5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

VOTTに首ったけ

1 :がんがれAltec:04/03/02 19:47 ID:KjMqFnGp
ジャズだけでなく映画館でも大活躍した元横綱
"Voice of the Theater"についてかたりませう。

復活したAltec Lansing Pro(A7はナゼかコンシュマー)
ttp://www.altecpro.com/index.asp
昔の機器の詮索は。。。
ttp://www.lansingheritage.org/html/altec/altec.htm


2 :名無しさん@お腹いっぱい:04/03/02 19:52 ID:HXsQuLmY
クソ2

3 :1:04/03/02 20:01 ID:FGplZX2Q
なんだかあの大らかさがイイよね。

4 :1:04/03/02 21:20 ID:9qvVXgz0
しかしvottがなにかも知らない人が多いカモな。
むか〜しむかしのことじゃったぁぁ。
メリケンっちゅ国にトーキーちゅもんがあったげな。
そこではWEとRCAという電話貴族とラヂオ大名が鞘当てしとったとこ
映画最大手のライオン印のMGM社が拡声器のコンペば開きおったじゃ。
そいでマグナヴォックス、ジェンセン、RCAを抜いて選ばれたのが
新進の技術屋、ランシング師ひきいるアルテックちゅ会社じゃった。
犬印のHis Masters Voiceをもじったthe Voice of the Theaterの称号が
そこで与えられたで。そりが訛ってvottっちゅげな。
そんごは米国映画アカデミーの後押しもあって世界中の映画館で使われたじゃ。

5 :あんちょこ ◆44iVG5nexo :04/03/02 23:22 ID:1i+xo4ka
グリーンユニットの音色(ねいろ)はスキだよ。
604は新しくなるたび紙くさい感じがするよ、、、。(Bまでかな?スキなのは
まあコノスレは私から見たらマニアックすぎる。
ALTECはどうよ?ぐらいで良かったんじゃない?
それかもっとマニアックに ベストオブフィールド -ランシング- WEの申し子達
とかなら私がMAXONICの話題を提供してもよかったんだが、、、。(笑

6 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/03 02:30 ID:1rF/1sd9
Altecのもうひとつの顔はスタジオ・モニターでしな。
604シリーズは1970年代に入るまで納入実績のチャンピオンだったけど
ジャズ以外にロックを好きな人にもっと魅入られても良いと思うね。
ネットワーク換えたりしたUREIバージョンなんてのも仲間に入るのかな?
パンケーキや409など含めるとフルレンジもあなどれない。

ただDuplexはVOTTの鳴り方とは異なってもっとダイレクトな音に感じる。
511Bは1200Hzでカットしても中域のレスポンスが残るしね。
VOTTにはそういういい加減なところも含めて
オールド・アメリカンの懐の深さがあるように思う。

あと楽器用のMIも忘れてなるものか。。。という感じでしょうか。
これロックに意外に良いあるよ。

7 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/03 15:26 ID:TdVDBe+5
アルテックの一般に云われるバタくさい音は
414や515ウーハーの音色に引きずられている部分が大きいように思います。
高域の伸びを求めてドライバーをJBLに換えることは良く聴きますが
802や288の柔らかい音が好きな人で弾んだ低域が欲しいときは
JBLの130系やJensenのフィールド型に換えるとまた違う味わいがあります。
ボーカル域を中心に据えたアルテックの良さは保たれたままで
腰周りの軽いステップが楽しめます。

ここら辺はランシング絡みのよしみということもありますが
515の開発された1940年代の頃はアクション映画も増えて
より強力な低音再生が劇場で求められていたので
むしろライバルだったMagnavoxを意識したトーンのように思います。
しかし一見先祖返りのような取り合わせも
70年代のインスト用SPで現れるわけですから、温故知新というべきでしょうか。

8 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/03 19:42 ID:dqa7cVr4
パンケーキあげ

9 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/04 11:52 ID:GXgQOZAr
トーキー初期に凌ぎを削っていたMagnavoxとJensenですが
実はJensenはMagnavoxから飛び出して独立したメーカーです。
JBLとAltecの関係といささか似ていなくもありません。

ランシング氏の台頭は
これまでWEの特許で動いていたMGM社がマルチウェィ化の実験において
開発をMagnavox社に持ちかけてきたことに端を発します。
これが実際には失敗に終わるわけですが
後にランシング氏の設計したシャラー・ホーンが選ばれます。
これをWE傘下のAltec社が買収してVOTTの誕生と相成るわけです。

管球王国でWE 555ドライバーと組合せ試聴会をしてましたが
トーキー用ウーハーを色々取り替えているなかで
当時のメーカー毎のトーンが多少でも判るように思います。

10 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/04 22:49 ID:7I0YEbCl
今までオリジナルを崩すのに抵抗があったA7。
試しにBEHRINGER DCX2496を使ってみた。
もうネットワークには戻れない。

11 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/04 23:14 ID:1BxuakLF
>>10
アンプの台数が揃えばマルチはストレートなレスポンスで良いですよね。
Altecの場合はやかましさが減る感じでしたがいかがでしょうか?
パッシブは良くも悪くも素子のクセが出やすいのでチューニングに苦労します。

12 :10:04/03/04 23:26 ID:7I0YEbCl
416Aの鳴り方が全然違うね。
N500Dだと低域を出そうとアッテネータ絞ると高域が曇るようで限界を感じてた。
残留ノイズが多少気になるんで高域をネットワークに繋いでみたら
やっぱり曇るようで今までこんな音を聴いて満足してたのかと愕然とした。
まあ、有り合わせのアンプなんでまだこれからなんだけど十分な可能性を感じてる。

13 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/05 08:56 ID:TWUNgXdl
>>12
鳴り方の違うのは416のほうでしたか。
ウーハーに関してはスルーで鳴らすだけでも印象が変わるように思うんです。
トーキー用は家庭用と違って最大入力に対して設計されているので
ウーハーの高域をカットして高調波歪みを減らすというのも
大空間で鳴らす大入力時のように思います。
残留ノイズは気になりますよね。。。でも音の勢いが全然違う。
いわゆるヤラセで活きのいい音ではなく
本当に音の立ち上がりがスムーズでうるさくない音ですね。


6 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)