5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

てきとーに話をつなげてください

1 :名無しさん@公演中:02/05/05 18:52 ID:4RZdYKAL

>>900 君は文才無いな。
>>950 次スレ立ててください。

一人一文ずつ話の続きをかきこんでくださいな。連続はナシ。では・・・


トンネルを抜けるとそこは・・・

2 :名無しさん@公演中:02/05/05 19:08 ID:hYRyLZz5
2get

3 :名無しさん@公演中:02/05/05 19:41 ID:YACg9XOD
トンネルを抜けるとそこは

ビルが乱立している大都市で なのに ひとが居なくて閑散としていて
不思議に思いながら暫く車を走らせていると ひとりのいかにもルンペンって感じの爺さんがいきなり車の前に飛び出して来た。

4 :名無しさん@公演中:02/05/06 10:50 ID:Vprf0dmy
「危ない!」
俺はあわててハンドルをきり、トンネルの中へUターンしたのだった。

5 :名無しさん@マターリ中:02/05/06 11:12 ID:v9YpIvGO
「死にてえのかよ、クソジジイ!もう少しで轢いちまうところだった!」
念願の、というより、彼にとって2年越しの「悲願」であった
運転免許取得にようやく成功してまだ1ヶ月も経っていないというのに、
もう「免許取り上げ」なんて冗談じゃない。

6 :名無しさん@公演中:02/05/06 15:05 ID:rWuPUdY9
暫く車を走らせていると ひとりのいかにも赤ちゃんって感じの赤ちゃんが
いきなり車の前にハイハイしながら飛び出して来た。


7 :名無しさん@公演中:02/05/06 15:13 ID:k9TnUS6E
「危ない!」
俺はあわててハンドルをきり、トンネルの中へUターンしたのだった。

8 :名無しさん@公演中:02/05/06 15:20 ID:MPj4TtK9
「死にてえのかよ、クソガキ!もう少しで轢いちまうところだった!」
念願の、というより、彼にとって2年越しの「悲願」であった
運転免許取得にようやく成功してまだ1ヶ月も経っていないというのに、
もう「免許取り上げ」なんて冗談じゃない。

9 :名無しさん@公演中:02/05/06 15:23 ID:rWuPUdY9
「おい待て待て!俺はさっきトンネルの中へUターンしたはずなのに
またトンネルの中へUターンしてるぞ!トワイライトゾーンかよ!」

頭がパニックになるジョニ−であった。

10 :名無しさん@公演中 :02/05/06 16:00 ID:r57+TDYW
ボビー(語り役)「ジョニーは先週、工場をクビになった。
         理由は簡単だ。工場長に遅刻をとがめられたジョニーは、思わず
         殴ってしまったってわけだ。
         気晴らしに車をとばすジョニー。
         ジョニーは不思議世界への扉をくぐってしまったようだ。
         (しばし間を置く)
         これから僕が話すことは全部本当のことだ。君たちが信じようと
         信じまいと...。」

(階段の手すりにもたれかかっていたボビーは階段を下りて、幕下
 に退場。退場と同時に軽いジャズの音楽がかかる。BillEvansの
 曲が適当。ジョニーにスポットライトがあたり、ジョニーは車
 から降りる。)

ジョニー 「ここはどこだ?」


11 :名無しさん@公演中:02/05/06 16:53 ID:cwWURftf
「トンネルの中だろ」
ジョニ−は歩き始めた。
赤ちゃんが気になる‥‥。

12 :名無しさん@公演中:02/05/06 16:57 ID:w2BokV8b
そこには!
なんと巨大なゲル状の物体が!
ジョニー危うし!

13 :名無しさん@公演中:02/05/06 17:03 ID:D0yTJw+n
「うわー」
ジョニーにゲルがはりついた!
ジョニーの手足がゲル状に!

その時ジョニーの耳に救世主の声が飛び込んできた。

「バブ−!!」

14 :名無しさん@公演中:02/05/06 17:55 ID:Kw57IMlZ
辺りを見回すジョニー。が、そこには誰もいない。「空耳か…?」

15 :名無しさん@公演中:02/05/06 21:04 ID:newEFE38
よく見るとさっきの赤ん坊がゲルまみれ、
なぜかトンネル前にいたルンペンはゲルにまみれてゲロを吐きながら死んでいる。

ああ、俺もああなってしまうのか?
「13歳、あまりにも短い一生だったな」
意識が遠のいていく‥‥。

16 :名無しさん@公演中:02/05/06 22:11 ID:jxdBj92h
「起きろおおおおお!」

突然、女の子に声をかけられた。

ジョニー「誰だ?君は?」
女の子 「わたしか? 見ればわかるだろ?」
ジョニー「わからないから聞いてるんだよ。」
女の子 「わたしは天使だ。」
ジョニー「て・ん・し? 天使だって?」
女の子 「馬鹿か、おまえは?見てわかんないの?」
ジョニー「だって、スチュワーデスのかっこしてるじゃないか?」
女の子 「ああ、これか? これは最近の天使世界でのはやりだ」
ジョニー「からかうのはよしてくれ!俺はもう死にそうなんだ」
女の子 「疑ってるな? よーし、おまえの怪我を治してやろう。これでどうだ!」

(女の子、魔法をかけるしぐさをする)

ジョニー「えっ!俺は無事だ?」
女の子 「ついてこい! 隊長にあわせてやるよ」
ジョニー「隊長って?」
女の子 「神様のことだよ」
ジョニー「えええっ!」

(ジョニーと女の子、一緒に歩き出す)



17 :名無しさん@公演中:02/05/07 04:00 ID:tdBr62HE
♪じーざすくらーい すーぱすたー♪(BGM)

女の子に連れられたジョニーが出会ったのは、十字架に貼り付けられた
ジーザス・クライスト・スーパースターだった!
ジョニーに迫る浅蜊K太の魔の手! 危うしジョニー!

18 :名無しさん@公演中:02/05/07 04:07 ID:GoySpBby
あるところに赤い洗面器を頭に乗せた男がいました

19 :名無しさん@公演中:02/05/07 07:00 ID:+hVGWl8L
ジョニー「!?」

強欲の罪で地獄に堕ちた浅蜊K太の突然の襲撃によって、パニックに陥った
ジョニーの脳裏に、何故か、幼き日に読んだシュールリアリズム的内容の
絵本の挿絵が横切った。

「赤い洗面器を頭に乗せた男」

それは、時の権力に逆らったが故に、獄中で非業の死を遂げたポーランドの
絵本作家ストラジョフ・グリンスキーの遺作である。


20 :名無しさん@公演中:02/05/07 13:22 ID:YuWWiXSX
何が何だかわからない。
ジヨニ−は発作的に手首を切った。

21 :名無しさん@公演中 :02/05/07 21:16 ID:oox9wsXg
赤い鮮血が手首を伝わる。ジョニーはひざをつき、横たわる。
それまで、一言も発しなかった「赤い洗面器を頭に乗せた男」が突然叫んだ。

「痛いの痛いのとんでけー!」

(暗転。ジョニーと赤い洗面器を頭に乗せた男にスポットライトがあたる)

ジョニー 「えっ?生きてる? 生きてるのか俺は?」
赤い洗面器を頭に乗せた男 「いい天気だ」
ジョニー 「君が助けてくれたのか?」
赤い洗面器を頭に乗せた男 「レーニンははげ頭だったね。スターリンはどうだい?」
ジョニー 「は? 何を言ってるんだ?」
赤い洗面器を頭に乗せた男 「そうだ、君の言うとおりだ。うさぎの目は赤いよ」
ジョニー 「おい! 誰と話してるんだ? 君は誰?」
赤い洗面器を頭に乗せた男 「今年の景気は寒いね」
ジョニー 「何なんだ、いったい! 全然話が合わない」
赤い洗面器を頭に乗せた男 「さーて、帰るか?今日もハンバーグだ」

(赤い洗面器を頭に乗せた男が歩き出す)

ジョニー 「おおい! 待ってくれよ! ここから出たいんだ!」

(赤い洗面器を頭に乗せた男が幕下手に消える。幕上手から、「黒いちゃぶ台
 を背負った男」が現れる。)


黒いちゃぶ台を背負った男 「今何時かね?」
 




22 :名無しさん@公演中:02/05/07 21:50 ID:B9IGqoU4
ジョニー「ええっ」
男   「そろそろ夕飯の時間なのだが」
ジョニー「おおお前は誰だ」
男   「そんな事より今何時かね?」
ジョニー「時計ならお前の手にあるじゃないか」
男   「ふむ。しかし私は君に聞いている。今は一体何時なんだね」
ジョニー「時計は売っちまった」
男   「カミさんが、嘆いていてね」
ジョニー「は?」
男   「ひき肉を盗まれてしまった。息子が死にそうなんだ、それなのに」
ジョニー「何を言っているんだ」
男   「病気の息子が、死ぬ前にハンバーグを食べたいと言った。カミさんは
     せっせと用意したのさ。だが、台所の窓から忍び込んだ何者かに
     ひき肉を盗まれてしまった。カミさんは、赤い影を見たと言うのだ。
     おお、息子よ、最後にタマネギを克服させてやりたかったのに・・・」
ジョニー「あいつだ」
男   「なんだって?」   

23 :名無しさん@公演中:02/05/07 23:22 ID:tdBr62HE
ジョニー「名を、名をなのれ!」
男   「名乗るほどの者じゃないが、羽曳野の伊藤だ」
ジョニー「は、羽曳・・・伊藤?」
男   「お前は赤沢さんの何なんだ」
ジョニー「は?」
男   「ええい、もういい! さぁ白木屋へ行くぞ!」
ジョニー「あの・・・」
男   「(ジョニーの服からパンくずをつまんで食べる)」
ジョニー「わっ、何するんだ」
男   「(攻撃する)ピーボン!」

24 :名無しさん@公演中:02/05/07 23:38 ID:pQrum4QZ
      気がつくとジョニーはベットの中だった
ジョニー「……イヤな夢だ」

25 :名無しさん@公演中:02/05/07 23:46 ID:TTsTb3R3
(そこへエプロン姿の女が下手より登場)
ジェニー「どうしたの、ジョニー。随分うなされてたけど?」

26 :名無しさん@公演中:02/05/08 00:22 ID:OSgC4y5r
(さらにもうひとりエプロン姿の女が下手より登場)
ジニー「そうよジョニー。名を名のれとかなんとかって」

27 :名無しさん@公演中:02/05/08 00:42 ID:E9NphnyC
(少し考え込んだ様子で)
ジョニー「あぁ〜よく思い出せないど奇妙な夢だったよ、
      そんな事よりコーヒーを一杯もらえるかな?」
          

28 :名無しさん@公演中:02/05/08 00:47 ID:s7IHVCDA
ジョニー「熱い!なんだこのコーヒーは!グラグラ沸騰してるじゃないか!」
エプロンの女、不気味に笑う。

29 :名無しさん@公演中:02/05/08 00:53 ID:LlRDFuGB
エプロンの女、ルパン三世のように顔面をめりめりとはぐ。
その下からあらわれた顔は・・・

赤い洗面器を頭に乗せた男だった!

ジョニー「ぎゃああああ!」

30 :名無しさん@公演中:02/05/08 01:00 ID:ypHN8R+1
男   「日本国民は、正当に選挙された国会における代表者を通じて行動し、
     われらとわれらの子孫のために、諸国民との協和による成果と、わ
     が国全土にわたつて自由のもたらす恵沢を確保し、政府の行為によ
     つて再び戦争の惨禍が起こることのないやうにすることを決意し、
     ここに主権が国民に存することを宣言し、この憲法を確定する。
     そもそも国政は、国民の厳粛な信託によるものであつて、その権威は
     国民に由来し、その権力は国民の代表者がこれを行使し、その福利は
     国民がこれを享受する。これは人類普遍の原理であり、この憲法はか
     かる原理に基くものである。われらは、これに反する一切の憲法、法
     令及び詔勅を排除する。 」
ジョニー 「はああ?」
男    「われらは、いづれの国家も、自国のことのみに専念して他国を無視し
      てはならないのであつて、政治道徳の法則は、普遍的なものであり、
      この法則に従ふことは、自国の主権を維持し、他国と対等関係に立た
      うとする各国の責務であると信ずる。 」
ジョニー 「いったい何をしゃべってるんだ?」
男    「日本国憲法だ。」
ジョニー 「あっ! はじめて俺のことばに反応した!」


31 :名無しさん@公演中:02/05/08 01:43 ID:enPX7iQH
ジニー「おほほほほほほ」
もうひとりのエプロンの女、ルパン三世のように顔面をめりめりとはぐ。
その下からあらわれた顔は・・・

黒いちゃぶ台を背負った男だった!

ジョニー「ぎゃふん」

32 :名無しさん@公演中:02/05/08 05:56 ID:s7IHVCDA
ジョニー「これは夢なのか?おれは一体どうしたらいい!?」

ジョニーは小屋のドアから飛び出し、そしてすぐに駆け出した。
追われる者と追う者。
敵と味方が交錯する中、一大エンターテインメントの幕が上がる!

33 :名無しさん@公演中:02/05/08 08:31 ID:LlRDFuGB
と。思いきや、小屋のドアをあけるとそこは能楽堂だった。
ジョニーの目の前み立ちふさがる悪の化身!
それは・・・

ジョニー「あっっ・・・イズミモトヤ・・・!」
モトヤ 「ふぁーはっはっはっは。びょうびょうびょう!」

34 :名無しさん@公演中:02/05/08 08:47 ID:pr5CfS5C
そこに突然現れた金ぴかモトヤママ
モトヤママ「こんな所で油うってるとまたちこくするわよ!」

モトヤ 「びょうびょうびょう!」叫びながら上手へ

取り残されるジョニー

その肩にモトヤママがそっと手をのせ・・・

35 :名無しさん@公演中:02/05/08 18:33 ID:E9NphnyC
ジョニーを引き裂いた

36 :名無しさん@公演中:02/05/08 23:27 ID:J6eF9QAF
と思ったら、また元通りにくっついた

37 :名無しさん@公演中:02/05/09 00:30 ID:t1E7PT7s
ジョニー  「うわああああああああああ!」

(暗転。場面はジョニーが車で通ろうとしたトンネルの前。ジョニーは車
 に乗っている。)

ジョニー  「えっ? ここはどこだ? このトンネルは...俺はここから
       車で飛ばして入ったはずだ。」

(ジョニーの目の前には3つのトンネルの入り口があった)

ジョニー  「それにしても、俺の体は何ともない。夢だったのか? よーし、
       最初は、左はじのトンネルに入ったから失敗したんだ。今度
       は真中のトンネルから入ろう!」

(ジョニーは真中のトンネルに車を進めた。)


38 :名無しさん@公演中:02/05/09 00:56 ID:x/iKg0UC
(すると、そこには昔からの伝統を守り続けてきたジタンのサーカスの
テントがあった。)

アレキサンダーB「ようこそジョニー。私は団長アレキサンダーB。
うちのサーカス団は、この上なく詩的なジプシー/ジタンのスタ
イルにこだわり、それを表現し続けていました。

ロマネスク・サーカスのアクロバット/ピエロ/音楽は、中央ヨーロッパ
の過酷な田舎の中で踊ながら、夢を見るために出来上がったものです。そ
れは、彼等と共にその何かを祝う為にわざわざ足を止めてくれた旅人達と
の気前の良い贅沢な時間です。ただ時の外に出た様にパリの真ん中で一緒
に時を過ごしましょう。」

(テントの前に貼られたポスターは昔から空き地にテントを張り、同じ様に
旅を続けていた何代も前の一座の写真。不思議な時の彼方へ誘われるような
期待が広がる。)

39 :名無しさん@公演中:02/05/09 01:01 ID:eruw2Mx5
(順調に車を走らせるジョニー)

ジョニー「それにしてもさっきのアレは何だったんだ?
      う〜ん・…まぁいいや、早く帰って寝ちまおう」

(順調に車を走らせるジョニー、しかし焦りの色が見え始める)

ジョニー「しかしこのトンネルはどんだけ行けばでれるんだ!?」

(バックミラーを覗き込み急に後ろを振り返る)

ジョニー「・…くそったれ、冗談だろう!?」

40 :名無しさん@公演中:02/05/09 01:19 ID:sEnMYOEc
そう、ジョニーのぞき込んだバックミラーに写ったもの、それは黒服に黒帽子・黒ネクタイ・サングラスといった、いかにもそれらしい男性3人を乗せたいかにもそれらしい黒い・・・カローラだった。
「ちっ、カローラかよ。俺を甘くみやがって!!」そうつぶやいてアクセルを踏んだジョニーの頭の右すれすれを何かが高速で通り過ぎた。
次の瞬間、目の前のフロントガラスに穴が空いた。

驚きつつも改めて後ろの車を確認すると、助手席の男が窓から身を乗り出しピストルを構えている。。
「くそー、こっちが左ハンドルだと知ってますます調子に乗ってるな!!」

ジョニーは冷静にハンドルをきりつつ、助手席の鞄から昨日恋人のリリーから手渡された例のものを取り出した・・・。

41 :名無しさん@公演中:02/05/09 01:35 ID:q4kZJIfG
その例のものとは・・・?

42 :名無しさん@公演中:02/05/09 08:30 ID:SfqW/u28
そう、その例のものとは一体?

43 :名無しさん@公演中:02/05/09 09:16 ID:gds2hg4i
ジョニー「ああ腹減ったりリーからもらった大福くっちまおう!」

44 :名無しさん@公演中:02/05/09 14:12 ID:aYrnESdS
イチゴ大福はあの酸味がたまんねぇ

45 :名無しさん@公演中:02/05/10 12:20 ID:Z3HF8Hp0
ボビー(語り役)
「ここでいちご大福の作り方を説明しよう。

(1)イチゴをつぶさないように、餡で包む。出来上がった時に餅を通して
イチゴの赤みが透けて見えるように、イチゴのとがった方を少しのぞかせて包む。

(2)餅生地を作る。餅粉に水を少しず つ入れ、ダマにならないようによく溶く。
火にかけて焦がさないように弱火でじっくり練る。生地全体に ねばりが出て、
鍋の中で時々プッとふくれるぐらいになるまで、しっかりと練り上げる
(この時よく練 らないとあとでまとまらなくなる)。

(3)グラニュー糖を3回くらいに分け て練り込む。一度に加えると生地が
まとまらなくなるので、必ず分けて入れ、そのつどよくかき混ぜるの
がコツ。グラニュー糖を加える時 は、鍋を少し火からおろすとまとめ
やすい。

(4)練り上がった餅を、片栗粉の上に広げ、12等分する。1個当たり30g
程度の見当。温度が下がる とやや固めになるので、あまり冷めないうちに手早
く作業を進める。

(5)餡で包んだイチゴをつぶさないように餅生地で包む。包み終わりを下にして、
丸く整えて出来上りだ。」

ジョニー「たまんねえ。おっとそれどころじゃねえや。」

46 :名無しさん@公演中:02/05/11 22:58 ID:n2CiHXq0
というか、もうたくさんだ。
ジョニーはリセットボタンを押した。

トンネルを抜けるとそこは
ビルが乱立している大都市で なのに ひとが居なくて閑散としていて
不思議に思いながら暫く車を走らせていると ひとりのいかにもルンペンって感じの爺さんがいきなり車の前に飛び出して来た。


47 :名無しさん@公演中:02/05/11 23:43 ID:9BqJjhHH
車といっても俺は4歳。
先月誕生日に最愛のマミーから買ってもらった三輪車だ。

ルンペン「おい坊主、これくうか」
ルンペンは懐から奇妙なキャンデーを取り出し差し出してきた。
怪しいと思いながらも俺は4歳。食わずに入られない。
口に入れた瞬間‥


48 :名無しさん@公演中:02/05/15 08:54 ID:vNH37nx4
4歳の俺は47に向かって叫んだ。
「sageてんじゃねぇぇぇぇ!!」


49 :名無しさん@公演中:02/05/15 13:26 ID:iB6P1MbA
4歳の俺はトンネルを抜けると突然、47歳になっちまった。。。
「ageてんじゃねぇぇぇぇ!!」
「sageろ〜〜〜!!」 叫ぶ俺。

50 :名無しさん@公演中:02/05/16 03:13 ID:vQxnnCd+
そして48と49の壮絶な戦いが始まった!
49「sageろぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉ!!!!!!」
48「ageるのだぁぁぁぁぁぁぁぁぁ!!!!!」
2人「ぐぅうぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉ!!!!!!!」

そこに乱入した51の取った行動とは!

51 :名無しさん@公演中:02/05/16 04:16 ID:+sXBmYHA
赤い洗面器を頭に載せました

52 :名無しさん@公演中:02/05/16 08:29 ID:NXnfNTp3
48と49の血で染まりし洗面器を頭にのせた51こと七鬼衆(ななきしゅう)の一人を
倒す為に立ちあがったわれら鬼蜘蛛の一族の一人53の取った行動はいかに・・

53 :名無しさん@公演中:02/05/16 09:13 ID:NXnfNTp3
とりあえず51をあぽーん。
であと6人もの七鬼衆がいるわけか・・・。
赤ちゃん、ボビー、ジョニー、モトヤ、ゲル状の物・・・
とか言ってる間にルンペンって感じの爺さんがいきなり


54 :名無しさん@公演中:02/05/16 23:24 ID:vQxnnCd+
48と49をあぽーんした。
困ったモトヤはそこで叫んだ
「この赤ちゃんを明采と命名する!」

55 :名無しさん@公演中:02/05/17 09:45 ID:vBnOZRRY
明采となずけられた赤ちゃんはそのふす気味悪い笑顔をくずさず
しゃべり出したんだ・・・。
「なにを言ってるんだい。ぼくはボビーだよ。言っただろ?
かならず君たちの子供として生まれ変わってくるんだって・・・。」


56 :訂正:02/05/17 10:02 ID:vBnOZRRY
明采となずけられた赤ちゃんはそのうす気味悪い笑顔をくずさずに
しゃべり出した・・・。
「なにを言ってるんだい?ぼくはボビーだよ。言っただろ?
かならず君たちの子供として生まれ変わってくるんだって・・・。」


57 :名無しさん@公演中:02/05/18 09:47 ID:VJ4vGJ40
山本少尉『これが輪廻転生のお話なんですが、
・・・つまりですねえ・・・田代さんと金太さんが自転車事故にあった時間と、
岸田中尉、福元少尉両名、両機との接触事故にあった時間に何らかの時空の誤差が生じて、
平成に生きてる田代誠さんと袋金太さんという魂だけが、
あなたがたの前世である特攻隊員の岸田中尉、福元少尉両名の肉体に呼び戻されたわけなんですよ。』


58 :名無しさん@公演中:02/05/19 15:23 ID:XgppOzFy
ボビー(語り役)「ジョニーは>57のようなエルカンパニーオタの登場にとまどいつつも
         無限回路のような出口の見えないトンネルをさ迷い歩く
         ジョニーは不思議世界への扉をくぐってしまったようだ。
         (しばし間を置く)
         これから僕が話すことは全部本当のことだ。君たちが信じようと
         信じまいと...。」

(階段の手すりにもたれかかっていたボビーは階段を下りて、幕下
 に退場。退場と同時に軽いミニモ二の音楽がかかる。アイーンの
 曲が適当。ジョニーにスポットライトがあたり、ジョニーが困惑の色を浮かべ地べたに座り込む。)

ジョニー 「何時になったら出口が・・」

59 :名無しさん@公演中:02/05/19 19:06 ID:sqKPCokd
ジョニー「どう考えてもおかしい。もしかして出口なんてないんじゃ?
やっぱりあのトンネルの入り口で出会った赤ちゃんが・・・」
ボビー(語り役)「ここでジョニーは友人J・ライアンのセリフを思い出す。」
J・ライアン「水子の霊障は、恐ろしいぞ。半端な霊障ではない。
 女のお腹の中で、とても幸せに寝ている小さな生命が、中絶される時には、
 どうやって女の子宮からこの世に出てくるのか、頭ん中でシュミレーション
 してみろ。
 中絶の事を「掻爬:そうは」って言うだろ。これは肉体の組織をけずり取るって
 ことだぞ。
 女のお腹の中で息づいている生命を、いくら小さいとはいえ八つ裂きにしてバラ
 バラにして、つぶして掻き出すって事だぞ。
 小さい生命は、金属の冷たい鉗子が自分の身体に当たった時に、何も感じなかっ
 たと思うか。泣き叫びたい程の恐怖を味わったんじゃあないのか。
 あの可愛そうな残酷な殺され方をした猫ちゃんよりも、もっと残酷な殺されかた
 では無いのか、中絶ってやつは!!
 そういう殺され方をしたんだから、魂魄この世にとどまって、霊障の一つや二つ
 で祟ってもバチは当たらないよ。
 なにがなんでも中絶反対って奴も鬼だけど、やらなくても済ませる状況で中絶を
 行った人間は、一生償えない原罪を背負うことになったって仕方ないだろう。」


60 :名無しさん@公演中:02/05/23 12:30 ID:K+cl3hk6
そしてジョニ−は歩き始めた。
そこに天からの声が‥

「物語の進行は1回につき5行位にしてくれよ、観るのが大変、テンポが落ちるぞえ」


61 :名無しさん@公演中:02/05/23 15:06 ID:rakrsVsg

そしてジョニ−は歩き始めた。
そこに天からの声が‥

「というかすでに>46がぶち壊してると思うが・・・」

62 :名無しさん@公演中:02/05/24 15:49 ID:9eCyNr2G
???女『ねえ起きてよ』
???男『う〜ん出口はどこだ〜』
???女『ねえしっかりしてよ』
???男『う〜ん・・・あれ?ここはどこ?君は誰?』
???女『何言ってるのよ。私はあゆみ。橘あゆみでしょ?二人で事件の捜査にきてるんでしょ!
     ねえしっかりしてよ。まさか自分の名前も忘れたの?』
???男『ぼくはジョニーだ!』
橘あゆみ『はあ?(どうしようまさか記憶喪失ってやつ?
     ・・・無理も無いわねこのがけのの高さから突き落とされたんじゃ・・・)』
橘あゆみ『ねえしっかりしてよ!!!!自分の名前ぐらい思い出してよ!!』
−−−−−−−−−−−なまえをいれてください。−−−−−−−−−−−


63 :名無しさん@公演中:02/05/25 15:06 ID:Thq1mtqu
???男『>62お前ファミ探やりすぎ藁』

64 :名無しさん@公演中:02/05/26 04:31 ID:yB46sfEN
橘あゆみ『もう、こうしなきょ思い出してくれないんでしょ?』

あゆみはおもむろに男のチャックを開けそれを口に頬張った。

男『口にだしていい?』



65 :名無しさん@公演中:02/05/27 13:16 ID:84WaLUKU
男『口にだしていい?』・・・・・・・・・・夢だった!

橘あゆみ『もう、しっかりしてよ。自分の名前ぐらい思い出してよ山口祐一郎さん。』
山口祐一郎『!!!』


66 :名無しさん@公演中:02/05/27 13:19 ID:+sbWfBwb
橘あゆみ『思い出した?探偵さん』

67 :名無しさん@公演中:02/05/28 18:20 ID:/nLHSdGi
山口祐一郎『・・・ではもう一度じっくり考えてみよう。えーとまず我々がいる場所は・・・』
橘あゆみ 『近鉄小劇場』
山口祐一郎『そうだった!で、だれがころされたんだっけ?』
橘あゆみ 『内野聖陽さん!』
山口祐一郎『それで容疑者は?』

68 :名無しさん@公演中:02/05/28 20:23 ID:L8Ru7/f5
橘あゆみ 『一路真輝』

69 :名無しさん@公演中:02/05/29 23:57 ID:6CYnj+uT
山口祐一郎『き?うーーーん。き、き、貴島サリオ!』


70 :名無しさん@公演中:02/05/30 00:15 ID:hz7I5ley
橘あゆみ「お? うーん、お・・・お・・・岡村靖幸!」

そう、容疑者は劇団岡村靖幸のメンバーだった。
ていうか、どこにいったんだ劇団岡村靖幸。

71 :名無しさん@公演中:02/05/30 23:44 ID:qYdnuRsV
橘あゆみ『あと一人容疑者を忘れてるわ!藤原竜也』
山口祐一郎『それではまず彼からアリバイを聞くことにしよう。』

72 :名無しさん@公演中:02/05/31 00:36 ID:EOF211Ou
藤原竜也「おかあさん!! もう一度ぼくを妊娠して下さい!」
山口祐一郎「これはダメだ・・・すでに狂っている」

73 :名無しさん@公演中:02/06/01 10:27 ID:ATDgYrZN
そこに長髪をなびかせ疾走してくる弁護士が現れる。
蜷川幸雄「君が藤原竜也くん?老猫のグリークスから頼まれたんだ!
あとは僕にまかせなさい!いわし三匹じゃ仕事にならんが
背に腹は変えられないよ。最近、現金収入がないからね。」

藤原竜也「ありがとう!僕ってなぜか誰からも愛されるんだよ!」
山口祐一郎「・・・・ちっ」


74 :名無しさん@公演中:02/06/01 20:31 ID:cbm77EWi
ぱらららららら

蜷川幸雄「何だ、あの音は? 
     音響係何をやってるんだ!」
蜷川幸雄は灰皿を投げた。
藤原竜也「はっ!あの音は…もしや」
川田省吾「ちくしょうあのマシンガンやろう!」

そこにはマシンガンをぶっ放す桐山かいた

藤原竜也「山本くん、何を言ってるんだ??」
川田省吾「七原!何を言ってるんだと言いたいのはこっちの方だ」

竜也は七原秋也になっていた

七原秋也「うわーまたバトルロワイヤルの世界に!」
 


75 :名無しさん@公演中:02/06/01 20:43 ID:95LbhsYD
桐山のぶっぱなした弾が命中し、七原は死亡

76 :名無しさん@公演中:02/06/01 20:49 ID:gn511Bsh
橘あゆみ 『>74話が飛びすぎで全然前とつながってないわ。』
山口祐一郎『あゆみ君。君はなにをいってるんだい?』
山口祐一郎『オッホン。それではまず藤原君。
      君は人前で裸になったことがあるときいたんだが・・・』


77 :名無しさん@公演中:02/06/01 21:25 ID:95LbhsYD
藤原竜也「ええ、ありますよ。あなたもあるでしょ?山口さん」

78 :名無しさん@公演中:02/06/01 21:51 ID:8xhOyiNJ
山口祐一郎「私が質問者だよ。藤原君!君は殺された内野君と一緒に
      風呂に入ったことがあるそうだね」
藤原竜也「ええ親しくさせて頂いてましたから・・・裸の付き合い。
     それが何か?」
山口祐一郎「その時どちらかが敵意をもつことはなかったかね?」

79 :名無しさん@公演中:02/06/03 00:15 ID:yb2ZH1CA
何このスレ・・・・・・・?

             /ヽ       /ヽ
            / ヽ      / ヽ
  ______ /U ヽ___/  ヽ
  | ____ /   U    :::::::::::U:\
  | |       // ___   \  ::::::::::::::|
  | |       |  |   |     U :::::::::::::|
  | |      .|U |   |      ::::::U::::|
  | |       | ├―-┤ U.....:::::::::::::::::::/
  | |____ ヽ     .....:::::::::::::::::::::::<
  └___/ ̄ ̄      :::::::::::::::::::::::::|
  |\    |           :::::::::::::::::::::::|
  \ \  \___      ::::::::::::::::::::::::|

80 :名無しさん@公演中:02/06/03 04:02 ID:TqowcFp5
橘あゆみ 『>79スレストするな。』
山口祐一郎『あゆみ君。君はなにをいってるんだい?』
山口祐一郎『オッホン。それではまず藤原君。
      君なんだろ?犯人は・・・』

81 :名無しさん@公演中:02/06/03 10:07 ID:2SdQxJwK
藤原竜也「ぼっ僕は、舞台で全裸にお互いなったことでもあり
     観客の穴のあくような視線を浴びて脱ぐ辛さを語りあって
     慰めあって感極まって抱擁しあったほどですよ!」
山口祐一郎「・・・寒い抱擁だね」
藤原竜也「あなたこそエリザベートで内野さんとはライバル同士!怪しい!」
蜷川幸雄「竜也!僕の三輪車で待っていなさい!祐一郎君!君のアリバイは?」
山口祐一郎「お答えする前に僕の顔に灰皿は投げないと約束してください!」


82 :名無しさん@公演中:02/06/03 14:14 ID:ObwRtin4
ジョニ−は読んでいた本を閉じた。
「なんだこれ?意味わかんねー」
自分と同じ名前の登場人物が出てると聞きもらった本であったが、なにかの同人誌だったようだ。

ジョニ−は西に向かった。

83 :名無しさん@公演中:02/06/03 18:47 ID:YUSseBCM
橘あゆみ 『>78,81
      近所の公園にジョギングに行き新鮮な空気をお腹いっぱいに吸い、
      そろそろ就職活動に励みましょう。
      時間はどんどん無くなるばかりですよ。』
山口祐一郎 『ほんと暇な主婦は困り者ですねえ。』
藤原竜也  『僕の事妄想するのはやめてね。君たちとは可能性なんてないから。』



84 :名無しさん@公演中:02/06/03 19:30 ID:3lgSoZ2u
>82
西、、、。
ジョニーの心の中で、何かがフツフツと音を立て始めた。
「にんにきにきにき、にんにきにきにき〜♪」
ゴー・ウエスト。
「そう、俺はドリフに弟子入りするつもりだったのだ」。
遠まわしな思考回転が、ジョニーのジョニーたる所以でもある。
「ま、とにかくチョーさんに会ってみるか」

85 :名無しさん@公演中:02/06/09 01:54 ID:MBTbcJwE
チョーさん「だめだこりゃ」

86 :名無しさん@公演中:02/06/09 03:23 ID:L2RzqcdE
織田裕二「和久さん! もうダメだなんて言わないでくれ!
     もっと話がしたかったのに・・・あぁ、もう息が」

チョーさんは死んだ。
そして後に残った織田裕二は、深津絵里と共に湾岸所へと戻ることにした。

87 :名無しさん@公演中:02/06/10 20:46 ID:cpjffaiD
湾岸署に戻った織田裕二は、深津絵里が見たものは
織田裕二「ジョニーじゃないか、何をしているんだあいつ」

そこにはジョニーが体中にダイナマイトを巻き付けて立っていた
ジョニー「チョーさん…チョーさん…」
薄笑いを浮かべたジョニーは懐から線香花火を取り出した。
ジョニー「織田さん、絵里ちゃん。
     僕と一緒にチョーさんのために花火をしましょう、さあ」


88 :名無しさん@公演中:02/06/17 01:47 ID:cfVxLkjf
人気ネット『2ちゃんねる』のサイトにアクセスすることが日課となっているフリーターのジョニー(織田裕二)。
ある日、そのサイトで知り合ったゲル状の物体(深津絵里)たちメンバーとオフ会をすることになり、とあるペンションを訪れた。
だが、手筈が整っていたはずのペンションの予約が取れていない。困惑するジョニーたち。・・・と、そこに“ギコネコ”と
いう文字が車体に記された一台のワゴン車が突然現れた。その“ギコネコ”こそ、人気ネット『2ちゃんねる』で様々な人間に逝ってよしを連発したネコだ! 
ジョニーたちオフ会のメンバーは、ネットの世界と現実の世界が交錯しながらもそのペンションへ導かれていく・・・。
大雨が降りしきり、激しい嵐に見舞われた人里離れた場所。携帯電話さえ繋がらない、ペンション“2ちゃんねる”。
すでに宿泊していた先客、オーナー夫妻、新しく加わったジョニーたち、計12人の男女が閉ざされた空間“2ちゃんねる”に集まった。そして、起こるべくして起きた第一の殺人。
残された11人の宿泊客は、ただ驚愕するばかりだ。
はたして、この中に犯人がいるのか?
それとも・・・?
宿泊客たちはまだ知らない。
次の殺人が迫っているということを。
・・・次に殺されるのは自分かもしれない!


89 :名無しさん@公演中:02/06/17 02:06 ID:dvG7J4nV
何このスレ・・・・・・・?

             /ヽ       /ヽ
            / ヽ      / ヽ
  ______ /U ヽ___/  ヽ
  | ____ /   U    :::::::::::U:\
  | |       // ___   \  ::::::::::::::|
  | |       |  |   |     U :::::::::::::|
  | |      .|U |   |      ::::::U::::|
  | |       | ├―-┤ U.....:::::::::::::::::::/
  | |____ ヽ     .....:::::::::::::::::::::::<
  └___/ ̄ ̄      :::::::::::::::::::::::::|
  |\    |           :::::::::::::::::::::::|
  \ \  \___      ::::::::::::::::::::::::|


90 :名無しさん@公演中:02/06/28 09:52 ID:vlqak6Hw
ダメだな空気読めない人は・・・

91 :名無しさん@公演中:02/07/09 01:05 ID:Hs0tbM4p
というか、もうたくさんだ。
91はリセットボタンを押した。

トンネルを抜けるとそこは・・・


92 :名無しさん@公演中:02/07/09 02:22 ID:ssQKXRLq
トンネルを抜けるとそこはエレナの自宅さ・・・。


(ところでリセット押すという反側技は金輪際無しの方向で宜しくお願いします。)


93 :名無しさん@公演中:02/07/09 17:16 ID:Qimu6UDW
エレナ『おかえりマーク』

94 :名無しさん@公演中:02/08/02 17:53 ID:SpRXbL5F
マークこと田中まさる『相方探してるんだけどいなくてさ、エレナ一緒に漫才やってくれないか?』

95 :名無しさん@公演中:02/08/02 17:56 ID:fiBT0N4t
ユニヴァァァァァァス!!!!

96 :名無しさん@公演中:02/08/02 18:14 ID:j41tTY4T
確かに最近2chも変わったなと思える、全てとは言わないけど
まぁ2chに限らず、ネット上の情報ってのはとにかく自分で調べまくって
その中から自分に有益な情報を取捨選択して始めて「調べた」って
いえるんだけどな・・・

そしてそれでもわからないことがある時に、しかるべきところで質問する。
ここなら質問スレとかでね。
まぁ夏厨の季節でもあるけど、わからない→すぐ質問ってのが多すぎる
調べる「過程」が一番楽しいってのがわからないのかなぁ・・・
クレクレ君を見ると、いつもそう思う

97 :名無しさん@公演中:02/09/17 00:37 ID:A7kbp/71
なるほど

98 :名無しさん@公演中:02/10/04 23:52 ID:9owPgSrh
終了

99 :名無しさん@公演中:02/12/01 20:46 ID:iGfl2I/a
ageage

100 :名無しさん@公演中:02/12/12 04:21 ID:HexKYnuN
age

101 :名無しさん@公演中:02/12/15 04:19 ID:7T3LzUIB
おすまい

102 :名無しさん:03/01/02 23:55 ID:nhioZvFB
                  / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
Λ_Λ  | 君さぁ こんなスレッド立てるから          |
( ´∀`)< 厨房って言われちゃうんだよ             |
( ΛΛ つ >―――――――――――――――――――‐<
 ( ゚Д゚) < おまえのことを必要としてる奴なんて         |
 /つつ  | いないんだからさっさと回線切って首吊れ     |
       \____________________/

(-_-) ハヤクシンデネ… (-_-) ハヤクシンデネ… (-_-) ハヤクシンデネ…
(∩∩) (∩∩) (∩∩)

(-_-) ハヤクシンデネ… (-_-) ハヤクシンデネ… (-_-) ハヤクシンデネ…
(∩∩) (∩∩) (∩∩)

(-_-) ハヤクシンデネ… (-_-) ハヤクシンデネ… (-_-) ハヤクシンデネ…
(∩∩) (∩∩) (∩∩)


103 :山崎渉:03/01/08 09:04 ID:IrsZDlQH
(^^)

104 :山崎渉:03/01/19 06:00 ID:DxJjOXnF
(^^)

105 :山崎渉:03/03/13 15:06 ID:aDAfKAX3
(^^)

106 :山崎渉:03/04/17 09:37 ID:ZuJtwpX6
(^^)

107 :山崎渉:03/04/20 04:08 ID:tMfq1uvN
   ∧_∧
  (  ^^ )< ぬるぽ(^^)

108 :名無しさん@公演中:03/05/11 04:00 ID:yf0hSzRX
「ぬるぽ」
そう言い遺して、山崎は真だ。
たぶん私がここの最期を見取ることになるのだろう。
どんなクソスレもまた、いつかは必ず消えるのだ。
それが世の習いとはいえ、若さというのは残酷な春だったby住宅

109 :名無しさん@公演中:03/05/11 04:01 ID:yf0hSzRX
スマソ。
若さとはこんな淋しい春なのか
でした。by住宅顕信

110 :山崎渉:03/05/21 22:41 ID:o3oHuuG/
━―━―━―━―━―━―━―━―━[JR山崎駅(^^)]━―━―━―━―━―━―━―━―━―

111 :山崎渉:03/05/21 23:12 ID:uRjYa0aD
━―━―━―━―━―━―━―━―━[JR山崎駅(^^)]━―━―━―━―━―━―━―━―━―

112 :山崎渉:03/05/28 14:47 ID:4NCaYsWq
     ∧_∧
ピュ.ー (  ^^ ) <これからも僕を応援して下さいね(^^)。
  =〔~∪ ̄ ̄〕
  = ◎――◎                      山崎渉

113 :山崎 渉:03/07/12 12:38 ID:HepyOGcR

 __∧_∧_
 |(  ^^ )| <寝るぽ(^^)
 |\⌒⌒⌒\
 \ |⌒⌒⌒~|         山崎渉
   ~ ̄ ̄ ̄ ̄

114 :山崎 渉:03/07/15 13:08 ID:Qou78Qjj

 __∧_∧_
 |(  ^^ )| <寝るぽ(^^)
 |\⌒⌒⌒\
 \ |⌒⌒⌒~|         山崎渉
   ~ ̄ ̄ ̄ ̄

115 :1:03/07/24 19:33 ID:KvPrrHYF
くそー俺が昔思いつきで立てたスレがいまだに生きてるのは山崎渉の仕業だったのか?
人のクソスレさらし上げしやがって

116 :ぼるじょあ ◆yBEncckFOU :03/08/02 03:11 ID:rqNqOKM3
     ∧_∧  ∧_∧
ピュ.ー (  ・3・) (  ^^ ) <これからも僕たちを応援して下さいね(^^)。
  =〔~∪ ̄ ̄ ̄∪ ̄ ̄〕
  = ◎――――――◎                      山崎渉&ぼるじょあ

117 :山崎 渉:03/08/15 19:28 ID:yDUsjKQY
    (⌒V⌒)
   │ ^ ^ │<これからも僕を応援して下さいね(^^)。
  ⊂|    |つ
   (_)(_)                      山崎パン

118 :名なしさん@公演中:03/11/04 14:46 ID:DKxMXR+W
(^^)

119 :名無しさん@公演中:04/02/08 18:10 ID:XRjo70IQ
  _、_
( ,_ノ` )y━・~~~


120 :名無しさん@公演中:04/03/13 19:05 ID:n834zBbz
終わり!

36 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)