイムラグが生じてしまった。
 しかし、始まった以上驚いているわけにもいかず、指示に従って隊員たちは突撃を開始した。


381 :物語は唐突に:04/01/27 02:46 ID:???
「うりゃぁぁぁぁ!!」

 銃剣を突き出すようにして先ほどの隊員が突撃する。

「馬鹿!射線をさえぎるな!」「うるせぇ!!」「早く上がれ!」

 お互いを罵りつつ階段を駆け上がる。
 上った先の正面、道路に面した窓際に一人の魔法使いが立っていた。
 手榴弾の破片を受けたらしく、手を壁について苦しんでいる。

PAPAPAN!!

 着弾の衝撃で魔法使いは窓を突き破り、道路へと落下していった。
 と、真横を矢が通過する。

382 :物語は唐突に:04/01/27 02:47 ID:???
「死ねぇ!」

PAPAPAN!!

 振り返りざまに射撃を行い、剣を構えていた兵士と弓を構えていた兵士を貫通させて同時に射殺する。
 その間に二人ほど二階へと到着している。

「撃てぇ!撃って!!!」

 二人も直ぐに銃を構え、兵士たちを撃つ。
 一方の兵士たちも慌てて盾を構えるが、薄手とはいえ鉄板ですら貫通する銃弾相手に、木製の盾など役に立つはずもない。
 なすすべもなく蜂の巣にされ、次々と兵士たちは床へと打ち倒されていく。
 が、ここに来て全ての実体弾火器の持つ避けようのない構造的欠陥、つまり弾切れが発生した。

「あっ!畜生!!」

 慌てて弾倉を取り出す、古い物を投げ捨てようとして、慌てて訓練時の鉄則を思い出してポケットへしまいこむ。
 だが、その一瞬が命取りだった。
 いつの間にか懐に潜り込んだ軽装の男が、ギラリと光る大型ナイフを突き立てようとする。

383 :物語は唐突に:04/01/27 02:49 ID:???
「さぁぁせぇぇるかぁぁあぁぁ!!!」 

 雄たけびを上げ、銃剣を突き出した一士が横合いから突撃する。
 その声のあまりの大きさに一瞬男の動きが鈍り、そしてその一瞬の隙で一士は男へと銃剣を突き立てた。

「WAaaaaAAaaa!!」

 明らかに痛そうな叫びを上げる男。
 ナイフを落とし、そのまま突撃の勢いで押されて壁へと叩きつけられる。
 その衝撃で銃剣がより深く突き刺さる。
 マウント部分が衝撃に負け、へし折れ、そしてズレた銃口部分がさらに突き刺さる。
 既に男は絶命していた。
 わき腹から襲い掛かる痛みの衝撃が大きすぎ、ショック死したのだ。

384 :物語は唐突に:04/01/27 02:51 ID:???
「はぁ、はぁぁ」

 准尉が落ち着き払って二階へと上ってきたとき。
 そこは血の海だった。
 その中で三人の一士が寄り添って座り込み、銃を周辺に向けつつも呆然としていた。

「スバラシイ、うん、実にスバラシイ」

 嫌な笑顔で准尉。
 だが、肩で息をする一士たちも似たような笑顔を返す。
 上司も上司ならば部下も部下とは使い古された嫌味だが、彼らはもはや存在するだけで狂気が出せるほどになっていた。
 准尉の見立てでは二階にはいくつか部屋があるはずであったが、いざ上ってみると部屋は一つだけであった。

「よし、この部屋で最後のはずだ」

 ドアの脇に立ちつつ准尉。
 その全身は返り血と埃で酷い事になっている。

「早いところやっちまいましょう」

 血塗れの銃剣を装着している一士が言う。
 彼の両手も血塗れだった。 
 怪我をしたわけではない。先ほどの戦闘で銃剣突撃をした為にこのような姿になってしまったのだ。

385 :物語は唐突に:04/01/27 02:54 ID:???
「行くぞ、3,2,1、突入!!」

 合図と共にドアを打ち抜き、手榴弾を放り込む。

BAKOM!BAKOM!!

 二度爆発が発生し、室内を死と破壊の暴風が吹き荒れる。

「突入ー!突入ぅー!」

 准尉に怒鳴られつつ一士たちは室内へと突入していく。
 動くものは撃ち、近いものは突き刺した。
 戦闘靴で踏みつけ、蹴り飛ばし、離れたところを撃った。
 気がつくと、屋内には隊員のほかには魔法使いらしい三人が立っているだけになっていた。

「撃てぇ!!」

 一斉に放たれる銃弾。
 哀れ三人はなすすべもなく壁へと叩きつけられ・・・はしなかった。

「な、なんだとぉ!?」

 思わず准尉が叫び声をあげるのも無理はない。
 いつものように敵を射殺するはずの銃弾は、空中に静止していた。
 しばらく静止した後、重力に引かれて落下する。

386 :物語は唐突に:04/01/27 02:55 ID:???
「て、てて撤収!!」

 誰かの狼狽した声に、隊員たちは先を争うようにして室外へと逃げ出した。
 廊下へと転がり出た隊員たちは、青い顔をしつつもドアのほうに銃を向けていた。

「ど、どうなってやがるんだ?」

「しらねぇよぉ」

「じゅ、准尉どの・・・?」

 怯えつつ准尉に話しかけた一士だが、彼のあまりにもうれしそうな表情に怪訝そうになる。
 そう、准尉は怯えるどころか嬉しそうにしているのだ。

「今までが手ごたえがなさすぎだったんだ。おい貴様ら、うれしいじゃないか、殺しがいのある奴に出会えて」

 心底嬉しそうにする准尉に、隊員たちは恐ろしさよりも頼もしさを感じた。
 そうだよ、俺たちはこの世界じゃ最強無敵の自衛隊様じゃないか。なにやら魔法で頑張ってやがるが、ブッ殺してやればいいだけじゃないか。
 いつのまにか余裕のある笑みを取り戻した彼らは、立ち上がると配置についた。

387 :物語は唐突に:04/01/27 02:57 ID:???
「いいか?これでケリをつけるぞ」

 荒い息と共に准尉が他の四人に声をかける。
 三人はドアの外側で射撃準備を整え、残る二人は准尉と共に突入を支援できる位置に立っている。

「了解」

「1、2の3で行きましょう」

 まだ弾の残っている弾倉を交換し、安全装置の解除を確認する。
 銃剣を装着し、唾液を飲む。

「1」

「2の」

「3!これでも喰らえ!!」

388 :物語は唐突に:04/01/27 03:00 ID:???
PAPAPAN!!
PAPAPAN!!
PAPAPAN!!

 三人の隊員がその銃口を向け、魔法障壁と思われるものを張り巡らせた奴に容赦のない銃撃を加える。
 最初の一発は確かに全て空中で停止し、先ほどと同様に床へと落下する。
 だが、その後に続く二発、つまり合計六発の5.56mmNATO弾は、効果を果たした魔法障壁を突き抜けて魔法使いへと殺到した。

「・・・・?」

 全身を襲った衝撃で壁に叩きつけられたおかげで、魔法使いは何が起こったのか理解できないようだ。
 おそらく、まだ痛みも感じていないのだろう。
 虚ろな表情でこちらを見てきたその頭部に銃口を突きつける。

PAPAPAN!!

 頭部はスイカのように砕け散り、赤と灰色の混合物が壁へと飛び散った。


389 :物語は唐突に:04/01/27 03:01 ID:???
「准尉ぃ!」

 魔法使いに止めを刺していると、不意に一人の一士が俺を呼んだ。

「なんだ?」

「魔法使いです。怪我をしているようですが。しかも女です」

 だからなんだと言うのだ?女の子は可哀想だから逃がしてやりましょうとでもいうつもりなのか?

「ブッ殺していいですか?」

「かまわん」

 うん、素晴らしい。戦場はこうでないと。PAN!
 現状に満足感を覚えつつ、彼は机の下に隠れていた別の魔法使いに止めを刺した。


390 :物語は唐突に:04/01/27 03:06 ID:???
本日分ハ全テ投下完了。
友軍各隊ノ勇戦ヲ祈ル。終ワリ。

391 :名無し三等兵:04/01/27 03:06 ID:???
支援必要?

392 :名無し三等兵:04/01/27 03:06 ID:???
狂気だ・・・

393 :名無し三等兵:04/01/27 03:09 ID:???
さっさと勇者一行に退治して欲しいな、こいつらはw

394 :名無し三等兵:04/01/27 03:10 ID:???
陸上自衛隊本隊のイラク派遣が決まったようで。。。

395 :名無し三等兵:04/01/27 03:19 ID:???
短い話ですが投下させてもらいます。
狂気を中和する役目になってくれたら幸いです。


エルフの女性が衛生科に配属されてきた。
そんな彼女に早速出番がやってくる。

「もう大丈夫ですから、すぐに治しますからね」

得意の回復魔法で隊員の傷をたちまち治療していく。
ちなみにマナの吸収効率を高めるためにビキニアーマーを装備したままである。
彼にはまさに彼女は天使に見えた。

「俺もお願いします!!」
「ずるいぞ貴様!自分も自分もー!」

そのセクシーな姿もあってかおかげでかすり傷でも手当てしてもらおうと来る隊員達だった。

396 :名無し三等兵:04/01/27 03:22 ID:???
>>395
激しくワラタ。
アーンドぼのぼのでいいネ!

397 :名無し三等兵:04/01/27 03:36 ID:???
エルフの青年が衛生科に配属されてきた。
そんな彼に早速出番がやってくる。

「もう大丈夫です、すぐに治しますから」

得意の回復魔法で隊員の傷をたちまち治療していく。
ちなみにマナの吸収効率を高めるためにふんどし姿のままである。

「うわぁぁぁぁぁぁ!!(AA略」
「逃げろー!」

398 :物語は唐突に:04/01/27 03:37 ID:???
狂気系ハ不評ト認ム。
次回更新時ハ留意スルノデゴメンナサイ。オワリ。

399 :名無し三等兵:04/01/27 03:41 ID:???
>>398
いやいやいやいやいやいや。
俺は、いいと思うよ。
むしろ、今までがぬるい(言い方悪い・・・汗)から、
一作品くらいは、こういうのもアリだと思う。
差別化という意味でも。

400 :名無し三等兵:04/01/27 03:50 ID:???
エルフの青年が衛生科に配属されてきた。
そんな彼に早速出番がやってくる。

「もう大丈夫です、すぐに治しますから」

得意の回復魔法で隊員の傷や痛みをたちまち治療していく。
ちなみにマナの吸収効率を高めるためにふんどし姿のままである。

「どうもありがとうございます(*´Д`)」
「ウホッ!」

そのセクシーな姿もあってかおかげで用がなくても見に来るWAC達だった。

401 :名無し三等兵:04/01/27 04:23 ID:???
久しぶりにスレを除いたらすごいことになっててワロタ。
ちょっとネタ投下。

「ようこそいらっしゃいました。今日は最高級料理を存分に味わってください」
「………あなた方はエルフという種族を理解してらっしゃらないようですな!同盟の話はなかったことにさせていただく!」

「というわけなんだよ山○くん」
「ははあ、そりゃあ怒るのもむりはないな」

「もう話すことなどないというのに…。しかし美しい森だな。
この国にもこのようなところがあったのか」
「むほっ!この匂いは!我々の大好物ではないか!しかし…」
「心配は要りませんよ。ほら」
「木のスプーンに竹の器とは、金属を嫌う我々エルフの性質をよく理解してくれている。
しかもこのカレーのうまさと言ったら!」
「そうか、我々の用意したスプーンは金属製だった。
それではお怒りになるのも無理はない…」



スレ違いスマソ

402 :名無し三等兵:04/01/27 04:32 ID:???
ttp://kigaruni-up.ath.cx/~kigaru/cgi-bin/clip-board/img/6954.jpg

自衛隊は今日も平和です。

403 :名無し三等兵:04/01/27 04:33 ID:???
>>マナの吸収効率を高めるためにふんどし/ビキニ
最近、このスレ読み始めたんですが…エルフのイメージが…
なんかアラビアの精霊ジン/ジニー、タイの精霊ピー、あるいは日本の「鬼」とかの方が
ふんどし/ビキニスタイルにあっているような気がするんですけど…

…ラーメンに一言のあるドワーフには全く違和感がないんですが(W

404 :名無し三等兵:04/01/27 04:41 ID:???
ttp://kigaruni-up.ath.cx/~kigaru/cgi-bin/clip-board/img/6955.jpg

おまけ

405 :名無し三等兵:04/01/27 05:55 ID:???
>>402,>>404
ワラタ

406 :名無し三等兵:04/01/27 09:19 ID:???
>>399
同意。結構お互いに引き立つし。
というわけで、
唐突にキター(AAは↓)
http://www7.plala.or.jp/ungeromeppa/flash/kita.html



407 :名無し三等兵:04/01/27 09:21 ID:???

今まで見てきた中で、>>389が1番常識的な対応に見えた。
やっぱり戦闘シーンはこうでないと。

408 :戦闘シーン限定ですが:04/01/27 09:27 ID:???

戦闘シーンってのはな、もっと殺伐としてるべきなんだよ。
出てきた敵といつ銃撃戦が始まってもおかしくない。
殺すか殺されるか、そんな雰囲気がいいんじゃねーか。萌えは、すっこんでろ。





409 :プロジェクトX風異世界交流:04/01/27 09:31 ID:???
>>398
いや、こういう狂気と絶望があるからこそ
奥行きが発生すると思う。

そして交流が成功すればこそ
孤立してしまう自衛官の問題とかありそうだ。


「お前らが気楽に森を作っている間に、俺達は…!!」
「破壊は一瞬だけど、森は復活させるのに10年は掛かるんだぞ!!」

410 :名無し三等兵:04/01/27 09:44 ID:???
>>389
>>395
辛口カレーと水って感じだな。


411 :名無し三等兵:04/01/27 09:51 ID:???
>>409
こういう空気をちゃかすのが、ネタ職人としての使命なんだろうな。

仕事をして帰って来た自衛隊と、サボっていたエルフの一こま。
「お前らが気楽にカレーを作っている間に、俺達は…!!」
「食うのは一瞬だけど、カレーを煮込むのに半日は掛かるんだぞ!!」

412 :名無し三等兵:04/01/27 09:55 ID:???
>>409
その逆もありえるかも、
自衛隊の立場を理解したエルフやドワーフが慰めてくれる。
日本国民よりも彼らの立場の苦しみを理解し元気付けてくれる。

「あなた達が助けてくれたから私達は生きていられる、だからめげずに頑張ってください」
「ありがとうございます、そういわれるとここまで来た甲斐があります」

413 :狂気の一こまを、黄色っぽく・・・:04/01/27 09:56 ID:???
「准尉ぃ!」

残ったカレーに止めを刺していると、不意に一人の一士が俺を呼んだ。

「なんだ?」

「あまったカレーです。少し焦げているようですが。しかも牛肉入りです」

 だからなんだと言うのだ?牛肉入りは旨い、だから明日食べましょうとでもいうつもりなのか?

「食ってもいいですか?」

「だめだ、俺が食う!!」

 うん、素晴らしい。食堂はこうでないと。「畜生!」
 現状に満足感を覚えつつ、彼は部下よりせしめた牛肉入りカレーに止めを刺した。

414 :あるカレー通のコピペ:04/01/27 10:12 ID:???
カレーってのはな、もっと殺伐と作るべきなんだよ。
微妙な火調整でいつカレーが焦げてもおかしくない。
旨いか不味いか、そんな雰囲気がいいんじゃねーか。人間共は、すっこんでろ。

415 :名無し三等兵:04/01/27 10:15 ID:???
>>414
作ってンのエルフかよ・・・

416 :プロジェクトX風異世界交流:04/01/27 10:17 ID:???
>>411
ワロタ
絶対ココ1の食べたらタダのカレーで
エルフはお断りになるんだろうな。

>>412
それもありだね。
感謝半分、無謀な民間人に対する侮蔑もあるだろうし。

417 :名無し三等兵:04/01/27 10:22 ID:???
最近、ネタに走ったSSが多いのは個人的に嬉しいが、
そのせいで、ガイドラインが改正されない事を願う・・・

418 :ふんどしばかりもなんなので・・・その1:04/01/27 10:41 ID:???
ある女性自衛官と女性エルフ。

とある難民キャンプで保護した女性エルフAさん。(日本国は同盟中であるエルフを優先的に保護している)
既にぼろぼろになった衣服が、難民生活の過酷さを物語っていた。
そんな彼女に、同性としての同情から服をプレゼントしようとキャンプへ招待した。
初めは緊張気味だった彼女も、私が同性である事も手伝ってか、段々と打ち解ける様になって来た。
そこで、本題に入る。

「・・・それでね、ぜひあなたに何着か服をプレゼントしたいの」
「え、あ、あの・・・申し出は大変ありがたいのですが・・・」
「あ、そんなに遠慮はしないで、私、古着とか好きで、余る程持ってるから」
「い、いや、そうではなくて・・・」
「そうね、まずは下着からよね・・・サイズあうかしら・・・」

と、衣類収納ようのボックスより下着を取り出したその時だった。


419 :ふんどしばかりもなんなので・・・その2:04/01/27 10:49 ID:???
ある女性自衛官と女性エルフ。2

「きゃー!!かわいいーーーーー!!」
(へ?)
あっけに取られてしまった。さっきまで、おどおどした態度で喋っていた彼女が突如豹変してしまった。
私はなにがおきたのか、わからなかった。
「いや〜ん!これもかわいい!!・・・これも、フリフリがついててかわいい!!」
「あ、あの・・・」
「本当にもらっていいんですか?」
きらきら輝いた少女の様な眼で私を見つめるAさん。私が断れるはずがなかった・・・。

翌日、とんでもない光景が展開する。
彼女が早速私があげた服を着て、キャンプ地を歩いていた。周りの自衛官は立ち止まってそれを見とれている。
確かにその服をまとった彼女は、女の私から見ても見とれる程の美しさだった。

ランジェリー姿でなければ・・・


420 :名無し三等兵:04/01/27 10:53 ID:???
今度は百合か?
このスレでも色々な派閥が出来てそうだな

421 :名無し三等兵:04/01/27 10:55 ID:???
>>419
新展開だな。ワラタ。

422 :名無し三等兵:04/01/27 11:18 ID:???
以前の仮想戦記な話を書いた者ですが、
ああいうノリの作品、又出してもいいですかね?

423 :名無し三等兵:04/01/27 11:21 ID:4+irsht3
何か、口直し系のSSが投下され始めたようだ。


424 :名無し三等兵:04/01/27 11:27 ID:???

ガイドラインに反するものでなければ問題はないと思います。(多分)

425 :名無し三等兵:04/01/27 11:27 ID:???
>>423
ageるのはやめてくれ。
このスレ住人、他のスレ住人、双方に取って不幸だ。

426 :名無し三等兵:04/01/27 11:29 ID:???
>>422
いいよ。来るものは拒まず。ガンガンやってくれ。

427 :名無し三等兵:04/01/27 11:30 ID:???
http://www.anachronism84.com/jsdfrank.html
J隊階級1覧

428 :名無し三等兵:04/01/27 11:40 ID:???
どうぞどうぞ( ´∀`)(・∀・)
あくまで個人的にですがただできるならエルフの服装は男はせめて露出はふんどし姿ではなく、
最低でも半そで短パンに胸当てや手甲ぐらいにしてください。
男と女の服装の差に関しては適当に理由をつけて、
『男よりも女のほうがマナを吸収しやすい。
なぜならエルフは自然信仰をしている。
そのため大地や自然は地母神として捉えられ女性として表現されることが多い。
だから女性が主なイメージであるためか女のほうが男よりもマナを取り込む際に、
自然や世界と同調しより多くのマナを吸収できる。
そのためか男のエルフは女より力があるので魔法より素早さ重視の戦いになる。
結果通気性の良い服と胸当てを装備。』
って感じでお願いします。
女のほうの服装はビキニ風の薄着や鎧のままでいいですから( ´∀`)

429 :名無し三等兵:04/01/27 11:41 ID:???
前スレで『人も住めない未開の地』とか書かれていた(w北海道だが
札幌と言えばラーメン>ドワーフ
最近はスープカレーも>エルフ
市内にも森は有るし(南区清田区厚別区辺り)、札幌を一歩出れば
森だらけだし…その内『人』が少数派になったりしてな。

11Dの施設がドワーフ大隊に成ったり、冬戦教にダークエルフとか

430 :名無し三等兵:04/01/27 11:44 ID:???
>>428
あくまでも個人的な希望ってとこだナ。

431 :名無し三等兵:04/01/27 11:51 ID:???
>>428
すみません・・・『萌え』は完全に考慮に入れてないので老若男女種族とわず、
戦闘参加者は最低限の装甲や制服を着込んで降ります。

露出が多いのは戦闘に直接参加しない者たちだけです。


432 :名無し三等兵:04/01/27 11:52 ID:???
炭鉱、ラーメン、焼酎といえば九州だろう。
新日鉄あたりと組んで新製品でも作り出しそうだな

433 :名無し三等兵:04/01/27 12:18 ID:???
>>422さん、期待させていただく。
できればゴトウ氏の書いた帝都攻略戦のように新型の13500t型の航空護衛艦を出してくれるのをキボン。
『世界の妄想艦船』
ttp://members.at.infoseek.co.jp/n_hikkii/
海上自衛隊 軽空母(DDH147)
ttp://members.at.infoseek.co.jp/n_hikkii/DDH_CVL_2.html
ttp://members.at.infoseek.co.jp/n_hikkii/DDH_CVL_22.html
ttp://members.at.infoseek.co.jp/n_hikkii/DDH_CVL_2EL.html

434 :名無し三等兵:04/01/27 12:19 ID:???
なんか勘違いしてる奴がいるが、
このスレはSS職人による売り手市場であって、読み手の要望を聞いてSSを作成するスレじゃないぞ。
そう言うの読みたきゃ、自分で良作を書いて流れを作れば?
事実、昨今の流れはSSを中心に作られて来たんだから。

435 :名無し三等兵:04/01/27 12:21 ID:???
>>433
そういうのを希望なら自分で書けばいい。
あまり作者さんを困らせないように。

436 :名無し三等兵:04/01/27 12:24 ID:???
187〜190あたりなんかは結構評判よかったよな。
ああ言うのかけば、ビキニ案も認知されたりすんじゃない?

437 :ぼちぼちネタっぽいものも食傷気味?:04/01/27 12:36 ID:???
ある自衛官の嘆き。

「なあ、最近思ったんだけどよ」
「ん?なんだ」
「慣れって不思議だよな。前はむしゃぶりつく様に見てた光景も、今じゃこうして眺める余裕すらあるんだ・・・」
「・・・そうだよなあ。初めはみんな騒いでたモンだけど、いまじゃ当たり前だもんなあ」
「俺達もこの世界来て変わったよな。少なくとも順応性は高くなった。大抵の事には驚かなくなったもんな」
「言われてみればそうだな。魔法を喰らった時には、小隊中がパニックになったモンだけどな」
「・・・慣れて来たんだよなあ。この世界に」

・・・・・・・「ハア・・・」・・・・・・

ふんどし姿とランジェリー姿のエルフ達を眺めながら、二人は溜め息をついた。



438 :名無し三等兵:04/01/27 12:50 ID:???
しかしいくらマナの為とはいえ、半裸の男女とパーティ
組んだんじゃ陸自の新迷彩も台無しだな…

なあ、ボディペインティングも駄目なのかな?

439 :名無し三等兵:04/01/27 12:53 ID:???
そういえば最近RPGだとhackやファイナルファンタジー10-2やスペクトラルソウルズといったゲームで再びビキニアーマーが復活してきてるよな・・・。
もちろん男の服装は普通のままで。

440 :名無し三等兵:04/01/27 13:04 ID:???
韓国のリネージュというネットゲームもそうだぞ。
ttp://www1.lineageonline.jp/top/index.shtml
ちなみにこれがキャラクター。
君主
ttp://www1.lineageonline.jp/about/chara_prince.html
ナイト
ttp://www1.lineageonline.jp/about/chara_knight.html
ウィザード
ttp://www1.lineageonline.jp/about/chara_wizard.html
エルフ
ttp://www1.lineageonline.jp/about/chara_elf.html
ダークエルフ
ttp://www1.lineageonline.jp/about/chara_darkelf.html
・・・こうして見ると男のコスチュームはみんな通常だな。
それに比べ女キャラは君主を除いて皆ヘソだしのビキニ風のコスチュームだというのがわかる。

441 :名無し三等兵:04/01/27 13:07 ID:???
たしかにそうだな(゚A゚;)

442 :名無し三等兵:04/01/27 13:11 ID:???
ちょっと待った、同じくネットゲーのラグナロクオンラインも同じことが言える。
女性キャラの露出が高い職業が多い。

443 :名無し三等兵:04/01/27 13:13 ID:???
だって女性だもん、露出してなんぼでしょ。

444 :名無し三等兵:04/01/27 13:17 ID:???
エルフはともかく、人間とかはどうなんだ。
どんな理屈であの装備なんだ。
詳細希望。

445 :名無し三等兵:04/01/27 13:26 ID:???
韓国の開発者に聞くしかないでしょ…(聞けるわけ無いが)

446 :236:04/01/27 13:27 ID:???
>444
やはり露出以外に意味は無いと思われ。

露出エルフ萌えー

何故露出である必要性があるんだ議論

マナを吸収するのに裸のほうがなんたらかんたら…考察

男はどうするんだ、裸か?

じゃあ、ふんどしの筋肉エルフで

ふんどし萌えー

…頼むから人間で露出装備については真面目に議論しないで下さい。

447 :名無し三等兵:04/01/27 13:27 ID:???
きっと少林寺見たいなところで訓練してんだよ。
それで気を扱える様になって、槍とかが皮膚を突き通さない様になるんだ。
それで、あんなつける意味ない様な鎧でも十分なんだよ!!

・・・って、自分で書いてて変な光景だなあと思った。

448 :名無し三等兵:04/01/27 13:32 ID:???
これに関しては

男はなるべく露出度を少なく

女はなるべく露出度を高く

という暗黙の了解事項を成立させるしかないでしょ。

449 :名無し三等兵:04/01/27 13:37 ID:???
ところで、どういう経緯でエルフを味方につけたんだ?
大多数がヒッキーみたいな連中だけに、結構難しいと思うんだけど。
ちなみに、ある程度親しくなってから出ないと、>>195見たいな状況にはなりえないので、
”カレーで釣りました”じゃ説明がつかないと思う。

450 :名無し三等兵:04/01/27 13:39 ID:???
F世界では女は男よりも少なく子供を生む存在のため、
目に見えない何らかの力による加護のおかげで大丈夫なのでは?
それと女は男より力が弱いから女性特有の素早さを生かそうとしていくうちに、
自然とあの姿へとなっていった。

451 :名無し三等兵:04/01/27 13:41 ID:???
基本的にああいう姿をしているのって冒険者とかの類ではないのか?

452 :名無し三等兵:04/01/27 13:43 ID:???
ここは山奥の冒険者養成施設。

ここでは親を失った孤児や養えなくなった子供を引き取り、立派な冒険者に育てる施設である。
今日も教官達による愛のこもった指導の声が山に響いていた・・・

「おい!!38番!!腰が高いぞ!!」
足下の線香を跨ぐ様に足を大きく広げ、中腰の態勢のまま腕に水を並々ついだお椀を手の平にのっけて、腕を水平に保つ。
さらに頭の上には、これまた水をたたえたお椀。これらの訓練で身体の気の流れを整える訓練。
1クラス総勢40名は、この訓練の真っ最中であった。
「ハ、ハイ!!」
「だめだ!!もっと落とせ!!膝を水平にしろ!!」
教官は持っていた棍棒で、股を開かせ膝を無理矢理折る。
38番の少女は、必死にお椀を落とすまいと踏ん張ったが、空しくも頭の椀を割ってしまった。
「なんだ!!だらしない!!こんな事では槍ごときに串刺しだぞ!!」
そう言い放つと教官は、おもむろに水の入った椀を取り出し、無理矢理水平にさせた膝にそれを置いた。
まわりで眺めていた生徒達は顔面を蒼白にする。
「線香一本追加!!いいな!!」
教官の無慈悲な言葉に、
「ハイ!!わかりました!!」
と、涙まじりに返答する少女38番であった・・・

453 :名無し三等兵:04/01/27 13:44 ID:???
>>448
それを十分に正当化できる理由がないと、どうもすっきりしないわけで。
(奥歯に何か挟まったような感じ。)



454 :名無し三等兵:04/01/27 13:45 ID:???
ハートマンみたいな教官が出てきそうだな。


455 :名無し三等兵:04/01/27 13:45 ID:???
>>452
空気椅子?

456 :名無し三等兵:04/01/27 13:49 ID:???
>>451
そりゃ、アイテム屋の親父が褌だったり宿屋の女将がビキニアーマー
だったりした日にゃイヤ展だろ。

457 :その話を書いた奴:04/01/27 13:51 ID:???
>>449
まず、帝国の焦土作戦により、資材となりうるエルフの森を焼き払われる。
そのため、エルフ達は帝国に抵抗するが、大多数を相手にほとんどが全滅。
自衛隊はそこに眼を付け、一族やエルフの森を守る代わりに主に魔法関係で協力しろと持ちかけた。
当初エルフは、なんだかんだで同じ人間である日本人に不信感を持っていたが、
切羽詰まっているのは同じなので、食料物資などで相互協力する事にした。(これがある程度親しくなった理由)

こっから、195以降の展開がある。

458 :その話を書いた奴:04/01/27 13:52 ID:???
なお、ドワーフ関連もおなじ前提。

459 :名無し三等兵:04/01/27 13:55 ID:???
>>457
THANK YOU
ようやく疑問が解けました。

460 :名無し三等兵:04/01/27 13:56 ID:???
リネージュの続編が発売ですって。
ttp://www.lineage2.jp/
それとライブラリーのギャラリーにあるスクリーンショットを見てみてください。
町並みやダンジョンや様々な種族など世界観のイメージの手助けになるのではないかと。
この新作でもやっぱり女性の露出度は高かったです。
テーマ別スクリーンショットのほうだとファンタジー世界における、
戦争や乗用獣の参考になるのではないのでしょうか?

461 :名無し三等兵:04/01/27 13:58 ID:???
宣伝お疲れ様。

462 :名無し三等兵:04/01/27 14:05 ID:???
スクリーンショットにあるストライダー/ワイバーンの画像を見てみた。
小さい前足の無いティラノザウルス(ストライダー?)にエルフが乗ってるのを見た。
なんか新鮮な感じがした。
それとワイバーンはでかかった…。


463 :名無し三等兵:04/01/27 14:07 ID:???
エルフって動物を手なずける能力持ってたっけ?
絵とかでよく、小動物と戯れているのを見かけるが。

464 :名無し三等兵:04/01/27 14:27 ID:???
>>460
ここのムービーを見てみた。
感想としては日本においての一般的なファンタジーと
映画のロードオブザリングをたして2で割ったような感じだった。

465 :名無し三等兵:04/01/27 14:35 ID:???
452さん、世界丸見えテレビ特捜部見ましたね。

466 :名無し三等兵:04/01/27 14:42 ID:???
 被服ネタのことで思うのだが、J隊の皆さんは、必ずしも迷彩の戦闘服を着る必要が無いんじゃないか? 寧ろ前近代的な敵を相手にするのなら、心理的効果を狙って迷彩を廃止すべき。
皆揃いの赤マフラー・真っ赤に染めたボディアーマー・日の丸鉢巻。幹部はヘルメットに前立、将官クラスは馬印がつく。
スピーカから大音響で隊長の生カラオケを垂れ流し、部隊旗を高らかと掲げ、珍車の如く飾り立てたAPCで颯爽と戦場に現ると、敵は闘う前から壊走状態。
陸自以外でも、航空機はワルキューレやら現地語のスローガンを全面に描き、 護衛艦は旗旒マスト増設すべし。




467 :名無し三等兵:04/01/27 14:47 ID:???
>>466
まるでナポレオニックな世界ですなw

468 :名無し三等兵:04/01/27 14:49 ID:???
>>466
ヘリ部隊はスピーカーからワルキューレの騎行を大音響で、に一票。

469 :物語は唐突に:04/01/27 15:23 ID:???
>>468
大賛成!

470 :名無し三等兵:04/01/27 15:24 ID:???
真面目に書いてる途中でふと思いついたちょいネタです。
面白くなければ無視してくだされw戦死者の軍隊ネタが元ネタですw
『日ソの戦死者が異世界に召還されますた』

日ソ戦死者の部隊は補給不足を気合と根性で補い、チハやBT戦車を先頭に
まるで旅順攻防戦や東部戦線を思い出させるような方法で高地にある敵の陣地に向かい前進を開始する。
既に双方共に大半の矢や火器を使い果たしている為、そこではまるで中世のような戦闘が行われる事になった。

戦死者の軍隊は小銃の先に銃剣を装着し、或る物は縁をグラインダーで磨き上げたスコップを手に、思い思いに突撃していく。
それをドワーフは弾の切れた火縄銃を捨てタワーシールドと槍で形成したファランクスで迎え撃つ。エルフの長弓射手達が最後の矢を放ち始めた。
魔法と矢、それに対抗するように放たれるわずかな銃弾と砲弾。それらが上空を支配した。
バタバタと双方の将兵が倒れていった。だが戦争の行方に左右する高地の為、双方一歩たりとも引かない。

投石器の投石がBT戦車を大破し、反斜面陣地に備えられたバリスタの放った丸太のような矢がチハを貫いて各坐させる。
BT戦車を大破させた岩が将兵を踏み潰しつつ転がっていく。

逆に此方の戦車砲がそれらを正確に撃破する。擲弾筒と迫撃砲が長弓射手を蹂躙し最後の義務を果たした。

魔法使いの放つ魔法が突撃するをなぎ倒し、機関銃が逆にファランクスを打ち崩していく。
残された少ない重機関銃の弾がファランクスの最前線に立っていたドワーフ達を楯ごと貫き尽く殺傷する。
だが全てを殲滅しきれるほどの弾薬は無い。縦深が深いがために生き残ったドワーフが一歩前に出て隙間を塞いだ。

『万歳ーーーーー!!』『URAAAAA!!!!』
時の声を上げつつ突撃してゆく将兵と戦車。迎え撃つファランクス。



・・・この勝負の行方は誰にもわからない
ただ勝つにせよ負けるにせよ、凄惨な戦闘になることだけが解っていた。

471 :名無し三等兵:04/01/27 15:35 ID:???
ttp://bbs.enjoykorea.naver.co.jp/jaction/read.php?id=enjoyjapan_6&nid=44681&work=list&st=&sw=&cp=2
ttp://www.yoshincha.com/news/20031022.html
こんなのを見つけてしまった・・・。
このアドレスはファンタジー世界の女性の下着姿大集合を紹介しています。
ぜひ見ることをお勧めします。
っていうか見ないと絶対に損しますよ。

472 :名無し三等兵:04/01/27 15:41 ID:???
だまされたと思って見てみた・・・・。
感動した、この喜びを踊りにさせてもらう!

.   +  (\_/)(\_/)(\_/)  +
      ( ´∀`∩(´∀`∩)( ´∀`)
 +  (( (つ   ノ(つ  丿(つ  つ ))  +
       ヽ  ( ノ ( ヽノ  ) ) )
       (_)し' し(_) (_)_)


473 :名無し三等兵:04/01/27 15:42 ID:???
・・・・リネージュ禁止を提案。

474 :名無し三等兵:04/01/27 15:43 ID:???
キタ━━━(゚∀゚ )━(∀゚ )━(゚  )━(  )━(  ゚)━( ゚∀)━(゚∀゚)━━━!!!!

475 :名無し三等兵:04/01/27 15:44 ID:???
神だ!このスレに神が君臨したんだ〜〜〜〜!!!!!

476 :名無し三等兵:04/01/27 15:47 ID:???
キター(AAは↓)
http://www7.plala.or.jp/ungeromeppa/flash/kita.html


477 :名無し三等兵:04/01/27 15:48 ID:???
カレーなる神か…。
ちょうどエルフだしな。


478 :名無し三等兵:04/01/27 15:50 ID:???
>>473
禁止までにするべきではない、
ただ少し自粛すべきである。

479 :名無し三等兵:04/01/27 15:52 ID:???
>>471さんありがとう、このことは一生忘れない。

480 :名無し三等兵:04/01/27 15:53 ID:???
>>471
公平を期するために
自衛隊員の下着姿大集合サイトものせろや

481 :名無し三等兵:04/01/27 15:55 ID:???
>>471
保存しとこう( ̄∀ ̄)

482 :名無し三等兵:04/01/27 15:57 ID:???
幾らなんでもこんな時間にしては人数が大きすぎませんか?今日は平日ですよ?

・・・会社休業中の中の人がいるのならわかるが、幾らなんでも・・・
自作自演の疑い・・・が

483 :名無し三等兵:04/01/27 15:58 ID:???
この調子で自衛隊の話や小説なんかもどんどんあげていこ〜〜〜。

484 :名無し三等兵:04/01/27 16:12 ID:???
下手に勘繰るのは良くないと思う。
せっかくの盛り上がりに水を差すことになりかねない。

485 :名無し三等兵:04/01/27 16:23 ID:???
>471の下着の形式は、もう19世紀以降ものだよな。下手をすると現代世界と同じだ。"F世界共通の集合的下着意識"これが意味するものは・・・・
○林陸曹「そうだったのか!! F世界の下着のプロトタイプは、先行してスリップしたWACがもたらしたんだよ!!!!」
一同「な、なんだって〜!!!」
 こうして、失われた同胞の痕跡を探る Missing lingerie Maniac Report 「MMR」が結成さた!!

>470 チハ・・・

486 :名無し三等兵:04/01/27 16:33 ID:???
>>482
まぁあまり突っ込むのは止めとこう。
相手も必死なんだからw

487 :名無し三等兵:04/01/27 16:35 ID:GQK6uSCo
>409
 ファンタジー世界の戦士や騎士達と自衛隊との交流も面白そう。

>ネットゲームキャラの服装
 ユーザーアンケートでの女性ゲーマーの要望では「もっと服装を選べるようにして欲しい。ビキニアーマーばかりではキャラクターへの感情移入がし辛い。」ってのが多かったり。

488 :487:04/01/27 16:37 ID:???
 おっと、sage忘れ申し訳ない。

489 :名無し三等兵:04/01/27 17:21 ID:???
>>487
いや、ほぼネカマだからそんな要望は無いよw

490 :名無し三等兵:04/01/27 17:31 ID:???
>>489
で、わずかにいる女性ユーザーはネナベやってるとかだと嫌展だな。

いっそのことイスラームの女性並に露出度が少ない設定なんてどうか?

491 :487:04/01/27 17:37 ID:???
 服装はクリエイターさんにお任せするって事で。
 漏れとしては、カレーも、ビキニも、フンドシ も、指輪物語風味エルフも、ロードス島戦記風味エルフも、アディも好きだが、このスレをフンドシエルフがカレーの湯気でスチームローラーってのは流石に引きます(爆)

492 :722:04/01/27 17:50 ID:???
>>124
私は一向に構わんッッッッッ!!!

>>332
たいへんよく、しでかした。

お礼に落書きを呉れてやるから、
謹んで受けてるようお願いさせとけ。

493 :722:04/01/27 17:53 ID:???
>>492
ttp://kigaruni-up.ath.cx/~kigaru/cgi-bin/clip-board/img/6961.jpg

URLを書き忘れる、間抜けな自分に呪いあれ。


494 :名無し三等兵:04/01/27 17:54 ID:???
>466 SS60□[あかしお]。「南無八幡大菩薩」の吹流と鯉幟を掲げた神出鬼没の鉄鯨は(主に体当たりで)F船乗の心胆寒からしめたと謂う。

>490 エルフが裸族に近いイメージなのは、現実に密林に暮らす民族とタブるからじゃないのかな。 昔、欧米の植民地で先住民に洋服を強制した結果、服を洗うことを知らなかった先住民(腰巻等は使い捨てだった)は却って不潔な状況に陥って、皮膚病が蔓延したらしい。
 イスラーム関連で灼熱地に暮すトカゲ風の獣人、Fネタではこれも肌を露出している(様な気が)。実は、軽装でも乾燥や日差しに耐えるために進化の過程で鱗を得た哺乳類だったというのはどうか。



495 :722:04/01/27 18:05 ID:???
>>493の絵はツジハラ分とマエハラ分。

こんなことまで書き忘れるとは、どこまでも愚か者よ……。
第一、自衛隊員が長髪眼鏡ってなに?
19歳にしては老けすぎですよ。
こんなのおかしいですよ!
五月蝿いッ! 殴られずに大人になった者なんかいるかッ!!
出来損ないの下らない生き物め、
自分は犬の餌だ。
722はまるで糞のような男だ、
犬の糞になってしまえ。

496 :名無し三等兵:04/01/27 18:20 ID:???
>>494
昔、南米の裸族の特集番組を見たことがあります。
その裸族は弓矢で狩猟をするのですが、矢筒を持たずに狩りに出るんですよ。
え? 予備の矢は何処に入れとくかって?
体の「あるところ」に挟むんです。

どこでしょうねぇ、……念の為に言っておきますが狩りは男の仕事です。



そう、 尻 に 挟 む ん で す よ 。

尻 に、
尻 に、
尻 に。


……ふんどしエルフたちは狩りに出る時、どうしてるんでしょうねぇ(生暖かい目)。

497 :名無し三等兵:04/01/27 18:34 ID:???
自衛隊員Bはいった。

「エフル殿、敵要塞資料を尻に挟んで持ち歩くのは止めてください・・・後生です・・・」

498 :名無し三等兵:04/01/27 18:41 ID:???
>>296
>ただ、香港とかシンガポールでは100%超えてるんだけど、
>この数値で持って鎖国状態の日本で経済が回転するかを
>判断していいものかね?教えて経済のエロイ人!

貿易依存度は輸出入の域内総生産に占める割合です。
香港やシンガポールが貿易依存度100%を越えているのは、中継貿易をやっているからです。
つまり域内総生産以上の物品を輸入し、それを第三国に輸出する。
すると輸出入の総額が域内総生産以上になり、貿易依存度が100%を越えるのです。



499 :名無し三等兵:04/01/27 18:46 ID:???
89へぇ〜

委員長よりノリが送られます。

500 :名無し三等兵:04/01/27 18:49 ID:zpwYOKYg

今だ!500ゲットォォォォ!!
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄∨ ̄ ̄ ̄       (´´
     ∧∧   )      (´⌒(´
  ⊂(゚Д゚⊂⌒`つ≡≡≡(´⌒;;;≡≡≡
        ̄ ̄  (´⌒(´⌒;;
      ズザーーーーーッ



501 :名無し三等兵:04/01/27 18:50 ID:???
>>498の続き。

で、肝心の日本経済再編案ですが、まず40兆円の「富を再生産する構造」が消滅するので深刻な不況になり、
失業者の群れが出来ます。

そこでケインズ政策ですよ。
ケインズ政策とは、「国債で公共事業ドバドバやって、景気を良くして経済成長して借金返そう」
という政策です。

この十年さんざんやって赤字だけ膨らませた、あの政策です。

502 :名無し三等兵:04/01/27 18:52 ID:???
なんつーか。
どっかの奴がageてから、スレの雰囲気が変わってねえか。
明らかに住人じゃ無さそうなのが、大量に湧いてンだが・・・

それが悪いんじゃねえけどよ・・・なんかなあ・・・
取りあえずsageようぜ。他のスレ住人に迷惑掛けてもアレだし・・・

503 :名無し三等兵:04/01/27 18:59 ID:???
>>502
海洋大陸議論の様な物が再燃すれば大半が出て行くとは思うが・・・
それもまたいやだなあ・・・・

とりあえず小説書く人が登場する国の戦術や戦略を考える際の基本・・
というか参考になると思うので、ちょっとした指揮統制の基本を書き込んで見て宜しいでしょうか?
反応を見てから書き始めるので提出は遅れると思います。


504 :名無し三等兵:04/01/27 19:01 ID:???
スレの折り返しに良いネタと思う。
これからくる人達の為にもよろしく頼む。

505 :プロジェクトX風異世界交流:04/01/27 19:03 ID:???
>>503
お願いします。

506 :名無し三等兵:04/01/27 19:05 ID:???
なんで失敗したのかというと「ハードの建造が終わったから」。
ケインズ政策というのは、投入した資本が全て消費に回るという前提があるのです。

高度成長時代は、建造したインフラは富の拡大再生産に役立ち、投入した資本は民間に戻り、
車、洗濯機、テレビ、etc、と近代生活の必需品の耐久消費材の購入に充てられ、生産の拡大を促しました。

しかし採算の見込めるインフラの建造は終わり、耐久消費財は一通り行き渡った為、
いくら資本を投入しても消費に向かわず、金の流れが詰まったのです。

これがケインズ政策が、この十年不況に通用しなかった理由です。

507 :名無し三等兵:04/01/27 19:08 ID:ZtYvVc49
>504、505
了解です。これから出力するのでお待ちください。

508 :名無し三等兵:04/01/27 19:09 ID:???
>>506
なるほどね〜。
でも、板違いな予感。・・・でもないか?・・・どうなんだ?
異世界での経済復興時の資料にはなるか?

509 :名無し三等兵:04/01/27 19:10 ID:???
>>507
失敗・・・上げてしまったすまソ・・

510 :名無し三等兵:04/01/27 19:15 ID:???
>>508
日本まるごと異世界なんて設定にすると、どうしても考える必要があるからな。
現代の政治、経済学、農業技術、地理学などの知識を総動員する必要がある。

人間と兵器だけってならその必要もないんだが。

511 :名無し三等兵:04/01/27 19:16 ID:???
現在の日本のインフラは、世界経済を相手にするという前提で構築されています。
しかしF世界に飛ばされたなら、新たなインフラを立ち上げる必要があるのです。

具体的には食料の増産、資源のリサイクル、
そしてそれらを主目的とした流通機構の再編と省エネ化です。

つまり採算の取れるハードの建造と失業者救済という、
ケインズ政策の成功条件が揃っているのです。

唯、資源とエネルギーの供給がクソなので外に撃って出る必要があります。
このあたりは海洋戦略対大陸政策になるのですが……。

512 :名無し三等兵:04/01/27 19:31 ID:???
ぼちぼち、インフラ整備計画のssがでるかな。

513 :名無し三等兵:04/01/27 19:43 ID:???
>>498>>501>>506>>511
とりあえず、F世界に飛ばされた日本の経済再編案、間違いがあったらツッコミお願いします。

>>302でスゴイ間違いしてしまいました。
>この40兆円は世界市場3000兆円の世界で稼ぎ出したものなので、
>セイロン世界300万市場程度では餓えを満たすどころか、喉の湿り気にすらならない

300万というのは市場の人口、その上大陸諸国のみだ……。
正しくは、購買力を持った300万の市場で、その規模は焼く12兆円、
これにセイロン帝国の12兆円の計24兆円市場です。
腹の足しにはなりませんが、おやつぐらいにはなりそうです。

12兆という数字は漢代の高官の暮らしから弾き出したものなのですが、
計算式がどこかにいってしまって、上げられません。
見つけ次第、投下するのでどうかご容赦のほどを。



514 :513:04/01/27 19:50 ID:???
しかし近代以前に12兆円の国内総生産。
はっきり言ってバケモンです、セイロン帝国。
史実の大英帝国より強力かも知れません。

でも、もっと化け物なのは日本経済。
日本経済って「強大だけど脆い」という印象もっていたのですが、とてつもなく強靭です。
海の向こうのもう1匹の怪物だけ見ていると「たいしたことない」という気になるのですが、
んなことありません。



515 :名無し三等兵:04/01/27 20:00 ID:???
>>466
見通しの悪い場所などで奇襲をかけるときに役立つから問題ないと思います。


516 :名無し三等兵:04/01/27 20:01 ID:???
>>468
こち亀?
奇襲をかけるときは目立たない方がいいとおもいます。 
ついでに言えばそのたびにペイント変えるのもあほらしいし。

517 :名無し三等兵:04/01/27 20:06 ID:???
>>516
因みにこち亀の方が映画『地獄の黙示録』をパクッてます。
わかっていると思いますが一応注釈です。

518 :名無し三等兵:04/01/27 20:10 ID:???
>>517
そりゃまあ、知ってますけど。
>>513
ところで、何を売りましょうかね?
少なくとも時計とかコンパス(羅針盤)は売れそうですが。
(船舶という手もあるにはあるが、大口過ぎるので時期尚早。)


519 :名無し三等兵:04/01/27 20:13 ID:???
>>513
ところで、大陸側はどうなんでしょうか?

520 :元1だおー:04/01/27 20:41 ID:???
>>495
あ、あの二人はあんなに幼くないしゴツくもないれすよ(汗
上手なんですがちょっとかけ離れすぎかな……。
よく考えてみると、隊員の容姿がどんなのかなんてあんまり書いてない
ことに気付く。
三尉は身長172で顔は少し厭世的(…というより不平が多いだけ)
な雰囲気で、まあ手っ取り早く伝えるなら「青の六号」の速水ニ尉を参照。
前島はもの凄い勢いで手っ取り早く伝えるなら「最終兵器彼女」のナカムラ一曹を参照。
佐久間は「ドラゴンヘッド」の仁村をイメージしていたものの、いつの間にかいい人になって
たので、性格の丸くなった仁村だと思っていただけると……。
いやはや、無理言ってすみません。

521 :236鬱:04/01/27 20:56 ID:???
自分で書いたの読んでて自衛隊員の描写が何か変なことになってる気がする…
なので、もう少し勉強しなおし+書き直ししてきます…


今月の目標:次スレになる前に投下したいです。

522 :名無し三等兵:04/01/27 21:00 ID:???
指揮統制についての駄文 その1
一応これから色々と提出し始めますが、間違っていた場合は注意を、
または質問があった場合には、尋ねていただければ幸いデス
本人独学素人デスので、間違う事があるかも知れないデス

523 :名無し三等兵:04/01/27 21:04 ID:???
指揮についての駄文 その1
全てを始める前に、別の板から出張してきている人もいるようなので
まずは戦争、戦闘、戦術、戦略の定義についてデス。

『戦争』の定義

「戦争」とは一国が他国に対して、その国是を貫徹、もしくは保持する為に行なう最後の威力行為である。
(明治29、年陸軍士官学校『戦術学教程』より)

『戦闘』の定義

「戦闘」とは戦争の目的を達成する為の手段であり、実際に銃砲を使用し鑓刃を交える事を言う。
慣例として小部隊での交戦を「戦闘」と言い、大兵団での戦闘を「会戦」という。
(大正3年、陸軍士官学校『戦術学教程』より)

『戦術』の定義

「戦術」は交差法であり、「戦闘」の実行に属し、いわゆる兵を「戦場」に操縦する実施の術である。
(明治36年、雲外居士『基本戦術摘要解義』より)

『戦略』の定義

(必要ないと思われるので途中略)
それを示しているのが、「戦略」は思考を貫徹し、これを「戦術」は実際に施行する。
したがって「戦略」は「戦争」の画策であり、その実行が「戦術」である。
だが、「戦略」と「戦術」は判然分離できる物ではなく、
互いに干渉幇助して終始密着、両者会い揃ってその功を全うすると言う説明である。
(明治22年、陸軍士官学校『戦術学教程』より)

524 :名無し三等兵:04/01/27 21:24 ID:???
指揮についての駄文 その2

次に具体的な説明に入るデス

指揮官、幕僚が部隊の運用を考えるとき、以下の9個の原則に従って考えるデス。

1、目標の原則
2、統一の原則
3、主導の原則
4、集中の原則
5、奇襲の原則
6、機動の原則
7、経済の原則
8、簡明の原則
9、警戒の原則

一つ一つの原則については又今度デスが、具体的な例としてこれを説明すると、

彼女をデートに誘う方法が「戦術」デス

彼女のツボ(目的)を狙い、充分なプレゼント(戦闘力の集中)を渡し、
話に引き込み(主導性を発揮)広い視野に立って縦横に駆け引きし(機動性)、
その日が彼女は休みだと言う弱点をついて彼女を驚かせ(奇襲)
簡潔明瞭に(簡明)に説明して、無駄なく迅速的に(経済的)、デートの約束を取り付ける(勝利)
ことデス

(注、この通りにやったからと言って、デートに誘えるとは限りません。
 これは例え話ですので実行の際は自己責任でお願いするのデスw)

とりあえず今回はここまでデス。
個人のパソコンじゃないので交代の時間が来るのでこれ以上書き込めないデス。
邪魔じゃないようなら、また後で続けさせてもらうデス。

525 :名無し三等兵:04/01/27 21:45 ID:???
スレ違い。邪魔


526 :名無し三等兵:04/01/27 21:55 ID:???
>>524
続けて欲しい、に一票。

どうせならコテハン名乗ってみては?
読みたい人にも、そうでない人にも、利便性が増すかと。

527 :名無し三等兵:04/01/27 21:58 ID:???
>>524
是非おねがいします。
特に戦術面、助かる・・・俺なーもシラネし

528 :722:04/01/27 21:59 ID:???
>>519
前スレでやった考察。

543 :名無し三等兵 :04/01/25 02:53 ID:???
農業の話題が出ているので、F世界の農業生産と市場規模も考察してみる。
中世欧州風だと小さすぎて話しにならんので、セイロン帝国世界でやります。

戦国時代初期の魏の平均的農家の収穫は耕地面積182アール、穀物の収穫量2910リットル
租税として10分の1の291リットル
家族の食べ分1746リットル
共同体の維持費194リットル
衣類の費用970リットル
この時点で完璧な赤字だけど、まだまだ人頭税や事故・怪我・病気・葬式といった
不慮の費用が必要だから、恒常的な餓死者が出る構造になってる。

てことは、この層は市場にならない、のこるは10分の一税を取る特権階級。
農民との人口比を100対1とすると、明清帝国・インドシナ・インドの人口を
それぞれ1億ずつと仮定する。


結論  セイロン帝国世界の市場規模は、人口300万程度の農業国ぐらい。

ちなみに、これのすぐ上に日本の食料自給の話題があります。
どうやら、ぎりぎり自給できそうです

>>518
正確な時計とコンパスは軍事力を向上させるのでまずいです。物の役に立たない嗜好品でしょう、やっぱ。

>>495
前原ではなく前島だった……、もはや我に今日を生きる資格なし。


529 :名無し三等兵:04/01/27 22:02 ID:???
>>528
意図的に精度を下げたモンキーモデルを作ればよい。
=要は加工などの手を抜きまくればいい。

F世界の精度より上なら売れるでしょ。


530 :名無し三等兵:04/01/27 22:06 ID:???
>>526
 口調とカキコの感じからして、ステキ幼女自衛官の81式タンでは無いのか?

531 :名無し三等兵:04/01/27 22:06 ID:???
>528
良くわからんな。
なんで魏の農業レベルで明清時代の農業を測れるのか?
時代が2000年くらい違うと思うのだが。

日本で言えば、魏の頃は邪馬台国〜大和朝廷。
明清となれば江戸時代なわけだが。

532 :名無し三等兵:04/01/27 22:09 ID:???
>>530
違います。民間人です。

533 :名無し三等兵:04/01/27 22:12 ID:???
>>529
異世界での品質向上は見込めないか。
設備投資も低く押さえられそうだ。
まあ、やってくだけで精一杯の状況は変わらないか。
物資とかも不足するだろうし。

534 :722:04/01/27 22:13 ID:???
>>520
>三尉は「青の六号」の速水ニ尉を参照。
>前島は「最終兵器彼女」のナカムラ一曹を参照。
>佐久間は「ドラゴンヘッド」の性格の丸くなった仁村だと思っていただけると……。
どれも解りません……。

>あんなに幼くない
本文読むと線の細い印象だったので、つい。
それに大学出たての若者なんてあんなものです、あどけなくてかわいいですよ。
というかですね、私、「流浪人剣心」笑ってたんです。
「20代後半で女に間違えられる男なんていない」って。
ええ、確かに子供の頃は100%女に間違えられましたとも、
渡米の際には、ホモにレイプされないよう特別に注意うけましたとも!
でもね、20代後半にもなって女に間違えられるってどういうことですかッ!?
「かわいいから間違った」って、フォローになってませんよ!?

私は可愛いのではなく、かっこいいのですッ!!

535 :名無し三等兵:04/01/27 22:15 ID:???
スレ違いじゃないかもしれないけど
場違い

536 :名無し三等兵:04/01/27 22:16 ID:???
>>531
そう言われれば、技術とかも段違いだろうし、それをまとめて論ずるのには無理があるよな。
中世時代の農業に関しては、特に東洋は戦乱と平安の期間が長いから、それなりに技術も発展してるだろうし。

537 :名無し三等兵:04/01/27 22:17 ID:???
>>535
うまい。
つーか、むりやり雑談かまそうってのがちょっと引く。

538 :名無し三等兵:04/01/27 22:21 ID:???
>>531
手元にその時代の資料しか無かったのです……、
とりあえず目安になる数字が欲しかったので強引に当てはめました。
唯、中国では漢代にすでに明代に匹敵する生産力を誇っていたので、
邪馬台国と江戸時代ほどの差はありません。

し資料をお持ちなら計算をおねがいします。

539 :名無し三等兵:04/01/27 22:21 ID:???
>>533
品質向上ができそうなのは、国内向け製品か、輸出専用のある化学物質しかないわけで。

540 :526:04/01/27 22:24 ID:???
>>530
そんな気はしているのだが、詮索はしない咆哮で。

捨てハンで充分だと思うですよ。
ログまとめるにせよ、透明アボンするにせよ、便利だって意味で。

541 :名無し三等兵:04/01/27 22:25 ID:???
>輸出専用のある化学物質

「ア」で始まるヤバ目のお薬ですか?
無論、医療用として輸出するんですよね?

542 :名無し三等兵:04/01/27 22:25 ID:???
あとは、シリコンウエハーの不良品にフラックスでも塗って、珍しい宝石だとか適当なこと言って
販売。(あけすけに言うとサギ。)

543 :名無し三等兵:04/01/27 22:27 ID:???
>>541
事故レス
あれは化学物質じゃなかった。

544 :名無し三等兵:04/01/27 22:27 ID:???
某月某日(入植1ヶ月と18日目)

さて、漏れがこの開拓村に異動してからはや1ヶ月半が経過したわけであるが。
一月も経ちゃあ村民全員(200人ちょっと)の顔も覚えるてぇもんだわな。
今夜はウチの村のオタ同志2人と今週発売のエロゲ何買うかの相談(と称した飲み会)。
んな辺境でする話ではないがまあオタの性だ。注文から1週間以内には届く。宅急便マンセー。
で、何故エロゲオタがこんな場所くんだりで開拓やっとるかというと、職安の募集の
「臨時公務員急募 月給25万」
に引っかかったからだわ。こげなとこでの仕事だとわかっとったら応募せんわ。シッパル。
今現在の漏れの身分は臨時公務員。仕事は…まあ、この村役場の事務員と称する
農業以外の何でも屋だわな。
今の漏れの仕事といえば、村中の家に電話回線とPCのセットアップをすることとなっておる。
建物も初日にここに連れて来られた時はテント村だったんだが、今は阪神のアレみたいな
仮設住宅がメイン。
役場も建築現場にあるみたいなプレハブ(最初からあった)。なんかこう、役場より高い建物が
無いのが田舎だわな。

545 :エフル 1/2:04/01/27 22:28 ID:???
流れを読まずに投下

隊員A「えー 集まってもらったのにはワケがある。知らせだ、良い知らせと悪い知らせ」
隊員B「エフルさまが居ないですけど…」
隊員A「まぁ その なんだ…ちぃっとやりづらい。連絡はちゃんとやっておく」
隊員C「で、知らせというのは… …良い方からお願いします…」
隊員A「うむ… 新たな補充要員として、また魔法使いがやってくる。エルフだ」
隊員D「ヤな予感…」

隊員A「でだ…悪い方というのは…」
隊員C(聞きたくねー)
隊員A「その、だ… 男だ、ナントカの森の男だ。体力にも自信があるそうだ…」
隊員B「。・゚・(ノД`)・゚・。」

546 :名無し三等兵:04/01/27 22:29 ID:???
>>541
医療用の薬品(痛み止め、カンフル剤)とか塗料(油性ペンキ)ですよ。
まあ、向こうがどう使おうと知ったことじゃないですが。


547 :エフル 2/2:04/01/27 22:30 ID:???

隊員A「紹介する、新たにこの部隊に加わる魔法使い、フルエ君だ」
隊員BCD(黒ビキニ…! 張り裂けんばかりのピッチピチの黒ビキニ…!!)
フルエ「あっはーい! フルエでぇーす! みんな、フルエちゃんって呼んでね!
    日本語もちゃんと勉強したのよっ! だからコミニュケーションについては心配ご無用☆」
エフル「やぁ、久しぶりだね!」
フルエ「あっららぁー! エフルちゃんじゃないのぉー☆ おげんこー!」
隊員ABCD「………」
フルエ「およよよぉー? みんな、元気ないのぉー? ハッスル?ハッスルしちゃお?ほらー」
隊員B(近づかないで…! マッチョ黒ビキニ、お願いだから…!?)←涙目
隊員C(やめて…! 踊らないで…! マッチョ! 踊らないで!)←油汗
隊員D(ジャンプしないで…! やめて…! イチモツ震わせないで…!)←顔面蒼白
隊員A「…彼も、魔法のエキスパートだ。くれぐれも、仲の良いよう」←悟りの境地

フルエ「この美しい筋肉! 冴え渡るマナ! そしてそれらを使った脅威の魔法で、
    君たちの命は! 私! が! 預かる!! よろしくね♪」
エフル「あぁ、その肉体美、いつみてもジューシーサマー! すばらしいよ!」

隊員B「なぁ。エルフに日本語教えてるヤツ、どんなヤツだろうな」
隊員C「さぁ。見かけたらぶっ飛ばす」
隊員D「俺、日本に帰りたい。今ならオカマバーにでも住める」
隊員BCD「………」

548 :名無し三等兵:04/01/27 22:30 ID:???
>>523
明治時代にこれらの事が「初歩の基本」と認識していながら、
なんで昭和初期にあんな事になっちゃったんだろう。

スレ違いスマソ

549 :名無し三等兵:04/01/27 22:30 ID:???
シリコン自体が珍しい物体じゃねえか?
意外と高く売れそうな予感。

ていうか、中世時期に登場しなかった加工品は全て高く売れそうな予感。(見てくれの良い、武器転用できないもの)
小説や漫画とかも翻訳して売ったら、馬鹿売れしそうだな。
まあ、漫画に限らず書籍を求める異世界人は多そうだが。

550 :544続き:04/01/27 22:30 ID:???
今日は昼にJ隊の人と川向こうのエルフのおねいさんが来よった。
何でもエルフ村の人がこの辺でウロウロしてる野良トカゲの群れをハケーンしたとかで、この辺の
村全部に聞き取りやっとるんだと。
不幸にもウチの村が目撃地に一番近いんで、村の人への聞き込みと柵のチェックに俺も
行くハメになり。
でもこのご時勢でもまともに燃料の入ってる車乗ってるのが自衛隊ってとこだな。
ウチの村の業務車というと軽の電気自動車だし。一晩充電しとかんと動かんし。
まあめったに車なんか使わんけどな。もっぱら自転車か馬だ。
幸いにもこの辺で見たいう人はおらんかったけど、一応夜回りはすることになりそうだ。
柵も破れとるところは無かったしの。
さて、そろそろ時間だ。出るべや。


551 :名無し三等兵:04/01/27 22:30 ID:???
>515 状況によりけりでしょうね。 魔法の問題がやっかいですが。
 先祖伝来の美々しい鎧に身を包んだ勇者が堂々と雄叫びを上げて一騎駆けてくる場合や、隊伍を組み、謳いながら敵の白目黒目が見分けられるまでにじり寄り、そこで初めて発砲するような会戦をF軍が企画する場合、
奇襲で勝つのは易いでしょうが、果たして戦後の撫民が円滑にいくでしょうか?
 折衷案としては、敵主将を入念に偽装した狙撃兵で討ち取り、浮き足立つF軍団の目前に白襷のJ隊員を満載したデコAPCが新幹線ホーンを鳴らしつつ現れる・・・ とか 人口密集地付近に突然空挺を投入したりすると、戦闘そっちのけになるかも。  
 元来戦士は派手なもの、目立ち威圧することで無用の戦闘を避ける側面を一概に切り捨てられないような。
ほら、サマーワに召喚されたJ隊の皆さんの装束は(w 

>543アルコールじゃないのけ? メリケンはこれで勝利したよ。
F帝國への輸出品、文明高度が江戸末期レベルだと空き瓶でいけそうだ。 全国のゴミ貯総ざらいで賄うべし。 思えば、紙幣そのものもかなり珍重されそうだな。


552 :名無し三等兵:04/01/27 22:34 ID:???
>529
いいや、その反対で便利単純な生活必需品の超精密な物を作ればいい。
(鉛筆は絶対に売らない、0.2mmボールペンは売る)
原理を理解できてもデットコピーすらでき無いぞ、多分。
そして、保守契約で稼ぐのですよ。(替え芯を売る)


553 :名無し三等兵:04/01/27 22:38 ID:???
リオミアさん物語読んで思ったんだが、
何気に自転車って良い輸出品になりはしないだろうか。
地面が舗装されてないと走り難いが…

554 :名無し三等兵:04/01/27 22:40 ID:???
ところで、F世界に地域転送された場合、
動植物はどうなるのでしょうか。

555 :名無し三等兵:04/01/27 22:40 ID:???
>>471
ためしに見てみたがイイね。
こんな調子で萌え系の話題も続けて言ってほしい。
これほどまでにここに来てよかったと思ったことは無い。

556 :名無し三等兵:04/01/27 22:45 ID:???
>>553
 そんな時はモトクロスですよ!

 つか、何気にラリーが面白い事になりそうなヨカーン!
 ワークス大手の大半は来てますし(笑
 でも本気でサバイバルなラリーになっても困りますがね(遠い目

557 :名無し三等兵:04/01/27 22:53 ID:???
>>551
じゃあいっそ首都警ルックにでもします?

558 :カレー方面で書いてた奴:04/01/27 23:03 ID:???
>>547
ちょっと遅いが、乙!!
今はシリアスネタモードだからしばらく様子見た方が良いかも知れないね。
俺はしばらくROMモードに入るよ。

559 :名無し三等兵:04/01/27 23:08 ID:???
>>525
それを言えばここの雑談は激しく板違いな訳だが。
まぁここは多国籍スレ(だと自分は認識している)なのだし、
もうすこし寛容にいきましょう。って言うか、>>522-524の文は凄まじく役に立つぞ。

560 :名無し三等兵:04/01/27 23:12 ID:???
語尾がデス。な人・・・(;´Д`)

Σ(゚Д゚;) まさかあの人!?

561 :名無し志願兵:04/01/27 23:13 ID:???
>>523、524を書いた者デス。
自分は現職自衛官ではないデス。よって81式氏のような正確な知識は無いデス。

あと、この文が鬱陶しい人がいる様デスが、出来たら透明アボーンしてくれると嬉しいデス。

読んでくれてる人がいるようなので続けさせていただきます。

562 :名無し三等兵:04/01/27 23:20 ID:???
ここで出されている数々の資料達。

果して、これらを活かした世界観のSSをかける職人はいるのだろうか・・・

いねえだろうなあ・・・各種の専門過ぎて、SSに盛り込みようがなさそうだ・・・
端から見てると、面白くて食指が疼くようなモノばっかりなんだけど、どう活かすかイメージがつかめない。
所詮は素人なんだよな。まあ、素人なりに弄ってみるか・・・

563 :元1だおー:04/01/27 23:27 ID:???
722氏は絵は非常に上手なんですがどうも情緒不安でつね(w
どうどう。あなたの絵を楽しみにしている者も結構いるはず。がんがってホスィ

564 :名無し三等兵:04/01/27 23:29 ID:???
芸術肌の人って、総じてそう言うの多いよな。

565 :名無し三等兵:04/01/27 23:32 ID:???
>>557
 ダース○ーダーのテーマをBGMに、一列横隊で進む首都警の皆さんなんてのを想像してしまった。

566 :名無し三等兵:04/01/27 23:36 ID:???
とりあえず警チャリで騎馬突撃。

迫力ねぇw

567 :名無し三等兵:04/01/27 23:43 ID:???
リネージュキャラの下着姿を見た。
特にエルフとダークエルフが色っぽかった。
誰か小説を書く際にはこういうのを生かしてくれるのを強く希望。
それと471氏、あなたに精霊の加護があらんことを・・・。

568 :名無し三等兵:04/01/27 23:45 ID:???
>>422
小説が早く完成するのを楽しみに待ってます。

569 :名無し三等兵:04/01/27 23:46 ID:???
>>567
すでに書かれている。

570 :名無し三等兵:04/01/27 23:46 ID:???
ステンレス鋼や各種アルミニウム合金、チタン合金の類で剣でも作れば高く売れそうな予感
ミスリル銀やオリハルコン等の魔法金属が実在して、よっぽど金属の特性が優れてたら別だが
あるいは魔法の力で切れ味や強度を増した剣がそこそこ流通してたりとか
まぁ、その場合は「日本製の剣を魔法で強化」という手もあるけれど
……削り出しチタン合金製日本刀+3とかができたら、かなり燃えるなぁ

あと鎧も。各種アラミド繊維のプレートを硬革鎧のように加工する
並の革鎧より軽くて、板金鎧に優るとも劣らず丈夫
物によっては要所にセラミックプレートを仕込む。重くなるが、金属鎧よりゃマシだろう
あんまり輸出しすぎると希少価値が薄れる/銃器の優位性が下がるから、極めて貴重な品として
こちらも、いわゆる「魔法の鎧」がよほど優秀だったり、それなりに流通してたりしたら微妙だが

571 :名無し三等兵:04/01/27 23:47 ID:???
>>561
戦術系のスレにも書込みしてくれると有難い
どれも停滞気味だから


572 :名無し三等兵:04/01/27 23:54 ID:???
魔法の鎧っていうのだから、その魔法を除去されてしまったらただのガラクタになるのでは?


573 :名無し三等兵:04/01/27 23:54 ID:???
帰ってきて覗いてみたら>>471がえらく騒がれていたので見てみた。
(*ノノ)キャッ(*ノ▽ノ)キャッ(*ノ▽゜)ゝチラッ
興奮した・・・・・・・・危うく鼻血が出そうになった。
礼を言わせてくれ。

574 :Call50 ◆XVAlPbeLKw :04/01/27 23:54 ID:???
夕食後の座学。僕は仲良くなった松下と砂川と並んで座っていた。
松下「魔法の講義だそうだが、先生はエルフらしーぞ」
砂川「まじ?」
僕「女性と聞いた。2人。」
そう噂話をしていると教室に先生が入ってきた。その瞬間、僕たちは叫んでしまった。
松下「どうして!」
砂川「エルフなのに!」
僕「ビキニアーマーじゃないの!」

3回目の投稿
輸送戦記?
08

秋でもないのに紅葉が3つ見える。正確には入ってきた2人の先生の1人・・・白を基調にし
たスーツでピシっと決めた、セクシー系ダークエルフに力いっぱい平手打ちを食らった
痕だ。
そのダークエルフが紹介を始めた。
「アタシがお前らに錬金術魔法を教えるルローネだ。そしてこっちのちっちゃいのが…」
「ルローネ。ちっちゃい言わないで」
「悪ぃ。こっちが精霊魔法を教えるミランだ」
ルローネに紹介されたもう1人の先生は、同じくスーツを着ていたがルローネと比べて
ぽややんな印象があるスレンダーな白エルフだった。そして・・・僕たちはまた叫んでし
まった。
松下「どうして!」
砂川「エルフなのに!」
僕「眼鏡っ娘なの!」

575 :Call50 ◆XVAlPbeLKw :04/01/27 23:55 ID:???
09
紅葉が3から6に増えた教室で講義が始まった。
最初にエルフについての話から始まり、衝撃的だったのが・・・「ふんどし&ビキニアー
マーなエルフ」は極少数派の部族のみであり、天然記念物モノらしいという事だった。
それ以外にもこの世界で必ず遭遇する錬金術魔法と精霊魔法。その2つについての簡易
な説明があった。平たく言うと
錬金術魔法は魔力を論理的に体系化して研究し、行使する魔法。
精霊魔法は精霊に魔力を渡してお願いを聞いてもらう?魔法。
だそうだ。
その他にも神官が使用する神聖魔法やら何かに特化した専門魔法体系などあるらしい。
さらに魔法の系統などで学派で争っていたり、異端扱いされて追放されたり、良識をど
こかに置き忘れたような禁断の研究にふける魔導師といった暗黒面もしっかり説明され
た。

「それでは以上で講義を終わる」
「起立。礼」
「ありがとうございました」
全員、学生に戻ったような気分になってしまって思わず定番な挨拶をしてしまった。
それだけ講義が面白かったわけであるが。
当然その後のお喋りの話題は魔法についてのものが中心になったが、その前に全会一致
で決まった事がある。それは・・・
ルローネ先生は「姐御」
ミラン先生は「ミランタン」
と呼ぶ事だった。
本人の目の前でうっかり呼んでしまい、小一時間説教を食らうのは3日後の話。

576 :Call50 ◆XVAlPbeLKw :04/01/27 23:56 ID:???
今日はこれでおしまいです。
やはり小説を書くのはむずかしい。どうしても好きな小説などの影響が出て
しまう。

577 :名無し三等兵:04/01/27 23:58 ID:???
笑えたが何か物足りない…。

578 :名無し三等兵:04/01/28 00:01 ID:???
ふんどし分だな。

579 :名無し三等兵:04/01/28 00:03 ID:???
やっぱビキニ鎧っしょ!

580 :名無し三等兵:04/01/28 00:04 ID:???
漏れも同意。

581 :名無し三等兵:04/01/28 00:05 ID:???
確かに、

  エルフ イコール ふんどし

が脳内で定着してしまったからな。

582 :Call50 ◆XVAlPbeLKw :04/01/28 00:07 ID:???
うーん。やはり眼鏡っ娘と姉御ではふんどしとビキニアーマーには勝てんか・・・
なんだか間違っているよーなきがするがまあいいや。面白いし。

583 :名無し三等兵:04/01/28 00:08 ID:???
>>582
がんばれ! 続きまってるYO

584 :元1だおー:04/01/28 00:08 ID:???
キムチの食いすぎで薄味が物足りなくなっちまったみたいでつな(w
とりあえず

ダ ー ク エ ル フ の お 姉 さ ま マ ン セ ー

585 :名無し三等兵:04/01/28 00:08 ID:???
(´-`).。oO(俺、足りないのは自衛隊だと思うんだけどなぁ…。)

586 :名無し三等兵:04/01/28 00:09 ID:???
男エルフはふんどし、女エルフはビキニアーマーか。
せめて男のほうは半そで短パンにまでにとどめておきたかった・・・
それができなかったのが悔やまれる・・・_| ̄|●
面白い話はたくさん来たんだけどね。

587 :名無し三等兵:04/01/28 00:10 ID:???
>>570
>チタン合金の類
 焼入れできないから刃物には向かないと何かで読んだ記憶があるんだが。
後砥石で砥げないのはセールス上の大きなマイナス要因では?

588 :元1だおー:04/01/28 00:11 ID:???
>>585
スマソ まったくもってその通り……

589 :名無し三等兵:04/01/28 00:13 ID:???
>>587
軽すぎるのも、武器としての刃物には拙いような気が。<チタン

研げないのはむしろイイ。買い換え需要を喚起する。

590 :名無し三等兵:04/01/28 00:15 ID:???
適度な萌え(エルフのビキニアーマー)と自衛隊の話が混ざっている小説を心待ちにしています。

591 :名無し三等兵:04/01/28 00:16 ID:???
SS書くうえで、
「ここを描写すれば自衛隊っぽさが出るんジャナイ?」
つうのはあるだろーか?

592 :名無し三等兵:04/01/28 00:17 ID:???
実際のところ剣って「叩き斬る」武器だから、質量が重要なファクターだったりする。

593 :Call50 ◆XVAlPbeLKw :04/01/28 00:21 ID:???
次あたりは自衛隊色を出してみようかなと考えてますが・・・やっぱり教育中だから
そんなに派手なのはないんだよなぁ。
あーでもやりようはあるか。いろいろ妄想してみます。カレーでも食べながら。

594 :名無し三等兵:04/01/28 00:22 ID:???
スレ471を閲覧して一目で気に入った。
こういうのをモデルにした小説が読みたいと思う今日この頃。

595 :名無し三等兵:04/01/28 00:25 ID:???
ビキニアーマーの話ってあった?
ランジェリーは覚えがあるが・・・

596 :名無し三等兵:04/01/28 00:25 ID:???
眼鏡ッ娘を出す場合も、F世界の技術について考察が必要と思われ。
ttp://e108.hp.infoseek.co.jp/rekisi.htm

眼鏡の発明:13世紀イタリア、老眼用として。手で支える必要があり。

近視用眼鏡:16世紀頃。皮紐でゴーグルのように固定するタイプが登場。

現在の形の耳かけ眼鏡:18世紀。

597 :名無し三等兵:04/01/28 00:35 ID:???
>>187>>190
>>395
>>402
いずれもエルフの女性のビキニアーマーの話やイラストです。

598 :名無し三等兵:04/01/28 00:35 ID:???
コンタクトレンズがバカ売れの予感。

599 :名無し三等兵:04/01/28 00:35 ID:???
昔から目悪い人はいるし、航海に必須な望遠鏡があるはず。
そしてなんといっても手先の器用なドワーフの存在。
イコール鼻かけめがねくらい存在してても不思議はないと脳内解釈

600 :名無し三等兵:04/01/28 00:37 ID:???
(固定するための技術がないので)しょっちゅう眼鏡がズレ落ちる眼鏡ッ娘もアリかもしれないとオモタ。
ところで、エルフで眼鏡をかけてるってことだが、やはり遠視用の眼鏡か?

601 :名無し三等兵:04/01/28 00:41 ID:???
>>404
隊員を一蹴するエルフワロタ

602 :名無し三等兵:04/01/28 00:44 ID:???
>>599
望遠鏡の発明は史実では1608年だな。
鉄砲が日本に伝わるよりも後だという罠。
実は航海に必須ではないのでは?

603 :名無し三等兵:04/01/28 00:47 ID:???
現実世界とは異なった方法で固定する技術が発達するやも知れん。
例えば、鼻の穴に突っ込んで固定したり、前髪にくくり付けてぶら下げて固定したり・・・

604 :名無し三等兵:04/01/28 00:48 ID:???
>望遠鏡
ぬは…そだったのか。
バイキングとかが使ってそうな雰囲気あって…
ってバイキング自体もそこまで古いわけでもなかったりして?

せめてレンズが使われる道具が発明されてれば…

605 :名無し三等兵:04/01/28 00:50 ID:???
>>604
バイキングは8世紀から11世紀。

606 :名無し三等兵:04/01/28 00:58 ID:???
>587
砥石の代わりに鉄板使えば研げる>チタン刃物

607 :名無し三等兵:04/01/28 01:00 ID:???
>>604
レンズ自体は古代からあるぞ。
っていうか>>596のURIで示されたページを嫁。
そこにちゃんとかいてある。

608 :名無し志願兵:04/01/28 01:18 ID:???
>>524
の続きをこれから書き込ませてもらうデス。
この文が鬱陶しい人には迷惑かけるので先にあやまっておきます。

また、この書き込みが終わったあとで、
過去スレで行なわれてきた戦争や政争について、ふぁんたじーでかつ具体的な例を上げて
書き込む予定デス。

609 :名無し志願兵:04/01/28 01:19 ID:???

指揮についての駄文 その3
次に具体的に、一つ一つの原則について語っていきたいと思うのデス。
後、この原則は、政治、外交、経済にも応用が効くので、興味のある方は覚えておいて損は無いと思うのデス。

1、目標の原則について。

解りやすく言うと、自分が「何をしたいのか?」ということをはっきり決める事デス。
戦闘では、当初の目的を見失わせるような事が沢山起きるのデス。
それに対抗するには   『今、自分が行おうとしている事の目的は何か?』『自分(達)は何を目的に戦っているのか?』
ということをはっきりと認識する事デス。

2、統一の原則について。

解りやすく言うと、「誰が指揮(責任)を取るのか」をはっきりさせると言う事デス。
指揮官がはっきりしない事には、部下は誰の命令を聞いたらいいのか解らなくなって混乱するのデス。
しかも責任があいまいになるため、いざと言う時に責任逃れする指揮官にあるまじき輩が出て来るのデス。
「指揮(責任)」に関する限り、「三人よれば文殊の知恵」と言う訳には行かないデス。
「船頭多くして船山登る」に成ってしまうのデス。

3、主導の原則について
解りやすく言うと、「戦場(現場)の支配圏を握れ」と言う事デス。
主導(権)は先動(先に動く事)と先制(機先を制すること)によってのみ得られるのデス。
一度主導権を握ったら、死んでも離してはいけません。
こちらが主導権を握っているのならば、敵に多くの戦力を消耗させ、逆に味方戦力の温存を図ることも可能デス。
主導権を握る際に、最高の結果を期待できる最良の物は、攻勢デス。主導権を握る為には必要不可欠です。

こういうと「防勢の時はどうしたらいいのか」、「攻勢に転じる力が無い場合は?」と質問されそうデス。
そういった質問には、偉大なるベトナムの星、ホー・チ・ミン先生の言葉を借りて解答するデスw
「戦略は攻勢、戦術は防御」デス。これによって敵の衝撃力(戦闘力みたいな物デス)を奪い、
「戦略は攻勢、戦術は均衡」に持ち込むのデス。そして援軍や補給を受けた上で軌をみて、
「戦略は攻勢、戦術も攻勢」にしてしまうのデス。そうすればあら不思議、主導権は手の中に転がり込んでくるのデスw

610 :名無し志願兵:04/01/28 01:21 ID:???
指揮についての駄文 その4

4、集中の原則について
解りやすく言うと「一ヶ所に兵を集めて局地的に(出来れば全体的に)敵を圧倒する状況を作れ」ということデス。
軍事に詳しい人は知っていると思いますが、ランチェスターの法則って奴デス。
敵の弱点(な部隊、部分、場所)に対し、自分の戦力が敵に勝るように(出来れば圧倒するように)戦力を集中して打撃するのデス。
微妙に違うような気がしますが、格闘技で鳩尾や顎に攻撃を集中する様な物デス。敵の弱点を此方の最大限の力で直撃するのデス。
そして、その部分での戦闘力の優勢を最後まで維持するように戦力を集中するのデス。

戦いは短期間で終わらない場合が殆んどデス。だから戦いの間は軍を広く分散させておく必要があります。
そして決定的チャンスを見つけ次第、その場所に軍を集中し、敵弱点を粉砕するのデス。
敵が仮に此方より多かったとしても、部隊の集中を的確に行う事により、敵を圧倒できるのデス。

因みに、敵の弱点に対し、最も簡単に戦闘力を集中する方法は、敵を分散させるのデス。
分散すれば当然、守りの薄い場所が出て来るのデス。
そして敵の分散を誘うのは、味方が分散する事によって誘えるのデス。
此方が大きく陣を取れば、敵は包囲されない為、ひいては背後に回られない為に敵も陣を広げるのデス。
つまり「我の分散→敵の分散→我の集中」は一連の動きなのデス。
作戦成功に最も大切なのは集中速度だと言えるのデス。
「戦争は機動力で決まる!」と言ったのはたしかナポレオンだったと思うのデスが、つまりはそういう事デス。

611 :名無し志願兵:04/01/28 01:22 ID:???
指揮についての駄文 その5

5、奇襲の原則について
解りやすく言うならば、「敵が考えもしないような、または気付いていても対処できないような攻撃を行なえ」と言う事デス。
奇襲は非常に厳しい状況と困難性をクリアしないと発生しません。大多数の敵は愚かでは無いのデス。
よく漫画などで、主人公達が敵軍を背後から攻撃して戦果を上げたりしていますが、普通の軍隊なら背後にも一応の警戒部隊を配置するのデス。
普通なら其処でばれるのデスが、なぜか見つからずに主人公達は攻撃を仕掛けることに成功して、敵は奇襲を受けて大打撃を受けるのデス。
「眠っている敵を奇襲するのは難しい事ではない。奇襲された側がマヌケなのだ」
との、たしか山本五十六の言葉を借りるまでも無く、敵の司令官は大馬鹿デス。この手の奇襲を食らう奴の言い訳など聞かないのデス。

しかし本来の奇襲と言ったものはそんな物では無いデス。・・何度も言いますが、大多数の敵は愚かでは無いのデス。
敵はこちらの集中計画を察知しようとするので、狙った場所、時期に敵より優位でいる事は非常に難しいデス。
ですが、奇襲の要素が無ければ、重用局面での勝利は無いのデス。
そこで、全ての作戦計画には、奇襲の要素が必要なのデス。
奇襲のチャンスを得るためには、こちらが動く事によって、敵がバランスを失い、こちらの行動によって、反応を強制された時に、
奇襲のチャンスは生れます。

奇襲が成立する条件は、「予期されない事」及び「対応の暇を与えない事」デス。
でもまあ、奇襲の成功は判断と言うよりも、幸運に大きく依存しています。
ある本の言葉を借りるなら、
「奇襲は「動き」の中から、戦いの女神が持ってくるのだ。走っている戦機の女神は後頭部がハゲている。
 女神を捕まえようとするのなら、前髪を掴むほか無い」
という事デス。
奇襲が可能なチャンスを一度でも捕まえたら、敵が体勢を立て直す前に、次々と奇襲を仕掛けましょう。
その方法は「秘匿」と「速度」です。

612 :名無し志願兵:04/01/28 01:25 ID:???
6、機動の原則について
解りやすく言うならば、「速度と策によって敵を窮地に落とし入れ、敵指揮官のバランスを破壊」する事デス。
『戦闘』は敵の消滅と機動(軍隊の移動や運動)によって行なうのデス。
古来より優れた将軍は機動によって勝利し、劣った将軍は破壊、敵の消滅によって勝利するのデス。
今週の1,000人の兵は、来週来る一万人より有効な戦力デス。「速い」ということは、とても、とても大切なのデス
戦史に於ける失敗の大半の原因は、立った一言で言えるデス。それは「遅すぎた」デス。
日本が海上護衛戦の重要性に気付くのも、ツタディル作戦の発動もバルバロッサの発動も、モンティのマーケット・ガーデン作戦もそうデス。
全ては「遅すぎた」の一言に尽きるのデス。





くああ・・つかれた・・・今日はここまでデス。
また明日の晩にでも余裕が出来たら書き込ませてもらいます。

613 :名無し三等兵:04/01/28 01:42 ID:???

勉強になります。

614 :作りつつ貼り貼りしますた:04/01/28 02:07 ID:???
in司令部
( ・∀・)<…平和ですね
('д`)<…だな…
( ・∀・)<とりあえず全裸に服を着せる事にも成功しましたし…
('∀`)<うはwwおkwwwうはwwおkwwwで無理やり押しきったからな
( ・∀・)<……………………
('∀`)<……………………
( ・∀・)<…敵、来ませんね…
('д`)<それ言っちゃ駄目
(;・∀・)<…何故です?だって現に…
('A`;)<…そーゆー事言ってると…

\_WWWWWWWWWWWWWWWWW/
≫                   ≪
≫ 敵襲!総員戦闘配置!!  ≪
≫                   ≪
/MMMMMMMMMMMMMMMMM、\

(;゚д゚)<…ポカーン…
('A`;)<…ホレミロ、マンドクセ…

615 :作りつつ貼り貼り:04/01/28 02:22 ID:???
in城門
(;・д・)<…状況は?
(゚д゚;)<…は、はい…ローザ・クリューガーさんとニーナ・シュタインドルフさんが持ってきた情報通り
    敵は帝国艦隊はガレー船25ドラゴンが1ないし2。
    魔法使いが10人と後は弓を主体とした歩兵のもようです…それから…
(;・д・)<…そ、それから?続きは?
(゚д゚;)<…それから…それから…
(;・д・)<……!!??
(iдi;)<…それから…ローザさんとニーナさんが…
(;・д・)<…ふ、二人がどうかしたのか!?
。・゚・(ノД`)・゚・。<…ぜ、全裸になって踊り狂ってます!!
(  ̄+ー ̄)<うはww全裸おkwwwみwなwぎwっwてwきwたwぜwっうぇうぇwwww
(  ̄∀ ̄)<戦いの踊り最高www修正されるねwwwwwww
(;゚Д゚)<…ポカーン…
('A`;)<…あー…、とにかく射撃準備…
(゚д゚;)<…は、はい…
(;・д・)<…敵は上陸前です、損害を防ぐためにも今すぐ戦車で…
('A`)<敵の総数がわからないしそれに取り逃がす恐れがある
   攻撃開始はまだだ
(;・д・)<…わ、わかりました…

616 :作りつつ貼り貼り:04/01/28 02:35 ID:???
in城門&敵上陸中
(;´∀`)<…す、すまん遅くなった…
(  ̄+ー ̄)<うはww風使い遅刻www役立たずwwwwおkwwww
(#´∀`)<…!?
(  ̄∀ ̄)<うはwww戦闘の予感wwwおkwwwwwwwwwww
(゚Д゚;(゚Д゚;(゚Д゚;(゚Д゚;(゚Д゚;(゚Д゚;)て
(・д・;三;・Д・)て<…だ、誰か止め…
('A`)<続けさせろ、他の者は塹壕に退避
(;・д・)<…な、何故止めないんですか!?
('A`)<敵は我々と戦った事は無いが、我々は敵と何度も戦っている
(;・д・)<…そ、それはそうですが…
('A`)<我々の情報は敵に渡っていない、敵にすれば『自分が来たから恐れをなして仲間割れ』と思うだろうな
(;・д・)<…はあ…あの、何で伏せてるんです?
('A`)<いいから突っ立ってないで早く伏せろ
(;・д・)<…へ?

BOGOMM!!

('A`;)<…遅かったか…安らかに眠れ…
(  ̄∀ ̄)<うはwww誤爆wwwwwwwwおkwwwwwwww

617 :小さな男がおりまして1/3:04/01/28 02:38 ID:???
>>345-348
競馬中継のアナウンサーの声が途切れる。
これで、今月の小遣いもパアか……ため息をつきながら、ラジオの電源をオフにした。
もうタバコを買う金も無い。最近じゃあ、他の役所なんかで喫煙者への風当たりも強いらしいしな。
禁煙を始めるには良い機会かも知れん。前向きに考えよう。

二度目のため息をつく機会は、そのすぐ後だった。
「脱いだものは籠に入れてっていつも言ってるのに!この靴下自分で入れといてくださいね。
どこに行くんです?またパチンコ?立つんなら、ついでに靴下持って行ってくださいよ!」
「トイレ。」
「ちゃんと人の話を聞いてるの?だいたい昨日も……」
昨日、酔って帰ってから、ひどく機嫌が悪い。こんな時は逃げるに限る。

廊下で娘と擦れ違う。今、帰って来たところのようだ。
「おかえり」「……」
気まずい。
ここ1ヶ月ほどは、挨拶すら返してくれた記憶が無い。何時頃からだろう?こんな風になったのは。
以前から、きもい、汚い、うざい等々口を開けばそんな感じだったものの、挨拶は返してくれた。

無視はさすがに堪える。

618 :小さな男がおりまして2/3:04/01/28 02:39 ID:???
トイレ、ここが唯一自分にとって落ち着ける場所。
新聞のスポーツ欄を広げる。一面、二面は見ないようにしている。
見たって、どうせ不愉快になるだけだ。

ガタガタガタ

ドアがゆれる。なんだ?地震か?そういやぁこないだNHKでやってたなぁ……
……なんだか揺れが強くなってきてないか?

突如、照明が消え真っ暗になる。強い横揺れ。

おいおいおいマジかよ。震度5?6?
とにかくでかい事には変わりないな。まあ、トイレ周りの壁は、建物の中で一番安全だっていうからな。
このまま静かに待ってればそのうち……ってまだローンが5年残ってるんだぞ!
うちが入ってるのは火災保険だけか。免責条項に地震ってあったっけか?
いや、待て待て。何を考えてるんだ俺は。こういう場合、妻と娘の心配をするのが先じゃないか。

ようやく揺れが治まり、慌ててドアノブに手をかけるが、開かない。
何度か試してみるが、闇の中狭い室内で大したことができるはずもなく、便座に座り込む。
どうしたものか……。

619 :小さな男がおりまして3/3:04/01/28 02:40 ID:???
その時、コンコンと壁を叩く音がした。条件反射でコンコンと叩き返す。
ん?なんだ?
よく耳を澄ますと話し声が聞こえる。何を言ってるのかはよく聞き取れない。
救助隊だろうか?いやそれはない、早すぎる。近所の人?ともかく助かった……
「おーい!ここだぁー!ここに居る。他にも家の中に2人いるんだ!早く出してくれぇ。」
手探りで壁を探し、ドンドン叩く。
ようやく気づいてくれたのか、ドアのノブがガチャガチャと音を立てる。
ああそうだそうだ。鍵を掛けたままだった。自分の間抜けっぷりを呪う。
「ちょっと待ってくれ!今鍵を開ける。」
手を掛けたその瞬間。

バキッ

ドアが蝶番ごと外れた。それを合図に、四方の壁がばたんばたんと外側に倒れる。
直方体の展開図、その中心に鎮座する便器と男。そんな場面が頭に浮かぶ。
あ〜昔見たドリフでこんな場面あったなー。
そんな暢気なことを考えていた。

620 :作りつつ貼り貼り:04/01/28 02:46 ID:???
in敵上陸終了
(;・д・)<…し、死ぬかと…
('A`;)<…生きてやがったマンドクセ…
(;・Д・)<…!?
('∀`*)<うはwwwミスwwww
(;・Д・)<…あ、あのですね!!
('A`)<…そんな事より軍使が来るぞ
(;・д・)<…は、はい…
( ■∀■)<神聖なる帝国の(ry
('A`)<却下、角砂糖やるから尻尾振って帰れ
( ■Д■)<…な、何だと!?
('A`)<射撃開始
(;・д・)<…は、はい!!
( ■Д■)<ま、まずい!魔法使いは防御魔法を!!
( ●∀●)●+ー●)<うはwwwおkwwwwww
(゚Α゚;(・Д・;(゚Д゚;(゚Д゚;(゚Д゚;(゚Д゚;)て

\_WWWWWWWWWWWWWWWWW/
≫                   ≪
≫ ま た 全 裸 か よ ! ?≪
≫                   ≪
/MMMMMMMMMMMMMMMMM、\

(  ̄∀ ̄) ̄+ー ̄)<うはwwwwwww
             みwなwぎwっwてwきwたwぜwwwwwwwwwwwww

621 :作りつつ貼り貼り:04/01/28 03:00 ID:???
in何となく戦闘開始
(  ̄+ー ̄)<うはwww敵にも全裸魔法使いwwwwww
(  ̄∀ ̄)<先手必勝www地の精霊ベヒモスよwww我に力をwwwwww
       ハwイwメwガwジwェwノwサwイwドwバwスwタwーwwwwwwwwwww
(;●∀●)<うはwww大魔法wwwwwおkwwwwww
       何こいつwww何こいつwww
(;●+ー●)<こっちからもw行wくwぜwwwwwwwwwおkwwwww
(゚Α゚;(・д・;(゚д゚;(゚д゚;(゚д゚;(゚д゚;)<………………
(゚д゚;)<…き、鬼気迫る戦闘シーンですね…
(゚Α゚;)<…そ、そうだな…

鬼気迫る戦闘シーンの比喩的表現(4分の1でお送りしてます)

ブラーン  /    /.   │   ヽ        \  
 ∧ ∧/     /.    │    ヽ       ∧\∧  キャッホー!!
(  ⌒ ヽ      /     │    ヽ      (  ⌒ ヽ
 ∪  ノ     /     │     ヽ      ∪   ノ
  ヽ_),)      /      │     ヽ      し' l_ノ  ブラブラーン
     ミ   /      │      ヽ
       ∧ /∧.     │     ∧ヽ∧  彡
      (  ⌒ ヽ     │    (  ⌒ ヽ    ヤホッーイ!!!
 アッヒャ−! ∪  ノ ミ ∧│∧ 彡  ∪  ノ
        ヽ_),)   (  ⌒ ヽ    し' l_ノ
               ∪  ノ
        ウッヒョーイ!!  ヽ_),)  ブラーン

(;´∀`)<…お、同じ…同じエルフとして恥ずかしい…
|;゚ー゚)<…た、確かに恥ずかしいです…
(;´∀`)<…お前どこに行ってたんだ?

622 :作りつつ貼り貼り:04/01/28 03:14 ID:???
in戦闘中
|;゚ー゚)<…ず、ずっとここにいました…
    …できるなら私の背中から降りてください…
(;´∀`)<…す、すまんな…
( ■Д■)<ええい!このままでは埒があかない!
       ドラゴンで踏み潰せ!!

    / ̄ ̄ ̄ ̄\
  /     ●  ●、      _____
  |Y  Y        \   /
  | |   |        ▼ | < ぞぬ〜〜!!
  | \/      _人.|  \_____
  |       ___ノ
  \    ./
   | | |
   (__)_)                                   (゚A゚;)<…アレガドラゴンカヨ…

|;゚д゚)<ぴ、ピーちゃん!?
(;´∀`)<…ぴ、ピーちゃん!?
|;゚ー゚)<…は、はい…小さい時に一緒に過ごしてたドラゴンのピーちゃんです…
    追われる時に離れ離れに…
(;´∀`)<…と言う事は獣使いか?お前…
|;゚ー゚)<…ピーちゃんは獣じゃないけどそうです…
(;´∀`)<…そうか…
(-=・=-∀-=・=-)<なら…手懐けて(食われて)こい

623 :作りつつ貼り貼り:04/01/28 03:35 ID:???
in戦闘中?
|;゚ー゚)<…え、えっと…
(#´∀`)<本来ならダークエルフがエルフの里に(以下人種差別&暴力的表現のためry

  …だからおとなしく食われてこい
    ̄ ̄ ̄ ̄∨ ̄ ̄ ̄ ̄
     ∧         ∧          ∧
      / ヽ      / ヽ_       / .∧
    /   `、___/   `、⌒ヾ⌒ヽ/  ∧
  /        /    (.....ノ(....ノ   / ヽ
 .l::::ノ(        |   ι      ι::(....ノノ
 |:::::⌒ -=・=-  / ̄ ̄ヽ      ::::::::::::::/`ヽ
 .|:::::::::::::::::  \_(___..ノ     :::::::::::::::::::(....ノノ
  ヽ:::::::::::::::::::  \/ヽ   ι ::::::::::::::::::::::::::ノ

(゚Α゚;)<……
(#´∀`)<…どうかしたか?
      って…

    /ノ( ̄ ̄ ̄\    / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
  /  ⌒  ●  ●、< ・・・・・・・・・・・・・・・!!
  |Y  Y        \ \
  | |   |        ▼ |    ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
  | \/      _人.|   ∧_∧
  |       ___ノ   (´Д`; ) ヒィ!        ξ
  \    ./        (  つ つ      V
   | | |         人 ヽノ      _(∴・(;;;;)д。)._  ((((゚Α゚;))))ガクガクブルブル
   (__)_)       (__(__)         └

624 :作りつつ貼り貼り:04/01/28 03:38 ID:???
いいのか悪いのかわからないので中断します
突っ込みお願いします

>>917-619さんゴメンナサイ

625 :名無し三等兵:04/01/28 07:07 ID:???
>>471
ヤパーリいつ見てもいいものだ。


626 :名無し三等兵:04/01/28 11:56 ID:???
>>624
オッケー!!次回を楽しみにまってます。

627 :名無しの三等兵さん:04/01/28 12:03 ID:???
乙〜
やはり色んなことがあってもこれがあるとホッとするな

628 :名無し三等兵:04/01/28 12:26 ID:???
>>471
激しく同意

629 :名無し三等兵:04/01/28 12:31 ID:???
いいかげん、自演がうざい。

630 :名無し三等兵:04/01/28 12:40 ID:???
別に萌を否定する訳ではないが、ガイドラインにもある様に適度なものにしてくれ。
このスレの主役はアクマでも自衛隊であって、ここの板は軍事板だ。
あまり度を過ぎると、ほかのスレにいる軍事板の住人に不評を買う恐れがある。
いくら多国籍スレとはいえ、節度を守る事を重視してくれ。

ていうか、昨日のネタを一々引っ張ンな。ネタは鮮度が命だ。新しいネタが思い付かないなら書き込むな。

631 :名無し志願兵:04/01/28 12:52 ID:???
これから>>612の続きを書き込ませてもらいます。


632 :名無し志願兵:04/01/28 12:53 ID:???
指揮についての駄文 その7

7、経済の原則について
解りやすく言うのなら、「使える戦力は全て使用しましょう」という事デス。
戦争の間、遊兵(戦闘に関係しない部隊、物)を作っておく余裕は何処にも無いデス。
戦闘時に、何もしない部隊は制圧、殲滅されたも同然デス。
因みに、予備(部隊、兵)は、遊兵では有りません。
あと少しでネジ穴に入り込んでしまうネジを、最後に締め上げるのが予備デス。
適切な予備戦力を用意する事は、戦力の優れた経済的運用デス。

8、簡明の原則について
解りやすく言うと、「作戦や戦術はわかり易い物にしましょう」と言う事デス。
戦いの術は変に凝ったりする必要は無いということデス。
変に凝った作戦などは、返って小さな失敗や、小さな事で失敗に終わったりするのデス。
「目標、目的をはっきり明快である事」、「作戦目標が大胆明快新鮮であること」
この二つに気をつけて欲しいデス。

9、警戒の原則について
解りやすく言えば、「油断大敵、注意一秒馬鹿(怪我)一生」と言う事デス。
奇襲の原則のときにも言いましたが、奇襲を食らうような将兵は万死に値するのデス。
パールハーバーがいい例デス。「日本は汚い!」と言ってますが、本質的には奇襲を受けたアメリカ人が馬鹿なだけデス。
その結果を考えなかった日本人も馬鹿デスが・・・
とにかく、どんなに有利な状況であろうとも、油断するな。と言うことデス。
少しでも油断すれば、相手はそこを突いて攻撃してくるのデス。

633 :名無し志願兵:04/01/28 12:54 ID:???
以上、戦いの9原則についての駄文でした。
別に上の通りに作品を書け!!と言ってるのではないので参考程度に見てくれたら嬉しいデス。
また、具体例を挙げて、この作品のこの指揮官はどのような考えを元に、何故このように行動したのか?
と言うことをやってみたいと思うので、誰か自分の作品の指揮官について、「かってに解釈していいよ」と言う人居ないデスかね?

次に具体的な部隊編成の基本の四つ部隊と運用の基礎をやりたいと思います。
嫌な人にはふたたび迷惑かけるかもしれないけど、ご容赦願いたいデス。


634 :名無し志願兵:04/01/28 12:55 ID:???
指揮についての駄文 その8
戦術や戦闘の環境は一定ではないので、戦闘能力(武器、移動方法)は限りなく向上し、戦術は進化し続けるのデス。
そしてそれにより、戦場も無限にに変化するのデス。
しかし科学技術や武器が発達した現在の部隊、軍隊は非常に複雑に見えますが、
本質的な部分、基本ではローマ時代から殆んど変っていないのデス。
その戦いの基本になる四個の部隊は基本的に以下の四個デス。

「前衛部隊」「火力部隊」「機動部隊」「兵站部隊」デス。
軍オタの皆さんには釈迦に説法でしょうが、一つ一つの部隊について説明していきます。

「前衛部隊」について
敵を見つけ出し、拘束するのが仕事デス。
主力が活動しやすいように、敵の偵察部隊を追い返したり、敵の重点(弱点、要点)を見つけ出したりします。
軽騎兵や偵察部隊など、機動力のある(足が速い)部隊がこれに当ります。

「火力部隊」
相手の部隊に遠距離から攻撃をしかけ、敵戦闘能力を奪い敵作戦を混乱させて制圧するのが仕事デス。
榴弾砲、カノン砲、バリスタ、投石器、長弓射手、弓、射撃系攻撃魔法、投石などの遠距離兵器で構成されます。
因みに陸上自衛隊の火力部隊は火力神話を信仰するソ連(ロシア)軍と殴り合いのドンパチする予定でしたから、
凄まじいまでの火力部隊が整備されてます。あと、別に火薬を使って無くても良いデスよ。

「機動部隊」
敵が抵抗できない、もしくは混乱している機会に乗じて相手部隊の戦闘能力及び指揮能力を粉砕するのが仕事デス。
機動部隊は『歩兵』と『戦車(騎兵)』などによって構成されています。
『歩兵』は地域を占領確保し、維持できる唯一の部隊デス。
『戦車(騎兵)』は衝撃力(=戦闘能力+速度)で敵を粉砕撃破できる唯一の部隊デス。
しかしながら地域を『占領』する力は殆んど無いので、占領は歩兵に任せましょう。
重装騎兵、胸甲騎兵、チャリオット、戦車、ゴーレムなどで構成されています。

「兵站部隊」
言うまでも無いと思いますが、上記の部隊に、武器弾薬、燃料、食糧、兵員を補給する部隊デス。
荷駄、トラックなどの輸送力の高い物で構成されます。

635 :名無し志願兵:04/01/28 12:59 ID:???
指揮についての駄文 その9

上記の部隊を仕事の面から纏めると、

「発見」 前衛部隊の仕事          要するに偵察です
「拘束」 前衛部隊+火力部隊の仕事 敵部隊の動きを止め、その場から動けなくさせます
「制圧」 火力部隊の仕事          撃ちまくって敵部隊に損害を与え、作戦の遂行(攻撃、防御)を不可能にさせます。
「機動」 機動部隊の仕事          回り込んだり突進したり・・・色々します。
「打撃」 機動部隊+火力部隊+前衛部隊の仕事デス。 敵部隊の損害を拡大させ自分の陣地を広げたりします。

全部戦う為には、必要不可欠な仕事デスので、戦術について勉強するときの基礎デス。

また、これは「打撃」に入るのデスが、戦果拡張と言う言葉があります。
戦果拡張とは、要するに後退する敵を追い詰めてボコる事デス。
これを上手くやるかどうかでも、その指揮官の資質が解るのデス。



一端「指揮についての駄文」はこれで終わりデス。
許可が下りるのなら、基礎的な部隊運用についてもやってみたいと思ってます。
・・・多分スレ違いといわれると思うのデスが・・

636 :名無し三等兵:04/01/28 13:12 ID:???
>>635
面白かったです。
次は戦闘教義についても語っていただきたいです。

戦史を読んでも「軍をどれだけ動員した」「部隊を何処そこに動かした」の一言で片付けられて、
その手順・手続きがまるで解らんので、そういう現場レベルの仕事と判断が知りたいです。

637 :名無し三等兵:04/01/28 15:36 ID:???
陸士「アレェ!!蝗が耕地を食いつぶしてますぅ」
陸尉「畜生、新たな収穫は望めんな。油でも撒くしか・・・」
F世界人「コレ、敵ノ蝗使ィノ仕業デスネ。」

陸士「ヒィィ!! ねずみが大量に発生しました。」
陸尉「これはいかん!!小麦の蓄えが!! MREを開放するしかないか・・・・」
F世界人「コレ、敵ノネズミ使ィノ仕業デスネ。」

陸士「はあああぁ!?スリックがコウモリの大群に撃墜されたァ!!!」
陸尉「何てこった!!目と脚をもがれてしまったぞ!! 車両が通れる道を造るしかないのか・・・・・」
F世界人「コレ、敵ノコウモリ(略)」

陸尉「なあ、ところでお前誰なんだよ?気づけばいつも一緒にいるけど」
F世界人「ワタシ?ワタシは召喚獣使ィ」

638 :名無し三等兵:04/01/28 15:41 ID:???
自衛隊は召喚獣だったのか!

639 :名無し三等兵:04/01/28 16:22 ID:???
ドラゴソライダーの図

     /~.\  /~\  
     |__ | | __| 
    /(´∀` )( ´∀`)
  ←|-⊂  ノ (   う∩────Ε
    | ̄ ̄ ̄ ̄|└┘|
    |        |    |
    |____|__|
    ./   /    \
   /   / |  ●  ●、
   |Y  Y |       \ .│
   | |   | |      ▼ |  │  / ̄\
   | \/ \   _人_| │  ノ__ |__
   |      \__/  ╋ (´Д`リ;.|ヽ||ノ|
   \    /        ||⊂)))三三 |=○=|
    / /\ \          / />.|ノ||ヽ|
   (__) (__)        (___) (__) ̄


640 :名無し三等兵:04/01/28 16:37 ID:???
>>639
ゾヌがその大きさなら、実に兵器向きだと思われ
バカみたいにサイズでかくないから、運用にも程よし、
目鼻などを防具つければ、敵の頭は口の前。火とか噴ければ近づけないし、
頭の上の兵士も槍で敵を付き易い

・・・飛べそうに無いけど。

641 :エフル:04/01/28 16:42 ID:???
>>630
エフルは一応、ネタが新鮮なうちにアップできるよう気をつけてました・・・
というかぉぃしぃネタが無けりゃ軍事知識無い俺にとっては致命的('A`)

名無し志願兵さんの駄文を参考にして、
ちょっとミリタリー色強そうなのを新しく書きたいと思います

642 :名無し三等兵:04/01/28 17:22 ID:???
>>635
参考になるので続けてよいと思われます。
「軍事知識がないので〜」とか言ってるスレ住人もいることだし。

643 :カレー方面ネタ。:04/01/28 17:30 ID:???
シリアスカレー

場所はJ民党食堂。総理が自衛隊幕僚との調整を終え、食事をしている一こま。
「それで、原始林復興の件はどうかね」
「はい、人員や物資は確保できました。あとは植林計画を実行するだけです。」
「そうか・・・あそこはエルフ共の聖地だそうだからな。予算が勿体無いが仕方がない」
「まあ、形だけでも計画を実行すれば何も言ってこないでしょう・・・」
・・・・・・
暫くして、J民党食堂名物のカツカレーがやってくる。
「さあ、食べてくれ。俺のおごりだ。」
「有り難うございます。・・・そう言えば総理、この前のエルフ長老との会談でカレーの話題が出ていたそうですが・・・」
「ああ、全てのエルフにカレーが行き渡る様に、大量生産を依頼された。」
「それで了承されたのですか?」
「エルフ長老直々の嘆願だからな。国営傘下の食品工場でエルフ向けのカレーを生産する事になった。」
「・・・よく予算が降りましたね」
「渡りに船だからな。迅速に対応させてもらったよ」
「どういうことです?」
「・・・カレーって言うのは、いろいろな漢方薬にも通ずるスパイスを使う・・・
 その中に、強い依存性を持つ物が含まれていても不思議ではあるまい?」
・・・・・・
「・・・まさか、エルフ共がカレーにあそこまで執着する理由って・・・」
「ふふふ、皆まで言うなよ幕僚長。どこに耳が有るか分からんからな・・・」
・・・・・・
「・・・国府とは恐ろしい所だ・・・我々も油断が出来んかもしれん・・・背中には気をつける事にしよう・・・」

644 :名無し三等兵:04/01/28 17:45 ID:???
>強い依存性を持つ物が含まれているカレー
見た瞬間、漫画「包丁人味平」に出てきた「ブラックカレー」を思い出した…
そうか、あの世界の日本ではカレーに入れるスパイスとしてまやk(PAM!)

645 :名無し三等兵:04/01/28 17:52 ID:???
>644
いやいや、人間にとってはただのスパイスだけど、
エルフにとっては強烈なまy(PAM!)

646 :名無し三等兵:04/01/28 18:05 ID:???
仮に発覚したとしても、人間で言うコーヒー中毒みたいなものだといえば(ry

647 :名無し三等兵:04/01/28 18:09 ID:???
>>643の事例を元に、日本国の対エルフ戦術を解説する同志を希望してみるテスト。

648 :名無し三等兵:04/01/28 18:33 ID:???
>>641
エフルはすでにネタキャラとしてコンセンサスを得ている。
是非続けてくれ・・・たまにでもいいから・・・

649 :元1だおー:04/01/28 18:57 ID:???
みなさん。
エクトの民三万人(内農業従事者二万人)を養うには一年で
どれくらいの食料が必要でしょうか?
小麦や大麦、ジャガイモなどが存在すると仮定しての計算でいいので
どなたか教えていただけないでしょうか。
どうも自分だけで設定を考えるとここらへん失敗しそうでして……

650 :名無し三等兵:04/01/28 19:04 ID:???
中世から近代にかけての欧州では、金と胡椒が等価で交換された。
スペインより大西洋の制海権を奪い、喜望峰ルートを独占したイギリスが
胡椒貿易を独占し、それがヴェネチアの、というより地中海ルートの衰退と
イギリスの世界制覇の原動力となった。

この世界では香辛料はどういう役割を果たしてるんだろ。
世界的な覇権はセイロン帝国が握っているが南シナ海(南蛮海?)
ではチャンパー・アンコールという二つの貿易国家が地域覇権を争い、
黄海では和寧(朝鮮)半島にある貿易国家が地域覇権を持ってるんだよな?

そんなところに日本が出てきたら、異世界の貿易ルートにも影響をあたえるよな?
それが異世界の国々の戦略にも反映されるだろうし……、
異世界の貿易ルートも考える必要がある予感。

651 :名無し三等兵:04/01/28 19:07 ID:???
>>643
「国府」というと家康を連想しまつ。


652 :名無し三等兵:04/01/28 19:10 ID:???
単純に考えて、そこまでの設定を作る必要があるのか疑問。
ガチガチ過ぎてネタすら浮かばなくなる予感。

つーか、カレーネタを封じたいだけだろ。お前。

653 :名無し三等兵:04/01/28 19:30 ID:???
>649
1人当たりの1年間の食糧が150kgぐらいでつ。
3万人だと4500tでつ。
ちなみに
10aあたりの収穫量が
ジャガイモ 600kg?(種芋は使いまわし。人力/F世界?)
ジャガイモ 4000kg(種芋は新規。機械使用/北海道)
ジャガイモ 2000kg(種芋は新規。人力/北海道以外)
蕎麦     150kg(3カ月で収穫可。)
サツマイモ 1500kg(寒いところはダメ。)

あんまり信用しないで下さい。 

654 :名無し三等兵:04/01/28 19:43 ID:???
設定ネタは設定ネタ、SSの設定とはまた別だろう
読んでて面白けりゃどっちで何を書こうが構わないと漏れは思う

655 :名無し三等兵:04/01/28 19:59 ID:???
それには同意。
だが、ビキニアーマーの奴とかうるさい奴が多いのも事実。
まあ自覚ある奴は自重しろってこった。

656 :名無し三等兵:04/01/28 20:02 ID:???
だよな。百の設定を言う奴より、一つのSS創る職人さんのほうが(・∀・)イイ!!

657 :元1だおー:04/01/28 20:02 ID:???
>>653
あとがd! 参考にさせてもらいまつ。

658 :650:04/01/28 20:10 ID:???
>>652
オレはカレーネタにも参加してるがなにか?
あの設定はもともと単なる思考実験、スレ住人が異世界に飛ばされた日本の戦略を
語るために自然発生的に生まれたもの。
単なるディベートの為のツールであってそれ以上のものではない。

ましてやSS職人に「この設定を使え」と強制したことは無いがなにか?
第一、軍板で本来語られるべき戦略の話がうざがられるってなによ?
ひょっとしてビキニ厨か?
いつまでたっても相手にしてもらえないんで荒氏になったか?

659 :世界各国要覧(99年)の中の人:04/01/28 20:27 ID:???
参考になるかどうかわからんが、現代の主な国の一人、一年あたり供給食料(粗食料ベース・一部純食料ベース)(単位:kg)

国 年     穀  芋  豆  菜  果  肉  卵  乳  魚  糖  油
日 96   101.8 39.1  9.8 121.7 54.8 42.7 20.2 93.3 69.6 18.9 19.0
印 79-81 183.3 19.6 17.7 58.6  23.1 1.3  0.9 39.2 3.1  20.2 5.4
インドネシア
   79-81 217.9 72.0 32.5 12.7  18.6 3.4  0.9 3.9  11.6 14.3 6.0
中 79-81 228.9 109.8 10.8 65.9 11.0 22.9 4.1  5.0  4.2  4.3 3.5
英 88   86.1  109.0 7.7 65.0 61.7 76.9 13.1 282.2 11.8 40.4 27.1
蘭 88   59.6  86.4 8.9 65.4 146.0 87.3 11.5 297.3  8.7 36.5 35.2
スウェーデン
   88   68.5  70.2 3.6 50.6  81.1 59.8 14.1 382.5 12.0 39.9 29.2
仏 88   83.7  77.7 3.7 122.8 83.0 109.4 16.3 368.1 21.7 29.4 21.1
独 88   77.7  73.0 4.2 87.7 138.8 104.0 16.0 297.6  8.3 38.6 20.2
米 88   75.9  33.5 7.2 92.2  62.8 120.3 14.5 254.3  8.2 60.3 26.0
ブラジル
   79-81 135.5 96.4 18.0 27.7 75.0 35.1  5.7  72.0  7.1  56.3 8.3
豪 88   57.9  59.9 4.7 71.2 77.3 100.4 11.2  303.8  9.9 57.7 18.3

ちなみにドイツは西側のデータ。
英の乳、蘭の野菜、果物は87年 蘭の乳は85年のデータ。
英・蘭・仏・独の糖・油、スウェーデン・豪の魚介類、アメリカの芋類は純食料ベース。
粗食料:国内生産量+輸入量−輸出量−在庫の増加量−(飼料用+種子用+加工用+減耗量)

660 :名無し三等兵:04/01/28 20:35 ID:???
>> 649 元1だおー氏

ちと遅れたが、>> 653 氏のもの拝見して付けたし補足だ(=゚ω゚)ノヨウ。

飛ばされた先が帆船・馬車といったものが一般的な交通手段となるような(ぶっちゃけSword World等に近い)ファンタジー世界としてだ。
仮にここいらの人口密度を10人/平方`とした上で、そんだけの人間喰わせられるよう逆算すると、エクト領全体の広さはルクセンブルクとほぼ同程度(大体3,000平方`、東京都の1.5倍の面積)くらいかちょい出るかな〜、といったところに収まると思う。
(ま、漏れも見てざっと出しただけなので計算の初っ端から間違えているかも知らん。そん時はスマソ)


661 :名無し三等兵:04/01/28 20:36 ID:???
>>649
ところで、中世で人口三万って言うと、かなりの大都市ってことにならないか?
ttp://www.ku-rpg.org/trpg/population.html

662 :660:04/01/28 20:36 ID:???
んで>>660 の続き。

見て判るように、こんくらいの大きさだと端から端まで徒歩で移動しても地形平坦ならまぁ1、2日くらいで動けはするか〜、くらいな、ちょっとした村落の延長じみた規模なので、余剰労働力はあまり多くない。
(仮に手隙きの人間強制徴募して治安維持に当たらせるようにしても、100人くらいの部隊をデッチageるのもちと辛いくらいに考えた方がよろしかろ)

なので、ちっこい盗賊団が暴れる程度でもかなりヤヴァクなるものと思われ。
漏れ的には何かあるならヲタSEAL氏のヲタ自衛官+SEAL連中あたりにでも助っ人に着て欲しいところだ(w

……まぁなんだ、作品を拝読した感じではもう少し時代は降り、生産力や人口密度も少し上がっているようにも思えるのでこれは参考程度に捉えてクレ。

663 :660:04/01/28 20:38 ID:???
>> 654 氏・>> 655 氏

それ漏れ的に激しく同意。
何事も程々に、中庸が一番って事かな。


>> 650 氏

ま、ちとモチツケ。
漏れ的には貴殿の意見はネタ的になかなか美味しいところを突いているとオモタヨ。
漏れに腕があれば、その辺絡めて総力戦研究所の会議ヨロシク机上演習に邁進する面々を描き出して見たいところだ。


あと、漏れは貴殿の作で愉しませて頂いている。生活に差し障らん程度にガンガレ >> 元1だおー氏

つ〜わけで長々スマソ。ウザければ流してくれ。

664 :名無し三等兵:04/01/28 20:39 ID:???
>>658
ビキニ厨とか、変な差別表現使って煽るな。
せっかく>>654とかが紳士的に対応してんのに、それが台無しになる。
自分が討論したいなら、そんな煽りなんて無視して自分の意見を書き込めば良いだろ?
必死になると、どんどん付け込んでくるぞ。

665 :名無し志願兵:04/01/28 20:47 ID:???
>>636>>641>>642
どうもデス。それでは続けさせて頂きます。
ご迷惑をおかけしているかた、申し訳ないです。

666 :名無し志願兵:04/01/28 20:49 ID:???
部隊に関する駄文 その1

さて、部隊を運用するには、まず部隊の構成と規模について知る必要があるのデス。
デスので、指揮官の「思考方法」、「状況判断」のしかたはゆっくりとさせてもらうデス。

さて部隊の構成の種類を「兵科」といいます。
これは「歩兵」、「弓兵」、「大荷駄」、などの戦闘力の種類によって区分してある物デス。
口では説明しにくいので、例によって例の如く、表で書かせてもらうのデス。

普通の兵科名    自衛隊での名称    F世界の物を当てはめてみる。(注、志願兵の個人的イメージ)   
「騎兵(戦車)」     「機甲」        騎兵、ユニコーン、竜騎兵(火縄)、ゴーレムなど、衝撃力系
「歩兵」         「普通」        人間、オーク、コブリンなど、   占領確保系
「砲兵」         「特科」        遠距離射撃魔法、遠距離兵器 火力系(火力教信者の私にとって最も大切な部隊デス。
「工兵」         「施設」        ドワーフ、掘削造形魔法など、 工作建築系(地味に大切な部隊デス)
「通信」         「通信」        伝令兵、通信魔法、伝書鳩など、通信手段系
「輸送」         「輸送」        荷駄、馬車など、          輸送系
「航空」         「航空」        竜騎兵、ペガサス騎兵、ワイバーンなど飛行系
「武器」         「武器」        ドワーフ、ホビット、修理兵など、 機械系
「補給」         「需品」        荷駄によって運ばれた荷物を管轄。
「科学」         「科学」        対特殊魔法部隊(ガスやアンデットなど)
「衛生」         「衛生」        看護魔法、法術など        回復系
「会計」         「会計」        ・・・思いつかないです       物品計算系
「憲兵」         「警務」        ダークエルフなど          治安維持系
「音楽」         「音楽」        セイレーンなど           音楽系

などがあります。

667 :名無し三等兵:04/01/28 20:51 ID:???
>657
いえいえ。
まだまだこれから続きがありますので(爆
あのデータでは肉が全く無いです。

というわけで、養鶏です。
成鶏1羽の1日の餌が約115gです。
1年間で約42kg。1人当たりの食料で採卵鶏
3羽を飼う事ができまつ。少ないでつね。

肉を取る鶏の場合は育成期間は120日。
平均体重は雄約3kg、雌約2kg
お肉になるのは35%と36%だそうでつ。



668 :名無し志願兵:04/01/28 20:52 ID:???
部隊に関する駄文 その2

また部隊規模の名称は、小さい方から順番に、
「分隊」→「小隊」→「中隊」→「大隊」→連隊」→「旅団」→「師団」→「軍団」→「軍」デス
例外として「方面軍(隊)」というものもありますが・・・こいつは扱いが国によって違ってややこしいので今回は無いものとするデス。
自衛隊の場合なら、その地域を管轄する部隊をまとめた物を方面隊と考えておけば良いデス。
では、まず兵科の方の解説はいらないと思うので、部隊規模による名称の解説デス

「分隊」について
小隊を構成する部隊。映画などで鬼軍曹として映画などの主役を務める人たちが指揮官。7〜9名デス

「小隊」について
分隊が3〜4個集まって編成される部隊。将校が指揮する最小単位の部隊 30人〜35人前後
このスレにでてくるエフル氏が軍属として行動をともにしているのはこのレベルの部隊と思われるのデス。
因みに軍属というのは、軍人ではないが、軍の許可を受けて軍に協力する民間人のことデス。

「中隊」について
戦闘の中心と言っても過言ではない管理自営部隊。「管理自営部隊」とは一定期間、自活出来る部隊を指す。100〜120人前後デス
このスレの作品にでてくるドクオ氏は、話の内容から恐らくこのレベルの指揮官と思われるのデス。
このレベルの指揮官は二佐あたりなので幹部候補生か防大出の『エリート』デス。将来は恐らく幕僚か師団長・・・・

「大隊」について
中隊の1つ上の部隊。中隊2〜3個で編成されるデス。
非常に身軽な部隊ではあるが、管理自営部隊ではないので
常に上級部隊からの補給、整備を受けない限り、独立的な戦闘は困難デス。

669 :名無し志願兵:04/01/28 20:55 ID:???
部隊に関する駄文 その3

「連隊」について
大隊の1つ上の部隊、大隊2〜3個で編成される。一般的に管理自営部隊として編成されるデス。
また、一般的に1兵科の最大編成部隊でもあります。
なお自衛隊に於ける連隊の編成は、たしか五個中隊で編成されているはずなので、諸外国にくらべて非常にコンパクトデス。

「師団」
戦略単位の部隊であり、各種兵科を全て保有する総合的な編成部隊であり、
軍が固定的に編成している最大限の部隊デス。 当然、管理自営部隊デス。
詳しい説明をすると長くなるので止めるのデスが、通常15000名から〜20000名前後で構成されます。
自衛隊の場合、たしか「甲」師団と「乙」師団というものがあって、それぞれ10000名、7000名前後で構成されています。

「軍団」、「軍」
部隊が大きすぎて普通の話を書く上では普通、出て来ないデス。
まあ解りやすく言うと、師団を2〜4個束ねたのが軍団、それをさらに2〜3個束ねたのが軍
だと思っておけば大丈夫デス。

また上に書いた編成の例外として、
1つ、または複数の連隊に各種兵科の兵を配置して、
臨時に必要な兵科が揃った部隊を編成することがよくあります。
これを『戦闘団』や『支隊』、『旅団』などと呼ぶ事があります。部隊規模は4000〜7000人規模です。

以上で、兵科、部隊規模による名称を終了するデス。
まちがった情報があったら突っ込んで欲しいデス。


とりあえず完成した文だけ提出してみるデス。
それと食糧問題の書き込みに割り込んで申し訳ないデス

670 :名無し三等兵:04/01/28 21:03 ID:???
乙!!
為になりました。初心に帰った思いです。

671 :名無し三等兵:04/01/28 21:07 ID:???
豚さんの場合、育てる期間が半年。
その間の食糧が300kgでつ。
人2人分の食糧で、豚一匹100〜120kg。
お肉になるのが35%として、35〜42kg
もちっとあるとは思うけど、独逸のようにはいか
んだろうなあ。


672 :660:04/01/28 21:08 ID:???

あ〜、先のカキコ誤字だらけだ。
とりあえず>>662の記述、「(中世レベルでも、領民の意識的には)ちょっとした村落の延長じみた(意識を保てるくらいの)」としておいてくれ。
ここだけは響くかも知らんので。……自レス、カコワルイ。


>>661

ヲぉ、イィ(・∀・)モン見せて貰った。ちと勉強し直してくるわ。


>>名無し志願兵氏

乙〜。

貴殿の指揮統制についての纏めや現代の兵科名→F世界の兵科名への翻訳などを拝見し、自身の知識の至らなさを感じた次第。
漏れ的には軍事板以外から入ってきた方々へのフォローとしても上手いと感じた。これからもガシガシ書いて欲しいものだ。



673 :名無し三等兵:04/01/28 21:08 ID:???
今の豚と昔の豚じゃ、味や質はもちろん繁殖能力も違うんだろうなあ。

674 :650:04/01/28 21:09 ID:???
>>663>>664
ゴメン、ちと頭冷やしてくる……。

675 :名無し三等兵:04/01/28 21:09 ID:???
>>671
豚の場合は何でも食うから、
人間が食べないような屑野菜でも与えておけばと言ってみるテスト。

ちなみにイスラム世界では、
豚は何でも食う→人間様の食いもんまで食う→豚禁止
となったそうだ。

676 :名無し三等兵:04/01/28 21:19 ID:???
調べてみた限りでは、味や繁殖能力の違いは、
食糧による部分が大きいそうでつ。


677 :名無し志願兵:04/01/28 21:20 ID:???
感想をくれた人、ありがとうデス。

また続きが纏まり次第、書き込ませてもらうデス。

678 :エフル(軍事知識皆無代表):04/01/28 21:26 ID:???
>>677
ごくろうさまです。

侵攻するさい、各部隊がどのような動きをすればいいか、
簡単なチャート作ってくれるとうれしいです。

砦や城、街に乗り込む場合、
まず準備することや、注意することetc

簡単なモノでいいです・・・って、ちょっと考えればわかることか・・・

679 :名無し三等兵:04/01/28 21:27 ID:???
676は豚さんでつね。

最後に乳牛さんですが…。
毎日30kgの餌で、20kgの牛乳が取れるそう
でつ。この牛乳を乳製品化するのが、一番効率
が良さそうでつね。

680 :名無し三等兵:04/01/28 21:50 ID:???
肉類については以下のページも参考になるかと。
ttp://ww2.enjoy.ne.jp/~tteraoka/esse2.htm

681 :名無し三等兵:04/01/28 21:57 ID:???
>>643
(・∀・)ウマイ!!!

まあ、コカインもアヘンもアルカロイドの一種だし、(こういう目的なら)スパイスに使っても
問題ないかも。実はアルカロイドは大体のの植物には含まれてたり。

http://www.mbcl.co.jp/profile/group/drug.html



682 :エフル:04/01/28 21:58 ID:???
隊員C「ぅぉわぁーー! ドラゴン! F世界得意技! ドラゴン来たよーー!!」
隊員B「うわっぎゃぁああ!! 撃て! 撃て! 撃ってぇええ!!」

隊員D「ハァハァ やっと倒した…」
エフル「さぁ食べましょう」
隊員B「え…」

隊員A「うむ、なかなかイケルではないか」
隊員B「バケモノも焼いてしまえばタダの肉、ってね」
エフル「ガリッ おやこれは?」
隊員C(やっべ 弾抜き損ねた)
エフル「なかなかおいしいですね、この小さいの。新しいスパイスですか?ボリボリボリ」
隊員B「…」

---------
F世界は食えそうなバケモノが沢山いそう。ネトゲやってる限り。
俺「焼いたらうまいかな?」PTメンバ「(w」

683 :プロジェクトX風異世界交流:04/01/28 22:04 ID:???
>643
ようやく規制が解けたか?
いいネタだ。でもマナの活性化として香辛料があるとしたらどうだろう?
下手すると高威力の魔法が連発が可能になったりして…


そうか!!セイロン帝国の強力さは優れたスパイス魔法があるからなんだ!!

となると和寧半島のエルフはキムチの原型(唐辛子はまだ来てないので山椒)が
魔料理になっているに違いない

684 :名無し三等兵:04/01/28 22:28 ID:???
>>680
>都市部では結構手軽に残飯で豚が飼われていたようです。都市ではたくさんの豚が放し飼いにされ、
>馬車などと衝突して交通事故も増えたとか。都市の豚は餌が少なくなると、墓地で死体を掘り起こしたり、
>赤ん坊を齧ったり(!)といろいろなトラブルを起こしたようで

なんか微笑ましいな。

685 :名無し三等兵:04/01/28 22:31 ID:???
ほ、微笑ましいか…?

F世界の住人にライスはウケるだろうか

686 :名無し三等兵:04/01/28 22:37 ID:???
ライス食った感想:
「糊みたいな食いもんだな。」

しかし米国滞在中にホストファミリーにだされた米飯は微妙だった。

687 :名無し三等兵:04/01/28 22:38 ID:???
>>685
カレーパンがある。

688 :小ネタ。:04/01/28 22:44 ID:???
エルフ達の2ch。
「カレーライスの方がうまい!!」
「いや、カレーパンの方がうまい!!それに持ち運びも可能だ!!」
「それなら、カレーヌードルもOKと言う事になるではないか!!あんなの邪道だ!!」
「・・・あれはあれで好きだが・・・」

「「「なんだと!!このドワーフ野郎!!」」」

「そんな、怒鳴らなくてもいいじゃないかよう・・・」

「カレーは飲み物だ」
「「「「ネ申降臨!!!」」」」


689 :名無し分隊指揮官 ◆OZummJyEIo :04/01/28 22:44 ID:???
 >>669サンのデータをちびっと捕捉して、自衛隊風に行ってみます。

>旅団
 旅団は、陸上自衛隊でも常時編成されてます。
 師団との相違点は部隊規模でして、例えば師団では大隊で編成されている戦車や
特科、対戦車等の部隊が中隊とかで編成されていたりしてます。
 又、普通科も1個は即応予備自衛官を主体とするコア化部隊とかに成ってます。
(まぁこの状況ですので充足されては居ると思われますが:笑)

 自衛隊の場合、『団』とか『群』と云う名称を利用した方が、ソレッポイと
思われます。
 『群』は連隊相当の規模の部隊で、複数の大隊や中隊から成り立ち、『団』は
複数の群から編成されます。
 編成に定型が無いですので、こゆうのを利用されると宜しいかと。

←規模大  規模小→
師団>旅団>団>群>連隊
 と云う感じで。
 只、旅団と団の関係は微妙でして、そこら辺はアバウトだと思っても宜しいかと。


 後、各級普通科部隊に、各種部隊を編入した諸兵科連合―戦闘団というのもアリ
ですので、戦場の一場面を描写したくて、そして、それ程に巨大な部隊を登場させる
つもりの無い場合、此方を利用した方が宜しいかと思います。
 更に、極小人数の場合『隊』と呼称しても良いと思います。

690 :名無し三等兵:04/01/28 22:47 ID:???
>>683
炭水化物分がないぞ。
どっちかってーとビビンバか?

691 :Call50 ◆XVAlPbeLKw :04/01/28 22:47 ID:???
名無し志願兵さんの>>666ですけど、会計にあたる部署として「書記」なんてのは
どーでしょう? 「同志○○」な方じゃなくて。
城や領主の館には書類をあとかを扱う連中がいるわけで、もしかすると会計関係
もとりあつかっているかも。つーわけで近いと考えましたが如何。

私が書いている小説の草壁守たちはほとんどの連中が「輸送」になります。場合
によっては書類などの絡みで会計に回る人が出るかも。極々少数がそれ以外に
回される「予定」です。

692 :名無し三等兵:04/01/28 22:51 ID:???
よく考えると輸送って戦争の要だから、>>691が書いてるssでのあの訓練は当然っちゃ当然かも知れないなあ。
物資の少ない日本にとって、兵隊の命より大事だろうし。石油にしろ食料にしろ。

693 :名無し三等兵:04/01/28 22:53 ID:???
ふと思ったのですが、F世界側が都市国家だったら、
自衛隊も楽なのでは?



694 :名無し三等兵:04/01/28 22:56 ID:???
しかし何故かF世界では
「巨大な悪の帝国」
が御馴染という罠。

695 :名無し三等兵:04/01/28 23:04 ID:???
>>694
どうでもいいが、そんな広大な国土を完全に統治できるのかと・・・・・
できるか。中国の王朝の例があるし。


696 :名無し分隊指揮官 ◆OZummJyEIo :04/01/28 23:04 ID:???
>>694
 それは簡単です。
 自分達を正義の味方と標榜すれば、自然と相手に悪とのレッテルが張られた。
 只、それだけの事ですよ(微笑

 普通、圧政だけで国が、それも本国が維持・繁栄する訳はないんですけどね。

697 :名無し三等兵:04/01/28 23:10 ID:???
ネットゲームのリネージュ等のキャラを参考に書いた話を投下させてもらいます。

とある異世界の港町。
今日この日は補給物資だけでなく、日本のほうで開発され量産された新型のモジュール式の装甲車が運ばれてきていた。
これは装備を柔軟に対応できるベース車両を開発、
それに各バリエーション兵器を搭載することでコストを下げようとするものだ。
ちなみにこの方法は既にアメリカでは採用されている。
物資及び車両の警備をしている自衛官が呟く。

「最近思ったことなのだが・・・」
「ん?なんだ」
「慣れって不思議だよな。前はむしゃぶりつく様に見てた光景も、今じゃこうして眺める余裕すらあるんだ・・・」
「・・・そうだよなあ。初めは魔法とか見てみんな騒いでたモンだけど、いまじゃ当たり前だもんなあ」
「俺達もこの世界来て変わったよな。少なくとも順応性は高くなった。大抵の事には驚かなくなったもんな」
「・・・慣れて来たんだよなあ。この世界に、でも納得いかないのもあるんだよな」
「でもこれでいいんじゃないのか?男の露出度が高いなんて嫌だぞ」
「そうだよな、おかげでいい目の保養にもなるし・・・これ以上の詮索はやめよう」

・・・・・・・「ふう・・・」・・・・・・

外人部隊として雇った同じく警備をしているビキニそのものの鎧を装備した女エルフと、
逆に腕の部分しか肌の露出がなく軽鎧に身を包んだ男エルフとの差を見比べながら、
二人は溜め息をついた。

698 :名無し三等兵:04/01/28 23:13 ID:???
なぜ女性の露出度だけを必死になってageようとするのかわからん。

699 :名無し三等兵:04/01/28 23:16 ID:???
ちなみにモジュール装甲車は書店で日本もでコスト削減のために、
そういうのを開発しているというのが雑誌で紹介されていたので取り上げてみました。
ファンタジー世界においてもこういう兵器はパーツの共通部分も増えて整備などもしやすくなり、
運用しやすいのではないのでしょうか?


700 :名無し三等兵:04/01/28 23:17 ID:???
>>698
商業的に言うなら、読者を釣る餌です。
或いは単なる作者の趣味です。
まあ、作中でしかるべき理由(正当化するための理屈)が述べられてれば、問題ないんですけど。

701 :名無し三等兵:04/01/28 23:18 ID:???
装輪厨は大綱スレに帰れ!!

702 :名無し三等兵:04/01/28 23:22 ID:???
>>698
これに関しては劇場版パトレイバー2で篠原遊馬が
『このチャリにしたってできたばかりの頃には教習所があったんだ。
人間なんにでも慣れちまうもんさ』
うろ覚えですがそういう台詞がふと思い浮かんだのでこういうのも結局慣れの一種なのか・・・、
と思いあげてみたのですが・・・やっぱ駄目でしたでしょうか?

703 :名無し三等兵:04/01/28 23:24 ID:???
一所懸命に書いてくれているのに水を差すつもりはないんだが、

志願兵さんの書き込みのほとんどの内容は、
 ttp://www.d1.dion.ne.jp/~r_dom/lans_index.htm
 ttp://bezkrilo.hp.infoseek.co.jp/beskrylyi/mil.htm
ここらを読めばそれでいいんじゃないか?(何回かガイシュツだったと思う)

まあ>666みたいなF世界と絡めた考察はとても面白いんで、
特にそっち方面を重点的に解説してもらいたいな。

704 :名無し三等兵:04/01/28 23:27 ID:???
どっちの方向に進むにしろいちいち理屈をつけて制約する傾向にあるんじゃないか?
もっと柔軟化すべきなのでは。
なおSSを書いてくれたことには感謝します。

705 :名無し分隊指揮官 ◆OZummJyEIo :04/01/28 23:29 ID:???
>>698
 個人的には服着ているのが(;´Д`)ハァハァなんですけどね。
 日中、どこそこでビキニではひいてしまいます(笑

>>699
 モジュール化は90式戦車でも一部取り入れられていますから宜しいかと。
(恐らく、取り付け方法に何らかのブレインスルーがあったんでしょうね)

>>701
 697の何処にも装輪とは書いてませんよ(苦笑


 個人的に思うに、F世界の脅威を考えれば装輪の装甲や火力でも十分なんでしょうけども
根本的に問題が1個あるから装軌以外ありえないなーと思ってます。
 ええ。
 機動する範囲の殆どが不整地地だろうから、装輪じゃ雨が降ったりしたら洒落に
ならないと云う事で(笑

706 :Call50 ◆XVAlPbeLKw :04/01/28 23:31 ID:???
>>692
ご理解ありがとうございます。
体力が無かったら仕事にならない職種ですので体力工場は必須です。F世界で
はフォークリフト等の動力を使用できる便利なモノはひっぱりだこで全然使えず、
それどころか台車やフォーク(パレットを少し持ち上げて人力で運べるようにする
道具)すら無い状態での荷物運びを考えないといけません。

さらに、輸送途中で襲撃を食らった時に少しでも生き残る確立を上げる為には、
体力があった方が絶対に良いわけですし・・・

後、海兵隊新兵訓練なシゴキですけど、目的は同じjです。全くの異世界に放り
込まれるわけですからストレスはものすごい事になると思います。それに対抗
する為です。

教育もそうです。現地の事を知らずに仕事をさせて上手くいった試しは無いの
です。
教育と訓練のあるなしは非常に重要なのんい経営者ときたら・・・(小一時間続く
ので割愛)

とまーウンチクをたれてみました。

707 :名無し三等兵:04/01/28 23:32 ID:???
ここに来てから自分はビキニ鎧派になった

708 :名無し三等兵:04/01/28 23:34 ID:???
ふと思ったのだが、兵器のコストダウンに必要なものってなんだろう?

709 :名無し分隊指揮官 ◆OZummJyEIo :04/01/28 23:36 ID:???
>>708
 量産(涙

710 :名無し三等兵:04/01/28 23:38 ID:???
>>708
構造の画一化、生産ラインの使いまわし、より単純な構造への変更・・・かな
            上ここらへんが特に重要と思われる

兵器の価格も重要だけど、整備費用のダウンも重要かも。

711 :Call50 ◆XVAlPbeLKw :04/01/28 23:38 ID:???
>>708
流用

すいません。現在飲酒中ですので誤字脱字がものすごい事になってました。反省。

712 :名無し三等兵:04/01/28 23:40 ID:???
>>697って、>>437の文パクってないか?

713 :名無し三等兵:04/01/28 23:42 ID:???
☆ チン     マチクタビレタ〜
                         マチクタビレタ〜
        ☆ チン  〃  ∧_∧   / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
          ヽ ___\(\・∀・) < >>422の小説まだ〜
             \_/⊂ ⊂_ )   \________
           / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ /|
        | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|  |



714 :名無し三等兵:04/01/28 23:47 ID:???
89式に米軍のM16にグレネードランチャーをつけるみたいに同じようにつけることって可能か?

715 :名無し三等兵:04/01/28 23:48 ID:???
>>705
ブレイクスルー、な。

716 :名無し志願兵:04/01/28 23:50 ID:???
>>678エフル氏。
了解。努力してみます。

>>689分隊指揮官氏
補足ありがとうございます。
自分は独学なもので、自衛隊の編成については詳しくないので勉強になりました。

>>691、CAll50氏
ああ、それがちょうど良いかもしれませんね。
確かに書記ということばがちょうど良いかもしれません。

>>703
まあ、そのとおりですなw
基礎的な事しか書いてないので色んなサイトと被ってしまったようです。
次に書き込む予定だった文章と紹介されたサイトを見比べてみましたが、
類似点は非常になかったので完成したら出す予定です。

あと、上のサイトのLANS鈴木さんなる人物が居ましたが、軍事板に出没するあのLANSさんですかね?

717 :660:04/01/28 23:51 ID:???
>> 674 氏

キニスルナ。

>>700

F世界と絡めた考察以前に基礎がない方も居られる様なので、あってもえぇのでは?


>>700 氏、>>705 名無し分隊指揮官氏

──しかし、しかしだ。
例えその辺の商業的理由が判っていたにせよ、否、判っているからこそだ、なんつーかこぅ
露骨に露出してるモノより普段隠されているモノの方が妄想を掻き立てれ、熱く激しくクる
ものが在るだろう。
敢えて言おう! 此処にはあと“チラリズム”が欠けていると!

……そうは思わないかチミ等?(w


>> 697氏 の装甲車

漏れは見た瞬間89式装甲戦闘車の簡略化版か、73式装甲車の車筐伸ばして浮航能力維持し
試作車宜しく25mm載せたものかなとオモテタョ。

……しかし中世の街道は凸凹だらけの碌に整備されていないものと相場が決まっている罠。
そのような場所で10t級以上の装輪車輌を扱うなどというのは想像したくもない……

施設科大活躍な土木戦記になるヨカーン!

718 :名無し三等兵:04/01/28 23:52 ID:???
>>714
89式にはM203よりAG36とかHK79の方がにあう予感。

719 :名無し三等兵:04/01/28 23:52 ID:???
以前も話題になりましたが、兵器の質って、F世界用なら
どこまで落とせるんですかね?

銃器はともかく、90式やF-15Jは過剰では?

720 :名無し三等兵:04/01/28 23:52 ID:???
口調が違うが本人か?>>志願兵さん

721 :名無し三等兵:04/01/28 23:53 ID:???
>>666
大変勉強になったのですがその編成、近代軍のものですよね。
中世型の軍隊にそのまんま当てはめる事はできないんじゃあ・・・。

秦代の中国には歩兵・騎兵・車兵・水兵の4兵科しかなく弓兵は歩兵に含まれていました。
また工兵・武器・補給・衛生は雑役夫として一まとめにして、
100人を1単位とする「卒」に配属されていました。

兵站は現地調達方式で、国内では事前に食料を集積した「傲倉」と呼ばれる食料基地で賄い、
外地では徴発を行っていました。

徴発の手順は部隊と市町村の規模によって変わってくるのですが、
まず先遣隊が本隊に1〜2日先行して野営地に選ばれた不幸な市町村の行政機構と接触し、
食料・その他必需品の提供を求めます。その他、本隊は市町村に近づかずに食料だけを運ばせる
ということもあるようです。

確実を期せない徴発では安心できない大規模な動員では、
事前に商人と契約を結び、目的地に物資を運んでもらっていました。

これは秦のような中央集権型国家の兵制であって中世欧州や日本の戦国時代のような、
貴族の私兵の連合軍では装備・補給は各部隊の自前であり、独立した兵科というものも
存在しませんでした。

同じ中世といっても中国と欧州どちらを想定するかで部隊の編成はかなり変わってきます。




722 :名無し志願兵:04/01/28 23:56 ID:???
>>720
本人デス・・・寝ぼけてるので返還ミスりました・・・

文章の方もおかしいので訂正です・・
>>類似点は非常になかったので完成したら出す予定です。
類似点は非常に少なかったので完成したら出す予定デス。

723 :名無し三等兵:04/01/28 23:57 ID:???
肝心な所はしっかりと隠されている、それもまた一種のチラリズム。

724 :カレーとか書いてる奴:04/01/28 23:59 ID:???
>>660
別に萌やらエロやらを求めるスレじゃないからなあ。
つーか、エルフネタは殺伐としがちなこのスレの所謂潤滑液みたいなもので、
エルフの服装とか好みとかは、正直どうでもいいと思うんだがどうか。
SS職人も別に読み手の神経を逆なでしてる訳ではない、と言う事を知ってもらいたい。

725 :名無し三等兵:04/01/28 23:59 ID:???
F世界召喚後、F-3はレシプロ機にすることが決定・・・したら嫌だな。

726 :名無し三等兵:04/01/29 00:01 ID:???
>>721
まあ、類似したものを例えとして変換したと言う事だろう。
後は活用する側のさじ加減と言うこった。

727 :名無し三等兵:04/01/29 00:03 ID:???
てさりすと氏や227氏が書いたような長編小説ってだれも書かないのか?

728 :660:04/01/29 00:05 ID:???
>> 724 氏

や、済まぬ。
先のは丁度過去Log見てて、どうもその辺の正直“書き手の自由”として流して良さげな部
分でギクシャクしてたようなので、ちと和ませようと冗談飛ばしたつもりだったのだ。

気に触ったなら許して頂けれれば有り難い。


>> 725 氏

漏れ的にせめてT-4を改修してホスィ……(笑)

729 :名無し三等兵:04/01/29 00:05 ID:???
話を読むと陸自ばかり活躍しているが、空自や海自の活躍も見たい。

730 :700:04/01/29 00:05 ID:???
>>717
問題は、やたらと露出度の高い服装そのものではなくて、
作中において、

何でそんな格好をする必要があるのか

ということについて全く説明がないことでして。
(このスレはそういったことはありませんが、そこら辺にあるラノベときたら・・・・。)


731 :名無し志願兵:04/01/29 00:06 ID:???
>>721
そうデス。あれは基本的に近代軍の編成です。
まあ古代ローマでは既に「中隊」という概念が有りましたし、後には「大隊」という概念も出来てます。
地形環境農業がアジア、文化がヨーロッパなそうなので兵科もそれに習った所存デス。



732 :名無し三等兵:04/01/29 00:07 ID:???
人間の女性も露出の高い服装をする合理的な理由を考えてみよう。

時の為政者が御触れを出して、女性の服装をそういう露出の高いものに限定した世界。
もし違反しようものならひん剥かれて辱められたうえで死刑。
そのため鎧もビキニアーマーに。
もし戦場で前衛に立とうものなら、男性なら負傷で済むところを女性は戦死。
冬はまず女性から凍死していく。流産も多発・・・・・・

たぶんこの国は内部崩壊するなw

733 :名無し三等兵:04/01/29 00:07 ID:???
>>725
そうか?
集成材と合板の機体に自動車用エンジンを積んだF-3の編隊が
ドラゴン・ワイバーン騎兵とドッグファイト。
個人的には非常に燃える展開だが。

我の人的損失が多すぎ、というツッコミは甘んじて受けよう。

734 :名無し志願兵:04/01/29 00:08 ID:???
ああ・・・また返還ミスが・・・
教の所はもう寝る事にします・・・

735 :名無し分隊指揮官 ◆OZummJyEIo :04/01/29 00:09 ID:???
>名無し志願兵さん
 いえいえ。
 独学でここまでご理解されていればご立派だと思いますので、これからも頑張って下さいm(_ _)m

>660さん
 同志!
 チラリズム分の不足は常々私も感じている所。
 矢張りだね、負傷>怪我の手当てしようと服を破く>白い太ももに(;´Д`)ハァハァ
これが萌えると思うのだよ!
 なぁ!?(血迷い眼


 ちなみに、支配後は施設科だけでは無くて、普通の土建屋さんも動員して道路や
港湾等の流通インフラを整備していくのでは無いかと思いますな。

 そゆう訳で、ノーズアート宜しく薔薇の絵が描かれた機材を持った土建屋軍団の
活躍するSSキボンヌ!(他力本願かよ(w

736 :名無し三等兵:04/01/29 00:09 ID:???
>>734
最後の最後までw
おやすみ

737 :名無し三等兵:04/01/29 00:10 ID:???
>719
90式が不要かどうかは、F世界の火力次第じゃなかろうか。
投石機あいてなら74式や89式IFVでも充分だろうが、
火炎弾みたいな攻撃魔法、あるいはアイアンゴーレムが相手だとかで
90式くらいでないとダメというケースもあるのかもしれない。
(隕石落としのような超強力魔法に対しては90式でも勝てそうにないが)

F-15Jについては、まあ空を飛んで超音速出せればなんでもいいような気もする。

ところで質問なんだが、F世界のドラゴンってレーダーに写るのか?
というか、誘導ミサイル系が全然効かないような気がするのだが。

738 :名無し三等兵:04/01/29 00:10 ID:???
そういえば、ドラゴンライダーとジェット偵察機の攻防SSってどうなったっけ?

739 :名無し三等兵:04/01/29 00:12 ID:???
>>725
それどころか資源が今までどおり手に入るようになるまではF-3の計画自体
が頓挫しかねんと思うのだが・・・・まあレシプロ機は生産や整備も楽だし
前線基地のような環境でも着陸可能で滑走路も短くて済むなどの利点から
必然的に採用されるのでは?個人的にはOV−10みたいなのをキボン

740 :名無し三等兵:04/01/29 00:13 ID:???
ファンタジー世界と我々の世界は非常に構造は似ているが、一部違う法則があるのではないのか?
何せ魔法なんて非現実的なものがあるのだし、解析及び説明はまだできないがそういうののおかげで大丈夫なのではないか。

741 :名無し分隊指揮官 ◆OZummJyEIo :04/01/29 00:15 ID:???
>>715
 ご指摘感謝。

>>733
 AWACSの支援下で一撃離脱を中心に戦うのであれば、まぁレシプロでも大丈夫かと(笑
 ドックファイトはやりません。
 と云うか、生物の機動性能に勝てないでしょ、恐らく。
 だから機械で勝てる索敵能力の高さを利用して虐めます。
 適当なロケット弾に近接信管を仕込んでばら撒けば良い訳で。
 一発食らわせば避難。
 それだけで、敵の航空優勢はずいぶんと削れるかと。

742 :名無し三等兵:04/01/29 00:17 ID:???
ドラッグオンドラグーンは?

743 :名無し三等兵:04/01/29 00:22 ID:???
>>742
あの狂ってるエルフは結構好き。
このスレ的にも登場があり得そうなキャラだと思う。

744 :名無し三等兵:04/01/29 00:28 ID:???
もうマトモ?なエルフは出てこないのか・・・?(w

745 :プロジェクトX風異世界交流:04/01/29 00:30 ID:???
安心汁。
カレーを良く食うが可愛いエルフを出すから。

746 :名無し三等兵:04/01/29 00:33 ID:???
>ドラッグオンドラグーン
あれだけ強かったドラゴンがミサイルニ発で墜落。
近代兵器の素晴らしさを実感します。

747 :名無し三等兵:04/01/29 00:33 ID:???
AC-130もどきを作ったら、活躍しますかね。

>741
生物の機動性能か・・・某漫画で、
「戦闘ヘリの優位性は、その小回りの良さ、機動性の高さにある。
 しかし、ヘリが開発されてから、誰も想定してこなかったのが、
 ヘリを超える機動性と速さを持つ敵との戦闘。」
というのがありました。
ヘリはローターにワイヤーを懸けられてやられてました。

748 :名無し三等兵:04/01/29 00:33 ID:???
色気も忘れずに。

749 :名無し三等兵:04/01/29 00:35 ID:???
ふんどしもナ

750 :名無し三等兵:04/01/29 00:37 ID:???
>>747
ARMSですか。


751 :名無し三等兵:04/01/29 00:40 ID:???
>>731
私が言いたかったのは「軍事制度は政治制度と社会資本の量によって決定される」と、いうことです。
近代軍が何故あれほどまでに充実した後方支援能力を持っているかというと「その方が強いから」です。

「じゃあ何で前近代ではそうしなかったの?」というと「社会資本の量が足りなかった」からなのです。
前近代の資本量では後方支援に回すリソースが足りなかったのです。

そして、
>これは秦のような中央集権型国家の兵制であって中世欧州や日本の戦国時代のような、
>貴族の私兵の連合軍では装備・補給は各部隊の自前であり、独立した兵科というものも
>存在しませんでした。
私の言いたい事はこの一文に尽きます、
政治的制約が効率的な軍事制度の構築を妨げることがあるのです。


752 :Call50 ◆XVAlPbeLKw :04/01/29 00:44 ID:???
輸送戦記?を書いていてふと思ったけど、F世界での道路や橋の整備レベル
はどれぐらいなのだろうかと考えてしまった。

舗装は元から期待していない(ローマ帝国を除く)が、道幅が狭かったら路肩
に乗り上げたりで大変な事になるな。雨が降って泥沼になるようなWW2ロシ
アみたいな道路だともう悪夢・・・
それに橋。木造だと強度が不安だから架橋資材(カンボジアPKOだったかで
使ったやつ)でも使わないとまずいな。

それに輸送車両は数の関係で民間の10tや2t車を使用するつもりだったけれ
ど、大丈夫かなぁ。

さて、どうつじつまをあわせるか…困った。

753 :名無し三等兵:04/01/29 00:48 ID:???
>>751の続き。
何故、戦国大名たちは信長の軍門に下ったのか?
常備軍の威力が理解できなかったからではありません。

それを用意するだけの資本を持たず、或いは自らの支持基盤である有力者の動向を
無視できなかったからなのです。

754 :名無し三等兵:04/01/29 00:48 ID:???
>750
そうです。
あれもある意味、ファンタジーですな。


755 :名無し三等兵:04/01/29 00:48 ID:???
>>752
先にローラーとかドーザーとか戦車はしらせとけば?
輸送速度は落ちるだろうけど・・・

後は・・・爆弾でも落として、無理やり平らにry

756 :660:04/01/29 00:50 ID:???
>>730

その辺りには漏れも心底同意。
そうだ、ドコゾのイベントに行きそうな面々を小一時間問い詰めておこう。


>>735 名無し分隊指揮官氏

ま、一般論レベルだが。
F世界の大陸側に深入りしたくなくとも、沿岸部の交通事情の改善、次いで港湾整備によ
る荷役・大貨物の高速輸送路確保の必要性(及び需要)はそれなりにあるだろうね。
で、通信網の充実は煩雑化した貨物輸送量の増大に伴う情報のやり取りをどうにかしよう
という動機から起こる場合が多いから……これらがF世界に対するインパクトを考えるの
もまた面白いと思う。


漏れの脳裏にはCall50 氏が描かれるところの勤労青年が転がすトラックの反対車線で種族
もバラバラな面々が汗水たらして路面を均す光景が浮かんでるョ。

こりゃ──いっちょ重機に萌える谷甲州スレの面々にでも頼むか(w


>>740

マ板の姉妹スレ見てると、F世界の物理法則に48bitLBAの如く上手い繰り込みがあるのでわと妄想が(w


757 :名無し三等兵:04/01/29 00:51 ID:???
>>745
ビキニアーマーもナ

758 :名無し三等兵:04/01/29 00:52 ID:???
>道
とりあえず砂利とかを敷くのがよいかと。鉄道のバラストみたいに。

(舗装に関して)
http://www.seguchi.co.jp/hodo/page/page_080.htm
http://www.fukudaroad.co.jp/kotoba.htm

759 :名無し三等兵:04/01/29 00:52 ID:???
シリアスカレーその2 その1を先にお読みください。

ある日、自衛隊キャンプにエルフの患者が運ばれて来た。
「・・・ふふふ、私の子供達・・・そこなのね・・・ふはふはははふふふ」
「おい!!しっかりしろ!!」
「旦那さん、離れてください!処置をおこないますので!!」
・・・・・・
「先生・・・これは・・・」
「ああ、間違いない。・・・この前の患者と同じ。精神錯乱症状が出ている・・・」
「一体・・・エルフ達に何が起きているんでしょう。」
「・・・分からん・・・ただならぬのは確かだ。」
「・・・エルフの生態が分からない以上、我々にも限界があります。一応、本部にデータを送って、処置方法を検討してもらいましょう」
「ああ、そうしてくれ・・・とりあえず、交感神経遮断剤を使うぞ!用意しろ!!」
・・・・・・
「幕僚長」
「なんだ」
「原始林駐屯軍よりの定期報告で、最近エルフ達の精神衰弱が問題になっている様です。
 そのため、エルフ生態研究所のデータ提供と処置についての支持を願うと連絡がありましたが、いかがいたしますか?」
「・・・許す。早急に送ってやれ」
「分かりました。すぐ手配します」
・・・・・・
「・・・守るべき者を騙し、それでも意義の有る自国の利益か・・・私は地獄行きだな・・・」

「・・・それでも、日本を・・・元の世界に戻す為に・・・やらねばならん、か・・・」


760 :名無し三等兵:04/01/29 01:00 ID:???
なんかやだな・・・。
ただでさえ魔法都市攻防戦の話とてますます暗くなっていきそうなのに・・・。
大体一番悪いのは勝手な都合で日本を召喚した奴こそ元凶じゃないのか?
苦しいときの神頼みみたいにって感じがなおさら腹立たしい。
北朝鮮の拉致となんら変わらない、いやむしろそれよりたちが悪い。

761 :名無し三等兵:04/01/29 01:04 ID:???
>>759
・゚・(ノД`)・゚・

762 :名無し三等兵:04/01/29 01:05 ID:???
とはいえまあ、帰るためには生き残らなきゃならんわけで。

 / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 | 帰るためならエンヤコラ〜♪       ................:::::::::::::::::::::::::::::::::::.............
 \___  ______       ............::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::..............
       |/     ミ          __________
              ヽ \       /   ./\|//////\
            ./ \ \   ./// .|___|./////:::::\\
       ∧_∧/     ̄  /∠∠∠∠∠∠∠∠∠/::::::::::::::::\\
      ( *゚∀゚)     i i i   . | ┌┬┐┌┬┐   |::::::::::::::::::::::::::::| ̄
''""~"'''"/    ヽ''"~"__i i i--、 .| ├┼┤├┼┤   |::::::::||||||||||:::::::|
    ./| |   | |   ̄ ̄ ̄ |:::::| ..| └┴┘└┴┘   |::::::::||||||||||:::::::|
iiiiiiiiiiiii/ \ヽ/| |iiiiiiiiiiiiii::..  ノ__ノ..|| ̄|| ̄|| ̄|| ̄|| ̄||  |::::::::||||||||||:::::::|
   /   \\| |          ||_||_||_||_||_||_|__.||||||||||:::::::|
   / /⌒\ し(メ    .i i i . ..|| ̄ ̄|| ̄ ̄|| ̄ ̄|| ̄ ||  ||乃三三-_
 / /    > ) \  ノノノ
/ /     / /    .\_  ザックザック
し'     (_つ   /:::::/::...  ザックザック
            ノ・ ./∴:・:
           ''""~~"''


763 :名無し三等兵:04/01/29 01:06 ID:???
>>752
参考にはならんと思うが中世都市の橋について、面白い描写があるので転載する。

>この町は(中略)軍用道路に沿って建設された。(中略)その橋を維持する為に
>周囲に隷農の村が設置されていた。この橋を造る為の木材は周囲38カ村から徴発されたという。
>古来より商人もこの橋を利用し、橋のたもとではフリースランド産の布が土地の者に売られたりしていた。
>(中略)1390年には石造りの橋になっている。
阿部謹也著「ハーメルンの笛吹き男」より

橋や道路といった社会インフラを設置維持する為に村を作るのは律令体制下の日本でもありましたな。
橋のたもとで商売をするっていうのはその場所に権利を持っている特定の商人だったのかも知れません。

764 :名無し三等兵:04/01/29 01:09 ID:???
>752
ローマの街道は、場所によってはローマ帝国崩壊後も100年以上
機能していたらしい。

異世界でも、昔高度な文明を誇った帝国があったが、
何かの要因によって崩壊した。
しかし、帝国の建造したインフラ(街道、橋、水道など)の一部は未だに
機能を果たし続けており、古代帝国の知識を受け継ぐ技術者たちによって、
細々とではあるが、メンテナンスされている。

・・・という設定では?

765 :660:04/01/29 01:14 ID:???

──ちなみにこのスレには直接関係ないが聞いてくれよ皆よ。

漏れは今、北方機動演習の業務委託された知己から御裾分けされた軽包装糧食をだ、戦々
恐々としつつ封切って喰ってみてるのだが。

国防色のエラく漢らしい包装に包まれた御吸いの製造元は“永○園”──このスレ見なが
らだと妙に侘しい気持ちになれる。軍事板住人にはお奨め(w


>>752 Call50氏

WW2中のロシアの交通事情はちとうろ覚えで何なのだが──率直なところ、中世の道につ
いては、場所によっては素材それ自体がWW2当時のロシアが余程ましなように思える程悲
惨な(何しろ昼尚暗い道を歩く旅人が、埋められていなかった道の真ン中の穴ぼこに落下し
死亡という事も日常的に頻発した)事となっていたところも珍しくないようなので。

素のままでは転圧機かけられるような道の方が珍しい様な気もするあたり、鬱……。

この辺鑑みるに>>764氏の提言踏まえ
「細々と維持されていた道を元に、先に入っていた連中が切り拓いた舗装し直した〜」
云々とか、描写の面で辺り障り無い程度に誤魔化す算段を立ててもそう非難されないのではないかと思われ。


>>760

漏れも同感。ラストは何らかの形で召喚主に落とし前つけるのをキヴォンヌ──否、熱望しちょる(w


766 :名無し三等兵:04/01/29 01:19 ID:???
>752
 世界によって違うとは思いますが、橋も幹線街道とかには頑丈なのが架かっていますが、木造はもちろん、場合によっては整備された浅瀬で川を渉る所も(定期的に石を投げ込んで補修、英国などでは現代でも「浅瀬」の標識が)
 あと、個人や各種団体や商人やギルドや教会や領主や国が自前の資産で橋を架けて、通行料や通行税を徴収している場合もあります。
 そして、現代よりも交通が発達していないので、交通の要衝かつ治安の悪い場所は、山賊に注意。

767 :名無し三等兵:04/01/29 01:20 ID:???
@
俺が活動するように要請されたのは(注、命令されたのは!)エルフたちの助力の交換条件
(注、まあ、大人の事情というやつだ)で帝国の一部が進行している辺境の戦線でも
比較的後方のはずだった。そう、辺境のはずだった!しかし今や戦線はこの国の無理な
戦争指導のおかげで崩壊し、後方と言うのも書類の紙の上の存在しなくなってきている。
そこにある野戦病院に(応援)短期の活動しにきたが…着いた瞬間から俺の幻想は粉々に砕けた…。
 俺の仮の身分は陸上自衛隊予備軍医三尉と言うものだったが(まあ飾りは豪華なほうがいいよな)
やってる仕事は完全にもう研修医(まあ某漫画でも想像してくれ)も逃げ出すぐらいのハードだった。
はっきり言ってきた初日から戦争の毎日(帰りてえ〜)。

768 :Call50 ◆XVAlPbeLKw :04/01/29 01:21 ID:???
皆さんありがとうございます。
これでなんとかつじつまあわせができそうです。

それにしてもWW2ロシアが余程ましなように思える道路…恐ろしい。
だからヨーロッパではドナウ川などを使用した水運が重要視されてい
たかもしれませんね・・・

769 :名無し三等兵:04/01/29 01:22 ID:???
A
俺が言っている戦争と言うのは、応援している国の病人、負傷者の治療のことである。
これがひっきりなしで担ぎ込まれてくるのだ(エルフを助けるはずできたんだが…)
魔法使いは戦場に投入されて少ないし、医者も少ない上に効果ない(役にたたない…
だが口はうるさいひげの爺さんたち)のでほとんどこちらに送られてくるのだ。
聞いた話では当初あまりの多さに本国に何とかしてしてほしいと要請したらしいのだが、
外交やら人道上(俺達のはないらしい…)の問題で断れないくせに増援や補給は
ほとんど増えなかったらしい(そのくせ口はだす…)それが、今でも続いてるのだ。

770 :766:04/01/29 01:24 ID:???
 エ○フ(トラック)が、現地の平底船ベースな門橋などで渡河するシーンをイメージ中。

771 :名無し三等兵:04/01/29 01:28 ID:???
B
騎士:「おい医術師か?」
えらそうにいきなりそう呼ばれても俺は無視して作業を続けた
(我ながらいい性格になったもんだ)

騎士「聞こえないのか!この団員を早くみてやってくれ!」
ピカピカ光る鎧が身分をあらわすのでかなり高級な騎士らしいが、
珍しいことに自分で背負ってきたらしい男をゆっくり床におろした。
この建物の床はシートが一枚敷かれているだけで、その下は地面となっている。
血だらけの負傷兵を見れば、背中を撃たれたのだろう、大量の血を放出しており、
服は血でびしょびしょになっている。
(あ〜無理かな?)

医師「はい、わかりました、見ます、少々お待ちください」
同僚の医師ははそう言った。血だらけの男を運んできた騎士はその言葉に安堵の息を漏らした。

「ちょっと待て!」
俺が思わずこの来たばかりで同僚になったばかりの男に一言、言おうとしたら
違う重い声がそれを遮った。

772 :名無し三等兵:04/01/29 01:28 ID:???
前に海獣と戦う海自の話してたが、野生の海獣ってのは単なる凶暴な鯨ってくらいの感覚で
いいのかな?100m級の大王イカや怪光線吐くシーサーペントが出て来ればそりゃ海自に
頼るっきゃないけど、20mのイッカクとかなら3000tクラスの貨物船は安全っぽいよな。
でも遠洋漁業の漁船とかはやばそう。
なので水産企業は漁場近辺の海獣を「害獣」として駆逐してくれるよう政府に要請するが
海自も海保も手一杯。
っつー事で農水省と水産企業は害獣駆除を名目に旧捕鯨船団を再編、かつての鯨捕りと
人食い海獣の死闘が始ま

これじゃ自衛隊関係無いな


773 :寝床にやって寝せたとさ1/3:04/01/29 01:28 ID:???
>>617-619

「箱ですねぇ……」
どう見たって、召還獣には見えない。
恐る恐る近づき、コンコンと杖で突っついてみる。

コンコン

箱から音が返ってきた。
「興味深いですね。音を返す箱……これは、いったい何を意味しているのでしょう?」

ドンドンドンドンと叩く音が大きくなり、中からなにやら喚き声も聞こえてくる。

「……お師匠様、中の人では?」
「そ、そのようですね。中の人が……」
「やっぱりそうだ。お師匠様、こっちに扉がありますよ!」
裏へ回ると、アジエの言うとおり、そこには確かに木の扉があった。
箱入りの召還獣など聞いたことがない。考え込む二人。

774 :寝床にやって寝せたとさ2/3:04/01/29 01:29 ID:???
はっとして、顔を上げる。
「わかりました!これはゲートです!!」
「ゲート?」
「そうです。この世界と異世界を繋ぐゲート。
ここから異世界の軍隊がやってくるのです!!本の記述が正しければ、、
恐れを知らぬ屈強な兵士や、火を噴く鉄の馬車、飛竜を落とす鉄の鳥に、巨大な鉄の船!!」
「でも……それにしては、ちょっと狭くないですか?」
「狭いですねぇ……」

再び考え込む二人。本当に成功したのか?だんだん不安になってくる。

「あのぉ、お師匠様。」
おずおずとアジエが切り出す。
「なんです?」
「中から出してほしがっているのではないでしょうか?」
なるほど……何となくそんな風にも……
異世界の言葉、全く意味は解らないが、確かに必死なのは伝わってくる。

まあ、このまま考えていても埒が明かない。開けてみよう。

775 :名無し三等兵:04/01/29 01:29 ID:???
こんな感じだけどどう?

776 :寝床にやって寝せたとさ3/3:04/01/29 01:30 ID:???
開こうとノブを回すが、鍵が掛かっているのか、ガチャガチャと音を出すだけだ。

「開きませんね。」

よいしょと少し力を入れて引っ張ってみると、バキッという音と共にノブごとドアが外れた。
このドアが要になっていたのか、四方の壁が自重でバタンと外側に倒れる。
案外、脆い造りだ。ドアを盾にして向こう側を伺う。
暗くてよくわからないが、その影は……どうやら人型のクリーチャーのようだ。

月が雲間から顔を出し、青味がかった冷たい光があたりを照らす。

しだいに姿が、はっきりとしてくる。
人間?男性のようだ。驚いた様子でしきりに辺りを見回している。
服装、上は……厚手のシャツのようなものを着ている。
髪は黒、この国にはあまり居ない色だ。所々白髪が混じり、生え際の後退が見られる。
人間なら、40後半から50前半というところだろうか。なんだか、全般的にだらしない印象を受ける。

少なくとも兵士には見えない……やっぱり失敗なのだろうか?

手に何かを持っている。紙?
それが邪魔をして、下半身は見えない。もう少し良く観察しようと、首を伸ばす。

ようやくこちらに気づいたのか、びくっと動きその人物は紙を取り落とした。
全体像が現れる。下は……下は……

「キャー!!!!」

777 :カレー方面書いてた奴:04/01/29 01:31 ID:???
シリアスカレーその3 その1、その2を先にお読みください。

ある自衛隊キャンプ食堂の一こま。
「おい、新聞みたか?エルフの事載ってるぞ」
「ああ、エルフカレーの中に、覚醒剤に似た症状を出すとかなんとかだろ?」
「今日の昼に、総理が記者会見をやるらしいぞ」
「総理か・・・顔見んの出陣式以来だな・・・あ〜あ、早く元の世界に帰りてえなあ〜〜〜」
「言うな!!俺までしんみりしちまうだろうが・・・ハア・・・」
・・・・・・
「隊長、みましたか?会見。」
「・・・エルフ達も難儀だな。マナを得る為とは言え、覚醒剤もどきを摂取しなくちゃならんとは・・・」
「まあ、コーヒー中毒みたいなモンらしいですが、身体に悪そうですね。同情しちゃいますよ。」
「エルフに取ってカレーは必要不可欠な物だからな。まあ、これから順々に改良されていくんだろうが・・・」
「隊長、昼飯ができました!!久し振りの牛肉入りカレーですよ!!」
「「う・・・」」
・・・・・・
「旨く逃げましたな、総理。まさか、コーヒーを比喩に出すとは思いませんでした」
「ふふふ、エルフに取って『カレーは飲み物』らしいからな。使わせてもらったよ」
「ははは・・・ところで、M主党がエルフの族長と面会を求めてるらしいと、長老側近から連絡が入りました」
「ふん。浅ましいモノだ。エルフ保護法案の時はあれだけ下衆な発言をくり返しといて・・・虫酸が走る!!」
「・・・もっとも、長老筋も相手にはしていないそうですが・・・いかがいたします?」
「・・・情報を息のかかったマスコミに流せ。そしてM主党の矛盾を徹底的に突かせろ。もちろんエルフの談話付きでな・・・」
「承知しました。」

「・・・反対するしか自己主張の場がないのも悲しい物だな。異世界での借金を抱えたまま、M主党はここで終わりだ。ふふふ・・・」

778 :660:04/01/29 01:32 ID:???

>>766

そう言えば独や英ではかつて通行料や通行税徴収の為整備された年代モノの橋梁や浅瀬の
うち、現代尚整備され使えるモノには“○tまでの戦車渡河可能”とかいう標識があるとか……


>>752 Call50氏

ちなみに漏れ、「革命後のロシアより中世の方がましなんじゃ……」とほざいた後東部戦
線周りの資料突きつけられて愕然とした事がある。今だからいえる若き日の恥(w


779 :名無し三等兵:04/01/29 01:34 ID:???
日本列島丸ごと召還だと、食料や燃料補充の面で
問題が出てくる。
そこをどう解決するか、個人的には興味があるけれど
話は自衛隊以外のことに集中しがち。

そこで、このスレの趣旨とは違う(180度異なる)けれど、
逆にしてはどうだろうか?
つまり、ファンタジー世界の一部がなんらかの要因で
こちらの世界に転移してきたと言う設定。

・・・日本近海にある日突然、北海道ぐらいの大きさの島が
突然出現した。
土地も植生も生き物も、現在の世界には全くないものばかり。
知的生命体はいるらしいが、どうも人間だけではなさそうだ。

得体が知れぬ上に、なぜか人工衛星の写真撮影も映らない
その土地に送り込まれたのは・・・
やっぱり自衛隊だった。

780 :名無し三等兵:04/01/29 01:35 ID:???
ますます鬱になった・・・。
明るい話をキボン・・・。
(つД`)

781 :名無し三等兵:04/01/29 01:36 ID:???
>>780
まあ、ジュラシックパークみたいなモンだな。
って、そんなスレなかったっけ?

782 :名無し三等兵:04/01/29 01:36 ID:???
>>779
案だけなら何度も出てると思った。
まあスレ違いだし。

783 :名無し三等兵:04/01/29 01:37 ID:???
>>779
俺もソレ考えてた>F世界が召喚された

しかし、補給の心配はいらない・・・
(自衛隊が乗り込んだと同時に海流・気流の乱れが起こった場合は別)
別に生き残りをかけた戦いも起こりそうにないし。

ただの僕たち探検隊みたいなカンジしか思い浮かべられなかった・・・

784 :プロジェクトX風異世界交流:04/01/29 01:38 ID:???
>>779
それにしてしまうとアメリカやロシア、中国、朝鮮、韓国の描写に手間取り
ますますあまり軍事にうとい漏れみたいなヤシにはつらい。

785 :名無し三等兵:04/01/29 01:38 ID:???
激しく同意…………。

786 :名無し三等兵:04/01/29 01:41 ID:???
>>780
私も明るい話をキボンします。

787 :プロジェクトX風異世界交流:04/01/29 01:42 ID:???
しかし文句だけつけるのも何なので
ただこの設定だとドラゴンvsイーグルとか派手なドンパチはしやすくなるわね

788 :名無し三等兵:04/01/29 01:43 ID:???
明るい戦争ってのもなんかヤだな。

789 :名無し三等兵:04/01/29 01:52 ID:???
>772
> 海獣と戦う海自の話
たった今そういうアホ話を書いてますた。
・・・ゴミ箱行き決定(汗)

790 :カレー方面はもういらない?:04/01/29 01:53 ID:???
カレー粉とエルフ。

ここは荒野地帯。自衛隊員と傭兵エルフが、捕まえた大とかげを捌き調理中。
「さて、捌き終わったな。あとは煮るだけだ」
「ほ〜、上手いモンだな。エルフの男はみんなこうなのか?」
「まあな。俺達は常にマナを吸収しなくちゃいけないから、この程度の刃物裁きならみんなお手のモノだな」
「へ〜って、なんだそりゃ?」
「は、荒野用のカレー粉に決まってるだろう?」
「・・・は?こうやよう?」
「あのな、土地の特性や精霊を統べる主によって、必要な薬草や香辛料が変わってくるんだよ!常識じゃないか!!」
「はあ、常識なのか・・・」
「たく、つまらない事を聞くな。カレー粉の投入はタイミングが肝心なんだ。ちょっとの狂いが・・・」
「どうでもいいが、焦げてるぞ。とかげ。」
「なにーーーーーー!!!!あーーーーーーーーーーーーー!!」

「おい、エルフ。これ辛いぞ」
「まあ、荒野用だからな。好みは別れる。ちなみに俺は湿地帯用がまろやかで好きだ」
「聞いてねえよ」


791 :名無し三等兵:04/01/29 02:00 ID:???
>>789
さ、落ち着いて、深呼吸だ。
ゴミ箱に入れる前に、やることがあるだろう?
そうだ、晒してみようか。ゴミ箱に入れるのはそれからでも遅くはないぞ?ん?
ペニスを出して・・・さあ!

792 :791:04/01/29 02:14 ID:???
俺が、悪かった… 許してくれ…

793 :カレー方面書いてた奴 ビキニ擁護論?:04/01/29 02:50 ID:???
女性エルフの服装討論。

ランジェリーエルフAを見兼ねたビキニアーマーエルフBが、自衛隊キャンプに説得に来た。
まわりは人だかり。エルフ二人に挟まれた女性自衛官がおろおろしている。
「あなたね!もうちょっと服装に気を付けたらどうなのよ!!」
「なによ!!私の勝手でしょ!!」
「まあまあ、そんなに大きな声出さないで・・・冷静に・・・」
「大体ね、そんな格好じゃ周りの皆さんに迷惑かけるでしょ!!分ってるの!!」
(((いや、そんな事はないが・・・むしろ、眼の保養に・・・)))
「まあ落ち着いて・・・でも、一理有るわよ。あなたも、もうちょっとちゃんとした服を・・・」
「別にいいでしょ!!みんなも似合ってるって言ってくれるわ!!」
「・・・ははは」(まったく、ウチの馬鹿共は・・・)
「あのね、彼女か言いたい事はそんな事じゃないのよ!!」
(そうよ!!そうなのよ!!!外を下着姿で歩くのは・・・)

「そんなフリフリした結婚装束みたいなの着て戦場にでるなんておかしいっていってるの!!」

「そうそうって、違う!!」
「くっ!!」
「そんな装束で戦いの精霊を統べる事なんてできる訳無いでしょ!!さっさとビキニアーマーを着なさい!!」
「・・・わかったわよ・・・」
「・・・わかってくれればいいわ・・・いくわよ」

「・・・エルフの常識って分からない・・・分かりたくもないわ・・・」

(((まあ、俺達はどっちでも言い訳だが)))

794 :名無し三等兵:04/01/29 03:17 ID:???
ランジェリーエルフも濃いなぁ。
ぜひエフルとともに頑張って欲しいんだが(笑)

795 :名無し三等兵:04/01/29 03:20 ID:???
歩くわいせつ物陳列罪、
エフルとランジェリーエルフ。

796 :名無し三等兵:04/01/29 03:23 ID:???
エルフの文化的背景を理由に規制に踏み切れないわけだな、
ふんどしにしろランジェリーにしろ。

797 :名無し三等兵:04/01/29 03:26 ID:???
しかも真っ当な理由(屁理屈)を持っているからタチが悪い

798 :名無し三等兵:04/01/29 03:30 ID:???
ふむ、そして自衛隊員にも同じ格好を強制するわけだな。

799 :名無し三等兵:04/01/29 03:31 ID:???
森の外では、身体からのマナの流出を避けるために厚着するって屁理屈もこねられる罠。
(用は寒いところで体から熱の流出を避けるのと同じ原理)

案外、マナとかそういうの関係なしに、単に彼らの趣味だったり。<ふんどし&ランジェリー

800 :名無し三等兵:04/01/29 03:35 ID:???
>>799
いやむしろマナは吐くものでは無く、吸うものという屁理屈をこねてみる
酸素と同じで。
・・・皮膚呼吸?

ところで、自衛隊が敵側にまわっちゃうというお話は、やめたほうがヨロシ?
大体「元自衛隊員数人VS一個中隊」なカンジ。

「せめてF世界だけでもイイトコみせてあげよーよ」
といういつかのレスがずぅっとアタマに残ってて・・・

801 :名無し三等兵:04/01/29 03:35 ID:???
そういや古代ギリシャかどっかで、男性が競技をする際は
肉体の美しさを見せるために裸で闘ったってのを読んだことあるな。

802 :名無し三等兵:04/01/29 03:37 ID:???
>>800
マナって要するに魔法のエネルギーなんだろ?(前のほうのスレでジュールに換算してたし)
なら、高いところから低いところに流れるのが道理って物。

803 :名無し三等兵:04/01/29 03:40 ID:???
>>802
マナをよりよく吸収するため、
穴を掘りそこで瞑想するふんどしエルフ

804 :名無し三等兵:04/01/29 03:42 ID:???
>>803
高い低いって、エネルギーの高い低いでは?

805 :名無し三等兵:04/01/29 03:44 ID:???
>>804
吊ってきます。

806 :名無し三等兵:04/01/29 03:50 ID:???
大地のマナを吸収するため、
地面に首まで埋まって瞑想するふんどしエルフ。

隊員「おい、そこさっき地雷(ウ○コ)埋めた場所だぞ。」

807 :名無し三等兵:04/01/29 04:17 ID:???
大地には高濃度のマナが流れているポイントがあり、このような場所でエルフは
全裸になって地面に首まで埋まり、石灰なんかを使って周囲に魔方陣を描いてもらって
目や口や鼻からいろんな魔法を発射する、通称「生首砲台」←現場の隊員が命名。


機動力を殺すことになるため、未だに実戦では使用されていないそうな。

808 :名無し三等兵:04/01/29 04:33 ID:???
生首砲台を改良した「生首砲台・改」

,,,,,,,,,,,,,,,v,,,,,,,○,,,,,,,,v,,,,,,,,,,,,
     \/|\/
        |
      /\
      ><

このように、両手も地面に出すことで、使える魔法のバリエーションをアップさせた。
しかし、やはり機動力を殺すことになるため、実戦での活用法はいまだ研究中である。

809 :名無し三等兵:04/01/29 04:35 ID:???
レイラインと呼ばれる地脈はマナが高いということで有名。
それらを守るかのように立てられた拠点。
その拠点防衛の為に、レイラインにそってエルフ達が首まで埋まり、
生首を一列に晒す、通称「生首防衛線」


機動力を殺すどころかキモがられ、未使用。

810 :名無し三等兵:04/01/29 04:45 ID:???
    |   .|
    .\/
""""""""|"""""""
   /\|/\
      ○

上半身を地面に埋め、>>289-290と同じ原理で股間から大威力の魔法を発射する、
名付けて「股間砲台」←やはり現場の隊員が命名。

威力は最大だが、エルフは息が出来ない上、目標を肉眼で確認できないと言う致命的な
欠点があるため、使用されていない。

811 :名無し三等兵:04/01/29 04:51 ID:???
    |   .|
    .\/┌
""""""""|"│"""""
   /\| .│
.  .   (□┘

「股間砲台」を、ドワーフの技術の粋を結集し改良したのが、この「股間砲台・怪」である。
地面に埋めるさいに、エルフに双眼鏡と通気口を合体させたマスクをかぶらせることにより、
呼吸と視認性をアップさせた。

ふんどしが取れたときのとっさの対応ができないため、やはり使用されていない。

812 :名無し三等兵:04/01/29 05:10 ID:???
     ○
    /|\
    | | .|
    .\/┌
""""""""|"│"""""
   /\| .│
.  .   (□┘

「股間砲台・怪」にアシスト役(通称「砲手」)をつけたのがこの「股間砲台・χ」である。
砲手をつけることにより、疲れやすい足を支えると同時に、腰を適切な方向に固定し、
狙いを安定させるというメリットが得られた。さらに、とっさの事故(ふんどしが外れるなど)
にも柔軟に対応できる。
しかし、砲手のなり手がいなかったため(※注1)、実用化されなかった。


※注1:実際にはWACの中に砲手を志願するものもいたが、その事実は闇に葬られた。

813 :名無し三等兵:04/01/29 05:22 ID:???
もはや完成形だな

というか夜明けに何やってんだ俺ら

814 :名無し三等兵:04/01/29 05:33 ID:???
ワロタw
ヴァカばっかwww

815 :名無し三等兵:04/01/29 08:21 ID:???
>>807-812
ここまで来ると笑うどころか呆れてもはや何も言えん。

816 :名無し三等兵:04/01/29 09:04 ID:???
朝っぱらから笑わせてもらいますた。
仕事一滴升。

817 :名無し三等兵:04/01/29 09:29 ID:???
>>779
そういう話ありますよ。
http://members.at.infoseek.co.jp/hiruderia/syosai/syosai.htm


818 :名無し三等兵:04/01/29 10:16 ID:???
秋津二尉のネタもあったが・・・・やっぱあの大佐をF世界に召還したらマズいよなあ・・・。

819 :名無し三等兵:04/01/29 10:27 ID:???
ビキニアーマーとチラリズムの両立
エルフの魔法の源であるマナを効率的に吸収するには、体表面を露出させる事が望ましい。
これは良い。
しかし魔法を使う機会が少なく、使っているとしても周囲の気温調節など呼吸と同感覚で使う魔法と
戦闘で用いられる攻撃、防御魔法では消費されるマナの量は自ずと差が出てくる筈だ。
これは人間でいうカロリー消費量の差と同質であると考えられる(マナ=カロリーではない)。

例えば
・激しく運動
・家でダラダラ
この条件下で同じカロリーを摂取し続ければ、前者は空腹や低血糖で倒れるだろうし、
後者は体重の増加や成人病に悩まされるだろう。
これをエルフとマナの関係に置き換えれば、
・吸収したマナを使い切ってしまい体温調節ができずガクガクブルブル
・制御可能なマナ量より過剰に吸収してしまい魔法が暴発
というようなことが予想できる。程度によっては生死にも関わる問題である。

長々と何が言いたいのかというと、
平時に普通な服だが、いざ戦闘になると一気に脱げ(PAN!PAN!PAN!

820 :名無し志願兵:04/01/29 11:54 ID:???
おはようございます。

さて、>>751様、仰る事、真に正論デス。
当方アジア史についての興味は薄く、古代中国の兵科について詳しくないので、
古代中国の編成など、大変勉強になりました。感謝デス。

>>これは秦のような中央集権型国家の兵制であって中世欧州や日本の戦国時代のような、
>>貴族の私兵の連合軍では装備・補給は各部隊の自前であり、独立した兵科というものも
>>存在しませんでした。
>私の言いたい事はこの一文に尽きます、

その通りのようデス。文章の本質を読み違えたようデス。

ですが、私の記憶が正しければデスが、
第四次川中島の戦いの際、上杉勢側に「大荷駄」という補給部隊と後積め5000が
善光寺のあたりで待機していたような記憶が・・・・
ちょうど妻女山と海津城でにらみ合っていた頃デス。
あと、独立した兵科が存在しないのは、編成が連隊とか中隊と言ったものではなくて、
「一族郎党」という「戦闘団」的な「管理自営部隊」が存在したからだと考えるのデス。
こういう部隊は基本的に、「小荷駄」と呼ばれる移動力のある、換わりに輸送力の少ない輸送部隊を率いて戦闘していたはずデス。
記憶に辿って書き込んでいるので怪しいですが・・・

821 :名無し三等兵:04/01/29 12:35 ID:???
>>818
佐藤中村の佐藤ですか?それは。
だったらなおの事役に立ちそうですが。
(突然に氏の話にはよく合いそうだし。)

822 :カレー方面書いてた奴:04/01/29 12:47 ID:???
嫌展方面で得た情報によると、オークはエルフから派生してできた種族らしい。
ということで、小ネタ。

最近自衛隊と同盟することになったオーク種族。
エルフのつてと言う事もあって、自衛隊駐屯キャンプではオーク族長を迎えてパーティーが開かれた。
エルフ族長達も参加と言う事でもちろんカレーが出る訳だが・・・

「ほう!!これがカレーとやらか!!!なかなかの味だべなエルフの!!!」
「そうだろう!!これこそ至高の味!!我等が恋いこがれて止まない味だ!!!」
「そういってもらえて光栄です・・・なお、本日は趣向を変えたルーも御用意いたしました・・・」
「ん?カオリが違うな・・・む!なんだ?これは・・・」
「はい、ハヤシライスと言いまして、カレーにトマトの風味を加えた様なものでありまして・・・」
「う〜ん、悪くわないが・・・またの機会に・・・って、どうしたオークの?」
「す、素晴らしい。こんな旨いモン食った事ねえダ!!」
「オ、オークの落ち着け・・・」
「いーや!!落ち着いていられねえだ!!むぐむぐむぐむぐむぐ・・・」
「・・・まったく、オークのは落ち着きがなくて困る。こうなっては食べ終わるまでまった方が賢明ですな・・・」
「はあ、そうですね。じゃあ、族長さんにもカレーをお持ちしますね。今日は族長さんが好きな豆カレーを御用意しましたので・・・」
「なに!!本当か!!!いや〜楽しみだ!!!」

「やっぱりエルフの仲間だけあって、オークもカレーっぽいのが好きなんだな」
「まあ、厳密に言えばカレーじゃ無いんだけどな・・・」

823 :名無し三等兵:04/01/29 12:50 ID:???
>>821
頬に傷のある彼は少佐では‥

824 :カレー方面書いてた奴:04/01/29 13:04 ID:???
生首砲台を見てて思い付いた小ネタ。

ここは前線。帝国軍の襲来に備えて塹壕作りに余念がない自衛官達。
そこにエルフ族長がやってくる。

「これであらかた完成したか?」
「そうですね。これだけ掘れば、安全に行動ができるでしょう」
「ほう・・・これが塹壕というものですか・・・」
「あ、族長!!汚い格好ですみません!!!・・・御身自ら御視察ですか?」
「いやいや、若い衆が『自衛隊の人が画期的な砲台陣地を作ってる』と言っていたのを聞いたもので・・・」
「砲台?」
「なるほど・・・これなら機動性もばっちりだし、大地のマナも吸収し易い・・・考えましたな」
「???」

その意味は翌日、帝国軍の襲来で分かる事になる。
それを見た自衛官の一言。「あれは地獄だ。いろんな意味で」

825 :名無し三等兵:04/01/29 13:31 ID:???
平日の真昼間から濃いな、ここは。

826 :名無し三等兵:04/01/29 13:39 ID:???
818>>やはりF世界でも騒動巻き起こすんだろうな
ということで思いついた小ネタ

佐藤「お呼びですか、室長」
「元気そうだな、佐藤三佐」
「新年早々悪いが外地へ飛んでくれたまえ。先頃同盟が締結されたオーク族との部隊派遣に関する折衝だ。
 エルフ族からもオブザーバーが出席する。」
「自分はエルフとオークは嫌いでありまして」
「これは相談ではない、命令だ。くれぐれも問題はおこすな、外交問題になりかねん」
中村「佐藤三佐、僕はハヤシライスとカレーは大好物です」
佐藤「俺が嫌いなのは福神漬けと中村!」
  「テメェだ!!!」
   BLAM!SPANK!BCHANG!
中村「畜生、いつか殺してやる・・・」

827 :名無し三等兵:04/01/29 14:00 ID:???
>>826
エルフの生首祝砲にどう反応するか面白そうだ。

828 :名無し三等兵:04/01/29 15:05 ID:???
>>820
>当方アジア史についての興味は薄く、古代中国の兵科について詳しくないので、
>古代中国の編成など、大変勉強になりました。感謝デス。
いえいえ、こちらこそ近代軍の編成は大変勉強になりました。
当方、歴オタからの転向組でして軍オタとしては新米なのです。自らの浅学も省みずに噛み付いたりして……。

>その通りのようデス。文章の本質を読み違えたようデス。
721を読み直すと確かに趣旨が解りづらい悪文でした、申し訳ありません。

>第四次川中島の戦いの際、上杉勢側に「大荷駄」という補給部隊と後積め5000が
>善光寺のあたりで待機していたような記憶が・・・・
後詰は3000だった筈……たぶん。「荷駄」には「小荷駄」と「大荷駄」があり、前者の任務は物資の運搬に留まっていたのに対し、
後者は工兵・武器をも含んだ兵科なのです。ちなみに「荷駄隊」とは運搬に特化した騎馬隊の事です。
戦国大名の補給部隊は初期には臨時編成であったものが、後期には独立した兵科になっています。(国ごとに事情が違うのですが)
基本的には自前なのですがその時々の状況によって大名が配下に物資の融通を行っていました。そうしているうちに、
大名の発言力は大きくなり、最終的に戦国を制覇したのは織田信長。
商業資本を取り込み圧倒的な富をもって常備軍を編成し、指揮系統を統一し、各種兵科とその後方支援を充実させたのです。
なお中国は、20世紀にはいっても後方支援部隊を常時編成することがありませんでした。

>あと、独立した兵科が存在しないのは、「一族郎党」という「戦闘団」的な「管理自営部隊」が存在したからだと考えるのデス。
そうです、武士とは開拓者のリーダーであり、開拓団が臨時に編成した戦闘部隊が「一族郎党」なのです。
西洋の事情もこれに似ています、王や大名は絶対的な支配者ではなく有力者の盟主に過ぎません。部隊ごとに装備が違い、
戦闘教義が違い、規模が違い、なにもかもが違っています、おまけに独自の財政基盤を持ち、頭ごなしの命令は不可。
常に裏切り、怠慢、抜け駆けに気を使う必要があります。これでは近代軍のような柔軟な運用は不可能です。




829 :名無し志願兵:04/01/29 15:12 ID:???
>>828
勉強になります。

830 :名無し三等兵:04/01/29 15:29 ID:???
>>764
中世の教会はローマ時代の巨大インフラを「悪魔の建造物」と呼んだらしい、
なんでも人間にはあんな高度なものは造れないって理由で。

まるで「風の谷のナウシカ」だな。
魔法は「旧世界の科学」ということにしておけば楽になると思うがどうよ?


831 :名無し志願兵:04/01/29 15:44 ID:???
さて皆さん。
戦争が長引いてくると、国民や隊員の指揮が下がってくる事も考えられるのデス
そういった際に使用できると思われるプロパガンダの基礎デス。
・・・・・正直に言うとAmazonでの拾い物デスがw

1 「われわれは戦争をしたくはない」
2 「しかし敵側が一方的に戦争を望んだ」
3 「敵の指導者は悪魔のような人間だ」
4 「われわれは領土や覇権のためではなく、偉大な使命のために戦う」
5 「われわれも誤って犠牲を出すことがある。だが敵はわざと残虐行為におよんでいる」
6 「敵は卑劣な兵器や戦略を用いている」
7 「われわれの受けた被害は小さく、敵に与えた被害は甚大」
8 「芸術家や知識人も正義の戦いを支持している」
9 「われわれの大義は神聖なものである」
10「この正義に疑問を投げかける者は裏切り者である」

832 :名無し三等兵:04/01/29 15:53 ID:???
11「はっきり言おう。カスであると!」

833 :名無し三等兵:04/01/29 16:01 ID:???
12「あえて言おう、貴公はギレン・ザビの尻尾だな」


834 :名無し志願兵:04/01/29 16:18 ID:???
指揮の為の基礎についての駄文。 その1

指揮、判断を考える前に知っておくべき事デス。

その1 背後連絡線
解りやすくいうと「部隊から基地に向かって延びる補給線」デス。
陸海空問わず、作戦は『基地』と『戦場』と、その間を結ぶ「作戦線(背後連絡線)」によって構成されており、
戦闘部隊はこの線の上で戦う事になります。
そのため戦闘部隊は常に基地に隣接する背後連絡線を引きずって行動する事になるのデス。
もちろん味方の増援、補充を期待できるのも、基本的には背後連絡線が繋がっていないと駄目デス。
デスので、背後連絡線が敵によって遮断されると、孤立するばかりか、弾薬も燃料も不足する事になるのデス。

基本的に大規模な固定基地は、港湾、空港などがあり、鉄道、道路が集中している都市周辺に設定され、
次に野外集積型の中規模な基地(ドクオ氏は恐らくこれを作る為に城攻めを行なったと思われる)が作られ、
これが背後連絡線によって大基地と連結されるのデス。
これは戦場が広がるに連れ、徐々に延びていき、最終的には現場の兵士一人一人に繋がるのデス。


835 :名無し志願兵:04/01/29 16:21 ID:???
指揮の為の基礎についての駄文。 その2

その2、地形について
また、地上戦闘の場合、戦場の地形、気象は戦術を考える際に大変重要な要素デス。
鬱蒼と生い茂るエルフの森、ドワーフ以外立ち入らないような山脈、アーリマンのでる湖沼などなど・・
ちなみに思いつく限りでいちばん最悪な環境なのはロシアの大地デス。(あそこはSFな環境が幸せに思えるほど最悪デス)
とにかく一般的な地形の作戦に置いて、最初に考えられるのは以下のものデス。
「その日の天候」を始めとして「地表面気温」「空気密度」「風向き」「風力」(弾道に影響するデス)
「日の出の時間」「日の入りの時間」「明度」「朝夕の霧の発生」などが考慮されるのデス。
因みにF世界では「危険生物の活動時間」なども考慮に入れないと駄目かも知れないデス。
志願兵の個人的イメージでは、エルフの森の『朝夕に霧』が発生し、昼でも『薄暗い(明度)』「見通しの悪い」地形デス。
ドワーフ以外入らない山脈は『風向き』や『風力』が極端に変化しやすく、『ドラゴンなどが徘徊する時間』を考える必要を感じるデス
ロシアの大地については・・何も言わなくても解る、しいて言えば言いたく無い様な環境デス・・・あえて一言で言えば『寒い』デス。
話が少しそれましたが、普通は地形は、
『緊要地形』  『接近経路』  『障害』  『視界、射界』 『隠蔽、掩蔽』
の五つの視点から評価しないと逝けないデス。


836 :名無し志願兵:04/01/29 16:22 ID:???

指揮の為の基礎についての駄文。 その3

1、『緊要地形』について
味方がそこを占領すれば、敵が決定的に不利になり、敵が取れば味方が決定的に不利になるような地形デス。
具体的には、

・わたることが困難な川や谷にかかる橋
・主要な道路が集中する場所
・敵を良く見る事ができる場所
・上陸が簡単におこなえる港
・飛行機が離着陸できる状態の飛行場
・射撃の容易な場所
・複数の緊要地を射撃、または偵察できる地形

などデス。
通常これらの緊要地形は占領する事によって、初めて戦略、戦術的な価値を手に手に入れることができるのデス。
よって地域を占領する能力のある部隊、主として『歩兵」、ついで『騎兵(戦車)』の立場にたって選定されるのデス。

2、『接近経路』について
簡単にいうと、『緊要地形、もしくは『目標(敵、地域)』に向かう経路の事デス。
戦術では、「戦闘部隊が1つの緊要地形から次の緊要地形まで戦闘機動できること」に焦点をあわせて、
接近経路を考えるデス。
補給部隊が随伴できるかどうかは二の次デス。もちろん兵站支援が容易な経路は優れた経路の条件デスが。
経路の価値は経路の容量、質が問題になるデス。
『敵に見つかりにくいか?』『速度は出るか?』『戦闘しながらどれぐらいの部隊が通れるか?』等デス。


837 :名無し志願兵:04/01/29 16:26 ID:???
指揮の為の基礎についての駄文。 その4

3、『障害』について
簡単に言うと、部隊が指揮する2ランク下の部隊が簡単に通れないような地形デス。
『時間と工兵力があれば、通過できない地形は無い』と仰った名将もおりますが、
普通は無限に時間と工兵力がある軍隊なんて存在しないデス。
障害を見るときには、時間と工兵力が目安になるデス。
あと地形の障害の見地から分析する時には、歩兵部隊の障害と、騎兵(戦車)の障害に分けてみる事が必要デス。
こう言った際に役に立つのが、「地図」デス。

4、『視界、射界』
ようするに見通しが良いか悪いかと言うことデス。
この場合、気をつけるのは装備している火器(火力兵器全般)の有効射程を考えると言う事デス。

5、『隠蔽、掩蔽』
「隠蔽」は敵に見つからない、隠れやすい、という意味で
「掩蔽」は攻撃されても(地形に)防護されると言う意味デス。



今回は以上デス。

次から指揮官の判断方法に行きたいと思ってるのデスが、
基本的な陣形のパターンやってからのほうが良いデスかね?

838 :名無し三等兵:04/01/29 16:32 ID:???
乙。
順序はまかせます。
後、できれば戦争戦略の方も教えてもらいたい。

839 :カレー方面書いてる奴 ダーク指定:04/01/29 16:55 ID:???
シリアスカレーその4 生首砲台ネタ。

自衛隊前線司令部。そこに原始林でエルフ達の介護を担当していた医師が駆け込んでくる。
「どう言う事だか説明してもらいたい!!なぜ、神経錯乱状態のエルフを戦場に出す!!」
「・・・今回の作戦では、敵の主力を引き付け撃滅する。その為に必要な人柱だ・・・」
「?どう言う事だ!!それに何の関係が・・・」
「エルフの兵法に、大地の霊脈を利用した戦争魔術があってな。
 霊的な処置をした、生きたエルフをその霊脈に首を出して埋め、砲台として機能させるそうだ」
「・・・まさか・・・そんなこと・・・」
「そのまさかだ。今回の作戦に彼等を使う。非常に死亡率が高い為、彼等の身体を利用する事になった。
 これは本営はもちろん、エルフ族の承認も得ている。」
「嘘だ!!同族を使い捨てにされて、黙っているはずが・・・」
「彼等の帝国への怨念は、道義を捨てても拭えきれない程、暗くて深いモノなのだろう、さて・・・」

「なんだ!!なにをする!!!」
「君には今作戦が終了するまで営巣に入ってもらう」
「・・・お前達は鬼だ・・・」

「・・・俺達は鬼か・・・言ってくれるな・・・今、一番聞きたくない言葉だ・・・」

840 :名無し三等兵:04/01/29 17:18 ID:???
>>824
,,,,,,    ○,,,,,,v,,,,,,,
 |   |\/
 |   |_
 |   ||
 |   |
   ̄ ̄ ̄

>>808を塹壕戦のために改良した生首砲台。
塹壕の壁に脚と腕を通す穴をあけ、そこに四肢を通して身体を壁に密着させ、固定する。
塹壕自体のために大地表面付近のマナの流れが悪くなり、また接触面積が小さいので
吸収効率が低下する。また>>807-808と比べて地面に描ける魔方陣の種類が限定される
ため、魔法のバリエーションは少なくなる。
しかしなによりも運用の柔軟性を確保できるため、しばしば実戦で使われるそうだ。

841 :一国家の特別攻撃隊:04/01/29 17:48 ID:???
栄光ある祖国マーヤの代表的攻撃部隊というべき空軍特別魔術隊に選ばれ
身の光栄これにすぐるもの無きと痛感いたしております。
思えば長き学生時代を通じて得た信念と申すべき理念万能の道理から考えた場合、
これは自由主義者と言われるかもしれませんが、自由の勝利は明白な事だと思います。
人間の本性たる自由を滅する事は絶対に出来なく
例えそれが抑えられている如く見えても、底においては常に戦いつつ最後には勝つということは
かの日本の哲学者が言っている如く真理であると思います
権力主義全体主義の国家は一時的に隆盛であろうとも、必ず最後には破れる事は明白な事実です。

我々はその心理を今次大戦の枢軸国家において読み取る事が出来ると思います
大陸の覇者の明清帝国は如何、海洋の覇者のセイロンもまた破れ、
今や絶対王政は土台席の壊れた建築物の如く、次から次に滅亡しつつあります。

真理の普遍さは今現実によって証明されつつ過去に置いて歴史が示したごとく
未来永久に自由の偉大さを証明していくと思います
自己の信念の正しかった事この事は祖国にとって恐ろしい事かも知れませんが自分にとっては
嬉しい限りです。

現在のいかなる闘争もその根底をさす物はかならず思想なりと思う次第です
既に思想によってその闘争の結果を明白に見る事が出来うると信じます
愛する祖国マーヤをセイロンの如き大帝国たらしめんとする私の野望は
ついに虚しくなりました

真に日本を愛する者をして立たしめたのなら
日本は現在の如き状態にはあるいは追い込まれなかったと思います。
世界のどこに置いても肩で風を切って歩くマーヤの民
それが私の夢でした。

842 :一国家の特別攻撃隊:04/01/29 17:49 ID:???

空の魔術隊の兵士は一魔法具に過ぎぬと言った一友人がいる事もたしかです
ただ魔法を唱える機械、人格も無く人格も無く感情も無くもちろん理性も無く
ただ敵の船舶に向かって突っ込んでいく磁石の中の鉄の一分子に過ぎぬものです
理性を持って考えたなら実に考えられないことで
しいて考れば彼等の言うが如く自殺者とでも申しましょうか。
一魔法具である私は何も言う資格はありませんが。
ただ願わくば愛する祖国マーヤを偉大ならしめん事を、国民のみなさんにお願いするのみです。

こんな精神状況で行ったのならもちろん死んでも何にもならないかも知れません
ゆえに最初述べた如く、特別魔術隊に選ばれた事を栄光に思っている次第です。
飛竜に乗れば一魔法具に過ぎないのですけど、一端飛竜を降りればやはり人間ですから
そこには感情もあり熱情も動きます。
愛する恋人にしなれた時、自分も一緒に精神的には死んでおりました。
天国に待ちある人、天国に置いて彼女に会えると思うと
死は天国に行く途上でしかありませんから、なんともありません。

明日は出撃です。

843 :名無し三等兵:04/01/29 17:51 ID:???
>>840の欠点の一つ、使える魔法のバリエーションが少ないという点に関する解答の一つが、
「大きな厚紙に魔方陣を印刷して中央に穴をあけ、砲台設置のときは首にすっぽりとはめる」
という方法が考案された。折りたたみ可能で運搬にも便利であり、さらに安定した供給が
可能である。不安定になりがちな首の後ろの部分も、棒2本で固定することができる。
しかも、状況に応じて素早く魔法を切り替えられるという、思わぬメリットが生まれた。

この厚紙を現地ではしばしば「レコード板」と表現する。

844 :一国家の特別攻撃隊:04/01/29 17:51 ID:???
過激に渡りもちろん発表すべきことにございませんが、偽らぬ心境は以上述べた通りです。
何も系統立てず思ったままを漠然と述べた事をお許しください。
明日は一人の自由主義者がこの世を去っていきます。
彼の後姿は寂しいですが、心中満足で一杯です。
言いたい事を言いたいだけ言いました無礼をお許しください。
ではこの辺で。

出撃の前夜記す。

マーヤ王国空軍少尉、王立ドワーフ物質魔術学校卒業
ドラン・マジリニコ
セイロン暦634年、8月13日、
敵旗艦『こんごう』および輸送船2隻撃沈後、対空砲火により戦死。享年232歳

845 :名無し三等兵:04/01/29 17:53 ID:???
>>841の最後の行でしくじりました・・・

>真に日本を愛する者をして立たしめたのなら
>日本は現在の如き状態にはあるいは追い込まれなかったと思います。
>世界のどこに置いても肩で風を切って歩くマーヤの民
>それが私の夢でした。



真にマーヤを愛する者をして立たしめたのなら
マーヤは現在の如き状態にはあるいは追い込まれなかったと思います。
世界のどこに置いても肩で風を切って歩くマーヤの民
それが私の夢でした。

に訂正します・・・ヤッチマッタヨ・・・



846 :名無し三等兵:04/01/29 18:02 ID:???
>>839
GJ&恐っ!
司令官、随分と達観してますね。軍人としては最高なんでしょうが…

ところで、上のほうでも言われてたけど、ここって陸自ネタが多いね。
だれか空自&海自のSS投下してくれないかな。
マッハ2で突っ込んでくるドラゴン(風の精霊の力を借用)相手に
ドッグファイト。機影が普通の航空機と全然違うから画像赤外線誘導のAAM-5は
使えなさそう…。退役寸前のAIM-9Lがそこら中から掻き集められる予感。
後T-3はCASとかに使えるかも。T-2はは高速FACとして大活躍。


847 :カレー方面書いてる奴:04/01/29 18:04 ID:???
俺、このFLASH好きなんだよなあ・・・
乙!!
できれば、哲学書のラブレターもやって欲しかった。

848 :名無し三等兵:04/01/29 18:11 ID:???
>>844
。・゚・(ノД`)・゚・。

849 :名無し三等兵:04/01/29 18:14 ID:???
>>846
それ以前にレーダーに映るのか?ドラゴンって。
モスキートみたいに警戒網を余裕でスルーしそう

850 :名無し三等兵:04/01/29 18:14 ID:???
>>822
>嫌展方面で得た情報によると、オークはエルフから派生してできた種族らしい。
> ということで、小ネタ。

最近のファンタジーものの源流であるトールキンの著作では、
「派生」したんじゃなくて、邪悪なるもの「メルコール」に拉致され
「改造」されたエルフ達のなれの果てがオークのはず
エルフはオークを忌まわしい不倶戴天の敵と見てるはずだし、
オークがもっとも好む事はエルフをなぶり殺す事だったような…

もっとも、最近は「ダークエルフ」なんてのがいるからなぁ(w

851 :一国家の特別攻撃隊 :04/01/29 18:16 ID:???
『敗北する敵国家にも物語がある』と言う感じを出そうとして
文章力がために改変で出そうとしたツケが出たようです・・
おさがわせしました。

>>847
場所騒がせついでに、それもやらしてもらいます

852 :一国家の特別攻撃隊:04/01/29 18:16 ID:???
ドラン・マジリニコ少尉の遺品には一冊の哲学書があった。
本には所々に丸が付けてあり、印があった文字を繋げると、次のように読めた


 クレアさん、さようなら

 私は君が好きだった

 しかしそのとき既に君は婚約の人であった

 私は苦しんだ 

 そして君の幸福を考えたとき

 愛の言葉を囁く事を断念した

 しかし私はいつも
 
 君を愛している

853 :カレー方面書いてる奴:04/01/29 18:18 ID:???
共感できるネタを投下してもらったので、元ネタを投下してみた・・・
ttp://www.geocities.co.jp/Hollywood-Studio/1715/index.html
で、所感というFLASHが一国家の特別攻撃隊さんが参照したと思われるネタを使ったもの。
他にもいろいろ戦争モノのFLASHが載ってるから、お暇なら見てみてください。

朝鮮戦争前編、後編もオススメだ!!

一国家の特別攻撃隊さんかってに暴走してごめんなさい。
でも、居ても立ってもいられなかったんだ・・・この『所感』だけは・・・

854 :カレー方面書いてる奴:04/01/29 18:23 ID:???
ちなみに「所感」は自動再生されないようなので、SWFファイルを直接ダウソしてから見る事をお勧めします。
感動してください。一国家の特別攻撃隊さんのネタも非常に共感できる様になると思います。

一国家の特別攻撃隊さん。お手間を掛けました。

855 :名無し三等兵:04/01/29 19:01 ID:???
>>495
ツジハラとマエハラって誰?

856 :名無し三等兵:04/01/29 19:02 ID:???
>>839
あのアホネタがこうなるとは・・・・素晴らしい。
あんたは天才。

857 :800:04/01/29 19:10 ID:???
意見もらえないまま、SS書き殴ったんですが
投下よろしぃでしょうか?
ちょっと自衛隊の皆さんがかわいそうなお話なんですが。
「活躍しねーならパス!」ならば言ってください

858 :物語は唐突に:04/01/29 19:14 ID:???
>>857
ガイドライン違反じゃなきゃいいのでは?


859 :名無し三等兵:04/01/29 19:15 ID:???
       / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
       | アパム!アパム!SS!SS持ってこい!アパーーーム!
       \_____  ________________
                ∨
                      / ̄ ̄ \ タマナシ
      /\     _. /  ̄ ̄\  |_____.|     / ̄\
     /| ̄ ̄|\/_ ヽ |____ |∩(・∀・;||┘  | ̄ ̄| ̄ ̄|
   / ̄ ̄| ̄ ̄| ̄|  (´д`; ||┘ _ユ_II___ | ̄| ̄ ̄| ̄ ̄|
   / ̄ ̄| ̄ ̄| ̄ ̄| ̄|( ” つつ[三≡_[----─゚   ̄| ̄ ̄| ̄ ̄|
  / ̄| ̄ ̄| ̄ ̄| ̄ ̄| ̄| ⌒\⌒\  ||  / ̄ ̄| ̄ ̄| ̄ ̄| ̄ ̄| ̄ ̄|
 / ̄ ̄| ̄ ̄| ̄ ̄| ̄ ̄| ̄] \_)_)..||| | ̄| ̄ ̄| ̄ ̄| ̄ ̄| ̄ ̄| ̄ ̄
              ̄ ̄        /|\

860 :物語は唐突に:04/01/29 19:15 ID:???
同日0846 魔法都市ネリュントス市内

「三佐殿、麻生准尉以下四名、敵陣地制圧に成功しました。確認殺害戦果12名。こちらの損害は皆無であります」

「おおおお!!!!!」

 出迎えに出た一同から怒号が巻き起こる。
 全身を埃と返り血に塗れさせ、五人は敬礼した。
 無事に敵陣地を鎮圧し、そして手を振りながら凱旋してきた彼らは英雄扱いであった。
 もみくしゃにされ、そして肩を叩かれまくった頃には、出てきた当初の狂気を孕んだ表情はなくなっていた。

「よくやった。装備を補充し、少し休んでいろ」

 敬礼し、回れ右をすると、一尉は再び憂鬱な会議へと戻った。

861 :物語は唐突に:04/01/29 19:16 ID:???
「だから!今すぐ全員を下げないと、物量で押しつぶされて終わりますよ!!」

 年配の陸曹が怒鳴る。
 確かこいつは定年間際だったな。
 その顔を見ながら会議と全く関係ないことを思う。
 輸送船の中で、人目を避けて愚痴ってきた姿を思い出す。
 一尉殿、あんまりだとは思いませんか?自分は本当なら定年だったのに。いまさら海外赴任だなんて。
 たしか山田とかいうありふれた苗字だったはずだ。

「山田一曹、落ち着きたまえ」

 こめかみを揉みつつ声をかける。

「助けに行きたいのはこの場にいる全員が同じ気持ちだ。それは君も分かっているだろう?」

「は、はい」

「だから会議を行っているんだ。それもできるだけ建設的な方向でね」

 だから怒鳴るのはよせ。と言外に伝える。
 趣旨は間違いなく伝わったらしく、山田一曹は小さく申し訳ありません、と言った。

862 :物語は唐突に:04/01/29 19:17 ID:???
「さて諸君。そろそろ結論を出したい。どうだろうか?」

 近くにいるニ尉を見る。

「はい、現在のところ最大の問題は負傷者です」

 一同の目が医療テントに向く。
 その中では負傷した隊員たちがうめき声をあげている。
 敵の攻撃は、苛烈さの代わりに狡猾さを持っており、時折思い出したように飛んでくる魔法の被害者は増える一方だ。

「負傷者とそれを搬送するための人員を試算すると、少なめに見積もっても中隊の半分は使ってしまいます。
 しかしながら、人質にここまで接近できる機会は、今後かなり少ないとも予測されます」

「結論は?」

「部隊を人質救出部隊と撤退する部隊とに二分します。
 撤退する部隊は車両のところまで戻り、予備隊を連れて引き返してくる。というのはどうでしょう?」 

863 :物語は唐突に:04/01/29 19:18 ID:???
「問題はその間の戦力不足です」

 需品担当の一曹が続ける。

「撤退をする部隊にも武器は持たせてやらねばなりません。が、度重なる戦闘により、既に弾薬の残量が怪しくなりつつあります」

「そんなに残りがやばいのか?」

「いえ、まだそれほどまでには。しかし、今のペースで戦闘を続けると、撤退時に弾薬が不足する可能性があります」

「ふむ、それは楽しくないな」

「しかし、戻ってくる時に余剰分の弾薬を持ってきてもらえばいいだけの話だろう?」

 別の一曹が口を挟む。

「そうだ、それでいいじゃないか。それよりも早く出発するべきです」

「そうだ!」

「そういうことだな。第一、ここに到着するまで抵抗らしい抵抗なんてなかったんだ。撤退する部隊も急がせれば目的地到着前に合流するかもしれん」

「そうですよ、考えてばかりではいつまで経っても救出できませんよ!!」

 ふむ、戦意は旺盛、素晴らしい。


864 :名無し三等兵:04/01/29 19:18 ID:???
>>844
>敵旗艦『こんごう』および輸送船2隻撃沈後、対空砲火により戦死。享年232歳

ということは、こんごうは弾切れだったのか。運の悪いこと。
まあそれはそれとしてだ。享年232歳とは・・・・・こいつらの平均寿命は何歳なんだ?

>>852を見る限り、人間で言えば青年期か?



865 :物語は唐突に:04/01/29 19:19 ID:???
「・・・というわけでして、戻ってきた部隊に増援と物資の補充を願いたくあります」

 恐らくは許可されるであろうと思いつつ、行動計画を話す。
 だが、戻ってきた答えは予測以上だった。

<了解した。陸将閣下の許可も頂いた。安心して作戦に励んでくれ>

 うん、素晴らしい。
 陸将閣下の許可が下りたということは、つまり私達の現在行っている行動は法的根拠を得ている正規の作戦行動ということだ。
 一見、最前線で身を張る私達には関係ないように見えるが、これは大きい。
 自分達の行動が、誰にも支持されずに独断専行に近い形なのか、それとも上官の、上層部の、自衛隊の、つまり政府の支持を得た行動であるという形なのか?
 それが分かるだけでも彼らの士気はずいぶん違う。

「了解しました。これより任務を続行します。終ワリ」

 無線を切り、銃を取る。

「小休止の後、移動を開始する!!」


866 :should be(800):04/01/29 19:30 ID:???
 逃げた。ひたすら走った。
何も見えない暗闇を、無我夢中で走った。
何処へ逃げるのか?何処から逃げるのか?
何も解らなかった。

 暗い、灰色の空が見えた。
冷たくて生暖かい雨を気にする風でもなく、とにかく走った。
体が重い。疲れと体中の傷のせいだろうか?
それとも背負っているバッグと小銃が原因だろうか?
それすらも解らないまま、走り続けた。

 …疲れた。もう足が動かない。
気が付くと、茶色い壁に寄りかかり、うずくまっていた。
ザー、ザーと止むことの無い雨が体温を奪ってゆく。
体が震える、歯がガチガチとなる。何も考えられなかった。

 顔を隠す腕は、緑と茶色がまだら模様を描いている。
見覚えの無い服だ。脇に置かれたバックも、覚えの無い形をしている。

 ザー、ザー、ザー。
雨は止まない。

 …俺って、誰だっけ…。
思考が白いまま、目をつむった。

867 :should be(800):04/01/29 19:31 ID:???
 ───目の前に広がるは、赤。
一面の赤に、人形が倒れていた。
人形は、頭に穴が開いていたり、胴体で分かれていたり、部分が損失していたりと、
ひどく不恰好だった。出来の悪い、人形だ。

 俺の体は、赤が飛び散っている。
人形から跳ね返った赤だった。それはとても温かい。
その鼻をつく匂い、気持ちが悪い。

 …向こうから、また人形がやってくる。
そんなにバラバラに壊されたいのか?
銃を向け、引き金を引き、30体目の人形をバラバラにした───

868 :カレー方面書いてる奴:04/01/29 19:33 ID:???
投稿したいのだが・・・オケー?

869 :should be(800):04/01/29 19:33 ID:???
 …で…か?

 …あ…?何だ…?

 …丈…ですか?

 よく…聞こえねぇよ…寝かしてくれよ…明日は早朝訓練だっつーのに…?
あれ…ソウチョウクンレン、って何だっけ…?

 …大丈夫、ですか?
「…ん?」

 まだぼやける目に、顔が映った。…女だ。俺の顔を覗いている。
その顔は美しい。アジアや欧米の顔立ちでもない。
まるで、触れば壊れそうな、ガラスの彫刻のような雰囲気をまとい、
幻想的なイメージを呼び起こす白いフードをかぶっている。

 「アンタは…って、いたたたたたたた!!」
起きようとした身体に物凄い痛みを感じて、思わず顔を歪めた。
「あぁ…まだゆっくりしていてください。貴方、体傷だらけなんですよ」
「傷だらけ…? そういえば…」
周りを見渡す。それは見覚えの無い光景だった。
質素な木造の部屋に、あまり飾り気の無い装飾。小さな窓から外を見れば、もう暗い。
俺は上半身に包帯を巻かれ、ベッドに横になっていた。
「ここは…」
「私の家です。道で倒れていた貴方を連れてきました。意識が戻りかけていたので、呼んだのですが…」
すっと、フードを下ろす女。そこには…
「み みみ耳…耳ー?! ってあいたたたたたたた!!」
「ああ! 大人しくしてって言ったのにー…」

 彼女は耳が長かった。

870 :should be(800):04/01/29 19:34 ID:???
 「え、ええ、エルフだぁ…?」
「エルフですよ?」
いや待て落ち着け。夢だ。夢に決まってる。
いきなり知らない街で、いきなり知らない部屋で、
果てはいきなり耳の長い女ときたもんだ。
夢以外に何が考えられる?
ああ、俺だって人並みにゲームはやったさ。RPGが好きだったな。ロケットではない。
そうだ、ゲームの夢でも見てるんだな。そういえばソードオブファンタジアの最新作が出たっけ。
確かストーリー出だしは、見知らぬ街で主人公が女の子に拾われて、こう言われるんだ。

 「もしかして、勇者さま?」
くすくす、と笑うエルフ。…存在感がありすぎる。
「…違います」

 この夢とはほど遠いやり取りで、俺は現実逃避をあきらめた。

871 :物語は唐突に:04/01/29 19:34 ID:???
本日分ノ投下ハ以上。
同志should beノ勇戦ヲ期待スル。終ワリ

872 :should be(800):04/01/29 19:34 ID:???
とりあえずココまで…また後で投下します

>>868
ドゾー('A`)ノシオマタセ

873 :カレー方面書いてる奴 ダークっぽいの:04/01/29 19:36 ID:???
シリアスラーメン

緊急の事態と言う事で、総理官邸集まった自衛隊幹部と総理。
「共和国残党とそれに協力してたと見られる旧K産党ゲリラが大陸北部の旧炭坑に立てこもりました。
 至急、隊を派遣し撃滅する事をお許し願いたい」
「共和国残党?俺達を呼んだ奴等か・・・まだ生き残っていたとはどう言う事だ?」
「・・・旧K産党らが各地で匿っていたと見られ、帝国の総攻撃に合わせた脱出で包囲網を突破された模様です。
 現在、K産党アジトの場所を洗い出してます。が、おそらく最後の残党でしょう」
「ふん。・・・しかし、皮肉なものだな。共和国最後の地が炭坑か・・・」
「10年前の大陸動乱ですか・・・切っ掛けは・・・」
「・・・炭坑の資源欲しさに現地のドワーフともめ事を起こし、共和国が軍を出して接収したのが動乱の始まりだ・・・
 まったく、今も昔も迷惑振りは変わらんと見える・・・」
「・・・・・・」
「だが、まあ、今回は我国の主力派遣はいらんだろう・・・」
「な!、どう言う事ですか?」
「・・・ドワーフを使え。奴等にやらせる。我々は残党共が穴蔵から出てこられない様、徹底的に包囲しろ。
 詳細は大陸の北部師団にまかせる。穴蔵の事は我々より奴等の方が詳しい。昔年の恨みも晴らしたいだろう。いい機会だ」
「・・・なるほど。流石は総理。達見です」
「ふふふ・・・、我々は奴等のリングを作ればいいだけ。後は観客として、ドワーフの復讐劇を観戦するとしよう・・・」

「幕僚長。よろしいのですか?」
「なにがだ・・・」
「ドワーフ族とは同盟中です。我々も協力して作戦行動をすべきでは・・・」
「・・・ドワーフに取って、奴等は昔年の怨敵だ。邪魔をしたら、逆に恨みを買いかねん。
 それに総理の支持は適格だ。我々の被害は極小に抑えられる。合理的だ」
「・・・・・・」
(分ってはいる。だが、なぜ・・・こんなに苛つくんだ・・・)

「私が軍人になり切れていないと言う事か・・・」
「・・・・・・幕僚長」
「・・・今言った事は・・・」
「分かりました。黙っておきます・・・」

874 :should be(800):04/01/29 19:43 ID:???
>>871
ガンバル( つ'∀')つ

875 :名無し三等兵:04/01/29 19:47 ID:???
物語は唐突に氏、
GJ

876 :名無し三等兵:04/01/29 19:48 ID:???
>>873
面白いけど、どの辺がラーメン?

877 :名無し三等兵:04/01/29 19:53 ID:???
佐藤と中村は絶対に出してほしくない。
想像してもF世界の人々に対してのイメージダウンにしかならない。

878 :カレー方面書いてる奴:04/01/29 19:56 ID:???
>>843の生首砲台レコード盤ねたをみて思い付いた。

こちら、自衛隊前線本部。帝国の進軍の報を聞き、準備に追われている真っ最中。
そこにエルフ達がやって来た。
「一佐。我等、盟約により今回の戦闘に協力する為に参上した魔法攻撃隊です。御指示をお願いしたい」
「おお、ありがた・・・なんですか、そのでっかい首輪は・・・」
「これは日本の工芸品と我等の英知が生み出した、名付けて簡易法術陣。『レコード盤』です。」
「はあ、そうですか。・・・(なんか、もっと聞いて欲しそうだな・・・)それでそれはどう使うんですか?」
「よくぞ聞いてくれました!!これは前回の迎撃戦でおこなった『塹壕生首砲撃』において出て来た欠点を克服すべく、改良に改良された補助装備なのです。真ん中で折る事も可能なので、持ち運びも簡単です!!棒を付ければ待機中も楽です!!」
「・・・はあ・・・で、なんで今付けてらっしゃるんですか?配置に着いてからでもいいんじゃ・・・」
「なんでって、かっこいいじゃないですか!!この角度なんて痺れるでしょう!!ホラ!!ホラ!!」

「・・・どうでもいいが、うっとおしい事は確かだな。あの兵器・・・」

879 :名無し三等兵:04/01/29 19:57 ID:???
>>839
もうヤメレ、いい加減嫌になってきた。

880 :カレー方面書いてる奴:04/01/29 19:58 ID:???
>>876
シリアスカレーがエルフネタなので、ドワーフはラーメンと言う事にしてみた・・・
分かりずらくてすまんです。

881 :名無し三等兵:04/01/29 20:00 ID:???
>>873
正直に言わせていただきます。
あなたのお書きになった作品を読んでも気分が悪くなるだけなのだが…('A`)

882 :名無し三等兵:04/01/29 20:02 ID:???
>>3 暫定ガイドライン
> 10.作品が気に食わないなら透明あぼーん汁

883 :カレー方面書いてる奴:04/01/29 20:02 ID:???
>>879
御指摘どうもです。
私もぼちぼちくどいかなと思っておりました・・・
これからは、シリアスネタとワライネタを状況を見ながら投稿しようと思います。
悪意があった訳ではないので、御容赦ください。以上。

884 :名無し三等兵:04/01/29 20:03 ID:???
>>883
気にすんな。俺はこういう雰囲気も好きだから続けて欲しい。

885 :名無し三等兵:04/01/29 20:07 ID:???
>>883
んっとね。
多分、飽きがきなんじゃないかなぁ、話の流れに。
基本的に
A話の種
B運用
C問題点
Dそれでも遂行する士官
E自嘲
の流れ。
一度適度にくずしたモノ書くのもいいかもよ。

886 :名無し三等兵:04/01/29 20:14 ID:???
>>883
「物語は唐突に」はまだいい。
悲惨な戦闘は続くが最終的には多大な犠牲を払いながらも暗黒神の召喚を阻止できる。
しかしこっちの話ではまったく救いが無い。
昔の欧州や米国の植民地に対するひどい扱いと変わらない。

887 :カレー方面書いてる奴:04/01/29 20:16 ID:???
>>885
御指摘有り難うございます。
まあ、うすうす自分でも感じていた事だったんですが・・・
ある程度パターンかした方が、浮かんだネタを文にし易かったんで・・・
これからなにかネタがあったら、自分なりに違うパターンを挑戦してみようと思います。
もちろん、名無しで・・・
いちいち返答するのも、他の住人さんに御迷惑だと思いますので、この辺で自粛します・・・

888 :名無し三等兵:04/01/29 20:21 ID:???
>>866-872(868、871は除く)
新しいタイプの話だ、この調子で続けてほしい。

889 :名無し三等兵:04/01/29 20:21 ID:???
>>886
自衛隊員の犠牲は減少するではないの。
予備役の少ない自衛隊だけに、人材は何よりも貴重。
それを無視して救いがないとはいかがなものか。

展開がマンネリなのは同意だが。


890 :名無し三等兵:04/01/29 20:23 ID:???
犠牲になる対象が変わっただけなのでは、

891 :名無し志願兵:04/01/29 20:26 ID:???
敵が死ぬか、味方が死ぬか、その違いデスねえ・・

892 :名無し三等兵:04/01/29 20:27 ID:???
日本は絶対に純潔であって、その行動は常に正義によって正当化されていなければならない。
それでもって、最後はハッピーエンド、みんな幸せ、終わりよければ全てよし、でなければならない。
合理的かどうか、科学的に正しいかどうかは二の次。

ということでないの?>>886は。

893 :名無し三等兵:04/01/29 20:29 ID:???

同盟というのは結局のところ、如何に相手を利用して最大の効果を上げるかが重要。
結局のところ、国民が犠牲を減らすためには仕方がない。



894 :should be(800):04/01/29 20:30 ID:???
>>888
アリガト(・∀・)
実はもう大半は出来てるのね モウスグ 1000行・・・('A`)半日しか書いてないっつの。

ちょこちょこいじくりながら投下します。

895 :名無し三等兵:04/01/29 20:32 ID:???
>>892
そういう話はあんまり好きではない。
何と言うか、絶対正義というのが胡散臭い。


896 :名無し三等兵:04/01/29 20:33 ID:???
>>886>>892も一理あることは確かだが、どちらも本当の意味で正しいとは思えない。

897 :895:04/01/29 20:36 ID:???
あくまで自分の好みではあるが、
正義だの悪だのというのはプロパガンダ用の建前で、
実際の理由としては、”生存のため”というのが1番いいと思う。



898 :名無し三等兵:04/01/29 20:43 ID:???
>>866>>867>>869>>870>>872
読ませてもらいました。
始まりが第六章に出てきたリレー小説にどことなく似ている。
このスレの新しい風としてがんばってほしい。
あとできればフードの下がビキニ鎧なのを見て狼狽する主人公。
それを見たエルフの彼女は、
これがこの世界においての女性の冒険者の旅をするときの基本的な姿だと説明する。
なんという適度なお色気も期待している。

899 :名無し三等兵:04/01/29 20:44 ID:???
でもね、日本がF世界植民地化する理由って何?
食料? かつかつだけど自給可能なレベル。
市場? 小さすぎて話にならん。

日本が欲しいのは資源だけ、
そしてその採掘は日本人自身の手でやった方が遥かに早くて確実。

F世界の住人を搾取する理由が思いつかん、どう考えてもアシが出る。

900 :名無し三等兵:04/01/29 20:45 ID:???
今までの速さだとそろそろ次スレのテンプレ検討を行うべきでは?

901 :名無し三等兵:04/01/29 20:47 ID:???
暫定ガイドライン(現在)

1.「自衛隊がファンタジー世界に」とあるように、あくまで「現代日本」が主に関わる話であること。
2.現代日本というからには、自衛隊の組織・装備はあくまで現用もしくは近未来的に配備が予想されるものに限る。
3.核兵器などの日本が配備するにはナンセンスなものは極力避ける。
4.あくまで「ファンタジー世界」の話であり、F世界側の設定は作者が勝手に決めることが出来る。
  ただし、「超兵器・超魔法まんせー」な話にならぬよう気をつける。また、無敵キャラは作らないことが望ましい。
5.ファンタジー側の人間もきちんと描写する方が好ましい。自衛官主観という演出などであえて描写しないのはこの限りで無い。
6、戦術、戦略としてありえないものを避ける。たとえば人間の徒歩部隊が一日に100kmすすむとか
7.安易に萌えを狙うのは自粛すること。
8.嵐は徹底放置。嵐認定を受けた後に、かまった者も同罪とする。
9.SS作者は、抽出がしやすいようにトリップ装着を推奨。
10.感想書き込む人も節度や口調を考えるべし。作品が気に食わないなら透明あぼーん汁



とりあえず、改定案を出していこうか。

902 :名無し三等兵:04/01/29 20:50 ID:???
>>888
キターって感じ〜
たて続けに暗い話だったから期待させてもらおう。
ついでに彼女の装備はビキニアーマーをキボーン。( ゚∀゚)

903 :名無し三等兵:04/01/29 20:50 ID:???
>>901
このままでいいのでは?
特に問題はないとおもうが。

904 :should be(800):04/01/29 20:50 ID:???
>>898
すません ビキニ鎧ないです              エーΣ(゚д゚;) ナイノ?!
たぶん、冒険もしないです.                エーΣ(゚д゚;) ジャアナニスルノ?!

テンプレが固まったら、投下しまう。

905 :名無し三等兵:04/01/29 20:52 ID:???
じゃあなにすんの?(゚д゚;)

906 :反萌主義者:04/01/29 20:53 ID:???
7.萌え・色気はあくまで表現手段であり、目的ではない。
  安易に狙ったり、しつこく要求するのは本来板違いであり、自粛すべき。

改定キボンヌ

907 :名無し三等兵:04/01/29 20:55 ID:???
別に改定しなくていいんでない?
下手すると前のようにスレ自体閉鎖寸前のような状態になる恐れもあるし。

908 :名無し三等兵:04/01/29 20:56 ID:???
>>906
指示します。

909 :903:04/01/29 20:57 ID:???
>>906は必要。改定に賛成。

910 :名無し三等兵:04/01/29 20:57 ID:???
7.萌え・色気はあくまで表現手段であり、目的ではない。
  安易に狙ったり、しつこく要求するのは本来板違いであり、自粛すべき。

は長い! 

7.萌え・色気はあくまで表現手段であり、目的ではない。萌えだけなら専門板へGO!

で十分だ!!  なんて。

911 :名無し三等兵:04/01/29 20:58 ID:???
そういえば前にこういうことでSS職人がどんどんいなくなってしまったことがあったな・・・・・・・・・・・・・・・。

912 :名無し志願兵:04/01/29 20:58 ID:???
>>899
失礼デスが、突然そんな話をされても何を言いたいのか良くわからないデス。

また、仮にその資源の採掘を日本人が行なうとしても、
資源地帯が完全な日本の影響下に無い場合、攻撃される恐れがあるデス。
それを対抗手段は
1、護衛部隊を置く
2、地域の有効な勢力に何らかの手段で助けてもらう。
3、何もしない

3は問題外デス。何しに行ったのか聞きたくなるデス。
1は有効な手段デス。ですが問題は、資源地帯を完全に防御できるほどの部隊を資源事にばら撒いてたら、
人材、戦力が足りなくなって国防すら不可能になるという問題があるデス。
しかし2の場合なら、資源地帯の安全の確保や、資源地帯からの連絡線の防御を任せられる、
もしくは連絡船の防御に必要な戦力を制限できるのデス。もちろんリスクもありますが、
しかし資源を手に入れる旨みがあるのならその程度は黙認できるリスクデス。

よって方法は2か、2と1の複合になるデス。

2を実行する為には同盟、もしくは植民地化が必要になるのデス。
だから、この件について、大陸派、海洋派が争っていたのデス。

913 :名無し三等兵:04/01/29 20:59 ID:???
>>906>>908
萌えというよりビキニでしょ。
いままでスルーしてたけど、そろそろ本気で鬱陶しくなってきた。

914 :名無し三等兵:04/01/29 20:59 ID:???
>>911
今でも十分いるジャン。
なにさっきから自演してんの?
分からないとでも思ってたの?

915 :名無し三等兵:04/01/29 20:59 ID:???
ちょっとスレとは違うんだけど、10人程度の人間が異世界に召喚されるとすると、どういうグループの人たちが活躍できるかな
(言葉は召喚時に通訳魔法が付くので、コミュニケーション可能)
漏れは、理系の大学生で武道・格闘技系の部活をしてる香具師なんて妄想するけど
特に応用化学や有機化学をやってる奴なんて、F世界で火薬を作ったり肥料を作ったりする知識があるし

916 :名無し三等兵:04/01/29 21:00 ID:???
544と550の続き書いてよかですか?

917 :名無し三等兵:04/01/29 21:00 ID:???
>>899
>食料? かつかつだけど自給可能なレベル。
いつまでもかつかつの状況にしておいて、国民が納得しますか?
それに、備蓄すらできない状況は危険すぎるかと。

>そしてその採掘は日本人自身の手でやった方が遥かに早くて確実。
現地のことは現地人が1番よく知ってます。
それに仕事を与えておけば懐柔もしやすいでしょう。
さらに効率に関して言えば、人手なんぞいくらでもかき集めて来ればよい。
こちらがかかわるのはお膳立てと運営だけでよい。
待遇に関しても、F世界のそれよりよければそれでいい。


>F世界の住人を搾取する理由が思いつかん、どう考えてもアシが出る。

搾取なんかしていないでしょう。
こちらにとって価値のないもので、向こうにとって価値のあるものを
代金として渡してるだけで。




918 :反萌主義者(自称穏健派):04/01/29 21:01 ID:???
10.感想書き込む人も節度や口調を考えるべし。感情的な批判、根拠のない叩きは好ましくない。
   また、作品の内容に過度に干渉しようとすべきではない。作品が気に食わないなら透明あぼーん汁!

ちょっと長いかな?


919 :名無し三等兵:04/01/29 21:01 ID:???
召喚されたのは主人公一人だけの状態、30人ほど殺したとして残りの武器の残弾数は?

920 :名無し三等兵:04/01/29 21:01 ID:???
>>915
おもしろそう。10人の中に自衛官が一人いればすれ違いでもない?
次スレの討論ネタにいいかも知れん。

921 :名無し三等兵:04/01/29 21:08 ID:???
>>915
いっそ通訳魔法もなしにしてみるテスト。
フィールド言語学者や人類学者が活躍したり。

922 :名無し志願兵:04/01/29 21:10 ID:???
よくよく考えればこのスレも4日でほぼ消費してしまったデス・・・

大繁盛スレになったデスねえ・・・・

923 :名無し三等兵:04/01/29 21:10 ID:???
民俗学者をお忘れでは?

924 :名無し志願兵:04/01/29 21:12 ID:???
宗教学者も要る可能性。後、農業学者、建築学者、物理学者などなど・・・

ふと気付けば自衛官がいないデス 

925 :名無し三等兵:04/01/29 21:12 ID:???
過去スレ
1 http://hobby.2ch.net/army/kako/1037/10371/1037116790.html
2 http://hobby.2ch.net/army/kako/1038/10388/1038809488.html
3 http://hobby.2ch.net/test/read.cgi/army/1041774797/
4 http://hobby.2ch.net/test/read.cgi/army/1045319445/
5 http://hobby.2ch.net/test/read.cgi/army/1052104929/
6 http://hobby3.2ch.net/test/read.cgi/army/1053596453/
7 http://hobby3.2ch.net/test/read.cgi/army/1061460453/
8 http://hobby3.2ch.net/test/read.cgi/army/1071232198/
9 http://hobby3.2ch.net/test/read.cgi/army/1073833118/
10 http://hobby3.2ch.net/test/read.cgi/army/1074781379/
11 http://hobby3.2ch.net/test/read.cgi/army/1075041908/

保存庫
ttp://shizuoka.cool.ne.jp/fantasure/
ttp://fwsdf.hp.infoseek.co.jp/

(ここまで)
テンプレの>>3。たぶんこれで異議は無いでしょう(笑)

ところで、参考になりそうな資料のURLを集めて>>4-10あたりに張るというのはどうか。

926 :名無し三等兵:04/01/29 21:18 ID:???
■今までこのスレで討議された議題

・ファンタジー世界の市場規模についての考察
・食料輸入を経たれた日本は自活できるか
・メイドさんの制服は黒と青のどちらが望ましいか
・麻薬による世界支配は許されるか
・江戸時代とファンタジー世界の類似性について
・中世城郭入門
・エルフの着衣はどこまで許されるか
・大陸国家VS海洋国家戦略、その長短について
・マッチとメラ、着火手段としてどちらが優れているか
・カレーとラーメン、究極の料理はどちらか
・生首砲台の効果的運用法

927 :名無し三等兵:04/01/29 21:18 ID:???
>参考資料
☆これをみれば、軍事知識がないアナタも立派な軍事マニア?!☆


自衛隊公式HP
http://www.jda.go.jp/

戦略、戦術について
ttp://www.d1.dion.ne.jp/~r_dom/lans_index.htm
ttp://bezkrilo.hp.infoseek.co.jp/beskrylyi/mil.htm

F世界における、下着の文化
ttp://bbs.enjoykorea.naver.co.jp/jaction/read.php?id=enjoyjapan_6&nid=44681&work=list&st=&sw=&cp=2
ttp://www.yoshincha.com/news/20031022.html

928 :名無し三等兵:04/01/29 21:18 ID:???
>>925
結局改正無し?
まあ、してもしなくても変わらないかな。
個人的にはした方がいいと思うが。

929 :名無し三等兵:04/01/29 21:20 ID:???
暫定ガイドライン

1.「自衛隊がファンタジー世界に」とあるように、あくまで「現代日本」が主に関わる話であること。
2.現代日本というからには、自衛隊の組織・装備はあくまで現用もしくは近未来的に配備が予想されるものに限る。
3.核兵器などの日本が配備するにはナンセンスなものは極力避ける。
4.あくまで「ファンタジー世界」の話であり、F世界側の設定は作者が勝手に決めることが出来る。
  ただし、「超兵器・超魔法まんせー」な話にならぬよう気をつける。また、無敵キャラは作らないことが望ましい。
5.ファンタジー側の人間もきちんと描写する方が好ましい。自衛官主観という演出などであえて描写しないのはこの限りで無い。
6、戦術、戦略としてありえないものを避ける。たとえば人間の徒歩部隊が一日に100kmすすむとか
7.萌え・色気はあくまで表現手段であり、目的ではない。
  安易に狙ったり、しつこく要求するのは本来板違いであり、自粛すべき。
8.嵐は徹底放置。嵐認定を受けた後に、かまった者も同罪とする。
9.SS作者は、抽出がしやすいようにトリップ装着を推奨。
10.感想書き込む人も節度や口調を考えるべし。作品が気に食わないなら透明あぼーん汁

(ここまで)
テンプレの>>2
>>906を組み込んでみた。

930 :名無し三等兵:04/01/29 21:28 ID:???
>>917
>いつまでもかつかつの状況にしておいて、国民が納得しますか?
>それに、備蓄すらできない状況は危険すぎるかと。
自分で書いといて言うのもなんなんだけど私もそう思う、海外に食糧基地が欲しい所。
セイロンに台湾購入を持ちかけたら乗ると思う、アラスカをアメリカに売ったロシアのように。
領土がナショナリズムの対象にならない前近代であれば購入可能でしょ。拒否されたら?
無論「征夷」ある、いや違った「誠意」を込めた外交をやれば「快く」売ってくれるでしょう。

>>そしてその採掘は日本人自身の手でやった方が遥かに早くて確実。
>現地のことは現地人が1番よく知ってます。
>それに仕事を与えておけば懐柔もしやすいでしょう。
>さらに効率に関して言えば、人手なんぞいくらでもかき集めて来ればよい。
>こちらがかかわるのはお膳立てと運営だけでよい。
>待遇に関しても、F世界のそれよりよければそれでいい。
資本主義の洗礼を受けてない人間なんて役立たずの代名詞、教育に掛かる金と時間と手間暇は半端じゃない。


>搾取なんかしていないでしょう。
>こちらにとって価値のないもので、向こうにとって価値のあるものを
>代金として渡してるだけで。

>>912
>失礼デスが、突然そんな話をされても何を言いたいのか良くわからないデス。

>>F世界の住人を搾取する理由が思いつかん、どう考えてもアシが出る。
この一文は、
「カレー方面書いてる奴」氏のSSと>>886>>892>>893>>895>>897の流れを受けたものです。
912さん、論旨は概ね同意。日本の戦略と安全保障の結果としての搾取と植民地化はありでしょう。
しかし「それ」を目的にするにはコスト的に引き合わない。



931 :名無し三等兵:04/01/29 21:31 ID:???
前回どうりでいいのではないのでしょうか?
基本的な部分は変わらないし改定するのは不要ではないかと。

932 :名無し三等兵:04/01/29 21:32 ID:???
第12章はまだか!?

933 :名無し三等兵:04/01/29 21:32 ID:???
そうだね。
>>2-5あたりにかけて、適当に参考資料はっとけば。
倉庫のヒト、名無し志願兵の文を適当にまとめてくれれば助かるかも?

934 :名無し三等兵:04/01/29 21:32 ID:???
>>931
基本的な所を理解してないやつが多いから具体的にするんだろ?

935 :名無し志願兵:04/01/29 21:34 ID:???
自分の駄文を纏めてみる。

指揮についての駄文>522、>523,>609、>610、>611、>612,>632、>634、>635
部隊に関する駄文>666、>668、>669
プロパガンダの基礎(拾い物>831、
指揮の為の基礎についての駄文>834、>835、>836、>837


936 :名無し三等兵:04/01/29 21:35 ID:???
>>926
追加希望事項
「世界経済から切り離された日本の経済再編」
「F世界諸国との貿易」

937 :名無し三等兵:04/01/29 21:36 ID:???
戦術の世界史 ttp://www31.ocn.ne.jp/~tactic/

ttp://www.ku-rpg.org/ このサイトの「雑文」より
  中世の人口 ttp://www.ku-rpg.org/trpg/population.html

ttp://ww2.enjoy.ne.jp/~tteraoka/ このサイトの「資料」より
  中世ヨーロッパとファンタジー世界の「食」 ttp://ww2.enjoy.ne.jp/~tteraoka/esse.htm

938 :名無し三等兵:04/01/29 21:39 ID:???
>>930
>資本主義の洗礼を受けてない人間なんて役立たずの代名詞、教育に掛かる金と時間と手間暇は半端じゃない。
人権と人件費が安くあがるという点のみを生かせばいいんです。
要は単なる消耗品です。壊れたら取り替えればいいんですよ。

939 :名無し三等兵:04/01/29 21:41 ID:???
>>930
台湾を何に使うおつもりで?

940 :名無し志願兵:04/01/29 21:41 ID:???
>>930氏。
了解しました。
「始めに占領、戦争ありき」が気に入らないと言う訳ですね。

941 :プロジェクトX風異世界交流:04/01/29 21:50 ID:???
>>930
しかしサヨクじゃなくてほんまもんの左翼がこの状況を見て
どう思うんだろう。

まさしくプロ倫の世界が繰り広げられる中、
左翼の有効性はと論争が起るだろうけど
感情的な流れに負けそうになるんだろうなあ。

942 :660:04/01/29 21:53 ID:???
>>830

確かスペイン・セゴビアに現存するローマ時代の水道橋の由来として語り継がれているも
のに、似たような逸話があったと記憶している。

石積みのみで造られ、入植したローマ人の生活を支えたこの水道橋の有効性は5世紀から
6世紀にやって来てトレドを首都として西ゴート王国を築き上げたゲルマン民族も知って
おり、破壊せず整備した為今日尚機能を喪う事無く残存しており、驚くべき事にジモティ
の話では(半ば観光資源と化しているとは言え)今尚水流して灌漑等実用にも供している、らしい(w

ちなみに、同類として有名なポン・デュ・ガール(Pont du Gard)の水道橋なんかはキロ
あたり34cmという傾斜をつけて水を流しているのだが、完成した紀元前1世紀当時は水源
より50km離れた地点に1日2千万リットル近くも供水していたとも言われている。


書き手の設定にも拠ると思うが、漏れはこのような史実ローマ時代の実例から敷衍するに
(異世界の環境に最適化されているだろうという面含め)F世界のインフラも侮れないも
のがあっておかしくないような気もするな。

943 :名無し三等兵:04/01/29 21:53 ID:???
>>938
人権と人件費が安くあがるという点のみを生かせばいいんです。
要は単なる消耗品です。壊れたら取り替えればいいんですよ。
「消耗品」にしたてあげるのにとてつもない金と時間と手間暇がかかるのです。
しかもその「消耗品」の品質の悪さは折り紙つき、安物買いの銭失いになるのが落ち。

>>939
食糧基地

>>940
そうです、戦争も占領も手段であって目的ではありません。
必要とあらば搾取も虐殺も構いませんが、
コスト度外視の蛮行それ自体を目的化するのは愚の骨頂です。

944 :660:04/01/29 21:55 ID:???
>>930

期限切って領地を“租借”するちう手はあるだろうな。

日本をF世界側に召喚した連中や他の勢力のみならず、異世界という環境そのものに至る
までが潜在的に敵対的なものとなり得る以上、搾取と植民地化それ自体を目的とするのが
引き合わないちうのには心底同意。


>>940 名無し志願兵氏

異世界・異種族とのファーストコンタクト言うのは古今の創作で枚挙に暇がない程取り扱
われているように、ひとの想像を掻き立てるものだからねぇ。
ま、漏れ的には此処でもいろいろなものがあって欲しいと思うのは人情ちうモノではないかと思われ。


しかし一日でエラくスレ伸びたな〜、次スレでも職人さんたち今後ヨロ。


945 :943:04/01/29 21:56 ID:???
失敗、送りなおし。
正しくは以下の文。

>>938
>人権と人件費が安くあがるという点のみを生かせばいいんです。
>要は単なる消耗品です。壊れたら取り替えればいいんですよ。
「消耗品」にしたてあげるのにとてつもない金と時間と手間暇がかかるのです。
しかもその「消耗品」の品質の悪さは折り紙つき、安物買いの銭失いになるのが落ち。


946 :544:04/01/29 21:58 ID:???
反応無ぇ…書くなって事ですか…

947 :660:04/01/29 22:00 ID:???
>>946 >>544

や、続きが来るもんだとばっかオモッテスルーしとったわ、スマソ。

948 :名無し三等兵:04/01/29 22:01 ID:???
>>945
東南アジアでは
質が高く、コストの安い労働力が得られると聞いたことがあるが。
いつ頃からそんな状態なのかは知らん。ソースは社会科の先生。

949 :名無し三等兵:04/01/29 22:02 ID:???
>>946
次スレで目玉になる様にがんばってください。
みんな書き込まないだけで、期待してると思いますよ。

950 :名無し三等兵:04/01/29 22:03 ID:???
>>946
お願いします。

951 :名無し三等兵:04/01/29 22:03 ID:???
>>948
その質の高い労働者を育て上げるのにコストがかかるのさ

952 :950:04/01/29 22:03 ID:???
や、次スレ立ててくるわ。

953 :名無し三等兵:04/01/29 22:04 ID:???
>>943氏はカレー氏の話をどう思う?
あれは、目的を日本に戻る事としてた様だが。

954 :名無し三等兵:04/01/29 22:05 ID:???
召喚師 「ねんがんの 異世界からの援軍を てにいれたぞ!」
   
  :そう かんけいないね

   .メ.几
→ :木又してでも もとにもどさせる
   
  :もとにもどしてくれ たのむ!!


召喚師  「な なにをする きさまらー!」

955 :(オタ)公務員日記:04/01/29 22:05 ID:???
では投下。一日一回くらいで続けます。

某月某日(入植1ヶ月と20日目)

昨日自衛隊の中の人が駆除した野良トカゲ、宮田さんの奥さんがさばいて試食会。
エルフ村の人から食えるという話は聞いてたので、食うほうとしてもまあ安心だわな。
感想。
肉質は鳥肉。昔博物館でバイトしたときに食ったトビの肉っぽい。カラスでも可。
思ったより臭みはなかったが、食ってるものの関係か?
奥さんは手をつけてなかったのが何か気になる。顔色悪かったし。
まあなかなか美味かったので、明日は手の空いてる何人かでトカゲ狩りに行くことにする。
帰宅後、支給品のクロスボウとショットガン点検。
クロスボウの矢が不足してたので、竹削って造ることにする。
10本作ったところで就寝。

956 :名無し三等兵:04/01/29 22:10 ID:???
↑何?

957 :久し振りだな軍板の恥部達よ!:04/01/29 22:15 ID:???
 中曽根、通訳せい! その様な着衣では毒虫、毒蛇、毒草等の傷に対応出来んとな!
ん? 何だその渋い顔は? 民族衣装? うつけが! 貴様等戦闘がどんな物か知って
言うのか! 何? 魔法と弓矢? 矢に毒が塗って有ったろうに! 吸い出したのは誰だ
と思って居る中曽根! 顔を赤らめるな! 他の婦女子の太腿に唇を付ける様な真似を、
小官にさせたいのか! …嫌だろう? 嫌なら、しかとこの長袖の服を着る様に伝えよ。

958 :名無し三等兵:04/01/29 22:15 ID:???
>>943
ところで、消耗品にどの程度の能力を求めておられるのでしょうか?


959 :943:04/01/29 22:16 ID:???
>>948
資本主義の洗礼を受けて無くても、それに向いた民族的な気性というものがあります。
ゲルマン、アングロ・サクソン、ヤマト民族なんてその代表格。
資本主義に必要な「勤勉」「強欲」「好奇心」「公共心」「勇気」「契約」を重んじるのです。
セイロン帝国の連中なら使い物になるでしょう、というより「消耗品」扱いするには勿体無い連中です。

東南アジアの民族はこういう気性が弱いですが、温和で同情心が強く付き合いやすい……らしい。
それも明治以来130年以上かけて築きあげた信頼関係があってのもの。
昨日今日の付き合いで使い物にはなりません。

960 :540=955:04/01/29 22:17 ID:???
や、日本がF世界召喚された世界で民間人は何やってんのかと思って書いてみたんですけどね。
スレに関係無い展開になりそうなんでもうやめます。スレ汚しすんません。


961 :プロジェクトX風異世界交流:04/01/29 22:20 ID:???
>>954
条件反射でこのコピペも書いちまった。

セイロン帝国首府

神「やっと来ましたね、おめでとう!このゲームを勝ち抜いたのは君達が始めてです
自衛官「ゲーム?
神「私が作った、壮大なストーリーのゲームです!
ドワーフ「どういうことだ?
神「私は平和な世界に飽き飽きしていました。そこでいくつも通商国家を創ったのです。
エルフ「何を考えているんだ!
神「通商国家は世界を乱し面白くしてくれました。 
だが、それも束の間のこと、それだけでは退屈して来ました。
ホビット「そこで日本召還‥か?
神「そう!そのとうり!!私はセイロン帝国を打ち倒すヒーローがほしかったのです!
自衛官「なにもかもあんたが書いた筋書きだったわけだ
神「なかなか理解が早い。多くのもの達が、ヒーローになって消えていきました。
死すべき運命を背負った、ちっぽけな人間が、必死に聖地を求める姿は
私さえ感動させるものがありました。私はこの感動を与えてくれた
君達にお礼がしたい!どんな願いでもかなえてあげましょう!
ドワーフ「お前のために、ここまで来たんじゃない!よくも、俺達を、皆を、おもちゃにしてくれたな!
神「それがどうかしましたか?全ては、私が創った、モノなのです。
自衛官「俺達はモノじゃない!
神「神に喧嘩を売るとは‥‥どこまでも楽しい人たちだ! どうしてもやるつもりですね

          これも生き物のサガか‥‥

よろしい、死ぬ前に神の力、とくと目に焼き付けておけ!!



962 :名無し三等兵:04/01/29 22:20 ID:???
>>957
キタ━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━ !!!!!

>>960
確かに、気になるね。
まぁ…情報規制とかかかって、普通の生活送ってそうだ。
空からドラゴンでも来ない限り。

>スレ違い
まぁ、こればっかしは仕方がないやな。

963 :958:04/01/29 22:20 ID:???
>>958では、資源の調達ということで、鉱山を例にとって考えてます。

964 :943:04/01/29 22:21 ID:???
>>953
蛮行それ自体が目的化していたようなのでスルーしてました。

965 :名無し三等兵:04/01/29 22:22 ID:???
>>962
なるほど。じゃあ元の世界に返してくれといえばいいわけだ。
でもガイドラインは大丈夫なんだろうか?
あ、神=作者だから問題はないのか。

966 :名無し三等兵:04/01/29 22:23 ID:???
自衛隊がファンタジー世界に召喚されますた 第12章
http://hobby3.2ch.net/test/read.cgi/army/1075381959/

補完すべきことがあったらよろしく

967 :名無し三等兵:04/01/29 22:24 ID:???
>>955
ワニ肉のから揚げを食ったことがあるが鶏肉みたいな感じだった。

968 :名無し三等兵:04/01/29 22:26 ID:???
ふと思った。
最善の状況
学校教育の一環として召喚術の勉強
終わったら即元の世界に


最悪の状況
自衛隊を召喚した奴が非人型でコミュニケーションが全く取れない




969 :名無し三等兵:04/01/29 22:26 ID:???
 大体趣味に走りすぎだと言うのだ! 自衛官を完璧な存在にする事自体、可笑しいのだ!
中曽根! 貴様も経験したろう? 何をされかけた? 口腔奉仕とか何とか、真昼間から
平気で勤務時間中に喋る様な品性の持主に、何を期待しているのやらな…?
 空自だろうが海自だろうが陸自だろうが、物資が無ければ戦えぬわ! 硝石も確保せずに
弾薬を消費する馬鹿が何処に居る? 無煙火薬の入手すら不可能だと言うのに、平気で撃つ
阿呆がこの世界にゴマンと存在する! 少しは弓を使う小官を見習え! それと何だ?
『女給萌え』? 無知の最たるモノだ! 階級社会が厳正たる社会でなぁ、低層階級たる
小間使いと同等の口を聞いただけでも、品性を疑われるのを知らんのかクズ! インドの
カースト制度を見てから書け! 想像で書くな! 何だ中曽根? 『自分の事を高い棚に
上げるな』? 日本の諺言まで学習するとは偉いぞ中曽根、小官が褒めて遣わす!

970 :名無し三等兵:04/01/29 22:27 ID:???
>>963
なるべく自衛隊員の損害を少なく抑えてトラブルを解決する話だと思ってましたが。
それはそうと、離散家族(単身赴任とか出張とか海外旅行とかで)もいるんだろうなあ、当然。

971 :名無し三等兵:04/01/29 22:27 ID:???
>>965
とりあえず、無理やりにでも自衛隊と絡めちゃえw
あんまりガイドラインに縛られることもないと思うよ。程度は守ることさえ気をつければ。
デモ起こして(元の世界へかえせーー 情報を公開しろーーー)
全国でのデモを警察だけでは対応しきれないため、自衛隊が鎮圧、とか。
その最中空からドラゴンが・・・ ってな具合に適当にストーリーつけて。

>>966
おつかれさまですー

972 :名無し三等兵:04/01/29 22:36 ID:???
>>969
女給→女中
だと思う。
*maid /me!Id/
[名][C]
1 メード, お手伝い, 女中
《★[解説] maid を雇えるのはよほど裕福な家庭であり, 一般の家庭では必要な時 baby-sitter などを頼むのが普通;
通いのお手伝いは help で, 住み込みで家事を手伝いながら英語を学ぶ外国の若い女性は au pair》

:chambermaid, housemaid, lady's maid.
2 《古キ文語》 娘, 少女; 処女

:old maid.
m疂d of hnor
(1) (女王キ王女に仕える未婚の)女官.
(2) 《米》 花嫁付き添い役の未婚婦人.
【MAIDENの短縮形】


じょきゅう 女給

a waitress;
[名][C] (ホテルキレストランの)ウエートレス, (女の)給仕人 (cf. waiter1)

a barmaid.
[名][C] 女のバーテン.

973 :名無し三等兵:04/01/29 22:38 ID:???
 小官の所属する『JSDF』と言う組織は、多分現代日本で一番『上意下達』が行き届いて居る
組織である! だがしかし! それが通用するのは『課業時間』のみである! この情報は、
インサイダーしか知らぬのだよ中曽根! …『海自は?』 スマヌ。小官、フネの中は知らぬ。
大体駐屯地、基地では『国旗掲揚』から『国旗降下』までが『課業時間』とされておるのだ!
 当直任務や警衛任務、その他特別勤務に就いて居る者は別にしてな? 0800〜1730までが、
『自衛官』であり、1730を過ぎ、駐屯地から一歩出れば、下士官とも『俺オマエ』の仲となる!
『だからあの曹長サンに苛められてる?』…その事は堅く、他言無用だぞ? 中曽根?

974 :名無し三等兵:04/01/29 22:41 ID:???
なるほどなあ。為になる。

975 :名無し三等兵:04/01/29 22:44 ID:???
女中も仕事でメイドやってるんだし、それを夜のお勤めまで強要したら一発で辞められる罠。

976 :名無し三等兵:04/01/29 22:45 ID:???
でも奴隷だしなあ。やめられないでしょ?ものだし。

977 :名無し三等兵:04/01/29 22:47 ID:???
>>972殿よ! 突っ込み、かたじけない! 実は『女中』は放禁用語なのだよ!
小官、敢えて理解し易い様に『女給』を使用させて頂いた! 若輩であるのに
感心である! 日本もまだまだ捨てたモノでは無いぞ! 中曽根!
 しかし小官のみだろうか? 奉仕してもらう事よりもだ、全体に己自身が奉仕
する喜びを何故感じない? 受身に為ってはイカン! ケネディ大統領の言葉を
思い出せ! 何? 知らん? 誰だそれは? ああ中曽根よ…。これが若さか…。 

978 :名無し三等兵:04/01/29 22:47 ID:???
逃げたら逃げたでロクな人生が待ってないと思われ?

979 :名無し三等兵:04/01/29 22:48 ID:???
>>977
いや、若さとかそういう問題じゃないと・・・w

980 :名無し三等兵:04/01/29 22:49 ID:???
乞食よりヒデエ生活だろうなあ。よっぽどの特技もってない限り。

981 :名無し三等兵:04/01/29 22:49 ID:???
奴隷は奴隷、メイドはメイドだ。
奴隷をメイドにする物好きなんざ滅多にいないだろ。
時間も費用もかかるから、外部から雇った方が早い。
まあ、自分にあった仕事能力と信用性に拘るのなら、奴隷を教育してメイドにするのもあり。

982 :名無し三等兵:04/01/29 22:51 ID:???
ん?じゃあ、元1だお〜さんの設定はおかしいの?
まあ、作者の裁量でどうとでもできるんだろうが。

983 :名無し三等兵:04/01/29 22:54 ID:???
>982
作者の裁量で良いんじゃない。

984 :名無し三等兵:04/01/29 22:55 ID:???
でも最近うるさいの多いし。ビキニとか、ダークだめとか。

985 :名無し三等兵:04/01/29 22:57 ID:???
>>982
元領主の趣味でカワイコばっかだし、
後は戦闘の訓練も受けてる。
コレばっかしはそうそう替えがきくもんじゃないと思う。
それなりの待遇はしてたんじゃない?
領主の下でしか生活できないような言い草してたし。

986 :名無し三等兵:04/01/29 22:58 ID:???
 ふむ、19世紀英国の女中の識字率は、無きに等しいのだ。某『エマ』の存在は、言わば稀有と
言って良い。学識のある女中の存在は、夢物語の次元の話なのだよ、中曽根?
 『所詮ファンタジー? 』舐めてはイカンよ中曽根。フィクションを語る秘訣はな、
事実を巧く混入する事が重要なのだ。ほぼ、下層階級の人間が就く仕事なのだよ、女中は?
 もしそんな存在を求めるならば『女家庭教師(ガヴァネス)』を代用すると良い。英国上流階級
の男性の子供は、それはもう礼儀作法から学習面、さては閨の…ゴホン。ああ、だから男性に走るとか
SMに走る輩がでるのだが…。鞭で殴られるのは当たり前の世界なのだ! 大体20代後半から30代半ばを
連想してもらうと良いだろう? 何? 涎? …気にするな中曽根。ただの小官の趣味である!

987 :名無し三等兵:04/01/29 23:00 ID:???
為になるな〜。

988 :名無し三等兵:04/01/29 23:00 ID:???
なんでメイドが戦わなきゃいけないんだ・・・

989 :名無し三等兵:04/01/29 23:01 ID:???
領主と作者の趣味ダロ

990 :名無し三等兵:04/01/29 23:09 ID:???
 うむ、『奉仕』と言う意味の拡大解釈とすれば良いのだ、簡単だな?
だが、婦女子が戦うと言うのは不幸な社会であると言えよう。青年男子が
何らかの理由で戦えぬ状況に陥っていると思えば解決する。
 男が足りなければ必然的に女子と言えども立たねばならぬ! 中曽根!
ああ、叱っては居らん。呼んだだけだ。社会の人口の構成比率まで入れて
作品や世界を構築せねば、矛盾が見えて来易いのだ! 注意せよ!
 中曽根のようなエルフ族は集落を構成する個体数が少ない御蔭で、男女
同権が進んでいると言うのが世界認識としては最適である! ここで一つ。
生体として完成しているのが雌性体である事をお忘れ無きように。子孫を
残すため、病気に感染し難いのだ。雄性体は飽くまで奇形である。 

991 :名無し三等兵:04/01/29 23:12 ID:???
>>988
エンターテイメントとしてのフィクションに現実の再現を求めてどうする

992 :名無し三等兵:04/01/29 23:17 ID:???
>>991

>>986を読め


993 :名無し三等兵:04/01/29 23:20 ID:???
> 『所詮ファンタジー? 』舐めてはイカンよ中曽根。フィクションを語る秘訣はな、
>事実を巧く混入する事が重要なのだ

うまく混入だろ?萎える程現実的に書くと、カレー氏の様になる。

994 :名無し三等兵:04/01/29 23:21 ID:???
少なくともビキニエルフよりは重みがあるわけだが。

995 :名無し三等兵:04/01/29 23:22 ID:???
>>991
んなこと言ったら、エンターテイメントの自衛隊に現実の再現を求めているこのスレが異端じゃねえか。

996 :名無し三等兵:04/01/29 23:26 ID:???
 これは禁じ手でもあるが、『完全な女中』の存在を求めるのならば、没落貴族、
若しくは没落富裕階級の子女を当てると良かろう。しかし、留意せねばならぬのは
『下級』ではイカンのだ。『教育』とは飽くまで富裕階級の有り余る『余暇』を、
潰すために行われた『遊戯』であることを頭に置いて置かねばならん!
 つまりだ、金銭的余裕や時間的余裕の無い階級は身に付けられる代物では無いのだ!
その点、中曽根は極めて優秀である! 『学問』は一神教下では『神の意志』を推し量る
手段として存在を許されたのだ! 学ぶ喜びを忘るる無かれ、明日を担う若人達よ!

997 :名無し三等兵:04/01/29 23:31 ID:???
  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄○ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
           O 。
                 , ─ヽ
________    /,/\ヾ\   / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
|__|__|__|_   __((´∀`\ )< というお話だったのサ
|_|__|__|__ /ノへゝ/'''  )ヽ  \_________
||__|        | | \´-`) / 丿/
|_|_| 从.从从  | \__ ̄ ̄⊂|丿/
|__|| 从人人从. | /\__/::::::|||
|_|_|///ヽヾ\  /   ::::::::::::ゝ/||
────────(~〜ヽ::::::::::::|/        = 完 =

998 :名無し三等兵:04/01/29 23:33 ID:???
                   ,.-―っ / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
                人./ノ_ら~ | ・・・と見せかけて!
           从  iヽ_)//  ∠    再  開 !!!!
          .(:():)ノ:://      \____
          、_):::::://(   (ひ
          )::::/∠Λ てノし)'     ,.-―-、   _
______人/ :/´Д`)::   (     _ノ _ノ^ヾ_) < へヽ\
|__|__|__( (/:∴:::(  .n,.-っ⌒    (  ノlll゚∀゚) .(゚Д゚llソ |
|_|__|_人):/:・:::∵ヽ | )r'        ー'/⌒ ̄ て_)~ ̄__ イ
||__|  (::()ノ∴:・/|::| ./:/         /   ̄/__ヽ__/
|_|_| 从.从从:/ |__|::レ:/      ___/ヽ、_/
|__|| 从人人从 ..|__L_/      .( ヽ     ::|
|_|_|///ヽヾ\ .|_|_     /⌒二L_    |
────────       ー'     >ー--'

999 :名無し三等兵:04/01/29 23:33 ID:???
>>995
程度の問題だろ…

1000 :名無し三等兵:04/01/29 23:33 ID:???
        巛ノi
        ノ ノ                  / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
     ノ')/ノ_ら      ∧_∧       | いきなり出てくんな!!
      、)/:./、      ( ´Д`)      | ビックリしたぞゴラァ!!!
     )/:./.:.(,. ノ)    `';~"`'~,.       \   ________
     \\:..Y:.(  ・ ''    :,   ,. -―- 、|/
_____ 从\、,. ,; .,、∴';. ・  ( _ノ~ヾ、ヽ
|__|_ _(_:..)ヽ:∴:@)       ノ(゚Д゚ #) )
|_|__|_人):|:・:::∵ヽノ)    (_(⌒ヽ''" `ー'
||__|  (::()ノ∴:・/|::|( \    \ \) )        _
|_|_| 从.从从:/ |__|::|ノ   \  ミ`;^ヾ,)∃        < へヽ\
|__|| 从人人从 ..| /:/ _,,,... -‐'''"~   /ー`⌒ヽ、  (( (゚Д゚llソ |
|_|_|///ヽヾ\ ./:/ _ \        /     /T;)   /~  ̄__ イ
─────── ノ (,    \/__/__,ノ|__`つ  ヽ__/
             ´⌒ソノ`

1001 :1001:Over 1000 Thread
このスレッドは1000を超えました。
もう書けないので、新しいスレッドを立ててくださいです。。。

406 KB
★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.06 2022/04/29 Walang Kapalit ★
FOX ★