5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

日本は原爆を作れたか?

1 :名無し:04/03/01 00:04 ID:4vc4lEJf
実は日本は原爆を作っていたという本が数年前に出ていました 
また田舎の終戦後に聞いたうわさでは戦中日本は原爆を作ろうとしてたらしく、それに必要なウランをドイツから潜水艦で運んでいたらしくそれが途中で沈んだからできなかっと爺さんがいっていました。
実際どうなんでしょうか

2 :名無し三等兵:04/03/01 00:06 ID:???
そんな予算ない

3 :名無し三等兵:04/03/01 00:06 ID:???
立てるなボケ アーカイブすぐ見れ

4 :名無し三等兵:04/03/01 00:09 ID:???
開発はしてた
だけど全く進んでなかった
制御できなかったから軍事利用以前の問題だったと聞いたことがある

5 :一等自営業 ◆JYO8gZHKO. :04/03/01 00:09 ID:???
2ホスイ・・・ボソッ

6 :名無し:04/03/01 00:11 ID:4vc4lEJf
1>田舎の話は祖父が友人から聞いたうわさだそうです
本は数年前に出ていた  日本が極秘に原爆作っていたという本でそれを搭載するミサイルも作っていたという話で、ちょっと本当かと思うような本でした

7 :名無し三等兵:04/03/01 00:12 ID:???
実はETはナイメーヘン機甲師団と同一人物という話がThe掲示板に出ていました 
またThe掲示板の軍事板で聞いた事実ではリア中ETは荒らしツールを作ろうとしてたらしく、それに必要なソフトをWinnyからタダでパクっていたらしくそれが原因でクラッシュしまくったからできなかっと本人がいっていました。
実際どうなんでしょうか

8 :名無し三等兵:04/03/01 00:12 ID:0vl+q6Q6
>>6
フ号兵器か?

9 :名無し三等兵:04/03/01 00:15 ID:???
風船おじさんは戦略兵器

10 :名無し三等兵:04/03/01 00:17 ID:???
>>1
ああ、爺さんよくその話しってたな。
本当だよ、その話は。もっとも、開発が完了する前に終戦になっちまったけどな。

ちなみ弾頭の秘匿名は「超人機」、ミサイル(正確にはロケットだが)は
「神羅号」と称されていた。

11 :2:04/03/01 00:23 ID:???
すいません。黒騎士以来のファンです。お忙しいようですが、1945年5月ごろに
ソ連と米英がエルベ川越えて激突!というstoryで何か描いていただきたいです。
それが長年の僕の夢です。(スレに関係なくてスマソ)


12 :名無し三等兵:04/03/01 00:24 ID:???
>>11
そんな予定ない

13 :名無し三等兵:04/03/01 00:27 ID:???
>>1よ…
まずお前は日本の原爆開発の前に原爆の原理から調べろ。
どうせ何も知らないんだろ?
全ての情報を2ちゃんに頼るような安易な真似をするな。板のレベルがますます下がる。


14 :名無し三等兵:04/03/01 00:28 ID:???
悲惨な2・・・

15 :名無し三等兵:04/03/01 00:32 ID:???
>>1
まあ強国なら大体どの国も研究していたんじゃないですか?
理論が発表されたのはかなり前で普通に公表してたし。

アメリカと同じだけの資金と優秀な頭脳があれば出来たでしょう。
・・で、それができたかどうかとなると、
資金面をクリアするだけでも難しいですね。

ドイツがそんなにウラン235を持っていたとは初耳ですね。
ウランだけなら日本にも朝鮮にもありましたが。
>>10
核弾頭専用のロケットはもっと初耳ですね。
詳しく聞かせてもらえませんか?


16 :名無し三等兵:04/03/01 00:35 ID:7MQ41PVR
D機関情報って映画、なかったっけ。

17 :名無し:04/03/01 00:37 ID:4vc4lEJf
>15原爆が簡単にできないことはもちろん知っていますが、祖父の話が終戦まもないころというのが気になったので

18 :名無し三等兵:04/03/01 00:38 ID:???
どうしようもない15・・・

19 :名無し三等兵:04/03/01 00:39 ID:???
だからUを運ぶ途中で終戦 Uボートは米軍に投降

一般の歴史だろうが   で 終了

20 :名無し三等兵:04/03/01 00:41 ID:QE3GTX0G
実際に原爆の開発に携わっていた研究者が言っていたけど、終戦時の日本の原爆開発の完成度は1%程度だったらしい。
つまりほとんど完成してなかったってことだ。
アメリカもイギリスも、核物理学では後進の日本が、原子爆弾の開発は無理だと無視していたし
基礎技術ではもっとも進んでいたドイツも、今次大戦では完成は不可能だと、半ばあきらめていた。
マンハッタン計画の成功は、巨額の予算と世界レベルの核物理学者を集めることに成功したアメリカだから出来たことであり。
無理に無理を重ねた末の成功だったと断言できるね。
ましてや後進の日本には完成など無理だったのが正直なとこだろう。
原子爆弾そのものは、大学院生でも出来るくらい簡単なものでも、ウランやプルトニウムを濃縮する技術とそれを安定した状態で保存する技術は大変なものだからね

21 :名無し三等兵:04/03/01 00:41 ID:???
日本の原爆開発を語る上で外せないのは
仁科博士だな。

22 :名無し三等兵:04/03/01 00:43 ID:???
>16

あんな酷い映画覚えている奴居るのか。
高橋英樹が潜水艦の艦長職で出ている以外観る所が無い。

海自が協力していたんだよな、潜水艦内部のシーン

23 :名無し三等兵:04/03/01 00:45 ID:???
完成はしませんでしたが研究されていたというのは事実です。
原爆の存在そのものは戦前でも学のある民間人くらいなら知っていたことで、
(本当にそのようなものができると思っていたかは別。)
マッチ箱の大きさで連合艦隊が吹き飛ぶ爆弾と言ったように知られていました。

日本の原爆の研究は戦前からされていて戦中には軍部も本腰を
入れて開発に乗り出しましたが軍が本格的に動いたためこのこと
が昭和天皇陛下のお耳に入るところとなり、そのような非人道兵器はいかんと
陛下直々に開発停止が指示されました。
しかし当時の日本の原爆の関係者はこの兵器こそが劣勢日本を救う切り札となる
と考え開発は極秘のうちに進行しました。ところが原爆を飛ばすために
開発されていたロケットが爆発事故を起こし、このことから陛下に原爆の開発が密かに
行われていたことが露見し関係者は今度こそ申し訳ないとして開発を中止しました。
しかし、戦況が逼迫しやむおえず開発が再開されることとなりましたが、そのころには
ドイツからウランを潜水艦で運ぶことすら困難となり、結局大戦中の日本の原爆開発は
原爆の完成という形では実を結ぶことができませんでした。

また、日本の原爆開発を主導したのは大蔵財閥で、戦後大蔵財閥はこの理由から
占領当局の財閥解体政策で真っ先に解体させられました。

24 :名無し三等兵:04/03/01 00:49 ID:???
ドイツはたしか原子力発電所を作っていただろ。
完成寸前だったような。

25 :名無し三等兵:04/03/01 00:58 ID:QE3GTX0G
>>23
マッチ箱で連合艦隊をふっとばすどころか、理論的には木苺くらいの大きさで百万都市を吹き飛ばすことも可能だよ。
原子爆弾の破壊力はそれだけのものがある。
映画やテレビを見ていると、あまりにも過小評価し過ぎているとあきれることがあるね。
アメリカ映画で原子爆弾を廃坑で爆発させて、被害を防ぐ何てことをやっていたけど、たかだか廃坑くらいの深さで原爆の爆発力を押さえられるわけがない。
アメリカ映画でも事実検証が不足し過ぎているとあきれたな

26 :名無し三等兵:04/03/01 01:07 ID:???
>>23-24
自演御苦労。

27 :名無し三等兵:04/03/01 01:26 ID:???
>25
マッチ箱(以下略)というのはあくまで当時の例えなので。

28 :名無し三等兵:04/03/01 10:16 ID:???
> マッチ箱(略
マッチ箱サイズの原子核にはそれだけのエネルギーはあるだろうが、
ウラニウムも水素もそんな微量で「爆発的な」連鎖反応を起こすことはない。

29 :名無し三等兵:04/03/01 11:23 ID:QE3GTX0G
>>28
広島型原爆の場合、核分裂を起こしたのは、確か十数%程度でなかったっけ?
長崎型はもう少し多かったが。
どちらにしても、当時の核兵器では、核分裂を効率的に起こすことは無理だろう。
現在の核兵器はどうかはしらないけどね。

30 :名無し三等兵:04/03/01 11:55 ID:???
日本人って戦いとその形式にとらわれすぎてたんじゃ?

元コウがあったときでも名乗りあげてるうちにやられちゃたっていうし。

31 :名無し三等兵:04/03/01 12:26 ID:QE3GTX0G
>>30
朝鮮の場合は、日韓併合前の義兵の乱の際に首謀者の父親が病死したもので、首謀者は喪に服さないといけなくなって
結局、反乱は空中分解したことがあるよ。
それぞれの国の文化ってものがあり、それからなかなか逃れられないのは珍しいことではない。
それにゲンコウでも、最初は名乗りあげでやられてはいたけど、それが通用しないとなれば、夜襲から集団戦法までやりましたよ。
いやゲンコウ以来、名乗りの習慣は無くなった

32 :名無し三等兵:04/03/01 12:27 ID:???
仁科さんが考えていた通りに『原爆』を作っても、原子炉を暴走させたようなもの
しか出来ないと、何年か前の共同通信の記事にあったが、具体的なことがよく
わからなかった。それはともかく、当時の日本に核開発の技術力はなかった、
すなわち、十分な量の濃縮ウランを確保することはできなかったというのが定説。

まあ、仮に1945年当時の日本が広島原爆程度の物を完成させたとして、どう
やって米軍の頭上まで届けるね?使ったとして、戦後よけいひどい目に遭わさ
れそうだし。

帝国は核兵器は作れなかった。作れたとしても使えなかった。使ったとしてもムダ
だった。(満州でソ連軍相手に地雷的に使う手はあるが。)

33 :名無し三等兵:04/03/01 12:33 ID:???
ttp://www.tees.ne.jp/~donbe/little/nigo.htm

二号研究等、開発計画の経緯の概略

34 :名無し三等兵:04/03/01 14:35 ID:QE3GTX0G
原子爆弾ってものは、太平洋戦争の時代には、使用用途は限られた範囲にしかなかった。
せいぜい核地雷のような使用や爆弾にして落とすしか方法はない。
つまり戦術的な用途しかなく、戦略的な使用は制空権を得た上でしかないのだよ
その意味でもアメリカの核は戦争を早く終わらせた何て詭弁そのもの
もともと圧倒的優位な状況でないと、当時としては核兵器は使えるものではない
まあ。逆の立場なら日本も使っただろうし、アメリカを一方的に非難する気にはなれないけどね

そして核が戦略的な兵器となったのは、核がミサイルに搭載可能なまでに小型化してからだ。
大戦時では、恐ろしい兵器には違いないが、決定的なまでのものではなかった

35 :名無し三等兵:04/03/01 14:37 ID:ZjYidHpx
誰か99の岸和田少年愚連隊の挿入歌
の昔の感じの曲名わかる香具師おらんかね〜?!
何か最初ギターだけのやつ♪
ツジャジャッツジャジャッジャって感じのやつよ!!
あー気になるポ〜!!!!!!!!!!!
わかった人はアウトローの「皆の武勇伝を聞かせて欲しいんや!!!」
まで!!よろしく!!

36 :名無し三等兵:04/03/01 15:55 ID:???
つまり、当時の日本では絶対に無理だった。
もし出来たとしても米国本土まで持っていく術が無い。
終了。

37 :名無し三等兵:04/03/01 16:05 ID:lyYP0two
人形峠でウランを確保したという話を聞いたことがある。

38 :名無し:04/03/01 20:29 ID:4vc4lEJf
いや運ぶ手段なら伊ー400型がある 現に終戦前に米軍攻撃に出航しておる もしかしたらこの時に搭載されてるのかも

39 :名無し三等兵:04/03/01 20:54 ID:???
伊ー400なら確かに、リトルボーイ並の4トンの原爆でも積み込むことは
できる、かも知れませんね。

ですけど、あの巨大で音も大きな潜水艦が、米軍に察知されることなく、
米海軍基地や艦隊根拠地、あるいはサンフランシスコなどの民間港湾に
潜入し、浮上して原爆を爆発させる・・・。ちょっと、無理じゃないですか?



40 :名無し:04/03/01 21:09 ID:4vc4lEJf
1>本が見つかりました. 日本・原爆開発の真実(ノン・ブック  五島勉 /祥伝社
中身は専門的でよくわかりません ただ五島勉の書いた本は怪しい本もあるので信頼性は低いかも
>39だから何隻も行かせたのです

41 :北の一般ピープル:04/03/01 21:55 ID:???
射程がうんと短くてもいいから、潜水が浅くてもいいから
「潜ったまま」「ミサイルを発射」するということはできなかったのでしょうか?
(昭和20年の段階で)

42 :名無し:04/03/01 22:07 ID:4vc4lEJf
>41できます伊ー400や飛行機搭載潜水艦の格納庫に積めばいいのです

43 :名無し三等兵:04/03/01 22:09 ID:???
原爆を考えたのは日本人です。

44 :名無し三等兵:04/03/01 22:35 ID:sqklmyDY
戦前の「理科学研究所」が、陸軍の依頼で製造しようとしていたさうでつ。
東京帝大出の、仁科博士。理論では可能とまで漕ぎ付けたようです。
ウラン235を臨界まで濃縮するのに50年以上かかるとの計算結果で、事実上頓挫しますた。
当時の日本頭脳のトップを数十人そろえてこれです。
陰でだれが造ろうとしても、まあムリでせう。
くわしくわ、80年代の国産マンガにて。


45 :名無し三等兵:04/03/01 23:12 ID:???
>>23
あんた変な仮想戦記本の原爆解説を鵜呑みにしてるだろう。
今すぐ記憶から消しなさい、これ以上、人前で恥じをかく前に。

46 :名無し三等兵:04/03/02 02:17 ID:cTVW8oex
>>44
何年か前に陸軍が原子爆弾開発用に用意していたウランが戦後のどさくさで流れていたのを手に入れて、それを研究所に売りつけようとして逮捕された連中がいたよ。
問題のウランは、当然のことながら一般では手に入らないが、現在では市場価格は数百円程度のものだったらしい。
それを数億円で売りつけようとしたのだから、買い手が現れるわけがない。
しかも核兵器開発に関するウランなどは、許可なく保持していた場合は、犯罪になるのだから、当然売りつけようとした連中は逮捕された。
これがつまらない話だが、日本の原爆開発が残した戦後半世紀たって出た。とんだこぼれ話だ。

47 :名無し三等兵:04/03/02 02:48 ID:???
>>40
>1>本が見つかりました. 日本・原爆開発の真実(ノン・ブック  五島勉 /祥伝社
>中身は専門的でよくわかりません ただ五島勉の書いた本は怪しい本もあるので信頼性は低いかも
怪しい本もあるのでなんて軽率に言うものではない。


怪しい本しかないよ。


48 :火葬戦記:04/03/02 09:18 ID:???
潜水艦で米国まで行き工作員がアインシュタインを拉致して作らせる
アイーンは自責の念に耐えられず作った原爆と自爆、東京壊滅→終戦

49 :名無し三等兵:04/03/02 11:46 ID:???
当時、ロスアラモス研究所にいた研究者の何人もが、後にノーベル賞を取るなどの現代物理学の牽引役となった優秀な科学者だった。
欧州戦線の悪化でアメリカに逃れた研究者が多かったってことだろうが。
それだけの研究者たちを一つの研究機関に集中し、一つのプロジェクトに当たらせた何て話は、ちょっと他には聞いたことがない。
莫大な予算と他に例がない優秀な科学者たち、それが得られたから、当時の基礎科学力が随一だったドイツが、今次大戦では間に合わないと半ばあきらめていた原爆製造に成功したのだろう。
後のソ連の原爆製造だって、ソ連の能力を考慮すればまだ時間がかかったはずだが、ロスアラモスに潜入していたスパイによってアメリカの原爆を丸々コピーして作ることを成功した。
つまりこれらの事実が示しているのは、あんなにも早く原爆製造に成功したことは、当時の科学力では驚嘆するべきことであり、日本が原子爆弾の製造に失敗しても仕方がないことだろう。

50 :名無し三等兵:04/03/02 20:36 ID:???
萬発端計画はドイツ側の1000倍の予算を計上していた(というかドイツは
比較的短期間に実現の見込みがない兵器には予算を回さなかった)。これは
当時の日本の国家予算を上回る規模だった。当時の日本でそんなプロジェクト
を立ち上げようとしたら…

51 :ベタ藤原 ◆RoMNjfnp0E :04/03/02 20:51 ID:???
 マンハッタン計画の総額。
 18億8960万4000ドル

 当時の為替レートで計算すると、151億1683万2000円。
 概ね、大和級戦艦100隻分の値段ね。

52 :名無し三等兵:04/03/02 21:25 ID:???
些細なことかも知れないけど、戦争直前の円とドルの為替レートは一ドル=4円程度だったらしい。
明治7年に一ドル=一円と決めたんだが、戦争直前は円安だった。
それと戦争中の為替レートに意味はないから、>>51の数字は誰かの推測だろう。

戦前の為替レート
http://www.imes.boj.or.jp/japanese/kinyu/2002/kk21-2-5.pdf

53 :名無し三等兵:04/03/02 21:29 ID:???
ちなみに戦艦大和の建造費は約一億5千万円で、戦艦ノースカロライナは7700万ドルで
アイオワは一億ドル以上とか。

54 :名無し三等兵:04/03/02 22:14 ID:???
>>52
ホントに些細な事ってか、ピントがずれた意見だな。

55 :名無し三等兵:04/03/02 23:05 ID:jOzWufW6
いわゆるスネル報告
http://www.jiji.com/service/current/010731.html#nagoshi
「1945年(昭和20年)8月12日未明――。朝鮮半島北部東海岸の町・興南から
数10キロ先の海上で突如、すさまじいせん光が上がった。目がくらむほどの
明るさで、水蒸気の雲が凝縮され、次の瞬間上空1000メートルの高さに巨大な
雲が誕生した。興南北部の海岸では日本の科学者や技術者、軍、関連企業の
スタッフ一団が目を凝らして大爆発を観測していた。彼らは死に物狂いの作業で、
ついに日本独自の原爆を開発したのだ。起爆装置を積んだ汽船や周辺の無人の
小舟は燃え上がり、海水が渦巻いた

56 :名無し三等兵:04/03/03 03:44 ID:5+sn8bh8
今の日本が核兵器作るとしたら2週間くらいで出来る?

57 :名無し三等兵:04/03/03 03:56 ID:???
採算度外視なら

58 :名無しさん?:04/03/03 04:05 ID:???
昔、ヤンジャンで理化学研究所の連載やってたな。


59 :名無し三等兵:04/03/03 09:26 ID:???
『栄光なき天才たち』だったけか。
原爆がらみだと、エンリコ・フェルミが主役だった回があったな。
(イタリア人物理学者で、妻がユダヤ人だったため、
 ドイツとの関係を深める母国を嫌い米国へ亡命。
 オッペンハイマーを補佐して、マンハッタン計画に参与)

60 :名無し三等兵:04/03/03 13:03 ID:???
>>56
「核兵器」なら2日で出来る。が、
威力や信頼性、および運用については…

61 :名無し三等兵:04/03/03 14:38 ID:???
>>56
プルサーマルに利用するプルトニウムは、せいぜい純度は10%程度ではなかったか?
具体的な数字はよく覚えてないが、要するに日本が現在保有しているプルトニウムは純度が極めて低い。
それを兵器クラスの純度90%以上に濃縮するのには、それなりの設備とノウハウが必要なようだ。
この部分は核開発をやったことがない日本にはまるでない。
一から作るわけだから、やはり二年程度の時間が必要なようだ。
大陸間弾道弾に乗っけるには、さらにもう数年が必要。

62 :名無し三等兵:04/03/03 22:54 ID:???
>>61
それはアメリカが流してるプロパガンダで
Pu239の同位体比が60%の原子炉級プルトニウムでも
Pu239の同位体比が90%の兵器級に比べて
臨界質量で25%余計に必要になるだけで、長崎型原爆として利用できます。し、

高速増殖炉の実験炉「常陽」のブランケットが毎年3トンとれまして
ここから長崎型なら4個分の兵器級プルトニウムを採取出来ます。
さらに現在ナトリムに漬かっているもんじゅのブランケットから
長崎級に換算して120個の兵器級プルトニウムが採れます。

63 :名無し三等兵:04/03/05 21:56 ID:???
プルトニウムは化学的な方法で分離、濃縮が出来る。
出てくる放射線は、主にアルファー線なので遮蔽も甘くてよい。

64 :名無し三等兵:04/03/26 03:09 ID:BXnjuHvV
http://www.nsjap.com/marco/marco0.html

65 :名無し三等兵:04/03/26 06:22 ID:???
ラストUボートっていう映画もあったな
確か自決した日本の海軍士官をドイツ人が助けちゃうような話だったか・・・?

昔どこの新聞だったか・・・確か西日本新聞に
戦前に軍が朝鮮半島で水俣チッソと核実験したという記事があったきがするんだが
記憶にないか?あの記事なんだったんだ??

66 :名無し三等兵:04/03/26 12:17 ID:rr9IZwz3
休みだから真面目に書いとく
昭和15年から16年の軍事視察団の報告でドイツの原子爆弾研究の情報を知る
昭和17年1月「日独伊新軍事協定」締結
 日本はドイツに、エンジン・ロケット・レーダーなどの技術供与と共にチェコスロバキアのウラニウムを求める
 ドイツは、魚雷・潜水艦に関する技術・ゴム・ニッケル・タングステンを要望
昭和17年5月以降「伊30号」を使い喜望峰回りで物資を運搬
ウラニウムの輸送回数は不明だが、ドイツ降伏後、大西洋上でアメリカ軍に投降した「U234号」にはウラニウム鉱石560キロが積まれていた
ちなみにこの時ME262とME163の設計図と部品も押収されている

67 :名無し三等兵:04/03/26 13:04 ID:???
この前、沢田研二が自宅アパートで原爆作ってた。

>>66
潜水艦輸送で成功したのは確か一回だったはず。
もう一回えーと、どっかで荷物を下ろして成功だったこともあったような。

68 :66:04/03/26 13:36 ID:rr9IZwz3
>>67
シンガポールだったと思います。
きちんと荷物が届いたのはウルツブルグの設計図と主要部品
この2回にウラニウムや関係資料が積み込まれていたかどうかは不明。
ただ原爆の研究開発をしていた事は間違いないのでドイツとの接触はあったと思われる。
私見ですが・・・


69 :名無し三等兵:04/03/26 21:35 ID:???
つかこうへいの「広島に原爆を落とす日」では
高校教師が弁慶という名の原爆作って
いつも背中にくくりつけていたよ。
それで自分自身が白血病になっちゃったけどね

70 :名無し三等兵:04/03/26 21:38 ID:???
弁慶は確か火薬とプルトニユウムを何重も
塗り上げて作ってたと思うが

71 :名無し三等兵:04/03/26 21:40 ID:???
人形峠にウランがあるって本当なの?

72 :名無し三等兵:04/03/26 21:44 ID:???
>>71
確かめてこい。

73 :名無し三等兵:04/03/26 21:57 ID:???
>>71
有ることは有るみたいよ。
ttp://www-j.rri.kyoto-u.ac.jp/NSRG/Ningyo-toge/Ugoki.html
掘っても採算取れないらしいけど。

74 :名無し三等兵:04/03/28 01:30 ID:???
戦争敗色濃い昭和二十年初頭、特別任務を帯びたC11がひそかに人形峠を出発した・・
原子爆弾を開発する仁科博士の理化学研究所の研究員が乗り組むこの列車は、人形峠
で採掘されたウランを相模原海軍補給廠に作られた濃縮工場へ運び込む計画なのだ。
はたして彼らは米軍の攻撃を避け、無事に目的地へたどり着くことができるのか?

「人形峠からのC11」

75 :名無し三等兵:04/04/12 01:25 ID:???
>>1
禿しく_

22 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)