5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

早逝の天才落語家、桂枝雀

1 :重要無名文化財:2001/05/21(月) 16:19
カセット、ビデオ、CDで全集が出ていますが、
ここはぜひDVD全集を出していただきたいものですね。
やはり「見せる」落語こそ枝雀の真骨頂ですから。
(テープで聞いてもそれはそれで素晴らしいですけどね)




2 :重要無名文化財:2001/05/23(水) 11:45
激しく、激しく同意!>DVD化

3 :重要無名文化財:2001/05/23(水) 19:37
おいらも!

4 :重要無名文化財:2001/05/23(水) 19:39
ビデオじゃなんでだめ?

5 :重要無名文化財:2001/05/24(木) 10:19
いまさらビデオってのもね。

6 :重要無名文化財:2001/05/24(木) 10:39
場所取るしね。

7 :重要無名文化財:2001/05/29(火) 14:50
枝雀のサゲの分類を、ドクター中松がまるまるパクっている。
救いがたいやっちゃな。

8 :重要無名文化財:2001/05/29(火) 14:59
「笑いころげてたっぷり枝雀」おもろかったな〜!

9 :重要無名文化財:2001/05/29(火) 21:53
あたま山きぼーん。

10 :重要無名文化財:2001/05/30(水) 17:41
観に行っておいて良かったよ、本当。
しかし、もっと観たかったなぁ。

11 :重要無名文化財:2001/05/30(水) 20:08
果てしなく同意

12 :重要無名文化財:2001/06/04(月) 04:31
サゲ分類アゲ

13 :重要無名文化財:2001/06/15(金) 23:23
緊張の緩和アゲ

14 :重要無名文化財:2001/06/16(土) 03:02
ファンの人には悪いが、ぶっちゃけた話、個性的ではあるが
決して天才ではないと思っている。
おもしろい顔で笑いをとるのは個人的にはあまり好きではない。

15 :重要無名文化財:2001/06/16(土) 03:10
>>14
いや、それは枝雀の表面的な部分しか理解していないと思う。
顔やオーバーアクション単なる導入部であって、枝雀の魅力は
その分析力・構成力・解釈にある。
江戸落語で言えば、一見偽悪的な導入部を持つ談志の魅力に
近いかも知れない。タイプは違うが・・・

枝雀が歳を取り、圓朝言うところの無舌の境地になった時の
高座を見たかった。
返す返すも、早すぎる死が無念でならない。

16 :重要無名文化財:2001/06/16(土) 03:20
大昔、NHKで時代劇の主演してたやつが好きだったなあ
アレ何てドラマだったっけ…

17 :重要無名文化財:2001/06/16(土) 03:23
>>15
実際、枝雀さんについては賛否両論が激しいので
あまり反論はしない方がよいと思います。
自分は枝雀さんのの〜んびりした雰囲気が好きですが。

枝雀さんの究極は高座で何も喋らずと生前仰っていましたが、
音楽の世界では既にされていたらしいです。
ピアノの前で音を出さずに座って、時間が経てば立ち上がり
客席に礼をしたという。もちろん客は大激怒だったそうです。
聞いた話なので、それは誰かは知りません。

18 :重要無名文化財:2001/06/16(土) 03:29
>>16
「なにわの源蔵」だったと思う。

19 :重要無名文化財:2001/06/16(土) 04:21
>>17
節度のある議論なら無意味じゃないでしょう。
他スレのように、「バカ」とか言い出すと始末に負えないが。

20 :重要無名文化財:2001/06/17(日) 02:15
今の上方落語の噺家さんの中にある枝雀さんの影響の深さを見ると
やっぱりすごい人だったと思う。
高座自体に対して好き嫌いはあって当り前だと思うけど。

21 :重要無名文化財:2001/06/17(日) 02:52
>>18
あーそうだあ〜 懐かしい
ありがとうさん

22 :重要無名文化財:2001/06/17(日) 09:18
↑懐かしいですよね

23 :重要無名文化財:2001/06/17(日) 10:01
>>17 ジョン・ケージという音楽家です

24 :重要無名文化財:2001/06/17(日) 11:30
↑激怒しちゃったなら、究極じゃなくて失敗…
それとも、お客さんに感性がなかったか…
枝雀さんのオーバーアクションの次の展開を楽しみにしてたのに。

25 :重要無名文化財:2001/08/11(土) 04:51
このスレが倉庫行くのはもったいないのでage

枝雀一門の話題もありにしてほしいが、上方落語スレとだぶるかな・・・

26 :重要無名文化財:2001/08/11(土) 05:04
小さんより円生、枝雀より米朝、の俺だが、正直枝雀が亡くなったときは涙が出た。

27 :.:2001/08/11(土) 05:05
.

28 :重要無名文化財:2001/08/13(月) 10:50
「笑芸人」見て、また泣いてしまいました。
枝雀師匠がいなくても8/21の一門会に行きます。
あとで物足りなくて悲しくなるかもしれないけど。

29 :重要無名文化財:2001/08/13(月) 15:04


30 :重要無名文化財:2001/08/14(火) 10:35
ageときます

31 :重要無名文化財:2001/08/14(火) 15:41
すびばせんねえ

32 :重要無名文化財:01/09/19 01:09
腕組みをし、電車の中で、それは真剣な表情で
ウォークマンを聞かれてた姿を何度かみました。
何か間合いをとる指先。落後の時とは違いとても厳しい表情をしていた
姿が焼き付いています。
落後のことあまりしらない子供だったけど、文句なしに笑わせてもらった
記憶があるので訃報を聞いたときは悲しかったです。

33 :重要無名文化財:01/09/30 22:07
このスレッドをお蔵入りにはしたくないなぁ。
お弟子さん達もおもしろい人たちが多いですよね。
雀々さんに雀松さんに九雀さん、若手の紅雀さんも随分よくなってきた。

34 :重要無名文化財:01/09/30 22:29
落語厨房で申し訳ないのですが
枝雀師匠の「いたり きたり」の入ってる全集ありませんかねえ?
一度TVで拝見したのですが、奇妙な味がしてとても面白かったです。

35 :重要無名文化財:01/10/07 20:20
枝雀一門、この一週間程独演会ラッシュですね。お金が続かない‥‥…。

36 :重要無名文化財:01/10/07 21:15
上岡龍太郎が桂米朝の門をたたきに行ったら枝雀(小米)がいて
「こんなすごい奴がいてはとても勝ち目がない」
とやめたそうだがホンマやろか。

37 :重要無名文化財:01/10/07 21:25
うそ。
上岡はバンドマンからの転進でしょ。

38 :重要無名文化財:01/10/07 21:37
http://www.geocities.co.jp/Hollywood-Miyuki/4449/
ファンのホームページ

39 :重要無形文化財:01/10/08 01:23
小米時代のおおぎり、サイコーでしたよね。
他の落語家とは回転速度が違ってて、毎週、気が狂うほど
笑わせていただきました。あれもDVDにしてくれないもんかな。
関東の人間で、あれではじめて上方の落語家はスゴイもんだと
知りました.小米サン、大好きでした。

40 :重要無名文化財:01/10/08 09:16
ageとこうか。

41 :第三十六集:01/10/08 14:57
>34
http://www.toshiba-emi.co.jp/rakugo/shijaku/video_j/video.htm

42 :重要無名文化財:01/10/10 00:46
鬱病こわい

43 :重要無名文化財:01/10/10 00:58
こわいねえ。

44 :重要無名文化財:01/10/10 13:53
age

45 :34:01/10/12 23:07
>>41
おお!これだ!どうもありがとうございます。
リンクがちょいずれてましたが、たどっていくと見られました。
私が聴いたのもこの放送だったと思います。
上方弁の織りなす奇妙な虚構の世界がとても良かった。
本当に惜しい人をなくしたものです。合掌。

46 :重要無名文化財:01/10/17 02:19
手ェなしで言いなはれ、手ェなしで・・・
このフレーズとアクションをまた生で見たい。

47 :重要無名文化財:01/10/17 06:22
お日いさんが、カーッ

48 :重要無名文化財:01/10/17 23:20
十月の乾いた風が、ヒィャァ〜

49 :重要無名文化財:01/10/18 00:02
わたいの仕事はプォンどぇ〜〜す。

50 :重要無名文化財:01/10/18 00:26
スビバセンね。

51 :重要無名文化財:01/10/18 00:39
あ〜あ、エラかったぁ〜・・・。

52 :重要無名文化財:01/10/18 01:57
せ〜ねんがっぴ

53 :重要無名文化財:01/10/18 12:35
せ〜ねんがっぴ。 を

54 :重要無名文化財:01/10/18 12:55
「あだたのうまれたときのことをおしえてくらさい」
「ア〜、覚えてない〜」

55 :重要無名文化財:01/10/18 13:37
よしまー、別の読み様したり〜。

56 :重要無名文化財:01/10/18 21:26
二間半のガラガラ格子を
ガラガラガラガラガラガラガラガラ………

57 :重要無名文化財:01/10/18 21:36
また列挙ですか…。
一人がやってるの?

58 :重要無名文化財:01/10/19 00:15
>>57
この時間だし、酔っていい気分になっちゃったりしてんじゃないの。
そういや、そういう自分に酔うためのスレとか用意しておいた方がいいかも。

59 :岐阜ッ子:01/10/19 05:45
ビデオテープを整理してたら、朝ドラ「ふたりっこ」の総集編を見つけましてん。
枝雀師匠が出演してはったことを思い出し、登場シーンを見てるとあきまへんな。
やはり目頭が熱うなって・・・

60 :重要無名文化財:01/10/19 14:21
「ふたりっこ」で目頭が熱くなってては
「なにわの源蔵」なんかは見てられませんな。

61 : :01/10/19 23:49
「ドグラマグラ」はどうなんでしょう?

62 :重要無名文化財:01/10/19 23:52
枝雀師匠の落語。また、CDで聞こう・・・・。お題は何が良いかな・・・。

63 :重要無名文化財:01/10/21 22:37
>57?.58
おまえら何様やねん!
根性腐っとるど

64 :重要無名文化財:01/10/21 22:40
>62
とりあえず私なら「代書」。

65 :かるへい:01/11/15 23:45
「胴乱の幸助」ですね。

66 :重要無名文化財:01/11/27 23:47
米朝・枝雀両師匠の若い頃から聴いていた親父と話した時のこと―
私「枝雀さん、なんで自殺したんやろなぁ。惜しいと思わへん?」
父「どうやろかな。枝雀の落語は”見せる落語”やから、年取ってもああいう
落語はでけへんやろし、年取って普通の落語に戻してもどうせ”枝雀の落語は
最近おもろなくなった”って言われてたかもしらんなぁ。ああいう見せる落語
の限界を察知して自分で命を絶ったんと違うかな」
私「そこまで考えるやろか?」
父「頭エエから考えてたんと違うかなあ」

 枝雀師匠が自殺してよかったとは思っていません。亡くなったと言うニュース
を見てショックでしたね。

67 :重要無名文化財:01/11/28 02:55
>>66
ちょっと表面的な分析に思えるねぇ。

68 :重要無名文化財:01/11/28 03:00
>>67
あんたの分析はよ?

69 :重要無名文化財:01/11/28 03:21
枝雀に神経症的傾向があったのは有名な話。
本寸法で地味とも言って良いような芸風から、
派手で明るい高座への変化も、悩みに悩んだ末の
いわば「キレた」結果。
最後の療養にしても、芸風への疑問がノイローゼと
言える状態にまでなっていたためと聞いている。
その原因に「年齢的限界」が無かったとは言えないが、
並みの落語家なら、単純にトーンダウンさせる程度で
切り抜けていただろう。
神経症的傾向は天才と呼ばれる人にはありがちで、
他のジャンルでも「天才」の奇行・発狂・自殺は
珍しい事ではない。
療養中には、周囲もその点に一番気を遣っていたとも
聞いている。
枝雀自殺未遂の報を聞いた時、「なぜ?」よりは
「とうとうやってしまったか」という印象だった。
もちろん、ショックを受ける出来事ではあったが...

70 :重要無名文化財:01/11/28 04:13
こんなのどう?
ttp://www.hot-eye.com/essay/9904sijaku1.html

71 :重要無名文化財:01/11/28 10:54
今日の日経新聞、米朝の私の履歴書は枝雀の話です。
朝から泣いてしまいました。

72 :461g:01/12/07 02:08
神戸出身ということで阪神大震災が引きがねだったんですかね。

73 :重要無名文化財:01/12/07 06:08
自殺の原因ばかりは彼ほどの人だから 第三者が分析しても虚しいでしょう 余程の事があったんでしょうけど

74 :重要無名文化財:01/12/16 12:15
お酒のネタは枝雀落語の十八番でした。
酔態の落語的演技について、枝雀は話しています。
「酔っている人の外から見ました特徴はといいますとですね、
まず引力に負けるというやつでございますね。」

75 :重要無名文化財:01/12/19 13:55
マジカルたけしさんて早く亡くなりましたが
どういう芸人人生を送られたのですか。
病気で亡くなられたのですか。

76 :重要無名文化財:01/12/26 16:08
>>61
遅レスだが、鬼気迫る演技でした。共演の室田日出男は完全に喰われてました。
工房時代、「時間空いたしドグラマグラでも見に行ってみよっか〜」
と軽い気持で出かけた友人二人と私。
それまで知らなかった「枝雀」という人にただただ圧倒されました。
帰り道は無言でした。

77 :重要無名文化財:01/12/28 21:20
「ドグラマグラ」といえば
宮崎勉くんのあの事件を思い出します。

78 :重要無名文化財:02/01/01 16:48
>75
実体のマジカルたけしさんも自殺です。
枝雀師匠の自殺が危惧されていた根拠のひとつです。
体調をくずされた時に、落語は聞きたいものの、いっそ
落語作家に転じられたほうがいいのでは、との思いがよぎったが……


途中で寝てしまったドグラマグラを見た名古屋東映もまた、今はない

79 : :02/01/01 17:06
NHKのドラマに出た時、机の上の大福か何かを食うシーンで、
しぐさだけで大福を食ったフリをしたのに共演者もスタッフも
本当は食べていない事に全く気づかなかった、それくらい真に
迫っていた、って話は本当ですか?

80 :重要無名文化財:02/01/04 15:37
>78
自殺とは。なんだかショックだ。googleで死亡記事や在りし日の写真を検索しても
全くヒットしませんので、すごく不思議です。
忘れられた無名の芸人だったのか、何らかの理由で
伏せられたのか、ほんとのところどうなんでしょう。

81 :重要無名文化財:02/01/09 16:25
鬱病の症状の
自殺欲求による自殺です。

まぎれもなく有名芸人です
検索の仕方に問題があったのではないでしょうか。

82 :重要無名文化財:02/01/09 23:41
>>74
あったねえ。後は「焦点のあわない目で無理にものを見ようとするので、
目が虚空の一点を見つめます」だったか。

>>78さんが訂正してないので、おせっかいながらいわずもがなの
訂正をすると、実体→実弟ね。

83 :重要無名文化財:02/01/15 14:13
>81
検索の仕方に問題があったのでしょうか???
桂枝雀、マジカルたけし、前田武司で駄目でした。
どういう言葉を入れるとヒットしますの?

84 :重要無名文化財:02/01/15 20:23
>83
googleがだめなのかな?
私が 桂枝雀 をヤフーで検索すると
サイトが3件ページは3000件近くヒットしますよ。

85 :重要無名文化財:02/01/16 09:52
>>84
>>83 さんは弟のマジカルたけしさんが自殺だったかどうかを調べたいのでしょう。
私も捜したけど、確かに見つからない。

86 :84:02/01/16 10:06
>83
はやとちりですいません
私も捜してみます。

87 :83:02/01/16 14:22
あったらおしえてね。

88 :>36:02/02/02 21:14
超遅レスですまソ。
本当です。ちくま文庫に入ってる『落語DE枝雀』の上岡氏自身が
解説に書いてます

89 :重要無名文化財:02/02/17 21:50
学生時代大阪に住んでいて、上京してから好きになって聴くようになりました。
何故大阪にいたころに直接観にゆかなかったのだろうと悔やんでいます。

ところで、最近CDで「スビバセンおじさん」を初めて聴きました。
何かとても哲学的な空気で感心してしまったのですが、落語とはまたこれは違いますよね。
どなたか詳しい方、この「スビバセンおじさん」の背景というか意図というか個人的な評論というか、
そういった事を解説してくださいませんでしょうか? 

90 :重要無名文化財:02/02/21 06:20
「なにわの源蔵事件帳」、再放送の可能性あるかな?

91 :>89:02/02/21 23:52
『枝雀大全』の解説に少し出てる

92 :重要無名文化財:02/03/12 01:02
http://www.toshiba-emi.co.jp/video/release/200204/tobs1011-20.htm
来月11日に全10巻でDVDが出るね。
発作的に注文しちゃったよ。

93 :重要無名文化財:02/03/31 21:54
残念ながら、ビデオから半分ほどに選出したものみたいですね。DVDは。

米朝のビデオもamazonで調べたら在庫切れみたいだし。米朝もそろそろ
DVDが出るのかな?

94 :重要無名文化財:02/04/01 09:55
>★特別機能★
>・初心者でも楽しめる、落語ビデオとしては始めての【字幕スーパー】つき。
>・演目解説を、映像画面でわかりやすく解説。
>・枝雀散歩道(枝雀一門が語る、本編にまつわるエピソード等)を、各巻収録。

「字幕スーパー」・・・・?オイオイ

95 :重要無名文化財:02/04/02 13:13
「おわ」とか「すっびっばっせんで」とか「ぷぉんでぇぇええーーす!」

なんて表示されるのかね。

96 :重要無名文化財:02/04/15 19:13
>>95
DVD、注文してたのが今日届いたけど・・・表示されるよ。
画面の下半分が文字で一杯になるぐらいに気合いが入った再現ぶり。


97 :重要無名文化財:02/05/16 19:40
このごろの朝日新聞の大阪版の火曜日の夕刊に枝雀の特集が連載中

98 :枝雀と米朝:02/05/20 15:19

亡くなって随分経ちますが、いまだに印象的なのは枝雀が「花王名人大賞」を受賞
した時です。(テレビで放映してました)
枝雀の師匠である桂米朝が表彰状を渡す時「がっはっはっ〜」と笑い飛ばしながら貰っていました。
米朝師匠もそんな枝雀の性格を心得えているのでしょうか?「ママッひとつ貰ってや!」
と言いながら表彰状を渡していました。その後、米朝が簡単な祝辞を述べた時もやっぱり
「がっはっはっ〜」と笑い飛ばしていました。

変ですね・・・・・・・
あれほどの天才なのに、そんなことばかり覚えてるなんて・・・・


99 :重要無名文化財:02/05/23 08:59
僕は鴻池の犬が大好きでした
なんともいえず いい感じでした

100 :重要無名文化財:02/05/23 13:42

今だ!行くぞ100番ゲットォォォォ!!
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄∨ ̄ ̄ ̄       (´´
     ∧∧   )      (´⌒(´
  ⊂(゚Д゚⊂⌒`つ≡≡≡(´⌒;;;≡≡≡
        ̄ ̄  (´⌒(´⌒;;
      ズザーーーーーッ


101 :重要無名文化財:02/05/23 22:36
>99
トットコトットコトットコ
っていうの最高でした

102 :重要無名文化財:02/05/26 08:31
鴻池の犬 いいですよね
「兄さん先お食べ あたし残ったら骨いただきます」
ってぇのがよかった

103 :重要無名文化財:02/06/03 23:46
>>99>>101>>102
「そのときあーた、わずか遅れてはるか辰巳の方角から、
チュチュウチューチューチューチューチューと飛んでくるのが
江戸っ子の雀です。」
(チュー略)
『あんなものが何が怖ぇんだい。だから贅六雀は嫌ってんだ。
昔から言うじゃねぇか。高ぇところに上がらなきゃづくしは食えねぇ、
虎穴に入らずんば虎子を得ずってことがあらぁ。
あっちが手本を見してやるから見てなよ』
言うとね、こいつがチュチュウチューチューチューと下りてきて、
このこぼれ梅チョイとつまんで、バタバタバタバター
『まあ兄さん帰っておいなはった。何ともおまへんか』
『何ともありゃしねぇよ。口当たりのいいおつなもんだ、やってみな』
っちゃなことをね。
--以上「鷺とり」より。引用長くなってスマソ。
枝雀さんの動物の出てくる噺、童話みたいな味があって大好きです。
返す返すも生きているときからのフアンだったらと残念でなりません。


104 :重要無名文化財:02/06/04 00:38
age

105 :重要無名文化財:02/06/04 00:38
>>103
あの盛りあがってるとこ悪いんですがそれ米朝師匠の丸写しなのね。

106 :重要無名文化財:02/06/04 01:12
うーんとね…。
あれが丸写しに見えるようならまだまだですね。
枝雀さん独特の味の話なの。

107 :重要無名文化財:02/06/04 01:22
彼のことは少々の文章では書けない。まして書くことのダメになった今の私には、
枝雀を分析したり評価したりはできそうにない。(桂米朝)

108 :重要無名文化財:02/06/04 01:42
松本人志は家でひとりさみしく枝雀のビデオ見てるってこのあいだ言ってたそうだ。

109 :重要無名文化財:02/06/06 19:08
もう一度
鴻池の犬
聞いてみたかったなあ

110 :重要無名文化財:02/06/07 07:49
あちきは ときうどん を聞きたい







111 :重要無名文化財:02/06/07 10:47
また膳所のパクリか?

112 :重要無名文化財:02/06/07 23:09
「ちぐはぐ親子」という番組がありましたな。

113 :重要無名文化財:02/06/08 01:05
age

114 :重要無名文化財:02/06/08 04:28
「みなで俺の家持ち歩いてけつかる」
親子酒

115 :重要無名文化財:02/06/20 23:10
たーーまごーーー、たまご

116 :重要無名文化財:02/06/24 00:36
替り目で野良犬に向かって
「あのねぇ、あぁた今犬ですけろね、わったしは人間ですけろね。
しかしながら自業自得、因縁因果という事がありますから、あぁた今は犬で
すけれろも、犬として立派な徳を積んでね、来世は人間に生まれ変わるとい
う事もあるという事がない事もない事もあるんれすよ。」
と言ってるのがええなあ。

117 :重要無名文化財:02/06/24 01:23
116
あのくだりはききいってしまいますね。
枝雀師匠のDVDほしいなあ。
かわり目と茶漬けえんまのテープすりきれちゃった。

118 :重要無名文化財:02/06/24 02:04
>>116
続きです。
「そうゆう時に私とあなたと、人間と人間としてまたお話をするとゆう日を
楽しみにね。
おいちょっと犬、聞け聞け聞けコラ。コラ、あほ、
人せっかく話したってるのに聞け]
何度聞いてもおかしい。

119 :重要無名文化財:02/06/24 22:18
「そんな事なればずっと犬してんならんぞ。」
輪廻という仏教思想をおもしろおかしくこの場面に凝縮している。
米朝さんによると枝雀さんは仏教書もよく読んでたそうで。

120 :重要無名文化財:02/06/24 22:20
漏れは、宿替えの「かなしいかな、かなしいかな....」のくだりが好き。

121 :重要無名文化財:02/06/27 01:01
寝床
「いいお浄瑠璃はたまらんとこがございますけどねぇ、
結構なお浄瑠璃はまことに結構ですけどねぇ、
結構でないお浄瑠璃はねぇ、まことに結構じゃないんですよね」
活字にするとぜんぜん面白くないが・・

122 :重要無名文化財:02/06/28 01:05
今日、太融寺で雀松さんの「茶漬えんま」聞いてきました。
小佐田定雄の新作落語で、元々枝雀師匠がやってたヤツだけど、
多分、今日初めておろしたみたい。
で、天国から留五郎とお釈迦様が池から地獄を見下ろしてしている場面

==================================================================

留五郎
「針の山は芝生でゴルフコースやわ、
血の池でウィンドサーフィンやってるわ、お釈迦さん、地獄も楽しそうでんな!」

釈迦
「さぁそれや。あぁいう楽しみは昨日と同じでは物足りんのや。
昨日より今日、今日より明日、延々と楽しならないかんのや。
これが、ホンマの無限地獄やなぁ・・・・・・・・(ニヤリ)」


ボーーーーーン

===================================================================
この下り怖いよ!やってるのは雀松さんだったけど、
枝雀師匠の一瞬見せる病的な笑い顔が目に浮かぶようだった。
「緊張と緩和が笑い」は師匠の理論だけど、
「緊張」のまんま確信犯で投げっぱなしなんだもん。





123 :重要無名文化財:02/06/28 01:41
>>122
ネタおろしではない。
>多分、今日初めておろしたみたい。

ごかいらくでやったはず。

124 :重要無名文化財:02/06/28 11:24
え〜本日もまた飽きもせず、またこのつまらないお話をいたすのでございます
何が貴方面白くないと言いまして、人が笑っておりますのをこの・・・
一段高いところから見下ろしておりますと、人とはいったい何なのか?
この疑問にぶつかりまして、一晩中悩み苦しみもがくわけでございます。

さてこの、浪速の御大家の御寮さんでございます。
何が貴方すごいと言ったって、この家の使用人の数と言えば、
番号!と号令を掛けますと三日三晩かかっても終わらなかったそうで・・・
また畳干しともなりますと、近郷近在のお手伝いの数だけで軽く浪速の総人口を
越えてしまったという・・・まあそんなことはございませんが
そんな御大家のお嬢様に・・・・一つだけ・・・お悩みが・・・
お顔が・・・猿・・・そうでございます・・・きゃっ言うて、顔とお尻の赤い・・
あのお猿にそっくりともうしますか、猿そのものでございます。

「猿後家」より

125 :重要無名文化財:02/07/08 13:49

最近、地獄八景がまた注目されてきているが、

枝雀師は地獄八景のことをそれほど好きではなかったと

いう話を聞いたのだが真相はどうなのでしょうか?


126 :重要無名文化財:02/07/10 23:25
age

127 :ヒロム:02/07/10 23:41
もっとはなしして?

128 :重要無名文化財:02/07/11 19:22
え〜一席お笑いをいたすわけでございますが
こうやってみなさまのお顔を拝見いたしますと、何故に
こう出来が一人一人違うのかとこう思うわけでございます。
名前という物がございまして、その上におひとりずつ違うお顔がついているという
誠に贅沢な限りなのでございます。
そのお顔をこう、美しくゆがめていただきまして・・・
あは あは あは あは・・・と、きわめて虚無的に笑っていただきますと
楽屋一同の懐に若干のお湿りが参ると、こういうシステムになっております。



129 :重要無名文化財:02/07/12 05:29
>>125
「ここだけの話ですが、私はあまりこの噺を好きではなかったのです。
いわゆる知的なおもしろさだけで1時間以上も聞かせるてな事、
うちの師匠なりゃこそできる事だと思っていました。
それを演らしてもらってから、少々長いネタでも驚かなくなりました。
1時間半かかりますからね、私の「地獄」は。
今では『宿屋仇』とか『瘤弁慶』てな長い噺をやる前にあった
『しんどいやろなァ』という不安感が無くなりました。
何せ長編ですから、どこでもやると言うわけにはいきませんが、
せいぜい高座にかけさせてもらって、行く行くは自分のものにしたいと
思っています」

と、「桂枝雀のらくご案内」って本の後書きに書いてるね。


130 :129:02/07/12 05:58
スマソ、
>いわゆる知的なおもしろさだけで1時間以上も聞かせるてな事、
>うちの師匠なりゃこそできる事だと思っていました。

のあとに
それをやらせていただく事になりまして、知的な
アイデアのおもしろさに挑戦させてもらい、今までの私の
守備範囲になかった経験をさせていただきました。
それと、この噺をやらせてもらってから、少々長いネタでも
驚かなくなりました・・・・・・

って言ってる。
寝ぼけてる時に書き写そうとしたから抜けたんだな

131 :重要無名文化財:02/07/14 02:04
>>129-130
ありがとう。疑問が解けました。

でも私は「地獄八景」という長編は好きではありません。
なぜこれほどまで「地獄八景」で盛り上がれるのか?
何が好きではないか?
まずこのネタは時事ネタを入れていけるのだが、その時事ネタ部分の
落ちがワンパターンというところ。お約束的オチと不意をつくオチ。
しかし落とし方が両方とも同じパターンに統一されていて飽きてくる。
時事ネタ以外でも似たようなパターンが多く含まれており、笑いの表現と
いう意味ではあまりスケールの大きいネタとは思えません。
枝雀師と地獄八景、私の中ではあまりイメージが結びつかない。
笑いという点において、地獄八景は表現の幅が狭いからだと思います。
それと上方では大物落語家になるステータスとして「地獄八景」ができると
いう風潮が最近濃くなってきているのが、どうも納得がいかない。
演者本人が言ったりするが、噺の内容が非常に薄っぺらい。何も残らない。
そんなネタができたら大物なのか?そんな疑問を長年抱いている。
私の中では「地獄八景」の価値はあまり高くない。むしろ低い方です。
皆さんはどう思われますか?

132 :重要無名文化財:02/07/14 04:10
>>131
そのネタが難しい、大きいと言われる基準の一つに
登場人物の多さってのがあるわけよ。
だから「地獄」がちゃんと演じられれば、それだけ
一つの噺の中でたくさんの人間を登場させることができる
という風に評価はできるでしょ。それを踏まえてなら好き嫌いは自由だ。
噺の深みについては別問題と思われ。
それを「地獄」に求めるほうがそもそも間違いかと。

133 :重要無名文化財:02/07/14 05:07
漏れも「地獄」はそんなに好きじゃないな
>>132の言うすごさも分かるけど、噺として面白いと思えないと言うか…
ま、求めるものが違うんだろうね。

134 :重要無名文化財:02/07/14 08:25
96年秋、朝ドラ「ふたりっ子」で岩崎ひろみと内野聖陽の将棋の師匠役
を好演!厳しいなかにもユーモアがあって凄ーく好きでした。二人の結婚
を反対するんだけど最後は許す場面は、心に残っています。

135 :重要無名文化財:02/07/14 17:37
>>132
その説明する凄さは理解している。
けどそれだけ凄い分、面白い噺に仕上がっているか?
ただネタが難しいだけのような気がしてならない。
登場人物が多いといっても、あいつが出たと思ったら
どこかへ消えて、の繰り返しで欲張りに地獄にあるモノを
引っ張り出してきているという安易な構成になっている。
地獄八景といえばサンケイで初の米朝独演会でかけたネタとして
また米朝が掘り起こした噺としても評価が高いとされているが、
噺としてどこを評価していいのかも分からない。
どうせなら地獄という場所をもっと深く描いている噺に仕上げてほしかった。
ただ時事ネタを入れて喜んでいるようなものはあまり感心しない。

136 :重要無名文化財:02/07/14 18:33
>>135
地獄逝き!
これで笑える人かどうかって話なんだろうけどね。

その見解はそれでいいんじゃないの。
娑婆もあの世も似たようなもの。で、娑婆の風刺の入れ事で
演者も客も「遊び」の多い感覚で楽しめる噺が「地獄」。
米朝が米朝が、の連呼で「百年目」や「立ち切れ」と同格みたいな
噺だという認識で「地獄」を見るのは間違いだと思うし。
でも、掘り起こして練り直した功績はやっぱあるでしょ。

137 :重要無名文化財:02/07/19 04:01
>でも、掘り起こして練り直した功績はやっぱあるでしょ。
功績はもちろん認めます。

>米朝が米朝が、の連呼で「百年目」や「立ち切れ」と同格みたいな
>噺だという認識で「地獄」を見るのは間違いだと思うし。
同意です。ちょっと世間は騒ぎすぎていると思う。
あまりにも大層に扱いすぎている感じがある。

138 :重要無名文化財:02/07/19 12:33
でもしかし、ねたの料理の仕方、味付けに
噺家あるいは客の等級モロ出しという点で大層な噺でしょ>地獄・・

139 :重要無名文化財:02/07/19 12:50
「地獄八景」って東京ネタでいえば「源平」に似ている。
(長さは違うけど)

地噺の大作で、噺家のセンスに左右されますからね。
「源平」は談志・小朝・三平・文治がやります。

でもホントの大作は「百年目」とか「らくだ」とかそっちの
系統でしょうね。

140 :重要無名文化財:02/07/30 01:03
NHKで米朝師匠のドキュメンタリー見てます。
米朝師匠が人生最後の大舞台に挑む所です。

大劇場でやるのはこれが最後なのだそうです。
理由はもし万が一の時に代わりを頼める
枝雀師匠が亡くなったからだそうです。
米朝師匠はもう一度枝雀師匠が化けると
最後まで言い続けていたそうです。
もっとすごい枝雀師匠を見てみたかった、、、、

141 :重要無名文化財:02/07/30 14:38
へ、獄立演芸場へでも行ってもらいましたら、
志ん朝師匠と二人会してられますわいな。

142 :重要無名文化財:02/07/30 17:33
>>141
まさか、米朝師匠より先に公演なさるとは、、、

この間久しぶりに関西に帰省した際に、
南光師匠とざこば師匠の二人会に行ってきました。
その中で、一番光っていたのは雀々さんでした。
以前は珍芸中心の方だと思っていたのですが、
すごく落語が面白くなっていて、会場の笑いを集めてました。
雀々さんにも東京で公演してもらいたいです。

143 :重要無名文化財:02/07/30 20:58
ビデオで「スビバセンおじさん」を、見ました。
私には、見るのがつらかったです。

CDになってるスタジオ録音は大好きなのですが・・・

144 :重要無名文化財:02/07/30 23:26
>>140
>米朝師匠はもう一度枝雀師匠が化けると

枝雀落語はたしかに面白かったけど、あれはあくまでも若い時の落語。
60歳を過ぎてあの落語を続けられるか、本人も疑問に思ったのでしょう。
理想は仁鶴師のような変化でしょう。
全盛期の仁鶴師は若い時にできる落語で頂点を極めた。
そして今の仁鶴師は芸風を180度変えて枯れた落語の頂点を極めようとしている。
同じように枝雀師も芸風を変えるべきだったし、そうしたかったでしょう。
しかしその変身をする前に枝雀師は自ら死を選んだ。
この両師に共通するのは、若い時にできる落語を模索したことだ。
若いのにおさまって落ち着きすぎ、そつのない落語をしようとしなかったことだ。

145 :重要無名文化財:02/07/31 01:10
>>144
そうですね、、、
爆笑王の異名をとった頃の落語が
大好きですが、そうじゃない枝雀師匠も
見せてもらいたかったです。
贅沢でしょうが、、、

146 :重要無名文化財:02/07/31 01:23
>144
>この両師に共通するのは、若い時にできる落語を模索したことだ。
>若いのにおさまって落ち着きすぎ、そつのない落語をしようとしなかったことだ。

もしかして、こういうのを根拠に他のスレで「今のつまらない若手」
みたいなレスを連発したりしてる?
枝雀の小米時代を知ってて書いてる?


147 :重要無名文化財:02/07/31 01:27
黙ってぼやぁ〜〜〜〜〜っとしてる高座、見たかったな(w

148 :重要無名文化財:02/08/06 18:12
桂枝雀のらくご案内買ってきました。
勉強の合間に読んでます。
やっぱり枝雀師匠ってすごい人なんだなあ。

149 :重要無名文化財:02/08/15 03:29
枝雀師匠最高です。

150 :重要無名文化財:02/08/15 12:18
戸川京子の自殺スレでは、
自殺する奴は馬鹿的カキコが多くてげんなりでしたが、
ここはそんな厨がいなくていいですね。
さすがは伝芸板ですね。

151 :重要無名文化財:02/08/15 12:21
それはどうだろう?
自殺するヤツはバカという話題がここで挙がらなかっただけで
実は枝雀師の自殺はバカだな!と思う人はいるかもしれない。
これまで師の自殺を語るときは、何が彼を自殺へ追い込んだのか?
この話題ぐらいしかなかったから。

152 :重要無名文化財:02/08/15 12:22
「え〜〜、お魚は買って来ていただけましたでしょうか」
でハマった猫好きです。
もういっぺん観たいなあ。

153 :重要無名文化財:02/08/15 13:40
馬鹿だよ。
あれほど才能に恵まれ、師の信頼も厚く将来を嘱望されてたのに、
これほど多くのファンを悲しませる行動をとるなんて....

154 :重要無名文化財:02/08/15 14:46
>>153
149です。昨夜153さんと同じ趣旨の書きこみを
しようとしたら急に訳のわからないエラーが出ました。
お盆が近いだけに怖かった、、、天国の枝雀師匠が
怒ってらっしゃるような気がして。
俺は就職して一人前になったらDVD全部買いたいです。

155 :重要無名文化財:02/08/15 15:00
怒って化けて出てくれないかな。
幽霊でもいいから、も一度見たい。

156 :重要無名文化財:02/08/15 17:27
子供を演じて嫌味がなかった人です。
(おっと、私の中ではまだ現在形なのだ)
「佐々木裁き」の主人公の子は
他の人がやったら、「こまっしゃくれた」
ガキでかわいくなかったでしょうけど。

「宿替え」のおかみさん、好き。(はぁと。
あんなおっちょこちょいの旦那に
愛情いっぱいに「あ〜ほ。」って言うアジが
たまらん!

157 :重要無名文化財:02/08/15 17:37
パンみたいな顔のおとうさんも好きだよ。

158 :重要無名文化財:02/08/16 00:11
枝雀師の幽霊……、想像するだけで顔が緩むな。

159 :重要無名文化財:02/08/16 00:17
枝雀ファンの人に質問。
当代林家染二の芸風をどう思いますか?
本人も公言しているものの、枝雀師を意識しすぎている。
セリフや今年の独演会でも「さくらんぼ」をするし。

160 :重要無名文化財:02/08/16 00:21
>>159
とりあえずウケたきゃ枝雀の亜流に走るさ。
東京の権太楼しかり。

161 :重要無名文化財:02/08/16 02:33
蔵丁稚の定吉…。たまらん!

162 :重要無名文化財:02/08/16 04:49
>161 はげどう。
かわいい。

最後に定吉に乗せられてあげる
だんさんの鷹揚なところも。

163 :重要無名文化財:02/08/16 22:28
さだきったん(;´Д`)ハァハァ

164 :重要無名文化財:02/08/16 23:31
さだきったんって・・・。
せいぜい12−14歳ぐらいでしょうか。
それにしては忠臣蔵の科白丸暗記してて、
教養の程は計り知れない・・・。

165 :重要無名文化財:02/08/17 11:20
149です。我ながらお化けとかあほなこと
書いたなあと思ったけど、>>155さんや>>158さんの
ような暖かいレスにちびっと打たれました。
>>164
お芝居が人気の娯楽だった時代なら不思議ではない
設定じゃないですかねえ。流行った映画の物真似は
現代でも子供がやるじゃないですか。

166 :重要無名文化財:02/08/17 12:30
>>165
でもさぁ、丁稚奉公の身で、あの長せりふを
蔵の中で意味を分かって再演してるぞ。
やぱーり丁稚にならずに役者になるべきだな。
おっと横レス スマソ。

枝雀たん・・・・。
もいっかい生で高座を見たいなぁ。
グス。
狂気とすれすれのところを隠して
作られたナゴミ系だったんだなぁ。

ムスコさん達は落語家じゃないみたいだし。


167 :重要無名文化財:02/08/18 02:59
息子を落語家にするような気質だったらもっと長生きするだろう。


168 :重要無名文化財:02/08/18 10:32
今日の新聞で
全集のDVD&ビデオの
広告が。

う〜ん。買いたくなってしまうなぁ。

169 :重要無名文化財:02/08/18 12:53
漏れは自分で枝雀寄席を動画CDに焼きました。

170 :重要無名文化財:02/08/18 12:59
枝雀寄席も東芝がDVD化とか
してくれないかなあ、、、

171 :重要無名文化財:02/08/18 17:34
>>169
うらやますい。
ワタシにはそれほどの技能がありまっしぇーん。
ありものを買うしかないのだぁ。

172 :重要無名文化財:02/08/18 23:33
>>170
激しくキボンヌ
イーデス・ハンソンとのマターリトークとか、見たいなぁ

173 :重要無名文化財:02/08/19 01:29
>>160
亜流ですか・・・。
染二の芸風はなんか受け付けられない。
自身のHPでも「落ちついたらフツーの人間や!」と
枝雀師宿替えのセリフを用いたり、
枝雀師の得意ネタを頻繁に高座にかけたりして
過剰に意識をしているのが丸見えで痛々しい。

174 :重要無名文化財:02/08/21 18:09
枝雀の前に枝雀なし。
枝雀の後に枝雀なし。



175 :重要無名文化財:02/08/23 10:45
枝雀師匠最高あげ

176 :重要無名文化財:02/08/23 14:08
「全然さびしいことあらしませんよ、うちの人今でも二階にいてますから」
枝雀さんの奥さんの談話。
枝雀さん死んだこと気ついてへんのとちゃうやろか?
先代小染さんも長いこと気がつかずに、あちこち出てたそうですが。

桂春蝶、先代桂文我、先代小染、桂歌之助、そして桂枝雀。
まだまだ楽しめたのに、惜しいことですな。

177 :重要無名文化財:02/08/25 21:51
最近原作を読んだばかりの「ドグラ・マグラ」が見たくて、あちこちの
古そうなレンタルビデオ店(既に廃盤らしいので、新しい所にはないだ
ろうと思って)回ってるんだけど、一向にヒットしない。

正木博士の尋常ならざるキャラクターを、枝雀さんがどう演じていたの
か、非常に見てみたいんですが…今更無理なのかなぁ。

178 :重要無名文化財:02/08/25 23:04
>>177
スカパーで何度かやった気がするなぁ。
なかなかハマってたと思うよ。

179 :重要無名文化財 :02/08/26 03:09
>177
はまりすぎてて夢野久作の他の作品にも
脳内で登場させてしまうようになってしまいました。
枝雀ファンなら見る価値有りです。

180 :重要無名文化財:02/08/26 09:06
>>177
見事な阿保陀羅経でした。

181 :重要無名文化財:02/08/26 15:29
俳優としても稀有な才能の持ち主だったんですね。
枝雀師匠は。早くDVD買いたいなあ。

182 :重要無名文化財:02/08/27 17:49
「浪花の源蔵事件帳」が好きでした。
すごく人情味のある十手持ちでね。
娘の役の藤山直美と息が良く合っていて。

本人は2度とテレビ出演はかなわんて
言わはるぐらい、根つめて役作りされてた
みたいやけどね。

183 :重要無名文化財:02/08/27 18:34
おおっ,懐かしい「なにわの源蔵事件帳」。
いま思えばいろんな役者が出てたんですなぁ。
小林稔侍・加藤武・松原千明・司葉子・瓢右衛門先生・・・。

雁之助はんのときはさすが役者さんですが,やっぱり
枝雀師の時のほうが面白かったです。


184 :重要無名文化財:02/08/27 22:57
雁之助はんは、ごついというか、いかついというか、
四角かった。

枝雀はんのまぁるい味が、よろしおました。

185 :重要無名文化財:02/08/29 20:58
もともと、米朝のような落語家が好きで
枝雀はどっちかといえば苦手な落語家でしたが
自分が歳を取ってきたら、ぼや〜んとしてるのだけど
妙に動きの激しい高座が変に好きになりました (w
有りがちだけど「夏の医者」の「ピカ〜ッ」
もう1回見たいなぁ。。。
DVDだったら情報量が多そうだからビデオよりDVD発売求む!


186 :重要無名文化財:02/08/29 21:04
DVDはもうすでに発売してますよ。

187 :重要無名文化財:02/08/29 21:13
>186
有難う!発売してたのかなと思って
店員さんに聞いたら「ない」って言われたので
てっきりないと思ってましたよ、、。

188 :重要無名文化財:02/09/03 09:44
今日NHK BSの朝の連ドラ「心はいつもラムネ色」
を見てたら、戦後の闇市の物乞いのような
哀れを誘う役で枝雀さんが!
情けなさそうな風情がなんとも・・・。
目がまた哀しそうでね。
何やこの世の無常を見つめているような目でした。
嬉しいような、哀しいような。
久しぶりの邂逅でした。


189 :重要無名文化財:02/09/05 08:17
自分も枝雀寄席をもう一度みたいです。
枝雀師が鬱病で出演できない時に南光さんが司会を担当されてましたが
毎回「師匠は今、もうあっこのかどっこまで来たはるんで、もうちょっと
待っておくんなはれ」とオープニングでおしゃっていたのを思い出します。
まさかそのまま復帰なさらずに亡くなられるとは思いませんでした。


190 :重要無名文化財:02/09/10 03:24
1でな〜し〜、2でな〜し〜♪
3でな〜し〜、4でな〜し〜♪
5でな〜し〜、6でな〜〜し〜♪
7で〜もありませんが〜、8で〜もな〜いよ〜♪

191 :重要無名文化財:02/09/10 06:59
>枝雀師が鬱病で出演できない時に南光さんが司会を担当されてましたが
>毎回「師匠は今、もうあっこのかどっこまで来たはるんで、もうちょっと
>待っておくんなはれ」とオープニングでおしゃっていたのを思い出します。

私もよう覚えてます。亡くなる前年の10月頃に小佐田氏の講演会を聴きに
行ったときの質問の時間に「枝雀さんが枝雀寄席に復帰されるのはいつご
ろですか」とお尋ねしたところ「年明けには」との返事だったこともあり、
枝雀寄席復帰は時間の問題という感覚の方が亡くなったということよりも
強烈です。

192 :重要無名文化財:02/09/11 21:34
>191
鬱病は治りかけがこわいそうです。
師匠もお家の人がちょっと離れたスキに・・・。

あー!もいっぺん生枝雀を見たい!
こっちが向こうへ会いにいくまであかんのん?
ちょっと長すぎる。

最近向こうへ行ったばっかりのうちのお父ちゃんは
きっと楽しませてもろてるやろな。(T_T)


193 :重要無名文化財:02/09/12 22:59
たまにはAge


194 :重要無名文化財:02/09/15 01:34
枝雀さん、晩年はどうしてあんなオーバーリアクションな落語やっちゃったんだろうね。
大昔、松竹芸能所属時代の小米の落語を一度だけ見たことあるんだけど、普通にやってた方
が面白かったよ。それと英語落語、今は文枝一門のかい枝さんなどがやっているみたいだけど、
あんなのはっきり言って何の意味もないよ。

195 :重要無名文化財:02/09/15 01:36
>>194(訂正)
× オーバーリアクション
◎ オーバーアクション

196 :重要無名文化財:02/09/15 01:36
指摘してやろうと思ってたのに・・・w

197 :重要無名文化財:02/09/15 03:15
英語落語おもろいやんけ。意味あるがな。

198 :重要無名文化財:02/09/15 23:30
個人の嗜好で処理できませんかと聞いてみるテスト>194

199 :重要無名文化財:02/09/16 01:14
H.4以降の枝雀さんはどうも欝っぽい。

200 :重要無名文化財:02/09/16 22:46
確かに最晩年に自作された「いたりきたり」、「ゆめたまご」、
「山のあなた」はネタ自体欝っぽい

201 :重要無名文化財:02/10/04 23:09
そろそろ落語聴きたいあげ

202 :重要無名文化財:02/10/04 23:18
東芝から「小米」時代のCDをまとめてくれないかなぁ。

203 :重要無名文化財:02/10/11 18:35
枝雀さんの落語はみんな登場人物がキュートでよいです。
私のお気に入りは定吉さんですが他の方は誰が好きですか?
やっぱり松本留五郎でしょうか?

204 :重要無名文化財:02/10/11 18:36
パンみたいな顔のおやっさんが好きです。

205 :重要無名文化財:02/10/13 15:37
見た目以上に女性の描写にやさしさがあった。
「植木屋娘」のお光のかわいさ、いじらしさが良かった。

206 :重要無名文化財:02/10/15 14:17
「時うどん」と「軒づけ」のカップリングのCDを聴いた。
子供のころに一回だけ聴きに行った米朝師匠の高座が、
そういえばこの組み合わせだったっけ、と思い出して、なんか切なくなった。

しかし、頭の中でこだまするだけならともかく、
何かにつけて口をついてしまう「テーンツテンテン」を何とかしたいんですが、
どなたぞお手の空いたお方、考えてやってもらえませんやろか?

207 :重要無名文化財:02/10/15 15:13
「トテチン、トテチン」に宗旨替えするとか

208 :重要無名文化財:02/10/15 15:19
「チリ、トテチン」にすれば治まりまっせ。

209 :重要無名文化財:02/10/19 18:52
「おもろい浄瑠璃でんな〜、こんなおもろい浄瑠璃やってる人の顔がみたいな〜」
言われるさかいね、そんなにご希望なら見せてあげましょうと、御簾めくって
「こんな顔でございます〜!」てゆーた途端に、芋のヘタやらみかんの皮が
ぴゃーぴゃーぴゃーっと飛んできて、アハハハハ、大当てられ!


210 :重要無名文化財:02/10/19 19:46
鰻の茶漬けはまだですか

211 :重要無名文化財:02/10/19 20:09
♪ちょっとお断りいたしますけど、
この猪はめすの猪ぃ♪
歳は二八か二九からずぅ♪

212 :重要無名文化財:02/10/19 22:47
横手ふと見たらね、鉄瓶に白湯がございますねや。これ飲んでね、
腹帯ちゅうのをしてますねや、これをギューッとしたらエライちょっと気が落ち着いたんですよ。
オロッ?!と思いましてね、あ、これやな!思いましてね、ガブッと飲んでギューッ、ガブッと飲んでギューッ・・・・・、
ってね、後で聞いたら鉄瓶に3杯飲んだらしいんです。途中で2回お代わりしたそうなんです。


213 :重要無名文化財:02/10/19 23:05
♪またーも降ーりくーる雨のアシぃ〜ぃ〜ぃ〜♪
言うたらね、前の奴が ♪ヨイ〜ヨイ〜♪言いよんねん。
♪人のあーしおーと トーボトーボと〜♪ ♪コ〜ラコ〜ラ♪
♪道ーのやーみじにまーよわねど♪ ♪ハーどっこい!♪
ってね、これがねぇ、良く合いましてね!


214 :重要無名文化財:02/10/20 01:58
ttp://www.hellplant.org/cgi-bin/uploader/zenecro68xx/wc2472.jpg

在りし日の師
お題・三十石


215 :重要無名文化財:02/10/20 14:56
>214さん

写真見ました。
懐かしい・・・。

216 :重要無名文化財:02/10/23 08:06
むかし枝雀寄席をみてたときに、枝雀さんが高座の途中でへたって、南光さんにバトンタッチしたことがあったように微かに記憶してるのですが、
あのときの放送ご覧になった方いらっしゃいますか?

217 :重要無名文化財:02/10/23 15:10
ボロボロの「道具や」ならビデオ残ってまつ。

218 :重要無名文化財:02/10/23 22:38
>216

たしか「質屋蔵」ですね。
繻子の帯の件が終わったあたりで、寝違えた首が
痛くなって南光(当時べかこ)さんと交代。
「青菜」を演じたように記憶してます。

219 :重要無名文化財:02/10/24 00:43
>218さん
 ありがとうございました。演目がなんだったか思い出せなくて…。
 そうか、質屋蔵だったか。

220 :重要無名文化財:02/10/24 23:45
1990年ですね、うちにもありました。質屋蔵(4分間)の注意書き付きで。

221 :重要無名文化財:02/10/27 23:18
>ボロボロの「道具や」ならビデオ残ってまつ。

どんな感じでボロボロなんでしょうか?

222 :重要無名文化財:02/11/01 19:53
客の順番忘れて、袖に聞きまくるやつでつ。

223 :重要無名文化財:02/11/02 11:06
枝雀寄席「上燗屋」の道具屋
「あとどれぐらい?」と、持ち時間の残りを聞いて
「ほな、もうちょっとやらなしゃーない」と、上燗屋の古道具屋までやって
「まだやりなはる?」と、古道具屋にしゃべらして
「じゃかあしわい!」と、ツッコンではる。枝雀さん可愛い。

224 :重要無名文化財:02/11/04 18:33
「ドグラ・マグラ」、放送あるよ。

11/05 後03:00〜後05:00 衛星劇場(310ch)

225 :重要無名文化財:02/11/06 18:54
NHKで放送された「宿替え」でも、徳さんが荷造りの際に胴括りをかけるのを言い忘れ、
持ち上げる時になって気がついて一時中断したのを見ました。

226 :重要無名文化財:02/11/06 21:37
「宿替えに失敗は付きものです」とフォローした高座でしょ。

227 :重要無名文化財:02/11/07 03:14
とにかく頭脳明晰な方でしたね。ところで・・・
宿屋仇で見台つぶしたあの高座、出来がいいのってなんのって!
枝雀さん、永遠に好き!

228 :重要無名文化財:02/11/14 00:01
DVD買った!。動く枝雀さんをはじめてみることができた。感激!
でも、同じ演目だとCDの方が総じてできはいいみたいなきがしますが・・・

229 :重要無名文化財:02/11/14 22:35
age

230 :重要無名文化財 :02/11/15 19:18
あげ

231 :教えてちゃんでスマソ:02/11/15 19:29
珍しい酒を求めて猪鍋をご馳走になる噺は、「猪の酒」って題でいいの?
読みは、「いのさけ」?「いのししのさけ」?「ししのさけ」?
新作?おさだ?


232 :重要無名文化財:02/11/15 21:53
>>231
「猪の酒」が演題で、読みは「いのさけ」でよいかと。
作品中でもそう言ってたはず。大阪の毎日放送でオンエアされた
米朝一門顔見世の番組で、その年の干支にちなんだ新作を毎年披露してた
企画の中の作品ですな。作者もご推察通りの小佐田氏でしょう。

233 :重要無名文化財:02/11/15 22:30
>>232
どうも、ありがとう。
スッキリしました。

234 :重要無名文化財:02/11/15 22:41
やはり ビデオ やDVDは放送用のもので、時間など制約が多いでしょうね

CDは独演会などで録音したもので、少なくとも時間の制約なしで録音したものでしょう

235 :重要無名文化財:02/11/16 01:30
干支にちなんだ作品って12支揃ったんでしょうか?

236 :重要無名文化財:02/11/19 20:10
図書館から「くしゃみ講釈」「三十石」「茶漬け閻魔」のCDを借りた。
倅と一緒の部屋で聴いていたところ、「茶漬け閻魔」の途中で、
傷でも入っているのか、
「ごくらくらくらくらくごくらごくらくらくらく」なんてな事になった。
倅はしばらく無言で聴いていたが、
「これってCDのトラブルだよね。
枝雀さんがやってるんだったら、
お客さん大笑いしてるはずだもん」
と一言。
自分は、その前に聴いた「くしゃみ講釈」が頭に残っていて、
これもギャグかしらんと思っていたので、ちと恥ずかしかった。

「三十石」の枕の“リニア、モーターカー”のくだりで、
枝雀さんが亡くなっている事しか知らない倅は、
「残念だねえ、リニアモーターカーに枝雀さん、乗れなくて」
と言っていた。
生でにこした事はないけど、TVででもいい、
枝雀さんの高座を、こいつに見せてやりたかったよなぁ、
としみじみ思いました。

237 :重要無名文化財:02/11/21 12:46
13:05よりNHKの「スタジオ・パーク」に桂南光が出演age

238 :重要無名文化財:02/11/21 13:08
>>236 DVDとかビデオがあるのでそれを見せてあげれば如何でしょうか。

239 :重要無名文化財:02/11/21 13:46
「宇宙意思の会」の話、とくにおもしろい。東京支部長は志の輔かぁ。

240 :重要無名文化財:02/11/21 13:50
これから、みんなの質問に答える時間だよ。

241 :重要無名文化財:02/11/21 14:08
きょうの料理8:03〜もお見逃しなく。

242 :重要無名文化財:02/11/21 18:31
南光イイ

243 :重要無名文化財:02/11/23 14:47
きょうの料理見ますた。噺家さんが料理番組のアシスタントやるの面白いでつ。
東京でも、菊之丞あたりにやってもらいたいでつ。

244 :重要無名文化財:02/11/29 14:56
忘れもしない。
枝雀寄席の最終回の一回前の大喜利の時だった。
恒例の尻文字で九雀が客席からの
お題「うめまつり」を尻で書いていた。
一文字ずつ考えることになり、最初が「そ」、その次が「め」、
その次が「ま」。雀々が「そめま、そめまって何や?」と叫んだ。
横から小声でむ雀が「そめまる?」というと、雀々が
『染丸って、そんな気ぃ悪い…』と言っていた。
雀々は染丸のことが嫌いなのか?案外嫌っている人多いかもね。

245 :重要無名文化財:02/12/08 20:27
昨日、『地獄八景』のCDを聴いてて、
「ハゲという言葉は……」という件にかかったとき、
ふっと思いました。
「今まで、枝雀さんは、頭を剃り上げてはったと思ってたけど、
ホントは、天然やったんかしら?」と。
不謹慎な疑問ですが、どうだったんでしょう?


246 :重要無名文化財:02/12/11 22:59
保守

247 :重要無名文化財:02/12/15 21:15
おひぃさんがかぁーっと、、、、

保守

248 :重要無名文化財:02/12/16 20:30
女子柔道のヤワラちゃんとオリックスの谷の婚約騒動を見ていて
枝雀師匠の「雨乞い源兵衛」を思い出してしまった。
源兵衛はお花からうまく逃げられたが、谷は…



合掌

249 :重要無名文化財:02/12/19 18:40
>>245
松山千春と同じ方式です。

250 :重要無名文化財:02/12/24 01:39
DVDとか持ち寄って
誰かの家で集まって、
枝雀師匠の落語をみんなで見る。
そういうオフがしてみたいです。

251 :重要無名文化財:02/12/28 18:59
あげときますね。

252 :重要無名文化財:02/12/28 19:00
なんかさっきから色んなスレをageてばっかりの奴がいて鬱陶しいな・・・

253 :重要無名文化財:03/01/04 01:37
明日、京都府立文化芸術会館で一門会がありますね

254 :重要無名文化財:03/01/05 03:58
>>253
やべえ、いきてえ。雀雀の落語が見たい。
でも今東京。新幹線乗っていってチケット
取れなかったら悲しいしなー。

>>253さんは貴重な情報をどうもありがとう

255 :重要無名文化財:03/01/05 04:11
( ゚Д゚)

この顔って、雀々さんに似て・・・ないか。。


256 :重要無名文化財:03/01/05 05:50
似てるようなきがしてきたよ!!!

257 :253:03/01/05 23:59
>>254
一門会いってきました。
雀々さんは大喜利だけの出演でした。

258 :山崎渉:03/01/08 19:50
(^^)

259 :重要無名文化財:03/01/08 20:58
      _,..-――-:..、    ⌒⌒
     /.:;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;::.\      ^^
    / .::;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;::..ヽ
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
  :::::::::;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:::::::
   :::::;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;::::
     :::::::;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:::::::     ∧_∧
      ::::::::::::::::::::::::::::       ( ::;;;;;;;;:) そして夜明け・・・
        ::::::::::::        /⌒`'''''''''''^ヽ
               /⌒ヾ/ / .,;;;;;;:/.:;|
-―'――ー'''‐'ー'''―‐'―''''\,./ / .::;;;;;;:/‐'| :;|'''ー'-''――'`'
 ,, ''''  `、 `´'、、,   '''_ソ / `:;;::::ノ,,, | :;| '''  、、,
    ,,,   ''  ,,   ''''' ξ_ノ丶ー'ー< ,ゝ__> '''''  ,,,,
 ,,     ,,,,     ''' ,   ::::::::;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:::::::  ,,
            ,,,,,,,     :::::::::::::::::;;;;;;;;;;;;:::::::::      ''

260 :重要無名文化財:03/01/12 00:10
追悼age

261 :重要無名文化財:03/01/15 01:36
「落語で英会話」祥伝社から発売中age

262 :山崎渉:03/01/18 11:55
(^^)

263 :山崎渉:03/01/23 20:16
(^^)

264 :重要無名文化財:03/01/23 20:27
枝雀さんの「…〜ば、か」というのが非常にすきであります。

265 :重要無名文化財:03/01/26 09:26
たまご〜〜〜たまご 
が大好きどした

266 :重要無名文化財:03/01/26 13:35
ムチで、ぺちゃ

267 :重要無名文化財:03/02/06 01:03
4月6日(日)14:00開演、ワッハ上方演芸ホール
一門会開催。

268 :重要無名文化財:03/02/11 10:47
こぶ弁慶のサゲ
「この手討ちは、義経にせねばなるまい」
の意味がわかりません。無粋ですがどなたか解説して下さい

269 :重要無名文化財:03/02/11 19:07
>>268
「青菜」を聞けば自ずと答えがあらわれるであらう。

270 :重要無名文化財:03/02/12 00:41
無粋ですが、止す。

271 :重要無名文化財:03/02/12 01:06
「純ちゃんの応援歌」を久々見てみた。懐かしかったー。
(;゚Д゚) ショーダユーッ!

272 :重要無名文化財:03/02/12 10:37
無粋ですが、「青菜」のサゲの意味もわかりません。

273 :重要無名文化財:03/02/12 12:24
>>272
「こぶ弁慶」を聞けば自ずと答えがあらわれるであらう。

274 :重要無名文化財:03/02/13 10:35
無粋ですが、「饅頭こわい」のサゲの意味もわかりません。

275 :重要無名文化財:03/02/13 13:51
ブスですが、「仔猫」のサゲの意味もわかりません。

276 :重要無名文化財:03/02/13 13:57
>>275
おなべさんですか?

277 :重要無名文化財:03/02/13 21:20
>>275
地名の「芸州」と芸者を表す「芸衆」がかけてあるのです.
で,芸者なので,猫(三味線)をかじる,という意味です.

とか言ってみる.


278 :重要無名文化財:03/02/20 23:03
CDの「子ほめ」のマクラで
「世間では落語で人間の業を追及するというような人もおりますが
わたくしはそんなバカなことはいたしません」
といってた。これは明らかに談志の悪口に聞こえるのだが・・
2人は仲悪かったん?

279 :重要無名文化財:03/02/22 23:04
枝雀師匠、そんなこと言ってたのか。
さすがだね。でもそれは、談志の悪口ではないんじゃないかなあ?
ただ、その一言だけで、談志より、遥かに高みにいることはわかるね。


280 :世直し一揆:03/02/22 23:46
<血液型A型の一般的な特徴>(見せかけの優しさ・もっともらしさ(偽善)に騙され
るな!!)
●とにかく気が小さい(神経質、臆病、二言目には「世間」、了見が狭い)
●他人に異常に干渉し、しかも好戦的でファイト満々(キモイ、自己中心、硬直的でデリカシーがない)
●妙にプライドが高く、自分が馬鹿にされると怒るくせに平気で他人を馬鹿にしようと
する(ただし、相手を表面的・形式的にしか判断できず(早合点・誤解の名人)、実際に
はたいてい、内面的・実質的に負けている)
●本音は、ものすごく幼稚で倫理意識が異常に低い(人にばれさえしなければOK!)
●「常識、常識」と口うるさいが、実はA型の常識はピントがズレまくっている(日本
の常識は世界の非常識)
●権力、強者(警察、暴走族…etc)に弱く、弱者には威張り散らす(強い者にはへつらい、弱い者に対してはいじめる)
●あら探しだけは名人級でウザイ(例え10の長所があってもほめることをせず、たった1つの短所を見つけてはけなす)
●基本的に悲観主義でマイナス思考に支配されているため性格がうっとうしい(根暗)
●単独では何もできない(群れでしか行動できないヘタレ)
●少数派の異質、異文化を排斥する(差別主義者、狭量)
●集団によるいじめのパイオニア&天才(陰湿&陰険)
●悪口、陰口が大好き(A型が3人寄れば他人の悪口、裏表が激しい)
●他人からどう見られているか、人の目を異常に気にする(「〜みたい」とよく言う、
世間体命)
●自分の感情をうまく表現できず、コミュニケーション能力に乏しい(同じことを何度
も言ってキモイ) 
●表面上協調・意気投合しているようでも、腹は各自バラバラで融通が利かず、頑固(本当は個性・アク強い)
●人を信じられず、疑い深い(自分自身裏表が激しいため、他人に対してもそう思う)
●自ら好んでストイックな生活をしストレスを溜めておきながら、他人に猛烈に嫉妬
する(不合理な馬鹿)  
●執念深く、粘着でしつこい(「一生恨みます」タイプ)
●自分に甘く他人に厳しい(自分のことは棚に上げてまず他人を責める。包容力がなく冷酷)
●男は、女々しいあるいは女の腐ったみたいな考えのやつが多い(例:「俺のほうが男
前やのに、なんでや!(あの野郎の足を引っ張ってやる!!)」)

281 :重要無名文化財:03/02/23 01:30
いや、両方好きだけどさすがにそれは枝雀師のやせ我慢に見える。
『こうなりたい』という願望が強すぎて攻撃的な言動に走ったのでしょう。

282 :重要無名文化財:03/02/23 02:56
攻撃的、というより「バカなこと」=「大それたこと」
みたいな感覚だったんじゃないのかな?
「そんなこと私にはとてもできない」と言ったつもり。

落語家という職業に関して、ものすごく自負心をもっている一方で
ものすごく「世間的にどうでもいい商売をしている」という
二律背反の感情がせめぎあってた人っぽいから。

283 :重要無名文化財:03/02/23 02:58
仲が悪いと言うほど親しくなかった気もする

284 :重要無名文化財:03/02/23 03:06
南光と談志はそこそこ懇意だよね。

285 :重要無名文化財:03/02/23 11:14
ttp://www.cyborg.ne.jp/~hege/sub4/waro/waro05.htm

286 :重要無名文化財:03/02/23 22:58
枝雀師は、業の肯定というかなり小さな枠組みでは、
落語全体を括り込むことができないということを知りつくしていたのでないかと思う。
だから、そんなことはしないという発言になったのでは?


287 :重要無名文化財:03/02/24 01:43
捉え方の違いはそのまま江戸落語と上方落語の違いではないか?

と言ってみる

288 :重要無名文化財:03/02/24 22:25
江戸落語と上方落語で違いはあるとは思うよ。
だけど、枝雀師の発言は、それとは関係ないんじゃないかなぁ?
江戸落語にしても、業の肯定という言葉だけで、
括れるほど小さいものとは、とても思えないけどなぁ。


289 :重要無名文化財:03/02/25 07:09
情報提供:三省堂
■[業]の大辞林第二版からの検索結果 
ごう ごふ 【業】
(1)〔仏〕〔梵 karman〕身体・言語・心による人間の働き・行為。行為は必ずその結果をもたらし、また現在の事態は必ずそれを生む行為を過
去に持っているとする思想は、インド思想に広く見られる。カルマ。羯磨(かつま)。⇔果報
(2)人が担っている運命や制約。主に悪運をいう。「―が深い」
――が煮・える
いらいらする。しゃくにさわる。業が煎(い)れる。業が湧(わ)く。
――を曝(さら)・す
前世の業によって、その世で恥をさらす。
――を煮や・す
思うように事が運ばずいらだつ。

290 :重要無名文化財:03/02/25 18:15
落語ファンがよく言う「業の肯定」は、
家元が使っているような意味だろうから、
辞書の意味と微妙にニュアンスが違うのでは?


291 :重要無名文化財:03/03/08 09:24
談志さんに対しての発言というより、単に「マジになる」ことへの
照れのような気がする。
個人的には業の肯定っていうのが小さい括りだとは思わないな。

米朝師は落語は現世肯定の芸と言ってるね。

292 :重要無名文化財:03/03/08 20:46
>>291
米朝師の現世肯定というのをよく知りません。
どのような意味なのですか?


293 :重要無名文化財:03/03/09 00:21
>>291
業の肯定が小さい括りかそうでないかは、
業の意味の取り方に依存するのでは?
業を、本来の仏教的な意味を含んだ言葉として見るなら、
必ずしも小さいとは言い切れないと思うけど、
家元の使っている意味ならどうだろうか?


294 :重要無名文化財:03/03/09 01:47
>>293
業を本来の意味にとるというのは、無理なんじゃない?
家元の意味だから、肯定という言葉が活きてくるんでしょう。
元々の言葉の意味だと、肯定という言葉とつながらないような気がする。




295 :重要無名文化財:03/03/09 01:55
   。  *    。 ☆   。 + 。 + ☆  *
http://www5b.biglobe.ne.jp/~ryo-kyo/osukon.html
   。 ☆ 。 * ☆ + 。    。   +   +   ☆ ☆

296 :重要無名文化財 :03/03/10 10:01
もっとええかげんに生きはったらよかった、とのんきに言ってみる。
すいません。

297 :重要無名文化財 :03/03/10 10:06
香川登枝緒さんは、枝雀師匠のことを、
「ミスター大阪落語」と絶賛していました。

ところで、小林信彦さんは枝雀さんのことが嫌いなんでしょうか?


298 :重要無名文化財:03/03/10 11:00
それまでの著書から察するに「好みではない」と思われます。
そして最近の単行本にも、やはりそのような発言が出ていました。

森卓也さんの『映画そして落語』を読んで
ちょっと(枝雀に対する)考えが変わった…みたいなことを書いてました。
昭和ヒトケタ&東京下町生まれの方には
入りにくい芸風だと思います。
よく知ったら好きになったかもしれないけど
何も頑張って好きになる必要もなかったでしょうし。。

まったく同じような環境で育ったウチの母親(ただし戦後生まれ)は
「認めてもいい」みたいなクチぶりでした。
なんで、みんなわかってくれないんだ〜〜〜!!
と、いつも思っているワタシ。

299 :重要無名文化財:03/03/10 11:37
うちのおばあさんも枝雀嫌いでしたねー。
「何言うてるか分からん」
「落ち着きが無い」
などなど・・・。

小さいときは「そんなもんか」と思ってましたが、
自分が落語好きになり、落研に入って実際に演じるようになってみて
枝雀師匠のすごさ(という言葉で言うのが失礼なくらいすごいですが)が分かりました。

300 :重要無名文化財:03/03/10 23:05
300げっと。

301 :秋田犬人 ◆yrAkiTarHA :03/03/11 00:40
亡くなった一ヶ月後ぐらいに
たまたま秋田から東京への深夜高速バスに乗ってて、そんなかで
枝雀の「崇徳院」を聴いた。
「せをはやみ〜」の連呼聴きながら、たまらなく心細く、寂しい思いにかられた。
丁度バスの外は闇で雰囲気がマッチしてた。
声は明るいんだけどな、崇徳院の話が寂しいのか、自殺されたという印象が強すぎたのか、
今となっては、正直わかんないや。


302 :重要無名文化財:03/03/11 09:34
現世肯定の芸
<大きなことは望まない。泣いたり笑ったりしながら、一日一日が無事に
すぎて、なんとか子供や孫が育って自分はとしよりになって、やがて死ぬ
んだ、、、それでいい---というような芸>(「落語と私」より)
とのこと。
談志さんの「業」よりは随分括りがゆるいけど、根本は同じような気がする。

303 :重要無名文化財:03/03/11 20:25
>>302
現世肯定というのは、そういう意味なのですか…。
そうだとすると、やはり、括りが小さい気がするなぁ。
例えば、本当に現世を肯定するなら、
「それでいい。」だけでいいのでは?
大きなことを望もうが、
望むまいがそんなこと、どっちだっていいように思うのだけど?
もっと書けば、一日が無事に過ぎようが、過ぎまいが、それすらもどっちでもいいのでは?
これは、私個人の感想です。気を悪くされたら、ごめんね。



304 :重要無名文化財:03/03/12 16:43
>>303
いえいえ。
一応補足しておくと、先の米朝師のことばの引用元「落語と私」は、中高生
向けに書かれた文章なので、若い人に解りやすく書いたために言葉が多くなって
小さな括りに読めてしまう、というのもあると思います。
阿るわけじゃないけど、米朝師、談志さんの落語観はさておいて私が思っていた
「業の肯定」「現世肯定」っていうのは303さんの「それでいい(だけ)」
にかなり近いんですよね。
私は談志さんが好き、303さんはそれほどでもない。でもお互い枝雀さんが大好き
ってところでここはひとつ…ペコリ。


305 :山崎渉:03/03/13 13:39
(^^)

306 :重要無名文化財:03/03/15 23:10
最近CD借りて少しづつ聴いてます。今日は「花筏」を聴きますた。
昔はTVで枝雀寄席やってても「あ、夜中だしもう寝ないと…」
くらいにしか思ってなかったけど今改めて聴いてみると滅茶苦茶オモロイではありませんか。
シマッタ!御存命のうちにナマで聴きたかった…。お金の余裕ができたらDVD欲しいでつ。

>>166
超亀レスでスマソでつがムスコさんの話。
弟のカット君はORCAというユニット組んで音楽やってまつ(去年ライブイベントで観た。)
その前はお兄ちゃんと一緒にshameていうバンドでメジャーデビューした(東芝EMIだった…)けどそんなに売れてませんでした。結構いい曲もあったんだけど。
カット君は早口でワーッと喋る時の口調が枝雀さん似ではなかろうかと。
微妙にスレ違いなのでsageときます。長文すびばせんねぇ。

307 :重要無名文化財:03/03/19 02:10
>>306
shameはhide(元X japan )のトリビュートアルバムに
参加してるんですね。

そのhideと枝雀師が共に首を吊って・・・というところに
妙な因縁を感じたのは私だけでしょうか

308 :306:03/03/19 03:07
>307
デビューしたのはhideが亡くなってからでしたが、
彼が生前shameの曲を気に入って自分のレーベルに誘ったことが
デビューの直接的なきっかけになったらしいです。
枝雀師匠はそういう事情をご存知だったのでしょうか…
どんな思いで息子さん達の活動を見ていらっしゃったんでしょうね。
他人からは知る由もないけれど、今思うとすごく複雑な心境になってしまいます。
ちなみに、お兄ちゃんのカズトモ君は最近は演劇とかやってるみたいでつ。

昨日はドライブ中に「持参金」聴きますた。
運転しながら爆笑してる自分を対向車から見たら気持ち悪いだろなぁ…と思いつつ。

309 :重要無名文化財:03/03/19 17:08
もうすぐDVD発売?

310 :重要無名文化財:03/03/20 00:31
>>309
3月末なんでもうすぐかな

ttp://familyclub.ne.jp/detail.msp?id=1493

311 :重要無名文化財:03/03/28 01:02
今度出る(もう出た?)DVDに、軒づけは入ってますか?


312 :重要無名文化財:03/03/28 04:03
入らないみたいだよ。

313 :重要無名文化財:03/03/28 16:59
教えてクンでスマソ
Summer Doctorのオチは英語落語用のがあるんでしょうか?
それとも直訳? それで外人に受けたんだろうか?

314 :重要無名文化財:03/03/29 08:11
ラジオで聴いたんだったかな、SFショートショートが
凄く面白かった。うろ覚えだけど・・・
「おかあさま、流れ星」
「なにかお願いしたの?」
「ええ、早くおとうさまに会えるようにって」
「いけませんよ。おとうさまには私達の分まで
長生きしていただかねば・・・」とか、
「おい、この犬、しゃべってるで」
「おまえ、なにワンワン言うてんねん」とか・・・

それと「自分の落語が一番面白い。なぜなら一番自分と
センスが合っているから」とおしゃっていたのが印象的。

315 :重要無名文化財:03/04/01 12:20
ケニアのひとでぇ〜す age

316 :重要無名文化財:03/04/03 00:52
CDやDVDに収録されてるのは昭和50年代のものが
多いんですが皆さんどうですか?
個人的にはもう少し後期の方が好きなんですが。

317 :重要無名文化財:03/04/04 23:45
枝雀寄席で枝雀さんの復活をずっと楽しみにしてたのに、
結局、南光で終わった。
ウワーン。゚・(ノД`)・゚・。

318 :重要無名文化財:03/04/05 23:33
4月6日は一門会

319 :重要無名文化財 :03/04/10 09:31
評価が高い

320 :重要無名文化財:03/04/10 22:49
晩年の枝雀さんはいくらかテンポもゆっくりになって、
芸も力がひとつぬけたようで、とてもいい噺家さんだった
ように思います。私はこのころの枝雀さんのほうが好きです。
亡くなる3年ほど前に機会があってはじめて生の舞台を見ました。
こんな凄い噺家さんがいたんだなあと、しばらく落語から
離れていた私はまた落語をきくようになりました。

これからは枝雀さんをたくさん聞くぞ!と思っていた矢先だった
だけに残念でなりませんでしたよ。生きていたらどんなにか
味のある芸人さんになっていたか...と今でも思います。

321 :重要無名文化財:03/04/13 05:21
第十六集 「質屋蔵」     昭和59年11月13日放送ABC「枝雀寄席」
     「あくびの稽古」  昭和57年8月22日放送ABC「枝雀寄席」
     「枝雀散歩道」   桂枝雀/三橋美智也 (ABC「枝雀寄席」より収録)

第十七集 「親子酒」     昭和57年1月4日放送MBS「新春独演会」
     「次の御用日」   昭和56年8月30日放送ABC「枝雀寄席」
     「枝雀散歩道」   桂枝雀/森末慎二 (ABC「枝雀寄席」より収録)

第十八集 「茶漬えんま」   昭和61年11月9日放送ABC「枝雀寄席」
     「幽霊の辻」    平成4年8月14日放送ABC「枝雀寄席」
     「枝雀散歩道」   桂枝雀/横山ホットブラザーズ (ABC「枝雀寄席」より収録)

第十九集 「はてなの茶碗」  昭和56年3月22日放送ABC「枝雀寄席」
     「始末の極意」   昭和57年7月25日放送ABC「枝雀寄席」
     「枝雀散歩道」   桂枝雀/財津和夫 (ABC「枝雀寄席」より収録)

第二十集 「宿屋仇」     昭和57年12月26日放送ABC「枝雀寄席」
     「子ほめ」     昭和62年2月8日放送ABC「枝雀寄席」 
     「枝雀散歩道」   桂枝雀/段田安則 (ABC「枝雀寄席」より収録)

特典DVD  「舟弁慶」     平成4年7月16日「米朝一門会」(サンケイホール)


322 :重要無名文化財:03/04/13 05:24
「枝雀落語大全DVD第二期」4月23日発売 各 3800円(税込)

第十一集 「どうらんの幸助」 平成2年6月8日放送  ABC「枝雀寄席」
     「兵庫船」     昭和60年2月19日放送 ABC「枝雀寄席」
     「枝雀散歩道」   桂枝雀/桂米朝 (ABC「枝雀寄席」より収録)

第十二集 「崇徳院」     昭和62年8月24日放送 TBS「落語特選会」
     「道具屋」     昭和58年8月28日放送 MBS「笑いころげてたっぷり枝雀」
     「枝雀散歩道」   桂枝雀/笑福亭松鶴 (ABC「枝雀寄席」より収録)

第十三集 「仔猫」      平成元年10月13日放送 ABC「枝雀寄席」
     「つる」      平成5年3月12日放送 ABC「枝雀寄席」
     「枝雀散歩道」   桂枝雀/ミヤコ蝶々 (ABC「枝雀寄席」より収録)

第十四集 「蔵丁稚」     昭和56年12月27日放送 ABC「枝雀寄席」
     「いらちの愛宕詣り」昭和58年1月29日放送KTV「とっておき米朝噺し」
     「枝雀散歩道」   桂枝雀/熊谷真実(ABC「枝雀寄席」より収録)

第十五集 「青菜」      昭和60年7月23日放送ABC「枝雀寄席」
     「胴斬り」     昭和58年10月30日放送ABC「枝雀寄席」
     「枝雀散歩道」   桂枝雀/坂田明 (ABC「枝雀寄席」より収録)


323 :高収入:03/04/13 05:32
代理店募集中
      貴方も月100万円稼げる!
    HP作成も無料これからのビジネス
バナ−を貼るより確実に稼げる!
      http://asamade.net/web/

324 :重要無名文化財:03/04/14 02:01
>>320
「あれはもう一皮むけたら・・・どないなってたやろかなぁ・・・」と、
米朝師匠も仰ってるだけに本当に残念ですね。

「何もしゃべらず、ただ座っているだけで客を楽しい気持ちにさせるような・・・」、
生きてれば十年先・二十年先に枝雀師が言っていたそんな芸人になってたろうと思います。

325 :山崎渉:03/04/17 08:59
(^^)

326 :重要無名文化財:03/04/19 00:02
4月19日 ご命日 合掌


327 :重要無名文化財:03/04/19 02:33
あれから4年ですか・・・

328 :重要無名文化財:03/04/19 02:36
http://messages.yahoo.co.jp/bbs?.mm=PERS&action=m&board=1834889&tid=a5ha5ta5ca5afa1a1a3fa3oa3ra1a1bdibf4bct&sid=1834889&mid=1899

329 :重要無名文化財:03/04/20 07:16
>>315に便乗
間違ってもボルネオの人じゃないでしょ。
命日age

330 :重要無名文化財:03/04/22 08:52
DVD第二期 明日発売

http://www.toshiba-emi.co.jp/video/release/index_j.htm


331 :重要無名文化財:03/04/22 11:43
【クレジットカードのショッピング枠を現金化!】

クレジットカードで買い物をすると、商品代金の80〜90%のキャッシュバック!!
10万円の買い物をすれば8〜9万円の現金がお手元に!!

■■朝日カード■■
http://www2.pekori.to/~ryu/asahi/


332 :重要無名文化財:03/04/27 00:48
四年前、まじでショックだったなあ。


333 :重要無名文化財:03/04/27 12:56
今も信じられない・・・信じたくないのかも・・・。

334 :重要無名文化財:03/04/30 11:11
惜しい人ほど早く逝くんだね
さっさと逝ってほしい人間、ほかにいくらでもいるのに
永○町周辺の売国奴連中とかね

335 :重要無名文化財:03/05/03 03:52
>>306 枝雀さん(は、少しだけですが)とも息子さん達とも仕事したことあるんですが 、
息子たちの兄の方は落語ちょっとやってなかったっけ?
弟の方は枝雀さんの血を継いでか、喋りがとてもうまいし面白い。
父親と違う道に進んでも詞とかを見るとやはり根本の方では思想が似てるな、と思うことが多々あった。
そして、父の死が引き金になったのか
やたらと「時」をテーマにした曲がshame時代多かった。名曲がいっぱいだった。
「I wish to meet you up there」という曲はまさしく父に対する曲だと思ったが。
長レスすまそ。

336 :重要無名文化財:03/05/05 23:18
age

337 :重要無名文化財:03/05/07 21:39
ヤフーのオークション
枝雀そっくり 落語家人形  どこが似てるの?

338 :重要無名文化財:03/05/07 21:40
あれっ!昨日頼んだのにもう来てる本当に安かったのでびっくりしました


http://ime.nu/ime.nu/ime.nu/www.net-de-dvd.com/


339 :重要無名文化財 :03/05/20 04:31
DVD第三期 二十一集〜三十集 まもなく発売!

http://www.toshiba-emi.co.jp/st/rakugo/

340 :重要無名文化財 :03/05/20 10:30
中上健次は、枝雀師匠のことを好みではないという意味のコメントをしていなかったか?

341 :山崎渉:03/05/21 23:19
━―━―━―━―━―━―━―━―━[JR山崎駅(^^)]━―━―━―━―━―━―━―━―━―

342 :重要無名文化財 :03/05/23 16:16
age

343 :重要無名文化財:03/05/23 21:09
聞いている側の体調を選ぶ芸だったよ。


344 :山崎渉:03/05/28 14:23
     ∧_∧
ピュ.ー (  ^^ ) <これからも僕を応援して下さいね(^^)。
  =〔~∪ ̄ ̄〕
  = ◎――◎                      山崎渉

345 :重要無名文化財:03/05/29 01:45
笑わせて笑わせて ― 桂枝雀

ttp://tankosha.topica.ne.jp/booksorjp/ISBN4-473-01989-6.html

346 :重要無名文化財:03/05/29 23:59
軒づけと花筏、買ってきました。
ヨカータ、最高ですた!


347 :重要無名文化財:03/06/02 19:44
345の本買ったよ。
悲しいこと思い出した・・・・

348 :重要無名文化財:03/06/02 22:29

1997年4月
新宿で師匠が「鬱っぽい」と告白したら
観客たちはギャグだと思って笑い出した
その晩から、噺の座に出なくなりました。

349 :重要無名文化財:03/06/02 22:34
>>348
ちょっと意味がちがうと思う・・・。

350 :重要無名文化財:03/06/02 22:50
何で笑い出すのか分からん。

351 :重要無名文化財:03/06/02 23:45
そらやっぱり「鬱」という字と師匠の顔とが緊張と緩和

352 :重要無名文化財:03/06/03 07:23
>>140
漏れもあまり好きではない。
「笑いの理論家」を前面に出し過ぎ。だから一切がツクリモノに見えてしまう。

円蔵師などはいかにも自然に流れるように演っているようだけど、陰では
枝雀師と比べものにならないほどにネタを繰っているんじゃないだろうか。
じゃなきゃ二本同時平行落語やサゲを先に言ってしまう落語等の新機軸を
打ち出せる筈がない。それでいて賢しらさを全然感じさせないのが素晴らしい。

353 :352:03/06/03 08:55
>>140 →×
>>340 →○

354 :重要無名文化財:03/06/13 19:26
枝雀落語大全 第三期(DVD)

第二十一集
「つぼ算」25:23)昭和57年10月31日放送 ABC「枝雀寄席」より
「ちしゃ医者」(28:06)昭和年60年3月4日放送 TBS「落語特選会」より
「枝雀散歩道」枝雀寄席から番組最初の枝雀のおしゃべりを選りすぐり

第二十二集
「時うどん」(23:06)昭和58年1月23日 ABC「枝雀寄席」より
「佐々木裁き」(25:36)昭和56年1月25日放送 ABC「枝雀寄席」より
「枝雀散歩道」

第二十三集
「千両みかん」(39:13)平成元年10月13日放送 ABC「枝雀寄席」より
「煮売屋」(25:31)昭和58年6月19日放送 ABC「枝雀寄席」より
「枝雀散歩道」

第二十四集
「花筏」(40:20) 平成元年5月8日放送 TBS「落語特選会」より
「くやみ」(28:44)平成4年2月14日放送 NHK「日本の話芸」より
「枝雀散歩道」

第二十五集
「口入屋」(41:03) 平成元年3月10日放送 ABC「枝雀寄席」より
「首提灯」(22:53)昭和56年9月27日放送 ABC「枝雀寄席」より
「枝雀散歩道」

355 :重要無名文化財:03/06/13 19:27
第二十六集
「軒づけ」(24:43)平成7年7月10日放送 TBS「落語特選会」より
「持参金」(25:54)昭和59年2月26日放送 ABC「枝雀寄席」より
「枝雀散歩道」

第二十七集
「延陽伯」(25:02)昭和58年4月10日放送 MBS「笑いころげてたっぷり枝雀」より
「親子茶屋」(23:40)昭和58年9月18日放送 MBS「笑いころげてたっぷり枝雀」より
「枝雀散歩道」

第二十八集
「雨乞い源兵衛」(28:30)平成5年10月8日放送 ABC「枝雀寄席」より
「猫」(24:34)平成4年12月11日放送 ABC「枝雀寄席」より
「SR」(11:48)昭和58年7月7日放送 NHKきんき特集「枝雀のケッタイナ小噺」より
「枝雀散歩道」

第二十九集
「阿弥陀池」(26:55)平成3年11月8日放送 ABC「枝雀寄席」より
「一人酒盛」(26:17)昭和57年11月28日放送 ABC「枝雀寄席」より
「枝雀散歩道」

第三十集
「こぶ弁慶」(42:44)昭和57年9月19日放送 ABC「枝雀寄席」より
「寄合酒」(24:18)昭和60年1月15日放送 ABC「枝雀寄席」より
「枝雀散歩道」

DVD特典
「宿屋仇」別ヴァージョン(45:50)1989年9月8日放送 ABC「枝雀寄席」より収録

356 :重要無名文化財:03/06/14 02:46
>>345の本は売れているらしい。

357 :重要無名文化財:03/06/15 02:09
>>352
枝雀師以上にネタ繰りしてたら,人間として生きていくことはできません

358 :重要無形文化財:03/06/16 01:20
「山のあなた」、これは好き。彦六正蔵の「笠と赤い風車」にも似た
臭さはあるけど。
最盛期の円右師バージョンを聴いてみたかった(お婆さん物繋がりで)。
もう無理ポ

359 :重要無名文化財:03/06/21 06:01
DVDもビデオみたいに40集まで出るかな?

360 :重要無名文化財:03/06/22 21:37

     | へっへっへ・・・へーっくしょい!
      \
        ̄ ̄V ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
┏━┓   ∧∧
┃枝┃  (,,゚Д゚)  ∬
┃雀┃pく冫y,,く__) 旦
┗━┛| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|
TTTTTTTTTTTTTTTTTTTTT

361 :重要無名文化財:03/06/26 06:19
DVD、2期と3期は間髪あけずに出たのにね。
…第4期は!?

362 :重要無名文化財:03/07/03 00:58
ちょっとお尋ねいたいします
ちょっとお尋ねしますけど
「早逝の天才落語家、桂枝雀」のスレっちゅうのんはこちらですか?

ちょっとお尋ねします
DVDで出てる「桂 枝雀 落語大全 第一集」に入ってる「代書」のサゲは
ポン?ガタロ?
ちがいまんねん!!!

363 :重要無名文化財:03/07/05 22:07
ポンです

364 :重要無名文化財:03/07/05 23:01
私が作りました♪
http://nuts.free-city.net/index.html

365 ::03/07/06 00:02
これぞ!おすすめ☆
http://www.sexpixbox.com/pleasant/girl/index.html
http://www.sexpixbox.com/pleasant/nude/index.html
http://www.sexpixbox.com/pleasant/teen/index.html
http://www.sexpixbox.com/pleasant/sexy/index.html
http://www.sexpixbox.com/pleasant/dx/index.html



366 :山崎 渉:03/07/12 12:28

 __∧_∧_
 |(  ^^ )| <寝るぽ(^^)
 |\⌒⌒⌒\
 \ |⌒⌒⌒~|         山崎渉
   ~ ̄ ̄ ̄ ̄

367 :山崎 渉:03/07/15 13:03

 __∧_∧_
 |(  ^^ )| <寝るぽ(^^)
 |\⌒⌒⌒\
 \ |⌒⌒⌒~|         山崎渉
   ~ ̄ ̄ ̄ ̄

368 :重要無名文化財:03/07/16 22:38
桂枝雀は偉大な落語家です。
桂枝雀は落語をするために
神様が遣わした人です。

369 :重要無名文化財:03/07/17 00:03
昔、枝雀師がまだ小米だった頃、お笑いとんち袋と言う番組の
大喜利のコーナーで、トンチンカンな答えを言って、司会の
米朝師に顔を靴墨で真っ黒にされたの思い出します・・・
その時のレギュラーの生存者も少なくなった・・・


370 :永遠のファン:03/07/17 00:11
でも枝雀さんがあーなってしまったのは米朝師匠のせいかも知れません。
余りにも完璧な姿を見せられてあれを超えないと、違う表現で、と考えたんじゃ
無いでしょうか?
違う師匠の下ならまだ元気に高座を勤めているのでは・・・
でも違う師匠だったら「あの」枝雀はなかったんでしょうけど・・・

371 :重要無名文化財:03/07/17 01:43
枝雀師が、存命中の事ですが、
あるインタビュー番組に米朝師匠が出演し、ライバルは?と
聞かれて即座に「枝雀です」と答えられてました・・・
師匠にそう言われた(言わした)枝雀師は幸せ者かも・・・
やはり枝雀師の師匠は米朝師匠しか考えられません
残念ながら、天命とあきらめるしか・・・

372 :重要無名文化財:03/07/18 01:37
>残念ながら、天命とあきらめるしか・・・

あきらめられないけれど・・・師匠が選んだ道だから・・
人の一生は長さで価値が決まるわけではない。
どれだけ多くの人の心に生きているか・・
枝雀師の生の高座に一期一会の縁を持つことが出来て良かった。

人はいつかは死ぬ。
今、DVDを楽しめるだけでも幸運だ。

373 :重要無名文化財:03/07/19 05:34
>>371
>>372
そうですね。DVD買う金は
今はないけど、本業で偉くなったら
なんとかして買おう。

374 :重要無名文化財:03/07/20 00:40
>>373 あんた一体だれ?

375 :重要無名文化財:03/07/23 20:32
ここで訊くことじゃないかもしれませんが、「いちびる」とはどういう意味ですか?

376 :重要無名文化財:03/07/23 22:11
>>374 ハナテン中古車センタァ〜

377 :重要無名文化財:03/07/24 03:20
>>375
調子に乗ってはしゃぐ・・・
>>376
関西ローカルというか大阪だけ?のCM・・・

378 :重要無名文化財:03/07/24 11:52
いちびる
市振る、市で値を決めるのに双方やかましく騒ぎ立てるさまから。
いちふる→いちびる、調子に乗って騒ぐの意。ですか?
調子に乗って書いてみましたが、合ってたらごめん。

379 :重要無名文化財:03/07/24 17:17
>>378
大阪ことば事典では、そのように書いていますね
いくつかの異説もあるようですが・・・

380 :重要無名文化財:03/07/24 20:32
代書のサゲは「ガタロ」より「ポン」のほうがシンプルでいいなあ。
CDは「ガタロ」でビデオは「ポン」だった。


381 :重要無名文化財:03/07/24 23:45
文我の野郎!もう許さん

382 :重要無名文化財:03/07/25 00:18
>>381
なぜ?

383 :重要無名文化財:03/07/25 00:18
☆貴方の見たい娘がイッパイ(^0^)☆無修正☆
http://endou.kir.jp/akira/linkvp.html

384 :重要無名文化財:03/07/26 15:11
枝雀全集のDVD第一巻をを買いました。落語では初めてのDVDです。
枝雀さんはもう十数年前にテレビで見た記憶しかなかったのですが、
これほどまでにおもしろいものだとは思っていなかったので感激です。

付録としてついている南光さんの語りもおもしろいですね。
南光さんが入門した時のごたごたや、バイク無免許でつかまった話など、
枝雀さんの人柄を思わせる挿話が落語バリのネタになっていて楽しめました。

385 :ぼるじょあ ◆yBEncckFOU :03/08/02 03:07
     ∧_∧  ∧_∧
ピュ.ー (  ・3・) (  ^^ ) <これからも僕たちを応援して下さいね(^^)。
  =〔~∪ ̄ ̄ ̄∪ ̄ ̄〕
  = ◎――――――◎                      山崎渉&ぼるじょあ

386 :重要無名文化財:03/08/02 16:50
枝雀(・∀・)イイ!!

387 :重要無名文化財:03/08/09 14:36
自分は「地獄八景」が好きだったので、
米朝師のものと聞き比べるつもりで、
枝雀師の「地獄」を聞いたのが聞き始め。
で、あんまり面白かったんでほかの演目も聞いていたら、
「ここは、「地獄」のあそこに似てないか?」と思うことが何度かあった。
たとえば、鬼の船頭が船を出すシーンを、「三十石」で思い出したし、
前後するが、若旦那と一八の道中は、「愛宕山」だったのか、といった具合。
題は忘れたが、六太夫という猟師さんの出てくる話もあったし。
ここの上のほうのログには、あまり「地獄」に肯定的ではない方もおられたが、
そういう楽しみ方もできる噺でもあると思う。
……といっても、そういうところが浅いという見方もあるのかな……。

388 :重要無名文化財:03/08/10 16:49
>>314
亀レススマソ。

イヌの鳴き声ネタは落語大全の10集のオマケとして音源収録されてます。
大昔のネタですねぇ。確かラジオ大阪で吾妻ひな子とコンビを組んでDJ
をやっていころに聞いた事があったような。当時は筒井康隆も売り出し
中のバリバリの時代だったし、カフカとかカミュとかが流行っていた時
代でもあったし。桂小米時代のネタですね。(投稿ネタだったかも)

ちなみに、そのラジオ番組の別日に桂三枝が女性アナとコンビでDJやって
て、職場結婚したという....。万博前後の話だけどもね。(w



389 :重要無名文化財:03/08/10 18:34
今朝の産経抄に枝雀師匠のことがちょろっと・・・。

<引用開始>
四年前に亡くなった落語家、桂枝雀さんの持論、というより口癖に「緊張と緩和」というのがあった。
たとえば、地獄で閻魔(えんま)大王がお茶漬けを食べているというように、
極度の緊張が緩和されるときに笑いが生じる。落語が成立するというのである。
<引用終了>

このあと日本をたびたび襲う台風の話。

390 :重要無名文化財:03/08/10 23:28
>>387
>「ここは、「地獄」のあそこに似てないか?」と思うことが何度かあった。

こう言う、「ご承知の方は度ご承知でしょうし、ご承知でない方はご承知でない」けど、
ご承知の方だけニヤッっとするような、そう言うのってなんか好き。
漏れは「地獄」に肯定的でないって事はないけど、他にももっと色々面白い噺はあるしなぁ

391 :重要無名文化財:03/08/11 15:38
>>388
「ヒットでヒット!バチョンと行こう」の木曜日でしたか・・・
鬱症状が強い時、一言も話しをしないで2時間過ぎた事も・・・

桂三枝のコンビは高橋まゆみ(現夫人)当時、現役大学生兼タレント

392 :重要無名文化財:03/08/11 15:46
>>391
木曜日→金曜日

393 :重要無名文化財:03/08/11 23:00
>>389
「産経抄」は違っている・・
よく勘違いしているが、
「緊張と緩和」ではなくて「緊張の緩和」のはず・・・

394 :重要無名文化財:03/08/12 23:40
「緊張が緩和」、「緊張も緩和」、「緊張を緩和」、「緊張こそ緩和」

395 :重要無名文化財:03/08/13 02:11
>393
どこがぁ〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜 違うてるねん..

396 :388:03/08/13 02:49
>>391
一度だけ出した葉書が読んでもらって、ご褒美でラジオ大阪のシールを貰ったこと
あります。どんなこと書いたかは忘れましたが。(w

70年前後といえば、『二十歳の原点』の高野悦子とか三島由紀夫、川端康成とか、ま、自殺する
のが流行ってて、そういう文脈を前提に、たぶんその番組の中で聞いたのだと思うけれど、自称
「死ぬのが怖い病」であると仰っておられたんで、強迫神経症であるとしても、自殺方面には向
かわんだろうと長年思ってました。枯れればご隠居の説教もサマになってくるんではないかと楽
しみにしてたんですけど、それであの時、本当に驚いたというか、そんなんありですか?と。

(文学者の)自殺は美学の故。と言いたくなるけれども、なんというか、やっぱり、理解不能。

397 :重要無名文化財:03/08/13 15:27
前田達氏誕生日age。

398 :いいぞう:03/08/13 15:35
死んだら負け

399 :重要無名文化財:03/08/15 05:12
桂枝雀師の、枝雀襲名記念のレコードを持っているが、晩年よりずっと師匠の米朝に近い演じ方を
している。もちろんあの独特のフラははっきり出ているが、これを聞くと米朝の枠から次第に抜け出
ていったんだなということがよくわかる。

ようするにただの「個性」や「資質」だけで演じていたのではなく、米朝という巨人の手から生まれ、少
しずつそこから脱皮していった人なんだと思う。おそらくその過程は、本人にとっては地獄のような過
程だったはずだ。
天才ではあるけど、同時にやはり何より努力の人だったと思う。
惜しい……。

400 :山崎 渉:03/08/15 17:36
    (⌒V⌒)
   │ ^ ^ │<これからも僕を応援して下さいね(^^)。
  ⊂|    |つ
   (_)(_)                      山崎パン

401 :重要無名文化財:03/08/15 22:43
山崎揚げパン上げ

402 :重要無名文化財:03/08/24 01:30
>372

「はよう死んでしもて、すびばせんねぇ・・・」、と師匠は極楽の入り口に
お座りになって頭を下げておられることでしょう。
人懐っこい丸顔でさ。



403 :重要無名文化財:03/08/29 04:57
「西方落語協会」(会長・六代目松鶴、事務局長・米紫)お盆興業は次の通りでした
主な出演者と演目・・・
  桂枝雀  (幽霊の辻)
  桂春蝶  (皿屋敷)
  林家小染 (死神)
  桂米之助 (へっつい幽霊)

枝雀師匠と吾妻ひなこさんの対談もありました

404 :SR:03/08/29 23:20
>>403
来年のお盆興行はライブをみれるかも。

405 :重要無名文化財:03/09/03 15:45
>404
どうせライブで見るならば、
リニア、モーターカーでの、
東京-大阪間10分の旅の感想を
枝雀師に話して差し上げたいですね。
(しかしそうなると後十年は……)

406 :重要無名文化財:03/09/04 00:00
>405
それまでは、枝雀師匠の霊に取り付かれた亡者どもの噺でも聞いてましょ。結構あちこち出てます

407 :重要無名文化財:03/09/04 03:14
師匠のリニアモーターカーの話は、楽しかったもんねぇ。

408 :重要無名文化財:03/09/06 23:44
地獄八景亡者戯みたいだが、あの世にも知ってる名人が多くなった。
ライブが楽しみな、今日この頃でございます。(笑)

409 :重要無名文化財:03/09/08 23:31
>408

枝雀師匠と、志ん生、志ん朝師匠のあの世ライブを堪能したい・・・
あの世へ行くのが待ち遠しくなるほどですわいな。


410 :重要無名文化財:03/09/10 20:43
枝雀さんと志ん朝さん聴けてモーしあわせ。

411 :重要無名文化財:03/09/15 00:44
「成り金旅」というのはいつの音源でしょうか?
枝雀さんがおひとりで喋ってはります。

412 :重要無名文化財:03/09/16 20:39
よこさのさ〜
よこさのさ〜
よこさのさ〜
はぁ、えらかった。

413 :重要無名文化財:03/09/26 22:58
http://www.zakoba.com/photo/index.html
ざこばさんのサイトにおもろい写真がいろいろありましてん。

414 :重要無名文化財:03/10/05 21:24
一時期枝雀さんから離れた時期がありましたが最近、以前よりも良さが解るようになりました。


415 :重要無名文化財:03/10/05 22:53
「枝雀」襲名記念のLPレコードを持っているけれど、これってレアもの?

416 :重要無名文化財:03/10/05 23:10
大した値はつかないけどレアはレア。S48、9年だろ?


417 :重要無名文化財:03/10/06 00:16
そう、S48年9月と10月に収録したもので、「日和ちがい」と「鷺とり」が入っている。
ほかに「桂枝雀 上方落語傑作集」というタイトルで8枚ばかりLPがある。

おかしいのは襲名記念のLPのジャケットの写真の枝雀の髪がふさふさしている。

418 :重要無名文化財:03/10/06 00:33
後に中途半端な頭をまるめたんだよ。その頃の髪の毛、ほんと中途半端だろ?

419 :重要無名文化財:03/10/06 02:14
中途半端というか、普通の感じがするけど。
ジャケットの解説欄に師匠の米朝と並んで写っている写真は中途半端といえばいえなくもないけど。

肝心の噺のほうだけど、すでに晩年の放逸さが、あれほど自由闊達という域には至っていないけれど
充分に現れているし、同時に師匠の芸風もまたきちんと継承している。
うまさということに関して言えば、この頃のほうがうまいかもしれない。

久しぶりにLPを回した。

420 :重要無名文化財:03/10/06 06:28
へぇ〜。落語にLPがあったんだ。びっくり。
落語のカセットテープは昔みた記憶があるけど。

421 :重要無名文化財:03/10/06 09:23
こっちがビックリだよ。w

422 :重要無名文化財:03/10/06 14:20
駅前ビル地下の中古レコの落語コーナーに置いてあるわ。1200円やからお買い得やろうがジャケットが汚れているのが難。
持っていない人、急げ!西梅田駅に近い第一の地下のJJだよ。

423 :重要無名文化財:03/10/06 15:15
問題はLPをどうやって人間が聴ける音にするかってことだ、今となっては。

424 :重要無名文化財:03/10/06 15:22
>>423
スタインバーグの「CLEAN」がいいね。LP取り込み

って、そういう意味じゃないか。

425 :重要無名文化財:03/10/06 21:35
>>393
さっき聴いた噺のマクラで「緊張と緩和の同居」と言ってたのでまんざら間違っちゃいない。

426 :極楽亭:03/10/07 00:08
桂米朝近日来演

427 :重要無名文化財:03/10/07 00:45
米朝師匠、11月6日で78歳になられますな。

428 :重要無名文化財:03/10/07 00:52
>>422LPレコード、JJで買いました。情報ありがとやんした。

429 :重要無名文化財:03/10/07 03:52
ありがちなことだが、
つまらぬ取り巻きや能無しブレーンに食い殺されたという気がしてならない。

幼稚な論理構成でえんえんとわけのわからない理屈をこねているのを見るのはキツかった。
こういうのをほめそやす輩がそばにいるのではないかと想像した。

あと、小佐田定雄という落語作家は、このスレの住人的にはどうなの?
この人の新作はとにかくつまらなくて、「枝雀に巣食うダニはこいつか」と思ったものだが。

430 :重要無名文化財:03/10/07 07:14
「宇宙意志」がどうとか

431 :重要無名文化財:03/10/07 12:25
「幽霊の辻」と「雨乞い源兵衛」は充分面白いと思うけど。
両方ともCDの方がDVDよりいいような気がする。

432 :重要無名文化財:03/10/07 13:36
私は逆。あの2作品の良さが全くわからん。

>「枝雀に巣食うダニはこいつか」
激しく同意。

433 :重要無名文化財:03/10/07 13:50
皆さん厳しいね、そんな厳しさで生きてて世の中おもろいんかな。

434 :重要無名文化財:03/10/07 13:53
ネット弁慶ってやつでしょ

435 :重要無名文化財:03/10/07 13:53
枝雀と小佐田の話題が出たのでついでに、

雀三郎の「G&G」って面白いか?
全然笑えないし、笑ったとしても愛想笑いだな。
内容もスッカラカンだし。

436 :重要無名文化財:03/10/07 14:23
嘉門達夫のパクリのようなネタだ罠。

437 :重要無名文化財:03/10/07 18:12
最近の雀三郎、別人のようにツマラナクなったと思ったら
小佐田とつるんでたのか!? イヤハヤ・・・

438 :重要無名文化財:03/10/07 18:53
枝雀が死んじゃったので、寄生する対象を雀さんに変えたんだな。

落語家は貧乏してても、落語作家は悠々自適という現状はいかがな
ものか。

439 :重要無名文化財:03/10/07 20:02
演者にはまらないと悲惨なのは仕方ないよ。

440 :重要無名文化財:03/10/07 20:47
喋ったらいいひとでしたわ。先生と呼ぶほどでもないけどバカにされるような方ではないはずだ。

441 :重要無名文化財:03/10/07 20:50
ところでネット弁慶とは何なんですか?

442 :重要無名文化財:03/10/07 23:00
内弁慶のネット版だろ?

443 :重要無名文化財:03/10/07 23:08
「ロボットしずかちゃん」一作で
枝雀落語を見限らせてくれたのだから、ある意味凄い才能といえる

444 :重要無名文化財:03/10/07 23:11
>>443
あれの英語版わかりやすくて好きだった。懐かしい記憶。

445 :重要無名文化財:03/10/07 23:45
喋る家に風邪ひいた家主が入れないってとこだけはおもしろかった。

446 :重要無名文化財:03/10/08 01:30
>>429
ただ、枝雀自身は小佐田定雄を尊敬もしていたし、敬愛もしていたし、信頼もしていた。
対談集を読めばよく分かる。

447 :重要無名文化財:03/10/08 01:59
アンチ小佐田は若干名だと思われるが
少数意見を尊重するのが民主主義
尊重だけはせにゃならん、尊重、尊重、も一つ尊重

448 :重要無名文化財:03/10/08 02:01
やるんなら時代考証をよく研究して江戸や明治の人の心情をよく汲み取ったもの
を作ってもらいたいね。そういう噺だと聴くだけで昔にトリップできる。
現代モノは落語の体裁とらなくてもやれるんだし。
心情ってのがかなり難しいようで、昔の時代小説もその点いい加減だったらしい。
現代人の感覚で昔のモノを作ると平凡な作品になって重みがない。

449 :重要無名文化財:03/10/08 08:58
>>447
その若干名の一人として感謝
ここは枝雀さんスレなので、個人的にはこれ以上の小佐田氏論難は避けるが――

晩年の枝雀師の、しばしば「禅味」と評された落語であって落語でないような
芸風(かつてのようなおおらかなナンセンスもなく、計算しぬかれた笑いもなく
決して知的でもなく、上方の時代風俗をよみがえらせてもくれなかった・・・)の
むなしさに疲れ、枝雀落語離れをしたあとに師の訃報に接したときの
あの何ともいえない憤りがよみがえってくるのです。

だれが桂枝雀をああさせたのか、と。

450 :重要無名文化財:03/10/08 20:58
考えたくなるのもわかるけど。
でも、ある意味(言葉を選ばずいえば)寿命とも思います。

落語に大変のめりこまれていたようなので
何をどうしたって息詰まるだろうし。
そうすると小佐田さんみたいな人や、英語落語は
ご本人にとって貴重な存在だったのではないかと。

小佐田さんは作家というより、編集者的な感じ。
「誰に、どんな話(とか仕事)を振ろうか?」みたいな。

451 :重要無名文化財:03/10/09 09:40
>>450
そのたとえ、大変よくわかります。
とかく思いつめがちな枝雀師は、そういったヌルい、ウスいとりまきをこそ必要としていたのだと。

とはいえ、
それを業界への足がかりとして、まんまと三田純市氏、伊勢戸佐一郎氏ら
本当に上方のインテリ旦那衆だった文化人たちの後釜にすわったことは
どうにも納得がいかんのですが。

452 :重要無名文化財:03/10/10 02:20
ちょっと前に落語にメザメタ!
枝雀&米朝のCDを大量購入。運転中は常に落語が流れてる状態。
米朝CD:米朝が喋る・客笑う
枝雀CD:枝雀は何も喋ってない・しかし客は爆笑
ココデ枝雀ハ何ヲシテイタノカ! と非常にくやしい

453 :重要無名文化財:03/10/10 20:21
>>452
気持ちワカルワカル。なんかゴソゴソやってね。結局ビデオ買って見たり。
僕も枝雀のMDを車で聴いてます。いままで個人的におもしろかった噺は
雨乞い源兵衛・饅頭こわい・ちしゃ医者・代書・日和違い・替り目・無精の代参・
三十石夢の通い路・くやみなどなど。

454 :重要無名文化財:03/10/11 22:15
>>449
些か食傷気味になって枝雀落語離れをしていた頃にTVで観た『いたりきたり』は忘れられない。
今だに強烈に覚えている。あれは枝雀落語の一つの到達点だと今でも思う。
追悼番組で観た『夢たまご』はちょっとどうかとも思ったが。
『いたりきたり』についての感想があれば聞かせて欲しい。

小佐田氏に関しては、『雨乞い源兵衛』のお花の歌を産み出しただけでも枝雀落語に対しての功労者だと思っている。
面白くない作品があることも認めるが、個人的に、落語作家も漫才作家と同様原形を提供するもので最終的には演者が責任をとるのだ、と思っているため糾弾する気にはなれない。
志の輔が小佐田作品を見事に自己流に改作して成功していたのを観たことが影響しているかもしれない。

455 :重要無名文化財:03/10/11 22:26
>>422,>>428の動きの良さを見ていると、このレスにはやはり大阪を中心
とした関西在住の人が多いのかな。
僕(>>415>>417>>419)はちなみに静岡だけど。

456 :重要無名文化財:03/10/13 10:24
枝雀さんの落語ってあんなやつおらんやろって思うけど笑える。
ほかのひとならひいてしまうか白けるかだろうが明文化できないよさがある。
それを感じる人が多いからいまだに人気があるのじゃないですか。

457 :重要無名文化財:03/10/15 00:10
今一番枝雀に近い存在は小枝。

458 :重要無名文化財:03/10/15 08:23
個人的には染丸。

459 :重要無名文化財:03/10/16 01:10
実は文福。

460 :重要無名文化財:03/10/16 12:00
>>458
染丸というより染二だろ?
でも染二は顔が怖いからキライ。

461 :重要無名文化財:03/10/16 13:05
>>457
なるほど。微妙に繋がる気もする。

462 :重要無名文化財:03/10/16 14:51
何と、小佐田定雄スレってあったのね。
http://hobby2.2ch.net/test/read.cgi/rakugo/1002500538/l50
業界ゴロへの憤懣はこちらにて

463 :重要無名文化財:03/10/16 20:05
>業界ゴロ
って…
言い得て妙だな。

464 :重要無名文化財:03/10/18 11:38
ここでは四弱のはなしをしる!

465 :重要無名文化財:03/10/18 22:05
景清って噺はあまりおもしろくないですねちなみに。
しかもだんだん主人公に腹が立ってくるし。

466 :重要無名文化財:03/10/18 23:08
>>465
初心者さん、いらっしゃ〜い!

467 :重要無名文化財:03/10/20 01:35
枝雀さんのDVDは来月の第四集で完結?

468 :重要無名文化財:03/10/22 00:55
景清はTBS落語特選会でやった小三治が最高!

469 :重要無名文化財:03/10/22 01:09
談死、早くシネ

470 :重要無名文化財:03/10/22 09:48
なんで?

471 :重要無名文化財:03/10/22 14:39
>469、というか、すれ違い。ゴネてください。

472 :重要無名文化財:03/10/24 00:20
DVDの第十二集買いますた。枝雀の崇徳院、最高でんなあ。

473 :重要無名文化財:03/11/02 01:17
>>468
禿堂
再放送しないかなぁ。

474 :重要無名文化財:03/11/09 01:37
ほしゅ

475 :重要無名文化財:03/11/28 23:04
晩年からのファンなので、なにわの源蔵を知りません。
どんなドラマですか?

476 :重要無名文化財:03/11/30 06:42
>>475
有明夏夫原作の明治初期の大阪を舞台とした捕物帳。
単行本時のタイトルは『大浪花諸人往来』で、直木賞受賞作。
のち講談社文庫に入った際、『なにわの源蔵事件帳』の副題で統一。

これをNHK大阪が水曜か金曜の8時のドラマとして制作。
枝雀さんの役は、元岡っ引きで今も警察の御用を務める“海坊主の親方”こと赤岩源蔵。
なお2シーズン目からはこの役を芦屋雁之助が演じた。

477 :475:03/12/02 00:58
>>476
詳細情報どうもです。
再放送しないかな〜。

478 :重要無名文化財:03/12/30 22:06
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%90%BD%E8%AA%9E%E5%AE%B6
ちょっとすいません。ここ↑の「桂枝雀」の項目に
「路線の違いを巡って師匠と絶縁したり」
とありますがそんなことあったっけ?


479 :重要無名文化財:03/12/31 16:31
>>478
無かったと思います。
「大学時に落語に転向し」てのも違いますね。

480 :重要無名文化財:03/12/31 21:00
>>478
「しかし古典の美学を究めるより、笑いを求めて精進の結果、「爆笑王」の異名を取るに至った。」
も微妙に違うような…
何を見て書いたんだろう

481 :重要無名文化財:04/01/01 00:37
親分が死ぬなんて‥‥

482 :重要無名文化財:04/01/01 13:57
>「路線の違いを巡って師匠と絶縁したり」

具体的に破門になったりとか、一門から離れるとか、そういう
わかりやすいことじゃなくて、米朝路線の落語の継承者にはな
らなかったという、スタンスとメンタリティの問題。

483 :重要無名文化財:04/01/04 02:33
しっかし長命なスレでんな。まさか2年前の自分のカキコ見るとは…
それだけ枝雀さんが愛されつづけているていうことやね。

484 :重要無名文化財:04/01/05 01:12
>>478
そこの落語関連の記事、誰が書いたのか知らないけど、
微妙に???なとこだらけだね。

485 :(^o^):04/01/11 02:25
来週の17日土曜日午前10時頃やったかなNHKTVで「質屋蔵」放送される。


486 :重要無名文化財:04/01/17 10:53
今やってる>「質屋蔵」
ただしBKのみのローカル放送だと思う。
なぜだろう……懐かしさを除くと、ひどく索漠たる感じがするのは、
演者本人の死を思い出してしまうからだろうか。

ただ、枝雀師が独自に付け加えたり差し換えたりした部分が
みごとなまでにつまらないのは、本人の責任か。
それとも差し出口をした誰かのせいか。

487 :重要無名文化財:04/01/17 11:47
>>478
これって記事の追加とか出来るんだね。
誰か枝雀師について、より正確で誤解をまねかない記事を書いてくれ。

488 :重要無名文化財:04/01/17 14:49
スカパーでやってる朝どら「純ちゃんの応援歌」に出てるね。

489 :重要無名文化財:04/01/18 14:30
>478
「?」ですな。誰や,こんなん書いたのは・・・。
ちなみに他の噺家の記事もずいぶんヨタですわ。

490 :野暮:04/01/24 11:18
538 名無しさん@4周年 04/01/24 10:04 ID:wASkyXNH
>>526
嘘だぁ、俺っちのオヤジ神戸大卒で関西芸人やってたよ。

552 名無しさん@4周年 04/01/24 10:06 ID:1Ma5kGkl
>>536
あんたのオヤジさん、米朝師匠に「考えすぎ」と言われてましたなあ

573 名無しさん@4周年 04/01/24 10:09 ID:wASkyXNH
>>552
うわーーーーーーー分かる人がいるとは思わなかった。
むっちゃ変な汗かいてる。今、俺。

http://news5.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1074900543/

491 :重要無名文化財:04/01/27 22:38
師匠の奥ゆかしいご性格譲りなところが、察しられる書込みですなw
色々逸話など書き込んでいただけたらありがたいのだが、
絶対無理そうだ。残念。

492 :重要無名文化財:04/02/06 02:08
「一生懸命のおしゃべりでございます。
 面白いところがあれば、アハ、アハ、アハと
 笑っていただければ幸いでございます。」

493 :重要無名文化財:04/02/09 21:59
枝雀さんの自殺に関して他の芸人や噺家がどんなコメントを
したのかが知りたい

494 :重要無名文化財:04/02/10 06:51
もう、元へは戻らんということですなby米朝

495 :重要無名文化財:04/02/11 14:30
宿替えのパンみたいなおやっさんの
「お宅、奥さんはおられますか」
「ええ、おりますけど」
「実はうちにもひとりおりますねん、これが不思議と女でして」
このときのうれしそうな感じが好き

496 :重要無名文化財:04/02/18 00:27
このスレの人は今どんな落語家さんの高座見に行ってるの?

497 :重要無名文化財:04/03/06 01:09


498 :重要無名文化財:04/03/09 02:09
>452
枝雀自身の分析によると、落語には

@語る落語(米朝など)
A演じる落語(松鶴など)
Bしゃべる落語
C歌う落語(志ん朝など)

の4種類のものがあって、枝雀の落語はこの@からCの要素が全部一緒になっているので
CDではあまり面白さがわかりにくい、と思います。

CDのようにただ音だけ聴いて面白いのは@とCの落語家だけなんじゃないかな。

というわけで枝雀のDVDが欲しいんですが・・・高くて買えません。

499 :498:04/03/09 03:15
すみません、書き足しで

@語る落語(米朝、円生など)
A演じる落語(松鶴、文楽(先代)など)
Bしゃべる落語(橘家円蔵、志ん生など)
C歌う落語(志ん朝、柳好(先代)など)

で、枝雀はAとBの要素が大きく、それは談志も同じような気がします。
だから、枝雀は談志を避けていたのかもしれません。

でCDでは
C>@>B>Aの順で、聴きやすいというか楽しみやすいのではないでしょうか。

500 :重要無名文化財:04/03/10 22:11
>>499さん
志ん朝は、CDでは彼の良さは私には伝わりません。
ええ?うん、ねえ?うん、のような合いの手が多すぎて
耳障りなんですよ。でも、高座で聞いてると芸に酔いしれてしまいます。
姿かたちの良さで、彼は観るべき人と思います。

501 :499:04/03/11 01:03
私は志ん朝の高座を2度しか見ていませんが、ええ?うん、ねえ?うん、とか
そうかい、っていうのがいいアクセントになってリズムに乗れるから、CDでも
大いに楽しめるっていうか、あんまし実際の高座と変わらないというか・・・
志らくの言うとおり、彼の落語はうまい歌って感じがします。
しかし私個人は弟子の右朝の方が声がいいから好きだった・・・

502 :重要無名文化財:04/03/21 16:35
枝雀師のDVD、ネタによってはCDの方が良いのがあると思う。
当たり前やけど・・・

503 :重要無名文化財:04/04/25 03:41
規制解除あげ

109 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)