5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

【既出】オカ板ビギナーがする怖い話Part1【OK】

1 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/05/14 22:42
ここにはオカ板ビギナーさんがどこかで見たり聞いたりした怖い話を書いてください。
都市伝説、既出話、夢落ち、ネタ関係など何でもアリです。
要はあなたが怖かった話であることが大事です。
それではみなさん、本から探すなりネットで探すなりして投稿して下さい。

■ローカルルール

厳守
1.長文を投稿する時はメモ帳等で全部書き終えてから一気に投稿する。
2.携帯やPHSなどから投稿する場合は句読点をつけ、読みやすいところで切ること。

基本注意
1.既出だ、都市伝説だ、などの煽り(注意?)は禁止。というかそれが基本ですから。
2.オリジナルを投稿されてもOKですが、著作権は放棄っぽいです。
3.コピペの場合、元ネタを辿りたい人のためにコピペだと解るようにすると喜ばれます。
4.書籍や映画などの引用の場合も同様。喜ばれます。
5.本筋から外れた雑談もそれなりに。

■関連スレ「洒落にならないくらい恐い話を集めてみない?」

2 :ゲミル ◆xmY25vXJ02 :03/05/14 22:43
3ってことで

3 :ゲミル ◆xmY25vXJ02 :03/05/14 22:43
2かよ!!!!!!

4 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/05/14 22:44
いえーい

5 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/05/14 22:45
>>1
スレ立て乙!

6 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/05/14 22:45
記念パピコ

7 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/05/14 22:55

   ___
   |ノットッタ!|
    ̄ ̄ ̄|
        ヽ○ <コノスレッドハ ワタシガノットッタ!!
         □ゝ
         <<



8 :ゲミル ◆xmY25vXJ02 :03/05/14 22:58
>>7
すかさずワタシモノットッタ!!

毎回スレ汚しスマソ

9 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/05/14 23:03
9?

10 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/05/14 23:17
どうせなら、目立ちやすいようにage進行ってのはどうよ?

11 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/05/14 23:18
俺は>>1に乙なんて言わないからな

12 :9:03/05/14 23:18
んじゃ、1桁ついでに早速怖い話を・・・
前に何かの本で読んだ話なんだけど、どの本だったかは忘れた…学校の怪談(緑)って本だったかも…

ある所に美人でなんでも良くこなせるOLさんが居た(以降はAさんと呼ぶ)、その日は朝から雨がしとしとと降り続いて居てとても嫌な雰囲気でAさんは仕事は早く切り上げて早く家で休みたかった
だけどそんな日に限って仕事を多くやらされるハメになってしまい、残業をする事に
仕事が終わり帰る時間になったのは夜中の2時頃、しかもまだ憂鬱な雨は降り続いている

Aさんは「なんだか嫌な雰囲気だなぁ・・・」なんて一人ごちて自分の車に乗って家路を急いだ
すると大通りを抜けて人通りもなくなってきた道になってふと後ろをずーっと追いかけてくる車に気付いた

初めは「単に偶然に同じ方向なんだろうな」なんて考えていたAさんだったが、流石に30分以上も追いかけ続けられて不安になってきた
「まさかストーカー?」そんな気持ちが沸き始めてきた時に後ろの車がパッシングをしたりしている、ふとバックミラーで後ろの車を見るとその車には物凄い形相をした男が!

Aさんは「まずい!」と思って必死に車を走らせてなんとか後ろの車を巻く事が出来た
再びバックミラーを覗いて後ろに車が追いかけてない事を再確認し安堵した

が、Aさんは再びそこで体を堅くした

Aさんを執拗に追いかけていた車はある事をAさんに知らせたかったのだ・・・

車の後部座席に居る斧を持ち狂気の笑みを浮かべている男の事を・・・

13 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/05/14 23:20
なんかさ、興味有るスレとか見付けてカキコしても、ガイシュツとか過去スレ読めとか、
頭ごなしに言われて悲しくなる事ある。パート○○とかって長く続くスレほど常連の馴れ合い気味に
なってる事が多いかな。馴れ合いがいけない事も無いけど。どっちかって言うと
好きだけど、他者を排除的なのはどうかな。長く続く良スレもたくさん有るけど。
暇人の独り言でした。

14 :9:03/05/14 23:20
ベットの下の男に似てる話だけど、以上でっす

ついでに微妙に脚色もしてみましたが、いかがなもんでしょ?

15 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/05/14 23:22
後ろ男・・・ガックンブルブル

16 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/05/14 23:23
>>13
それはそのスレに直接言うべきでは?
っていうかそういう人ためにこのスレがあるんじゃないの?

17 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/05/14 23:31
age

18 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/05/14 23:33
>>1
乙です。

>>10
あっ、それ大賛成です。
原則age進行でいきましょう。

19 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/05/14 23:34
聞いた話なんだけど、
港で転んでフジツボびっしりなんだって。

20 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/05/14 23:35
ここは常駐メンヘルの自作自演板だから排他的なのは当たり前
sage名無しでの鬱陶しい煽りに特に注意。

21 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/05/14 23:36
子供を殺した後に産れた子供が言いました。

「今度は落とさないでね」

22 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/05/14 23:37
>>19
考えたけどオチがわからない。

23 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/05/14 23:38
age進行は『オカ板常連』に嫌がられそうだなぁ。

24 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/05/14 23:41
必要悪として認めてもらいたい。結果的にこのスレが成功すれば、
他のスレの常連にも意義を理解してもらえるはず。




つーか、こういう雰囲気じゃビギナー入りにくいよな。


カモン!初心者!

25 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/05/14 23:41
初心者をバカにするスレができてうれしいな

26 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/05/14 23:45
>>20
いや確かにそうだけど、そんなんばっかりでもないよ。
結構年齢層も幅広いし、まともな奴も多いしさ。
まあ決め付けはよくないてこった!


27 :コピペ1:03/05/14 23:46
病理実習でレポートを提出する役になった友人、助手から標本室の鍵をもらうときこんな話
を聞かされました。「地階の廊下で、おかっぱ頭の女の子がマリつきをしているのを見たら、
絶対目を合わさず、話しかけられても喋るなよ。いっぺん返事をしてしまうと、すごい力で
手をつかまれ、こう言われるんだ。『私って、大人になったらどんなだと思う?』そう言うと
見る見る美女に変身して『こうなれたはずなのに、お前達のおかげで…』と化け物の顔になって
襲ってくるらしいぞ」「それから?」「それから…って、まあそういう話だから」

何を古くさいホラ怪談言ってるんだか、と友人は標本を探し出して実習室に帰っていこうとして
いました。するとどこからともなくマリつきをしているような音が聞こえる。見ると、来るときには
気づかなかったが、霊安室 がほんのり明るくなっており、その前で小さな女の子が手まりを
持ってたたずんでいるではありませんか。友人の心臓は縮み上がりましたが、常識が現実に
引き戻します。何を考えているんだ、この子は現実の存在だ、家族に不幸があって、ここで
待ってるだけなんだ、なにを怖がることがある…。

28 :ダヌル・ウェブスター:03/05/14 23:47
初心者なんて人間のうちに入らんもんな。

29 :コピペ2:03/05/14 23:47
ぎくしゃくと通り過ぎようとする友人を、女の子が呼び止めました。子供に似合わぬ刺すように
鋭い視線を寄せ、「せんせい、お母さんのしゅじゅつの様子はどうですか?」と。落ち着きかけていた
彼の心臓はまた凍り付きかけます。手術って…、なんで霊安室 前でそんなことを…、ああ、
やはりこの子は霊なんだ、母親と一緒に事故にでも遭って死んだのに、母親を心配して
自分はまだ生きてるつもりで白衣の人間に様子を聞いているんだ、そして母親と自分を
救えなかった恨み言を言い始めるんだ…。

何も言ってはいけないと言う忠告もどこへやら、彼は蒼白になって言い訳を考えます。
ボクはね、白衣着てるけど医者じゃないんだ、まだ勉強中なんだ、お母さんや君のことは
とっても気の毒だけど、ボクは関係ないんだ…、そう言おうとしたとき、霊安室 横のドアが
開け放たれます。彼は声にならない叫びをあげながらそちらに向き直りました。

30 :コピペ3:03/05/14 23:48
そこには目を真っ赤に泣きはらした若い男性が立っていました。そして先ほどの子供を
手招きし、抱きすくめました。ふるえながら壁にへばりついている友人と目があって、
男性は訝しげながら会釈し、普通ならぬ様子に「子供が何か?」と尋ねてきました。
新手の霊の登場かという疑いも捨てきれない友人は、それでも落ち着きをしだいに取り戻し、
かすれる声で答えます。「お子さんがお母さんの手術のことで聞いてこられたもので、
事情が判らなくて…」

男は苦い笑みをかすかに浮かべました。「そうですか。実は女房が急死しましてね。
病院についたときにはもう…。今解剖中なんです。お母さんの体の中をもう一度調べて
もらうと子供に説明したら、死んじゃった後でも手術して助けてもらえるんだね、って言うから
そうなったらいいねって…。」

しばし呆然と立ちつくした後、友人はご愁傷様でしたと頭を下げ、まだ震える手足をせかせて
その場を去りました。振り返ると、その親子は薄暗い廊下でいつまでも寄り添いすすり泣いて
いました。体に血の気が戻ってくるのと、ガラにもなく涙があふれてくるのを感じながら、
これは本物の怪談だった方がよっぽどダメージ少ないだろうな、と友人は感じたものでした。

友人はその後基礎研究の方向に進みました。「臨床だと、毎日の仕事がああいう悲しみの上に
成り立つのか、なんて感じたんだなあ」とのこと。

31 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/05/14 23:52
昨日だけどこの板読んでて、非常に嫌な夢を見た。
前は「お前ら目の前で死んだ奴を語れ」だっけ?そんな趣旨のスレを
読んでてパニック障害になりそうになた。
みんなはこの板で怖い思いしたことない?
精神的に不安定なときにオカルト読むと、てきめんだね。効くわ!

32 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/05/14 23:57
良い子のみんなはこのスレで初心者の悪い見本を見て
早く上級2ちゃんねらになってね。

33 :コピペ3:03/05/14 23:59
まー向こうの住人にしてみりゃここは隔離スレだから
こんな状況でもいいんだろうけどね…。

34 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/05/15 00:00
名前消し忘れスマソ。

35 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/05/15 00:04
今日ラジオで小耳にはさんだのですが

ある医者のところに電話したら、受付のお姉ちゃんが

「ただいま先生は、ソトダシ中です」
って、外出な話

スマソ、下痢してんだ

36 :雪山の怪:03/05/15 00:07
前に買った怪談話の本のネタ

O先生に聞いた話、O先生は大学の時に登山部ってやつに所属していて長期の休みに入った時は夏も冬も良く山に登ったそうだ
「山ってやつはなめてかかるとすぐに手のひらを返してくるから油断は出来ない」
修学旅行の時に怪談話ってやつを始めたらO先生も入ってきてこんな事を言い始めた

「俺もな、あるんだよ。不思議な体験が・・・」
妙に神妙な空気になってきていままで騒いでた友達も黙って先生の話を聞き始めた

大学2年の冬に去年も登ってなんともなかった山にもう一回登山部で登る事になった、
メンバーは顧問のS先生とO先生、それとO先生の友達2人(HさんとYさん)に新入生のDさんの5人だったそうだ
その日は登りはなんともなかったんだけど帰りに急に吹雪始めた、山の天候は女心よりも移りやすいもんだ

吹雪の中をどのぐらい歩いたのだろう・・・足も手も顔の感覚もなくなってきて皆体力の限界に近かった
そんな時に新入生のDさんが急に倒れた、彼は体力をつけるために登山部に入部したらしいが、過酷な状況では耐え切れなかったらしい

高熱を出し苦しむDさん、だけど猛吹雪の中休む事も出来ない
O先生がDさんを背負ってパーティーはまた歩きだした

それからまた暫く経って山小屋を見つけたんだ
皆喜んだ、「これでDを休ませてやれる!」とか「あそこで今晩凌げばなんとかなるな!」って
山小屋に入ってDさんをおろして皆で話かけた

「おい、D!大丈夫か?山小屋についたんだぞ!」ってね
でもDさんは既に氷の様に冷たくなって亡くなっていた・・・

続く

37 :13:03/05/15 00:08
>>16
そのスレって言うか、オカ板に限らずなんだけど、2chやる時にたまに思う事、
書いてみたんだよ。面白いスレ立ったな、と思って。
絶対ガイシュツだけど、どうしても聞いてみたい話が有る。なんて人がここに来て
しゃべって行く。ってな感じでマッタリ続く良スレになれば良いですね。ではね


38 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/05/15 00:11
初心者はとりあえずROMれ、と

39 :雪山の怪2:03/05/15 00:15
続き

皆、ショックを受けた
こんな事になるなんてって・・・

Dさんの遺体は部屋の真ん中に置かれた、それから次はみんなが生き残るための事を考えなくっちゃいけなくなった
O先生が「このまま眠ったら皆で一緒にあの世いきだ、体を動かして眠らないようにしよう」って提案した

その時に友達のHさんが「四人で部屋の角に立って壁沿いに歩いて次の角の人にタッチしてそれを繰り返すスクエアをやろう」って言った
それから朝まで全員スクエアを続けた

外の猛吹雪が止んで明かりが刺してきた頃に皆やっと朝になったって喜んで下山しようとした
その時にO先生がまたDさんを背負おうとしてふと気付いた

「部屋の中心に置いておいたはずのDの死体がない!」
O先生は叫んだ、皆も「えっ!?」って驚いて探した

そしたらなぜか部屋の角でDさんの遺体が座りこんでた・・・
そう、スクエアは4人じゃ絶対に出来ない・・・5人居ないと続かない・・・
その5人目はDさんだったんだ

40 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/05/15 00:16
初心者は必ずリンクはすべてクリックして下さい。
修行しないと道は開けません。

41 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/05/15 00:17
どんな主旨のスレでも超がいしゅつな話を見るとむかつくね

42 :ピロピロ:03/05/15 00:18
スレ立て乙! じゃあ書いちゃうか。
俺が工房の時の話。
ある日チャリで学校から帰ると母親から用事を頼まれた。
「この封筒、川に流してきて!」
「なにそれ!」
「いいから、帰ってきたら話すから。あと、流したら帰ってくるまで絶対
 後ろ振り返っちゃだめだからね!」
そう言われて俺が渡されたのは普通の封筒を墨汁で塗りつぶしてある黒い
封筒だった。
よく解んなかったが薄暗い中をチャリをとばして橋まで向かった。
俺の住んでるとこから橋までは10分位だったが、田舎町なので途中、家が一軒
も無く両脇に竹やぶが生えていてトンネルの様になっている所を通って行かね
ばならなかった。そこを通って橋に着いた時はだいぶ暗くなってしまった。
俺はなんか怖くなり封筒を川に流すと後ろを見ないようにしながら、マッハで
チャリをこいで家に向かった。なんか後ろが気になるが振り返らないようにし
て竹やぶに入った時だった。「ガクン!」急にチャリのペダルが重くなり、
なかなか前に進まなくなってしまった。俺は「絶対パンクじゃねえよ!」と確信
して後ろを見ることが出来ず、立ちこぎして少しずつ前に進み竹やぶのトンネル
をぬけた。その途端に後ろがフッと軽くなりパニックになりながらもなんとか家
に帰ることが出来た。
家に着いてさっそく母親に聞くと、親戚の葬式の時に火葬場でひさしぶりだから
と記念撮影したら男の生首が写ってしまったそうだ。お寺で相談した所、黒い封
筒に入れて仏壇にあげ1週間お線香をあげてから川に流しなさいと言われたそう
だ。帰りに後ろを振り返るとくっついて来るとも。
母親は自分で流しに行くのが怖いので、俺に行かせる為に1週間秘密にしていた
らしい。あの時後ろを見たらと思うと洒落にならん!

43 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/05/15 00:19
>>41
だったらいちいち見に来るなと、そんな簡単な事も分からないのか

ああ、釣られたのか俺は('A`)

44 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/05/15 00:20
>>1-43 自分はビギナーではないと思ってるビギナーさん

45 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/05/15 00:51
ふと視線を感じ窓を見たら、秋葉カンペーさんが・・・

46 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/05/15 00:54
>>36
似た話を聞いたことがあるけど、死体の人がぐるぐるを手伝ってたってのは
聞いたことなかった。面白かったよ。

47 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/05/15 00:57
いちおうこのスレをオカ板のwelcomeスレッドにするという意味でも
出されたネタには反応しようよ!
「ああそうか! それはきつい体験だったね」とかさ、
「う〜んごめん。 それ聞いたことあるわ」とかあくまでもはんなりとさ


48 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/05/15 01:08
げっ、つまんねーな!

49 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/05/15 01:23
>>47
無理に盛り上げればいいってもんでもないぞ、かえってつまらん。
興味ある人同士が語り知っている人が答える(即レスじゃなくても)が自然。

50 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/05/15 01:34
なるべくこっちはage、あっちはsageて行こうよ

51 :ν酋長 ◆CGrsi.YPSE :03/05/15 01:34
>>50
あっちってどっち?

52 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/05/15 01:44
洒落恐

53 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/05/15 01:48
まーるはっちんを写真にとったらミイラみたいになってて
慌ててお寺に見てもらおうとして竹林に入ったら
後ろから「オイ」って言われるかしまさんのスレはここですか?

54 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/05/15 01:50
無理やりレスをつけるスレはここですか?

55 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/05/15 01:52
友達が急にアイスを買いにコンビニに行きたくなって外に出たら
「畳の下に3ミリの男がいたの!」って言ってみたりするスレはここでつね

56 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/05/15 02:00
3_なんて気付かずに踏み潰しちゃいそうだけど???

57 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/05/15 02:07
>>47は、そんな適当なレスを返されて相手が喜ぶとでも思っているんだろうか。
つまんねえヤツだな、楽しいか?
あおってるヤツのがまだマシだし。見てて楽しいな。

58 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/05/15 02:09
むしろ三頭身で超ミニサイズの
缶コーヒーのBOSSのヒゲオヤジが
部屋中を走り回ってみたりするスレです。

59 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/05/15 02:12
>>42
まるで実話と思ってしまいそうな語り口が新鮮!

60 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/05/15 02:35
何だか部屋が普段と違うと思っていたら、
戸棚と戸棚の隙間に薄っぺらい人間が居たっていう話は、
もう外出ですか?そいつは長い黒髪の女で、
白眼の無い目でにらみ、唇は真っ赤だったそうです。

61 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/05/15 02:45
それからどした?

62 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/05/15 02:56
オイオイPART1の2ケタ代のレスでコレじゃ先が無ぇだろーが
洒落恐さえ荒れなきゃいいってことなのか?

63 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/05/15 03:07
http://www1.ocn.ne.jp/~jet-web/kowai/
洒落恐スレの集計サイトだが、怪談の全文検索機能、
更に超ガイシュツ話をわかりやすくまとめてあるスグレモノ。

とりあえず超ガイシュツ話くらいは確認して書き込むと、
>>41 みたいな事を言われずに済みます。

64 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/05/15 03:07
まあ、そういうことだね。ここはダミー・スレ(w
ほんとに怖かったらコピペで本スレに持ってけばいいじゃん

65 :60:03/05/15 03:17
>>61
俺がまだリアル消防の頃聞いた話なので、忘れた。知ってる人いるかなと思って。
ベットの下の人の話はよく聞くんだが。

66 :47:03/05/15 03:18
>>57
んなんだよ? いけねーってのかい?
いいじゃあねえかウエルカムでよ。なんか文句あんの?
なんで殺伐としてなきゃいけないの。

67 :47:03/05/15 03:21
おまいら板の不良が新しいコンビニができたからって
たむろしてるんじゃねーよ!
ハイハイ! 散った散ったあ!

68 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/05/15 03:34
トイレ貸してください

69 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/05/15 03:36
板の不良はいますぐ消えて下さいっっっ

70 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/05/15 03:41
スレ立て乙!外出上等!!つうことでテケテケの話を書きます。テケテケテケテケテケテケテケテケ
埼玉県立浦和南高校での出来事です(と聞きました。今から15年位前)
校庭で練習するサッカー部のエースのことを、毎日ずっと見つめていた美少女がいたんだって。
3階かどっかの教室のベランダの手すりに頬杖をついて寄りかかってね。
で、彼もまんざらじゃなかったんで、ある放課後、練習終了後の夕暮れ時に、
彼女の教室まで階段を上っていったんだって。
で、彼女はいつものようにベランダの手すりに寄りかかっていたのですが、
そ の 子 に は 上 半 身 し か な か っ た ん だ っ て。

彼は一目で「テケテケだ!」と分かってダッシュで逃げたんだが、テケテケなので
両手のひじだけを使ってものすごいスピードで廊下を追ってくるんだって。
で、最上階の隅の男子便所の個室に逃げ込んで、これで大丈夫だろう、って思って、
ふと上を見上げると、その女の子が壁をよじ登って、壁の上から、いつものように
頬杖をついて彼を見つめていたんだって。
施錠時、警備員さんが発狂した彼を発見したそうです。

71 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/05/15 03:50
70さん
とっても興味深い話ありがとう!
でも、ちょっと聞いたことあるかも。。でも最後のほうの展開は初耳!

72 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/05/15 03:50
>>47
そんな煽りに反応するなよw

でさ、何でもかんでもレスすりゃあいいってもんじゃないだろ?
ネタ投下してね、「マジ恐い」とかレスが返ってきてさ。
それがお世辞だったらなんつーか素直に喜べないだろ? 少なくとも俺は喜べねえw

>>49 が比較的まともな事言ってると思うんだがどうよw

73 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/05/15 04:16
テケテケの雪国バージョンきぼんぬ

74 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/05/15 04:27
>>73
これだね多分。

ttp://osi.cool.ne.jp/UL/n79.htm
都市伝説サイト「現代奇談」


75 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/05/15 04:35
南浦和ってさあ
鈴木健の母校?

76 :ピロピロ:03/05/15 05:09
俺の家に人形がある。幼児の姿をした人形で年齢は2歳くらい。かなり昔に作られた
ようで(多分昭和30年代くらい)、現在売られているかわいらしさを前面に打ち出し
ている人形と違いリアルに作られていて髪の毛は微妙にそろってなく、目は透き通った
プラスチックで出来ていて、口は少し開き舌の部分がが少し見えていものだった。
全身はセルロイド?で出来ていてくすんだエンジ色のツナギのようなベビー服を着ている。
俺が物心ついた時から家にあったのだが、不思議に思い聞いてみると誰もこの人形を
もらったり、買ったりした覚えがないそうだ。この人形は俺が成長するにつれて押入れ
にしまい忘れられていたのだが・・・

ある夜俺が机にむかっていた時のこと、背後にある押入れから急に
「ガタッガタガタッ」と音がなりひびいた。俺は何事がおこったのかと思い恐る恐る
ほんの少しだけ押入れを開けてみた。そのとたん「オギャー、オギャー!」という
泣き声とともに人形が顔を出してきたのだ。俺はかなりビビリまくっていたのだが
押入れを思い切ってガラッと開けてみると人形がコトッと倒れた。俺は
「なんだ、なんかの振動で押入れの中で崩れてきたんだな。」と思い人形を持ち上げて
からある事に気づいてしまったのだ。

その人形の中は空洞になっていて、泣き声をだす機能なんか付いてない事に・・・

77 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/05/15 05:12
チャッキー?

78 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/05/15 05:29
>13 よくわかるよ・・・

79 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/05/15 07:07
ここは某スレの人達が、オカ板ビギナーを嘲笑う為に立てたスレです。
みなさん釣られないでねっ エヘッ

80 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/05/15 07:40
釣り堀スレだからたまにはエサもやらないといけんな

81 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/05/15 12:13
常にage

82 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/05/15 13:05
へー、こんなスレ立ったんだ。俺もちょっと前に「ガイシュツなオカルト話を晒してみない?」ってスレ立てた事あるよ。
目的はこのスレと大体同じ。「洒落恐」でさんざんガイシュツな話絡みで荒れてたからそれを防ぐために。
初めは良かったんだよね。でもすぐネタが尽きて(すぐでもないか)消えてしまった。
ま、定期的にこういうスレが立つのもいいかな。

83 :竈馬 ◆fyDH/oLHq. :03/05/15 13:43
学生時代に野郎3人で九州方面に9泊10日の旅行をした。
同行した友人の母方の実家が、タダで泊めてくれたんで助かったんだが
或る日そこのご主人(友人にとって祖父)が海岸沿いを岬の端まで案内
すると言うので車に乗り込んだ。
帰りは、夏とはいえ薄暗くなりかけた頃、主人がいきなり釣の話を始め
たんだが、俺も釣好きなもんで会話が弾んだ訳だ。
その時、離れの岩礁に釣人のヘッドランプが光るのが一瞬見えたので、
主人に「あそこで誰か釣ってますね、ライトが…」と言いかけて言葉に
詰まってしまった。
改めて見ると岩礁には人影すら無かったんだ、見ると主人の顔色もスグ
レないし、なんか変だとは思いつつその場は済ませた。

84 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/05/15 14:35
この話しの続きは皆で考えよう、今日の宿題だ

85 :過去の名作:03/05/15 16:22
Sさんの知り合いから聞いた怖い話。

Sさんは夜中、息苦しくなって目が覚めた。
Sさん「この辺りに立ち込める怪しく重苦しい雰囲気はなに?
 何かこの世のものとは思えない得体のしれないものを感じる。」
すると突然。
 「ヒヒヒヒヒ…」
なんとそれは目が釣り上がり、口が耳まで裂けた恐ろしい幽霊だった。
Sさん「きゃぁぁぁぁぁ。なんて恐ろしい幽霊なの。
 食べられたらどうしよう。」
幽霊「ヒヒヒ…なんておいしそうな娘なんだ。
 いままで沢山食べた中でこんなにおいしそうな娘は久しぶりだ。
 どこから食べていいのか迷ってしまう…」
Sさん「はやくここから逃げなくちゃ。
 でも足が動けない。」
Sさんは必死に逃げようとするが、あまりのその恐ろしさに
足が竦んで動けないのであった。
幽霊「よーし決まった。おしりから食べることにしよう。
 ヒヒヒ…大分待たせたな。」
そう言って、幽霊はSさんに一歩一歩ゆっくり近づいて行った。
Sさんはただベッドの上で毛布を掴み、じっと震えているだけだった。
Sさん、絶体絶命のピンチ。


86 :過去の名作:03/05/15 16:22
そして幽霊が毛布を剥ぎ取ったその瞬間。
幽霊「うわー。おまえの首に掛けているその聖なるものはなんだ。」
それは十字架のお守りだった。
Sさん「そうだ、確かおかあさんが、魔物に襲われたら、
 この十字架を魔物に向かってかざしなさいと言っていたんだ…」
Sさんは幽霊に向かって十字架をかざした。
幽霊「うわあああー苦しいー。まさか十字架を持っていたとはー。
 でももう少しでおいしそうな娘に牙が届きそうだ。」
それでも諦めずSさんは一心に祈った。
Sさん「神様、神様、どうか私を守ってください。
 母さん、守って…」
幽霊「これには耐えられない。うわわわわ…」
幽霊は、聖なる力のあまりの強さで消えてしまったのであった。

Sさん「わ〜い助かった。神様、守っていただいてどうもありがとう。
 え〜んお母さん怖かったよ〜」
こうしてSさんは幽霊の恐怖から救われたのであった。

87 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/05/15 16:31
微笑みage

88 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/05/15 16:51
>>87
洒落にならないのスレの方がニヤニヤしにいらっしゃったのですか?

89 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/05/15 16:55
いつ読んでもこわいなぁ。トイレ行けなくておねしょしたらどうしよう。

90 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/05/15 16:58
自分達で立てたスレを自分達で荒らすのは楽しいのですか?


91 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/05/15 17:04
>>84
宿題かぁ、僕ちゃんとできるかなぁ!ワクワク!
先生叱らないでね(>_<)だってまだ1年生なんだもんっ!

92 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/05/15 17:11
tokorode ima nanzi?


93 :通りすがり:03/05/15 17:27
ここは酷いスレですね、面白いので全部読んだ。そこで、素朴な疑問がひとつ。
>>47>>72にレスしないんだろうか。
何にでもレスするのにアドバイスはスルーなのかな。
ネットでこれじゃ、リアルで友達いないだろうな。図星?

94 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/05/15 17:58
粘着

95 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/05/15 18:02
>>93
ごめんね、>>72さん、なんかサーズにかかっちゃっみたいで
うつしたら、わりいからさ。へへっ

96 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/05/15 18:37
>>95
本スレを必死に埋め立てようとしているのは
オマエ(47)の仕業ですか?

97 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/05/15 18:42
>>96
これじゃ無理だろっw

98 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/05/15 18:47
100

99 :ビギナー型メージロウ:03/05/15 18:51
あひ あひ あひ あは あは あは た

100 :96:03/05/15 18:54
>97
だね(w

101 :さげ:03/05/15 18:55
よーし!恐い話考えちゃうぞ!期待するとエライ目にあうよ

102 :[ここ壊れてます](1):[ここ壊れてます]
[ここ壊れてます]
134 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)