5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

こん平師匠、いくらなんでも・・・

1 :重要無名文化財:2001/08/26(日) 01:01
上野や浅草で漫談でおりるのは構いません。
病床の志ん朝師匠の代演でやってきた東西名人会で
笑点漫談でおりるのは止めて下さい。
せめてネタをやってください。名人会なんですから。

2 :重要無名文化財:2001/08/26(日) 01:46
昼も夜も両方それかいな?

3 :重要無名文化財:2001/08/26(日) 01:53
でも客には結構受けてたりするとよけい腹立たしい。

4 :重要無名文化財:2001/08/26(日) 01:54
昼はそうでした。昼夜通してはさすがにみなかったからわかんないです。

5 :重要無名文化財:2001/08/26(日) 01:56
昼夜とも仲モタレの位置だったので、軽いネタでよかったはずなんですけど。
千谷沢村の方言はなしとかはもう何度もきいているので。
落語会で漫談されたら、志ん朝師匠も口惜しいことでしょう。

6 :重要無名文化財:2001/08/26(日) 01:57
本人は期待に応えたつもりなんだろうな>漫談
へったくそなネタやられても…って気もするし、マジで。
つーかそもそも人選だろ、問題は。

7 :重要無名文化財:2001/08/26(日) 01:59
笑点ネタは、定席の日曜昼席でやってくれ
浅草あたりでやると、栃木からの団体客にバカ受け

8 :重要無名文化財:2001/08/26(日) 02:01
受けてたんなら、人選もネタ選びも正解だったんじゃないの?
一般客の多い会だとありがちだよね。
地方の落語ファンが良く嘆いてるのと、同じじゃない?

9 :重要無名文化財:2001/08/26(日) 02:02
志ん朝→こん平って時点で払い戻し必須

10 :重要無名文化財:2001/08/26(日) 02:04
コンペイって漫談以外に何ができるの?真面目なはなし

11 :重要無名文化財:2001/08/26(日) 02:06
崇徳院

12 :重要無名文化財:2001/08/26(日) 02:08
古典もやるんだ?

13 :重要無名文化財:2001/08/26(日) 02:08
前列の席でも空席がちらほらありました。私も「志ん朝→こん平」の
一報にキャンセルを考えましたから。しっかりした東西の実力ある噺家の
落語を聞きたいというお客が多かったんだと思います。

崇徳院は文枝師匠がモタレでやってました。

14 :重要無名文化財:2001/08/26(日) 04:24
「崇徳院」「宮戸川」以外にできるのか?

15 :重要無名文化財:2001/08/26 07:23
>>12
 たい平が、自分が教えたといってた。

16 :重要無名文化財:01/08/26 15:09
あれで林家三平一門の総領弟子とは笑わせるぜ。

17 :重要無名文化財:01/08/26 15:17
林家三平一門の総領弟子だから、あんななんだって。(w

18 :重要無名文化財:01/08/27 01:57 ID:8OcGf4IM
あの三平師匠でさえも、時々「源平盛衰記」や「清書無筆」など、
古典をやっていたのに。
こん平は、一生「笑点」に寄りかかって生きていくつもりなのか?

19 :重要無名文化財:01/08/27 02:05 ID:.waf9waY
古典ったって源平は地噺だし、「時々」ってほど掛けちゃいないよ。
正直言って、三平は近年になって評価されすぎ。
全盛期だって、嫌いな人にホントに毛嫌いされてたし、晩年は酷い
もんだった。

20 :重要無名文化財:01/08/27 04:45 ID:C8qWSa2U
>>19
道灌!
私は大西信行という男は大嫌いですが、彼の林家三平批判に限っては、
的を射てるといわざるを得ません。
三平は、明らかに神格化されています。

21 :重要無名文化財:01/08/27 12:22 ID:O9NRjKtU
早死にすると神格化されたりするのが世の常でしょ。
芸能人でいえば、赤木圭一郎しかり石原裕次郎・美空ひばり・尾崎豊・ジョンレノン
有名人ではダイアナ妃もそうだし、死んだ人を悪く言っちゃいけない風潮がある。
誰もダイアナの事を、不倫した挙句離婚して金持ちの玉の輿に乗るつもりでベンツ
の助手席乗ったら事故って死んで自業自得・・・なんて言わないもの。
「三平さんなんて晩年滅茶苦茶で面白くなかったよね」なんて死人に鞭打つような
ことを言う人はいないでしょうね。ただ、評論家なんかは芸の考察という観点から
は死後しばらく経ってから冷静な解釈で判断することもあるだろうけどさ。

22 :重要無名文化財:01/08/27 12:47 ID:u.uP9prI
>21
それとはちょっと違うんだよねぇ。
君が例にあげた人達の場合は、同時代を生きたファンが死後も変わらず慕い
続けた結果、嫌な部分が消えて神格化してるんだよ。
三平の場合は、存命中にすでにブームは去りファンと呼べるような支持者も
神格化できるほどは残っていなかった。
近年の三平神格化は、マスコミ人・同業者が再評価をしたために、「あの人が
ホメるんなら、凄かったんだろう」といった感じで、実際の三平を見ていない
層が「再評価」以上に評価した結果だと思う。
幸か不幸か、海老名家が広めたい三平像と再評価されてる三平にはギャップが
あるので、映像・音源による追認がし難い事も、その一因に思える。

23 :重要無名文化財:01/08/27 13:27 ID:C8qWSa2U
三平は、晩年いくつもの病気を併発した後は、頭の方も衰えてきて、
寄席で自分の持ち時間が過ぎても高座から降りなかったそうですね。
談志ら友人の芸人達がギャグを装って高座に上がって行って、
三平を無理やり楽屋へ連れ戻したそうです。
悲しい話しですね。

24 :重要無名文化財:01/08/27 20:53 ID:JbXzocvM
悲しいような、うれしいような

25 :重要無名文化財:01/08/28 00:27 ID:mv4qJKGo
三平スレッドになってきたな・・・。
こん平は夜席は何をやったんだろう?

26 :重要無名文化財:01/08/28 00:56 ID:MAMvPofA
>>23
ここにも「実際に見てないのになんか言う人」がいるな(w

27 :重要無名文化財:01/08/28 01:02 ID:0EK//RRE
>>25
何をったって・・・ 漫談か、でなけりゃ漫談か、もしくは漫談かもね!

28 :重要無名文化財:01/08/28 01:09 ID:Oy7hzUGM
 卓球かも。

29 :重要無名文化財:01/08/28 01:29 ID:nL6Uui2s
>>28
>卓球かも。
だったみたいです。
ttp://www.tcup4.com/423/keita.html?

30 :28:01/08/28 02:51 ID:MI14NXXg
>>29
 洒落のつもりだったのに(w
 

31 :重要無名文化財:01/08/28 09:43 ID:bLGZEA/Y
こん平師匠は、確か「笑点」で座布団が十枚たまったために、
その企画として「宮戸川」をやらされたのでしたよね。
それが、こん平師匠の数少ない古典のレパートリーの一つになったのです。
こん平師匠の芸は、すべて「笑点」絡みと言えるでしょう。

32 :重要無名文化財:01/08/28 10:25 ID:plTXySIo
こん平がテレビによって芸人としての可能性を限定されてしまったという
面もあるかもしれんが、それにしてもあの、努力の感じなさ具合には
ちょっと閉口いたす。

33 :重要無名文化財:01/08/28 10:33 ID:g20ROt4o
話戻してもうしわけないんだけど(w
>>22 海老名家が広めたい三平像
ってどんなの?ちょっと聞いてみたかった

34 :重要無名文化財:01/08/30 01:16 ID:0LEg99o6
>>32
芸に対する情熱を失ってしまったと思われる、こん平師匠は、
いつも同じネタばかりを演っていた、晩年の先代春風亭柳橋師匠に似ていると思います。
でも、こん平師匠はまだ若いのですから、心を入れかえて精進していただきたいものです。

35 :重要無名文化財:01/08/30 10:10 ID:hH7CvYPk
精進していただきたいねえ。どーかんどーかん。

36 :重要無名文化財:01/08/30 10:30 ID:RSGUpELI
たかが噺家でしょ。いいよ精進しなくて。
例え笑点ネタオンリーでも食ってける芸を持った芸人が勝ち。
ただしそのうちそれで食ってけなくなってのたれ死んでも自己責任。
それを心配してるんなら実はみんなやさしいのかも。

37 :重要無名文化財:01/08/30 12:14 ID:tJkXk./I
のたれ死になんてしないでしょ。
定席でぼんやり古典演ってる人よりは、間違いなく稼いでるだろうし。
「こん平といえば?」で、多くの人が同じイメージを浮かべるのは、
芸人としては大成功でしょう。常連はともかく、一般人には受けてるし。
俺も「好き」じゃないけどね。

38 :35:01/08/30 15:37 ID:rRArQJBw
「芸人」というより、ドラえもんとかと同じ類の「キャラクター」だよね。
今のままでは死後話題にのぼることもなくなってしまう。

39 :重要無名文化財:01/09/17 22:33
こんぺえでぇ〜す!
のフレーズだけで芸人として食っていけてるのは確か。それでいいんじゃないの?

40 :重要無名文化財 :01/09/17 23:31
まぁ確かに芸人としては「勝ち」だろうけど、
落語ファンとしてはああいうテレビ的にメジャーな人が
落語やってくれると、落語ファンのすそ野を広げてくれるかなと。
協会の理事クラスなら、そういう「落語会全体」のことも
考えて欲しいのよねぇ。

41 :重要無名文化財:01/09/17 23:52
>>40 期待する相手が違うよ。(w

42 :重要無名文化財:01/09/18 01:13
というか、落語しないなら、志ん朝の代演を引き受けるなってことじゃないの?
売れてる売れてないは関係なく、落語をじっくりきかせる会に出るのに
漫談しか用意してないなんていうのがいけない。

43 :重要無名文化財:01/09/18 01:21
それでも客には受けたんだから、仕事は果たした。
主催者の人選も間違いじゃなかったって事。
落語を聞きたかった落語ファンには気の毒だけどね。
ま、そんなもんよ、世間の落語に対する認識なんて。

44 :重要無名文化財:01/09/18 01:28
志ん朝代演こん平で、空席が一階席でも目立ったというが・・・。
役割を果たしたとはいえ、逃げの姿勢で勝たれてもなぁ。
春団治の高尾や五郎のいが栗や小三治の鰻の幇間などの熱演に比べて
見劣りするのは必至だと思われ。

45 :重要無名文化財:01/09/18 01:34
そりゃ、志ん朝の代演で空席作らないだけの落語家なんて、そうはいないだろう。
実際、談志・小朝ぐらいなんじゃないの?

46 :重要無名文化財:01/09/18 01:37
談志でもかなりの空席だったよ

47 :重要無名文化財:01/09/18 01:41
じゃ、誰が行っても同じ事じゃん。

48 :重要無名文化財:01/09/18 02:44
そりゃねぇ、末広亭や浅草なら漫談でもいいだろさ。
こん平師匠にはせっかくの名人会、ここで株をあげるくらいのネタの熱演を
してほしかったわけよ。ところが何度もかけてる漫談だった。
それなら円歌が中沢家やってても大差無いんだよ。それが悔しいね。

49 :重要無名文化財:01/09/18 03:46
円歌とこん平じゃ、たいして変わらんと思うが...
円歌の方がネタ多いんだけどね。

50 :重要無名文化財:01/09/18 07:29
円歌師匠だと、名人会の時には「紺田屋」「坊主の遊び」といったネタを
かけるんじゃないかな。こん平師匠には、そういうとき用のネタがないんだよね。

51 :重要無名文化財:01/09/30 04:01
48、49>円歌師匠とこん平師匠じゃあ漫談の質が違う。
こん平師匠は受ける時とこける時がある。円歌師匠は
絶対受ける。あの人は或種天才。
古典を辞めたのは自分が噺家になった時、きら星のごとく名人上手がいて
とても古典では太刀打ち出来ないと見切ったかららしい。それだけ
自分を冷静に判断して今日があるのだと思う。
円歌師匠は「三味線栗毛」で芸術祭もとってるしね。
こん平なんかと同じにあつかっては失礼でしょう。

52 :49:01/09/30 11:56
>>51
そんな事ぁ、今さら言われなくたってわかってるよ。
せっかくの機会にも漫談をかける事自体を、「たいして変わらん」って言ってんの。
徹子の部屋へ出ても、実話のように「中沢家」やっちゃうんだぜ、円歌は。

53 :重要無名文化財:01/09/30 11:57
http://px.a8.net/svt/ejp?a8mat=6I6N9+G994FM+CI+BWVTF

54 :重要無名文化財:01/10/01 01:53
>>52 =49

円歌師匠は、「せっかくの機会」には「紺田屋」「坊主の遊び」といったネタを
かけるよ。そこがこん平とは違う。

55 :重要無名文化財:01/10/01 01:55
圓歌には「ヤマのアナアナ」がある!
それだけで人間国宝当確疑いなし!

56 :重要無名文化財:01/10/01 02:18
演るか演らないかの話なら、こん平だって古典を演る。(時もある w )
つ〜か、古典演れば、それでいいのか? 落語ってそんなもん?

57 :ホール:01/10/01 08:59
>56
古典を演ればいい、なんて誰もいってないじゃん。
ただ、その場の流れと言うか雰囲気と言うか状況を考えろってことでしょ。
志ん朝の代演で東西名人会に出て、受けりゃOKの漫談やって、それで
噺家でござい、って顔していいか、ってことでしょ。
で、こん平には圓歌師匠と違って、そうした場に対応できる力というかネタを
持ってなかったってことじゃん。
だから、「出来もしないのにしゃしゃり出てくるな」ってことを話している
のに、「落語ってそんなもん?」程度の反応しかできないなら、あんたも
このスレに出てこなくていいよ。邪魔だ!!!

58 :重要無名文化財:01/10/01 09:07
要請があったから出ただけだろ?
しゃしゃり出たのか?

59 :重要無名文化財:01/10/01 09:24
このスレって関西人限定?

60 :重要無名文化財:01/11/04 04:31
結局、東西名人会でのエピソードは語り続けられることになるね。
故志ん朝師匠の代演要請に対し、こん平師匠は浅草の定席でやるような漫談で
返した、と。

61 :重要無名文化財:01/11/04 06:03
べつに擁護するわけじゃないけど、こん平に普通の落語を期待している人って
いるの?

62 :重要無名文化財:01/11/04 07:25
名人会・志ん朝師匠の代演というシチュエーションでは
期待してるってこと

63 :重要無名文化財:01/11/04 07:31
いたんだね (藁

64 :重要無名文化財:01/11/04 08:08
あらら。俺はこのスレ初参加だけど、
代演こん平って知った時点で漫談になるなってわかったし
変に勘違いして古典とかしないでくれって思って見てたYO
しっかりと気合いの入った漫談をしてくれたんで俺的には期待通りだった(w

65 :重要無名文化財:01/11/04 09:39
これなこん平が悪いんじゃなくて
選んだ人の眼目のナサを攻めればいい話でしょ。
それにしても、落語界で今以上に
漫談派が幅を利かせ始めたら
もう先がないとは思うけどね。

66 :重要無名文化財:01/11/04 09:53
志ん朝が出れなくなったということが最大のアクシデントだった訳で
古典では代演にふさわしいのが獲得できなかったんじゃないかな?
急だし、人選も難しいし。
こん平さんは代演というより穴埋めのためにやってきた。
だからあれで正解。

67 :重要無名文化財:01/11/04 10:57
でもこの神戸の東西名人会てのは組み合わせすごいよな
今回も予定では東の方は志ん朝、小三治、昇太だろ・・
ここ以外じゃなかなか志ん朝と小三治が一緒なのそんなにないよ
その志ん朝の代演だからねえ・・基本的には無理だわな
そうすると中止にするかとりあえず全国的に顔売れてる人出すしかないよね
だから↑の人の解釈で正解では? 中止になるよりましだったと思うよ

68 :重要無名文化財:01/11/04 11:15
東西でこれだけの顔をそろえる会って他に無いよな

69 :重要無名文化財:01/11/04 12:22
代演が発表された後の主催者の対応。
「希望される方には、前売り券の払い戻しをいたします」

私は限りなく誠意ある選択だったと思います。

70 :名無しさん:01/11/04 13:30
http://choco.2ch.net/test/read.cgi/dancesite/1003047887/l50
笑点実況スレ

71 :チャラ〜ン:01/11/05 00:08
高座が下品で嫌いです。何年聞かせるの、あなたは昇天ネタとチャ−ザ−村ネタを。故三平師の女将さんのナキで理事入りしたらしいよね。

72 :重要無名文化財:01/11/05 23:15
払い戻しするって発表するのは他の出演者や特に代演に呼んだ人のことを考えると
主催者側にはかなり勇気のいることだよね
まあ良くないものを擁護する気はないが、批判というのは物事をちゃんと理解した上でするべきだと思うな。

73 :歌舞伎系:01/11/05 23:19
口わるいね、寄席系は。
まあ、同意しますが。

74 ::01/11/05 23:21
落語ファンは焦点嫌いなやつ多いみたいだね。

75 :重要無名文化財:01/11/06 00:26
>74
そりゃもう、焦点のおかげで、えらい誤解をうけてますから。
「落語って、何人か並んでくだらないこといって座布団とりあう
やつでしょ?」なんて若者も多い昨今。

76 :重要無名文化財:01/11/06 03:31
そうのたまうのは若者だけじゃない。

77 :74:01/11/06 10:59
いま、そこまでひどいの?
へえ。

78 :重要無名文化財:01/11/06 12:13
いまやフツーの人が落語家をテレビでみるのなんて、焦点くらいしかない。
よって「焦点=落語」。
で、そういうおばちゃんの団体が寄席なんかくると、コンの下らん漫談でも
笑いがとれてしまう。
「あらー、焦点の人だわ」とか言って。
悪循環。非常に鬱。
歌丸あたりは、やるときゃ落語もちゃんとやるのにねぇ。
確かに、漫談の需要があるのは認める。
でも、全く落語やらない(できない)んなら、漫談家でもなのったらよろし。

個人的に立川志らく、好きではないが、著書でいうところの「焦点の罪」は的を
射ていると思う。

79 :ウッヘッ:01/11/11 20:15
たしかにひどい、コン氏は。私はもっぱらトイレタイムにしています。でも、彼のような漫談家を噺家、落語家として生かしていることもおかしいぞ。理事とやらで、ずいぶんでかい顔をしていたらしいよ、馬の風さんと同様に。

80 :重要無名文化財:01/11/11 20:58
ここまでそこが浅い芸人も珍しい。

81 :重要無名文化財:01/11/11 22:54
>>79
馬の風さんは、多少は古典落語もやるんじゃなかったっけ?
漫談やるにしてもコン氏よりは、多少、その日の客層とか、前日の
ニュースとか気を配っているように感じる。

82 :生意気盛り:01/11/12 00:06
だいたい志ん朝の代演にこん平を呼ぶのが間違いだ。オレを呼べばいいのだ。
                            談志

83 :ウッヘッ:01/11/14 00:28
81さんの言われるとおり、馬の風さんも古典をやりますよね。けっこううまいと思いますがね。でも、寄席ではいつもの漫談ですね。

84 :ピリピリ辛い:01/12/01 01:08
11月の下席、たしかトリですね。何を話したのかしりたいんですが、情報を下さい。

85 :重要無名文化財:02/01/01 03:15
少なくともこの板見てる奴でこん平のトリ
に金を払う奴はいないと思われ。

86 :名無しさん:02/01/06 16:32
笑点実況スレ
http://live.2ch.net/test/read.cgi/weekly/1010153676/l50

87 :重要無名文化財:02/01/31 12:53
<緊急企画>
次の寄席(浅草・末広亭など)で、こん平登場と同時に「宮戸川!」など声をかけて
様子をみる。

88 :重要無名文化財:02/01/31 14:12
すかさずオレが「いつもの奴!」と助け舟を出す。

89 :重要無名文化財:02/01/31 14:39
少し間をおいて、「笑点、きかせて!」と叫ぶ私。


90 :重要無名文化財:02/01/31 15:21
そこで俺が立ち上がり「馬鹿!こん平師匠がせっかくやる気を出してるのに余計な事を言うな!」と。

91 :重要無名文化財:02/01/31 16:05
そうなって客同士が喧嘩しかけたときに、
「まぁまぁ、二人とも。今日はこん平師匠がみっちり粋な
宮戸川、きかせてくださるそうだから、場を乱しちゃ、あ、いけねえぜ。」
場内拍手、こん平あ然。

92 :重要無名文化財:02/01/31 22:26
志ん朝師の代演 多かったですね。昨年夏の神戸の東西落語会 本来なら志ん朝 小さん冶だった。

池袋でも、志ん朝の代演はこん平師匠が多かった様に思います

昨年夏の神戸の会では昼が「笑点」夜が「卓球部」のゴールデンコンビ。十八番中の十八番を披露してくださいました  

93 :重要無名文化財:02/02/02 06:40
>>92
十八番っていうか一番までしかないけどなあ。

94 :重要無名文化財:02/02/02 18:34
落語とは一人語りの話芸。上下切って古典をやらなくちゃ落語じゃないという古い
感性の人達が、落語を大衆芸能から伝統芸能へ格下げさせた原因です。ウケて笑い
を取っているのなら、全国的に顔を知られているのなら、芸人としてこれ以上何も
望むものはありません。芸術にジャンルの線引きをすること自体がナンセンス。

95 :重要無名文化財:02/02/02 18:37
ジャンルの線引きではないが、では漫談と落語の違いは
なくなってしまう。着物を着てれば落語で、立って服着てりゃ漫談か?

96 :重要無名文化財:02/02/02 18:46
漫談名人会ならば、上下を切らず、古典でも新作でもなく、知名度があって、
客に受けて笑いが取れて、そりゃあ望むものはないでしょう。
落語名人会においては、上下を切って、古典・新作落語で勝負してもらわないと。
>芸術にジャンルの線引きをすること自体がナンセンス
「漫談」と「落語」というジャンル分けした人物がここ百年くらいに
存在するでしょうから、その人に言ってください。



97 :重要無名文化財:02/02/02 19:47
>>94
べつに漫談がいけないとは言ってないよ。
「東西名人会」で「志ん朝の代演」で、客が期待するのはふつう「上下切ってやる落語」
だと思うよ。その期待を裏切る行為について言ってるんだよ。

98 :重要無名文化財:02/02/02 20:37
そうそう。何か志ん朝が倒れた代わりにしては、何百回とかえてる漫談で
やっつけ仕事。「当代一の名人の代演だから確実に笑いをとらなければ」
という崇高な思想ならそれでいいが、どうもそんな感じじゃなかった。

99 :重要無名文化財:02/02/02 20:49
こんひら死傷に、落語を求めるあんたらが野暮。

100 :重要無名文化財:02/02/02 20:57
↑志ん朝師匠の代演でなければ、誰も求めてない

101 :重要無名文化財:02/02/03 22:22
志ん朝師の代演に 「扇喬」「文朝」などより、ムシロこん平や円歌の「中沢家の人」の方がいいかも!

102 :重要無名文化財:02/02/03 23:56
>>101
ハァ???あんた大丈夫? しかも「扇喬」って・・・架空の芸名までデッチ上げやがって・・・

103 :重要無名文化財:02/02/04 01:42
>>96
漫談と落語のジャンル分けというのは単に定義上、噺家がやるの
か色物がやるのかで変わってくるのです。漫談でも登場人物を演じ分けたりする場合もあれば、落語でも地噺のように素の語りがメインになる場合もある。
笑いの多い演劇とコントの違いは何処にあるのでしょうか。コントの要素を盛り込んだ漫才、講談と演目のダブる落語もありますよ。
>>95
笑三さんが洋服を着た立ち高座で人情噺のようなものを国立でやっていました。漫談と落語の違いは無いのです。

104 :永六輔風にいえば:02/02/04 04:45
漫談は落語の一部だといったのが立川談志
それを聴いて怒ったのが牧野周一



105 :重要無名文化財:02/02/04 18:18
>>102 で! どうすれば


106 :重要無名文化財:02/02/04 18:54
>>103
ということは、あんたは落語家という職業の人が、何を話しても
「落語」だとおっしゃる。では、「落語家」「漫談家」の違いは
なんですか?私は落語はひとつのストーリーを話すもので、
漫談はひとつのテーマに沿って話すものだと思います。
ですから、漫談と落語は定義上だけでなく、きちんと分けていけると
思います。もちろんいろんな要素をとりいれた亜流もあるでしょうが、それはあくまで亜流で、
東西名人会という場でかけるネタとしては、どうもふさわしくない気が
します。落語の名人会に「落語のようなもの」をされては納得いかないからです。
そして、明らかに洋服を着て面白い話を漫談調に話すものを落語だとは思いません。
笑三師匠の例は、やはり人情噺の「ようなもの」でしかないのでしょう。
「人情噺」でなく「人情話」でしょうね。

107 :重要無名文化財:02/02/04 19:03
>>106
私は 103 ではありませんが、
落語と漫談との間にはハッキリした線を引けないという意見に賛成。
まったく同じ内容でも、落語家がしゃべれば落語で漫談家がしゃべれば漫談、
としか言いようのないことがあります。
106 さんの考え方だと、「中沢家の人々」や「ガーコン」や、
三平の「源平盛衰記」は落語ではない、ということになると思いますが、
それでよろしいですか?


108 :重要無名文化財:02/02/04 19:39
>>107
いってみればそうだと思います。源平盛衰記などはちょっと違うと
思いますが、私が落語と呼べない「落語のようなもの」とは、
弟子や他の噺家が演じられないものをさすのでは、と思います。
確かに線引きは難しいでしょう。なぜなら、マクラや噺中の
演者自身が出てくる部分などはどう考えても
漫談の形式によるものですから。そういう意味で談志師匠も
落語の一部とおっしゃったのでしょう。すると、中沢家やこん平
師匠の「笑点」などは落語ではない気がします。弟子がやれませんし。
少なくとも落語名人会で「落語の一部」を「古典落語の名手」の代わりに
披露するという心構えが腑に落ちないのです。たとえ、これが「笑点」「卓球部」
でなく下手なりに古典・新作をかけてくだされば、私は師匠に拍手したこと
でしょう。

109 :重要無名文化財:02/02/04 21:15
「地噺」と云う分類があると聞きました。

 「源平」とか「大師の杵」などがそれに当たるのでしょうか? 

110 :重要無名文化財:02/02/04 21:43
「紀州」なんかもその部類に入るよね。
でも、地噺は広義でごく一般的な噺の中で使われる語りの部分も
それにあたるはず。
例)悪いやつがあったもんで・・・・
  伊八が見え隠れについていきます。・・・
  お菊の幽霊がそれへさしてズー・・・



111 :重要無名文化財:02/02/04 22:27
>>109
107 です。「源平」は本来地噺ですが、
三平さんの高座で、現在聴けるものは、
「源平」のストーリーの部分より、
小咄や客いじりの部分が圧倒的に多いんです。
だからわざわざ「三平の」とつけたんです。

地噺と普通の噺との境界線もはっきりしていませんよね。
「紀州」にしろ「源平」にしろ、会話の部分が全くないわけではない。
それを言い始めると、今度は落語と講談の違いはなんだ、
という話になってしまいそうですが。

問題の(?)神戸でのこん平さんの高座ですが、
けっこうウケていたと聞いています。
だから興行としては成功だったのかもしれません。
でも、志ん朝さんなら何度でも聞きたいけど、
もし次また、こん平さんだったらどうでしょうねえ。


112 :重要無名文化財:02/02/05 16:09
>>106
その通りです。落語家が高座でしゃべるものは全て落語です。古
典や新作のストーリー性のある噺は落語の中の一つのベクトルでしかないのです。
志ん朝師の代演はこん平師、木久蔵師、円歌師や馬風師でも誰でもできますが、志ん朝師の代わりは誰にできません。こん平師が得意の演目で笑いを取ったことが、芸人として病床の志ん朝師へのエールになったとは考えられませんか?
仮にこん平師が病床にあって、その代演で志ん朝師が古典をやったとしたら、あなたは怒るのですか?こん平師が得意とするような己を語る落語を志ん朝師はやらなくちゃいけないのですか?

113 :重要無名文化財:02/02/05 16:47
>>112
東京から来るのがこん平だけの会なら
上方勢の顔付け次第じゃ行ってない。
で、代演が志ん朝だったってのが後でわかれば
地団駄踏んで悔しがって同じようなスレ立てたかも(w

114 :重要無名文化財:02/02/05 16:56
仮にこん平さんの代演で志ん朝さんが出て、
こん平さんのネタを、一字一句変えずにやったら、
きっと拍手喝采、行かなかった人は地団駄踏んでくやしがったと思う(w


115 :重要無名文化財:02/02/05 19:44
どーでもいいが、こんぺいは、発音が悪いので
いっていることの半分ぐらいしか、理解できないぞ、おれは

116 :重要無名文化財:02/02/05 22:28
>>113
あなたが行く行かないかという好みを聞いているのではありません。こん平師がそこで必ず古典をやらなくちゃいけないのですか
ということを聞いているのです。
>>114
志ん朝師が一字一句変えずにこん平師のネタをやっても絶対に面白くないでしょう。こん平師に志ん朝師のようなネタができないように、志ん朝師もこん平師のようなネタはできないのです。
落語を能や狂言のような伝統芸能にして大衆から隔離したいのなら、どうぞ「型」にだけこだわってください。すぐに落語という芸能は単一化するでしょう。

117 :重要無名文化財:02/02/05 22:49
志ん朝の代演でこん平って時点でおかしいんだよな。
だれが決めたんだよ。

118 :重要無名文化財:02/02/05 23:20
>117
主催者に決まってるだろう
場所東京じゃないんだよ 休日の急な代役で全国区で人気のある人いるか?
小三治は同じ落語会にでるんだし
いくら東京で人気実力あるといっても権太楼やさん喬じゃ、関西ではきついだろう
談志、円歌、円楽なんて急な代演で地方は無理に決まってるだろう
そうすると円蔵、こん平といった線に落ち着くのは自然じゃないの?
こん平だってほかの仕事キャンセルしてると思うけどね
少なくとも去年までは日本で一番すごい面子がそろう落語会だからこそ行ったんであって、これが単なる志ん朝独演会じゃ中止になってただろうね
事前に切符の払い戻しも受け付けてたそうだから、良心的なんじゃないの?

119 :重要無名文化財:02/02/05 23:30
>>112
>その通りです。落語家が高座でしゃべるものは全て落語です。

言い切ってるけど、そうかなぁ???
落語家がしゃべるものに、「落語(落とし噺)」「人情噺」「漫談」など
いろんなものがある、というほうが正確に近いように思う。そういう意味では
「落語家」よりも「噺家」と呼びたいな。

>>106
噺家と漫談家の違いは、「噺家に入門して、噺家としての修業をした人」が噺家、
そうではなく漫談を修業してきた人が漫談家、という分け方ではいかがでしょうか?
で、噺家さんが「落語」ばかりではなく漫談をやることもある、と。

120 :重要無名文化財 :02/02/06 00:55
>>119
禿同!落語家が話すジャンルが様々あるという考え方の方が納得がいくな。
そういう意味で、東西名人会は「落語(落とし噺)」「人情噺」の類を
語る(もしくは語ってほしい・・・漫談家には出来ない芸を見たい意)場で
あるから、こん平師のやりかたに異議を唱えてるんだね。
噺家と漫談家の違いについては異論ありだが。
というのも、噺家・漫談家の定義もなく「噺家に弟子入りして」とはいえないんじゃないか。
例えば、いままである噺家に弟子入りして噺家修行してきたとして、
いきなり師匠が「俺がやったり教えたのは、ありゃあ漫談だ。だから、お前は漫談家だ。
明日から洋服着てやっていいぞ。」なんていわれても困るだろう。
噺家はあくまで「ストーリー(噺)を語る」から噺家ではないかと。
時に噺家が漫談で下りるが、これは「マクラの延長」であり落語ではなく、
あくまで「つなぎ(臨時司会)」として語っていると考えれば説明がつく。
噺家が漫談した後に「この後も落語でお楽しみください」などといっておりるから、
その類ではないか。だからトリや名人会で「つなぎ」はする必要はない。
選ばれてるんだから。それでも漫談するなら「私は落語が出来ない司会者」と
自分でいってるようなもんじゃないかな。


121 :重要無名文化財:02/02/06 01:11
>>112
>その通りです。落語家が高座でしゃべるものは全て落語です。

これは談志師匠の主張の受け売りとみた。違うかな?



122 :重要無名文化財:02/02/06 01:17
>116
>あなたが行く行かないかという好みを聞いているのではありません。

いや、客ってのはそういうもんだと思う。行かないのも立派な選択肢。
行ったヤツが楽しんだのならそれでいいじゃんってだけのこと。
行かなかったらこん平が30分前後古典をやったなんてことになったら
やっぱり地団駄踏むかも知れないけど。
東西名人会にふさわしいか否かについては>>120に同意。

つーか、半年も前の話でよくこんなに続くもんだ。


123 :重要無名文化財:02/02/06 01:19
代演で、元々出るはずだった人の芸をそっくりそのまま…
なんてことをやってくれそうなのは、志ん朝より談志だろうな。

124 :重要無名文化財:02/02/06 01:30
志ん朝師匠は漫談もやれば古典も出来る。
こん平師匠は漫談は出来るが古典はやらない。
代演で「落語」をやらなかったこん平師匠は
志ん朝の代わり・名人会全てひっくるめて、浅草演芸ホール
と同等の視点で演じたことになる。
言いかえれば、円生が御前落語で「金弥め」をやるくらいの
暴挙だと、思う人が出ても不思議でない。俺はそう思う。

125 :重要無名文化財:02/02/06 01:36
漫談と落語との関係については、「談志・牧野周一論争」というのがあった。
また一時期、落語家が漫談をやる「落語トーク」がはやったこともあった。
落語家が高座で着物を着て演じる「漫談」が、「落語であるか漫談であるか」
は、永遠の課題と言えないだろうか?

126 :重要無名文化財:02/02/06 02:09
>124
あんたみたいに思う人がおるかもしれんが100人に1人もおらんだろう
大半の客は満足してたからそれでいいんじゃないの?
なんで満足してたかわかるのかって?
私居てたの 現場に
来てる客層もほとんどそのへんのおっさんおばはんレベル
会場も中ホールとはいえかなりデカイ
小三治よりこん平や昇太のほうが笑いとってたんだら客は満足よ
下手な古典やるよりずっとマシだ


127 :重要無名文化財:02/02/06 06:08
小三治の不機嫌な顔が目に浮かぶ…
だから関西人て嫌いさ。

128 :重要無名文化財:02/02/06 15:23
>>126
たとえ笑いをとったとしても、それはこん平師匠が落語を話せないのを
自慢しているようにみえるだけ。客が芸人を育てる、芸人が客を育てる
この思想からいくと、こん平は人気にあぐらをかいて芸を汚し、
名人会の客は(いつもの寄席でかけてるネタとは知らずに)大笑いして
こん平のあぐらを許容したことになる。


129 :重要無名文化財:02/02/06 15:39
>>128
毎度毎度同じことをしゃべっていて、何年間も進歩がなかったとしも、
客を満足させているなら、芸人としてはそれでいいと思います。

高座が面白くないということと、
いつも同じ漫談をやっているということとは、
区別して考えるべきだと思います。
前者は非難されるべきですが、後者は必ずしも悪くはないと思います。

ちなみに私は、こん平さんの高座はちっとも面白いと思いません。
面白くないだけならまだいいのだけれど、
声が大きくて耳障りなので、寝ることすらできません。
でも川柳さんは同じネタを何度聞いても笑ってしまいます。


130 :重要無名文化財:02/02/06 15:45
>>126の事実があるのなら
主催者の選択もあながちまちがいではなかったのでは。


131 :重要無名文化財:02/02/06 15:47
128はノイローゼだな
しかしいつまでこのスレやるんだろうね
同じことの繰り返し・・

132 :130:02/02/06 15:50
とりあえずじぶんの好みは置いといての話(w
そういうお客さんだった(のでしょう)ということ

133 :重要無名文化財:02/02/06 16:00
>>126
嘘をつくな。少なくとも多くが満足していたっていうのは間違い。
なぜなら私もいたが、一階席は空席が目立ち、払い戻した客が
多かったということ。そして、一階席での笑いは少なかった。
周りの客も「また同じ漫談だよ、志ん朝の代わりなのに」とささやいているのが
聞こえたし、おもむろにトイレに行って次の中とりの五郎師匠まで
帰ってこなかった人も見受けられた。うんざりして寝てる人もいた。
笑っていたのは漫談をはじめて聞いた客(主に二階席)か
こん平ファンではないか。
小朝が「地方では漫談や「西行」なんかでお茶を濁す落語家もいる」
と述べていたが、やはり手抜きとしか思えない。
そういう意味で満足させていないといえるね。
ちなみに、川柳師匠は同じ「ガーコン」でも客席を見て筋を変えている。
こん平師匠は小益文楽と同様に、寸分違わぬネタ構成。
そこは、芸人として「甘え」だと思う。

134 :重要無名文化財:02/02/06 16:08
128と133
完璧にノイローゼだわ (w

135 :重要無名文化財:02/02/06 16:10
>>133
「俺はこん平の漫談が嫌いだ」と一言いえばすむものを、
名人会なのに古典をやらないとか、
寄席と同じネタをやっているとか、芸人の甘えとか言うからややこしくなる。
志ん朝さんが休演なら、他の誰が出たって、
キャンセルしたり席を立ったりする人はいるはず。


136 :重要無名文化財:02/02/06 16:22
こん平擁護派もうざいね。こん平が手抜きなのは事実じゃねぇか。
そりゃあ志ん朝の代演ってんだから、どんな高座やってくれるか
期待はするだろ。なのに漫談。ノイローゼっていうなら
漫談落語家をかばうあんたらがノイローゼだ。

137 :重要無名文化財:02/02/06 16:29
>>136
もうほっとけ。ノイローゼとかレスの本質とは違う視点でたたき出してる
段階で、擁護派は論破できないことが証明されている。

138 :重要無名文化財:02/02/06 17:21
手抜きっていうよりも、あれが彼の全力なのでは?

139 :重要無名文化財:02/02/06 17:40
全力だとしたら、「紀州」じゃないけど「その任にあらず」といって
断れ、こんぺー。神戸市民をなめるな。

140 :重要無名文化財:02/02/06 18:22
「あら?COM平が来るのね。逝ってみたいわん」と思う地方住民って多いんだろうね。
そう考えると主催者も商売だから「客の呼べる芸人」を呼ぶのは当然だろうなぁ。
一度観たらもうダマされないだろうけど(藁
彼なりに自分の手持ちで一番打率の高いネタを演ったんだろうから、
手抜きしたってワケじゃないかと思われ・・・。全力でハズしたけど(ワラ

結局はその落語会の主催者が、「構成」とか「客のニーズ」をどこまで考えてるかだな。
神戸の件は「とりあえず名前の売れてる人を」的な代演だろうな。

141 :重要無名文化財:02/02/06 18:50
小益文楽師とこん平師を一緒にするのもどうかと…

142 :重要無名文化財:02/02/06 18:54
漫談落語家として小益文楽師とこん平師は同等だと思うが。
まだ小益の方がいい。知名度はこん平師が断然優位だが。
こん平師が焦点おろされてからの芸が見もの。
才賀以下に落ちぶれるか、新作で生き残るか・・・。

143 :重要無名文化財:02/02/06 19:00
新作はムリだろ。

144 :重要無名文化財:02/02/06 19:13
神戸の名人会では演題が張り出されていたんだけど、
「子ほめ」「鰻の幇間」などに混じって「笑点」。
いや、落語の演題っていえんし。

145 :重要無名文化財:02/02/06 20:37
今までの発言を読むと、「漫談=手抜き、古典=全力」と思ってる人が多いのかもしれないけど、
違うんです。
普段から、漫談なら新しいネタ・古典なら噺を磨いたり新ネタをモノにしたり、という作業に
力を入れているか手を抜いているか、がこういう代演の場面で如実に現れるんです。
こん平は、東西名人会で手を抜いたのではなく、「普段手を抜いてるから、東西名人会の
志ん朝の代演でいつもの漫談しかできなかった」ということなのです。


146 :重要無名文化財:02/02/06 20:53
別にこん平がのべつ関西で漫談やってるわけじゃないんでしょ?
だったらごく一部の↑のほうの人たちをのぞいてはじめて聞いた人が大半と思われるので特段問題ないんじゃないの?
なんか寄席でしょっちゅうこん平見てる東京の人とごく一部の関西のマニアックな原理主義者みたいな人が自分たちのせまーい世界で勝手に盛りあがってるだけという感じだね
別スレたてて落語と漫談でも思う存分気の済むまでやれば マニアックな世界で
自分たちが落語家を「甘やかしてはいけない」らしいから・・(w

147 :重要無名文化財:02/02/06 21:02
>>146
>はじめて聞いた人が大半と思われるので特段問題ないんじゃないの?

関西の他の落語会だったらいいんだけどさ。「東西名人会」で「志ん朝の代演」で
なければ、こんな騒ぎ(w)にはなってないよ。

148 :重要無名文化財:02/02/06 21:06
今の時代、ホール落語の客なんてのは
「マニアックな原理主義者みたいな人」のほうが多い気もしてみたり。

149 :重要無名文化財:02/02/07 00:18
かもね。

150 :重要無名文化財:02/02/07 00:48
東京だけの事情で語るな!

151 :重要無名文化財:02/02/07 00:59
ラジオで、こん平の「親子酒」聴いたことがある。
うるさかった。

152 :重要無名文化財:02/02/07 02:18
三平師匠のおかみさんがテレビで、「こん平はやる気をなくした」みたいな
ことを言ってた。
とどのつまりは、そういうことじゃないの?

153 :重要無名文化財:02/02/07 14:17
>>146
じゃああんたは、何百回とこん平の漫談きいて笑ってりゃあいいや。
箸が転んでも爆笑するんだろうな。レベル低い。
初めて聞いた人だけが面白い芸をやるのが、芸人か?

154 :重要無名文化財:02/02/07 14:42
>>153
落ち着きなさい。レベルの高い人間の書く文章とは思えないぞ。
参考までに、チミが主催者だったら、
あのとき誰に代演を頼んだか書いてみてくれないか。


155 :重要無名文化財:02/02/07 15:07
>>153
相手の都合を度外視して考えるなら、
少なくともこん平は呼ばない。おそらく主催はベクトルは違えど
影響力は同レベルを呼んだんだろうけど、代演は少し劣るが
実力のある人を呼ばねばならないと思う。
よって、権太楼、文朝、さん喬。談志が呼べないなら、志の輔でも
よかった。名人会=知名度では決してないはず。

156 :重要無名文化財:02/02/07 15:11
つけくわえて、柳昇師匠や、円菊・円窓・扇橋などの
往年の寄席仲トリ三人衆でもよかった。

157 :重要無名文化財:02/02/07 15:13
つまりは、志ん朝の代わりっていうだけで、劣るのは誰しも分かってる。
ただ、そこに一生懸命芸をやる姿が欲しい。人気と漫談でごまかすのでなく
芸は劣るが真っ向勝負してほしかった。と。

158 :重要無名文化財:02/02/07 15:16
ここにもあったYO!
http://asian.elitecities.com/books/photo.html

159 :重要無名文化財:02/02/07 15:29
こん平擁護派じゃないよ、念のため。

>>155-157
さん喬さんや権太楼さんだったら、はりきるだろうし、
来た客はきっと満足して帰るでしょうね。
私が主催者でも彼らを呼びたいところです。

ただ、関西ではまったく知名度がない。
かなりの落語ファンでも見たことない人が多い。
主催者としては、キャンセルされるリスクを冒さなければならない。
こん平さんだったら、
「とりあえず一生に一度くらいはナマこん平を見てみようか」
と思って行く客が多いんじゃないか、と考えたんじゃないかな。


160 :重要無名文化財:02/02/07 15:49
>ただ、関西ではまったく知名度がない。

そんなことないってば。
さん喬さんは厳しいかも知れないけど
枝雀さんとのつながりで権太楼さんのことが気になってる人、
関西でも結構増えてるよ。生で聞けるとなると歓迎されるよ。

161 :重要無名文化財:02/02/07 15:53
>>159
そう、知名度のなさが問題。今あげたなかでは志の輔と柳昇師匠くらいだね。
神戸のお客は果たして(統計とったわけではないので分からないが)
知名度で払い戻さなかったのか、それともこん平だから払い戻したのか。
一階席なんかは早めに予約したコアなファンだから、志ん朝来ずと
こん平かよ!で払い戻したケースだろうね。

しかし、東西名人会に「漫談」を聞きたいと思って4000、5000円の
金払おうって客いるのかね?

162 :重要無名文化財:02/02/07 15:57
こん平の二度目の東西名人会はないともいえる。次きたら、いくらおばちゃんたちも確実にうんざり
するということになる。「去年もこれだったわ」なんて。
そして、志ん朝の代演も二度とない・・・。

163 :重要無名文化財:02/02/07 15:59
>>160
それはかなーりコアなファンじゃないかな。
そういう人が全員来たとしてもたかが知れていると思う。
CDも出たことだし、権太楼さんには関西でぜひブレイクしてほしいと
願っている人の一人ではあるんだけど。


164 :重要無名文化財:02/02/07 16:08
おいおい
なにもこん平独演会で4000円5000円払うんじゃないんだろ?
ほかのメンバーがすごいから払うんじゃないの?
それに当日は気温38度もあってあまりの暑さに払い戻し云々じゃなく行くのやめた人もいたそうだよ。
招待客や年寄りに多いんじゃないの?

165 :重要無名文化財:02/02/07 16:15
>なんか落語スレって粘着質の人多いね
こいつだけは絶対に許せないって陰気な暗〜いストーカー的情熱が伝わってくる
裏返しの愛かもしれんぞ!(w

166 :重要無名文化財:02/02/07 16:24
>>165
そういうあんたも毎日来てカキコしてるね。落語の芸について
熱っぽく語ってる人らを毎日煽りにくるとは・・・(w

167 :重要無名文化財:02/02/07 18:01
話はそれるけど、「知名度」について。

なんだかんだいっても、東京の噺家が関西のホールをいっぱいにさせようと思ったら、
とにかくテレビにたくさん出て知名度を上げるしかないんじゃないでしょうか。
もちろん、上方の噺家が東京でやる場合も同じ。

花緑さんが、
ドラマにでも何でも出て、町を歩いているとみんなが振り向くようなスターに
なりたいって言ってるけど、あながち勘違いではないと思う。

タレント活動を一切していなくて、
本来の芸だけで地方のホールをいっぱいにできる噺家っているのかな?


168 :重要無名文化財:02/02/07 18:13
小三治とかは出来るだろうな。
上方だと米朝・文枝・春団治・吉朝あたりは出来そうだ。

169 :重要無名文化財:02/02/07 18:21
>>164
こん丙独演会笑た。
ぜひ実現させてほしい。3席はほしいね。

170 :重要無名文化財:02/02/07 18:23
>>168
なぜか上方優位ですね。

小三治さんって、純粋な落語番組以外はテレビ出ていませんでしたっけ。
地方の人は小三治さんをどうやって知るのだろう?

吉朝さんは、なかの芸能小劇場だったら満員にできるけど、
大きなホールで独演会となると、ちょっと辛いと思う。
東京でも六行会ホールでやったときは、さすがに空席が目立っていた。

吉朝さんが地方で独演会やって満員になるようだと、
まだ落語も捨てたもんじゃないなと思うんですけどね。


171 :重要無名文化財:02/02/07 23:25
志ん朝さんが何百回とやっている古典と、こん平さんが何百回とやっている漫談。どちらを聴きたいかはその人の好み次第。
通ぶっている落語ファンが駄々こねてるだけ。何故に「笑点」が落語でないのか、理論的に述べてください。

172 :重要無名文化財:02/02/07 23:32
>171
こん平の漫談は何百回と聴きたくないなー(w

173 :重要無名文化財:02/02/08 00:42
>>171
志ん朝の古典には、聴衆をうならせる『人物描写』と『情景描写』と『テンポの良さ・心地よいリズム』がある。
だから何度でも聴きたくなる。
こん平の漫談には、聴衆をうならせる『人物描写』も『情景描写』も『テンポの良さ・心地よいリズム』も無い。
だから二度と聴きたくなくなる。

174 :重要無名文化財:02/02/08 00:58
>>173
「テンポの良さ」だけはあるよ、こん平。
でもつまんない。


175 :重要無名文化財:02/02/08 01:01
>174
あれがテンポ良いかぁ?速いだけじゃん。

176 :重要無名文化財:02/02/08 01:14
>175
速いだけの口調に「鈴本」の団体客は騙される・・・
テンポは良いだろ、クスグリもなんにも入れないから。

177 :重要無名文化財:02/02/08 01:24
「テンポが良い」と「テンポが速い」は違うだろ。

178 :重要無名文化財:02/02/08 01:36
落語のテンポの良さと漫談のテンポの良さは違うからな。

ちなみにチンポは元気だぞ。

179 :重要無名文化財:02/02/08 01:47
ハァ?

180 :重要無名文化財:02/02/08 02:43
出るな歩くな家にいろっ!!(100ホン)

181 :重要無名文化財:02/02/08 02:49
こないだの末廣亭。いくら客がすくないからって、
自分の忙しさを愚痴って、卓球クラブのはなしして降りてしまうとは
思いませんでしたよこん平師匠…。


182 :重要無名文化財:02/02/08 09:00
>>167
>地方の人は小三治さんをどうやって知るのだろう?

昔テレビに出ていたから。
柳昇、小せん、金馬、文治…みんなそう。

183 :重要無名文化財:02/02/08 11:36
>>182
167 ですが、やっぱりそうですか。
志ん朝さんだって、芸が素晴らしいのはもちろんですが、
テレビやラジオ・映画などに出まくっていた時期があるから、
地方で独演会を開いても満員になるんですよね。

逆にいうと、テレビで有名な人だからといって落語会に行ってみたら、
全然面白くなかった、ということがあると、
今度別の人が来ても行く気にならないかもしれませんね。
そういう意味では、知名度のある人は責任重大といえます。
特に誰のことというわけではありませんが(w


184 :重要無名文化財:02/02/08 14:01
もうひとつ言うなら、
知名度がある人が、「これが落語だ」と言いながら
トーク・漫談でおりたりすると「あぁ、落語って一人漫才なんだ」と
いうイメージが地方についてしまう。すると、古典落語をみっちり
やってる人たちがいくと、「落語やってくれ!」などといって
漫談を求められる。いかがなものか・・・・・。

185 :重要無名文化財:02/02/08 16:18
>>173
だから、あなたたちの聴きたいか聴きたくないかの好みはどうでもいいの。落語と漫談の違いを明確に説明してみてくださいって言ってるわけです。
こん平さんを嫌いで聴きたくないのと、「笑点」が落語じゃないというのは別の話。あなたたちは落語の中の一つのパターンを踏襲している志ん朝さんは良しとして、また別のパターンの落語をやるこん平さんを嫌いなだけ。
>>172
こん平さんの落語を漫談と言い切るのなら、落語と漫談の違いを好み云々ではなしに、明確に説明してください。


186 :重要無名文化財:02/02/08 18:09
>>185
過去レスに書いてあるのでよく読みましょう。
そもそも漫談とは「世相などを話題として風刺や批評をまじえた軽妙な話芸」の
ことを指します。これは落語の「ストーリーを中軸とした話芸」とは異質のものです。
では、こん平師の「笑点」を無理に落語に分類すると「マクラ・地噺」に
相当します。マクラや地噺は「なくても落語が成立する」部分であるので、
(上方では小拍子を使って場面転換します、ああすることで無駄な地噺を省けます)
名人会で「なくても落語が成立する部分」を演じるのはどうか、と皆が述べている
わけです。
では、「中沢家の人々」はどうでしょう。これは分類がしづらいのです。
なぜなら、落語はストーリーがあるが故に「口述して語り継ぐ」要素がないと
成立しえないからです。「中沢家の人々」は弟子がやったり他人がやったりは出来ません。
そういう意味で当人が語る「即時性」が発生し、世相や落語家自身が思いを
語る漫談に分類されてしまうのです。
これが弟子らによる改作で「円歌家の人々」「円歌一代記」のように
仕上げればストーリー仕立てで「落語」と呼べるものになるでしょう。
落語とは「演者自身が消えてしまう部分」が必要なのです。
上下に目線を切る、八っあん熊さんが登場する、全てその「演者を消す」
作業の一部なのです。漫談の中に落語的手法で語られる場合がありますが、
落語家がそれをやったからといって、「落語」を語ったことにはなりません。
従って、「笑点」はこん平師が自らの体験・思いを面白おかしく語っている
ため「漫談」であるといえるのです。
「落語の中の一つのパターン」でなく「漫談を語ってその中に落語『的要素』
をとりいれた」といわないといけません。

逆に漫談界からいわせてもらうと、そういった手法を落語家がやるからといって
漫談を「落語」と称して語ることは違和感があります。


187 :重要無名文化財:02/02/08 18:57
小難しく定義しねぇほうが「落語」らしくってイイと思ふ。

188 :重要無名文化財:02/02/08 18:59
>>187
私もそう思いますが、>>185 はそう思っていないようです。
>>186 が真面目に付き合っていることに感心しています。マジで。


189 :187:02/02/08 19:24
自分的には落語を商売にする人間が「高座」で演ること全てが「落語」だと思ふ。
結局、面白いか面白くないか、結局それが問題だよね。
ま、それについても感じ方は聞き手によってそれぞれだし。
金を払う側が演者を選択すればいいのよ。

神戸で払い戻しをしなかった客は結果はどうあれ自分の選択だからハズレでも仕方がない。
月謝払ったと思って、それを糧にもうダマされなければいい。
だって混平さんってああいう芸人なんだから、いまさらバシッと古典演れったってムリだよ。
期待する方も期待する方だ。ほかの演者は良かったならいいじゃんか。


190 :重要無名文化財:02/02/08 19:25
>>185
落語なのか漫談なのかはどうでもいいの。
こん平の「いつもの」なら聞き飽きてるし特別おもしろくもない。
関西、地方でもNOと言う声があがってるってのがこのスレだろ。

191 :重要無名文化財:02/02/08 19:27
大体からして、こん平が末広亭で「笑点」ひとしきりやったあとに、
「私のほうはこういうくだらない漫談でおしゃべりさせてもらっていますが、
落語の方はこの後の演者にお任せするということで、どうぞ最後までごゆっくり
していってください、ありがとうございました。」でおりてた。
自分でも「漫談」だっつってるから「漫談」だろ。

192 :重要無名文化財:02/02/08 19:35
>>187
いくら高座でやってもかっぽれはどうなる。あれもあなた的には落語かい?
揚げ足とったか・・・・。

んで、神戸の件は、他の噺家どうこうっていうんじゃなくて、
こん平師が「志ん朝師の代演」で「いつもの漫談」で「東西名人会」
に挑んだことについて意見してるんだよ。
これがたとえば、「馬風師の代演」で「いつもの漫談」で「浅草演芸ホール」とか
なら、だぁれも文句はいわない。
会自体は非常に面白かったが、こん平師の志ん朝・落語・名人会に
対する心意気が感じられなかったことを論じてるんだよ。

193 :重要無名文化財:02/02/08 19:39
「古典」「新作」「漫談」

上記ひとくくりで「落語」と認識してるんだけどな。
いろんなのが出てるから寄席的な面白さがあるばやいもあるしさ。
線引きは無意味だよ。

194 :重要無名文化財:02/02/08 19:42
噺家の漫談は時間調整のために生み出されたもので、本来は
そういう機会でしかやらないものだった、と聞いたことがある。
いってみればつなぎだね。または落語ばかり出てきたら疲れるから
色物的な要素があったんだろうね。

志ん朝の代演で色物的落語?そりゃあたたかれるな。

195 :重要無名文化財:02/02/08 19:46
>>192
まえに誰かが書いてたけど、当人がそこまで考えてたとも思えないんだけど
志ん朝の代演だからこそ自分がある程度の打率を期待できるネタを持って来たんじゃ
ないかな。付け焼き刃の古典やるよりもさ。じっさいキャラ一本でここまで
上って来たヒトだし。

196 :重要無名文化財:02/02/08 20:02
>>192
そう考えてもいいと思う。地方で笑点はまだまだ使えるネタだし。
そうだといいんだけど・・・。
正味の話、あの人に急な代演で使える落語は残されてなかったのか。
本当に漫談落語家に落ちてしまったのか、と。
昼夜交代の時も、もういつものジャージに着替えて楽しげだったし。
楽して稼いだ感じがしたわけ。

197 :重要無名文化財:02/02/08 20:06
志ん朝の代演に来て「宮戸川」は出来ねぇだろう(藁

198 :重要無名文化財:02/02/08 20:14
昼夜あったけど、こん平師は常に仲モタレだった。
主催者側も一応考えたんだろ、出す位置。
志ん朝師が来てたら、まずどこかのトリか仲トリはやってたはずだし。

199 :重要無名文化財:02/02/08 20:51
>>186
「話す」落語、「読む」講談、「語る」浪曲、という分け方があると何かで読んだことがあります。「ストーリーを中軸とした話芸」が落語ということになるのなら、落語よりもストーリー性の強い講談はどうなるのですか?
どうして「ストーリーを中軸とした話芸」でなければ落語ではないのか、という肝心な説明がないのです。何故に地噺が無駄なのですか?何故に上下切って演者を消す部分がなくては落語の範疇からはみ出すのか、そこを論じてください。
あなたは「ストーリー性があって口述して語り継ぐものが落語です」と言っているだけで、何故にそうでなくては落語ではないのか一切の説明をしていないのです。
>>188
小難しく定義しているのは187さんです。


200 :187:02/02/08 21:00
>>199
どっか小難しい事言った? カナーリ大雑把だと思ふケド。

201 :重要無名文化財:02/02/08 21:31
>>199
お答えしますか・・・。あなたの聞いている内容は
言うなれば「赤はなぜ赤なんですか、説明してください」と
いってるようなものですが。
しかも、落語とはこういう形しかないといっているのではなく、
「落語にこういう芸能の手法を取り入れている」と一貫して述べています。
すると、あなたは「じゃあ、それも落語じゃない?」とおっしゃるでしょう。
しかし、大筋というものがありまして、落語の中に漫談をとりいれても落語ですが、
漫談の比率が多い落語は、もはやそれは落語としての体裁を残していない、と
先に述べておきます。

講談も落語も「ストーリーを中軸とした話芸」ですが、
講談と落語の違いは、その手法の違いで説明が出来ます。
講談の語りの本筋は聞き手に対し説明的なのです。
落語の語りの本筋は聞き手に対し描写的なのです。
たとえば、講談の場合「身の丈は抜群にすぐれ、目は爛々と光り輝き」
などと語りで説明しますが、落語は、仕草で見上げて大きさを表現したり
まぶしそうにしてみたり、といった手法もあるということです。
講談の手法を落語が使えなくもないですが(例は多いですけど)、全編を
通じて講談の手法だけを使うという落語はありません。それはもはや講談ですから。

「ストーリーを中軸とした話芸」でなければ落語ではない、という質問も
これでお答えできたはずです。「落語とはそういうものだから」です。
「ストーリーを中軸とした話芸」は「落語の大事な要素」の一つだからです。
あなたは蛸のはいっていないものを「たこ焼き」と呼びますか?

地噺が無駄ということは、まぁ言い過ぎた観があります。
しかし、地の部分は出来るだけないにこしたことはないと、落語の世界では
いわれています。何故なら、地には演者自身が出てきてしまうからです。
「演者自身が明治・大正ひいては落語の世界観を壊す手法はなるたけ用いない方が
いい」からなのです。
同時に「演者が消える芸」だからこそ、その部分がないと落語と呼びがたい
のも事実です。それは、別の芸能と呼ぶべきでしょう?
「ストーリー性があって口述して語り継ぐものが落語です」と一応申し上げましたが、
これが落語の本筋であるといえます。
ですから、ここから大きくそれた物は、落語よりも別ジャンルに近くなる
ということです。では、落語より漫談に極めて近いものを「落語」と呼ぶ
必要性がどこにあるのか?それは「落語家がやる」からですね?
しかし、「鹿芝居」に例を見て、落語家が芝居をする姿をあなたは「落語」と
呼びますか?それと同じく「落語家が漫談をしている」姿を(漫談が極めて
落語の手法に似ていて、落語にとりいれやすい点が多いため)「あれも落語だ、
あれこそ落語だ、名人はあれだ」と思うわけです。
本来はどなたかがおっしゃったように、落語家の漫談はつなぎの意味合いが
ありました。しかし、落語家のタレント性の重視や、ネタ繰り不足などにより、
不必要に漫談を寄席に用いる落語家も増えました。ですから、名人会という
時間も割り当てられて、客も「落語」を楽しみにきている会では
よしたほうがいいのでは、と皆が申しているのです。




202 :重要無名文化財:02/02/08 23:46
時間を割いて説明してくれている人は、本当にご苦労さんだと思うけど、
「落語」とか「漫談」とかの言葉の定義にこだわっていたら、
永遠に議論は収束しないでしょう。
こん平さんがやっているのが「落語」であるか、そうでないかが
はっきりしたとして、それでどうするつもりなんでしょうか?

私はくだんの会には行ってませんが、
志ん朝さんの代演で、他の出演者が西は四天王、東は小三治さんだったら、
いくらこん平さんでも、いつもの「笑点」では終わらないだろう、と
多少は期待するのが人情ってもんじゃないでしょうか。
何十年も噺家やってるなら、そのくらいのことは感じ取ってくれてもねえ。


203 :重要無名文化財:02/02/09 00:11
それを感じ取れないのがこん平なんだって(藁

204 :重要無名文化財:02/02/09 00:45
まぁー「こん平独演会」ってあったら
いきたい人、いきたくない人、それぞれの好みだから
選べばイイんでないの。

205 :重要無名文化財:02/02/09 01:14
>>200
小難しいことを言っているのは186さんです。間違えました。
>>201
あなたは「朱色は赤だけどワインレッドは赤じゃない」と言っているのです。赤に
もいろいろあっていいと思う僕に「朱色こそが赤なんだよ、そういうもんだから」
って言っても納得できません。
例えば大昔、寄席が出来始めた頃の落語家は皆、ストーリー派だったんでしょうか
?米朝は可朝のことをどう思ってるんでしょうか。201さんの知ってる範囲で教え
てください。

206 :重要無名文化財:02/02/09 01:33
漏れはワインなら「ロゼ」が好き・・・。

207 :重要無名文化財:02/02/09 02:19
>>205
>>202さんがおっしゃるように不毛なようですが、
こうなれば後へはひけません。
煽りでもなさそうですし、議論しましょう。
私の例えを返してらっしゃいますが、それをいうならあなたは
「北野武も北野大も北野誠も同じ北野でしょう?親族ですね。」
といってるようなものです。私からすると、
「そりゃ北野っていう苗字は一緒だけどさ・・・」と思う程度です。
あなたのたとえ「朱色は赤だけどワインレッドは赤じゃない」
でいくと、朱色は落語、赤は話芸、ワインレッドは漫談ととらえてください。
落語は話芸ですし、漫談も話芸です。しかし、落語と漫談は似て否なる物です。
厳密に言うと違うということですね。ですから、
「両方話芸でしょ?一緒じゃない?」というお話でしたら「そうですよ」と
答えます。
寄席が出来始めた頃は、皆落とし噺をやっておりました。
百面相などで笑いをとる人もいましたが、それは色物に転じたのでしょう。
こういうお話が上方にあります。漫談家が少なかった大正昭和期に
落語と漫才で交互に興行しようという企画があったそうです。
その時まで、漫才とも落語とも邪険にされていた漫談が
一人でも味方につけたい両者にひっぱりだこになったそうです。
「漫談は漫才の漫だから」「漫談は一人芸だから」
しかし、あえて漫談は漫談として両方の舞台にたったと聞いています。
露の五郎師の「上方落語夜話」の記述だったと思います。詳細は違うかも知れませんが。
漫談には漫談独自のポリシーなり目指すところがあったのでしょう。
ですから、落語家が漫談をしたところで「落語ではなく漫談」ととらえるのが
漫談にも失礼がないでしょう。
可朝師は米朝師の預かり弟子ですが、きちんと落語もなさいます。
「秘伝書」が多いようですが、「算段の平兵衛」も御自分独自のサゲを
用いて演じてらっしゃいます。やはり、可朝師の漫談は「漫談」だと
おもってらっしゃると思いますが。



208 :重要無名文化財:02/02/09 05:13
>>207
タモリは森田であって・・もう例えが思いつきませんが「漫談も落語」と言い切る
と、漫談の側の人たちの立場はどうなるのかなという気がしてきまた。ただ、僕は
高座で分かりやすくて面白い話をする落語家が絶対に必要だと思うし、本当に微妙
なボーダーレスの演目もあるわけじゃないですか。
その漫談的な語り口のネタをやる落語家を通の人たちが蔑視することに腹が立つの
です。古典を受け継ぐことは大切でしょうが、間口を広げたり、新しいものを取り
入れたりすることを怠ると、その芸能は必ず消え去ってしまいます。北野家が繁栄
していくのも外からの新しい血が流入されるからで、決して殿一人だけが守ってい
くわけではないはずです。
いろいろあっていいということに間違いはないはずですが、ここだけを無くしては
ならないというような砦も必要なんでしょう。逆にそれを無くしてしまうともっと
早く落語は滅んでしまう、ということに気づきました。不毛な議論に付き合って頂
いて、ありがとうございました。
可朝は落語をやるのですね、知りませんでした。

209 :208:02/02/09 05:20
>>207
議論しましょう、と気合を入れてもらったのに勝手に一人で自己完結されてしまっ
て拍子抜けされたかもしませんが、何時間も考えた結果です。


210 :重要無名文化財:02/02/09 05:54
>208
おめぇは洒落がわからねぇ。

211 :重要無名文化財:02/02/09 08:52
川柳川柳もおるでよ

212 :重要無名文化財:02/02/09 08:56
そういうくだらねえ論議はよそでやってくんねえか?
俺達はみんなでたのしくKONの悪口で盛り上がるという
清い仲なんだからさ。

213 :重要無名文化財:02/02/09 09:23
花月亭九里丸

214 :重要無名文化財:02/02/12 09:41
>>212 「落語」と「漫談」がどう違うという議論が、
くだらないとは思いませんが、
続けたいなら別スレッドを立てるべきという意見には賛成。

こん平の「笑点漫談」はやめてくれ、と1が書いたのに対して、
漫談のどこがいけない、漫談だって落語だ、と言い出す人がいたから、
こうなってしまったんですよね。

私は関係者じゃないけど東京落語界の名誉のために書いておきますが
東京に面白い漫談をやる噺家はいっぱい、
とは言わないが、少なからずいます。
川柳さんもそうだし、最近は扇橋さんの漫談が面白い。
若い人だと、たい平さん(ときどき手抜きするけど)や
白鳥さん、小田原丈さんなどがいい。


215 :重要無名文化財:02/02/12 16:14
漫談をかけること自体は誰も怒っちゃいないし、面白いんあだと
思う。だから、落語家漫談の名誉は守られているよ。


216 :214:02/02/12 16:25
>>215
そうだったらいいんですが、
>>171>>185>>199 (同一人物の可能性大)は、
どうもそう思っていないフシがあります。
そうでなかったら落語と漫談との区別にあれほどこだわるはずがありません。


217 :215:02/02/12 16:52
>>216
そうなー、落語と漫談はどっちも笑いとる話芸なんだから
面白いっていうのは大前提だろうけどねぇ、漫談も落語だって
いうのは、俺もどうかと思う。
区別すべき場とどっちでも楽しめる場ってのがあるのかもしれんね。
KONPEIはそこを間違えたのかも・・・。


218 :重要無名文化財:02/02/12 17:02
>>217
「区別すべき場」というのは存在すると思います。
例えば国立劇場の落語研究会で笑点漫談やったら、
いくらなんでも無事には帰れないでしょう。

でも観客の多くが古典(というか古典的な落語)を期待している会で
漫談をやったということが顰蹙を買ったんだとしたら、
主催者側にも責任あるかもしれませんね。
あらかじめ「古典をお願いしたいんですが」とか言っておくべきだったのでは。

んー、でもそれだったら始めから別の人に代演頼んでいたか。


219 :重要無名文化財 :02/02/12 17:25
顰蹙というより、知らない人は馬鹿笑いしてたんでしょう。
例によって。ニーズとしては間違ってなかったかもしれない。
ただ、私はきちんと役割を果たした、という顔は
落語家としてしちゃあいけないんだとは思う。落語で勝負してないんだもん。

言ってみれば、プロ野球の途中に漫才師が突然入ってきて
いきなりネタ披露して試合中断、その後は何事もなく野球の熱戦。
帰りのお客さんいわく「野球って漫才入れても面白いわねぇ」
「今度からもっと漫才いれてくれればいいのに」という印象。
KONのしたことは「寄席芸人伝」のライスカレーの章に
似てる問題だね。

220 :重要無名文化財:02/03/03 02:43
むかし立川談志が「大橋巨泉や前田武彦のしゃべりも落語だ」と言ったら、
大西信行が「彼らのしゃべりは人物や背景の描写をしていないから落語とは
言えない」と反論した。
落語の定義は難しい。

221 :重要無名文化財 :02/03/03 20:34
花緑と二人会やるんだって?
花緑「おせつ徳三郎」KON「卓球部」ってとこか?

222 :重要無名文化財:02/03/03 21:28
そりゃーあなた、こぶちゃんの間違いでしょう?

223 :重要無名文化財:02/03/06 04:43
age

224 :重要無名文化財:02/03/07 06:08
寄席で決して漫談をやらない噺家っている?
金馬さんとか文治さんとかかな

225 :重要無名文化財:02/03/07 07:06
とりあえず理事クラスでは、圓菊、文朝、さん喬、雲助、
権太楼、志ん五、一朝あたりは、いつみても落語をやってる
ような。



226 :重要無名文化財:02/03/07 09:21
金馬師も文治師も漫談見た事あるよ


227 :重要無名文化財:02/03/07 09:38
さん助・生之助・南喬・小団治・小燕枝・小袁冶・せん八・志ん橋・小里ん
馬楽・馬桜・正雀・藤兵衛・壽楽・志ん輔・時蔵・正朝・馬生・世之介
喜多八・さん生・市馬・小三太・圓王・白馬・一九・蔵之助・仲蔵・志ん馬
燕路・多歌介・金時・禽太夫・扇治・文左衛門・一琴・扇辰

思いつくままざっと上げてみた。

228 :重要無名文化財:02/03/07 10:50
先月末広亭でさん喬師が最前列の茶髪バカップルにぶちきれて、
今日は落語やらんと言って踊りだけ踊っておりたことがある
ある意味貴重な体験であった

229 :重要無名文化財:02/03/07 11:23
>>228
うっ・・・・詳細激しくキボーン!!

ウチらも金髪カップルだけどよく寄席行くよ・・・
実は噺家さん達に嫌われてる??

230 :重要無名文化財:02/03/07 12:44
うん。
しかも客からも嫌われてる。

231 :229:02/03/07 14:28
高座に茶々も入れずに私語も交わさずきちんと聴いてるのに・・
やっぱり駄目ですか?気になるなあ。
つか>>228さん、その時の状況教えて下さい

232 :重要無名文化財:02/03/07 16:30
228だけど
その時はさん喬師が恒例のまくらで末広亭の案内をしてるとき
どー見てもアホズラのバカップルが舞台の前を走って横断したのよ
そんで最前列の真ん中付近に座ってガサガサしてたわけ
師もしばらくはそいつらいじってたけど、あんまり勘違いしたナメタ態度なので、しまいに「きょうは出来ねえな」って踊り踊って降りちゃった。
その後もそいつらは足投げ出して食いながらしゃべってるし、野郎の方は演者が落語やってる最中頻繁に席を立って高座前を横断するしで顰蹙をかっていたがそのうちに帰った。
だから金髪カップルだから嫌われたというわけじゃない 誤解なきやうに(w

233 :重要無名文化財:02/03/07 16:36

「舞台の前を」 → 「高座の前を」に訂正

失敬

234 :重要無名文化財:02/03/07 22:02
先代文楽、志ん生、圓生、先代三木助が漫談というのは考えられない。
先代金馬、正蔵ならあり得るかな?

235 :重要無名文化財:02/03/07 23:34
漫談も面白い人
権太楼師・・・相撲の漫談(青葉城の話とか)、当代金馬のネタとかオモロイ。
一琴師・・・正月の寄席でやってた大江戸線の話は笑った。

236 :重要無名文化財:02/03/28 20:03
こん平さんの持ちネタ(落語)を挙げてください。

237 :ハ−イ:02/04/04 23:12
今日、末広亭の前を通ると、真打ち披露でした。こん平出演とありました。でしゃばるんでしょうね。自分をさておいて。

238 :重要無名文化財:02/04/05 11:49
オレは「宮戸川」しか知らない。
確か笑点でざぶとん10枚ためたご褒美(?)に
高座にかけさせてもらったんじゃないかな。

239 :重要無名文化財:02/04/05 12:13
宮戸川はたい平に習ったらしい・・

240 :重要無名文化財:02/04/05 18:05
師匠が師匠だったからねぇ・・・と言ってみるテスト

241 :重要無名文化財:02/04/05 20:51
>>239
それはさすがにウソ。だって、たい平入門前に聴いたもン。

242 :ハ−イ:02/04/16 21:38
12チャンネルのアド町の浅草編にまた出てきましたね。おまえが出ているから、行くのをよすんだよ。たまには反省をしてみたら、どうだい。

243 :重要無名文化財:02/05/10 12:12
漫談でもいいけど、ネタを替えろといいたくなるよ。
笑点ネタと、チャーザー村ネタと、地方営業ネタばっかやりやがって

244 :重要無名文化財:02/05/29 01:12
>243
賛成します

245 :重要無名文化財:02/06/19 00:32
池袋7月中席夜の部主任コンペイ
昼の部は志ん五
コンペイのトリを一回も見た事ない
いってみようかな


246 :重要無名文化財:02/06/19 01:09
ほう
浅草ではなく池袋の夜トリかい?
非常にレアな体験ができるのか
いつもと同じ漫談で客があきれ果てるのか


247 :重要無名文化財:02/06/19 02:32
国立名人会の中トリで「旅日記」をやるようだ。
こんな男が池袋で何をするか?
ネタが無いので毎日漫談。
池袋の夜席はつばなれしないな

248 :重要無名文化財:02/06/19 02:35
十日間違う古典を演るって言ったら、通う?

249 :重要無名文化財:02/06/19 03:22
浅草はトリでもチャ−ザー村やったけど・・

250 :重要無名文化財:02/06/19 04:53
浅草は団体や田舎者が行くけど
池袋には行きません
よってこんぺい目当てに行く客は皆無と思われ
気まずさと寒い空気が漂う池袋
暑い7月にぴったりかも

251 : 重要無名文化財:02/06/19 15:53
  こん平師の持ち根多はどの位あるのでしょうか、昔(30年以上前)立川
 談志師が「さほど、古典の持ち根多が多い訳でもなく、大して味のある新作
 をやる訳でもないが、持ち前の明るさとバイタリィーで仕事量では他の二つ目
 を引き離している。」とこん平師の事について語られておられます。
 知名度は落語の上手さではなく、落語のみならず、その人が面白いか面白くない
 かと云う事よりも、いかに業界に気に入られるかと云う事だと思います。
 

252 :重要無名文化財:02/06/19 17:20
たい平は出るのか?

253 :重要無名文化財:02/07/28 23:36
今日の国立名人会。
ひでぇガラガラ声(つーか、かすれ声)で、凄く聞き取りづらかった(´Д`)
ま、「旅日記」だから別に聞こえなくてもよかったんだけどね…(w

254 :重要無名文化財:02/09/20 18:16
コンペイうざ

255 :重要無名文化財:02/09/26 21:06
襲名披露でも相変わらず中盤あたりで漫談してますか?

256 :重要無名文化財:02/09/27 19:15
してますよ。あいかわらず。

257 :重要無名文化財:02/09/27 19:23
三平師匠にあった華が、息子達じゃなくてこん平に逝っちゃってるということだ罠。

258 :重要無名文化財:02/09/27 22:53
寄席でこん平、コアサともに漫談でおりてしまった。残念。

259 :重要無名文化財:02/09/28 00:54
↑ん〜、なんてレスすればいいの?

260 :重要無名文化財:02/09/28 02:00
林家で今まともな芸を見せるのが、一番駄目といわれたこぶ一人だと
いうことですか。

261 :重要無名文化財:02/10/01 08:45
今日から、落語協会のサイトで
「チャーザー」が聴けるってさ。「チャーザー」っていう演目なんだね。アレ。

262 :重要無名文化財:02/10/01 08:46
「圓朝まつり」奉納落語会の第1・2部を10月5日から公開を予定しています。
になってるよ。

263 :重要無名文化財:02/10/15 01:32
こん平師匠がやる古典落語は、「崇徳院」「親子酒」「宮戸川」だけってことか?

264 :重要無名文化財:02/10/15 06:20
こんど「城木屋」やるってよ。

265 :重要無名文化財:02/10/15 23:57
ぴあで発見したんだけど、一月に横浜の方で独演会やるみたいだね。
そこでもあの旅漫談やったら怒るぞ!
(行こうかと考え中の僕)

266 :重要無名文化財:02/10/16 00:08
11月1日「読売GINZA落語会」
『芝居の喧嘩』いっ平
『肝つぶし』 好楽
『中村仲蔵』 小朝
『仔猫』   こぶ平
『城木屋』  こん平


267 :重要無名文化財:02/10/16 00:38
ウタマルから稽古してもらったコンペイ

268 :重要無名文化財:02/10/16 00:45
11月1日はこんぺい師匠の演題が「城木屋」から
「旅日記」に変わりましたと当日張り出される罠

269 :重要無名文化財:02/10/16 06:24
「落語の友」には、「城木屋」は志ん生に稽古をつけてもらったと書いてある。

270 :某スレからのコピペ:02/10/29 01:49
志ん生に「一分線香」
「小町」
「道潅」
「弥太郎」
「無精床」
「浮世床」
「元犬」
「鮑のし」
「替わり目」
そして「城木屋」を
稽古してもらったこん平。

271 :重要無名文化財:02/10/29 01:56
 
志ん生が 草葉の陰で 泣いている

272 :重要無名文化財:02/10/29 10:33
一升の土産で一生名を名乗り

273 :重要無名文化財:02/10/29 19:14
>270
あー、このスレもうっかりの別荘になってるぅ

274 :重要無名文化財:02/10/29 19:29
>>273
あっちでここ向きって話になったから、コピペされただけだろうが。w

275 :重要無名文化財:02/10/29 19:30
うっかりさんだなぁw

276 :重要無名文化財:02/10/30 22:19
>>1は、志ん朝の代演でこん平が「城木屋」なり「道灌」なり
やれば納得したのだろうか。

277 :重要無名文化財:02/10/30 23:11
何を今さら・・・・

278 :重要無名文化財:02/11/03 01:29
>>276
「ちゃらーん、こん平でーす」をやれば納得したと思われ。

279 :重要無名文化財:02/11/03 02:08
あ、誰か読売で「城木屋」を聴いた人はいるかな?
その出来はいかに?

280 :笑福亭笑光:02/11/03 14:01
>>279
いっ平「芝居の喧嘩」・好楽「肝つぶし」・小朝「中村仲蔵」・
中入後こぶ平「仔猫」・こん平「城木屋」以上5人が登場し
がっかりとか面白くないとか評価する以前に
「何を言ってるのかよく聞き取れなかった。」
終演後何人かの客が同じようなことを話しあっていた。
5人をひとことずつ評価するならば
 いっ平:一所懸命は好感もてる。技術はまだ問うまい。
 好楽:熟練の味。マクラからしっかり客をつかんでいた。
 小朝:腰が相当悪いらしく一度緞帳を下ろしてひざ隠しつきの登場。
    噺はやはりの安定感。春團治師に似た艶を見た。
 こぶ平:一度つっかえて失笑が起きたが動じずサッと噺に戻る。
     噺に対する真摯な姿勢とこの一年の自分への自信感じた。
 こん平:改めて振り返ってみればマクラから言い訳っぽいこと多し。
     もう一度志ん生師に稽古つけてもらって下さい。

281 :重要無名文化財:02/11/03 20:57
↑ 報告ダンケ

282 :重要無名文化財:02/11/03 23:07
報告サンクス。
あの会場は広過ぎるからねえ。明らかに落語には向いてないと思うよ。

283 :重要無名文化財:02/11/04 00:05
報告ありがとです。
>>282 わたしはそんなに聞きづらくは無いと思う。
   マリオンのほうが良くない。GINZAはPAは良いよ。
  
打ち上げに馬桜師匠登場。

284 :重要無名文化財:02/11/04 00:15
こういう下手に知名度があって芸が無い人ほど
始末が悪いのはないね。ただでさえ一般の人は
笑点メンバー=勝ち組=名人みたいなこと思いがちなんだから。
しかも妙な責任感からかなんだか知らないけどいろんな会とか
寄席に顔を出すんだもの。あ〜あ。

285 :重要無名文化財:02/11/04 00:24
今回はいっ平ちゃんがらみだろ?
師匠は断れねーべ
トリじゃ チャ−ザー村も出来ないし・・

286 :重要無名文化財:02/11/04 00:39
実質は小朝がいっ平の師匠みたいなもんだろ
たい平はほとんど独学みたいなもんだし
こぶ平はいろんな師匠の所へ習いに行くし
苦労するなぁ 弟子は

287 :重要無名文化財:02/11/04 00:42
しゅう平も小朝系だよね

288 :重要無名文化財:02/11/05 10:13
>>286トリだろうが志ん朝の代演だろがチャーザーで
ごまかしてきたのが
コンだろ?

289 :重要無名文化財:02/11/05 14:29
↑ なんかずれてないかい?
今回ネタ出しして落語やったことについての話と思われるが・・?
大丈夫? 

290 :重要無名文化財:02/11/06 09:48
>>270 こんなに稽古してもらってんの?
ちとウソっぽくないかぁ?

291 :重要無名文化財:02/11/06 20:47
YAHOOの演芸トピのyuyarou_kisanjiってどこへ行ってもみかけるけど何者?

292 :重要無名文化財:02/11/07 18:51
なるほど・・こん平さんって噺家だったのかー
へーーー

293 :重要無名文化財:02/11/15 03:19
>290
円菊師匠が、著作の中でこん平が志ん生に
「十個ぐらい習ってますよ。今、新作になっちゃってますけどね」って書いてるけど
本当は「漫談に・・」が正しい。
習ったことに間違いはないだろう。

294 :重要無名文化財:02/11/15 03:35
>>280はどうしてそんなハンドル?
腰折って悪いけど…。

295 :笑福亭笑光:02/11/16 16:26
いや、ただこれ書き込んだとき笑光師がラジオに
出てたものですから。深い意味はないっす。その都度変わるし。

296 :重要無名文化財:02/11/16 16:38
深い意味もなく、実在の芸名を使うのはやめるべきだろ。
(たとえ現在は使用していない名前だとしても)。
軽率すぎるよ。


297 :重要無名文化財:02/11/20 19:33
笑点こん平と目薬小朝はどちらがマシですか。

298 :重要無名文化財:02/11/20 19:37
一応大御所の小朝が、尻を突き出して目薬やるのは、まあ評価出来る罠。

299 :重要無名文化財:02/11/20 19:48
大御所じゃなかろう。

300 :重要無名文化財:02/11/21 04:20

今だ!300ゲットォォォォ!!
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄∨ ̄ ̄ ̄       (´´
     ∧∧   )      (´⌒(´
  ⊂(´D`⊂⌒`つ≡≡≡(´⌒;;;≡≡≡
        ̄ ̄  (´⌒(´⌒;;

301 :重要無名文化財:02/12/26 22:32

     __,,,,_
   /´      ̄`ヽ,
  / 〃  _,ァ---‐一ヘヽ
  i  /´       リ}
  |   〉.   -‐   '''ー {!
  |   |   ‐ー  くー |
  ヤヽリ ´゚  ,r "_,,>、 ゚'}  
  ヽ_」     ト‐=‐ァ' !  
   ゝ i、   ` `二´' 丿   
    r|、` '' ー--‐f
   _/ | \    /|\_
/ ̄/  | /`又´\|  |  ̄\

皇太子様が301番をゲットされました。

302 :名無しさん:03/01/04 01:45
        / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
Λ_Λ  | 君さぁ こんなスレッド立てるから          |
( ´∀`)< 厨房って言われちゃうんだよ             |
( ΛΛ つ >―――――――――――――――――――‐<
 ( ゚Д゚) < おまえのことを必要としてる奴なんて         |
 /つつ  | いないんだからさっさと回線切って首吊れ     |
       \____________________/

(-_-) ハヤクシンデネ… (-_-) ハヤクシンデネ… (-_-) ハヤクシンデネ…
(∩∩) (∩∩) (∩∩)

(-_-) ハヤクシンデネ… (-_-) ハヤクシンデネ… (-_-) ハヤクシンデネ…
(∩∩) (∩∩) (∩∩)

(-_-) ハヤクシンデネ… (-_-) ハヤクシンデネ… (-_-) ハヤクシンデネ…
(∩∩) (∩∩) (∩∩)


303 :重要無名文化財:03/01/04 01:48
うたまる脂肪って本当??


304 :山崎渉:03/01/08 19:55
(^^)

305 :重要無名文化財:03/01/16 16:04
笑点の見学にいきますた。
こん平に「客がタダだから」といわれますた。あたいは、タダでもこん平を見たくありません。
笑点を生で見てみたかっただけだじょ。「タダ」といわれて笑ってる人もいるね。なんで?
おかしいか?タダだけど、交通費払って時間作って足はこんでんだじょ。
「タダ」って言うな。アフォアフォアフォ。

306 :重要無名文化財:03/01/16 16:17
http://www6.ocn.ne.jp/~endou/index2.html
     ★YAHOOOプロフィール★


307 :山崎渉:03/01/18 11:48
(^^)

308 :山崎渉:03/01/23 20:14
(^^)               

309 :重要無名文化財:03/01/26 09:29
どーでもいいが、こんぺいは、発音が悪いので
いっていることの半分ぐらいしか、理解できないぞ、おれは


310 :重要無名文化財:03/01/26 09:55
↑ 半分も理解できるのか? エライ!

311 :重要無名文化財:03/02/01 14:54
こん平師がうん平の真打披露口上の高座で感極まったか泣いていたのを、末広亭(鈴本ではない)で見た
笑点でこん平一門が裏方をやっているのをよく見た

こん平師があの芸で一門を率いていられる理由がわかる気がした  

312 :重要無名文化財:03/02/01 15:21
俺は堪えられない。

313 :山崎渉:03/03/13 14:27
(^^)

314 :重要無名文化財:03/03/25 15:58
??????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????

315 :@:03/03/25 16:45
林家一門は
古典落語の一門ではなく
三平を始祖とする
落語もどき芸の一流派と考えれば
なんとなく納得できる。

316 :重要無名文化財:03/03/25 20:52
何が納得できるの?


317 :重要無名文化財:03/03/25 20:59
こん平先生は寄席のお彩りに欠かせない立派な色物でゲス。

318 :重要無名文化財:03/03/25 20:59
こん平先生は色物初の落語協会理事でゲス。

319 :重要無名文化財:03/03/25 21:08
文朝師がまくらでこん平をけちょんけちょんに言ってたりすると痛快な気分になるよ。

320 :重要無名文化財:03/03/25 22:31
…寄席はこッからが本番でございます。

321 :重要無名文化財:03/03/25 22:58
今まで聴いたことはぜ〜んぶ忘れちゃってください・・

322 :重要無名文化財:03/03/26 00:21
こん平師匠は立派な師匠です
でしゃばりな三平師匠のおかみさんと折り合いをつけ
仕事がない弟子に笑点のアルバイトをあてがい
寄席にもちゃんとこまめに顔を出し
弟子の落語にアドバイスも欠かさない
こん平師匠は立派な師匠です
だから寄席の高座でも立派な師匠になってください


323 :@:03/03/26 14:10
決定!
今後林家一門の番組表は朱色で!

324 :重要無名文化財:03/03/26 15:01
>>322
>弟子の落語にアドバイス
ど、どんなさ?

325 :重要無名文化財:03/03/26 17:14
ちゃらーん、こん平でーす。

326 :重要無名文化財:03/03/27 22:20
やはり、小手先のテクニックではなく、
人間のありようを自分はどう考えているのかという落語の本質についての示唆を与えているんじゃないかなぁ。
落語の中の登場人物の個性を、通俗な人間像として描くということに満足せず、
その中に自分なりの解釈をどのような形で持ち込むか。
人間の弱さ、悲しさ、どうにもやりようのないせつなさをどこまで追及できるのか。
そしてそれをどれだけの思いと願いとやさしさで抱きしめていくことができるのか。
否、その悲しさの中に、ただ立ち尽くすことしかできないのか。
こういうことを自分の経験に基づいてアドバイスしているじゃないかなぁ?
そのすべてが、「ちゃらーん。」の一言に凝縮されているんだと思うよ。


327 :重要無名文化財:03/03/27 22:51
      / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
      | そのすべてが、「ちゃらーん。」の一言に凝縮されているんだと思うよ。
       レヽ____________________________
   ∧_∧        ∧_∧    / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
   (  ・∀) / ̄ヽ  (´Д`; ) < すいません店仕舞いなんですよ。
   (   `つ 日 凸 ( つ つヽ  \________________
   (_ ⌒./   凵ヽ | | | |ヽ.凸|   |
   「  (_/Y     ヽ _(__) | |\|   |
  ┗┳━| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|    ..   \|. │  |
    ┻\|        .|        \.|   │

328 :重要無名文化財:03/03/29 21:54
このスレでたまにこん平擁護のレスつくが
それでも、こん平=いい人で
決してこん平=いい噺家でない
こん平与党でも誉めてもらえない
こん平落語っていったい “ 自主規制 ”



329 :重要無名文化財:03/03/30 14:20
こん平師匠は、いい落語家です。
こん平落語は、すばらしい落語です。


330 :重要無名文化財:03/03/30 20:36
>>329
どのへんが?

331 :重要無名文化財:03/03/31 20:10
あのへんとあそこのなににあるそれが。


332 :重要無名文化財:03/04/06 13:39
こん平いいねぇ。
落語がよくなってるね。


333 :重要無名文化財:03/04/12 23:05
おーこん平、あいらぶゆう。


334 :山崎渉:03/04/17 09:16
(^^)

335 :重要無名文化財:03/04/20 14:24
娯楽過疎地帯、田舎の公民館の爆笑王
林家こん平 に何か文句ある?

336 :重要無名文化財:03/04/24 22:52
こん平、文句なし。


337 :重要無名文化財:03/04/26 18:31
>>335
なら寄席でトリとるな

338 :重要無名文化財:03/04/26 20:46
ほめ殺し?!

339 :重要無名文化財:03/04/26 22:59
こん平、味があるよ。


340 :楽太郎スレの24:03/05/12 14:24
>>339 昨日の朝日さわやか寄席行ってきたけど、結局漫談話で、しかも
喋り方があちこちしつこくてなかなか聞き取れませんでした。
どちらかと言うと、木久蔵の漫談のほうがワラえます。
(ちなみに、こん平&木久蔵&好楽の3人共演だったけど、本物の落語を
やったのは好楽だけでした。。)

341 :重要無名文化財:03/05/15 00:50
こん平師匠、毎月根室に北方領土返還運動のイベントの営業があるらしい
そこで中標津空港まで…
書くのが、ばからしくなってきた


342 :重要無名文化財:03/05/15 20:15
>>339
禿同!!
まずい味ね。

343 :重要無名文化財:03/05/15 20:25
http://cg.iclub.to/link/ranran1/

344 :bloom:03/05/15 20:25
http://homepage.mac.com/ayaya16/

345 :_:03/05/15 20:30
  ∧_∧
 ( ・∀・)/< こんなのみつけたっち♪ 
http://www.hiroyuki.zansu.com/hankaku/jaz03.html
http://hiroyuki.zansu.com/hankaku/jaz10.html
http://www.hiroyuki.zansu.com/hankaku/jaz08.html
http://hiroyuki.zansu.com/hankaku/jaz09.html
http://www.hiroyuki.zansu.com/hankaku/jaz06.html
http://hiroyuki.zansu.com/hankaku/jaz05.html
http://www.hiroyuki.zansu.com/hankaku/jaz01.html
http://hiroyuki.zansu.com/hankaku/jaz02.html
http://www.hiroyuki.zansu.com/hankaku/jaz07.html
http://hiroyuki.zansu.com/hankaku/jaz04.html

346 :重要無名文化財:03/05/15 21:38
まったくだ
金が稼げました。
1クリック10円で仕事あがりに2ちゃんねるにリンクを貼り付けるだけで・・・
なんと先月分154036円入金されました。
【リンクスタッフの登録方法】【スタッフ詳細】からメアドと任意のパスワード
を入力すれば完了。メアドは無料メールでも可。
ちょっとしたお小遣い稼ぎにどうですか?

http://accessplus.jp/staff/in.cgi?id=11438
(現在リンク先にジャンプできないので、コピーペストでジャンプしてください)

347 :重要無名文化財:03/05/16 01:02
こん平といやぁ、寄席での披露口上。
単なる幹部の一人として出るのならともかく、自分の弟子が真打に昇進する時ぐらい、
少しは”主役”について語ってやれよ。毎回定型の口上しか言わない。


348 :_:03/05/16 01:05
〜oノハヽo〜                
  ( ^▽^) < こんなのございまーす♪ 
ttp://www.hiroyuki.zansu.com/moe/hankaku04.html
ttp://hiroyuki.zansu.com/moe/hankaku10.html
ttp://www.hiroyuki.zansu.com/moe/hankaku09.html
ttp://hiroyuki.zansu.com/moe/hankaku08.html
ttp://www.hiroyuki.zansu.com/moe/hankaku06.html
ttp://hiroyuki.zansu.com/moe/hankaku05.html
ttp://www.hiroyuki.zansu.com/moe/hankaku01.html
ttp://hiroyuki.zansu.com/moe/hankaku02.html
ttp://www.hiroyuki.zansu.com/moe/hankaku07.html
ttp://hiroyuki.zansu.com/moe/hankaku04.html

349 :重要無名文化財:03/05/17 00:31
こん平、いいよなぁ。


350 :重要無名文化財:03/05/17 02:08
いいよ。

351 :重要無名文化財:03/05/22 22:08
どうでもいいよね。

352 :重要無名文化財:03/05/23 00:22
ごもっとも、ごもっとも。

353 :重要無名文化財:03/05/23 23:51
>>341
続き希望

354 :山崎渉:03/05/28 14:22
     ∧_∧
ピュ.ー (  ^^ ) <これからも僕を応援して下さいね(^^)。
  =〔~∪ ̄ ̄〕
  = ◎――◎                      山崎渉

355 :重要無名文化財:03/05/31 09:29


356 :重要無名文化財:03/05/31 17:11
林家こん平師も寄席では痛いが、その一門も痛い師匠や二つ目が多い(順不同)

林家 錦平  何回も聴いているはずだが記憶に残らない、ということは…
林家 ぎん平 下手ではないだけで、かなり痛い
林家 のん平 存在感なし 
林家 しゅう平 今はそこそこだが…
林家 源平 この人がトリならぞっとするが、寄席の名バイプレーヤーではある
林家 種平 古典はたいしたことない、新作は聴いたことがないもので…
林家 たい平 入れごとたっぷりの古典で、大看板を目指せる逸材
林家 らぶ平 落語はど下手で小咄もくだらんが、こういう人も寄席には必要
林家 かん平 聴いたことがないが何処に出ているのか、もっとも病気らしいが
林家 うん平 新作も古典もだめ、声もきもい
林家 こぶ平 名実ともに大看板になれる可能性はあるが…
林家 とんでん平 1回聴いただけだが、かなり下手
林家 いっ平 兄に相当の差を付けられた、挽回の余地はなさそう
林家 鉄平 それなりで大したことはない
林家 しん平 もう底は見えたが、個性派としてそれなりの存在感はある
林家 すい平 もっとも下手でいらない落語家のひとり
林家 ひらり 若くて女性と言うことだけが売り


357 :重要無名文化財:03/05/31 18:05
真面なのは、たい平だけか。
打率、0割5分9厘、哀れ。

358 :重要無名文化財:03/05/31 21:11
>>356
教えてくれてありがとう。
なぞの集団だったので。

見たのは、
 たい平
 しん平
 こぶ平
 いっ平
 ひらり
だけでした。

しん平の評はちょっと辛口かと思ったけど
ほかの人は、たぶんそうなんだろうな、と思える。

359 :重要無名文化財:03/05/31 21:17
しん平は、池袋でのさん喬・権太楼の二人主任のとき中トリで負けてなかった。
かなり実力あると思った。

360 :重要無名文化財:03/05/31 21:22
客席を自分のペースに引きずり込む能力はすごいよ。>しん平

361 :重要無名文化財:03/06/01 11:56
でも落語出来ないのは致命的。


362 :重要無名文化財:03/06/01 18:29
    /;;; /::     :: ::  ヾ;;; ヽ
   ノ;; ノ:: 彡 ::::: ::::::: :: ミ ヾ;; }
  /;; {::     -::      };;; ヽ
  {; /:,;≡=ー ::`, .. 、':ー=≡;;, ゞ;ヽ
  ヾ;; i::、_=ニ二、ヽ...  ,:二ニ=_ ,  };;_ゝ     _________
  iゝ{ ' ー ̄' ,:  、` ̄ー ` .ト i    /
  ヽ|:    ノ ' - _ -`ヽ:.    レ'   / イーチ!ニー!サーン!
   J!::、..._/、__: ___ ,\_  .:!し <
   ヾ:::  ! ゞ、 = = = =丿 !:  ノ    \  ちゃんら〜〜〜ん ! !
    ヽ:: 、! ヾ ニニニノ !::.. ノ       \
     ヽ:. ヽ 、 ...  ; ;:::./          ̄ ̄




363 :重要無名文化財:03/06/03 23:53
>>356
肝心なこん平の評が抜けているぞ

364 :重要無名文化財:03/06/05 23:02
こん平いいよね。


365 :重要無名文化財:03/06/06 01:15
イイっ

366 :重要無名文化財:03/06/06 21:54
いなくてイイ

367 :重要無名文化財:03/07/06 22:03
こん平の落語こそ本当の落語。名人だな。

368 :重要無名文化財:03/07/06 23:06
そうそう、落語の迷人だよ。

369 :重要無名文化財:03/07/06 23:08
感動でしびれるよ、こん平。

370 :山崎 渉:03/07/12 12:27

 __∧_∧_
 |(  ^^ )| <寝るぽ(^^)
 |\⌒⌒⌒\
 \ |⌒⌒⌒~|         山崎渉
   ~ ̄ ̄ ̄ ̄

371 :重要無名文化財:03/07/12 18:13
>>369
落語の名人だからね。

372 :山崎 渉:03/07/15 12:51

 __∧_∧_
 |(  ^^ )| <寝るぽ(^^)
 |\⌒⌒⌒\
 \ |⌒⌒⌒~|         山崎渉
   ~ ̄ ̄ ̄ ̄

373 :重要無名文化財:03/07/18 22:40
こんぺいを認めるかで落語好きかどうか分かる

374 :重要無名文化財:03/07/18 22:41
認める方が、落語好きなんだろ。

375 :重要無名文化財:03/07/18 22:54
そりゃ、そうだろう。
あの落語でいいなら、すべての落語と落語家を愛せるもんな。

376 :重要無名文化財:03/07/18 23:14
あれは落語なのですか?

377 :重要無名文化財:03/07/18 23:34
まさか、青年の主張じゃないだろう


378 :重要無名文化財:03/07/19 13:39
豚の主張か?

379 :重要無名文化財:03/07/28 18:05
>>http://rakugo-kyokai.or.jp/ProfileForm.aspx?code=12

ここんちの「よく演るネタ」見て驚き。
古典でも新作でも、落語ってまともにやってたことあるのか?



380 :重要無名文化財:03/07/28 18:54
品川心中聞いてみたい。

381 :重要無名文化財:03/07/28 20:44
いいよ、品川心中。絶品。


382 :重要無名文化財:03/07/28 21:11
こん平といえば鰍沢でしょ。

383 :重要無名文化財:03/07/28 21:12
いや、「名人長二」を全編通しで、でしょ。

384 :大和撫子:03/07/28 21:30
http://life.fam.cx/a009/

385 :ぼるじょあ ◆yBEncckFOU :03/08/02 03:04
     ∧_∧  ∧_∧
ピュ.ー (  ・3・) (  ^^ ) <これからも僕たちを応援して下さいね(^^)。
  =〔~∪ ̄ ̄ ̄∪ ̄ ̄〕
  = ◎――――――◎                      山崎渉&ぼるじょあ

386 :重要無名文化財:03/08/13 20:57
━―━―━―━―━―━―━―━[JR山崎駅(^^)]━―━―━―━―━―━―━―━―━―


387 :山崎 渉:03/08/15 17:58
    (⌒V⌒)
   │ ^ ^ │<これからも僕を応援して下さいね(^^)。
  ⊂|    |つ
   (_)(_)                      山崎パン

388 :重要無名文化財:03/09/22 06:42
こん平を叩くスレは残しておかないとage

389 :重要無名文化財:03/09/24 22:22
こん平師匠を讃えるスレは残しておかないとage

390 :重要無名文化財:03/09/25 11:16
こん平師匠の思い出を語るスレは残しておかないとage

391 :重要無名文化財:03/09/25 15:39
こんぺー昨日真打披露口上のゲストで鈴本来てた
白ジャージで開場前に楽屋入りしてた

392 :重要無名文化財:03/09/25 16:25
あの顔で白ジャージだと不審人物そのもの。

393 :重要無名文化財:03/09/25 16:28
でも、よく着てるよね。白ジャージ

394 :重要無名文化財:03/09/25 18:33
ピンポンが本業ですから・・

395 :重要無名文化財:03/09/26 23:43
卓球ではなくてね。

396 :重要無名文化財:03/10/16 17:23
ピンポンでの稼ぎってあるの?

397 :重要無名文化財:03/10/16 17:34
それが自分のアイデンティティまたはウリだと思っている。だれか注意してやれ。

398 :重要無名文化財:03/10/18 10:49
注意したところで(ry

399 :重要無名文化財:04/01/07 18:59
曙がこん平に弟子入りて、本当?

400 :重要無名文化財:04/01/07 21:17
嘘ばっかり。
しん平でも考えないような寒い冗談止めてくれる。

401 :重要無名文化財:04/01/07 21:19
それがマジだから驚いちゃうよな。

402 :重要無名文化財:04/01/07 21:23
>>401
ソース、キボーン!

403 :重要無名文化財:04/01/07 21:28
けっきょく釣られてる。w

404 :重要無名文化財:04/01/07 21:33
なんかの夕刊紙
電車の中で、オサーンが読んでるのチラと見た

405 :重要無名文化財:04/01/07 21:39
こん平に弟子入りってことは、
曙、格闘技から卓球選手に変わるのか。すごいね。

406 :重要無名文化財:04/01/07 21:41
林家ぼの平だってさ。

407 :重要無名文化財:04/01/07 21:41
>>405
笑点の座布団運びかも?山田ピンチ。

408 :重要無名文化財:04/01/07 21:44
外国人噺家か

409 :新井:04/01/24 15:21
 1,2,3チャラーンはもう飽きました。いい加減別のネタ考えていただけませんか。

410 :重要無名文化財:04/01/24 19:47
チャラーンの良さが分からないなんて…。
あれこそ、落語の真髄なのに。

411 :重要無名文化財:04/01/27 18:06
今日の日刊ゲンダイ
歌丸が語るこん平
必見

412 :重要無名文化財:04/03/29 19:02
 五月二十二日「国立名人会」
「反魂香」古今亭菊之丞
「ちりとてちん」柳家さん喬
かっぽれ 桜川ぴん助社中
「松曳き」桂南喬
奇術 アサダ二世
「宮戸川」林家こん平

413 :重要無名文化財:04/03/29 21:16
こん平の「宮戸川」聴きたいなぁ。

414 :重要無名文化財:04/03/30 00:19
>>411にレスがないのが残念なような笑えるような。

415 :重要無名文化財:04/03/30 16:35
むかし笑点の罰ゲームでやらされた「宮戸川」だね。
なかなか面白かった。

416 :重要無名文化財:04/03/30 22:30
       //                   |  |      ,イ
      //                    l  |     //
    //         、 ト、∧rァ       /  ||ノノ_/ /
   /'"        /::{`` t  ァ`フ       /        /
  /          ,/::::弋 >  _' >    /  ;, " ',; ',.  ヽ、____
            ,. ‐'" |:::: ,_  ゝ ` そ、   / ,; '' :;' ;. ";, ,    r‐''"´
       , ィ'"    |::::::::!:ヘ.,iォ 、 _、ゝ!'´  , '            〈
     ,.イ        |:::::::L,;;;ゝ'h::::ノ  //´ ̄ ̄`ヽ       \
   //i|      ,.|::::::レ! /:::::/ //        \ ( ̄`ヽ、 \
  ./:::::{ |ヽ   |ヽ∠.|::::::| メ:::::::; '_/// /`''"⌒i  ,.....,_  \、   `ヽ、\
   `''" `'''`ー-|'"  ,':::::::|':::::::; ' / /  ヾ-┤ |'´,. --.、`丶、\     `\
        ノ   {::::::/:::::::/__ノ ∠/  /´i  /'´    ヽ  ヽ
       /   ノ/⌒ヽ::::}   /   / ./ 、/.,イ ,..   ',ノ,ハ   ガッ
     <    {ム/   }/  ∠/   ヽ!、|::`'::::レ':::|,.ィ  |   ヽ
       `ヽ、  'ー'-'‐'′  /     |:::::::::::::::::::::::/  !`'ー─ゝ、    _
         ヽ       /      〈〉::::::::::::::::::::::7 /   _  `丶..ノF'!
          ヽ-‐''" ̄``ヽ        ヾ.、::::::::_:::/" ̄ヽ ̄  `i丶、__,.ノ
                             ヾ=-‐'"     ヽ、_   }ヽ、
                                     ``'"ー-ゝ >>こん平

417 :重要無名文化財:04/03/30 23:30
>415
落語家への罰ゲームとは思えない

418 :重要無名文化財:04/03/30 23:51
「宮戸川」
落語ファンなら、いろんな人がやっているから、どうしても比較してしまうだろう
ただ、一般人にはなじみがない話だから、客層によってはこん平師でも、うけるかもしれない

P.S 
宮戸川の下は私もなじみがありません

419 :どんな歌?:04/03/31 18:47
昭和コミックソング大行進~笑いのギフトパック~

17.こん平音頭(林家こん平)

http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B0000UN3U4/

420 :重要無名文化財:04/04/01 13:31
顔が下品だから、ちゃんとした落語やってもいまいち

421 :重要無名文化財:04/04/03 15:23
声がよくないから、ちゃんとした落語やってもいまいち。

422 :重要無名文化財:04/05/06 18:57
最近益々声がひどくなっている。
ちょっと心配。

98 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)