5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

虚構の闇、狭山事件5th

1 :元埼玉県民:03/05/22 01:03
前スレ
殺意の因習、狭山事件4th (2003.1〜5)
http://hobby3.2ch.net/test/read.cgi/occult/1043835444/

過去スレ
××××××狭山事件××××××(2000.11〜12)21レス
http://mimizun.mine.nu:81/2chlog/occult/piza.2ch.net/occult/kako/975/975464201.html
狭山事件(2002.2〜7)
http://de.geocities.com/zeroyaruki/sayama/sayama01.html
底知れぬ暗黒、狭山事件2rd(2002.7〜10)
http://de.geocities.com/zeroyaruki/sayama/sayama02.html
狂気の迷宮・狭山事件3rd(2002.10〜2003.1)
http://hobby2.2ch.net/test/read.cgi/occult/1034680074/
過去スレミラー
http://de.geocities.com/zeroyaruki/

狭山事件って何?って人は、ここを御一読下さい。
ttp://www.alpha-net.ne.jp/users2/knight9/sayama.htm

483 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/28 02:19
ここに当時?の狭山市の空撮があったよ。ちょっと大きいけど・・
http://w3land.mlit.go.jp/Air/photo400/74/ckt-74-16/c14/ckt-74-16_c14_24.jpg

484 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/28 12:42
>>481
田舎ほど緻密で複雑な犯罪が起こりやすく、解明しづらいんだよ

485 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/28 17:28
>438
もう少し下のほうが見たいですね。
年代は昭和40年代半ばから後半くらいな感じですが
雰囲気は残っていますね。

486 :盛況 ◆cQ5CwQT2.c :03/06/28 19:42
殺害が佐野屋の後という説を取る場合に、屍体埋没の観点からはどうだろう。

屍体が語るところでは、被害者は死後最低3時間は仰向けの姿勢を保持して
いたと見られる(上田鑑定では死斑が生ずるためには死後3時間乃至4時間
死体が一定の姿勢を保つことが必要、五十嵐鑑定は4時間乃至6時間以上の
時間の経過が必要、となっている)。
屍体埋没は常識的に考えて(当説の場合に)3日未明または3日夜から4日
未明にかけてと考えて良い。しかし上記死斑の事実に鑑みると、3日午前0
時ごろに佐野屋での立ち回りがあり、その後すぐに殺害を実施したとしても、
屍体埋没は殺害時から最低3時間後ということになり、3日未明での埋没は
時間的に可也の無理があると見て良い。
(日の出時刻は5月1日で4時49分、とすると4時半ごろには薄明るくな
なるのでその前には埋没終了の要がある。犯行を最短時間で実施したと考え
ても、佐野屋逃走後監禁場所に帰着0時半、すぐに殺害して遺体の搬送開始
がどんなに早くても3時半、従って3日未明には埋没に使用出来る時間は1
時間しか無い為)

従って、この場合の埋没時刻は3日の夜間から4日の未明ということになる
と思う。3日朝からは佐野屋での犯人取り逃がしを受けての山狩り開始、4
日午前10時屍体発見。

ただ、山狩りは昼間行なわれるにしても、いづれにしろ佐野屋のあとでは、
警察はもとより近隣の人々の状態を考えると、埋没自体が可也危険なことに
なると思われるのだが。

487 :盛況 ◆cQ5CwQT2.c :03/06/28 19:43
殺害自体については、小生自身は、初めからそれは目的化されての犯行であっ
たと思う。そこまで実行するほどの動機と言うからには、やはりたんに利権、
或いはそれを巡るトラブルということの他に、被害者宅当主へ又は一家への、
強い怨恨、確執があったと思う。
では何故殺害されたのが被害者であったのかについては、被害者と顔見知り、
或いは肉体関係にある者の存在を犯人側があらかじめ知ったという状況があり、
その顔見知りの者を利用出来る状況にあったためではないかと思っている。

しかしそれだと、
「佐野屋からの逃走に失敗した場合のリスクが大きすぎるのではないか」
「死刑になるかもしれないようなリスクを背負ってまで実行するメリットなど
果たして犯人側にあるのか」
という疑問の向きについては、
*実行犯には仁侠系若しくはそれに類した組織を使嗾しており、例えば佐野屋
での逃走に失敗しても、口を割らない。
*後で警察の捜査方針について、可也な程度、その方向性に掣肘を加えること
の出来る者が背後に居た。
のではなかろうか、と思っており申す。現時点。

488 :うーむ:03/06/28 21:46
これは、動機を探るチームと殺害方法を探るチームにわけて、打ち合わせしながら
同時進行すればいいのでは・・話している場面がバラバラでは進行しない
ような気が・・・・(^^;

489 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/29 17:41
喜代子と喜代治
すごい名前の付け方、余程喜代が好きだったんだ。

490 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/30 02:57
>>485
http://w3land.mlit.go.jp/Air/photo400/74/ckt-74-16/c14/ckt-74-16_c14_29.jpg
ここいら辺かな?てかリンクの最後の数字を変えていけば色々見れるよ。 ↑
でもこの写真昭和49年の12月25日なのかな?俺んちが写ってるよー

491 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/30 11:28
>>489
おいおい、家族の実名を晒すのはまずいよ。しかもageてるし。荒らしか?

492 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/30 13:14
>>490
空撮といえば、映画「造花の判決」であったな。
ラストで被害者宅もチラリと写っている。
ところでこの「造花の判決」という言葉、実にうまい表現だと思っていたが、
これって、あの有名な正木ひろし弁護士の新聞での文章のタイトルだったんだね。

映画では、長兄と次姉に対して、はっきりと疑惑の眼を向けている。
解同製作映画だが、ITにも「不審死者の中に真犯人がいるのかな」と登場人物
(部落の青年)に語らせる形で、ITが犯行に関与した可能性を示唆している。

493 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/30 16:29
>>486-487
2日夜(正確には3日午前0時過ぎ)の佐野屋逃走後の殺害とすると、
確かにそれからの農道への死体埋没は難しいようですね。
>>475-478の推理でおおまかな謎は解けると思ったのですが、
いや本当にこの事件は難解至極。

盛況さんは佐野屋逃走を任侠系の口が固い人物に任せた計画と言われるが、
仮にそうとしても、佐野屋に警察犬がいなかったことを犯人側が把握していた
ことが前提ですね。
刑事達は撒いて逃げる自信があったとしても、警察犬がいればどうしようもない。
だとすると、やはり警察の動きを知る立場の人間が真犯人グループの中か、
協力者にいたと考えた方がよさそうですね。

実際、翌朝に到着した警察犬は不老川の附近で立ち往生してしまった。
これは、犯人が川に入って臭気を消し去ったからだと考えられます。
ここまで用意周到に出現と逃走を計画し、それを見事に成功させた真犯人が
「失敗して佐野屋に行った男が逮捕されても仕方がない」という計画を立てる
とは到底思えないのですが。

494 :ファイト住人:03/06/30 18:20
>>493
同意なんですが。そうするとやはり、殿岡説ですよねぇ。
殿岡説は無理がありますかね?殿岡説くらいやってのける
くらいの犯人はいてもおかしくはないと思うのですが。
二日の早朝に長兄が封筒の切れ端を自宅敷地で
発見している。ということは、兄が一日から二日寝ていないと
考えても不思議ではない。一日の夜もやはり張り込みがあって
警察の配置を知っていて、張り込みが終わってから死体を埋めた。
これは、、無理がありますかね?

495 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/30 18:42
>>494
1日も2日も自宅には万一を考えて刑事が泊り込んでいたんだから、
彼らの目を盗んで抜け出し、穴掘りに行くのは不可能ですよ。
帰ったら泥まみれだし。どこかでシャワーでも浴びて着替えてきた
というのなら別ですが。

496 :ファイト住人:03/06/30 19:54
>>495
なるほどーソースはどういう感じなんでしょうか?

497 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/30 20:50
>>496
ウスターソースって感じ。(W

498 :盛況 ◆cQ5CwQT2.c :03/06/30 23:33
romuri
>>493>>494、取りあえず、それらの疑問は、実は小生自身も持っていますから、
今じっくり考え中です(実はシノギが忙しい‥‥藁)
>>495
>1日も2日も自宅には万一を考えて刑事が泊り込んでいたんだから、
それは確かなことなのかどうか。
 (もっとも、それくらいのことはあっても不思議はないともいえるのだが‥‥)

ただ‥‥小生自身の心境を書いておくと、
小生が「長兄説」を止めたのは、あくまで、「事件発覚時刻=脅迫状発見」が
発表通りではないということを前提としています。それだと何故長兄説撤回に
なるのかは、既に既述です。
ですからもとより、>>494ファイト住人さん
のように考えておりました。小生も。
その説は、発表通りなら、無理はアリマセン。

逆に言うと、
もし事件発覚時刻が発表通りならば、
小生もまた、初めの推理に戻るほかないわけです。
小生はかなりその「長兄説」にこだわっておりました。今でも、心の奥底で、
ソウです。が、諸般の事実(?事情というべきであらうか?)から、
現時点では、その説を取ってはおりませヌ。

その、展開点となることは、
まず初めに、事件発覚時刻の問題です。
これは、>>468でもファイト住人さんが取上げているように、そもそもの事件
の性格を決定付ける重要な論点。

不肖、小生も今後いっそうの考慮をしてゆきます。


499 :盛況 ◆cQ5CwQT2.c :03/06/30 23:50
追伸
>>483>>490の空撮、小生もおおいに参考になッたヨ。
  とくに>>490の写真で。

500 :ファイト住人:03/07/01 08:49
やはり、、最初の事件発覚時刻の問題は大きな岐路になりますねぇ。

501 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/07/01 19:10
空撮でお地蔵さんはわかりますか?

502 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/07/01 22:55
すいません。質問です。(過去スレ読まなくてすみません)
N家の方々は今は?

503 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/07/01 23:11
誰かもっとすごい情報を出してチョ。
そうすりゃ、英雄。



504 :盛況 ◆cQ5CwQT2.c :03/07/02 00:52
取りあえず現時点での考えを整理しておきます。事件発覚時刻が数時間早かっ
たと前提して。

1のA、4月28日に犯行を実施する予定であった。

  脅迫状の日付訂正部は「4月29日」である(佐野屋の日時指定)。即ち
  その前日28日が当初の拉致予定日であった。なんらかの理由がありこの
  日の犯行は取り止めになった。よって日付を訂正。

1のB、或いは、28日には家族への恫喝をした。

  仮に脅迫状表の例の日付を「28日」と読む(A&B)→>>293-294 >>296

2、事件発覚

  5月1日電話で娘の拉致を通告した。警察への通報。
  その指示に従い、長兄が指定場所で脅迫状と自転車を回収。長兄は念の為、
  学校にも立ち寄るが、妹はやはり居なかった(或いは、指摘されているよ
  うに、用務員の証言は後からの警察による贋証言?)。

3、1日午後、被害者は顔見知りの者の手引きで犯行場所へ出向き、そこでト
  マトを含む食い物を平らげ、なんらかの形で性交をした。それはその顔見
  知りの者との合意でか、或いは、鈍器で後頭部を叩き、卒倒したところに
  性交を受けた。顔見知りはOGか?或いは今だ知られぬ別の者?

4、動機

  利権絡みの怨恨。これに、被害者の出生に関わる家庭の機密事項も絡んで
  いるか?或いは、家庭機密は、犯人側の被害者宅への圧力として利用され
  たのかも知れない。こうした事によって、その後の家族の、事件への不自
  然な言動、反応が発症。実行犯は仁侠系か。

505 :盛況 ◆cQ5CwQT2.c :03/07/02 00:53
5、殺害
  
  1日夕刻。初めから殺害の予定であった。娘をターゲットにした理由は、
  拉致に顔見知りの者を利用出来る事と、娘に関わる家庭機密を利用するこ
  とにより、被害者家族の発言を抑止。

6、屍体埋没

  2日午前2時ごろから、未明にかけて実施。このあたり、2日朝の土地所
  有者の証言、犬の吠え声があったとの証言及び佐野屋の後では、逃走の追
  求と公開捜査となったことなどで、2日未明の可能性大と見る。

7、犯人

  警察の捜査状況を可也な程度把握出来、なおかつ捜査方針への相当程度な
  干渉を行える者が主犯、若しくは背後に居た。そして仁侠系若しくはそれ
  に類する組織などとの繋がりも。

当説の弱点は勿論可也あると思う。細かいことも色々あろうが、小生的には主
に次の諸点。

弱点1=相当規模に組織的な犯行だが、そうした組織的行動力且つある種の政
治力を所有する者ならば、娘の殺害という方法でなくとも、他になんらかの手
段が取れるものと思われる事。

弱点2=そうした犯人像は、実名の割れた事件登場人物を犯人として想定する
ことに比べ、やはり何か弱いモノを感じざるを得ない。

難スイッ。英雄には、程遠いネ。

空撮、N家と養豚場(跡?)と佐野屋を発見。

506 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/07/02 09:29
>空撮、N家と養豚場(跡?)と佐野屋を発見。

どのあたりですか? 詳細キボン

507 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/07/02 11:46
>>504-505
その推理には、大まかに同意できるが、最初の計画が4月28日頃だった、というのは
全く間違った考えだと思う。

そもそもこの事件は、真犯人側の巧妙な偽装工作が最初から終わりまで貫かれており、
おまけに捜査当局もそれに便乗(?)して証拠と証人の偽装行為に結果的に加担している
上に、被害者家族も家庭の事情(?)で事実の一部を隠匿した疑いが濃厚なので、
事件の全体像が本当に分かりにくくなっている。

だが、事件の出発点があの脅迫状にある以上、真犯人が、最も肝心肝要な宛名と
身代金受け取りの日付、場所を計画変更に伴って乱雑に訂正した物を使うなどと
いうことが果たしてあり得ようか。
真犯人の意図として「最初はしょうじ家の子供を狙って4月29日以前に営利誘拐を
企てたが果たせず、数日後の5月1日に急遽通りすがりの女子高生に変更した」
「脅迫状を使い廻しにし、漢字もろくにかけない無学の粗暴犯」に見せかけたことは
明々白々だと思う。

事件当時も一部で、脅迫状の当て字は偽装であり、実行犯も被害者と顔見知りの地元の人物
という的を射た推察をする当局者や識者もあったが、結局真犯人の狡猾な作戦に乗せられた
ことが事件を難事件にしてしまった最大の要因だ。
5月1日は被害者が「楽しみにしていた誕生日」(次姉談)であり、三柱神社の祭りの日。
そして市議会選挙の翌日で警察も市民もあわただしく往き交っていた最中に起こった事件
であることを忘れてはならない。

用意周到にこの日が選択されたことは疑う余地がなく、日付の訂正はあくまで偽装工作の
一環であったのは間違いないだろう。
ただし、事件以前から、被害者宅の当主が、なんらかの形で脅迫かそれに近い脅しを
受けていた可能性はあると思う。

508 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/07/02 15:27
既出の言説ばかり並べるスレ汚しとの批判がくる前に、実行犯に関する件
についての自分の推理を書いておこう。

盛況さんは、実行犯は逮捕されても絶対に口を割らない任侠系の組織構成員
と推測しているが、そうだとすると逆の疑問点が沸いてくる。
限られた人員で構成される組織の一員ならば、当然のことながら人数が絞られてくる。
その人物が被害者家族と何の怨恨関係もなかった場合、その犯行動機の面で
組織の幹部クラスまで追及が及ぶことは想像に難くない。

いくら本人の口が固くても、背後の人間関係から芋づる式に主犯が浮かび上がってくる
可能性は十分にあると思う。
そう考えると、実行犯に任侠系組織が関与していたとしても、伯父さん刑事が推理
したように、若手の準構成員が使われた可能性のほうが高いようにも思う。
ただし佐野屋の男は中年の声という事件直後の証言が気になるところではあるが。

それより問題にしたいのは、元作男OGと養豚場経営者の兄ITの存在。
果たしてこの二人は事件に関係しているのかいないのか。
結論からいうと自分の考えは「OGは従犯。ITは全く関係なし」。
OGを従犯(共犯よりも犯行への関与の度合いが薄弱)とする理由は、これまで
さんざ述べられている通りなので省くとして、ITに関しては、死体に仕掛けられ
ていた「ひこつくし」が、逆に彼の無実を証明していると思う。

509 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/07/02 15:29
被差別部落に伝わる秘伝の「ひこつくし」。その使い手は限られているし、
素人が偶然にその結び方をしたものではない以上、ITが実行犯だった場合、
そのことを熟知している使い手である彼が、わざわざ「私が犯人です」という
ような証拠を残すはずがない。
「無学な不良→佐野屋近辺→I養豚場→「ひこつくし」の使い手→IT」という
連想ゲームが容易に起きるのは当然過ぎるほど当然だ。

石川氏と同様に、ITも犯人側の罠によって嵌められかかったのではないか。
では何の関係もなかったITが二審後半の途中で轢死したのは偶然か?
これは想像であるが、「ひこつくし」が部落の秘伝である以上、それを知っている
人物について、ITには心当たりがあったのではないだろうか。
石川氏が二審で無罪になれば、また自分が疑われる可能性がある。
ITなりに彼に心当たりがある人物に「接近」した結果の「飛び込み自殺」だった
のではないだろうか。

石川氏が逮捕された後、警察に付きまとわれたことで腹を立てたITは、
「一雄がおらのことをしゃべったんだろう!」と、石川家に怒鳴り込んでいる。
確固たるアリバイがなければ、石川氏とともに犯人にされたかもしれない
ITにとって、被害者と共に埋められていた「ひこつくし」のロープは、
大変気になるものであったに相違ないと思えるのである。

510 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/07/02 15:50
>>502
長男:結婚し、家督を継ぐ。実家にそのまま在住。
長女:家出して東京で結婚。実家との往来なし。
次女:一審判決後、自殺。
次男:独立して飲食店を経営していたが最高裁の上告棄却後、自殺。
三男:実家を出て次男の家から大学に通う。その後養子縁組をして改姓。

(三女は幼児期に病死。四女はこの事件の被害者。
母親は事件の10年前に病死。父親の現況は不明だがすでに故人と思われる。)


511 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/07/02 15:53
唯一といえる脅迫状が真犯人の残した証拠ならば
なぜ日付け、場所の変更を訂正したのか。
それは犯人の意図することをカモフラージュするために
身代金目的の犯行のように見せ掛けたトラップである。
この犯人はトラップを幾つも仕掛けているわけで、
まずそれを遂行するために受取り現場に犯人が登場し
確実に逃げることも必要であったにちがいない。

動機を考えると
利権にまつわる集団の犯行とも考えられるが、リスク的に他の方法でも
可能なような気がする。
いわゆるこれだけ知的な部分を持った犯人ならばなおさらの事。

単純に彼女の殺害することから綿密にこの計画が立てられた。
そして身代金目的の犯行にみせかけ、最終的仕上げとして
受取り現場から逃走できる自信を持っている犯人=長男。
たぶんもうひとりOGにも犯行を手伝わせたかもしれない。



512 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/07/02 16:12
無限ループの世界

513 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/07/02 16:15
主犯はどう見ても長兄ではないっしょ。
犯行グループの思惑になんらかの形で利用されているかもしれないけど。

514 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/07/02 16:25
長兄は犯行には関係していないが、そうとは知らずに犯行の手伝いを「させられて」いるので、
本当のことが言えないんですよ。これはOGも同様で、気の弱い彼は疑われる前に自殺してしまった。
次女が自殺したのは、そのことを知ったのと、結果的に自分の証言で無実の者が死刑になってしまう
ことに良心の呵責を覚えたことが原因だと思う。
ことによると長兄との間で、この件についての葛藤があったのかもしれない。
次男の自殺や他のきょうだい達がすべて家を出たのも、このことと無縁ではないように思える。

515 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/07/02 16:38
16歳の誕生日に殺されたY枝さんが浮かばれん・・・

516 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/07/02 22:08
何度も出てるが、長兄主犯説をとると、動機がうまく説明できない。
亀井説では地価の高騰で将来数十億にも達するであろう財産を少しでも
多く手に入れるためと、もともと片親違いで不仲の妹を抹殺することで
将来の遺産相続時に他人が割り込んで来る事を未然に防ぐのが主目的としている。

これでは少々動機が弱いと感じたのか、殿岡説では遺産目的ではなく
近親間の不倫理関係を想定し、そのトラブルが殺害の発端とした上、
これをすべて単独犯で実行したと推理している。

つまり、同じ近親間殺人を推理していながら、亀井・殿岡両説では、動機面が
完全に対立しているわけだ。少なくとも動機の面で見る限り、亀井説の方が
うなずける部分があり、殿岡説は文字通りフィクションであり、「小説」と
しかいいようがない。
確かに一民間人が、限られた登場人物から真犯人を捜し出して一冊の本を
完成させるならば、「未知の第三者」を登場させるわけにはいかなかった
事情は分からないではない。
そんなことをすれば推理小説の「ルール違反」となることだろう。

517 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/07/02 22:09
しかし殿岡氏は、狭山事件を題材とした推理小説を発表したかったわけでは
あるまい。もしそうなら「人形村の殺人」を書いた篠田秀幸氏のように、
設定を大幅に変更しているはずである。
そうせずに事実上のノンフィクション形式をとった上に、エピローグで、
他ならぬ実在の長兄に、あつかましくも慇懃無礼な「質問状」を送りつけて
その経緯まで公表している以上、この本の記述が事実であるとの確証を
持っていたはずである。

それだけに、実在の人物に対して、ここまで言い切る自信が一体どこから来るも
のなのか、別の意味で興味が湧いてくる。
おそらく殿岡氏本人も、この掲示板の存在は知っているだろうから、直接
呼びかけて問い質してみたい。

「いや、あれはあくまでフィクションで…」と言い逃れるかもしれないが、
無実の罪で40年も苦しみ続ける石川氏を思いやる気持ちがあるのなら、事件の
最大の被害者である善枝さんの家族の一人を、いまだに単独の真犯人と思ってい
るのか、ぜひ聞いてみたい気がするのだが。

518 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/07/03 00:41
ただ長男の行動は少し解せぬ。
そして推理するからには、与えられた資料からしかできない。
利権については、その当時の記者達も記事にしていなかったのか?
もしその利権を我がものにしたければ、父親の弱味をつくとか
こちらの条件を呑むような事をすると思う。
それがイコール、四女誘拐殺害には結びつきにくい。
逆に父親が黒幕を知ってしまう可能性があり、それを実行した者たちの
弱味を握ることになりはしないか。
そう考えると利権がらみというのも動機として弱そうと感じる。

519 :盛況 ◆cQ5CwQT2.c :03/07/03 04:04
romuri
>>506=後日。しばし待たれい。
>>507=小生的にも含みのあることなんで、上の短い箇条書きには省略したわ
けで、別にその日付にこだわっているのじゃァないことは、>>293あたりに既
述。要するに、
>ただし、事件以前から、被害者宅の当主が、なんらかの形で脅迫かそれに近い脅しを受けていた可能性はあると思う。
上記1のBがソレ。
他、後日ぢゃ。

520 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/07/03 15:58
利権がらみが動機と考えると、四女殺害が計画通りだったのか否かが
最大のポイントとなりそうだ。利権獲得が第一の目的ならば、
なるほど家族を殺してしまうのは行き過ぎだし逆効果という感じがする。
警察も徹底的に捜査するだろうから、実行犯が逮捕されて一網打尽という
リスクも大きい。そう考えると、殺害は突発事故ということになる。

これに対し、殺害が最初からのシナリオ通りとすると、事件は一気に
猟奇的分野に踏み込まざるを得ない。
そもそも利権の獲得というのは、大金を手にするという最も現実的
な欲求を満たすための方策であるから、そのための犯罪ならば、
それも、より現実的・合理的なものになるはず。

しかるに狭山事件に見られる特徴は、この話題がオカルト板で語られている
ことでも分かるように、土着的・呪術的な臭いが強い犯罪だ。
特に、強い殺意を隠そうともしていない不可解な脅迫状や、呪いを込めた
としかいいようがない死体埋没の情況は、この印象を強くさせる。
利権獲得の邪魔になった家族への脅迫という動機を超えた不気味さを
感じるし、単純な図式では拭いされない怨念が、そこには漂ってもいる。

利権構造における被害者宅の当主への確執だけでなく、やはり同家への強い
遺恨・怨恨が根っ子にある犯行であるように思えてならない。

521 :盛況 ◆cQ5CwQT2.c :03/07/03 19:23
>>506 写真の見方。
http://w3land.mlit.go.jp/Air/photo400/74/ckt-74-16/c14/ckt-74-16_c14_28.jpg
を見る。ダウン完了したなら、一番下までスクロール。
佐野屋=チョイト右へスクロールすれば、スグに五差路がある。その右上へ伸
びてる道路沿いにある家屋(家並が畑で途切れたあたり)が佐野屋だろ。
養豚=さらに半分ほどスクロールすると、川があるのが解る。ここにある橋を
下へ渡った角にあるのが養豚場付近と思われ。
N家=もう少し右へ行くと、鉄塔が白っぽく写っているのが解る。その右下か
ら右上へかけて、屋敷森と家並が存在するが、鉄塔の付け根から右へ水平な直
線を引き、その直線が交わる家(茶色ッぽい屋根の納屋、車庫があるのが見え
る)それが被害者宅と思われ。

522 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/07/03 21:27
>>518
必ずしも、そうは言い切れないと思う。
対立する側のボスが主犯としても、犯行計画を練ったのがその子飼いの親分である場合、
実行犯達はその配下の部下達か、または命令系統が容易に割れないルートを使って
口の固い組織の者を選んでいるはず。
そうなると、よほど日数をかけないと背後関係までは辿れないと思う。

ボスや子飼いの親分達は実行犯ではないのだから平気な顔をしていられる。
ことによると実力者でもあり政治家でもあるボスは捜査当局にも顔が利いていたかもしれない。
となると捜査情報が犯人側に筒抜けだったことも考えられる。
当局が、N家とは何の関係もない一人の青年の単独犯としたことで、N家の主人も、
心当たりについて沈黙せざるを得なかったのではないだろうか。

523 :506:03/07/03 21:31
>>521
説明ありがとうございます。
おかげでなんとなくわかりました。

524 :3-679 ◆2gw3ijNQ4E :03/07/03 21:56
>>520
>利権構造における被害者宅の当主への確執だけでなく、やはり同家への強い
>遺恨・怨恨が根っ子にある犯行であるように思えてならない。

同意です。私も3rdスレで初めて書き込みをしたのが、被害者の母親の不審死に
ついてでした。その前後にY枝さんのほかにもう一人、種違いの子(森の息子?)が
存在するというレスがあり、その真偽はともかく、どうしても怨恨説を否定できないん
ですよ。
謀略説、黒幕説どちらにしても、事件に関わった人数が多く、事件発生から40年も
経ったこんにち、何もそれに関する情報がない(すなわち、誰も口を割らない)ほうが
不自然な気がするのです。
シノギが厳しいのに精力的にレスしている盛況氏を見習って、もう一度関連資料に
じっくり目を通してみようと思います。


525 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/07/03 22:24
>>524
そりゃ警察と裁判所が全力で守ってくれてるんだから、これ以上の心強い
味方はいないよ。

526 :盛況 ◆cQ5CwQT2.c :03/07/04 00:24
では簡略に記した上記投稿>>504-505について、
レスも含めても少し詳細に述べさせていただこうかと思う。

1A=この項は既述の如しで、それほどこだわりがあるわけでは無い。全体と
して、>>507のようで実はほぼ同意。

1B=この日付にも、別段のこだわりは無い。日付ではなく、要するに28で
も20でも、もっと以前からでも、脅迫的な内容の言説が被害者宅にあったの
では、という事である。それは脅迫と言うよりもむしろ、被害者家族の秘密に
関わる事実を述べたものであったと思われ、また後で実行する犯行そのものを
ほのめかすものでは無かったとも思われる(ソレは犯人の手の内を明かす事に
なるから)。

その目的は、事件後も家族をして、警察にも裁判でも、真実を明かすことの出
来ぬ心理をあらかじめ生じさせる事にあったと思う。

事件後での、父親の影の薄さ(口の重さ)と言うのは、こうした事にあったの
ではなかろうか。他方、長兄の方は、事件直後には、あのように可也積極性を
見せているが、これは思うに、父親の腑甲斐無さへのいらだちもあって、全て
を語ることの出来ぬのは重々承知の上で、何か僅かでも、犯人に一矢報いたい
心境のなせるわざであったのではなかろうか?しかし結局、この長兄といえど
も、公判ではついに、あのような証言に終始したわけであった。

この長兄の、電話についての法廷証言がある。弁護側から、妹の帰宅が遅いな
らばわざわざ学校へ車で出向くことの前に、何故電話で妹の所在を確かめよう
としなかったのか、についての質問に答えているアノ有名な陳述である。この
中で長兄は、自宅に電話があること自体を隠そうとしたフシが認められている。
これは妹の安否の確認についての件であったが、要するに事件当日、犯人から
の電話での脅迫があった事(或いは以前にもそのような電話があったこと)を
隠したい(それによって家庭機密の漏洩を防止したい)ことが、この電話噺の
真相であったのではなかろうか。

527 :盛況 ◆cQ5CwQT2.c :03/07/04 00:26
2=事件発覚

事件発覚時刻が発表よりも少なくとも2時間は早かったであろうことは、多く
が既出であるので省略。警察主導で、初動捜査の不手際を隠蔽する為に、その
ように時刻をズらした創作を発表したという事。そういう創作をしても、それ
がバレない為の条件は、既述>>353-354

がここで仮に、そのような警察の創作が無かったとして見よう(従ってこの場
合は、初動捜査が既に6時台に行なわれていた事を否定したとして)。
その場合これは、長兄を初めとする被害者一家の創作と思われる。そのような
創作をする理由は、前記家庭機密の隠蔽にあるだろう。つまり、以前から一家
の弱みを握る者との関わりがあることの隠蔽、つまりはその弱み=家庭機密そ
のものの隠蔽、をし、事件を、被害者家族にとっては突発的な、身に覚えの無
い身代金目的誘拐事件らしく見せ掛けたかった、と。この場合、全く、犯人の
意図どおりに動いたのだと言える。

更に翻って考えると、この創作は犯人側の指示であったのではないか、と言う
ことである。即ち最初の脅迫(脅迫状と自転車の位置を指定したもの)に於い
て、この脅迫状と自転車はこのように(発表のように)発見したことにしろ、
という指示である。被害者一家にそのように証言させる事により、実行犯一味
のアリバイ工作に利用したとも考えられる。

528 :盛況 ◆cQ5CwQT2.c :03/07/04 00:26
この場合、家族は娘の生命の心配よりもむしろ、家庭の機密事項漏洩の方を心
配した。娘の生命も心配したかも知れないが、それだけだと、屍体発見後は、
そのような犯人の指示などバラしてしまったであろう。

なお、警察にしろ被害者一家にしろ、事件発覚時刻の創作が無く、真実が発表
通りであったとする事は、7時40分に脅迫状を発見し別途隣家に後事を依頼
したりしながら同55分頃警察へ届け出るトいう一聯の早業が、どうも物理的
な不可能事に感ぜられる。よって現在の処小生としては、いづれにしろ発表に
よる事件発覚時刻は創作であるとの感が強い。

もし、強いて発表時刻(とその形態)が真実であるとするならば、その場合は
やはり初めの長兄疑惑に立ち戻らざるを得ない。

529 :盛況 ◆cQ5CwQT2.c :03/07/04 00:27
3=顔見知りの者は実名の割れている者ではOGがいて、諸般の根拠から、ど
うしてもOGに疑いが行くが、もとより今だ名の知られぬ別の者である可能性
もある。が、ここでは仮に、顔見知り=OGとして考えてみる。

既出だが、OGは1日午後3時半〜4時頃会社を出。5時前頃実家に帰り家族
イトコらと7時頃迄飲酒をしていた。会社を出てから実家に入る迄及び7時以
降の行動は不明。この間、4時頃には被害者を伴って新居へ行き、そこで被害
者にトマトを含む食い物を喰わせたと見られる。その時に実行犯達がそこにい
たのかいなかったのか。いたとすれば、誕生祝いに友人を呼んだとでも言うこ
とだったのかも知れない。いなかったとすれば、OG退去と入れ代わりに実行
犯達が闖入したのかも知れない。

いづれにしろこの午後OGが新居にいる間には、まだ被害者は殺害されてはい
なかったのであると思われる。5時からの実家での宴会の席上、別段OGに不
自然なそぶりがあったとも報告されていないので。
ただ、7時以降の事が少々問題。雨の降る中、実家にいなかったとすれば新居
へ立ち戻ったと見るのが自然で、もしその時そこに、殺害を完了した実行犯一
味がまだ居たとすると、OGはこの時点で殺害そのものを知っていたことにな
る。2日と3日の勤務中ノイローゼ状態であったと言われているので、その原
因が殺害にあるとも思えるが、実行犯一味がまだ屍体も埋めてなく佐野屋での
計画も終了していないこの時点で、たんに利用しただけのOGに殺害自体を発
覚させるとも思えないものがある。

530 :盛況 ◆cQ5CwQT2.c :03/07/04 00:28
よって、7時過ぎにOGが新居に立ち戻った時には、実行犯一味は屍体を別の
アジトに運搬済みだったのではなかろうか。それでその夜はOGはそこに一泊。
しかし翌日には、まだ公開捜査はしていなくとも、被害者がどうやら誘拐され
たらしいことはOGにも知れたものと思われる。
ノイローゼは、結果的にせよ自分が被害者の拉致監禁に利用されたことによっ
て発症したものであろう。4日からは無断欠勤、この日午前に屍体発見されて
いる。

一方この頃には、実行犯一味は遠方に高飛びしていたものと思う。恐らく佐野
屋逃走の後には、既に現地を離れていたのであらう。

なお性交は、OGが被害者と肉体関係にあったのならトマトメシを喰わせて精
のついたところをイタしたのであらうし(個人的には山芋かゴボウの方が好結
果が得られると思うが)、そうでないなら実行犯一味が殴頭の上逝きがけの駄
賃として頂戴したモノであらう。
(勿論計画としては、「よそ者の不良が起こした恐喝未遂・強姦・殺人・死体
遺棄」というストーリーに則ったのであった)

531 :盛況 ◆cQ5CwQT2.c :03/07/04 00:29
4=動機

利権絡み、と申したが、小生もやはり被害者宅排除により利権獲得というより
も(或いはそれに加えて)>>520>>524で述べられているような、激しい怨恨
の要素の方が動機として強かったのではないかと思っている。

この怨恨、例の母親が嫁したミギリに庭に墓石、と言う事件の頃からの、息の
長いものであったのかも知れない。もしかするとこれは一般に言われているよ
うに母親へのいやがらせというよりも、父親或いはその先代からの、この一家
へのなんらかの恨みに基づくものなのか、とも思う。

以下『』内はこの機会に思い浮かんだ単なる空想として読んで欲しいが、
『その後この母親の不倫によって生じたのが被害者であったとして、その相手
は部落出身者であった。この事実は娘がかなり長じてから父、兄らに発覚した
が(その事実を教示したのは犯人一味かも知れない)その時はもはや、だから
と言ってどう出来るものでもなかった。しかし、強烈な差別意識を所持する伝
統的な農村に生きる一家にとって、これほどおぞましい事実はまたと無いもの
であった。どのようなことが起ころうとも、この事実だけは未来永劫隠蔽すべ
き恥ずべき機密事項となった。』
こうした機密事項(それが上記のようなものでは無いにしても)が一家にあっ
て、且つ犯人はそれを知悉していて、そのことをほのめかすことによって、事
件後に於ける被害者一家の言動に強力な規制を加えていたのではあるまいか。

空想部分は兎も角としても、現世利益的な利権獲得(獲得と言うよりも、被害
者一家を娘の殺害をも含めた恫喝によって利権構造から排除し、将来にわたっ
て利権へのアプローチを独占する事)のみでなく、陰鬱な怨恨の情が、犯行の
動機にあるのではなかろうかと思える。           (以下継続)
>3-679氏
久しぶりな登場でありますネ。小生のシノギは時々、自宅でパソコンを使用し
ての制作を夜半から夜中に実施。スルとついつい、擦れを覗いてしまいまして
ネ。デ、レスに手をつけてしまう始末。痛し痒しですわ。「精力」は、もッぱ
ら山芋千切りでつけてオリ申す(藁

532 :[ここ壊れてます](1):[ここ壊れてます]
[ここ壊れてます]
283 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.02 2018/11/22 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)