5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

【(´・ω・`)】お葬式の怖い話【・゚・(ノД`)・゚・】2

1 :1:03/05/23 11:56
どんな人でも最後に訪れる死
そして送り出されるためのお葬式、でも考えれば
死んでまもないだけに本人も死を理解していなくこっそり
家の中をウロウロしてるかも・・・・((((((;゚Д゚))))))
そんなお葬式にまつわる怖いお話募集中ですヽ(´ー`)ノ

前のスレが消えちゃったから、もう一度書き込んでくださいね〜!


2 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/05/23 11:56


3 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/05/23 12:02
私が以前勤めていた事務所のボスの葬式のとき。
葬儀が始まるまでは快晴だったのに、実際に火葬場に向かうときになったら一気に土砂降り!
一時、霊柩車に乗せるのも見合わせたほど。
夕立ではないか、と言われるかもしれないけど、火葬場から戻ってくるまで降り続いていたらしい。

ちょうどスタッフも増員して事務所自体も大きくしたばっかりだったから、よっぽど心残りがあった
んだろう、ってみんなウワサしてました。

4 :4242:03/05/23 12:44
(´・ω・`)ヨボーン

5 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/05/23 13:13
5でもいただくか

6 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/05/23 15:33
>3,小渕首相の葬儀の時にそういう事があったな。

7 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/05/23 15:53
大地主のうちのじぃ〜ちゃんが、死んだ時は
親戚中が財産の取り合いでそれはそれは、恐ろしかった
のを覚えてます

8 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/05/23 16:04
>>7
わかる、金が関わると皆すごいよね。

9 : :03/05/25 09:53


10 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/05/25 11:44
怖くないんだけど、
ばあちゃんが死んだ時にお通夜の準備中ばあちゃんに
白粉と口紅を塗ってやった。その時、締め切った部屋なのに、風が吹いて
ろうそくの炎が揺れた。
ちょうどおふくろがいて、「まあ、ばあちゃんが喜んでいる」とあっさり言った。
俺も怖いというより、「へー、こんなこともあるんだな」と感心してしまった。

11 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/05/25 14:45
お葬式じゃなくって、納骨式の日なんだけど・・・
うちのかーちゃんの墓は私がデザイン(といっても奇抜なモノではない)したのよね、
かわいらしいイメージで、芝生の公園墓地で、、、まあ、母ならこういうのが好みだろう。と

その日の夜、友達とボーリング場行ったら、今まで10年以上コンピュータ式ボーリング
経験してて一度もなかったのに、ガータとか、スペアとれなかった、とかでも3,4回
なぜかストライクの処理がされた・・・。
不思議なのは他の友達二人には起こらなくて、私の回にだけ起こってること(マシンの故障
だったら全員に起こりそうなのに)。
友達いわく、お母さん喜んで来てるんだよ〜!って。。。
そうだったのかなあ・・・・?今でも謎でつ。

12 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/05/26 12:51
じーちゃんの葬式のとき、棺桶に入れようとした数珠が切れた… 結局入れなかったけど、何を伝えたかったんだろ…

13 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/05/26 19:01
伯父の式に出てからへんてこな写真が撮れ続けてますが
来月やっとその伯父の納骨が決まったと聞き
また何かあったらイヤだなぁと思う今日この頃。

14 :山崎渉:03/05/28 09:03
     ∧_∧
ピュ.ー (  ^^ ) <これからも僕を応援して下さいね(^^)。
  =〔~∪ ̄ ̄〕
  = ◎――◎                      山崎渉

15 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/05/28 23:51
葬式とかに参列すると、笑いが止まらない・・・
人が死んだ話でも、笑いが止まらない・・・
自分が怖い

16 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/05/29 01:01
>15
葬儀屋さんでつか?

17 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/05/29 02:15
私は15さんでは、ないけど・・・葬儀屋の妻です。
主人にこの仕事してて幽霊とか怪奇現象とかあるって聞いたけど、ないってさ。
そんな事や霊感があったらこの仕事できないよって、言ってた。
でも、主人の同僚は、霊柩車で御遺体を搬送する時、道が悪くて、御遺体が寝返りうった時は慌てて
喪主にばれないように急いで寝かしなおしたらしい。
その場合は、あくまで、道が悪かったということで・・・



18 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/05/29 04:00
>>15
わかる。自分もそう。
神妙にしていないといけない、って状況に置かれると何故か
逆にワラってしまうんだよね。
卒業式で校長先生が話してたりしてもなんだかワラってしまった。
笑ってはだめ、ってときほど笑いたくなる。
なんでだろ〜なんでだろ〜

19 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/05/29 04:04
あれだ。
人が死んだくらいで悲しんじゃってアホくさ、って事だろ。

20 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/05/29 09:46
きのう叔母の葬式から帰ってきたばかりです。
通夜のとき、変なものを見ました。
お坊さんの読経がはじまるので座って待っていたんですが
祭壇を眺めていると叔母さんが入っている棺と床のあいだの
10センチくらいの隙間で何かがニューッと動きました。
それは白っぽいオレンジ色にぼおーと光っていて
あれっ?と思って見直すともう消えてしまいました。
何か会場の外に動くものがあって祭壇に映っているのかとも思いましたが
そんな感じでもありません。
読経のあいだもそれが気になって棺と床の隙間ばかり見ていました。
形ははっきりしませんが「ニューッ」という動きは人間の足の動きによく似ていました。

21 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/05/31 20:18
15年くらい前、不思議な体験をしました。福井の田舎で高校生の僕は、友人の母
親のお通夜に行きました。崖くずれか何かの急な事故で亡くなったとのことでした。
葬儀場は木造の古い公民館で、息子の学校関係者ばかりが目立つ、寂しい葬儀でし
た。会場に入るとき、入り口横のガラス窓を何気なく見上げると、ガラスいっぱい
に顔を近づけている中年の瘠せた女性と目が合いました。喪服を着ているようなの
で、親戚か近所の人が手伝いに来て台に乗っかって、上にあるものを取ろうかして
いると思いました。
中に入ると、中央に写真があって、さっきの人が写っていました。でも式の中は、
親戚だから似ているぐらいに思って、あまりピンときませんでした。しかし会場
を出るとき、まさに背筋が凍りついたですね。女の人が写っていた窓の内側には、
村の祭礼用の道具がびっしり仕舞ってあって、とても人の入れるスペースなどあ
りません。
その後10年ほどは、怖くて怖くてずっと自分の胸にしまっていましたが、今か
ら考えると、彼女はあそこに立ってずっと列席者を見ていたんですね。色白の頬
と、くっきりした眉毛がいまでも脳裏に焼き付いています。




22 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/05/31 20:35
>>20 魂抜けたのかしら?ありうる話だと思います。
>>21 怖い!

23 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/01 00:50
叔母から聞いた話
近所のお通夜にいくと祭壇がバラバラに崩れたそうだ
その時は「未練もあるんだね〜」なんて気楽に考えていたが
いざ自分の家で葬儀があったときに何気なく祭壇を見たら
崩れるような置き方をしていない、ガッチリ組んでいた
あんなものが崩れるなんて・・と絶句した記憶があります

24 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/01 01:41
父方の祖母の通夜の時、蝋燭の溶けた蝋が
横に向かって垂れてゆくのを見た事があります。
蝋燭の横に ⊃ こんな感じで半円を描きながら。
怖くはなく、みんなして不思議がってました。
今思えば、写真撮っとけばよかったなぁ。

25 :ちえっぴ:03/06/01 02:07
結婚して幸せな生活を送り始めて3年がすぎたころだんなが他界しました。逝くまえに3年間は待って。といわれました
あの人は私が新しい男性と新しい関係をもつことを待つてほしいと伝えたかったのだとおもいます。
あの人が他界して2年半がすぎたころ私に好意を持ってくれる男性が現れいつしかつきあう
ようになっていきました。すると毎晩のようにだんなが夢にでてきて(約束をやぶらないで)
と訴えかけてくるのです。そのときだんなに申し訳なく思い仏壇に手をあわせながら
ごめんね。とあやまりました。それからだんなの夢は見なくなりました。

26 :DopE ◆RLFBm57Fac :03/06/01 02:31
18の頃、じゃんけんで負けて「よとぎ」っつーのやらされた。
ジジイが死んでその日の夜に死体寝かした部屋で一晩明かすってやつ。

仕方ねーから鬼武者やりながら早く朝になんねーかなぁとか思ってたら
いきなり背後で
「ゲ──ッフ!」
死体であるはずのジジイがゲップした。
「!!!!!!!」

オレはパニックになりコントローラーをテレビに投げつけ
すぐにババアに電話した。「ジジイ生きてるゾ」
そしたらババアに「仏さんはたまにゲップするから許してやってくれ」
と言われ一方的に電話切られた。

オレはハァハァ言いながら鬼武者続けた。

27 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/01 03:45
>26
とりあえず鬼武者に、つっこみいれとく(w
にしても、こえーな。死体がそういうことやるって、知らなかったよ。


28 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/01 05:28
うん、死体ってゲップするよね。
昔、親戚の小父さんの遺体を火葬中、遺体の腹の中に空気が溜まってたらしくって
それがたまたま「ゲェ――!」「あ゛ぁ゛――!」と、すごい音を立てて鳴ったらしぃ。
その音を聞いた親族の人達は小父さんは実は生き返って助けを求めている声だと思い、
急遽火葬を中断した。もちろん、小父さんは生き返って助けを求めたわけじゃなく
親族の方々は半ドロドロに溶けた小父さんの遺体を拝む事になったのでした。

29 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/01 05:37
どの遺体も絶対ってわけじゃないんだろうけど、ビビるね。
予め空気を抜いておくみたいな予防策はないのかな。

30 :DopE ◆RLFBm57Fac :03/06/01 05:50
>>28
実際にいるらしーぞ 火葬中や葬儀中にひょっこり生き返る奴が。
死体になると腹ん中にガスがたまるらしーね。

31 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/01 11:24
>>29
遺体の口に真綿を詰めるのがそれじゃないの?
随分奥の方までしっかり詰めてたような気がする。

32 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/01 11:34
家の祖父病院で死んだ時の夜飼猫が
布団も敷いていない部屋にぽつンと畳の上で
寝ていたなー。それも真冬の2月に


33 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/01 11:44
>>26
よとぎ、ってどういう意味があるんだろうね?



34 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/01 11:45
よとぎって、方言かよ。
下津井方言
http://village.infoweb.ne.jp/~sophia/hougen/goishu/goi23.html


35 :DopE ◆RLFBm57Fac :03/06/01 16:47
>>34
おいおいオレを土人扱いか?
生まれも育ちも世田谷じゃい!

夜伽ってゆーのは葬儀屋が代行することもあるらしーんだがな。
とりあえず近親者がやんなきゃいけねーらしい。
死体を守るっつー意味があんのかなぁ。
なんかの宗教の死体のそばに守刀置くのと同じことじゃねーのかな?

オレもよくわからんがね。

36 :オブラート:03/06/01 17:06
ななっ、なんだって

37 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/01 18:46
よとぎって売春婦みたいなものだと思ってた

38 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/01 21:11
>>37
権力者が眠る際 寝るまでお話をする商売がそれだ
もちろんセックルもあり

39 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/01 21:11
じいちゃん死んだ時に葬式に出れなかった親戚がいたんだけど
夜その人の家の玄関を「ガタガタガタ!」って無理やり開ける
音がしたそうです。会いにいったのかな?

40 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/01 21:36
往生際の悪いじいさんですね。

41 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/02 00:43
腐敗してって腹の中にガス溜まる事があるんだよ。
「肢体を洗う」ってエロゲやってみ?

42 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/02 03:32
>>39-40
相当ワラタ

43 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/02 05:56
>>41
その内容のどこがエロゲなんだ?
グロゲにしか思えんぞ

44 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/04 10:32
17年前、俺が小学生のときにひいじいちゃんが死んで、お通夜の開けた次の朝。
俺は見なかったんだが、家族の話によると黄色と黒の大きな蜘蛛が大きな巣を張っていたそうだ。(玄関の内側)
蜘蛛の巣自体ほとんど見かけない家でそんなことがあったのは初めてだったらしい。
その前に、ひいじいちゃんが死ぬ数日前に夜寝ているとばあちゃんのそばに同じような蜘蛛が這っていたそうだ。
そういうこともあってウチの家族は蜘蛛を特別視している。
その後、今から7年前、俺が高校のとき夢に初めて蜘蛛が現れた。体に這っていても気持ち悪くなかった。
不思議に思いたまたま遊びに来ていたばあちゃんにこの話をした。みんなして「じいちゃんが来たんだ」といっていた。
3日後、ばあちゃんはくも膜下出血で死んでしまった。以来、俺が蜘蛛の夢を見ると良いことがない。
ちなみにばあちゃんの葬式の時にはカラスが1匹だけ俺の自転車に止まっていた。
しばらく見つめ合っていたらサッと飛び去っていった。


45 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/04 23:59
あげますね

46 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/05 03:04
つい最近。
大好きな祖父が亡くなりました。
葬式を上げてる最中二階を歩き回る音が…
誰も二階には居ないのに誰かが歩くような音がするんです。
じいちゃんが最後だから家の中見て回ってるのかなって思った。


47 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/05 03:07
ただの泥棒だよ

48 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/05 03:08
>>47
それを言っちゃダーメ。

49 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/05 03:17
じいちゃんが死んで葬儀が全て終わった晩、親戚数人と話をしていました。
夏場だったので窓を空けていたんですが、いつのまにか白い蛾が居間の電灯の
横に止まっていました。始めは気にも留めていなかったんですが、何時間も
同じ場所に止まっていたのでじいちゃんが最後の挨拶をしにきたんだろう
って話していました。
なかなか出て行く様子も無いのでそのままほっといて寝たんですが、
朝起きるとどこにもいなくなってました。

50 :44:03/06/05 08:26
>>49
死者が何かの姿を借りて現れるんですかね。
俺は幽霊は見たことないけど、なんとなく「死んだ爺ちゃんの化身」とか感じることはあります。
気のせいか爺ちゃんの命日前後になると蜘蛛を見かけるような。

51 :オカ神:03/06/06 12:52
50レスでdat落ちまであとわずか‥
不況の平成とはいえよく持った方か‥
少々カテゴライズに問題があったと見る‥
1よ。次回に期待するぞよ

52 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/06 16:43
 

53 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/06 18:37
小学生の時、祖母が死んだ。
祖母は恰幅の良い人で、いつもにこにこして、皆に好かれていた。
脳内出血で倒れ、病院に2ヶ月いて、結局そのまま亡くなった。
病院から遺体を搬送してきて、棺桶に入れる時、普通サイズの棺桶に
遺体が収まらなかった。男の人達で、ぎゅうぎゅう押し込むと

腕がもげた。


幽霊話じゃなくてごめんなさい。それ以来葬式がトラウマです。
可愛がってくれた、皆に好かれていた祖母の体が最期にそうなるなんて
神も仏もないと思った。あの世で困ったりしてないかな…。

54 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/06 20:18
53さんの話で思い出した。
うちも祖父の葬儀のとき、○十万円コースというヤツの『定型』の白木のお棺を業者が
持ってきたんだけど、祖父がデカすぎてそれには入りきらないのは目測でもわかった。
業者は言った。「このままだと入りませんけど、足を折りますか?向こう脛あたりで折っ
たら何とかこのお棺でも入ると思いますけど。それとも、別料金になりますが、別のお
棺を用意しましょうか?」
喪主である祖母が「別の…」と言いかけたら、すぐに紫檀だか黒檀だかのお棺が運び
込まれた。一応聞きはしたけど、すでに部屋の向こうにスタンバイしてたかと思うと、ち
ょっと鬱だった。

しかし、「足をへし折って下さい!」って頼むご遺族っているんだろうか?
『別料金』のお棺を使ったら、それだけで10ン万円加算されていた。
商売うまいな〜w

55 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/06 20:34
折り曲げるってことじゃないの?

56 :54です:03/06/06 20:51
>>55
業者は『完全にへし折る』ってなことを言っていました。
折り曲げるってのも…。なんかヤだな〜。

57 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/06 23:45
葬儀屋なんてぼったくりな商売。<冠婚葬祭板参照

58 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/07 00:08
怖くないけど、おばあちゃんが亡くなって墓に納骨してる時
白い蛙が現れた。私と何処かの親戚の叔父さんが見たんだけど
ビックリしている私に叔父さんは何もかも悟った様に、「うんうん」てうなずいてた

化身だったのかな‥‥

59 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/07 00:21
葬式では無いんだけど
近所の家のじいちゃんが死んで、四十九日の法要の時、坊さんが読経を始めて暫くしたら
誰もいない場所から「どかどかっ」っと荒々しく外へ出て行く足音がしたそうだ。


60 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/07 00:28
家族が末永く健康でありますように

61 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/07 00:45
4年前、母が亡くなった時のお通夜の後のことを書きます。
私自身は見える人でもなく家族の中にもそういう人はいません。

お通夜が終わってお寺に留守番の親族と母の遺体を残し、
父と妹と私は実家で一眠りすることにしました。
狭い家なので3人は一階の居間でコタツの中で横になっていました。
母がなくなった当初、2階に仏壇があったためそこに遺体は安置してありました。
なかなか寝付けないままうとうとしていると、玄関の方から何人か話しながら階段を登っていく
足音が聞こえてきました。何かは言ってるのですがぼそぼそ声で何を言ってるのかは分かりません。
はじめは親戚の方が忘れ物でもして取に来たのかと思ってましたが、居間の方には入ってこず
そのまま2階に、それも仏壇がある部屋の方に足音が移動しました。



62 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/07 00:46
なんかおかしいなと異変に気がついた妹と顔を見合わせ、私が2階に様子を見に行くと全く人はいません。
あの足音はいったいなんだったの、それも数人ですよ。母が急逝したため疲れていて幻覚に襲われたのかと
思い、妹と話をすると全く同じく、数人の御婆ちゃんの話し声と足音が2階に登っていったとのこと。
あの人たちはどこへ行ったのだ。何をしに来たのか。私が2階へ行かなかったら戻ってきたのか。
いまだに謎であります。

長文スマソ。


63 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/07 00:51
厨房の頃、同居してた祖母が死んだ。
祖母はごうつくばりでろくでなしのとんでもないクソババだったので、
はっきり言って親戚一同厄介払いができたって喜んでた。
葬式の支度する時もみんな上機嫌で、なんかのパーティーでも始めるような楽しい雰囲気だった。
でも、いざ本番の葬式が始まると雰囲気は一変、みんな悲しみに沈んだようになり、坊さんの読経の間はすすり泣きも・・・
最後は漏れのオヤジ(ババアの長男)の号泣スピーチで幕を閉じた。
葬式に来てくれたお客さんたちは、おばあさんが亡くなって親戚一同悲しみにくれている、と信じ込んだに違いない。
でも、それはもちろん演技。オヤジは後であれはうれし泣きだと言ってたし。
でも、親戚一同のあの迫真の演技と変わり身の早さには、子供心にもぞっとするものがあった。
くれぐれも身内からも見捨てられるような偏屈老人にはなるまい、と心に誓ったよ。

64 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/07 00:55
そうそう
4年前の祖父の葬式のとき

65 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/08 17:13
禿

66 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/09 00:27
先日、うちのばあさまが死んだが・・
その時に体験した事です。
亡くなったその日のうちに、葬儀屋へ運ばれ
親族一同、通夜、葬儀の準備&打ち合わせの為、忙しく
葬儀屋の安置室にて、ばあさまの遺体と孫の私の二人きりで
私が木魚を叩いていると・・・突然、安置室の蛍光灯が鈍い音で
「 ボン 」という音と共に 一瞬明るくなって いきなり球切れを起こした。
普通、蛍光灯って 徐々に点滅して・・最後に点灯しなくなるんだが・・
2本の蛍光灯が急に切れるのは 初めての体験でした。
葬儀屋に言って 交換してもらったが・・葬儀屋も頭をかしげながら
交換作業をしていた。
うちのばあちゃん 俺に何か言いたかったのだろうか??


67 :あなたのうしろに名無しさんが・・・ :03/06/09 06:17
>>66
ご愁傷様です。お祖母様のご冥福をお祈り申し上げます。
誰だったかな、漫画家の人のお父さんが亡くなったときにもそんな
ことがあったらしいですよ。
ただ、それは死亡推定時間だったかな(脳出血か何かで脳死状態
(?)になって、いつが死亡時間かパッとはわからなかったとかなん
とか)?
電球が破裂して、ご飯をよそおっていたしゃもじがへし折られて…と
絶対にありえないことが立て続けに起こったらしいです。
その人は「お父さんが『今死んだぞ』って知らせたんだ」って思った
らしいです。

66さんのお祖母様は「ありがとう」って伝えたかったんじゃないかなぁ。


68 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/10 15:14
>>67
うぐいす姉妹ですな。

69 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/10 15:36
高校の時、中学の頃のクラスメイトがバイクで死んだ。
暴走してて、カーブを曲がり切れなかったって聞いたけど、
にわかに信じられないくらい、おとなしくていいやつだった。

その時期、自分は色んな事が重なってすごく落ち込み易くなってて、
漠然といつも死にたいと思ってたから、そいつの葬式の時も悲しいよりも、
そんないいやつが死ぬ世の中に対して嫌な気持ちでいっぱいだった。
で、「自分が死んだらこういう風にみんな泣くんだろうか」とか
「もし自分の葬式だったら」とかぼーっと考えてたわけよ。

で、葬式の最後にクラスメイトが一人ずつ御両親に会釈して帰ってたんだけど、
自分の番が来て会釈した瞬間、

「あなたが死ねばよかったんじゃないの?」

と故人の母親がぼそりとつぶやいた。
びっくりするよりもゾクっと寒気がして、顔を上げると、
周りの人間が驚いた顔をしてて、
言った本人も何故そんな事を口にしたのかわからないといった顔をしてた。
その後何回も謝られて、自分は真っ青になって家に帰った。

あれはいったいなんだったんだろう?今でもわからない。
おばさんに自分の考えが伝わってた?
それとも自分の考えを読んだなにものかが、
生きてる人間の口を借りたんだろうか?
まさか死んだ友人が・・・とちらっと浮かんだけど、
あんないいやつがそんな事を言うとは思えない。いや、思いたくない。

70 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/10 15:42
>>69
こええ。
今自分も沈んでるから余計来るな・・・

71 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/11 11:22
>>67
うぐいす姉妹さんですね。
彼女達のお父さんは広島で皮膚・泌尿器科を開業なさっていて、小学校の頃よく膀胱炎になってお世話になってました。
中学上がる頃先生が亡くなり、高校で膀胱炎が再発した時、仕方なく保健室の先生に婦人科を紹介していただき、初めて婦人科に行きました。

平田先生お世話になりました。今でもたまに再発すると、先生の事を思い出します。

72 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/11 12:10
父の体験ですが・・・

若い女性が亡くなって
父がお通夜の受付を手伝っていた時です.
中が騒がしいので見に行くと,
一人の中年の女性が喚いていたそうです.

「まだ死にたくない!死にたくなかった!」



73 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/11 22:51
>72
それはつまりその中年の女性にのりうつったという事ですか?(恐)

74 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/12 00:49
>>73君の様な分かりやすい補足が必要でござるな。

75 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/12 14:16
>>69
すげえ怖いんですけど・・・・。ゾクっときた。


76 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/12 14:50
>72
その場をどうやって収めたのか、気になる。

77 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/13 23:22
    / ̄ ̄ ̄ ̄\ 
   (  人____)
    |ミ/   ´◕ฺ ◕ฺ`)   / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
   (6     (_ _) ) <   純愛に目覚めて、いいおとぽ?
    | ∴ ノ  ω ノ   \__________
    ノ\_____ノ、 ラブラブ
   ( *  ヽー--' ヽ )
   (∵ ;)  ゚ ノヽ  ゚ ):)
   (: ・ )--―'⌒ー--`,_)
   (___)ーニ三三ニ-)
   (∴ ー' ̄⌒ヽωニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニ(;´◕ฺω◕ฺ)ノ
    `l ・  . /メ /
     ヽ ∵  /~- /
     (__)))))_)))))

78 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/13 23:23
    / ̄ ̄ ̄ ̄\ 
   (  人____)
    |ミ/   ´◕ฺ ◕ฺ`)   / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
   (6     (_ _) ) <   純愛に目覚めて、いいおとぽ?
    | ∴ ノ  ω ノ   \__________
    ノ\_____ノ、 ラブラブ
   ( *  ヽー--' ヽ )
   (∵ ;)  ゚ ノヽ  ゚ ):)
   (: ・ )--―'⌒ー--`,_)
   (___)ーニ三三ニ-)
   (∴ ー' ̄⌒ヽωニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニ(;´◕ฺω◕ฺ)ノ
    `l ・  . /メ /
     ヽ ∵  /~- /
     (__)))))_)))))

79 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/13 23:23
33 :名無しちゃん…電波届いた? :03/04/19 22:11
ししゃもの中の卵の一匹になって死んでやりたい

80 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/16 18:16
祖父が死んだ時、お通夜の時に見た顔は目も口も閉じてたのに、
御葬式でお別れする時、目と口が半開きになってた…
死後硬直…なんだよね?
首もちょっと傾いてて、正直びっくりした

81 :あなたのうしろに名無しさんが・・・ :03/06/17 18:15
先日、知人のお爺さんのお葬式に行った。
いつも思うんだけど(うちのばー様のときもそうだったんだけど)、どうして
上くちびるが少し上がるんだろ?
「容態が悪化したら入れ歯をはずしてしまい、亡くなってからそれをもう一度
はめるから、ちょっと唇が上がっちゃうんだよ」と親戚に聞いたこともあるけど、
亡くなってすぐに入れ歯をするんだったら、死語硬直とかもまだないはずだよね?

それとも、完全に体温がなくなってからでないと入れ歯をいれたりとか、死化粧とか
しちゃいけないのかな・・・。

82 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/17 21:40
母方の祖父が亡くなった時、遺体と対面して線香をあげようとしたら
灯明用につけてあった灯油ランプがいきなり消えた。
灯油も無くなってないのに、何度つけようとしてもつかなかった。
漏れ父方の祖父母と一緒に住んでたからその祖父さんとは
あんまり会う機会なかったし、葬式も父方の祖父母の面倒見てたから
1人だけ後から行った。考えて見りゃ漏れ一応初孫だったんだよね。
祖父さん、縁の薄かった孫に何か言いたかったのか。

83 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/19 13:57
>>3
私の祖父はその逆だったらしい。
私はわけあって式に出席出来なかったのだが、
出席した家族の話しでは、
出棺するまえまで雨がドシャ降りだったのに、
出棺しようとそとに出たら雨が上がり、
空は曇りで辺りは薄暗かったにも関わらず
出発した霊柩車だけは光に包まれていたらしい。
そういえばおじいちゃんの文句言う人に出会った事無いな…。

>>80
それは半眼半口というやつかも(漢字自信ない)
「成仏した人は半目で口も半分開いてるんだよ」
っていう話を知り合いから聞いたことがあります。

>>81
>完全に体温がなくなってからでないと入れ歯をいれたりとか、死化粧とか
しちゃいけないのかな・・・。
いいえ、死後の処置はなるべく早く行います。
口が開くのは筋が弛緩するからだと思われます。
ですから、亡くなったら入れ歯を入れ、温かいうちに口が閉じる様な
処置(長い紐を使って。ごめんなさい説明が難しいです)をします。
でも、完全にはとじませんが…。

84 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/19 21:18
>>81
死後硬直って結構すぐ始まると思うよ。
私の祖母は病院で亡くなって、処置してもらったんだけど
すぐに硬直始まって手を組ませるのに苦労したって聞いた。
(その場にはいたんだけど看護婦さんが全部やってくれたので)

あと、人間じゃなくて猫だからちょっと違うかもしれないけど、
うちの子が亡くなったとき、息が止まってまだ微妙に心臓の
拍動が感じられる気がするってくらいで硬くなってたよ。
呼吸停止→瞳孔が開く、ほぼ同時に死後硬直、って感じ。


85 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/21 22:24
あげ

86 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/21 22:26
お婆ちゃんの亡くなった後通夜で撮った写真は全部
白い人魂が飛んでいた

87 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/21 23:05
__  
 母 |
 の |
 墓 |  ∴  ('A`) カーチャン..........
──┐ ∀  << )

88 : :03/06/25 00:08
CRYSTAL

89 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/25 13:33
そういえば、お坊さんがお経を唱えた後
仏壇にあげたお線香の灰が下に落ちずに、くるって丸くなってたんだけど
「仏様が喜んでいるんだよ」って、ばあちゃんが言っていたけど・・
そういう話って他にある?
つか、お線香の灰がなんであんな風に丸まったんだろ。
そういうお線香ってあるの?

90 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/25 13:58
ばあちゃんちの線香はよく丸まってます
普通だと思ってた

91 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/25 15:03
>>90
お仏さん喜びまくりってワケだNE!

92 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/25 21:52
>90
ばあちゃんウハウハ

93 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/25 21:53
あっ……ばあちゃんじゃねえや
ホトケさんだった

94 :89:03/06/25 21:58
なんだよ、ばあちゃんに騙されたよ・゚・(ノД`)・゚・

95 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/25 23:17
数年前に中学生がキレて、女教師を刺し殺した事件があったろ?
ワイドショーで告別式を放映してるの見たんだけど、残された旦那が
嗚咽しながら挨拶してる場面、見てた人いる?

96 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/25 23:20
母方の祖父が亡くなった時。
遺体には口を閉じさせる紐を掛けてあったものの、処置が
遅かったのか大きく口を開けたままでした。
喪主の叔父は「固まってて閉じない」と言いましたが、
母が「まかせて、ちゃんとしてあげる」と、ぶつぶつと
お経を唱えながら祖父の顎をさすりはじめました。
数分後、ぐっと顎を押し上げると祖父は口を閉じ、安らか
な顔になりました。
叔父も私も「どこでそんな技覚えたん?」とびっくりする
やらあきれるやらでした。

お葬式はつつがなく終わりましたが、荼毘に付した後、
斎場の外に出たら、姪っ子が「あ、虹!」と空を指さした
ので見上げると、彩雲ってやつでしょうか、晴れた空に
ぽつりと浮かぶ雲に虹が映ってました。
自然現象とはいえ、なんだか祖父が天に昇っていった印
のような気がしてみんなで目を細めて見上げました。

怖い話じゃなくてスマソ。

97 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/25 23:35
それ顎外したんだよ

98 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/26 16:46
>95
バタフライナイフの事件でつか?
その告別式の場面で何があったんですか?

99 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/26 20:08
>>94
いや、騙されて無いって
90さんのばあちゃんも ちゃんと供養してるから
仏さんが喜んでるんじゃないかな

あと、仏さんが喜ぶと
蝋燭の解けたやつがダラーッと落ちずに
丸く輪を書くようになったりもしますね

100 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/26 23:12
100?

101 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/27 00:10
>>99
(´・∀・`)へー 
色々あるんだなぁ。

102 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/27 13:25
>>99
風も無いのに(室内)線香の煙が渦を巻く、
とかってのも聞いた




103 :95:03/06/28 00:42
哭きながら挨拶する旦那。そしてその時、だっこされていたのが
その子供(2才くらい?)。小さいのでまだ状況が解らずただ
キョロキョロしてたんだけど、突然なにかを見付けたように
視線が止まったんだよ。しばらく凝視してたんだけど
だんだん視線が真直ぐ空へ向っていった。
そして途中から手を振り始めた。バイバイって感じでね。
口元には微笑みさえ浮かべてた。
オレはその時、母親が昇天していったんだなーっと、
何故か納得してしまった。


104 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/30 02:55
age

105 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/07/01 13:18
>103
悲しすぎる・・・。゚(゚´Д`゚)゚。

106 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/07/01 22:59
>103
それ見ました。なんだか切ないような気持ちになりましたね。
バイバイって手を振った時は、え!と思っちゃったよ。

107 :[ここ壊れてます](1):[ここ壊れてます]
[ここ壊れてます]
33 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.01 2018/11/22 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)