5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

オーディオ漫画

1 :音川音一:04/01/18 21:31 ID:wq4mdvag
音川 音一はオーディオ好きの中学二年生。
音一は、母子家庭で貧乏だが、元電気技術士の親父の形見である20年前のコンポを今も愛用している。

ある日、学校帰りに、赤信号で渡りきれなかった老人を助ける。
老人は、日本を代表するオーディオ評論家の子家脅 龍之介。
子家脅は音一をお礼に自宅に招待する。
子家脅は少年がオーディオに興味を持っていることを知ると、にやりと笑い、地下のオーディオルームに連れて行く。
「音一くん。ここにはめったに人を通さないんだ。下世話な話だが、1億円以上をつぎ込んでいるよ・・・」
音一は、雑誌でしか目にしたことのない憧れていた機材に目を奪われ感激する。
「どれ。音一くん。早速聞いてみるかね?」
子家脅は、少年向けに、JPOPで人気のアーティストのCDをセットする。
「うっひょー。わくわくするなー」
音一は、今か今かとドキドキしながら待っていたが、
でてきた音を聞くと徐々に表情が曇っていく。
「何か違う。子家脅のじっちゃん、なにかがちがうよ。」
子家脅は、少年に自分の音を否定され激怒するが、音一は続ける。
「低音が濁ってる。それに左右のバランスも狂ってる。・・・じっちゃん、ダンボールある?」
音一は、ダンボールをカッターで切り、部屋の何箇所かに置く。
子家脅は、部屋のあちこちにダンボールを置かれ不愉快そうだが音一はマイペースだ。
「よし。これでよし。じっちゃん音出してみてよ。」
子家脅は、渋々CDのリモコンを押す。

その瞬間、風のようなものが子家脅を包み込んだ。
「・・・!」
位相、周波数・・・そんな物理的な言葉がまるで意味を成さない、一つの完成した世界の中心に子家脅は立っていた。
まるで音の粒子に手で触れられそうな錯覚を覚え、子家脅は思わず手をかざした。
それは、子家脅しが始めて体験する世界だった・・・

ようやく一曲目が終わると、子家脅は失禁していた。
「こ・・小僧!」
「俺の名前は、音川音一。じっちゃんよかったら俺のコンポ聞きにこない?」


196 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/05/09 16:11 ID:qk3hh3nE
アンプ内蔵スピーカーのどういうやつだろ。
リンクをクリックして爆笑したよ。
マジすか!

70 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)