5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

【奇妙】学校の7不思議【恐怖】

1 :1 ◆fx2MXCQRk. :03/06/06 18:54
お前らが学生時代に聞いた7不思議もしくはその学校特有の怪談を披露してみれ。

2 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/06 18:55
2222222222222222222222222222

3 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/06 18:55
33333333333333333333333333333333

4 :1 ◆fx2MXCQRk. :03/06/06 18:58
>>2>>3
オイオイ



5 :5:03/06/06 18:59
昔こんなスレ有ったような気がするぞ。

6 :2・3:03/06/06 19:00
ゴメンね。でもがいしゅつすぎないかい?

7 :1 ◆fx2MXCQRk. :03/06/06 19:02
>>6
俺もそう思ったけど新しい話とかネタとか披露できる人がそろそろ
来ないかと思ってね。
まあ散々がいしゅつだしsage進行するよ。

8 :(@'ω'@) ◆n.qWqfl1rs :03/06/06 19:29
がいしゅつだっけ?学校に限ったスレは無かった気がするけど・・・
こういう子供時代を思いださせてくれるスレ好きだから応援するよ!
ちなみに中学校では0時に廊下の窓に生首が延々と並んでる、
高校では女子トイレに創立者の奥さんの幽霊が出るって話あったな。
七不思議じゃないけど。七不思議全部があるって学校の方が珍しいんじゃないかな?

9 :(@'ω'@) ◆n.qWqfl1rs :03/06/07 00:52
age!!
なんで人少ないかな〜このスレ

10 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/07 01:00
夜中に理科室にいくと剥製の動物達が動きだす。
ランプ用アルコールを飲んでいるらしい。

11 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/07 01:03
月影先輩の髪型

12 :電波姫 ◆a.TgNskvck :03/06/07 01:03
学校なのに 何故か 落ち武者の霊がでる。
ダブル不思議(笑

13 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/07 01:06
夜、音楽室のベートーベンの目が
光るなんてベタな七不思議があった
ので、光らないように目に画鋲を
刺しときますた

14 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/07 01:09
その手の不条理怪談なら色々つくれそうだな。
夜中、トイレの中からピアノの音が響くとか。



15 :電波姫 ◆a.TgNskvck :03/06/07 01:13
>>13 ワラタ
>>12の話はマジっすヨ(笑
  私の行ってた高校では 落ち武者が廊下を歩くそうでふ(笑

16 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/07 01:17
創立者の銅像は学園がピンチになると動きだし助けてくれる

17 :1 ◆fx2MXCQRk. :03/06/07 02:23
俺中、高の時は学校の怪談系の話ってなかったんだよな・・・。

18 : :03/06/07 06:24
>>13 もまえだたーのか…


19 :1 ◆fx2MXCQRk. :03/06/07 06:25
俺が行ってた小学校には『7不思議』ではなく『13の秘密』と呼ばれる怪談が
有った。
この怪談は『13個全て知ると死ぬ』等と言われていたので当時ヘタレだった俺
はその話を誰かに聞かされるのが嫌で嫌でたまらなかった。


20 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/07 06:39
   
   
         ___
         |ノットッタ!|
          ̄ ̄ ̄|
              ヽ○ <コノスレッドハ ワタシガ ノットッタ!!
               □ゝ
               <<
   
   

21 :グランドクロス ◆XXXAXAQILI :03/06/07 06:54
屋上の給水塔の上に白い服着た女が現れる
音楽室のベートーベンの目が動く(定番やね)
理科室の人体解剖模型が動く(これも定番)
トイレの花子さん(定番杉か)
あとわすれた。

22 :1 ◆fx2MXCQRk. :03/06/07 07:19
【1話目】
入学前から姉に聞かされていた話が有った。
『正門の近くに不気味なものがあるけどなるべく見ないほうが良い』
俺はその話を聞いた時姉に何があるのか訊いたが教えてもらえなかった。
『いったい何があるんだろう・・・』そう思ったが素直なヘタレだった為
学校に行くときは裏門から入る事に決めた。(今考えるとすごく素直
裏門は広く、通学路の関係を考えてもそれ程に遠道になる訳ではない。
入学して1週間は裏門登校だった。
しかし当然の如く正門に何が有るのかは気になる。
俺に『見るな』と教えた姉は年が3つ上なのだが、自分は正門から登校していた。
他の生徒も特に正門を倦厭するで無し、俺は『俺は騙されてるんじゃないだろうか』
と思いはじめた。
他の生徒が平気なのに俺だけビクビクしているのもおかしな話である。
俺は正門登校することを決意した。

23 :1 ◆fx2MXCQRk. :03/06/07 07:20
正門は入学式の時一度通ったきりだ。
その時は初めて学校という場所に来て興奮?していた為
正門の周囲がどんな様子かなど気にも留めてなかった。
正門登校1日目、俺は門を抜け辺りをぐるりと見まわしてみた。
正門の横には石の台があった。
銅像や石造なんかを置くような台である。
しかし俺が見たその台の上には何も無い。
良く見ると台の正面には『二宮金次郎像』と彫り込まれている。
でも台の上には何も無いのだ。
近寄って確かめると奇妙なものが有る。

24 :1 ◆fx2MXCQRk. :03/06/07 07:21
それは石の像の一部。
足首から下だけの二宮金次郎だった。
正門と言う学校の顔部分に設置されている石像が足首のみ。
俺はなんだか無性に気味が悪くなって教室まで走って逃げた。
友達2人が俺の血相を見て驚いていた。
『どうしたの?』等と訊いてくれたが別に何か起こったわけじゃない。
俺は『校門から何秒で教室まで来れるか試してた』と答えて誤魔化しといた。
帰りは友達2人と連れ立って帰ることになった。
朝は1人だったので弱気だったが今は3人である。
ちょっと話題にしてみようと正門まで歩く。
『ここの石像って・・・』と話すと他の2人は『足首しかないよねー』と答えた。
どちらも対して気にしてないようである。
俺は自分がこんな物にびびった事を知られてはならないと思い余計な事をした。


25 :1 ◆fx2MXCQRk. :03/06/07 07:24
教科書を取り出し台の上に乗り、二宮金次郎スタイルをとって見せたのだった。
大して面白くない事でもガキは良く笑う。
俺の友達2人も爆笑して俺の真似をしたりしはじめた。
そんな馬鹿な事を一度でもやってしまうと恐怖などは無くなる。
俺は『姉はただの嘘吐きだな・・・』と結論付けて家に帰った。
家に帰ってから姉に正門の台で遊んだ事を話すと、姉はちょっと真剣な顔になって言った。
『あの場所、13の秘密の一つだよ』
瞬間、俺は固まった。
入学2日目には入学生全員に伝わった学校の怪談。(兄弟がいる奴がしゃべるから
俺が知ってるのは話が13個有るという事と13個知ってはいけないという事だけだった。
俺は前もって教えてくれなかった姉を恨みながらその怪談を聞く事にした。

26 :1 ◆fx2MXCQRk. :03/06/07 07:38
二宮金次郎の足首像は深夜0:00〜2:00(噂がまちまちではっきりしない)を過ぎると
校舎内などに入り込んで悪さを始めるらしいのだ。
宿直の先生などの話では鍵のかかった理科準備室や音楽室の扉などを蹴りつけて凹ませたり
教室の机や椅子を全てでたらめに積み上げたりしたらしい。
ゴン!ゴン!ゴスッ!などと硬い物を扉にぶつける音を聞きつけ、その場所に駆けつけてみると
お約束のように影も形も無い。
校門の台の上にも足首はちゃんと乗っている。
しかし校門付近の砂利の上には校舎から台の方までまっすぐ足跡が付いているのだ。

27 :1 ◆fx2MXCQRk. :03/06/07 07:40
誰も見てなさげ・・・(´・ω・`)

寝るっす。

28 :グランドクロス ◆XXXAXAQILI :03/06/07 07:42
>>27
見てるよ!乙!

29 :メージロウ ◆n3VYsMSBOQ :03/06/07 07:42
>>27
えっ!

30 :(@'ω'@) ◆n.qWqfl1rs :03/06/07 07:50
自分は好きだよこのスレ!


31 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/07 18:53
2話はまだかえ?

32 :グランドクロス ◆XXXAXAQILI :03/06/07 22:56
2話キボン

33 :1 ◆fx2MXCQRk. :03/06/08 02:44
タダイマε=(ノ`・ω・´)ノ

消防の怪談だからどうしても内容は尻切れっぽい落ちになるし、怖いって程
怖い話は無いかも。



34 :松田しのぶ ◆dtIwdx19oU :03/06/08 03:28
こんばんは、学校の七不思議は古い学校ほどその逸話がありますね。
私の場合だと、こういうのがあるわ

夜中ピアノの音が聞こえる(定番)
二宮金次郎の銅像が動く(定番)
モナリザの目が動く
夜中に兵隊さんが校舎に現れる    ってとこね。

35 :1 ◆fx2MXCQRk. :03/06/08 06:54
2話目】
今は撤去された鏡に死んだ生徒が映るという怪談があった
らしい。
一般に伝わってるのはこの程度である。
それでも『13の秘密』の一つに数えられているので書いとく・・・・
・・でもこれじゃつまらんね。
この話は限られた人間しか知らないと思う。
おそらく俺の同級生でも俺ほど詳しく知ってる人間はあまり居ないだろう。

36 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/08 06:55
おれもこのスレ何気に好き

37 :1 ◆fx2MXCQRk. :03/06/08 06:55
少し校舎について説明しようと思う。
校舎はコの字型の3階建てで南校舎、北校舎と区別されて呼ばれ
ている。
南校舎は1、3、5年生、北校舎は2、4、6年生に割り当てられていた。
皆が行ってた学校はどうだったか知らないが俺が行ってた小学校の
階段はくの字の真中辺り(階段の中間って事)が少し広いスペース
になっていて掲示物やポスターの展示等に利用されていたのだが、
階段を昇る時や降りる時展示物が自然と目に付くので、結構頻繁に
利用されていた様だった。
この中間地点には他に窓2個と大きな鏡が設置してあった。
窓はかなり高い位置にあり、大人でも脚立が無いと開ける事が出来ない様
な代物で、おそらく明かり取り用と思われた。
鏡は大人でも体全体が映るほど大きな姿見で、ほぼ全ての階段の中間地点
に設置してあったが屋上に続く2つの中間地点と北校舎の1箇所には設置
してなかった。

38 :1 ◆fx2MXCQRk. :03/06/08 06:56
屋上の一つは閉鎖されており閉鎖されてない方も開いてるのは昼休み
のみ、人があまり来ないので鏡は必要無しであろうと思われた。
問題は北校舎の鏡無し地点である。
その場所は普通に考えれば人が通る場所であり、女生徒も4、6年とも
なると結構鏡を必要とする。
(↑まあその為に姿見が設置されてるとも思わないが)
学校のトイレは鏡が曇ってたりカビたりしていた為、利用頻度は高い筈
だった。
なぜこの場所には鏡が無いんだろう?
他の場所には有るのにそこには無い。
俺はその地点を通りがかる度に何故か異様な雰囲気を感じていた。
鏡が無いだけである。
なのに何故俺はこんな場所を気にするのだろう。
少し気になったが結論が出る訳は無い。
考えても仕方ないのであまり気にしないことにした。

39 :1 ◆fx2MXCQRk. :03/06/08 06:58
4年生になった或る日の事、あまり親しくない友人とそこを通りかかり、
俺は何気に「なんで此処には鏡が無いんだろうね」と言ってみた。
彼はチラリと俺の顔を見た。
俺はまた「新しい鏡設置すれば良いと思わん?」と彼に話し掛けた。
彼は少し足早に階段を降り始めた。
別に答えが聞けると思った訊いた訳じゃない。
話題が無いから言っただけだ。
『なんだ・・・シカトかよ』そう思って俺も黙って後に続いた。
階段を降りて少し廊下を歩くと彼は言った。

彼「僕、あそこに鏡が無い訳知ってるよ」
俺「へっ?」
俺は当然その話を聞く事にした。
彼は『あそこには元々鏡が設置されていた、色々訳があってあの
場所から外されたのだ』と語った。
話は俺達が入学する20年前まで遡るらしかった。

40 :1 ◆fx2MXCQRk. :03/06/08 07:03
20年前、ある男子生徒2人が階段の大掃除をする事になった。
仮にA、Bと呼ぶ事にする。
大掃除なので学期末だったと思われる。
最初のうちは2人とも真面目にやっていたらしい。
だが大掃除の時間は通常より長いので少し飽きてきた。
鏡を磨き階段を拭き終わると、後は窓を拭くだけである。
脚立を持って来たが窓を拭くには少し届かない。
脚立を伸ばし留め金をかけて梯子にする。
Bが下で梯子を支え、Aが昇って窓を拭く。
窓からは今まで見えた事の無い視点でいろいろなものが見える。
Aは懸命に梯子を支えているBをからかってみたくなった。
「此処から見ると○○が見える」「今○○先生が下を通った」などと
報告し、窓に洗剤で絵を書いて見せたり自分だけが楽しんでるように
振舞ったのだった。
下で梯子を押さえてるBは面白くない。
自分だって飽きているのだから役柄を交代するようにと要求した。
元々要求させる事が目的である。
Aは丁寧且つムカツク態度でその要求を断った。
Bが怒り「交代しろ」Aが「嫌だ」の問答を繰り返し、その問答に飽きた
頃Bはあることを思いついた。

41 :1 ◆fx2MXCQRk. :03/06/08 07:05
「おい!先生が来るみたいだぞ!!」
嘘である。
Aの態度に腹が立ったので少し脅かしてやろうと思ったのだ。
案の定Aは焦った。
窓に書いた落書きを見られたら先生に殴られる!
そう思ったAは急いで窓を拭き始めた。
広範囲にわたる落書きを急に拭こうと横着をした為、Aはバランスを崩した。
梯子を押さえてるBも子供である。
ぐらついた重心を立て直すほどの力は無い。
次の瞬間梯子が倒れ、Aは悲鳴も出せずに鏡に激突した。
凄まじい音と共に鏡は割れ、Aがぶつかった部分は赤い筋を引き、床は血に
まみれた。
音を聞きつけ教師や他の生徒がやってきた。
血まみれの生徒はすぐに病院に運ばれ、Bは茫然自失状態だったがなんとか
何が有ったかを教師に説明し、家に送られていった。
終業式が終わり夏期休暇に入る。
休みが明けてもAは学校に来なかった。
彼は楽しみにしていた夏期休暇中に意識不明の重態のまま息を引き取ったの
だった。

42 :1 ◆fx2MXCQRk. :03/06/08 07:06
休みの間に鏡は入れ換えられていた。
夏休みを重い気持ちで過ごし、休み明けに衝撃的な事実を聞かされたBは
その瞬間気を失い保健室に運ばれた。
事故の現場を通るのを異常に嫌がり、学校に来る事すら嫌がった。
しかしBの親は厳しかった為、登校拒否など絶対に許さなかった。
陰鬱な顔で登校してくるBを教師や周りの生徒は心配したが、彼はもう
他人の事など見ようとはしなかった。
しばらくすると事故現場の鏡の事がおかしな噂になって流れるようになった。
『あの鏡には死んだ子の幽霊が映るらしい・・・・』
実際に白いものを見たという証言もちらほらと出て、学校中の生徒を恐怖に
落し入れた。
噂はBの耳にも入ったはずである。
さぞ恐怖に怯えるかと思いきや、相変わらずの陰鬱な表情で何を考えているの
か周りからは読み取る事が出来なかった。
噂が流れてからその鏡付近を通る生徒は激減した。
しかし何故かBは積極的に事故現場を通るようになった。
時々『出ない・・・俺のときは出てくれない』などと呟いていた為、周りは
Bを計りかねて様々な憶測を飛ばした。(気が狂ったとか

43 :1 ◆fx2MXCQRk. :03/06/08 07:09
ある日の夕方、帰りの見廻りをしていた教師が泣き叫ぶ生徒の声を聞いた。
『こんな時間に喧嘩か?』そう思った教師が駆けつけると、Bが泣きながら
鏡に向かって土下座をしていたのだった。
その姿は必死そのもので駆けつけた教師ですら制止しかねるほどであった。
とにかくその場から引き離し落ち着いてきたBから訳を聞くと、Bは『Aが鏡
に映って自分を睨んでいたので謝っていた』と語った。
実際Bは謝りたくて鏡付近をうろついて居たのだが、いきなり遭遇してかなり動転
してしまったらしい。
Bを見て教師は真面目に考えた。
『学校中に蔓延る噂も有るし怯えている子供も多い、これ以上放っておく訳にも行か
ないだろう。』
その次の日の内に教員会議で鏡の撤去が決まった。
鏡が無くなるとおかしなものを見たという噂も無くなっていった。
Bは相変わらず暗く、鏡に対して怯えを見せる事があったがそれだけだ。
鏡と共に幽霊も消えた。

44 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/08 07:14
俺は小学の時仲間と帰る時決まってきんじろうを90度動かしてたYo。


45 :1 ◆fx2MXCQRk. :03/06/08 07:18
「うーん・・・・・変な話だな・・・」
話を聞き終わった俺はそう感想を述べた。
彼は「鏡に死んだ生徒が映るという怪談があったらしい・・・って13の秘
密にもなってるよ」と答えた。

俺「マジ?やばい!聞きたくなかった!!」
彼「え?なんで?13個知ると死ぬから?」
俺「そうだよ。まだ6個くらいしか知らないけど」
彼「あんまり気にしなくて良いんじゃないかな・・・」
俺「ところでやけに詳しく知ってたね・・・なんで?」
彼「Bって人、僕のお父さんだからね」


ポカーン(゚Д゚ )




鏡の無い場所はやはり何か居たのかもしれない。
俺は何となくいつまでたってもその場所が嫌いだった。
尚A、Bの感情の動きに付いては実際の話を捻じ曲げない程度に脚色を加えてあります。

46 :1 ◆fx2MXCQRk. :03/06/08 07:20
俺の話はこの程度・・・。(´・ω・`)ショボーン

誰か学校の怪談ネタ持ってる人居らん?

47 :1 ◆fx2MXCQRk. :03/06/08 07:25
>>28>>29>>30>>36
ありがとー!
>>21>>34
学校の怪談系は短くまとまってるから長い話を期待するのは難しいのかもね。
>>44
動くの?!

48 :1 ◆fx2MXCQRk. :03/06/08 07:36
誰も来ないし・・・・(´・ω・`)ショボーン

寝るっす。

49 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/08 07:43
長文は読まない主義です。

50 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/08 07:47
>>49
1も頼んでないし書き込みも控えたらどうだ?






ついでに氏ね。

51 :荒らし特攻隊:03/06/08 08:13
1 ◆fx2MXCQRk
イイ!!

52 :(@'ω'@) ◆n.qWqfl1rs :03/06/08 11:43
お疲れさま!>>1
学校の怪談ネタってコピペでも良いの?

53 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/08 19:10
ガイシュツであっても、話として面白ければ
ある程度はいいんじゃないですかね

54 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/09 00:30
3話期待あげ

55 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/09 01:08
なかなかの良スレ

56 :1 ◆fx2MXCQRk. :03/06/09 01:55
タダイマε=(ノ`・ω・´)ノ
>>50
代返ありがと。
>>51
ども。
>>52
全然問題ないっす。
このままじゃスレが寂しい。
>>53
その通り。
>>55
ありがとー。


57 :1 ◆fx2MXCQRk. :03/06/09 01:57
>>54
結構だらだらと長いので文にするのに時間かかるっす。
気長に待ってくれると嬉しい。

58 :◆t5ZuxViaSA :03/06/09 02:19
学校の七不思議

旧校舎裏の二宮和也像が夜な夜な踊りだすッ!!

59 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/09 02:33
良スレ
>>1さん
がんばってください

60 :1 ◆UrfTlVz802 :03/06/09 02:40
学校の七不思議

新校舎音楽室のベートーベンの肖像画が午前12時になると‥



61 :あなたのうしろに名無しさんが・・・ :03/06/09 02:45
>>59
どこが?ただの寂れたネタ自演スレじゃないの
そろそろクソスレ認定されるよ ここ

62 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/09 04:46
>>61
あっそう

63 :1 ◆fx2MXCQRk. :03/06/09 05:38
>>58>>60
別スレの1さんでつか・・・?
>>59
ありがと。
>>61
自演はしてないよ。
クソスレってのは61の判断であってオカ板全般じゃないと良いんだが。
>>62
俺の気持ちもそんな感じ。


64 :1 ◆fx2MXCQRk. :03/06/09 05:41
>クソスレってのは61の判断であってオカ板全般じゃないと良いんだが。
                 ↑
オカ板住人全般の意見じゃなければ良いけど・・・って書きたかった。


65 :1 ◆fx2MXCQRk. :03/06/09 05:42
【3話目】
学校には宿直も無く、用務員も居なかった。
大きな学校でもないし貴重品が置いてあるわけでもない為、不要
なのだろうと思われた。
用務員が居ない所為かはわからないが班当番制で朝の掃除(ゴミ拾い)
などがあり、結構面倒だった。
何故か知らんが朝は『朝の運動』と称して運動場を10周走る事が
義務付けられている。
ゴミ拾い当番の日は掃除と運動を両方やらなければいけないので、遊ぶ
時間が無くなって不満である。
俺の班が当番の日が来た。
男子3人女子3人の班だが当然の如く男は男と固まり女子とは二手に分か
れて掃除をする。
俺「用務員を雇わないから俺らが掃除させられるのかね・・・?」
班員C「かもね、遊ぶ時間が無くなっちゃうね」
俺「校長暇そうだしやればいいのに」(マテ
班員D「昔は用務員さん居たらしいよ」
俺、班員C「マジ?」

以下班員をC,Dと呼ぶ。

66 :1 ◆fx2MXCQRk. :03/06/09 05:42
用務員が居た・・・・その話は初耳である。
昔居た者が何故今居ないのだろう?
俺とCはDの話を聞く事にした。
D「なんかね、ちょっと頭がおかしかったみたい」
いきなりこれだ。
あらまぁ・・・と思って聞いているとDは続けて言った。
D「その人が絡む話、確か二つ13の秘密に入ってる」
俺「それは・・・あんまり聞きたくないんだけど」
C「なんで?面白そうじゃん」
俺「いや・・・・13個知るとヤバイって言うしさ」(ヘタレ
C「怖いの?」
俺「いや、そんなん怖いわけじゃないけど」(強がり
C「じゃあいいじゃん」
D「じゃあ話す?」
C「話してみ」
俺「・・・・・・」(イヤナンデスケド


67 :1 ◆fx2MXCQRk. :03/06/09 05:42
Dの話が始まった。

南校舎一番端の部屋は物置になっている。
実はその部屋は昔の用務員室だった。
入り口に鍵がかかっている為に生徒が自由に入るわけにはいかない。
室内の様子は外側の窓から覗ける程度である。
窓から覗けると言ってもいろんな荷物が立てかけてあり、見えるの
は極一部でしかない。
中は埃だらけで掃除すらしていない。
滅多に開けることもない場所なのであろう。
用務員は俺達が入学する十数年前まで居たとの事だった。
その用務員は子供に優しかった。
生徒が休み時間に遊びに行くと用務員室に招き入れ、折り紙やメンコ、
べーゴマなど昔の遊びを教えてくれたらしい。
当然の如く子供達に好かれていた。
生徒の中に用務員にとても良く懐いた男の子が居た。
両親が共働きで親に構ってもらえない子供だったらしく、下校時刻が
過ぎても用務員室で遊んでいる事がしばしばあった。
下校時刻は16:00学校では小学生は17:00以降は自分の家から外に出
ないように指導していた。(変質者関係を警戒した為?

68 :1 ◆fx2MXCQRk. :03/06/09 05:48
下校時刻になっても帰らない生徒が居る・・・その事が問題になった。
用務員は学校側の人間であり、学校側の人間である以上学校側の指導
を妨げるような事が有ってはならない。
子供を用務員室に入れてはいけないという規則が出来た。
生徒は用務員室に行かなくなり用務員は暇を持て余すようになった。(ソウジシロ
しかし一番の被害者は用務員に懐いていた生徒であろう。
彼は消極的で友達も少なく、孤独な家に帰る事に苦痛を感じる少年だった。
用務員室への立入禁止令が出て暫く経った或る日の午後、事件は起こった。

69 :1 ◆fx2MXCQRk. :03/06/09 05:48
二年生の学級主任(女教諭)が用務員室の傍を通りかかると子供の声がする。
聞き覚えの有る声なので覗いてみると自分が受け持っている男子生徒だった。
時間は既に16:30である。
用務員は男の子の遊び相手をしているが注意する気は無いらしい。

教師「ちょっと!○○君!!こんな時間まで何してるの?」
男の子「・・・・・・」
教師「この前決まった規則知ってるでしょ!?」
男の子「・・・・・・」
教師「なんで注意してくれないんですか!?」
用務員にそう言うと用務員は答えた。
用務員「この子は私の子ですから」
教師「は?」
用務員「この子は私の子になったから此処が家なんです」
教師「いったい何を・・・・・ちょっと○○君?!」
男の子は始終無言だった。
用務員「この子だって私の事を親だと思ってます。私が良いのだから
それでいいじゃないですか」
教師はその時初めて用務員の目を見た。
自分を見ているようで実は何も見ていないかのような虚無的な目・・・
何か背筋に寒いものを感じた教師は部屋に入りすばやく子供を抱えると、
職員室に走った。
職員室にはまだ同僚が多数残っている。
子供を一人の教師に任せ、訳を説明して2人の男性教諭と共に用務員室
に向かう・・・・既に其処には用務員の姿はなかった。

70 :1 ◆fx2MXCQRk. :03/06/09 05:49
どこに行ったかはわからない。
この話は用務員の蒸発という形で終わっている。
男の子は暫くして正気に戻ったようだ。
その事件以来学校は用務員を雇う事をやめた・・・という話らしい。

俺「なんだ・・・大した話じゃないじゃん」(ヨウムインイラネ-
C「そか・・・?俺結構怖いかも」
俺「もう1個用務員の話が有るんでしょ?」
D「ああ・・・有るって言うか・・・」
C「居なくなったのに用務員の他の話なんてあるわけ?」
Cが訊くとDはこう答えた。
D「理科準備室に地下室有るでしょ?」

理科準備室は鍵がかかっており生徒は滅多には入れない。
掃除の時に見た準備室の床には地下へと繋がるらしい蓋があり、いかにも
怪しく見えた。

71 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/09 05:49
好き好き魔女先生

72 :1 ◆fx2MXCQRk. :03/06/09 05:50
俺「蓋の上にでかい棚があって開けられない地下室?」
D「そう・・・あそこ」
C「それが関係あるの?」
D「あそこって何かが棲んでるって話あるでしょ?蒸発した用務員はあそこに
入ってったって話が有る」
俺「うそくせー!!」(コワッ
C「嘘臭いし・・・それがもう1個の秘密ってのは損した気分」
D「まあいいじゃん、どうせ13の秘密なんか誰かが適当に作ったもんだし」
俺「そーだなー」(ダトイイナ



当時の会話を限りなく忠実に再現してみたがどうだろう。
尚、物語にし易くする為、実際の話を損ねない程度に多少の脚色をしています。

73 :1 ◆fx2MXCQRk. :03/06/09 05:56
>>71
おはよ。
でも意味不明っすね。

上のほう読み返すと>>58>>60>>61みたいだね。


74 :1 ◆fx2MXCQRk. :03/06/09 06:04
寂れているのは本当だ・・・・寝るっす。(´・ω・`)


75 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/09 06:23
今読み始めますタ。続編になってるのね。
結構長いけど(・∀・)イイ!!

76 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/09 06:54
>>61の意見は意味がわからんな。どこが自演で誰にクソスレ認定されるんだ?


77 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/09 08:25
>>1
凄く面白いです
内容というよりも、文章の書き方がw
自分の心理描写を各所に入れたりして
その時の状況がよく伝わってきます

>>76
自治厨だろ?
放置した方がいいよ。

78 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/09 09:03
>>19
俺の行ってた学校もそれあったよ
こっちのは7不思議全部知ると死んじゃうってやつ
んで、気が付いたら7不思議なのに8個の話が集まってた

79 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/09 14:10
3話も中々おもろかった
4話も期待しているがあえてsage

80 :(@'ω'@) ◆n.qWqfl1rs :03/06/09 18:09
誰がなんと言おうが良スレです、ここは。
では、自分も一つ・・・怖いけど想像すると笑える話。。

小学4年生の時です。
視聴覚室に忘れ物(たしか筆箱だったと思う)をした私は、なにげなく教室まで行きました。
その頃、なぜか不思議な体験をすることが多く、嫌な予感がしながらもその教室に向かいました。
視聴覚室は古い校舎の2Fにあり、その校舎は半分まで取り壊してあり、私たちの学年を最後に、その教室は取り壊されることになっていました。
横に新しい校舎もできており、教室全体は薄暗く、すごく嫌でした。
忘れ物をとって教室を出たときに、なんとなく後ろに気配を感じて、ふっと振り返ると誰かがうずくまっているのが見えました。
誰かなって思ってよーく見ると、確かに体は人間なんですが首から上がネズミなんです。
教室まで走って帰ったのですが怖くて、その教室には二度と行きたくなかったのを覚えています。
幸い、その数ヶ月後、取り壊され、その教室での授業はありませんでした。
いまでも、あのときの人影を覚えています。

81 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/09 23:41
ワラタ。なんかのAAみたいじゃん。

82 :1さん頑張って:03/06/10 03:40
>>58
二宮尊徳だろ!!
と、つっこむだけではあれなので

私の通っていた小学校は二宮尊徳生誕の地の近所
遠足で必ず生家見学に行く
しかし市内で像が動いたという噂は無し
何故地元では動かないんだ・・・つまんない



83 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/10 03:43
別に中高とか大学でも7不思議とかないのか?
といいつつ、結構健全だった俺にはそういう話の引き出しがない

84 :1 ◆fx2MXCQRk. :03/06/10 07:33
皆さんオハヨーっす。(`・ω・´)ゞビシッ!
>>75
いらっしゃい。
>>76
うーむ。
>>77
ありがとうっす。
内容怖く無い上に短くまとめると13の秘密が1レスで終わってしまうのです。(死
>>78
過剰・・・実は・・・。
>>79
がんばります!
>>80
毎度どうもっす。
ねっ・・ネズミ人間?(ミッキーマウス
>>81
禿同
>>82
地元の像は動かないんですか・・。
全国各地で動き回ってるのに動かないとは・・・動かないほうが怖かったりして。(マテ
>>83
中学はまだあるんじゃないかな・・・・。
高校で少なくなって大学では皆無とか。
大学まで行くと普通の怪談になってるのかもね。


85 :1 ◆fx2MXCQRk. :03/06/10 07:53
来てくれた皆様へ

小学校の怪談が怖いのはその学校の小学生だけです。

故にこのスレッドで物凄く怖い話とかは期待できないでしょう。
多分皆の学校にあった怪談も今の自分達を怖がらせる程のものではないよね?
このスレッドは自分が小中学生の時聞いた(もしくは体験した)学校の怪談を語る
スレには違い有りませんが『こんなに恐ろしい話だった・・・』と語るよりは小中
学生だった自分がどう感じたか、その怪談にどんな思い出があったかを語る事がメ
インになると思います。
長文嫌い、グロ好き、血も凍るような怖い話が好きな人には向かないスレなので通り
かかった場合は無視してやって下さい。

86 :1 ◆fx2MXCQRk. :03/06/10 07:54
【4話目】
学校には屋上が二つ有った。
南校舎と北校舎に一つずつ有るのだが、南校舎の屋上は俺が入学する前か
ら閉鎖されていた。
扉に鍵をかけた上、取っ手に鎖を巻いて錠前まで掛けてある徹底振りである。
因みに北校舎の屋上が開いてるのは授業で使用する特別な場合と昼休みの40分
のみ、教師が居なければ開けてはいけない事になっていた。
滅多に入れない屋上で自由に遊べる為、昼休みの屋上は中々人気が有った。
俺も例外ではなく友人Eと良くキャッチボールなどをしに行った。
重いボールは危険なので使用を許されているのは購買で売ってるゴムの軟球
のみである。
毎回キャッチボールだったので俺は少し飽きた。(屋上でやる意味無いし

俺「おーい」
E「うん?」
俺「なんか他の遊び無いか・・」
E「キャッチボールつまらん?」
俺「いや、毎回キャッチボールだしさ」
E「風が吹いてる時のほうが面白いね」
俺「そだな、予想もつかんとこにボール飛んでくし」
E「んじゃ何する?日向ぼっことか?」(マテ
俺「それもよかろう」(オイ


87 :1 ◆fx2MXCQRk. :03/06/10 07:55
屋上なので日当たりは良い。
日向でお喋りもたまには面白いと思った。

俺「そう言えばさ」
E「なに?」
俺「なんで向こうの屋上って完全閉鎖されてるんだろう」
E「ああ、向こうも開いてればもっと広く遊べるのにね」
俺「違う眺めも見れるしな」
E「この学校って屋上に入れる機会少なすぎるよね?」
俺「自殺とか警戒してんじゃねーの」
E「おお・・・成る程、気づかんかった」

Eは気立ては良かったが物を余り深く考えない少年である。

E「今日の屋上当番ってF先生だね」
俺「おお、ご苦労さんですな」
E「なんで向こうの屋上に入れないか訊いてみようか?」
俺「おお?いいねー」

F教諭は50歳、この学校で教鞭をとって7年目のベテランであり
温厚篤実な性質から生徒に好かれていた。


88 :1 ◆fx2MXCQRk. :03/06/10 07:56
俺、E「せんせぇー!」
F教諭「うん?どうしたの?」
E「なんで南校舎の屋上って閉鎖されてるの?」
F教諭「なんでって・・・・」
E「向こうも開いてればもっと大勢遊べるじゃん」
F教諭「うーん・・・でも先生1人じゃ向こうの屋上まで目が
届かないし・・・」
俺「それって万が一自殺しそうな人とか居ても止めに行けなか
ったりって事?」(ダイレクトスギルヨ・・・
F教諭「そう・・・向こうの屋上にも誰か先生を見張りに置か
なきゃならないだろ?」
俺「そっか・・でも自殺する人なんて居るのかなぁ?」
E「僕居ないと思うな」
F教諭「自殺じゃないにしても低学年の子供は時に思わぬ事態
を引き起こす事があるからね。」
俺「ああ・・・金網とか登りそう」(マジコメント
F教諭「はは・・まあE君達も危ない真似してる子が居たら
止めてあげるようにね」
俺、E「はーい」
俺達が返事をして去ろうとするとF教諭は言った。
F教諭「・・・・南校舎の屋上が閉鎖されてるのはね」

89 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/10 07:58
___      ___
\ ・ \   / ・ /
   ̄ ̄ ̄    ̄ ̄ ̄
http://comic2.2ch.net/test/read.cgi/ranime/1052833190/l50

90 :1 ◆fx2MXCQRk. :03/06/10 07:59
俺「えっ?」
E『?』
F教諭「ここからも見えるけど向こうの屋上に部屋が見えるだろ?」
F教諭が指差してる場所には確かに部屋が見える。
南校舎屋上入り口の横に有る鍵が締まった部屋の事だった。
俺「あの部屋って何があるの?」
E「北校舎と同じ?」
北校舎の屋上脇にも同じような部屋が付いていて壊れた望遠鏡や机
が埃を被っている。
屋上に面した部分にだけガラス窓が付いてるので屋上側からは覗く
事が出来る。
F教諭「いや、先生も何があるのか知らないけどね・・・」

F教諭はハキハキ物を喋る事で定評の有る先生だ。
そのF教諭がこんな喋り方をするのは珍しい。
俺はなんだか話の続きを聞くのが怖いような気がしてきた。

91 :1 ◆fx2MXCQRk. :03/06/10 08:02
F教諭「学校の7不思議って言うんだっけ?先生はその類の話だと
思ってるんだけどね」
俺「・・・・・・・」ヤスミジカンオワンネーカナ・・・
E「この学校は13の秘密って言うんだよ」
F教諭「ああそう、この学校13個もあるのか・・・」
俺「・・・・・・・」ムダニオオイヨネ・・・
F教諭「向うの屋上の部屋って鍵が締まってるよね?」
俺、E「うん」
F教諭「実はあの部屋の鍵は紛失中でね、職員室の鍵管理場所にも
見あたらないんだよ」
俺「じゃあ誰も入れない・・・」
F教諭「そうだね」
E「でも屋上から見れば中に何が有るかわかるんでしょ?」
F教諭「そう・・・屋上の方の窓から見れば何があるか見える」
俺「なんか変な物でも有るの?」
F教諭「先生も他の先生から聞いただけで自分が見た訳じゃないんだ」
俺、E『?』
俺「・・・何をですか?」ナンカケイゴ
E「ゆっ!幽霊とか?!」ビビリ
F教諭「はっは・・違うよ先生幽霊なら会ってみたいもん」
俺「・・・・」スゲーヨ・・・サスガオトナ
E「えぇー僕幽霊はやだな」ハゲドウ
F教諭「あの部屋にはね、古い電話が置いてあるんだよ」
E「電話?」

92 :1 ◆fx2MXCQRk. :03/06/10 08:04
俺「でもあそこじゃ電話線無いんじゃ・・・」
F教諭「そうだね。どこにも繋がってないんだよ・・誰が置いたのか誰も
知らないんだけど先生が赴任してきた時からそこに有った」
E「まさかその電話が鳴るとか?」コワイコトイウナyo-
F教諭「そのとおり!」ガーン!(゚д゚;)
俺「・・・誰かその電話出たの?」
F教諭「いや・・・その話してくれた先生は屋上の窓から鳴ってるとこ見
たんだけど、驚いて屋上から逃げようとしたらドアが開かなくて相当焦っ
たって言ってたよ。」
俺「電話に出ようとか考える余裕も無かったって事か・・・それで?」
F教諭「必死にドアを開け様としてたんだけどダメでね・・暫くしたら電話が
鳴り終わって呆気なく開いたらしい」
E「僕だったら怖くて絶対出れないな〜」
F教諭「もうその頃からその部屋の鍵無かったんじゃ無いかな・・・電話に
出ようと思っても部屋に入れなきゃ無理だからね」
俺「俺はその電話ちょっと出てみたいな」ウソツイテマシタ
F教諭「先生は嫌だな・・・・・今度南の屋上連れてってあげようか?」
俺「・・・是非」(TДT)ユルシテクレ・・・

93 :1 ◆fx2MXCQRk. :03/06/10 08:05
その後F教諭は俺の学校去ってどこかの教頭、数年後に校長になって今はも
う定年退職された筈です。
話自体は線が繋がってない電話が鳴るという在り来たりでつまらんものでし
たが、余りに短いのでその話を聞いた経過を書きこんでみました。(長文スマソ

南校舎の屋上がなぜ厳重に締められていたのかは良くわかりません。(教師がびびったとか?
両屋上とも俺が6年生になった時は開放されて常時入れるようになってました。
南の屋上入れる様になった時、真っ先に件の部屋を覗きましたが本当に電話が有
って『なっ・・鳴るんじゃねーぞ』などと思った事を覚えています。
まあ南屋上は開いてからも滅多に行きませんでしたが。(ヘタレ

94 :1 ◆fx2MXCQRk. :03/06/10 08:09
>>89
懐かしのアニメ板っすか・・・。
ちょっとこことは違うようです。

95 :1 ◆fx2MXCQRk. :03/06/10 08:18
寝るっす(´・ω・`)ノ~~

96 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/10 10:09
少しつっこんでおこう
小学校に購買なんてあったのか?
中学にはあったが・・・

97 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/10 11:23
>>96
俺の行ってた小学校にはあったよ。って言うか無い小学校なんてあるの?

98 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/10 14:22
>>97
うちの小学校は学校の中にはなかったよ。
ただ、すぐ近くに文房具とかお菓子とかを打ってる店があって、
実質そこが購買って状態だったけど

99 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/10 17:59
>>98
その店は賢いな。俺のガッコも近くに駄菓子と文房具売ってる店有ったけど
購買もあったよ。購買で働くのは女の先生と5、6年の女子だったな・・・。
なんで女だけなんだろうね。昔は疑問に思わなかったけど今は引っかかる。

100 :(@'ω'@) ◆n.qWqfl1rs :03/06/10 18:15
>>85-93
朝っぱらからお疲れです。

101 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/10 19:41
定期age。

102 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/10 20:10
うちの小学校は7不思議が全10話ぐらいあった。
大層不思議

103 :(@'ω'@) ◆n.qWqfl1rs :03/06/10 20:33
>>102
それは10不思議では・・・

104 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/10 22:24
なんで「7」なんだろうね。
不吉とか何とか言うのって「4」か「9」なのに。
「7」と言うと「ラッキーセブン」みたいな良い方のイメージに繋がるんだけど。

105 : :03/06/11 01:28
あげ

106 :(@'ω'@) ◆n.qWqfl1rs :03/06/11 01:52
>>104
7は孤独な数字なのです

107 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/11 01:53
学校七不思議
●「ああ遅刻だ!」と思ったら日曜であった。
●フォークダンスでは好きな女子とはあたらない。
●隣の奴が吐く
●日曜より土曜が好き
●給食を長時間かけて食う奴がいる。「あいつまだ食ってる」
●スポーツ出来る子は勉強も出来る
●学級閉鎖になる様、祈る自分がいる。

ああ恐ろしい・・・

108 :(@'ω'@) ◆n.qWqfl1rs :03/06/11 01:58
↑七不思議じゃないけど、おもしろい

109 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/11 03:42
>>102
うちの学校も7不思議10個くらい有ったような気がする。

110 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/11 04:49
購買なんかなかたーよ
田舎過ぎたのかな・・・それとも市立だったからかな・・・

111 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/11 06:03

          /二二二二\               り  ゲ あ
         //■□■■\\              近  ッ り オ
        .| |□■■■□■| |                 づ  ト  丶 チ
        .| |□□■□■□| |                き す そ ン
         \\□■□□//                  た る こ チ
     _,,    | | 〇 〇 | |   __,,,....,,,r-、、      く  丶か ン
    ,->_,(((、 ̄'ー.|    _,,." ,r"~ ̄  _(((_ ァ''"ー- 、  な と  ら .が
  / / i \~゙ー-、ト'' ヽ" _,,.、,'' イ r-''"~ /  i ヽ   _,ゝい い キ 3
 /  ノ  t   ,,..  〉゙`'"~  . 丿 ノ _/ /  ノ   て~.  妖 う .リ つ
/     `t  (  ,`{  ⌒ヽ    {   ノ    /^ー'    怪 あ 番 .も
⌒ヽ    rr( i !、ノー-、■□    )   _/⌒ー'       。 ま を
   し'⌒ー`{ ( ヾ}  (〇〇ノ-‐   i'_/
        `i_j〜´,r'ソ'ソソ'ヽ    }_,、_,-、
          r"ソ/ r"ソ  `ヽ  ' _}}} .{
         , ''"r"ソ,'"    `-'" {  j
        r"ソ ,''"rソ         ''`゙'
     : .、 ''" rソ '" , ''
    \从、仆从,'// , '


112 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/11 07:34
七不思議とは少し違うけど「紫の鏡」と言う言葉を
20歳までに忘れないと死ぬと言う噂が、小学生だか中学生
のときにあった。


113 :(@'ω'@) ◆n.qWqfl1rs :03/06/11 07:53
>>112
都市伝説の一種

114 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/11 07:58
>>112
っげ!ソレ俺のところにもあったぞ!
小学校の時。

115 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/11 08:26
高校の時、校舎の端のトイレにある
鏡が外されていたことがあり、

「守衛さんが夜の見回りの時、鏡の中に
恐ろしい顔をした女が写り込んだから。」

という噂が流れた。


美術部の私たちは真相を知っていた。

先輩が自画像を描くために、
勝手に外して部室に持ち込んでいたのだった。

116 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/11 15:35
母校の七不思議
・一階の渡り廊下に出るヒトダマ
・プールの裏にあるトーテムポールの顔が変わる
・職員室前の水槽のどれかに赤ちゃんの死体が
・体育館の放送室に出る女生徒の霊
・一部だけ不自然に色が違うB棟の壁
・7つも無い


117 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/12 02:58
定期age

118 : :03/06/12 03:40
>>115
おもろい

119 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/12 15:06
しかし七不思議って大抵怖い系なんだよね。
不思議なんだから、うちの学校は地下にロボットを隠しているそうです。
(緊急時に学校そのものがロボットになります)
みたいのがあってもいい気はするが・・・。

120 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/12 16:52
だったら新七不思議を考えて広めろ!

新七不思議
1、学校、巨大ロボ隠蔽疑惑
2、不明
3、不明
4、不明
5、不明
6、不明
7、不明

121 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/12 16:56
血まみれの○○○さんというのもあったね。
20歳までに覚えておくと死ぬって奴。
今20なんだけどなんも起きてない。そろそろ起きそうだ。死にそう。。

122 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/12 18:56
県内の学校の七不思議本が書店に出ていた。
自分の学校のをどうしても5つ以上調べられなくて気になって気になって開いてみた。


・・やっぱ五つしかなかった。
この野郎・・・

123 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/12 19:19
>>120
エェー(;´Д`)
もう学生じゃないし・・・。

124 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/12 22:41
だったら新七不思議を考えて広めろ!

新七不思議
1、学校、巨大ロボ隠蔽疑惑
2、校長、授業中何やってるの?疑惑
3、不明
4、不明
5、不明
6、不明
7、不明


125 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/12 23:18
オイラの中学校の教頭は、ヅラだという噂がありました。
体育の水泳の時に、突然教頭がパンツはいて乱入してきました。
準備運動が終わって、生徒全員の期待に満ちた視線をあざ笑うかのように
帰っていきました。

いったい何をしに来たのか、不思議でなりません。

126 : :03/06/13 00:39
頭にパンツかと思ったよw
それならかぶってだな(恥)



127 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/13 01:00
夜中に当時の怖い記憶を引っ張りだして文章にするってのは
結構こわいもんだね…昼間に書き始めれば良かった…。


128 :1 ◆fx2MXCQRk. :03/06/13 04:16
ちょっと体調崩してPC離れてました。

>>96
購買あったよ。
>>100
どうもっす。
100ゲットおめ。
>>107
面白い!
>>115
どこの話もそんなふうに出来てるのかも・・・。


129 :1 ◆fx2MXCQRk. :03/06/13 04:20
>>127
学校の怖い話っすか?(期待



130 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/14 06:48
オレのは創立百年(当時)という学校だったから
7つどころじゃすまなかったな
身近に怪奇がありすぎて、誰も気にとめなかった

131 :(@'ω'@) ◆n.qWqfl1rs :03/06/14 16:36
>>130
最高の学校やね
いくつか紹介して欲しい・・・

132 :(@'ω'@) ◆n.qWqfl1rs :03/06/14 16:41
皆さんはこの話をご存知ですか? 学校の怪談の一つ「13階段」を。
これは、学校のとある階段を数えながら昇っていくと、12段あるはずの階段が一段多い13段になっていて、そこにいたものは恐怖のどん底に突き落とされるという話です。
この13段とは、絞首台の階段の段数といわれていますが、実はこの話、続きがあるのをご存知でしたか?
ある夕暮れの学校の中、一人の少年が恐怖と戦っていた。
その少年は宿題の居残りが終わった後、たまたま噂になっていたこの階段で「13階段」をやってしまったのだ。
そして今まさに恐怖が辺りを包み、まさしく絶体絶命の状態になっていた。
少年の足は震え、汗が頬をつたり、どこからともなく聞こえる呻き声に少年の心は壊れかけていた。

そんな時、ふと少年の脳裏に家族のことが浮かび上がった。
「帰りたい…」
そう思った少年は、あるかどうかもわからない14段目に足を進めた。
こうして少年は助かった。

この話の続き、それは生き残るための方法。
14段目とは、死刑囚の首に巻かれている縄が切れ、床に落ちた時に感じる奇跡の一段。
この時の囚人は生き延びることができた。(ここは実話!)

皆さんもこんな時は、奇跡の一段に賭けてみてはいかがでしょうか?


133 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/16 02:52
1来ないな。ネタ切れ?

134 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/16 04:04
あと9話あるはずなんだが

135 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/16 15:02
1さん最高!どんどん続き書いて!

136 :(@'ω'@) ◆n.qWqfl1rs :03/06/16 18:28
きぼんしてるだけじゃなくてネタ提供もおながいします

137 :1 ◆fx2MXCQRk. :03/06/17 02:54
来てくれてた人ありがとう。(`・ω・´)
実は2話目>>37の説明に間違いがありました。(スマソ

校舎はコ型の3階建てと書いてありましたが実際はコ−
(コの中間に棒がはえてるみたいな)形で4階建て。

中学の時の校舎が3階建てコ型だったので記憶違いしたようです。
話自体には影響は無いと思いますが嘘説明申し訳ないっす。

138 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/17 04:07
5話はまだなのかい?

139 :1 ◆fx2MXCQRk. :03/06/17 06:08
>>135
ありがと。
ちょっとPCに向かえない状態だったので5話をまとめるのに時間が
かかりました。
>>138
ちょいまって。

俺がカキコする話は基本的に実話です。
つまんなかったらごめん。

5話行きます。

140 :1 ◆fx2MXCQRk. :03/06/17 06:09
【5話目】

俺の学校の図書室は2階にあった。
閲覧許可が下りるのは3年生からである。
俺は後に(4年時)図書委員になる位読書は好きだった。
閲覧と貸し出しの申請が出来るのは昼休みと放課後3:30もしくは
(委員の都合によるが)下校時刻の4:00まで、図書委員は当番制
で居残りをする事になる。
ファミコン全盛期であった為、図書委員の中にはサボって逃げて
しまう奴も居た。
余談(だらけ)だが俺は当時同じクラスで好きだった女の子も図書
当番だった為、一度もサボらなかった。

141 :1 ◆fx2MXCQRk. :03/06/17 06:18
まあ・・・・・ふくらめるような話じゃないのでぶっちゃけるがこの図書室
には女の子の幽霊が出るという噂が有った。
内容は
その子は本が好きで図書委員だった。
一人で当番をしていた時に心臓発作を起こして倒れたが、周りに誰も居なか
った為教師が見回りに来た時には手遅れだった。
今でも人気の無い図書室にその子が現れる事があるらしい。
こんな感じだ。

在り来たりな話な上当番は大抵2人居る。
明るい室内で作業するだけだし別段不穏な気配を感じる事もない。
1年生ならともかく当時の俺は4年である。
噂如きに怯えるのはかっこ悪いので気にしないフリをしていた。
委員の仕事は主に本の整頓、貸し出しや返却票の受理である。
暇なら本を読んでれば良いので楽なものだった。


142 :1 ◆fx2MXCQRk. :03/06/17 06:19
或る日下校準備をしていたら雨が降ってきた。
割と強い勢いの雨である。
『今日は図書当番じゃないし偶には早く帰ろうと思ったのに・・・』
困った事に俺は雨具を持ってなかった。
少し待てば小降りになるかもしれない・・・仕方ないので図書室で時間をつぶ
す事にした。
俺が図書室に行くと図書室は締まっている。
「なんでだ・・・?」

ハッ!(゚Д゚;)

すぐにわかった。
「あいつサボりやがった・・・・・」
その日の当番はGという小僧。
サボりの常習犯だ。
言い訳はいつも『ついうっかり』である。
少し腹が立ったが『まあこの雨じゃ俺は帰れないんだし代わりにやってやるか』
と思い直し鍵を取りに職員室に行った。


143 :1 ◆fx2MXCQRk. :03/06/17 06:20
戻ってくると図書室の前に俺が好きな子H美(偶然実際の頭文字)が居た。
俺「あれ?どしたの?」
H美「えと・・・傘忘れちゃって」
俺「図書室で時間つぶすの?」
H美「うん」
俺「じゃあ俺と一緒だ」ウォォォォォォ!(ノTДT)ノ Gアリガトー!!
H美「でも開いてないみたい」
俺「ああ・・・なんかG居ないし鍵取って来たとこ」
H美「またサボり?」
俺「多分ね、だからついでに当番の仕事もやろうかと思って」
H美「じゃあ私もやってくね」
俺「うん・・下校時刻までに雨やむといいけど」

144 :1 ◆fx2MXCQRk. :03/06/17 06:21
日頃の行いが良い所為で幸運をGETした俺は機嫌良く委員の仕事に勤しむ事
にした。
室内には電気がついてるが外がかなり曇っている為なんとなく暗く感じる。
誰も来ない為にシンとした雰囲気だった。
本の整頓なんか大した作業ではない、自分とH美しか居ないので読書をしに
来たようなものである。
俺が床に座り込んで本を読み始めるとH美が傍に来て背中合わせに座った。

俺「ん?」
H美「私もここで読む」
俺「ふーん」

べたべたされるのは初めてではない。
元々仲が良いのでこれくらいの事はしょっちゅうだった。(ガキナノデ

145 :1 ◆fx2MXCQRk. :03/06/17 06:27
俺「雨やんできたみたいだね」
H美「・・・・・」
俺「おーい?」
H美「ねえ」
俺「んん?」
H美「ここの図書室って幽霊出るって話あるでしょ?」
俺「ああ・・・女の子の幽霊か」
H美「こんな日に出るんでしょ?」
俺「ううっ?・・・・怖いこと言うなよ」
H美「前ね・・・」
俺「・・・」ナンカヤナヨカン・・・
H美「見ちゃったかも」
俺「ゆっ・・幽霊を?」(ビビリ
H美「うん・・でもわかんない、見間違いかも」
俺「見間違いっしょ・・・滅多に出るもんじゃないし」(コワー
H美「うん・・・でもお下げの女の子だった」
俺「ふーむ・・・」(レイセイナフリ
H美「扉を開けた音とかしなかったのにいつの間にか居なくなってたの」
俺「音させないで扉開けるの無理だよな・・・」
H美「幽霊かな?」
俺「その子見た事ない子?」
H美「うん」
俺「かわいかった?」(マテ
H美「・・・」(怒
俺「いや・・冗談だけど」
H美「・・・」(怒
俺「本当だったら怖い話だし冗談で空気を変えようかと」(アセリ
H美「雨やんだし帰る」(ヤヤ怒
俺「・・・ほーい」

146 :1 ◆fx2MXCQRk. :03/06/17 06:28
時刻は3:20、貸し出し終了時間まであと10分有ったが校内に人の気配もなく
雨もやんだ為帰る事にした。
H美は帰り支度をしながらもまだプリプリしている。
『何だってんだ・・・そんなに怒る事か?』
そう思ったが口には出さない。
室内をチェックし出口に向かった時俺に異変が起こった。
突然心臓を鷲掴みにされたかのような痛みを感じ俺は倒れた。
人生で初めて味わう激痛だった。
経験した事のない痛みに呼吸すら止められて俺の意識は遠くなった。
『まさか・・・幽霊が?』
そんな考えがちらりと頭に浮かんだが思考はまとまらなかった。
時間にして30秒程度だろう、胸を押さえて耐えてる内に痛みが収まってきた。
立ち上がり、呼吸を整えると異常も無く体調は復活した。


147 :1 ◆fx2MXCQRk. :03/06/17 06:29
H美が愕然としているのがわかる。
何が起きたのかわからなくて激しく動揺している。
無理も無いだろう、俺ですら何が起きたのか理解できなかった。
H美「大丈夫?!」
俺「うん」
H美「保健室行こう!」
俺「いや、もう平気」(ホケンシツシマッテルシ
H美「ごめんね」
俺「?」(マジデナニガ?
H美「本当に大丈夫?」
俺「うん、驚かせてごめん」
H美「・・・心臓が・・?」
俺「かなぁ・・・?わかんないけど死ぬかと思った」
H美「私、家まで送る」

H美の家は俺の家とは逆方向な上に遠い。

俺「いや、本当に大丈夫だからさ」
H美「でも・・・」
(↑本当に泣きそうだった。俺はハゲシクモエタガ
俺「んじゃ帰ろう」
H美「・・・うん」


148 :1 ◆fx2MXCQRk. :03/06/17 06:30
話としてはここまでっすね。
ちと内容があれかなぁ・・・・・と思ったけど全て事実です。
でも心臓痛くなる症状ってなんかあったよね?
偶然それになったんだと思うけど、後日H美が(悪気は無いと思うが)
女友達に俺に起きた事を話した為、図書室の少女の話は現実味を帯び
て学校中に広まりました。
全部偶然なんだろうけどタイミングとしては良過ぎたと言うか・・・。
取り合えずあの痛みは2度と味わいたくないっす。
まあ偶然だろう・・と言いながらも俺はこの話は結構本当なのかなぁって
思ってます。(ドッチダヨ

149 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/17 09:12
1966年6月、ヘビ取りの名人、山室林蔵さんは、埼玉県大里村の山中で、つののあるヘビを見つけた。
長さ4メートルもあり、頭には10センチもあるつのが2本つきでている、おそろしいものだった。
山室さんは気ぜつしてしまった。


150 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/17 10:13
>>1さんの書いた話を漫画化きぼん。

151 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/17 11:07
うちの地元の小学校も七不思議どころかかなりあった気がする。
場所は、全階のトイレ・体育館・音楽室・図工室・保健室・給食室・配膳室・理科室・渡り廊下などなど。

しかも全階トイレに花子さんて。何人いるんだよって話だな。それともいちいち移動してるんだろうか。

152 : :03/06/17 12:14
めっちゃ怖え〜〜〜!>図書室の怪談


153 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/17 12:23
校庭の端に戦没者慰霊碑があった
夜中。二宮金次郎の像と、初代校長の像がガチンコ勝負してたのは有名
でも校長の像は胸像だったのでほとんどテケテケさん
むしろ授業中、学校で飼っている孔雀がくけーくけーーー!!と叫びながら
交尾していたのがおそろしかった

154 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/17 15:15
1とHの長ったらしい会話は(゚听)イラネ

155 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/17 15:53
>>149
スレ違い。

>>154
わざと入れてるんだろ?話全体を見た感じ漏れは必要と思う。


156 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/17 16:18
>>154
お前の書きこみの方が(゚听)イラネ


157 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/17 20:36
1さんの話をゲーム化したい

158 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/18 06:04
6話まだー?

159 :シュシュ ◆bq5FcwRxfc :03/06/18 06:07
校則!!
第一条:登下校時や校外学習などは原則として制服を着用する。また全裸で登校する場合は時前に連絡をする。
第二条:頭髪は生徒らしく清潔(もしくは不潔)にする。
第三条:屋上の利用は基本的に認めないが「どうしても」と言うなら認める。
第四条:刃物やウォークマン、学校に関係のないバター等は持参しない。
第五条:授業中はマウスピースをはずす。
第六条:えりあしはなるべくオシャレにする。
第七条:遅刻3回は遅刻2回とみなす。
第八条:校内暴力も遅刻2回とみなす。
第九条:基本的に、ガッツポーズは禁止する。
第十条:ハムは学校指定のハムのみとする。
第十一条:もち肌は停学とする。
第十二条:おちょぼ口は退学とする。
第十三条:校長先生に石を投げない。
第十四条:消しゴムを食べない。
第十五条:草を食べない。
第十六条:セミを食べない。
第十七条:許可なく豆を煮ない。
第十八条:線から出ない。
第十九条:なるべく奇声を発しない。
第二十条:体育教師に難しい事(漢字の読み書き等)を聞かない。
第二十一条:ハゲは控え目に行動する。
第二十二条:家庭の事情以外の理由でのダムの建設は認めない。
第二十三条:やむを得ず脱皮する場合は、授業の妨げにならないようにする。
第二十四条:平熱は36度とする。
第二十五条:いい匂いはミントのみとする。
第二十六条:必要以上のゼリーを持って来ない。
第ニ十七条:隋に派遣されない。
第ニ十八条:教頭は原則として人類以外は認めない。
第ニ十九条:変な汁を出さない。
第三十条:先生が指定した相手以外の奉仕活動は控える。

160 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/18 06:26
>>159
面白いけど他にスレ立ててやってくれないか?


161 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/18 21:27
>>148
その子とはその後どうなったの(ワクワク)

162 :1 ◆fx2MXCQRk. :03/06/19 03:40
タダイマε=(ノ`・ω・´)ノ

163 :1 ◆fx2MXCQRk. :03/06/19 04:26
>>154
確かに長ったらしいし結構ウザイね。
俺も書いてて少し恥ずかしいので省こうかと思いましたが・・・どれくらい
省けば良いかわからんかったので全部載せました。(マテ
>>155
代理仕切り、意見カキコありがとう。
>>156
意見としては当然出るだろうと思ってたので・・・154さんの意見はそう感じた人
の総意としてあながち要らない発言ではないと思います。


164 :1 ◆fx2MXCQRk. :03/06/19 04:27
>>161
俺はその子と6年間同じクラスだったし最後まで仲良かったよ。
普通は皆同じ中学行くもんで中学に行っても変わらない付き合いが出来るも
んだと思ってたんだけどね・・・。(もしくは一歩進んだ付き合い<願望

卒業後俺の方が引越して別の中学に入学したのでそれっきりっす。
卒業式終わってから対峙した時も何言って良いかわからないまま間が持たなくなって
「バイバイ」で終わらせて走り去ってしまいました。<俺が
自分に向かって『このヘタレが!!』って怒鳴りつけたい気分でした。
かなり後悔しましたね。
その後8年ほど会いませんでしたがファーストフードの店でバイトしてる時
客として来店してきたのでびっくりしました。
一度目の来店時はスキンヘッドでした。<H美
はっきり言ってイメージ壊れました(マテ
『ぐおぉぉおぉぉ!!俺の思い出があぁぁー!』みたいな感じでしたね。
2度目の来店時は髪生えてました。
でもなんかケバケバしい化粧と派手な服来てて昔の面影は余り無かったです。

H美と同じ学校行った友達の話では親の離婚や何やらで中学高校かなり荒れた
感じの生活になってたらしいです。(高校は中退
2度目に来店した時は高校の卒業資格を取るとかでどこか通ってた様ですが・・。
因みに俺のバイト先に客として来たのは俺が居たからでなく、その店でバイトしてる
女の子が同じ学校に通ってる生徒だったからです。<1度目はその子休みの日だったの
で知りませんでしたが

165 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/19 04:44
PTA会長の息子は何もやっても許された。
暴行は喧嘩両成敗。
喫煙は他の生徒が見つかった時に厳重注意。
卒業したとたん許されなくなったが。


166 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/19 05:22
あまりに面白いので一気読みしてしまいました。早く続きが読みたいなー。ワクワク

167 :トカゲ ◆gUUUjsehOY :03/06/19 06:02
良スレ

俺の学校ではベタな怪談しかなかったからなぁ(花子とか)ウラヤマスィ

168 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/20 03:46
定期age。

このスレって住人少ないのかな〜。
おれは結構好きなんだけど。

169 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/20 04:14
>>1
人は変わっていくものです。特に思春期は周りの影響を強く受けますから。
でもあなたの思い出の中の彼女は決して色褪せることはないですよ。






と言ってみる。

170 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/20 05:59
なんか・・・・昔のオカ板ってこんな雰囲気だったような・・・。

と言っても私はここの住人になってまだやっと1年なので良くわからないけど。


171 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/20 16:43
漏れもそう思うYO

172 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/20 16:44
↑スマソ 誤爆

173 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/20 18:00
>>80
ネズミ人間といえば宮崎勤だろ
>>149
ワロタ

174 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/20 18:05
>>172
170への同意かと(ry

175 :メージロウ ◆n3VYsMSBOQ :03/06/20 18:17
七不思議はないが一時的にとある話が栄えた

とある歩道橋の付近に二宮金二郎の像がある
その像は骨の周りに石膏を塗りできたという
叩いたり蹴ったりしたあと像の口元に耳を近付けると「殺してやる」と聞こえてくるという話
あと口裂け女は昔有名な美女だったという話も少し

176 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/20 18:22
>>175
金次郎は学校になじみが深いからまだ良いとして
口裂けは都市伝説だからスレ違いだろ?

177 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/21 01:32
ねー1さんまだー?

178 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/21 01:43
>>164
青春だなぁ。親の離婚で荒れたんだね、可哀相に・・・・・

179 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/21 01:48
H美

180 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/21 08:52
まだ新しい話書きこまれて無いね。
七不思議とか学校の怪談って短いものが多いから話提供したくても難しいものが有るね。

181 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/21 13:11
中学と高校の七不思議。

中学
・司書室(図書室の隣にある部屋)には日本刀が隠してあるらしい
・司書室でAVを見て、先生にひどく叱られた奴がいたらしい
・テニス部顧問の国語教師は、女子テニス部
 (ユニフォームはスカート)の練習中、常にしゃがんでいる
・その国語教師、元教え子のバスガイドと結婚した
・いっこ上の先輩とセクースした女子生徒、なぜか先生に説教食らった
・卒業式に「教育勅語復活」をうったえる基地外ジジイが来た
・実は校長も基地外

高校
・過去に飛び下り自殺があったため、屋上が封鎖されている
 (屋上でセクースしたカップルがいたため、との噂も)
・トイレが半端なく臭い。これは霊障としか考えられない
・社会科教師がヤクザ
・物理教師がアカ
・物理準備室の暗室には、来るべき革命の日に備えて
 真っ赤な旗がしまわれている
・制服がない
・卒業式にコスプレしてくる奴がいる
 数年前、メイドさんの格好をしてきた男がいた
 (ちなみに俺は軍服)

182 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/21 15:49
>>181
余りに俺の住んでいた所と違くて想像が難しいんだが、おもしろそうな所だね

183 : :03/06/21 23:42
あげ

184 :(@'ω'@) ◆n.qWqfl1rs :03/06/22 01:02
>>181
漫画に出てくるような学校だ。。
学力レベルはどんくらいなんだろね

185 :トカゲ ◆gUUUjsehOY :03/06/22 01:12
制服無い学校はレベル高めじゃない?いや、多分だけど。

186 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/22 02:44
>>185
結構高いか・・・・・かなり低いかどっちかだね。

187 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/22 03:42
age

188 :_:03/06/22 03:43
http://homepage.mac.com/hiroyuki44/

189 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/22 03:49
チャリ通してたら鳩が頭に一瞬乗った。
学校に着いて、教室より先に向かったのが保健室。
血が出るくらい頭を洗った。


190 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/22 09:54
うちの行ってた中学校「天井に張り付く体操着姿の少女」…ってのがあった。

191 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/22 18:49
>>190
萌え

192 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/22 19:10
6話はまだかの〜

193 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/23 00:57
6話待ちage

194 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/23 02:11
>>184 >>185 >>186
学力レベルはかなり高かったです。
制服どころか校則もないくらいで、かなり自由な学校でしたからね。
ま、その分DQNも多かったんですが…
と書いていて思い出しました。七不思議にもう1つ追加です。

・入るには平均以上の学力が必要だが、
 卒業する頃には平均以下の学力になっている

195 : :03/06/24 01:51
あげ

196 :1 ◆fx2MXCQRk. :03/06/24 03:43
長らく留守にしてました。(´・ω・`)
6話待ちの方遅くなって申し訳ないっす。
随分前の話なので少し記憶違いしてるとことか話を混同してるとこが有って
ちょっと書くのに苦労してます。
結局大した話でもないと思いますがもう少しお待ち下さい。


197 :1 ◆fx2MXCQRk. :03/06/24 03:50
>>165
誰がPTA会長の子か卒業するまで(してからも)知りませんでした。
>>166
有り難うございます。
短くしようとすれば凄く短くなるのですが・・・はっきり言って『1のくせに
そんな短文でいいのかよ!』と突っ込まれそうな程短くなりそうなので敢えて
長文にしてます。
>>167
花子さんすっか・・・・・確か俺の学校は名前無かったような・・・。
ってか俺が小、中学生じゃなくなってから花子さんの噂聞くようになったっす。
>>168
保守有り難うです。
見てくれる人の為だけにがんばります。


198 :1 ◆fx2MXCQRk. :03/06/24 04:01
>>169
そうっすね・・・・・周りに誰も居なかったのかな・・・・と思ったり。
>>170
俺も最近の(ここ半年)オカ板住人なので良くわからないけど・・・。
昔は雑談より怖い話がメインで板が立ってたって聞いた。(ここは怖くないけど
>>173
あの不気味な絵っすね。
>>174
俺も
>>175
金次郎って本拠地以外では良く動いたり喋ったりしますね。
口裂け女が美人だったってのは結構良く聞きます。


199 :1 ◆fx2MXCQRk. :03/06/24 04:08
>>177
来ました。
>>178
もしも・・・・って言っても傍に居て何も出来なかったらそれはそれで辛い。
結局もう昔の話なんだよね。
>>180
やっぱりか!
むずいよね。
俺だって四苦八苦だし。(マテ
>>181
なんか七不思議と違うの混じってるし・・・・。(笑
>>183
サンクス
>>189
んん?何故・・・・乗りたかったんだろうか?
>>190>>191
結構不気味なのに萌えてる人居るし・・・。




200 :1 ◆fx2MXCQRk. :03/06/24 04:14
>>192>>193
もうちょい待ってね。(スマソ
>>184 >>185 >>186>>194
俺の知ってる学校で私服のとこは学力低い方です。
やっぱ私服なのは高いとこか低いとこなんですね。
>>195
ありがと。


201 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/24 10:45
あげ

202 :トカゲ ◆gUUUjsehOY :03/06/25 00:05
そんな朝っぱらから・・・乙カレー



203 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/25 04:01
age

204 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/26 03:52
まだかー

205 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/27 03:43
age

206 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/27 12:48
二宮金次郎がうろつくらしい

207 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/28 08:13



208 :パンダ:03/06/28 10:42
うちの小学校の七不思議は、
1.夜中学校に行くと時計が逆周りしている
2.2-4組の教室の窓ガラスは風もないのにガタガタと音を立てて揺れる
3.3番目のトイレには絶対花子さんみたいのがいる(マジ
4.理科室の地下室から泣き声がする。(胎児のホルマリンづけがあるラシイ
5.授業中窓の外を見ていると女が降ってきて睨まれる
6.夜中、体育館に行くとボールが跳ねる音がする。(実ハナマクビラシイ
7.魔の4コース。運動会の時に4番目のコースを走ると怪我をする(アタシモ

7不思議を全部知った後で体育館のトイレに行くと有るはずのない鏡に
吸い込まれるんだってサ 。

209 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/29 03:14
>>208
ナカナカ(・∀・)イイ!

210 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/29 03:15
>>208
長文に出来るほどの実体験が有ればなお良かったのう・・・。

211 :黒ベーコン団 ◆KUROUPFSZw :03/06/29 04:06
すんげー良スレ!全部読んでしまった、ついでにage

自分も1つ(消防の頃その手の本を読んでたので、かすかに覚えてるのをカキコ

・午後4時44分44秒にトイレの四番目に行くと紫ババァが出てきて何処かの次元に吸い込まれる
・午前12時にトイレの鏡の前に立つと突然ドアが開いて鏡の中のトイレの世界に吸い込まれて二度と出れなくなる
・トイレの三番目で三回ノックすると花子さんが(ry
・夜中、校庭で乳母車を引いてるお婆さんと目が合うと乳母車の中にある包丁で殺される
・更衣室に一人で居ると壁から手が出てきて何処かの世界に引きずり込まれる
・図書室に現れる古い本を借りると本の世界に閉じ込められる(殺されるだったかも知れない)
・夜中、突然校長の部屋から電話が鳴り、取ると一代目の校長が斧を持って現れ電話を取った人を殺す

212 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/29 04:54
>>211
殺されるか異空間に連れて行かれるかのどちらかしか無いんだね(^^;

213 :黒ベーコン団 ◆KUROUPFSZw :03/06/29 05:57
>>212
そうだよ(w
強烈に印象に残ってたんだと思う

しかし、本当に下らないものしか覚えてねぇー

214 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/29 07:00
 |  | ∩
 |_|(エ)`)
 |文|⊂)
 | ̄|∪
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

215 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/29 07:00
 |  |
 |_|彡 サッ
 |文|
 | ̄|
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

216 :1 ◆fx2MXCQRk. :03/06/29 08:17
うーむ。
次の話書きこまなきゃいけないんだが・・・・。

ネタを創る才能が無いので有った事をダラダラ書かなきゃいけないのが
辛いとこっす。
誰か凄い話持ってる人降臨してくれないかな・・。

217 :1 ◆fx2MXCQRk. :03/06/29 08:19
【6、7話目】
前に書いたかもしれないが俺の学校には宿直というものはなかった。
しかし学校が長期休暇に入ると前学期の資料整理の為に2〜3日泊り
込む教師が居た。
ほとんどの教師は学期末に整理を終えている。
休み中まで雪崩れ込むのはサボった教師で有り、割といい加減な性格
の教師である事が多い。
今回の話は学校に泊り込んだ数少ない教師I教諭の話である。
I教諭は所謂『お調子者』タイプの先生だった。
ヤクザのような口を利くし下ネタも激しかったが正直で人に嘘を付か
ない為、生徒には人気が有った。

夏休みになった或る日の事だ。
俺は低学年の男子を3人引き連れて学校に遊びに来た。
休みの日まで学校で遊ばなくても良いだが近場で広い場所と言うと
やはり学校の運動場という事になる。
校庭に誰の物かわからないサッカーボールが転がっていたので、そ
れを使ってサッカーをした。
すぐに飽きた。
と言うより疲れたのだ。
4人でサッカーをするには運動場は広過ぎるしなにしろ暑い。
喉もカラカラだしこのまま外で遊んでいると干からびてアスファルト
の上の蛙みたいになってしまう。
ちょっと日陰で休憩して他の遊びを考える事にした。

218 :1 ◆fx2MXCQRk. :03/06/29 08:20
俺「さて・・何して遊ぶかだが」
J「鬼ごっことかは嫌だ」
K「サッカーでいいよ」
L「もう帰るとか」

何が嫌かは聞いてないしサッカーは嫌だった・・・・折角来たのにすぐ
帰るのも無意味だし損した気分である。
まとまりの無い意見を一通り聞いた後俺は言った。

俺「もしかして校舎入れるんじゃないか?」
L「あっ・・I先生が居るはず!」

I教諭はJとLの担任である。

俺「じゃあ・・・ちょっとI先生と話でもするか?」

俺が言うと3人は既に校舎に向かっている。(オイテキボリカヨ!!

219 :1 ◆fx2MXCQRk. :03/06/29 08:22
正面玄関が開いているのだが人の気配は無い。
宿直室に続く廊下に向かって大声で「I先生おはようございます!」
と挨拶すると、「おぉー!」と返事がする。
廊下を小走りにI先生が姿をあらわした。

I教諭「おお!よく来たなー」
俺「おはよーございます。先生が居るって聞いたのでちょっと顔を見
に来ました。」
L「先生今仕事中?」
I教諭「今ちょっと一区切りつけたとこだから話でもしてけよ!」

元々気さくな先生だがやけに嬉しそうである。
まだ長期休暇に入って二日目なので昨昨日まで顔を合わせて居た人間を
懐かしむと言う事もないだろう。
『休みに入ってハイになってんのかな?』
などと俺が考えている内にI教諭は大股で宿直室の方に先導している。

220 :1 ◆fx2MXCQRk. :03/06/29 08:23
この宿直室は場所としては購買の横辺りになるのだが生徒が入れる事は
あまり無い。
ここと教員用便所は教師が使う場所で生徒用の物など一切無い為、校
長室より完璧な教師の聖域である。(イイスギ
宿直室は滅多に使われない為、夜具等は休みの前の日にI教諭が中庭
に干していたらしい。
部屋の中自体は使わない間も定期的に掃除したり休憩するのに使う教
師が居る為(主にI教諭)割と綺麗だった。

俺は部屋の中に漫画本が数冊置いてあるのを見つけた。

俺「おお?漫画はっけ〜ん」
K「Hなやつとか!?」(ォィ
I教諭「アホ者、学校にそんなの持ちこめるわけ無いだろ」

漫画本はDr.○ランプと楳図かず○の漂流教室だった。

俺「うっ・・・Dr.○ランプはともかく楳図かず○は嫌だな・・」
K「楳図かず○って誰?」
俺「怖い漫画描く人だと思ったな」
J「先生一人なのによく怖い漫画なんか読めるね」
I教諭「いや・・その漫画は怖くないぞ」
(パラパラ読みしてみたがなんか怖い)
俺「・・別に怖いって程じゃないけど絵が不気味だなー」(ホントハコワイ
I教諭「・・・・そんなのが怖かったりしたらこの学校通えないだろ」

221 :1 ◆fx2MXCQRk. :03/06/29 08:23
俺、他『!?』
俺「・・・・・どゆこと?」
I教諭「この学校の方がそんな漫画より・・」
L「怖い話は無しにしよう」(オビエ
J「僕も聞きたくない」
K(漫画閲覧中)

説明を忘れていたが俺以外の3人は物凄く臆病で怖がりである。(ツッコミムヨウ

I教諭「んじゃ・・・ご希望に応えて13の秘密の一つを教えてやる。
K、その漫画は後で貸してやるから一緒に話聞け」

I教諭は基本的に人を怖がらせるのが好きな性質である。
『こっちが少しでも怯えた態度を見せるとますます調子に乗ってしまう
に違いない』
そう考えた俺は
「まあ・・・俺を怖がらす程の13の秘密って今まで出てないけどね」
とフカシてみた。
I教諭は『ほほう・・・』という目つきでしばらく俺の顔を眺めていたが
目が合った瞬間ニヤリと笑って言った。

I教諭「へぇ・・・でもこの話は俺が学校に泊まって体験した事だぞ」
俺「えっ・・マジで・・・?」フカスンジャナカッタ・・・

222 :1 ◆fx2MXCQRk. :03/06/29 08:25
俺はこの時I教諭の性質を良く理解してるのにも関わらず宿直室までノコ
ノコ付いて来てしまった事を深く後悔した。
最初俺達を見た時のI教諭は明らかに嬉しそうだった。
休み明けのネタにしてやろうと思っていた話がこんなに直ぐ披露できると
は・・・・I教諭はそう思ったに違いない。
言わば飛んで火に入る夏の虫である。
俺が諦めと共に胡座をかき、他3人が固まって体育座りになるとI教諭の話
が始まった。


223 :1 ◆fx2MXCQRk. :03/06/29 08:26
I教諭「昨昨日の夜2:00頃な・・・腹が減ったからカップラーメン作ろうと
思って給湯室に行ったんだよ」
J「給湯室って?」
俺「お茶とか入れるのにお湯沸かすとこだよ」
J「何処にあるの?」
俺「職員室入って左の部屋」
I教諭「・・・もういいか?その給湯室にお湯を沸かしに行ったんだけどな」
K「そこに何か居た!?」
I教諭「いや・・・給湯室は問題無い」
俺「・・・・・この部屋も問題無いよね?」(ネンノタメ
I教諭「ないって」
L「じゃあなんだろ・・・」
I教諭「まあ真夜中だし暗かったんだけどな・・廊下とか俺が移動する為に電気
点ける訳にいかないだろ?給湯室までは懐中電灯で行くんだよ」
俺「2:00でしょ?点けたって誰にもばれないじゃん」
I教諭「まあそう言うな。先生は偉いから誰も見てなくても節約とかを大事にす
るんだ」
その言葉に何故か素直に感心する4人。
I教諭「それでな・・ラーメンにお湯入れて部屋に帰る途中で変なもの見たんだよ」
L「なに?!」
I教諭「変なものじゃないな・・・・変な事かな?」
俺「なんだろ・・・点けてない筈なのに帰りの電気がついてたとか?」(テキトー
I教諭「近い!」
俺「うぇ?!いや・・どゆこと?」
I教諭「職員室の廊下出て左の方が明るいんだよ!わかるか?理科準備室とか有る
方の廊下!!」

224 :1 ◆fx2MXCQRk. :03/06/29 08:28
I教諭の言う廊下は北校舎一階の運動場に面した廊下であり、宿直室は北と南の中
間(やや南より)に有る為、宿直室から漏れた明かりを見間違えた可能性は無いと
言う。

俺「電気点いてたの?」
I教諭「やけに明るいと思ってそっちに行こうと思ったらもう暗くなってた」
俺「見間違いとか・・・」
I教諭「絶対違う」

なんだか全然大した事じゃないのだが誰も居ない校舎に深夜に限って明かりが点いたり
消えたりする事があるって話は一応13の秘密に入っていた。

俺「なーんだ・・その話知ってるもんな・・・」コワクネージャン
L「ビクビクして損しちゃったよ」
J「何もされなかったんでしょ?」(ダレニダヨ!
I教諭「お前らは今明るいとこで人から聞いてるだけだから怖くねーんだぞ?」(ギャクギレ
俺「そーかもしれないけど・・・知らない話が聞けるかと思ったのに」(ホッ
I教諭「でも理科準備室の前だぜ」
俺「・・・・」
J「理科準備室って地下室に生きてる人体標本が棲んでるんでしょ?」
K「4時ババアが棲んでるんだよ」
L「四次元ババアでしょ?」
俺「あれ?消えた用務員じゃねーの?」
L「電気は二宮金次郎が点けてるって話じゃなかったかな」
俺「足しかねーじゃん」
J「跳ねて押せばいい」

225 :1 ◆fx2MXCQRk. :03/06/29 08:29
意見はいつもバラバラである。
話が不発な上に収拾がつかなくなってきた為I教諭は無理やり締めくくった。

I教諭「準備室何が棲んでるか知らないけどそいつが夜中に学校の電気点けたり色々
動き回ってるのかもな・・・」
俺「・・・」←想像したらちょっと怖かった


226 :1 ◆fx2MXCQRk. :03/06/29 08:31
K「あんまり怖くなくて良かった〜」
L「先生今日も泊まるの?」
I教諭「いや、不気味だし夕方までに終わりそうだから泊まらなくて済むだろ」
俺「まあ明かりが点くぐらいなら大した害は無いよね」
I教諭「・・・・理科準備室の方はまあどうでも良いんだよ」
俺「えっ・・・」(ナニコノヒト
L「うそだぁ・・・」(ナニコノヒト・・・
J「先生、わざわざ怖い話考えてない?」(ナニコノヒト
K「さっきのもちょっと怖かったよ」(オセジ
I教諭「いやマジで違うんだって・・お前ら前、夜中に学校のチャイム鳴るって言ってな
かったか?」

言ったのは俺である。
夜中の1:00〜3:00頃学校からチャイムの音が聞こえる事がある。
冬休みに家の近くに住む友人と天体観測の宿題をやっていた時偶然聴いたのだが、放送室
の責任者であるN教諭に尋ねると『絶対にありえない』と断言した。

俺「それが・・・・何?」
I教諭「昨日も鳴っただろ」
俺、L「寝てました」(ケイゴ

なんだかI教諭が真に迫った口調で話すので怖くなってきた。

227 :1 ◆fx2MXCQRk. :03/06/29 08:32
I教諭「キーンコーンカーンコーン・・・ってチャイムが終わった後な・・・」
L「怖い!学校来れなくなる」(ハゲドウ
I教諭「ピンポーンって放送の合図が鳴ったんだよ」
K「そっ・・それで・・・」
I教諭「しばらく何も起こらないから機械の故障かと思ったんだけどな」
俺、他「・・・・・」
I教諭「なにかボソボソ言ってるみたいなんだよ」
俺「何かって・・・・何を?」
I教諭「そんでボソボソと男の声で2分くらい喋ってたんだけどな」
J「なんて言ってた?」
I教諭「最後にプツって音がして放送が終わった」
俺「喋ってた内容は?」
I教諭「ぜーんぜん聞こえなかった」
俺「なんだ・・・・・でも怖いね」(コエー
K「幽霊かな?」
I教諭「かもな」
L「もう夜泊まることなんか出来ないね」
I教諭「そだな・・・・ところで」
俺「なんすか?」
I教諭「放送室って放送の内容が一時的に自動録音されるんじゃなかった?」
俺「!?」

228 :1 ◆fx2MXCQRk. :03/06/29 08:33
確かに放送ボタンを押すと内容を自動的に録音する仕組みだった筈だ。(ナンデカシランケド

I教諭「皆で聞いてみるか?」
俺「・・・」

恐らくI教諭も怖いのではないかと思われた。
だが俺はもっと怖がりなのだ。
もしなんか凄いものが録音されてたらどうする?
夜中にトイレに行けなくなってしまうし学校にも2度と来れないかもしれない
ではないか。
そう思った俺は男らしく断ることにした。

俺「えーと・・」
J「俺はやだ」
L「怖いからやめとく」
K「俺も・・」

下級生にアノヒトスゲーヨと言われる為には多少の無理もしなければならない。
俺は3人に言った。

俺「なんだ・・・お前ら男の癖に怖いのか?」(オレモコワイヨ・・・
I教諭「お?じゃあ一緒に行ってみるか」
俺「当然っすよ 面白そうじゃないですか」(TーT)ウソサ・・・
I教諭「んじゃ行くか」

229 :1 ◆fx2MXCQRk. :03/06/29 08:35
どうしても格好つけたくなってしまう自分を恨みつつ放送室に向かう。
I教諭と放送室に入ると録音のテープは直ぐに見つかった。
テープはデッキに入ったままだ。
既に巻き戻っているので(自動?)再生してみた。

俺「・・・」
I教諭「・・・」

暫く待ったが何も入っていない。
音量は最大である。

俺「何も入ってないみたいっすね」
I教諭「うーん・・・」
テープ「ぇあ!・・・」

音量最大でいきなり音がした為、俺は心臓が止まるほどびびった。
だが入っている音はそれだけだった。

俺「今のは・・・?」
I教諭「消し忘れかなんかじゃないか?」

結局幽霊?の声らしきものは無かった。(ホッ

230 :1 ◆fx2MXCQRk. :03/06/29 08:36
I教諭が仕事に戻るらしいので俺は3人を引き連れて校庭に戻った。

俺「深夜の放送室の謎か・・・これも13の秘密かな」
L「なんか録音されてた?」
俺「おお・・凄かったぞ」(ナニガ
J「なにが!?」
俺「いや・・・なんか殺される人のうめき声みたいな・・・」(ナンテネ
K「マジで!?」
俺「今まで俺が嘘をついたことがあったか?」(イツモデス
他3「すげー!おっかねー!!」
俺(アレ・・・ツッコンデホシカッタンダケド)
俺「お前らこの話はあまりするなよ・・・呪われるかもしれないぞ」(ナンデヤネン
他3「わかった」

休み明けに広がった真夜中の放送室の噂話
『夜中に放送室でチャイムが鳴る。放送合図のチャイムが鳴った後殺された男
性教諭の恨みの声が放送室のテープに録音され、それを聴くと呪われる』

全然わかってねーよあいつら(イロンナイミデ)・・・・・と言うのが俺の感想だった。

231 :1 ◆fx2MXCQRk. :03/06/29 08:46
またまた怖くないっす。
因みに下級生3人は3つ下でした。
JはわがままKは生意気Lは孝行息子っす。(何

I教諭は13の秘密の内幾つかを作ったとの噂が有り、ちょっとネタくさい
気がしないでもないですが、ネタだから偽の怪談と言うわけでもないので
全ての話は当時聞いたままにカキコします。

232 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/30 04:04
このスレの書きこみって1が一番多いね。

233 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/07/02 04:13
1さん面白いっす。
8話目?も楽しみにしてます。

これだけでは淋しいので、ウチの小学校にあった7不思議。

1.校歌の2番を歌うと呪われる
(卒業式でも2番は歌わない。歌詞は分かるんだけど私も歌った試しがない)
2.4階の廊下を4時44分に全力疾走すると4次元に飛ばされる
3.2階のトイレの奥から2番目に花子さんがいる
4.聖母子像の子供のケツを触ると母親に呪われる
5.保健室前の花壇にハーモニカを吹くアメリカ兵の幽霊が出る
6.そのアメリカ兵の骨が新館校舎を建てる際に現在の保健室の下から出てきた
7.小学校の隣りの隣りには寺がある。昔、小学校の敷地はその寺の墓場だった。

ちなみに、アメリカ兵の骨は隣の隣りの寺に安置されているようです。

234 :あなたの後ろに名無しさんが・・・:03/07/02 21:17
小房の頃、七不思議は聞かなかったけどモンモンちゃん(オバケ?)が出るって噂はあったな

235 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/07/03 05:25
L字型の建物は霊がたまりやすいらしい
あと入り口が建物にめり込んでいる形もあぶないそうだ
南東の正門は鬼門になるのでやめた方がいい
小規模の塾の先生から聞いた話
うちの正門以外は学校当てはまってるんだよな
ちなみに七不思議と言っても5つくらいしか知らないけど
体育館の裏の空き地に白いおかっぱの女の子が出る
体育教官室にはお札が張ってあり(確認済み)昔そこで自殺があったそうな
音楽準備室で紫がかった女性の霊が出る
裏の林の中にある古トイレで昔自殺があった(これが一番有名かな?)
うちの学校は建てる前に人柱があったらしい
こんなとこです

236 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/07/03 15:22
>233
>聖母子像の子供のケツを触ると母親に呪われる
マリア様がみてるんですね。…いや、なんでもないです…

>235
鬼門って北東じゃなかったっけ? 丑寅の方角。

237 :[ここ壊れてます](1):[ここ壊れてます]
[ここ壊れてます]
90 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)