5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

妖怪を見つけたら報告するスレ

1 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/05/12 18:12
出張先の旅館で座敷童を見ました。


2 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/05/12 18:13
今、俺の隣にぬりかべがいるよ

3 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/05/12 18:13
ぬらりひょんと一緒に2ちゃんやってるよ

4 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/05/12 18:13
出張へるす

5 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/05/12 18:14
鬼が漏れの部屋を通り抜けて逝った!

6 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/05/12 18:16
6ゲット

7 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/05/12 18:18
おにたろう

8 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/05/12 18:19
>>1
どんな感じだった?

9 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/05/12 18:23
>>1は出世するよ!

10 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/05/12 18:43
湘南で河童見たんだけど

11 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/05/12 18:47
垢嘗(あかなめ)

 家の中に住む妖怪で、人が寝静まる時間に徘徊し、風呂場にこびりついた垢をペロペロと嘗めるという。
昔の風呂は木で出来ており、垢も溜まりやすかったので、「垢嘗が来る」と言っていつも清潔にしていた.
つまり教訓から生まれた妖怪といえる。もしかしたら嫌々嘗めてるのかも知れないが。人間って勝手だよな。
 垢嘗はカラー絵では全身赤い色をしているが、「垢」と「赤」の掛詞だろう。

12 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/05/12 18:48
河童(かっぱ)   

 天狗・狐・鬼と並んで、日本で最も有名な妖怪。

茄子やキュウリが好物というホモで、しかも女好き、体はぬるぬるして生臭く、頭に皿、背中に甲羅がある。

河童について詳しく述べると本が一冊できるが、そこまで専門的なことをいってもしょうがないし、書くのも

面倒くさいので、このくらいにしておく。有名でしょ?

13 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/05/12 18:49
ぬらりひょん(ぬらりひょん)

 「ゲゲゲの鬼太郎」で知られているように、妖怪の総大将であると言われているが、どうもしみったれている。

商人の姿で、夕方の家が忙しい時期にふらりと現れては、堂々と家に上がり込み茶などを飲んだりする。確かに

雰囲気だけなら「総大将」といった風情だが、いかんせんやることがみみっちい。

14 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/05/12 18:50
枕返し(まくらがえし)

 夜、寝ている間に出てきて人の枕を勝手に移動させてしまう妖怪。なんともチンケな妖怪だが、実は部屋で亡くなった人の霊魂が悪戯するとも言われている。小鬼の姿をしている。
 実際、寝相の悪い人間が勝手に産み出した想像の産物ではなかろうか。

15 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/05/12 18:51
雪女(ゆきおんな)  

 おもに東北地方の伝承に記され、雪女郎ともいうあまりにも有名な妖怪(小泉八雲によって有名になったというべきか)。
肌は白く髪は長く、非常に美しい女の姿をしている。やはり、大雪、吹雪の日に多く現れる。
 極めて危険な妖怪で、出会って一言でも口を利くと食い殺される、という。顔も見てはならない。
人間が子供を連れている時はそれを奪い去り、また男を誘って精気を吸い取る。
もし出会ってしまったら絶対に顔を逸らし、そばをすれ違って消えていくまでじっとしていればよいというが、詳細は不明。翌朝に凍死者が発見されると、「雪女にやられた」ということになる。

16 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/05/12 18:52
マイケルジャクソン(まーいけるじゃん糞)

17 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/05/12 18:52
飛頭蛮(ろくろくび)  

 これも知らない人はいないであろう有名な妖怪。なぜか女しかいないようで、昼間は普通の人間だが夜になると
首が伸びる。伸びた首は好きな男のもとへ行き、寝顔を眺めているという。

 このタイプの飛頭蛮には、首が自分の意思で伸ばせるものと意思に関係なく伸びてしまうものの二種類いるようだ。

 また、飛頭蛮自体も二パターンあるようで、前出の「首が伸びるタイプ」は「轆轤首」と書かれることが多い。
「飛頭蛮」と書くのはもう一種類のほうで、こちらは首が伸びるのではなく「首が抜けて自由に飛びまわる」タイプ。

こちらはタチが悪く、人の血をすすって殺してしまうこともあるようだ。また、おもに五匹くらいの集団で行動する
らしい。「抜け首」などともいい、「首に赤い線がある女は嫁に貰うな」などという迷信もある。

 後者の「飛頭蛮」は、首が飛んで移動している間に胴体のほうをどこかへ隠してしまえばよいと言われている。
朝になっても胴体に戻れない飛頭蛮は死んでしまうからだ。

18 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/05/12 18:52
ミニスカはいたババア見たんだけど、妖怪ですか?

19 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/05/12 18:57
小豆洗い(あずきあらい)  

 全国に広く分布している(カブトムシみたいだ)妖怪。
「小豆研ごうか人とって食おうか」などと物騒なことを言いながら小豆を研ぐ音をショキショキと立てるのだが、実際にその姿を見た人はいないという。
河に突き落とされるとか、人の血を吸うとかいわれている地方もある。埼玉県入間郡の小豆沢の「小豆婆」は実際に人をさらう。
 「小豆研ぎ」「アズキサラサラ」「小豆磨き」などと呼ばれる事も。

20 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/05/12 19:06
海坊主

海上に現れる巨大な妖怪で、頭に毛がなく、全身が黒い。船の前に突然現れるが、無視していると消える。


21 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/05/12 19:09
つちのこ



山地に棲むといわれている幻の怪蛇。

通行人の前に転がってきて人間がいればその毒牙で噛み付くという。

これに噛まれれば命が危ない。

寸詰まりの槌のような形をしているので「槌のこ」などと呼ばれていた。

名前を変えながらもほぼ全国に分布しており、その名前も、容姿、特徴、行動などからいろいろと付けられている。

22 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/05/12 19:10
猫又

猫が人の屍を飛び越えると、その屍は蘇って、「猫又」になるという。
猫が股がるということで、この名前が付いたのであろうか?
また、猫が歳を経ると、この化け物になるという。 
香川県では、飼い猫が古くなると、「猫又」になり、尾が二つに裂けるという。
二股に裂けた、尻尾から、この「ネコマタ」という名前も連想が付く。
香川県での対処法としては、小豆飯に魚を添えて赤い手拭いをかぶせて、もう暇をやるから出ていけというと、おとなしくいなくなるという。

23 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/05/12 19:13
一つ目小僧


夜遅く歩いていると笠をかぶった子供が寂しそうに立っている。
かわいそうに思って声をかける、振り向くと顔には目が一つしかない。
人を脅かす妖怪。


24 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/05/12 19:16
>>1
西洋毛唐の考えた妖怪は?

25 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/05/12 19:20
ようかい高女の解説キボン

26 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/05/12 19:47
高女(たかおんな) 

 人の命を奪う女の妖怪。身体が自由に伸び縮みするといういわば全身轆轤首。
執念深く、嫉妬心の強いブスがこれに変化するという。道を歩きながら、女郎屋の2階を覗いて歩くとも言われる。
 昔、ある木地屋の男が大阪の問屋に女房を紹介して貰った。その女は非常に働き者だったのだが、子供ができて以来、
家に奇妙な事が起きるようになった。
まず子供が5歳のときに行方不明になり、そのうち使用人たちも段々と姿を消して行き、最初の半分ほどになってしまった。
 ある日、件の問屋が尋ねて来て、「なにか変わった事はないか」と心配そうに訊く。別に変わった事は無いと答えると、「そうか、あとは言うまい。ただ気を付けるがいい」
といって帰っていった。すると女房が戻ってきて、「あの男は何をしに来ましたか」と訊く。
「なにか変わった事はないか」と訊かれたと答えると、急に女房は恐ろしい形相になり、外に飛び出して行った
。男は熱が出て寝込んでしまった。
 すると枕元に誰かが来て、「女房が戻ったら山に行かせてその隙に逃げるがいい」とだけ言って消えた。
やがて女房が帰って来たので寝たふりをしていると、女房はたちまち鬼女の形相になり、着物を脱いで最近掘った新しい井戸に飛びこんだ。
すると大きな雷鳴が鳴って女房は穴から出て来たがその姿は驚くほど美しかったという。ただ下半身は穴の底に伸びており、ここで初めて男は「高女だ」と気付き慌てて山へ逃げた。
あのまま家にいたら使用人たちのように殺されているところだったという。

27 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/05/12 19:50
一度でいいから見てみたい河童

28 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/05/12 19:52
なんつったっけ・・美白の人、あれも。

29 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/05/12 20:00
家鳴り(やなり)

家に棲みつく小さな鬼で、風も無いのに戸を叩く音をさせたり、家を揺らしたりして、住人を不思議がらせる。


30 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/05/12 20:01
貧乏神

金持ちなのにけちで意地の悪い者の家に取りつき、病気や不幸を呼びこみ、一文無しにしてしまう。


31 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/05/12 20:04
貧乏神ならすでに憑いてます・・・

32 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/05/12 20:08
河童村ハケーン!!
ttp://www2.neweb.ne.jp/wc/mcci/kigyou/kappa.htm

33 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/05/12 20:13
磯姫ってやばいらしいね。
見ただけでもとり殺されるとか?
詳細キボンヌ。

34 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/05/12 20:44
油澄まし (あぶらすまし)
 
日本の妖怪で、熊本県天草諸島などで目撃される。油瓶を持ち、物憂げに澄ました顔で峠道に現れ、道行く人々を驚かす。
人間の姿をしているが、頭だけが奇妙に大きく、身体中を蓑ですっぽりと包み杖をついている。
油澄ましの噂話をすると出るといわれ、油を盗んだ人間の霊が化けたものとも言われる。

35 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/05/12 20:45
ぬうりひょんかぬらりひょんか、そこが知りたい。

36 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/05/12 20:46
一反木綿
いったんもめん
 日本の妖怪で、一反(約11m)程の長さの白い木綿の布のような姿をしている。
夜中に道を歩いている人がいると何処からともなくヒラヒラと飛んできて身体や首に巻きついてくる。
鹿児島県高山地方では人を殺す事もあるという。どう見ても布にしか見えないが、刀で切りつけると、刀に血がついたという。

37 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/05/12 20:47
犬神  (いぬがみ)
 日本の中国、四国、九州地方でよく見られる、人にとり憑いて害をなすという犬の霊。
ネズミやイタチのような小動物の姿をしているが目に見えないといわれる。
犬神は人間によって意図的に作られた邪悪な霊で、自分を祀る人間の意のままに動き、命令によって人に憑く。
憑かれた人間は意味不明の言葉を口走り、四つん這いで歩いたりするという。
犬神につかれた家筋は「犬神筋」といい、犬神筋は女系を伝わるので縁組を嫌うが、その家系の者が犬神を祀りさえすればその家は富み栄えるという。

38 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/05/12 20:51
片耳豚  (かたきらうわ)
 「片身豚」とも書く。鹿児島県奄美大島に出現する妖怪の一種。影の無い子豚の姿をしていて、しきりに人の股をくぐろうとする。
これにくぐられると死んでしまうか、性器を駄目にされて腑抜けになってしまうといわれる。
とっさに両足を交差して立てば防ぐことが出来る(この状態でくぐられてもダメージは受けない)。
片耳豚は耳が片一方しかなく、耳が両方無いものは「耳無豚(みんきらうわ)」と呼ばれるが、性質は大して変わらない。

39 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/05/12 20:52
鎌鼬 (かまいたち)
 日本の越後などに現れる妖怪。「窮奇」とも書く。鎌鼬現象(突然皮膚が裂けて、鋭利な鎌で切ったような切り傷ができる現象。
気候の変動で空中に真空部分が生じた時、これに触れた人体気の空気が、一時に平均を保とうとするために起こるといわれる)を起こす原因と考えられた。
決して姿を見せずに一瞬のうちに人間の太ももなどを切り裂くが、肉を大きく裂かれても痛みはなく血も出ない。
このため一説には鎌鼬は必ず三人組で行動し、一人目が人を倒し、二人目が切り裂き、三人目が薬をつけるので傷が痛まないともされた。

40 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/05/12 20:53
牡丹灯篭萌え

41 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/05/12 20:54
で、見たのかよ

42 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/05/12 20:55
ケセランパサラン

 主に日本の東北地方に見られる不思議な毛玉。山形県ではテンサラバサラ、宮城県本吉郡、志田郡、黒川郡ではケサラバサラという。
ある晴れた朝に天上からタンポポの綿毛に似た(しかし種の部分は無く完全な球状)
、白くて丸いフワフワしたものが舞い降りてきたらこれはケセランパサランで、捕まえて桐の箱にしまって大事にするとその人に幸福が訪れると信じられている。
また、その箱の中におしろいの粉を入れておけばケセランパサランが増えたり、大きくなったりするという。
多くの場合は一年に一度しか見てならず、禁をおかすと不幸になるという。雷と一緒に天から落ちてくるとする伝承もある。

43 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/05/12 20:56
コロボックルは妖怪ですか・

44 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/05/12 20:56
木霊  (こだま)
 日本において歳を経た樹木に宿るといわれる木の精霊の総称。「木魂」とも書く。森の中で怪しい音を立てたり、人間の姿で出現したりする。
鳥山石燕の「画図百鬼夜行」には、百年を経た木には神が宿って姿をあらわすと説明があり、松の木の傍に立つ老婆の姿が描かれている。
人の姿は見せないとしても、古い樹木には不思議な力があり、樹齢千年のケヤキを切ろうとした樵達が腹痛を起こしたとか、古木に斧を入れたら血が出たという話は多く、
これらは木霊のせいだといわれている。また声が山に反響して返って来る現象(山彦)のことを「こだまする」というのも、木霊が人の声に応えたものだと考えられたからである。

45 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/05/12 20:57
コロボックル 
 
 アイヌ語で「蕗の下に住む人」、或いは「縦穴に住む人」という意味。身の丈が10cmに満たない小人族であり、アイヌがやってくる前の北海道に棲んでおり、
漁狩猟によって生活していたという。人とときどき交流し、姿を見せることは嫌がったが、鹿や魚を分けてくれたという。
また一説には常人では聞き取れないような早さで喋り、会話をするので、人間と喋る為に遅く喋る練習をするという。

46 :43:03/05/12 20:58
>>45
(´・∀・`)ヘー

47 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/05/12 21:01
座敷童子  (ざしきわらし)
 岩手県を中心に、東北地方に伝承されている屋内に出没する妖怪。赤ら顔でお河童頭の童児の姿であらわれる。
座敷童子のいる家は繁盛するが、いなくなると途端に没落する。座敷童子が住んでいると、寝ているときに枕を返されたり、布団を引っ張られたりといった悪戯をされる。

48 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/05/12 21:02
人面樹  (じんめんじゅ)
 日本をはじめとして東アジア一体で信じられた妖木の一種。
人里離れた深山の谷に生える木で、人の顔とそっくりな花が咲いており、言葉は話さないがしきりに笑う。
笑うと枝が揺れ、笑いすぎると人面の花は落ちてしまうという。鳥山石燕の「今昔百鬼拾遺」にも紹介されている。

49 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/05/12 21:03
砂掛け婆  (すなかけばばあ)
 日本の兵庫県や奈良県に出現した妖怪。神社や森の木の上にいて、人が通ると木の上から砂を振りまいて驚かす。
姿を見せることは無く、本当に砂を掛けられることもあれば、砂を撒く音が聞こえるだけのときもある。

50 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/05/12 21:04
釣瓶落し  (つるべおとし)
 日本における妖怪の一種。寂しい場所にある木の上に棲んでいる。
通行人が下を通ると、井戸の水をくみ上げる釣瓶が落ちるようなものすごい勢いで上から落ちてきて人を驚かす。
一度落ちたあとは何度も上下し、人を釣り上げることもある。人の頭の形のもの、井戸の釣瓶と同じ形をしているもの、鞠のような形のものがあるという。
京都亀岡市の釣瓶落しの場合は人間の顔が木から落ちてきて上下しながら「夜なべ済んだか釣瓶下ろそか、ぎい ぎい」としゃべるという。

51 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/05/12 21:06
天狗 (てんぐ)
 天上や深山に住むという妖怪。
山伏姿で、顔が赤く、鼻が高く、翼があって、手足の爪が長く、金剛杖・太刀・うちわをもち、神通力があり、飛行自在という。
中国で、流星・山獣の一種と解し、仏教で夜叉・悪魔と解されたものが、日本にはいって修験道と結びついて想像されたもの。
通常、第一種は勧善懲悪・仏法守護を行う山神、第二種は堕落した僧侶などの変じたもの、第三種は現世に怨恨や憤怒を感じて堕落して変じたものに分ける。大天狗、小天狗、烏天狗などの別がある。

52 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/05/12 21:07
泥田坊 (どろたぼう)
 日本の水田に棲む妖怪。頭に毛がなく、一つ目で(片目は爛れている)、指は三本しかない。
泥の中に住んでいるので身体は黒く、地面から上半身を出して「田を返せ〜、田を返せ〜」と悲しげな叫び声をあげる。
必死に働いて田を買いためた老人が、死後に道楽者の息子に酒代のために田を売り払われてしまったため、これを恨んで泥田坊になったという。

53 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/05/12 21:08
塗壁  (ぬりかべ)
 日本の妖怪で、福島県遠賀郡の海岸近くの夜道などに出現する。暗い道を一人で歩いている時に、通りを塞ぐように宮に壁のようなものが出現する。
これが塗り壁で、壁の横などを通ろうとしても壁は何処までも続いていて前へは進めない。因みに手足は顔などはついていない。
塗壁にあったときは落ち着いて壁の下の部分を棒でつつくを消えると言う。

54 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/05/12 21:23
垢舐めって赤いの?緑じゃなくて?

鬼太郎で、垢舐めが出てきたとき気持ち悪くて
夢にまで出てくるくらいトラウマになった妖怪ですたが…

55 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/05/12 21:29
中身がスレタイとはまったく別物になってるんだけどどうしたらいい?

56 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/05/12 21:35
ルキフグス・ロフォカレ


ラテン語で『光を避ける物』の意味を持つ悪魔。

彼に取っては人間の魂が大金という感覚のせいか、召喚した物の魂を数十年後に引き渡す契約を条件に、人間では絶対できない無理難題や欲望を解決してくれるが、

極めて危険な存在。

57 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/05/12 23:32
このスレは、はれて妖怪百科事典スレとなりますた。

58 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/05/13 13:54
この際、妖怪百科でもいいじゃん。
誰かキジムナーの解説たのむ。

59 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/05/14 11:08
いいスレ発見

60 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/05/14 13:48
妖怪マンセー

61 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/05/14 14:33
>>60
↑妖怪みっけ!

62 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/05/14 17:23
http://www.youkai.info/ZWiki/YoukaiArt
妖怪いっぱいあります

63 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/05/14 17:27
海外の逆さ男の解説頼む

64 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/05/14 17:29
http://pu-taro.iptokyo.com/cgi-bin/upload.cgi

よければ使って下さい。

65 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/05/15 16:23
今日、天狗を発見しますた

66 :[ここ壊れてます](1):[ここ壊れてます]
[ここ壊れてます]
20 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)