5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

霊体験だ!!と勘違いした恐ろしい話。その3.1

1 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/05/21 22:52
鯖落ちでなくなったみたいなので再びスレ立てました。



2 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/05/21 22:53
バントとみせかけて強打。

3 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/05/21 23:00
糸冬

4 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/05/21 23:52
先輩の家で暇つぶしに先輩と友達とでエロビ見て、少し眠って、明け方頃起きた時の話
起きたのは俺一人で明日が学校なのでさっさと帰って寝ようと先輩の家を出た
戸を開けると外はまだ薄暗く、紺色と黒の世界。色彩全くなし
階段を降り、伸びをする。
と、上空を黒い何かが横切った。いや、よこぎったっつーか、回ってる
何かがかなりの高速で俺の真上を横切ったり、回ったりしている。
何これ・・・・何これ・・・・・と頭の中は真っ白。
1分ぐらいたって、ふと我に帰り、恐怖が湧いてきた。
先輩の家に戻り、友達を起こす。「変なもんが見えーわ」って
友達と上空を見上げると、やっぱり回ったり、横切ったり。しかも3〜4個ぐらい
「あ〜、幽霊の類見たの初めてやわ」と呆然という友達
俺の幻覚じゃなかったのか・・・と思い一安心。その間にも辺りはだんだん明るくなってくる。
そして聞こえてくる鳥の声。・・・・・鳥?
そう、ツバメだったんです。
多分だけど。(明るくなってから見ても全然そんな動きしなかったから確信がない・・・・)


下らん上に長文だな。ごめんぬ

5 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/05/22 04:01
初代スレ
http://mimizun.mine.nu:81/2chlog/occult/piza.2ch.net/occult/kako/965/965270814.html
前スレ
http://hobby3.2ch.net/test/read.cgi?bbs=occult&key=../dat9/1050326351
(106以降欠落)

>>4
状況が稲川淳二の怪談ぽくて微妙に怖い。
(毎朝枕もとに鳩がやってくる、という友人の家に泊まったが
それは「クックッ・・・」とほくそえんでる生首だった・・・って奴)

6 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/05/22 21:31
近所が秋まつりの準備で盛り上がっていた頃の事。
深夜に2階でウトウトとしていると、窓の外から
「ギイィィィィイ・・・・キィ・・ギイィィィィイ・・・・キィ・・」
と、何かが軋むような気味の悪い音が聞こえてくる。
ボロ自転車の音か?と思ったが、その音は遠のく事なく
しかも同じくらいの高さから聞こえてくるのだった。

後日、まだ外が明るいうちにその音が聞こえてきた。
窓の外を見ると、家の前に立てられた秋まつり用ののぼり
(2階立てほどの高さがある)の軸が風で激しく揺れている。
おい、立て付け大丈夫なのか?と別の意味で怖くなった。

7 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/05/24 19:38
>>5
その稲川淳二の鳩の話が入ってるビデオを観た後、明け方目が覚めた。
ウチはクーラーが無いので夏は窓を開けっぱなしにしてる。
「クルッ」だか「クッ」だかなんか声が聞こえる。
「ああもしかして、もしかして、、、。」と思ってたら、
鳩では無く無論生首でも無く、カラスだった。 トホホ

8 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/05/24 23:07
>>7
いいなあ、ヴァーチャル稲川体験(w

前スレの欠落分のログ、ここか優良作再生スレに貼りましょうか?
終盤の悪魔憑きの話が好きだった・・・

9 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/05/25 19:20
>>8
>>7ですが、悪魔憑きの話って、
天井から「トントントン」だったらそれも自分です。
お気に召して頂いてなによりです。
他の人がいいんなら自分は構いません。

10 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/05/26 00:21
ありがちだと思うが・・・
買ったばかりのプレステでRPGをやっていた時。
全員のコマンドを打ち込んだ後、机にコントローラーを置いて
次ターンまで別の事をやっていた。
すると突然「ガガガガガッ!」と音が。
びっくりしてそちらを見ると、コントローラーが自走している。
呆然と見ていると、床にゴトッと落ちてしばらくもがいた後、やっと止まった。
ええ、デュアルショック機能(場面に合わせてコントローラーが振動)
のせいだったんですがね、その時はマジ氏ぬかと思った。

11 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/05/26 14:57
&diamonds

12 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/05/26 21:56
保守&diamonds;

13 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/05/27 00:09
今朝、電車の扉近くに乗っていた時のこと。
駅で停車したときに「すみません、降ります...」と近くでか細い声が聞こえたが
誰も動かない。「何で?誰?」と捜したがそれらしい人物もいない。たぶん別の扉
の辺りの声がたまたま近くでの様に聞こえたのかもしれないが、一瞬ぞくぞくっと
した。
ちなみに、その後、電車を降りて改札を出ようと定期を自動改札機に入れたところ
取り出し口から「トースターから飛び出すパン」よろしくすっ飛び出してきて、これに
も少しびびった。
駄文スマソ。

14 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/05/27 01:41
うちのパソコンのコードレスマウスは、動かしていないのに
ポインタが動くという誤作動がたまに起きる。

ある夜、「ツインピークス」のテーマ曲のmp3を発見したので
ローラ・パーマーの死に顔を思い浮かべつつマターリ試聴。
曲も終盤になり、他の曲を探そうと思い画面に目をやると
ポインタが左下隅でブンブン回転していて、マウスが効かない。
よくある事とはいえ、状況が状況なのでちょっと凍った。

その直後、撮影時に死人を出した「トワイライトゾーン」の曲も聞いたが
何も起こらなかった。良かった。

15 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/05/27 01:44
おまいらここは良スレですね。

16 :前スレ欠落分:03/05/27 02:13
datに残ってはいるが、時間帯によっては見られない分のログ。
─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ 
No.102 - あなたのうしろに名無しさんが・・・[03/05/15 14:22]

夏、一人部屋にいると、壁からガラン…ゴロン…と低い音がする。
マンションなので、排水溝の音かと思っていただ、ちょと違う。
しばらくするとまた、ガラン…ゴロン…と低い音。
あわわ(((( ;゚Д゚)))ガクガクブルブルとしてると、冷蔵庫の製氷器でした。
─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ 
No.103 - 総高架 ◆4Ev0m2bXhk [03/05/15 15:54]

深夜、いきなり携帯電話が鳴り出したが、3コールで切れてしまった。
着信b見るが都区内の03で始まる知らない番号。
次の日、突然昨夜の着信を思い出したので、b表示させて公衆電話から
かけてみたら『あなたがおかけになった電話番号は現在…』
オイッ!昨夜の3コールは何だったんだ!
─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ 
No.104 - あなたのうしろに名無しさんが・・・sage [03/05/15 16:13]

残業と休日出勤が2ヶ月ほど続き、やっとまとまった休みが取れた
前の晩は夜更かしをしてDVDを何本か見て、起きたのは昼過ぎ
そのまま夕方までぐだぐだしてたら、きました
右半身にずん、とくるようなあれ
(お、金縛りか。まあ、ここ最近疲れたまってたしな)と思いきや
脳の動脈瘤破裂でした……

17 :前スレ欠落分:03/05/27 02:14
No.113 - あなたのうしろに名無しさんが・・・[03/05/15 22:49]

夜中「ギュルルルルル!!」と耳元で何かが物凄い勢いで回転するような音で目が覚めて、
混濁した意識の中「やべー、時計の針が逆回転してるんだ。おっかねー」と恐怖しつつ
勇気を出して枕元を見ると、寝ぼけてスイッチを押したラジカセがテープを巻き戻している音だった。
─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ 
No.117 - あなたのうしろに名無しさんが・・・sage [03/05/16 09:11]

真夜中に首を締められてる
そして・・とてつもない・・恐ろしい音が迫ってくる・・!

ぅぅー・・ぐぉぉぉおおおおお!!!
ぐわぁぁぁあああああ!!
グヒィィィーっゴーッッ!!!
その恐ろしい音の圧迫感と汗で夜中に目がさめました。

はぁぁぁ・・よかった・・夢か・・
気がつくとその恐ろしい音の発信源は彼氏のイビキでした。
─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ 
No.120 - あなたのうしろに名無しさんが・・・[03/05/16 13:50]

遊びに行った友人の家に夜もおそくなったことだし泊めてもらうことになった。
街の中にあってもレトロな雰囲気の洋館のその家は、昼間も薄暗く、凝った作り
になっていてお風呂がちょっと離れた廊下の先にあった。
ほの暗い明かりの中、お風呂をよばれようとタオルとパジャマを貸してもらい
廊下を歩いていくと、廊下の先に白い塊があった。暗さに目がなれてくると、それが
うずくまった人であることがわかり、一瞬固まった。
と、その瞬間蹲った人は「ずりっずりっ」と貞子のようにはいずってくる。
私は後ずさりしながら「人?犬?あrhわああ」と声にならない声を出していた。
すると「動かないで!」と白い手が私を静止させた。凍り付いていると
「コンタクト落としたの、探してくれる」と友人のお姉ちゃんが顔をあげた。
─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ 

18 :前スレ欠落分:03/05/27 02:15
No.121 - あなたのうしろに名無しさんが・・・[03/05/16 13:59]

ある日とっても息苦しくて目がさめた。しかし、真っ白で何も見えない。
体も動かないしなんとなく浮遊感がある。「コレがうわさに聞く金縛り?」
しかすぃ、意識はハッキリしている。左手は重く右手はしびれている。

?????

なんと、白い壁とベッドのすきまに布団ごと挟まっていたのだ。まじ、びびったよ!
─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ 
No.122 - あなたのうしろに名無しさんが・・・[03/05/16 14:18]

伯父の葬儀で、従兄弟達が出棺前に、自分の携帯電話の番号を書いたメモを
棺に入れていた。
今はこういうのがはやってるんだなと思っていたんだけど、葬儀の後、
ふと自分の携帯電話をチェックしたら、ワンギリが2件入っていた。
携帯電話と固定電話が1件ずつ。
着信時刻は、火葬場に向かっている時と、炉に火を入れた後だった。
さすがに、かけなおす勇気はなかったよ。
洒落にならんからやめてくれ。

19 :前スレ欠落分:03/05/27 02:16
No.123 - あなたのうしろに名無しさんが・・・[03/05/16 14:46]

小学生の頃、高熱を出してぶっ倒れた。
当時家族内で風邪が蔓延していたので、ちょっとズレた母親が
「魔除けよ」などとほざき、おいらの部屋の箪笥の取っ手に
3連ニンニクをぶら下げやがった。
「魔除け」という呪文に恐怖したおいらは、半寝で夜中じゅう箪笥を攻撃した。
寝ぼけて開けた観音開きの箪笥からは何かが出てきそうな気がしたのだ。

翌朝、姉が「Y子の部屋からドカンドカン音が聞こえた。泥棒か、強盗か」
と言っていた。
怖い思いをした姉は気の毒だが、おいらは寝ぼけ時の自分に恐怖したよ。
夢遊病だったらと思うと気が気じゃない。
─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ 
No.124 - あなたのうしろに名無しさんが・・・sage [03/05/16 16:17]

トイレの戸を開けようとしたら
にゅろり・・・???何いまの???
忍び込んできた青大将を触っちまッタッ!!!
─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ 
No.129 - あなたのうしろに名無しさんが・・・sage [03/05/16 20:24]

昔金縛りにあってびびっていたら赤子が俺の上をはいはいしてきた
赤子は透明で見えなかったが手の感触でわかった気がした
たぶん疲れていただけ

20 :前スレ欠落分:03/05/27 02:17
No.130 - あなたのうしろに名無しさんが・・・sage [03/05/16 20:26]

数年前の真っ昼間、道を歩いているといきなり首を絞められる感覚。
周囲には誰もいない。「これは霊の仕業!」とパニックに陥りかけた。
結局喉の筋肉が急に攣ってしまっただけだったんだが。
この筋肉が輪っか状なのでちょうど紐で締められるような感じ。
そんなトコ攣ったのは生まれて初めての経験だったので驚いた。
あと、漏れは軽いめまいをしょっちゅう起こす。エレベーターに乗ったり
歩道橋を渡ったりすると、しばらくは降下感や揺れの感覚が残ってしまう。
医者に相談したらどうも三半規管がユルいらしい。一度など歩道を歩いて
いたらいきなりガクーン、と地面にめり込むような感覚が。
直前に通過したトラックの起こした振動でめまいを起こしただけなんだが、
この時も「地獄の死霊が引きずりこもうとしてる!」と一瞬マジで思った。
…なんだか文章にするとただのそそっかしい人だな。
─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ 
No.132 - あなたのうしろに名無しさんが・・・[03/05/16 21:48]

何年か前に叔父さんが病死した時の事。

四十九日が済んだので親戚一同で納骨に行ったんですが、
いざお墓に着いてみたら・・・・
墓石の上に、お先に骨が鎮座しておりますた。
叔母さん、その場で卒倒しますた。

後に、犬の骨であることが判明。
たぶん犬の屍骸をカラスあたりが漁ってて、骨だけ捨てて行ったんでしょう。
けど、何も墓の上に捨てなくたっていいじゃないかよぅ。

21 :前スレ欠落分:03/05/27 02:17
No.133 - あなたのうしろに名無しさんが・・・ [03/05/16 23:05]

123さんの話で思い出したが、私の弟、ちっちゃいころはよく寝ぼけていた。
寝言言うくらいだったらかわいいもの。
母が死ぬほど驚いたのは、真夜中過ぎに自分もそろそろ寝ようと居間の
ドアを開けたところそのボケ弟がタオルケットを持ったまま、そのドアの向
こうに立っていたことだったそう。
一瞬、幽霊と思ったらしいけど、よくみりゃボケ弟。
しかも母が、「あんた、何してんの!」と声をかけると、母に向かってにたぁ
…と笑って、そのまま自分の布団にUターン。

夢遊病だったらどうしようと本気でなやんだそうでつ。
そんなボケ弟、今では筋金入りの色&欲ボケですわw
─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ 
No.134 - あなたのうしろに名無しさんが・・・sage [03/05/16 23:39]

中学生の頃、一人で留守番していて部屋のドアを閉めたら、洗面所のドアが
「ガタン」と閉まった。一瞬泥棒か?と思ったが空気圧でドアが動いた為だと
分かった。
─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ 
No.135 - あなたのうしろに名無しさんが・・・sage [03/05/17 00:35]

大学の時、アパート暮らしだったんだが。
夜中に女のすすり泣くような声が聞こえてガクブル。
耳を澄ませてみたら隣の部屋の奴がAV見てたと。マジの話。
5回もひっかっかった。

22 :前スレ欠落分:03/05/27 02:21
No.136 - あなたのうしろに名無しさんが・・・sage [03/05/17 02:48]

>>133
読んでいて、この写真が頭に浮かんだ。
ttp://www3.nhk.or.jp/kaigai/midnight/shinning/index.html

勘違いされた話。
深夜、姉は部屋で勉強中、他の家族は寝静まっている間に
ほんの1,2分ほど近所に外出した。
しかし、よりによってその1,2分の間に姉が玄関前を通りかかり
みんな寝てると思い込んで戸締りをしていた。
帰ってきたらドアが開かないので、インターホンを鳴らす私。
謎の訪問者の恐怖に震えつつ、シカトを決め込む姉。
数十分後なんとか開けてもらえたが、折しも時期は真冬、
しかもほんのちょっとの外出予定だったので薄着。
マジで霊になる所でした。
─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ 
No.137 - あなたのうしろに名無しさんが・・・sage [03/05/18 17:32]

似たように勘違いされた話。
夜、私が寝ようと自室に引っ込むと必ず「トントントン」と3回、
茶の間の天井から聞こえる。
私の部屋は茶の間の上にある。
父親曰く「A(私)は悪魔にでも執り付かれてるのでは?」
子供の時に何かの本で、悪夢を見ない方法として
「枕を寝る前に3回叩くといい」というのがあった。
それを成人してからも実行していた自分も悪いが、
悪魔に執り付かれたはないだろ、父ちゃん。
その話を聞いてからはもうやってないけど。
─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ 
なお、長くなるため感想やネタレスは省かせて頂きました。すみません。


23 :屋根裏の散歩者:03/05/27 04:14
京都で一人暮らししてた時なんですが。古い長家に引っ越したんですね。
細い路地の奥の家っだったので、町中にあってもかなり静かできに入ってたんです。
でも夜になると二階の人がトタトタ走り回る音がするんです。
子供が小走りするくらいの感じっだので、しょーがないナーとか思って過ごしてたんですが、
一週間ほどしてからふと気付いたんです。
あれっ?おかしいな。そう言えばこの家って一階建てじゃないか。
ねずみにしてはでかい足音なのでおかしいなと思いつつも
しばらく気にしないように過ごしてたんですが、
家に帰ってきた時にその原因と目が合いました。
何の事はない。ただの野良猫でした。
屋根瓦の上を歩くネコの足音って以外に響くもんなんですね。
屋根裏の散歩者ならぬ、屋根の上の散歩者でした。

24 :屋根裏の散歩者:03/05/27 04:17
ぜんぜんおそろしい話じゃなかったな。
しかもsageわすれた。スマソ。

25 :ノーパソ素敵カムバックちぇ淫21ちん毛祭りインボ ◆CHAINS2fXE :03/05/27 04:35
深夜になるといつも階段を全速力であがってくる音がするんです。地響きのような感じで。
でも誰も来ないんです。外の道を車が通り過ぎた音でもないです。
原因はまだわかってないです。でも霊感が無いのでわからないです。

26 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/05/27 05:37
深夜に友人宅へ行く用事があり、その時の話!
時間は午前2時、友人宅は私の自宅から駅を挟んで反対側(山側)にあり
徒歩で向かう、さすがにこの時間は人はもちろん、住宅ばかりなので車も
通らない、なんか気持ち悪いなぁ〜とイヤな感じ!
この角を曲がり100メートル程先の突き当りが病院、その手前が友人宅!
角を曲がった瞬間!

げ・げっ!なんと病院の前に白い影!びみょ〜に左右に動いてる・・・
で・でたぁ〜!20秒程動けずにいたが、勇気を持って前進する1歩・また1歩。
少しずつ近ずいていくと、な・なんと看護婦さんが携帯でおしゃべりしてました。

仕事しろ!

27 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/05/27 06:43
こんなのがあった。笑えるオチの話ではないが・・・
ttp://www.med-legend.com/column/urbanleg2.html#ghost_story2



28 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/05/27 09:25
>>16->>22
おつかれさまです。

29 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/05/27 16:44
子供の頃、親戚のうちに泊まった。
夜は仏間に寝かされ、怖いといったら「ここで出る幽霊はご先祖様だから」
とのこと、でも怖いよ。
そのせいか夜中に目がさめてしまった。田舎の夜は静か。虫の声しか
しない・・・。と、思ってたら、階段を下りるきし、きし、という小さな音が。
二階には親戚一家が寝ているので、誰かがトイレにでも行ったんだろう、
と思っていると、足音は案の定廊下の奥(トイレの方角)へ。
しかし、どんなに耳をすませていてもトイレのドアが開く音がしない。
水でも飲むのか、と思ったが、蛇口をひねる音もしない。
それっきり足音は帰ってこない。
仏間に出るのはご先祖様なら二階から降りてくるのは何者だ、と震えて
いると、突然背中にずしっ、と重みが。
ちょうど誰かが背中に腰掛けているような。あまりの恐怖に悲鳴も出ない。
気のせいではない、確かな重みにパニックとなり、やけくそでうわーっと
布団を跳ね除けたら。

親戚宅のでぶにゃんこが、ショックの面持ちで畳に転がっておりました。
廊下から部屋に入り、畳伝いに歩いていたから足音がしなかったのですね。
仕方ないので朝まで一緒に寝ました。

30 :山崎渉:03/05/28 09:00
     ∧_∧
ピュ.ー (  ^^ ) <これからも僕を応援して下さいね(^^)。
  =〔~∪ ̄ ̄〕
  = ◎――◎                      山崎渉

31 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/05/29 10:59
本当の霊体験なのかどうか分からないけど、
女性=女に霊的に付きまとわれました。

32 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/05/29 11:04
>>30
どーやって復活したのレスか?
教えてちょ

33 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/05/29 11:34
むかし(17のとき)付き合っていた30にもなる男が
付きまとってうざいので足にしたりなんか買ってもらったり
してたらよけいにしつこくなった。
仕方ないんでそいつの誕生日に何欲しい?って聞いたら
「オドイーターでいい」って言ったのでオドイーター買ってやった
(そいつはあしが臭いらしい)
何日かして合ったとき
「オドイーター毎日使ってる」って見せてくれタ(くさかった)
オドイーター一面にマジックでわたしの名前が書いてあった。
こんな所に書くなんてすごく


  い や だ っ た

34 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/05/29 11:36
スレ違いだわ↑
他へ書いてくる
逝って来ます

35 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/05/29 12:02
>>33
付きまとって宇剤って自分が付き合ったんだから、
宇在というのはかわうそだろ?
その男と付き合った以上はその男に捨てられるまで付き合う必要があると思います。
自分から捨てるのはいくないと思います。

36 :良い女に捨てられる男:03/05/29 12:06
>>31
そういうことって結構ありますよね?

37 :オカルト?:03/05/29 12:13
話題から脱線中。

38 :メージロウ ◆n3VYsMSBOQ :03/05/29 12:15
まじ脱戦だ

39 :オカルト?:03/05/29 12:23
ていうか《あなたのうしろ》って名前多すぎ。一個に固執する典型的なマニア集団だな。

40 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/05/29 12:26
>>39
ちょっと面白い。

41 :オカルト?:03/05/29 12:31
余裕だな。

42 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/05/29 12:35
>>41
別に焦る理由もないわな

43 :オカルト?:03/05/29 12:48
その通り。

44 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/05/29 12:54
やけに家が微震どうすると思っていたら、三原山が噴火したんだよ。
相当前の神奈川県内でのこと。
昼間は気付かないんだけど、夜になるとガラスとかが「カタカタ」小刻みに
揺れるんだよ!!! 霊現象だと思ったよ。

三原山がどっかーんしたら、おさまりますた。

45 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/05/29 14:33
>>44
霊体験じゃないけど、それはそれで恐ろしいよね。

46 :良い女に捨てられる男:03/05/30 21:43
霊的ストーカーはマジで怖い。

47 :良い女に捨てられる男:03/05/30 21:46
霊的ストーカーと出会うと、
マジで3メートル程度まで近づいてくるのでマジで怖い。
現実にも、マジで3メートル前後まで近づいてきてマジで怖い。

48 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/05/30 21:47
>>46
霊的ストーカーってなに?

そういえばだいぶ前に、パソコンがおいてある
部屋にゲームやりにはいったら
一瞬バサバサッっとスズメぐらいの鳥が
床から天井に飛んで消えた覚えがある

49 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/05/30 21:53
あのさー5年前の夜、すごい音と共に電信柱に激突して
タイヤは吹っ飛ぶわドアはガタガタに潰れるわ
ガラスは粉々ってなって
車が大破したの

で、どうしようかと思って車からふらふら出たら
見てた人達に

「ギャーッ!!!」って逃げられた。

見たらガラスの破片とかで服に血がついてたの
「ほんとに生きてるの?ぅぁぁあああっーッ」だって

幽霊に間違われたみたい・・・
事故ってびくりして青ざめてたし髪長いし
怪我は切り傷だけ。入院もしないし何ともなかったYO

50 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/05/30 21:59
夜、一人で一軒屋にいたときの話。
全身顔まで白タイツの人がガチャッとドアを開けて入って来ました。
私はあまりの恐怖と驚きに失神してしまい、
気が付いたときには朝で、閉めたはずのドアは開いていて、
人の足跡のように水がポトポトと落ちていた。
どろぼーだったのか?と水の後を追ってみると、お風呂んとこで途切れてた。
風呂からわたしの部屋へ来た形跡かと思い、窓を調べたがカギかかってる。
どっから入って来たかはまず置いておいて、
何を盗られたか調べた。部屋はちらかっていなかった。
通帳も印鑑もカードも金系は何もかも手付かずで、無事。
とりあえず、分かりづらいトコに隠してたから平気だったのかと思い、
次にアクセ類を見たが、何も変わらない。
その時はまずほっとして、寝ぼけ眼で顔を洗おうと洗面所にいった。
水を勢いよく出したら、寝ぼけのモヤモヤがふっ飛び、
同時に何かヘンな感じがした。
びっくりした。とっさに水を止めた。しかしまだチョロチョロと出ているが、
そんな事も気にならないほどびっくしりた。
私は、「下」を、はいてなかった。
冬だった当時、ジャージのズボン、短パン、パンティ、靴下、足の指輪まで
下半身に身に付けてたものすべてなくなってた。
どれも高価なものでは無かった。ふつーにしまむらとかで買ったヤツだった。
その一軒屋は、別荘みたいなモンだったので、急いで実家に帰った。
犯されたのだろーか?でも、処女だけど股痛くなかったし…。
とりあえず、全身白タイツは心臓に悪かった。
何もとられてないし、状況が状況なので恥ずかしくて誰にもいってないよ。

51 :50:03/05/30 22:05
訂正。
>何もとられてないし
てのは、金目のもの、て事です。
なくなってたのはどーでもいいよーなもんばっかだったから…。

52 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/05/30 22:29
女性の皆さんに質問します
発癌性のある恥垢とオシッコと汗にまみれ、時にはチン毛巻き込んだ、
臭くて危険で不気味な包茎野郎のペニスを
貴女はフェラチオする事が出来ますか?
私には絶対に出来ません!!ありえないって感じです

53 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/05/30 22:51
フーゾクなら、それでも我慢しなきゃいけないんだよ。
ホーケイは結構来るらしい。
んで、臭くてムカツクからスキを見て皮を無理やりグッ↓って剥いてやったら
虫のタマゴみたいなカスがびっしりくっついてた。
オエーと思ったけど、おしぼりでふいたげた。
相手はめっちゃいたそうにニランでたけど。
ソレは聞いた話だけど。
フーゾク来る前に、風呂何日も入ってないような奴が来るときもあるって。
臭いのなんの。店の共同トイレってゆうか洗面所に、
オンナノコ達それぞれのモンダミンおいてあんだけど、半分くらいあったの全部
使っちゃったって、その日。もう、飲むいきおいだよ。
ひどいよね。俗嬢なんだと思ってんの?鬼畜オトコは氏ね!!!

54 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/05/30 23:09
わかい男のちんかす
くっさいマジで
湯気が立ってそう

55 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/05/31 02:03
>>53
何だと思ってんの、って
風俗嬢
そう言う仕事する人っておもってるけど、何か?

56 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/05/31 02:29
風俗嬢って言えばつい最近入った吉原のソープ『石榴』
写真見て指名し、呼出されて対面すると全く別人!源氏名は一緒だけど…。
マァそんなのはよく有る事なんだが、このソープ嬢の腕、種痘の跡が有る…。
店のHPでのコンパニオン紹介では24歳、国内で種痘の定期接種がなくなった
のは1976年、もしや前世での種痘の痕跡では?
そんな事は微塵も思わなかったネ、顔がどう若く見ても30代前半だったし。
だけどね、クラブ・石榴(ざくろ)、詐欺はいかんよ?

57 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/05/31 02:31
>>56
それで、何もせず帰って来たの?

58 :チャリーズエンジェルフルスロットルビーバー ◆SAVJNX/C0Q :03/05/31 02:41
>>57
しっかり抜いてもらったに1票( ´,_ゝ`)プッ

59 :前酒 ◇AmanE9Kiac:03/05/31 02:45
>>58
お前が抜いてもらえや。糞汁



60 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/05/31 03:04
いや、料金分は楽しむ…楽しもうと努力するだろ。やっぱり。

61 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/05/31 08:21
>>50
それはここじゃなくてよそのスレに書いたほうが・・・

62 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/05/31 14:58
>>60
3回戦迄堪能したと思われるが・・・、それも生で・・・。

63 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/05/31 17:34
>>55
色々反論してやろうと思ったけど、やめた。
何言っても無駄だもんね?
俗穣は男の性器のカス掃除機ですか。わざとの場合に限るけどモラルなさすぎ…。
もー悲しくなってきた。結婚でもしようかな

64 :50:03/05/31 18:26
>>61
50ですけど、スレ違いでしたか。
すみさめん(´・ω・`)、
あ、ほんぢゃ、どこのスレに書いたらいーですか???
この事件は人間なんだかお化けなんだかわからんもんでして〜。。

65 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/05/31 20:17
>>63
どうぞ結婚でもなんでもお好きなように。

66 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/05/31 21:35
>>64
不可解な体験スレは?

67 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/01 07:39
>>63
公衆便所が結婚できるのかw

68 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/01 07:47
風俗嬢叩きしてるのってどんなやつだろ?
やっぱり青白い顔のメガネ掛けた潔癖症のキモオタ?

69 :竈馬 ◆fyDH/oLHq. :03/06/01 07:51
なんか荒れそうなんで一発方向転換レスを…。
単身で栃木に住まう事になり引っ越して2〜3日経った頃の出来事。
昼間は周囲の喧騒や生活音の影響もあり何も感じずにいたのだが、その夜
は転居に関わる煩わしい作業も片付き多少の疲れもあったのか、缶ビール
一本で妙に眠気に襲われたので布団に潜り込んだ…、確か20:00を少し回っ
た位の時間、ウトウトしているといきなり窓ガラスに『ドンッ!』と衝撃
音がしたかと思うと『ガタガタ』と小刻みに振動を始めた。
さほど大きな音ではなく普段ならまず気付かない程度のモノで、十数秒で
終わったのだが風が強く吹いた訳でもないのでどうも気になる。
暫くすると再び同様な現象が起こり、23:00近い時間になってやっと納まっ
たのだが、翌日も注意しているとどうやら昼間でも起きている現象。
深夜には納まり朝〜夜の時間帯に発生する事から判断して、東北新幹線の
車両が通過する時(小山駅から約2km宇都宮寄りに住んでいた)に発生す
る気流が引起す現象だろう。


70 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/01 11:04
70をゲット

71 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/01 13:22
>>68
禿同ー!!
はげどうはげどーうv
もう俗嬢叩きにはレスもつけないもん!!

72 :良い女に捨てられる男:03/06/01 14:13
>>48
霊的ストーカーとは、
夜中に相手の霊能女性が霊体で家に来ることです。

73 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/01 18:32
高校生の頃女の子3人で別荘にいった。
夜中にコンビニへ行こうと3人で歩いていたら真っ暗な道中、横に墓がある
道にさしかかりおびえながら通っていたら、横のお地蔵さんの首がこっちへ向いた。
パニックになり皆一斉に走り出すと、お地蔵さんは私の名前を呼びながら
おいかけてきた。
やっとの思いでコンビニへ着き振り返ると母親がたっていた。
「心配で様子みにきたらいないからコンビニに行ったんだろうと思ってまってたの
よ!なんでにげるの!!」、とのこと。
過保護なのはいいからせめてコンビニで待っていてほしかった・・・・。
母親の声がわからない程パニックだったらしい

74 :50:03/06/01 18:41
>>66
分かりました〜

75 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/01 19:09
ジサクジエンうざすぎ

76 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/01 21:59
深夜テレビをみながら寝ちゃったのよ。
んで、テレビから音が出てない事に気付いてテレビに目を向けると
井戸の風景が映し出されてんの。
そん時は通学の電車の中で小説のリングを読んでたからまじびびって固まっちゃったさ。

まあ、米国版リングのテレビCMだったわけだが。

77 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/01 22:04
数日前アパートで寝転がってたら揺れた
地震? それともポルターガイスト?
揺れは15分以上もつづいた。テレビでは地震速報が無い
怖くて布団に入って丸まってたら隣の部屋からあえぎ声
腰の動きでアパートが揺れてたなんて・・・

78 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/02 00:28
数年前、新しい住居に引っ越してまもなくの体験。
休日の朝、シャワーを浴びていると後ろで物音が
振り返ると、すりガラスの向こうに人影
すると、突然開くドア、そこには、見知らぬ女の子
あまりのことに、動けない漏れ
そんな漏れを見て走り去る幼女

後に近所の子が迷い込んできた事が発覚
親が謝りに来たけど、相手が幽霊じゃないと解ると
幼女にチン子を見せた俺の方が逝けないことした気分だった。


79 :61:03/06/02 09:03
>66
おお、誘導サンクス。言っといて放りっぱなしになっとった。

>73
お母さん・・・ヘアスタイルとか背格好がおじぞうさんぽい人なのかなあ
・・・よくいますが、そういう方

80 :(・ω・)ピッツ大臣:03/06/02 13:23
以前バイトしていたお店での話です。
お昼ごはんを食べ終わった私は従業員用トイレの洗面所で歯を磨いていました。
交代で休憩を取るため他の人は仕事中、トイレの中には私一人です。
歯磨き用のコップなどは持っていなかったため、必然的に口をすすぐ時は両手で
水をすくい、顔を洗う時のように前かがみになることになります。
口をすずき終えた私は勢いよく上体を起こしたのと同時に、目の前にある鏡の中、
私の背後で何かが動くのを見ました。
慌てて振り返ると、トイレの個室のドアがひとりでに動いているではありませんか。
それも、3つある個室のドアがそれぞれ、ゆっくり開いていったり閉じていったり…。
すっかりパニックに陥った私は洗面道具も放り出して外に飛び出しました。
すると、ほぼ同時に向かいにある男子トイレからもバイト仲間が歯ブラシをくわえた
まま飛び出してきて、大声で叫びました。
「地震だーーーーー!!!」

単に地震でドアが揺れていただけでした(゚∀゚)アヒャ
なんと私は
 勢いよく顔を上げる → 勢いよく振り返る → 勢いよく外に飛び出す
という一連の動作が本気で勢い良すぎたため、揺れに気づかなかったのです…

でもマジで怖かったんだyp

81 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/02 13:38
>>80
あー地震って不意打ち食らうとすぐには分かんないですよね。
自分がめまい起こしたのか?とか。

ところで最終行にワラタyp


82 :(・ω・)ピッツ大臣:03/06/02 13:43
>>81
まさにそれです
元々、立ちくらみとか多い方なため、勢いよく顔を上げたからクラっときたんだと思って
ますた

ところでそこワラうとこじゃないyp
コワカタヨー ヽ(`Д´)ノウワァァァン

83 :良い女に捨てられる男:03/06/02 17:28
>>48
なぜ、変な霊能者とであったのかが問題だと思います。

84 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/02 23:56
家の階段を下りてたら、後ろからゴンゴンゴンッという音が近づいてきた!!
恐る恐る振り返ると、ゴミ箱が追いかけてきた。なんかの拍子で、階段ところに
あったゴミ箱が落ちてきたんだろう・・・。

85 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/02 23:57
>84
そのまま玄関に追い詰められておうちでダンジョンごっこ。

86 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/03 12:34
霊現象系ではないが・・・
家族が寝静まった深夜、カナヅチを打ち付けるような音が
下階、方向的には食堂〜台所〜勝手口辺りから聞こえてくる。
・・・何者かが勝手口を破壊・侵入しようとしてるのか!?
ドキドキしながら見に行くと、高級品なので冷蔵庫に隠しておいた
外国製のチョコレート(やたら厚くて硬く、手では割れない)を
ステンレスのシンク角にガンガン打ち付けて叩き割り
盗み食いしている身内の姿を発見した。

87 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/05 18:22
>>86すまん。
その身内はパパンかママンか兄さんか姉さんか弟か妹か
はたまたジジババか嫁か亭主か子供か
教えて下さい。

88 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/06 18:29
消防のころの、間抜けな体験だが、まぁ聞いてくれ。

俺の家のクローゼットは、古いのか、開けたり閉めたりする時、
そこらの恐怖館顔負けの、なんとも言えないいや〜な音がするんだ。
「キィイイ…」とかいうような。
ある日、いつもより早めに学校から戻って来た俺は、ハンガーにかけたまま
放置してあった服を、クローゼットに戻そうと、クローゼットをあけた。
その時、ふと…嫌な予感がした。
上手く言葉にはできないが、気持悪いような、そんな感じが。
早く用事を済ませて、TVでもつけよう、そう思ったのだが、クローゼットの
中は薄暗く、おまけに俺は人よりも身長が低いので、中々捗らない。
その時、真横から、誰かの視線を感じた。
それと同時に、開け放してあったクローゼットの扉がキィイ…というあの嫌な
音を立てて、しまりだしたんだ。
それだけで人よりも臆病な俺は半分泣いていた。
しかも見ないようにしているはずなのに、顔が自然に視線を感じる方へと
向くんだな。
そこで俺が見たものは、俺をじっと凝視している一人の少年だった。
「ぎゃぁああ!!」
と叫んで、母さんの大事な服も放り出してクローゼットから飛び出した。
でも、落ち着いて考えてみたら、ありゃ、ただ単にクローゼットの横についていた
鏡に俺が映っていただけだったんだな。
つまり、俺は鏡に映った自分をみて悲鳴を上げたという、日本一ださい
体験をしたというわけさ。

…だがな、今でも、少しだけ気になることがあるんだ。
あの時は、俺の記憶違いでなければ、夏場だった。
したがって、俺も半そでを着ていたんだ。
けど…、思い出してみるに、鏡に映った俺は、
長 袖 を 着 て い た ん だ … 。

89 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/06 18:52
母さんの大事な服があなたの姿と重なって、着ているようにみえたのでは。

90 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/07 08:45
age

91 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/07 08:59
>>88
(((( ;゜Д゜)))ガクガクブルブル

92 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/07 10:13
霊体験だ!!と勘違いした恐ろしい話と勘違いした霊体験?

93 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/08 13:31
山に散策しに行ったときのこと。
滅多に車が通らない林道の脇に車を停めて、
道から1.5メートルぐらい段差がある所を飛び降りて、
そこを流れている川の脇で沢蟹取りをしていたんだけれど、
足場が思った以上に悪くって、滑って見事川の中にバチャーン。
全身ずぶぬれになって、寒いし、冷たいし。
ヤッテランネーヨ!今日は帰ろうかナと考えていた。

その時、滅多に車が通らないのにちょうど車が通りがかり、オレの車の横に停まった。
車上荒らしか?と、その段差のある場所から、ひょぃっと首だけ伸ばして道路を見てみたら、
ちょうど車から降りてきていたカップルと目が合った。

悲鳴をあげて逃げていった。

ずぶぬれの幽霊の首に見えたか?
ごめんな。

94 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/08 18:03
>>93
こうして新たな心霊スポットの完成っと。

95 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/08 18:33
>>93
「・・・すると、恐ろしい形相をした青白い顔の男が現れ
川に引きずり込まれそうになった。
のちに分かったことだが、昔車に乗ったカップルが川に転落し
女は自力で助かったが、男の方の遺体は発見されず(ry」
とかいう素敵な尾ひれが付いてる悪寒。
死体顔なので、こういう話を読むと気をつけようと思う今日この頃。

96 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/08 22:49

                            ,iill゙゙lli, ,iilllllli,、            
  .,,,,,,,,,,,i,、   ,,,,,,,,,,,,,,,        ,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,i,!l,,,,,,l!,,゙li,,,,,l!″.,,,,,,,,,,,,,,,,,,、    _,,,,,、
  .,il゙ ̄.,ill゜   ,il゙ ̄: ,ll゜       .,ll′    .゙゙llllllllllll: ゙”’.,,illl゙゙,,,,,,,, `゙゙゙゙li,,: .,illlll゙゙゙ll″
 .,il゙  ..ll!゜   .il″ .lll        l!lllllllllllllllllllllllii   lll  ,,illlllll゙゙゙ ゙̄lli、  lll.,ll゜ .,il°
: .il!′ .ill°  ,ll゜  .,ll゚,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,      ,ll  ,il″,illil゙`   .,,l!′ ,,ll,il° .,ll゜ 
..ll!′ .,ll″  ,il″ .,ll,l!”””””””””゙ll゙      ,il゙  .,il゙  .”″  .,,ll゙° ,,,lll゙゚,il° .,ll′
,lll,,,,,,,,,ll°  .,ll  .,i!llll,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,il″    ,i!゙  ,,i!°    .,,lll゙` ,,,lll゙゙` .,il° .,ll:  
゙゙゙゙゙” ̄   .,,i!゙  .,,l!°: : : : : : : : : :     ,,ll゙°.,,ll゙`    ,,ill゙’.,,,lll゙゙`  .ill  ill   
     ,,,lll゙’ ,,,lll゙°              ,,,,lll゙’ ,,,lll゙°   .,,ill゙゜ .゙!llllllllllll! .,il° ,il゙   
: ,,,,,,,,,,iilllll,,,,llllll゙゙`             ,,,,,,,iillll,,,,,lllll゙゙°   ,,ill゙゜     .,i!’ ,ll゜ .,ll′  
`゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙ ̄                ゙゙゙゙゙゙゙゙ ̄       .'゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゜ .:゙゙゙゙゙゙゙゙゙`   


97 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/09 09:48
磨いたばかりの窓に血が付いていた。
窓の下には鳩が落ちていた。

98 :竈馬 ◆fyDH/oLHq. :03/06/10 14:21
梅雨の中休みの或る夜、エアコン点ける程の暑さでもないので窓を少し開けて
網戸にして寝ていた。
深夜、カリッゴトゴトと云うような怪しい音が聞こえて目が覚めた。
当時住んでいたアパートの俺の部屋は3軒並びの真中の部屋、ベランダは部屋
毎に孤立、しかもその窓の下はブロック塀に囲まれた中庭、構造上から「人以
外のモノ」の可能性が大・・・俺は急いで窓の方を見た。
そこには一匹のネコが網戸を開けて入り込んでいた。

99 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/10 21:20
>97
それ、別の意味で怖いし。

100 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/11 04:33
>>97
地面の鳩がまだ動くんで、あれ息があるのかな?と思ったら、
実は、肉が内側から既に喰われていて、
あまりに大量の蛆の働きにより動いてた、なんてことはありませんでしたか?

漏れはそゆの見たことあります(泣)

101 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/12 02:18
先週道端に骨付きの鳩の片羽根が落ちてた。猫の仕業か?

102 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/12 11:15
数年前、車で甲州街道を通っていたらカーナビの
自分が居るところを示すカーソルが突然
道路から外れて住宅地を突っ切り始めた。
おかしいなぁと思っているとカーソルの先に多磨霊園がでてきた
そのまま車を走らせているとカーソルは多磨霊園も通り越した
結局カーナビは突然もとに戻った。
原因不明なので霊体験といえば霊体験かも

103 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/12 13:04
小学生の頃、夜中に物音がして目覚めた。
ぽとん・・ぽとん・・と何か水がもれているような音。
ちょっと恐いなぁと思いつつ起き出して、まずは洗面所へ。
しかし、洗面所もトイレもお風呂も台所もすべて蛇口はしっかりしまっている。
ぽとん・・ぽとん・・という音だけがやけに響いている。
軽くパニックになり恐くて泣きながらよく耳を澄ますと、
水場などない父親の寝室から音が聞こえてくることに気が付いた。
恐る恐るドアを開け音のする方向に目をやると、
そこには口をぱくぱく開閉するたびに「ぽん」と音をたててグッスリ眠る
父の姿。まあいわゆるいびき(?)だったわけです。

104 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/12 19:40
>103
おとうさん、カワイイな。

105 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/13 03:16
体験とは何か違うが。

昨日、いつものようにドラマ「動物のお医者さん」を見ていた。
蔵に閉じ込められる話で、俳優たちの背景部分に目をやると
筋とは全く関係ない、霊奈たんっぽい青白い顔が!
しかしよく見ると、顔の黒い模様が周囲の暗さに溶け込みつつも
背後の窓から差し込む光で微妙にモヤがかかったチョビだった。鬱だ。

106 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/13 21:11
チョビ……三次元になっても周りをびびらせているのね……

107 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/13 21:23
半々な感じなのですが。
 昨日の夜、寝ようかと思ってまどろんでいたら
急に耳元でキーンとなり体が動かなくなった。
 また金縛りかと思い早く終われよと抵抗しない
でいたが、なかなか終わらないので薄目を開けようとした時に
山に向かったほうにある窓からレースのカーテンのようなものが
入ってきた気がした。と思ったらそれが目の前で覆いかぶさってくる。
やべ、と思いお経を唱えたりしていたら
すこし緩まった気がしたので布団を頭までひっかぶって寝ようとした。
 その瞬間、携帯にメールが届いた音が…
やべえ(泣)と思い布団から時計をちらっと見るとちょうど2時ころ。
メールには気づかなかったことにして寝始めたらまたもや
金縛りに。なんか笑って声聞こえるし…
それを解いたと思ったら今度は電話が…(号泣)
俺は熟睡中ですよと頭の中で繰り返すようにしながら
自分自身(となにか?)をだましながら気がつくと眠れていたようだ。

朝起きて携帯みると酔っ払った友達からのメールと留守電が。
タイミングわりーぞ!

108 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/16 20:16
>>107
電話が鳴った事によって霊の気が散ったため、その程度で
済んだのかもしれない。・・・と、前向きに解釈。

心霊話じゃないが。昔、夜に部屋の電気を消すと同時に電話が掛かってきた。
出てみたら無言だったので切ったが、「強盗は狙っている家に電話をかける」とか
「相手が帰宅すると同時に電話を鳴らすストーカー」とかいう話が頭をよぎり
冷や汗をかきつつも、とりあえず就寝。
しかしそれから数年、別に強盗にもストーカーにも遭ってません。
タイミングわりーぞ!

109 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/17 15:35
10数年前、友人とアイルランドを旅行した時の事です。

首都ダブリンで、かつて政治囚を収容、処刑したという
監獄跡を見学しました。
ガイドさんは、「アイルランドには多くの幽霊目撃談がありますが、
ここの廊下も“出る”ことで有名です」と、説明していました。
友人と「そういえば、『怪談』を書いたラフカディオ・ハーン
(小泉八雲)も、アイルランド人だったね」という話で盛り上りました。
その後、路線バスで次の都市に移動する際、乗り継ぎに失敗し、
何も無い田舎町に泊まる羽目になりました。
そこに一軒だけある民宿の、話し好きな親父さんが、
「この国には昔、大飢饉があったんだが、この辺りは特に被害が大きくて
餓死者が大勢出たんだ」と、話してくれました。
「一寸用事を済ませる間、リビングでテレビでも見ていなさい」
と勧められ、席に座った途端に、チャンネルが物凄い勢いで
ババババッと変わり始めました。
「ゲッ、ポルターガイスト?!」思わず友人と顔を見合わせたのですが、
友人のお尻の下から、テレビのリモコンが….

タイミングわりーぞ!

110 :ガッソ石松:03/06/17 15:48
ところで、なんでスレタイ3.1なの?

111 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/17 17:51
>>109
ムーディーな王道ホラー的展開&状況と、ヘボンなオチのギャップに
ちょっと感動。

>>110
「その3」が100レス程度で消えたからかと。

112 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/17 18:56

幼稚園くらいの頃、ドライブに行った帰り。
わたしは助手席に座ってお菓子を食ってたんだけど、
ふと前を見ると空に白く発光する円盤が。
それはチカチカ点滅しながらものすごい勢いで近づいて
頭上を通り過ぎていった。
わたしは「ゆ、ユーフォーだっ!!」と取り乱し、
いきなり気絶。しばらくして両親の爆笑する声で
目が醒めた。

UFOは蛍光灯の切れかけた街灯でした。。。


113 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/17 19:40
おじゃま道草を読み終わる寸前に部屋の蛍光灯が切れた
タイミング悪すぎ((((;゚Д゚))))

114 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/17 22:57
>>112
きっと、一家揃ってUFOに連れ去られた後に
「UFO=壊れた街灯」という偽記憶を(ry

115 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/18 03:01
大昔消防の時だが、校舎に隣接して使われていない旧校舎があった
いつしかオバケが出るとか手だけの幽霊を見たとか噂が立ち
気になったので小さい携帯ライトを携えて数人で探検に行った。
日曜日の昼に二階から忍び込み、真っ暗な廊下を恐怖に顔を引きつらせて歩いていると
木造の建物のため歩く度にギィ〜ギィ〜と雰囲気万点で、探検隊全員パニック一歩手前だった
やがて広い階段の所に差し掛かり、何気なく中二階の踊り場にある真ん中の手すりを見たら
白い手がそこにあった??? ギエ〜ギャ〜全員すっ飛んで逃げた。


噂はたちまち拡がり学校中大騒ぎになってしまったが
結局あの手は軍手が置いてあっただけだったそうだ
変なとこに置くなよ〜







116 :ガッソ石松:03/06/18 11:56
>>111
なるほど、納得。

で、おいらの体験。
夜半の会社帰り、いつもの通勤路を歩いていると、前方のブロック塀に人影が見えた。
見えたと言っても、防犯灯も無く暗闇なので、なんとなく上半身の形が識別できる感じ。
人にしては何かおかしいと思いながらも近づいていった。
近づいていった…近づいていった…大きくねぇか?
そう、顔が大きい。通常の倍近くの大きさがある。しかも妙にぺったんこ。
平面女幽霊の話を思い出し、ビビリながらもさらに近寄ってその人影を確認した。

政治家のポスターですた。
おいらチキン?

117 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/18 12:02
家は廊下に足下灯をつけてないので、皆が寝てしまうと
真っ暗になります。

ある晩、夜中にトイレへ行きたくなって眼が醒め、ぼ〜
っとトイレに向かいました。
トイレの灯りをつけ、ドアを開けふっと横をみると中空に
不気味な燐光が二つ。 びくっ。

答えは「飼い猫の眼が光ってる」なんですが、あれは何遍
経験しても慣れません。体の輪郭がまったく闇に溶けこん
じゃってて眼だけ光ってる。どんなアホ猫でも魔性を感じる
一瞬です。



118 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/19 20:26
>>116を見て思い出したが、他の地域でもあるのかなあ・・・
微妙な交通量の道端に、多分スピード違反防止の目的で
警官の後姿を模したカラーリングの看板が立ててあるのだが
____  
|::::::::::/l 
|::::::://|
|::::://::|
|::://::::|
|ニニニニl    ←こういうの
|:::::::::::::|
|:::::::::::::|
|:::::::::::::|
|:::::::::::::|
|| ̄ ̄||

自動車を運転しない私としては、夜に遭遇すると純粋にビビるので
やめて欲しい今日この頃。

119 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/21 00:28
>118
AAうまい。感心。

120 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/21 05:17
実体験でなくてすまんが、佐々木倫子の大昔の読みきり漫画で
妙に覚えているネタ。

主人公は他校のサークルでヘマをして、そこの部員たちに
とある罰ゲームを課せられる。
その学校には「女生徒が通ると霊に脚をつかまれる」
という噂のある、呪われた渡り廊下があるらしい。
深夜にそこへ肝試しに行けというのだ。
主人公は男なので、女装をさせられた上で送り出された。
慣れないハイヒールで、ミシミシと気味の悪い音のする
薄暗く古めかしい廊下を歩いていると、ある場所で突然
片足を引っ張られるような感覚がした。
「!」
見ると、床板の割れ目にヒールがはまっていた。

121 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/21 11:09
大学生のとき深夜に友人と二人で奈良へドライブしに行ったときのこと。そのときは友人が運転していて自分は助手席に乗っていた。
奈良はけっこう走りなれていたので、わざと小道に入って迷ってみようぜってことになって適当に小道に入ったりしていた。

ある小道に入ったとき、なんだか公園の中のようなところへ入ってしまって「ここなんなんやろな〜」とかいいながら進んでいくと、明らかにここから先進んだらやばいなと二人同時に直感するような雰囲気のところに到着した。
「なんか明らかにやばいな。さっさと帰るか・・・」と友人が言って車をバックさせてみると、さっきは気づかなかった看板を発見した。
そこには「〜霊園 焼却場」と書かれていて二人とも一瞬凍りついてしまった。
あわてて友人がアクセルを踏むと、そのせいか急に車がエンストしてしまい泣きそうになりながら必死にキーをまわして始動させ、再び友人がアクセルを踏んだ。
すると、ギアチェンジをしていないのに(ひょっとしたら動転していて気づかなかっただけかも)ギアがドライブに入っていて再び焼却場の方向へ。本当に泣きそうだった。

まぁ、そのあとは何もなくふつうに大きな道に戻ることができたのだが、しばらくして落ち着いたこともあってさっき起こったことについて友人と喋りあっていた。
そして、冗談まじりに「しかしさっきの焼却場まじやばい雰囲気かもし出してたな〜。ひょっとして後ろに幽霊とかついてきてたりして(笑)」とかいいながら後部座席のほうをのぞいてみた。
すると、後部座席の上にちょうど自分の後ろの助手席のほうから白い手のようなものがあるのに気づいた。


122 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/21 11:09
一瞬思考が停止してしまった自分は、こわばったまま前に向き直って必死に頭の中を整理しようとした。
心霊現象のようなことが起こると思いっきりびびるくせにそういうことはまったく信じない性格なので、自分なりに必死に合理的と思われる原因を考えた結果、それはビニール傘の柄の部分じゃないかという結論に達した。
だが、自分の車にビニール傘を積んだ覚えはなく、さっき見たものはそういったものではないような気はしていた。そこで、もういちど確かめてみようと座席の間から後ろを振り返ってみた。
やはり、そこに白い手のようなものはあった。(なんやろう・・・、やっぱり傘かな?)と思いながら顔を近づけた瞬間、それはすっと右に動き助手席の後ろのほうへ消えた。

私はそれが動いた瞬間にちょっとしたパニックに陥って「うわぁぁああぁ」という声にならない声を出しながら、運転席の友人の腕をつかんでしまったが友人は冷静に車を端に寄せてくれた。
そして、いっしょに後ろを見ると、またさっきと同じような状態で白い手がそこにあった。(あれ?)と思いしばらく見ていると、またそれは右のほうに移動した。
実は白い手の正体は、対向車のライトが作り出したもので対向車がすれ違うたびにそれは移動していたのだった。
そして、漏れは友人から「運転してるやつの腕つかんでくる自分のほうが怖いわ(笑)」と言われましたとさ。

長文スマソ。



123 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/21 11:19
2-3年前の事。
夜、山道を車で走っていたら、林の中に、
死亡事故現場の看板があった。
さらに100m位先に、>>118に出ている看板が5-6個並んでた。
50m位まで近づいた時、突然、並んでいる看板の1個がムクと動き出し、
車道へと出てくるではないか!
ビックリして急ブレーキで止まって前方を見ると・・・・・本物ですた。
ねずみ取りだった。看板に混ざってたそうで、
おみやげに青キップいただきました。

124 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/21 17:02
>>123
怖っっ!!
気が動転して、逆に警官に突っ込んでいく人とかいそうだ・・・

125 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/21 21:38
>>123
(((((((麦)))))))))ムギムギブルブル

126 :カリ:03/06/22 16:10
 

127 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/22 16:35
>118
うちの近所にもある。
夜、自転車こいでて角曲がったらお巡りさんがいて、
慌ててブレーキかけて反射的にごめんなさい!と叫んだら
彼は板ばりでした。
逆に事故りそうだよ。

128 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/22 20:39
昔さあ、「山奥だと猫又が出るらしいぜ」とか「このあたりでも年とった猫が
猫又になって人食ったりするんだってさ」とかいう噂があったのね。
こんな話でも当時の俺はびびっちゃって「うわーひとりで歩くときは気を付けよ」
とか思ってたのよ。でも俺当時何故か「連歌を作る」という渋い趣味に
はまってたもんで。その日も夜遅くまでその会に出ててさ、帰りは家の近くの
川のほとりをひとりで歩いてたわけさ。
そしたら猫又が出たんだよ!一直線にこっち走ってきて俺の首に飛びかかったんだよ!
んで俺はよけることも出来ずに腰抜かして川に飛びこんじまったのさ。
俺は叫んだね「助けてくれー!猫又だー!」って。
びっくりした近所の人が懐中電灯片手に飛び出してきて助けに来たら
俺が川の中でへたり込んでるから皆もうびっくり。
「どうしたんですか?」って聞かれて我に返って、辺りを見回したら
連歌でもらった賞品がみんな流れていきやんの。でもそんなことには
構わずおれはガタガタブルブルで家に飛び込んだよ。

でも実は家の飼い犬が俺が帰って来たの喜んで飛びついてきただけだった…

129 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/22 20:49
>>128
それ昔話かなんかだっけ?

130 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/22 22:08
>>128=仁和寺の僧、でファイナルアンサー?

131 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/23 00:56
>>123
夜中の山の中でスピードの取り締まりやってるってのがすごいな。
どこの話だい?

132 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/23 03:10
子供の頃、広島市の中心部に住んでいたのですが
もちろん原爆で亡くなった人たちの霊など
見たことがありませんでした。
でもある日、部屋の窓に人の横顔のかたちをしたシルエットが
浮かぶのに気がつきました。
そこは2階で外に人が立つことはありえないのです。

両親に訴えると街灯の影だろうと判明しました。


133 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/23 08:20
霊体験だと勘違いさせた話なんだけど・・・
風呂場の曇りガラスに顔をべったりくっつけて
それなりの形相で相手が振り返るのを待ってたんだ。
しばらくして中から悲鳴が聞こえた。
あと、相手が振り返るまで背後に無言で立っていた。
振り返った瞬間相手は悲鳴を上げた。

人間て無意識に霊の存在を認めてるんだよね。

134 :123:03/06/23 10:36
>131
かなり前なので、詳しい時間・場所は忘れたが、
夜中ではなかった。夜8-9時頃だったかな、
岐阜県の国道41号で。

135 :ひの ◆UMACsjvdPE :03/06/23 19:04
>>133同じ事友達にやられました。
相手の家に泊まりに行ってお風呂借りてたら
曇りガラスにすごい顔が張り付いてて・・・。
本気で怖かったです・・・


136 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/23 20:23
それで怖がるのって幽霊がどうとか関係ない気が…

137 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/23 20:33
幽霊じゃなかった話するスレなんだから気にすんなyp

138 :136:03/06/23 20:42
いや>>133
>人間て無意識に霊の存在を認めてるんだよね。
へのレスだったのよ。省略しすぎた。

139 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/23 21:24
>>128
(((((((麦)))))))))ムギムギブルブル

140 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/24 04:03
>>139
>(((((((麦)))))))))ムギムギブルブル

それ最近流行ってんの?

141 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/24 10:35
(((((((麦)))))))))ムギムギブルブル

なんか(・∀・)イイ!!


142 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/24 16:25
二条麦だな。

143 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/24 18:58
>>133
なんでそういう結論になるのかさっぱりわからないのですが?

144 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/24 19:18
あけまし

145 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/24 19:37
昔営業の仕事をしていた頃の話です。
慣れない土地を車で走りまわる事が多かったのですが、ある日、
夜になってから道に迷いました。
地図を見ながらぐるぐるしてました。
だんだん焦ってきて、ちょっと戻ろう!と思って空き地を見つけて
そこに車をいれ、方向転換しようとバックミラーを見たら、
なんと着物来た女性の首から腰のあたりが車のライトに
浮かびあがっているではないか。。
えっ?えっ??って感じで軽いパニックに。。
そしたら、なんかお祭りで使う人形が置いてあったのでした。。
顔はおっきくて、ペコちゃん系でした。
首から下だけ見えたので逆にこわかった。


146 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/24 19:43
リモコンに手を触れていないのに、いきなりTVが消えた。
スリープモードにしていたのを忘れていたので、そうとうビビった。

147 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/24 20:28
なんかの番組思い出したよ
なんか東北の方で、雪が降り積もってて、そんな中にある古い家で誰か忘れたが芸能人が泊まるの
そこに色々な訪問者が現れるんだけど、どうしてだったかその芸能人が家から逃げ出すんだよ
玄関の引き戸開けて、そのままのイキオイで走りだした瞬間、待ち構えてた幽霊に扮した人がすぐ前に居て、
それに驚いた芸能人が物凄い勢いで九十度横に飛んで転ぶの

あれ本気で笑ったんだけど、誰か覚えて無いかなー
もう一度見てみたいな
解りづらくてすまん

148 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/24 20:51
押入れが開いてて 白っぽいしみをぼーっと見てたら顔に見えちゃって 金縛り状態。
ってゆーか、怖いものみると人間は固まって、目もそらせないものだと思ったな。
たんすの木目模様も結構怖く見えてた。

149 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/25 06:10
ヲカ板で事故物件ネタが活発だった時期、ちょうど自分も引越しますた。
入居して、少し落ち着きかけてきたころ
いきなり家電がお亡くなりに。しかもビデオに始まりコーヒーメーカー、テレビ‥‥
落雷?過電流?いや、一斉あぼーんならまだしも、時間差あぽんって‥ 

 ま さ か こ の 部 屋  !?

正直かなりガクブルな日々。さらに数日後、PSで気を紛らわせてたら
今度はゲームの途中からいきなりコントローラーが大暴走。
コマンド選択のカーソルがひたすらスクロールして止まりません。
自分、触ってないのに‥‥
 え え か げ ん に せ ぇ や ゴルァ!!!
脊髄反射でブチ切れますた。コントローラぶん投げて、意味もなく
背後にむかって威嚇したり。 もちろん、なんにもいませんですた。

家電&コントローラー‥壊れるのタイミング悪すぎ

ダラダラ駄文失礼。でも怒りは恐怖に勝ると知った夏の日の想ひ出

150 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/25 10:49
僕も、幽霊にリセットボタン押されたら
怖いっつーより、怒りまつ。

そのときのゲームが魔界村とかだったら、

幽霊さん、あんたの命はないでつ。

151 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/25 10:55
>146
それ、配電盤とか漏電とか電磁波とか調べたほうがいい。
電圧が不安定なんだと思うぞ。
コーヒーメーカーはともかく、マイクロチップ使ってるものばかりじゃないか。

配電盤とかの壁の外に電柱とか変圧器がないか?

トラックがよく通る交通量の多い道路が近くにないか?
(トラックの違法無線が原因。うちは、これらしい。)

漏電だと火事になって、あなたが磁場クレイ、もとい自縛霊に・・・・・・。


152 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/25 10:58
>>151
磁場クレイって…

頭にアンテナ3本たててる土偶をおもいうかべちった。

153 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/25 11:25
なんだか存在感のない警官が夜ぼそっと立っててびびりました。

上の方で紹介された、警官っぽい看板だったんだけど、それは線のみの棒
でできてるから、あるのは知ってたけど、壊れたた放置看板だと思ってた。

あと、別のとこにはビニールシート製のそれが、電柱ごとに100ぐらい
ならんでたりもする。

夜うちの近辺、車が少ないもんだから、40キロ道路でみんな80 100
は平気で出すからなあ。どんどん取り締まってくれ。
60で走ってると、追い越しかけてくるんで、こわくてしかたねーや。




154 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/25 11:40
逆に相手を脅かした話だけど、昔おんぼろアパートに住んでいた頃、道路を挟んで隣のアパートの部屋の中が見えていた。
別に覗く気は無かったが、狭い一方通行の道路を挟んでいるので10メートルも離れてなく、テレビがこっちを向いていてそこの住人が見ているのが見えた。
なんとなく自分の部屋のテレビのリモコンを向けてボタンを押すと、同じメーカーだったらしく、向かいのテレビが消えた。
向かいの住人が「あれーっ?」て感じでテレビをつけていた。
面白くなって向かいに気づかれないようにボリュームを大きくするとこっちに聞こえるほどの大音量になって向かいの住人が慌てて消しているのが見えた。
それっきりいたずらはしなかったが向かいの住人は何だと思っただろう?

155 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/25 11:56
>147サン
関西テレビの番組じゃないですか?島田紳助がでてたやつ。

私しかいないのに二階からガッシャンガッシャンなんか鎧で歩くような音が聞こえた時は恐かった。
風でカーテンの下に付けいてた金具が窓にぶつかってただけだった。

156 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/25 13:11
>154
映画「ポルターガイスト」の前半部分のギャグ(TV放送の時はカットされる)みたい。
コードレス電話機とか無線LANとか絶対使っちゃダメな環境だな…

157 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/25 13:50
長文申し訳ありません。
5年くらい前、丁度「リング」が公開間近でテレビでCMしまくってた時の話です。
私が2階の寝室でテレビつけたままウトウト眠りにつきかけた時、その音は鳴り始めました。
深夜3時を過ぎた頃、部屋のどこからか何かをノックする音が「コンコンコン」。
家族であればノックせず部屋に入ってくるし、、、。
ついには目を覚まして布団の中で音の出所をさぐる。
「コンコンコンコン」、「ドンドンドン」窓を開けろと要求するようなノック音。
おりしもつけっぱなしのテレビからはタイミング良くリングのCM。
「来る〜きっと来る〜」のフレーズに背筋が凍りついた。
(その間もノックをする音はやまない)
「もしや、これが俗に言う霊体験なのか!」 「ついに遭遇しちまうよ・・・」
雑音を消す為、勇気をふりしぼってテレビの電源を消しに行く。

すると、テレビ横の窓からその音は鳴っていた。。
「オイオイ。ここは二階だぞ…。」と言いつつも頭はパニック寸前に。
レースのカーテンがブラインドになり按配良く”でどころ”を隠している。
なかばヤケクソでカーテンを勢いよくめくると女が窓のすぐ外に!!!
「あ゛・・・・あ゛っ」
よーく見ると彼女でした。
なんでも親と喧嘩して家を飛び出したらしく片道10キロの道のりを飼い犬と歩いてきたそうです。
うちの庭に置いてある梯子を使って窓の前の屋根に登ったみたいです。
それまで聴牌な私は憤慨しながら部屋に入れ、そそくさ寝ました。
しかも、起きれば初出勤。彼女をしぶしぶ家まで送って行こうとしたら
彼女「犬(飼い犬)がいない。ここにつないでいたのに・・」
私も遅刻するわけにはいかないので車を走らせ、ふと横を見たその時!!!
その犬はそしらぬ顔して草むらで睡眠かましてる始末。
霊感のない私にバーチャル霊体験させてくれた彼女には感謝したいところですが
見事に遅刻しました。


158 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/25 14:23
勘違いさせちゃった話。

中学生ぐらいのとき、つまらんことで母親と喧嘩して家を飛び出して、
近くの川の土手を泣きながら歩いてたら、前を歩くカップルがいきなり
「ギャァァー!!!」て叫んで走り出したわけよ。
何事!?とまわりを見ても、夜中だし田舎だったから歩いてる人なんか他にいない。

どうやら私の泣き声を幽霊のすすり泣きと勘違いしたらしい。

暗かったから後ろを歩く私の姿が見えなかったというのもあるだろうし、
ちょうど土手の下に木がうっそうと茂るいかにもな神社があって、その神社から
聞こえてくるとでも思ったんだろう。

そのことに気付いた私は、せっかくのデートの邪魔してごめんなさいと思うとともに、
思いがけず人を驚かせたことですっきりして、母親に謝るために家路に着いたのでした。

159 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/25 14:43
>158
最後の2行がなんか…イイでつ(笑

160 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/25 17:03
全国各地の心霊スポットみたいなサイトの、東京の部分を見ていると、03から始まる電話。
なんとなくおっかなかったんで、そのサイトを閉じて、普段通りの巡回に戻ってたんだけど、もうそろそろ明け方ってな時間だったこともあり、強気な感じでもう一度同サイトを見る。
そしたら、さっきと同じところを見始めた瞬間、また電話!
びっくりするにはびっくりしたけど、実際にお化けちゃんから電話がかかってくるなんて、そんなわけねえ。と、電話に出る。

…………

午前5時ちょっと前に「仕事の調子はどうか」なんて電話してくる祖母の頭の中が一番オッカネエと思いました('A`)

161 :磁場クレイ:03/06/25 18:44
>>151
>トラックがよく通る交通量の多い道路が近くにないか?

ビンゴ!! しかも環八と青梅街道だったりして‥
もし自分が磁場クレイ化したら、ちゃんと頭にアンテナ3本たてまつ。
なんかリアルで漏電(((;゚Д゚)))ガクブルに思えてきて
ついレス入れちゃいますた。ごめん&ありがと

162 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/30 12:36
リアル工房の夏休みに、部活の合宿で、山間地のロッジに
泊まった時の事です。
私は普段、就寝すると朝まで目が覚めないのですが、
その日は寝る前にスイカを食べたせいか、
夜中にふと目を覚ましてしまいました。
すると、部屋の中に直径20センチ位の光の玉が2つ
ふらふらと漂っていたのです。
てっきり人魂だと思い、ムチャクチャ驚いたのですが…

ド近眼なのに、眼鏡を外した状態で蛍を見た為、
ぼやけて大きく見えただけでした。

163 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/30 21:17
>162
蛍(・∀・)イイ…

164 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/07/01 04:05
ある夏の夜、涼みにベランダに出ると、視線右下方に人の頭らしき物が!
生首のオバケと思って、顔を前方に向けたままカチンコチンに硬直する事数十秒。
勇気を振り絞って視線を下にずらすと・・・・かーちゃんの洗濯したヅラでしたん。
・・・・漏れの初心霊体験も先に延びて良かったよ。

でもあの時はマジで肝が冷えました・・・・。


165 :あなたのうしろに名無しさんが・・・ :03/07/01 22:14
川べりにある塾に行っていた中学のときです。
メガネ嫌いだったので、勉強のとき以外はかけていません
でした。
塾に向かう途中、ふと川のほうを見ると、ちっちゃな飛行物体が
ふわふわと漂っている!!
そのちょっと前に『偵察用の無人の小型UFOが発見された!』
なんていうちょっとアヤしげなUFOものの本を読んでいた私は
UFO!?それとも、人魂!?とビビってしまいました。

もちろん、塾に着くなり、友人たちに報告です。「すっげーの
見ちゃったよ!」と。
当然思いっきりバカにされました。
私が見たもの。どうやら蛍光塗料がついた浮き(?)だったらしいです。
それが近視の目にはぼぉぉぉっとたよりなく、おっきく見えていたみたいです。
そういや、薄暗がりの中に人影があったような…。

166 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/07/02 02:42
土曜日の夜、仲間内で集まっちゃあ、峠に車で繰り出してた頃。
埼玉の正丸峠に走りに行って、現地に着いたのは零時過ぎ。
ちょっと雨も降っていて、路面はしっとり濡れていた。
登りのブラインドで、対向車のライトが見えたんで、警戒しながら走って行くと、
対向車が来ない。
向こうは下りだし、此のスピードならとっくに擦れ違う筈・・・と思ってたら、
いきなり、子供がランタンを掲げながら歩いて降りて来た
「うわぁ〜〜っ」
と叫びながらハンドルだけはしっかり押さえて行くと、次から次から降りてくる
よくよく見ると、皆同じ服。
ボーイ・スカウトのお子様らでした。
見た瞬間、初めて幽霊を見た、と思った。
夏場に、合宿か何かしてたんだろうケド、マジびびったっす。
止めて呉れよ、もう・・・・

167 :[ここ壊れてます](1):[ここ壊れてます]
[ここ壊れてます]
71 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)