5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

オーディオ漫画

1 :音川音一:04/01/18 21:31 ID:wq4mdvag
音川 音一はオーディオ好きの中学二年生。
音一は、母子家庭で貧乏だが、元電気技術士の親父の形見である20年前のコンポを今も愛用している。

ある日、学校帰りに、赤信号で渡りきれなかった老人を助ける。
老人は、日本を代表するオーディオ評論家の子家脅 龍之介。
子家脅は音一をお礼に自宅に招待する。
子家脅は少年がオーディオに興味を持っていることを知ると、にやりと笑い、地下のオーディオルームに連れて行く。
「音一くん。ここにはめったに人を通さないんだ。下世話な話だが、1億円以上をつぎ込んでいるよ・・・」
音一は、雑誌でしか目にしたことのない憧れていた機材に目を奪われ感激する。
「どれ。音一くん。早速聞いてみるかね?」
子家脅は、少年向けに、JPOPで人気のアーティストのCDをセットする。
「うっひょー。わくわくするなー」
音一は、今か今かとドキドキしながら待っていたが、
でてきた音を聞くと徐々に表情が曇っていく。
「何か違う。子家脅のじっちゃん、なにかがちがうよ。」
子家脅は、少年に自分の音を否定され激怒するが、音一は続ける。
「低音が濁ってる。それに左右のバランスも狂ってる。・・・じっちゃん、ダンボールある?」
音一は、ダンボールをカッターで切り、部屋の何箇所かに置く。
子家脅は、部屋のあちこちにダンボールを置かれ不愉快そうだが音一はマイペースだ。
「よし。これでよし。じっちゃん音出してみてよ。」
子家脅は、渋々CDのリモコンを押す。

その瞬間、風のようなものが子家脅を包み込んだ。
「・・・!」
位相、周波数・・・そんな物理的な言葉がまるで意味を成さない、一つの完成した世界の中心に子家脅は立っていた。
まるで音の粒子に手で触れられそうな錯覚を覚え、子家脅は思わず手をかざした。
それは、子家脅しが始めて体験する世界だった・・・

ようやく一曲目が終わると、子家脅は失禁していた。
「こ・・小僧!」
「俺の名前は、音川音一。じっちゃんよかったら俺のコンポ聞きにこない?」


2 :YAGU ◆YaGu.www2A :04/01/18 21:32 ID:+7Kb9bQB

∋oノハヽo∈
   (〜^◇^)つ <2げっと!
   ノ⊃  (⌒)   
  (_ノ^~      



3 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/01/18 21:53 ID:cMMuTLu3
サウンドレコパルとかFMレコパルにはマンガ載ってたな

4 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/01/18 22:14 ID:iRB19TlX
>2 zureteruyo! warota

5 :YAGU ◆YaGu.www2A :04/01/18 22:15 ID:+7Kb9bQB
honmaya!(w

6 :ミスター音っ子:04/01/18 23:42 ID:kQa9wBAw
音吉陽一、小学生ながら小さなオーディオショップを一人できりもりするオーディオ少年だ。
その店に、一人の従者を連れた、初老の男が立ち寄った。

従者「音皇様〜。こんなチンケなオーディオショップでロクな音は聴けませんよ〜。帰りましょうよ〜。」
音皇「まぁ。そう言うな。オーディオは実際に音を聴いてみなくては分からないではないか。」
従者「もう音皇様も物好きなんだから・・・。こんな小汚い店にはジャンクぐらいしか無いでしょ〜。」

小さな少年が二人の前にひょいと立ちはだかる。
陽一「やい。てめえ。うちの店をチンケな店だと言いやがったな!」
従者「そりゃそうでしょ。こんなミニコンポに毛が生えたようなコンポしか置いてない店、音を聴かなくてもレベルが分かるってもんよ。」
陽一「なんだと!うちはそこらのオーディオショップとは違うんだ!うちの音を聴けばお前ら二人とも腰を抜かすぜ!」
その時、初老の男の顔つきが急に険しくなった。
音皇「本当だろうな?」
陽一「む・・。ほ、本当だ!!」
音皇「よかろう。そこまで言うのなら、この店で一番の音を聴かせてみろ。しかし・・・もし私達がその音に満足できなければ、どうする・・?」
少年は暫くの沈黙の後。ぽつりと言った。
陽一「・・・・。好きなコンポを持っていけ!この店で一番高いONKYO INTEC275でもいいぞ!」
音皇「ははは。いいだろう。さぁ音を聴かせてくれ。」

老人の多少馬鹿にした口調に少年は苛立ちを隠せないようだった。
少年はその苛立ちを打ち消すように勢い良く叫んだ。

陽一「うちの店で一番の自慢のコンポはこれだ!!」

少年が示す指の先。その先には、浜崎あゆみの写真と共に展示されたpanasonic SC-PM77MDがあった。
「速さにハマリな。」およそ音質とはかけ離れたキャッチフレーズ。派手なイルミネーション。
さっきまで ESOTERIC X-01の音を「70点だな」と評価していた音皇にとっては眩暈の起きそうなちゃちなミニコンポだった。
従者「ははは!!本気か?小僧!大人をからかうのも大概にしろ。」
音皇「少年。これは少し冗談が過ぎるのではないのかな?」
しかし、少年は自信に満ちて言う。
陽一「文句は音を聴いてから言いな。」

7 :ミスター音っ子:04/01/18 23:44 ID:kQa9wBAw
少年が数枚のCDの山の中からディスクを取り出す。
音源は「Keith Jarrett Trio/The Cure」。5CDチェンジャーの一番下段にディスクをセットする。
音皇「キース・ジャレットか・・。」

少年が静かにPLAYボタンを押した。派手なイルミネーションが点灯しはじめる・・・。

その瞬間空間が凍りついた。

音皇「な。なんだこの音は!?」
従者「こ・・・こりゃあ何だ?」

眼前にキースのピアノが恐ろしいほどのリアリティーで定位する。
目を閉じれば、まるで傍にニューヨークタウンホールの座席があるような音の実在感。
キースの呼吸音が聴こえてきそうな静寂感。圧倒的なダイナミックレンジ。スピーカーの存在が完全に消えている。

硬直する二人を前に少年が声を発した。
陽一「へへっ・・。驚いたろ〜が!!」

音皇「少年。これはいったいどういう訳だ。これはミニコンポの音じゃない。」
陽一「へへっ。ちょっとした工夫さ。ちょっとコンポの裏を見てみな」
音皇と従者がミニコンポの背面を覗き込む。すると、そこには、束になったスピーカーが何かの液体に浸されていた。なにやら煙のようなものも出ている。

音皇「こ・・・これは。。。。・・・・『液体窒素』か!!」

陽一(!!こ。このじいさん。おれの工夫を一目で・・)

音皇「そうだな。少年!」
陽一「ああ。そうだよ」
従者「どういう事です?音皇様」
音皇「噂には聴いていた方法だが、液体窒素の超低温でケーブルの電気抵抗をゼロにする方法があるのだ。所謂、超電導というものだな。」

8 :ミスター音っ子:04/01/18 23:44 ID:kQa9wBAw
従者「超電導!?本当ですか?」
音皇「しかも、このSPケーブル。複雑に撚ってある。これでインピーダンスもほぼゼロになるだろう。これは噂の『完全無損失伝導』というものだ。」
従者「そんな馬鹿な・・・『完全無損失伝導』!?しかし、それだけであんな音が出せるなんて。信じられない。」
驚きを隠せない二人を前に少年は更に言う。
陽一「じいさん。俺の工夫はそれだけじゃないさ。」
少年は不敵な笑みを浮かべた。

つづく

9 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/01/19 05:10 ID:5M2w5rE4
このスレ面白い!

10 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/01/19 08:18 ID:hjVxOP7H
>>3
衝撃!w。まさかオーディオ漫画があったとは・・・。

11 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/01/19 10:05 ID:jOM3/AwI
あれは漫画というのか?


12 :名無し:04/01/19 10:34 ID:gQ4lXx4z
ふつーにワラタよ。続きキボン。

13 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/01/19 11:14 ID:uObqEjMf
ワラタ。音一、釣り既知三平はいってるな

14 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/01/19 13:41 ID:bsWiSzsd
音皇、蝶になったり花になったり魚になったり鳥になったりに期待

15 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/01/19 14:59 ID:G6upRyYB
これ、今度の夏コミで誰か描いて出してくれよ。

16 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/01/19 20:43 ID:OFd7nb8j
面白いけど、液体窒素温度で超伝導になって、かつ撚り線構造に出来る材料って
実用化されてるのかな?音一少年が自分で電気炉使ってこしらえたとかだったら
それはそれで凄いけどな。俺としてはどうせなら液体ヘリウムを使って欲しいなと。

野暮ですまん>6,7,8

17 :(=゚ω゚)ノぃょぅR ◆iqtHplA1pc :04/01/19 22:06 ID:XQMMWyp+
半分ぐらぃ理解できぬがガンガレ!

18 :ミスター音っ子:04/01/19 23:16 ID:CfCVgUUz
>>7
分かっていると思いますが。

× 束になったスピーカー

○ 束になったスピーカーケーブル

19 :ミスター音っ子:04/01/19 23:17 ID:CfCVgUUz
つづき

陽一「電源も見てもらいたいな」
SC-PM77MDの背面には、panasonicのスタイリッシュなミニコンポには似合わない、いささか無骨な灰色の電源ケーブルが繋がれていた。
音皇「む。これはVVFか?電源ケーブルに屋内電気配線材を使うとは!屋内配線材との素材の一致を図ったのか。」
陽一「じいさん。良く見てもらいたいね!」
少年が指差す先を見ると。驚くべき光景が広がっていた。
音皇「な!?」
従者「なんと!?」

音皇&従者「!?・・・・・コンセント無し!?か?」

なんと驚くべきことにその線は壁に無造作に空けられた穴から直接配線されていたのだ。

陽一「そうさ。これが陽一流!『無接点電源』さ」
音皇「む・・・そ、それでは、この電源はブレーカー直結になっているのか!?」
陽一「違うさ!そんなんじゃない!これはブレーカーさえも無い!これぞ陽一流!『分電盤一次側直結電源』さ!!」

音皇&従者「!!!なんと!!」

音皇と従者は驚きのあまり声も出なかった。
目の前のこのちっぽけなミニコンポは、柱上トランスから直接。直に配線されていたのだ。

沈黙の中、キース・ジャレットのピアノだけが鳴り響いた・・。

20 :ミスター音っ子:04/01/19 23:18 ID:CfCVgUUz
沈黙を破ったのは従者だった。
従者「ふっ・・・・・ふざけるなっ!!これは電気法令違反じゃないか!!それに・・・お前液体窒素なんて一体どこで・・・」
音皇「よせ・・垂目。」
音皇は片手で従者を制した。
音皇「垂目よ。耳を澄ましてみろ。そしてこの音を聴け。先の店で聴いたX-01なんぞ全く足元にも及ばない音ではないか。」
音皇「音を追い求める少年の情熱が、危険物取扱法さえも電気工事士法さえをも超越してしまったのだ。」
従者「お・・音皇様・・・」

〜♪〜♪♪・・

少年の情熱と工夫により生み出された奇跡の音。
音皇はその素晴らしさに涙していた。従者にいたっては陽一の工夫に文句を言おうとした自分を恥ずかしく思い、涙で顔を上げられなかった。

その瞬間だった
「バチッ!!!ブツッ!ブブッ!」

陽一「なっ何だ!」
激しい衝撃が、焦げ臭い金属臭と共に背後を駆け巡った。

21 :ミスター音っ子:04/01/19 23:19 ID:CfCVgUUz
激しい煙が立ち昇る・・・。
そして、その煙の中から少年が・・。

「ごほっ。ごほっ。いたた・・。なんやこれ。けったいな配線やの。」
関西弁の少年が苦しそうに咳き込みながら登場した。

従者「お。お前は・・・!」

従者「・・・・・天才音響少年!・・・・堺一馬!!」

陽一「何っ!!」

二人の天才が初めて出会った瞬間であった。

つづく

22 :(=゚ω゚)ノぃょぅR ◆iqtHplA1pc :04/01/20 00:04 ID:V9EzR1I3
モトネタにどの程度合致してぃるのか原作を知らぬのでワカランがオモロィのぅ

23 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/01/20 00:16 ID:5IkTnRDW
かなーり合致してる。
音将軍とかも出てきてほしい。

あと壮絶なリアクションで音の良さを表現する音皇もおねがいしますw

24 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/01/20 00:24 ID:dGHwvSJu
>陽一「違うさ!そんなんじゃない!これはブレーカーさえも無い!これぞ陽一流!『分電盤一次側直結電源』さ!!」
腹抱えたよ。(藁)

25 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/01/20 00:29 ID:ZAIvjxho
>音皇&従者「!?・・・・・コンセント無し!?か?」
オレもそれやろうと思ったことある(w



26 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/01/20 00:55 ID:8QJA0C/N
や〜なガキだな!(w

27 :1000ZXL子 ◆ZXL.z./j9Q :04/01/20 01:18 ID:BjWfuA+C
定番だけど、美味しんぼもキボン。

28 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/01/20 07:20 ID:S2BRoto7
陽一君に対抗するのはやはり限界ぎりぎりの超高圧給電か・・・・・
それとも全く別のアプローチか!?

しかし面白いね。
野暮な突込みを許さないような強引さに惚れます。

>>27
「美味しんぼ」は以前クラシックの名録スレでかなり面白いものを読んだ事があります。
このスレに対抗できるレベルだと思います。
探してみては?


29 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/01/20 11:50 ID:5IkTnRDW
同じ作者だったりして。
しかし面白いねえ。
おれ的にはこういうパロディのなかではのび太のマトリックス以来のヒット

30 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/01/20 13:40 ID:MW34+Map
どーでもよいが、ブレーカーレス無接点電源なんて完全に違法だろ?

陽一くんはこのあとタイーホされたのか?


31 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/01/20 13:44 ID:MW34+Map
野暮かも知れんが、日本は法治国家であるからして、陽一のような無法者を
放置しておくわけにはいかん。だから

           ∧_∧  / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
           ( ´Д` ) < 通報しますた
          /,  /   \_______
         (ぃ9  |
          /    /、
         /   ∧_二つ
         /   /
        /    \       ((( )))  / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
       /  /~\ \     ( ´Д` ) < 通報しますた
       /  /   >  )     (ぃ9  )  \_______
     / ノ    / /    /    ∧つ
    / /   .  / ./     /    \     (゚д゚) シマスタ
    / ./     ( ヽ、     / /⌒> )     ゚(  )−
   (  _)      \__つ  (_)  \_つ     / >




32 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/01/20 16:27 ID:pAvbiKC2
漫画なんだから野暮なこというな、おもしろければいい


33 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/01/20 17:30 ID:xzpp1165
てゆか安治っ子だって突っ込み所満載のノーガード漫画だったじゃん
この位テキトーな方が再現度は忠実と言える。

34 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/01/20 23:13 ID:GDI2P4xv
>>16

実は畑ちがいの分野かもしれないけれど、超伝導のトランス、JR総研が、
新幹線車両用に研究しています。H16年度には容量4MVA級を試作して、
性能確認試験および振動試験を行う計画だそうです。
このトランスは、超伝導線材としてビスマス系のテープ状線材Bi2223を用い、
臨界温度−163℃を実現、液体窒素冷却で使用可能だそうです。
上記のトランスの開発目的は、軽量化と高効率の両立にあるそうです。
以上、マジレスです。

35 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/01/20 23:31 ID:fz3QVgI+
コロコロコミックあたりで連載してそうだ。(w

…今もあるっけ?コロコロ。

36 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/01/21 17:31 ID:3lJDUU2C
ブ…ブ…ブラボー!の須原椎造さんの登場が待ち遠しい。

37 :16:04/01/21 18:27 ID:3G1chZA+
>34
おおー、それは知りませんでした。情報どうもありがとう。

38 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/01/21 22:41 ID:ph3G/niR
>>37
追伸ですが、従来型の車両用トランスですと1台3〜4トンもあったのが、
>>34の超伝導トランスですと冷凍機込みでも2.4トンに収まるそうです。

ヤボなレスだったかも知れませんが、未来を予感させる現実の話、ということで御容赦のほどを。

39 :(=゚ω゚)ノ ◆DJ.DomsImw :04/01/21 22:54 ID:xIxlhr6o
毎回スタンド使い同士が激突!

てのは?

40 :(=゚ω゚)ノぃょぅR ◆iqtHplA1pc :04/01/21 23:02 ID:iN/wvA7n
第1回 TAOCvsアコリバ
どちらかが壊れるまでぶつけ合ぅ

41 :(=゚ω゚)ノ ◆DJ.DomsImw :04/01/21 23:03 ID:xIxlhr6o
タオック強そうだなー。
あの下に出っ張った鉄のとこなんか。


42 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/01/21 23:42 ID:CUieIyBj
>40  今日はさえてるジャン

43 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/01/22 13:44 ID:aB1KPP8v
漫画マダ〜?

44 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/01/22 20:51 ID:xcghmsy4
早く続きキボン

45 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/01/22 23:25 ID:VsDG24Sm
r'⌒X⌒X⌒X⌒X⌒X⌒X⌒X⌒X⌒X⌒X⌒X⌒X⌒X⌒X⌒ヽ ⊂゙⌒゙、∩
ヽ__乂__乂__乂__乂__乂__乂__乂__乂__乂__乂__乂__乂__乂__乂__ノ  ⊂(。Д。) あひゃ〜〜〜


46 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/01/23 18:19 ID:rasxjech
age

47 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/01/23 20:46 ID:d0MfQmWm
エソが心血注いで完成させたX-01より、陽一のちょっとした工夫の方が遥かに貴いのですか・・・
そうですか・・・

48 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/01/23 23:00 ID:vcJG21dc
音キチ三平

49 :ミスター音っ子(番外編):04/01/23 23:57 ID:imgK8AwY
村田源次郎。音響界の頂点に立つ音響芸術家、そして天才音響評論家である。
彼の圧倒的なカリスマ性のため、音響に携わるものは皆、彼を、『音皇』と呼ぶ。
彼の発言の全ては音響界に強力な影響力を持つと言われ、音響メーカーからは、「魔の村田」と恐れられている。
まさに音響界のドンである。

今回は彼の知られざるプライベートな姿を紹介しよう。


・・・・
「音皇」村田源次郎。56歳。独身。音響の天才である。(素人童貞)
彼は、滋賀県の山奥の12畳のプレハブ小屋に住んでいる。(発電所が近く、地価が安いのが理由)
このプレハブ小屋は彼が36歳の時に建てたもので、当時300万円もの巨費が注がれた音響部屋兼、生活スペースである。(トイレと台所は外の仮設で済ます)
彼は毎日、町の工場で建材用の塗装液を作る仕事をする傍ら、こつこつ貯めた金を全てオーディオ(と風俗)につぎ込む男であった。

彼のシステムは総額で3千万円は下らない。
彼のプレハブ小屋も1千万円以上の音響対策がされている。(だが冬は凍えるほど寒い)

彼の卓越した音響調整能力。そして、音響にすべてをかけるその生き方。それが彼を「音皇」と呼ばせる所以であった。
彼には32歳の従者(契約社員)が5人おり、彼らは皆音皇を慕って(頼って)生きていた。

音皇の趣味はオーディオ店巡り、定期的に会社を休み、全国のオーディオショップ(と風俗店)を従者と共に練り歩いていた。

50 :ミスター音っ子(番外編):04/01/23 23:59 ID:imgK8AwY
そんな彼にも青春時代はあった。
彼は高校生の頃は結構女にもてた。ひょうきん物でいつも女の子を笑わすクラスの人気者であった。(本人談)
そんな彼が所属していたのは、無線研究会。当時はナウなヤングの揃う格好のいい部活動であった。(本人談)
音皇は、無線研究会では、オシロスコープを使ってスピーカーのステップレスポンスを測定していた。(当時から彼のあだ名は音皇)
そんな彼もある日、恋に落ちた。無線研究会副部長の、村下久美子という女性だった。
彼は彼女の気を惹こうと、よく宅録したインパルス応答波形を再生していた。(超高域に聴くとHになるメッセージのサブリミナル録音入り)
しかし、当然ながら彼女は振り向いてくれなかった。
そこで痺れを切らした彼は、Hになるメッセージの含まれる周波数を少し下げてみた。自宅で聴くと微かに聴こえる程度に調整した。
それを彼女と二人っきりの部室で大音量でかけた。しかし、偶然テープの回転数が半分になっており、可聴帯域まで下がったエロメッセージが大音響で校内に響き渡るという大失態を犯してしまった。
その後、彼は2週間の停学処分、及び退部処分となった。
彼はそのエピソードを思い出しいつもこうつぶやく。

「可聴帯域外の成分をなめてはいけない」

彼がスーパーツィータでの超高域再生にこだわるのにはこういう訳があった・・。

51 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/01/24 01:24 ID:ysGFDsex
>>49-50
乙です!案外、半分ぐらい実話だったりして・・・(w

52 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/01/25 15:57 ID:+ehUqoYf
つづき早くう〜!

53 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/01/25 16:01 ID:vkV+Y+Uk
ナウなヤング・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


54 :ミスター音っ子@作者:04/01/25 18:04 ID:aBhuJdxu
漏れはもう疲れた。
誰かつづき書いてくれ。

55 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/01/26 16:02 ID:BnwG6bRb
数年後、社会人になった音皇のところに無線研究会副部長だった村下久美子がおしかけてきた。
高校時代にサブリミナルにかかった効果が潜在期を経ていまによみがえってきたのだ。
「村田君、あなたの音が聴きたくて来ちゃった。おじゃましていい?」
そういうと久美子は21歳のむっちりした脚からブーツをはぎとり、音皇の部屋にあがった。
音皇はそのころすでにステレオサウンドなどにもとりあげられるほどのオーディオマニアであった。
「あの・・あのテープが聴きたいわ」
と久美子は潤んだ目で言った。
若くてどうしようもないほどの性欲をもてあました音皇は、言われるがままあのテープをオープンデッキにセットした。

あのころの思い出が再生された。

「ああ・・村田君、抱いて」
久美子はピンクの唇を音皇の唇と重ね合わせた・・・。

56 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/01/26 16:19 ID:BnwG6bRb
音皇のバックロードホーンから官能的なメッセージが大音量で流れる中、ふたりは一糸まとわぬすがたになり、しばらくの間舌をからませつづけた。

ああ、村田君のチンポをしゃぶりたいわ」
「ふ・・副部長・・」
はちきれそうなほど勃起した音皇のペニスを久美子はピンクの舌で舐めはじめた。
「ああ・・おいしい」
「副部長・・奥までくわえて・・」
久美子は夢中で音皇のものをナメつづけた。
「村田くんもわたしのまんこ、舐めて・・」

もう獣のようになったふたりは、おたがいのものをしゃぶりあげた。

「ああっ・・いくっ・・」
テープが興奮剤のようになり上気したふたりは、たがいの口でクライマックスを迎えようとしていた。

「副部長・・」

音皇は立ち上がり、ビンビンに勃起したペニスの先から大量の精液をぶちまけた。
とめどなく発射される白い液体は、久美子のメガネの上から舌、あご、乳房にしたたりおちた・・・。



57 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/01/26 16:55 ID:BnwG6bRb
シャワーを浴びたあと、ふたりは映画「カクテル」のサントラをガラードのターンテーブルにのせ、シュアーのダイヤモンド針を落とした。

ふと久美子が口を開いた。
「・・村田君、じつは私、処女なの。」
「ふっ・・するとおれも童貞ということになるのか」
音皇も遠い目をしてつぶやいた。
「まだあるわ・・わたしデリヘル嬢なの。18000円いただきます」
「なに!?まさに素人童貞!?」


・・・かくして物語のつじつまは合ったのだった(汗。


58 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/01/26 20:06 ID:/C+Ym4q9
つまんね

59 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/01/26 23:42 ID:y/VqymDI
霜ネタしかネェのかよ、この弩スケベ!(w

60 :(=゚ω゚)ノぃょぅR ◆iqtHplA1pc :04/01/27 21:13 ID:V9vlUkZr
まぁ>1が続きを放棄した以上>55の蜂起に期待するしかぁるまぃ

61 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/01/27 23:50 ID:Pv8szV7i
村下久美子 age

62 :美音しんぼ:04/01/28 15:04 ID:qo8WJ2EK
今日もぐーたらに出社してきた山岡音朗に副部長がどなりつけていた
「コラ、山岡。またそんな頭で出社してきてからに」
「すいません、朝ばたばたしてて」
「まったくもう、しょうがない奴だな。ほらっ」
副部長は山岡に資料を放り投げてからこういった
「ほら仕事が入ってるぞ。行って来い」
山岡はあきらかに疲れた表情になった
「勘弁してくださいよ、昨日も音のニューニングに名古屋まで行ったばかりじゃないですか」
「いいから見てから言え」
・・・・・ん!?音原雄山!!
「と・・いうことだ、雑誌社対抗の至高の音vs究極の音。今回は絶対にまけるわけにはいかん」
「わかりましたよ、やればいいんでしょ」
めんどくさそうにいう音朗だがその胸中にはメラメラと炎が立っていた



続く

63 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/01/28 17:50 ID:Ti98Rreg
音朗がオーディオトーン出版社に到着すると、総務の女の人が迎えてくれた。

「いらっしゃいませ。ご用件は・・」
「山岡というものですが、取材のため来ました。」
「お待ちしておりました。こちらへどうぞ」

こころよく案内してくれたその女性の名は村下久美子。
色白でチャーミングな、心惹かれる女性だった・・・

続く


64 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/01/30 15:39 ID:eRNQyVAr
会議室に通されると、そこには音原雄山がすでに待っていた。
「約束の時間に遅れてくるとは、宮本武蔵きどりか、音朗。」
「ふん、あいにくあんたと違って暇じゃないんだよ。」

まあまあ、と久美子が二人の仲に割って入った。
ふわっと、いい匂いが音朗の鼻腔をくすぐった。
匂いに気が付いたのは雄山も同じようだった。

「さて、本日お越しいただきましたのは…」

続かない

65 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/01/30 15:53 ID:X8gLBIaM
終わりかよ!

66 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/01/30 23:51 ID:hiukjsVM
匂い?

67 :audiogenic! ◆WvaY36KBEY :04/01/31 01:07 ID:+9HFXsLo
山下久美子 赤道小町ドキッ!をリクェストにゃ。

68 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/01/31 01:29 ID:T59hdLLl
プロレスや野球の実況中継とか、将棋漫画とか、解説の入る奴で
無茶苦茶なオーディオテクニックやオーディオネタを使えば面白いものが
できそうだと考えたが、自分の才能とめんどくささに負けました。

過去の録音スレの「美味しんぼ」(推定作者1さん?)は確か、

山岡「おやじ、このCDを頼む」
栗田「それは、とりあえずクラシックを手軽に聞きたい人に向けたナクソスの
ベスト版!?そんなものをここに居る人たちに出すなんて!!」
山岡「ふふん。まあ、御託は聴いてみてからだな」

 ちゃらり〜〜♪

一同「おおおおお・・・」感涙にむせぶ者もあり
栗田「そんな、こんな事って・・」

とかこんなノリだったような。
「美味しんぼ」読んでいないしうろ覚えだから適当だけど。

69 :美音しんぼ:04/01/31 21:48 ID:mP0hMn1t
久美子「さて、本日お越しいただきましたのは『究極 対 至高 インシュレーター対決』という特集記事を、弊社の「アクセサリーオーディオ」という雑誌の次号で特集することになりましたからですわ」

雄山「ほう。インシュレータか・・。」
音岡「インシュレーターねぇ」(ふふっ・・・インシュレーターなら自信があるぜ)

雄山が口を開いた。
雄山 「・・・して。今回の条件は」
久美子「お察しがよろしいようで。さすがは音原様。ふふっ。そうですわ。今回のインシュレータ勝負にも前回同様、条件がございますわ。」

久美子は不敵な笑いを浮かべながら、天井にある紐をすっと引き、奥のカーテンを開ける。
カーテンがシャッっと音を立てて開く。カーテンが開く風圧で、久美子の髪が揺らぎ、ふわっと、いい匂いが音朗の鼻腔をくすぐった。
音朗の陰茎は既に半勃ちであった。

カーテンの向こう側には丈夫そうな黒檀の台に乗せられた SCD-1 があった。

久美子が淵無しの眼鏡を指で軽く位置を直しながら言った。
久美子「二人ともよくお聞き!!今回はねー。『周りの身近な物をインシュレーターに』というテーマよ!」
「制限時間は今から2時間!あなたたちの周りにあるものならば何でも良いわ。このSCD-1を最大限に生かすインシュレータを持っていらっしゃい!!」

音岡&雄山「!!!なんと!!!」

美しい美貌に反し、まるでSM嬢のような口調で命令する久美子に二人はあっけにとられた。
雄山ほどの立場になると女性にこのような扱いをされることはまず無い。しかし、雄山はいままでに感じたことの無いある種の心地よさを感じていた。
そして何年も眠りつづけていた自分のイチモツがピクッと反応するのを感じた。そして先っぽが少し湿るのを自覚した。

70 :美音しんぼ:04/01/31 21:49 ID:mP0hMn1t
雄山「よ、よかろう。2時間以内に手配しよう。し。しかしだな。私ほどの者が貴社のこのようなわがままな特集に付き合わされるメリットは何かあるのか?
勝った方にはなにか良いことがあるとでものかな?ひひっ。」
雄山は手で卑猥な仕草をしながら舌なめずりをした。その意味するところは、久美子にも音岡にも理解できた。

音岡「そうだ!何も無しでこんな勝負は出来ない!」

雄山&音岡「D.V.D! D.V.D!」

二人は意味の分からぬ言葉を叫びつつ何かを煽っているようだった。

その時久美子はかけていた眼鏡を素早く外し床に叩きつけた。
ガシャッ!!強烈な炸裂音が部屋に響く。その炸裂音の残響音がホールトーンの特性の良さを物語っていた。
久美子「二人共、おだまりっ!」
久美子「どちらかが勝つなんて、そんな事は絶対に無いわ。絶対に・・・。」

久美子は謎の言葉を残し部屋を立ち去った。久美子の髪は乱れ、息は荒かった。久美子は自分が極度の興奮状態で濡れている事に気づいた・・。

71 :美音しんぼ:04/01/31 21:50 ID:mP0hMn1t



2時間後・・・。

司会「それでは『アクセサリーオーディオ主催』。『身近なインシュレータ』勝負開催でございます。究極側、至高側、双方とも準備はよろしいですか?」

音岡「ああ。」
雄山「よかろう」

司会「今回の試聴ソースを発表します。」

突然ドラムロールが響き渡る。「ダラララララ・・・ララララ」。残響特性の良い部屋で自然かつ、立体的に音が響く。
生のドラムロールかと思いきや、SCD-1が奏でる録音音であった。

「ジャン!」
部屋横の扉が開き、レースクイーンの姿をした村下久美子が両手でCDを持って現れた。
強烈な切れ込みのハイレグ姿に音岡は思わず生唾を飲みこんだ。「ごくっ」。雄山は小声で「つまらん」とつぶやきそっぽを向いていたが強烈に勃起した陰茎を誤魔化すのに必死であった。

久美子「今日の試聴そーすはー。Toni Braxton の『Unbreak my heart』 でーす。」
久美子は先ほどと似合わずロリ声で言った。
「変幻自在な女だな」雄山はつぶやいた。音岡はハイレグから陰毛が一本はみ出ているのを見逃さなかった。
ってゆーかぶっちゃけ二人共、この勝負なんてどうでもよかった。ただ、久美子の残した一言だけが気にかかった。

・・・「どちらかが勝つなんて、そんな事は絶対に無いわ。絶対に・・・。」

72 :美音しんぼ:04/01/31 21:51 ID:mP0hMn1t


音岡(この勝負、勝ったらこいつとヤレるのかなぁー。原稿料の事も全然聞いてないし。)
雄山(分からんな。この女。ただ一ついえる事は、私がすでに高級ホテルのスイートを既に予約済みという事だ。)


司会「では、究極側からです。音岡さん!お願いします」

音岡はあわてて立ち上がった。
音岡「あ、ああ。それじゃ俺から発表する。俺の持ってきたインシュレータはこれだ。」
音岡は四角い小さなカバンを取り出した。

司会「それは一体なんでしょうか?」

音岡「麻雀牌だ」
音岡はカバンを開いて牌をひとつ取り出してみせた。

音岡「象牙の麻雀牌だ。象牙は今は既に狩猟禁止になっているが、自宅にある古いものを持ってきた」
「象牙の出す音の艶が優等生的な SCD-1 にアクセントを加えると思い、これを採用した。」

久美子「ふふっ」
何故か久美子が笑っている。音岡は気になったが、そのしぐさがかわいかったので許した。


73 :美音しんぼ:04/01/31 21:52 ID:mP0hMn1t

司会「試聴は同時に行いたいので、至高側も今、発表をお願いします」

雄山「ああ。よかろう。わしの持ってきたものはこれだ」

司会&音岡「!!!なんと!!!」

雄山の用意した物は、梱包用のプチプチだった。
司会「こんなチープな素材で・・・」

雄山「まぁ驚かれると思うが一度音を聴いてくれ。ひひっ」
最後の笑いがちょっといやらしかった。恐らく、久美子とのスイートルームで過ごす一夜を想像していたのだろう。

久美子「やるわね。さすが雄山」
久美子は小声でつぶやいた。

74 :美音しんぼ:04/01/31 21:52 ID:mP0hMn1t



数時間後・・・・・。


司会「勝負は 至高!至高側の勝利となりました!いやー。いい記事が書けそうです。お二人ともありがとうございました。」


司会「村下くん。雄山様をお送りして。」
予想通りの展開。雄山の陰茎は彼の袴の中でみるみる硬度を増していった。
雄山「久美子くん。わかっているね」
雄山は背後から両手で久美子の肩を抱いた。

久美子はその手を払いのけ叫んだ。

久美子「この勝負。異議ありよ!!!」

音岡「なにっ?」
雄山「なんだと」

久美子「こんな低レベルな勝負じゃ納得出来ないわ。二人とも私の SCD-1 の魅力を20%も引き出してないわ!!」

司会「ちょ、ちょっと村下くん。な、何を言ってるんだ」

雄山「面白い。私達の出したインシュレーターに納得がいかないとでもいうのかね。」

久美子「そうよ!二人ともありきたりでつまらない素材だし。音質的にも劣るわ。」

音岡「そ。それじゃー。お前はもっといいものを提案できるって言うのか?」

75 :美音しんぼ:04/01/31 21:53 ID:mP0hMn1t

久美子「私の提案するインシュレータは・・・えーと、ちょっとまってね。」
久美子は部屋の隅に行った。そこで、なにやら水着を引っ張りながら下腹部をいじっている・・。
なにやら白いもの取り出して手に持って見せた。
久美子「これよ!これ。生理用ナプキン!」

音岡、雄山「!!!なんと!!!」

黄色く黄ばんだ中央部がいやらしさを演出していた。

雄山「女の武器を使うとは卑怯な。しかしそんなもので本当に音が良くなるのか」

久美子「じいさん。それは音を聴いてから判断して欲しいな」
久美子のキャラはころころと変わるのであった。


久美子「えーとね。良く見てね。この中央部に・・。きゃっ。黄ばんでるー。恥ずかしい・・。まぁとりあえず、水を200ccほどたらすのね。」
ふわっと、尿臭い匂いが音朗の鼻腔をくすぐった。音朗の陰茎の硬度が最高潮に達した。音朗の限界はもうすぐそこだ。

久美子の生理用ナプキンが水分を吸い込み3〜4倍程度に膨張する。久美子が軽く中央に触れるとそれはゲル状になり、ぷるるんとした質感を持っているようだった。
雄山「高分子ポリマーか。考えたな」

久美子はバッグからさらに3つのナプキンを取り出し同様に水を200ccほど染み込ましていった。その手つきは慣れたものだ。まるで普段からやっているかのようなしぐさだ。
音岡は
(なんで最初からバッグから4つ出さなかったのだろうか?)
なんてどうでもいいことを考えていた。

76 :美音しんぼ:04/01/31 21:53 ID:mP0hMn1t

久美子が慣れた手つきでセッティングする。そして SCD-1の電源を入れた。

再生ボタンを押す。しかし、すぐには再生されない。この機器は、20秒ほど経過してからディスクを再生するのであった。
音岡と雄山には20秒がまるで数分間のように長く感じられた。

unbreak my heart〜♪

音岡&雄山「!!!こ。これは!!!」

音岡「エロい!なんていうエロさだ。トニーのヴォーカルの艶がなまめかしく再現される。」
雄山「むぅエロいのぉ。視覚的にも非常にエロい。(=゚ω゚)ノ」

トニーブラクストンヲタの紫音♪もびっくりのエロさであった。

音岡「はぁはぁ・・はぁはぁ・・ああぁぁぁ。もうだめだ。いく!いく!」
雄山「わしもじゃ!四郎。昨日から溜めすぎてもう出そうじゃわい」

びくっ。びくん。びくん。・・・。
いい大人が音楽を聴きながら精液を放出していた。音岡は2メートルほど飛ばしていた。雄山は3メートルをゆうに超えていた。
カルキ臭いにおいが音朗の鼻腔をくすぐった。
もうこの光景はオーディオルームのものではなかった。

「アクセサリーオーディオ」の記者は二人の様子を「スクープだ!これはスクープだ!」と言いながらしきりにシャッターを切っていた。
音岡「く・・久美子さんこりゃすごいよ。こんなエロい音初めてだ」



・・・振り向くと彼女の姿はもうなかった・・・。

77 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/01/31 22:14 ID:e0lNQjKe
ブラボー!! ブラボー!!

しかし完全にオーディオ官能小説スレになっているな(w

78 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/01/31 23:10 ID:GZU3Z3cU
下ネタはどうもなあ

79 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/01/31 23:10 ID:4NiFodE/
やっぱり快楽と官能の王道はオーディオなんかじゃなくて、アレなのかな・・・なんだろうな。

80 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/01/31 23:39 ID:+9HFXsLo
ほんっと、ヒマだな(笑)。


81 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/02/01 00:08 ID:bW7HRLs5
久美子↓
http://pink.jpg-gif.net/bbs/6/img/22535.jpg

82 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/02/01 08:48 ID:u3p55x3J
こんなヘンタイな音朗なんか、もう親でもなければ子でも無いやい!ぷん!

83 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/02/01 17:22 ID:+wV+M00b
空手バカ一代を読んでいたつもりが、いつの間にか地獄編に変わってたみたいだ・・・

84 :(=゚ω゚)ノぃょぅR ◆iqtHplA1pc :04/02/01 18:48 ID:8fuQBy5B
これがルネッサンス情熱とゅーものか!!

85 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/02/02 00:18 ID:hSPL5s+O
自分でも笑いながら書いてたろ(藁。


86 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/02/04 19:09 ID:JKwpzj0G
そろそろ落ちるかな?

87 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/02/05 02:17 ID:e6k2PEsu
がばがばまんが


88 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/02/05 12:54 ID:hipadyN7
まんがというより小説

89 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/02/05 14:04 ID:jNotNlbN
というか原作

90 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/02/05 14:07 ID:3khvbhVB
しかし、みんな達者だねえ…。ぱちぱち。

91 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/02/05 16:00 ID:IdjZ0AAn
定番だけど、湾岸ミッドナイトでネタくってくれる香具師居ないかな?

92 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/02/05 21:08 ID:a0Sg2Pwy
オーディオは全くの個人趣味だから
友情・努力・正義を柱にした
ジャンプ漫画みたくはできないなあ
強敵が次々に仲間という雑魚キャラになるのも

93 :(=゚ω゚)ノ ◆DJ.DomsImw :04/02/05 21:19 ID:1W/a7OQV
高野文子に描いてもらうというのはどーか。
「るきさんオーディオ編」


94 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/02/05 22:53 ID:jNotNlbN
松本大洋さん、オーディオ漫画描いてください。お願いします。

95 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/02/05 23:41 ID:Xr11/g9Y
松本零二「銀河鉄道99.9999(6N)」(ぎんがてつどうシックスナイン)
というのはどうだろう。

あ、またエロネタになっちまった・・・。

メーテル「鉄郎・・お舐めなさい」
鉄朗  「はい・・ぺろぺろ・・」
メーテル「ああ・・いいわ。鉄郎の、もの凄く硬い。。」

メーテル&鉄郎「!!!銀河鉄道シックスナイン!!!」

>>91
チューンドSCD-1が回転数上げすぎてブローするのってどうよ。

96 :(=゚ω゚)ノ ◆DJ.DomsImw :04/02/06 00:00 ID:byHXNcK5
「るきさん」ではなくて「ヌシさん」がぃぃことに気がついた。



97 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/02/06 11:09 ID:AlKVOhfW
ねこぢるの「ねこオーディオの神様」

にゃっ太とにゃー子が、ハイエンドオーディオぶち壊しまくり、無関係な親父がタイーホ!されまくり。


98 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/02/06 11:59 ID:UrKngZS5
高野文子はちょっと知っている人が少ないかと。
せめて黒田硫黄で「セクシーボイス アンド オーオタ」
とか・・・・いやこっちも十分マイナーか。

古いオーディオ機器を使う主人公が様々な峠(ステージ)でバトルをする
頭文字Dとかだと、
「さすがTAD 立ち上がるの鋭さはハンパじゃねーな」
「並みのオーディオ小僧とはダイナミックレンジが違う」
「ふざけんな!!俺は赤城のNo2だぞ!」
「いや違う・・ 負けたのはオレだ
TAD(こいつ)がケンウッドに負けたわけじゃねえ」
それでもって皆チューン(改造)しまくり。
でもオーディオ機器は国産限定。

99 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/02/06 12:18 ID:tE1sAvND
そこまで凝らなくてもセクシーボイスアンドロボの中で
オーディオマニアを登場させればいいと思うぞ

100 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/02/06 13:05 ID:Zv9Woy6A
じゃー100でも踏んでおこう。

101 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/02/06 15:17 ID:tE1sAvND
つげ義春の無能の人バージョンがいいな

102 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/02/06 15:41 ID:T9RVCV/F
 どうしておまいらはそんなに非メジャー系の漫画家が好きですか

103 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/02/06 18:39 ID:qc+4Tkwr
永野護で「ファイブ・スター・AU・ストーリーズ」とか
町田ひらくで「試聴室は裸で」とか。
岡野玲子で「AU陽師」とかもいいなぁ。

104 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/02/06 18:42 ID:4T2BlPUj
>>101
女房に
「なにさ、こんなもの」
と集めた機器を壊されるのか。。

105 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/02/06 20:20 ID:tE1sAvND
>>102
じゃあさ。超メジャーな「ブラックジャックによろしく」のパロディの
「長岡鉄男によろしく」とかどうですか

106 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/02/06 20:54 ID:3/5urE4y
マカロニほうれんそうでクマと例のコンビがレビンソンとTADにギターつないでさ、

「ステキッ!ステキよお〜!お客さん!ノオッ!」
「キャーーーーーーーーーッ!!!」
「ちょーーーーーーーーーっ!!!」
「いーかげんにしてください!!」ドカソ!!

っていうのはどうかな。クイーンで。ザ・ステレオ屋のオヤジが
「出ていけ−ーーっ!」とか言ってるの。

107 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/02/06 21:00 ID:3/5urE4y
あ、IDが3/5・・あのスレ行こ

108 :1000ZXL子の理:04/02/07 04:10 ID:6wHH5vdk
「1000ZXL子さんあなたが・・・蜘蛛だったのですね」
中善寺音彦のチューニングしたシステムで流れる「桜」が幻想的な雰囲気を作っている
舞い散る桜と素晴らしい機器が奏でるオーディオのBGMが鳴り響く中
黒衣の男と桜色の女は対峙していた。
女は答えないただ微笑むだけだった
「この度はおめでとうございます」
1000ZXL子「なんのことでしょう?」
「これであなたの目的は達せられた訳だ・・・もしやその次もあるのですか?」
1000ZXL子「さあ・・・」
しかし女は虚ろな目をして遠くを見つめ答えた
すかさず音彦は0.01秒の早業で「古畑任三郎」の犯人探しのBGMに音を変えた
そのサウンドが広大な音場で響きわたり、鬼気迫る空間を作り出している
「赤井さんに手を加えましたね」
1000ZXL子「さあ」
「山水さんにも・・・」
1000ZXL子「・・・」
彼女の目から流れ出ている涙が頬を伝っていた
「赤井、山水、ナカミチ いずれも遠からず無くなっていたはずです、あなたが手をくださなくとも」
1000ZXL子「だったらどうだというんです」
「やりすぎですよ・・・あなたはあなたの目的を達する為、いくつの骸を転がせば済むのです」
中善寺はすかさずセリフを言った瞬間ブラックジャックの登場シーンの雷の音に切り変えていた
1000ZXL子「己の場所は己で勝ち取らねば誰も用意してくれませぬ」
「つまりあなたは自己の場所を勝ち取る為やったと?」
1000ZXL子「あなたはまさか雑音(ノイズ)落としを私にしかける気ですか?」
「とんでもない、あなたから落とすものなど何もありませんよ」
1000ZXL子「大体、あなたと私は同じチューニング師評論家の末裔・・・この音はいいと無理に言わなくてもいいでしょう」
「その読み方ではあなたは私を理解していない」
彼女の体が震えた気がした、しかしそれは中善寺の変えたBGMが「運命」だったからかもしれない



続く、まて次号

109 :(=゚ω゚)ノ ◆DJ.DomsImw :04/02/07 08:53 ID:1BC8RB2y
ををををを!!!
京極世界!!!



110 :(=゚ω゚)ノぃょぅR ◆iqtHplA1pc :04/02/07 11:10 ID:ShkYxfXx
LFちゃんも何か書くがょろし

111 :YAGU ◆YaGu.www2A :04/02/07 11:25 ID:9zvI1e8r
やぐやぐ、111番ゲットオォォォォ!! みたいな
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄V ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄  ___
                        __   (__  ) ≡≡≡
                      /  ヽ  / / ̄
          _ _、, _,, ヽ7    /  ..へ._ V / ≡≡≡
        v/    ヽ( )△ィ△ /   ゙ii | |/
       (( _(( _((ハ ' _ ) `ヘ/___.  || | |
 lWVl____|∩ ∩ Y_)   ヾ |___. .  || | |  __,r‐、 ≡≡≡
. !_て7」VWl .ヾヷ゙゙ノノヾ,    | ̄     || | | ̄__),  \      (´⌒(´
    ヾ (  ̄ ̄ ̄)   ノ__,ノ‐-__  !! ノ_ノ ̄   . ヾ、__ノ ≡≡(´⌒;;;≡
      ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄    .      ̄ ̄ ̄          (´⌒(´⌒;;
          ズチャッターーーーーッ




112 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/02/07 18:53 ID:8mALvGnN
夏彦たんキタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!!!

113 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/02/07 22:40 ID:46LoRkov

                     ズチャッターーーーーッ

                         ↑センタ−定位

114 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/02/08 13:56 ID:TM1ZkGss
作家になるのは大変だということがよくわかりました。

115 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/02/08 15:07 ID:bbVsszzs
せっかく1000子タン主役にしたので・・・サーとかのセリフにすれば良かった(´・ω・`)

116 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/02/08 15:53 ID:mXSnsi4c
サー! カニ! 兄者!

117 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/02/08 17:19 ID:/udMfxla
オーディえもん 藤子ff不二夫

自称未来から来たと言うネコミミコスプレ男「オーディえもん」
100khzまでの帯域も聞こえると言っているがかなり怪しい。
3次元ポケットから様々なオカルトオーディオアクセサリーを繰り出し
人々に売りつけて大金をボッタくっていく。営業トークは凄い。

ノービ太 オーディえもんから買ったオカルトグッズを使い
     音が伸びやかになった、太くなったと喜んでいる。
     オーディえもんの常連客、カモにされている。

JBLIAN  JBLマニアのためこのあだ名がついた。リサイタルと称して
     耳が割れるほどの大音量で4343を鳴らしこんでいるが
     音のバランスが無茶苦茶で聞くに堪えない。ちなみに有料。

カネ夫  資産家の息子で所有機器はハイエンドクラス。最新機種が
     手に入ったといつも自慢しているが、JBLIANに無茶な扱いをされ
     アンプのヒューズは切れ、スピーカーはツイーターを飛ばされる。
     いつも「家のシステムは1000万」「このアンプは○○円」など
     自慢してウザがられている。

出来松  「何でもデキマツ」と2ch用語を駆使し完璧に音響特性を把握し
     セッティングも完璧にこなす。バイオリンコンクールでも優勝し
     更には松材を駆使してバイオリンまでも自作する天才である。

静歌   いつも風呂で歌を歌っている。S/Nにはうるさい。

118 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/02/08 22:37 ID:qVIrtVSj
JBLIAN・・ワロタ
あやしげなオカルトオーディオアクセサリーを人に売りつけるのなら
オーディえもんよりも、喪黒音造だろう

119 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/02/08 23:38 ID:clIlEUV1
ジャングル音ベエっていうのもあるウラ!

120 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/02/09 00:43 ID:E4K6P0zT
そういえば怪物くんは耳がでかかったな

121 :野良猫:04/02/10 23:22 ID:UEAXrWFX
丸尾末広「ニジイロノ・ツブダチ」村祖俊一「少女音道」ケン・月影「置くのナカミチ」篠原千絵「謎のパワフル・ワウ」

122 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/02/10 23:38 ID:Sb0OA+D7
      ヽ|/
     / ̄ ̄ ̄`ヽ、
    /         ヽ
   /  \,, ,,/    |
   | (●) (●)|||  |
   |  / ̄⌒ ̄ヽ U.|   ・・・・・・・・>>154 Qもオデオ使いだ!
   |  | .l~ ̄~ヽ |   |
   |U ヽ  ̄~ ̄ ノ   |
   |    ̄ ̄ ̄    |


123 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/02/10 23:40 ID:Sb0OA+D7
    ヽ|/
     / ̄ ̄ ̄`ヽ、
    /         ヽ
   /  \,, ,,/    |
   | (●) (●)|||  |
   |  / ̄⌒ ̄ヽ U.|   ・・・・・・・・>>117 Qもオデオ使いだ!
   |  | .l~ ̄~ヽ |   |
   |U ヽ  ̄~ ̄ ノ   |
   |    ̄ ̄ ̄    |



124 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/02/11 17:47 ID:R++daHAq
>>117
JBLIAN
>ちなみに有料。(ココで爆藁!

125 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/02/17 00:54 ID:HyUDmyCb
コ○コ○コミックにあのシリーズが帰ってくる!!
ファミコンロッキー、スケボーロッキーにつづく第三弾
その名も「オーディオロッキー」(ベタでスマソ)
轟音王(とどろき ねお):主人公、拳法道場の息子でオーディオ拳の使い手
音像定位置郎(おんぞう ていいちろう):音像財閥の息子、主人公の親友にして最大のライバル
以下略…
第1話はセプターF1に秘められた〜OMの謎〜に迫る


もとネタわかる人いるのかな?


126 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/02/17 01:22 ID:WJU4AyOb
>>125
その元ネタは以下略の部分が非常に重要だと思ったがw
しかし、うろおぼえにつきネタカキコは出来ないのでスマソ。

127 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/02/17 15:16 ID:0WVKrfF6
「オーディオ超人」ってのも話作りづらいしな〜

ヤクザの世界では「裏オーディオ」とか言って、音で勝負事をしてると
想像してみるテスト
ドンパチからドンシャリになろうと極道は極道よ。

128 :127:04/02/17 15:31 ID:0WVKrfF6
「シャブはやめておけ。聴力を持て余す」
(これじゃオーディオソルジャーか)

129 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/02/17 16:32 ID:Uwu4Tl/C
オーディオセンターあらし

内容は自粛

130 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/02/17 23:57 ID:9mLosJZo
あらしはピアの教室に勝手にあがりこんで
ピアノ教えろと迫った回があったな

個人的にはとどろけ1番でネタやってほすい

131 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/02/18 01:20 ID:Fg0aQDd9
カイザーのフィニッシュ・ブロゥ、「ナイアガラ105」を受けてもまだ立ち上がるぅー
日本Jrオーディオ界を制するのは誰か!

132 :(=゚ω゚)ノ ◆DJ.DomsImw :04/02/18 02:17 ID:4yxenRcp
>>130
逆立ちして両手で半田付け

「は、半田ゴテが見えない!」


133 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/02/18 06:51 ID:lXBGLH2j
炎のコテ

134 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/02/18 09:25 ID:UcmKkxoO
>>133
コテライザー?(^^;)

135 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/02/26 04:46 ID:L86FZ9GR
>>130
>>132
両手の摩擦電気でアンプ駆動だ。
「エレクトリック・ハンダー!!」
おお、ノーチラスがフルボリュームでっっっ!!
デジタルアンプは狂う危険ありw


136 :(=゚ω゚)ノぃょぅR ◆iqtHplA1pc :04/03/09 07:42 ID:l4+qUOFa
HALと名づけょぅ

137 :audiogenic! ◆93CreekJcs :04/03/13 19:35 ID:OGEmi0th
おそろしく地味に「三丁目のおーでぃお」

138 :(=゚ω゚)ノ ◆DJ.DomsImw :04/03/13 23:06 ID:X7pZNs8e
西岸良平でつか・・・

じゃあ「小さなオーディオのものがたり」で地味に対抗。



139 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/14 15:02 ID:YbzxdFiK
男オオディオ

140 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/18 00:57 ID:1E1MaxDO
ケーブルを包丁で半分にきるスーパー食いしん坊

いろんなソースを楽しむために多くのユニットを並べた
「わんこスピーカー」
だれかこれで話つくってくれや

141 :audiogenic! ◆93CreekJcs :04/03/18 01:43 ID:qG0FP+Q3
↑なんかIDがかっこいいのでお話つくってさしあげたいのですが、
奇抜すぎて構想に結びつきません またの御来店、心よりお待ち申し上げます

142 :モナクール ◆10AVEfc/Ag :04/03/28 03:37 ID:/KUabhnh
石田敦子「オーディオカタログ」なんてのをオーディオ雑誌で連載キボンなりよ。

143 :モナクール ◆10AVEfc/Ag :04/04/05 01:09 ID:W2WZy6CB
石田敦子「純粋(ピュア)!オーディオ倶楽部」でも可なりよ。

144 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/04/07 23:29 ID:Uer/wKCb
この板一服の清涼剤みたい、読んでみて楽しくて大笑い!
くらもちふ○こさんに「オーディオ階段」「いつもポケットにショパン・オーディオ編」
たがみよ○ひささんに「オーディオ・シンドローム」「オーディオ・ぶれいくだうん」
最近の漫画家さんでは 二○宮知子さんに「オデオ カンタービレ」
あかるいH系では がぁさ○さんに「オーディオの妙薬回路の化学」
小本田絵○さんに「オーディオのさざ波劇場オーディオはいくらですか」
他にも多く考えたのですが、、、題名考えるだけでも楽しいのは私だけか?ちょっと変?

145 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/04/09 21:42 ID:Ukd1xak1
保全age

146 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/04/11 10:28 ID:54adK1vL
まいっちんぐオディオ先生

これも内容は自粛。

147 :(=゚ω゚)ノ ◆DJ.DomsImw :04/04/11 13:15 ID:kyJPSbRi
奥瀬サキ

「低俗オーディオ狩り」

以下自粛


148 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/04/11 23:08 ID:9UjPRghe
>>147
やはり、"半年で3倍・・・"とかこきゃぁがるスガーノという爺さんが(ry

149 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/04/12 12:40 ID:HjYzQ5fo
KUMAGOROU

「オーディオどすこい!」

以下自粛

150 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/04/12 17:51 ID:1BJW5lzY
ttp://gaty.hp.infoseek.co.jp/mangas.html

元ネタ提供。
どれでもいいので誰か書いてくれ。

151 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/04/12 18:22 ID:MGX0yR5T
やらないか、かよ・・・w

152 :(=゚ω゚)ノぃょぅR ◆iqtHplA1pc :04/04/12 21:36 ID:mEpekY6o
オーディオ刑事鉄仮面伝説

そもそもデカとは昔の警察官が着てぃた角袖を
かくそで→くそでか→でか
と呼びかたを捻ってデカになったそぅな

(メルマガより転用)

153 :(=゚ω゚)ノ ◆DJ.DomsImw :04/04/17 10:00 ID:6vDg4t3a
>>148
ふぉっふぉっふぉ

・・・

ねぇ流香さん
流香さんにとって
聴こえるということは才能ですか
それとも欠陥ですか?

154 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/04/25 20:05 ID:VJDIh/KX
>>150
機器を擬人化するとよし

アンプに接続したケーブルを
バナプラでスピーカーに挿入

アンプ「は、入りました」
スピカ「よし、次は電源だ・・」

155 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/05/06 03:18 ID:1Mo02eLS
1の創作意欲復活期待age

156 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/05/07 10:07 ID:qWg2YNbs
同じく期待age

157 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/05/07 19:19 ID:PfFC7vcV
まあろくな力量もないくせにこんなスレ立てたもんだな。
恥を知っているなら削除依頼出して二度と来るなよw

158 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/05/07 19:20 ID:qWg2YNbs
>>157
お約束だが
じゃあお前が書いてみてください

159 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/05/07 19:22 ID:PfFC7vcV
おっと、age忘れてたpugera

160 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/05/07 19:30 ID:PfFC7vcV
反応早いな>>1w
涙目で煽り返す暇あったら続き書けよ。
にゃはは


161 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/05/07 19:41 ID:qWg2YNbs
えー 俺が1なの?

162 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/05/07 21:13 ID:HldJcqfI
構って♪
構って♪
もっと構って♪

163 :ミスター音っ子:04/05/07 23:16 ID:tlvPwOqq
これまでのあらすじ

音吉陽一は、亡き父・音吉隆男から受け継いだ「日の出音響」を支える天才音響少年である。
彼は、常に斬新なアイディアで奇想天外な音響を作りあげ、多くの音響ファンから支持を受けていた。
ある日、音の皇帝、「音皇」こと村田源二郎が彼の店を訪れ、彼の天才的な音響調整能力に圧倒される。
そして、陽一は、村田源二郎の「音皇音響界」に入る事になる。が、後に、音将軍、村田源三郎の告発により、
電気法令違反、危険物取扱法違反で、逮捕される。「日の出音響」は家宅捜索の結果、他にも法令違反が見つかり、
ダンボール32箱分の押収物を摘発され、閉店の危機にさらされる。
しかし、女手一つで陽一を育ててきた母、音吉法子の奮起により「日の出音響」はなんとか閉店の危機を逃れ、
細々と営業を続けていた。
それから3年後、医療少年院から戻ってきた陽一は、心を入れ替え倒産寸前の「日の出音響」を再建する事を誓った。
そして「日の出音響」は新しい船出となる営業を始めることになった。その開店初日・・・。

つづく

164 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/05/07 23:24 ID:qWg2YNbs
キタ━━━ヽ(゚∀゚)ノ━( ゚∀)ノ━(  ゚)ノ━ヽ(  )ノ━ヽ(゚  )━ヽ(∀゚ )ノ━ヽ(゚∀゚)ノ━━━!!
        へ )   (  ノ  (  )ノ   (  )   へ  )   へ )    へ  )
          >    >    <      <       <      >      >

165 :ミスター音っ子:04/05/07 23:35 ID:tlvPwOqq
法子「陽一。元気だったかい。少年院は辛かったでしょう・・」
陽一「ああ・・。あれはさすがにへこんだよ。まじへこんだ。つらかった。ってゆーか。マジ眠い」
法子「陽一。口調まで変わってしまって・・。大丈夫かい?」
陽一「ああ・・。大丈夫だ。こう見えても少年院でアンプばっか作ってた。
   俺、負帰還が嫌いだったから無帰還アンプばっかつくってたら、先輩にマジしばかれた。
   デジタル回路の授業でも、俺。オーバーサンプリング嫌いだったからノンオーバーサンプリングDACばっかつくってたら
   教官にマジしばかれた。俺、悔しくなって。マジ勉強した。高校生なのにフーリエ変換ばっかりやってた。
   そしたらマジぶっとんだ。なんか吹っ切れた。そして俺・・・」
法子「陽一。もういいよ。今はゆっくりお休みなさい。本格営業は明日からでもいいんだから」
陽一「いや。俺もうネットに広告うったし。今日はPMA-390Wをイチキュッパ税込みで売る日だし。もう店あけるしー。」

陽一は店のシャッターを勢い良く開けた。
ガラガラガラッ・・・

陽一&法子「!!!!!!!!!??」

二人は絶句した。
なんと、ものすごい数の客がいる。見渡す限り。300人は下らない様子だ。
シャッターが開くと同時に10人ぐらいがシャッターの下になだれ込んで来た。

陽一「こりゃ・・・・いってぇー?・・」

つづく

166 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/05/07 23:39 ID:JMAMb9sw
続きキタ━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━ !!!!!

167 :ミスター音っ子:04/05/07 23:56 ID:tlvPwOqq
陽一「なんで・・こんなに客がいるんだよ・・。おっかしくねー?」
法子「みんなおまえの帰りを待っていたんだよ。ほら、丸井さんに。堺さんもいるじゃないか・・・」
陽一「えっ。。マジで?マジで言ってんのそれ?」
陽一「なんか・・なんかうれしいよ。マジで俺うれしいって・・。」

陽一はちょっと涙ぐんで泣きそうになっていた。

陽一「みんなありがとう!!さあっ!新装開店の日の出音響へようこそ!」

陽一はシャッターを勢い良く全開にした。
ガシャーッ。

その時、ものすごい数の客が陽一を押しのけ店内になだれ込んで来た。
ドドドドドドドッドドドド・・・・。

陽一「うわぁーー」
法子「きゃーーー」

その時、二人は異変に気づいた。明らかに様子がおかしい。
客はなにやら商品を必死に探しているようである。


客A「・・・ここでしょ?新品のDENONのアンプを1,980円で売る店ー。」
客B「ああ、検索サイトYAGOOの広告にばっちり出てたもんねー。」

陽一&法子「・・・!?」

つづく

168 :ミスター音っ子:04/05/08 00:36 ID:aWKFejqh
法子「おっ。お前イチキュッパって・・。」
陽一「ち・・・違う。俺は良く確認して19,800円って打ったよ。ホントに。ちゃんとYAGOO!丸赤音響ダイレクトってところに、
   ちゃんとした所に広告を打ったんだ」
法子「そ、それじゃ。その丸赤って所が間違っていたのかい?」
陽一「そ・・そうとしか考えられない。ほら、今ネットでよくある事務上の手違い?ってやつかも」
法子「でも、丸赤が間違っていたとしても、この騒ぎはちょっとやそっとじゃ収集がつかないよ。。」

「うぉぉぉおおおおおぉぉ!!!」
客がものすごい勢いでアンプの争奪戦を始めた。もうだめだ。


男「ハッハハハハハハハッ。素晴らしい新装開店だな。満員御礼じゃないか・・」

男が手をパチパチと叩きながら陽一に近づいてきた

陽一「おっ。お前は!音将軍『村田源三郎』!!!」
男 「いかにも。わしは音将軍の村田だ。久しぶりだな。陽一くん」
陽一「て・・てめぇ・・・よくもあの時は・・」

陽一は右手こぶしを握り締めて男に近づいた。

法子「陽一。だめ!今はそれどころじゃないわ」
確かにそんな事をやっている場合じゃない。陽一は荒れる店内を見回し、肩を落とした。

音将軍「ははは。今回は我々味将軍グループの運営するYAGOO!丸赤音響ダイレクトにようこそ広告を出していただいて
    本当にありがとうございます。くくっ。」

陽一「なんだと!!それじゃあ・・」
陽一はこぶしを振り上げ今にも男に殴りかかりそうだ。

音将軍「おっと。少年院を出たばかりの君は乱暴者だなぁ。。ふふふ」

169 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/05/08 00:44 ID:jaROUE9Q
早速ワラタ。

170 :ミスター音っ子:04/05/08 00:59 ID:aWKFejqh
法子が陽一を止める。
法子「あ・・あなたがネット広告で故意に違う数字を付けたの!!?」

音将軍「くく。そんなことは無いでしょう?お母さん。わたくしどもは信用第一で商売をしているのですから。
    わたしも、おたくがあのDENONのS10-VLimitedを1,980円で売るって聞いたものですから驚いてこうしてここまで来たのですよ」

陽一「てってめぇ・・許せねぇ」
陽一は母親の制止を振り切り音将軍に殴りかかった。

ガバッ。

次の瞬間、陽一は3人の大男に取り押さえられていた。
陽一「ぐっ。何だ。ちくしょう・・くそっ・」

音将軍「ほほほ。乱暴は止めてね。陽一くん。私の優秀なボディーガードの手をわずらわせないでくれる?」

法子「店が・・店が・・父さんの店が」
母親は涙ぐみはじめた・・。
店の商品は客で取り合いになり、店ははもう崩壊寸前である。

陽一「・・ちくしょう・・ちくしょう・・」

その時だった。・・・


 「君たち待ちたまえ!!!!!!」


大声が店内にこだました。客の動きが一瞬ピタリと止まった。

陽一「じいさん!!」
音の皇帝。「音皇」の鶴の一声であった。

171 :ミスター音っ子:04/05/08 01:03 ID:aWKFejqh
つづきは明日書きます。
リアルタイムで書いてたから疲れた。それにしても遅筆・・。

172 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/05/08 01:07 ID:HO2sBdIo
こんなに続きが気になるとは。(マジレス
じっくり待とうと思う。

>>171
乙カレー。何つータイムリーな話題で。(w

173 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/05/08 01:13 ID:vNqbqVar
>>171
再開、乙。
期待してます♪

174 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/05/08 02:01 ID:VWCPcffL
>>157で〜す。
煽ってゴメンね
煽りに反応したとも思わないが、なんにしてもやる気を出してくれてヨカータよ。1000までガンガレ!

175 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/05/08 03:05 ID:PCZodcou
155です。祝連載再開!! 遅筆でいいから、気長に続けて! 楽しみにしてます!

176 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/05/08 06:19 ID:Y3BYUIRF
待ったかいがあったー!

177 :ミスター音っ子:04/05/08 18:29 ID:aWKFejqh
音将軍「お・音皇!!?」

客A「おい。あれ見ろよ。音皇だぜ・・」
客B「なぜ音皇がこんなところに・・?」
客C「おいおい。やばいよ。やばいって、アンプを放せよ・・」

世界を又にかける音皇。音響を趣味とする者、音響に携わる者にとって彼の名と存在感を知らない者はいなかった。
彼の持つカリスマ性が自然とこの騒ぎを収束させようとしていた。

音皇「さあ、皆。馬鹿な真似をやめて商品を元に戻すんだ!!」

ピリッと引き締まった空気が周囲を包む。

「音皇様が言うのなら仕方がないよな。馬鹿な事はやめようぜ・・」

客は次々と商品を自ら戻そうとしていた。
後ろに並んでいる客も自ずから退散しそうな雰囲気である。


「ふざけるなっ!!!」


大声をあげた男がいた。

178 :ミスター音っ子:04/05/08 18:31 ID:aWKFejqh
男「ふざけるな!!ちゃんとネットでPMA-S10VLimitedが1,980円って書いてあったろーが!」
男「俺たち遠くからわざわざ交通費使ってここまで来ているんだ!その俺たちを納得させろよ!」

音皇「お。お前は・・」
音皇「音将軍グループ 東京音響支部副部長 村下和郎!」

客A「何っ?あれ。あの村下和郎じゃないか」
客B「あれだろ?天才音響グラビアアイドル「村下久美子」の弟で最近オーディオ雑誌に出ている奴だろう?」

音将軍「ふふふ。ハハハハハッハッハ。和郎め。やりおるわい」

和郎「どうだ。音皇。俺たちを納得させろよ。俺たちはアンプが手に入るまでいつまでもここに居座るぜ。
   裁判だって何だってやってやるよ」

音皇「ふざけよって・・・」
音皇は持っていた扇子を手の中で二つに折っていた。相当いらだっているようだ。


・・・
陽一「俺が納得させてやるよ」


音将軍「な・」
法子「陽一。何を言っているの・・・」

陽一「俺が皆を納得させてやるよ。それでいいんだろ?」

179 :ミスター音っ子:04/05/08 18:33 ID:aWKFejqh

和郎「ハハハッ。なんだ。お前がアンプを配ってくれるっていうのか?ハハハッ。面白い。早くしろよ!」

陽一「俺が。俺がここにいるお前達を納得させる音を出してやる。ここにあるアンプ内蔵スピーカー「MM-SP61」でな。
   これでお前らを納得させる音。DENON PMA-S10VLimited以上の音を出せばいいんだろう?
   これなら1980円で持って帰ってもらって結構だ。」

和郎「アッハハハハ・・・面白い奴だな。やってもらおうじゃないか。
   でもな。おまえ。店長ならば、自分の言った言葉に責任は持つんだろうな?」

陽一「ふん。勿論だ。お前達を納得させられない音を出せないのなら全員にDENON PMA-S10VLimitedを持って帰ってもらうよ」


「・・・うおおおぉぉぉぉぉ!!!!!!」

その場の客全員が狂喜乱舞した。

客A「まじかよ。あいつ正気か?あんなちっぽけなアンプ内蔵スピーカーで」
客B「へっへー。音に納得できないとか言ってゴネて S-10VLimitedを持って帰ろうぜ」

180 :ミスター音っ子:04/05/08 18:34 ID:aWKFejqh

音将軍「ハハハ。面白い!それでは30分後!30分後にこの店内中央にそのアンプ内臓スピーカーをセッティングして音を
    聴かせてもらおうじゃないか。それでいいかな陽一君?」

陽一「ああ。それでいいよ。」


法子「陽一。大丈夫なのかい」
堺一馬「陽一。大丈夫なんか?お前?今なら頭下げてなんとかなるんちゃうか?」
丸井善男「大丈夫か。陽一君。俺とのイタリアンスピーカー対決に勝った君だけど。これはさすがにきついんじゃないか。」
陽一「へへ。まかせてよ。俺には策がある。
   それより、母さん。店中央にSONYのSCD-1と、アンプ内臓スピーカーMM-SP61をセッティングしておいて。インコネは店にある適当なものでいいよ。
   俺はちょっと買い物に行ってくるよ。」

法子「ああっ!陽一。どこに行くんだい?」
陽一「すぐ戻ってくるって。それよりもセッティング頼んだよ。父さんの御影石で、いつものセッティングで頼むよ」
法子「ほんとにこんなアンプ内臓スピーカーで大丈夫なのかい・・」
http://store.yahoo.co.jp/sanwadirect/4969887521571.html


181 :ミスター音っ子:04/05/08 18:36 ID:aWKFejqh

音将軍「はっはっは。陽一君。しっぽを丸めて逃げ出したかな?」

一馬「陽一はそんなやつじゃないわい!ちょっと買い物に出かけただけや!必ず戻ってくる」
一馬(陽一。ほんま大丈夫なんか・・・??)


・・・・・・・・・
音皇「もう28分が経過しているが。本当に大丈夫なのか?陽一君」

和郎「ハッハッハッハッハ。陽一のやつ。やっぱり逃げ出しやがった。ハハハ
   みんなあと2分で好きなアンプ持ってかえっていいぞ。ハハ」


客A「マジで?いいのかよ?じゅる」
客B「あんなえらい人が言ってるんだからいいんじゃねーの」


タタタタタ・・・一人の少年が大きな買い物袋を下げて戻ってきた。

陽一「ごめん。ごめん。遅くなって。買い物しながら、数式計算してたら遅くなっちゃったよ。」
法子「陽一!」
一馬「陽一!遅いやないか。あと一分しかないぞ!」
陽一「ごめんごめん。すぐ用意するよ。ちょっと店の奥に行って来る。」
一馬「おい!陽一」
陽一「すぐ済むって。それより。一馬。スピーカーの間隔をもう50cm空けて。それでタオックのピンスパイクかましといてよ。」
一馬「ああ。わかったわ。はよせーよ」
陽一「ああ」



182 :ミスター音っ子:04/05/08 18:38 ID:aWKFejqh

音将軍「制限時間。あと20秒!!!」


陽一が店の奥から電源タップを抱えて走ってきた。
陽一「母さん。このタップから、アンプの電源を取って!」
法子「わかったけど。そんなんでいいの?」
陽一「とにかく早く」

法子はアンプ内臓スピーカーMM-SP61の電源を陽一の持ってきたタップに差し込んだ。

陽一「よし。これで準備OKだぜ」

音将軍「制限時間。終了!これまで!陽一君は3分以内に音出しをすること」

音皇「陽一君・・。大丈夫か」


陽一「よし。みんな。よく耳を澄ませて聴いてくれよ。曲は藤本美貴「ロマンティック浮かれモード」だ!!」

音皇「ミキティーか・・」
和郎「ミキティー!?」
音将軍「ミキティー!!!」
一馬「ミキティーやて?」
法子「陽一の好きな美貴ちゃんね・・」
丸井「ミキティーか」


183 :ミスター音っ子:04/05/08 18:39 ID:aWKFejqh

陽一がSCD-1にCDをセットする。蓋を閉め、再生ボタンを押す。
アンプのボリュームはMAXだ。





・・・・・・・・

♪〜ロマンティック〜恋の花咲く浮かれモード 至上最大の恋が始まるわ〜〜♪


「おおっ・・・」(ザワザワ・・・)

客A「すげえ。まるで目の前にミキティーが居るようだ」
客B「生々しい・・っていうかこれは生だ。生のミキティーがそこに居る!!!」


♪〜毎日見かけるあの人に♪恋し・て・た♪


音将軍「・・・これは凄い・・」
一馬「すげえ臨場感やな」
法子「うちのSCD-1からこんあ音聴いたこと無いわ」

目を閉じれば、完全にスピーカーの存在が消えている。
目の前でミキティーが音のダンスを踊っている。
ミキティーがマイクに息を吹きかけるその様子まで手に取るように分かる。


184 :ミスター音っ子:04/05/08 18:40 ID:aWKFejqh

音皇「素晴らしい・・。S10-VLimitedなど足元にも及ばん」

目の前のアンプ内臓スピーカーが光を発していた。まぶしい・・。

和郎「まぶしい・・。まぶしい程の音の存在感だ。ミキティーの浮かれる気持ちが心の中まで伝わってきそうだ」

音皇「これは。素晴らしい!凄い。」


・・・・・・
客A「おい。兄ちゃん。このアンプ付きスピーカー1個くれよ」
客B「おれもだ!」
客C「おれも!」

すごい勢いで店中央カウンターに行列ができる。

陽一「みんなたくさんあるから、慌てない。慌てないで。はい1,980円だよ!!お買い得だよ!」
わずか数分間で、店内の在庫のすべてが掃けてしまった。


185 :ミスター音っ子:04/05/08 18:41 ID:aWKFejqh

客は満足して帰っていった。店内には、数人のメンバーが残るだけだった。
和郎「何故だ・・」「何故こんなちっぽけなスピーカーから」
和郎「このコンセントに秘密があるのか」

音将軍「まさか、また電気法令違反をやらかしたのかな?ふっ。」

陽一「違う。俺は少年院で電気の基礎から勉強したし。電気の資格も取った。違反は決してしていない」
音将軍「じゃあ一体なんなのかな?電気的な改造じゃ無いというのかな」

陽一「秘密は奥のこのタップのつながっている分電盤にあるさ。さあついてきて」

・・・・・
音皇「分電盤に一体なんの秘密が・・・」

陽一「秘密は見てのお楽しみ!さあ。見てくれよ」

陽一が分電盤の蓋を空ける。

和郎「これは・・・・・・。」
一馬「うわ!」

分電盤の中はまばゆいばかりに輝いているように見えた。


186 :ミスター音っ子:04/05/08 18:42 ID:aWKFejqh
音将軍「コンデンサか」

丸井「コンデンサ?そんな物で音が?」
音皇「進相コンデンサ。そうだな。陽一君」

陽一「そうさ!チョークコイルも横についているさ」

音将軍「力率改善か・・・」

陽一「そう。オーディオアンプの力率は平均0.6。それをコンデンサとチョークコイルでほぼ1.0に持っていったのさ
   勿論計算の上でね。」
陽一「俺が少年院の学校で研究した結果。オーディオにおける音質劣化の原因90%は力率低下による無効電力なのさ」

法子「陽一。私には何のことかさっぱり・・・。」
陽一「母さんとりあえずこの資料↓を見てよ」
http://hobby3.2ch.net/test/read.cgi/pav/1083244733/l50

一馬「陽一の奴。ずいぶん成長しよったなー」
音皇「素晴らしい。素晴らしい工夫。素晴らしい天才音響少年だ」
音将軍「音吉陽一か。その名前覚えててやる。」
和郎「くっ。俺の負けか・・」



こうして天才音響少年は「日の出音響」の危機を救ったのであった。
後日談であるが、翌日から例のアンプ内臓スピーカーの音質向上法についてメールでの質問が相次ぎ。陽一のメールBOXがパンクしたのは言うまでも無い。

おわり

187 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/05/08 19:07 ID:Y3BYUIRF
面白い!!!!
これだけのネタ搾り出すのは大変でしょうけど
ゆっくりでも良いので連載続けてください
楽しみにしてます!

188 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/05/08 19:07 ID:Y3BYUIRF
読み返すとジャンプの読者感想みたいだな…
いやでもほんと楽しく読ませていただきました

189 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/05/08 19:10 ID:Y3BYUIRF
連続3レス失礼
>読み返すと
自分のレスを〜 です

190 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/05/08 19:27 ID:+UDDgnHv
資料が2ちゃんってのが(・∀・)ワラタ
秀作乙!

191 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/05/08 23:26 ID:Oe3S/lWs
おい音皇と音将軍。おまいらいい年して「ミキティー」とかいってんじゃねーよ!

ワロタ。

192 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/05/08 23:57 ID:HO2sBdIo
面白かった(・∀・)
陽一レベル高いなあ!いや、漏れのレベルが低すg(ry _| ̄|○
またマッタリ待ちますわ。

193 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/05/09 00:54 ID:fjpMROIR
楽しく読みました。
こんなこと言うのはアレなんですが、
元ネタって何なんでしょう?

194 :ミスター音っ子@作者:04/05/09 02:09 ID:62yVs8z3
元ネタはミスター味っ子・・ってゆーか内容はほとんど自分の創作です(w
>>140さんのリクエストにお応えして、今回はちょっとビッグ錠風の演出も入れてみました。
http://www.ryupro.com/jp/

ちなみに私はこのスレの1じゃなくて6です。
良く見れば文体が全然違うでしょう?

195 :193:04/05/09 13:22 ID:zKgQSC5W
>>194
レスありがd。
創作ってとこがすごいですね。
ネタ仕入れたら、またおながいします。
192さんと同じくマッタリ待っています。

196 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/05/09 16:11 ID:qk3hh3nE
アンプ内蔵スピーカーのどういうやつだろ。
リンクをクリックして爆笑したよ。
マジすか!

70 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)