5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

殺意の因習、狭山事件4th

1 :狂い死ぬほどの恐怖とは・・・・・・・:03/01/29 19:17
過去スレ

狭山事件
http://curry.2ch.net/test/read.cgi/occult/1013392706/
底知れぬ暗黒、狭山事件2rd
http://curry.2ch.net/test/read.cgi/occult/1027698303/
狂気の迷宮・狭山事件3rd
http://hobby2.2ch.net/test/read.cgi/occult/1034680074/
過去スレミラー
http://de.geocities.com/zeroyaruki/

狭山事件って何?って人は、ここを御一読下さい。
ttp://www.alpha-net.ne.jp/users2/knight9/sayama.htm


2 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/01/29 19:17
>[96/08/13 11:22] VFG16667 由佳/高校の思い出と三毛猫さんへ
>
>三毛猫さんの学校の話、笑いました。私がEXA先生に教わった公立高校は学区内で4
>番目くらいでした。同じ最寄り駅に2番目の高校がありました。
>毎朝駅でその高校の生徒を見ている私たちの心に「劣等感」はもしかしたらあったかも
>知れません。でも、私は私が通う高校が好きでした。だって
>EXA先生のような方は、絶対に他の学校にはいません。先生に出会えただけでも、
>「この高校に来てよかった」と思っていた生徒は多いと思います。勉強ができないと
>か、希望の大学に入れなかったとかいうのは、自分の責任です。
>でも、先生みたいな人には、一教師で終わらずに「文部省」とかに入って
>日本の教育をひっくりかえすようなことをして欲しかったな。
>でもそれなら教わることもなかったわけか。そう思うと日本の教育全体の
>問題なんかどうでもいいです。やっぱり「習えてよかった。」だもん。


3 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/01/29 19:18
2ゲト
オホホホホ…

4 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/01/29 19:22
4ゲト
フヒヒヒヒ…

5 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/01/29 19:38
解った!
犯人は

6 :声明文:03/01/29 19:47
http://home7.highway.ne.jp/tobicco/sonota12.htm

7 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/01/29 19:51
7ゲット

8 :1-531:03/01/29 20:53
1 オツかれ。

9 :3-679:03/01/29 21:43
この4thスレを使い切るまでには、数多くの謎の1つでも
解決したいものですね。

10 :あなたのうしろの名無しさんが・・・:03/01/29 23:17
そうですね

11 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/01/30 05:18
>977
写真でみると遺体はうつぶせに埋められていますが、
だとすれば「玉石を置くことによって顔の破損を防ぐ」
というのはあまり関係ないと思います。
玉石は要するにシャベルが当たらないようにするためでしょ?
うつぶせだったら気にする必要はないとおもいますが・・・

12 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/01/30 05:24
一般的に遺体に目隠しをしたり、わざわざうつ伏せに直したり、
毛布かけたりという行為は、近親者かごく近い関係にあった犯人が
被害者を世間に晒したくない、もしくは罪悪感からしてしまう行為
のようです。
通りすがりのレイプ犯に見せかけようと偽装しようとしても、
そういった特徴は表れるとか。

もちろん例外もありますが、死体の状況を見ると少なくとも犯人は
ヨシエちゃんを知っている人物ということになりますね。

13 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/01/30 05:51

これも本の受け売りなんですが、遺体を埋める時に犯人が身に付けてた
物や、手元の物を一緒に埋める場合があるそうです。
中にはそこからアシがついて捕まった犯人もいます。
あとは「犯人だけが知りうる事実」として、埋葬品の事を警察が公表しな
かったりします。

それが「埋葬の形式」と形容するのは少し言いすぎかもしれませんが、
別れのせん別というか、装飾のつもりでやっているのでしょうか。
しかしそれの行為自体が特別珍しいという事もありません。

狭山事件の場合も犯人にとっては何らかの意味があったのかもしれま
せんが、信仰や呪術的ではないと思います。

14 :943:03/01/30 10:06
前スレの944さん、私の書いたことにひとつひとつ否定文を書いていただ無くても
結構ですよ。私は長年自分で調べた結果を落書き程度に書き込んでいるだけです
から。
ただ944さんの最後の書きこみ文から推測すると真犯人はやはり天才的犯罪者に
したい、そう思いたいと考えていると思われます。
しかしながら当時の狭山は現在では考えられないほどの田舎です。そこで起こった
女子高生殺しです。天才的犯罪者が登場することの方が不自然です。
どなたかが書いていましたがOGさんの家から埋葬場所までは200mです。直線距離
です。道なりに歩くと250〜260mほどになります。これは大人2人が遺体を運び
埋葬する時間、距離の限界点と考えています。
それと前にも書きましたが遺体は出てこない出てきて欲しくないものと犯人は思っ
ていたと考えています。それはその後の証言より直後の新聞報道等から読み取れま
す。まず捜索隊の消防団員がのべ4回埋葬現場を通過していてなおかつ地主も発掘
まで2回訪れている(のちに否定しますがこれは初期の証言を重要視したい)なので
埋葬個所はかなり念入りに土面が慣らされ隠匿が意識されていたと考えられます。
犯人の誤算は前に述べたとおりそこまでは完璧であったが雨後の土を掘り返し埋め
固めたため晴天続きの日光により乾燥しヒビが入った為です。


15 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/01/30 12:31

↑ バカだな。。。

16 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/01/30 12:38



17 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/01/30 13:26
>944
わたしも944さんの事件に関する知識の量には本当に敬服していますが、
推理の段階になると真犯人が天才的犯罪者であったり、不確定な人物がを
当然存在しているものとして強引に話がすすんでいたりして、どうも理解
できないところがあります。
あなた程の人がそこまで固執するのはなぜですか?
まず不確定な人物に関する情報をもう少しだしてもらいたいです。

ぼくは>943さんの言われた事が一番自然だと思います。


18 :V944:03/01/30 13:29
>>14
私はむしろOGが事件の主犯と考える方がすっきりするし、複雑と思われていた事件も
解決してみると案外単純だったという実例も多いので、狭山事件もそれに当てはまる
のではないかと考えていた時期もあります。
ただこの推理は、OGが単独犯だった場合にのみ有効だと思うのです。
しかし、以前述べたようにOGの単独犯ではあり得ません。
善枝ちゃん殺害の動機が男女関係の清算にあるならば、共犯者を雇うことは
逆に危険です。大金を用意しなければならないし、事件後にゆすられる可能性もあるでしょう。

共犯はITということになっていますが、特別に親しい間柄でもなかったはずの
彼を20万円ほどの報酬で引き込んだとすると、あるていどの打ち合わせは行なったでしょう。
現に、脅迫状の封筒も宛名の「中田江さく」は、事件の日以前に万年筆で書かれている事が
明らかになっており、このことから事件は突発的なものではなく事前に計画されたもの
であることが判断できます。

ついでに付け加えると、あの脅迫文は意図的な訂正(日付と場所)は別として、
まったく書き損じがなく、ボールペンで一気になれた筆致で書かれています。
(訂正文字は万年筆。また二種類の手袋の跡も発見されている。)
あれだけの文章がOGにすらすらとすぐに書けるはずがなく、彼が書いたとすれば、
かなりの時間、推敲に推敲を重ねたものであると思います。
(のちに弁護団の依頼した斎藤鑑定で、下書きをした跡が見つかっています。)

OGが主体で計画したとすると、脅迫文を考え、偽装行為としてITに佐野屋に行かせる
(仮に佐野屋にはITが金欲しさに勝手に行ったとしても)というような策略を施す
人物が、肝心の死体埋没のみ「時間と体力の限界」という理由で自宅近くにその場所を
選ぶのだろうか、という疑問が拭い去れないのです。

19 :17:03/01/30 13:37
すこし944さんと943さんがごっちゃになって混乱しています。
二人ともこのスレを引っ張れる持論と知識をお持ちなので
コテハンを作ってはいかがですか?


20 :V944:03/01/30 15:26
それともうひとつ、不可解な事実があります。
友人関係でなかったOGとITを結びつける人物と言われている、OGの遠縁にあたる
雑貨店経営のOS(当時は植木屋とブローカーまがいの仕事をしていたらしい)の存在です。
OSは当時「塀の中で植木職を身につけた」と言われていて、とかく良くない風評の人物でした。
(これはあくまで当時のOSについていわれていたことを述べたものです。念のため。)
彼がITをOGに紹介したとみている人は多く、犯行には関与していないとしても、
事件の背景について、なんらかの事実をつかんでいるのではないかともいわれています。

そしてこのOSが、遺体発見・OG自殺のあと、不可解な言動を見せるわけです。
まず善枝ちゃんの葬儀があり、晴れの結婚式を翌日に控えたOGが、式の準備をしている
家人の隙を見て農薬エンドリンを飲み「俺は生きてはいられないんだ」と叫びながら
実家の井戸に飛び込んで自殺した(遺書は会社の早退届の裏に走り書きしてあったという)
5月6日に、OSは「事件当日、薬研坂の雑木林で二人の男を見た。一人は西武通運の制服を
着ていたので、多分OGだろう。」と近所に触れ回ります。

ところが9日、その情報を聞き込みに来た刑事には
「二人の男は実は石川とH(石川氏の友人)に似ていた。」と訂正します。
I養豚所に出入りしていたOSは、そこで以前働いていた石川氏とH氏とも顔見知りでした。
ちなみにOGは疑惑濃厚(アリバイ不明確、血液型の一致)だったにもかかわらず、
行政解剖もされず自殺の翌日7日に、警察は早くも「シロ」と発表します。

そして石川氏が単独犯行を自供させられたあとの6月30日に、OSが取られた調書では、
なんと「今までの目撃情報は全て嘘でした。」とそれまでの発言を全否定し、
その後の弁護団からの問合わせにも「事情聴取を受けたことはない」とOSは嘘をついています。
(OSの調書は事件から10年以上経ってから開示された。)

21 :943:03/01/30 15:34
私のOGさんに脅迫状は書けるという意見と944さんの書けないという意見はいくら
議論をしたところで平行線でしょう。
当時の意志伝達手段は電話よりも手紙、情報収集手段はテレビよりも新聞や本となり
いくら学歴が無いとはいっても現代人よりはよほど文章力はあったと断定できます。
特に現代だったかで筆跡鑑定に引き合いに出された結婚のお祝いに対するお礼文など
はとてもしっかりした物で感心したものです。
私はOGさんが気弱で従犯くらいにしか役に立たないというのは亀井トムの長兄を
主犯にしたいがための誇張表現による物が今興味をもつ方々の足かせになっている
としか思えない。
埋葬場所については私は色々な犯罪関係の書物を読むにつけ、かの場所は特に近い
とも遠いとも思わない。古い完全犯罪を狙った事件などでは自分の庭や縁の下に
埋めることも多く、この検案でOGさんが仮に埋葬場所を考えたとしたら遠方に
運ぶとしたら交通手段が必要であり(それには幾分かのリスクが増える)人力で
時間的制約のある中運搬埋葬まで済ませるにはかの場所は適当であったと思うほ
か無いと思う。
遺体の下着をずらした点などは万一見つかった場合行きずりの犯行を加味したい
がためのずるい行動と思いますが基本的にOGさんにとってはあの場所から発見
されないのがベストであったと思います。

22 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/01/30 16:40
17は見事スルーされました

23 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/01/30 17:38
前レスでは怨恨による第3の男?森関連、有力政治家がでてきていたが、
後半から長男共犯およびOGとIT共犯説が再浮上。

>>944
その当時、事件直後に自殺したOGが怪しいと噂になるだろうが、
そこに共犯としてITがでてきた大きな理由はなんなんでしょうか?
またこの事件で最初に真犯人を特定した本は何でしょうか?
分かりましたら教えてください。


24 :V944:03/01/30 18:04
私は「真犯人が天才的犯罪者」だと確信しているわけでは毛頭なくて、
すでに述べた通り、むしろOGの犯行と考えた方がより合理的だと思っているくらいです。
ただ、彼の単独犯ではないことは事実が証明しているし、そうなると共犯者
(または従犯か幇助者)を想定せねばならず、巷間囁かれている人物をそれと
仮定した場合、様々な疑問点が浮き上がってくるので、この問題点について議論しながら
推理を進めていきたいと考えています。
その上で943さんの見方が最も妥当だとする結論が導かれたならば、大変結構なことであり、
私の疑問点は「単なる邪推」だったとなっても、一向に差し支えありません。

では次に、警察当局が当初事件をどうみていたのか、あるいはどう解決しようとしていたのか、
私の現時点での見方を述べたいと思います。

まず警察は、被害者が幼児ではなく16歳の高校生だったことから、当然のことながら
顔見知りの犯行との線も想定していたことと思います。
ただし、複数犯であるとの考えはかなり大きかったと思います。
そして被害社宅で作男をしていたOGの自殺。
篠田国家公安委員長の発言(「犯人は生きて捕まえねば…」)で、死んだ人間に用はないとされ、
OGはシロとされ、I養豚所関係者(すなわち被差別部落住民)に対する見込み捜査が開始された、
というのが一般的な図式のようです。

しかし私は、この見方に疑問を感じています。
そして警察は必ずしもOGを完全なシロとは断定していなかったのではないかと思えるのです。
佐野屋での失態から、警察組織内が「なにがなんでも犯人を生け捕りに」という雰囲気に包まれたのは
事実でしょうが、仮に重要容疑者が自殺したとしても、共犯を逮捕することは出来る。
それを自殺の翌日にシロと断定するのは、あまりにも早計過ぎる。
私はここに、ある作為性を感じずにはおれないのです。

そう、「OGはシロ」との発表は、なりふり構わぬ警察が仕掛けた罠だったような気がするのです。

25 :V944:03/01/30 18:36
そして出てきたのがOSの目撃情報。
OSがどういう意図でこの情報を吹聴したのか、皆目見当がつきません
(OSは警察当局と「一心同体」であり、最初から警察に頼まれて情報を流した
との判断をしている人もいるようです。)が、警察がこの情報に飛びついて
事件のグランドデザインを描き始めたことは間違いないでしょう。

ところがOSは、二日後に「二人組はOGと誰かではなく、石川とH」という風に
変更してしまいます。
これについてはのちに「最初から石川とHということは分かっていたが、
仕返しが怖いので言えなかった。」と言っています。
(このへんは石川氏が中田家の場所を聞きに来た」との証言をしたU氏が、
届が遅れた理由と似ていますね。)

これが「OGはシロ」という警察の発表に合わせた誘導によるものなのか、
OSが何らかの意図をもって訂正したものなのかも謎ですが、
ともかく警察はこの時点で「実行犯はI養豚所に出入りする不良」との
見込みを立てたのだと思います。

OGの死のあと、すぐにOSの目撃発言があったので、捜査は急展開しましたが、
それがなければ、「OGシロ」に安心した共犯者(または主犯)が尻尾を出す
ことを期待しての罠だったような気がします。

26 :V944:03/01/30 19:29
ところが警察にとっては厄介な目撃証人が現れます。TNさんです。
彼もまた、事件当日に薬研坂で怪しい三人組と車(ジープ?)を見たとの情報を
持って狭山署にやって来ました。
これはすでに捜査方針を決定していた警察にとっては、邪魔な存在でしかなかったでしょう。
彼を二日間、自殺(?)に追い込むまで厳しく責めたてたことを考えると、TN情報は、
OS情報とはまったく相容れない内容だったのだと思われます。
あるいは、真犯人側の撹乱情報だと断定しての追及だったのかもしれません。
(スレ1の898さんの伯父さんの話は、そう考えさせるに十分な内容でした。)

ともかく、警察はOGプラスI養豚所関係者が犯行一味との考えを持って、捜査を
進めていたことは容易に想像がつきます。
マスコミに向け「重要容疑者の三兄弟を近日中に逮捕」と発表したことを考慮すると、
警察は、主犯はI養豚所兄弟、実行犯はそこに出入りしていた石川氏、H氏など、
善枝ちゃんを誘うために、彼女と顔見知りのOGも協力したのでは、という判断をしていた
のではと思えるフシがあるのです。

その後、三兄弟の逮捕は延期となり、(一説には米軍の残飯払下げの利権を握っていた
I養豚所の支援者である地元の有力者の圧力があったともいわれています。)のちに別件で
長男のITを除く次男と三男が逮捕されますが、アリバイが証明され、彼らは釈放されます。
ちなみにITは養豚所の経営と仕事には直接関わってはいませんが、石川氏らとは顔見知りでした。)
結局、警察は石川氏を中心とする複数犯との見方に変更し、石川氏らとはまったく接点がないOGは
5月7日の発表どおり、めでたく(?)「シロ」で決着した、というわけです。

27 :V944:03/01/30 19:29
あとはご存じのように石川氏とH氏の長期拘留が続き、石川氏の釈放即、再逮捕という
異常事態が起き、石川氏はついに「三人でやった」と嘘の自供を始めるわけです。
警察も最初は複数犯にこだわり、石川氏を責めたてましたが、無実の石川氏は
それをうまく説明できず、結局自分の単独犯行ということに変更し、警察と検察も
「石川単独犯」の発表にいたることとなります。
このとき、あくまでも複数犯との判断を当局が崩さなかったならば、石川氏の友人・H氏も
共犯として冤罪に苦しむ半生を送ったことと思います。
石川氏は本当に気の毒でしたが、H氏にとって不幸中の幸いだったのは、真犯人が残した
様々な偽装工作でした。
これを石川氏が合理的に説明できず、警察もそれらをまったく理解できなかったがために
複数犯という筋書きに無理が生じたというわけです。

大変長くなって申し訳ありませんが、私が疑問に思う事件の謎を推理するには、警察が
理解できなかった真犯人の偽装工作の意味を考える上で重要なことなので、
若い方のためにもと、当時の警察の見方についての私の推理をあえて書き込みました。
このところ一人で長く占拠してしまったので、しばらく期間を置いて事件の様々な謎について
皆さんと一緒に考えていきたいと思います。

28 :V944:03/01/30 20:02
追記。
事件が「単独犯の犯行」で決着した以上、あのOGの目撃証言
「薬研坂で見た二人組」の存在が今度は邪魔ということになりました。
ここで当局はOSに対し「今までの証言は全て間違いでした。」という調書を取り、
彼にそのことを口外しないよう言い含めた、というわけです。

「塀の中で植木職を覚えてきた」OSにとって、警察に迎合することは
彼の処世術だったという人があり、反対に「いや、彼こそ事件の真相を掴んでいて、
それを覚られないためにニセ情報を流し、警察を手玉にとったのだ」と見ている人も
存在します。
いずれにせよ、あまり語られることのなかったこのOSという人物に迫ることで、
事件の背景が見えてくる可能性もあるのではないかと私は思っています。

この警察とOS、そしてOSとIT・OGをめぐる人間関係に、事件の謎を解く鍵が
隠されているのかもしれませんね。

29 :前スレ949:03/01/30 22:15
また論議が盛り上がっているところに水を差すようですが、
Part3スレの1000到達を確認いたしましたので、
>1の過去スレミラーにアップしておきました。

30 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/01/30 22:52


31 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/01/31 14:36
最初のスレの終わりの方に、事件当時に捜査に関わった刑事の話が紹介されている。
貴重な話を寄せてくれた点には敬意を表するが、
その983にこういうくだりがある。
「石川さんはもう刑期を追えて市井の人として無実を訴えている」
(「追えて」は「終えて」の変換ミス?)
だからいまさら真犯人追及などやっても無意味ではないかとのニュアンスが感じられ、
実際、そう思っている人も多いことだろう。
しかしこれは大きな認識不足であり、勘違いなのだ。
こういう言葉が、権力側にいた人物から発せられるところに、日本の人権意識の低さが
よく現れていると思う。

石川氏が高裁で受けた判決は無期懲役。
石川氏は服役し、最高裁への上告も棄却された。
そして三十数年間の獄中生活を送り、今は「仮釈放中」の身。
冤罪が証明されない限り、一生この状態は続く。
決して「刑期を終えた」わけではない。
従って、自分の自由意志でいつどこへでも行ける「市井の人」とは全く立場が違うのだ。

石川氏はこれを「私の手には見えない手錠がかかっている」と表現している。
そして、三十数年ぶりに帰った実家で、両親の仏壇に手を合わせるよう兄に言われたとき、
「殺人犯の汚名を被せられ、見えない手錠を嵌められた自分にはそれは出来ない。」
と、いまだにお墓参りにも行っていないそうだ。
「それとこれとは別だ。」というお兄さんと、今でも口論になるそうだ。
しかし、「これは出所する車の中で固く自分に誓ったことだから。」と
頑として受付けないそうだ。
石川氏の夢は、一日も早く再審で無罪となり、真っ先に両親の墓に行き
それを報告したあと、かつては行きたくても行けなかった夜間中学に入学することだそうだ。
そして中学に入ったからには5番以内の成績を維持して卒業することが目標という。

32 :初心者:03/01/31 17:26
結局、事件の関係者で変死したのは全部で何人なの(今までのところ)?

33 :943:03/01/31 17:56
閑話休題
私が子供の頃(数十年前だが)には野犬狩をする人がまだいた。
小学校の3年の頃だったと思う、ある友達に犬がたくさんいるところがあるので
見に行こう、と誘われた。小学校よりさらに遠いところであったから気がひけた
が家では犬を代々飼っていて好きだったので見にいってみた。
そこは学校より10分程歩いたところで宅地の中の長屋の一番奥の場所であった。
犬たちは鉄製の大きな檻の中に4、5匹いて他にも複数の檻があり犬は体格によ
って振り分けられていたようにも思えた。
こちらに歯を剥いて吠えて威嚇してくる犬、妙に擦り寄ってくる犬、大きいのやら
小さいのさまざまで犬独特の匂いが当たり一面漂っていた。
野犬狩のおじさんは子供目に見ても小柄であったが赤黒く日に焼けがっちりした
体格であった。その後も犬を見に行って見つかると「ここには来るな」と怒鳴られ
たから良く憶えている。
しかしある日を境に行かなくなった。いつもと同じように友達と給食の残りのパ
ンを持って出かけたのだが、犬の檻の前にはトラックが止まっており見つかった
らまた怒鳴られるなと思いひき返そうとした、しかしその時檻の奥から「クゥゥ
ー」と何とも言えない声がしたので再び檻のほうに歩み寄るとまた同様の鳴き声がし
た。檻の中を覗き見るといつもは檻の奥の家に面した所はシートというかカーテン
のような物で仕切られていて見えなかったのだが、その日はまくられて丸見えに
なっていた。その中でおじさんは立ったら自分より大きそうな犬の首にカーボーイ
が使う投げ輪のような物を引っ掛けると手際良く檻の外に引きずり出し、縄を左右
に器用にひねると犬はあっという間に先ほどから聞こえた断末魔の声をあげて崩れ
るように倒れこんだ。檻の外に目をやると口から舌を出して横たわる犬たちが複数
見え私と友達はその場を逃げるように立ち去った。
その後その近隣に立ち寄ることは無かったが高校の頃市内に巨大マンションが建設
されると話題になった時にあの場所は確か犬たちがいた場所だな、懐かしく思った
ことがある。


34 :初心者サンへ:03/01/31 22:14
>>32
主だったところでは以下の通り(死亡順)。

@被害宅の元作男、OG(農薬を飲み、井戸に飛込自殺)
A目撃情報をもたらした、TN(心臓を包丁で一突き自殺)
B佐野屋で犯人の声を聞いたPTA会長、MH(脳内出血で急死)
C被害者の次姉、NT(農薬自殺)
D「ひこつくし」の名手、IT(鉄道列車で轢死)
E被害者の次兄(首吊り自殺)

以上、遺書があり自殺として扱われているのは@CE。
@は以前からノイローゼ状態ともいわれており、
結婚式を前に、性的不能を悩んでの自殺ともいわれている。
Aは警察発表では、支援していた議員の落選を苦にしての
自殺とされているが、家族はそれを強く否定。
Bは単なる病死とする意見が多く、事件の「不審死者リスト」
からは外されている。
Cは事件後からノイローゼで通院しており、一審の死刑判決後、
日記を中断。妹の後追い自殺といわれている。
Dは自殺、他殺、事故死いずれも不明。重いアルコール依存症で、
入退院を繰り返しており、病苦とも借金苦による自殺ともいわれている。
Eは経営する飲食店の不振が原因とされているが、妻はそれを否定。

35 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/02/01 00:18
拡大すれば、たしか
中田家の母親も精神病院にて急死。
姉だっけ?自殺を診断した医者もでしょ。


36 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/02/01 06:04
>33
「閑話休題」の使い方、間違ってるよ

>■[閑話休題]の大辞林第二版からの検索結果
>かんわ-きゅうだい ―きう― 【閑話休題】

>話を本筋に戻すとき、または本題に入るときに用いる言葉。接続詞的に用いる。むだな話はさておいて。それはさておき。さて。



37 :3-679:03/02/01 10:25
>>34-35
義枝さんの母は、「不審死者リスト」からは外せませんね。母Mは、
昭和28年に精神病院に入院、11日後に「脳腫瘍」という一万人に一人位
しかいないという珍しい病気で死亡しています(正式な死亡診断書あり)。
さらにこのスレパート2では、
>中田家の秘密とは、色情狂の母親が、遠くの精神病院にブチ込まれて、
>不審な死に方をした事に、父親と長兄がただならぬ係わりをもって
>いたということですね。
とのレスをしている人もいます。
つまりこの事件全体において、父栄作氏および長兄が、義枝さんの誘拐
殺人に関して、なんとも不可解な行動や発言をしていたのは、母の不審死
についての秘密を隠すためではなかっただろうか、と考えることもできる
わけです。(私の仮説ですが)。


38 :3-679:03/02/01 10:33
>>37の追加。
そもそも脳外科手術の必要な脳腫瘍の患者が精神科に入院すること
自体不自然ですし、母は入院直前まで元気に働いていた、との証言も
あったと思います。精神科の閉鎖病棟とは、自傷・他害を防ぐための
管理施設でもあり、入院患者が死ぬこと自体、非常にめずらしいこと
なのです。

39 :( ゚Д゚)y─┛~~ :03/02/01 10:46

@中田善枝(事件の最初の被害者)
A被害宅の元作男、OG(農薬を飲み、井戸に飛込自殺)
B目撃情報をもたらした、TN(心臓を包丁で一突き自殺)
C佐野屋で犯人の声を聞いたPTA会長、MH(脳内出血で急死)
D被害者の次姉、NT(農薬自殺)
E「ひこつくし」の名手、IT(鉄道列車で轢死)
F被害者の次兄(首吊り自殺)
G善枝の母親(精神科の閉鎖病棟にて脳腫瘍の為病死)

40 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/02/01 12:56
事件捜査が大きく動き出したのは、なんといっても5月11日にスコップが発見されてから。
このスコップ、死体発見現場とOGの新居の中間地点の麦畑で見つかっているが
不思議なことに、大勢の山狩り隊が何度も徹底的に調べた場所から忽然と出てきている。
事件直後に、I養豚所でスコップが紛失していることを聞き込んだ警察は、ただちに
「スコップはI養豚所のもの」と発表しているが、なぜかその時点では養豚所側には
紛失したスコップかどうかの確認をとっていない。
そして翌日12日には捜査本部の人員を大幅に削減している。
経営者のIK(I兄弟の次男でITの弟)に確認したのは5月21日。
もうこのときは石川氏逮捕の方針は固まっていた(石川氏逮捕は5月23日未明)。

果たしてスコップを隠したのは誰なのか。
まさか警察がこの時点で証拠捏造をやるとは、いくらなんでも考えられない。
となると、それをやったのは真犯人では?ということになる。
では、そこにスコップを置いた真犯人の意図は何か。
その場所から考えると、6日に自殺し7日にシロと発表されたOGに再び捜査の眼を
向けさせるためだったと推理している人が多い。

警察はI養豚所のスコップと犯行を結び付け、5月15日にはマスコミに向け、
「容疑者の三兄弟を近日逮捕」と発表した。
ところが19日には「兄弟にはアリバイあり」と逮捕は中止となり、この日なぜか
養豚所経営者IKは石川氏宅を訪れ、石川氏の血液型を聞いている。
このことから、IKはスコップを養豚所のものと認める替わりに自らのアリバイを
主張、そして石川氏を重要容疑者として差し出したのではないかとみる人もいる。
ちなみにこの時点で捜査陣は半数に減らされ、犯人捜査のヤマ場は超えている。

41 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/02/01 12:57
それでは、OGは犯行に関与したのか、していないのか。
関与していたと仮定すると、共犯者がOGに全ての罪をなすりつけるために仕掛けた
と考えていいだろう。
その共犯者をITとする。
この場合、ITは自分の弟が経営する養豚所のスコップを使うだろうか。
逆に自分に疑いがかかるかもということは考えないだろうか。
事実、そのスコップが養豚所のものと断定されたことで、
犯人は養豚所で飼われている犬に吠えられずに盗める関係者ということになり、
養豚所と接点がないOGは犯人一味ではない、ということになった。

一体誰が警察の眼をI養豚所に向かせるような策略を施したのか。
これも大きな謎であると同時に、「OG・IT共犯説」に対する一つの疑問ともいえる。

42 :初心者:03/02/01 14:20
ありあとあんした。

検死した(解剖せず)医者がその後行方不明となり、
遠洋航海船で死んだのは何年後なんでしょう。

この医者もなにか後ろめたいものがあり、
地元で開業を続けられなかったんでしょうか。

43 :あなたのうしろに名無しさんが:03/02/01 15:10
懐かしいなあ(現在進行中の事件に対して失礼ですが)
ウチの学校はその手の教育に熱心で(某政党からの助成金目当て)
月1で釈放要求集会があり、皆嫌々、ときの声あげていました。
このスレのように説明されれば、皆も納得したでしょうが、そんな頭の良い先生は居なかった(笑)
石川氏の仮釈放後、再審請求を!の立て看板は何故か外されましたが、子供心に
「それは違うやろ!」とつっこみを入れていたのを思い出します。

44 :943:03/02/01 15:33
スコップは養豚所の物でも事件に使用された物でない、2003年にもなって
事件に関係しているように思っている人がいるとはビックリしました。
なので
>この場合、ITは自分の弟が経営する養豚所のスコップを使うだろうか。
は却下、短文ですいません。
昨晩見れるだけの過去レスを読んだのですが944さんは以前の488さんで
しょう、たまに名前無しになったりして今はスコップのことを書いている。
以前から自分の意見にそぐわぬ物は皆で一緒に考えようという様な事を
していますね。
以前では警察官のおじさんの話しを書いてくれた人の話は面白かった。
531という人の犯人に電話したというのもドッキリしますね。

488さん次ぎはなんですか、ビニール風呂敷でも話題に出しますか?

45 :盛況 ◆cQ5CwQT2.c :03/02/01 15:34
>>36
なるほどそうでやんすね。爾後小生も気をつけまス。

46 :1−531:03/02/01 16:19
>>44
当時私は盛況氏と同じ考えでしたので。
>37にある過去レスは私のだな〜

47 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/02/01 16:29
>>44
>944さんは以前の488さんでしょう、

それは言わない約束。。。

48 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/02/01 17:00
みんなわかってるんだから・・・
野暮こというなよ・・・

49 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/02/01 17:01
>>41
タイの船医をやっていて船の中で急死したのは、ハンスト中の石川氏を
診断した医者では?この人は善枝さんの解剖に立ち会っているのかな?
>>44
発見されたスコップは確定判決でも事件に使用されたと認定されているのでは?
だから>>40では、誰が何の目的であそこに置いたかを問題にしているのでは?
弁護側がやった、スコップに付いていた土の鑑定で、それが事件に使われた物でないことは
前提での話と思うが。
ちなみに自分は488でも944でも40サンでもありません。

50 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/02/01 17:03
入間歴3年さんか
スレ1の叔父さんが元警察の彼
でてきてくれないかなぁ

51 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/02/01 17:08
>>37
原正主任検事も脳内出血で急死していますね。
その他、検察側・弁護側ともに急病で出廷できなくなる重要証人が
異常に多いのがこの裁判の特長。

52 :盛況 ◆cQ5CwQT2.c :03/02/01 17:13
*犯人像について
 小生も真犯人が「天才的犯罪者」とは思いませぬ(もっとも捕縛されることもなく、未だに特定されてはいないので、結果的比喩的には天才的、とは言えるで
ありましょう)が、「綿密な計画性を有する犯罪」それを実行した者とは申せましょう。ト申すか、小生はそう思っております。
 であるとするならば、小生としては、殺人は突発的なものではなく、初めから、そのように計画されたもの、そして殺意をいだく動機が存在したでありましょう。
 ただ、「綿密な計画性を有する犯罪者」ではあっても、完璧ということではなくって、ところどころ、どうしても間の抜けた部分も残してはおるでしょう。
 一例としては、前擦れで指摘されておりましたが、脅迫状の文面の「てにをは」を「〜わ」と稚拙を装おうべき処、思わず知れずして「子供は〜」と書いてしま
ったりしております。
 即ち、そのように綿密なはずの犯人が、このように間の抜けた、或いは不用心な行ないをするはずがない、と言いたくなるような事も、残してはおるでしょう。

 犯人にとって幸運なことには、肝心の警察が、周知の如く石川単独で押し切っ
てしまったため、いよいよ事件が複雑な様相を呈したことにあるのでありましょう。

*OG主犯説の蓋然性について
 OGが事件当初に「自殺」をしたこと(死体発見の翌々日)、しかもOGはおのれの婚姻をひかえておったという事情(つまり死の動機の点で、婚姻をひ
かえての自殺が不自然と思われやすい)、元被害者宅の作男をしていたこと、血液型B型、OGの勤め先が被害者が目撃されたガードに近い事実、死体発見
現場がOGの新居に近い事実、などが取りざたされております。
 小生も当初、OG主犯プラス外部共犯者(外部と申すのは被害者宅との関係上。一応OG本人も元作男という立場から、「被害者の身内に近い」と見て)
との説でした。
 ただ、OGと他共犯者との関係性、動機上の繋がり、殺人にまで至る犯行を共同謀議及び実行する必然性、などを無理なく推理することがどうしても手に
余りまして、二の足踏んでいた申すのが実情でありました。
 それなので、OSという人物との関わりでそのあたりの解明がもしあれば、これは願っても無いことデ。

53 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/02/01 17:18
スレ1の元刑事伯父さんの話の中で、脅迫状発見のくだりがありますよね。
それによると、調書では長男が発見したことになっているが、実はそうではない
かも、という感じになっている。
また、警察官が自宅に駆けつけると大勢の親戚が集まっていて足跡の
調査どころじゃなかったとも。
これは脅迫がもっと早かった、家族は親戚総出で善枝さんを探しまくっていた
とう説の有力な肯定的証言ともいえますね。

54 :?:03/02/01 17:18
>>50 そんなこと言ってないで自分で少しは推理してみたら。

55 :3-679:03/02/01 17:28
>>46
勝手に引用して申し訳ありません。>1-531氏。
それから>>44の934氏。パート1スレ488氏と、前スレ944氏は、
私は別人だと思います。私は15年、雑誌・書籍の編集をやって
おりますが、まず488氏と944氏の文体は(故意にそうしたので
なければ)まったく違います。
とくに、488氏が「すなわち」「なのであろう」と論文調の文体で
あるのに対し、944氏はもっと柔らかい書き方をしてること。
また、488氏が「出来る」という変換を多用している(普通、
編集者は著者の承諾を受けて「できる」」と開くのが通例)、
しかし944氏は「できる」と書き込んでいる箇所があります。
ま、スレ違いですね。間違っていたらスマン。

56 :盛況 ◆cQ5CwQT2.c :03/02/01 17:30
>>53 『脅迫がもっと早かった』
左様、それに加えて、所沢署(伯父さんの勤め先)での事件捜査の会議が、「6時か6時半ごろ」と記されておりました
から。そうなると、脅迫状と自転車の件はある程度解決出来、つまりOG説でもこの点は無理なく行けると申すものなの
であります。

54での小生文、改行位置が読みにくいネ。スマン。


57 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/02/01 17:35
確かに不倫の清算というだけでは、これだけややこしい偽装工作をした上
共犯者まで使って警察に挑戦するようなことはしないと思うけどな。
しかも死体が見つかったらあっさり自殺してしまうあっけなさ。
おいおい、それまでの偽装工作はなんだったんだ、とツッコミたくなるほど。
元作男は、うまく利用されたという見方の方が当たっている様な気がする。
元刑事伯父さんの話にも
「死ぬ1ヶ月前くらい から大変な事になったと家族や同僚に繰り返している。」
とあるぐらいだから。

58 :943:03/02/01 17:35
だいぶ前の531さんと1-531さんは同一の方でしたか、気づきませんでした
失礼しました。
閑話休題についてレスされていたのは見逃しました、前後の文章とつながり
が無い時の余話や話題を変えるときに使用しませんか?違うとしたらあらため
なければなりませんが。

59 :943:03/02/01 17:49
「死ぬ1ヶ月前くらい から大変な事になったと家族や同僚に繰り返している。」

私は掲示板ではなく他で仕入れた知識でしたが同様な事を聞いたことがあります。
私としては被害者がすんなり別れてくれない、しかし結婚の期日は迫ってくる事
からのあせりと苛立ちと解釈しております。
55の人、私も断定はしないけどね、長い文章と知識から見て間違い無いと思うよ。
特に皆で議論しようなどと言う人はそれほどいないと思うけどね。

60 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/02/01 17:52
>>55
人格を替えているんだよ、バカだな。

61 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/02/01 17:52
>>56
それと、石川さんのお兄さんが刑事から
「トヨエースに男と乗った女子高校生を見なかったか」と聞かれている。
トヨエースのタイヤ跡は死体発見現場でも見つかっているらしく、
養豚場にもトヨエースがあったので、経営者兄弟が疑われたらしい。
そのほかにも「車に乗った女子高生」の聞き込みを受けた民間人は数多く、
事件の夕刻(脅迫状が届けられたとされる時刻)、
男と自動車に乗った制服姿の女子高校生を捜す中田家の親戚がいたとの噂もある。
最初の脅迫が電話で「車で娘をさらった」という話は本当なのかも。

62 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/02/01 18:07
>>59
なるほど。「大変なことになった」とは善枝さんとの別れ話がこじれたことですか。
ところで943さん、あなたは大変事件にお詳しい地元の人のようですが、
一つ質問があります。
善枝さんは明朗活発で勝気な性格だったといわれていますよね。
ボーイフレンドも多くいたとか。
でもそのボーイフレンドはみんな高校生か少し上の年齢と聞いています。
警察が全員調べても、みんなアリバイがあったとか。
そしてそれらのボーイフレンドの存在は、家族もみんな知っていたとか。
このことで父と兄とはしょっちゅう喧嘩していたらしいですね。
そんな彼女が30男の冴えない(失礼)トラック運転手と恋仲になっていたという
のは、誰かそれを証言する人物でもいるんですか?
もし隠そうとしても、当時の農村社会では絶対ばれると思うんですが。
あ、わたくしは例の人ではないのでご安心を(w

63 :943:03/02/01 18:27
家族もみんな知っていたとか(そんな事実あったんですか?)
お詳しい地元の人のようですが(地元でもなく詳しくもありません)
証言する人物でもいるんですか(いません、しかし家族に知られていないBFは
いたようですね)

64 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/02/01 18:52
>>63
失礼いたしました。
自分も地元の人間ではないのですが、ある地元の人(再審運動をしている人)から
聞いたのですが、その人の話によると、二人は恋仲などではなかったということでした。
もっとカッコいい(?)ボーイフレンドがたくさんいたはずだから、元作男さんのような
中年に近い男は、誘われても見向きもしなかっただろうと。
ただ、幼い頃からの知り合いなので、その人の推理では、事件当日は結婚祝のお返しに
誕生日祝いを兼ねて、なにかプレゼントを贈る約束があったのではないか、ということです。
そしてそれは姉も知っていたはずだから、どうして姉がそれを隠したのかが分からないとも
言っていました。
結局、元作男さんは真犯人に利用されたという説ですね。

65 :盛況 ◆cQ5CwQT2.c :03/02/01 18:55
>>58 943氏『前後の文章とつながりが無い時の余話や話題を変えるときに使用しませんか?』

*殿岡駿星『犯人「狭山事件」より』につき。
 強姦の後娘が騒いだ故の突発的な殺人事件ナドとしているのは没。犯人を
 相当頭が良くて用意周到と言っておきながら、肝心の動機面、殺害の最初
 の状況がちっとも用意周到ではないので。
 また、残土処理が得意の推理のようであるが、失礼ながら笑えた。リヤカー
 かなんかで死体を埋没場所に運んだら、残土はそのままそのリヤカーに載せ
 て、途中、少しずつ捨ててもよし、そのまま家に持ち帰っておのれの畑で、
 使用してもよし。

閑話休題。→と、こんな使い方では?
>>62 『そんな彼女が30男の冴えない(失礼)トラック運転手と恋仲』
小生としましては、前に誰かが記しておられた「善枝さんにしか解らないOGさんのよいとこがあった
かも知れません」というのも、あり得ることとは思われます。ふつう恋愛ばなしでもよく、「ナンで
アンな男(女)と」ト言うことは良くありますので、です。

66 :盛況 ◆cQ5CwQT2.c :03/02/01 18:58
>>64
失礼致しました。そういう考え方もありましょう。

67 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/02/01 19:28
>>64に追加。
さらにその人は、姉はまさか元作男さんが犯人とは思ってもいなかったので、
迷惑がかかってはと思い、刑事にはそのことはしゃべらなかったのだろうと。
佐野屋に来た男も、元作男さんの声とはまったく違っていたし。
ところが妹の死体が見つかったあと、元作男さんが自殺したので仰天したと。
そして父と兄に相談するも、彼は元使用人でいわば身内に近い人物。
それになぜ最初から言わなかったと追及されても困るので、結局言えずじまいだったと。
真犯人が捕まって喜んでいたところ、なにかのきっかけで、どうも本当は違うようだと
姉は気が付き、それからふさぎ込むようになってしまった、ということです。
そのきっかけがなにかが一番知りたいところなんですが、肝心な点になると、
こういう人って「これ以上言うとさしさわりがあるから」とか言って逃げるんですよね。
まったく、このスレにやって来て全部暴露して欲しいんですが、こういう人に限って
パソコン音痴でどうしようもないんですよねえ。

68 :1−531:03/02/01 19:37
>>55>>58 いえいえ、どういたしまして。

OGは利用されたという説には賛同です。
他殺ではなく自殺が事実だとすれば、事件の計画段階からかかわっていたのでしょう。
しかし、こんな大事になるとは思っていなかったのでは。

もし他殺ならば、罪を被せて自殺してもらうという
真犯人の計画だったのでしょうが、刑札がその手に乗らなかった。
いずれにしても、OGに罪を着せようとした犯人と、
被差別地区に犯人をデッチあげようとした刑札の偽装工作が
見事にからまってしまったのではないかな。

69 :1−531:03/02/01 20:00
トミエさんははじめはOGが犯人だと思っていたんじゃないかな?
真犯人がそう仕向けたから、もしくは何らかの理由で。
彼女のコメントにある「助け合ってきた人」とか
「顔もみたくないし、私の顔を見られないだろう」
っていうのはOGを指しているように思える。
ところが、OGは死んでしまい、被差別部落の不良青年が逮捕された。
長兄とともに刑札の言うなりになったほうが、家のためだった。
しかし、石川さんの死刑判決に行き場所を失い、
心身に異常をきたしていた彼女は・・・


70 :V944:03/02/01 20:34
久しぶりにのぞいてみてびっくりしました。
私はスレ1の488さんとはまったくの赤の他人です。
この方の推理展開は、根本的なところで私のそれと全然異なっております。
怒られるかも知れませんが、私は推理マニアの方とはこの事件への見方は
違っており、自分の意見を主張するつもりも毛頭ありません。

現時点では、OGは事件に関係してはいたが主犯ではなく、養豚所のITは
まったく関係ないか、犯行自体には関係していないが、何らかの形で真犯人との
接点があったのではないだろうかという見方をしています。
ただし、そう断定しているわけではありません。

71 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/02/01 20:39
>67
それをうまい事聞き出すのが話術ってもんだろう

72 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/02/01 21:22
>>71
それが、ここまで聞き出すのが精一杯なんですよー(涙
あなたも現地に行っていろんな人と話すと分かるけど、
なんか妙な縄張り(?)みたいなのがあるらしく、新参の若僧にはもったいなくて
ぺらぺら話せるかい!という雰囲気があるみたいなんですよー。
話術が巧みな人は、一度チャレンジしてみたら?

73 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/02/01 23:53
私の些細な疑問1
OGさんの新居とは、事件当時どんな状態だったのかどなたかご存知ありませんか。
・近くに人家はあったのか、人通りはどの程度か?(人目につかない場所なのか)
・完成していたのか、施錠されていたのか?(他人が容易に出入りできたのか)
というのは、その家が被害者の殺害現場となり得たか、OGさんがどの程度犯行に関与していたか、を考える参考になると思うのです。


74 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/02/02 02:02
>>73
なんの本だったか、佐木隆三の本だったかに書いてなかったけ。
OGは新居にきて泊まったりしてたみたいなこと。
隣人が見ているよね。
そして当日のアリバイも不明確。
会社も早退してるみたいじゃなかった。

犯人が脅迫状を置いた前に中田家に電話したのでは?
というのは可能性が薄いと思われる。
なぜなら当時有線電話であるため記録が残る可能性があると思うが。

スコップについても2本見つかったという話もあり、
もしくはニセものとうい話もある。


75 :螺旋:03/02/02 02:45
些細な質問
山学校とはなんの学校なの?急な質問でなんですが。

>>72新参の若僧にはもったいなくて
ぺらぺら話せるかい!という雰囲気があるみたいなんですよ

ふふふ、そういう雰囲気って、このスレ自体にもあるみたいですね。新参古参どうのって。

76 :943:03/02/02 09:19
64さん、そうですか、私も現役でその再審運動には参加している者です。
生前のOGさんを知る方ともお話したことがありましたが64さんの話は初めて
聞きました。
まあOGさんを冴えない三十男とくくってしまうのも本当に失礼な話ですね
実際結婚しようという相手もいたのですから、その人にも失礼ですよ。

新参の若僧にはもったいなくて  ああわかりますよ私も新参なんで古参の
944さんにやたら攻撃されて辟易してます。

77 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/02/02 10:06
┌─────────┐
│ きのふれたかたが │
│ います。      |
└―――──――――┘
     ヽ(´ー`)ノ
        (  へ)
        く








>>488


78 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/02/02 10:18
久しぶりにのぞいてみてびっくりしました

藁藁

79 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/02/02 11:33
久しぶりにのぞいてみてびっくりしました

藁藁


80 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/02/02 13:56
久しぶりにのぞいてみてびっくりしました

藁藁


81 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/02/02 15:04
>>76
おいおいおい。誰がどんなコテハンで何をいおうがいいじゃないか。943サン。
カキコをよく読んでも、別に944はあんたのこと攻撃なんかしてないぞ。
反論されて興奮しているのはどっちだ。
被害妄想じゃないのか。推理は事件だけにせよ。

82 :盛況 ◆cQ5CwQT2.c :03/02/02 15:46
「人物像」というものをどう捉えるかは、確かに相当に難しい問題であると思われます。
本件の登場人物で言われております人物像その代表的なこととしては、
 OG=気が弱かった
 IT=粗暴
 被害者=活発、男まさり
 長兄=冷静、沈着
などがあり、一種の定説ふうなものともなっております。まあ小生も、そういった
定説をもデータのひとつとして考えたきらいもあります。ただ、よく考えてみますと、
ひとくちに「気が弱い」と申したところで、人間の奥底に、どんな人知れない性質
が潜んでいるかは不明、「冷静」と見られておっても、意外な間抜けさとか、
激情な部分を持ち合わせそれをを発揮したりもするものでありましょう。
つまり、人物の性格判断というものを推理に適用する場合、他の物証や状況証拠に比して、
より慎重でなければならぬのでありましょう。

OGの新居付近はどうでしょう、石川氏宅のほうから見た死体発見現場、自供「殺害現場」
の当時の写真があるのですが、OGの新居は、その写真には写ってないようですが、
どうもその写真左手近くにあったようです。これから想像すると、一軒だけポツンと
建っていたわけではなく、何軒か軒を列ねた恰好であったものと思われます。まわりは
もちろん畑だらけですが、農村の集落というものは、家屋はあるていど固まって存在
するようです。こうした感じから想定すれば、人通りはぼちぼち、人目につかないと
いうほどのことはないと思われます。
まあこの件は、もっと詳しい方がおらっしゃることでありましょう。

83 :943:03/02/02 16:12
あれ? 81さん、私の書きこみで何やら興奮したところございましたか?
却下のところでしょうか、お気に触れましたら失礼いたしました。

84 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/02/02 16:37
>>83
81は>>67の書きこみの事を書いているんだよ。

85 :943:03/02/02 17:23
67の書きこみは私の書いたものではありませんよ。

86 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/02/02 17:56
>>81は944だ罠。
488氏はこのスレを引っ張ってきた功労者だ罠
多少の自作自演は目をつぶる罠

87 :3-679:03/02/02 18:18
>>85
943氏、>>81氏の書き込みは、あなたの>>76に対するレスだと思います。
>新参の若僧にはもったいなくて  ああわかりますよ私も新参なんで古参の
>944さんにやたら攻撃されて辟易してます。
この2行に対してのレスですね。
誰が新参で誰が古参だろうと、事件に関する情報を多く持っている
方々が、書き込みにくくなるようなレスは慎むべきかと思います。
私見ですが。


88 :943:03/02/02 18:50
いやー本心なので慎むあるいは訂正するつもりはありません。
ニチャンネルではスルーするとかいう技術があるのでしょう。ならば書きこみに
対してスルーすればよいのでは。
あなたに慎むべきかといわれる筋合いはありませんね。お互いに。



89 :?:03/02/02 19:09
股こうゆう議論かァ‥‥ツラつきあわせての議論じゃあないんだから、
誰がどれとか言っててもしょうもないと思うんじゃすが。
>87>88 両方とも一理あるんだよ。前スレにも書いたが新参古参みたいな
それこそ「因習」は匿名板じゃあ意味ないし、気に喰わぬものはスルーでよいし。
なるほど、「人物像」って難しいや。ねえ。

90 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/02/02 19:16
えらそうなこと言ってる>>87が一番ミジメ

91 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/02/02 19:17
>>84は俺が書いた間違い
興奮してる書きこみ探して間違えた スマソスマソ

92 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/02/02 19:40
まあまあ、みんなおちけつ。
>87はそんなにえらそうか? >88もそれこそスルーすれば
いいものを。
小競り合いをするよりは、なんかネタを書き込めばいいだろうゼ。

93 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/02/02 22:45

身代金目当ての誘拐については偽装じゃないかと思うヒトが大方だと思うが。
犯人の目的が何にせよ
偽装に見せ掛けなければならない理由は、被害者に身近な人間ということになる。

94 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/02/03 09:40
>>93
真犯人の偽装はもうひとつあって、それは複数犯と見せかけたこと。
これも偽装とみると、犯人は身近な人間の単独犯行となり、
その最適人者はOGではないかということになる。
しかしそうなると、事件の全ての謎が解けないので不可解。

95 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/02/03 09:57
943氏はなぜそれほど944氏を叩くのですか?
結構知識のありそうなお二人なので惜しいですよ。

もっとも>>81とか>>87のように第3者が首を
突っ込んで指図しているのは2チャンでは良くあり
ますが、どうかな〜と思うけどね。

96 :81だが944ではない:03/02/03 10:19
>>95
せっかく面白い議論になってるのに変な方向に行きかけているから
客観的にみた感想を書き込んだだけなのに、また勘違いして変なことをいう
のを「被害妄想」というんだよ。
こういう人って、結局人の意見に耳を貸せないタイプだね。

97 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/02/03 10:51
943ウザイな

98 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/02/03 11:15
被害妄想のあげく喧嘩腰できもい>943

99 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/02/03 11:16
ウザイというか、この事件に対して、かなりの知識があるんでしょう。
だから同じく多くの情報を持っている944氏とぶつかるんだよ。
2人とも書きたいことを書けばいいのに。

100 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/02/03 11:17
ageちまってスマン&100ゲット

101 :95:03/02/03 11:29
結局>>96>>97>>98みたいなのが喧嘩腰で陰湿と思います
けどね。
>>99に対しては禿シク同意です。

102 :七瀬八重:03/02/03 11:31
はあ 喧嘩はよくないですねえ

103 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/02/03 11:36
前スレからの943の書き込みの方がよほど陰湿だけどな(w

104 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/02/03 11:38
では話を戻して943さんに質問。
「スコップは養豚所の物でも事件に使用された物でない」
この根拠を聞きたい。
山狩りのあとに誰かが置いたことは間違いないが、それは警察?
養豚所の経営者はなぜ自分のものと認めたんですか?

105 :943:03/02/03 11:56
うざくて?ケンカ腰で?被害妄想で?評判の943です。しかしながら私の書いた
意見でそれに当てはまるところありますかね。
まあ冗談はさておいて私は別段944氏を敵視しているわけではありません、だけ
ども最初私が持論を書きこんだところ、私の持論に一部の矛盾が無ければ同意す
るとおっしゃる944さんの意見を見て、なにかねこの人はと思ったのは事実です。
それを書きこんだのが81さんが意見した書き込みでしょう。
なのでそれに対して944さん自身が抗議するのなら私も理解しますが他の名前無し
の人達が意見してくるのはどうかなと思ってはおります。

まあ無駄話はさておき狭山事件というのは皆さんご存知の通り本当に起きた事件で
す。実際の登場人物にかかわった方々も実存するわけでその辺りは十分意識せねば
ならないと思っている。
しかし私が思うにこの掲示板ではいくら書き捨ての掲示板とはいえエエ加減な書き
こみが多すぎる。
X氏がどうの特務機関の元軍人がどうの母親の隠し種がどうの長兄がどうの、言い
出したら切りがない。
最後に今は名前無しとなった944さんに言いますが私の持論も抜け目無く、証言者
も揃えた確たる持論ではありませんよ。逆にそう言った物があれば支援事務所に
真っ先に持ちこんでおります。それともあなたはモニターの前でキーを打ちつづけ
ればその内に誰かが真相を教えてくれる物と思っているのでしょうかね。

106 : :03/02/03 11:58
↑この文章をウザくないと感じるやつがどれぐらいいるのかね?(藁

107 : :03/02/03 12:02
>>105
騙りかと思うぐらいに、見事なうざくてケンカ腰な文章(w

108 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/02/03 12:03
>>105
大した根拠もなくOGが犯人というのはOKということか・・・φ(..)メモメモ...

109 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/02/03 12:06
>943さん、機嫌を損ねないでこれからも書き込み続けて
くださいね。

110 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/02/03 12:08
名無しの時に944に論破された私怨ちゃんかよ。萎え・・

111 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/02/03 12:22
反論されたくなければ掲示板にカキコするなよ( ´,_ゝ`)プッ

112 :943:03/02/03 12:27
ちょうどスコップについてご質問が来ていますがひとつ提案したい。

それは引越しをしませんか、という申し出です。ある掲示板のボードマスターに
了解をとりましてそこで事件を検討させていただく。
そこには当然IPもでますし確実なメールを記入することを原則とします。
なので自作自演はほとんど出来なくなります。ここにはかなりの人数がいるように
一件見えますがせいぜい多くて2、3人と思いますのでそこのサーバにもあまり
迷惑は掛からないでしょう。
実際私の知識は私が調べた物もあれば、もっと詳しい先輩に教えを受けた物も多い
のでこの掲示板で書きこむのは先輩にも失礼と思うのです。

どうでしょう。心の準備もあるかと思うので、とりあえず1週間待ちます。

113 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/02/03 12:29
自分のHPの宣伝かよ(w

114 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/02/03 12:57

非常にわかりやすいスレだな(w

115 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/02/03 12:58
>>943
引越しする必要性はぜんぜんないだろうよ。
レスしたい者がレスすればよいのであってね。
なんか勘違いしてない。
個人的には早くその掲示板を作ってもらいたいものだよ。
面白ければレスするしね。

116 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/02/03 13:00
IP抜きたいだけなんじゃないか?

117 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/02/03 13:11
ものの見事に大村ナニガシと同じ反応なのはワロタ
一見沈着冷静のようにみえて反論されると
頭に血が上りお前らなんかに何がわかるかとわめき、
茶化されるとカッコいい理由(と本人は思っている)
をつけて逃げ出す

スレにいるのはたったの2・3人? 
回答期限は一週間?
先輩にシツレイだから、ここには書けない?
アンタ自分を何様だと思ってるんだ?

118 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/02/03 13:18
>この掲示板で書きこむのは先輩にも失礼と思うのです。

失礼と思うなら最初から来るな

119 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/02/03 13:19
少時様に決まっトルやないかい!

120 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/02/03 13:28
>>112
もういいからスコップの件だけも説明してくださいな。
自信満々に書き込んだのはあなたなんだから、
これは先輩からの受け売りじゃなくて「私が調べた物」なんでしょ?
ならいいじゃない。
もったいぶらずに教えて下さいよ。お願い!

121 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/02/03 13:31
>X氏がどうの特務機関の元軍人がどうの母親の隠し種がどうの長兄がどうの、言い
出したら切りがない。

これらの見解を否定なさるなら筋道立てて反論されたらいかがですか?

>どうもスレの流れから見ると自分なりの解釈にそぐわないから反論というケースが
多いですね。

前スレでこの様なことをおっしゃってましたがそれはあなたご自身では?
論にすらなってないという点ではもっと性質が悪いかもしれませんが。

122 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/02/03 13:46
心の準備に一週間(獏藁

123 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/02/03 14:12
なるほど人の意見を聞いて、そのアラさがしをしたうえ、矛盾なく答えられたら
同意してやるという考えにムカついたというわけね。
でもね943さん、支援運動をしてるなら釈迦に説法だろうが、
法廷では検察側・弁護側ともに相手を論破しようといろんな術策をしかけてくる。
それにいちいち感情的になったのでは相手を利するだけ。
要は確固たる論理と確証の元に冷静に論じた者が最後は勝つ。
それに944さんんも別にあなたを挑発するような書き方はいていない。(と思う)
どこで何を述べようが結局はその論述が批判に耐えられるものかどうか、だと思うが。
本当の敵は石川氏を陥れた真犯人と権力者だということをお忘れなく。
生意気な書き方はご容赦のほど。

124 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/02/03 14:24
943、おめ一人その掲示板に行けばいいだけだっぺ。
すでにおめの肩をもってくれるやつはここにはいねって。
1週間なんていわねーでとっとと消えれ!

125 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/02/03 14:32
またミもフタもない事ゆうとキューダンされっぞ

126 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/02/03 14:45
943氏に対する煽りも特定の2,3人の自作自演だろうな
傍見てて

127 :943:03/02/03 14:49
やれやれ。全部ひとりだと思いますが。

128 :3-679:03/02/03 14:58
>>87で、変な突っ込みを入れ、スレをかき回してしまいすみませんでした。

>>127
943氏、あなたはなかなか叩かれ強い人と見た。
ぜひ意義のある書き込みを続けてください。

129 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/02/03 16:12
117は俺だが、他は違うぞ。
ということは犯人は少なくとも2人か(w
早く名乗り出なさい(w
ということはスレの住人が2・3人だから、なんと3分の2(いや全員かも)から
嫌われている943サン、いやエライとこに来てしまったねえ(w
「やれやれ」なんて書くところをみるとそうとう気にしてる?(w

130 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/02/03 16:44
ん?呼んだ?124だけはオレだよ。
943の書き込みが不愉快だから、ちょっとふざけて書いてみたよん。
943に同意する人っている??みんな大人だから黙ってるだけでしょ?
944のケチの付け方もちょっとイヤだけどさ。
掲示板作って、二人だけでガチンコ議論すればいいんじゃない?

131 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/02/03 16:59
2.3人て誰だ?
943と943に否定的なやつと肯定的なやつか?
するとみんなコテハンを複数使い分けてるらしいな(w


132 :124:03/02/03 16:59
943>マジな話、一度名無しに戻るか、しばらくROMって頭冷やせよ。
3-679>あんた、言い方がうまいね。ホント意義のある書き込みをして欲しいもんだ。
オレの無駄な書き込みはこれでオシマイ。

133 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/02/03 17:11
どう見ても一番挑発的なのは943の投稿。

134 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/02/03 17:18
だからスコップが事件と全然関係ないシロモノだと断定した根拠を教えろって!
まさか「あれは山狩り部隊がヘマして見逃しただけ」なんて言うんじゃなかろうな?

135 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/02/03 17:25
ここの連中同士の殺人事件、キボーン。

136 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/02/03 17:28
はいはい。2・3人の(w痴話喧嘩はもうおしまい。
楽しいショーをありがとう。
ということで本筋に戻りましょう。

137 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/02/03 17:39
hahaha

138 :最初のスレの898:03/02/03 17:44
しばらくROMってましたがバカばっかりですね。がっかりしました。


139 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/02/03 17:52
>>131
コテハン使い分けてるなんて当たり前だろ、ちっとは頭使えバーカ。

140 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/02/03 17:57
ここで事件に興味を持ったんで名前が出ている人の著書を探したけど全部品切(´・ω・`)ショボン

141 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/02/03 18:03
>>138
おまえさん、ニセモノだろ。つーか943だろ。
そうやってフェイドアウトしようとしてるな(w

142 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/02/03 18:05
>>140
アマゾンとかで「狭山事件」で検索してみ。2〜3冊は出てくるはずだよ。


143 :最初のスレの898:03/02/03 18:09
>>141
本物ですよ
(w とか書いていると程度が知れますよ。

144 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/02/03 18:17
>>140
ありがとう。

このスレでも亀井、殿岡、佐木、甲斐あたりの名前をよく目にしますね。
実際に読んだ方にお聞きしたいのですが、どれが一番興味深かったですか?

145 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/02/03 18:43
この騒動にこりずにカキコ続けて下さい>531、盛況、944、679各氏

146 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/02/03 18:45

>140>142>144 禿げシクわかりやすい自作自演発見スマスタ

147 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/02/03 18:46
ここの人達、逝っちゃってるよぉ〜((((;´∋`)))ガクガクピヨピヨ

http://bbs11.otd.co.jp/1174419/bbs_plain

148 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/02/03 18:50
144の引用レスは>>140じゃなくて>>142でした。

149 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/02/03 19:11
>>144
まず最初に佐木本で事件の概要を把握し、次に亀井本の仰天推理で度肝を抜かれたあと、
甲斐本の全然違う犯人像に頭を混乱させ、最後に殿岡本のブッ飛び推理にひっくり返る。
以上、これを一週間以内にやると発狂しかねないので気を付けること。

150 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/02/03 19:17
>>144
佐木氏のは事件の全体像をみるのには意外と詳しく書いてあると思う。
甲斐氏は事件の分析を脅迫状、証拠の発見場所などととも推察して興味深い。
亀井氏のは新事実に関して独自の論法で、事件を違う角度から考えると
これまた興味深い。結構衝撃的かも。
殿岡氏のは、ところどころに?が。自分のいいように解釈しすぎかな。

町の図書館である程度読めると思われる。


151 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/02/03 19:31
>>144
全部読むのが面倒な人は入門編として、以前にも紹介されていた
劇画版(「差別が奪った青春」)を読んでみたら。
甲斐・殿岡が手に入らないという人はとりあえずハルキ・ノベルスの
「人形村の殺人」(篠田秀幸)がいいかも。
両者の推理が要領よくまとめられている。
というかこの本、引用の範囲をはるかに超えていて、ほとんどこの二冊を
まとめただけの内容。少なくとも狭山事件(本では「笹山事件」)の推理については。
甲斐・殿岡両氏の了解はとったんだろうか、と、余計な心配をするくらい。

152 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/02/03 19:34
>>149-150
ありがとう。
佐木の本が基本のようですね。

検索すると亀井さんのは狭山事件権力犯罪の構造と
狭山事件第1集第2集の二つありましたがどっちがおススメですか?

甲斐さんの本が全然見つからない・・・
希少なのだろうか・・・

153 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/02/03 19:51
>>151
わざわざありがとうございます。
やはり劇画よりも活字で楽しみたいので地道に探したいと思います。

154 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/02/03 20:04
>>152
それは絶対、「狭山事件」第1集第2集からにすべき。
(というか、よく見つかったねこの本。手に入らずに悔しがってる人が多いのに)
この2冊を読んだ後、「狭山事件権力犯罪の構造」を読みたくないという人は
多分いないだろう。さらにそのあと三一新書版の3冊が手に入ればいうことなし!
けど、三一の「無罪の新事実」の続編は読んでないんだよネエ…
というか出てることさえ知らなかったのは不覚。
どなたか手に入れる方法知りませんか?

155 :1-531:03/02/03 20:18
野間 宏さんの「狭山裁判 上・中・下」
は、ぜひとも読んで頂きたいです。ブ厚くて大変なんですが!
図書館にあったよ。そちらにもあるといいんですが。
読み応えは一番です。
しつこいようですが、内田証言には・・・・

156 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/02/03 20:29
野間宏の「狭山裁判」は岩波新書版もあったね。
こちらのほうは完全版の抜粋かな?
裁判批判の本なので、真犯人の推理を期待している人には向かないかもしれないが
このスレにはあまり出てこない裁判での証人の様子が詳しく描写されている。
慎重な野間氏にしては、唯一どきりとさせる箇所がある。
それは「鴨居に万年筆を置いたのはS巡査」とずばり断言しているくだり。
読んで「野間さん、作家生命は大丈夫か」と勝手に心配した記憶あり。
とにかく若い頃は狭山事件の本を持っているだけで真犯人に狙われるんじゃないかと
バカな心配していたもんだ。それほど怖かったのよ。

157 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/02/03 20:45
>>154
続本?
タイトルはなんていうやつだろうか?

158 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/02/03 20:52
>>155
野間宏の本では内田証言も面白いが、例の次姉の婚約者(戸籍上は夫)
の裁判証言も面白いというか不気味だったねぇ…
なにしろ最愛の人の死なのに遺書もよく見てないし、通夜にも葬式にも行っていない。
いや、行っていないというのなら「ショックで行けなかった」といういいわけも成り立ちそうだが、
なにしろ弁護人が「通夜には当然行ったんでしょう?葬式にも」と聞くと
無言のまま答えずさらに突っ込まれて「忘れた。バカだから」というのだから、
驚きを通り越して不気味な感じがする。
次姉が亡くなった原因や、遺書・葬式などの件になると記憶喪失状態になるのに、
夫なら当然の権利のはずの次姉の相続分の分配などは「まったくありません」と
断言し、相思相愛で肉体関係はあったと証言している。
ちなみに婚約者は被害者の長兄の同級生。
出廷の前になぜか警察官が婚約者の家を訪ねて来ており、
「一体なんの話をしに行ったんだ」と、弁護人が迫る場面もあった。

159 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/02/03 21:26
>>157
そのまんま「続・無罪の新事実」。
出版社は三一書房だったはず。
スレ1で内容が紹介しているが、死体の発見者が二人いることで、
一度発見された死体を、なんと警察が埋め戻したという、本当なら
落合信彦も宇野正美も顔負けの内容・・・らしい。
文春で出るはずが、あまりの内容に結局三一に落ち着いたという噂あり。
でも、どの本屋でも見かけたことがないのでよほど部数が少なかったのか、
まさか回収された・・・いや買い占めとか・・・いうことはないよねぇ。

160 :1-531:03/02/03 21:34
>>156
ほんとに怖かった!
甲斐本を読んだあとは、夜も眠れなかった。
某氏宅に電話したあとは、自分もITと同じ運命になるのかと・・・ガクガク

>>158
刑札・中田家・婚約者の秘密会談が目に浮かぶようですね。
しかし、刑札はいまだに証拠隠滅・捏造は日常茶飯事のようですな〜

161 :1-531:03/02/03 21:37
>>159
>一度発見された死体を、なんと警察が埋め戻したという
ほんとうです。
じつは私もその説の支持者です。

162 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/02/03 21:38
>>160
電話の内容を教えなさい。

163 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/02/03 21:53
誰かも同じこと書いてたけど俺、石川さんの講演のあとの質疑応答で
「真犯人は誰だと思いますか」と聞いてみたのよ。
そしたら意外な答えが返ってきた。(自分が犯人と言ったんじゃないよ)
ただし、再審が開始されるかどうかの微妙な時期なので、
迷惑がかかるといけないし、オフレコだからここでは書けない。悪いけど。
気になる人は講演会に行って直接聞いてみたら?
石川さん、ユーモアたっぷりだし、気さくに話してくれるよ。

164 :1-531:03/02/03 22:16
>>162
オフレコですので、スマソ
>>163
うわ、知りたいです。
まさか影の薄い、あの人では?

165 :1-531:03/02/03 22:28
なぜか影の薄いあの人ですが、考えてみてば、
長兄はまだ20代でしたし、次女もOGも、
あの人の言うことには従うしかなかった・・・かも?

166 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/02/03 22:37
>163
いいから言っちゃいなよ
だれも見てないこんなとこ

167 :1-531:03/02/03 22:58
好色な母の不審死にあの人が関係しているとすれば、
自分と種違いの被害者に執拗な殺意をいだいていても不思議ではないと・・・

168 :3-679:03/02/03 23:12
う〜ん……。まあ義枝さんが本当に種違いであったなら、「影の薄い人」
が殺意を抱いていたかもしれませんね。
もしそうなら、次姉が真実を知ったときの衝撃は、想像を絶するほどだった
でしょう。
しかし、単独犯ではないような……。やはりOGが従犯かな?


169 :1-531:03/02/03 23:46
自分と種違いの・・・ではなく
自分の血が入っていない・・・の間違いでした。すんません。
>>168
はい。OGと長兄がお手伝いってことに。

170 :盛況 ◆cQ5CwQT2.c :03/02/04 01:12
フウ‥(失礼)。
一晩見ぬマに、たいへんなことでしたねえ、このスレも。‥‥
 
小生は、まず野間宏「狭山裁判」からでした。裁判での関係者の証言
(つまりは直接の供述)が詳しいものですね。正直、次解同関係、次が甲斐、その後亀井本で、
殿岡は一番最近トいうところ。で、実は一番藁エタのがソノ殿岡、は先日記したとおりであります。
失礼ながら亀井本は荒唐無稽な印象。ただし、部分部分では示唆有る解釈も有すると思います。

そして。
いちばん「人物像」として結晶すること少なく、つまりは影が薄い人物、しかし実は
もっとも当事者(実はどころか、まさに)。


171 :3-679:03/02/04 06:25
三一は3〜4年前、経営不振に陥ってほとんどの社員を解雇、契約社員
としてなら再雇用してもいい、みたいなこと言いだして、労使間でモメた
と聞いたことがあります。狭山事件関連書物が手に入らないのは、この
問題のせいかも。
ところで、「実の娘ではない」というのが義枝さん殺害の動機(の一部?)
だったとすると、なぜ義枝さんが16歳になるまで実行しなかったんでしょ
うかね。
生まれてすぐに里子に出すとか、考えなかったんだろうか。
それとも吉展ちゃん事件などの営利誘拐事件にヒントを得て……なのか。
謎。

172 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/02/04 11:32
エラソーに説教してくれたオジサンが沈黙したところをみると
「OG主犯、IT共犯説」にはスコップが邪魔になるとみた!

173 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/02/04 13:16
劇画版を読んだら、石川氏の自供通りに発見された腕時計を、取調室に
刑事が持って来て、石川氏が時計を腕にはめる場面が出てくる。
はめてみたら腕にぴったりだったので石川氏が
「善枝ちゃんって、案外、腕が太かったんだな。」というと、刑事が
「知ってるはずだろ、お前が殺したんだから。」といって笑うところ。
ところがこの日は、実は腕時計が散歩中の老人に「発見」される数日前だった
ということが、弁護側の調査で発覚したとのこと(もちろん取調官らは否定)。

腕時計は警察が用意したニセモノで、一般市民が発見するようにそこに置いたと
いわれているようだが、そこまでは分かるとして、その前に石川氏に時計を見せて
腕にはめさせたということは、警察は石川氏の指紋を時計に付けたかったのではないだろうか。
自供では、事件当日石川氏は手袋をはめていないし、特に指紋を拭き取ったり
指紋が付かないような工夫をしたとの内容は一切ない。
にもかかわらず、石川氏の指紋は一つも発見されていない。
この点が警察は気がかりで、時計に石川氏の指紋を付け「動かぬ証拠」
にしようとしたのではないかと思う。
結局時計から指紋は検出されなかったが、もし検出されていたらと思うとゾっとする。

174 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/02/04 13:45
>>173
なんで、ゾッとしたの?

175 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/02/04 13:51
>>174
読んでみれば分かるよ


176 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/02/04 13:58
>>174
さすがに証拠品に指紋がついていたら、石川氏の救援運動に二の足を踏む人が
多かったと思われ、二審でも死刑判決だった可能性があるということでしょ。
高裁で死刑、最高裁で上告棄却となっていたら、今ごろは・・・
ゾッしたというのはそういう意味だと思うが、違う?

177 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/02/04 14:30
943は、1週間後に「では、引っ越しましょう」と現れるに1000スコップ

178 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/02/04 14:53
石川が死刑になっていたほうが、真相が明らかになりやすいのでは?

179 :3-679:03/02/04 15:24
>>178
どういう意味でしょうか。なぜそう思うのですか? その1行だけでは、
何もわかりません。もっと詳しくご説明いただきたいのですが。

180 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/02/04 16:09
石川自供で出てきた物証はカバン・万年筆・時計の順だったと思うが、
これについては家族が「すべてまちがいなく善枝のもの」と証言したことも、
石川有罪の大きな決め手のなっている。
この「三大物証」はすべて警察が捏造した証拠というのが定説になっている。

そこで不思議に思うのだが、では家族の証言は偽証だったのか、それとも
悪意のない間違いだったのか、ということだ。
時計や万年筆は小さなものだから間違えるということもあろうが、
カバンはそういうわけにはいくまい。
ましてやこのカバン、長兄が古道具屋で買って自分が使っていたものを
妹に譲ったというのだから、他の家族が間違えたとしても、長兄が見誤るはずがない。

仮にカバンは本物だったと仮定してみる。
この場合、発見に至る過程に警察の工作の疑いがあるので、本物だとしたら
すでに発見されていたカバンを警察が隠し、石川氏を誘導して地図を描かせ、
それによって見つかったという風に筋書きを作ったとみていいだろう。

ではカバンがニセモノの場合はどうか。
それを埋めたのが真犯人にせよ、警察にせよ、「まちがいなく本物」と証言した
長兄に疑いの眼を向けざるをえなくなる。
そしてカバンの中身を知っていた次姉の証言と併せると、カバンに関して、
被害者家族はなんらかの重大な事実を隠したのではないかとも思える。

カバンと中身が別々に埋められていたことと共に、これも解けない謎のひとつ
といっていいと思う。

181 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/02/04 17:18
>177
粘着キモい
>174>178
厨房ウザい

すべて同一人物と思われ


182 :1-531:03/02/04 19:03
石川さんがそういったわけでもないのに、あの人犯人説を考えだしたら、
昨夜は眠れなくなってしまいました。
合点がいくことがいろいろ出てくるのです。
まず母の死とヨシエさんの死が直結します。
3−679氏の指摘に答えますと、ヨシエさんが自分の子でないことを
いつ知ったのかが問題になります。
たとえば、それを知ったためにかねてから問題人物であった母を・・・
そしてその憎しみが、血のつながってないヨシエさんに向けられ、計画が練られる。
長兄・次女の偽証、OG・次女・次男の自殺(あるいは他殺)、
これらの点も、割とすんなり説明がつきます。
この事件が、あの人・長兄・OGによる、いわばジサクジエーンだとすると・・・

母・OG・次女・・・彼らがもし検死されていたなら、
3人から同じ農薬が検出されていたかも???

183 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/02/04 19:07
>>182
もう少し、具体的に書けよ。
だれ?

なんでココまできてボヤかす必要性があるんだよ!
ボケ!

184 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/02/04 19:18
>>183
ボケはオマエ、馬鹿は消えな。

185 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/02/04 19:25
またボケかあー

186 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/02/04 19:53
・・・

187 :3-679:03/02/04 23:36
推理がループするのはある程度仕方ないけど、ボケのループはちょっと
イヤかも……。

188 :3-679:03/02/05 00:18
>>182
母の死については、農薬ではないだろうと思っております。というのは、
農薬を致死量まで飲んだ場合、11日間も生きることができないのでは?
と考えているからです(これはOG、次姉のケースを見れば判断できる
と思います)。
以前書き込んだように、精神科の閉鎖病棟で死者が出る、というのは
めったにないことです(私自身、閉鎖病棟に入っていたことがあるので)。
最も真実に近いのは、「殴打などによる頭部外傷および脳内出血」で
11日後にあぼーん、ではないかと思っております。
なのではないでしょうか。
医師に対してある程度の金を積めば、「脳腫瘍により」という死亡診断書
は、簡単に入手できたのではないかと思います。

189 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/02/05 00:38
>>188
母親をこの時期に殺害するメリット何?
子供がまだ小さいのにする理由がわからん。
ただ脳腫瘍のため頭がイカレて精神病院に入ったのではないのか。
それに医者が脳腫瘍を見過ごしたっておかしくないと思われる。
現に遺体だって、納屋で検死解剖したんだよ。
またOGや姉の時の医者でさえみての通り。
すべてカネで解決したのか?
それはないでしょう。


190 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/02/05 05:22
遅レスかつスレ違いだけど、よく間違って使う人を見かけるので

>58
>前後の文章とつながりが無い時の余話や話題を変えるときに使用しませんか?
「閑話休題」というのは、(余話を終わらせて)本題に入る直前に使う言葉
(>36参照)
なので、>33のように余話の直前に使うのは、完全に間違い

191 :3-679:03/02/05 08:35
>>188
要はメリットを求めたのではなく、新たなスキャンダル発生、という
デメリットを阻止したのだろうと思います。
前スレ397にも記されているように、母は入院する直前まで性的に
奔放であったと言われています。つまり新たな種違いの子をもうける
ということを恐れて、中田家父と長兄が入院させたのではないでしょうか。
<続きます>

192 :3-679:03/02/05 08:36
>>191の続き
脳腫瘍を精神疾病と思い見過ごしたとしたら、かなりのヤブ医者
でしょうね。というのは、
・脳腫瘍は頭部のガンであり、人格変化などの精神的症状だけでなく、
 頭痛や吐き気、めまいなどの肉体的症状が現れること。
・頭蓋骨という密閉された容器の中に、徐々にガン細胞が増殖するため、
 発病から死に至るまで数年かかること。
「家庭の医学」のような本にも書かれているような上記の症状を見過ご
したのなら、まさにヤブ医者です。
また、OGも次姉も検屍解剖されていませんが、遺書があり、死因が
断定できるのなら、警察が自殺者を解剖することはありません。つまり
この2件に関しては、カネで解決したわけではありません。

193 :3-679:03/02/05 08:37
失礼、>>191ー192は、>>189宛のレスでした。

194 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/02/05 12:26
S巡査は変死しなかったの?

195 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/02/05 12:53
鴨居に万年筆を置いたとされる「事件解決のヒーロー」S交通巡査部長(当時)は、
事件のあと退官して交通安全局に転職している。
(事件捜査に関わった人々は警察幹部も含めて、定年前に退官して民間企業や外郭団体に
 転職する例が、この事件に関しては多いように思う。)
ちなみに石川氏が罪を認めていた一審当時は、拘置所に着替えや差し入れ、手紙の
やり取りなどをして、大いに世話を焼いていたにもかかわらず、犯行否認に転じた
二審以降になると、面会などもぱったりとやめている。

佐木隆三氏の「ドキュメント狭山事件」でのインタビューによれば
「万年筆を置いたなんてとんでもない。
 石川君とは草野球チームを通じて、親しくしていたんだ。
 そんな私が彼を罪に陥れるようなことをするわけがないじゃないか。」
と、疑惑については明確に否定している。
存命かどうか現況については不明だが、マスコミなどの取材は拒否していると思う。

196 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/02/05 13:22
>>195
交通安全局⇒交通安全協会

197 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/02/05 17:02
>>192
母親の死に関しては、過去レスからも大変興味深いです。
しかしながら精神病院に入ってまもなくの突然に亡くなった、という事実以外に新たな情報や証拠がでてきてないのですよね。
被害者が異父兄妹であったことが何か事件に巻込まれる要素は大きかったのでしょうか?


198 :1−531:03/02/05 19:21
Sは、石川さん宅にそれまで一度も上がっていったことがないのに、
その日に限って勝手に勝手口から上がりこんでいました。

199 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/02/05 19:23
母親の死については、色々と推測されてはいるがいずれも噂の域は出ず、
半世紀もたってしまった今では、真相が明らかになることもないだろう。
無論、直接にせよ間接的にせよ、狭山事件とは何の関わりもない可能性も高い。
ただ狭山事件の真犯人の動機が、単なる営利誘拐目的ではなかったならば、
事件の十年前におきた母親の死にまつわる不穏な噂話を、真犯人が
犯行に利用した可能性は少なからずあると思う。
また、「森の息子」なる人物が真犯人とすると、母の死をめぐる怨念が
直接的な動機ということになるのはいうまでもない。

ここでは犯行動機が前者(不穏な噂を利用し、被害者家族を何らかの形で恐怖させ、
それによって得られる実利を目的としたもの)であったと仮定してみる。
そうみると、この事件の被害者が四女であったことに、必然性がでてくるのである。
どういうことかというと、真犯人の真の標的が家長の父親であったならば、
そして何度も脅迫を繰り返したが父親が妥協しない人物であり、
最後の手段として家族に手をかける手段を選んだのであれば、
四女は犠牲者として最も相応しい人物であったろうと思えるからだ。

200 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/02/05 19:24
なぜか。
それは、四女が父親とは血のつながりのない家族だったからではなかろうか。
真犯人は被害者家族の内情を熟知しており、母親の生前の行状とその死、そして
兄弟姉妹の中に他人の血が混入しているという事実に起因する不和・不協和音が
家庭内に発生していることを利用したのではないかと考えられるのである。
父親は近所では評判のしっかり者で、妻の死後も遺産相続の原因となる後妻を娶らず、
区長としても自分の考えを貫き通し、成績優秀の子供達も「百姓には学問はいらん」
との方針で四女以外は夜間高校に通わせるほどの徹底した頑固者だったと伝えられている。

このような性格の人物を落とすには、かなり荒っぽい手段に出るしかないと考えた人物が
眼をつけたのが、他ならぬ四女だったのではなかろうか。
誘拐するなら、小学生の三男を狙った方がはるかに容易である。
だが、相手は単なる「ゆさぶり」だけで落ちる相手ではない。
家族に一員を「消して」、家長に尋常ならざる恐怖の念を与えねばならない。
だからといって幼い実の子を殺されたとなれば、逆に態度が硬化する可能性がある。
かくなるうえは、母親と似て自由奔放で勝気な性格、何かにつけ家の方針に逆らい、
昼間の高女行きも認めざるを得なかった、家族とは異質な存在の四女に
「犠牲の子羊」となってもらうしかない。
血のつながりのない四女が、下校時に不良に襲われ暴行のあと殺される。
あくまでも主犯の姿は見せないが、その死の意味は父親にだけは理解できるように
真犯人は綿密に計画を立て、実行したのではないだろうか。
それゆえの様々な偽装工作であったと思えるのである。

事件直後の父親の印象は薄く、一気に老け込んだという感じである。
やはり事件を起こした真犯人の意図が十分に伝わったのだろうか。
父親が事件翌日には早くも「もう殺されている」と涙し、
「犯人はどうせ知り合いに決まってる」
「犯人の方でも私の顔を見れないだろうし、私も見たくない」
と言った言葉でも、そのことは十分に窺い知れるのである。

201 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/02/05 22:53
「犯人の方でも私の顔を見れないだろうし、私も見たくない」

これって次女の言葉じゃないか?

202 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/02/05 23:49
脅迫状の宛名が父親宛であった。
素直に考えても、ターゲットは父親である。

203 :盛況 ◆cQ5CwQT2.c :03/02/06 00:17
>>201 イヤ、ソレは父の言葉でいいのぢゃヨ。
ただ、>>199〜の動機は、つまりは入曽歴3年氏が報告してくれた地元の人がたの言う、
A説(=利権に絡む動機)及びB説(父母を同じくする血縁者による怨恨)のうち、
A説をその動機とするということで、いいのでありましょうか。
  (どちらがAかBかは、間違っておったらすまヌが)
ただ、小生の場合、
A説であると、あまりにも共犯者が多すぎて、よほどの堅い組織でなければ、
今まで真相を隠蔽することは不可能であったろうと思います。この犯罪が、
1から10まで計画的であったならばまさにどこかでほころびを見せてくるであろうし、
既に推理されている如く、「殺害」自体が突発的であったならば、それこそ、
さらにボロが出てくるものであると思われるのであります。

またB説(見えざる血縁者による怨恨)の根拠は、
「森」という人物が、当該地域に於いてかつて「講」と呼ばれる組織体に属していたこと、
而してその「講」を追放された(らしい)こと、その講のメンバーには、
本件被害者の父親もかつて属していたこと、それだけであります。
それだけを以て、
 1、「森」なる人物が本件被害者の母と「姦通」していた
 2、被害者はその姦通によって出来た子供である
 3、「森」の息子がそれだから被害者を殺害するに至る動機を所有
とすることは、かなりの「飛躍」を必要とすると思うものです。つまり、
最低限上記1と2の事項に於いて、もしそうであったら説明はつくであろうが、要するに
現時点では架空の人材を想定しての推理となってしまうと思うのであります。
そしてこのB説であっても、「殺人」目的を共有するほどの、強固な動機のつながりが、
共犯者達に求められます。

もとより、これらの前提を否定することは出来ませんが、逆に少なくとも、
これらの前提を認めてゆくには、小生には、まだまだそうと判断するに足る、
説得力のある材料が少なすぎるのです。

そうしてもちろん、上記のことがらは、それらを報告してくれた入曽歴さんを誹謗
してるワケではアリマセヌよ。事実は、事実でありますからネ。

204 :盛況 ◆cQ5CwQT2.c :03/02/06 00:48
かばん、万年筆、時計。
 ‥‥実は小生、コレ以上に、こんにち今宵に至まで謎なのが、
    
   『牛乳瓶』

 なのだが。ナンにもワカラヌのだが‥‥知っている人は勿論、教えてくださレ

205 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/02/06 01:18
>>199-200さん、判りやすい解説ありがとさんです。
私は現状では、盛況さんに同意します。

A説での利権は事件後、はっきりと動いたのかどうか。
B説では逆に中田家の家長もしくはそれに準ずる長男を殺害の方が
怨恨をはらすには撃って付けと思われる。
さらなる判断材料がでてくることを期待する。

5/25に教科書やノートを発見。一冊ずつきれいに横に並べてあった。
そこから135m離れた場所で、
6/21にカバンが発見され、中には編み棒、糸2巻、チリガミ、櫛などが
入っていて、下には半分飲みかめの牛乳びんと三角巾、男もののハンカチが置いてあった。
しかしこのカバンを発見したのは確か、S巡査。
はたしてこれは犯人が隠したものなのか、それとも・・・


206 :3-679:03/02/06 06:52
>>204 盛況氏
「牛乳瓶」はほんと謎ですね。もし警察側がカバンの下に埋めたのだ
としたら、「真犯人=石川氏」を確固たるものにするための、「犯人に
しか知り得ない情報」にするつもりだった……とか?


207 :盛況 ◆cQ5CwQT2.c :03/02/06 07:46
上にはああ書きましたが、A、Bとも、動機にはなりうるとは思っとります。

>>206 なるほど、牛乳瓶はソノようなコトであったのかも‥‥
またゆるりと考えてみます。

208 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/02/06 18:27
狭山事件の数多い謎の中で、カバンと教科書類発見の経緯と、それらの物品そのものに
関する一件も、佐野屋の謎に匹敵するものといっていいと思う。
「佐野屋の謎」は唯一犯人がその姿を現し、警察の大失態、のちの見込捜査から強引な逮捕、
証拠捏造から冤罪へと権力側が突っ走る根本原因になった部分なので、実に様々な
憶測・推理がなされている。
カバンと教科書類はそれに比べると見逃されがちではある。
しかし、不謹慎かもしれないが、その謎は、素人探偵の推理意欲を刺激させるには十分すぎる
ほどのもので、この謎の中に真犯人にいたる手がかりが隠されているようにも思えるのだ。

カバンと教科書・ノート類は>>205にあるように別々の日に発見されたわけだが、
いずれもすでに徹底的な山狩り済みのところから、忽然と出現している。
特にカバンは、教科書類が発見されたときに、あたりは再捜査されたはずなのに、
それから1ヶ月近くもたって、石川氏が描いた(描かされた)地図をもとに、二度目の捜査で
ようやく発見されている。しかもそこは、教科書類とは道を隔てた反対側の畑の溝であり、
石川自供によれば「カバンと教科書は一緒におっぽった」となっているにもかかわらず、
両者は135mも離れている(この件は裁判で弁護側がかなり突っ込んだ)。

これらは一体、どう解釈すればいいのだろうか。
まず5月25日に発見された教科書とノート類であるが、これは真犯人が山狩りのあとに
埋めたものという説が大勢のようだ。
以下、犯人が捨てたという考えに基づいて推理してみる。
教科書類は、一冊ずつ並べて土をかけた程度だったので、「埋めた」というより
「ちょっと隠した」というのが正確なもので、これは真犯人が発見されることを期待して
そうしたとみるべきだろう。
なお、教科書を死体と一緒に埋めなかったのは、ノートなどに犯人に関する書き込みが
ないかどうかを確かめるためだったといわれている。

209 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/02/06 18:28
書き込みを確認後、死体のそばにでも埋めるつもりだったが、死体発見が予想よりも早く、
遺留品の捜索がひと段落ついた5月25日にしたのだろう(死体発見は5月4日)。
ではなぜ犯人はわざわざ発見されるような形で教科書類を遺棄したのか。
誰かに見られる危険を冒すよりも、焼却すればよかったのではないかと思う人もいるだろう。
しかし犯人にとっては、そうはいかない事情があった。
被害者とは初対面であるはずの行きずりの不良にとって、腕時計や万年筆は価値あるもの
かもしれないが、まったく無価値の教科書類を持ち去ったとなれば、
両者が顔見知りであることを疑う者がでてくるかもしれない。
つまり真犯人がそう見せかけた「行きずりの不良」という犯人像が崩壊しかねない。
犯人にとっては、筆記用具である教科書・ノート類は絶対に捨てられていなければならない
ものであり、発見されなければ自分に捜査の眼が向く可能性がある危険な品だったのだろう。

しかし、カバンが発見された経緯は実に不思議である。
カバンは教科書とは別の日に135mも離れた場所から見つかった(とされる)ことを、
どう解釈すればいいのだろうか。
カバンと教科書発見にかかる最大の謎はここにある。
教科書に関する推理が正しいとすると、なぜ犯人は教科書類と一緒にカバンも捨てなかった
のか、その理由がどうしても分からない。
捨てたのは同じ時刻だが、わざわざ両者を別にしたのか。
それとも両者を別の日に捨てたのか。
どちらにしても、犯人のその意図が読めないのである。

ここで、少しばかり大胆な推理を展開してみる。
実はカバンは、教科書・ノート類と同じところで発見されていたのではないか。
警察は教科書類だけの発見を発表し、その土中に埋まっていたカバン発見の事実を隠し、
容疑者を逮捕した後の「当事者しか知りえない犯行事実」として、容疑者自供の場合の
切り札にしようとしたのではないかとは考えられないだろうか。
この時点では、死体以外には遺留品は見つかっておらず、警察は、カバン類の発見を、
犯人逮捕への有力な証拠品として最大限に利用したかったとはいえないだろうか。

210 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/02/06 18:29
石川氏は自供の中でカバンを捨てた場所を聞かれたが、このときはすでに教科書類は
発見されていて、報道によって石川氏もその場所を知っていたので、当然のことながら、
その場所の地図を描いて取調官に渡した。
しかし、そのまま簡単に見つかったのでは「犯人しか知りえない事実」とはいえない。
ここで取調官らは策力を講じたのではないかと思えるのである。

地図を持って、S巡査部長が一人で捜しに行っっている間に、石川氏はH警視から
「石川君、もしかしたらカバンは教科書とは少し離れた場所に捨てたのではないのかね。」
と言い、誘導して新たな地図を描かせるのである。
そしてしばらく経って「必死で捜したが見つからなかった。」とぶうぶう言いながら
帰ってきたS巡査に、H警視は、
「まあまあ、今度こそ見つかるだろう。悪いがS君、もう一度行ってくれ。」
と、今度は数名での捜索を命じ、現地では近くの農夫に立会人を頼んで見事に「発見」
に至るという入「劇的」な捜索だった。
ついでにいうと万年筆は石川氏の兄が立ち会い、腕時計は近所の老人に発見させるという、
もっともらしく民間人を利用した点は「三大物証」すべてに共通している。

さらに自供に信憑性を持たせるためか、お祭り中の荒神様で牛乳とアイスクリーム
を買ったという虚偽の自供(売り子は否定している)を石川氏から引き出し、
飲みかけの牛乳ビンと男物のハンカチをカバンの下に置いている。
実に念がいった「捏造工作」であるが、被害者を縛ったり暴行したり扼殺したり芋穴に
逆さ吊りにしたり自転車で脅迫状を宅配したりと、大忙しだったはずの石川氏が、
カバンを捨てるまで飲みかけの牛乳ビンを中身をこぼさず大事に持ち続けていたとの
筋書きが通ると本気で思っていたのだろうか。
ちなみに、石川氏は自供の中で牛乳ビンについては全く知らないと言っており、
結局この点は判決でもうやむやにされたようだ。

ともあれ、これによって「犯人しか知りえない犯行事実によって重要証拠が発見された」
というストーリーが出来上がり、のちの万年筆と腕時計の発見によって、「石川クロ」は
動かしがたい「事実」となった。
ただし、この推理は「カバンが本物であった場合」にのみ有効である。

211 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/02/06 19:20
その3大物証について、長男はヨシエ本人の物であると証言してるね。

脅迫状を置かれた日のつぎの朝方、長男が庭で見つけたという
封筒の切れ端が、後の裁判で『私が見つけたのと違う』と証言しているよね。
これは検察側か、あるいは長男が嘘を言ってるんだけど。
この切れ端が本物か偽物でどのように事件に関わっていくのだろうか?



212 :盛況 ◆cQ5CwQT2.c :03/02/06 19:35
かばんは偽物だという定説がある。
その根拠は、父と長兄の供述の食い違いにあるとされる。
 父 =「一見革製の‥‥」
 長兄=「池袋の名前を知らない古物商で買った革製の‥‥」

小生、かばんは既に古くから指摘されているように、
いづれにしろ警察が石川氏を陥れるためのでっち上げではあろうが、ただ、それそのもの、
かばんが被害者の物であったか否かに関しては、「本物なのでは?」と思っておりました。
その理由は、上述の父、長兄の供述の言葉をどう捉えるかにあるので。
「一見革製」と言ったとしても、それは「革製ではない」という断言にはならないのではないか。
いちおう父と長兄両者の言を嘘のないものと受けとめた場合、かばんを自ら購入して使用もしていた長兄
の供述に比べ、父の供述が曖昧になるのはそれほど不自然なことではないのでは?と。
ふだん、息子や娘が使用しているかばんなど、それほど詳しく家族が観察することなどは、
通常はありません。それなので、事件後、「かばん発見」の後の供述に於いて父としては、
それの材質を「革製」とは断言できないがゆえに、「軽い感じ」で、「一見革製」と
なっただけではないのかな?トいう印象が、かばんの真偽問題の際、ずっとありました。
つまり、かばんは、「その発見を『捏造』はしたが、モノ自体は『ホンマモン』である」のでは?ト。

そう考えて来ると、>>209〜のかばんについての推理も、決して「大胆」なのではなく、
逆に大いに蓋然性のある推理であると思うのであります。おそらくは牛乳瓶なども、
(こちらは全くのニセもの、捏造なのだろうが)そうした警察の用途に使用されたものと考えることが、
現時点でのかなり相応しい解釈ではあろうと思う。

213 :3-679:03/02/06 20:16
>>210
>ついでにいうと万年筆は石川氏の兄が立ち会い、腕時計は近所の老人
>に発見させるという、もっともらしく民間人を利用した点は「三大物証」
>すべてに共通している。
さらに共通事項を挙げさせていただくと、カバン、腕時計、万年筆の
「三代物証」のすべてが、長兄が義枝さんにプレゼントしたもの、という
こと。
また、腕時計は品ぶれのものと型番および外見も違っていたこと、
万年筆も義枝さんが使っていたときと発見時ではインクの色が違うこと
なども不審な「共通項」ですよね。

214 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/02/06 20:36
自分の推理を成り立たせるためにいうわけではないが、
カバンは本物と考えた方が、推理の筋道は通るような気がする。
真犯人は、ノートなどに自分の名や5月1日の「約束」についてのメモが
書かれていないかどうかをチェックしたあと、教科書・ノートについては
カバンと一緒に埋めるつもりだったのだろう。
ところが死体が早くも4日に発見されたことで計画が狂い、ほとぼりが冷めてからに
せざるを得なくなった。

そしてようやく20日頃から発見の25日までの間に遺棄したものと思われる。
そのとき、発見が遅れては困ると考え、教科書・ノートは一冊ずつ並べ、
軽く土をかけるだけにしておいた。
仮に、のちに135m離れた畑の溝で発見されたカバンがニセモノだとすると、
犯人側にわざわざニセモノを用意する必要はないので、ニセモノカバンを
仕掛けたのは警察ということになる。
仮にそうだとしても、ではなぜ犯人はカバンを一緒に遺棄しなかったのかという
疑問が残る。

「犯人はカバンからノート類を取り出し、書き込みを確かめた」と見破られるのが
最も困る事態であったはずである。
ならば、カバンだけ別の場所に捨てたりするはずがない。
むろん、すぐばれるニセモノカバンを用意することなども考えられない。
また、腕時計や万年筆などの大量生産品とは違い、古物商から買ったという
そのカバンについて、いかに警察に迎合したとはいえ長兄が偽証するとは考えられない。
第一、その後本物が見つかってしまったらどうするつもりだったのか。

215 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/02/06 20:44
中古品で、長く自分が使っていたというカバンを「間違いなく善枝のもの」と
長兄が証言した以上、それは本物であったとみるべきである。
(仮に長兄が真犯人としても、ニセカバンを捨てる理由がないのだ。)
したがって、畑の溝で見つかったカバンは本物であり、それは本当は教科書類と
同じ場所に埋められていたものいう推理は、あながち間違いではないと思うのだが。
ただ、品触れ(手配書)に載ったカバンの写真(だいたい中古品であるはずの
カバンの写真があるというのもおかしな話なのだが)は、実際のカバンではないという
指摘もあり、これが疑問点として残ることは付け加えておきたい。

ちなみに、万年筆と腕時計は巷間いわれている通り、警察が用意したニセモノだろう。
この2点については金目のものといえるので、犯人が「行きずりの不良」ならば、
盗まれていなければかえって不審に思われると思った犯人の手で、
どこかに処分されてしまったのだろう。
この二つは、あとで本物が出現する可能性はゼロに等しい。
しかしカバンについてはカネにもならず、邪魔になる代物だ。

以上の推論により、見つかったカバンは本物であり、それは真犯人の手で
教科書類と一緒に埋められ、警察の作為により離れた場所に移されたはずだと
考えられるのである。
長文で申し訳ない。異論・反論を期待したい。

216 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/02/06 21:13
鞄は、何者かが拾っていってしまって、どうしてもハケーン出来ませんでした。
いくら古カバンといっても、当時はたいへん貴重なものでした。
ハケーンされたのはサツが用意したまったくの偽者です。

217 :?:03/02/06 21:41
>>215 インや、それくらいの長文じゃないと、納得の行く説明はできぬよ。

>>216 その当りの推理を、あのくらいの長文で、もっと詳しく教えておくれよ。

218 :狭山歴3日:03/02/07 01:23
あのう‥‥ちょっと入曽歴3年さんに伺いたいのですが、
例のNSさんらの推理で、まだここには書いていない、もっと先というか、
新しいデータはあるんですか?あったら是非伺いたいものです。
それから前に「姉・犯人説」を主張して、ろくに持論を展開もしないで「中座」した、
「大村氏」は、そのNSさんらの中のお一人でしょうか?
まだ見ているならちょっとお答えをいただきたいんですけども。

219 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/02/07 06:59
こんなスレがあったとは。
狭山事件は名前だけは知っていたが・・・
にしても凄いね

220 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/02/07 12:50
>>219
そう思ったら、なんかましなこと書き込め

221 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/02/07 12:52
てめーら、依頼者が女の子だとわかったとたん
目の色変えてレスすんじゃねーよ。この腐れ外道どもが。

222 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/02/07 12:54
脅迫状をよく読むと
「刑札にはなすな 気んじょの人にもはなすな」
となっている
これを屁理屈にとれば
「遠くの親戚には知らせてもいい」
ということになる

犯人はなぜ「だれにもはなすな」
という表現を使わなかったのだろうか
犯人は案外「気んじょの人」だったのでは?
という気もしてみたり・・・

223 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/02/07 12:59
>>221 誤爆?

224 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/02/07 13:03
>222
ワラタ

225 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/02/07 13:46
はなしたのは刑札でなく警察だよーん
・・・なんていってみたり・・・

226 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/02/07 19:45
脅迫状の紙と封筒に、長兄と派出所の警官の指紋しか付いて
いないというのも不思議といえば不思議。
宛名が「江さく」となっているのに、父親は手にとろうともしなかったのか。
仮に長兄が真犯人とすると、すぐに警察に走ったりしないで
もっともらしく家族みんなでまわし読みして、警察に届けようか
どうしようか、それらしく相談する芝居ぐらいするのでは?
家族の指紋が長兄だけというのは、逆に彼が犯人ではない証拠では?

227 :内田幸吉:03/02/07 22:08
うちの犬は鳴くんです、吠えるんです。
誰が来たって鳴きません、吠えません。
うちのもんにも吠えるんです。鳴くんです。
はい、鳴きません。吠えません。
そういう時は鳴きます。
ええ、吠えませんが、何か?

228 :1−531:03/02/07 22:15
>>226
エサク主犯、長兄お手伝いだった場合、
長兄の演技がやたらに目に付き、逆にエサクの影が薄くなる。
・・・というのも自然ではあります。

229 :3-679:03/02/08 08:04
>>214-215
>見つかったカバンは本物であり、それは真犯人の手で教科書類と一緒
>に埋められ、警察の作為により離れた場所に移された
>異論・反論を期待したい。
う〜む、異論・反論はいくらでもできるが、そこに至るまでの推論が成り
立たない。つまりは>>214氏の推理が正しい、ということか……。
しかし、疑問に思うのは、なぜカバンの下に「牛乳瓶」を埋めたのか、と
いうこと。>>206で私が書いたように、、「真犯人=石川氏」を確固たる
ものにするためだったのか。だがなぜ「牛乳瓶」? カバンの下に埋める
のなら、男物のハンカチだけでもよかったはず。
これについて>>206以外の仮説を立ててみる。それは、
「牛乳は、義枝さん殺害とされる5月1日前後に製造されたもの」という
もの。カバン発見は6月21日。これだけ発見が遅いと、
「ひょっとしてつい最近埋められたのでは」と考える人もいただろう。
そのときに、「でも、カバンの下にあった牛乳は、こんなに腐敗してます
が何か?」と反論するための材料だったのでは? ちょっと妄想が
入ってしまいましたが。

230 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/02/08 12:35
現場は溝から発見され、簡単に上から土を被せたものだったらしい。
その間に降水があればどのように変化しているのか解らない。
単純に石川氏が真犯人でないのであれば、彼の自供から発見されたカバンは
警察の偽装となる。
可能性としては、
別の場所ですでにカバンが発見され、その状況を警察が再現偽装した。
その時の本物のカバンは長男や姉に見聞させているのではないか。
(そのため姉がカバンの中味を知っていた。)

遺体とカバンは立体的な隠し方をしているのに
教科書やノートは平面的な隠し方をしている。
なぜ犯人は一緒に埋めなかったのだろうか?
それはカバンの中味を調べる必要性があったため、別々に埋めた。



231 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/02/08 13:30
>>230
次姉がカバンの中身についての調書を取られたのは5月3日。
この日は死体発見の前日だから、さすがにこの時点で警察がカバンの発見を隠すとは思えない。
問題は、善枝さんが同級生に1日の事件当日学校で借りたという雑誌「女学生の友」が
カバンの中にあることを、次姉はなぜ知っていたのか、ということだが、
この点は裁判で追及されていないのだろうか。
その雑誌を貸したという話を、次姉が1日から3日までの間に同級生本人から
聞いたということであれば疑いは晴れるのだが、3日の時点では事件はまだ
公表されておらず、家族が善枝さん誘拐の事実を知らせたのは、向かいの親戚と警察だけ
ということになっているので、この間に同級生に問い合わせることはないはず。
では、次姉は事件の一端に絡んでいるのだろうか。
これは想像だが、最初の脅迫(誘拐発覚)の時刻がもっと早く、家族と親戚は総出で
善枝さんの行方を探していたという話がある。
これが事実ならば、まだ本当の誘拐か誰かのいたずらか分からない時点で、
家族は同級生に電話などで善枝さんの学校での様子を直接聞いたという可能性はある。
そのときに雑誌を貸したという話を聞いたのかもしれない。
ただ、これを言うと脅迫状発見時刻が7時半という「事実」に矛盾が生じるので
調書には残っていない(または隠されている)のかもしれない。

232 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/02/08 15:51
       _,ヾゝー'"'"'"ー、,;    ,.:-‐―‐-.、_
      ,ラ   、_    ヽ,、 /       \
      イ  r-'ー゙ "ー‐、,  ミ/          ヽ
      i!  ,!       i! ミi   ,ハ        i
      ,j i /ニ=、  ,r==、i ,,ハ ,ノヽi! ゙'レ>ヾ-、 ,!r'
      i V <(・)>i i!(・)>゙!,i  !!イ(・)) <.(・)>゙ i /!i
      ゙!ji!   ., j .i_   /j   i  。 。,      ト-'
      ,ィi:.  ;" ー-‐'   ト'   .!   ,.=、     / ̄ ゙̄ー-、_
    __ノ !ハ    : 0 ;  ,/ _,.-‐''\ ゙=''  ,/
  /   \\   ̄ ,//     ゙ー-‐‐"
/       \.゙ー-イ ,/
♪なんでだろ〜 なんでだろ〜 なんでだなんでだろ〜

カバンの下に「牛乳瓶」って なんでだろ〜♪


233 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/02/08 19:44
約一週間で200レスを消費、単純計算では5週で1000レスとなる。
常連同志でくだらんハンドル同定騒ぎをやってるヒマもないな。
しかし232↑こういうのも今どき、みっともないとは思わんのかね。
頭脳程度と実生活の貧弱さ加減(ヒマすぎ、女には縁が無い、その他)が知れる。

234 :盛況 ◆cQ5CwQT2.c :03/02/08 20:02
>>226 家族の指紋が長兄だけというのは、逆に彼が犯人ではない証拠では?
いえ、その件に限らぬが、「証拠」にはなるまい。
「論拠」「根拠」にはなりうるだろう。
「証拠」には、物証、指紋など「直接証拠」と、動機があてはまるなどの「状況証拠」
があるが、封筒についた指紋が関係者では長兄だけであるという事実は、たしかに、
「彼が犯人の場合、もっと他の家族の指紋もつけるはず」との推理が可能で、それをもって、
「彼が犯人なら、自分の指紋だけつけるはずがないから、したがって彼は犯人ではないと考えられる」
という「根拠」なのであって、「証拠」とは言わない。

「彼の指紋しかついていないので、彼が犯人かも知れない」という逆の根拠も提供している。
その場合は、彼は、「犯人が指紋などを封筒などの「重要証拠品」に残すはずがない」
という思考があっての事か、殺人という緊張の中で、ミスをしたか、どちらかの理由と思われる。

これは用語使用法の問題を述べたものです。
このあたり、刑事司法にもっと詳しい方のご意見もあれば、伺いたいところでもあります。

235 :盛況 ◆cQ5CwQT2.c :03/02/08 20:04
234追記
なお、封筒には、軍手様のもので触れた痕跡も検出されております。

236 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/02/08 22:40
>>235
軍手は2種類らしいね。

237 :盛況 ◆cQ5CwQT2.c :03/02/08 23:36
>>236
その事実は、再審請求での鑑定人による鑑定書に記載されています。
 http://www.kanshiki.com/sayama/index.html

これによると手袋痕は、「一般軍手」と「滑り止め(付き)軍手」の2種類が鑑定された、と
記載されている。さらに同鑑定文には、「滑り止め手袋は、当時としては特殊かどうかは不明
であるが、一般にドライバー手袋として使用されているものであるから、被疑者像の前提として、
車両所持と運転可能な状況が窺える。この点について、脅迫状の状況的内容を見ると、
 ○ 友だちが車で行く
 ○ 遠い西武園を選択
 ○ 子供を車で届ける
の組立てで脅迫文が構成されており、あながち作為的としてだけでとらえるのではなく、車両駆使が
潜在前提となっていることもあり得る」
との「推理」まで展開されていて面白い。

がそれは兎も角、滑り止め軍手が一般にドライバー手袋を想起させるものであるならば、
そういう「勤務先」に勤めていたOG主犯叉は共犯説の「根拠」ともなりうる。
叉この事実が与える別の根拠としては、犯人がOGのことを相当程度知っており、
OGに容疑が向くことを期待しての作為とも受け止められるのであります。

238 :盛況 ◆cQ5CwQT2.c :03/02/08 23:54
追記*もうひとつは、わざわざ別の手袋痕をつけることによって、「複数犯」である根拠を
作為した、とも推理できる。もとより、そういう「根拠の作為」に思い至ったからと言って、
それを以て「犯人が単独犯である『証拠』」にはナランでしょうネ。
「事実」はいろんな「根拠」として推理出来るトいうことであらう。

239 :盛況 ◆cQ5CwQT2.c :03/02/09 00:42
追記2*封筒写真を見ると、封筒表側左隅(天地中央あたり)らへんに、小さい文字で、
「20日」または「28日」と読める、小さい日付が書かれてある。これが何を意味する
のかは不明。脅迫状を初めに作成した日なのか?今日に至るまで、これについて推理した
ものは、小生の記憶では、無かったと思う。マッタクワカラヌ。

ところで、牛乳瓶については、被害者のものであったという可能性はどうなんで
ありましょうか。昼食時叉はトマト含有食事時、一緒に摂取した残り、とか。
そういえば牛乳瓶に指紋がついていたか否かの文献も、どうも小生の記憶にないン
でありますが…

240 :3-679:03/02/09 10:03
>>239 盛況氏
今、手元にあまり文献がないのですが、牛乳瓶には誰の指紋も
ついていない、ということは殿岡本の282ページに記されております。
たからといって、義枝さんのものではない、とは言えませんが。

241 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/02/09 12:25
学校給食で牛乳がでたということもないのかなあ。

指紋は7個検出されたとあり、そのうち2個が関係者とあるのは
長男と派出所の警官の?
確認できない中には、父親もしくは姉のもあるかもしれないのかなあ。



242 :盛況 ◆cQ5CwQT2.c :03/02/09 12:50
>>240 3-679さん
ナルホドさうでありまシタ。すっかり忘れておりました。久しぶりに殿岡本をひッぱり出してみて、
けっこう批判的に読んだその時の気分を思い出しました。同じ長兄説だったから、かえって見方が
シビアーになッておッたものでした。

なを、>>239で小生が挙げた小日付は、
http://www.kanshiki.com/sayama/photo.html
にある写真12をご覧アレ。

243 :あなたのうしろに名無しさんが:03/02/09 14:20
あのー過去スレミラーがなくなっているんですけど‥‥

244 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/02/09 14:57
       _,ヾゝー'"'"'"ー、,;    ,.:-‐―‐-.、_
      ,ラ   、_    ヽ,、 /       \
      イ  r-'ー゙ "ー‐、,  ミ/          ヽ
      i!  ,!       i! ミi   ,ハ        i
      ,j i /ニ=、  ,r==、i ,,ハ ,ノヽi! ゙'レ>ヾ-、 ,!r'
      i V <(・)>i i!(・)>゙!,i  !!イ(・)) <.(・)>゙ i /!i
      ゙!ji!   ., j .i_   /j   i  。 。,      ト-'
      ,ィi:.  ;" ー-‐'   ト'   .!   ,.=、     / ̄ ゙̄ー-、_
    __ノ !ハ    : 0 ;  ,/ _,.-‐''\ ゙=''  ,/
  /   \\   ̄ ,//     ゙ー-‐‐"
/       \.゙ー-イ ,/
♪なんでだろ〜 なんでだろ〜 なんでだなんでだろ〜

くだらないと言いながら4行もムダレス>>233 なんでだろ〜♪


245 :3-679:03/02/09 15:41
>>244 だったら俺が1行で書いてやる。もう2度と来んな、ボケ!

246 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/02/09 16:32
>>245
まあ、そう熱くならないで。
これがまた2ちゃんのいいところ。
べつに変な煽りともいえないし、これくらい多めに見てやっては?
俺は>>232見て笑ったよ。
こういうAA貼り付けるような若い(と思うが)世代の人にも事件に
関心持ってもらわなくちゃいけないわけだし。
この人もこのスレ読むのを楽しみにしてるんじゃないかな(多分)。
あまり偏狭だとオカ板でやっている意味もないと思うよ。

247 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/02/09 17:02
裁判資料全てを読んだわけじゃないが、鞄の下にあった牛乳瓶については、
自供した石川さんは知らないと言っている。
これが給食で出たものかどうかについて触れた本がないところをみると
そうではないとも思える。
大体、給食で出て全部飲まなかったら、残りは捨てて瓶は返すはず。
どこの学校でも瓶の返却は義務付けられていると思うので、
善枝さんが鞄に入れて家に持って帰ったということはないと思う。
それに、善枝さんは自転車の荷台に鞄をくくりつけて通学していたので、
飲みかけの牛乳瓶を鞄に入れるとこぼれてしまう。
結局、あとから石川さんがお祭りの出店で牛乳を買ったように自白を誘導し、
それを鞄と一緒に捨てたという印象付けを狙ったのではないかな。

248 :盛況 ◆cQ5CwQT2.c :03/02/09 17:10
おッ679氏の意外な人物像を見た(笑)スマヌ、別段茶菓しておるワケではゴザリマセヌ。
むしろああいうチャカシには実は245に禿シク同意でもあるのぢゃが、匿名板の効用に
関しては、まあ246にも一理アリ。殊に本件の如き場合、コトの性質上において、ですネ。
 (閑話休題)
で、「指紋」についてちょっと思ったのでありますが(今頃‥)
長兄の言によると、戸に挟んであったので末弟にそれを取らせたという。ソレなのに、
封筒には末弟の指紋がついておりませんでした。>>241でもちょっと指摘されておりますように、
封筒には特定できない指紋もついており、これが末弟のものかも解りませんが、
ホジクリ出すと、この事実もひとつの謎ではある。

249 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/02/09 17:18
>>248
その末弟も、のちに養子縁組して中田姓を捨て、家を出て行った…
それ以前に、大学へも実家からではなくのちに自殺する次兄の家
(中華料理店)から通っていたというから、よっぽど実家には
いたくなかったのだろう。
そんなに父または長兄との折合いが悪かったのか…

250 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/02/09 17:26
牛乳は当時、大変貴重なものでした。
少しでも残っていたら持って帰ったものです。
247さんの推理が当たっていると思いますが。

251 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/02/09 17:31
>>237-238
当時の科学鑑定では検出できるのは指紋までで、手袋痕までは困難だったはず。
また、犯人側もそう思っていたはずだから、OGを陥れるために滑り止め手袋を
使ったというより、やはり指紋がつかないように軍手をはめて書いたという方が
当たっていると思う。
よって、西武通運のドライバー助手をしていたOGに疑惑の眼を向けざるを得ない。

252 :OG:03/02/09 19:07
結局オレかい!

253 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/02/09 19:29
>>249
折り合いが悪くなくても普通だったら出ていってもおかしくないよ。
世間がうるさいだけだろう。
それよりか、(犯人じゃないとして)
長男のほうは実家も離れられずに一生、この悲劇を背負って生きなければ
ならない。

長男と被害者の仲が悪かった、というのはホントのところ疑問。
鞄や万年筆もプレゼントしてるし・・・

254 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/02/09 19:38
>>253
当時、鞄や万年筆は大変貴重なものでした。
プレゼントといっても、自分も使っていましたからね。
普通は親が新品を買ってくれるものですが。

255 :?:03/02/09 19:40
犯人論は別として、考えてみりゃ、悲劇の家庭ではあるな。
母親の件はおいといても、たしかにこの事件からあと、家族にロクなことがない。

家族仲については、253にやや同意。その件も、
公判廷などでの証言における言葉のアヤからの推測がかなりあるからね。
日記に喧嘩したと書いてあって、これを拡大解釈したようでもあるね。

256 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/02/10 15:36
>>255
確かにそういう側面も否定はできないが、偽証の許されない法廷という場で
弁護士から再三にわたって訊かれたきょうだい仲について、次女はついに
これには直接答えず、「家では女はあたしと善枝だけだったので…」と
はぐらかしたことと、家出した長女が伯父さん刑事(スレ1参照)にもらした
「母のこと」などを総合して考察してみると、普通の家庭のような暖かい雰囲気は、
この一家にはなかったように思える。
少なくとも他人には公にできない、なにかの事情があったことは間違いなかろう。
もっとも家庭内にすきま風が吹いている家族などいくらでもあるので、
それ(家庭内不和とその原因)が即、事件と結びついたかどうかは不明ではあるが。

257 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/02/10 18:13
レア物の亀井トムの「狭山事件1集・2集」あるけど
引用してほしいところある?

258 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/02/10 18:24
>>257
たしか心臓を一突きして死んだTNの死因にまつわる推理のくだりがあったよね?

259 :盛況 ◆cQ5CwQT2.c :03/02/11 00:23
>>257
それは小生も読んだことがなかった。
258の件と含め、
当初亀井トムはOGプラスIT説だったとも聞いている。そのあたりも含め、
当スレにまだ出てない部分もあれば、お願いしたいところ。

260 :盛況 ◆cQ5CwQT2.c :03/02/11 01:00
>>256
たしかに、その「母親のこと」も含め、普通の家庭のようには行かない、なにものか
がこの家にあったのだろうと思える。
そして‥‥被害者家族、遺族という立場で考えるならば、
「他人には公にできない」という意味のこともあろうが、例えば、
「わたしたちは被害者だ。それだのに、なぜこんなにも法廷にまで引っ張り出されて、
あれこれ詮索されなくてはいけないの?妹を、娘を、殺されているのだ。誰が、どんな
質問をして来たところで、もう何も答えたく無い‥‥」
という思いがあったとしても、仕方がないのだろう。法廷で、弁護士先生からなにを問われようとも、
黙ってしまったことには、そんな心のありようだって、あるかも知れない。
勿論その場合、亀井も、萩原も、殿岡も、かく言う小生も、この「遺族」からみれば、
「ふざけるな!」ということになるわけだ‥‥

261 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/02/11 01:43
ミラー見れなくなってる。どうして?

262 :3-679:03/02/11 07:52
過去レスを見る限り、中田家の家族仲にはなにか「歪み」があったのでは
ないか、とは私も考えます。
ところで、常々疑問に思っていたのが「異父兄妹」の件。なぜそれを、
兄妹たちが知っていたのかがわからない。
「異母兄妹」ならわかるんですよ。お母さんが妊娠していないのに、
ある日子どもがやってくるわけですから。兄妹どころか、近所の人に
だって判るでしょう。
しかし「異父兄妹」となると、お腹の子の父親が栄作氏なのかどうかを
知るのは、栄作氏とその妻に肉体的交渉があったのかどうか、夫婦
2人の間でしか判断できないわけで……。
嫉妬と憤りのあまり、栄作氏が「義枝は俺の娘じゃない」などと口走って
しまったとか?

263 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/02/11 13:16
久しぶりにこのスレに来たけど、だいぶん推理も練れて来たようだね。
亀井本のまるうつしやその改文だらけだった1の頃がむしろ懐かしいくらいだ。
それなのに、
1-898サンはなにを「バカばかり」だとおっしゃるんだろう。
あの「ハンドル、記事同定騒動」のことかな?
それとも、推理の内容そのもののことだろうか。
前者なら同感だが。

264 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/02/11 18:58
898氏で思い出したんだけど、
[898さんの伯父さん説だと主犯格が2名。犯行指揮者が1名で実行犯が4名。
従犯が1名で合計8名くらいというところか。アリバイ協力者も入れると
あと数名プラスされるかもしれない]
ということだったよね。複数犯説は他にも豊富な材料と推理があるんだけど、
私にはどうもこんなに大掛かりな「組織的犯行」になるほど、殺害にメリットが
あるとは思えないんだけど。。。
もっと「個人的動機に基づき、割と単純な(無計画とか稚拙という意味ではなく)
犯行」で、つまりは単独犯であったのではないだろーか。

265 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/02/11 19:32
幾つかの説がでているが、
まず単独犯という意見は少ないみたいだねえ。
そこで、単独犯では果たしてこの事件は起こせないのか考察してみる?
個人的には単独犯もアリかなーと思ってるんだけど・・・

266 :ネコガエル:03/02/11 20:50
狭山事件の破天荒な点は、警察が非常配備している佐野屋に
実際に犯人らしき者が現れた点だと思う。単独犯にはそんな
ことができるとは思えません。背後に黒幕がいて自分の行動
はほんの一部分に過ぎないという意識があればこその鉄砲玉
的行動のような気がします。

267 :盛況 ◆cQ5CwQT2.c :03/02/11 20:56
>>247
チョイト遅レスになりましたが、牛乳瓶についての解釈は現在のところ恐らく、
そういったこと(これも警察の偽装証拠)が可能性大でありましょう。小生も
小中学校の頃を思い出すと、給食の牛乳が残ったからといってそれを持ち帰る
というようなことは、無かった。また、38年当時、被害者が通学していた高校
で、給食があったか、あったとしても牛乳が出ていたかは不明(もちろんその日
はカレーをこしらえて喰った)。牛乳瓶に指紋が無い。などの材料により。

>>265>>264
単独犯の場合、無論犯人は顔見知り(肉体関係があった者)と推定しても、ほぼ
間違いはないでありましょう。高校生にもなった者が、「知らないオジサン(オニイサン)」
について行くとは、ふつうは考えられぬゆえに。

単独(つまり知り合い)の場合、
 1、90センチ近い穴を掘るのが大変
 2、佐野屋での声の問題
が、「起こせない」理由としてあげられておりましたが。

268 :?:03/02/11 21:13
>>261 ウチからは見えるヨ。
>>251 手袋跡、そうかなの?封筒の写真見ると、けっこう肉眼でも、現物
見れば、判定できそうな気もするけど。まあ当時では今ほどの精密な鑑定は
できなかったろうけど。
>>266 逆に共犯者に、サノヤみたいなリスクをやらせるのって、けっこう
心臓に悪い気がするんだけど。俺なら、全部ひとりでやったほうがいいなあ。
共犯者が捕まったり、気が弱くてヘマこかれたらイヤだもん。どうなんだろうね、実際のとこ。

269 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/02/11 21:50
>>267
牛乳瓶に指紋が検出されなくても不思議じゃない。
犯人が瓶を触れば、当然指紋を拭くのは当り前の行為。
被害者の指紋も当然消えてしまう可能性がある。
警察が用意したにしては不可解。
その当時に給食で牛乳がでてるのか、どうか、警察および記者など
調べているはずだけど・・・
(書かれている文献などが分からない。)

90センチの穴はひとりでは大変だが、不可能ではない。
佐野やでの声も緊張して張込んでいる人間をダマすのは
そんなに難しくないと思われる。
試しに友人の口にワタ詰めて聞いても分からんよ。

全体的な事件の印象としては、初めて見た時のMr.マリック。
一時超能力者じゃないのか、なんて思って。(W
トリックが解ればただのエンターティメントの手品師。




270 :盛況 ◆cQ5CwQT2.c :03/02/11 22:32
>>269
牛乳は、それが被害者の持ち物だったなら、そのように言えるぢゃロウネ。
ただ小生も、学校で給食をしていたのか、していても牛乳が出てたのか、
そのあたりの資料が今まで無いモンぢゃからサ・・・

「穴」と「声」についてはスレ3で、小生的には269と全く同意で既述。
*その程度の穴は、普通の体力の持ち主ならば掘れる。
*暗闇で、ある程度距離の離れた場所からの場合、声で人物を同定することが困難。
トいうことで。

で他に、単独では不可能という決定的根拠を求める。
    (小生個人的には、「単独で・アノヒト」というのは、皆さんもう御存じの通りでアリンス。
     今さら繰り返しませぬが)
このスレでは、他説も考えてみたい。

271 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/02/11 23:47
牛乳瓶に関してですが・・・
佐木本に書いてある情報は参考にはならんのですか?
以下抜粋

(生徒)17人のうち、およそ12人が牛乳を予約して昼食のとき飲む。
だがこの日、カレーライスに満腹して、飲まなかった生徒もいる。
そのばあい、牛乳瓶を家に持って帰ってもかまわないことになっている。

272 :盛況 ◆cQ5CwQT2.c :03/02/11 23:55
寝る前に追伸。
 「声」は兎も角、「穴」について何故そのように言い切れるかと申せば小生、
チト昔にある機会に「軍事訓練」みたいのを受けたことがあり申す。そのミギリ、
「最低70センチのタコツボ(1人用の塹壕)を掘れ」との命令一下、
一斉に穴を掘るのですな。一応、30分以内に、という条件であります。一個小隊
ほどの人数がソレで一斉に掘りはじめるのであります。競争というわけじゃないが、
まあ自分がどのくらいの時間で掘り挙げられるか、気になるぢャアありませんの。
自分はその際、約10分弱かかりましたが、早い者は5、6分で上がり、という輩もおりました。
それで掘ったらその旨報告し、深さを計って、基準に達してれば合格という感じ。
小生は83センチくらいであったのでOK。
まあこれは円形の穴ですが、この時の経験上、これがもし長方形の穴であっても、
全然不可能ではない、ト。
ちなみにこのミギリの小生の年齢は、事件当時の石川氏や長兄、OGなどよりは、
まあ齢食ってましたヨ。・・しかし、懐かしい(藁


273 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/02/12 01:19
>>271
それだー、思い出したよ。
なんかの本に書いてあった記憶が。
他の本では牛乳瓶についての考察はなっかったような。
すると、被害者が家に持っていった可能性が高いのかな。
あと野間本によると、教科書とカバンの発見についての
実況見分調書と発見者の公判調書に若干の違いがあると記してあった。
総合して考えると警察の偽装の可能性が高いか。

274 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/02/12 16:01

もう「推理」はうんざりだわ

275 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/02/12 20:24
そんなことよりちょっと、聞いてくださいよ。
昨日行ってきたんです、念願の狭山市に。
狭山事件にハマリ続けてはや1年。
部落問題から郷土史まですっかり詳しくなったこの俺が
ようやく夢にまで見た事件の舞台をこの目でしっかり見てまいりました。
これから行ったことない人のために詳しくレポートします。

小雨のぱらつく深夜12時に出撃。途中で地図を見ながら、車で約1時間。
道中「なんでそんなトコ行きたいんだ?」と怪訝そうな友人を
事件のあらましを解説しつつ、いよいよ川越街道に突入。
ところが・・・

静かな農村であるはずの狭山市はすっかり新興住宅と大型店舗の派手
ネオンに侵食され、冷たいコンクリートで完全に舗装された道路をブラックライト
装備のヤン車が轟音とともに疾走して行く。

あれから約40年。
わかっていたことだけれども、朝日報道写真のような風景は見る影もなく、
そこら中にあるはずの茶畑も、今では地上げ屋から辛うじて守りきったと
邪推したくなるくらい、ポツポツと点在するのみ。
当時の事件関係者と共に、年老いてゆく建造物が次々と取り壊され、
新たな世代の、しかし均一で平べったい、どこにでも見かけるような
真新しいコンビニやらマンションやらが建っていたのでありました。




276 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/02/12 20:56
「どうせ佐野屋も鴨居も中田家も、荒神様もガード下もやげん坂も、
新居も農道もそして少なくとも、崩れかかった養豚場は絶対にないだろーなぁ。」
と複雑な思いで走っている時だった。

車の外をボーっと見ていると突然に広がる畑・畑・畑、木造・木造・木造。
俺のボルテージは徐々に上がっていき、それはもう善江の怨念か、
その空間だけ時が止まっているかのようだった。
都会育ちの俺にはもうそれだけで別世界に足を踏み入れてしまったかのようにも
錯覚させ、漆黒の闇夜に降り注ぐ雨がまるであの日を蘇らせるかのようでもある。

そして街灯もまばらな茶畑に一際目立つ、まさかの看板が。
「佐野屋酒店」


277 :?:03/02/12 21:10
>>274
じゃ、もう帰ンな

278 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/02/12 21:54
>>276
おお、そのまま、中田家のピンポンダッシュまで逝けぇぇぇぇ

279 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/02/12 23:28
駅周辺やヨシエさんの遺体発見現場などは、もう事件当時の面影はないけど、
中田家の周辺はまだまだ当時の面影を残してるよ。
当方、佐野屋から徒歩数分の場所に住んでいる者です。横レスすまそ。

280 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/02/12 23:45
>>277
おまえ馬鹿か?
何処に「俺の推理」を晒し合うスレって書いてアンの?死ねよ、お前。(ゲラゲラ


281 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/02/13 13:17
age


282 :?:03/02/13 21:20
じゃあ殺しに来い。
ここは推理をするスレだぜ。どう見てもな。
しかしまあ、時々こうなるのも仕方がないのかな。ガス抜きということかな。

283 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/02/13 21:21
以前ここでおススメの本を聞いたものです。
佐木本を読了して、ただいまより亀井の狭山事件1.2を読みます。

・共産党と解同の対立。
・石川さんや沖縄事件の混血少年が検事との取引を信じる下り。
・熊谷事件とその捜査官の一部が狭山事件と重なっている所。

以上3点が佐木本で非常に印象に残りました。

284 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/02/13 21:24
>>280
ではどんなふうにこのスレがなるのが望みなんですか?そのへんを、書いて
くれないとねー
>>279
いやぁそういうレスも、遠方に住んでいる者にとっては、貴重だよ。
横レスでもいいと思うよ。

285 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/02/13 21:36
カバンの下にあった牛乳は「ジェルシー牛乳」だったとのことだから、
多分これは埼玉県の地元のものだろう。
それが善枝さんの高校の給食で出たものだったのかどうか、
警察の調査は済んでいたはず。

牛乳が給食時のものであり、ハンカチも長兄が
「男物なので俺にくれと善枝に言ったことがある」ハンカチだそうだし、
その他の裁縫用具なども「間違いなく善枝もの」とのことなので、
カバンも中身も善枝さんが持っていた本物とみていいと思う。
万年筆や時計と違って、あとでばれやすいカバンやその中身を
警察が捏造し、家族もそれに迎合したとは、あまりにも突拍子もない話だと思う。

カバンの偽装疑惑は、一にも二にも教科書・ノートと別々に捨てられていたことに
起因している。
おまけに教科書類は13冊とも横に並べて土を薄くかけただけという、
摩訶不思議な方法で棄てている。
これが犯人のなんらかの意図的なものなのか、あるいは単に操作撹乱を
狙ったものなのかが判然としない。
棄てたのは石川氏逮捕の前後のはずだから、わざわざ撹乱する必要もないと思うが。

286 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/02/13 22:03
たぶん274と280は1-898氏 or 943

287 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/02/13 22:15
>>285
カバンは本物でも後から警察が偽装したということも考えられる。
そして、これらが被害者の物だと言ってるのは長男。
姉はどう証言したのだろうか。
やはり長男の証言に従ったのか。
ただ万年筆についての長男の証言がイマイチ符におちることを
考えると、それらが本物であるということも疑問符が付く。



288 :3-679:03/02/13 22:31
>>286
ん〜? 私の感覚では、1-898氏は「好青年」という印象。>>274>>280
のようなレスを付けるとは思えないのですが。
ま、こんなこと「推理」しても意味ないですね。

289 :盛況 ◆cQ5CwQT2.c :03/02/13 23:13
>>271のようであれば、牛乳瓶に関しては推理が一転、それが学校からの被害者の持ち帰り品
である可能性大。小生は佐木本を読んだことがなかった手落ち。今まで、どうしても、
牛乳瓶について解らなかったので、質問でした。推理及び材料、感謝します。

かばんは、そのモノ及び中身も、本物と見ていいだろうが、
その発見のされ方は、そのように埋めることに犯人側の必然性が現状のところは
どうも思い至らぬから、これを万年筆や時計(こちらは、モノそのものが偽ものの疑い大だが)
と同じく、警察の工作との可能性もあるとは思う。断言出来るほどの材料は持ち合わせないけど。

290 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/02/14 04:10
>>155-156
佐木本や亀井本とは違う視点の本の様ですね。
今、亀井本を読み始めたので、読了したら読んでみます。
情報ありがとうございます。




291 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/02/14 14:35
しつこいようだが、カバンとその中身の遺棄について、真犯人の立場に
立って、今一度考察してみる。

カバンと教科書類は同じ場所に埋められていて、警察がそれを移動させたと
みる見方もあるが、ここでは一応カバンと中身の全てが本物だと仮定し、
発見された場所も、警察発表どおりとして考えてみよう。

カバンと教科書類が遺棄された場所を地図でみてみると、あることに気付く。
両者とも死体発見現場の近くではあるが、カバンは畑の溝に埋められており、
教科書・ノート類の方は雑木林と畑との切れ目あたりで、一応雑木林の中ではある。

ここに真犯人の狡猾な、ある意図を感じずにはいられない。
真犯人は、自分の名前か事件当日の被害者との約束の件などがノートなどに
書き付けられていないかを調べるために、それらを死体と一緒に埋めることが
できなかった。これは間違いないだろう。
しかし、教科書・ノート類だけを除いてカバンを埋めてしまうと、その意図に
気付かれてしまう恐れが十分にある。

したがって真犯人は、ノート類の書き付けを確かめた後、カバンと一緒にすぐに
埋めようと考えていたが死体が早く発見されてしまったことで、予定が狂った。
しかしこのまま発見されないとなると、行きずり犯にとっては無価値で
持っていれば危険な代物をなぜ持ち去ったのかという疑問を当局に生じさせるので、
やはりそれらを埋めて、できるだけ早く発見させなければならない。

ただし、あたりは徹底的に山狩りされているところなので、容易に見つかるような
遺棄の仕方では、山狩り後に棄てられたとの疑惑が生じることになる。
つまり、すぐには見つからないような場所に隠した上で、なおかつ
早目に発見されるような工夫をせねばならないという、大変矛盾した難題を
真犯人は抱えてしまったというわけだ。

だがしかし、死体埋没の方法をみると、真犯人は死体遺棄の時点でも、この難問に
果敢に挑戦しているように思えるのだ。

292 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/02/14 14:37
死体が埋められていた場所は人が往来する人家に近い農道である。
いずれ発見されるのは、まず間違いない。
だが、通常の感覚として、捜索隊が真っ先に探すのは、雑木林の方であることは
間違いなかろう。
ならばその逆を突いて、畑の農道に埋めることにしよう。
さらに複数犯であることを印象付けるため穴を1m近く掘り、荒縄を近所の家から
盗んできて、それを死体に巻きつけて運んだように見せかけよう。
いずれ発見されようが、あまり早くても困るので野犬などが掘り出さないよう
臭気防止にお茶の葉を上部に撒いておこう。

ただし全く発見されないというのもまた都合が悪いので、穴掘りの物差しに使った
棍棒とよじったビニール風呂敷を芋穴に放り捨て(「人」の字になったのは偶然か?)、
それとなく、近くに埋められていることを暗示しておこう。
おそらく発見は1週間後くらいになるはずだから、その間に書き付けを調べたうえ
教科書類はカバンに戻し、死体のそばに埋めに行こう…

以上はもちろん推論に過ぎないが、表層に現れた不可解な事象を、真犯人の立場に立って
考察すると、かかる結論が導き出されるのだ。
カバン類を遺棄するときも、死体埋没と同様な真犯人の意向が働いているように
思えてならないのだ。

293 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/02/14 14:38
さて、捜索が終わってほとぼりが冷めた。
教科書その他の中身はカバンの中に入れたまま棄てるのが普通だが、カバンをまるごと埋めて
しまうと、捜索はもう終わっているわけだから発見されにくくなる。
そこで教科書とノートのみ、雑木林の中に並べて置き、土をかけておいた。
これだと近くの農夫が二、三日後に気付くだろう。
雑木林の中だったので捜索隊は気付かなかったということになるだろう。
教科書類が発見されると、あたりは再度徹底的に捜索されるだろう。
そこでカバンは畑の溝に埋めておこう。
中身をぶちまけて金目のものをさぐったように見せかけるため、裁縫道具や
牛乳ビン、ハンカチなどはカバンの下に置いて埋めておこう…

…そして、真犯人のその意図どおりに教科書類は発見された。
さらに畑の溝からカバンも見つかったが、これは警察当局が容疑者取調べ時に使う
「隠し球」として、発見の事実を隠匿したのだろう。

いずれにせよ、この推測が事実であるとすると、少なくともOGは真犯人足りえず、
共犯との疑いがかかるITも、死体発見当時は容疑者として警察の監視下にあったことと、
用意周到で狡猾、沈着冷静な犯人像とは適合しないと思われるのだが。

294 :3-679:03/02/14 16:58
狭山事件に関する書物は絶版になっているものが多く、あちこちの図書館
を回って資料を集めていますが、その中で、ちょっと気になった一説が。
それは長兄が高校卒業後、神経系の病気になって通院していた、という
もの(どの本に記されていたかは失念。スマン)。
事件当時(昭和30年代)に処方されていた向精神薬には、致死量の低い
ものが非常に多かったのです。
次姉の自殺(?)について、「すでに農薬の瓶はきれいに洗われていた」と
いう事実を重ねて考えると、次姉の死因は農薬によるものではないのかも、
と推測しています。
OG氏の例を見るように、農薬での自殺はかなりの苦痛を生み、吐瀉、
喀血が見られるものです。それに対し、次姉の遺体が「布団にきれいに
寝かされていた」ことを考えると、向精神薬(バルビツール酸系の睡眠薬
など)を飲んだ(あるいは飲まされた)可能性もあるのかも……などと考え
てみたりして。

295 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/02/14 17:42
>>291
これは殿岡本?

>>294
佐木本にちょこっと書いてあった。
長男が通院していたことや簿記学校、農業新聞だかの記者だっけ
してたこと。

296 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/02/14 19:23
>>294
長兄の病気は顔面神経痛と脊髄の疾病らしいが、詳しい病名は判らない。
東大病院に通院しながら会計事務所で働らき、会計士を目指して専門学校にも
通っていたらしい。

その後勤めた新聞社というのは「東京タイムス」じゃなかったかな。
死体発見現場で写真を写していた(「最愛の妹がむごい姿で見つかったというのに
涙一つこぼさずにカメラマン気取りとは」と、のちに長兄が犯行に関与しているのではと
大いに疑われることになる原因の一つ)のは、新聞記者だった頃の名残りかもしれない。

この新聞社は今はもうないみたいだけど、当時は農業関係の業界紙も
発行していたんだろうか?
結局、長兄は父の説得に負けたのか、夢破れて(?)実家の農業を継ぐことに
なったらしいが。

あと、自殺した二人の飲んだ農薬の件だけど、たしかOGは遅効性で、
次姉は即効性だったと記憶しているけど、違ってるかも。

297 :盛況 ◆cQ5CwQT2.c :03/02/15 11:59
ところで長兄は、亀井本やこのスレの一部でも、財産上の動機を指摘されているが、
小生はそれは疑うにしても薄いと思っている。
法定相続の場合は、父には既に配偶者がいないから、遺児達に平等に分配することになるが、
もし父が遺言状を書いていたなら、遺産の全部叉は大部分を長兄に相続させることは可能。
そういうのが、>>296『父の説得』だったかも知れない。

もし遺言状がない場合でも、遺産目当てで血縁者を殺害するというのは、
どうも蓋然性が低いように思える。あの一家がもっと相当な億万長者であったなら、
まあ話は別であるが。

298 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/02/15 13:05
>>盛況
あなたは組織的犯行を否定的にみているが、
家族の集団によって犯行(保険金目当て等)被害者が
生贄に選ばれたとしたら、
結束は固いと思うが・・・・・どう?

299 :盛況 ◆cQ5CwQT2.c :03/02/15 14:30
うん。(>>298)そのような動機が仮にあるとすれば、まさしく家族ゆえの結束力を
示すのだろうネ。その前提に立てば、あり得ると思う。勿論その場合でも、
たんに保険金目当て等の経済目的だけでなく、その背景に、長年の近親憎悪
といった常日頃からのものが複合してあるだろう。
(家族以外の「組織的犯行」の場合には、今までも動機が挙げられているけども、
もう少し説得力がほしいなあ、という感じなんですな)
ただ、今のところ小生には、そうした経済目的による動機を指し示す材料が
とぼしいので、そうは言えないだけで。
まあ自説は自説として、こないだも書いたのでありんすが、一応他説や、
他の材料も検討したくて、このスレを覗いているのではあるのデス。

300 :298:03/02/15 14:32
日本の迷宮入りの事件の中で犯人検挙に至らない場合、被疑者が
1、やくざ、B関係
2、刑札関係
3、地元の有力者
4、被害者の身内
だとオレは思っている。もちろん刑札の怠慢は除くが。
この事件に当てはめて見ると、この4つが絡み合って
真相が見えにくくなっているのでは?
単なる20万円欲しさの犯行には全く見えないのは
既出。そうすると脅迫状は死んでしまった事を公表
したいがための手段ではないだろうか?
連続カキコスマソ

301 :3-679:03/02/15 16:13
>>298氏にちょっとお聞きしたいのですが、この事件が仮に、「家族の集団によって」
行われたのだとしたら、「被害者の身内」のなかに、元作男であるOG氏、および
次姉の夫であるY氏は含まれるのでしょうか?

302 :298:03/02/15 17:51
>>298
身内でしょう。当然。
この事件の不透明さは、カレー事件の被告が一貫した黙秘と
何か共通した感覚をおぼえます。

303 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/02/15 18:35
家族全員が共犯だとすると、動機は遺産相続問題というより、
「異質な血」の排除であったとするほうが当たっているような気もする。
単に相続者から四女を除きたいのであれば、で指摘されているように
父親がその旨を遺言に残せばいいだけのこと。
ところが四女の「異父兄弟」が、財産相続の権利を迫ってきたとの事実がもしあるのなら、
これは「四女抹殺」の動機に十分なり得る。
特に父親は四女とは血のつながりがないわけだし。
それらしき情報もあるようだから、まんざら突拍子もない仮説ではないだろう。
しかし、家族全てが共犯という見方はどうかとも思う。
兄弟たちは半分にせよ血縁関係にあるわけだし、少なくとも高校生の次兄と
小学生の末弟は関係なかろう。
となると父親・長兄・次姉三人による計画的犯行となる。
父親には十分な動機があるし、家父長制の継承者である長兄も、家督と己の権益を
守るために家長に従ったとみることもできる。
次姉については自由放漫な性格の四女を内心ではひどく嫌っていて計画に追随したと
判断する推理もあるにはあった。

だがしかし!
フィクションの世界ならばこれで解決できようが、狭山事件となると、
この推理ではこれにて一件落着とはいかないところが実に厄介なのだ。
すでに何度も何度も指摘されているので繰り返さないが、
この計画を実行するには、家族三人だけでは不可能なのだ。
少なくとも一人、誰か死刑覚悟で引き受ける、体力のある男が必要だ。
そしてその男は一体何者かという問題が生じる。
ここで、あの元作男OGの存在を思い浮かべる人がいるかもしれない。
彼も「家族の一員」とみて、四女の相続分に相当する金員を餌に、計画に巻き込んだという
見方も、たしかに机上では可能だろう。
ただし、OGの死後における証拠偽装工作を家族のうち誰がやったのか、
TNの目撃情報とその死、さらにITの轢死などは事件とは直接関係ないということになり、
「全面解決」とはいかないところにこの事件の複雑さがあるのだが。

304 :3-679:03/02/15 18:44
>>302 >>298
では、仮にこの事件が、保険金等目的の「家族の集団」による犯行だったとしましょう。
営利誘拐に見せかけるために脅迫状を作り、義枝さんを殺害したと。
これなら確かに、脅迫状と自転車発見時の謎や、法廷での不可解な証言(たとえば
明らかに義枝さんのものではない万年筆を、長兄が「義枝のものに間違いない」
と証言したなど)も納得のいくところになります。
しかし、「家族の集団」による犯行だった場合、なぜ義枝さんを姦淫する必要が
あったのか。
また、Y氏はなぜ次姉の通夜に出たかどうかをはっきり証言できなかったの
でしょうか。「身内」であるなら、あらかじめ口裏を合わせておいて、筋道立てた
証言ができたのではないでしょうか。


305 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/02/15 19:22
>>304
横レスですが、家族の犯行を眼くらましするには、どこぞの不良どもが
彼女をさらって暴行した上、身代金を取ることを考えたとする方が効果的なんですよ。
なにしろ相手は幼児ではなく、体重50キロ以上の気丈夫な女性ですから。
単純な営利誘拐事件となると、ではなぜ小学生の末弟を狙わなかったのか
という疑問が生じることになる。
そのために、どうせ殺してしまうんだから金を取るついでにやっちまおうと考えた
・・・・・・と見せかける必要があったということですね。
実に卑劣で悪魔的な計画ですが、確かにこれならば誰もまさか家族が計画したとは
思いもしないでしょう。
でも、これはあくまでも家族の犯行と仮定した場合の話ですよ。
実際にはこんな複雑な偽装工作を家族がやったとはとても思えないんですがね。
仮にそうだとしたら、なにしろ犯罪には全くの素人集団ですから、
必ずどこかでヘマをやって、とっくに事件は解決していると思いますね。
計画を立てた人間と実行犯が同一人物かどうかは分かりませんが、
事件の発端から警察を見事に出し抜き、計画通りに養豚所関係者の青年を犯人に仕立てた
ミスリードのやり方など、あざやか過ぎて不謹慎ですが「元祖・劇場犯罪」とでも呼ぶべき
歴史的犯罪だと思いますね。
不倫の清算だのお家騒動だのの単純な動機で素人が計画して成し遂げられる犯罪ではないでしょう。
少なくとも犯罪のプロが絡んでいることは間違いないと思うんですけどね。

306 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/02/15 19:51
>>305の続き
次姉の婚約者Y氏について、その裁判証言があまりにも不可解だったので
大いに疑惑が向けられることになったわけですが、でも本当にY氏が共犯ならば、
あるいは最初から犯行を知っていたのなら、通夜や葬式には行くと思いますよ。
ただ、もしかしたらY氏は次姉の死をきっかけに家族の犯行を知ったのかもしれない、
それがショックで葬式どころではなかったのかもしれない、という推理は成り立ちますね。
でもこの場合でも、Y氏は共犯ではないという証明にもなりますね。
いずれにせよ、Y氏は犯行には全く関与していないということになります。
Y氏については野間宏や亀井トムが疑惑の眼を向けてはいますが、彼に対する見方は
甲斐仁志の推理が最も妥当だと思えます。
つまり、次姉の死の床で、彼は家族からなんらかの秘密を打ち明けられ、そのショックで
通夜・葬式に出ることができなかった、という見方です。
裁判では嘘を言うと偽証罪になってしまうので、秘密を暴露できない以上、Y氏は
沈黙せざるを得なかった、ということですね。
もっとも、甲斐仁志はその秘密を四女との三角関係としていて、真犯人もその不倫相手
(OGではない)としているところは、ちょっと突飛な推理と思いますがね。
第一、甲斐仁志は事件自体には的確な推理をしているのに、こと真犯人の実像となると
根拠を全く示さずに、どこからか「妻子ある中年男」を登場させて、被害者姉妹と勝手に
三角関係を結ばせている。
彼の本は狭山事件の推理本としては、最も質が高いといっていいのに、この点だけは
どうも納得できないんですよ。
多分、出版社の意向で、まだどこにも出ていない真犯人像を登場させる必要があったのでしょう。
いわゆるセンセーショナリズムというやつかな。
70年代に話題をさらった例の亀井トムの一連の本にもそういう傾向があり、
出版社も同じというのがとても偶然とは思えないんですがね。

307 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/02/15 21:57
>>306
佐木隆三が手を引いたのもそういう背景かな?
文春文庫も早々と廃刊になっているようだし。

308 :?:03/02/15 22:49
>>300
あと北朝鮮もあったな。最近バレバレになったけどもね。

考えてみれば免田も財田川も、あっちは冤罪ということになったけども、
真犯人は迷宮入りだわな。

309 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/02/15 23:29
しかし、本を読む限り石川氏の弁護士って
なんとなく追及の仕方が甘い?
証拠の開示請求ってもっと出来なかったのかなあ。

と、ド素人の小生は考えてしまう。


310 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/02/15 23:55
家族ぐるみの犯行ならば・・・
もっと簡単に殺害する方法はあったはずですよ
いくらでも機会はあるだろうし

わざわざ誘拐に見せかけて事件を大きくする必要あるのかな?

311 :3-679:03/02/16 00:40
>>310
まあ、家族ぐるみの犯行というのは、>>298氏の発言をもとに立てた仮説ですのでね。
ありえない、とは言いませんが、かなり可能性は低いでしょう。
ただ、私としては>>306でも触れられているとおり、次姉の夫Y氏が、この事件に
どう関わってあのような証言をしたのか、>>298氏の推論を聞きたかったのです。

312 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/02/16 02:32
       _,ヾゝー'"'"'"ー、,;    ,.:-‐―‐-.、_
      ,ラ   、_    ヽ,、 /       \
      イ  r-'ー゙ "ー‐、,  ミ/          ヽ
      i!  ,!       i! ミi   ,ハ        i
      ,j i /ニ=、  ,r==、i ,,ハ ,ノヽi! ゙'レ>ヾ-、 ,!r'
      i V <(・)>i i!(・)>゙!,i  !!イ(・)) <.(・)>゙ i /!i
      ゙!ji!   ., j .i_   /j   i  。 。,      ト-'
      ,ィi:.  ;" ー-‐'   ト'   .!   ,.=、     / ̄ ゙̄ー-、_
    __ノ !ハ    : 0 ;  ,/ _,.-‐''\ ゙=''  ,/
  /   \\   ̄ ,//     ゙ー-‐‐"
/       \.゙ー-イ ,/
♪なんでだろ〜 なんでだろ〜 なんでだなんでだろ〜

3-679のレスって いつもネムイのなんでだろ〜♪



313 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/02/16 02:40
↑なるほどコイツは298か。見え見えなことすんなよナ
(そうでないなら反論を)

314 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/02/16 10:22
俺さ・・・犯人知ってるよ。
張り込みの夜に佐野屋にきた男。

315 :あなたのうしろに名無しさんが・・・ :03/02/16 12:45
初心者の質問ですが、
死体そのものの写真が掲載されている本はどれでしょうか。
確か、亀井本のどれかに出ていたとか。
最近このスレを読んで、「無実の獄25年」と、
亀井本2冊を古書で手にいれましたが。


316 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/02/16 14:04
>>315
「狭山事件 権力犯罪の構造」に出ている。
この本はNETで容易に手に入るよ。
うつぶせに埋められた被害者の死体。
ちょっとエグイよねえ。
今なら絶対に掲載できないと思う。
それに亀井本では家族(特に長兄)を呼び捨てにした上、
まるっきり犯人扱いにしている。
これも今ならとても出版できないだろう。

317 :盛況 ◆VTGTqo06As :03/02/16 16:19
>>316
全く、恐ろしい姿ですな。
レス読んで、思わずページ開いてしまったヨ‥‥
そういえば小生も、今の自説は別としても、
公刊する書物におのれの「推理」以外にどんな明確な「証拠」があんのか、
長兄も含め誰彼かまわず呼び捨てにした揚句におのれの偏向した政治思想もからめる
著者の姿勢を、正直言って嫌悪したな。

318 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/02/16 17:05
野間宏の「狭山裁判」の新しい版では、関係者は仮名になっている。
亀井トムの主宰していたローカル新聞は、なんとも胡散臭いにおいがプンプン。
彼は新左翼や過激派とも関係があったようだから、仮に家族側が名誉毀損で
亀井を訴えようとしても二の足を踏んだことだろう。
それをいいことに亀井は、かなり無茶苦茶な推理を、あたかも自分だけが知っている
事実のように書き殴ったという印象を受ける。
三一書房は左翼系の出版社だったから、その運動の一環として狭山裁判闘争を位置付け、
なおかつセンセーショナルに大衆を煽るために亀井を利用したのだろう。
狭山事件については、もっと早くからまともな視点で再調査がされていれば、
真犯人を挙げることは必ずできたはず。
亀井らの「長兄主犯説」が、結果的に真相追及を間違った方向に導いてしまった一面は
少なからずあるように思う。
現在、石川氏をはじめ支援団体の人々の中で、被害者家族を犯人視する人はほとんどいない。
佐木隆三が手を引いたのも分かるような気がする。

319 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/02/16 19:49
>298は逃げたな…。

320 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/02/16 22:46
       _,ヾゝー'"'"'"ー、,;    ,.:-‐―‐-.、_
      ,ラ   、_    ヽ,、 /       \
      イ  r-'ー゙ "ー‐、,  ミ/          ヽ
      i!  ,!       i! ミi   ,ハ        i
      ,j i /ニ=、  ,r==、i ,,ハ ,ノヽi! ゙'レ>ヾ-、 ,!r'
      i V <(・)>i i!(・)>゙!,i  !!イ(・)) <.(・)>゙ i /!i
      ゙!ji!   ., j .i_   /j   i  。 。,      ト-'
      ,ィi:.  ;" ー-‐'   ト'   .!   ,.=、     / ̄ ゙̄ー-、_
    __ノ !ハ    : 0 ;  ,/ _,.-‐''\ ゙=''  ,/
  /   \\   ̄ ,//     ゙ー-‐‐"
/       \.゙ー-イ ,/
♪なんでだろ〜 なんでだろ〜 なんでだなんでだろ〜

3-679でもないのに、319の粘着なんでだろ〜♪



321 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/02/16 22:48
>>317
画像張ってください
http://de.geocities.com/zeroyaruki/


322 :298:03/02/17 08:15
逃げてないし、AAも張ってないよ。ムカー!!
なぜ、事件を公表したか?大げさにすれば、するほど
身内には目が行かなくなりませんか?
まだ保険金殺人が横行するような今の時代とちがった
のほほんとした農村風景。刑札の思い込み捜査。

強姦の件は
あったとして、被害者が地区の有力者に人身売買されていたら
その件はクリアするのでは・・・・。

このスレはとにかく、証拠も新しいのがないし、ループしすぎている。
着目点をずらして考察してみたかった


323 :3-679:03/02/17 11:08
>>322 298氏
>着目点をずらして考察
これは同感です。なので、OG氏、Y氏も含めた身内説、もう少し詳しく書いてください。
ぜひ読んでみたいです。お暇なときでけっこうですので。

324 :298:03/02/17 14:01
まず、犯人をなぜ身内としたか・・から説明させてもらいます。
カレー事件の事で先日も少しレスしたのですが、
うるおぼえプラス脚色気味なので間違えはどんどん指摘してもらって結構。

もともとカレー事件の被告人はB地区に住んでいたらしく、
なんでもあの全焼してしまった豪邸は引っ越してきて建てたらしい。
前に夫妻が住んでいた土地の周辺で、共通した不自然な死が相次いだそうだ。
どの被害者も共通した死因であった点。(肝不全系?)
どの遺族も共通して貧困だった点。
またどの遺族達も病死だったの一点張りで頑なに口を閉ざしてしまう点。
B地区だったこともあり、面倒くさがった刑札はすべて病死で処理し
すぐに多額の保険金が遺族らに支払われた事が度々あった。
真相は遺族達があの被告人夫妻に借金、担保は家人の生命保険金。
死因は遺族達によって少しずつヒ素を盛られての毒殺。
遺族達は魂を悪魔に売ってしまったから、犯人の名を口に出せない。
被告人夫妻はこの悪魔の契約で稼いだお金で豪邸に移り住んだ。
迷宮入り保険金殺人事件が何件あったのかは定かではありません・・・。

身内=犯人と断定して私は登場してしまったが、
犯行を行ってないとするならば、
少なくとも事件の起承転結はすでに了解済みだったと思う。
長文スマソ

325 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/02/17 14:24
>>324
カレー事件と狭山事件がどこでどう結びつくのかワケガワカラン。
大体カレー事件の犯人が今裁判中の被告だったとして、
カレー事件そのものは別に「身内の犯行」ではないし。
多分、被告の母親の不審な死との関連をいいたいのだろうが、
これとて立件・起訴されているわけではない。
おまけに「B地区」どうのこうのなんていう話まで持ち出してくるにいたっては
なにか別の意図があるのでは?

・・・と、思われたうえにスレが荒れるに決まってるから、
やめといた方がいいよ。

326 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/02/17 16:21
>>325に同意。

>>298
カレー事件のことは別にして
あなたの考えた狭山事件の犯行の過程をレスして下さいな。


327 :298:03/02/17 17:06
話を本件にもどします
動機はその地区の利権か保険金。契約者は父で相手は有力者。
16になったら娘を有力者への貢ぎ物として献上する密約束があった。
あるいは保険金がちょうど良い期間になったのが16の誕生日か?
(支払いと受け取りのバランスが良い期間か?)
自分が貢ぎ物だと知った被害者が激しく拒み、押し問答の拍子に
殺されてしまった。もしくは保険金目当ての殺意があり
殺されてしまった。(今はサラッといきます)
いずれにしろ犯人が20マン盗れなかったから失敗ではなく、
被害者が亡くなった(姦淫された)時点で契約は成立していた。
家族は(末っ子は除く)被害者が16までしか生きられない。
16までしか一緒に居られない事を承知で暮らしてきた。
姉の旦那は「あなたは部外者だから余計な事は言わないで」
と念を押されていた。

328 :298:03/02/17 19:08
カレー事件スレ違いで゙スマソ>>ALL

出さなければならなかった脅迫状の理由・・・
容疑者を身内とした場合私は2つのケースが考えられると思っております。
1、脅迫状は被害者遺族の精一杯の裏切り行為
犯人を断定できるギリギリのキーワードを織り交ぜ、刑札に公表する事による
犯人への逆脅迫状?もしくは身内が亡くなった事への良心の呵責?
2、娘が死んでしまった事実を早く公表したかった。
家出人や行方不明の場合、保険会社が保険金支払い認定するまで
数年かかかってしまうため。

でも2のほうがかなり濃厚ですね。刑札に知らせる早さが異常だから。
“刑札には名知たら子供は死。“ですよ?躊躇せずに刑札に行きますか?
それに証言台では刑札に脅迫状を持っていった時間をわざと遅めの証言。


329 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/02/17 19:15
>>327
お約束のツッコミだからキレるのはナシね。

>16になったら娘を有力者への貢ぎ物として献上する密約束があった。

相手は越後屋ですか?

>あるいは保険金がちょうど良い期間になったのが16の誕生日か?
>(支払いと受け取りのバランスが良い期間か?)

当時の生命保険加入、支払条件などご存じですか?

>家族は(末っ子は除く)被害者が16までしか生きられない。
>16までしか一緒に居られない事を承知で暮らしてきた。

16になったら、異人さんに連れられて行っちゃうとでも
説明していたんですか?

330 :298:03/02/17 19:42
>>329
ありがとう
反応してくれただけでも
サンクスコ

331 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/02/17 19:45
>>325
>死因は遺族達によって少しずつヒ素を盛られての毒殺。
よく嫁

332 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/02/17 20:02
>>331
それってどこのなんていう事件?
まさかカレー事件の真相じゃないよね?
それがホントならカレー事件顔負けの大事件。
迷宮入りどころか事件にすらなっていない完全犯罪とか?
詳しく教えて下さいな。

333 :3-679:03/02/17 20:56
>>329
>当時の生命保険加入、支払条件などご存じですか?
私も当時の生命保険に関してはまったくわかりません。ここで詳しくご説明
いただきたいのですが。

334 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/02/17 21:02
>>333
そこまでいうのなら、被害者に多額の保険金が掛けられていたという
事実をつかんでいるんだろうな?

335 :332:03/02/17 21:26
>>334
そこまでいうのなら、オマエはどんな事実をつかんでるんだ?

336 :3-679:03/02/17 21:27
>>334
いいえ、まったくつかんでいません。これは298氏の仮説であって、私はそれを
読みたいと希望しただけです。スレの流れをよく読んでください。

337 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/02/17 21:38
おいおい、変な方向にスレが流れ出したぞ。
船長、はよ元に戻せ。

338 :334:03/02/17 21:55
>>336
オレはスレの流れが読めないと?
オレは馬鹿だと?

339 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/02/17 22:46
カレー事件の話はやめろ

340 :3-679:03/02/17 23:50
>>334
誰もあなたのことを馬鹿なんて言って
ないでしょ? マターリいきましょうよ。

341 :盛況 ◆VTGTqo06As :03/02/18 00:26
>>321
申し訳ないが、そういう画像を張る気にはなれませぬ。
もしどうしても見たいという向きは、古本で書物そのものを
手に入れていただきたい。(小生は亀井とは違う故に‥‥)

小生には(昨日あたりもカキコ済みでありんすが)
その保険金の件は、材料が何もありませんので、よけいなことはこの際、
気にせずに、だうぞ298氏
その推理に至ったもう少し詳細な過程を、記してくりゃんせ。

レスを読んでいて、ナンとなく、
どンな推理か、解るような気もスルんでありんすが、
とにかく小生としても、「保険金」という観点が、
今までチョット、考えもつかなかッたものでネ。
そのあたり、もう少し、詳細を。
なにか、小生には考えもつかぬ材料でもあれば、それもよし。
ナニ、所詮は「推理」だと思えば。遠慮はいらぬヨ。
 (亀井のようにでなければネ)

342 :盛況 ◆VTGTqo06As :03/02/18 00:33
追伸だけども、
「このスレは‥証拠も新しいのがないし」とおっしゃるが、
べつに最初のスレから、「新証拠」はどこにもないと思うが。
「証拠」
この言葉を、どう使うかにもよると思うのでありますが。

343 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/02/18 01:04
利権がらみ説は過去スレに話題になったね。
保険金殺人ねえー。
他のやり方でやるかなあ。

ところでこの脅迫状の一件なのだが、
大旨偽装工作という説が多いが、本当に犯人はお金を取るつもりだったんじゃないのか。
宛名は父親で、持ってくるのは女、そして『きんじょにもはなすな』。
なんで犯人は『きんじょにもはなすな』と書いたのか?
犯人にとって刑札に知られたくはないのは理解できるにしても
なぜきんじょということをダメ押しする必要があったのか。





344 :3-679:03/02/18 08:11
>>343
>なんで犯人は『きんじょにもはなすな』と書いたのか?
当時の農村では皆顔見知りであり、かなりの結束力があったからでは?
現に元PTA会長MH氏は証言台で「25歳くらいまでの土地のものなら、声で
判別できる」と豪語しているほど。村人たちに山狩りでもされたら、死体遺棄
などが難しくなるからではないでしょうか。

298氏
>>327の説で、保険金目的というと、OG氏の役割は「被害者を誘い出す」
ことだったんですかね。あと、姦淫したのもOG氏?


345 :盛況 ◆VTGTqo06As :03/02/18 08:27
>>329
>>当時の生命保険加入、支払条件
小生も「当時」のは解らないが常識的に言って、根本的には現今と条件は
変わらないものと思われます。ただ一般的には、こういうことは言えるで
しょう。チト昔に生保の代理店をしていたこともあったので、多少は言え
るンですが
当時は、
昨今のように、保険金に伴う犯罪がまだそれほど社会的に認識されていな
かったであろうから、加入、支払いともに、加入者にとってそれほどの困
難はなかったと思われる。また、終身保険、定期保険の別に関わらず、
被保険者の同意、健康診断(簡単なものだが)、死亡保険金を支払わない
場合(免責事項)、等の条件もまずは現在と同一と見てよろしからう。

ちなみに免責事項の中には、
「被保険者の精神障害または泥酔の状態を原因とする事故によるとき」の
事項があり、例えば、飲酒して(たぶん泥酔)轢死したITのような場合
にはこれに当てはまります。

346 :298:03/02/18 09:35
佐野屋の件・・・
これがただ者の犯行ではない!と刑札に印象付け、
さらに迷宮入りさせた事件のクライマックス(不謹慎スマソ)。
劇団おまわり等々諸説ありますが最大のポイントは
犯人の手がかりが声(聴覚)しか無い!(あったら教えて下さい)
とても狂言しやすい環境だったこと。
姉が引き渡し場所へ行かなくても暗闇のたんぼへ野犬を放し(末っ子でも可)
「あっちの方へ逃げたよ!」といわれたら・・・迷宮入り
引き渡し場所で姉が元PTA会長に「そこにサツいるだろ。わかっているぞ」
と言われちゃった!!と声をかけ、ほだされた
元PTA会長も「そうだったかのう、うんそうだ!まちがいない」
で刑札も思いこみ。予定外だったので刑札に頼まれ姉は1度拒んだが、
元PTA会長も来ると聞いて長兄は信憑性が高くなるとふんだ。
結局兄に説得されて芝居をした。(自殺の原因か?)
行かなきゃ捕まらない説です。仮に元PTA会長が
聞こえなくても初老なので押せると思えます。


347 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/02/18 10:23
>>346  なんだか文意がよく理解できない。
  サノヤには誰も来ていなくて、声はなにもなかったってことかな?
  もう少し分りやすくをキボン

348 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/02/18 10:51
>>346
あのう…
犯人の声は姉以外にPTA会長と4人の刑事がはっきり聞いているんですが…
一度じっくり裁判記録を読んでみては?
野間宏の本に当人たちの証言が詳しく出てますよ。
初老のPTA会長…事件当時まだ40代なんですが…

349 :298:03/02/18 12:14
大まかな殺害の動機、脅迫状、佐野屋と強引に推理しました。
結論から述べると実行犯は長兄ではない!!
身内であれば16年も暮らしていれば情もわくだろう、
ましてや被害者の誕生日にわざわざ事件をおこすのは、
1つ屋根の下で暮らす身内にとってみれば後ろめたさが増すはず。
だから実行犯は身内でも同居していない人(OG氏もしくはY氏)?

のちの連続して起きた殺人?自殺?の件は、直接全てがこの件と
関係しているとは思えません。胸をヒト突きの方はあやしいです
>347,348
肉声のテープはありません。
聞いたとその場の雰囲気で
ながされたんですよ。
私は超人説は無いと思ってます。

350 :盛況 ◆cQ5CwQT2.c :03/02/18 12:22
確かに「声」については事実誤認だよ。それが誰かは別として、
犯人はちあんと佐野屋に来ていたよ。もっとも、アレが劇団警察佐野屋公演で、
姉も会長サンも劇団員だったトでもいうのなら話はまた別だがネ。
着目点をずらして考察はいいんだが、事実をずらして推理はいかんのだヨ。

動機は「地区の利権か保険金」とのことであるが、するというとつまり、
利権をいただく換わりに、娘を献上、もしくは娘を殺して保険金支払いを受け
それを献上トいう筋書きかな。しかも殺害のかなり以前から、その計画であッたト。
入曽歴氏A説の逆パターン。たしかに話しとしては面白いが、推理としては、
もう少し詳細な材料と根拠を提供していただきたい。
「娘を献上」とはつまり、淫行のススメなのかな?

ちなみに保険金は、契約1年経たないと支払われない約款になっている。
だからたしかに、保険金目的の場合相当前から計画せざるを得ない。
また、受取人や契約者が家族(血縁者)以外の第三者の場合、犯罪その他を避けるため、
保険会社はその理由につき、調査をすることになっております。まあコレは、
父が受け取っておいてから献上すればすむことではある。

351 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/02/18 12:30
>>349 その場の雰囲気?で流されるほど間抜けなK札じゃあ、
 石川サンをでっちあげる能力もないと思うんだがな。
 第一情もわくような身内が、娘を生け贄にすることのほうが、
 ありえないとは思わんか?

352 :?:03/02/18 12:37
その前にだいたい、ageんなよな!

353 :298:03/02/18 12:40
佐野屋の追記(反響があったので詳しく)
スプーン曲げ、こっくりさん、宗教、心理商法etc
人間には集団心理で真実が見抜けなくなるもの。
あの場の雰囲気に飲まれ刑事の年長者がたとえば
「聞こえた!!」といえば部下の刑事がこれに
呼応するのは考えられないだろうか?
今よりももっと縦社会だった当時
先輩の意見は絶対じゃなかったか?

強引すぎる!!というのはもっともな意見です。>>ALL
>>351
ありえないから迷宮いりするんでは?

354 :3-679:03/02/18 12:43
>>349 298氏
>だから実行犯は身内でも同居していない人(OG氏もしくはY氏)?
OG氏ならわかります。しかしY氏は、義枝さん殺害事件のあと(昭和38年秋頃)、
次姉と見合い、婚約しているわけですよ。
もっとも、Y氏は長兄の同級生でもあるので(あまり親交はなかったらしいが)、
義枝さんとお互いに面識があった可能性もありますけど。
実行犯Y氏で、それを知らずに入籍した次姉が、真実を知って自殺……。
う〜ん、一応、スジは通りますねぇ。


355 :?:03/02/18 12:49
そうそう、sageればよろしいよ。
集団心理か…すっかり忘れてたがこの板オカルトだから…というわけでもあるまいが、
その心理戦の仕掛人が登美ちゃんだったということなわけね。
劇団はむしろあの一家で刑札は演技にはまり込む観客側説。
悲劇のヒロイン、登美ちゃん。

356 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/02/18 13:10
>>354
通らん、通らん。

357 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/02/18 13:41
>>298
話がみえないよ。

この事件は2人の姉妹を亡き者にするために行われた。
そしてそれを実行できるのは・・・


358 :?:03/02/18 13:42
シェイクスピア劇なら通るだろうが、推理と創作とは違うのだぜ。
ワシゃ登美ちゃんは一番好きな役だけど、
>ありえないから迷宮いりする
程度のレスでは人をそれなりにでも納得させることはできんよ。
679はあれでも、そのあたりかなり譲歩しての発言と見た。

359 :298:03/02/18 17:04
>>盛況
今までの事件本に書いてあるからとか、裁判記録が云々。
すなわち絶対的事実と思っている事を、間違いとは言わないが、
既製概念に捕らわれていたらトム氏らの説が1つでいいし
I氏が刑期を全うしたからそこで手打ちだぞ。
冤罪としてもループスレで 糸冬 了!!
だってサノヤに犯人が来たのは間違いない!!というのは
あなたの推論であってオレの推論では、ありえない。
あなたはタイムマシーンでアノ時代にさかのぼり
サノヤで犯人を目撃したわけでもなく、
ナニガ事実と分かっちゃうならあんた犯人だよ。
あと、何でHNの‘新聞’がとれちゃったの?

360 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/02/18 17:07
298ってまさか943じゃないよな?

361 :298:03/02/18 17:20
新説を述べるのには、既出の証拠をつなぎ合わせただけでは
矛盾ができるのは当然だろう。トンデモ推理が多いのは謝罪します。
新説といっていたが、1-613氏がもうすでに述べていたよ。(T.T)
しかし犯人を生きたまま検挙しなければならない。って・?
当時の長官もトンデモだし!被疑者死亡のまま書類送検
できなかったのか?刑札の威信だけで?
しかし、もう手詰まりだな。早くあの日記見せて
欲しい。
私は943ではない。最近しかカキコしてません


362 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/02/18 18:36
盛況さんになり代わって一言。
佐野屋にやって来て、姉と話したのは誰なのかという件の推理について、
たとえば「あれは警察官の芝居」ということを、その根拠をもとに述べるのは
いいけれど、「佐野屋には誰も来ていない。男と話したと言う姉の演技に騙されただけ」
という「新説」を開陳するならば、それなりの根拠が必要というだけ。
「劇団おまわり説」を展開した亀井氏その他だって、ちゃんとその論拠は
示していますよ(事実かどうかは別にして)。
「佐野屋には誰も来ていない」ということを皆に納得させるには、姉以外五名の
裁判証言を覆す、説得力のある言説が必要だ。
これは「既成概念に捕われていたら」うんぬんとは、まるで別の次元の話。
それがなければ、それこそ「佐野屋に来たのは宇宙人で、円盤に乗って逃げた。」
とい「新説」だって可能だ。だって、誰もその姿は見ていないのだから。

363 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/02/18 19:40
佐野やのオヤジもひそひそ声を聞いているみたいだし、
張込みの刑事、元PTA会長、そして富江さんが聞いている。
証拠としては犯人の足袋痕。(刑札のねつ造の可能性はあるが)

一応は犯人は来たみたいね。
それが刑札の自演か、新犯人か。

もしかしたら狭山事件そのものもなかったのかもしれないね。




364 :298:03/02/18 19:45
だから
可能性が低いという論評なら受け入れられるが
事実でない!と断言されたから
事実しってんならすごいね。
新参者は寄り付かんね。ということ。
スレループに加担してんじゃないの?
ということ。以上

365 :盛況 ◆cQ5CwQT2.c :03/02/18 19:56
ほぼ代弁してくれた通りなんだネ、小生のは。
蓋然性(その物事が実際に起こる(真である)か否かの確実性の度合い)の問題なんだヨ。
昨日かおととい、記したんぢゃが、絶対的という意味での「証拠」はなくても、
推理するにはせめて根拠がある程度は示される必要があるわけネ。キミの説を、
頭から馬鹿にしてかかッておるわけではないのヨ。その根拠とするところを、
もうチト教えていただけないか、とお願いしてるのヨ。

自分の頭の中で考えたり、そう信じたりするだけでなく、
こういう板にその考えを発表するトいうことはサ、
つまり人を納得させつつ、自説でない人と議論するわけぢゃろ。そしたら、
結論の部分とともに、でな何故そういった結論に至るのかの部分が、
さらに重要な事項になるンだと思うわけダネ。

>サノヤに犯人が来たのは間違いない!!というのは
あなたの推論であってオレの推論では、ありえない

然り、ソレは同感。だからそういう推論に至る根拠を求めておる。
小生のは、では姉はこの際はずすとして、
「会長氏と、札数人が聞いていること。静まり返った田舎の深夜での出来事で、
姉と犯人との会話は、相当な大声として聞こえていたであろうこと。」です。
これが犯人なのか、誰なのかは別としても、姉とそうした会話をした人物が、
そういった根拠から、畑の方に出現していたと、そういうコトです。
また、犯人の声だけでなく、当の姉の台詞もあったわけで、それも集団心理で
そう思われただけ、とするには、小生にまだまだその根拠がわからないから、
トいうわけネ。
  (新聞トッタのは、ただ面倒だから。小生のパソでこの板見るとネ、
   投稿したあとの名前部分が、ドウイウわけぢゃか、文字化けして
   おッてネ。次の時にはまたいちいち、手打ちしないといけないの
   でありんすよ。ソレだから)

366 :盛況 ◆cQ5CwQT2.c :03/02/18 20:01
>手詰まり
は全く同感。いっそ皆で、新材料を求めて長兄その他に突撃取材を試みるしかないのかな。

367 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/02/18 20:07
>>363
ひそひそ声なんかじゃないよ。
30mも離れていたんだから。

男は畑の中から「おーい、おーい」と叫んで姉を呼んだ。
てっきり道路を車でやって来るものと思っていた姉が戸惑っていると
もう一度「おーい、おーい」と男の呼び声。
男が「きてんのか?」と聞く。
姉は「来てますよ。」と叫んで応える。
佐野屋に隠れていた刑事が姉に手振りで声の方向を示し、
(「声のする方へ進みなさい」)と合図した。
姉はその指示通り、5mほど男に近づいた。

このあと男は「金を持って来たか?」と訊ね、姉は「持ってきましたよ。」
と言いながら風呂敷包みをほどきつつ、さらに10mほど進み、
男にその中身(ハンカチに包んだニセ札)を男に示した。
ここで男が「ひとりじゃないな、サツに話したんべ。そこに二人いるじゃねぇか。」
と姉をなじる。(この一言は逃げる前の最後の方だったという証言もあるが、
いずれにせよ、張込みを見破ったかのような男の言葉に姉も刑事たちも
ギョッとした証言している。)

368 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/02/18 20:10
I氏は刑期を全うしたわけではありませんよ。刑期を残して保釈されただけですよ。

369 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/02/18 20:21
>>368
そうそう、正確にいうと「保釈」でななく「仮釈放」だね。
で、その罪状は「無期懲役」だから、死ぬまで(いや、死んでも)その汚名が
晴れることはない。
現に今でもどこへ行くにしても何をするにしてもいちいち官へ「報告」せねば
ならず、違反するとまた刑務所へ逆戻りということ。

370 :盛況 ◆cQ5CwQT2.c :03/02/18 20:22
では仮に「声」はあの場あの時の集団心理として、
裁判は一審二審と計十数年継続したわけです。公判の場はあの場とは違うわけで、
時も二審ともなるとかなり経過しているのであります。
となると、あの場あの時の集団心理は解けて、また証言が変わってくるという
可能性もあると思われるが、そのあたりはどう?
実際、本件では事件直後の証言が、公判廷となるとシドロモドロとなった例も多いわけで。

371 :298:03/02/18 20:31
激論!!さのや!!

貴兄方にお聞きしたい。
くどいが、夜中とはいえ全く視界が0ということが
あり得るのだろうか?何十人と張り込んだ刑札官達が
女物の服だった!とかいう細かい証言がないにしろ、
大柄なとか小柄だったとか視覚での証言が
無いということはおかしくないですか?
中野学校の出の方もお見えなのに・・・。
唯一たんぼの足跡のみ。(2人だったみたいだが捏造可)
ピザの宅配もこないような星降る田舎に
私は住んでいるが、真っ暗な深夜でも犬の散歩しても
犬の輪郭はわかるよ。最近の狐とまちがえて
犬撃っちゃった人なんてなにかしら見えてたわけですよ!
これを説明できますか?暗視ゴーグルが無かったから
とかは無しですよ。しかも被害者の安否は絶望視されていた
訳だから、被害者の安全第一で見守っていた。事も
考えにくい。誰も見えないまま、声だけ確認。
無事に逃げおおせた。確率よりもPTA会長が
腹話術師だった。ほうが確率は高いと思う。


372 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/02/18 20:36
たぶん、佐野屋での二人のやりとりの位置関係などを勘違いしているのだろう。
それだけで事件のことを何も知らないということがよく判る。
でも、こういう勘違いをしながら事件に興味を示してくる人もいていいわけで、
それはそれで大歓迎。
トンデモ推理でも宇宙人説でもいいから、何でも書いてみてよ。
でもキツイ反論がくるのは覚悟してね。
オジサン連中はすぐカッとなるが、若者なら大丈夫とは思うけど・・・

373 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/02/18 20:57
>>371
残念ながら、そういうこともあり得るのですよ。
当日は八十八夜の満月の夜ではあったが、街灯が全くない田舎道。
たしかに男が道路上を歩いてきたのなら、輪郭くらい分かるかもしれないが、
なにせ畑の中から30mも離れている上に、茶垣の高さが1m以上もある。
向かい側の畑に隠れていた二人の刑事にも、全く姿は見えない。
むろん、佐野屋に潜んでいた刑事(二名)とPTA会長にも。
ついでにいうと、男の方からも姉の姿かたちは判別できないという事件結果が
あるが、これについては姉が10mほど近づいたときに、夜目が利く人間ならば、
あるていど分かったかもしれない。
(このことから事件当初は夜間訓練をつんだ軍隊経験者という推理があったほど)
いずれにせよ、姉以外が男の姿を判別するのは不可能な状況だったということ。
「視界ゼロ」だから判別できなかったのではなく、彼らは「死角」にいたということですね。
通常、視覚を奪われて静かな緊張する場面に置かれたとき、人間の聴覚はより敏感になる。
このことから、6名の証言がほぼ一致していることで、誰かがあの夜にあの場所へ
やって来て逃げ去ったことという解釈が妥当でしょう。
少なくとも腹話術説や催眠術説よりは。

374 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/02/18 20:58
>>373 事件結果は実験結果のまちがい

375 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/02/18 21:00
>>372
アハハ、そいつはどうかな?若者も、けっこうキレるからさ。ワラ

それはともかくさ。仮釈の件でもそうだけどこの人。「事実誤認」が多いなあ。
大丈夫かなあ、って思っちゃうんだけどねー
声が確かにあったって確実な証拠がもし出て来ても、
「オレは聞いてないよ」って言い出しそうな雰囲気を感じるのはオレだけかな。
次女ってそんなにスゴ腕だったのかなあ。

376 :298:03/02/18 21:07
さのやの件、勉強させてもらいやした!
自分の無知さ加減がお恥ずかしいかぎりです。
何か見ててほしかったなぁ。刑札官達よ〜。
>>盛況師に突っかかってしまったこと深くお詫び申し上げます。

死亡診断書を書いた医師S氏の検死が
いい加減なことが本当に残念に思われます。
今日の化学の発達があれば・・云々よりも、
(ループアンド既出でスマソ)
だから私は胸を一突き!以外の死因を信じておりません。
最初の殺人そして姉の自殺、OG氏の自殺。
特にこの3件は死後でも農薬や体液を付着させたりできる
偽装工作が可能なので直接の死因は本当に闇の中。
医師S氏は素直に状況判断したと思われる。


377 :298:03/02/18 21:09
事件の再審請求が通らない。ということは、国はもう犯人を断定している。
捜査も打ち切られ、残るは新証拠の開示だけ(I氏の死後か?)
真実は犯人のみぞ汁!!

ただベテラン探偵さん達(盛況氏も含み)の膨大な資料に照らし合わせ、
新参者の私の陳腐な説(トンデモ説)を冷静に分析してもらえた事
はうれしいです。
タイミングの良いAAはやめて欲しいな。オレ疑われたし・・
連続カキコスマソ 本当にありがとうございやした

378 :3-679:03/02/18 21:20
>>376-377 298氏
サノヤの件は別としても、私はあなたの「家族ぐるみ・保険金等目当て」説は、
あり得ない話ではないと思っていますよ。
もともと私が298氏に「詳しく聞かせて!」とせがんだのが、激論! サノヤ! 
に発展したわけで……。なんか、皆さん申し訳ない! ごめんちゃい。
298氏、何か思いついたらまた書き込んでください。


379 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/02/18 21:37
>>377
そういわずに楽しい推理、また書き込んでよ(W
それはそうと「胸一突き」で死んだTNさんの件は、今一度語られるべきだね。
少なくとも、俺が読んだ本では彼は警察の乱暴な取調べの犠牲者となった、
「善意の人」だったし、俺自身も長くそう思っていた。
ところが1スレで当時の刑事だった人からの聞き書きによると、TN自身が
犯人一味だった可能性があるとのこと。
そしてその死も仲間の「口封じ」による殺人だったかも、という話には正直、仰天した。
大袈裟かもしれないが、この話を聞いただけでもこの掲示板を覗いてみてよかったと
思っているぐらい。それほど衝撃的だったということ。
TNが両手でしっかり握っていた鳥刺し包丁は、ためらい傷もなく正確に心臓を一突き
していたとのことだが、それだけでも不可思議なのに、包丁は寝巻きの上から
貫通していたというのは尋常ではないと思う。
包丁で心臓を突いて自殺するならば、まさか寝巻きの上からは刺さないだろう。
それは他殺と推測させるに十分な死だが、一体全体だれが殺った(殺らせた)のか?
なんとかTNの調書を見る方法はないものか?

380 :298:03/02/18 21:49
>>379
しかも妻子の目と鼻の先でしたよね

381 :盛況 ◆cQ5CwQT2.c :03/02/18 21:51
298氏
いや小生は「つっかかられた」とは思っておりませぬよ。議論だから、
やりとりはあるものですよ。小生も動機のほうは、3-679さんに同意であるのでネ。
>ベテラン探偵さん達(盛況フクム)
はやめて暮!小生などより、もっと詳しい方も大勢おらっしゃるによッて。
小生もいろいろもっと知りたくて、ここへ来ているのでネ。
だいたい小生も新参モノだヨ、どちらかって言うと。初めのころは、消エロと
まで言われたゾW

382 : :03/02/18 22:19
http://jbbs.shitaraba.com/computer/bbs/read.cgi?BBS=4818&KEY=1045574242&LAST=100

383 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/02/18 22:43
個人的にはTN氏は自殺の可能性が高いと思う。
台所には奥さんがいて隣には赤ちゃんが寝ていた。
もし殺人者がいたとしたらどのように彼を殺害できたか?
これも刑札の情報操作か
もしくは奥さんもグルだったのか。
実況見分調書が判らないが、
自分の腕だけでひと突きするのはとても難しいと思う。
でも柱を利用すれば簡単にできる。
包丁を肋骨の間に軽く添え、柱に突進すれば良いのではと考える。

全ての自殺を殺害事件と考えるのもちょっとネ。


384 :298:03/02/19 07:50
>>383
>台所には奥さんがいて隣には赤ちゃんが寝ていた。
逆に思い留まる要素満載だと思う。
赤ちゃんがいてためらいもなくできるかな・・・
血、遺体の処理で嫁に迷惑かかりませんか?

385 :298:03/02/19 10:41
偽札の意味・・・
サノヤでもし犯人に金を渡せたとしよう。
脅迫状にもあったとおり友達が無事に金を
持って帰ってきたら1時間後に娘は返す。
あれ!?ということは、偽札がばれます。
警察は被害者の死もしくは100%犯人を捕まえるか
確信してなきゃこんな真似しませんよね?
大ばくちだよな。当時の20万は大金だろうが
用意できない金ではないですよね。
ただ、誘拐事件に敏感だった当時に20万は
リスクとしては軽いのでは・


386 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/02/19 11:22
>>298
TN氏の自殺
精神的に追い込まれると周りのことを考える余裕はないものだ。
もし彼を亡き者にしようとするならココではリスクが大きすぎる。
他で殺害するだろう。
奥さんも共犯なら可能性はあるが。
それとこのことで刑札はずいぶんとマスコミから叩かれた訳だから、
怪しい点があれば自殺にはしないと思う。

偽札
刑札は犯人を捕まえられるという絶対的過信があったのだろう。
しかし、あまりにもお粗末な失態を数多くしてしまった。
この佐野やでの接触も含め、脅迫状投函までのこともナゾだらけ。
亀井氏のもっと早くからの犯人との接触や刑札の自作自演劇説もありかなー
と思ってしまう。

387 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/02/19 11:59
TNの死については、他殺の疑いありと述べているのは亀井トムのみで、他には「不審死」
として紹介されているぐらいで、詳しく調べた本がない上、調書も開示されていないので
現在表に出ている資料だけで推測するしかない。
(国会で一度社会党の議員が追及したが、結局、当局側はOG、ITと共に事件性なしとしている)
当時の捜査員による情報━TNの目撃情報は犯人一味の捜査撹乱だった━が事実だとすると、
主犯側にとっては、TNが警察に厳しく取調べられたことは計画の破綻を意味する。
すなわち事態は急を要するということだ。
TNは、翌日以降も取調べを受ける予定になっていたというから、主犯にとっては一刻の猶予も
できない。午後8時過ぎという時刻に家族の隙をついての殺人が可能かどうか疑問が提示されているが、
事を行なうには、むしろ戸締りをして家族が寝静まった深夜の方が困難だと思う。
泥棒ではなく、自殺に見せかけて主人の命を奪うのだから。
ただし、かなりすばやく機敏にかつ正確に為さねばならぬ「仕事」には違いはない。
そして、それを100%の確率で成功できるという確信がなければ、とてもやれる業ではない。
一体どんな人物がそれを実行したのだろうか。
沈着・冷静・度胸満点にして脚力に自信があり、短刀などの扱いに慣れ、そしてなにより
命令によって躊躇なく殺人ができるという「能力」を持った人物。
そんな人間など、そういるものではない。
ましてや、のどかな農村社会においてはなおさらだ。
ところが、その数日前にその条件を兼ね揃えた人物が、当の堀兼地区に「出現」している。
誰あろう、16歳の女子高生を惨殺し土中を深く掘って埋め、40名の刑事の張込みの中をかいくぐって
身代金を受け取りに雑貨屋に現れ、彼らをあざ笑うかのようにすばやく闇夜に消え去った男…
男が現れた畑の茶の木の幹にはナイフのようなもので切りつけた新しい傷があり、
石川氏は刑事に「佐野屋に来たもう一人の短刀を持った奴は誰だ」と追及されている。

388 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/02/19 12:28
みんなスーパーマンかな。

>>387
そこまで考えるなら、なぜ殺害犯はTNだけやったのか?
奥さんに話してる可能性はないの?
計画の破綻を考えるならそんな中途半端なことはしないだろう。
TNがどこまで刑札に話したかも判らず、なんか殺害犯はマヌケに
みえるよ。

TNの証言がホントだったら、まだ早くから動いていた捜査班を見たのでは
ないかというほうが可能性としてはありうる。

389 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/02/19 12:28
妻がうめき声に気付いた時はTNは布団に寝たままの状態だったとのことだから、
柱を使っての自殺とはあまり考えられない。
しかし他殺とするには、犯人にとってかなり厳しい条件下であったことは事実である。
ただ、仮に自殺だとしても単に警察の取調べのみがその原因であったとするには
無理があるように思う(妻は警察に行ったこと以外に自殺の原因はないと言っている)。
TNが主犯の指示で撹乱情報を持って警察に行き、それを見破られて責められたと仮定
すると、TNは主犯側と当局側両方に負い目を負ったことになる。
気の弱い農家の主人にとって、これはとてつもないストレスであっただろうことは
容易に想像がつくことだと思うのだが。

390 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/02/19 14:12
スレ1での元刑事の話はこうだ。
「(TNは)薬研坂で怪しい男たちが、それもよそ者風で何か重たい物を抱えていたの
を見た、と出頭してきた。」
とても捜査中の刑事と見誤ったという雰囲気ではない。
それと同時にTNは彼らが乗っていたとおぼしき車も目撃したとも言っている。
この証言は、脅迫状で犯人がそう見せかけようとした、
「車を利用した複数犯」という図式にぴったりだということが分かる。
TNは家族の反対を押し切って狭山署に行ったわけで、実際に薬研坂で男達を
目撃し、それが刑事だったのなら単なる善意の一情報に過ぎない。
それを警察が、捜索中の刑事の姿を見られたのが都合が悪いというだけで、
TNが自力で帰れなくなるほど厳しく追及するものなのか。
この事件では警察もいろいろヘマをやってはいるが、少なくともベテラン刑事たちには
それが善意から出たものなのか、撹乱の意図をもった情報なのかの察しはつくのではないか。
元刑事の話では、彼の情報とその背景に強い疑惑があり、警察は緊張感を持って
彼を取調べたことを伺わせるに十分な内容だ。

391 :298:03/02/19 16:36
仮にTN氏が他殺とします。家に侵入して家長だけを殺害となると、
どう考えても皆殺しの方が簡単です。善江さん殺害と同一犯だったとして
1人すでに女子高生を殺めている訳ですから、女子供を情け容赦なく
殺害する事は可能。女子高生は殺せるが主婦は無理なんてあり得無いでしょう。
同一犯=奥さんと内通か?(また身内疑い癖スマソ)又は奥さんの命拾い?
同一犯としない場合、善江さん殺害よりもこちらの
殺害は断然スキルが上で無いと無理。当然支払う報酬
とリスクは前者よりもかなり高い。狙った獲物を確実に仕留める
プロの殺し屋か?もしくは心優しきヒットマンか?狙撃は無理だったのか?
屋内じゃなくとも、よかったはず。この時代の盗聴はありえますか?
次の日に生きていられたらまずい理由があったかも。

392 :298:03/02/19 16:57
TN氏は自殺。と仮定すると辻褄が合う部分は他殺よりも多い。
ためらい傷がない。奥さんの自殺に思い当たる節がない。
ことが不明。TN氏の死がメリットとなる人間を洗う事ですが、
あまり情報ないですね。
不審死を全て自殺と断定するとあまりにも自殺者が多すぎる。
(超既出スマソ)
統計学的に見て昭和30〜40年代、狭山市の成人自殺者数が
当時全国平均よりも上回っているかどうか比較できないものか。
犯罪者の汚名より自ら死を選ぶ。
この地域独特の倫理観それとも宗教色。
連続自殺と関連して
自殺マニュアルという本に関西のある地域で5件
連続して若者が自殺したオカルトチックな行動が
書かれてあった。しかも半径3kmという狭い範囲で。
遺書は無かった。(ウルオボエスマソ)
独断と偏見ですが
タレント(カリスマ性が高い人)が最初に
自殺をすると後追い自殺が連鎖する人間心理
に関係があるかもしれない。ならば最初の自殺者とされる
OG氏は人望の厚い人物だったといえるのか?
(姉のみに適応かもしれない)
連続カキコスマソ

393 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/02/19 17:39
age

394 :3-679:03/02/19 18:14
TN氏の自殺については、解放出版社の「狭山裁判の超論理」という本の47ページに
以下の記載があります。

 TNさんの自殺当日に取られたTNさんの奥さんの供述調書が残っており、
 それによれば、TNさんは奥さんの眼前で、たしかに包丁で心臓をついて
 自殺しており、他殺でなかったことは確実です。

TN氏の奥さんが何者かに懐柔された可能性はあるとしても、上記のような供述調書
が存在していたのは事実のようですね。

395 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/02/19 18:52
>>391
あいかわらず面白い推理だけど、この場合、殺人ではなく自殺に見せかけることが
必要なので、一家皆殺しというのはさすがに無理がある。
一家心中に偽装するという手もないことはないが、現実には難しいだろう。
ただ普通の自殺のように装う時間がなかったので、あのような荒っぽい手段に
なったのかもしれないし、やはり突発的な自殺だったという見方も捨てきれない。
この場合、TNが犯人一味なのか無辜の民なのかということに焦点が移るが、
スレ1の元刑事の言が正しいとすれば、他殺にせよ自殺にせよ、少なくともTNは
主犯か犯人一味の誰かを知っていたということになる。

396 :298:03/02/19 18:54
まじですか!!
知りませんでした。
無知な自分に鬱だ・・

397 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/02/19 19:00
>>394
ジャーナリストグループ(文珠社)の取材に妻は
「台所で洗物をしていると夫のうめき声が聞こえたので行ってみると
心臓を包丁で一突きしていて・・・」と言っている。
つまり、夫が包丁を握って心臓を突き刺す瞬間は見ていないことになる。

どちらが本当かは分からないが、妻が自殺と思っていることには変わりはない。
ただ、自殺の原因については警察できつく取り調べられたこと以外には、
全く思い当たらないと話している。

398 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/02/19 20:27
この前、実験してみました。
深夜、サノヤに行って畑の中30メートル先から、
同じセリフを叫んでみたのです。


399 :あなたのうしろに名無しさんが・・・ :03/02/19 20:41
そういう見え見えなネタはやめなさいよ。

400 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/02/19 20:53
>>399
あなたも男なら、やってみなさいよ。

401 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/02/19 22:10
やらねえのなら、おら帰るぞ。帰るぞ。

402 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/02/19 22:28
中田家の母親は生きていました
善枝さんを殺したのは母親です

403 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/02/19 23:10
>>402
そこまで言うなら、証拠をつかんでいるんだろうな?
証拠がねえなら、おらも帰るぞ。帰るぞ・・・・・・・・・

404 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/02/19 23:29
善枝さんは母親に首を締められた
善枝さんの母親は暗い二畳に居た

405 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/02/19 23:36
>>404
なるほど。スジはとおっている・・・
内田幸吉さんに聞いてくる。

406 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/02/20 04:48
俺が父親なら
いくら他人の子供であったとしても子供には罪は無いので
あっちこっちで股広げてる母親をイの一番にぶっ殺すな。
その前に相手の野郎を半殺しにしてチンポを叩き潰すのは言うまでも無いんだが。
まともな父親なら法的に対処するんだろうがね。
不倫とはそんなもんだ。

407 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/02/20 14:40
父親は当時、農村共同体のリーダーたる区長という立場。
身内のスキャンダルは、即その地位を危うくする。
事件当時から、上赤坂地区の区長は大きな権力を有していた。
当然のことながら、利権が絡む区長選挙などには相当な確執があり、
当初は、その遺恨が引き起こした犯罪という見方もあった。
スレ1の元刑事の話には、そのことを想起させるものがある。

そして今一度、あの脅迫状に眼を向けてみると、あることに気付く。
それは真犯人が、事件の真の動機を気付かれないような工夫を
凝らしているという点である。

まず、犯人は四女とは顔見知りではない人間であることを示すため、
最初は「少時家」の子供を狙ったが果たせず、行きずりに出遭った
女子高校生に眼を付け、身代金を取るついでに性欲を満たそうと
考え、下校途中の四女を襲った、というストーリーを考えた。

408 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/02/20 14:40
そして四女を拘束したあと、脅迫状の宛名たる父親の名前を四女に訊ねる。
四女が「中田栄作」と言ったのを「なかた・えさく」と聞き違え、
封筒には「中田江さく」「中田江」と万年筆で書いた。
本文は「少時様」宛に以前に書いておいたと見せかけるために、
ボールペン書きにしておいた。
そして封筒の宛名と本文の訂正箇所を万年筆で書くことによって、
四女のカバンの中にあった筆入れから万年筆を奪い、あとから書いたように
見せかけた(このとき、インクの色を確かめなかったのはうかつだった)。
このことを強く印象付けるため、筆入れごと持ち去って処分した。

見ず知らずの四女の住所をそれで知ったと思わせるためと、
誘拐がいたずらではないことを示すために、脅迫状の封筒には
四女の生徒証を同封しておいた。
もし父親が不在だったら他の家族が開封せず、発覚が遅れては困るので、
封筒は一度封をしたあと、ちぎって開封しておいた。
指紋がつかぬよう軍手を用いたが、これも二種類のものを使い、
手袋痕を検出されても複数犯との印象を与えるよう、念には念を入れておいた。

身代金の金額は、貧乏な若者が犯人との印象付けのため、20万円にしておいた。
では警察の捜査をどこへ誰に向けさせればいいだろうか?
そうだ、菅原四丁目の被差別部落の人間にしよう。
ちょうど四女宅の近くに養豚所がある。ここは部落出身の兄弟が経営していて、
部落の若者が多く出入りしている。
たわいないものばかりではあるが、いろいろと悪さもしているようだし、
地元の人間も差別意識丸出しでこの養豚所を見ている。

409 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/02/20 14:41
それを利用して、彼らに疑いがかかるように工作しよう。
それには身代金受け取り場所を「佐野屋」に指定するのがいい。
ここなら養豚所に近いので、そこで働く者は誰でも知っているはずと
思われることだろう。
「少時様」の「前の門」の「前」を訂正し、稚拙な字の共犯が訂正したと
見せかけるため、この箇所は左手で「サノヤ」と書いておこう。

それに佐野屋は五本の道路が交差する場所なので、張込み刑事を分散させ、
身代金を取りに来たと見せかけて逃げるのに都合がいい。
しかし捕まっては行けないので、過去の事件(斎藤恵子さん誘拐殺人事件)
を参考に、指定時刻を「五月2日の夜12時」と書いて前日にも張込みを
させるよう誘導しよう。
そして1日夜に、大体の張込み配置を確かめておこう。

佐野屋での逃走を成功させるため、犯人が自動車でやって来るように
見せかけよう。
脅迫状に「友だちが車出でいく」と繰り返し書いて、複数犯と車の使用を
印象付けよう。
ちょうど養豚場にはトヨエースがあり、経営者兄弟が乗り回しているので
大いに疑われることだろう。

410 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/02/20 17:13
この誘拐事件はフェアではないよな。(犯罪にフェアもへったくれもないが)
人質の安否も不明なのに一通の脅迫文で
家族が金出すかどうかなんて。
死んでいたら出さないよね〜
ただ電話等で被害者の声が聞かされていれば別だが・・

411 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/02/20 17:52
>>410
たしかにアレ読んだら、すぐに警察に走るよね。
だいたい、本当に金を取る気があるのなら、子供は無事ということを
強調するはずなのに、しつっこいほど「子供は死」をくり返している。
これじゃあ、家族が「もう死んでいる」と泣いていたのもうなずける。

412 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/02/20 19:05
>>411
でも、いくら「もうどうせ死んでいる」と思ったからって
ニセ札を持ってくこたぁないやね。
1日夜なら金が用意できなかったかもしれないし、
1日は「リハーサルの張り込み」(そんなんアリか?)だから
まぁ分かる(ホントはワカランが)としても、
たった20万が2日夜までに準備できなかったとは、トテモ思えない。
ニセ札を持たせた父(兄?)。
それを知ってて黙認した刑札。
これをどう解釈すればいい?
真犯人追及より、俺はこの「ニセ札問題」に興味があるね。

413 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/02/20 20:36
時代的に人命救助優先というより
犯人の確保の方が優先してたのではないか。
さらには田舎で起きたこととその時期に他の大きな事件に
県警が関わっていたことも影響あるかも。

414 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/02/20 21:16
当時は「シート包み殺人事件」(若い女性の死体が自動車シートに包まれて発見された事件)
の捜査と、事件の前日の市議会議員選挙の選挙違反摘発で、県警・市警共に大忙しだったらしい。
佐野屋への張込みは、埼玉県警から刑事たちが大勢加勢に来ているが、シート包み事件の捜査に
くたくたに疲れて帰宅しようとしていたところを急遽召集となったらしい。
刑事連中には詳しく伝えられないまま狭山署に集まったため、張込みに適した服装に着替える
暇もなかったということらしい。
おまけにマスコミに感づかれて、悪臭でむせかえる狭山署の柔道場の着替え室での
打ち合わせだったらしい。
そしてあわただしく未知の土地(それも真っ暗闇の深夜)にいったわけだから、
40人もいながらそのほとんどは烏合の衆ということだった。
それにしても2日夜の張込みに長谷部梅吉警視(のちに石川氏に「男の約束」を
持ちかける人物)が、この夜早くも参加していたというのも不思議といえば不思議。
彼は刑事調査官だから、殺人事件とはっきりするまでは出番はないはず。
まだ死体も発見されていない2日夜の時点で張込みに参加するというのは
どうも解せない。
犯人逃走後は、警察犬を手配したり犯人の足跡を取ったりと、
彼が現場を指揮しているようだが、「ニセ札」といい、この一件といい、
2日夜の張込みは、どうも尋常ではない気がする。
警察の自作自演劇とまではいわないが、何か隠されている事実があるような気はする。

415 :1−531:03/02/20 21:44
100%犯人は来ないと決め付けていたか、
自作自演か、それ以外考えられませんね。

416 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/02/20 21:49
>>414
その通りですね。
もしかしてここの刑札のスタートに関しての正確な事実関係が
判ればいいのだがね。

417 :?:03/02/20 22:41
>>415 結局劇団刑札だったというのかね?

418 :盛況 ◆cQ5CwQT2.c :03/02/20 22:50
TNや贋札についてレス読みながらアレコレ思ってみているが、
上手く考えがまとまらぬママに、亀井「権力犯罪の構造」をパラパラめくって見ておった。
ところでその冒頭の「日誌」というページ5月3日の項に、
『2日深夜12時前から佐野屋周辺に四十数名で張込み、二女を立たせる。
 長兄、警察の注意を無視し現金の代りに再びニセ札をもたす。』
との記述があるが、亀井はその出典や根拠は記していないようだ。
ニセ札計画は誰の発案だったんだろうね。

419 :3-679:03/02/21 09:30
>>418 盛況氏
その晩、ニセ札を持たせることを計画・指示できたのは、
・元PTA会長
・父
・長男本人
以上の3人だけですよね。元PTA会長の場合、
「身代金受け渡しのときに必ず捕らえてやる!」と考えていたのかもしれない。
父と長男は、もう義枝さんは死んでいる、と悲観してニセ札を持たせたんですかね。
続き番号の新札を用意すれば、あとから犯人を挙げられたのかもしれないのに。

420 :298:03/02/21 09:34
偽サツは刑札か身内のどちらが指示したか・・
一番安否を心配している身内サイドから
身代金は偽で行きましょう!という意見はでますかねぇ。万が一、
兄(あるいは父)が本当に偽サツを用意したのが事実であれば
人質が死んでしまった確実な情報があったか、人質の命<20万の
経済状況or愛情かのどちらかと考察できる。
おれの個人的解釈でスマソだが「人質の安否不明なためこちらも
それ相当の対応で行きましょう」と刑札から指示があったと思う。
スジ通りませんか?


421 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/02/21 10:53
出典は忘れたが、公判でもそこのところを追及している
公判調書があったはず。
どちらが言い出したとも書いてないが、偽サツを作ることに関して
身内は特に本物を用意しよう、とも言わなかったみたい。

422 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/02/21 14:07
「偽札問題」については以前にも触れられていたが、営利誘拐事件について当時の情況と
警察の対応策について知っておく必要がある。
この事件の場合、金さえ渡せば子供は無事に帰すと犯人は述べているわけだから、
事件解決の方法としては、まず現金二十万円を犯人に手渡し、人質が無事に帰ってから
捜査を開始するという手がある。

まず何よりも優先させるべきは拘束されている人質の生命のだから、方法としては妥当ともいえる。
その点、犯人側もよく心得ており「友だちが車出いく」と書き、複数犯であることをほのめかしている。
これは、単独犯と見られた場合、張込んでいる刑事に捕らえられる恐れがあるので、そう書いたのだろう。
「友だちが時かんどおりぶじにか江て気名かたら」人質は殺すと書き、佐野屋へ行った男が捕まったら
人質の命はないことを強調している。
したがって、仮に「佐野屋の男」を逮捕したとしても、男が口を割らなかったら人質の命は
危険にさらされるということになる。

これに対し、人質が幼児ではない場合は、仮に身代金を渡しても犯人は顔を見られているわけだから、
人質は殺されてしまう例が多い。
このことからこの場合は、指定場所に張込んでそこへ来た人物を逮捕し、人質の居場所を吐かせるという
方法がより適切であり、狭山事件ではこれに準じたと思われる。

警察当局が張込み敢行、即逮捕という作戦を選択した以上、そこへやって来た人間が誰であろうと
絶対に逮捕しアジトを白状させ、早急に人質救出に向う手はずだったはずである。
したがって、姉に持たせる身代金が本物か偽物かは、あまり重要ではなかった、ということだ。

423 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/02/21 14:08
吉展ちゃん事件では、現金を持った母親が刑事より早く車で出発してしまい、あわてて刑事が
追いかけたがタッチの差で本人に金を持ち去られてしまっていた。
犯人を逃がしたばかりか現金まで取られてしまい、しかも人質は帰って来ないという大失態が
埼玉県警幹部の頭にあったことは容易に想像がつく。
そこで四十人もの「大部隊」での張込みとなったわけだが、狭山署員からは農道を歩いて
来るかもとの意見もあったようだが、幹部連中にとっては脅迫状どおり犯人が車で来た場合の
捕らえ方に頭がいっぱいで、まさか犯人が畑の中をのこのこ徒歩でやって来るという映像が
浮かばなかったのだろう。

佐野屋付近で男の声を聞いた刑事たちは、犯人が金欲しさに現れた以上、それを受け取りに
道路上に姿を見せると思ったに違いない。
ともあれ、犯人が「車出」やって来ると断定してしまったのが、失敗の最大の原因だが、
最初から現金を手渡すつもりなど全くなかったので、偽札を用意したこと自体は、
そう不可解なことでもないとは思う。

424 :298:03/02/21 15:31
皆様熱く語っていらっしゃる
三行以上述べられるかた(煽りなしで)は
コテハンつけていただけないだろうか?
せめて番号だけでも・・・・

425 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/02/21 19:26
>>423
なかなかもってその通りでごわす。
この刑札の大失態の責任はだれだ!

それでなんとか犯人を偽装することでトップの責任は
回避されたのだろうか?
吉展ちゃん事件以降、それを真似た犯罪が増えたらしいが、
トップとしては何が何でも犯人を検挙しなければいけなかったんだろうね。
ある意味でトップも犯罪者だね。


426 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/02/21 21:29
スレ違いだが、吉展ちゃん事件ではたしか吉展ちゃんが5歳くらいだったので、
現金を渡せば無事に帰るかもとの期待もあったらしい。
それで母親も刑事と十分な打ち合わせをせず、急いで飛び出して行ったということだ。
現に犯人の小原保も、最初から殺すつもりはなかったらしい。
だが、小原は足が悪かったので、吉展ちゃんを返すと「足の悪いおじちゃん」と
家族に告げて結局逮捕されるだろうと思い、殺してしまったそうだ。
ちなみに小原は何度も捜査線上に浮かびながら、逮捕まで1年以上も要したのは、
刑事が現場に着くまでのわずか数分の間にすばやく金を奪って逃走するのは
足の悪い小原では無理との思い込みが大きかったからということだ。
狭山事件では全く逆の意味の思い込みのせいで真犯人を逃がしたわけだが。

427 :3-679:03/02/22 13:52
レスがひと段落したところで……
私が>>262で挙げた疑問点、このスレの皆さんのお知恵を拝借したいんですが。
念のためもう一度書くと、
>過去レスを見る限り、中田家の家族仲にはなにか「歪み」があったのでは
>ないか、とは私も考えます。
>ところで、常々疑問に思っていたのが「異父兄妹」の件。なぜそれを、
>兄妹たちが知っていたのかがわからない。
>「異母兄妹」ならわかるんですよ。お母さんが妊娠していないのに、
>ある日子どもがやってくるわけですから。兄妹どころか、近所の人に
>だって判るでしょう。
>しかし「異父兄妹」となると、お腹の子の父親が栄作氏なのかどうかを
>知るのは、栄作氏とその妻に肉体的交渉があったのかどうか、夫婦
>2人の間でしか判断できないわけで……。
>嫉妬と憤りのあまり、栄作氏が「義枝は俺の娘じゃない」などと口走って
>しまったとか?
どなたか考察、推理していただけると幸いです。


428 :盛況 ◆cQ5CwQT2.c :03/02/22 17:01
*偽札の件。
そう深く考えるコトもないかも知れんね。事件当日1日夜に、まず第1回の
張込みをやった。この砌に新聞紙を切った偽札を持参。当日は一応、念のた
めといった風情且つすぐに現ナマを用意できなかったという事情も、あなが
ち無理からぬ処。
それから2日の12時(3日0時)までの24時間は、被害者家族にとって
思えばあまりにも長い時間。その心理の中に、「もう娘(妹)は殺されてい
る‥‥」また「どうせ犯人は来ない‥‥」という思いが増幅。ソレで3日も、
昨日用意した偽札をまた持参。という可能性を考える。

*「異父兄妹」の件。
血液型とか、なんらかのきっかけで長兄や姉がおかしいと思い、父を問責し
た結果かも知れない。父自身がそうした事実を洩らすことは、あまり可能性
ないようにも思える。「異父兄妹」この事実だけでも、密かな歪みを生むの
だと言える。
ただ、こうしたことは、ドメスチックなことであり、全くの材料不足。上記
も勿論憶測にすぎない。

429 :盛況 ◆cQ5CwQT2.c :03/02/22 23:34
張込みに関する警察側のスタンスは、1日2日の段階で、ほぼ>>422のようなこと
であったろうと思われる。
他方、家族側としては、この際村落での既出・利権問題のトラブルや、或いは
母親の件?娘の出自?なども事件に関連しているのではとも思い浮かばれ、あ
る種複雑な心理状況であったかも知れない。
父「犯人は知り合いの者に決まっている」は、そのあたりの心境が思わず口を
ついて出てしまったのではないか。
いずれにしろ直接当事者である家族の心境はこの時期、揺れ動いていたであろ
うと想像出来る。
姉「佐野屋に行きたくない」も、偽札など持たされて、もしも犯人にそれを渡
す場面になったら、とか、(428にはああ書いたが、その一方で)犯人出現の際、
上手く対処出来る自信が無い、或いは単純に、とにかく恐ろしい、といった、
姉の複雑且つ恐慌的な心理の現れとも受け取れる。

佐野屋張り込みの失敗は、
 警察(そして被害者家族)は必ずや犯人をその場で押さえる。それによって、
 被害者救出、悪くても事件解決。だから札は本物である必要はない。金を取り
 に来たところを、逮捕する。
一方犯人側は、
 身代金目的は見せかけ。だから姉の持参物が偽札か本物かは初めから眼中に
 なかった。
と推理出来るとするなら、全くのスレ違い(札の失敗)だったと言えると思う。

430 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/02/23 01:06
>>428-429
発表の通りだとそのように解釈できるが、
亀井本によるところの問題で
・領置調書(中田家で自転車と脅迫状を領置したこと)
・所沢署長の話し(午後6時半すぎに西武園の捜査の指示を受ける)
などの脅迫状による営利誘拐が午後7時半よりも早い時期に行われたとのこと。
これをどう考えるか。

431 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/02/23 02:54
仮に脅迫が発表時刻よりも早く行われていたとしても
その事を隠す必要はないんじゃないかな

と私は考えますけど

432 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/02/23 03:00
糞馬鹿ダヌル・ウェブスターはオカ板から出て逝け!
糞馬鹿ダヌル・ウェブスターはオカ板から出て逝け!    
糞馬鹿ダヌル・ウェブスターはオカ板から出て逝け!
糞馬鹿ダヌル・ウェブスターはオカ板から出て逝け!
糞馬鹿ダヌル・ウェブスターはオカ板から出て逝け!
糞馬鹿ダヌル・ウェブスターはオカ板から出て逝け!
糞馬鹿ダヌル・ウェブスターはオカ板から出て逝け!
糞馬鹿ダヌル・ウェブスターはオカ板から出て逝け!
糞馬鹿ダヌル・ウェブスターはオカ板から出て逝け!
糞馬鹿ダヌル・ウェブスターはオカ板から出て逝け!
糞馬鹿ダヌル・ウェブスターはオカ板から出て逝け!
糞馬鹿ダヌル・ウェブスターはオカ板から出て逝け!
糞馬鹿ダヌル・ウェブスターはオカ板から出て逝け!
糞馬鹿ダヌル・ウェブスターはオカ板から出て逝け!
糞馬鹿ダヌル・ウェブスターはオカ板から出て逝け!
糞馬鹿ダヌル・ウェブスターはオカ板から出て逝け!


433 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/02/23 07:36
>>430
ニセ札、張りコミ、異母けいまいの件と
>・領置調書(中田家で自転車と脅迫状を領置したこと)
 ・所沢署長の話し(午後6時半すぎに西武園の捜査の指示を受ける)
との関連は?
どう考えるか。まず貴兄の考えはいかが。

434 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/02/23 07:53
誘拐はたしかに夜七時半よりも早くありましたよ。
営利かどうかは別として。

435 :?:03/02/23 07:59
>>434ははは、そうでなきゃナニもかも間に合わんものな。
がつまり犯罪発覚(脅迫)がもっと早くても、佐野やえは行ったし、
ニセサツを持たすことには関わり無いし、
まして異母問題とどう繋がるのかね。
別テーマだと思うがね。
じゃ、変死者の「自殺」はどう考えるか。
というのと、同じだろが。

436 :あなたのうしろに名無しさんが・・・ :03/02/23 08:01
狭山事件をどう考えるか。

437 :3-679:03/02/23 14:45
>>433
領置調書に絡んだ脅迫状発見と警察の初動捜査に関しては、前スレ(パート3)の
811〜819あたりに「う〜ん、そんな感じかも」な感じで語られております。ご再読
ください。
>>435 ?氏のおっしゃるとおり、さまざまな謎を繋げて考えるのは難しいことです。
テーマ別にひとつひとつ考察し、あとでつきあわせて矛盾点を検証すればよいのでは?

438 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/02/23 18:09
>>430
脅迫時刻が早かったことがばれると、義枝さんが1日夜に殺されているところから、
警察の初動捜査を気付かれて殺られたのでは、という批判が起きるのは必然。
それでなくても佐野屋での失敗で叩かれた当局は、せめて被害者死亡の責任については
回避したかったため、初期捜査の事実を隠したかったのだと思う。
家族の方も親戚や警察への通報のせいで殺されたかも、と感じていたのでは?
つまり警察・家族双方に、義枝さんの死についての負い目があったのでは?
それで脅迫時刻の繰り下げになったのでは、と考えられるが。

スレ1-898さんの伯父さんの話では、通報を受けた警官が被害者宅に着くと、
親戚の捜索隊ですでにごった返していて足跡の捜査どころではなかった、とある。
このことから、警察への通報の前に親戚総出で善枝さんを探していたことが
証明されていると思う(他にも7時過ぎに親戚が善枝さんを探しまくっていた
という民間人の伝承もある)。
通報を受けた巡査は、すぐに被害者宅に行って自転車の検証をしたはずだから、
留置場所が自宅になっているのはそう不可解ではないと思う。

439 :盛況 ◆VTGTqo06As :03/02/23 19:15
おそらく>>430での疑問は、脅迫時刻→通報→初動捜査が、発表より早かったとするなら、
小生が>>428-429で述べたことが、また違って来るのでは、ということなのかと思われる。

前スレまで及び亀井本などで既出の「初動捜査が既に6時半ごろには始まっていた」
との材料を根拠として、小生も「脅迫は発表よりも早い時刻にあった。またそれを、
発表のようにしたのは、>>438の如き理由による」のが、可能性高だと思う。

その場合でも、偽札の件を含む張込みへの警察・家族双方のスタンスと、その際の
家族に見られる心理状況についての既述は、特段の矛盾はないと思うがこれ如何。
もしかして、小生が見落としてるコトもあるやも知れぬから、その場合は教示を乞う。

440 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/02/23 19:59
横やりですがスンマせん。
どうも時間軸が混乱してます。

午後7時半に脅迫状発見してその夜に1回目の張込み。
そして2日の夜12時に犯人取り逃がしが起きる。
亀井説によると
もっと早い段階での初動捜査が行われている。
1回目の張込みで犯人と接触し、2日の夜12時は警察の自演。

その場合に早い段階での初動捜査が行われ、その為に殺されたのか。
そうすると犯人との接触はいつ頃だったと考えられるのだろうか?
7時過ぎも捜索して、その夜には万が一の佐野屋での張込みもあるわけだよね。
その間約5時間弱。
まだ被害者が殺されている事実は犯人以外知らない。



441 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/02/23 20:33
>>440〜どうも時間軸が混乱してます。
ン?そこんとこ、もうチョイ詳しくタノム

442 :?:03/02/23 20:58
>>440>その為に殺されたのか。
インヤ「初動捜査を気付かれて殺られたのでは、という批判が起きるのは必然」
ということであって現実にその為に殺されたと言ってるわけじゃあないよ。
>亀井説
>もっと早い段階での初動捜査が行われている。
は論拠にするとして、
>1回目の張込みで犯人と接触し、2日の夜12時は警察の自演。
はさっきの話題ではないわけさ=それはたぶん、否定してカキコ。
それともチミはそれに同意ってことなのかな?

443 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/02/23 21:22
自分でも混乱してまーす。
初動捜査を気付かれて・・・
その後、警察は犯人と接触したのか?
初動捜査の失敗といっても何をして失敗と?
それはたぶん犯人との接触があったと仮定してですよね。
自分としてはどうしても初動捜査を気付かれて、というのが納得できないんです。
警察が隠そうとしたのは、初動捜査の失敗と犯人取り逃がしの失態とどちらを取るか?
警察だったら犯人取り逃がしの失態のほうを隠すと思うのですが・・・


もう1回読んできまーす。スミマせんでした。



444 :あなたのうしろに名無しさんが・・・ :03/02/23 22:02
>>426 >佐野屋張り込みの失敗は、
>>438 >佐野屋での失敗で
サノヤで失敗して犯人を取り逃がした。だからこそ初動捜査を失敗したための
殺害との世間の非難よりは、取り逃がしの失敗を公表を選択(同時に初動は7時50分以降
と発表することを選択)
サノヤでの取り逃がしを隠すことは困難。会長氏、サノヤ宅、それからたしか
被害者の中学時代の教師もいたはず。

445 :444:03/02/23 22:04
上↑は>>443へのレス。

446 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/02/23 23:32
警察がなにかを隠していたとしたら
所沢署長はうっかり捜査時刻のことを喋ってしまったのか・・・

447 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/02/24 00:21
初めて書き込みします。

このスレはパート1の時から見ていましたが、しばらくご無沙汰で(パート3はほとんど見てま
せん。スイマセン)今日久し振りに覗いてみました。

当方41歳ですが、生まれ育った環境や年代の相違で考察のポイントが随分違うんだなあ、
と感じました。
これは私自身が直感的に感じた事で、都会育ち、田舎育ちだからどうとか、年上、年下だから
どうとかとはまったく関係ありませんので念の為。

さて本題に入りますが、自分自身小さい頃は群馬県のいわゆる田舎に住んでいました。
田舎特有の連帯意識と申しますか、「身内の恥は外に晒すな!」という風潮が当たり前の
様にありましたし、今考えれば異様な程に外へ漏れるのを嫌っていた事を憶えています。
今の様に娯楽も無く、いわゆる噂話が親達にとっては一つの楽しみでもありましたし、
ヒドイ話しですが部落差別も当然のようにありました。

前置きが長くなりましたが、当時のそんな状況を考えてみると、身内の誰かが起こしてしまった
不祥事を家族で覆い隠そうとするのは当時では不自然で無いと思います。
(年代的にも土地柄も、事件当時のそれとほとんど変わらないと思います)
家族ぐるみで計画的に、というより身内の一人が起こしてしまった不祥事を家族で覆い隠す、
といった感じがヒシヒシとします。(同年代、同環境の人なら判ってくれるかな?)

大分酔っ払って書き込んでいますので、ひどく長文乱文になってしまいましたが、
私的には「身内の誰かが起こした不祥事を家族で覆い隠す」です。

ひとつひとつの事象については、考えがまとまったらまた書き込みします。


448 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/02/24 01:15
そのご佐野屋に犯人が現われたという事は
初動捜査を悟られたということではないですよね
だとしたら非難されるいわれはないし脅迫時間を隠す必要はないとおもいます

449 :448:03/02/24 01:23

「隠す」ではなく「ごまかす」ですね

訂正ついでに
長兄のすすっていたうどんの上にのっかっていたテンプラは
誕生日のお祝いに用意した御馳走だったのかな・・・
そう考えるとちょっと、いたたまれないですよね

450 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/02/24 02:24
>>448
いやそうとも言えないんだな。もちろん断言はできないけども、
犯人が身代目的を装っての犯行との推理をする場合、
初動捜査を悟ろうが悟るまいが、佐野やには現われる必要があったわけでしょう。犯人にとって。

それとは別に、ともかく吉のぶちゃん事件このかたの世情の非難で、
できるかぎり失敗がないように(もしあったらそれを最小限にごまかすように)
する必要があった警察陣は、佐野やで犯人に張り込みを悟られて逃げられた(と思っただけで、
実は初めから犯人は張り込んでいてもよかったんだが)以上、
3日朝からの公開捜査に臨み、脅迫時刻はごまかす必要にかられた、と推理できる。

なぜなら、
もし脅迫時刻が6時とか、もっと早い時刻だと仮定すると、
そのままこれを発表したんでは、
早い時刻から堀兼その他の付近を警察がうろちょろするといった、
まずい初動捜査のせいで、殺害に至ったとの非難はまぬがれない。
その上に佐野やでの取り逃がしが加わる。
そう思いますけども。


451 :448:03/02/24 03:26
>>450さん レスありがとう
殺害が先か、脅迫が先か。
どちらにせよ犯人の目的が身代金ではなく被害者の命を奪うこと(過失かもしれないけど)だったのならば
警察に通報された事を確認した時点で善枝さんを殺してしまう理由ができるので
わざわざ危険を承知で佐野屋に出向く必要はなかったのではないでしょうか。

452 :448:03/02/24 03:47
補足です
つまり犯人の本当の目的は営利誘拐に見せかけることであって
「交渉が決裂した結果善枝さんは殺害された」と思わせることができればそれでいいのです。

。。。もういい加減寝ます・・・

453 :?:03/02/24 07:08
>つまり犯人の本当の目的は営利誘拐に見せかけることであって
つまりだからこそサノヤに出向く必要があったとは言えない金?
だって脅迫状には「サノヤの門」と、ちゃんと書いてあるじゃない。どう?

454 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/02/24 10:40
>>451
前の方のスレですでに出ているけれど、それでは洋裁生の「斎藤恵子さん殺害事件」と同じく
「営利誘拐に見せかけた顔見知りの犯行」という疑惑が生じることを払拭できないんですよ。
この疑惑がある以上、捜査の手は真犯人に迫る可能性がある。
犯人にとってはこれをどうしても「吉展ちゃん事件」と同様の事件と見せかける必要があった。
したがって、危険は十分承知のうえで佐野屋には行かなければならなかった。
というよりこの事件、最初から「佐野屋への出現→逃走」は計画され尽くしていて、
むしろ真犯人(事件の計画立案者であって、必ずしも実行犯とは限らない)は、
それを成功させることに全力を尽くした節が伺える。
つまり被害者殺害を実行したあと、いかに警察をあざむき捜査の眼を誤った方向に
向けさせるかに全精力を注いでいる。
いまだに「真相は単純な不倫清算が動機で、犯人はすぐ自殺した」という見方をしている人
が多いことが、事件が用意周到に計画されていた事件であることを逆に物語っているように思う。
自殺したOGは中田善枝さんを誘う役目を担ったのかもしれないが、決して主犯でも
実行犯でもないと思う。
ついでにいうと被害者家族も証拠品(自転車)の移動などをそうとは認識せずに
「手伝っている」可能性が高く、真実を述べると家族の秘密に触れなければ
ならないので、結果的に犯行に加担したように見えることが、事件解明について
混乱を招く要因になっていると思う。

455 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/02/24 11:28
初動捜査の非難がどうしてできるのか?
3日朝公開捜査して、4日朝に遺体発見だよね。
もし犯人が偽装のために2日夜佐野やに現れたとすると、
もっと警察は必死になり逆に犯人としてもヤリずらいだろうに。
初動捜査について隠す必要性がみれないんだが・・・
もっともここで犯人と接触があって取り逃がしたのであれば
当然隠すことはも考えられるが。
逆に犯人の偽装として佐野やに出現しなければいけないのなら
それ以前の警察との接触は何の問題も生じない。

この初動捜についてなぜ隠す必要があったのか?
このせいで殺害に至ったとは非難されないのではないか。

456 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/02/24 13:37
>>455
事件の公開は3日夜7時過ぎ頃。死体発見は4日午前10時半頃。
警察にとっては佐野屋での犯人取り逃がしが殺害につながったという批判は
絶対に避けねばならなかったわけが、仮に殺害時刻が佐野屋逃走の前だった
としても、初期捜査を犯人側に気付かれての殺されたという追及をも
恐れていた。
しかし、確かになにがなんでも隠さねばならないということでもないので、
初期捜査の段階かあるいは亀井説にあるような1日夜の「張込みリハーサル」時に、
警察がなにかヘマをやったのかもしれない。
この真相を追究する過程において一見突拍子もない「警察の自作自演説」などが
出てきて、石川氏の弁護団からは煙たがれるわけである。
しかし重要なことは、脅迫=誘拐発覚時刻が夕刻であったことはまず確実であり、
警察と家族が、なぜそれを隠蔽したのかが判然とせず、
これも狭山事件全般の大きな謎のひとつといっていいだろう。

457 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/02/24 15:23
>>456
なんとなーくわかってきました。
解説どうもです。

そうすると初動捜査は発表よりも前に行なわれていた可能性は
高いのかしら。
公判での長男の事件当日のあいまいさや脅迫状を発見してから届け出の
異常なくらいの早さなどは説明できますね。

ここの住人も午後7時半前には犯人から接触があったと思っているヒトが
多いんですか?

458 :298:03/02/24 18:41
脅迫文の中で
少時様、4月29日、西武園の池、子供
この4点が気になっている。
本当に捜査の攪乱を謀ったといえるのだろうか?

少時様
過去スレでは子供に残された命の時間が少ないという解釈。
宛名に書かれていた=人の名前の当て字ではないのか?
“しょうじ”という名か?姓?はこの地域で10件検索さ
れたらしいが、なにか関連があったか?(豪農?)
4月29日
何度も推敲して作成された脅迫文だが推敲しているのならば
なぜ清書しなかったのか?(攪乱でかたづけられているが)
ただし大部分4/29以前に作成したことは確実。
西武園の池
サノヤには犯人が脅迫文どおりにあらわれたが遺体の発見場所は
西武園の池ではなかった。ただし刑札捜査の攪乱は大成功。
子供
兄弟が今より多かった時代背景で年齢性別などはっきりしない子供
となぜ使ったのか。16歳の女の人であるなら娘の方が
一般的ではないか?

以上の事からこの脅迫文は過去に使用されたものを
訂正を加えて再利用したのではないか?

459 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/02/24 20:17
>>458 僭越ながら、疑問点についての意見を。

>少時様
これは真犯人が最初に「しょうじ家」の子供の誘拐を企て果たせず
下校途中の善枝さんに切替えた、と見せかけるために、
わざと何と書いていたか分かるように訂正したもの。
ただ、「しょうじ家」がどの家庭かが具体的に分かるとまずい
ので当て字を使ったのだろうが、この当て字は実に絶妙だと思う。
以前にも指摘されていたが、まず苗字とも名前ともとれるし、
漢字にしても数種類がある。撹乱に用いる名前として、これほど
都合のいいものはそうないのではあるまいか?

「たなか」とか「さとう」などを使わず何万とある日本人の名前から
「しょうじ」を選び出し、「時間がない」あるいは「しばし(待て)」
の意味を暗に持たせた(?)、その言語感覚。
やはり真犯人は只者ではないという印象を受ける。
ちなみに佐野屋の近くにEさんという裕福な農家があり、主人の名前が
「しょうじ」なのと、家の前に門があり幼児もいたので、最初に狙われたのは
この家ではないかと、石川氏も刑事に随分追及されたらしいが、
結局石川氏はこの家の様子を全く知らず「ただいい加減に、なんとなく書いた」
ということになっている。

>4月29日
あの手紙文は、粗暴な行きずり犯が下手な字で急いで書いたと見せかけている。
しかし、訂正文字以外に一箇所の書き損じがないところは、これが
何度も推敲された文章であることの証明だと思う。
何度も指摘されているが、たった十四行の文の中に、あれだけの情報を
盛り込んだ命令文を書き損じなしに一気に書き上げることは、小学校も満足に
行っていなかった当時の石川氏は無論のこと、普通の大人でも無理なのでは
なかろうか?
すなわち、あの脅迫状は十分推敲され、意図的に間違った下手な字で書かれた
立派に(?)清書された手紙であったことは断言していいと思う。

460 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/02/24 20:19
>西武園の池
「西武園の池」や「少時様」「前の門」など意図的な情報を与えることで、
確かに捜査撹乱に成功している。
こう書くことで実際に西武園や隣りの狭山湖にも捜査と張込みがなされたし、
被害社宅の前の門にもおそらくE家にも張込み配置はなされていると思う。
これで張込みに着いた刑事の総数は7〜80名位になったのではあるまいか?
陽動作戦と、警察の動きを察するためにそう書いたことが推理され、
ここにも真犯人の、犯罪に対しての非凡な才能(?)をみることができる。

>子供
最初に「しょうじ家」を狙ったことと、予定を変更して見知らぬ女子高生を
さらったとの印象付けを謀るためには、人質は「子供」と表現するのが最適だ。
「娘」では善枝さんと顔見知りではという疑惑を持たれる。
それに身代金を持ってくるのを「女の人」と書いたのも実に作為的といえる。
被害社宅には母親はいないが「姉」とは書けないのでこの表現を使ったのだろう。
これだと母親と姉妹の両方の意味を持たせることが出来る。
なんでもないようだが、真犯人が実に細かい作戦を練っていたことが伺える。

461 :450:03/02/25 00:15
>>456 正確な公開時刻ありがとうございました。
>>459〜事件の基礎的な見方(もとより絶対という意味ではなく)これも
ありがとうございました。
つまり>>458=298氏
だから「この脅迫文は過去に使用されたものを
訂正を加えて再利用した」の解釈は、石川氏クロの判断に立つ警察と裁判判決の解釈であり、
実はそのように見せ掛けたとも推理できるわけなのです。

462 :盛況 ◆cQ5CwQT2.c :03/02/25 00:29
>>457
*初動開始時刻の件
小生については、主として亀井本に出ている材料(初動がもっと早かった)
を知っていても、長らく発表どおりの時刻で推理をして参りました。が、
最近は既述の如く、初動時刻については、6時〜6時半だったのでは?と
の可能性に少し重きを置いております。
この初動開始時刻をどう見るかによって、
その後の推理がかなり違ってくるものです。小生の場合、ソレが発表通り
だと、脅迫状と自転車の件が前スレのような推理にどうしてもなっていた
ので、別の出口を求めたところ、どうしても、事件発覚時刻→初動時刻を、
県警の動きを証言した亀井本にも出てくる材料と1-898氏のオジサンの証言
を材料として、早い時刻にずらす推理となって来たものです。

463 :3-679:03/02/25 06:48
やはり初動開始時刻が、脅迫状の発見よりも早くから行われていた、ということに
間違いなさそうな感じですね。しかし、犯人側はこの事件を、
「営利誘拐に見せかけた顔見知りの犯行」と疑われないように、わざわざ危険を
犯して佐野やに現れた……ということは、犯人にとってこの事件は、義枝さんを
殺害することが目的で、脅迫状、佐野やへの登場などは、営利誘拐ではなく、
顔見知りの犯行でもない、ということを悟られないようにした偽装ということに
なるのでしょうか。

464 :298:03/02/25 08:05
>>460,461
ご教授ありがとうございます。
少しトンデモ推理(というより妄想)がまた浮かんだので
後日カキコさせてもらいたいと思います。

465 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/02/26 02:20
>298
発想の転換的新説は期待します。

が、例えば、
>何度も推敲して作成された脅迫文だが推敲しているのならば
なぜ清書しなかったのか?(攪乱でかたづけられているが)

脅迫状はあれが清書(下書きがあるとするならば)です。なぜ清書かと
言えば、それが実際に使用されたからですよ。
 (なぜ清書しなかったのか?という意味は、字がヘタだからでしょうか?笑)
また、だれも撹乱で「かたづけ」てはいませんよ。このスレでも、
あるいは刊行されている推理本でも、
仔細に検討されたうえでの「撹乱」という結論(あくまで推理ですが)
になっています。

上のことは例ですが、
これからは、事件の推理の基本的な部分の「教授」はなるべく
必要のないようなカキコを求めます。それらの基礎的な部分はこのスレ全部と、
2、3の市販されている本を読めばよくわかります。

そのようにしていただかないと、
と中まで進んでいたTNの死亡の件や、異母兄妹のことなどが、
どこかへいってしまうからです。

466 :?:03/02/26 02:33
○古稀と解けモコモコ苦金庫も疎。

推理のしすぎもよくないな〜ムフフ

467 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/02/26 08:57
age

468 :298:03/02/26 09:23
>>465
気に障ったらごめんなさいねぇ〜。
次の推理のためのただの布石なのでそんなにカリカリしないで下さい。
(いきなりトンデモ推理が始まったらびっくりするでしょ?)
手詰まりの情報だからオレがひっかかる疑問点をもう一度掘り下げただけ。
1〜3の前スレを見てループしないように気を遣ってますよ。
切り口ちがうでしょ!?新参のインスピレーションはこのスレに
必要だと思うが?しかしまあHNを名乗らないで他人に忠告出来る
あなたの礼儀正しさには感服しました。あなたが、3-679氏や盛況氏や
?氏であったら、PCの前で土下座するところでしたがネ!
煽りではないと判断して今回はあなたの忠告は受け止め反応したが
次回から本気でレスするならHNをつけなさいよ。通りすがりの
名無しに「本買って読め!」と言われてあなたは読みます?


469 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/02/26 10:55
結局初動捜査については
>>456のいう通りなのか。
しかし、それにしてはこの辺の証言や情報がえらく少ないね。
警察のかん口令も意志統一されてないし、当時の雑誌記者なども情報を握ってないみたいだし。


470 :298:03/02/26 11:07
※敬称略
OGは善江とつきあっていた、今で言う援交の走りである。
しかしOGは善江に恐喝されていた。2人の関係の精算は
16歳の誕生日に20万円の手切れ金で良いと・・。
他の兄弟との不協和音を感じていた善江は一刻も早く家を
出たかった。高校を辞め縫製工場に就職し、一人暮らしをしたかった。
そのための準備資金が欲しかったのだ。結婚を間近に控えたOGは焦った。
新居の頭金と挙式の費用。彼に残された金は殆ど無かった。
OGは悩み抜いた挙げ句、善江に営利目的の誘拐計画をもちかけた。
少時という豪農の5歳になる大事な跡取り息子を誘拐。
そして少時へ脅迫文を送りつけた。取引は脅迫文どおり一切非公開に4/29
行われた。だが自分の住宅ローンや挙式の金をも賄おうと欲にかられたOGが
「20万では足らない」と身代金の上乗せを要求し泥沼化。
結局、交渉決裂で少時の子供はもう二度と帰って来る事はなかった。
しかしここで少時は刑札に被害届を出さなかった、いや出せなかった。
脅迫文とおり行動したのに大事な跡取り息子を殺され激高した少時の恨みは
この犯人を確実に殺さなければ治まらなかったのだ。
少時は震える手を押さえ、子供を事故死として処理した。
必ず仇討ちしてやるとつぶやきながら。        つづく

471 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/02/26 12:05
>>470
つまらんよ。
事実に則してるところが少ない。

472 :298:03/02/26 12:16
償いは死あるのみ。善江殺害の直前、怯えきった彼女に
ペンを渡し脅迫文を訂正させ中田家へ送り返した。
あとは少時の知り合いのやくざによる復讐劇。
中田家は、善江の日記で誘拐事件の計画と脅迫文の筆跡が誰の文字か
わかってしまう。証拠となるページと事件に関わる全てのものを破棄。
中田家は真犯人の名を知っていたがそれを公表するのは
身内の恥を外部に晒すことになり、結果自然と真犯人に協力した
形で証言をしてしまう。
だが西武園の池には少時様なる者の子供が今もなお沈んでいる

473 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/02/26 13:01
日記を必死に処分したって
学校のテストとかでよしえさんの筆跡なんていくらでも見ることができるでしょーに。

474 :298:03/02/26 13:20
>>473
わざとあの文字を・・・
いちいち説明しなきゃわからんわな

475 :298:03/02/26 13:29
>>473追記
あんた脅迫文の写真みたことあんの?
女子高生の丸文字じゃねーぞ?

476 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/02/26 14:10
どうせなら
誘拐犯OGと姉の計画的犯行の方が面白いものができるぞ。

477 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/02/26 14:16
298さんへ。
狭山事件写真集「無実の獄25年」の中に、善枝さんの日記の一部と
事件当日に学校で書いたペン習字の実物の写真が載っていますよ。
図書館などで一度見てみてはどうでしょうか。
ところで、事件の日の朝に善枝さんが書いた日記は、最後の行に一言だけ。
「五月一日、私の誕生日(十六歳)。うれしい。」
この短い一行の中に、誕生日当日に彼女はなにか特別楽しいことに胸を
膨らませていたことがよく分かる。
同級生には「今日は私の誕生日で、家でごちそうを作って待っているから早く帰る。」
と言っていたそうだ。
中田家では兄弟が多かったこともあって、誕生日を祝うという習慣はなかったという。
この日は姉が妹のために赤飯を炊いているが、それは朝食でのこと。
善枝さんが楽しみにするごちそうなどを作る予定は、
「ぜんぜんなかったです。」(姉による法廷証言)とのことだ。
まさか夕食の天ぷらうどんを楽しみにしていたわけでもあるまい。
友人との約束であれば、日記にそのことは書いているはず。
したがってこの日の「誕生パーティー」は、善枝さん自身も誰にも言えない
相手との「秘密の約束」であったことは、想像に難くない。
昭和38年5月1日のこの日、この時刻、善枝さんが目撃された場所近くを通って、
会社を早退して新居に向っていたOGは、事件関係者の中で善枝さんと出遭う
可能性が最も高かった人物といっていいだろう。

478 :298:03/02/26 15:12
>>477
私は脅迫文のみ見ました。ブルブル震えが止まらなかったですが・・
よしえさんの指示でOG氏が書いたかも知れませんね。

479 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/02/26 16:05
>>478
40年もたって、いまだに大のおとなを「ブルブル震え」させる恐ろしい文章など、
中学校しか出ていない農村に住む運送会社の運転手助手や、16才の女子高校生には
書けませんよ。
脅迫状をもう一度よく見て下さい。
単に文章が怖いだけではない。
その文字にも、恐ろしいほどの殺意と迫力が込められていると思いませんか?

480 :3-679:03/02/26 18:12
>>470 298氏
私も脅迫状になぜ「少時様」と書かれていたのか、常々疑問に思っていたので、あなたの
推理を興味深く拝見しました。
しかし、いくつか疑問が残ります。
訂正前の脅迫状どおりに、4月29日に少時家の子どもを誘拐し、身代金を要求。
少時家では警察にも通報しなかった。

>この犯人を確実に殺さなければ治まらなかったのだ。

警察にも通報しなかった少時家が、なぜわずか2日後の5月1日に義枝さんを犯人と
特定できたのか? また、なぜ恨みに燃える少時家は、実行犯のOG氏を先に殺さな
かったのか? 殺された少時家の子どもは、遺体もないまま事故として処理すること
が可能だったのか?
ほかにもいろいろな方が指摘してくださっているように、疑問点が多すぎるように思う
のです。
ただ、私としては、
>新参のインスピレーションはこのスレに必要だと思うが
これには賛成ですよ。



481 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/02/26 19:09
>>476
過去レスでもでていた記憶があるが。
OGと姉の共犯説。

OGと被害者が不倫関係にあり、そのことを姉が知ることとなった。
当日OGと会って帰宅した被害者を姉は叱咤し偶発的に殺害してしまう。
姉はとりあえず、自宅の納屋に隠して置くこととなる。
そしてOGをゆすることによって共犯の片棒を担がせる。

誘拐偽装工作を成功するためには仲間に身内のものがいたほうが
何か情報を得ることができる。
佐野やでの逃亡劇も姉がいたらこそ成功を納めることができた。
しかし、自責の念にかられOGは自殺。
姉を疑う者はひとりとしていなかった。

どこかで長男はこの事実を知ることとなり、姉に不利な証言や家に対しての
証言も曖昧に答えるようになる。





482 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/02/26 19:30
大変面白い推理。
ただし、単純な偶発殺人にしては、その偽装工作に念が入りすぎていて、
それはOGの死後から石川氏逮捕の前後まで続いている。
この事実をどう解釈するか。
これらすべてを兄妹だけでやり通せるものなのかどうか。

483 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/02/26 20:41
>>482
>その偽装工作に念が入りすぎていて・・・
とはどれを指すのか。
果たしてどこまで犯人が偽装工作をしたのかが大変難しい問題ではある。
結果として読み手の解釈の仕方によっては、さらに難解になってしまう
場合が多々あると思う。
脅迫状に関しては意外と単純なのではと考える。
犯人の意図したこととはイメージが異なる結果になっている。
これはアナグラムではないので、少時様を時間が少ないとか読めるとは
後の読み手のまったくの迷走の産物だと思うが。
そのような解釈が多すぎるような気がする。

この事件の場合、警察の偽装もありどれが犯人の残したモノなのか
大変不明確になっている。
ゴムひもは果たして被害者のモノなのか?
カバン、万年筆、時計は明らかに警察の偽装の可能性が高い。
犯人が隠したモノとしては、遺体とノート。それとカバンを他に隠した。


484 :465:03/02/26 23:09
>298
あんたはちっとも変わってないね。
だからそういう「推理」を展開するんなら「根拠」を示しなさいよ、
と、前にも言われていたじゃない。どうしてわからんかな。
いろいろあるけど、じゃあ最後の一節
>だが西武園の池には少時様なる者の子供が今もなお沈んでいる
そう推理する根拠は、どういうことなのでしょうか?
3-679氏は、「いくつか疑問」と言っているが、
いくつかどころか、たくさん疑問があると思いますが?
>新参のインスピレーション
と言うが、結論だけ書き下して、なぜ自らその論拠を説明できないのでしょうか?
HNうんぬんと言っているが、じゃああなたはどうなの?
今回、私も「456」とつけさせてもらいましたが、
それでいいのかな?
私は、きちんとした推理(推理とは、創作ではなく、
根拠を、まがりなりにも示してのことと思いますが?)
ならば、別に「名無し」であっても、いいと思いますが。
ちょっと反論が来ると、どうしてそう「かりかり」来るのかな?
論拠を語らないで結論を書いて推理とする。その姿勢は、
全然変わってないじゃありませんか。

485 :465:03/02/26 23:15
すまん、465です。

486 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/02/26 23:18
>>484
つまらない創作文に文句は言わないこと。
まったく話にならんほど稚拙なのは判ってんだから。




487 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/02/26 23:25
>>471 以下
この298が現われてから、スレの水準が低下したとは思わんか?
いやどう見ても低下している。
新説というより、こりゃ荒らしだな。最低限の知識もないんだからな。
相手にするなよ。

488 :465:03/02/26 23:56
>>486 >>487
アアなるほど。AAと同じに、ということですね(笑
ではそうしましょう、皆さん。

489 :そうはゆくかよ。:03/02/27 00:40
>次の推理のためのただの布石なのでそんなにカリカリしないで下さい。
 思い上がりもいいとこだね。どこがどう「布石」なのかな?誰もそんな
 布石で推理しないよ。レスついてんのは、
 あまりに基礎知識がないから、書いてあげてるだけだろ。
>(いきなりトンデモ推理が始まったらびっくりするでしょ?)
 って、いきなりトンでも「創作」じゃないかい(推理だなんて言うなよ)
>手詰まりの情報だからオレがひっかかる疑問点をもう一度掘り下げただけ。
 掘り下げた?他人が掘り下げたのを茶化しているとしか思えないんだな。
>1〜3の前スレを見てループしないように気を遣ってますよ。
 いやこれはもう「ループ」なんてなまやさしいもんじゃないよ。
 ループどころか、ちっとも前提すらわきまえてないじゃないか。なるほど
 ループじゃないだろうよ。ぜんぜん関係ないネタを、
 てめえで「創作」してるんだからな。
>HNを名乗らないで他人に忠告出来る
あなたの礼儀正しさには感服しました。あなたが、3-679氏や盛況氏や
?氏であったら、PCの前で土下座するところでしたがネ!
 コテハンを使うか使わないかが勝負と見た!
>次回から本気でレスするならHNをつけなさいよ。
 次回はもうなしでいいよ、お前。
>切り口ちがうでしょ!?
 ああ違う違う!WWWW
>通りすがりの名無しに「本買って読め!」と言われてあなたは読みます?
 なるほど、お前は全然読んでないわけだね。

ここまでスレをコケにされて、皆さん少しは怒れよ!と言いたいね。

490 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/02/27 01:01
厨房は無視汁!

>>489
怒るのは無理もないが、せっかくPart4まできてるんだから。
流れを戻すのに大変ずらあ。



491 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/02/27 01:16
中田家のなかに共犯者がいなければ
説明のつかない事柄ってなんですか?
過去スレを読んでみてもよくわからなかったので・・・

492 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/02/27 02:04
4スレ目になってレベルが下がった

493 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/02/27 07:06
怒っているのは>>489だけじゃないぜ。
基本を知らなくても、>>491みたく素直な質問になら答えるだろうが、‥‥
今後のこともあるから、はっきりさせといたほうがいいだろうぜ。
話をもとに戻す前に。


494 :298:03/02/27 08:42
>>491
学校で友達に借りたものなのに、かばんの中身を知っていた。
ガラス戸に挟まれた脅迫文のはっけん
濡れていない自転車etc

495 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/02/27 15:50
>>483
偽装工作については確かに警察がやったものか真犯人の手によるものか
不明のものもあることはあるが、とりあえず真犯人によるものと考えられているのは

 ※脅迫状
  これについてはもう散々語り尽くされているが、
  この脅迫状こそ、真犯人の偽装工作の出版発点であり集大成でもある。
  確かに「少時様」を「少ない時間」ととるのは考えすぎなのかもしれないが
  真犯人が宛名を訂正した意図の深層心理が「少時」には表出されている
  とも思えるのだが。

 ※死体埋没
  埋没場所の選択、タオルと手拭、荒縄と木綿ロープ、玉石にすごき結び、
  芋穴に捨てられていた棍棒とビニール風呂敷等々。
  通常の殺人・死体遺棄事件において、この事件ほど死体埋没方法に「工夫」を
  凝らしている事件は他にはないだろう。
  かかる偽装工作を施した真犯人の真意をどうみるかが真相解明の鍵ともいえる。

496 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/02/27 15:51
 ※ゴムヒモの発見
  ゴミヒモが発見されたのは3日で、この発見によって辺りが徹底的に捜査され
  翌4日の死体発見につながるわけであるが、このゴムヒモは、のちにカバンをも
  「発見」し、また石川氏の最初の自供調書を取るS巡査によって発見されている。
  だが、S巡査の法廷証言を読むと、確かに何かを隠しているような雰囲気が感じられ、
  その発見情況については、警察当局に疑いの眼を向けざるを得ない。

  仮にゴムヒモは警察が工作したニセモノだとすると、警察はすでに死体を発見しており
  何らかの理由でそれを伏せ、S巡査にゴムヒモを「発見」させることによって、地元の
  消防団をも含む山狩り隊を死体が埋められていた農道へと導いたと推理することもできる。
  この場合、三大物証(腕時計・万年筆・カバン)の発見情況と同じく、民間人を
  立ち合わせることで、自然さを強調したかったのかもしれないが、3日という
  早い時点で、なぜそういう偽装工作をしたのか(しなければならなかったのか)が
  大きな疑問点として残る。

  そしてゴムヒモが、真犯人の手によって捨てられたものとするならば、これはやはり
  本物とみるべき(ニセモノをわざわざ用意する理由がない)で、死体と一緒に埋めず
  雑木林に捨てたその意図がまた分からない。
  それは、死体埋没時に犯人のそばに自転車がなかったから(だから荷台にゴムヒモで
  くくりつけていたカバン類も別に捨てた)とみている人もいるが、わざわざ死体が
  そばにあることを教えるような場所に捨てたのは不可解ではある。
  真犯人は、早く死体を見つけてもらいたいという心理があったのか、だとしたら
  それはなぜかという疑問がさらに生じるのである。

497 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/02/27 17:46
>>495-496
明解に書いてもらってイイですねえ。
ゴムヒモも含めて、カバンや、確か遺体発見の状況というか
証言が曖昧でしたよね。
第1発見者が2人もいたりとか。
調書がずさんなのか、何か隠ぺいしているようにもみえるが、
警察が意志統一してないのも不思議なことである。

498 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/02/27 18:40
持論も持たないばかどもがよく言うよ
俺は298ガンガレっておもうよ

499 : :03/02/27 19:21
>>498
禿同!!
知識をこのスレでひけらかしたって、
本のコピペスレだな?
ここにはそんなんいらねえや。あぁつまんねぇ

500 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/02/27 19:45
>>499
「本のコピペ」って、どれ?
参考にはしているが、まんまコピペというレスはないように思うが。
まあ何を書いてもいいが298の推理とやらがあまりにもdj内容だったので
怒りを買ったのだろう。
でも本人自身が「トンデモ推理」とちゃんと書いているのだから、
怒ってる人も多めに見てやっていいのでは?
みなさん大人でしょ?トンデモ推理の中から意外な発見があるかもよ。

501 :3-679:03/02/27 20:16
確か、次姉の登美恵さんとYH氏が見合い、結納を交わしたのが義枝さん殺害事件の
起きた年の秋。こういうことって、当時の農村では当たり前のことだったんでしょうか。
(現代の)普通の感覚でいうと、そういった慶事は「喪が明けてから」というのが一般的
だと思うのですが。

502 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/02/27 20:46
>>501
オレもそれ聞きたかったよー。
手元に本がないので確かではないが、
事件の前に結納はしてなかったけ?
そして通い妻してたと思ってた。(曖昧な記憶でゴメン)

503 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/02/27 21:06
>>501
確かに二人は、事件の年の秋に婚約し12月には入籍しているが、
それはYH氏の勤務先(米軍ジョンソン基地)の税金控除で
有利というためで、結婚式も挙げていないし同居もしていない。
善枝さんの喪が明けたあとの翌年の秋に挙式予定だったらしい。
つまり戸籍上では夫婦だが、実質的にはまだ婚約中という状態だった。
ちなみに法廷でのYH氏は、仮にも結婚する予定で肉体関係もあった
仲なのになぜ通夜や葬式に行かなかったのかと弁護士から追及され、
「まあ、死んで、たまげて行きましたしね、で、とにかく戸籍上では、
そういうふうになってたけれども、まだ結婚式もあれだったりして、
それ以上深く…」と答え、他の質問にも「バカだから忘れちゃう」との
返事を繰り返してまともに証言せず、弁護士は「事実上の証言拒否」と
苛立ち、傍聴していた女性の一人は
「彼女のお墓はY・登美恵となっていますよ!」と叫んだ。

504 :3-679:03/02/27 21:14
>>503
ちなみに、登美恵さんが相続するべきだった中田家の遺産は、YH氏の手に入った
のですか? 岩波新書版の野間本では、このあたりが省略されているので……。
お手数ですがご回答いただけると幸いです。


505 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/02/27 21:27
>>504
それについては弁護士から問われてYH氏は
「いいえ、そんなことはありません」と
この点(中田家の財産分与)だけは明解に否定している。
僅かの税金控除額をあてにして喪中に入籍した割には、
肝心の財産分けについて関心がないというのは不可解という
気もするが、ことによるとその件を持ち出したために
中田家側と気まずくなったのかもしれない。
もしそうならば葬式に出なかったのも、これが原因なのかも
という邪推もしたくなる(中田家の当主は「百万両」という
仇名があったほどらしいし)。
つまりそういう不謹慎な想像をしたくなるほど、YH氏の
法廷証言が常識はずれだったということ。

506 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/02/27 22:28
298が自作自演を始めました(w

507 :1−531:03/02/27 22:33
名探偵ジェイJアームスにこの事件を依頼したいと思ったのは、
私だけでしょうか?


508 :3-679 ◆2gw3ijNQ4E :03/02/27 22:40
>>506
どの辺が自作自演? 私はこの事件に関する疑問を呈しただけですが。

509 :3-679 ◆2gw3ijNQ4E :03/02/27 22:43
>>508追記
とりあえずトリップつけます。

510 :1−531:03/02/27 22:47
>>508
506氏は498,499が298氏のジサクジエーンだと指摘したのでは?

511 :?:03/02/28 00:01
どうでもいいんじゃが(いやどうでもよくないかナウハハ)
前にもなんどかー、こういうダレがアレソレってジサクジエーンみたいな
話題もあったなあ。
ただワシてきに言わせてもらうと‥
たしかに298サンヨ、
はじめにもうちっと、そのなんだ、「コンキョ」かな、
そういうのをつけておくべきだったかな。
じゃが>>494 での発言、
ほんとのカレの?もしカレだとしたら、
どうだろう。
いちおう、基本てき材料を、少しは把握してるのかな?
まあ少し、様子を見るべし!

512 :いいや少しもおおめに見ない:03/02/28 00:28
>>500
たとえこのスレのあと後半費やしても、今後のためにも、
こういうことはハッキリするべきだと思う。徹底的に行くべしだと思う。
〜なんとかうざい。ということとは、またべつだと思います。
もうスレ4、だからこそ、だな。

513 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/02/28 00:34
>>499>知識をこのスレでひけらかしたって、本のコピペスレ
誰も知識をひけらかしているとは思いませんが。スレ1の初め頃ならば
ともかく、今では本に出ているくらいの「知識」は自明のことであるのです。
もとより、それは自明と言っても、「絶対」ということではなく、ですよ。

514 : :03/02/28 10:40
コノスレ何度よんでも465が一番大人気ない事だけはわかった(w

515 :298 :03/02/28 12:09
465氏という知識人がどんな経緯であれ
名乗り出てくれたことうれしく思います。

稚拙な私の妄想=トンデモ推理と言うことで
カキコしたのですが意図が伝わらず
1部の方の神経を逆撫でしてしまったこと
コテハンのお3人の名前を引き合いにだしてしまったこと
深くお詫び申し上げます。
>>?氏
まさにおっしゃるとおり。
字数も少なくマトを得た助言。いつも尊敬しております。

516 :BBB:03/03/01 13:16
流れを無視して悪いけど、俺は部落解放同盟がこの事件の鍵を握っていると思う。

解放同盟が力をつけだしたのはこの事件の影響がとてつもなく大きいし、
現在に至るまで、狭山事件は解放運動のなくてはならないシンボル。
もし、石川さんが冤罪で人権救済したいのだったら真犯人捕まえるのが一番だろ。
この事件は複雑な事件だけど、ここで推理されているように犯人は絞り込めないことはない。
でも、解放同盟は石川さんがいかに犯人にしたてられたか、という点ばかり強調して、
事件の真相には迫ろうとはしない。

俺は、真犯人に被差別部落民が一人は確実に絡んでると思う。
もし部落民の真犯人があげられると解放同盟にとっては決定的なダメージだからね。
不審な死に方をした人たちは、このことに気づいたんじゃないの?
あと中田兄も。中田兄が真実を語らないのも本人に何かあるということに加えて、
解放同盟と手打ちをしたという可能性も考えられない?
個人的には、中田Yさんが被差別部落の人との痴情のもつれで殺されて、それに部落
との青年の恋愛に反対した中田兄が荷担しているということはないか、と思う。

もちろん、これはあくまでも勝手な推測。
でも、解放同盟には政治家や暴力団など黒い影がついているからありえなことはないよ。
「狭山事件」を書いた野間宏も解放同盟のシンパ。
この人、何かを知ったとしても、多くは語れないだろうね。

517 :298:03/03/01 13:45
>>BBB
板違いかも。
だがナイス発想。(W
たしかにPRに貢献している。40年も

518 :3-679 ◆2gw3ijNQ4E :03/03/01 14:07
いささか不謹慎でありますが、義枝さんの死によって何らかのメリットを得た人たちを
以下に挙げてみます。
・中田家父(自分と血のつながらない義枝さんを亡き者にした、という心因的メリット)
・中田家兄妹(父の遺言書の内容は置いておいて、相続する遺産が増えた、という 
 経済的メリット)
・YH氏(莫大な遺産相続権をもつ次姉と結婚することができた 経済的メリット)
抜けておるようならどなたか補足をお願いします。
現状では、中田家がいわゆる豪農であったことを、長兄と小・中学時代に同級生
だったYH氏は知っていたはずであり、義枝さん殺害→身代金の要求、
その事件があった年の秋に見合い結納を交わし、入籍までしていたYH氏が、
もっとも大きなメリットを得ていたのだと思います。
ただ、戸籍上の妻である次姉登美恵さんが、変死したことについては、YH氏の
計算外だったことも付け加えねばなりませんが。
また、YH氏の父の名前が「正司」だったことも気になります。


519 :BBB:03/03/01 16:41
あと考えられるのは、善枝さんの父親が誰だったかということ。
善枝さんの母親が、被差別部落の人間と密通を重ねていたのではないだろうか?
身代金の問題や動機・不審死などこの事件には、現代の我々には理解できない点が多い。
しかし、当時は部落の人間と結婚するだけで、家族の縁を切られた時代。
富農の中田家と被差別部落という社会的立場を考えれば、殺人がおきても不思議でないような気がする。
この事件、単なる行きずりの強姦や痴情のもつれだけならば、あまりにも大袈裟すぎる。
その背後に差別問題があったような気がする。

部落出身の石川さんがはめられた、ということだけが強調されるけど、
事件そのものにも、被差別部落の問題が大きくからんでいるような気がする
(今でも、そうした事件は多いんだけど)。
この場合は絶対につっこんだ報道はできないね。

520 :盛況 ◆cQ5CwQT2.c :03/03/01 18:37
*YHへの遺産相続があったかどうか
法律的に見ると、Yが姉と結婚していても、父の遺産を相続出来るのは姉なわけです。
姉が遺産相続を受ければ、その夫であるYが、実質遺産を授かったということに
なったわけであるが、当の姉が死亡した為、それは無しとなった、というわけです。
つまり夫には元来、相続権は無い、という訳です。

であるが、当初としては、姉の死亡は予定外と思えば、結婚そのものが遺産もその
動機であったとは推測は出来るでしょう。ただ、この件が妹殺害事件とかかわりが
あるか否かは不明ですが。常識的に考えれば、姉を死なせてしまったら、Yには
遺産上のメリットは無くなるものと考えてよいでしょう。
であるので、>>518
>変死したことについては、YH氏の計算外だったこと
であるであらう。遺産に関わる動機が存在したとするならば。



521 :盛況 ◆cQ5CwQT2.c :03/03/01 18:53
ついでに、父の生前に財産を姉に分与し、実質Yがメリットを享受することも
可能ではある。が、この際は「相続」ではなく「贈与」となり、相続税に比し
たら数倍の贈与税が課せられるから、ちょっと考えにくいネ。メリットとなる
ほどの額面になればなるほど、ですネ。

522 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/02 17:41
>>516
亀井トムが解同幹部と一緒に中田家を訪れて、数々の疑惑について
歯に衣着せぬ訊き方をしたとき、長兄は頭にきて
「俺を疑うのか?石川が犯人でないというのだったら解放同盟はカネが
あるんだから、真犯人を探せばいいじゃないか!」
と怒鳴ったそうだ。
別に解同をかばうわけじゃないが、いくらカネがあったって、捜査権のない
民間組織ではおのずと限界があるし、第一「人権擁護」を旗印にしている組織体が
犯人探しなどできるわけがない。また万一失敗したときのダメージは計り知れず、
丸正事件の正木弁護士らの例に見られるように、真犯人告発は無罪獲得には
かえってマイナスになりかねないとの判断もあったと思う。
この点は解同内部でも激論があったようだが、結局石川自供の矛盾点と
証拠偽装の証明に力点を置いた裁判闘争になったということのようだ。
むろん、「ひこつくし」の件で「もしや同胞の中に真犯人が」という不安感も
あっただろうが。
ちなみに「ひこつくし」の名手といわれたITについては解同は「事件に無関係」
と発表し、初期には「長兄主犯・OG共犯」をとなえ、次姉にも疑惑の眼を向けていた
(亀井トムはITも共犯とみていた)が、高裁判決後は真犯人に触れることは
タブーとなっているようだ。

523 :盛況 ◆cQ5CwQT2.c :03/03/02 18:48
小生自身は前に自分で記したように、身代金であれ財産であれ、金目当ての
動機は可能性薄いように思える。被害者がいなくなればたしかに遺産の取り
分は増えるわけであるが、1人権利者が減っただけ。もっとも、被害者だけ
でなく、姉も、次兄もその為に取り除かれたとするならば話は別であるが。

財産直接、というよりも、そういったことも二次的に含めて、被害者が「種違い」
であったことのほうが、より大きな動機たり得るとも考えられる。その上さらに、
>>519のように、『母親が、被差別部落の人間と密通』或いは『Yさんが被差別部
落の人』と交際叉はその両方という、述べられた動機のほうに、なにやらはット
させられるものを感じたり。
 (但し小生のほうは、その交際相手との痴情で殺害、というよりも、
  そういう妹だから血縁者による排除、のほうで。そして犯人がこ
  ういうことを考えた場合、二次的に、「ソンな奴と交わっている
  妹までも、オヤジの遺産継承者であることも許せない」と)

解同が真犯人に迫る情報を掴んでいるかどうか、あるいは、犯人探しに組織と
してのメリットがあるかどうかは兎も角としても、そういった点を仮に全く、
抜きにして考えて見ると、石川冤罪は当然としても、では真犯人に被差別者が
含まれていないとも断定は出来ず(その保証は全く無いわけであるから)、
差別・冤罪方向での裁判闘争に加えて犯人探しをした結果万一、
犯人側に被差別者が含まれておった場合、裁判闘争における戦略、理論が完全
に破綻を来してしまうであったろう。
従って通常の場合に於いても、解同は犯人探しには重きを置けない或いはそれ
は全く出来ない、解同にとってはそう判断してしかるべきであったと思う。

524 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/02 21:10
母親が他の男の子供を生んで、そのまま中田家に居てその子供も
中田家で認知していたということはどうなんだろう。
過去レスでも触れられていたが、
世間体もありタブーとしてそのまま中田家で生活していたのではある。
特に昔の風習が強い地域であれば里子にだすか、離縁にするかと思うのだが。
それが夜這いのある地域なんかはどうなんだろうか。
やけに寛大に感じる。

16歳になるまで血縁者の排除は考えなかったのだろうか?
ついに堪忍袋の尾が切れたか。




525 :盛況 ◆cQ5CwQT2.c :03/03/02 23:18
>>524
ソノあたり、コノ際コウいう解釈はだうだろう。
認知は、村(講?)内での世間体、父の地位保全のための必要から。もとより
内心極度なシブシブ認知。然り、これは過去レスでも触れられておったところ。
その事実は父母だけが知っておった。而して母は10年程前に死亡。そうなっ
たについては、里子などの対策を取れぬ父特有な特殊事情もあったか。
父のみぞ知る種違いの事実であったが、中途で兄(叉は姉若しくはその両者)
に発覚するところとなり、長兄の憤りが漸増、トいう。

チョット材料不足であるので、簡略な解釈しか思いつかないが。
 (急にまた粘着ッポいこと言うのもナンだが、ついでに書くと、そういう
  複雑な兄妹心理の中で、近親交に至ったッてのは?WWマアこれはついでデス。)

殺害が、「16歳の誕生日」或いはまた
被害者が「長兄を上回る学業生活待遇」
という事実に、何か意味があったのか。などと考える。

526 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/03 09:45
>>525
>被害者が「長兄を上回る学業生活待遇」

四女が進学した高校は、定時制ではないものの2年制の家政科で、
卒業しても高卒の資格はない。
したがって「長兄を上回る学業生活待遇」とまではいえないと思う。
四女が昼間の高校へ通うことができたのは、本人の強い希望もあったのだろうが
中学で成績が良くクラスの人気者だった四女のために、中学の担任教師などの
進言もあったといわれている。
この点については昼間の農作業と家事の一切がのしかかる次姉の方が不満だったろう。
現に事件の数日前、帰宅が遅れて食器洗いを手伝わなかったことで次姉が口を
きいてくれないと、四女は日記に書いている。

527 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/03 11:39
被害者は自分が異父兄妹って知っていたんだろうか?
それとこのスキャンダルは、両親だけの問題として解決したんだろうか。

当時の風習や慣習は判らないが、父親が村の権力者なら奥さんが浮気したら
まずいい赤恥じをかかせられ、権力者としての威信が落ちると思う。
しかし、その後も子供を作り被害者も認知したことは
当然母親と和解したと思える。
だが男としては不倫相手は気になるところだ。
その確執はなかったのだろうか。



528 :死体埋没状況について 1:03/03/03 12:40
被害者の死体埋没状況については、このスレではあまり語られていないので、
長くなって申し訳ないが、以下に考察してみたい。

まず驚かされるのは死体が埋められていた、その状況だ。
犯行の主たる動機が営利誘拐であれ婦女暴行であれ、この事件での死体遺棄の方法は、他の殺人・死体遺棄事件に類例を見出すことができないほどの異様さでもある。
このこと自体については、ほとんどの人が同様の感想を抱くことだろう。
問題は、犯人がどういう意図を持ってこのようなややこしく複雑な(と思える)
埋め方をしたのか、という点にある。
それは単に捜査を撹乱するだけのお遊び的なものではないはずである。

こんにち、これは犯人による偽装工作であったとする意見が大勢を占めている。
それに従って推理してみても、現場に残された様々な遺留品について、
それをどう解釈すべきかで色々と意見が分かれて混乱していることは周知の通り。
偽装工作の解釈の仕方によって、真犯人像も変わってくることでもあり、
狭山事件の数ある謎の中でも決して看過できない重要事項といって異論はないだろう。

死体埋没について、言論人として最初に触れたのは、著作「狭山事件」で、
これを「両墓制の埋葬」とした亀井トム氏である。
これについては高裁での弁護団も学者の鑑定結果を提出して、石川氏無罪の
論拠のひとつとしている(石川氏の住む地区では両墓制の習俗はなく、
彼はそれを知りえない)。

つまり死体を埋めた場所が「埋め墓」で、棍棒とビニール風呂敷を捨てた芋穴が
「拝み墓」の代用というわけだ。玉石は墓石、棍棒は「はじき竹」であるとも。
さらに通常の埋葬の逆形式(仰向けに対してうつ伏せ、北向きに対して南向き、
両手を胸で合掌させるのに対して後ろ手に縛る、など)をとっていることで、
遺恨と鎮魂という相反する感情が同居していると解き、これを近親者が絡んだ
血縁犯罪である証拠であると結論付けている。

529 :死体埋没状況について 2:03/03/03 12:42
当時の堀兼地区における農村社会の風習に着目した点には敬服できるが、
あの埋没を「埋葬である」と推理した見方には弱点もある。
少なくとも「埋葬」ならば、容易に発見されて「墓あばき」されることを
避けたいはず(これが「埋葬」であると見抜かれた場合、顔見知りの犯行であることが明らかとなる)で、現に亀井氏も同書で「あの農道は発見されにくい場所だと、
犯人は考えた末に選択していたはず」という趣旨をで述べている。
ただ、いかに通行量が少ないとはいっても、そこは人が往来する農道である。
見つかりにくい場所としてあの農道を選んだとは、とても思えない。
それに芋穴に棍棒やビニール風呂敷を捨てることは、隠したいという心理と
矛盾しているのではないだろうか。
事実、山狩り隊の隊長は「数ある芋穴を注意して捜索せよ。」という指示を出している。
このような重大事件の捜索では、一見関係のないような代物でも、それが見つかった
ならば事件との関連を疑って付近は徹底的に捜索されるはずであり、犯人がそこまで
頭が廻らず、行き止まりで往来が少ないという理由だけで農道を「埋め墓」とし、
近くの芋穴に即席の「拝み墓」をつくったとは、どうしても考えられないのである。

やはり、犯人が死体を農道に埋めたのは「早く発見されること」を期待しての
「現場選択」だったのではないか。

では、「農道を選んだのは死体が早期に発見される事を期待してのもの」との見方を
している殿岡周星氏(著作「犯人〜狭山事件より」)と
甲斐仁志氏(著作「狭山事件を推理する〜Vの悲劇」)の推理をみてみよう。

まず両者の推理に共通している点としては、共に犯人を顔見知りの単独犯であると
推定しているところである(殿岡説は被害者の長兄を疑い、甲斐説では被害者と姉との三角関係があったと思われる中年男性を想定しているが、それが誰かは特定できず、
結局不明としている)。

530 :死体埋没状況について 3:03/03/03 12:47
ではあのような複雑な偽装工作を、本当に一人の人間が行なったのであろうか。
そもそも狭山事件において単独犯説をとなえる人々は、犯人が脅迫状に「友だちが
車出いく」と四度も書いたことを偽装行為と判断して、事件そのものが一人の犯行に
帰結するという見方をしている。
(したがって、最も疑わしい人物である自殺したOGは、彼の死後も証拠偽装工作は
続いていることをもって、OGは事件に関与していないとせざるを得なくなっている。)

しかしながら、以前にも述べた通り、真犯人が脅迫状にそう書いた(書かせた)のは
あくまでも佐野屋に行く男が即、逮捕されないようにするためのもので、必ずしも
単独犯による偽装工作とは言い切れないと思う。
事実、法廷での証言で佐野屋での張り込み責任者の幹部刑事は、「犯人の声を聞いて
すぐに飛び出さなかったのは、被害者の安否が確認されていない状況だったこともあり、
慎重になってしまったゆえの失敗」であることを告白している。

では次に、死体埋没を複数で行なったと推理する論拠を示す。
まず現場の農道の土壌は黒ボク土であり、土は柔らかくそばにある茶の木も根を横に
張らず、一人でも比較的掘り易い環境にあった。
死体を埋めた穴は縦166cm、横88cm、深さ86cmという大きなもので、おとな二人を
埋める余裕がたっぷりとあった。
両氏はこれを「まさかこんな深い穴を一人では掘れないだろう」と思わせるための
偽装工作であったと結論付けている。

確かに一人でも掘れないことはないだろう(実験では慣れた者なら30分程度で掘れる
ということだ)が、掘っている間は死体を雑木林などに隠しておかねばならず、
その間に野犬などに気付かれて吠え立てられる可能性もある。
要は単純な穴掘り作業ではなく、見つかったら最期という大変危険な犯罪なのだ。
単独犯ならば、こんな民家に近いしかも農道などを選択するはずがない。
また、あとで触れるが残土処理の問題も見逃せない。

531 :死体埋没状況について 4:03/03/03 12:49
犯人が、不測の事態を全く想定せずに、一人で30分間の穴掘りに没頭したとは
到底考えられず、また最初からそのような計画を立てたとはどうしても思えない。
ゆえに、死体埋没に関わったのは穴掘りに二人(これならば15分で掘れる)、
見張りに一人、合計三人以上との推理が導き出せる。少なくとも二人はいただろう。
主犯が「逆埋葬」を意識したのかどうかは判然としないが、農道を選び、棍棒と
ビニール風呂敷を近くの芋穴に捨てたことは、死体を隠すというのはカムフラージュで
あって真の意図ではなく、別の考え(早期発見の期待)を持っていたと考えて
間違いなかろう。

この農道は雑木林に近く、被差別部落の近所でもある。
主犯の真の意図は、養豚場で働く被差別部落の不良青年たちが下校途中の被害者を襲い、
アジト近くの農道に埋めたという筋書きを書き、そのように「実演」した(あるいは
させた)と考えるのが最も無理がない推理だと思う(そして実際、捜査当局は
そのように判断して養豚場関係者に見込み捜査をかけ、石川氏を逮捕した。警察は、
当初は石川氏を含む三、四人での犯行と考えていたことは周知の通り)。

次に死体と共にあった不可解で難解な多くの遺留品の謎に触れよう。
それらの「物品」は、「荒縄・木綿細引紐・タオル・手拭・ビニール風呂敷・玉石・
棍棒」などである。
このうち、荒縄は近所で新築中の家の庭に侵入防止のために杭に張ってあったものを
盗んで使っている(他に手に入れ易い場所があったのにわざわざ盗んだのは作為的)。
荒縄は四本あり、いずれも5m弱から7m近くもある長いものだった。
この荒縄については、当初警察や被害者の長兄は、複数の犯人が死体に巻きつけて
棒などを差し入れ、殺害現場から運んで来たと考えていたようだが、石川氏の単独犯
ということになってその「使いみち」に困り、結局苦し紛れに「芋穴へ一時死体を
隠したときの逆さ吊り用に使った」という、のちに弁護団から激しく反証される自供を
誘導している。この点、当時は養豚場の複数犯説をマスコミに語っていた長兄は周囲に
不満を漏らしていたようである。

532 :死体埋没状況について 5:03/03/03 12:52
わざわざ盗んでまでしてあの長い荒縄を一体何に使った(あるいは何に見せかけようとした)
のだろうか。
これについては、殿岡氏が大変ユニーク且つ大胆な推理を開陳している。
曰く、穴を掘っている間畑の溝にでも隠しておいた死体を、この荒縄で引きずって
きて穴まで運び、さらにビニール風呂敷を木綿細引紐につないで袋状にし、それに
掘り起こした土を入れ、畑に放り投げて土をばら撒き、縄をたぐり寄せる。
これを何度か繰り返して穴掘りで出た残土を処理したというのである。

殿岡氏の著作は一応小説の体裁をとっており、実験によってそれが容易にできることを
立証したと主人公に語らせているが、実際には殿岡氏が実体験してたどり着いた
結論なのだろう。
残土については、踏み固めて灯油缶に六杯、踏み固めない場合は十五、六杯もの量に
なるとの鑑定結果が出ている。
この残土の量は、検察や判事がいう「無視しても差し支えない」分量では決してないし、
そのままにしておいて、雨と共に自然に畑に流れ出して判らなくなるという性質のものでもない。

あれだけの体積の地面を掘り起こして身長155cm、体重58kgもの人間を埋める以上、
犯人にとっても、その残土処理は重要な課題として計画時からあったはずである。
山狩り隊の消防団員が農道にひび割れを見つけたとき、棒を差し込んでみると
ずぶずぶと入ったとのことだから、埋め戻した穴が十分に踏み固められていなかった
ことは想像に難くない。
また、完璧に踏み固めるには時間もかかるし、そういう暇はなかっただろう。

この、残土処理の問題があるゆえに、単独では不可能という結論を出している人は
多い。確かに単独でも、車やリヤカーを使えば不可能ではないが、時間がかかり過ぎるうえに、
土をどこに運んでどう処理するのかという別の問題が発生し、その後始末の過程で誰かに
目撃されるという危険性も孕んでいる。

533 :死体埋没状況について 6:03/03/03 12:54
複数犯で、土の処理に慣れた(あるいはそういう仕事を日常としている)人物が仲間にいたならば
割と容易ではないかと考えられた(現に長兄などは、石川氏が土木作業員の経験があったことで、
彼が残土処理を担当したはずと考えていた)。
殿岡氏は、かかる問題点に対して、単独犯が現場で一気に残土を処理したはずと想定し、
荒縄・ビニール風呂敷という組合わせから、それを残土処理の「道具」と推理し、実験によって
それを証明してみせたというわけである(甲斐氏は残土処理については触れていない)。
そして殿岡氏は、犯人がその「使用目的」を気付かれないために残土処理が終わったあと荒縄を
四つに切断し、木綿細引紐を結わえて足首に縛り付け、ビニール風呂敷はちぎって棍棒と一緒に
芋穴に捨て、雨で汚れた荒縄は死体の上に乗せて埋めた、と結論付けている。
では、その推理が事実である可能性はどれくらいあるだろうか。
可能性ゼロパーセントとまではいわないが、かなり強引で無理がある推理との印象は
率直に言って拭いきれない。

確かに「実際にやってみたら驚くほど簡単にできた」のだろうが、一刻の猶予も
ならない単独犯が、こんなことを本当にやったとは思えないし、第一その行為を
隠したいのならば、残土処理の証拠となるビニール風呂敷は捨てたりせずに、
持ち帰って処分するのではないだろうか。

殿岡氏は「単独犯→残土処理の問題→長い荒縄→細引紐→ビニール風呂敷」という
連想順で、この推理を導き出したのだろうが、最初に結論ありき(単独犯)で、
それに併せて遺留品を結び付けたという感が否めない。
その強引な推理は、当局が石川氏を単独犯としたために捻出した「芋穴逆さ吊り」と
大差無しというと言い過ぎだろうか。

534 :死体埋没状況について 7:03/03/03 12:57
この、ちぎられて捨てられたビニール風呂敷については、死体発見現場にあった物
の中では、最も厄介な証拠品といっていいだろう。
ちなみに複数犯説の亀井トム氏は、このビニール風呂敷は複数で死体を運ぶときの
「手掛り」にしようとしたが途中でちぎれたため、「一度遺体に触れて離れた品物」
ということで、即席の「拝み墓」(芋穴)に「故人の装飾品」代りとして投げ込んだ
としている。
「はじき竹」の代用たる棍棒は本当なら「埋め墓」に仕掛けられるべきもので、
犯人はそれを死体を埋めた穴に立てて埋めようと考えていたが棍棒の寸法が長すぎ、
先端が土から出てしまったので、「拝み墓」の方へ投棄したと考えたわけだ(棍棒には、
一度土中に突き刺して引き抜いたような跡があった)。

なお、棍棒については殿岡氏は穴掘り用の「物差し」として用いたとしているが、
この推理は的を射ていると思う。

甲斐氏が残土処理の問題に触れていないのは意図的なものかは分からないが、
彼は「荒縄・細引き紐・ビニール風呂敷」に玉石をも加えて、大変示唆に富む推理を
展開している。
曰く、犯人は脅迫状に「西武園の池に死出いるからいってみろ」と書いたことに対応
させるため、ビニール風呂敷に玉石をくるみ、それを荒縄にくくりつけて「重し」に
して足首に縛り、死体を池に放り投げる計画であったと見せかけ、営利誘拐という
筋書きに真実味を持たせようとした、というのである。
これは細引紐にくくりつけたビニール風呂敷の結び方から導き出された結論ともいう。
そして犯人は予定を変更して土中に埋めたとき、玉石は無意識に被害者への鎮魂の意志が
働いて頭の上に乗せたとしている(殿岡説では、玉石はスコップから頭部を守るためのもので、
死に顔を見なければならない身内がそうしたとしている)。

535 :死体埋没状況について 8:03/03/03 13:00
この甲斐氏の「池への投棄用重し説」であるが、これ自体は複数犯説にでも応用できる
ことでもあるし、「犯人は西武園の池への死体投げ込みを考えていたが、警察が
張込んでいたために計画を変更した」と見せかけるのにも好都合だ。
佐野屋での逃走と同じく、西武園に張込んだ刑事に気付いて予定を変更したように
思わせることで、警察の捜査が派手だったがために被害者は殺されたという世論の
批判が起きれば、意図した通りに部落への見込み捜査が始まると踏んでいたのではないだろうか。
これが事実である可能性は、少なくとも殿岡氏の「残土処理用具説」よりは、かなり
高いのではないだろうか。

ただ、この工作は複雑すぎたのと、玉石を無意識に(?)頭の上に置いたことで、
その意図は誰にも伝わらず、警察も頭を抱えたようである。
もし玉石が足元に置いてあり、ビニール風呂敷もちぎられていなければ、そう推理
されていたかもしれない。犯人としては一つのサインとして芋穴に捨てたのだろうが、
これは少し策に溺れた(埋もれた?)のかもしれない。

事件に関する既刊の書籍を俎上に乗せ、長々と論述してしまったが、最後に以上の
観点と他の証拠品などを踏まえての、現時点での考えをできるだけ簡単に述べたい。
死体埋没に関わったのは数名であり、中には被害者を誘ったと思われる顔見知りの者も
含まれているようだ。

536 :死体埋没状況について 9:03/03/03 13:05
養豚所関係者が疑われるよう、被差別部落付近の農道を選び、荒縄で死体を運んで
来たと思わせている。

また同時に、首と足首に巻きつけた木綿細引紐を、被差別部落に伝わるという秘伝の
「ひこつくし」様に縛ることで、養豚所の部落青年の犯行であることを強調している
(これは身代金受け取り場所に養豚所近くの佐野屋を指定したことと同じ理由だが、
拘束した被害者を動けないようにするために「ひこつくし」を首にかけるのは分かるが、
足首にまでわざわざそうするのは念が入り過ぎていて、偽装工作との疑いをかけざるを得ない)。
さらに、部落の家庭に多く配布されたタオルで手首を縛り、手拭で目隠しをすることで、
これも犯人が部落出身者であるように誘導している。

同時にこの事件が婦女暴行と身代金目的の単純で粗暴な犯行を印象付けるため、
わざわざ下着をずり下げ、スカートをまくり上げているが、それならば裸で埋めても
よかったはずなのに服は着たまま靴下と靴もちゃんと履かせており、遺体の顔が
汚れないように、うつ伏せにした顔の下にビニールを敷き、(発掘時のスコップ・
ガードとして後頭部の上に玉石を置いていることで、被害者を誘った(?)葬式で
また死に顔を見る可能性がある顔見知りが埋没に立ち会っていたことを窺がわせる。

さらに犯人一味は、最初は西武園の池への投棄を計画して変更したかのように
見せかけるため、足首の細引紐にビニール風呂敷を縛り付け、それをちぎってよじり、
穴を掘るときに「物差し」として利用した長さ94cmの棍棒と一緒に早期発見を期待して、
近くの芋穴に捨てた。

以上、結果論的考察との批判もあるだろうが、真犯人(主犯)が、
養豚所関係者=被差別部落出身青年を陥れるためになした偽装行為の結果として
表現されたのが、あの不可解極まる死体埋没状況であったと考えてよいと思う。
このことは、真犯人グループに捜査の手が廻らないためには必要不可欠な行為で
あったのは間違いないはずであり、また、事件の真の動機を分かりづらくするためには
最適の撹乱戦法であったと考えられるのである。

(完)

537 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/03 14:00
>>528-536
分かりやすく比較検討してくれてご苦労さまです。

単独犯か複数犯かは別にして、
よく言われるOG死後の証拠偽装工作とは具体的にどの行為を言うのですか。
甲斐氏の「池への投棄用重し説」は面白いですね。
犯人は早期に遺体を見つけてほしかったのか、意見が分かれるところですね。




538 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/03 16:50
>>537
それはこのスレでも再三出てきている、スコップ・地下足袋・教科書・カバンなどの
証拠品がOGの死後、忽然と姿を現したこと。
それと、これはあまり触れられてはいないが、堀兼地区の住民にとっては、地元に
あの養豚場ができて、被差別部落の青年が出入りしていることに眉をひそめる者が
多かったときく(豚と「よそ者」の臭いでたまらんということらしい)。
それで事件当初から「やったのは養豚所の者」という雰囲気が出来上がっている。
事実、警察が養豚所に眼を向けたのはスコップ発見後ということに公式上はなっているが、
実際には事件当日から内偵を開始したらしい。1日夜の養豚場のスコップ盗難についても
翌朝には警察はその事実を把握していた。
実行面の主犯格と思われる人物は、土地の有力者(計画面の主犯?)の意向を受けて、
警察・マスコミ・地元民が養豚場を疑うように、事件後も情報操作と誤誘導を行なった
節がある。
堀兼農協に集まって「警察不信任決議集会」なるものを開き、地元民への捜査に圧力を
かけ、警察が部落への見込み捜査を開始すると一転して、署長夫人まで繰り出しての
炊き出しを始めたのは、一体どこの誰がリーダーとなってやったことなのか。
そして石川氏が逮捕されると、マスコミに石川氏の素行不良ぶりを針小棒大にリークし、
「犯人に間違いなし」との世論を形成せしめた、陰の大物は誰なのか。
このことは、事件がOGの自殺で完結するものではないことを如実に示している。

539 :?:03/03/03 19:51
>>528-536の死体埋没状況についてさん。
長々と過去本批判とその対比はよくまとめられていて面白かったが。
でも結論が結局
>養豚所関係者=被差別部落出身青年を陥れるためになした偽装行為の結果として
表現されたのが、あの不可解極まる死体埋没状況

>事件の真の動機を分かりづらくするためには
最適の撹乱戦法
加え
>犯行は複数犯
かあ。。。。でもネエ!前のふたつは結局当然だと思うけども。。。
>要は単純な穴掘り作業ではなく、見つかったら最期という大変危険な犯罪なのだ。
は、別に複数犯でも同じことだねえ。
>その間に野犬などに気付かれて吠え立てられる可能性もある。
のも。

もっとも、複数で穴掘りをしたほうが、まあ時間は短くできるということじゃろう。
ワシも、>真犯人が脅迫状にそう書いた(書かせた)のは
あくまでも佐野屋に行く男が即、逮捕されないようにするためのもので、
よって、それは単独犯でも同じことで、必ずしも複数犯とは言い切れないと思う、よ。

単独犯を考える者は、脅迫状のオトモダチが偽装だから、単独犯、との推理が
多いというようなことじゃが、それよりも大切なのが「動機」なのだとおもうんじゃ。
殺人行為を協力して実行できるほどの、動機の絆が、今までの説じゃあ今一、
ということじゃよね。

じゃがひとつ。
「死体埋没状況について」そのものについては、
現今、いちばんもっともな考察じゃろう、かつ、くりかえす、よく各説と自説を
まとめられていて、スレの今後に役立つカキコ。

540 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/03 20:01
まあ、推理をする時には、どうしても動機や脅迫状、死体埋没、と、トータルに考えなきゃならなくなる
(考えたい、考えがちになる)からでしょうね。が、一点突破主義に徹して、
他はさておいての推理も、いいのかも知れません。もっとも、
死体埋没氏も、すでにそういうこともトータルに考えて、すでに発言してるひとかも知れませんが。
こういうのを考えると、やっぱ数字でもいいから、コテハンだとありがたいかも。
その人の推理が、トータルでわかるから。

541 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/03 20:06
現に犬が吠えていましたよ。野犬じゃないけど。
              
            (野犬の吠え声もまざってたかもしれないけど)

542 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/03 20:19
>>538さんレスさんくす。
>OGの死後、忽然と姿を現わしたこと。
別に不思議ではないような気がするが・・・
もし彼の単独犯だったとしてもスコップ・地下足袋は刑札の偽装の可能性もあり、教科書やカバンだって単に遺体発見後に発見されたにすぎないのでは。

土地の有力者というのは被害者の父親よりも
もっと上の権力者のことを指してるの?
それを直に主犯グループと考えるのはどうかなあ。
事件が起こって、これ幸いに養豚場を排除しようとすることは考えられるが。
過去スレでもあったが、
結局、その権力者にとっての四女の殺害目的および動機が不鮮明では。


543 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/03 20:41
おまけに一仕事終えた後の消防団員風の男たちが目撃されてますな。

544 :盛況 ◆cQ5CwQT2.c :03/03/03 20:52
>>528-536
残土処理は、
>確かに単独でも、車やリヤカーを使えば不可能ではないが、時間がかかり過ぎるうえに、
土をどこに運んでどう処理するのかという別の問題が発生し、その後始末の過程で誰かに
目撃されるという危険性も孕んでいる。

とのことですが、複数だと残土処理には、どういったメリットがありますか?
つまり、「どこに運んでどう処理するのか」と「その後始末の過程で誰かに目撃」の
問題は、複数でも危険性を孕んでいるのだとも思えるのでありますが。このうち、
「時間のメリット」は、穴掘りでも、残土処理でも、認められるンだけど、他は?
トいうことでネ。
複数であると、例えば3名として、3等分になるが故に、トいうことなのか。
その場合、どのようにして残土処理をこなしたと推定されるでありましょうか?

イヤ、残土処理についての推定は、書き込みされておりませナンだのでネ。

なお小生には亀井「両墓制の埋葬」は、単に亀井の考え過ぎだと思うから少しも
敬服しておりませぬ。何故ならば、>>259で考察されてある弱点の他に、犯人に
両墓制の家の(身内の)者が含まれている場合、そう簡単に両墓制などと見抜か
れるような埋め方をしないだろうということによる。他は偽装工作を念入りにこ
らしておいて、埋没だけは間抜けな手がかりをわざわざ残す、とは考えられない
からである。もしそうなら単墓制の偽装をするはずであらう。
なら反対に両墓制に見せ掛ける偽装ト申すのも、要は考え過ぎの産物。

殿岡残土処理は既述。要はソンなことをしなくても、土なぞおのれの畑に蒔いて
使っちまえばよろしい。農家が土をいぢくるのをいちいち怪しむ者などおるまい。

単独説の問題点は、穴掘りとその後の土処理の手間ひまに焦点があるようデ。


545 :盛況 ◆cQ5CwQT2.c :03/03/03 21:01
上記
>単独説の問題点は(略)
は、正確には「死骸埋没における単独説の問題点」ネ。

546 :?:03/03/03 21:07
>>544
ナリホド、その手間ヒマを惜しむようなら、初めから人殺しナンゾすんなよナ!
ちうコトかw
手間ヒマ=単独でも危険少なくそれを可能とスル工夫

547 :?:03/03/03 21:09
工夫=くふう(こうふ、ぢゃないよワラ)

548 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/03 21:31
ここに、一人二役してる人がいないか?
ま、いいんだけどね。

549 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/03 21:37
>>544
複数で残土処理することのメリットだが、一人でやるには灯油缶10杯以上の土の、
車(またはリヤカー)への積み下ろし作業がまず大変だ。
それだけで、こういう作業を一人でやろうなどとは考えもしないのではないか。
そもそも単独犯ならば農道などには絶対に埋めないはず。
この事件の場合、農道に深く穴を掘った犯人の意図がつかみにくいのが大きな謎だ。
つまり本当に死体を隠したいのであれば、近くに格好の雑木林があるわけだし、
早期発見を期待したいのなら、あれほど深く掘る必要はなかったはず。

犯人グループとしては、早く発見させたいとの意図があったと同時に、犯行動機の
眼くらましと捜査撹乱という意味あいも大きかったかもしれない。
そして部落に近い農道を選んだわけだが、穴が浅いと工作の意図を見破られる
可能性があるので、できるだけ深く掘ったのだろう。
一人では、あそこまで深いと穴の底で作業をしている間に近くに人が来ても
気付くことができない。一人でやったとするならば、極めて大胆というか、
やぶれかぶれというか、何とも表現のしようがない不可思議な犯人ということになる。
ゆえにあれだけの深い穴を掘ったという事実をみただけで、単独犯という推測が
間違っていることが良く判ると思う。

仮に単独犯として、犯人が早期発覚を目論んだのなら、雑木林に浅く埋めればよい。
これならば、なにも苦労して深い穴を掘り、残土まで処理する必要はない。
犯人にとっては、死体と一緒に埋めた様々な「装飾品」をもって、捜査当局を
ミスリードする必要がどうしてもあったゆえの「土木作業」だったのではないか。

550 :3-679 ◆2gw3ijNQ4E :03/03/03 21:45
今日はレスが多いですね!
>>538
>被差別部落の青年が出入りしていることに眉をひそめる者が多かったときく
(豚と「よそ者」の臭いでたまらんということらしい)。
中田家でも豚を飼っていたので、豚の臭い、というよりも、被差別部落の青年たち
が出入りしている、ということが本当に気に入らなかったのでしょうね。

>>539 ?氏
>それよりも大切なのが「動機」なのだとおもうんじゃ
そうなんですよねぇ。このスレを読み始めて以来、ずっと謎なのが「動機」。
そのために>>518では、「この事件でメリットを得た人」を書き込んだのですが、
イマイチ的を外してしまったようで……。
脅迫状をあらかじめ用意していたわけで、突発的な強姦殺人ではないと思うのですが。
あとは痴情のもつれ、水利事業の利権問題、異父きょうだいの件など、考え始めたら
キリがないですね。

>>544 盛況氏
残土の処理については、やはり車を使ったのではないかと思います。農家のトラックに、
麻袋にでも入った黒土があっても、誰も不信に思わないのでは? だから事件の
ほとぼりが冷めた頃、自分の畑に撒けばOK。もしも事件後すぐに処理したのであれば
やげん坂でTN氏が目撃した3人組があやしいかも、とか思っています。



551 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/04 17:52
>>550
やげん坂で怪しい三人組を見たというTN情報であるが、
これも真犯人による撹乱工作であったと思う。
TNは事件当日の夕刻、法事に行った帰り道で用足しのため
やげん坂の雑木林に入り、怪しい三人組と車を目撃したという。
それが犯人グループではと思い、善意で警察に届けたということに
なっている。

TNの調書は開示されていないので報道などから推測するしかないのだが、
詳細に検討すると、この目撃情報には不可解な点が多い。
まず、TNがやげん坂に行った理由というのが、腹具合が悪くて
用足しのためというのが、いかにもわざとらしい。
TNは地元の人間で、このあたりの住民とはみんな顔見知りだから、
雑木林などに行かなくても近くの家でトイレを借りればすむことだ。
それに当日は夕方から激しい雨が降り続いていたはず。
用便のために降りしきる雨の中を、もう日が暮れ始めた薄暗い雑木林に
TNは本当に入っていったものかどうか。

さらに、TNが「怪しい男達」というからには、地元の人間ではないのだろう。
当時、自家用車は普及していないから、車に乗った3人組となると
その正体は、おのずと絞り込まれる。
この日はメーデーのため、米軍ジョンソン基地から豚の餌にする残飯を
取りに行くのが日課のI兄弟は、いつもより早目に行動し、夕方前には
養豚場に到着している。

時間的に適合することから、このトヨエースIに乗った養豚場のI兄弟が
犯人視されるのを期待しての撹乱情報だったのではないかと考えられる。
(このことから、真犯人は養豚場の車の行動予定を性格に把握していたことが
よく分かる。)
亀井トム氏らは、警察の初動捜査が実はもっと早かったという情報に基づいて、
3人組は車で捜索に来ていた刑事たち、という推測をしており、TNを自殺に
追い込むほど厳しく責め立てたのは、その事実を隠すためだったとしている。

552 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/04 17:52
しかしこの見方も、いささか強引に過ぎるような気もする。
第一、この時刻に初動捜査をするとなると、やげん坂に向ったのは
狭山署の刑事のはず。そうならばTNとは顔見知りではないのか。
仮にお互い顔を知らなかったとしても、死体を運ぶ途中の犯行グループと、
捜査中の刑事を見間違うものかどうか(たしかに人相が悪い刑事も
いることはいるが)。

これは、石川氏が中田家の住所を尋ねて来たと証言したUKや、やげん坂で
OGや石川氏、石川氏の友人HA氏などを見たとの情報を寄せてのちに
撤回した植木屋ブローカーOSなどと同じ、主犯の指示による撹乱目的の
デマ情報だったのではないかと考えられる。

では、UKやOSの情報は当局に重宝されたのに、TNの方は何故に自殺に
追い込まれるほどに厳しく追及されたのか。
考えられる理由としては、TNを取り調べた刑事が追っていた線が、
真犯人に近いところまで来ていたのではないか。
TNを取り調べた刑事は、TN情報をいち早くデマと見抜き、その背後関係を
追及しようとしたのではないだろうか(スレ1の元刑事の話はそう感じさせるし、
UKとOSの調書は開示されTNのそれは非開示であるのことも、この推測を
裏付けているような気がする)。

TNの死は、不可解ではあるが、とりあえず自殺としてみると、家族や
親戚縁者のほとんどが、TNが自殺するような心当たりがないと言っている
ことをみても、彼の自殺は、警察に情報を届け厳しく責められたこと以外に
考えられない。
TNが死ぬ前にうわごとのようにつぶやいていたという
「俺はやっていない。犯人は俺じゃない。警察など行くんじゃなかった。」
という言葉は一体何を意味しているのか。
それは捜査撹乱を支持され、事件の一端を担わされた男の後悔の念では
なかったろうか。

553 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/04 17:59
>>552 訂正
捜査撹乱を支持され→捜査撹乱を指示され

554 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/04 20:28
自殺する前に妻かもしくは友人に主犯の事を話す可能性はないのか?
それと養豚場の者を犯人にさせようとするには、
少しまどろっこしい感じがする。
また撹乱工作が多すぎると思う。
それは例えば
神戸事件でもTVでスタンドの店員がその時刻に怪しい車で
助手席に毛布を被ったヒトらしきものをみたと言い、
また早朝の目撃情報では黒いビニール袋を両手にもった男が歩いていたと。
他にも幾つかの目撃情報があったはずである。
それらすべて犯人の撹乱工作であったのか。

すべての謎を真犯人に向けていくと方向違いの可能性を導き出すおそれもある。

555 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/04 21:42
>>554
仮に目撃情報が犯人の撹乱情報ではなかったとしても、脅迫状・死体埋没・
証拠品の偽装投棄などなど、異常とも思えるこの事件の情報過多ぶりは、
犯人側の、ある意図をはっきり示しているといっていいと思う。
これが脅迫状だけだったならば、神戸事件と同質と考えてもいいのだろうが、
狭山事件を、事件後の情報も含めて総体的に考察すると、普通の犯罪者の心理
ならば隠したいはずの証拠品に、あれだけの情報を盛り込んだ真犯人のこと、
事件後に当局の捜査撹乱を謀ったと考えない方が不自然とさえいえると思う。

556 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/04 22:33
>あれだけの情報を盛り込んだ・・
を読み取ったのは我々であり、その情報をいかに切るのかも大事なこと
だと思う。
犯人の偽装工作
刑札の偽装工作
中田家の偽装工作
それと情報による操作

557 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/05 12:27
>>552
警察の尋問ではなく
TN氏の自殺方法はカイドウに糾弾されて自殺した教職者と酷似してないか?

558 :盛況 ◆cQ5CwQT2.c :03/03/05 23:35
(それとは別に)
*再び穴掘りについて
>>549で述べられてることは、複数で残土処理をすることのメリットていうより
は、単数でのデメリットだろうと思うのだ。それはたしかに1人では「大変」だ。
複数のほうが「楽」に決まっている。まず残土は別として、穴掘りそのもので
考えてみよう。前にも述べたが、この程度の穴を、1人で掘るのはそれほどのこと
ではない。それは確かに、複数人で掘れば「楽」「時間も節約」ではあるのは、
自明の理。が、それだけのことである。それをもって、「複数犯」である証しには、
ならないのであると思う。勿論根拠としてあげてあるのであろうが。
そうして残土処理だが、積みおろしは、掘る時はリヤカーでもなんでも、
荷台の上に掘った土をそのまま上げてしまえばよろしいわけで、掘ったものを、
また荷台の上にスコップで上げて‥‥と、面倒なことはいらない。

そして、これが肝心な処なのだと思うが、
>一人では、あそこまで深いと穴の底で作業をしている間に近くに人が来ても
気付くことができない。
という話しだけども、では複数で見張りをたてるとしても、
それで人が来たら気づいたとして、だからどうなんだろう。どうするのだろう。
考えられるその答えとしては、見張りがいて、もしも人が来たらば合図とともに、
畑の作物の影に隠れる或いはそのまま逃亡、であるが、それを根拠に「複数犯」
とは言い切れないと思うのだが。(これは残土処理の問題でなくて、掘る時)

小生の質問は、『複数だと残土処理には、どういったメリットがありますか?』でした。
畢竟、その答えは「1人では大変」ということだけだと思うのだが如何。
要するに、体力かネ?今の人は、そんなに体力がないんだろうか。(敢て‥)

559 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/06 02:21
505: 殺意の因習、狭山事件4th (558

ROM専門ですがこの順位はさすがに落ちそうでヤバイと思うのでageます。失敬。

560 :盛況 ◆cQ5CwQT2.c :03/03/06 07:03
↑ソウいうコトも、あるんですネ。

なお(注)小生は、単独オンリーでは別になく、
単独複数五分で可能性を考えてはいます。一応。

561 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/06 08:04
>>盛況
だから犯人は天才的にやってのけたか?
偶然が重なった糞田舎のおかげか?の
どちらかでしょ?


562 :3-679 ◆2gw3ijNQ4E :03/03/06 12:05
穴掘りについていろいろ考えつつ本をめくっていると……。
「(遺体が発見された農道の)地主の新井さんは家の建築に忙しく数日畑には出ず」
(亀井トム「狭山事件 第1集」96ページより抜粋)
このことを犯人が知っていたとしたら、穴掘りは義枝さん殺害よりも前に行うことが
できたはずですね。つまり、4月30日でも。いや、29日でも新井さんは気づかなかった
かもしれない。
だとしたら、単独犯でも全然「大変な作業」ではないわけですね。穴掘りは盛況氏の
おっしゃるとおり、1人で掘るのにたいした時間はかからない。あとは2日でも3日でも
かけて、ゆっくり残土処理(遺体の上に乗せる分は残して)すればいいのですよ。

脅迫状と自転車を大胆にも被害者宅へ届け、40人もの警官が張り込んでいる佐野屋
に現れ見事逃げおおせたほどの犯人なら、むしろ、誘拐・殺人の前に穴を掘って
「準備」しておいたと考えた方が自然かもしれません。


563 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/06 12:57
>>562
そうなると
この事件は完璧に被害者を殺害するためという事が前提になってしまうが。
まあ、ひとりで1日の夜中に掘っても可能ではある。
ただ当日は雨が降っていたことと佐野やには12時前から張込みがあったので
3時頃から2日の朝方なら問題ないと思える。
遺体は近くの雑木林の溝か、リヤカーで運んできて残土はそのまま
リヤカーに積んでいったのではないか。


564 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/06 14:06
真犯人は、犯行についてはかなりの準備をしていた節が窺えるので、
死体埋没についても、いきあたりばったりのやり方はしていないはず。
農道に埋めたのは一にも二にも「犯人一味は西武園の池に沈める計画を
急遽変更したので、アジトから運ぶ途中の中途半端な場所に埋めた」
と見られるのを期待してのことだったと思う。

そして死体発見後、1日夜に盗んでおいた養豚場のスコップを近くの
畑に捨て、佐野屋の男が履いていたのと同じ文数の地下足袋を投棄
している(だいたいスコップはともかく、死体を埋め終わった人間が
履いていた地下足袋を捨てて帰るという筋書き自体がおかしく、ここにも
犯人の作為的な工作を感じさせる。)

ちなみに地下足袋については、発見されたものの石川氏単独犯というストーリーが
出来上がってしまっては、石川氏が1日は長靴で行動していたことがはっきり
している以上、邪魔なものということで事件には関係ないものということになった。

犯人があの農道に死体を埋めることは、事前に計画され十分下見がなされているはずである。
当日の前後数日間は地主がそこを通らないことは、犯人側は掴んでいたはず。
では複数で死体を埋めようと計画した場合、どのような方法をとるだろうか。
犯人グループになったつもりで考えてみる。

565 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/06 14:07
おそらく、穴を掘る作業と死体を運搬して埋没する作業は別々に行われたはずだ。
穴を掘る間、死体をどこかに隠しておく場合、深夜とはいっても危険度が大きい。
穴掘りが完了したのを見計らって、死体が運ばれてきたはずである。

そして死体を穴に入れるとき、荒縄を使って四人の男がゆっくり降ろしていった
のではないだろうか(あたかもこの地方の土葬時の棺を埋め墓に降ろすときのように)。
これが単独犯ならば、死体を運んできて穴に入れるときが大変だろう。
転がして突き落とすという方法が最も簡単だが、遺体にはそのような形跡は
残っていない。かといって抱きかかえながら入れるというのも心理的抵抗感があると思う。
いずれにせよ単独犯ならば、あのような深い穴は掘らないはずである。

複数犯の人数としては、穴掘りに最低二人。
死体運びに同じく二人。
死体埋没と残土処理をその四人で行なったのではないだろうか。
その中の一人は、被害者を誘った顔見知りの男だったと考えられるのはいうまでもない。

566 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/06 14:32
>>564
その可能性もありかもしれないが、4人じゃなくても・・・
10人でもイイんじゃないの。
特に穴掘りについては単独でも複数でもできると思う。
そのへんは盛況氏が上レスで述べている。
スコップや足袋も犯人の偽装工作とは限らない。
どちらかというと刑札の偽装工作とみるほうが自然かもしれないよ。



567 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/06 15:07
>>565
>被害者を誘った顔見知りの男
OG氏という事?
だったら新居の近くは危険じゃないか?

568 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/06 15:49
OGにしてもTNにしても、犯行の「手伝い」をしている可能性は高いと思う。
OGは被害者を誘い、新居に案内した(?)役目で、被害者の殺害計画までは
知らなかったと思う。
ちなみに、被害者が殺されたのはOGの新居とみている人が多いが、
被害者は後頭部に頭蓋骨まで達する裂傷を負っている。
かなりの出血があったはずだが、新居からはルミノール反応は
検出されなかったようだ。

このとこから、被害者はOGの新居でトマトとおにぎりの接待を受けた後、
身柄を拘束され(あるいはなんらかの口実に乗って自ら進んで)、
車で別の場所に移されたのではないだろうか。
彼女が殺され、しかも新居近くで死体が発見されたことで
OGは、進退窮まったということで死を選んだような気がする。

TNにしても同様で、割と軽い気持ちで事後の撹乱工作の手伝いのため
偽情報を持って警察に行ったのだろうが、取調官に証言の矛盾を突かれ、
怪しまれて背後関係を追及されたのだろう。

ベテラン刑事にとっては、それが善意の情報であるのか、それとも作為ある
デマ情報なのか、いずれかを見抜く眼力はあるはずだ。
では、本当のことを打ち分ければいいではないかと思う人もいるだろう。
しかし、そうすれば自分が犯行に関与したということになり、閉鎖的な農村社会では、
家族には村八分という厳しい制裁が待っている。
かといって、ヘマをして警察に感づかれたと、仲間に助けを求めても
口封じに殺されるのがオチである。

こうなれば、もう自ら死を選ぶしかない。
犯人グループはそのことも計算の上、「普段からおとなしく、気が弱い」
性格のOGとTNに、その役割を振り分けたのではないだろうか。

569 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/06 16:52
>>568
>こうなれば、もう自ら死を選ぶしかない。
短絡的

570 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/06 17:10
>>569
禿同
逃亡してもいいはず。実行犯でなければ自供しても・・2人とも同じ道をたどるのは
偶然にしては、出来過ぎ。

571 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/06 18:05
>>570
逃亡って…どこに逃げる?
あの時代、あの農村社会の中で起こった事件という事実を考えると、
犯罪に利用された気弱な農村青年が、あの情況下で死を選ばないと考える方が
「短絡的」。逃げ出してどこかで一人で生活するということを選択するはずがない。
それに、映画のセリフじゃないが「警察はあきらめても組織は絶対にあきらめない」。
自供すれば、いかに利用されたとはいっても殺人事件の共犯。
家族は村にはいれなくなるだろう。
ちなみに、吉展ちゃん事件の犯人小原保が、厳しい取調べでもなかなか
自供しなかったのは、「田舎の家族が村八分にされて苦労するから」
だったそうだ(そして実際そうなるのだが)。

572 :盛況 ◆cQ5CwQT2.c :03/03/06 19:29
>>562 3-679氏
穴を前もって掘ったということ、そして前レスで運搬は自動車では、という件
でありんすが。まず、穴掘りについては、なるほどそうすれば単独説への強力
な援軍説とも言えるのであるが、天候上無理があります。周知の如く、1日に
は午後4時ごろからしだいに激しい降雨となっている。そうなると、あらかじ
め掘っておいた穴に、水がたまってしまうわけですネ。デあるのデ。
次、自動車。複数単独いづれにしろ、この穴掘り・死骸埋没・残土運搬という
一聯の仕事に、自動車を使っていたかも知れない。ただ、現地の状況を見ると、
自動車を乗り入れることの出来る一番近い道路ぞいには民家がある(なおかつ、
そこには「犬」がおり、2日午前2、3時ごろ「吠え声」を発している)。ま
た、その道は穴掘り現場からは、残土処理等のメリットになるには、少し遠い。
反対方角には、ゴム紐などが発見された雑木林があり、その裏にも道路はある
だろうが、現場からは更に遠くなっている。
よって、この件に自動車を使用することのメリットは、思ったよりも少ないも
のと思われます。が、この、雑木林方面の人家の無い道路に駐車し、そこから
死骸を現地搬入、而して掘削と埋没、帰路はまたマイカーに、という可能性は、
無いとは言えませぬ。
小生自身は、深夜に車を転がすことは、騒音問題があるから、1人で穴を掘る
こと以上に危険だと思うが故、やはり初めからリヤカーなどの利用があったと
思います。

573 :盛況 ◆cQ5CwQT2.c :03/03/06 19:30
(本文長過ぎテ)
また、>>549での、>一人では、あそこまで深いと穴の底で作業をしている間に近くに人が来ても
気付くことができない
ことについては、
>>562に於ける>「地主は家の建築に忙しく数日畑には出ず」
の事実を犯人側が知っていたと思われることに加え、そこがそのように個人の
所有地(畑)であってみれば、深夜に、そのような場所に出入りする者が(こ
ういう犯罪者以外には)なかなかないものと一般的には推測出来ると思う。ま
た佐野屋付近と同様に、あたりは深夜では真っ暗闇であったであらうから、
複数単独いづれにしろ、その深夜に出歩く者がいたとしても、「目撃」は困難
なのではないだろうか(あたりは膝上くらいの丈の作物が続いており、昼間で
あれば遠目にも人の存在がはっきりと解る場所ではある)。
もっとも、この「暗闇」ということは、犯人側にとっても、仕事の出来にくい
状況であることは勿論デ。であるから、相当に土地カンがあったと同時に、
>>564で述べられてるように、充分な下見もしていたであらう。

574 :3-679 ◆2gw3ijNQ4E :03/03/06 19:35
>>572 盛況氏
>掘っておいた穴に、水がたまってしまうわけですネ。
まったくもってそのとおりでございます。
全然気にしていなかったですよ。失礼しました。

575 :盛況 ◆cQ5CwQT2.c :03/03/06 19:39
要するに小生に於いては、このこと(穴掘りとその残土処理)を以て、単独か
複数かを決定的なものとする根拠にはならないのではなかろか、ト言うコトで。
左様、>いずれにせよ単独犯ならば、あのような深い穴は掘らないはずである。
と思われるからこそ、なおさら掘ったという解釈も出来得るというわけデ。
連続スマン。

576 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/06 20:11
盛況さんレスが最近楽しみです

577 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/06 20:13
以上、自作自演でお送りしました

578 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/06 20:32
>571
まあ確かに田舎の狭い世界しか知らない住民に
「全てを捨てて遠くに逃げる」なんて発想ができたかどうか。
村八分になるのが怖い&地域の連帯大切っていうのも納得できる。

でもそしたら、事件の犯人を薄々知ってる人も周りにいるんじゃないかな。
事件とは関わっていないが、それとなく犯人を示唆しているような
近所の人証言とか調書なんてないんですか?


579 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/06 20:35
結論的には
穴掘りの状況では単独犯とも複数犯とも言いかねるということですな。

580 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/06 21:09
>>579
だから、ただの穴掘りじゃないだって!

581 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/06 21:38
>>578
事件直後に流れた犯人像としては、

 1、顔見知りのボーイフレンド説
 2、区長選挙をめぐる父親への怨恨説
 3、流しの不良説
 4、米軍の不良外人説

などがあり、2はかなり有力な説だった。
つまり、堀兼地区の利権について発言権が大きい区長である
頑固な父親をめぐって、他の有力者との対立が抜き差しならぬ
ところまで来ていたのではないか、との憶測。
第1スレの898さんの伯父さんの話はこの説を裏付けていて、
今のところ、この説が最も真相に近いと思う。

ところが、この説を追った刑事は、異様とも思える地元住民の
だんまりと捜査拒否にあって立ち往生する。
そこに様々な未確認情報とやらが舞い込んできて、さらに混乱
をきたしたという訳だ。

おそらく、地元民にとっては地価の高騰に伴う水利事業などの
利権構造は、自分達の財産価値に直接影響する事態でもあるので、
単純な正義感だけでは発言しにくい雰囲気があったのだろう。
結局、世論の強い批判を受けた警察は、3の説をとって、
弱い立場の青年を犯人に仕立て上げることを選択した、というのが
本当のところだろう。

ちなみに「森の息子」とやらの情報も、そのときに囁かれた
根拠のない噂話が元ネタになっていると思う。

582 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/06 22:28
1・何故往来のある農道を選んで死体を埋めたのか?
2・死体を埋めた時間。脅迫の前か(夕刻〜日没)、後(深夜)か?
3・死体の状況
 a)目隠しをしていたのは何故か?
 b)後ろ手に縛られていたのは何故か?
 c)荒縄を巻きつけていたのは何故か?
 d)着衣の乱れを直さなかったのは何故か?
4・残土の処理方法は?

583 :盛況 ◆cQ5CwQT2.c :03/03/06 23:06
試験、トいうワケですナ。
1、早く発見を期待して。(3での偽装をこらしたので、発見されないと意味がない為)
2、2日午前2時〜3時くらい。
3、aとb)身代金目的でさらッた後、監禁しておッたことの表現。
  c)殺害後の運搬方法を表現。
  d)身代金奪取の失敗後、強姦したことの表現。
  以上のことを偽装したモノ。
4、穴掘りと同時に、そばに置いておいたリヤカーのような乗り物に
  放り込み、そのまま各自の叉は主犯の、耕し中の畑に持参して農耕に使用。

眠いンでざッと答え申した。採点タノム!
マアこういった個々の件は、小生よりも詳しい方がおらッしゃるようデ。

584 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/07 00:19
当時の新聞写真をみると、
遺体の発見現場は麦畑と茶畑の間の農道であり、
麦の穂も大人の胸ほどまで伸びていて茶畑も同様である。
ある意味では見通しの効かない場所であり、犯人にとっては好都合の場所でも
あるといえる。
もし土が凹んで無かったらまず発見できなかったかも・・・
それもたまたま農道を通った消防団員が気が付かなければ。

個人的には写真を見る限り、犯人が早期発見を望んだとは思えない。

残土の処理については、そのままスコップで畑に巻いても判らないかもしれない。
もしリヤカーを使用したのなら小さいトロッコなどのほうが農道の広さから
適しているかも。


585 :581:03/03/07 14:51
>>581に追加。
結局、3の説ということにはなったが、養豚所の元使用人たる石川氏が逮捕された
とき、これに2の説をくっつけて、親父と対立する一派が石川氏らを遣ってやらせた
とみる向きもあった(事実、親父と長男はそう思い込んでいたはず)。
地元民としては、黒幕がいることに薄々気付いていながらも、まあ実行犯が逮捕
されたのならいいかと思っていたように感じる。
石川氏逮捕を聞いて、芋づる式に2〜3人の実行犯が逮捕されると考えられていた。
ことによると黒幕まで行ってしまうかも?と、戦々兢々いた者も多かったはず。
ところが結論は石川単独犯ということでケリがついた(このことから養豚所関係者は
犯行とは何の関わりもなかったことがよく判る。)。
これには実際、たまげた地元民が多かったと思う。
現地に行って、石川自供の通りに歩いてみると、その犯行の実態がいかに現実に
そぐわない作り話であることがよく認識できる。
その意味では、雑木林付近で農作業をしていたK氏の証言(「雑木林の方からは
悲鳴など全く聞こえず、あの時刻にあそこで殺人事件が起こっていたなどとは
信じられない」)などは、地元民としては大変勇気がある行為だと思う。

586 :581:03/03/07 18:49
3の「区長利権トラブル説」が最も可能性が高く、元刑事の898さんの伯父さんが
言うように自分も、最初の計画では、犯人側は中田家の当主を揺さぶることが目的で、
むろん善枝さんの殺害などは考えてもおらず、彼女が殺されたのは、あくでも
突発事故だったように思う。
しかし、だとすると高校生の四女・善枝さんを誘拐するのは不可解ではある。
誘拐実行犯は顔を見られてしまうわけで、生きて返すということは正体をばらす
ということになるからだ。
この疑問に対する答えは、このスレでもすでに出てきている。

つまり、元々この計画は、頑固親父の区長を翻意させることにあったわけで、
「言うことを聞かないとひどい目に遭うぞ」という脅しの効果さえあれば
いいわけで、娘を殺す必然性など全くない。
そんな荒っぽいことをしてしまったら、警察を静観できないのは当り前で、
区長と対立する側の黒幕も、今後の動きに支障が出てしまうだろう。
下手すると黒幕自身が失脚どころか塀の中に入ってしまう危険性だってある。

そこで黒幕の指示で実行を指揮した「親分」は、善枝さんを仲間に引き入れる
ことにした。
ただし、これは善枝さんの名誉のために言っておくが、彼女自身は決して犯罪の
一端を担うという大それた考えがあったわけではないし、「狂言誘拐」を企てた
という認識もおそらくなかっただろう。
顔見知り(多分OG)から計画を持ちかけられて、一晩帰宅せず親父や長兄を
心配させて困らせてやろう位の割と軽い気持ちで話に乗ったのではないかと思う。
当日は16才の誕生日だし、ご馳走を食べながら盛大にパーティーして夜更かし
しようとの予定だったのだろう(善枝さんが下校前に友だちに話していた内容は
それを裏付けている)。

587 :581:03/03/07 18:51
>>586の続き
では何故、善枝さんは殺されてしまったのか。
ここからは自分の推理だが、善枝さんがOGと同衾したあと、OGが席を外し
実家に帰った後、見張り役(?)の男(「親分の手下」)が、「俺にもやらせろ」
と言って、関係を迫ったのだと思う。これを善枝さんは拒否し、気の強い彼女は
男をなじった。男はカッとなり揉みあいになった末、善枝さんの後頭部を鈍器で
殴り気絶させた。そのあとぐったりして無抵抗の善枝さんを強姦し、タオルで
首を締め絞殺した。
男の血液型はO型のはずだ(OGはB型)。

そのあとはご存じの通り。
脅迫状は脅しのために事前に準備していて、自転車と共に長兄に取りに行かせて
いたが、結果的にその筋書き通りに事を運ばざるを得なくなったというわけだ。
そこで、当初は行く予定などなかった佐野屋に行かざるを得なくなった。
行きずりの不良が身代金目的で見ず知らずの善枝さんを誘拐し、金を取りに
行ったが警察の張込みに気付いて逃げたという筋書きのためだ。
これは、親分や黒幕に捜査の手が及ばないために絶対必要な賭けでもあったが、
これはヘマをして善枝さんを殺してしまった「O型の男」が、その責任を取る
形で担当した。失敗して逮捕されたら、すべてこの男が罪をかぶるという
手はずだった。

警察の張り込み配置を知る立場の人間が仲間におり、畑側に穴があることは
判っていたので、この計画はまんまと成功した。
本来ならば、死体は西武園の池に捨てなければならないが、これは不可能なので、
疑いがOG(彼はただ利用されただけ)又は被差別部落の住民に向くように、
OGの新居と部落との中間地点の畑の農道に埋めた。
「ひこつくし」は部落出身者を陥れるための偽装だった。

細かいところで違いはあるかもしれないが、大筋ではこれが真相だと思う。
「狂言誘拐」については長兄も荷担していたという意見もあるが、これは正直
判らない。

588 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/07 21:04
>顔見知り(多分OG)から計画を持ちかけられて、中略(善枝さんが下校前に友だちに話していた内容は
それを裏付けている)。
>善枝さんがOGと同衾したあと、OGが席を外し
実家に帰った後、見張り役(?)の男(「親分の手下」)が、「俺にもやらせろ」
中略、そのあとぐったりして無抵抗の善枝さんを強姦し、タオルで
首を締め絞殺した。
>細かいところで違いはあるかもしれないが、大筋ではこれが真相だと思う。
思うのはいいが。引用した部分、ずいぶんと乱暴な推測じゃないかな。
特に、 >善枝さんが下校前に友だちに話していた内容はそれを裏付けている
というところ。どう裏付けているんだろう。そんなことを言えるのならば、
別のことだって裏付けているとも言えるだろうに。

589 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/07 21:42
でもたしかに比較的無理なくスジはとおってるよ

590 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/07 22:01
解決?

死体における上田鑑定と五十嵐鑑定があるが、
大方の見識は強姦ではないという立場じゃないの。


591 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/07 22:09
気絶状態だったら抵抗はできないと思う。
まあ、事実上の強姦ということですね。

592 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/07 22:49
>586-587納得。
事件に裏があるとしたら、そんなとこだろうな。

こういう推理がでると死体埋没状況について必ず言い出す人がいるが、
それも善枝さんと親しかった犯人の誰かが、せめてもの罪滅ぼしにと
成仏できるよう郷土の埋葬の仕方を簡略にしたのだろう。



593 :592:03/03/07 22:56
ではそのその推理を裏付ける材料として、当時そのような利権を巡る
トラブルがあったのだろうか?
そこまでわからないとしても、事件の後大きな利益を得た人物がいるとか
大規模な工事が施工されたとか、調べれば必ず分かると思う。

また中田栄作さんは、実際どういった権利をもっていたのでしょうか?
やっぱり水利事業?それとも農地売却?

594 :3-679 ◆2gw3ijNQ4E :03/03/08 08:18
>>586 >>581
>つまり、元々この計画は、頑固親父の区長を翻意させることにあったわけで、
>「言うことを聞かないとひどい目に遭うぞ」という脅しの効果さえあれば
結局、この事件によって、中田家は黒幕側に有利な利権問題に従ってしまった、
ということなのでしょうか?
だから法廷ではその「黒幕」の存在を明かすような証言を一切せず、結果的に
石川氏有罪に結びつくような証言しかしなかったってことなのかな?
「黒幕」がどのような立場の人物かはわからないけれど、中田家は捜査段階
からでも法廷でも、黒幕の存在を明かし、逆襲することができたはずなのに、
なぜでしょうね。
義枝さんが犯罪の初期の段階で、黒幕側に協力したから?
それとも異父きょうだい云々のスキャンダルを明かしたくなかったから?

595 :581:03/03/08 11:39
>>594
もちろん、単純な利権問題の対立だけで起こった事件ではない。
根っ子には、区長選挙をめぐるかなり強い遺恨がある。
地元では、あそこまでこじれるといずれ何かが起きるのではとの噂もあった。
だがいくらなんでも娘を殺すなんてことまではしないはずだから、黒幕の意を
受けた親分が善後策を練っているのをみて、手下が手柄を立てようと、
勝手に突っ走ってやってしまった事件という見方もあったほどだ。

でも、そういう組織で、手下が勝手に事件を計画することはないと思う。
したがって、当初誘拐に見せかけて親父を脅し、翌日無事に帰すという
計画を立てたのは「親分」であったと思う。
親父は警察に、区長選挙などのトラブルの話はしているし、警察もその線は
ちゃんと捜査している。
が、敵もガードか固い組織だから、解明には時間がかかる。
それに黒幕→親分側のアリバイが強固なことと、警察は佐野屋での取り逃がしで
あせったこともあって、いくつかに分れていた捜査班のうち、養豚所関係を追う
班が主流になったということだ。
実行犯を養豚所関係者と断定してしまったことが、すべての間違いの始まり。
養豚所と親分は何の関係もない(従って轢死した男も事件に関与していない)から、
捜査方針がそう決まった以上、警察は絶対に真犯人に到達できないことになった。

中田家側が逆襲すればよかった?
中田家としても、何の確証もあるわけではない。
警察がそう決めている以上、逆らうことなどできない。
元刑事の伯父さんがいうように、中田家の親父さんは黒幕と「手打ち」というか
大幅に妥協して、結果的には黒幕側の意図通りにことが運んだのだと思う。
母親のスキャンダルなどはただの眼くらまし。
あまりこの件にとらわれ過ぎると事件の本質を見誤ることになる。

596 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/08 12:49
>>595
黒幕が親分を使っての誘拐、メリットがあるのだろうか。
娘がさらわれればおどしにはなるが、逆に殺されれば黙っていないと思う。
また中田家が何の確証もないということであれば、この黒幕の仕業は失敗?
でも手打ちしたのであれば、中田家が有利に事が運ぶのではないか。
それともそれさえも恐ろしい黒幕なのか。
もしくは刑札をも巻込んでいる大きな黒幕なのだろうか。




597 :3-679 ◆2gw3ijNQ4E :03/03/08 14:09
581氏
>>595
>中田家側が逆襲すればよかった?
>中田家としても、何の確証もあるわけではない。
>警察がそう決めている以上、逆らうことなどできない。
この辺、やっぱり疑問満載です。
581氏はご自分の推理した書き込みの中で省略してしまっていますが、この事件が
利権に絡むものならば、営利誘拐に見せかけた「中田江さく」宛の脅迫状のほかに、
利権に関する脅迫状もしくは脅迫電話が、黒幕側からあったと考えるのが当然です。
もしそれが一切なかったのだとすると、義枝さんを誘拐しても、全然「揺さぶり」に
ならないわけですから。確証十分だと思いますが。

また>>586では、
>「区長利権トラブル説」が最も可能性が高く、元刑事の898さんの伯父さんが
>言うように自分も、最初の計画では、犯人側は中田家の当主を揺さぶることが目的で、
>むろん善枝さんの殺害などは考えてもおらず、彼女が殺されたのは、あくでも
>突発事故だったように思う。
と書かれていますが、揺さぶることが目的だったのに、「突発的事故」で義枝さんを
死なせてしまった以上、中田家は黒幕の大きな弱みを握ったことになりませんか?
脅迫誘拐殺人その他もろもろで、黒幕を告訴することができたはずではないですか?
警察が焦っていたのは事実でしょうが、養豚場への見込み捜査が始まる前に、
中田家は黒幕の存在を警察に打ち明ける時間と機会はあったと思います。
それとも、中田家側で
「娘を殺したことは黙っていてやる。そのかわり、利権問題に関してはすべて中田家
の意向に従え」とでも黒幕側に言ったのでしょうか。それが「手打ち」?
常識ではちょっと理解できないですね。


598 :581:03/03/08 14:21
>>596
中田家にとっては何の確証もないが、警察は黒幕に迫る様子もない。
親父さんは、黒幕の存在があったのかどうか疑心暗鬼のまま、その後区長としての
交渉事に臨むわけだが、それまでのような頑固親父ぶりは、さすがに消え去っていた。
家族が惨殺されたのだからそれは仕方がないだろう。
事件は黒幕とは全然関係のない人物が犯人ということで「解決」しているわけ
だから、黒幕は堂々としていられる。
区長と対立する側にとっては「不測の事態」が結果的に奏功したというわけだ。
善枝さんを直接手にかけた「O型の男」は、黒幕の配下にあった親分の手下のうち、
事件後にこの土地を離れた人物を追えば、必ず特定できると思う。
もっとも事件はとっくに時効の上、当人はもうこの世の人間ではないと思うが。

599 :581:03/03/08 14:46
>>597
勘違いしているようだが「黒幕」というのはあくまでも地元では地位も名誉も
ある紳士という仮面をかぶっている。
直接交渉事にあたるのは配下の人物なわけで、わざわざ黒幕当人が親父を
脅したりしていたわけではない。
従って「うちの娘を殺したのはあんただろう」なんてこと、何の証拠もないのに
公言できるわけがない。おまけに警察が逮捕したのは縁もゆかりもない一青年。
肝心なことは、何かがあった場合その背後関係について想像力を働かせて恐怖心を
植え付ければいいわけで「恐ろしいけれど何もなす術がない」という状況に
追い込む事が犯人側のポイントだったのだろう。
こういう手法は、この事件に関わらず、利権が絡む日本社会の様々な企業・
団体・組織体でも使われていることは周知の通り。
事件前にも様々なトラブルがあり、事実脅迫めいたこともあったようだが、
中田家側はもちろん、黒幕側でさえ、誰もこんな重大事件に発展するとは
思ってもいなかった。
必然と偶然が交じり合っていたことが事件を複雑化した要因といえるだろう。

600 :581:03/03/08 15:20
>>599に追加。
「手打ち」というのは、双方の腹を探りながら結局落ち着くところに落ち着いた
という現象を指していっているわけで、なにも生々しいやり取りがあったわけではない。
結局、事件の原因を作ったのは、融通が利かない親父の頑固さと言えるかもしれない。
むろん、善枝さんの死についての直接的責任が親父にあるというわけではないが。

601 :3-679 ◆2gw3ijNQ4E :03/03/08 15:49
>>599 581氏
>従って「うちの娘を殺したのはあんただろう」なんてこと、何の証拠もないのに
だから、その黒幕であろうと手下であろうと、揺さぶり(脅迫)を受けていたわけで
しょう? 利権問題に関する脅迫状という、目に見える証拠がなくても、脅迫されて
いたのは事実なんでしょう? それは被疑者不詳で十分告訴できるじゃないですか。
告訴しなくても、警察になぜ話さなかったの? (581氏の推理では)中田家はその
黒幕一族に義枝さんを誘拐され、揺さぶりをかけられてわけだから、事件発生の
当日に、なぜそれを話さない?
>おまけに警察が逮捕したのは縁もゆかりもない一青年。
警察が養豚場関係者に見込み捜査を始めたのが5月6日頃。石川氏が別件逮捕
されたのが5月23日。こんなにも長い時間があるのに、利権問題絡みで義枝さんが
誘拐されたという事実を、、中田家がなぜ警察に話さなかったのか。それを知りたい
んですよ。
>「恐ろしいけれど何もなす術がない」という状況に追い込む事
娘が殺されて、なにもなす術がない、というのもどうかと思う。
>地元では、あそこまでこじれるといずれ何かが起きるのではとの噂もあった。
>だがいくらなんでも娘を殺すなんてことまではしないはずだから
地元でも噂になっていたのなら、なおさら「恐ろしいけれど何もなす術がない」
などと考える必要はないと思います。なんか、質問をはぐらかされているようで、
気になって粘着レスしてますが。なぜ利権問題で脅迫されていたという事実を
中田家は話さなかったのか。それをズバリと書いてくださいよ。

602 :581:03/03/08 16:49
>>601うーん。
決してはぐらかしているわけじゃないんだけど、やはり当時のあの農村共同体の
情状を肌で感じていないと、理解できないかもしれないなあ・・・
疑問点はその他にもたしかにたくさんあって、OGが自殺したこともそのひとつ。
普通の感覚では理解できないと思う。なんで逃げ出したり警察に出頭しないのか
不思議に思う人が多いと思う。
あなたがいうのは近代民主主義社会が完全に確立した情況下でいえることであって、
現在のそういう視点からみると、理不尽で不可解に映ることは無理もないともいえる。
ただ、最近の北九州の親族連続殺人事件なんかでもみられるように、逃げ出したいし
逃げようと思えばできるのになぜかそれができない、逃げれない、とか殺される
くらいなら先に自殺する、あるいは口をつぐむという心理に人間が追い込まれることは
往々にしてあるということですよ。
決して正義感や倫理観のみで割り切れるほど世の中単純ではない。
石川さんを騙して誘導自供に追い込んだことを知っている人間は両手の数以上いるのに、
誰も名乗り出ないでしょう?みんな己の保身で汲々としているんですよ。
ちらっと書いたけど、親父は区長としての立場上、恨まれていること、心当たりの
知り合いについても警察に正直に話していますよ。
ただ、実行犯はOGを除けば面識がない連中ばかりが選ばれているので、主犯に
行き着くまで時間がかかり過ぎたということ。
警察をあまりあせらせると碌なことがないという、いい教訓の事件ですね。
もっとも今は逆に何もしないことを批判されているわけだが。
中田家の口が固かったというのは母親の例の一件で、これは元から事件とは何の関係
もないし、名誉なことではないから、当然話さないし話せないのが変な推測を呼んだ
のだろう。それに乗っかって言いたい放題の某氏の悪影響もたしかにありますね。

603 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/08 16:58
たとえば、黒幕が利権にからんで中田家を揺さぶるとしたら
手下に娘を誘拐させてから何らかのアクションを起こすだろう。
『娘を誘拐したからその利権から手を引け』とか。
そうしなければ、相手に何の意味があるのかわからないはずである。
裏でもし伝えていれば、当然殺された方は黙っていないか、
もしくは黒幕に対して有利に事が行なえる。
刑札に話すこともできるし、逆に脅迫もできる立場になる。

黒幕、手下誘拐殺人説もその辺が不明瞭だと思う。
揺さぶりをかけるのになぜ四女が選ばれるのか?
身内の子供を引き入れても裏切られる可能性が高い。
さらに実行犯が上の命令に背いて殺すとは、ちょっと考えにくい。
なぜなら他の計画は万全を期しているのに、最後がというかマヌケである。

特にこの説に対して完全に否定しているのではなく、もしかして
別のシナリオで遂行した可能性を考えるのはアリかなとも思う。

604 :3-679 ◆2gw3ijNQ4E :03/03/08 17:00
>>602 581氏
しつこいレスに付き合ってくださってありがとうございます。
>やはり当時のあの農村共同体の
>情状を肌で感じていないと、理解できないかもしれないなあ・・・
なんとなくわかってきました。今、肌で感じることは確かにできませんが、事件
そのものだけでなく、もっと広い視野で考えてみようと思います。


605 :盛況 ◆VTGTqo06As :03/03/08 17:29
多少皮肉ッポい書き方はご勘弁願いたいが、
「黒幕」というものを出せば、なるほどこの事件の推理には便利ではある。
が、もしかして事件当時からの地元の方であろうか(そう書いた貴兄がデス)。
例えば、

>>598『その後区長としての
交渉事に臨むわけだが、それまでのような頑固親父ぶりは、さすがに消え去っていた。』

と言い切れる以上、実際にその場面にいたとか、そうでなくても、そのように
言い切れるほどの材料を、お持ちなのだろうか。そうであれば、ここは一応、
その『近代民主主義社会が完全に確立した情況下』(完全とは言えないだろうが)
で事件を推理する場なのであるから、その「確証」を教えてほしい。
左様、『中田家側が逆襲すればよかった?
中田家としても、何の確証もあるわけではない。』
が、貴兄にはそれなりの確証があるからこそ、このように断定的な推理が投稿
出来るのだろうから。
ただ、3-679氏の質問の答えが、『やはり当時のあの農村共同体の
情状を肌で感じていないと、理解できないかもしれないなあ・・・』では、
小生の如く『普通の感覚』しか持ち合わせてない輩には、まさしく理解出来ぬ
のですよ。そこントコ、理解出来る貴兄に、ナントカ頼みたいわけネ。
それ如何によっては、かなりの蓋然性を有する推理(特に動機の面で)となる
と思ったので、今日までロムッていたんデ。


606 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/08 23:07
利権を巡る争いに巻き込まれて
罪の無い部落出身者が犠牲になったとしたら
解同は黙っていないでしょう。
結果として警察も荷担しているのですから
絶好の糾弾対象になったはずですよ。

607 :581:03/03/08 23:25
>>605
いや、地元は地元なんだが、事件当時は自分はまだ子供。
結局、地元の事件ということで興味を覚えて、その後の推移もろもろを一応調べてみて
多分こうだったんだろうと思って出したのが自分の結論。
申し訳ないが、ソースを詳しく書くと自分の正体が判るので、それができないんですよ。
いや別に素性が知れてもいいんだが、いろいろ迷惑がかかる人がいて・・・
この掲示板は知人に教えられて最初は馬鹿にしながら読んでいたが、まじめに考えている
人もいるようだから、ちょっと自分の意見も書きたくなっただけです。
確かに今の日本は「近代民主主義社会が完全に確立した情況」ではありませんね。
これは訂正。まあ40年前よりはいくらか進んだ部分もあるかなという程度かも。

自分が思うにこの事件、善枝さんが殺されたこと自体が黒幕側も予定外だっただけに
かえって彼らは平然としていられたのだろうと思う。
手下が勝手にやってしまったことだから。
いざとなれば、OGと「O型の男」二人に罪をなすりつければよかったわけだし、
「O型の男」は、仮に捕まって死刑になっても秘密を守り通す覚悟でいた。
だが、佐野屋のあとの処理が鮮やか過ぎるほど、あまりにもうまくいったために、
全てが犯人側の思惑通りに運んでしまった。
確かにこんなこと、普通では考えられないし、ある意味で奇跡的な事件といっても
いいと思う。

最後に一言。
石川さんと被害者の家族は、すでに和解していますよ。
ということは、中田家の長兄さんは石川さんが無実であることを承知しているし、
石川さん自身も、長兄さんが事件に関与したとは思っていない。
両者とも真犯人が判明することを少なくとも積極的には望んでいないし、
それはもう不可能と思っている。
あとは石川さんの再審が開始されて彼の名誉が回復されることが第一だとの
認識で一致している。
このことはまだどこにも出ていないが、真実です。
では自分の書き込みはこれにて終わり。さようなら。

608 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/08 23:28
>>606
だからさんざん糾弾してるじゃん

609 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/08 23:33
>>608
あのね
地元の有力者が絡んでいたらの話なんだけどね。

610 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/08 23:39
養豚所は某政治家の口利きで米軍の残飯払い下げの権利を持っていたらしいけど、
そのへんの利権構造は関係ないのかな?
養豚所の経営者兄弟が犯人ということになれば、その利権は移動するだろうし。
たいした利権じゃないかな?
兄弟が別件逮捕の後釈放されたのも、その政治家配下の弁護士の力だというし、
ちょっと気になるね。

611 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/08 23:45
>>581
それで最初に計画していた事、すなわち黒幕の目的は果たせたのか?
もし被害者が突発的な事で死ななければ、果たしてどうなってた?


612 :盛況 ◆VTGTqo06As :03/03/09 01:18
>>611
たぶん、上にも掲げた彼のレス『>>598その後区長としての交渉事に臨む
わけだが、それまでのような頑固親父ぶりは、さすがに消え去っていた。』
にも顕われてる如くに、多分にその「黒幕」の目的は達成された、トいう結論
なのだろう。

>>607 581氏
レス感謝致し申す。もッと喰ってかかられるト「期待」しておッたのでネ(藁
が、ソースを詳述出来ぬというのは残念至極です。人に迷惑がかかる、という
わけなので、仕方の無いことなのだろうが‥‥

小生的には、複数犯の場合の動機としては、利権と遺恨の絡んだ構造というの
が、一番もっともなモノだとは思っている。その理由は、他の個人的動機を持った
個人同士の結合では、前からも申し上げておるように、どうしても、殺人にまで
至るこの種の犯行に連合して手を染めるには、共犯同士の結びつきとして、余り
にも弱いものがあると思うからだ。だからある意味、利権怨恨説での縦線で結合
された犯行主体は、かなり納得の出来るモノではあるのだが。

ただ、それでもどうしても、殺害自体が突発的であったトいうのが、どうも‥‥
また推理では、OGが被害者と男女関係にあったことが前提となっているのだが、
そのOGがどのようにしてこの利権集団の手先となったのか、姉の「自殺」はどう
本件にかかわるのか、なども疑問なところ。

相当なソース元を所有されてるらしいから、差し支え無き範囲ででも、
これらの疑問に追加のレスをしてくれると有り難いもの。


613 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/09 02:07
便乗です。
私も581さんにききたいことがあるなあ。
>>586についてだけど
黒幕の当初の計画では、善枝さんは生きて帰すつもりだったんですよね。
でも脅迫状の件があるから、イタズラとしては悪質で簡単には済まされないと思うんですけど。
善枝さん自身は、陰謀に利用された(事の重大さ)に気付いていないとのことなので、
強く問い詰められたら、誰の誘いで何処にいたのか答えてしまうんではないでしょうか?

614 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/09 11:48
黒幕・幽霊・宇宙人

オカルト板のテーマです。

615 :盛況 ◆VTGTqo06As :03/03/09 12:43
小生が、複数説の際にその弱点としていたものは、共犯者間の動機の結合と、
誰かがヘマをすればそこから芋蔓式に全員が擧げられる危険性が大、という
ことであった。多少の見返り(例えば20萬円程度の金)でもって、当時と
しては死刑にもなるかも知れない犯罪に加担するには、共犯者にも相当な動
機が必要となってくるし、主犯としては、いつ共犯者が何をしでかすか、オ
チオチ生活しておられぬことになるであろう。だから。

が、利権の遺恨を所有する「黒幕」がいて、実行犯として仁侠系を使嗾した
のだとなると、そのあたりの事は解決されてくることは確かだ。動機は黒幕
にあり、仁侠系が実施を請け負う。縦の命令系統を持つそのような組織であ
れば、言わばプロ集団である。利益があるとなれば、人殺しくらいは簡単に
やってのけると思われる。仮にその中の誰かが屁魔をコいたとしても、子分
が身替わりに務所入りするなどは通常に行なわれている世界である。
 (余談だが、小生は小昔、アノ亀井とは正反対の方面の政治団体におッてネ。ソレで
  ソウ云う世界の人達とも、多少ご縁があったンだけド、事件当時埼玉のアノ
  ヘン、ドコのシマだったぁ?トか、チト考えてみたりシテ‥藁)
そう云った意味では、本件での動機とその実行に関わる諸問題を考える時、
利権に関わる動機と、実行はそのテの組織が担当、との説は、いろんな点、
矛盾が少なく説明可能な説では、ある。

616 :盛況 ◆VTGTqo06As :03/03/09 12:43
が、その場合でも、初めから「殺害」は目的に入っておったものと思う。
その理由は、>>613での指摘にあるとおりな事で、被害者が無事帰宅してし
まったならば、少なくとも、彼女を最初に誘い出した顔見知りの者のこと
くらいは、家族には簡単に口を割ってしまうだろうし、脅迫後すぐに警察に
届け、警察はそれに応じてすぐに(おそらくは6時台には)動いていること
でもあり、被害者は警察の尋問にも応じなければならない。その過程で、い
ろんなことが発覚するものと思われるのだ。
よって、やはり「殺害」は突発的なものではなかったという可能性は高いの
だと小生は思う。

ただ、この「利権遺恨・仁侠組織実行説」でも、初めの誘い込みの段階では、
被害者と相当に親しい者(顔見知り程度ではあのようには待ち合わせをした
り、誕生祝いをほのめかしたりはしないであろうから)の存在が必要となる。
  それは誰だったのか?
  またその人物は何故に、それらの組織の片棒を担ぐ結果となったのか?
さらに根本的には、殺さなければならぬほどに、その利権、或いはそれにも
とづく遺恨というものが、主犯(黒幕)にとって、重大なものだったのか?
また、繰り返しになるが、特に姉の死との関連は?

いろいろ、空想力を働かせてはいるが、このあたりがまだこの説の疑問点。

617 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/09 13:22
>>616
そのように考えれば、なぜ被害者をターゲットにしたのかも疑問のひとつ。
それといきなり誘拐殺人事件を起こすだろうか?
事件の前に何らかのいやがらせ、もしくはコンタクトがあったと考えた方が
自然な気がする。
当時の社会状況は判らないが、人侠系を使ったとしても
他の方法で揺さぶりをかけた方がリスクが少なくて済むような気もする。

618 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/09 17:46
>>616
「黒幕」というのは多分当時かなりの権力を握っていた某市会議員だと思う。
たがこの黒幕が組織の組長に直接犯行を指示したのではないと思う。
「なんとかならんのかあの頑固親父」「私に任せて下さい」くらいのやり取りは
あったかもしれないが、これでは犯罪教唆の立証はできないだろう。
581さんのいうことが事実ならば、組長も手下に「娘を殺せ」という命令は
出していないわけで、これも重罪には問えない。
お姉さんについては共犯者などとひどいことをいう人もいるが、母親を亡くし
長女も家出、ただ一人の話し相手だった妹も無残に殺され、もう生きる希望を
失ったのだと思う。唯一の光は結婚だったはずだが、仮に婚約者との間がうまく
いっていなかったとしたら、厭世自殺というのもうなずける。
大体どんな理由があったのかは知らないが、婚約者(戸籍上は夫婦)の通夜にも
葬式にも出ないということは、もうすでに愛情は冷めていたのではないだろうか。
姉の自殺は、事件とは直接関係はないと思う(次男も)。

619 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/10 12:38
精液はBやろ?

620 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/10 12:58
>>619
解剖直後の発表では「精液多量、血液型はBとO」だったんよ。

621 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/10 16:55
ハァハァ・・・・ハァハァ・・・・

622 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/10 17:20
ソースは明かせないな。。

623 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/10 20:51
>581さん
本当のもう書き込んでくれないのですか?
なにとぞなんでもいいですから書き込みを続けてください。

624 :あんたのうしろに名無しさんが・・・ :03/03/11 07:17
「黒幕」というのは多分当時かなりの権力を握っていた某市会議員だと思う。
たがこの黒幕が組織の組長に直接犯行を指示したのではないと思う。、そんなことはわかってるんだな、ループだよ。もう過去スレにでているんだよ。もうすこし、あたらしいことを貴ボ
組長も手下に「娘を殺せ」という命令は
出していないわけで、あたりまえのことなんだな、それってね。
ただ、あたりまえじゃないことは、愛情がきえていたから葬式にも出ない、それはおかしいよ。常識からいって、亭主が出るの、あたりまえだよ。あなたじしんが、きっと、愛情がなければ、冠婚葬祭にはでない人なのかもしれないが、ふつう、そうはいかないの。

625 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/11 12:15
>>624
現実問題これが最終結論だよ。
馬鹿だな。これ以上は妄想になるんだよ。
たたかれるだけ。事実じゃないってね。
あんた新しい証拠もってんのか?ばかじゃん

626 :?:03/03/11 12:23
ようやくこのスレも終わりってか〜皆々乙かれさん。

627 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/11 12:56
x

628 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/11 13:03
自分以外馬鹿で妄想と言う、アポの最終結論でも終了は目出たい目出たい!
遠慮なく age

629 :妄想の恐怖!:03/03/11 13:16
                   ,_,..,ィヽ,、
                  /;;::r‐〜-ミ、
                 4~/へi::::::;/,ヘミ7
                '-l| ×|:::::|<× 1|i'
                     l! '" |::::l、~`リ
              /`ー、  ハー;";::i:::ヾイl! ,r'~`ヽ、
           ,.ィ" ri l i ト、 1:|`丶:;;;:イ' ill!7、 、 y;  ヽ、_`
      ,. -‐''" 、 くゝソノリ~i | - 、 , -‐'7ハ ヾニト-    ~` ー- 、_
   , ィ ´      ,ゝ、_ `r'   l |  、レ // `テ三..ノく _ `       ヽ、
  /       , -' ,、  `、_)   l,i,  i //  (/  ...,,;;;;:` 、        ヽ
 ;'       '" ノ ;;;;::::      i !  : //    .....:::::;;イ、_、_\ _    _ノ
 l ..,, __,ィ"-‐´ ̄`i::::: ゙゙゙= ...,,,,,. l | ,//  - = ""::;; :/       ` '''' '"
            ヾ :;;;,,     ,i l,//     ,,..," /         _,,.....,_
   ,. -- .,_        \ :;,.   ;'  V ;!   `;  /;: ノ      ,.ィ'"XXXXヽ
  /XXX;iXXミ;:-,、     ヾ  '" ''' /./!  ヾ   /    ,. - '"XXXXXXXX;i!
 ,!XXXXi!XXXXX;`iー;,、  i   、. / ;:::゙i   ;: , |  ,. r'"XXXXXXi!XXXXXX:l!
 |XXXXX;|XXXXX;|::::::::|`ヽ、    ,! ,': : :|    ,.レ"::::|XXXXXXX|XXXXXXX;l!
 !XXXXX;|XXXXX:|:::::::::i  `   ;! : :  i!  / !:::::::::|XXXXXXX|!XXXXXXX|
 XXXXXx|XXXXX;!:::::::::::!   `. /::    | '"   l:::::::::::|XXXXXXX|XXXXXXX |
 XXXXXx!XXXXxリ:::::::::::!    |::     |    i:::::::::::ゞXXXXXツ1XXXXXXX|
 XXXXX/ \XXソ::::::::::/     i!::    ノ     i!::::::::::::ゞXX:/  lXXXXXXX|
 XXXX:/   `ヾ::;;;;;:ツ      ヾ;::: ; ノ      ヾ:;;:::::::ゝ'"     ヾXXXXX |
  XXX/       `ヽ 、     _ゝく      _,,. -`''"        i!XXXXX:


630 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/11 13:18
( ´Д`)/ ジュギョウノジャマヲスルナ!

631 :助太刀:03/03/11 13:20
( ´Д`)/ エトエト・・・・・・バーカ!

632 :よしお ◆BzqoVUMoeA :03/03/11 13:31
いいな、ここ・・・人気あって・・・

633 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/11 13:35
>>632
( ´Д`)/ 先生!何をやっとるんですか!!

634 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/11 13:36
>>632
( ´Д`)/ 先生!なに自ら覗きに来てるんですか!

635 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/11 13:39
スレを終えるのはちょっと待て。
581氏の衝撃の書き込みにすっかりみんな黙り込んでしまったようだが、
581それ以前のも含めて、もう一度氏の書き込みを読み返してみろ。

最初の頃の書き込みは、ここで推理を展開している他の人達と同じ視点で
話を広げていたはずだが、後半になるに連れてヒドく断定的になってるのはなぜだ?
そもそも水利事業の利権問題で黒幕の存在がある事は、スレ1の893の伯父さんの
話で初めて出てきたハズだ。
もしそういう話があったのなら、今まで数多くの人間が独自に調査をしてきたはずなの
に、大きく取り上げられていないのはなぜ?
少なくともこの40年間一般には知られていない話で、裏付ける物など何もないはず。
これは地元民だけが知っている噂とでも言うのか?
黒幕&利権説を唱えるには、もう少し検証が必要だと思う。

そして最期の石川さんと中川家の関係についても、俺が石川さん本人から聞いた
感じとは180%違う。
これはオフレコだったんだが、ぶっちゃけて言うと本人曰く「いつか中田家の
人達と席を設けて、きちんとした話をしたい」とのことだった。
そこから受ける印象が「彼の家とは既に和解していて、、、」なんてことはない。
第一和解しているのなら、冤罪だと認知している中田家からの、なんらかの
リアクションがあってもいいのでは?
原因を作ったのは警察とは言え、一人の青年の人生を狂わせたことに対して
なにも感じていないのだろうか。

確かに豊富なソースを持っていると感じさせる。
しかしネタ元となると特殊な事情があるから無理だと言う。
全てがネタ書き込みとまでは言わないが、100%鵜呑みにしてしまうのは
どうかと思う。憶測の部分もかなりあるんではないか?


636 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/11 13:50
626のは皮肉だと思うよ‥‥‥

637 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/11 14:36
納得いかねぇな。

638 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/11 17:15
>>635
黒幕が気に入らないのかい?だが人権的に配慮されててナイスだよ。
40周年って事でさのやでオフ会やって終了でいいやん?
姉の日記か非公開の情報開示しない限りループアンド憶測はしゃあないんちゃう?

639 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/11 18:19
姉の日記ってあるの?
とんでもないことを書いていたという遺書は読んでみたいが・・・

640 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/11 18:22
>>638
いやいや、581説はあまりにも被害者家族より。
石川氏との和解にしても、彼が出獄したとき被害者家族へなにか一言といわれて
「私が嘘の自白をしたために真犯人を逃がしてしまう結果になったことをご家族には
お詫びしたい。お兄さんも一時犯人扱いされて苦労されたことでしょう。」
と答えたことを言っているのだと思う。
この説では、まだまだ多くの謎が解けないよ。

641 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/11 18:48
おい、みんな。
いったん芋穴に逆さづりになって
すこし落ち着こうじゃないか!

642 :624:03/03/11 19:05
まあ、オレの書き方が煽りっぽかったのは認めるよ。
だから、オレがばか呼ばわりされたのは仕方がなかったのだろうけど、ようは「これが最終結論」みたく書かれたんじゃ、
「じゃスレもお終いでいいんだね?」ってことになったんじゃないかな。

643 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/11 19:09
なんか急に変なの混じってるな。
「このスレ終わり!」なんて騒ぐな。
そんな荒らし方はないだろうに。

644 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/11 19:15
変なもん見つけたよ。
 死後の世界とカントン疑惑 四回忌
 497 :あなたのうしろに名無しさんが・・・ :03/03/11 13:07
 【1:628】殺意の因習、狭山事件4th
 は、625の手により本日終了いたしました。オカルト板のみなさん、
 長らくおさわがせいたしました!

なーるほど、これは一番の確証;ww


645 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/11 19:16
そうそう。この事件のうまみ(不謹慎だが)
連続不審死も関係無いって事になっちゃうと
オカ板でやる必要も薄れませんか?

646 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/11 19:28
>>645
いや、佐野やに現れて忽然と消えた人物がオカルトなのだよ。

647 :盛況 ◆cQ5CwQT2.c :03/03/11 19:33
>>646
イヤイヤ、仏壇の鐘がチ〜ンと鳴ったのを聞いた長兄がそもそもの始まりデ。
(取りあえず冗談逝ッテ頭を冷やし中。

648 :あなたのうしろに名無しさんが・・・ :03/03/11 19:54
 

649 :あなたのうしろに名無しさんが・・・ :03/03/12 00:19
>>646
‥‥精液はアダルトですよね。

650 :あなたのうしろに名無しさんが・・・ :03/03/12 07:09
荒らしは625。議論を避けている(と読めますな)。

651 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/12 17:09
650=624
過剰反応。おまえがスレ汚し。
レス読み返してみな。はずかすぃ。

652 :3-679 ◆2gw3ijNQ4E :03/03/12 17:40
581氏の説によれば、義枝さんはいわゆる「揺さぶり」のために誘拐されたのであって、
亡くなってしまったのは「突発的」となっている。
>>613氏のおっしゃるように、義枝さんが生きて帰ったら(つまりこれが当初の予定)、
黒幕側はどうするつもりだったのでしょうね。
また、盛況氏が指摘しているように、次姉の変死がどう関わっているのかも疑問が
残る。
次姉の日記に関して長兄が、
「そこには常識では考えられないことが書いてあった」とマスコミに漏らしたあたりも
含めて考えると、581氏説では説明されていないことが多すぎるように思います。
彼の推理は、これまでに判明していることを憶測でつなぎ合わせただけであって、
都合の悪い部分(矛盾が生じてしまう、あるいは説明できない細かな内容)には
一切触れていないわけで、これをもって解決、というのはどうかと思いますが。

653 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/12 17:56
どこをどうとれば冤罪被害者と被害者家族が「和解」したことになるのかわからんが、
だったら兄貴は最初の脅迫がもっと早かったことぐらいは明らかにしてほしいよな。
「いまさら」という気持ちもあるだろうが、これは十分再審開始の事由たる「新証拠」
になり得る。なにしろ真の脅迫状発見の時刻には、まだ石川氏は中田家へ着いていなか
ったのだから。「もう終わったこと」なんて言わずに思い切ってすべてを話してもらい
たいよな。「法廷証言は警察の調書がそうなっていたので逆らえなかった」と言えばいいし、
偽証罪もとっくに時効。勇気ある発言に拍手喝采されることは間違いないとも思うし、
あの世の善枝さんんも喜んでくれることだろう。
それともどうしても話せない事情がいまだにあるんだろうか?

654 :sage:03/03/12 18:22
中田栄作さんって、当時は区長だったの?
狭山市だから市長じゃないの?市長っていったら相当えらいよ。

当時の栄作さんがどれくらい偉かったのか教えて。

655 :3-679 ◆2gw3ijNQ4E :03/03/12 19:03
>>607の、
>自分の書き込みはこれにて終わり。さようなら。
と去っていくこと自体、納得できないわけですよ。581氏はその後書き込まれたレスに
答えていないし。
そもそも581氏は、そこまで自信をもって「区長絡み・黒幕説」を語るのなら、
ソースを明かして誰に迷惑がかかろうと、しかるべきところで自説を展開してるの
ですか? もしここに書き込んだだけで済ませているようなら、581氏の人間像
そのものを批判しなければならなくなりますよ。あなたの持っているソース、そこから
導き出された真犯人像を、石川氏の支援団体に話すべきです。それが石川氏の
「見えない手錠」を解くきっかけになるのですから。

656 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/12 20:29
>>654
市長はエライというより「大きな権力と権限を持っている」というのが正しいかな。
区長はむろん市長に比べて権力の幅は比較にならないほど小さい(つまり市長より
エラくない)とは言えるが、それだけに田舎の農村でしかも地価の高騰に結びつく
土建工事などをめぐっては、利害関係を持つ地元民にとってそこの区長は莫大な権力を
握っている人物ということになる。
特に東京オリンピックを翌年に控えた事件の年、狭山市近郊は都心のベットタウンとして
注目を浴び始めていた矢先で、開発も急ピッチで進んでいた。
なにしろ水利事業ひとつにしても、それがどのコースが選ばれるかで地価が何桁も変わってくる
のだから、その決定権を持っている区長の周りには実際、さまざまな思惑が渦巻いていたことだろう。
そのことで区長の親父さんが恨みを買っていたとしても不思議ではないし、事件の黒幕がこういう
背景の後ろに隠れている、と言う人がいても当然という気がする。

657 :581さんになり代わって:03/03/12 21:59
>>655
いやいや、解同など、石川氏の支援団体内部では論議はあるものの、「真犯人探し」は
タブーなんですよ。
良くいえば「捜査権のない民間人がそういうことをすると人権擁護を唱える団体として
具合が悪い」となり、意地悪くとれば「万一真犯人の中に同胞がいたら」という恐れから
ともとれることはすでに述べられている通り。

658 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/12 22:42
所謂581は書き逃げだよね。
断定的に書いて肝心なところはボヤカシ。

659 :625になり代わって:03/03/13 07:06
これが最終結論。もう終わったこと。あとは馬鹿と妄想の世界。



                  …だから、オカルトってかね。

660 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/13 16:49
きょう仕事で狭山の16号をはしっていたのですが、
信号待ちで止まっている時にですね、
ダッシュボードの上に置いていた鐘がチ〜ンって鳴ったんです。
これ、ヤバイですか?

661 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/13 17:34
>>660
善枝さんが「スレを続けてくれ」と言ったんだよ

662 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/13 17:52
じゃあ、ここで問題。

脅迫状の発見は発表されている午後7時40分頃とされているが、
どうもそれよりも早い時間の方が幾つかの問題点がスムーズにいくわけである。
そうすると果たして1日に犯人との接触はあったのだろうか?
亀井氏によれば家の周りで行なわれたという説をとっている。
そして刑札も1日の初動捜査を隠しているという。
このことはどこまで信ぴょう性があるのか?


663 :あなたのうしろに名無しさんが・・・A´?A¨:03/03/14 07:17

それは過去スレ&過去レスをご覧ください・・・

664 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/14 18:02
>>657
パート1のスレからたびたびカキコしているが、某団体が「人権に配慮した行動」を
とるようになったのはここ十年位でしょ。
当時は、「糾弾権」を声高らかに振り上げ各地で「事件」を起こしていたのは
周知の通り。
>>「万一真犯人の中に同胞がいたら」という恐れから
それは、よく言われるが「私」は、同胞であっても実際に「誘拐殺人」という
犯罪を犯したものを庇うために全くの無実である石川被告を事実上見捨てる
というのは、腑に落ちないのですよ。
だから、単に「同胞」が真犯人若しくはその関係者にいるというだけではなく、
もっと裏が有りそうな気がしてならない。

「区長」について「政令指定都市」の区長と混同している人がいるようですが、
中田氏は、単に集落の「代表」に過ぎませんので、誤解無きように願います。

665 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/14 19:05
>>664
そうそう。『単に集落の「代表」に過ぎ』ないだけに、その権限をめぐっては
余計黒い噂が付きまとうのがこの時代(ひょっとして今も?)のムラ社会の常。
行政の代表であれば少なくとも収賄の対象となりうるが、単なる「集落の代表」
ではそれもない。官憲も手を出せないアンタッチャブルな存在だったわけだ。
・・・これって、どこかの何かの組織に似てるよね?

666 :3-679 ◆2gw3ijNQ4E :03/03/14 19:46
このスレ(1〜4)では、これまでも度々事件全体の推理をする書き込みがあったけれど、
どの説も「飛躍しすぎ」「矛盾している」との指摘がありましたね。
ところが突っ込みどころ満載の581氏説が開陳されたとたん、「このスレ終了」の声が
多いのはなぜでしょうね。皆さんはこれで終了でいいのですか?

667 :3-679 ◆2gw3ijNQ4E :03/03/14 19:47
しまった! オカ板で666を踏んでしまったよ。

668 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/14 20:27
>>666
これがもっとも無理がなく矛盾もない(ようにみえる)説だからだよ。
ダミアン君。

669 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/14 20:37
矛盾?
疑問だらけだろう。


670 :?:03/03/14 23:12
>>666さの理由は>>659に書いてあるのぢゃい奈。
ヤヤ腰かろうから解説すれゃ、ヤツが‘これ、最終結論’なん度とアホいいよるからに、
その¥あんまりの馬鹿らしさ¥に、もーカキコイヤんなった一派がぢゃね、
おるのさ。
そうぢゃね、けっしてその¥説¥とやらが無理も矛盾も、疑問もないから
という分けでゃーないんぢゃと思う出。

>>636 そのとおりワシのは茶化死ぢゃね。

671 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/15 17:59
>>669
ではその疑問点を箇条書きにしてみなさい

672 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/17 09:38
age

673 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/17 12:55
581説では脅迫する側とされる側の関係が成り立たないと思うんだけど。
最初から殺す気がなかったにしろあったにしろ。

674 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/17 15:21
黒幕がいたということで
ココは終了ですか。

675 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/17 23:44
幼稚。

676 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/17 23:53
幼稚にしろなんにせよ、スレがこうなったのは625のせいだろう。
黒幕がいようがいまいが、もう、アホは相手にできん。

677 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/17 23:57
ひがっしむ〜らやぁま〜♪

678 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/18 00:18
も一度言おう。>>666
これで終了でいいわけないが、あまりにも次元が低くなりすぎたのだよ。
一例が、>>664が、ていねいにも解説してくれた、
市長と区長の、この場合の違いさ。
こんなことまで、教えてやらなきゃならないなら、
もう、このスレはおしまいだよ。

・・・たしかに、幼稚。

679 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/20 15:06
ここ2・3日書き込み無いけどほんとに終わっちゃたの

680 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/20 15:48
そう黒幕、黒幕。

これで一件落着。

681 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/20 16:16
真犯人追及はひとまず置いといて事件の謎について引き続き述べていけばいいのでは?

682 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/20 20:04
あげときます

683 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/21 02:36
なぜ彼女は狙われた?

684 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/21 21:00
結局この事件は、善枝さんの殺害が真犯人の計画通りだったのか否かが重要なポイント
であるように思う。
殺害目的とすると「男女関係の清算」という線が可能性としては最も一般的だ。
そうなると顔見知りの犯行ということになり、善枝さんの下校時刻のアリバイが
あいまいで事件後自殺した元作男OGが最も怪しい人物といえる。
殺害前に合意の上で性交渉を持っているところなども、「不倫殺人」によくみられる
パターンではある。
ところが、これでは事件の偽装工作があまりに念が入り過ぎていることと、OGが
死体発見後あっさり自殺したことや、関係者数名の不審な死についての説明ができない。

次に、男女関係以外の動機を考えてみる。
真犯人は、かなり強烈な恨みを善枝さんかその家族に抱いており、最初から彼女を
殺す目的で事件を計画したとすると、やはり辻褄が合わないことが多い。
いくら善枝さんが気が強くても、あれほど残忍な殺され方をするほどの恨みは買って
いないだろうし、合意の上の性行為は、ストーカーまがいの男による強姦殺人という
可能性をも否定している。

685 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/21 21:02
では善枝さんは「家族の犠牲」になったのだろうか。
つまり、詳細は不明だが区長を務める父親が、その仕事上のことで誰かに強い恨みを抱かれ、
その腹いせに殺されたという可能性はないのだろうか。
これも少なからず無理がある推理だ。
「腹いせ殺人」ならば当人である父親を直接狙うはずで、いくらなんでも16歳に
なったばかりの少女を惨殺するというのはちょっと考えにくい。
それに当日善枝さんは、明らかに親しい友人と「秘密の楽しい約束」を交わしており、
このことから、父親に怨恨がある人物であるとの連想が困難ではある。

以上の観点から、真犯人の動機が善枝さん殺害そのものにあったとする考えは
否定せざるを得ない。
では次に善枝さんの死が「突発的なものであった」とした場合に矛盾点がないのかどうか
を考察してみたい。

686 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/24 20:01
age

687 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/24 20:32
最近オンラインカジノでよく遊んでるよ!
30ドルのチップを始めに貰えるのでよかったらやってみて♪
無料でできるプレーもあるし、結構楽しめるよ(^.^)
おすすめはルーレット!!赤か黒にかけるだけで、
50%の確率で2倍になるよ♪
http://www14.vis.ne.jp/~gvga/imp


688 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/25 02:49
勝手にage るんじゃねー

689 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/25 19:40
>>684-685の続き

善枝さん殺害が計画外(つまり突発的なものだった)とすると、
ではあの脅迫状はいつどこで誰の手で書かれたのか、という疑問が生じる。
確定判決では、脅迫状は自転車と共に自宅へ5月1日の夜7時半頃に届けられた
ということになっている。
脅迫はもっと早い時刻という説もあるが、ここでは一応自宅に7時半到着という
ことで推理を続けてみよう。

第一のストーリー。
不測の事態が起きて真犯人(またはその一味)が善枝さんを殺してしまい、
それを身代金誘拐に見せかけるため、あわてて脅迫状を書き、自宅へ持参した。

第二のストーリー。
脅迫状は中田家の当主を脅すため、事前に文章を練った上で書かれており、
これを自宅へ届けるのは当初からの計画どおりだった。

比較すると、第二のストーリーの方が蓋然性が高そうではある。
善枝さんが行方不明になったのは午後4時半頃。
それから何者かと食事したり肉体関係を持ったりしているから、殺害時刻は
どんなに早くても5時半から6時頃だろう。

690 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/25 19:41
脅迫状を書いたのがどこかは不明だが、持っていく時間もあるわけだから、
「不測の事態」が起こって脅迫状を書くことを思いつき、文章を考えて
それを書き上げるのにわずか1時間ちょっととはとても思えない。
犯人が複数だとすると、仲間同士で善後策の話し合いなどがあるはずだから、
これではあまりにも時間がなさ過ぎる。
脅迫状は事前に準備されていたと考えてよさそうである。

脅迫状に「殺す」という表現が多くちりばめられていることの異様さを
指摘する声は多い。
通常の身代金目的の事件ならば、むしろ人質は無事であることを強調し、
おとなしく金さえ出せば命は助かるという点を伝えるはずである。
これは真犯人の真の目的が身代金にあるのではなく、中田家の当主を脅して
恐怖心を植え付けるためであったとの解釈も成り立つ。

真犯人としては、当主をできるだけ恐怖のどん底に叩き落すという意図が
あったのではないだろうか。
本当は殺すつもりはなかっただけに、逆にあのような殺意を強調した文章になった
とは考えられないだろうか。

691 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/25 19:42
だが不幸にして善枝さんは殺されてしまった。
肉体関係を持ち、誕生日に秘密の約束で逢引をするほどの仲だから、善枝さんを
誘った顔見知りの男は、彼女によほど信用されていた人物でもあったろう。
その男が実は父親を脅す目的で自分を誘ったと善枝さんが知ったことで、二人の間に
なんらかのいさかいが生じたのではないだろうか。

計画通りに行かないと、男は犯人一味のリーダーから「叱責」される。
中田家側をゆさぶり、恐怖させるのが目的なので、計画では善枝さんは男の家に
一泊させ、翌日の午前中に返すというものだったならば、警察に通報された場合でも
刑事の動きを封じる必要があり、そのために身代金受取り時刻は翌日の深夜という
設定をしておいたのだろう。

だが、善枝さんは男の家に一泊することを拒否して家へ帰ろうとした。
そこで揉み合いとなり、男は彼女の後頭部を鈍器で殴り、紙に至らしめたのでは
ないだろうか。
またあるいは、直接手を下したのは「見張り役」の仲間だったかもしれない。

事件が「偽装誘拐」ではないかと見るむきは多く、その中には善枝さんも含めた
「狂言誘拐」ではという意見もあるが、それならば殺害に至るほどのいさかいが
生じるとは考えにくい。
善枝さんは自分が裏切られたことに腹を立て、男に猛然と反抗し、それゆえに彼女は
殺されたと考える方がむしろ自然であるように思えるし、結婚直前だった男が事件の
翌日からノイローゼとなり、善枝さんの葬儀の日に自殺したことも、こう推理することで
うなずけるような気がするのである。(了)

692 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/25 23:54
>>688
勝手に仕切るんじゃねー

693 ::03/03/25 23:56
了。

694 :?:03/03/25 23:58
もう未練はなかろ

695 : :03/03/26 00:18
 

696 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/26 01:09
age

697 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/26 01:19
>>696
勝手に生きるんじゃねー

698 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/26 14:19
春だなーあ。

699 :靖国桜:03/03/26 21:45
nn 不フ!!!!春じゃのう!!!!!!

桜は、散りぎわが、美しいというものよ!!!1

700 :E^??E^??:03/03/27 05:09
 

701 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/29 11:23
age

702 :datオチ防止で精一杯:03/03/29 11:26
sage

703 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/29 15:19
age

704 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/01 20:19
「狭山事件」
http://www.jomon.ne.jp/~oldpine/sayama/jiken.html

・・・・・・・・・・・・・怖い

705 :?:03/04/02 22:48
超既出↑

706 : :03/04/03 06:58
 

707 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/03 10:53
>>665
664をカキコした者だが、「区長」には「利権」に絡んで何かできるような「権限」は事実上ない。
確かに集落の外(行政・企業・他の集落)との交渉や土地の売買等には「代表」として署名・捺印を
行うが、区長が「総会」での承認なしに独断でそれらのことを行えるかとなるとかなり難しい。
「村八分」と「自殺」とを比して自殺を選ぶ様な「土地柄」であればなおのこと「不可能」に近い。
したがって、事件の背後に「区長さえなんとか出来れば良い」と考える者がいたとすれば、「地元」の
人間では無いことになる。

708 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/03 19:36
>>707
それも確かに一面での真実ではあるが、地元民の多数から推挙された区長の意思を無視して
共有地の売買や土木事業の決定などが行えないのも事実ではある。
堀兼地区の区長選挙を巡っては、事件以前からかなりの確執があったと言われており、
単純な利権誘導にからむイザコザというよりも、区長選出における争いが遺恨・怨恨を産み、
原因か遠因かは不明だが、これが事件の背景にあると考えてもいいと思う。

真犯人が、最初から四女殺害が計画されていたのかどうかは分からないが、
区長に恨みを持つ者が事件を企んだとすると、当然のことながら捜査当局は一番に怨恨の線を
追うはずだから、実行犯は直接利害関係がない人物が選定されているはずである。
その意味では確かに「実行犯人」は地元民でないとも思われるが、事件の黒幕は
あくまでも「地元の大物」であるように思う。

しかしながら、四女殺害が「突発事故」だとすると、黒幕の手下が先走って事件を起こした
可能性のほうがより高いようにも思う。
「勝気で男勝り」というソフトボール部のキャプテンであった四女の性格が、自身の不幸を
呼び込んだのかもしれない。おとなしく従順なタイプだったならば殺されることは
なかったのではないか。

実行犯は、四女とは顔見知りではない行きずりの粗暴犯を装いながら、地元民でなければ
知りえない(当時看板を掲げていなかった)雑貨屋を身代金受取場所として指定している。
「よそ者」でありながら「さのや」周辺をよく知り得た人物――それは養豚場関係者しか
考えられないのは明々白々である。
真犯人は、最初から養豚場に眼をつけて犯行を計画したことに疑う余地はない。
死体や遺留品を被差別部落周辺に埋めたり捨てたりしたのも、この計画に基づいていると思う。

709 ::03/04/04 07:06
u〜ンマソダム

710 :707:03/04/04 12:19
>>708
>>地元民の多数から推挙された区長の意思を無視して共有地の売買や土木事業の決定などが
>>行えないのも事実ではある。
この下りのニュアンスは、「共有地の売買や土木事業の決定」を行おうとしているのが
「集落内の者」に取れますが・・・
事業に対して「推進派」と「慎重派」が争っていて、事業によって利益を得る者が、慎重派の
区長に、「事業の承認」の圧力を加えたという意味でしょうか?

711 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/04 19:56
>>710
それは、スレ1の元刑事(898サンの伯父さん)の話をよく読めば分かる。
時は高度成長期の真っ只中で東京オリンピックの前年。
のどかな農村共同体の善良な農民も、時代の波に呑み込まれ、カネが人間を変えていく
過程で起こった事件だということも、よく理解できる。

この事件、その動機を大別すると
 @男女関係のもつれ
 A被害者家族の母親にまつわる怨恨
 B土地開発をめぐるトラブル
の3点に絞られると思うが、事件を丁寧に調べると、事件発生時よりも、
佐野屋の一件以降の事後対策に犯人側は全力を尽くしている感じを受ける。
ゆえに元刑事サンの言うとおり、動機はBであって、被害者殺害は突発事故。
事件の背景を気取られないよう、事後処理にあらん限りの知恵を絞ったと
みていいと思う。

もうひとつ。
死体の埋没は一人でも可能という意見もあるが、とんでもない。
あれだけの作業を深夜に一人でやれば、軽く三時間以上はかかる。
その他の証拠偽装工作、撹乱情報などを考え合わせると、やはり犯罪に手馴れた
組織の存在を疑わざるを得ない。

712 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/05 08:14
中田江さく氏への恨み、あるいは脅迫が目的ならば、江さく氏との血縁関係がない
とされる善枝さん以外の兄弟が狙われると思うのだが・・・。(もちろん、犯人にその
認識がなかった可能性もあるが)


713 :3-679:03/04/05 12:21
>>712
脅迫状には「子ども」としか書かれておらず、「娘」あるいは「義枝」などの表記は
ないですね。このことから、脅迫状の原案作成時には、当時小学生だった三男
もターゲットに入っていたのかもしれません。
ただ、義枝さんを誘拐すれば、近所の不良に暴行された、と見せかけることも
できますし、誕生日のお祝いと称して誘い出すチャンスもあったわけで。
次姉は中田家の家事を一手に担っていたので、誘い出すのは難しかっただろうと
思います。
また、血縁関係が無いからこそ、スキャンダルの暴露というおまけがついてくる
わけで、私は最初から義枝さんのみを狙った犯行と見ています。

714 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/05 14:51
>>713
この点は何度も指摘されているが、脅迫状に「こども」と書き、金を持って来るのを
「女の人」としたのは、犯人があくまでも家族および善枝さんと面識がない「よそ者」
であることを強調するためと、最初は「少時様」の子供を狙っていたと思わせるために
考え抜いた偽装工作だろう。
実にややこしい工作だが「顔見知りではない行きずり犯」であることを示すのに、これほど
効果的な方法も他にそうあるまい。
電話があるのに、わざわざ足のつきやすい手紙を書いた必然性がここにあるように感じる。

被害社宅には、善枝さん以外に女性は次姉しかいなかったので、「母親」ではなく「女の人」
とせざるを得なかったのが、きわめて作為的だし、養豚場に近い佐野屋を指定したところなど、
最初から警察を誤誘導する計画性の高い犯行と思える。
(「女の人」と書くことで「少時様」の母親と中田家の次姉の両方の意味を持たせることができる。
「こども」も同様で、すなわち文章の訂正を必要最小限度にとどめた、ともとれる。この点、
脅迫状の文章を考察して導き出せる「狡猾で合理的な思考をする犯人像」とも合致する。)

稚拙さを装った脅迫状には、「養豚場にたむろする漢字も満足に書けない不良達が数人で、
4月29日にしょうじ家の子供の営利誘拐を企てたが果たせず、3日後の5月1日に下校途中の
善枝さんを待ち伏せして襲い拉致し、貧乏人にとっては大金の20万円を強奪することにした」
という犯人側の見せかけの意図が透けて見える。
そして、死体と証拠品埋没、その前後の撹乱情報まで、その意図は一貫している。

当初の捜査本部にあった「犯人は顔見知り」という真っ当な見方に、地元民は異をとなえ
「あんなことをするのは“よそ者”に決まっている」と言い、捜査への協力を拒否したと聞く。
だとすると、そのような意見を主張し地元民による警察批判の声を煽った者の中に、
真犯人につながる人物がいるのではないだろうか。

715 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/05 23:48
age

716 : :03/04/06 03:07
 

717 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/06 03:57
日本に黒幕政治がはびこる原因は、ドイツみたいに徹底した戦犯追及をしなかったためです。
そのため、実際に戦争計画を立案して準備した官僚は」、無傷で生き残りました。
戦後は、アメリカに絶対の忠誠を誓うことで生き残りました。

「同和利権の真相」「同和利権の真相2」くらいは読んでからじゃないと、
話にならんな。養豚場どころじゃない。

解同問題というのは、そのまんま黒幕問題に直結してるけどね。
わかんない?


718 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/06 15:04
>>717
おまえ、お呼びじゃないんだな。
わかんない?

719 : :03/04/06 15:56
B型の特徴
※そいつが居なくなった途端、その人の悪口を言い始める。
※笑って誤魔化すが、腹ではムカツイている。
※♀は中絶やりすぎた欠陥がおおい。既婚者の場合不妊女。
※O型とA型に頭が上がらない。
※いつも不倫のきっかけを狙っている。(離婚者・破産者)
※自分の知らない話題が始まると不機嫌になり露骨に嫌な顔になる。
※貧乏臭い家に住んでいる。
※知ったかぶりするため平気で大嘘をつく
※他人には無関心を装うが実は他人の評価を凄く気にする。
※自己中なところは幼児園児の頃から成長しない。
※生保の調べではB型は胃がんになる確立が異常に高い。
※好物はゲテモノ(特に韓国人っぽく犬肉が好物)
※自己中と個性を履き違えているDON
※みんなに嫌われる要素ベスト3・ハゲ・ちびでぶ・B型
※日本社会のお荷物どころか世界の干され者
※どうみても汚い顔(もろチョソ顔
※B型をみたらチョソと思えは定説
※他の血液型人間はB型と接触しないほうがいい
※要は欠陥。

これにあてはまるかどうか。

720 :エートマン:03/04/06 16:11
>>717
それは、この部落研ブックレットを読めば理解できると思います。解同分裂の手法は、アメリカで開発された手法だそうです。
〔13〕戦後政治支配と部落問題 ―― 「解同路線」はどう形成されたか
佐々木隆爾著 A5・75頁・1995年 777円
日本の近現代史は、国家(行政)が上からの開発政治を通じて地域住民の生活様式を左右するだけでなく、思想・信条など心のうちまでも支配していた。
http://www.burakken.jp/kankou/kankou07-2.html


>>718
私もあんたを呼んではいません。

721 :あなたのうしろに名無しさんが・・・ :03/04/06 16:52
>>720
そんなの知ってるよ。
77年から78年にかけて、赤旗に連載された「日本の黒幕」シリーズ
知ってるか?
後で、単行本になったが、
一部は未刊行といういわくつきのシリーズなんだが、ほとんど手元にある。
面倒だから、コピペはやめた。自分で探せ。

まあ、個別事象をチリチリいじりたがるヤツって、
その背景にある社会的歴史的構造を知ろうともしないから、
いつまでたってもループの連続だな。
ま「金が人間を変えていく」のは、そのとおりでは、あるけどね。

722 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/07 11:45
「同和利権の真相」「同和利権の真相2」って最近出た本でしょ
何を偉そうに(pu

723 :707:03/04/07 12:48
>>711
>>それは、スレ1の元刑事(898サンの伯父さん)の話をよく読めば分かる。
ということは、「慎重派の区長に、推進派が圧力を加えていた」という構図は「確認された事実」
なのですね?
>>717-722
某団体が「真犯人捜し」を早い時期に放棄したことと関係有るのかな?
真犯人一味に「同胞」がいる可能性だけで、全くの無実の「同胞」である、石川氏を事実上見捨てるには
それなりの裏があるとは思うが・・・

724 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/07 13:45
>>723
「確認された事実」の証拠を示せといわれても困るが、区長選挙をめぐる確執は
事件に関するいくつかの書籍にも触れられているし、自分も地元でそれに近い
噂を聞いたこともあり、元刑事さんの話で、それは裏付けられたと思う。

もっとも、地価の高騰という時代背景を考えると、その思惑の違いからこういうゴタゴタ
が起きるのは当然過ぎるほど当然で、むしろ何も問題が起きないという方がおかしいほどだ。
仮に大きなイザコザがあったとしても、むろんそれは公の書類などには残らないだろう。
ただ、当時の堀兼地区の公的事業の決定経緯がどうなっていたのかは分からないが、
それをめぐる当時の議事録などを見れば、少なくとも対立の構図は判明すると思う。
しかし、もうそれは残っていないだろうし、仮にあったとしても、その対立が殺人事件にまで
発展したという証拠にはならないことは言うまでもない。

ついでに言うと“「慎重派の区長に、推進派が圧力を加えていた」という構図”というのは、
なにやら最近の公共事業をめぐる推進派と反対派の構図を連想させるが、仮に当時の
掘兼地区で深刻な対立があったとしても、それは「慎重対推進」という反目ではなく、
お互いが利権を求める利害関係の対立だったのではないか。
区長が決定権に大きな影響力を持っている以上、区長選挙の趨勢が彼らの「死活問題」となる。

725 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/07 13:46
これは想像だが、区長選挙の際の多数派工作がかなりの遺恨を生んだのではないだろうか。
ただし、いくら遺恨があったとしても、何の関係もない女子高校生を殺すというのは行き過ぎで
あり、殺人事件などを起こしてしまい、実行犯が逮捕されてしまうと、かえって区長派の思い通りに
なってしまう可能性もある。
そうならないよう万全の計画を立てた、と考えても、やはりリスクが大きすぎるような気がする。

以上の観点により、この事件が公的事業をめぐる利害関係と対立に動機ありとすると、
善枝さん殺害は計画外の「突発事故」であると推理せざるを得ない。
(むろん、まったく違う動機とすると、事件の様相は全然違うものになる。)

いずれにせよポイントは、やはり善枝さんを誘ったとみられる元作男の存在だろう。
彼の背後にある人間関係を調査すれば、事件の全体像も見えてくると思う。
逆にいうと、元作男が自殺してくれた(あるいは自殺を強要された)ことで、実行犯とその
背後にいる人物は、塀の中に入らずにすんだとも思えるのである。

726 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/07 20:49
age

727 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/07 20:52
埋もれてはいけない・・・


アゲ━━━━━(゚∀゚)━━━━━━ !!



728 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/07 21:35
こう推理するのには理由がある。
それはあの有名すぎる佐野屋での例の一件があるからだ。
あれをどうみるかは、ここでもざんざ語られ尽くした観があるので、くどくは述
べないが、最初から出現・逃走が計画されていたとは、どうしても思えない。
この謎を解く鍵は、善枝さんの殺害が「計画通り」とみるか「計画外」と判断す
るかにかかっていると思う。

仮に殺害が「計画通り」だったとすると、スレ1の元刑事さんが言うように実行
犯が「親分」に示した「度胸試し」だったのだろうか。
それとも多くの人が指摘するように、警察を欺くための犯人側の「一世一代の
大芝居」だったのだろうか。

可能性としては後者のほうが高いようにも思えるが、それにしても危険が大きすぎる。
男が捕まったら、まず一網打尽だろう。
殺人計画で、こういう大芝居を計画するとは、やはり考えられない。

では、殺害が突発事故すなわち「計画外」だった場合はどうか。
この場合、>>581以降の書込みにあった「善枝さんを殺害した男が責任をとって
佐野屋に行った」との見方と、「殺さなくても佐野屋には最初から行く計画だった」
という判断に別れることになる。
これは誰が考えても前者を選ぶと思う。

729 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/07 21:36
そもそも、「偽装誘拐」そのものは「親分」の立てた計画だったものの、子分の
一人がヘマをして人質を殺してしまった。
こうなると警察も悠長には構えておれない。事実、事件当初は行方不明者が幼児
ではなく女子高生ということで、悪質ないたずらかまたは狂言(家出)ではないか
との見方も、当局はしていたようだが、殺人となるとただごとではない。

佐野屋に誰も現れなかったならば、誘拐は偽装行為と判断され、家族との怨恨の線を
追及されるのは必至の状況だ。
ここはヘタを打った子分自身が「責任をとって」行く必要がある。
捕まればその男がすべての罪を被る。
しかし逮捕されれば、やはり捜査の手が「親分」へ、そしてその背後の「黒幕」へも
及ぶ可能性は大いにある。

できれば、「金を受け取り行ったが張込みに気付いて逃走した」という風になる
ことが最も望ましい。
そこで、警察の動きを察知できる立場の人物を遣い、張込み配置の穴を探り、それを
もとに裏をかいて畑側から徒歩で現れるよ計画を立てたのではないだろうか。
犯人側にとって幸いだったのは、脅迫から身代金受取までまる一日以上の時間を
空けていたことだった。

では「佐野屋行き」は当初の計画になかったとしたら、犯人一味は、なぜ丸一日もの
長い時間を空けていたのだろうか。
この推理は、また次の機会に譲りたい。

730 :717:03/04/08 00:53
>>723
まともに反応してくれたの貴方だけのようですね。
ちょっと、この板と違う関係から来て、書き込みさせていただいた。
自分も含め、仲間うち的なカキコになったのは謝る。

‥‥ただ、皆さんの「黒幕」認識を読んでいると、
ちとう〜ん。。。というところもありましてね。
もうお邪魔はいたしません、よ。
 (途中の「血液型云々」は我らとは無関係です)

731 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/08 13:11
解同がどうしたこうしたとかいう話を持ち込む御仁は永遠にさようなら。
よその板でぞんぶんにやっとくれ。

732 :彫釜蓮太郎:03/04/08 18:28


733 :カマンベールおおはし:03/04/08 18:35
日本の政治の特徴は、黒幕政治だといわれる。
それは、日本の敗戦から始まった。
ゆえに、戦後史を理解していないと、わけのわからない話になる。

書き込みは自由だね。
どうしてもと言う場合は、レス削除要請でも¥してみたら。


734 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/08 18:58
事件の背景に土木工事などの利権構造があり、それが地価の高騰に結びつき、
巨額の利潤が手に入るか否かという情況の中、対立側の家長を揺さぶる目的で
娘を誘拐したが手下がヘマをして人質を殺してしまったので、組織をあげて
その偽装工作に走ったという図式か?
たしかにこれならば、別に殺害の支持など出していないであろう黒幕や親分は安泰だろう。
ところで、わざわざよその板から思わせぶりに解同うんぬんを書き込む方々は、
結局何がいいたいの?その黒幕の手下が部落と関係でもあるの?
無知な俺にも分かるように教えてくださいな。
「そんなことも知らんのか」なんて言わずに頼みますよ。
くれぐれも「馬鹿ばかりで相手ができん」なんて言わないでね。

735 ::03/04/08 19:32
>>711死体の埋没は一人でも可能という意見もあるが、とんでもない。

を読んで、その日曜日に実験をしてみたんだよ。ウチの実家が造園店をしている
もんで、前からやろうかなとは思ってたんだが、なかなか面倒でやらないでいたんだが。
一応、だいたいだが事件と同じほどの掘削と、そのあとの埋め戻しをしてみて、
それ自体は40分ちょっとで出来たぞ。
この内訳なんだが、掘るのにはだいたい15分弱で、前に誰かが言ってたのとほぼ同じ印象。
それからすぐに埋め戻しをしたんだが、それが30分近くかかったのは、
埋めたそばから踏み固めをしてみたため。自分なりに念入りにやってみた。
中に何も入れずに、ただ埋め戻しをするだけでも、たしかに相当量の残土は出来ることがわかった。
だけど、その量はそばに置いておいた小さめのリヤカーに積めるほどのもので、
自分的にはおもったほどではなかった印象だ。

以上のことは、土=地面の性質や、事件ではおそらく夜中に行われたことなど、
条件的にいろいろあるもんで、いちがいには言えないだろうが、ただ、
>3時間以上はかかる
とも言えない。たしかに大変だったが、こと埋没そのものに関しては(死体の運搬法などは抜きにして)
複数人でないとできないというほどのことはないと思ったよ。

ただ、埋没や残土のことよりも気になったのは、
埋め戻した痕はどうしても他の部分と様子が違って、めだっちまうことだな。
まこれも回りの状況なんかでそのめだちかたに相当な違いもあるだろうが、
感想としては死体を埋めたやつはけっこう、土や掘削なんかについて、
知識とか、経験がある者では?という感じだな。造園業はどうだ?ww

>>734
ちょっとageにすると来るんじゃねえの、そういうの。

736 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/08 21:06
>>735
映画「造花の判決」での実演では2時間以上かかっているようだけどね。
「3時間」というのは死体を運んできて様々な偽装工作を施す時間も
算入しているんではないかな。
確かに少しでも早く作業を終えたいだろうに、偽装工作に時間をかけているのは
解せない。やはり複数での作業だったような気がする。

ところでこの「造花の判決」、脅迫状が戸口に差し入れられたとき、家の中で
長男が、顔だけ90度アチラの方を向いてウドンをすすっている姿に爆笑。
「ずいぶん変な姿勢で食べるのね」
「あの姿勢で食べないとガラス窓から犯人が見えてしまうんだよ」
ビデオ化されているので未見の人は一度見てみたら?
石川氏の両親も出演している(今は故人)。例の鴨居も見れるし、今では貴重かも。
冒頭と終わりに永六輔の街頭インタビューが収録されている。

737 :707:03/04/09 13:25
>>730
>‥‥ただ、皆さんの「黒幕」認識を読んでいると、
>ちとう〜ん。。。というところもありましてね。
>もうお邪魔はいたしません、よ。
「漠然と腑に落ちない状態」を解消したいので何か知ってるのなら、明かすことが
出来る範囲でいいから書き込んでください。


738 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/09 17:54
>>736
そのビデオはレンタルしてたりしますか?
見たいです。

739 :彫釜蓮太郎:03/04/10 18:27
まー『土地利権をめぐるトラブルに基づき、「黒幕」とやらの政治家がらみ、
殺害は「突発事故」の複数』で確定、他の説は今さら聞く耳持たんで収斂していることだから、
もーそのまま進行でいいんじゃないの。今後はそのなんだ、>>581か、その説
を充実してゆくカキコでこのスレ逝けば。
ほんと思わせぶりは良くないねーカマン君、平和な黒幕同好会スレをかき回すもんじゃないって!ハハ。

740 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/10 21:17
いつ「他の説は今さら聞く耳持たんで収斂して」しまったんだ?
おのれの脳味噌の中か?
いや失礼。カラッポだったね。その中は。

741 :盛況 ◆cQ5CwQT2.c :03/04/10 23:00
チトシノギが忙しかッたモンで、久しい。
なので読みでがあったンだが、
>>739までぼちぼち来ているへんな連中に、同意する気はさらさらないが、
しかし>>581>>625あたりから急速に「黒幕説に収斂」は事実ではないかネ。
が、蓋然性のある説の「ヒトツ」ではあるネ。
でもアクマでもヒトツだけどネ。

「造花」ビデヲは、検索して見たら、価格4万円トある。高価だネ。
まずはレンタルはないであらう。ちかごろじゃ、有名作品でも置いてないト来たモンだ。
DVDのほうが多いらしい。


742 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/12 10:16
あー、再審請求通らないかなぁー
ホント、裁判所むかつくせーーーーっ

743 :チェチェコリン菊池:03/04/12 12:42
みっけ♪

開発政治$同和利権を漁るトータル黒幕
スケープゴートを仕立てて一大陰謀
黒幕が一介の市会議員?ワラワラ

聞く耳持たないじゃん。>>731の態度はどうよ。

ま、いっか。

744 :707:03/04/12 18:52
>>738 741
>>「造花」ビデヲは、検索して見たら、価格4万円トある。高価だネ。
>>まずはレンタルはないであらう。ちかごろじゃ、有名作品でも置いてないト来たモンだ。
>>DVDのほうが多いらしい
某団体に問い合わせてみたらどうでしょう?
前のスレに貸してくれるような書き込みがあった記憶があります。

>>735
>>それ自体は40分ちょっとで出来たぞ。
君を疑うわけではないが、非常に掘りやすい土質と素晴らしい体力の持ち主でないと無理ではないのか?

土建屋の監督に訊くと、人力による掘削は「土質」にかなり左右されるとのことで、0.9X0.9の断面で
1.7mの延長の場合、非常に掘りやすい土質で後先なし(掘ったこと自体隠蔽しなければならないなど)に
作業できるなら、1時間程度で掘れると言うことで、単独で行うのは「不可能」ではない。

しかし、事件の背後にいわゆる構造改善事業を巡る利権抗争がある可能性があると言うことは
現場一帯は構造改善事業の前と言うことになる。
この場合、土が締まっている(表土は柔らかくても普通0.3mも掘れば地山が出る)と考えられる
その様な土地では、その時間ではほぼ不可能であろうとの回答であった。

745 :盛況 ◆cQ5CwQT2.c :03/04/12 19:28
>>744
ビデヲにつき、有難う。

人力による掘削については、小生自身が前に本スレに於いて>>272で記した
から、その責任上チョイト。その時小生が掘った穴は深さは80センチ前後
だが容積は本件の約3分の一といったところ、それに確かに、そこの土質は
同様の訓練(穴を掘る訓練)を繰り返しておった場所であって、それゆえに
可也柔弱なことであったと思われる(体力は、格別素晴らしいモノの持ち主
ではアリマセヌが)。
本件の場合、そう頻繁ではないにせよ普段ヒトの通る農道ということで、道
自体可也踏み固められた硬い処であったろう。

そのことから考えられる別のコトとして、>>735も書いてることだが、
埋めた跡はかなり目立つことになるだろう。つまり、殺害死体遺棄は、犯人側
にとって、むしろすぐにでも見つかって支障のない事情があったと思われるが、
どうだろう。

その場所は今や、住宅となっているようだが、実にゾッとしない噺だね。

746 :ネたの?しろに名3し3んが?E?E?E:03/04/13 23:49
それもS<caron>mかに一面での?^Z<caron>タではあるが?A地3民の多?狽ゥら?щ唐3れた区長の意Z<caron>v<eth>3Z<caron>汲オて
?有地の売買や土木Z<caron>幕ニの決定などが?s?ないのもZ<caron>忙<caron>タではある?B
堀兼地区の区長選挙<eth>?рチては?AZ<caron>膜?以前からかなりのS<caron>mZ<caron>キがあったと言われており?A
単?モネ利権誘導にから<THORN>イザコザとい?よりも?A区長選?oにおける争いが遺?|?E怨?|<eth>Z<caron>Y?エ?A
原因か遠因かは不明だが?AこれがZ<caron>膜?の背景にあると?l?てもいいとZ<caron>v??B
?^犯?lが?A?ナ?奄ゥらZ<caron>l?融<caron>ES<caron>Qが計画3れていたのかど?かは分からないが?A
区長に?|?エ<eth>Z<caron>?つZ<caron>メがZ<caron>膜?<eth>S<caron>驍だとすると?A当然のことながら捜?ク当局は一番に怨?|の?<eth>
追?はずだから?AZ<caron>タ?s犯は直?レ利S<caron>QS<caron>ヨ係がない?l物が選定3れているはずである?B
その意味ではS<caron>mかに?uZ<caron>タ?s犯?l?vは地3民でないともZ<caron>vわれるが?AZ<caron>膜?の?楓汲ヘ
あ-までも?u地3の大物?vであるよ?にZ<caron>v??B

747 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/15 01:03
746がバケバケで読めないのは俺だけ?
みんなのところでは、ちゃんと表示されてる?

748 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/15 01:04
>>747
されてない

749 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/15 05:37
ヨシエさんが、天界から真実を送ってるんだよ。

750 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/15 15:32
誘拐発覚当時は、仮に殺害されているとすれば、場所は薬研坂の雑木林の中
ではないかと見られていた。
なにより被害者の通学路だし、疑われた養豚場も近く、また佐野屋附近でもある。
佐野屋で犯人に逃げられた翌朝から、大規模な山狩りが始まっているが、
当然のことながら、薬研坂の雑木林がまず最初に捜索されている。

ところが、被差別部落近くの林(四本杉)で自転車のゴムヒモが見つかったことで
捜索隊は附近に眼を向け、林から200mほど離れた農道から死体発見となるわけだ。
このゴムヒモの発見については、その経緯が不自然なことはいくつかの本で触れ
られている(「発見」したのは、あの狭山署の交通巡査S)。

林にゴムヒモが捨てられていたことは、犯人側の意図的な「操作」または「誘導」
としか思えない。
芋穴に捨てられ、「人」の字を形作っていた棍棒とビニール風呂敷も同様である。
いかにも「近くに埋めていますよ」とでもいいたげな細工ではないか。

751 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/15 15:35
事実、山狩り隊長は「畑にある芋穴を注意して探せ」という指示を出していたそ
うだから、芋穴に不審なものがあれば捜索隊が色めき立つのは自明の理。
早く見つけて欲しいのなら芋穴に投げ込んでおけばよさそうなのに、わざわざ
90cm近くもの穴を掘ったのは、「早期発見のための作為」をカムフラージュす
るためだったのだろう。

芋穴に細工を施した以上、早晩発見されるのは期待できるが、山狩りが薬研坂か
ら開始されたことで、「一刻でも早く」というあせりがあったのではなかろうか。
それで四本杉の林にゴムヒモを捨てたのではないかと思えるのである。
ただ、捨てただけではすぐ発見というわけにはいかない。

ここからは想像になるが、S巡査にゴムヒモの「在処(ありか)」を通報した人
物がいるのではないか。
佐野屋での逃走といい、ゴムヒモやスコップの発見といい、この事件は証拠の発
見によって捜査の方向が急展開している。
犯人一味の中に、捜査当局に通じている人物がいたのではないかという疑念が、
どうしても払拭できないのである。

(被差別迫視゚くの林→被差別部落近くの林)



752 :707:03/04/15 17:47
>>745
土質について、スレ3の222と本スレ530に元ネタは不明であるが「柔らかい」とする記述がある。
特にスレ3の222は、柔らかいが故「自動車や荷車の使用は困難」とある。
この通りだとすると、一人で行うのは不可能では無い。
しかし、5/1の午後より深夜にかけ豪雨が降っていたことを忘れてはならない。
記述通りの柔らかい土であるなら、この雨を吸って更に柔らかくなり「歩行」すら難しくなって
しまうのではないのか?
したがって、ある程度締まった硬い土質でないと、穴を掘ること自体出来ないことになり、
「柔らかく掘りやすい土質」と矛盾してしまうことになる。
更に少し掘っただけで水が出て、排水ポンプを使わなければ手堀であのサイズの穴を掘るのは
極めて困難であると言わざるを得ないし、仮に掘れても遺体は水浸しになってしまうが、
発見された遺体は水に濡れていない。
これをどう考えるかである。

余談であるが、公共事業における「積算」では、同じ大きさの穴(0.9X0.9X1.7)を掘るのに要する人日は、
1.2〜1.5つまり一人で10〜12時間掛かる計算となっている。

>>750-751
本件の証拠は、物体そのものは「本物」であっても、それが発見された状況等から
「指し示すもの」には、犯人とは違う組織が関与しており、全て額面通り信用できない。
「ゴムひも」と芋穴から見つかった「遺留品」も今の考察に入れない方が良いと思う。

753 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/15 20:14
地質については、桑畑や茶畑に適した柔らかい黒ボク地ということで、
「柔らかい」というのはあくまでも比較の問題だと思う。
埋められていた場所は人が往来する農道なので、いくら雨が降ったとはいっても
歩行が困難になるほど水浸しになることはあるまいし、そうなっては農道の意味
がなくなる。

それでも豪雨の中での穴掘りは困難を極めるはずで、犯人が雨中の穴掘りを決行
したとは、とても考えられない。
従って高裁の確定判決は誤っているし、被害者の衣服があまり濡れていないのも、
豪雨での作業などなかったことを裏付けている。

死体が埋められたのはいつかということになるが、発見されたのが4日午前中だ
から、雨がやんだ1日夜から3日の深夜までの間ということになる。
1日の深夜に附近の犬が吠えたという住民の話と、2日早朝に掘り返されたことに
気づいた農夫の証言から、1日深夜とする推理がある。

だが、被害者の角膜の混濁状態から、五十嵐鑑定に疑問を呈する声が挙がってお
り、農夫の証言も警察に迎合したものではないかとし、即ち殺害自体が2日から3日
にかけてではないかする意見が、石川氏の弁護団などから提出されている。
殺害が2日以降ならば、当然埋没は2日夜か3日夜、即ち佐野屋での犯人逃走後と
いうことになる。

754 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/15 20:16
ここで、あの脅迫状に注目したい。
文面では、脅迫から身代金受け取りまで丸1日の猶予を与えている。
しかも1日夜も張込みをせざるを得ないような書き方だ。
これは、死体を埋めるための誘導ではなかったのか。

営利誘拐となると、警察は派手な動きができない上に、2日3日両日とも夜は佐野
屋周辺に張り付けとなる。
その隙を狙っての「埋没作業」ではなかったとも思えるのだ。
しかしそうなると被害者殺害は突発事故などではなく、計画通りだったとする見
方が正しいような気もするが、これは判然としない。

数年前、テレビ「ザ・スクープ」の取材を受けた石川氏は、取調べで被害者の裸
の写真を見せられ、身体にスリ傷があったことから取調官に「兄貴の砂利運搬車
で運んだのだろう」と責められたことを明らかにしている。

あの農道は、当時の軽三輪車ならば入り込むことができる道幅があったというこ
とになる。従って「自動車や荷車の使用は困難」というのは間違いだと思う。
くどいようだがリアカーも通れないようなら農道の意味がない。

ゴムヒモに関しては確かに被害者のものではないかもしれないが、芋穴に捨てて
あったビニール風呂敷は、切れ端が被害者の足首にくくりつけてあった以上、「遺留品」
といっていいと思う。棍棒も、その長さが穴掘りの「物差し」として使用された
ことを示している。荒縄・玉石・木綿細引き等々は、このスレで推理されたいず
れかに正解があるのだろう。

いずれにせよ、手間ひまをかけてこれらの品物を用意した犯人の真の意図を解読
できさえすれば、真相と真犯人も明るみになることだろう。

755 :707:03/04/18 07:43
>>753
>>地質については、桑畑や茶畑に適した柔らかい黒ボク地ということで、
>>「柔らかい」というのはあくまでも比較の問題だと思う。
土質の「柔らかい」という表現については了解しました。

>>ゴムヒモに関しては確かに被害者のものではないかもしれないが、芋穴に捨てて
>>あったビニール風呂敷は、切れ端が被害者の足首にくくりつけてあった以上、「遺留品」
>>といっていいと思う。
「物体」自体は被害者のものであっても、それが発見された場所・状態が、犯人が遺棄した通りであったかに
ついて疑問がある。

>>棍棒も、その長さが穴掘りの「物差し」として使用されたことを示している。
確かその棍棒は、当初、無意味に長い縄とともに「死体運搬」に使用されたと見られていましたが、警察が石川氏の
単独犯行としたために、急遽「物差し」の用途が与えられたものですよね?

死体を埋めるために穴を掘る場合、「自分の意志」で掘っていれば、自分が納得(妥協)出来る深さであればよく、
「検尺」する必要はないと思うがどうであろう?

棍棒が、穴の検尺に使われたとすると、掘削している人物は誰かに「この大きさの穴を掘って埋めろ」と指示された、
若しくは、掘削を複数で行った時に「ここまでは掘ると決めた」深さにそろえるために用いたと考えるのが自然であろう。
よって、棍棒を検尺に用いたと解釈するのは、事件は「複数犯」と言うことを傍証することになると思う。

756 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/19 02:23
保守age

ミラーサイトの3rdが途中までしか見る事ができないのですが、
オイラだけでしょうか?

757 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/19 21:48
>756 ちゃんと見れるよ

758 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/19 22:00
>>755
その用途はともかく、死体の足首にくくりつけていたビニール風呂敷の切れ端を、
わざわざ芋穴に捨てるというのは、どう考えても不自然。
棍棒は、死体運びに使うには細くて短すぎる。体重50キロ以上の被害者を運ぶには
とても無理。実際に「物差し」として使ったのかどうかは別として、こんなものが
芋穴に捨てられていたら、捜索隊は附近を必ず捜すはず。
真犯人は、死体を一刻でも早く見つけてもらって、警察に近くに住む不良を逮捕さ
せたいという意図があったのでは、と思う。とても「見つからないように」と願っ
てそうしてとは思えない。

759 :亞び呪 ◆ybsexeA5x. :03/04/19 22:20
この事件のポイントは、16歳女子高生と厨年が付き合っていたということでよろしいか?

760 :山崎渉:03/04/19 22:29
   ∧_∧
  (  ^^ )< ぬるぽ(^^)

761 :山崎渉:03/04/20 01:05
   ∧_∧
  (  ^^ )< ぬるぽ(^^)

762 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/20 15:00
奥富と善江さんが付き合っていたかどうかは
いまとなっては知るすべがない。
勝手にまとめるなボケナス

763 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/20 18:15
被害者の顔写真を見たが、正直おばさんかと思ってしまった。
昔はこういうルックスでも十分にモテたのだろうか。

764 :盛況 ◆cQ5CwQT2.c :03/04/20 19:07
某サイトに出ている写真は写りが悪すぎる。それから、
中年が奥富とは限らねエぞ。

3日朝から山狩り捜査を開始したんだから、たしかに死体埋没は3日深夜
つまり山狩りの前ならば可能ということになるね。それも人目を避けると
いうことからすると、埋没の機会は2日深夜と3日深夜のつごう2回であ
ると思われる。(深夜とは、勿論午前×時〜夜明け前トの意味だヨ)
このうち、3日の深夜という時は、佐野屋の後で、取り逃がした犯人を追ッ
かけて、深夜でもアチコチ警察が出没するであらうことが犯人にも予想さ
れるよね。
そうすとやッぱ、2日深夜に早いとこ埋めたほうが安全ということになる
ンじゃないだらうか。
そうしてもとより、現実に埋めたアノ場所以外にも、天候その他の条件し
だいで、別の場所もあらかじめ選択肢に入れておっただろうと思う。

>>758
ソレと、遅く発見されて崩れた死骸の顔なぞを見たくなかったとも、思うが。

腐敗したルックスじゃあチイともモテないトいうのは、昔も同じ(藁

765 :707:03/04/21 19:15
>>758
状況としては、
1.死体の埋設自体は「見つからない様に埋めた」状態にしておいて、わざと遺留品を近くにばらまいて
  早期に発見されるよう誘導した。
2.一緒に埋めてしまうつもりであったが、忘れたのに気づいた犯人が、命令者の叱責を恐れた若しくは
  持ち帰って別途処分する気にならず、とっさに近くの「芋穴」に突っ込んでしまった。
3.早期に発見されていた死体を或る組織が埋めた。

3はスレ1に盛んに出ていた「亀井説」であるが、この時点では或る組織もここまではしていないと
思われる。

真犯人が、積極的に捜査の手が被差別部落に向くよう誘導し、「犯人はよそ者」とのプロパガンダを
行ったのであれば、かえって「悪目立ち」してしまう結果になるような気がしてならない。
おそらくじっとしている間に、手詰まりになった警察が自作自演を始めてしまったのでないのか?

>>752に引き続き余談であるが、埋められていた穴の大きさを確認した時から、深さに引っかかるものを
感じていたのだが、約900mmという深さは穴の底を均した上に死体を置いて「埋め戻し」たとすると
公共土木での「農道における埋設物の土被り」の標準値600mmに符合することに気づいた。

766 :冠痔瘻:03/04/22 00:07
>>765>に符合することに気づいた。

だったらなんだっての?

>3.早期に発見されていた死体を或る組織が埋めた。

そのある組織とはつまりは警察でしょ?
(なにをいまさら、「ある…」なんぞと、かっこつけるのかな?)

そしてだいたいが、
>捜査の手が被差別部落に向くよう誘導し、「犯人はよそ者」とのプロパガンダを
行った
とあるが、「よそ者」の意味は、必ずしも被差別部落とは言えないじゃないか?

767 :カマンベールおおはし:03/04/22 00:56
>>739 じゃあ少しはマトモに相手してやろうかね。ええっと‥‥
>命令者の叱責を恐れた
だからその「命令者」って誰よ。それが「黒幕」?
え?黒幕に「命令」された「親分」?
じゃその親分てどこのなに組の親分よ。

>>766 ハハ、警察でさえ「ある組織」としかいえない輩だから、
「黒幕」は誰と言っても「知らん」ということだろうよ。

架空の人間をでっち上げればなんの推理でもできるじゃん。
でっち上げ冤罪どこじゃない。

768 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/22 01:02
犯人は警察官との噂も、、、

769 :汁婆:03/04/22 01:04
>>768
オーそのほうがもっともだ。
その噂もっときかしてよ

770 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/22 01:05
>>768
なるほど。

771 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/22 01:09
>>770
>>768
↑  ↑
ここんとこ、半角でね。

被害者は実は生きている。

772 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/22 01:11
>>768
だとするとパズルが埋まるわなぁ。

773 :ひと節太郎:03/04/22 01:12
だとするとパイズリに埋まる罠ぁ。

774 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/22 01:14
事件当時、パイズリて、何て言ってたんだ?

775 :<ETH>:03/04/22 01:19
>>774
”チチクリ”

776 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/22 01:28
ちちくり

777 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/22 01:47
おぃおぃ、寝てんのか?

778 :眠れん坊将軍:03/04/22 01:49
ググウーッ!!Ω

779 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/22 01:50



780 :エッ?:03/04/22 01:54
<殺意の手淫>?

781 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/22 13:37
つまらん

782 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/22 13:38
5月1日で40年か…

783 :707:03/04/22 19:18
>>766>だったらなんだっての?
0.9X0.9X1.7mという掘削は、人間一人分の大きさがある埋設物の前後左右に100〜200mmの離隔をとって、
土被り600mmで埋めるために必要な大きさであるということ。
無意気なのか指示されたのかは不明であるが、死体を埋めた人間は、公共土木で用いられる「共通仕様書」に
記載されている標準値に適合する様、作業をしたと言える。

>かっこつけるのかな?
かっこつける気は無かったが、おしゃるとおり、ことさらする必要なかったことだよね。

>「よそ者」の意味は、必ずしも被差別部落とは言えないじゃないか?
わたしは、「犯人がそういった誘導や煽動を行った」とは書いてはいない。
そういったことをすればかえって注意を惹き付け自分が不利になるだけだと考えじっとしていたと書いたのだ。

>>767
私は739ではないし、「事件に黒幕が居る」と一言も言ってない。
「命令者」という言葉は、不用意であったかもしれないが、犯人が複数犯であった場合に、死体を埋める担当のものが、
死体と一緒に埋めるよう指示されたにもかかわらず、それを怠ったのだからリーダー格の者に叱責を受けることは容易に
想像できるだろう。
もう一度掘って埋める時間や体力が無かった場合、とっさに目に付いた芋穴に突っ込んだとしても不思議ではない。

784 :盛況 ◆cQ5CwQT2.c :03/04/22 20:16
>>783
>公共土木で用いられる「共通仕様書」
その知識小生は初めて知ったことであった。
一番初めに長兄が「犯人は土工じゃないだろうか」と言っておったよね。
土工、という言い方は大雑把だが、要するに公共土木に携わる者とも解釈出来る。

その一方で、そういった土木の標準値の知識を持っていて、敢てその仕様通りの
掘削&埋没を敢行することで、「土工」という犯人像を醸し出す工作をしたとも
考えられる。

前に亀井の両墓制に関しても書いたことだが、死体埋没に関しても、もし、
そのような規格のようなモノが、埋没の仕方の中に顕われているとすると、
「で、あるから犯人は土工」というよりも、「土工の仕業に見せ掛けた」という、
犯人側の意図との解釈も出来る、ト思ったトいうこと。

785 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/22 21:30
>>783
事件当時、地元掘兼地区で「よそ者」といえばどこの誰を指すのか、狭山事件に
少しでも興味がある人間なら知らないはずがなかろう。
まさかどこぞの流れ者のことをいっているわけでもあるまい。
どういう意図があるのか分からんが、たまにやって来ていちゃもんをほざいて
消える連中なぞ、いちいち相手にしない方がいいよ。

786 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/22 22:13
よそもの?

787 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/23 00:36
石川さんと握手したことがあります。
ところで石川さんって、誰かに似てませんか?

788 :707:03/04/23 14:22
>>785
>いちいち相手にしない方がいいよ。
ありがとう。
ただ、曲解したとは思わないが、「犯人は誘導・煽動を積極的には行っていない」という論旨であったものが、
逆に取られていたので、ハッキリさせたかった。

>>784
私は「偽装」に関し、盛況さんと少し違う考えをしています。
783で書いているように、積極的に「誘導・煽動」を行うことは、自分を不利な状況に追い込んでしまう可能性が高く
得策であるとは思えません。
同様に、下手な「偽装」は、自分につながる「証拠」を、わざわざ警察に渡すことになり、これも得策であるようには
思えないのです。
だからといって、亀井説の様に何もかにも警察の自作自演とも考えてはいませんが・・・
長兄の「土工」と言う表現は、掘削面が垂直で綺麗なこと(写真ではそう見える)と、0.9X0.9X1.7=1.38m^3という穴を
短時間の内に掘削して埋め戻していることから、そういった作業を日常的に行っている者との推測に基づくものと
思われます。
先に「短時間」という表現を使用しているので補足すると、基本的に農村の朝は早く、特に事件の舞台である近郊農家では、
商品作物の出荷のため暗い内から起きて畑に出る人も少なくない。
とすれば、明け方の3時位までには作業を終えて引き上げていなくてはならず、死体の運搬や後片付けに要する時間を
考慮すると実作業時間は1〜2時間程度しかないものと考えられる。

「共通仕様書」について、765に書いているように余談ですので・・・・

789 :1-531:03/04/24 17:13
街道は持ち出したくないんですが・・・
いろいろ考えていたら、この事件・・・
ジサクジエンは刑札でも長兄でもなく・・・
・・・だったような気がしてきました。
「利権」になにかとからむ団体・・・
いまだにこの事件、彼らにとってウチデノコズチ。

790 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/24 18:12
>>789
「同和対策事業特別措置法」の施行は昭和44年。事件の6年後。
解放同盟も莫大な利権構造とは無縁の時代の事件であることは
きちんと抑えておく必要がある。
石川氏の支援運動にしても、活発化しだしたのは昭和40年代後半から。
それまでは彼を犯人視する人も多く、初期に荻原氏の献身的な働きがなければ
石川氏はとっくの昔に死刑台に挙がっていたかもしれない。
同和行政をめぐる現在の視点で、この事件を無理に推理しようとすると、
とんでもない方向に行ってしまうので要注意。


791 :1-531:03/04/24 18:20
>>790
そうなのですが・・・
「同和対策事業特別措置法」はなくても、街道はあったのですし〜

サンクス。

792 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/25 00:21
初めて知った

793 :μ:03/04/25 04:33
 

794 :掘兼金太郎:03/04/25 04:52
ようやく解放同の重要性がわかったか。

旧同和対策事業の受給資格があったのが、部落民で、それ以外が一般市民。
同和対策事業が始まった69年当時は、まさに緊急に援助する必要があった人もいたが、既に過去のこと。

そして自殺者は統べて海道の「糾弾」あるいは組織力、
裏社会を現実仕切る人脈との関連。

795 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/25 11:10
だからなに?

796 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/25 11:24
全く関係がないかもしれませんが…

前々スレで出てきた「講」と「部落」の関係って、
どんなものだったのでしょうか?
対立的な関係だったのでしょうか?
親和的な「棲み分け」するような関係だったのでしょうか?

最初のスレの898さんの伯父さんの語られた「前区長とその
とりまき」といった利害集団と狭山地域の「講」「部落」
といった集団は重なって存在しているものなのでしょうか?

私は、やはりこの事件は物理的に複数犯でないと遂行不能
だろうと考えております。しかしながら盛況さんが主張される
ように複数の人間が関われば、それだけ秘密の保持は困難に
なる、とも思います。そして現にほとんど「秘密」が漏れ
だしていないとなれば、その強靱な結束力は地域特有の
「講」「部落」といった盟約集団というか血縁集団の結束力
が、その根元にあるのではないか…

そんなふうに考えております。

797 :1-531:03/04/25 19:43
いわゆる「黒幕」に「街道」が一枚かんでいた、
もしくは「黒幕=街道」といった憶測はとんでもないですかね?
うぅ〜ん、そう考えると納得出来ることがいくつもありますが。
街道、部落問題のタブーが、そのままこの事件のタブーになってしまったってことは?


798 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/26 06:56
「街道」ってそもそも一枚岩なんですかね?

内部でまたいくつかの利権グループに分かれている
とか、そういうことはないのかな?

799 :掘兼金太郎 :03/04/26 08:42
だから 
解放同のように組織が大きくなれば、さまざまな分派もできてくるものだ。
主流派といっている奴等が、ある意図を持って同胞を陥れるたのだ。
そうしておいて、ある時期になるとおもむろにその同胞を救う運動を展開した。
当初はいわゆる東京弁護団や萩原らにやらせておいて、死刑判決以降の、
運動としておいしいところから、全国的にかかわってゆくのである。
こうして、いわゆる同和利権の大拡張という目的を達成するどころか、
引き続き、この事件、裁判闘争は、ていのいいプロパガンダ、
「葵の御紋」のごとき役割をはたすことになる。
とんでもない悪らつさ、図々しさである。
黒幕ということをいうなら、この組織に目をつけないでわかったようなこと
をいってるの連中がかた腹痛いということだ。

我らは、こういった組織の犯罪に対し糾弾をしているのである。

ここまで書かなきゃわかんないか?

800 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/26 10:13
なるほどなるほど。

・……ところで真犯人はだれ?

801 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/26 12:02
>>799 
 >当初はいわゆる東京弁護団や萩原らにやらせておいて

事件発生当時、当局に邪魔されながらも献身的に弁護活動していた弁護士団や、
手弁当のうえ孤軍奮闘して石川氏を救った荻原氏が某団体に操られていた?
しかもその団体こそが事件の黒幕?

本気でそう思っているのなら、なにをかいわんやだが、せめて人の名前くらいは
正確に書こうよ。萩原ではなく荻原氏。
「はぎわら」と入力変換したことが、事件のことをまるで判っていない証拠。

802 :掘兼金太郎:03/04/26 13:00
わらえるなあ。

なにも「操られていた」とはどこにも書いていないぞ。
おいしい状況になるまで、手を出さなかったということだ。

「団体」が一枚岩ではないことを言っているのであって、団体そのものが
全組織をあげているということでもない。不心得な、いろんな利権にからむ一派があったってことである。
今じゃ連中は主流派と自分らでは思っているかも知れないが。
そういう意味では、
その「団体」そのものが、というより、
ある一派の意図と犯行に、団体組織が悪賢く利用された、ということである。

蛇足だがいいかい。個人名を語るときには糾弾の目的以外では仮名にするのが
我らの常識。
人権意識が薄い人達はこれだから困るんだ。

803 :Y:03/04/26 13:10
>>802
最後のは一理あるかも知れんね。自分は匿名で他人の名前は連発、
はいただけないかも知れない。
「藁」とか「街道」とか入力変換したからと言って、
国語のことをまるで分かっていない証拠、とは言えんだろ。
せめて人の名前くらいは仮名にしようよ。
それでも敢て実名公表したいなら、せめて自分の名前くらいは正確に書こうよ<藁>

804 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/26 13:42
困りましたねえ。
狭山地域の地縁集団関係がこの事件の考察には
欠かせないであろうことはたしかでも、
単なる解放同盟批判はこのスレの目的ではないのですが。

どうみても堀兼氏、解同憎しで書き込まれていますね。

805 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/26 13:49
>>802
 「当初はいわゆる東京弁護団や萩原らにやらせておいて」
どう読んでも操られていたとしか解釈しようがないが、まあいいだろう。
「荻原」を「人権意識」でもって「萩原」と仮名にした(彼を仮名にせねば
ならない理由は別にないとは思うが)、というのが本当ならば大変ご立派な
「人権意識」をお持ちのようで、それについては決して皮肉ではなく敬服する。

では、その立派な「人権意識」をお持ちの貴兄に質問したい。
貴兄の言うことが事実ならば、法的に犯人とされた石川氏は、彼の支援組織の
「ある一派」の仕掛けた罠に嵌められ、今も騙されていることになる。
これ以上の「人権侵害行為」はあるまい。

ではこの際、その「団体」の「ある一派」が関与したという「事件の真相」を
数多くある事件の謎解きともに詳細に述べてみてはどうだろう。
「そんなことは自分で調べろ」なんて言わずに是非お願いしたい。
なにより「崇高な人権意識」をお持ちの方ならば、そうすることが最大の「人権擁護」
であるだろうし、その言説が真に納得できるものならば、貴兄を茶化したことを
猛省し、「崇高な人権意識」からかぎかっこをはずしたいと思う。


806 :盛況 ◆cQ5CwQT2.c :03/04/26 15:18
ふ〜ん。。。。。小生は掘りかねサンみたく立派な人権意識なぞ皆無だネ(藁
著書やら公の場に御自ら実名記載しておるひと方は、自主的に実名記載程度の
人権は言わば放棄しての活動だらうから、わざわざ仮名を記すコトもナイと思うノダ。
タダ、
たとえ犯人と思っても、被害者家族等の実名を連発した亀井などの所行は別モノ。
その仮名トムやら「萩原」は、自らの所行に照らして、実名記載されても異義は
ないものと思うケド。

ところで、>>796サンの御指摘どおり、通常な共犯関係では機密保持に難がある。
であるので、例えばヤクザ組織の如き「親が黒と言えばたとえ白でも黒」という
ような強固な上下関係のある密閉型の組織であればそれが可能なので、その部分
に於いては一応、「組織犯行での複数犯」は可能性として認められるわけだよね。

であるからこそ、小生個人的には、所謂「変死者」も、機密保持の為に主犯が
次々と共犯者の口封じを実行したといった説は、あんまりいただけぬので酢。
だって折角犯人として石川氏が逮捕され起訴され、死刑、無期、上告棄却まで
行っているときに、さらなるリスクを取ることが破滅に繋がると思うから。

小生元来黒幕説じゃあないもんで、周辺的な部分でしか語れないんだが、
上記「ヤクザ組織の強固な上下関係」と言っても、本件当時の昭和30年代には
「仁義なき戦い」にも見られる如く、結構末端から情報が流出、みたいなだらしのナイことは、
かなりあったと思われる。余ほど、その世界的な意味で人望があり、結束の堅い組織じゃないと、
機密保持での有利さも思ったほどではないのかも、とも思える。組織ってモノの中に、
派閥的なものがあったり、個人間での足の引っ張り合い、複雑な謀略なぞ、
あるもんだよね。

そう言った点、
「講」や解同というものでも、似たようなことはあるかも知れぬ。


807 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/26 19:40
>>806
>であるからこそ、小生個人的には、所謂「変死者」も、機密保持の為に主犯が
>次々と共犯者の口封じを実行したといった説は、あんまりいただけぬので酢。
>だって折角犯人として石川氏が逮捕され起訴され、死刑、無期、上告棄却まで
>行っているときに、さらなるリスクを取ることが破滅に繋がると思うから。

上記の見方に異議あり。
不審死した5名のうち、2名(OGとTN)は事件直後。1名は二審開始直前(次姉)。
1名は二審開始2年後(IT)。つまり2名は石川氏の逮捕前であり、その死が
真犯人による「口封じ」だった可能性は十分にある。

次姉とITにしても、二審の裁判で石川氏有罪が覆るかもしれないという状況下
であれば、真犯人を知る(?)次姉とITは、真犯人にとって「消えてもらいたい」
対象であったことは、容易に想像できる。

唯一、次兄の死だけが他の4名とは時期的に離れている(最高裁の上告棄却後)が、
これは事件とは全く関係なく巷間いわれている「自営業(食堂)の経営不振による
自殺」である可能性もあるが、実家の財産を考えると自殺の必然性に釈然としな
いものが残るのは確か。

ともあれ、事件後に家族、容疑者、重要参考人があいついで自然死ではない死に
方をしている点について、「リスクが大きいから」という理由で、それぞれの死
の追及において真犯人の関与を除外するのは早計であると思う。

彼らのうち何人かが真犯人を知っていて、その口から真相が語られる可能性こそ、
真犯人にとっての「最大のリスク」だったのではないか。

808 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/26 20:17
ふうむ・・・
さらなる殺人を重ねることは、確かに盛況さんの
主張されるように、リスクを伴う行為ではあります。

その上で「次姉」と「IT」氏を口封じのために消した
となれば・・・
この二人の「二審前後の反応」を身近で観察できた
何者かが、いた・・・?

809 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/26 21:38
あそこの糾弾会は警察の比ではないらしいからね。
自殺者を出すのも不思議ではないし。
聖域にいる団体だから糾弾ではなく殺人だったかも。
マスコミが腐っているから表にはでないが、
現在でもあそこがらみの殺人事件なんてイトマのマイキョもない。

810 :盛況 ◆cQ5CwQT2.c :03/04/26 21:42
>>807
マア、それらの変死者が共犯とかそうでなくても真相を知りうる立場であった
場合「機密保持に難がある」からこそ消したとは無論言えるだらうけどもね。
然り、前2名は勿論事件直後の死で、石川氏のイの字も見えなかったよ。
石川氏逮捕以降の状況とのカラミで記してしまッたんで、小生もチト書きよう
が悪かッたんであるが、仮に次兄は別としてもその4名の殺害をあのように
なんらの証拠も残さずにやってのけるという推理に、だうも抵抗がありましてネ。
頭から「除外」トいうわけではないんだ。

仮にもしそうだとする場合、
1、本件Yさんの殺害
  A=それら4名含む(主犯を入れて5名)共犯
  B=4名のうち何名かが共犯で残りは「知りうる立場」
  C=4名が別に共犯ではないが「知りうる立場」

2、その後の4名の死
  A=主犯が単独犯行で次々と4名を屠ッた。
  B=4名のうち何名かは他の共犯者と殺ッた。(当然、最後の1名殺害は単独犯行)
  C=ABいづれの場合でも何名かはほんとに自殺(勿論、事件と関連のある動機で)

ごく大まかにであるが上記のような状況が考えられるよね。
このうちどういった状況が考えられるか、叉その際の犯行状況や各々の動機など、
推理出来る範囲で御教示賜りたい。
既に過去スレなどでもそれらに関するレスは多数あったんだけども、
あなたのうしろに名無しさんが・・・ さんは多数居て、
ドレが貴殿のレスかが、全く解らぬものだから。

複数犯=共犯を思う場合に、やはり小生的には諸般の困難さから、
ある程度は堅い結束を有する「組織的犯行」のほうが、今のところ納得ゆくてんが
多いというコトを書きたかったわけでありま酢。

811 :名無しさん@お腹おっぱい。:03/04/27 01:11
test

812 :3-679 ◆2gw3ijNQ4E :03/04/27 06:48
>>810 盛況氏
仮に自分がこの事件の犯人だったと仮定してみます。
すると、やはり第一に消えて欲しいのは、被害者と顔見知りで、この事件で誘い出し役
をしたと思われるOG氏ですね。
しかしOG氏の不審死に関しては、会社の欠勤届の裏に遺書めいた走り書きがあった
ことなどから、やはり自殺なのではないかと考えています。また、彼が飲んだとされる
殺鼠剤・エンドリンは、液体ではなく水に溶けにくい粉末で、独特の化学臭があるので
(検屍にあたったS医師も、「臭いで分かる」と証言していたような……)、本人に「死ぬ
意志」がなければ、無理に飲ませるのは難しいと思うのです。
次に、不審な人物を目撃したと、警察に話したTN氏。
犯人としては、彼は実に邪魔な存在だったはず。しかし、彼が不審死を遂げたのは、
警察で厳しい取り調べを2日も受けたあとのことです。
すでに犯人側について不利な証言をしてしまっているかもしれない人物を、わざわざ
危険を犯して殺害するでしょうか?(警察にタレこんだことに対する復讐の線も考え
られますが、それならTN氏が家に居るときを狙う必要はないと思われます)
ということで、事件直後に亡くなった2人については、やはり自殺なのではないでしょ
うか。

813 :盛況 ◆cQ5CwQT2.c :03/04/27 11:36
>>812 嗚呼3-679氏、久しぶりな投稿じゃあないでありましょうか。
小生も、自分を犯人の立場と考えてみた時に、>>807のひとが述べられておった、
真犯人にとっての「最大のリスク」=『その口から真相が語られる可能性』は、
自分だったら初めから極力排除したい。そう思ったわけなんだね。(この場合、
犯人は被害者Yさんに殺害の動機を持つ一個人との前提)
後で消さなければ危なくッて夜もオチ落ち眠れないような頼り無い、根性なしな
共犯者なぞ初めから小生はいらぬ。後で消すにしても、またその各々の殺人で、
最初の殺人以上に緻密な犯行を行なわなければならず、むしろ第2の殺人以降の
犯行から足がつく危険性が高い。
或いは、初めから計5人の殺害を計画しておって、夜眠れないどころかその逆に
相当に丈夫な心臓の持ち主で5件の殺害を緻密に計画する犯人像としても、それ
でも何故このようなしろうと集団を共犯としたのかが疑問なので。

よッて、
*「その口から真相が語られる可能性」を初めから排除=単独犯
 最大のリスクは初めから犯さないことが賢明
との当初の姿勢を持つようになった次第。

しかし、単独犯であると、様々な御指摘にもあるように、確かに、独りでは
なかなかに大変である作業も含まれて来る(大変でも腹括って実行するのが
殺人犯の心意気だとは思うケ度)。よって今や、第2の考え方として、
*そのリスクが最小となるのが組織的複数犯〜動機は土地利権絡みか?
       (リスクとは共犯者の口や屁魔からする危険性)

小生としては、変死者のうち、OGと姉については(特に姉)共犯ではないであらうが、
なんらか、真相に近いところにおりそれが自殺の動機になっていたと感じているけども、
今それを明確に記せるような推理にまでは至っていない。

では、引き続き姉とITそして次兄についてもご意見を所望(他の方でも)。
それから、所謂「黒幕説〜組織的複数犯説」の論者としては、これらの変死に
ついてはその説から見るとどのような推理を考えてござっしゃるであらう?


814 :盛況 ◆cQ5CwQT2.c :03/04/27 13:05
*最大のリスクにつき
「機密保持の難がある」=口から真相
の他にもうひとつ。それ以前のこととして、
「犯行遂行の最中に屁魔をやらかす」
例えば佐野屋へ行ってもしヘマをして捕縛されたとしたら、それからあとは
芋づる式であらう。自分1人が全部の罪をカムってもよしとするくらいな、
結束、主従関係が、それらの人々の場合にはあったとはどうも思えぬのでね。

ずうっと前にも書いたけど。

815 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/27 19:53
何度も指摘されていることではあるが、あえて繰り返すと、この事件の犯人が単独犯では
あり得ないことは、死体埋没の情況を考察して得られる結論だ。

体重54キロもの被害者の死体運搬から穴掘り、残土処理の一連の作業までをたった
ひとりでやり遂げたとすると、どんなに時間を少なく見積もっても二時間以上は優にかかる。
ことによると四、五時間かかるかもしれない。
おまけに帰宅したときは疲労困憊のうえに泥まみれ。
ましてや、自宅で家族とともに被害者の身を気遣っていた長男が、家を抜け出して
これをやってのけ、誰も不審に思わないなどということがあり得ようはずがない。

死体が埋められたのは1日か2日の深夜(3日深夜は山狩りが始まっているので出来ない)。
盛況氏がいうように農家の朝は早いので、零時過ぎから開始したとしても、全作業に
要する時間は五時間もないだろう。
単独犯が、わざわざ人家に近い農道を選んで数時間もかかる重労働を計画するはずがない。
ならば複数犯が、ある意図(捜査の眼を何者かに向けさせること)をもってそれを為した
と考えるのがもっとも自然だと思う。

ゆえに被害者の家族は真犯人たり得ないし、長兄が実行犯を雇い、これだけ複雑怪異な
偽装工作を施してまで四女を死に至らしめるという、その犯行動機が彼には脆弱すぎる。

亀井氏や荻原氏だけでなく、解放同盟も以前は被害者家族(特に長兄と次女)に大きな
疑いを持っていたようだし、いまだにそう考えている人も多いようだ。
狭山事件における問題点は石川氏の冤罪とともに、では真犯人はいったい誰かという
事件発生の背後の問題があるわけだが、亀井氏を始め石川氏の支援者の多くが明確な証拠
なしに被害者家族を疑いつづけたことが、結果的に真相解明の障害となった部分はあると思う。

816 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/28 15:41
今日発売の実話GONナックルズで作家の本橋信宏氏連載「昭和のミステリー」
に、狭山事件が書かれています。この板のことも載せている。
れいの次兄が1977年自殺したいままで謎だった遺書まで
載っけてます。善枝ちゃんが憑依したかのよう・・・・。
「私の生きる道はどこにあるのかしら。社会は流れ、私も
流されるとしたら、余りにもさみしい夜になるでしょう。
あすの社会もきょうの社会も余り変わりはないけれど
・・・・」
恐いッ!!

817 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/28 16:35
>>816
このスレのことはなんて書いてあるの?

818 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/28 21:20
>>812

OG氏については、自殺の原因は性的不能を苦にして…とされている。
晴れの結婚式を前に死を選んだのは解せない、という声もあるが
OG氏は気弱な性格で始終憂鬱そうにしていたということだから、
自殺の原因としては、完全に否定できないような気もする。
正常な夫婦生活が営めないことを真剣に悩んでいたとすれば、家族や
親戚それに婚約者の期待に添えることができないと将来を悲観し、
死を選んだと考えてみると、そう不可解なことではないとも思う。

しかし、その死はあまりにも事件との符号が合致しすぎている。
自殺したのが死体発見翌々日(被害者の葬儀当日)ということと、彼
がB型の血液型で、しかも被害者とは顔見知りのうえ、新居が死体発見
現場のすぐ近く。
おまけに事件当日の退社時刻が、被害者の下校時刻と重なり、その
勤務先は被害者が雨宿りをしていたガード下から見える位置にある…

これだけの事実が総て偶然の積み重ねだとはどうしても思えない。
死体発見直後、顔見知りの犯行との見方をしていた捜査班は、被害者
家族から心当たりのある人物を訊ねた。家族は数人の名を挙げたが、
その中にOG氏も含まれていたそうだ。

OG氏以外の人物は、被害者が行方不明となった時刻には明確なアリバイ
があり、OG氏のみそれがあいまいだったことから、彼は重要参考人とし
ての嫌疑を受けることになる。
ただし、家族に声を知られているOG氏が佐野屋で次姉と会話したとは考
えられないので、他に共犯がありOG氏の役割は被害者の誘い出しではな
かったかとも推理された(今でもそう考えている人は多い)。

819 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/28 21:21
おそらく、すぐに事情聴取を行なえば白黒がはっきりしたとは思うが、
警察としては、あくまでも複数犯との見方をしていたので、多分OG氏
とI養豚所の関係者との接点を内偵していたのだろう。
ところが死体発見の翌日、彼は自殺してしまう。
それであの国家公安委員長の「犯人は生きたまま捕えねば…」という
発言から一気に被差別部落への見込み捜査になだれ込むわけだ。

そして石川氏およびその友人、I養豚所関係者への別件逮捕となるのだが、
OG氏が早々と「シロ」と発表されたのは、第一に実行犯と目されたI養豚
所関係者との接点がなかったこと。それに彼が被害者を誘ったとすると、
監禁・殺害現場は彼の新居となるはずだが、家の中にはその形跡がなく、
後頭部に裂傷を負った被害者が流したはずの血痕が見当たらなかったから
と言われている。

しかし、スレ1の元刑事さんが指摘したように、この判断はあまりにも
早計であり、なぜあんなに早く(自殺の翌日)シロ発表をしたのか、これ
も総体的にみた狭山事件の大きな謎と言えると思う。
これは推測だが、被害者呼び出しの役を、こんな大事件になるとは露とも
思わず引き受けたOGの背後のそのまた裏側には、地元のかなりの大物が
いたのではないか。

その人物が事件の黒幕かどうかは判然とはしないが、捜査当局に対し、
I養豚所関係者に絞って捜査することを進言し、結局その捜査班が主流と
なった経緯が、元刑事さんの話から伺えるのである。
OG氏にとっては、軽い気持ちで引き受けたことが殺人事件にまで発展し、お
まけに新居のすぐそばに死体が埋められていたとなると、とても平常心で
はいられなかっただろう。
OG氏の自殺の原因はそこにあるという考えが、どうしても拭えないのである。

以上、OG氏の死が決して偶然などではないと思える情況をもとに、彼が事件
にどのように関わったのかを推理してみた。

820 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/29 00:19
実話GONナックルズ(ミリオン出版)
6月号、P48、49「ミステリーの交差点」
見た? 2ちゃんねるのここが載ってる。
自殺した次兄の遺書も。
感想ききたし!


821 :?・?μ ◆cQ5CwQT2.c :03/04/29 02:08
あのー>>815de
>盛況氏がいうように農家の朝は早いので、
は、
>788 (707氏)
>基本的に農村の朝は早く、特に事件の舞台である近郊農家では、
との発言を踏まえております。
       (つまり、上記の「盛況氏がいうように」は
        私の発言ではなく、707氏の発言です)

引き続き、OGその他の「変死者」と、
所謂「黒幕(言葉はどうでもいいが)説」との関わりについてを希望。

但し、同じ>>815
『体重54キロもの被害者の死体運搬から穴掘り、残土処理の一連の作業までをたった
ひとりでやり遂げたとすると、どんなに時間を少なく見積もっても二時間以上は優にかかる。
ことによると四、五時間かかるかもしれない』
トのことですが、
その「少なく見積もっても二時間以上」を仮に「3時間」としたならば、
たとえソノ「長兄」でも、
被害者Yさんの誘拐が発覚した日(5月1日)の夜中(12時)は、
佐野屋で第1回の張り込みにつき合ったとしても、
じゃあ1時から4時までの「3時間」という時間が取れるわけですな。
(彼自身も、「その夜は一睡もしなかった」とのことですよ)
>これをやってのけ、誰も不審に思わないなどということがあり得ようはずがない
う〜ンだから昔ッから、不審に思われていたじゃない(藁

ト、冗談は兎も角、
「複数犯」ならば相当、今まで(40年間である)ボロを出さないで来れた
ほどの「結束力」若しくは「統制」を有する「組織的」な集団であって、
而してまさに>>815のひとが言われるとおり、「長兄」も含めて、そのような
「個人」がこのような犯行を遂行可能ではないのであらう。

822 :盛況 ◆cQ5CwQT2.c :03/04/29 02:11
↑上記は小生(Macだと文字化けなのデ)

823 :GON:03/04/29 15:56
おい、本橋信宏、ROMしてるなら、なんか書けや

824 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/29 17:14
実は盛況=本橋信宏

825 :あなたのうしろに名無しさんが・・・ :03/04/29 18:12
 つまらん

826 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/29 18:43
>>821
時間的に可能というのと実際にやるかというのは別問題ですよ。
まあ、あなたも判っているようだけど…

“「結束力」若しくは「統制」を有する「組織的」な集団”というのは
まあ、確かにそうもいえるけど、第一には当局が全然関係のない人間を
捕まえて犯人に仕立て上げてしまったのがなんといっても大きい。
真相解明、即警察のでっち上げということになるわけだから、捜査権を
持つ当局だけに絶対に真相に迫れない。これは真犯人を警察が保護し、
かくまっていることと同じことになる。
冗談ではなく、真犯人にとってこれほど心強いものはない。

その意味では、裁判の節目ごとに自殺者が出ているのも、その死と真犯
人との関わりを疑わずにはおれない。

狭山事件の前に埼玉県警は、「熊谷二重逮捕事件」という失態を演じて
いる。
県警幹部にとっては同じ失敗をしでかすことだけは絶対に許されない情
況でもあった。刑事捜査官たる長谷部梅吉が先頭に立って石川氏を自供
に追い込んだ
背景にはこれがあったのだと思う(熊谷事件を念頭に置いていたことは、
長谷部自身が法廷で認めている)。

それともうひとつ。以前の書き込みにもあったが、実行犯による被害者
害が計画外の出来事であったのなら、死体埋没や事後の偽装工作を行な
った数名が仮に捕まっても重罪とまではいかないだろう。
このことが逆に犯人グループをして大胆な偽装工作に走らせた要因のよ
うにも思えるのだが。

827 :あなたのうしろに名無しさんが・・・ :03/04/29 23:29

                                魚頴娃

828 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/30 14:35
明日で事件発生から40年

829 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/30 15:57
組織的複数犯説と穴ほりに関して意見の別れるところ。
大きな利権が絡めば組織的犯罪を企てるだろうが、
どうもその利権の絡みが納得できない。
そして四女を誘拐することとの結びつきがイマイチ明解ではないような
気がする。
動機をどこに置くのか?
利権、
それとも四女の誘拐殺害?

OGは四女とデートしたと思う。
そして、その後事件に巻込まれたということはないのだろうか。
OGはあくまでシロ。

830 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/30 16:40
>>826
組織的複数犯〜ぼろがでる
とこだわっておられる人がおりますが、
ぼろがでようが、くそがでようが、
それは刑札にとって都合が悪いわけですから、
おもてにはでないし、もみけされるわな。

831 :あなたのうしろに名無しさんが・・・ :03/04/30 18:38
いや、警察にはそうでも、そういう警察のあり方に期待して犯人側が動くわけではない。
犯人としては、警察の都合がどうあろうとも、それなりの緻密さは要求される。
この事件で警察がそういう「都合」で動くことになったのは、あくまでも結果論。
原因と結果と行為を、混同しないことだな。

832 :次兄の遺書:03/05/01 12:59
「私の生きる道はどこにあるのかしら。社会は流れ、私も流されるとしたら、
余りにもさみしい夜になるでしょう。明日の社会も今日の社会も余り変わり
はないけれど、私はただ私の社会の中にきょうという日を見つめて生きるの
です。そしてまた、私は古いものの中にいつまでもいいところもあることを
願いたい。すべて終わり、すべては夢だったのね。」

実話GONナックルズ6月号「ミステリーの交差点」
本橋信弘氏の文より抜粋しました。
たったの2ページだけど、氏の実体験とスレのまとめのような感じで
とてもおもしろい。
もっと読みたいなぁ。

833 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/05/01 13:14
>>832
このスレのことはなんて書いてあるの?
近くの本屋に売ってないんで教えて下さい。

834 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/05/01 14:19
本日の埼玉新聞は1面トップで狭山事件を取り上げている。

石川一雄さん、冤罪を訴え全国行脚 狭山事件、発生から40年
 ttp://www.saitama-np.co.jp/news05/01/01x.htm

835 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/05/01 16:57
>>831
あんた、ピントを合わせて出直せ。

836 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/05/01 20:32
狭山事件といえば部落差別問題がクローズ・アップされ、それゆえに関わりを持ち
たくないと思っている人も多いと思う。
むろん差別問題も重要ではあるが、事件が起きた初期の段階で、何ゆえに捜査当局
はあのような誤った捜査をしてしまったのか。そして何ゆえに彼らは間違いに気付
きながらもそれを糊塗し、証拠をデッチ上げてまで「事件の解決」を謀ったのか。

事件の真相追及とともに、この点は大変大きな謎であり、重要な問題点でもあると
思う。誤解を恐れずにいえば、「警察が差別意識の塊だったから」だけではすまな
い疑念がどうしても沸いてくるのである。

現在では、この疑問点は一般に「村越吉展ちゃん誘拐事件」で犯人逮捕に失敗した
警察への世間の批判が、この事件の佐野屋での犯人取り逃がしによって、さらに高
まったことで当局は窮地に陥り、篠田国家公安委員の「犯人は生きたまま捕まえな
くては…」という記者会見での発言と、「地元の人間の犯行ではない」とする地元
住民の当局への非協力ぶりから、警察が差別意識と相俟って被差別部落住民への見
込み捜査を開始したと解釈されているようだ。

たしかにそのとおりだとは思うが、事件発生後の経過を追ってみると、警察の捜査
方針について、数々の疑問点が生じてくる。
いくら現場の捜査員にプレッシャーがあったとはいっても、刑事個人個人が最初か
ら部落民を犯人に仕立て上げようと思っていたわけではあるまい。
事実、スレ1で紹介された元刑事は、区長を務める被害者の父親をとりまく利害関係
の線を追っていて、石川氏逮捕の報で釈然としない捜査員がいたことを示唆している。

837 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/05/01 20:33
すなわち事件当初は、養豚場関連を追う班とは別に被害者家族との怨恨の線を捜査す
る班とに分かれていたことを、このことは物語っている。
至極当然な捜査手順であり、事件発生直後は先入感を持たずあらゆる可能性を想定し
てあたるのは事件捜査の常套手段でもある。

ではなぜ、あれほど早く捜査方針が被差別部落に一極集中してしまったのか。養豚場
への見込み捜査は、事件発生二日後の5月3日にはすでに始まっていたようだが、県警
は、5月12日には200人以上いた本部の捜査員を40名減員し、さらに六日後の18日には
半分にまで人員を削減している。このことから、この時期に県警幹部の捜査方針は固
まったことが推測される。事件からまだ二週間ちょっとしか経過していないし、明確
な証拠をもとに重要容疑者を特定できたわけでもないのに、である。

この時期に養豚場関連以外の捜査を打ち切るというのは、いくらなんでも性急過ぎる
という気がする。おそらく同じ気持ちを抱いた現場の捜査員も、少なからずいたはず
である。

5月23日の明け方前に逮捕された石川氏の容疑は喧嘩などの軽敏な別件と、事件に関係
するものはといえば脅迫状を書いたという脅迫容疑だった。その筆跡鑑定にしても、
脅迫状と比較したのはなんと逮捕前日に石川氏の自宅で書かせたアリバイ上申書。
おまけに、正式な鑑定結果ではなく鑑定の中間報告だったというのだから驚く。
そうまでして逮捕を急いだのは、「犯人逮捕」というマスコミ報道により世論を誘導し
(当時は一度容疑者が逮捕されてしまうとすべてのマスコミは呼び捨てで犯人扱い)、
事件の背後にある人物あるいは組織に眼を向けさせないという、なんらかの意図が当局
側あったのではという疑念がどうしても拭い去れない。

838 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/05/01 20:34
誰もがペコペコと頭を下げるので、石川氏が「裁判官よりも偉い人と思った」刑事捜査
官たる長谷部警視が当局にとって重要な「仕事」を為したことも、そのことを裏付けて
いるように思える。

これだけ事件だから、捜査方針を決定したのは、むろん県警の幹部連中だろう。
では彼らを「誤誘導」に導いた人物はいったい誰なのか。
決して世論のプレッシャーだけではなかったように感じるのである。
県警本部の幹部連に「進言」できうる人物となれば、それ相応の地位にある人間としか
考えようがない。
そう推理していくと、この事件の真相とその背景がおぼろげながら浮き上がって来るよ
うな気がする。

真犯人と実行グループそしてその背後にいる人物にとって、警察が無学な不良青年を捕
らえ、犯人に仕立て上げてくれて、マスコミがそれに便乗し「真犯人捕まる」と大々的
に報道することこそ、自分たちを安全圏に置くための最適な方策だったのだろう。
その後に続く裁判の節目での関係者の不審死と併せて考えると、「地位のある人物」と
その部下が関連する非合法組織が事件の背後にあることが、合理的な疑いとなって浮か
んでくるのである。
そしてその人物と手配の組織は、スレ1で登場した元刑事が述べた中に出てくるものが、
現実に照らしてもっとも事実と相似するのではないかと思えるのである。

839 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/05/01 20:35
差別による冤罪事件としての狭山事件を考えるとき、真犯人グループはもちろん、司法・
行政・捜査当局の責任は重大だが、新聞社を初めとするマスコミも、その責任を免れ得な
い。事件発生40年を契機に地元ローカル新聞が一面でそれを取り上げるのは大変結構なこ
とだが、事件当時に「特殊地区」だの「農村スラム街」だの「犯罪の温床」などと差別意
識丸出しの記事で当局に「協力」したのは、他ならぬ当の新聞社もろもろである。

彼らの先輩が犯した過ちを、真に反省する気持ちが少しでもあるのなら、今からでも遅く
はない。当時の県警幹部に影響力があった人物について精密な調査をしてみてはどうか。
部落差別問題抜きにしても、この事件に横たわる深層はかなり深く、決して単純な誘拐殺
人事件に帰結するものではないことが、そうすることで必ず明らかになるだろう。
そしてそれは事件のことを全く知らない世代にも強くアピールする今日的話題を提供する
ことにもなるはずだ。
それが本来の報道機関の使命でもあると思うのである。

840 :3-679 ◆2gw3ijNQ4E :03/05/01 21:57
>>838
>その後に続く裁判の節目での関係者の不審死と併せて考えると、「地位のある人物」
>とその部下が関連する非合法組織が事件の背後にあることが、合理的な疑いとなっ
>て浮かんでくるのである。

ということは、>>836-839氏は、事件後の不審死者たちが、やはり自殺ではなく「非合法
組織」によって消された、と考えておられるわけですか?

841 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/05/01 22:09
このスレ、1か2くらいまで読んでいました
その後よその板に移ってしまい、オカ板に来ることはあっても
このスレのことは完全に忘れてて見ることはありませんでした
今日このスレが目に留まって、なぜか一気に読んでしまった。
何で急にそんな気になったのか良くわからなかった
そしてレスを読んでいて、ああ・・・・と思った
・・・・今日は被害者のお誕生日ですね・・・
だからどうした、といわれたら困るのですが・・・・

ご冥福をお祈りいたします・・・・

842 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/05/01 22:49
>>840
そうですね。
別にその証拠を掴んでいるわけではありませんが、5人の自殺者については
すべてが真犯人とまったく関係ないとは言い切れないと思います。
元作男はもっとも疑惑が濃い容疑者だったのに、司法解剖もされず死後二日後に
は早くもシロとの発表があったのは解せませんね。

「怪しい三人組を見た」という農夫をきつく取り調べたのは、私の考えでは被害
者家族の怨恨の線を追っていた班の刑事ではなかったかと思います。
その刑事は、彼の目撃情報が真犯人グループによる撹乱目的であると見破り、そ
れゆえに行き過ぎた取調べになったのではないかと解釈しています。

この点は、石川氏や彼の友人を薬研坂附近で見たという情報をもたらした植木屋
ブローカーを重用した捜査陣とは正反対の一班が、当時の捜査当局に存在してい
た証左でもあると考えています。
農夫の調書が絶対に開示されないのも、このことを裏付けているような気がして
なりません。

残念ながら、彼らは捜査当局の主流になる前に解散させられたようです。
彼ら刑事たちの多くは、今では故人となっていると思いますが、存命の人を捜し
当てられれば、彼らの追っていた人物が特定できる可能性は高いと思います。
捜査当局において反主流派だった彼らが、その人物の周辺に迫りかけたからこそ
の、5月23日未明の石川家急襲の逮捕劇だったのではないかと私は考えています。

その他の自殺者も、いずれも裁判の節目にあたる微妙な時期に重なっているのが、
単なる偶然とは断定できない不気味さがありますね。

843 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/05/01 22:50
繰り返しになりますが、石川氏逮捕後の新聞報道はまったくあきれかえるの一語
につきます(この点、40年経った今でも呼び捨てが「○○容疑者、○○被告」に
替わっただけで、そう大差はないのが悲しい日本の現状ですね)。
それを反省する気持ちがあるのなら、解放同盟とは違う視点で事件の深層と真相
に迫る努力をする義務がマスコミにはあるはずなのに、一向にその気配もないと
いうのは、なんとも情けない。

いささか不謹慎であることを承知でいえば、単純に謎解き事件として読者に提供
するだけでも、かなりの反響を呼ぶと思うのですが。
いずれにせよ、事件が風化することだけは絶対に阻止する必要があると思います
ね。先日「横浜事件」の再審開始決定の報道がありました。しかし事件で有罪と
された人々はすでに全員亡くなっています。

石川氏もすでに60代半ば。真相を握っている権力者たちは、石川氏がこの世から
いなくなるまでは、絶対に証拠を開示しない腹づもりなのでしょう。
逆にいうと、石川氏が繰り返し訴えているように「裁判所が証拠調べさえしてく
れれば必ず真相は明らかになる」といえます。

若い人がよく見ると聞いているこの掲示板は大変意義があると思います。

844 :SA:03/05/02 08:30
>>838 ひとこと言っておくが。
>「地位のある人物」と
その部下が関連する非合法組織

非合法組織とは、具体的にどんな組織なのか?
日本では、
いわゆる暴力団でさえ、組織そのものが「非合法」ではないのだが。
いや、オウム真理教でさえ、教団そのものが非合法ではなかったのだが。
新説は親切に、解説してほしい。
 
例=治安維持法下の戦前においては、日本共産党は非合法であった。

では今この場合の非合法組織の名前をきちんと書いてくれよ。

偉そうに長々と、既出なこと別のいいまわしで書いているが、
言葉づかいは正確にしろよ。

845 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/05/02 11:15
>>844

「非合法組織」とは言葉の選択を誤ったかも知れない。
組織そのものが非合法という意味で使ったのではない。
常日頃から非合法な活動を行なっている団体という意味。
文章の趣意は、かかる団体に影響力のあった人物に迫った節がある捜査班の存在を
想定し、マスコミが今からでもその部分を追及する必要性について問題提起したもの。

捜査権もなく、何の肩書きもない一個人には追及に限界がある。
これはよく読んでもらえば理解できると思う。
確かに内容はすでに既出だが、マスコミの責任についての言及はあまりなかったよう
に思う。
この文が偉そうに感じ癪に障ったとしたのなら、君は過去を反省せず事件の本質に眼
を背けるマスコミ関係者か、あるいはそれと同等の人物ではないか。

事件が起きたのは昭和38年5月1日月曜日。
被害者の16歳の誕生日であり、市議会議員選挙の投票翌日でもあった。
事件が何故この日に起こったのか。また真犯人は、なぜこの日を選んだのか。
それは真犯人の犯行動機とも密接に関係する、事件の謎を解く鍵でもある。
まだ言及されていない視点から、事件の背景に私なりに迫ってみようと思う。
長文になるので、また改めて述べることにしたい。

846 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/05/02 11:17
石川の冤罪なんぞ、どうでもいい。
警察の捏造も、興味ない。

犯人は誰なのか。。。

847 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/05/02 12:40
だから石川がエン罪となった構造と刑札のねつ造が、
真犯人がだれかということと直結してるんだよ。
わからんヤツが多いな。わざわざageてまで寝言をほざくな。

848 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/05/02 14:54
実話GONナックルズ6月号、れいの本橋論文、
次兄の遺書、読んだ?
死の直前、善枝さんが重ね合わさったのか?


849 :SA:03/05/02 18:33
>>848 読んでない。そのページ数ではたいしたことは書いてないと思う。
そのうち読んでみるかも知れないけど。

>>845 resuありがとう。また、少し書き方が良くなかったのは謝罪したい。
ただ、黒幕関連説だけにまとまるようで少し気分が悪かった。
また、用語に少し、こだわりが生じてしまった。
私としては >>829 に心が近い。
貴方が、過去にどのような説を展開していたのかが名前からはわからないので、
あのレスだけに反応した。


850 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/05/02 19:06
>>849
私はこのスレに数回書き込んだが、固定ハンドルだと無用な荒らし行為を呼び込
むだけだと思うので、このまま名無しで行こうと思う。
同一人物かどうかは文脈で判断して欲しい。

自分の考えとしては、スレ1の元刑事氏の見方とこのスレの>>581氏の説をミック
スしたものに近い。
その考えは、できるだけ要領よくまとめて開陳したいと思うので、今しばらく待っ
ていて欲しい。むろん、批判や異論は歓迎したい。

一つだけ付け加えると、この事件の特色は、事件発生当時よりもその後にこそあ
ると思う。
事件が部落差別を伴う大変な冤罪事件として、世間の注目を浴びたあと、事件を
推理した書籍は、不倫の清算だのお家騒動だの警察の自作自演劇だの、真犯人の
動機を矮小化したり荒唐無稽な説を展開したりと、当人はそういうつもりはなかっ
たのかもしれないが、少なくとも真犯人の追及という点だけにおいては、結果的
に事件の背景をかき消してしまったというマイナス面もあったように思う。

851 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/05/04 04:11
>>847
直結してない。見当違い。

852 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/05/04 10:52
しかし、様々な「証拠」一つとっても、犯人が残した物と
刑札がねつ造した物がごっちゃになっていると思います
からねえ。

これがきちんと分別できるだけでも、事件の見通しは
かなりよくなるはずなのですが…

853 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/05/04 15:00
>>852
そうだネ。
それが問題だ。
どれが犯人の残したモノかが。

利権絡みに関して当時のマスコミは把握してなかったのかしら?
刑札が動いていれば、嗅ぎ付くと思うのだが・・・

854 :番組の途中ですが・・・:03/05/04 17:45
3月9日午後1時10分ごろ、広島県尾道市高須町の市立高須小学校の校舎非常階段で、男性が手すりにロープを巻き、首をつって死亡しているのを野球クラブの応援に来た同小児童の保護者が発見、110番した。
 広島県警尾道署などによると、男性は同校校長の慶徳和宏さん(56)。慶徳さんは9日午前8時ごろから、保護者約10人と花壇づくりをして、午前11時ごろに別れたという。同署は外傷がないなど遺体の状況から自殺とみて調べている。

 慶徳さんは、民間出身校長として、地方銀行東京支店副支店長から、2002年4月に同校校長に就任。学校改革策として教科担任制や少人数指導を導入していた。

 広島県教委などによると、昨年5月に同校の教頭が病気で休職。新しく赴任した教頭も今年2月病気で休職しており、慶徳さんは、尾道市教委に学校運営などについて相談していたという。

 高須小では10日、緊急に全校集会が開かれ、尾道市教委などの担当者が校長の自殺について児童や保護者に説明した。同小は24日に卒業式が予定されており、市教委などが対応を検討している。

 広島県教委は、01年度から小中高の一部の校長を民間から登用しており、慶徳さんのほか5人の校長がいる。
(Sankei Webより)

さてこれにも例の○×利権とその組織が関係しているのでしょうか。

>>853〜利権絡みに関して当時のマスコミは把握してなかったのか
例の組織が関係すると、マスコミが把握していたとしても報道されないことは多い。
自殺者は常に‥‥直結か、間接結か、ヒコツクシかは別としても‥‥。

855 :カマンベールおおはし:03/05/04 23:52
↑アレ、こんだはニュース板からも乱入かい。

ところで。
>>838 >県警本部の幹部連に「進言」できうる人物となれば、それ相応の地位にある人間としか考えようがない

警察進言とか、捜査方針を動かすってわけではないが、
解同が関わると、警察も引いていたことも多々あるのは事実なんですよ。
特に八鹿高校事件の以前なぞ、もうあきらかに障害事件なのに、ですよ。
殺人事件でも、
よほど明確、動かし難い物証があったならばともかくも、ですよ。

そしてマスコミは、警察よりももっと引くのですよ。
しかももう何人もの人物たちが、自殺していますよ。

つまり、貴殿の唱える(予定の)説に、
いちばん相応しい組織(その一派)ということですよ。
勿論、こやつらは組織のつらよごしですよ。利権拡張のためには、
同胞さえも陥れたんですからねえ。
また、そういう者たちの関与を受けた、「地位のある人物」という者も、
大勢いるのですよ。

856 :番組の途中ですが名無しです:03/05/05 00:02
自殺。
http://www6.plala.or.jp/fynet/3jisatukyoshi127-333.html

857 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/05/05 17:58
本橋信宏の「ミステリーの交差点」だが、おそらく事件のことをほとんど知らな
い初心者向けに書かれたのだろうが、正直言って、いまひとつその意図が呑み込
めない文章ではある。

エッセイは“戦後最大の「冤罪」事件か、狭山事件の謎”というタイトルだが、
「冤罪」をわざわざカギカッコでくくったのはどういうわけか。強調なのかそれ
とも「冤罪といわれているがそうではないかも」という主張か。後に続く文章を
読む限り、後者ではないようだが、釈然としないものが残る。

とはいえ、こんにち、狭山事件が雑誌などでこれだけのスペースで取り上げられ
ることはあまりないので、女性や年配者が購入しにくい雑誌とはいえ、大いに意
味があると期待して本文を読んだ。

論考は、細かい活字で2ページにわたっていて、5つの節で構成されてれいる。
最初の節で事件発生から現在までの流れについての簡単な説明があり、次の節で
は事件関係者の相次ぐ変死が記述され、同時に隣町に住んでいたという著者が事
件に興味を示し現場を歩き被害者の友人や関係者に取材した体験を述べたうえで、
「(被害者の)身内犯人説」紹介し、それに対する著者の疑義さしはさんでいる。

3番目の節では最高裁の控訴棄却判決1ヵ月後に自殺した次兄の不思議な遺書の
紹介。次の節では当スレで書き込みのあった所沢署元警察官の話を紹介し、有名
な帝銀事件の捜査合戦を持ち出し、この書き込みについて高く評価している。

そして最後に「事件の真実はどこにあるのか」として「答えは意外とシンプルな
形で浮き上がっている」と述べ自説とも取れる「元作男(OG)と轢死した人物
(IT)共犯説」を紹介し、文章を締めくくっている。

858 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/05/05 18:00
著者としては、初心者に対して興味を示してもらうためか、事件のミステリーな
部分を簡略に述べたあと、数ある犯人像のうち主要なものを綴り、事件と自分と
の関わりを書き、そしてインターネットでの「爆弾証言」を紹介することで、事
件後40年たって今なお続く真相追及の手がネット掲示板というきわめて現代的
な手法によって突如出現したことを紹介する目的で一文をしたためたのだろう。

そして事件39年目にして初めて飛び出した元警察官の話を「予期せぬ貴重な証
言」として高い評価を与え、書込み者に対しても「的確な表現で・・・立派な記者
になれるだろう」と最大級の賛辞を送っている。
さらに帝銀事件の731部隊説班と名刺捜査班との確執まで持ち出してその「過
程を思い起こす」とし、「事件発生初期に消えていった怨恨説がこうして40年
たってその正体を見せたのは、情報が大衆化されるインターネットの効能であっ
た」ともいう。

この部分を読むと、誰でも「では元警察官が語った怨恨説が有力か」と思うはず
だが、最後になって著者は「事件を推理していく上で・・・偶然が生んだ結果に過
ぎないものを、まるで犯人があたかも計算して行動したかのように、とらえる傾
向になってしまう」といい、「事件の真実は」被害者と男女関係にあった元作男
OGとそれに便乗したがITとが引き起こした犯罪である「可能性こそもっとも合理
的だろう」と結論じみた書き方をしている。

859 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/05/05 18:02
著者は「いや、OG・IT共犯説も一つの説として紹介したまで」というかもしれな
いが、この説はすぐ前で述べられた「怨恨説」とは明確に矛盾する。高く評価し
たはずの元警察官の話はそれこそ「偶然が生んだ結果に過ぎないものを、あたか
も計算して行動したかのように、とらえる傾向」の最たるものではないか。

本橋氏は、別の著書で「5名の変死者のなかに犯人がいる」という説に肯定的な
見方をしているようだ。だとすると彼は結局「OG・IT説」という持論を主張した
いのではないかという疑問も湧いてくる。この説が最後に「もっとも合理的」と
して述べられているだけに、余計そう思える。

むろん、それならそれで一向に構わないが、このスレでもたびたび指摘された
「OG・IT共犯説」による「合理的矛盾点」について著者がいかなる見解を持って
いるのか、本橋氏がこのエッセイを書いた真の意図を確認するためにも、また改
めて論述してもらいたく、切に願うものである。

860 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/05/06 12:17
本橋氏は、事件の詳細を知らない人達のために簡単な事件概要と、その手の本で多く唱えられて
いるであろうOG・IT犯人説を有名な説として紹介したのでは?
タイトルも「ミステリーのなんたら」であるわけだし。
しかし彼は間違いなくこれを読んでいるわけで、これまでのスレの流れを読んでいけば、事件の
真相が別のところにあるのはわかっているはずです。
あんな少ないページで、事件発生から怨恨説まで説明しろというのはちょっと無理じゃないかしら。


861 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/05/06 21:20
鎌田慧が狭山事件の本を出すそうだよ

862 ::03/05/07 00:20
>>860
>本橋氏は、〜…を有名な説として紹介したのでは?
について、全く賛成。ようするに、たかが二ページくらいの記事では、
たしかに活字は細かいので字数は多いがたいしたことは語れない。
この記事を紹介してくれた誰かがたしか、
「スレのまとめのような」感じだとカキコしていたが、そう思うんだな。
但し、>これまでのスレの流れを読んでいけば、事件の
真相が別のところにあるのはわかっているはずです。
>>860
その意味はよくわからんけど、もし、
「このスレの流れで行けば、真相は黒幕〜複数犯(しかない)、
 それ以外の説はすべて((これ以上は妄想))→>>625
という意味だとしたら、
それはあまりにも傲慢だ。

863 :エートマン:03/05/07 00:53
うふふほほほ。。。¥
なんなんだまだキミたちは。。。。活字になると、エキサイトかえ?


  。。。。活字ならば、
     

      前にわたくしめが紹介していたろうにね。。。。



ゆっとくけど、なにごとにも、
「基礎」
とゆうものが、必要なんだよ。

「サヤマ事件」も、社会の一現象。。。。。

では、その「社会」を、動かしてきたものはなんだったのか。。。。

864 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/05/07 03:15
エートマンって妄想癖あるの?

865 :校正マン:03/05/07 05:35
>>エートマン

君は、本や新聞など、あまり活字を読まない生活をしてるだろ?
「。。。」を多用しているが、そういうときには3点リーダ「…」を使いたまえ。
>ゆっとくけど
>とゆうものが
これもいただけない。子どもの日記じゃないんだからさ。
ところで、
>その「社会」を、動かしてきたものはなんだったのか
これの意味がよくわからん。
狭山事件は起こるべくして起きた事件だとでも言いたいのかな?


866 :あなたのうしろに名無しさんが・・・ :03/05/07 07:04
どうでもいいけど、
とにかくたいしたこと書かないクセにageるんじゃねえよ。
上がるたびに鬱陶しいのが来てかなわねえよ。
阿呆に説教もいいけど、頼むわ。

867 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/05/07 15:11
某団体とその対立組織の遺恨・怨恨はそれだけ根強いってコト。
その関係者が出てくると、もうホントに収拾がつかなくなる。
むしろこのスレがあまり荒らされずここまで続いたというのが奇跡的w
たぶんオカ板だったからだろうね。
だれもこんなトコ(失礼)で狭山事件がマジメに語られているとは思わないものw
本橋サンもココを紹介してくれるのはイイけど、
オカ版であることだけは伏せておいて欲しかったなァ・・・
某団体が支援する狭山事件もこの確執とは無縁ではいられないってことね。
この対立さえなきゃ、とっくに事件は解決していたかもしれないんだが・・・
だいたい部落差別があろうがなかろうが、権力者が無実の青年を寄ってたかって
殺人事件の犯人に仕立て上げたのは明白なんだから、
その一点で協力し合えばいいものを、そうはいかないのが悲しいねェ・・・
とにかくスレが荒れないことを荒神様に願うばかりナリ・・・

868 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/05/07 23:13
アザラシだの白装束だのもいいが、マスコミはなぜこの事件を取り上げないのか
不思議。下手なワイド劇場より数倍面白いネタなのに。

869 :船田生人:03/05/09 22:48
可笑しいぞ;;;;

870 ::03/05/09 22:59
 f

871 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/05/09 23:07
このスレのサーバーダウン?

872 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/05/10 03:06
最下層

873 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/05/10 09:25


874 :名無しさん@お腹いっぱい。 :03/05/10 09:39
部落解放同盟の機関紙『解放新聞』2003年4月14日号に、寺園も執
   筆者の一人として参加している『同和利権の真相1・2』(宝島社)に対
   する、中央本部の「見解」(批判文)が掲載されています。なんと見開き
   2ページの長文です。
   ただし長いだけで、批判されているわたしが心配してしまうくらい乏しい
   内容なのです。相変わらず、日共=「全解連」の別動隊による差別キャン
   ペーンが行なわれているといった主張が柱になっています。上記2冊の本
   の中で、わたしを含む執筆者が指摘したこの団体の腐敗状況に関するコメ
   ントはいっさいなし。すべて日共=「全解連」云々で片づけられていま
   す。批判を拒否する体質は健在です。
   この中央本部の「見解」に対する反論原稿の執筆依頼を、ある雑誌編集部
   からさっそく受けました。これがまた意外な雑誌でして、どこに掲載され
   るかどうぞお楽しみに。
   それにしても、解放同盟からは「日共=全解連の別動隊」とレッテルを貼
   られたわたしですが、一方、全解連(京都市協の幹部)からは、「寺園は
   われわれ全解連を解同と同列に扱っているがどういうつもりか」と詰問さ
   れています(この種の批判を受けること多し)。わたしは、いったいどう
   すればいいんでしょう。この問題にかかわる立場って、解放同盟か全解連
   かの2つしか許されないのでしょうか。

875 :エートマン :03/05/10 10:18
>>865、校正マン君。

そういうことが、「本や新聞など、あまり活字を読まない生活をしてる」ことの
証左となるならば、まさにサヤマ事件の脅迫状を書いた人物は、「字がへたくそで
文章稚拙、たまにまとまった文章を書いたので誤字脱字だらけ、きちんとした教育は受けていなく、
ふだん本や新聞など、あまり活字を読まない生活をしている」という人物像になるだろう。
わざと書いていることはご存じかえ。うふふ、ほほほっ。。。。
それじゃー2ちゃん自体全部そうなるぜ。
きっとキミは、名前からすると「ふだん活字の校正をなりわいとしているそのテの職業人」
なのだろうが、低俗な職業意識まるだしにするのはみっともないぜぃ。。。おほほほほっ。。。

>>874
 差別がなくなると街道は困ります。
 だから自作自演までして、差別をのこそうとしています。

876 :校正マン:03/05/10 15:22
エートマン君

マジレス必死だな。
>きっとキミは、名前からすると「ふだん活字の校正をなりわいとしている
>そのテの職業人」
ちなみに俺は無職。だが、キミのIQの低さは文章ににじみ出ておるよ。
ageると自治厨が来るからageんなよ。必死なのは分かるがね。

877 :チェチェコリン菊地:03/05/10 15:34
解同インサイドレポート
市民の税金から出ている同和補助金を水増しや架空事業で騙し取っていた部落解放同盟。
解同某地域協議会は、表向きは反省して支部長が全員辞任し、体制一新したことになっている。
しかし、ホントはなにも反省してない。大会や市協の総会では、あいかわらず団体補助
がなくなって、事業補助のみになってから市も黙認の上で、なくなった団体補助分を水増し請求して
いたと説明している。おまけに、ホントは支部長連中は誰一人引責辞任なんかしていない。
全員が一時「支部長を休職中」(ある市協関係者の弁)というだけなのだ。その証拠に、各支部
とも現在は「支部長代行」が責任者になっており、だれひとり「新支部長」ではない。
批判の風が止んだら、休職中の支部長連中はぞくぞく復帰するつもりなのだ。市民を馬鹿にするのも
いいかげんにせよ。一部には、わずか数千万円の補助金不正など大したことないという者もいるが、
これは解同中央の「別冊宝島 同和利権の真相1,2」に対する内容のない批判と同じ発想である。
市も騙し取られたことを認め、解同も騙し取ったことを認めているこの事件の徹底解明を進め、
きちんと刑事責任もとらせるという市民社会のルールを厳格に適用することが、全国にはびこる
解同の不正と黒幕支配をやめさせる第一歩になるのだ。事件を終わらせるな。

ところで‥‥初めにageて、うちらを呼び込んだのは自分じゃないか‥‥無職君。

878 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/05/10 15:48
あー…せっかくの良スレが…(泣

879 :彫釜蓮太郎:03/05/10 15:49
>>875
解同による差別自作自演の実例。
おそらく氷山の一角であろう。
http://yasai.2ch.net/company/kako/988/988928611.html
1983(昭和58)年
 8月、兵庫県多紀郡篠山町(現・篠山市)で、解同中央糾弾闘争本部長の車などに、
スプレーで「ヨツコロセ」などと書かれた落書きが発見され、大騒ぎになった。
 解同篠山支部は行政闘争の方針を決めたが、やがて落書きは支部長の仕業ではないかとの
疑惑がささやかれるようになった。
 支部長が「この頃支部の活動が盛り上がらないので、差別落書きを書いたらどうか」
などと発言していた事実も判明した。
 その後もさらに続々と、支部長が犯人であることを示唆する証拠が出てきた。ところが
この事件は84年3月、最悪の形で終結してしまった。
 疑惑がいっそう深まる中、この支部長がガス自殺を遂げてしまったのである。


‥‥自殺者が出たとは言え、これはただの落書きでの自演事件である。

880 :エートマン:03/05/10 16:19
>>879
つまり‥‥
「1985(昭和60)年

 1月26日、大阪府吹田市江坂町2丁目で、山口組系竹中組の竹中正久組長(当時51歳)
 ら3人を、一和会系組員が射殺。現場は、竹中組長の愛人N(当時31歳)が住むマンション「GSハイム第2江坂」
 の前であった。Nの部屋の508号室は、解同飛鳥支部の小西邦彦支部長が借り主で、
 竹中組長も「小西邦彦」を名乗って同マンションに出入りしていた。
 解同の支部長が山口組の企業舎弟だったのである。」

と、いう事実。
他方における、サヤマ事件での「利権動機」(否真実は「同和利権拡大動機」)と、
それに基づく「黒幕、手下犯行説」。

大掛かりな自作自演、そして組織と暴力団との黒い関係を思わせるに充分ではある。
「事件で一番得をしている者を疑え」とは、
あの亀井トムの思考の源泉であったが、それでいうならば、
実はその後事件を糧にして大膨張を遂げた「運動」と「利権」こそがそれであったと言えよう。


881 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/05/10 22:59
人権板でやれよ
じゃなかったら狭山事件についてなんか書け

882 :カマンベールおおはし:03/05/10 23:06
まー八幡、それに蓮太郎に菊池よ。
組織全部がそうとは言えんのだから、そこんとこよろしく。
解同にはとにかく、跳ね返りをやる一派もおってな。
が、いずれにせよそういう一派が犯行を行なったとは言える。

ちなみに、うちらはよその指図は受けないのよ。

883 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/05/10 23:15
言っとくが、とにかくage=E-mail (省略)するから、
こういうのが見つけてやって来るんだよ。何回も言わせるんじゃあない。

884 : 名無し名有りなんでもござれ‥‥:03/05/10 23:40
http://jbbs.shitaraba.com/computer/bbs/read.cgi?BBS=4818&KEY=1045574242&LAST=100

885 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/05/11 01:33
オイ881の句読点がついてないぞ、早く出て来て校正してやりなよ。
プ−多浪ではそれどころじゃあないかッWW

886 :番組の途中ですが名無しです:03/05/11 03:26
なるほど,同和地区が無くなり,部落差別がなくなると,
困る団体が存在していたのですね.だから,
部落解放同盟が,わざと差別をつくりだすという,
とんでもない構造が明らかになりました.
火事が無くなると,仕事が無くなるからと言って,放火する消防署みたいなものですね.


887 :堕天使:03/05/11 12:52
http://life.fam.cx/

888 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/05/12 18:59
事件の前日は市議会議員選挙であり、その翌日である事件当日(5月1日)
から、警察は一斉に選挙違反の摘発に動く予定だった。
それが日本中を震撼とさせた女子高生誘拐事件でそれどころではなくなり、
4日に被害者が遺体で発見されるや、犯人取り逃がしという県警の大失態と
相まって、選挙違反問題などどこかに吹き飛んでしまった。

事件のバックボーンとして、この市議会議員選挙があることにまず間違いない。
国会議員よりも県会議員、県会議員よりも市会議員、という風に下にいけばいく
ほど議員と地元との未着度はより深くなり、土地開発事業などの利権構造におい
て、地域の代議員と地元住民との結びつきもより濃いものとなる。
その利害関係においては一蓮托生の運命共同体といっても過言ではない。
議員の当落が即自らのフトコロを直撃するとなれば、呑気に構えてはおれないの
である。この構造は40年経った今でも基本的には変りはない。

被害者の父は公職ではないものの、堀兼地区の区長という立場で、それなりの発
言権と影響力を持ってはいた。以前に区長選挙をめぐる確執があったことはすで
に述べられているが、事件発生直前に行なわれた市議会議員選挙もかなり熾烈な
争いであった。

選挙戦に入る数ヶ月前、区長側の陣営は対立側のスキャンダルを掴んだ。
当時は半年以上前からの事前運動は当たり前の時代で、現ナマが当然のように乱
れ飛んでいた。住民同士でのことなら選挙違反で摘発されても、大きな問題とは
ならないが、その違法行為が「上」の方に直接結びつくとなれば話は別である。
そのスキャンダルはずばり現職市議のみならずその「親分」たる県会議員ひいて
は地元選出の国会議員までをも巻き込みかねない、インパクトのある汚職問題で
もあった。

889 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/05/13 00:22
一昨日初めてこのスレを見つけて、
過去スレおよび関連サイトを読んでまいりました。

この事件については、高校時代、社会科の先生が
2時間授業をつぶしてお話してくれたことがありましたが、
あまりピンと来ませんでした。
今さらながら認識不足を、恥じております。

前スレの入曽歴3年さんが、落ち着かれて
復帰されるのをお待ちしております。

890 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/05/13 07:10
>>888
>選挙戦に入る数ヶ月前、区長側の陣営は対立側のスキャンダルを掴んだ。
>そのスキャンダルはずばり現職市議のみならずその「親分」たる県会議員ひいて
は地元選出の国会議員までをも巻き込みかねない、インパクトのある汚職問題で
もあった

と断言するのなら、きちんとその事実を示して欲しい。
それはどのようなスキャンダル、汚職なのかを。

それとも、その事実を知らないのは私だけで、みなさんは先刻御存じなのでしょうか。
そうだとしたら、私は初耳なので、詳細を教えてください。

891 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/05/13 18:23
差別を語ると、この事件の本質は見えなくなる

892 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/05/14 00:05
公に示せないからスキャンダルなんでしょうが。
地元の人ならわかるんじゃないかな。

893 :堕天使:03/05/14 01:46
>>891>>892=痴呆

894 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/05/14 11:35
そんでおまいら、17日(土)は行くのか?

895 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/05/14 12:05
部落民はいまや特権階級だろ?

896 :エートマン:03/05/14 13:00
>>895、その通りだ。
どんなに小さなことでも「差別」として糾弾し、時には自らでっちあげてでも、
「差別事件」として追求、その目的とするところは同和利権の拡大だ。
その最大の謀略が、この事件だったということだろう。

親分だの市会議員だの、なんの証拠もないたんなる空想でも、
もっともらしい断言文体で書けば、まあ説得力ありげにも読めるものだ。
しかし、そこまで断言した以上、では納得のゆく根拠と証拠、それに
その市会議員だか県会議員だかの氏名くらいは、はっきりと示せるのだろうな?

「謀略」については、今までに充分な根拠がある。

897 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/05/14 18:07
ないよ。

898 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/05/14 19:02
根拠というのが差別落書きの自作自演事件ですかw

899 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/05/14 19:33
ageてる香具師のコテハソきもい

900 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/05/14 19:41
九百揚げ

901 :名無しさん@お腹いっぱい。:03/05/14 20:32
同和利権の本よみました
差別されてる人はかわいそうだけど
一部の同和権力者は税金をくいものにしている
大マスコミと議会は本気でかいどうの一部の悪人を社会的に抹殺して欲しい
それが良識ある大多数の日本人の世論だ
ゆるせない現代の特権階級だ

902 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/05/14 21:17
だからそれが事件とどう関係あんのよ

903 :盛況 ◆cQ5CwQT2.c :03/05/14 22:55
当板に於いては差別問題関係の投稿により板のテーマである事件の推理から
論点が外れることを忌避する理由から、スレ自体をオカルト板に置き、基本
的にsage指向でやって来たわけだ。だから解同問題や差別関連での投稿に激
しい拒絶反応が出るのも当然と言えるダロウ。

取合えずそういう拒否感情は別にして、近ごろ御乱入の諸氏の投稿による
「謀略説」の根拠を怜悧に検討してみると、おおまか次の如くであろう。

1、動機は同和利権拡大=たしかに事件のお陰で明確にそのテの利権拡大は
  達成されたと言える。解同が一番得をしたとは、確かにそうだろう。
2、自作自演は確かに解同のお家芸ではある。上の方で投稿されているよう
  な落書き自演事件はもとより、様々な方法での陰険悪質極まるはかりご
  とが報告されている。
3、解同と所謂暴力団との結びつきも事実である。被差別部落出身者自身が
  その発祥の祖、もしくは現在トップである仁侠組織も確かに存在するこ
  とだ。
4、解同に関わる自殺者が全国で枚挙に暇がないほど存在するというのも、
  また確かな事実である。一般的なのは極悪な方法による所謂「糾弾」が
  その原因というものだが、それ以外でも表には出ないような死が多数あ
  るだろうということもまた蓋然性のあることであろう。

以上は小生が敢て「謀略説」諸氏のご意見を纏めてあげたのであって、
アクマでも小生の意見ではないヨ。

>>888
ト、言うようなコトには頓着なく、引き続きお説を拝聴したい。結論的には
概略理解出来るのだが、その根拠あたりの展開を望みま酢。
ただ小生個人的には未だに「黒幕説」でも「謀略説」でもなく、真実は意外
ともっと単純なことなのでは、と思っております。これが犯人の意図の矮小
化と言うことで断言されても、では絶対にそれは無いという証拠もないわけ
だから、全ての可能性を検討する姿勢は大切であらう、と。

904 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/05/14 23:28
>>903
やっぱりアンタ、本橋サンじゃない?

905 :あなたのうしろに名無しさんが・・・ :03/05/15 00:39
校正マンって痛いなww;

906 :盛況 ◆Qi1TSD.kqg :03/05/15 07:02
(謀略説)
5、このスレでも「なんで解同は犯人探しをやめたのか」につき、「犯人が
  被差別出身者だったら運動に支障を来たす」と言われて来たが、それを
  さらに100歩以上進軍して解同自身またはその一部の関与が「謀略説」。
  なるほど、これならその疑問、激しく解答を与えておる。

>>904
そいつは御想像におまかせスル(藁
が、小生はOGとヒコツクシ共犯説ぢゃあ、ないヨ。

907 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/05/15 07:04
事件発生後に関係者がこれほど変死した事件って、
想像するだに恐ろしい・・・(((( ;゚Д゚)))ガクガクブルブル

908 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/05/15 14:18
連続変死も恐ろしいが、その死に方と遺された遺書がまた異常すぎる。
彼らの死に方は何度も出ているので省くとして、遺書が確認されているのは
5人のうちOGと次姉と次兄の3人。

OGは欠勤届、次兄はカレンダーの裏に走り書きしただけのもの。
次姉はちゃんとした便箋のようだが、なにしろそれを見たはずの婚約者が
はっきり覚えていないというのだから、推測のしようがない。

文面については、OGは「病気(インポテンス?)に負けた」というものらしい。
次姉と次兄のものはすでに紹介されているように、いずれも異様な内容。
遺書がないTNとITは、その死に様が強烈だ。
この二人も含め、全員死の前には極度のノイローゼ状態だったとも伝えられている。

仮に5人すべてがノイローゼによる自殺だと考えても、なお謎が残る。
平凡な農村の成人が自殺に追い込まれるほどのノイローゼになった原因は何か。
事件とは本当に無関係なのか。

909 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/05/15 17:43
>>908
次姉の遺書はどこに紹介されてるの?

910 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/05/15 18:35
怖すぎてスレ読み返すことができないんでつけど・・・(´Д`;

911 :[ここ壊れてます](1):[ここ壊れてます]
[ここ壊れてます]
501 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)