5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

占術理論実践板で統計学 その弐

1 :前スレ参照:02/01/13 22:19
統計学
http://salad.2ch.net/uranai/kako/973/973434560.html

2 :前スレの1の言質:02/01/13 22:36
-------------------------------------------------------
299 名前:1 投稿日:2001/03/12(月) 23:14
>>298
>あんた、オナニーしてる場合じゃないですよ(ゲラ

すまんこ。
「占いの世界で言う“統計”と、数学や社会学で言う“統計”は、別ものだ」
と言いきられてしまうなら、納得するしかないけれど。
しかし占いの方で「これは(占いではなく)統計“学”です」って
言っちゃうのはウソツキなんじゃないの? そうでもないの??
--------------------------------------------------------

という妙にねじれた疑問を誰かそろそろ解消してくれ〜。
ただし、前スレと同じことの繰り返しは止めようね。

3 :名無しさん@占い修業中:02/01/14 23:23
>「占いの世界で言う“統計”と、数学や社会学で言う“統計”は、別ものだ」
別物なのよ。>1
学問の世界なら共有しているルールというか前提があるけど、占いの世界にはそれはない。(と思う)

>しかし占いの方で「これは(占いではなく)統計“学”です」って
>言っちゃうのはウソツキなんじゃないの? そうでもないの??
ていうのは“学”って言葉の意味を狭く捉えすぎてるのではないかな?
いわゆる“学問”的ではないにせよ、先人たちの積み上げてきたものは膨大にあるわけでしょ?
だったらそれを“学”と言っても別にウソツキではないんじゃない?

>統計学って、実際は結構大変なんでしょ?(やったことないけど)
>安直に「これは占いではなく、統計学です」とか言っちゃマズい
>っていうのはわかってるんだけど、じゃあ具体的にどこがどう違うのか
>一度詰めて話せたらいいなあ、と思ってました。
(過去スレから)
それは大変すぎて説明できません。
母集団をどうするんだとか、
2段階抽出のような厳密なサンプリングなんてできっこないとか、
質問文は適切なのかとか、
まあいろいろあるみたいなんだなぁ。

実際に統計をかじった経験から話してしまうと、
学会に出ているデータだって母集団は自分の大学の学生だけだったりしてけっこうバイアス(偏り)ありそうだよ。
とりあえずは因子分析(っていう技法がある。考え方はとても面白かった)やってそれっぽく見せればいいかなあ、なんて気もしちゃう。
学問の場に出ているから信頼できるというのは(当たり前のことながら)言いきれないですね。
学問の世界の中で常識はどんどん変わっていくんだから。(昔は太陽が地球の周りを回っていたと思われていた!!)

当たり前なんて時代や環境が変われば変わるのですよ。
当たり前は人によって違うのが当たり前。
しかし当たり前というかある前提というものを共有していかないと議論ていうのは発展していかないですよね。
その点、学問の世界は占いの世界より当たり前を共有してるのではないかな?

>しかし占いの方で「これは(占いではなく)統計“学”です」って
>言っちゃうのはウソツキなんじゃないの? そうでもないの??
ウソツキとなるのかどうかは情報を受け取る側次第のような気がするんだけどなぁ。

てな感じでどうでしょう。

4 :名無しさん@占い修業中:02/01/15 13:50
>学会に出ているデータだって母集団は自分の大学の学生

母集団より外の、社会や人類全体に対する一般化は、
他のデータや理論などから総合的に考察しないとならない、
つーことだね。

参考

心理統計の注意点
http://www4.ocn.ne.jp/~murakou/statistics.htm

〜役立つツール
http://caramel.2ch.net/test/read.cgi/uranai/984824172/289

5 :名無しさん@占い修業中:02/01/15 16:42
?>4

>母集団より外の、社会や人類全体に対する一般化は、
>他のデータや理論などから総合的に考察しないとならない、
>つーことだね。

ごめん、なにいってんだかよくわからんです。

それ以前に、統計学でない占い統計「学」なのに、
統計学の手法が使えるとはおもえんのですけど。論理矛盾。いじょ。

6 :名無しさん@占い修業中:02/01/15 17:38
概念そのものをちゃんとつかんでないから、
はっきりしたことが言えないんだけど・・・
ベイズ統計学と占いってひょっとすると融合する
可能性があるんじゃないのか、と思う。
だれか、ベイズ統計学に詳しい人いないかなぁ。

だから、占い=統計学ってのは、意外と正しいところを
ついているのかも?とも思う。
ただし、いまんところは、データがまるっきりないんだから、
占い=統計学は、証明不可能だよね。

占い=占い統計学なら、あまりにも未整理な感じがして、
個人的にはタッチしたくないなぁ。

7 :名無しさん@占い修業中:02/01/15 18:54
ようするに、統計学を意思決定支援ツールとして捉えるか、否か、
ということになるわけじゃないの? 前スレのデータマイニングの話でもあったように。
意思決定を行うために用いる占い、という何気に絡みそうなところで言えばだけど。

統計的有意性の有無をここで議論しても、占いと絡んだデータが
整理された形では残ってないんだから、結論出るも何もないと思うよ。
ゴークランデータはいかにも古すぎるし、いまもあれを参照しなければならない
ってのが、どうかしているような気もするし。

8 :名無しさん@占い修業中:02/01/15 19:59
占い=統計学だったら、理論ありきで臨床データにて裏付けをとる手法を用いる
もの全てが統計学になってしまうでないの?
統計学的に立証する占い統計学ってのはありかもしれんが。
細木女子あたりが、学問的な臭いを出すために用いてるに過ぎないと思われ。

(参考)
◆統計(statistics)〔数学〕
--------------------------------------------------------------------------------
確率と共に不確定事象を対象にしているので数学の領域外とされ、一七世紀に
なってようやく数学の仲間入りをしている。「数量の表」はピラミッドや万里
の長城の建造には多数の人、食糧、材料などを記録し、大変古くからあった。
が、数学ではこれをふつう『統計』とはよばない。統計というのは、その表の
奥に含まれているある傾向や特徴などを読みとることである。イギリスにおい
てはジョン・グラントが六十余年間のロンドン市の死亡表から社会統計学を、
ドイツでは三〇年戦争後の状況をまとめた経済学者コリングの国勢統計学が、
今日の統計の出発点で、統計の歴史を大雑把にまとめると、今日まで次の五段
階がある。
(1)記録時代 ―― 統計資料(素朴な統計)
(2)記述時代 ―― 統計学(学問の成立)
(3)関数時代 ―― 数理統計学
(4)推計時代 ―― 推測統計学(確率論を導入)
(5)検定時代 ―― 管理統計学(推計に加え検証もする)

9 :7:02/01/15 20:21
こういう名称が正しいかどうかわからないけど、
逐次更新されるギガバイト単位のデータとコンピュータパワーを用いて行う、

(7)意思決定時代----意思決定統計学(具体的なアクションを起こすための、
意思決定支援を目的とする)

というのは、あると思うよん。そのへんが「意思決定補助ツールとしての占い」
と緩やかに絡んできそうな気も。というか、絡んだら、非常におもろい。

10 :7:02/01/15 20:21
あ、ごめんなさい。

(6)意思決定時代----意思決定統計学(具体的なアクションを起こすための、
意思決定支援を目的とする)

です。

11 :7:02/01/15 20:25
今、会社名を忘れたけど、掲示板の書きこみを
おそらく、テキストマイニング的に分析することで、
近未来的な株価を予測する業務を行ってる会社がアメリカにあります。

日経サイエンスに、載ってました。

これなんか、(6)ですよね。

12 :名無しさん@占い修業中:02/01/15 21:02
細木女子あたりが、学問的な臭いを
出すために用いてるに過ぎないと思われ。
__  __ .r――――――――
    ∨   |・・・占いで21世紀の統計学を的中させたんだよ。
日 凸 U | ______
≡≡≡≡≡| /  .∧ ∧  / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 U ∩ [] ∨% (゚Д゚ ;) < んなこたぁない
__ ∧∧___ .∧∧|つ∽)_ \_____
  (  ,,)日  (  ,,)∇
― /   | ――.../   | ―――
\(__.ノ   \(__.ノ
 ━┳━   ━┳━
 ̄ ┻  ̄ ̄ ̄┻ ̄ ̄ ̄ ̄

13 :名無しさん@占い修業中:02/01/16 02:02
思ったよりも反応がある。やっぱり統計学を気にしている人はけっこういるのね。
さすが2chだ。。。
いや待てよ。よくよく読むと、本当は2,3人か??

>それ以前に、統計学でない占い統計「学」なのに、
>統計学の手法が使えるとはおもえんのですけど。論理矛盾。
そうなんだよね。「こういう命式の人はこうです!!」とか統計学で出しているわけがないしね。>5
占いの古典的手法の正しさが統計学的に証明されるかどうかと言えば非常にあやしい気がするよね。
凄い労力をかけるわりには不毛な結果になりそう。
別に占いだから統計学的に証明なんかされなくっていいのさ。(証明されたりしちゃったら面白いけど)
ただ、「占いにはまる人、はまらない人」とか「占いを信じる人、信じない人」とか
占いに関わる人間についての分析なら統計学の手法を用いて調査はできるだろうね。
ていうか、そういう調査を学生時代にやっておきたかった。。。
SPSS(統計ソフト)はやっぱり高いのか。。。

>統計的有意性の有無をここで議論しても、占いと絡んだデータが
>整理された形では残ってないんだから、結論出るも何もないと思うよ。
まったく同意ですね。>7
ところでデータマイニングって何?過去スレのどのへんにあるの?
あと、
>ようするに、統計学を意思決定支援ツールとして捉えるか、否か、
>ということになるわけじゃないの? 前スレのデータマイニングの話でもあったように。
>意思決定を行うために用いる占い、という何気に絡みそうなところで言えばだけど。
「意思決定を行うために用いる占い」っていうのは、
決断を前にして迷っている人の背中を押してあげるような占いのことと考えてよいの?
それと統計学は果たして関係してくるものかなあ?(疑問)
あと、>8の参考はどこから引用したものですか?

ところで
>細木女子あたりが、学問的な臭いを
>出すために用いてるに過ぎないと思われ。
細木さんはそういうこと言ってるのか。知らなかった。

14 :名無しさん@占い修業中:02/01/16 16:53
>>5
簡単な例として、
ある占い師のもとに10年間で1万人お客がいたとします。
1万人の中の100人を選び調べ直して、ある法則が見出されたとしても、
それだけでは社会や人類全体に一般化はできない、
つーことです。

15 :名無しさん@占い修業中:02/01/16 21:57
>母集団より外の、社会や人類全体に対する一般化は、
>他のデータや理論などから総合的に考察しないとならない、
>つーことだね。
「他のデータや理論などから総合的に考察」してしまったら、それは結局は仮説止まりなんですよ。
フロイトやユングの心理分析と同じ。
なるほどなとは納得できてもその理論の証明のしようがない。
やはり統計学を使うのならばそのルールにのっとってやらないと。
何か統計的有為性のあるデータが出てこなくては不毛でしょうね。

>ある占い師のもとに10年間で1万人お客がいたとします。
>1万人の中の100人を選び調べ直して、ある法則が見出されたとしても、
>それだけでは社会や人類全体に一般化はできない、
「社会や人類全体に一般化」と考え出したらやはりサンプリングをしっかりやるしかないですね。
でもそれは相当難しいでしょう。
学会に出てくるデータだって正しいサンプリングをされていないのは前述のとおり。
それなりのバイアスを許すか、おもいきって母集団を「占いに関わる人」とかに限定しちゃえばいいのよ。
その条件内でそれなりの結果が出ると思うけど。

で、勇敢にもそういう調査をしようとした人っていないのかなぁ。

16 :名無しさん@占い修業中:02/01/17 15:48
>>15
未知のバイアスが多すぎると思うので、
現実的には母集団を限定するしかないでしょ?

でも、たぶん明日の新規のお客は母集団の外の人だなぁ。





17 :名無しさん@占い修業中:02/01/17 16:22
バイアスの統制をして厳密な母集団に限定すると、
大きい母集団は難しいね。



18 :名無しさん@占い修業中:02/01/17 16:30
小さな母集団なら、「自分の顧客」という母集団でどうだ?


19 :名無しさん@占い修業中:02/01/17 17:23
>>18
今まで相談に来た顧客が母集団なら、
他人も明日の顧客も別の母集団だから、
これまでの結果は参考にならないな。


20 :名無しさん@占い修業中:02/01/17 17:27
それにはベイズ統計学が役立つんじゃないかな>19

21 :悪い・・・。:02/01/17 20:04
理解できないので、ベイズがどう役に立つのか
説明してくれ>20

母集団違ったらダメっしょ? OKなの?

22 :名無しさん@占い修業中:02/01/17 20:32
とりあえずあげよ

23 :名無しさん@占い修業中:02/01/18 01:02
自分もベイズ統計学って聞いたことないです。
説明キボーン。>>20

母集団を顧客に限定するのは狭すぎる気がするんですよね。
占いがどうこうはとりあえず置いておいて、自分の周りにいる人、20名くらいに占いに関する質問紙調査をする。
10人が20人ずつのデータを集めれば200人分のデータ!!それなりには使えるでしょ。
その中で「占いを信じますか」とか、「占いに行きますか」とかいう質問分を設けておく。
そうすれば占いへの関心が大きい人とそうでない人との性格特性の違いくらいは見えてきそうだよね。

でも占いと統計学という関わりから言えば、
「占いで言われることが統計学的にも証明されるかどうか」の方が皆さん関心大きいのかな?
(たとえばゴークランみたいな)
データは持ってないけど、過去に行われた占いに関する統計調査って圧倒的にそういうものが多いのかな?

ん?>>2さんの言ってる占いと統計の関係っていうのはやはり
「占いで言われることが統計学的にも証明されるかどうか」っていうことか。
自分の話はズレてるだろうか。。。

でもその点に関して言えば自分は
>別に占いだから統計学的に証明なんかされなくっていいのさ。
だったりするんだけどね。
僕は占いと統計との関連よりは、占いとラベリング理論や予言の自己成就理論との関わりの方が興味あります。



24 :名無しさん@占い修業中:02/01/18 08:46
20は、ベイズをここで最初に言った人じゃないかんね、ちなみに。

25 :名無しさん@占い修業中:02/01/18 11:56
そうなのか。それじゃあベイズって結構有名なのかな?>>24

26 :コピペ:02/01/18 18:11

http://www.gakuji.keio.ac.jp/rishu/info/hiyoshi/keizai/01lect/01lecture/mita/mita/mita0058.htm

ベイズ統計学は主観的客観的を問わず先験情報を考慮に入れつつ
統計分析を行う手法を研究する学問である。
ベイズ統計学は不確実性の下での意思決定になじみやすい構造をしているので,
アカデミックな研究者のみならず実務家の間でも注目されつつある。


27 :名無しさん@占い修業中:02/01/18 22:30
ところで、細木さんのほかに、占星術=統計学説を唱えている人って、
誰がいんだっけ? そういう人に、真意を聞いたほうがはえーじゃん。

28 :名無しさん@占い修業中:02/01/18 22:31
六星占術は、個人的には、数学的に記述できるほどの、緻密さを
獲得していないような気がする。だから、占い=統計学というのは、疑問。

占い統計学というのは、そのそも成り立ってないしさ。

29 :27:02/01/18 22:33
あ、間違い。占い=統計学ね。

30 :名無しさん@占い修業中:02/01/18 22:37
統計学関連ソフトの参考スレ。がいしゅつか?

統計解析ソフト
http://ebi.2ch.net/test/read.cgi/rikei/980470707/l50

まぁ、占いだからといって、知的敷居を設ける必要なんかないかんね。
興味あることは、なんでも勉強するのが、占的には<吉>(w。

31 :名無しさん@占い修業中:02/01/19 01:46
Thanks!! >>26

>まぁ、占いだからといって、知的敷居を設ける必要なんかないかんね。
>興味あることは、なんでも勉強するのが、占的には<吉>(w。
禿同!!>>30

統計解析ソフトについてはやはりSPSSやSASを自由に使える環境にある学生を見方につけるとよさげだね。

32 :参考スレ:02/01/19 18:51
確率って?
http://mentai.2ch.net/test/read.cgi/philo/1011346782/l50

>統計解析ソフトについてはやはりSPSSやSASを
>自由に使える環境にある学生を見方につけるとよさげだね。

Rっていうフリーソフトあるよ。MLもあるし、日本語情報も揃ってる>31

統計ソフト R のページ
http://www.na.rim.or.jp/~tettiri/R/rindex.htm

33 :名無しさん@占い修業中:02/01/20 01:03
>>26さんのリンクにあった本をアマゾンで注文したんですけど、
その時に関連本でEXCELで統計解析をやるみたいなのがあって紹介文を見てみたらEXCELでも因子分析できそうなんだよなぁ。
調べてみたら案外EXCELでも使えるのかもしれない。。。

34 :案外EXCELでも使えるのかも:02/01/20 01:37
http://www.esumi.co.jp/products_info/products_info3.html

35 :名無しさん@占い修業中:02/01/20 19:43
うーん、だからさ、占い=統計学と断言するのは、
今の時点では止めたほうが良いようにおもうね。

思いっきり強弁するならば、

(1)記録時代 ―― 統計資料(素朴な統計)

が当てはまるかもしれないかも?とは思うが、
(もちろん、ちゃんと、歴史的な資料が残っていることを前提にだが)
それ、現代では、統計学とは言わないと思うんだよな。

概念群がちゃんと組み立てられていない以上、
占い=統計学論を強弁するとみなが混乱するだけ。
百害あって一利なし。

36 :ネタ:02/01/21 00:21
>>19は別の母集団ってこたーないっしょ?
明日の客は「過去に自分の所にきた顧客」母集団の外部だ。
で、未来の顧客のことを予測するなら、
この母集団が先見情報として役立つことになる。

なぜなら、未来の顧客は、過去と条件が変わらない限り
これまでの顧客と同じ(未知既知)バイアスを持っている可能性が高いから。
だから(バイアスにジャマされて)占い法則の検証は出来ないが、
この占い師にとっては過去の占い法則は(バイアスが原因として)
未来も成り立つ可能性が高い。
占い法則が成り立たなくとも、事前確率を取り込むことによって当たるつーことだな。


37 :母集団とは?:02/01/21 00:30
有限母集団と無限母集団をごっちゃにして考えている人がいる。
-------------------------------------------------
母集団
ぼしゅうだん population

統計的推論の対象とする事物の集合をいう。
たとえば工場における1ロットの製品の重さとか,
1クラスの生徒の身長とかが母集団をなす。
これらは母集団内の要素数が有限なのでとくに有限母集団という。

これに対し,ある工程で今後生産される製品全体を
考えるような場合もあり,無限母集団と呼ばれる。
母集団からとった少数の標本に基づいて
母集団全体についての推測を行うのが統計的推測である。
その場合,母集団内の要素に特定の確率分布を想定することが多い。
これを母集団分布と呼び正規分布がとくに有名である。
正規分布に従う母集団を正規母集団という。 広津 千尋

(C) 1998-2000 Hitachi Digital Heibonsha, All rights reserved.



38 :名無しさん@占い修業中:02/01/21 00:31
なるほど。EXCELの他にここに出ているソフトを買わなくてはいけないのだな。>>34

>概念群がちゃんと組み立てられていない以上、
>占い=統計学論を強弁するとみなが混乱するだけ。
自分もそういうこと思いますよ。>>35
占いは本当に当たるかどうかで統計を取るって言ったって概念の部分がむずかしいと思う。
何をもって「当たった」とするのか。むずかしいような気がするなあ。

だから自分は占いに関して統計調査をするのならば、
「占いに関わってる人、信じてる人、その特徴」みたいな調査になると思うんだよなあ。


39 :名無しさん@占い修業中:02/01/21 00:34
>だから自分は占いに関して統計調査をするのならば、
>「占いに関わってる人、信じてる人、その特徴」みたいな
>調査になると思うんだよなあ。

うーん。。。予測できなきゃ、やってても面白くないよね。
それは、もはや占いとは言わないかもしれないけんど。


40 :38:02/01/21 00:37
うーん、そうかもしれんが。。。>>39

41 :名無しさん@占い修業中:02/01/21 00:41
例えば、

自分の顧客だけが対象:有限母集団
日本人一般が対象:無限母集団

と考えてもよろしいか?>>37

42 :名無しさん@占い修業中:02/01/21 00:41
>40

ようするに、人間の行動を、逐次、計測すれば良いわけでしょう?
いまだったら、現金使わない、カードだけ使っているような
お金持ちの人の、お金の流れは、日時・場所・使用金額・使用対象など
お金に関するすべてのことが計測可能なはず。たとえばだけど。
それをあらゆる方向に広げれば良いわけで。
そういう方向から攻めていくしかないと思う。

息が詰まりますけどね。もちろん。鬱陶しいことこの上ないが、
そういう方法以外、思いつかない。

当たった、当たらないという主観に関しては、
これから先もどうにもならないですよ。それは考えるだけ無駄のような。



43 :名無しさん@占い修業中:02/01/21 00:46
>>41
心理統計スレッド
http://yasai.2ch.net/test/read.cgi/psycho/975992250/183-


44 :名無しさん@占い修業中:02/01/21 00:46
日本人一般は、成り立たないような気がするけど。
占いの顧客って、かなり偏ってるのでは。。。>41

占いの顧客になりそうな人物像の集合体が、
無限母集団になるのではないかと、思いますけど。

45 :ネタ:02/01/21 00:58
自分の過去に来た客は有限。
現在の日本人全体も有限。
自分の未来の客も10年とか区切れば有限。
未来の日本人は期限切らなければ無限。
でも未来の人間は、分布の条件が変わる可能性はある。
で、ベイズ統計学の出番だな。
さいころの目は未来永劫6分の1と仮定しても良いが。。。。


46 :名無しさん@占い修業中:02/01/21 01:01
>36

それ、極論すれば、特定の占い師の元には、
特定の偏りを持った顧客しかこない、つまり、特定の占い師の占い方は、
特定の偏りを持った顧客にしか当てはまらない、ということになりますね。

でも、そっちのほうがすっきりしてわかりやすい。
ヘタに普遍化することができる、と考えるほうが違和感がある。

47 :名無しさん@占い修業中:02/01/21 01:12
>>42
いつ、どこで、だれに、何が(どのように)起こったか、
前もって「当たり」を定義すればできる、かも。
これなら事後の占い師や顧客の主観は要らない。
超心理学の予知能力実験にそんなことがあったような。。。。


48 :名無しさん@占い修業中:02/01/21 01:17
いや、それじゃ無理。>47

ようするに、占いによる予測情報が顧客に渡った段階で、
心理的なバイアスがかかることが予想されるから。

全く無関係で、かつ、占いの知識も情報も持ってなく、
さらに興味もない人の行動を、事前に予測できた、それが
何例も続いた、ということになれば話は別かもしれないが。

49 :名無しさん@占い修業中:02/01/21 01:20
もっというなら、そういう人に、占いのお勉強をさせたあとで、
予測情報を与えて、以前との行動の変化を調べてみないと、
占いがどういう風に影響しているのか、サパーリわからんはず。

しかも、そういう対象って、ひとりだけじゃ全然だめですしね。
労力と金と暇がなければできない実験ダヨーネ。

50 :名無しさん@占い修業中:02/01/21 01:43
ふあ〜ぁ。 頭でっかち、尻つぼみ。 煽りではない。 あしからず。

51 :名無しさん@占い修業中:02/01/21 12:07
↑くだんないあおりは無視だね。

52 :名無しさん@占い修業中:02/01/21 12:08
      ・
正確には、尻すぼみですね(爆笑)>50


53 :名無しさん@占い修業中:02/01/21 18:12
盛り上がってるなあー。
論点が整理できなくなってきた。。。

しかしいずれにせよ実際に実験するのは大変そうだね。

54 :ネタ:02/01/21 21:42
>>46
ソダネ。それを占い師と顧客の相性と言ったりするみたいだけどね。
もし占い法則が成り立つとしても、
バイアスの方が占い法則より影響が大きかったりすんじゃない。
ゴークランデータでも教育の影響が星よりずっと大きかったみたいだし。
占い師の人生経験と顧客のバイアスが上手く合うと良い占い師。
人生経験が占いに必要だと言われることが、それを物語ってる。


55 :名無しさん@占い修業中:02/01/24 02:14
買いましたよ。『ベイズ統計学入門』福村出版>>26

・・・どこが入門じゃー!!とか思ってしまった。統計学の基礎を勉強する必要がありそうだ。
ていうか数式ありすぎ!!(統計学だから仕方ないのかもしれないけどさ)

ベイズを取り上げてきた人の理由というか気持ちというか・・・、はなんとなくつかめました。
が、、、

>ベイズ統計学と占いってひょっとすると融合する
>可能性があるんじゃないのか、と思う。
とのことですが>>6
いったいどういう調査になるんだ?質問文はどんなのになるの?何をもって当たりとするの?
などなど、分析以前の問題が山積みのままのような気がします。
なぜならベイズ統計学ってのは(あの本を読んだ限り)データを取った後のデータの捉え方とか処理法についての話でしょ。
「どんな質問文でどんな調査をするとどのような結果が見えてきそうなのか?」
そういうデータを取る前の話を詰めてからしっかり調査しないと「ベイズの定理」までたどりつけないような気がする。。。

それと「主観確率」ってのが出てきますが、その本にこんなことが書かれてます。(17ページ)
「ベイズ統計学はプロは豊富な知識と経験に裏づけされた解析を行なうことによって、アマチュアとは異なる解析を行なうことを積極的に認めるものであるが・・・」
つまり、プロだから事前情報(過去に得られた情報)を元に「主観」で確率を(とりあえず?)決めて解析しても良いです。ってわけでしょ?
・・・それは占いの世界に適用できるのか?
今までにまともな実験で得られた「事前情報」などないと言えるだろうし、第一、「プロだから・・・」
いやあ、占いでプロとか言い出したら大変だろうなあ。もう「主観」なんてみんなバラバラだったりして。。。

そうですねえ、占いで統計学やろうとしてもベイズの定理までたどりつけないと思うんですよ。自分は。。。

もちろん取り上げてきた人の興味にはそれなりにそそられるものあったし、自分も勉強になったから3990円。・・・まあいいかって感じですけどね。

しっかし慶應の経済ってのはああいうのをテキストにして勉強してるんだな。凄い。。。

56 :間違っていたら訂正してちょんまげ:02/01/24 20:34
>55
いや、人間が判断する際には、常に、
事前の情報を獲得している、そのバイアスの元に
判断している、というのが、ベイズの根本的な考え方じゃないのかな。

占星術しかわからないけど、占星術って、
常に、ある特定の様相を伴う時間軸的な「過去」があるわけでしょ?
それが、うまく結びつかないかな?と思うわけ。

金融関係でも着目されているらしいよ>ベイズ統計学



57 :名無しさん@占い修業中:02/01/25 01:44
>>56
>いや、人間が判断する際には、常に、
>事前の情報を獲得している、そのバイアスの元に
>判断している、というのが、ベイズの根本的な考え方じゃないのかな。
それは同意。
そのバイアスの元に判断する資格があるのはプロだけよ。ということでしょう。

>占星術しかわからないけど、占星術って、
>常に、ある特定の様相を伴う時間軸的な「過去」があるわけでしょ?
うーん、占星術に限らず何だって過去はあるわけだしなぁ。
占星術に特有な「ある特定の様相を伴う時間軸的な「過去」」ってのは例えば何?

>金融関係でも着目されているらしいよ
たしかにそんな感じは受けた。
経済を取り巻く環境は日々変わるわけでしょ?そうすると、(既出の本、12ページ)
「未知母数そのものを変動する量としてとらえる」ベイズ推測っていうのは経済とかやってる人には魅力な気がするね。
一般的に使われていると思われる「標本理論」っていうのは母集団の性質は変わらないものと捉えている。
しかし対して「ベイズ推測」では母集団の性質は変わっていくものと捉えている。
特に経済ではベイズの方がよさそうな気がする。

うーん、占いとどう結びつくのか。
考えてみますけどね。。。


58 :名無しさん@占い修業中:02/01/25 01:59
経済だけでなく人間を取り巻く環境は日々変わり、占いは人間を対象にしている。。。。


59 :50:02/01/25 02:06
50です

60 :50:02/01/25 02:09
けど、{尻すぼみ}の間違えでした。 尻が、つぼんだって、しょうがないですよね?

61 :間違っていたら訂正してちょんまげ:02/01/25 23:03
いや、ちょっと違うかな、いいたいことが、自分とは>57

プロとかプロじゃないとかってのが、問題になる以前に、
数学的に記述するんだからして、
結局のところ、数式を理解できるか、理解できないかが、先に立つはずです。


62 :名無しさん@占い修業中:02/01/26 01:29
>プロとかプロじゃないとかってのが、問題になる以前に、
>数学的に記述するんだからして、
>結局のところ、数式を理解できるか、理解できないかが、先に立つはずです。
それも大事ですね。>>61

でも社会学者で統計使う人は因子分析のバリマックス回転のこととか数学的に理解してない人も多そうな感じだったよ。
文系だから数学は苦手でいいやー、みたいな。
でもその数式が結局のところ何を表すのかは理解しておく必要はあるだろうね。

数学は道具ですからね。一応原理のアウトラインをつかめればよいのではないかと。。。

63 :ageます:02/02/07 00:24
話題転換。

最近、誠信書房の『占星術−科学か迷信か』を読んでいます。
ここでもたびたび出てきているっぽいアイゼンクとナイアスの本ですね。
立派そうな本なんで今までびびっちゃって敬遠していましたが、ついに購入しました!!

このスレが刺激になって統計を少し勉強したのですが、
初歩的な統計の話が分かれば、なんとかこの本は理解できそうという手ごたえを感じます!!

占星術と(科学的な)統計学の関係についてはこの本を読めば何か見えてくるんじゃないかな?
僕はまだ3分の1くらいしか読んでないけど、全部読んだ人、感想キボーン。

で、初歩的な統計の考え方については
ナツメ社の図解雑学シリーズの『統計』を読めばなんとかつかめると思います!!
(少々複雑な数式についてはとりあえず飛ばして読むべし!!)

ということで推薦age

64 :名無しさん@占い修業中:02/02/08 16:48
アイゼンク・・・・あれは統計より、
占星術を科学的な研究対象として扱う参考になる。


65 :Mayu:02/02/08 17:44
ずっと前に、名前は忘れてしまったのですが、拾った本に、
奇形児を産む女性は決まって太陽と月がオポってると書いてあって、
まぁそれは乱暴だとは思いますが、そういう人はこういうアスペクトの
時を狙ってセクースしれば正常な子ができるとか、書いてありました。

66 :名無しさん@占い修業中:02/02/08 21:49
確率論的アブダクションという方法
http://mentai.2ch.net/test/read.cgi/philo/1012671512/l50


67 :名無しさん@占い修業中:02/02/08 22:46
確率が存在するのは何故だ!?
http://mentai.2ch.net/test/read.cgi/philo/1013007804/l50


68 :名無しさん@占い修業中:02/02/09 22:14
統計ソフト統合スレッド−SPSS・SAS以外
http://yasai.2ch.net/test/read.cgi/psycho/1012801769/


69 :名無しさん@占い修業中:02/02/10 02:47
占いは統計じゃないよ 統計だったら人間の生態はガウス分布になると思うけど、
本物の占いではそんなことはない。これは当たらない占いしか知らない人たちの逃げ道。
真理はほかにあるよ。

70 :名無しさん@占い修業中:02/02/10 11:42
「真理」だなんて、まるで宗教家みたいな物言いだなぁ。。。
正規分布になるも、ならないも、なにも、「本物の占い」の、
データなんかどこにもないのに、なんでそんなこといえんのだろう?>69

それよか、今の段階で占い=統計学って断言している人を
厨房のスクツ(Wの2chでなんとかしてほしいにゃー。
ここで論破される程度なのに、他で主張することなんて
とてもじゃないけど、できんはずだしさー。

これ、今の段階では、どう考えてもカテゴリーエラーでしょ。
これから先、指一本一本の曲げ伸ばしや
視線移動の逐次データを取れるようになるから、
そんとき、もしかするとゆるーく繋がるかもしれない?ってだけでさー。

71 :名無しさん@占い修業中:02/02/10 22:03
統計を知らんDQNが多いと思うのれす
http://ebi.2ch.net/test/read.cgi/rikei/1013055483/l50

72 :名無しさん@占い修業中:02/02/17 16:48
ここのデータはどう?
http://homepage2.nifty.com/YAJI

73 :名無しさん@占い修業中:02/02/18 01:30
芥川賞、および直木賞受賞作家のデータでしょ?
この人よく調べてるよね。感心します。>>72

それではアイゼンクの『占星術−科学か迷信か』もひととおり読んだことだし、議論(?)に参加いたしましょう。

>>72のデータは出生時間は不明として
(1)各惑星がどのサインにあるか
(2)オーブを8度としてコンジャン、セクスタイル、トリン、オポのアスペクトを持っているかどうか
の2点を見ていますね。

(1)についてはデータを集めたYAJIさん?も指摘しているように
出生時間不明なので月、および動きの遅い天王星、海王星、冥王星は見てもしょうがないだろうね。
僕はさらに地球の内側にある水星と金星も見てもしょうがないように思いますね。

(2)についてはYAJIさん自身、これといった影響がなさそうと言ってますね。
アスペクトの影響は全くないのか!?

標本数は合計で278人ですからこれから先の研究のきっかけにはできる数だと僕は思います。
(ていうかこのくらいの標本数の調査なら学会に出てると思います。)
ということであとはこれらのデータを統計ソフトに入力して分析なんでしょうが・・・。
統計ソフトが欲しい。

ちなみに科学的な追試に耐えているらしいゴークラン夫妻のデータでは
なーんと12室と9室にある惑星が影響を持つってことでしたよね。
その点ではやはり出生時間が分からないときついですよね。

太陽のサインについては上記の本ではヴァン・ドイゼンの研究などが触れられてましたね。(p78)
ありゃー、すごい!!数が半端ない。あの実験は太陽のサインしか見てないんだけど、
他の惑星のサインも見てくれてりゃよかったのに。。。

今日はこんなところで。


74 :名無しさん@占い修業中:02/02/18 23:10
僕も見てきました。
でもデータ数は少ないように思います。
でも芥川賞、直木賞作家では仕方がない。
YAJIさんはどれだけ出生時間のデータを持ってるんでしょうか。
次回に期待です。

75 :名無しさん@占い修業中:02/02/19 00:14
標本数が多いか少ないかはやっぱり意見が分かれるんだろうな。。。
でもきっとなんらかの参考にはなると思うんですけど、
もう私的には「アスペクト意味なし!!」って部分が気になってしゃーない。
どうですかね?

で、公開されていた出生データで僕も分析しようと思ったのですが、
278人のデータ入力はキツイヨ!!時間もない!!
じみちーにやろうかと思っています。。。


76 :名無しさん@占い修業中:02/02/19 02:32
統計とるなら278人程度で弱音吐くなよ〜。がんばれ>75
それより、どんな手順で検証する気なの?
生年月日以外の入力項目は何?


77 :名無しさん@占い修業中:02/02/19 17:57
>>75
僕も打ち込むの嫌だったのでYAJIさんにメールでお願いしたら
データを送ってくれました。


78 :名無しさん@占い修業中:02/02/19 18:36
データ分析やろうとしている人に水をさすつもりは無いんですが、
ちょっと気になる点を質問。

天体のサイン分布やアスペクトなど、調査項目が多数になれば、
どこかに偏りが見つかる可能性が高くなります。

それで疑問というのは、
実験計画を立てる必要性は無いのですか?


79 :名無しさん@占い修業中:02/02/19 21:41
統計学のこと良くわからないんだけど、
ここで、無料統計ソフトRの使い方と
統計学をちまちまベンキョしない? 占い好きのみんなで。

興味あるデータを元にすれば、
そーゆーのなんかやりやすいじゃん。
厳密なこと言っても、データないんだから、
どこまでもできないことはできないからさー。

もうちっと前向きに考えるほうが吉だよ。

80 :名無しさん@占い修業中:02/02/20 00:59
確率統計は科学でないらしい→心理学も・・?
http://yasai.2ch.net/test/read.cgi/psycho/1013732790/


81 :73=75:02/02/20 02:26
まじですか!!>>77
各受賞者の惑星のサインと度数を教えてくれるのですか?
もう私はアスペクトは意味なさげなのであきらめて、サインだけを入力してます。
昨日はしこたま入力してたのですが・・・、

そうなんです!!実験計画!!>>78
気づいてしまいました。全受賞者の各惑星のサインを入力していてふと気づいたのですが、
このデータをどうやって処理するんだ?
多変量解析っていったって何と何をどうするんだ??
ということでHPに公開されている「各惑星のサイン別合計数の表」をもとに
とりあえず、このデータには有意な偏りがあるのかどうかで考えることにしました。

>>79
私はEXCELです!!
で、以前紹介したナツメ社図解雑学シリーズ『統計』で考え方を学習し、
オーム社開発局の『Excelで学ぶ統計解析入門』を見ながら格闘中です。
図解雑学シリーズは分かりやすいと思います。いかが?
一応ここで勉強するといってもTEXTになるような本はあった方がいいでしょうし。
とかいっても買うのにお金かかるからなんとも難しいかもしれないですけどね。

で、今のところですね、
⇒明らかに有意な結果が出てるみたいなんですよ!!
んなバカな!?と思っているので明日にでも統計スレに逝って自分の分析は間違っていないか質問しようかと思っています。
やっぱり標本数が少ないのかなぁなんて思い始めた。。。

さーてさて、きましたね。>>80
>確率統計は科学でないらしい→心理学も・・?
そういう議論はあるらしいですね。
僕は科学の定義しだいだと思いますけどね。
結局は自然科学(古典物理学?)で用いられた方法がうまくいったからそれを社会科学etc.にも適用しようってところからその問題は始まっているんだと思いますけどね。
うーん、どうなんでしょうね。考え中。

で、>>78さんの
>天体のサイン分布やアスペクトなど、調査項目が多数になれば、
>どこかに偏りが見つかる可能性が高くなります。
という話なんですが、
それはアイゼンクの『占星術−科学か迷信か』でも突っ込まれてたとこですね。
ゴークランはそのへんを分かっていて「追試をした!!」わけですよね。
上記の質問に対してのとりあえずの答えは「要追試!!」ってことなんでしょう。
でもYAJIさんのデータは芥川賞、直木賞作家だった。
追試するには次はどんなデータを使えばいいんだ??

82 :名無しさん@占い修業中:02/02/20 16:01
だから、予備調査、実験計画。

83 :名無しさん@占い修業中:02/02/20 16:32
データに有意な偏りがあるって、対象群と比較した?


84 :77:02/02/20 21:06
>>81
YAJIさんが送ってくれたデータは牡羊座0度を0度として
360度で表した数字でした。
アスペクトもそれから計算式で出ています。
ちなみにEXCELでした。
でも自分では何も出来ませんでした。

85 :81:02/02/21 01:36
対象群!!対照群!?どっちだっけな。
・・・まぁとにかく、その問題があるんですよね。
そうなんですよね。うーん。(困)

⇒僕がおこなった方法(太陽のサインで説明)
平均値を出す(データ数278を12サインで割るんですから23.17くらいの値が得られる)
太陽のサインと受賞者に何の関連もないとすれば当然どのサインも23くらいの値になるはず。
しかし実際は双子座の11から牡羊座、水瓶座の36までばらつきがある。
このばらつきに意味はあるのか?それを調べていく。
それぞれ、〔各サインの数〕−〔平均値23.17〕の値を出してそれを二乗する。
例えば牡羊座なら36−23.17=12.83の二乗となり、164.6くらいになる。
各サインにおけるこれらの数値を足す。895くらいになる。
この数を平均値23.17で割る。38.66くらいになる。
この38.66が偏りの大きさを表す数になる。
これをχ二乗(かいじじょう)分布表というものにあてはめて意味のある偏りなのかどうか判断する。

以上、χ二乗(χ自乗?)検定と言われるものです。
このへんの考えが前出した図解雑学シリーズの『統計』を読むと分かります。

で、この検定をおこなって5%有意になったものは、
太陽、水星、金星、木星、土星、天王星、海王星、冥王星でした。なんと10惑星中8惑星!!
しかし当然のごとく土星外惑星は動きが遅いので偏りがでる。
太陽が有意となれば地球内惑星の水星、金星も有意となりやすい。
ということで太陽、木星、土星について考えればよいかと思っているのですが・・・。

ちなみに「5%有意」という考えなのですが、
「母集団に偏りがない」と仮定するとこのような偏りのデータが得られる可能性が5%以下だ。
てな感じでしょうか。
「母集団に偏りがないとすれば、こんなデータは20回データを取った内の1回しか出ないぞ!!
つまり母集団には偏りがあるんじゃねぇのか?」
これでお分かりになるでしょうか?

さて、以下次回。


86 :名無しさん@占い修業中:02/02/21 01:41
>81
>追試するには次はどんなデータを使えばいいんだ??

ノーベル賞受賞者とかでもいいの?

87 :名無しさん@占い修業中:02/02/21 16:13
>>85
>「母集団に偏りがない」と仮定すると
多分、母集団には偏りがあるでしょう。
昔の日本では、季節ごとに生まれた人数が違うので。



88 :名無しさん@占い修業中:02/02/21 16:15
>>86
「ノーベル賞受賞者と文学者が同じ太陽サインに特徴を持つ」
という占星術理論はある?


89 :名無しさん@占い修業中:02/02/21 20:22
前のスレの轍を踏まないために、
統計学とはなにか? 占いとはなにか?
占いと統計をくっつけて語りたがる奴らはなんだ?とか、
そのへんからノロノロやってかない?
文献調査でもなんでも良いから。ほかにはURL調べたり。
数学板で聞いてきた結果報告とかさ。

正直言って、82さんが言うような実験計画なんて、
とてもじゃないが無理じゃん。今のレベルでは。
そんなの読んでてすぐわかるっしょ。
占いって時間扱う分野なのに、パート2の
今の時点でも時系列解析のさわりさえ出す人いないのに。

やんないことはわかんないんだから、統計わかんないのは、
恥でもなんでもないよ。わかんないことを自覚したら、
自分が満足するまで、ノロノロ、ベンキョすりゃーいいだけだもん

90 :89:02/02/21 21:01
ごめん、87さんは、さわりならだしてた・・・。スマソ。

91 :名無しさん@占い修業中:02/02/21 23:04
>>87
現在の日本でも季節的な偏りはあるようです。
もちろん昔と分布は違いますが。
だから実験群と同じ時期に生まれた人達の分布と比べて見ないことには、
偏りは分からないんですね。
AFAでは一応、実験群と一定の日数だけ離れた年月日のデータは、
コントロールと扱っているようですね。

92 :81:02/02/22 01:15
そう、僕も生まれた季節には偏りがあるんじゃないかって思ってる。
どうやったら調べられるんだろう。
ということで実は太陽、および水星、金星については疑わしいと思ってる。
しかし木星と土星についてはどうなんだろう?
1897年生まれの人から1975年生まれの人がいるんだもんなぁ。
範囲、幅広いよなぁ。
で、対照群なんですけど、例えば実験群の10日後に生まれた人のデータを使えばいいってことか?
木星と土星については、そのやり方じゃほとんど同じだろうしなぁ。
しっかし、その情報!!
>AFAでは一応、実験群と一定の日数だけ離れた年月日のデータは、
>コントロールと扱っているようですね。
もしかして91さんってAFAの会員?

やっぱ僕も英語の文献読まなきゃダメなんだろうなぁ。
アイゼンクの本だって1982年のものだから今はまた違うデータが出ているだろうし・・・。

>>89さん
>前のスレの轍を踏まないために、
>統計学とはなにか? 占いとはなにか?
>占いと統計をくっつけて語りたがる奴らはなんだ?とか、
>そのへんからノロノロやってかない?
>文献調査でもなんでも良いから。ほかにはURL調べたり。
>数学板で聞いてきた結果報告とかさ。
そうですね。
やっぱここ2chなんで、きっかけはいろいろ転がってても結局は自分で勉強するしかないとは思いますけどね。
「きっかけ」となる情報をいろいろ出し合うのはいいと思います。
ただ、収集つかなくなっちゃわないかなぁ?という心配はありますが。
しかもここは2chですから、情報そのものを疑う必要もありますし。(でもどこでもそうか)
「占いと統計をくっつけようとしている人たち」については特に興味ありますけど。


93 :名無しさん@占い修業中:02/02/23 17:01
あげる

94 :名無しさん@占い修業中:02/02/23 18:31
>実験群と一定の日数だけ離れた年月日
もちろん何をコントロールするのかによって、
使えない場合もあるし、日数を変えたりしますね。
あくまで仮に使う年月日ですから。

季節による出生数の違いは一部は石源の本にあると思う。

95 :名無しさん@占い修業中:02/02/23 18:50
実験群って統制群とセットで考えられるんじゃないのかな。
実験群について知りたくて、ネットでたまたま引っかかったのは、
http://aoki2.si.gunma-u.ac.jp/lecture/mb-arc/arc003/075.html
だけど、統制群ってここでいう、コントロール群のことね。
以前は、コントロール・グループといってた>おれ
占い統計学では、何をもって統制群とすんの?って疑問が常にあるんですけど。

あと、認知心理学でマガーク効果知って、
実際にそれを体験したときには、
なるほどねーと思ったんだけど・・・。
統制群の問題を考えるときって、
そういうのを頭から無視して、考えるのも。。。
そのへんのこと、考えている人っています?

96 :名無しさん@占い修業中:02/02/23 20:20
アゲル

97 :名無しさん@占い修業中:02/02/23 22:48
>>95
実験データを集めるときには、
コントロールすべき要因を前もって検討する必要がある
って言いたいのかな?


98 :81:02/02/24 01:03
あぁぁ、>>92で対照群という言葉と対で実験群という言葉を使っている。
そんなに細かい定義ってのは今一分からないんだよなぁ。ごっちゃになってるかも。

統制群と対照群では微妙に違うと思いますよ。

例えば
「占いの知識による自己暗示効果について検証する」ことにする。
例えば12星座についての本を読ませてから自己分析テストをやらせるのが実験群。
本を読ませずに自己分析テストをやらせるのが統制群。

何かの実験をする時に統制群というのが必要なのであって、
芥川賞直木賞受賞作家のデータに対して考えるときは対照群でしょう。
別に実験をしたわけではないのだから統制群ということは考えなくていいと思う。
まぁ、細かいかもしれんが。。。

「マガーク効果」面白いですね。
でもそれと統制群の問題がどう関わるのかは今一分からないです。教えてキボーン。



99 :81:02/02/24 01:21
さてさて、受賞者は1892年から1975年に散らばっているので
1892年1月1日から1975年12月25日の間、
木星がいたサインの比率を出して受賞者のデータと比較してみました。

1892年から1975年までの木星(カッコ内は日数)
牡羊 8.26(2533)
牡牛 7.57(2322)
双子 7.89(2419)
蟹 8.42(2583)
獅子 8.49(2602)
乙女 8.99(2755)
天秤 9.05(2774)
蠍 8.93(2739)
射手 8.67(2659)
山羊 8.10(2483)
水瓶 7.80(2391)
魚 7.83(2402)

直木賞、芥川賞受賞者データ(カッコ内は人数)
牡羊 6.83(19)
牡牛 5.04(14)
双子 3.96(11)
蟹 8.63(24)
獅子 9.35(26)
乙女 9.71(27)
天秤 10.43(29)
蠍 10.07(28)
射手 11.87(33)
山羊 8.99(25)
水瓶 8.63(24)
魚 6.47(18)

どうやればこのデータが有意かどうかが分かるんだろう。考え中。
二つを比べてみると、双子で少なく、射手で多いのが目立ちますね。
もしかして双子が敗で射手が盛だから??(魚についてはサブルーラーだから無視するとして)
「成功する人は木星がよく働く!!」・・・なんちゃって!?


100 :名無しさん@占い修業中:02/02/24 02:06
やってますね>99
このデータからなら、木星の在泊率を理論値として
作家のデータを分配していいんじゃないかな?


101 :名無しさん@占い修業中:02/02/24 02:10
理論値
牡羊 278×8.26%=23人
以下省略

102 :名無しさん@占い修業中:02/02/24 02:14
理論値の前提は、この期間の出生率が一定している。

103 :名無しさん@占い修業中:02/02/24 02:48
    牡羊 牡牛 双子 蟹  獅子 乙女
理論値 23 21 22・・・
実測値 19 14 11・・・

104 :名無しさん@占い修業中:02/02/24 03:02
>>102
作家全体の中での受賞者の比率もできれば欲しいところ。
理論値の前提には、全年代を通して作家の比率は一定も。


105 :名無しさん@占い修業中:02/02/24 16:56
>>102
戦後の1次ベビーブームには木星射手があるな、多分。


106 :89:02/02/24 17:23
>芥川賞直木賞受賞作家のデータに対して考えるときは対照群

これ、作家さんがどうこうというよりも、
なんかわかるとするなら、その時々の賞の専攻委員の
嗜好のようなもんじゃないのでしょうか?
そっちのほうの可能性は調べなくて良いんでしょうかね?

統制群を出したのは・・・。

戦後日本に大々的に占星術情報が
ばら撒かれたんだけど、割りと厳密にやろうとするなら、
戦前の受賞者とそれ以降の受賞者を
わけて検討する必要があるんじゃないですか?

ある時期以降の日本人って、占星術情報を
DMでばら撒かれて、マーケティングされているのと同じだと思います。
ぼくらは、占星術をはじめとした占い情報に、酷い言い方をするなら、
メディアを介して、脳みそがすっかり汚染されちゃってるわけですよ。
行動を方向付けるような情報として、占いの情報はセッティングされていた、
と思いますしね。

107 :89:02/02/24 17:28
偏差を出すための、前段階として考えなければならないことが
もっとたくさんあるとおもうんだよね。

まぁ、結果だけを占いの有効性として簡単に意味付けることは
よもやないとはおもうけど。データとしても単純過ぎるし。

108 :名無しさん@占い修業中:02/02/24 17:35
木星といえば歳星、干支。
東洋占いの影響もバイアスになるかもよ。

109 :名無しさん@占い修業中:02/02/24 17:43
君たち、統計出すときばっかり理屈こねるね。
普段、占いをするときはあっさり言うのに。

110 :89:02/02/24 17:45
ものすごいめんどくさいこと考え始めたら、
芥川賞、直木賞ってものが、本当のところ
どんな感じで決まってるのかを、調べる必要もあるよね。

どんどん増えていく情報軸をカットして、
見栄えのする有意な結果を提供するってのが、
その人のセンスになっちゃうんだろうけど・・・。

111 :名無しさん@占い修業中:02/02/24 17:47
わはははは>109

占いは大雑把で良いんだもん。あんまりなんも考えないで、
えいやっと直感で結果を提供しても、みんな納得するじゃん(w。

統計って、それなりに、情報を扱うための
ルールがあるじゃないスカ。

112 :名無しさん@占い修業中:02/02/24 18:15
有意さが有ったとしても、その原因を
星の直接的影響と考える積極的根拠はないわけだ。
考えられる他の影響を全て統制しても有意さがあれば追試を行ってみる。



113 :名無しさん@占い修業中:02/02/24 18:30
>>110
占星術の知識による汚染?は内容によっては大きくないでしょう。
例えばアディ調波による分析では、
先行知識のバイアスはほとんどないと思いますので、
その方法ではどうでしょう。

114 :89:02/02/24 19:17
>110
アディ調波って、以前ソフトで図を出してぼんやり眺めていたくらいの
理解しかないので(すみません)、それがいったいどういうものとして
統計分析と結び付けられて理解されているのか、
わからんのでもうしわけないんですけど。。。
ここでやってるのは、星座レベルの話ですよね?>113

あとひとつに気になってるのは、太陽の位置(=星座)以外の
ファクターは、考えられて当然ではないか、と。
版元の出版傾向とか、その年に売れたベストセラーの傾向とか。
芥川賞とか新人賞だから、これから売って行きたい傾向の小説に
受賞するとも考えられますし。。。

普通、星座はセグメントには使いません。これ前もいったけど。。。
どこまでも、分析要素のひとつ、だと思います。。。
おもしろい試みだとは思いますが。。。

115 :89:02/02/24 19:29
これ、本当に有意な結果が出たら、
予測技術として採用されるかも? いや、マジで。

だって、今の予測技術だって、結局最後の最後は、
マンパワーというか、直感だよりというか、そんな感じじゃないのかな。

呑んでいる席で聞いた話なので、あれなんですが。。。
視聴率調査予測で、確度の高い結果を出している会社があるけど、
ドラマの要素とかを細かく数値化して、数学的に処理して結果出してる
らしいです。かなり酔っ払ってたんで、あんま信用しなくても良いですけど。。。

116 :89:02/02/24 19:36
べつに、占い情報ばら撒き作戦(wによって
戦後日本人の脳が影響されているのが問題じゃなくて。。。
影響されているなら、それを積極的に考慮して、
予測しよう、というのが趣旨。

予測って言うか、立場によっては、制御になっちゃうかもしれませんが。

117 :名無しさん@占い修業中:02/02/24 21:39
>>92
>僕も生まれた季節には偏りがあるんじゃないかって思ってる。
>どうやったら調べられるんだろう。

政府資料、人口動態統計。
関連スレ、「母子手帳の〜」
http://caramel.2ch.net/test/read.cgi/uranai/999802057/l50

118 :名無しさん@占い修業中:02/02/25 01:36
>>70
占い=宗教
それこそが真実です。

119 :名無しさん@占い修業中:02/02/25 18:34
■数学板で拾ってきたスレ■

誰でもわかる統計解析の本
http://cheese.2ch.net/test/read.cgi/math/1011546937/l50

統計学なんでもスレッド
http://cheese.2ch.net/test/read.cgi/math/1012782106/l50

文科省・統計数理研究所って知ってますか?
http://cheese.2ch.net/test/read.cgi/math/1005729178/l50

確率論、統計学は数学でない
http://cheese.2ch.net/math/kako/998/998417877.html

120 :名無しさん@占い修業中:02/02/25 20:33
そりゃそうだよ>118

物の本によると、バビロニアの宗教儀礼と
ワンセットだったらしいし>占星術

121 :名無しさん@占い修業中:02/02/25 22:12
>>89
>占いと統計をくっつけて語りたがる奴らはなんだ?とか

同時に「占いを宗教として語りたいやつらはなんだ?」とかも
考えんといかんなぁ。


122 :名無しさん@占い修業中:02/02/25 22:39
ひょっとして無知なやつ多い?

一応、占星術って神秘主義史の中でも、ポジションあんだけど。

123 :名無しさん@占い修業中:02/02/25 22:53
占星術を神秘主義のポジションにとどめておきたい奴らはなんだ?


124 :名無しさん@占い修業中:02/02/25 23:11
>>99
このデータから偏りを見つけることが出来ても、
それだけでは木星の影響と言えないところが、
統計ソフトの使い方を知っただけでは対処できないところですね。
(データを統計的に処理する場合には普通のことですが)

125 :名無しさん@占い修業中:02/02/26 00:18
ああああ
無知でゴメソ・・・
ヒソーリエツランシテハイルノデスガ
サンカデキナイジブンガカナシイ

126 :名無しさん@占い修業中:02/02/26 00:52
>>124
「関連がある」とはいえますが?

127 :名無しさん@占い修業中:02/02/26 01:01
木星の影響が無いなら偽の関連だな。
それともバイアスが原因だとしても「関連がある」と言いたいわけ?

128 :素人:02/02/26 20:30
星座「だけ」の偏差を求めて、それのみで結論出すのは、
間違いなく、統計の嘘、だよ、それ。
だって、車に乗らない人は、交通事故の確率下がるじゃん。
車に乗りやすい傾向を、星座「だけ」が示しているならともかく。。。

偏差を求める対象に最も密着するセグメントを設定するのが、
ふつーの感覚だと思うんだよね。

星座のような、あらかじめ定められているセグメントは、
たとえ、有意であったとしても、次の次の次・・・くらいじゃなの???



129 :名無しさん@占い修業中:02/02/26 21:35
>>128>>126に対するレスですよね?>発言者の方

130 :素人:02/02/26 21:37
そうです。わかりにくくてすんません>129

131 :名無しさん@占い修業中:02/02/26 21:47
>>126

>>127-128が言うように、
統計は単に数字だけで有意差を考えるもんじゃないね。
「統計の嘘」についての情報キボン。

132 :81:02/02/26 22:08
育ってるよ(’◎’)!! ←一応驚いている

>>芥川賞直木賞受賞作家のデータに対して考えるときは対照群

>これ、作家さんがどうこうというよりも、
>なんかわかるとするなら、その時々の賞の専攻委員の
>嗜好のようなもんじゃないのでしょうか?
>そっちのほうの可能性は調べなくて良いんでしょうかね?

などなど。たしかに原因はいろいろ考えられるよね。
たしかに普通の感覚でいっても受賞者と星を結びつけるってのは??だよね。自分もそう思う。
(ん?しかしここは占術理論実践板だから星と結びつけるほうが普通の感覚なのか!?)
やはりいろいろな可能性を考えるべきでしょう。


133 :参考:02/02/27 19:53
方位術を実践してみたいなら、参考までにご覧下さい。
http://www.jupiter.sannet.ne.jp/taigen/

134 :名無しさん@占い修業中:02/02/28 01:02
>>131
でも占いが当たったかどうかは検定で見るしかないんだけどねえ。

135 :名無しさん@占い修業中:02/02/28 18:13
バイアスをコントロールした上でね>134

136 :統計教えてくん:02/02/28 18:36
バイアスのコントロールの具体的やり方がわかるサイトを教えてください>135

あり物のデータ使うなら、最初の最初にデータを選択するところそのものが重要と言うか、
そこでできるだけ、データに人の恣意が混入しないような対象を選ぶとか、、、
そういうのが「センス」(爆)のひとつであって。。。
いま、具体例なくバイアス云々と言う、そういうことを話しても、
統計教えてくんにはわかりませんん。。。

たとえば、ここでちょこちょこデータいじってるような
小説の賞なんて、人間の意思や意図が入りまくりじゃなすか?
そんなのどうやって検証すんの?とか思っちゃうんですよ。
いきなり、そーゆー難しいところへ入りたがる人の気持ちがわからん。
もっと簡単なところからやるのが普通だろう。。。と。

137 :名無しさん@占い修業中:02/02/28 18:58
どんなバイアスをコントロールしたいかで方法は色々。
文学賞なら選考基準も影響するだしょ。
でも検出したい要因以外を全て同じ条件にしたデータを集めるのは無理だそ。
まあ最低、同じ年同じ月同じ場所で生まれた人とかで条件を合わせて比べたい。

138 :名無しさん@占い修業中:02/02/28 20:07
よーするに、もちっと簡単なデータでやるしかないべ。

139 :名無しさん@占い修業中:02/02/28 20:27
占星術の統計とってるHP
http://cheese.2ch.net/test/read.cgi/fortune/997538551/l50


140 :名無しさん@占い修業中:02/02/28 23:24
>>138
それにしたって、太陽星座は先行知識の影響が多いと思われ。
検出したい要因をはっきりさせた方が、どんなデータにするか考えられるべ?

141 :名無しさん@占い修業中:02/03/01 01:27
極端なこといえば統計では例数さえ増やせばある要因に対する割合が
0.51と0.49でも有為差はつくことがあります。
さて,この場合,実用上でなんか意味が有りますか?

142 :名無しさん@占い修業中:02/03/01 02:41
テーマによるかも。ギャンブルや金融なら?

143 :81:02/03/01 17:16
土星も調べました。

1892年から1975年の平均(カッコ内は人数)
牡羊 8.17(2507)
牡牛 8.29(2542)
双子 7.91(2426)
蟹 7.42(2276)
獅子 5.77(1769)
乙女 6.21(1904)
天秤 8.78(2693)
蠍 9.47(2905)
射手 9.61(2947)
山羊 9.99(3066)
水瓶 9.27(2845)
魚 9.13(2801)

直木賞、芥川賞受賞者(カッコ内は人数)
牡羊 7.91(22)
牡牛 5.40(15)
双子 5.40(15)
蟹 5.40(15)
獅子 6.83(19)
乙女 5.40(15)
天秤 6.47(18)
蠍 12.23(34)
射手 12.95(36)
山羊 13.67(38)
水瓶 11.15(31)
魚 7.19(20)

獅子から天秤までが少なく、蠍から水瓶がグンと多いですよね。
山羊がピーク(一番多い)ですから、「やはり格式って重要だった?」って思うかも知れませんが・・・、
いや、やっぱり思わないか。
もっとデコボコしてれば木星や土星の影響がある?とも思いやすいんですが、
データ数が278。12で割れば22くらい。数値が2,3違えば大分違う結果になりそうだもんな。
やはりデータ数が少ないのかもしれない。
そしてどうしても人口数や世代の影響を考えてしまうんでうよね。
そちらの方が影響大きいんじゃないか?

それでは以下のちほど。

144 :81:02/03/01 18:02
次に5年刻みで受賞者の出生年の偏りを見てみました。(1年刻みでは見づらかった)

1890年〜 2  1895年〜 10  1900年〜 14
1905年〜 16  1910年〜 19  1915年〜 12
1920年〜 24  1925年〜 36  1930年〜 36
1935年〜 23  1940年〜 11  1945年〜 26
1950年〜 12  1955年〜 20  1960年〜 11
1965年〜 4  1970年〜 1  1975年〜 1

当然若い世代はまだ受賞者が少ないし、昔はこれらの賞がなかったんだから
グラフにすればいわゆる「正規分布」のような形になっていいと思われます。(違うかな?まぁいいや)
つまり両端は少なく真中が多いということですね。

グラフにしてみて目を引いたのが、受賞者の少ない年代として
1915年〜の世代、1940年〜の世代ですね。(1950年〜も少ないですけどおいといて・・・)
で、反対に受賞者の多い世代としては
1925年〜、1930年〜の世代(つまり1925年からの10年間)と1945年〜の世代。

結局のところ、世代の影響かなぁと思い始めました。

国勢調査のサイト
ttp://www.stat.go.jp/data/kokusei/2000/6.htm
でも人口統計を見てみたんですけど、
1915年〜の世代って戦争でたくさん亡くなってるみたいですね。
1945年の調査結果を見ても
16歳から20歳は約385万人、21歳からは約202万人、
26歳からが約160万人と谷底になっていて、
31歳からが約180万人、36歳からが約198万人、41歳からが約204万人
ということで、この世代の方々はたくさん戦争の犠牲になっている!!(まあ、犠牲というと少し聞こえが悪いかもしれませんが)
つまり1915年〜の世代は受賞者が少なくて自然。

次に1925年から10年間の世代は多感な思春期の前後を戦争で過ごしているということですね。
いわゆる戦中派とは定義が違うのかなぁ。
でもどちらにしてもそういう経験をした人の中に受賞者が多いのは自然に感じられるんですよね。

そして1940年〜の世代は戦争のど真ん中だし、
その次の5年間はベビーブーム。
なんだか納得。

実は1940年〜の世代人口はそんなに少なくないみたいだし、
1950年〜の受賞者数が少ないという「謎」も残っていますが、
それは僕が各世代の特徴を知らないからですかね?
調べてみれば結局は世代の影響が大きいような気がするんですけどねぇ。
あ、実はその世代の影響に星が関わっているのか??・・・うーん。(困

各年代と木星、土星のサインの関わりについては次回。

145 :名無しさん@占い修業中:02/03/01 18:12
>>143-144
頑張ってますね。
受賞年齢も調べてみたら?


146 :81:02/03/01 18:29
各年代と木星のサインの関わりについてです。

1915年〜(受賞者が少ない世代)
1915年1月1日は水瓶だが2月4日から魚。
1919年12月31日は獅子。(この年の8月から獅子)
⇒魚から獅子は少ない。
1925年〜(受賞者が多い世代)
前年の12月18日から山羊に入っていて
1934年12月31日は射手。(この年の10月から射手)
⇒ほぼ一回り。あまり影響はなし?(ただし1934年12月31日で区切ってしまうと射手はやや少ないか?)
1940年〜(少ない世代)
1940年1月1日は牡羊。5月16日から牡牛。
1944年12月31日は乙女。(この年の7月から)
⇒牡羊から獅子は少ない。
1945年〜(多い世代)
1945年1月1日は乙女からで
1949年12月31日は水瓶。(翌年4月まで)
⇒天秤から水瓶は多い。

こうやって見ると受賞者には天秤から水瓶が多く、牡羊から獅子までが少ないだろうと推測できる。
グラフと照らし合わせると納得してしまう。

土星については割愛。
前半のサインが少なく、後半のサインが多いことが予測できる。

しかしここまでやって、
今自分がしていることは意味がないかもと思ってしまったのだがどうなのだろう。
なにかズレている気がする。

147 :81:02/03/01 18:30
受賞年齢!!

それも必要だよな。。。

148 :名無しさん@占い修業中:02/03/01 22:32
>>146
ずれてないと思うよ。
天体の位置以前の、年代的な偏りを除くことは必要な手順ですよ。
それで例えば、どんな賞であっても
「受賞者は木星土星が支配サインにある人が多い」とか仮説を立てれば、
他の分野の受賞を含めて時代も地域も考慮しながらやってみることができる。


149 :81:02/03/02 02:02
>>148
たしかに仮説は立てられますよね!!
以前ノーベル賞というのが出ていたけれど、例えば
「ノーベル賞受賞者は木星射手が多い」
とかね。
まぁ、今やっていることも今後の研究のための何かのきっかけになればよいかな。

ところで木星と土星よりも太陽の方がデコボコしたグラフになるんですよね。こっちの方が影響ありそう。
でも太陽だと>>140さんも指摘の「先行知識の影響」問題が出てきそうだよなぁ。
この点はたしかアイゼンクの本にも取り上げられてましたね。

ところで、お隣の板でもこの問題を取り上げてたのね。意外。>>139

ところでところで、バイアスコントロールの話は難しい…。
とりあえずもっとも考えられた世代の影響を考慮してみたわけですが、既出のように選考委員の問題なども考えられる。
よーするに「実験の限界」があるんだろうなとは思うわけで、調べられる範囲でやるしかないとは思います。
で、あとは仮説を立てて追試をすると。実は追試にもいろいろ条件はあるようなんですが…。

ところでところでところで、>>141さん
こんなことは分かってらっしゃるかもしれませんが、
>極端なこといえば統計では例数さえ増やせばある要因に対する割合が
>0.51と0.49でも有為差はつくことがあります。
>さて,この場合,実用上でなんか意味が有りますか?
おそらく意味はないと僕も思うんです。
ただ、社会学を考えるときの方法として大きく分けると、
質問紙調査(いわゆるアンケート)とフィールドワーク(実際に現地に行っちゃう)ていう二つの方法があるわけで、
前者は全体的な傾向は分かっても個別の事情は分からない。つまり広く浅く。
後者は個別の事情は分かってもそれが全体に当てはまるのかどうか分からない。つまり深く狭く。
なわけですね。
で、今やってる受賞者のデータいじくりは別に質問紙調査したわけではないが性質としては前者に似てるわけで、
後者に当てはまるのはなっといっても実占!!ですよね。
というわけで僕が言いたいのは理論と実占はやっぱり両輪だよなということで。
…論点がずれてるか??
いやいや、今やっていることもどこかで実占につながるってことを言いたいんだ。自分は。たぶん。。。

150 :141:02/03/02 02:59
>>149
僕が言いたいのはね,調べてる側では「違いが有る」といったところで,
さて自分の身に何かが起きる側で1%の違いって意味が有るのかなってこと。
>>142
> ギャンブルや金融なら
って言ってたけど元手が1億円で1%の違いなら100万円か。
本当は確率だから意味が違うけど,そこは取り敢えず置いといて(ワラ
やっぱり小さいか。えっ,大きい?

151 :名無しさん@占い修業中:02/03/02 17:09
1%が大きいか小さいかだって?
占い使って売上が1%上乗せされるなら買いだ!!

152 :名無しさん@占い修業中:02/03/06 19:37
>>149
>ところでところで、バイアスコントロールの話は難しい…。
〜中略〜
>よーするに「実験の限界」があるんだろうなとは思うわけで、
>調べられる範囲でやるしかないとは思います。

そう、例えバイアスが混じる可能性があっても、
可能な範囲で、少しづつ積み重ねて行くしかないですね。
影響があるかどうかは、多くの実験を総合的に考え判断するんですね。

153 :名無しさん@占い修業中:02/03/16 18:45
もう、終わりなの?

154 :81:02/03/17 03:07
行き詰まり中。

まぁこの先の研究のヒントは得られたかなと思っているので。。。

155 :名無しさん@占い修業中:02/03/20 04:47
まあ後ろ向きで研究するのには「バイアス」はしょうがないな。
とにかく例数増やして条件洗い出すしかないでしょう。

156 :77:02/03/28 21:50
http://homepage2.nifty.com/YAJI/umaretuki.htm
で出生月との関係も調べ始めた。

157 :名無しさん@占い修業中:02/03/29 22:33
時代により出生月の分布が違うな>石川本参照。

158 :名無しさん@占い修業中:02/04/05 22:39
期待してあげときます。

159 :名無しさん@占い修業中:02/04/13 04:04
>>156=77
紹介してくれたページでは日本人に双子座が少ないと書いていたが、
一番下の星座別の1日平均出生数を見てみたら、そんなことはないと
思った。
むしろ、水瓶座の出生数の多さが気になった。
正規分布の考え方を採用すれば、平均±標準偏差の範囲に全体の
約68%が相当すると考えられ、平均±標準偏差×2(2標準偏差という)
の範囲には約95%が相当すると考えられる。
よって、平均±2標準偏差の範囲に入らないデータというのは、かなり
特異的なものと考えてよい。
ページの12星座のデータを計算すると、平均4093.3、標準偏差118.9、
双子座は平均−標準偏差の範囲内であまり特異的とはいえない。
蠍座、射手座ともに同様。
水瓶座(4320)は平均+2標準偏差=4331.2に近く、特異的といえ
そうだ。日本人には水瓶座が多い?

160 :名無しさん@占い修業中:02/04/14 16:38
年代により偏りあり>159

161 :名無しさん@占い修業中:02/04/14 17:21
>1930年代には1月の出生率は年間平均よりも70%も多く
(出典:生まれ月の科学:三浦悌二編)



162 :77:02/04/14 20:51
>>159
双子座が少ないというのは、
http://homepage2.nifty.com/YAJI/hosi.htm
を受けての話だと思いますよ。

163 :159:02/04/15 01:36
レスどうもです。

>>160 できればソースを示してくれるとありがたい。過去ログにあったら、
指摘願います。もしかして石川本?

>>161 159で用いたデータは、昭和22年(1947)〜平成11年までのデータ
(しかし断続的)で1930年代は入っていない。
紹介いただいた本は探してみます。1月の出生率が多い理由(推定)について
は過去ログにあったですね。

>>77=162 うん、そのページから受賞作家に双子座が少ないようにみえるが、
日本人に双子座が少ない場合はそうは言えないということだよね。分かります。
で、156で紹介いただいたページで計算してみたら、少ないように「思えた」
という結果だが、統計学の考え方から検討すると、違っているようだという
ことを159で指摘したのですよ。

159で試し計算してみたらこーいう結果になったので・・・
厚生労働省のページに行って人口動態のデータでも拾ってきて、少なくとも
戦後生まれについて自分で計算してみますです。

164 :159:02/04/15 01:44
長くなったので分けます。
159で書いているのは、記述統計の初歩です。
過去ログにあったアイゼンク本で出てくるような推測統計学と記述統計学
は全く異質なものですが、推測統計学のベースには記述統計学の正規分布
の考え方があります。アイゼンクは心理屋ですが(心理学では重鎮)、
心理屋や行動科学ではまず記述統計の基本を押さえてから、推測統計学=
仮説検定の統計分析に進みますです。

165 :160:02/04/15 13:01
>>163
そう。石川本。

166 :159:02/04/16 02:42
厚生労働省のWebで人口動態データを探したら、古い年代(昭和20年代や30年代)
は5年刻みのデータしかDLできないようだ。(YAJIさんのページのデータと同様)
中断のない連続データを手に入れるためには図書館で古い資料を当たる必要が
ある。気象庁の気象データの「平年値」は過去30年間のデータをもとに計算
するので、少なくとも1970年くらいから完全データを手に入れて、とりあえず
月ごとの偏りがないか検定してみる。

167 :名無しさん@占い修業中:02/05/01 02:48
あげ

168 :名無しさん@占い修業中:02/05/04 04:51
↓こっちゃのほうも

●占いは何故当たるのか●
http://caramel.2ch.net/test/read.cgi/uranai/1018924559/l50

169 :159:02/05/06 07:42
4月が始まってバタバタしていたら、166で書いてから2週間以上も経って
しまった。過去の資料をまだ手に入れてないので、166の件は宿題にさせ
てもらいます。
過去ログの方でSPSSやらSASやらの話をしている人がいたけど、私はその
どちらも使っております。SAS社が出しているJMPも触っています。
SPSSはBASEが13万あまりとまだまだ高いけど、
(1)石村貞夫氏をはじめとする関連本がたくさんある
(2)コマンドを書かなくても、クリッククリックで操作できる
ということでSPSSは使いやすい環境が整っていると思う。
そもそもSASはサイトライセンスしかない筈・・・コマンドを書かないと
いけないのも面倒くさいし。
そのSAS社のJMPは最近売り出し中で、グラフィカルなインターフェースで
一部で人気が出つつあり。個人売りもしているようです。

あと、Excelのアドインとして使うExcel統計というのもあり、上記の統計
ソフトを使える環境にない人に愛用者多し。

ただ、統計解析には複雑な計算を要するものが多く、ソフトには信頼性が
求められるため、結果として定評のあるものを使わざるを得ないのですね。

170 :名無しさん@占い修業中:02/05/07 00:03
http://www.spss.co.jp/

って、個人で買える値段なんだろうか?>169

以前、関わってた企業では、6ライセンスで500〜600万円くらい
したような記憶があるんだけど。
ニューラルネットワークや、ディシジョンツリーを含む、フルライセンスだと思うが。

あとさ、データの集め方や分析手法から考える必要があると思う。
この板では。自分もあまりわかってないので、他人様のことをどうこう
言う資格はないんだけど、ちょっとなーと思うところ多すぎるよ。

171 :名無しさん@占い修業中:02/05/07 00:14
SPSSやSASが使えるということは大学の院生?>>159

172 :名無しさん@占い修業中:02/05/07 01:20
SASやSPSSって、個人じゃとても買えないから、
無料のRや比較的安価なS−PLUSでなんとかならんのかな?



173 :名無しさん@占い修業中:02/05/07 03:14
>>170
まあねぇ、一般人を母集団にするのは無理があるよなぁ。

174 :159:02/05/08 00:02
企業によってはSPSSをフルに入れているところがあるのね。 >>170
そりゃそのくらいするでせうな。全部入れちまったら。
あれを全部使いこなしてるとしたらスゴイっすね。
でもたいていはBASEだけで十分ですよ。
最近のバージョンは一通りの多変量解析できるし。

>>172
RやS-PLUSについては日本計算機統計学会の統計ソフト一覧
ttp://www.jscs.or.jp/etc/softlink.html
にも載っているし、素性についてはOKだと思う。

ただ、統計をマスターする前にソフトの使い方を覚える時点で力尽きそう
だ・・・私だったら。
Excelをお持ちなら、エクセルの「分析ツール」でも結構統計できるっぽい。
メニュー「ツール」→「分析ツール」。なかったら「アドイン」から
組みこんで。標準インストールだと入ってないかもしれないので、CD-ROM
を要求されるかも?
数学の統計関係のところにはExcelで統計とかいう本が最近沢山出てるね。
流行りなのかな。

>>170
ちょっとなーと思う点って例えば?
私個人の気持ちとしては、最初から大上段に構えるよりも、手持ちのデータを
眺めてから、仮説を考え、そして調査デザインを考えたらよろしいのではと。

175 :名無しさん@占い修業中:02/05/08 00:24
たとえばね、ディシジョンツリーを使ったら、
母集団を分割してくれるから、別スレでやってたような、
あの手の議論は、あり得なくなるだろうね。まぁ、設定の仕方がノウハウなんだけど。

ゴークランデータ用いて占星術の有効性を
論じる人の言葉が、妙に古臭いってのは、そういうところなんだよ。
仮設を考えるところを、今はおおざっぱにならソフトウェアがやってくれる。>174

176 :訂正:02/05/08 00:25
仮設→仮説

177 :名無しさん@占い修業中:02/05/08 00:31
失礼。改めてスレの最初の方みたらExcelで統計してはる人がいましたね。
芥川・直木賞作家の惑星サインについてもχ二乗検定してはりますね。
作家もいいけど、出生データが手に入りやすい芸能人データを分析するの
もいいかも。ほんまありきたりな考えやけど。

178 :159:02/05/08 00:48
↑177は私です。
>>175 いつも「Answer Tree」って何よ?と思いながらSPSSを使って
いたけれど、今ディシジョンツリーで検索してみたら、あーいうのを
してくれるソフトなんだね。
母集団を分割?って思ったけれど、要するに全数調査のデータをどん
どん腑分けして結果をみるというようなものという理解でよい?

私は医学や心理、実験で使うデータ分析手法しか知らんからそういう
方向でしか考えられないけれど、占術関連で使うとしたら、どういう
調査が適当なのだろう。
>ディシジョンツリーなどデータマイニング系では

179 :名無しさん@占い修業中:02/05/08 00:53
>>175
>仮設を考えるところを、今はおおざっぱにならソフトウェアがやってくれる

それは仮説検定じゃないな。
何通りもサブグループを分析するからな。
ソフトウェアによる探索だわな。
まあ、ある程度の分析データ見たら当たりは付くこともあるが。
探索に使ったデータセットで検証力は弱い。


180 :159:02/05/08 00:53
もうひとつだけ聞かせてください。
>>175
>ゴークランデータ用いて占星術の有効性を
>論じる人の言葉が、妙に古臭いってのは、そういうところなんだよ。
>仮設を考えるところを、今はおおざっぱにならソフトウェアがやってくれる。>174

このあたりがまだちょっとぴんと来ない。
データを眺めて仮説を紡ぎ出すというのは普通だけど、いわゆるデータ
マイニング系ではそういうのとは違う!ってことなん?

181 :名無しさん@占い修業中:02/05/08 01:10
心理統計スレッド
http://yasai.2ch.net/test/read.cgi/psycho/975992250/l50


182 :名無しさん@占い修業中:02/05/08 01:19
探索的因子分析の問題点についても、

http://yasai.2ch.net/test/read.cgi/psycho/1001676058/l50


183 :名無しさん@占い修業中:02/05/08 01:34
>>182 「妥当性」についてのスレだけど?
いいスレだとは思うが・・・○○尺度の作成、とか卒論や修論でやる
ひとには参考になるだろうけどね・・・


184 :コピペ:02/05/08 01:45
こちらが良いかな?

Japanese Journal of Clinical Oncology投稿に際しての統計解析結果のレポートに関するガイドライン

2-1-5  確定的か探索的か?
確定的なデータ解析か、探索的なデータ解析かは常に区別されなければならない。

http://wwwinfo.ncc.go.jp/jjco/fukuda/fukuda1.html


185 :159:02/05/08 02:04
>>184
いいページだね!ありがとう。
私が180でもやもやしていた点が晴れたよ。
他の部分も参考になる。占術分野では医療系での統計の使われ方が参考に
なるように思う。
医学での事例研究→実占でのケース検討
疫学研究→massデータの分析
実験的研究→仮説を設定した調査分析 ・・・ってとこでせうか。

186 :名無しさん@占い修業中:02/05/08 02:16
ニュース実況でヤバイことになってる…

ネコをミンチにした気違いが出たらしいぞ!!
http://news.2ch.net/test/read.cgi/liveplus/1020790786/
証拠画像↓残酷なので見ない方がいい
ttp://isweb36.infoseek.co.jp/computer/whole/neko.html
写真だとグロくて見れそうに無い人の為のイメージ絵
http://w3.oekakies.com/p/occult/43.png?143
http://w3.oekakies.com/p/occult/42.png?142

187 :名無しさん@占い修業中:02/05/08 02:19
戯言だが、医術と占術は親戚。
西洋も東洋も。

188 :名無しさん@占い修業中:02/05/08 04:41
>>185
ようするにデータマイニングは統計の一部分でしかなく、
それだけでは仮説の検証にはならない、つーことだわな。

189 :名無しさん@占い修業中:02/05/08 12:17
経済統計の新書なんか読んでて謳ってるのは、
統計的な数値や傾向も、それに馴染んでいない
人の心を縛るってことだよね。マインドコントロールって
はっきりといってる、人もいる。

結論を、ブラックボックスのまま投げ出されてしまうと、統計も人の心を縛る。
時と場合によれば、人の心を特定の方向へ向ける縛るために用いられてる。
たとえば、マーケの結果を役員にプレゼンするとか、それっぽいじゃん。

統計は占いと似たようなところがあるように感じているよ。
という点では、占いは統計である、といってもいいかも。

>188
そりゃそうだ。データマイニングは、データウェアハウスから、
ある種の傾向を引っ張ってこよう、ということに過ぎない、と理解している。
でも、そこにも、考え方としての、ノウハウがある。



190 :名無しさん@占い修業中:02/05/08 12:21
>それは仮説検定じゃないな。
>何通りもサブグループを分析するからな。
>ソフトウェアによる探索だわな。
>まあ、ある程度の分析データ見たら当たりは付くこともあるが。

自分の理解は、たぶん、それほど正確な理解じゃないかもしれない。訂正ありがとう。

実際にやってる現場で理解したことだから、ディシジョンツリーから
得られた結果から、経営計画に用いる仮説を導き出すところに
ダイナミズムを感じていたし、それが非常に印象に残っていたみたいだ。

191 :名無しさん@占い修業中:02/05/08 21:20
>189
>マーケの結果を役員にプレゼンするとか、

統計はある種、プレゼンの効果的ツールですな。
織れの場合は口下手なので、言葉よりグラフの訴求力が大きい。

192 :名無しさん@占い修業中:02/05/08 21:30
>それは仮説検定じゃないな。
>何通りもサブグループを分析するからな。

占い理論の検証と言いながら、
何通りもの因子を検定するのも同様だわな。
仮説が無いのと等しいからな。
>184やアイゼンク本にあるが、20個の変数を調べれば、
5%水準は偶然の結果。

193 :名無しさん@占い修業中:02/05/24 18:32
統計の勉強をちゃんとやる気があるって人います? 
今日、基礎からデシジョンツリーまで3日で追える!と銘打った、
書籍見つけたんですよ。統計解析ソフト付きで1700円+税だから
教材としては、結構いいような気がした。電車の中で読んでて、
わかりやすいな〜と思ったし。

自分も、思考が穴だらけなので、これを機会に、
基本的なところだけでも埋めたいんだけど。

194 :193:02/05/24 18:33
もしやるなら、トリップつけて、こて半で、
別スレ立てて、やりたいです。

195 :名無しさん@占い修業中:02/05/24 18:42
>>194
ここじゃダメなの?

196 :193:02/05/24 21:13
>195

ここでもいいけど、話の邪魔にならない?

197 :名無しさん@占い修業中:02/05/24 21:19
>196
ここでどうぞ、ユングは多少なりとも勉強したよね?

198 :193:02/05/24 21:20
ユングの話を交えながら統計お勉強会をするの?>197

199 :名無しさん@占い修業中:02/05/24 21:24
>198
随分早いレスね、イヤお好きにどうぞ但しトリップつけて、こて半でね。

200 :193 ◆9uo04hmc :02/05/24 21:27
いちお、今日買ってきた書名書くと、

新村秀一『パソコン活用 3日でわかる・使える統計学』(講談社ブルーバックス)

です。

やるなら、自分のコテハンは、193にしよっと。
各人適当に読んで、適当に感想書いて、わからなければ、
適当に質問する、という大雑把な感じが良いなぁ。

あと、これ、データを保存して取りこむために、
EXCEL(というかCSVファイル)が必要みたいだから、
どこかで調達しなければ。秋葉で安価に売ってないかな。

201 :193 ◆9uo04hmc :02/05/24 21:30
捨てコテハン(w。

なんでもいいけど、この本結構良いよ。
正規分布は、人文系のそれにはありえないだろ?とか
最初の最初にチャンと書いているし。何よりも安価だしね。

202 :名無しさん@占い修業中:02/05/24 21:33
>各人適当に読んで、適当に感想書いて、わからなければ、
>適当に質問する、という大雑把な感じが良いなぁ。
OK!

203 :193 ◆9uo04hmc :02/05/24 21:43
記憶間違い。スマンソ。

人文系に限らず、
「世の多くのデータは正規分布でないものが多い」P.26
でした。

だから、正規分布だけを前提にした統計の解説書は
ダメダメよん、という結論らしいよ、筆者によると。

まぁ、いろんなことが読み進めていくうちにわかってくるであろう…と期待。

204 :名無しさん@占い修業中:02/05/24 22:34
>>203
もう終わり?

205 :159:02/05/25 00:40
久々に上がっていたので何かと思ったら、>>193で本が紹介されていたのか。
新村氏の本ならよいと思うよ。情報ありがとう。
以前SPSSをベースとした統計学の解説本をやはりブルーバックスで出して
はったけど、基本がしっかりしている上にわかりやすくてその昔重宝した。
他にもブルーバックスで1、2冊あったかなぁ。

203の
>だから、正規分布だけを前提にした統計の解説書は
>ダメダメよん、という結論らしいよ、筆者によると。
こんなこと書いてはるのか。読んでみるよ。
まあ、本を読んでもらう(購入してもらう)には煽り文句も必要だからね〜
私はこの人の本で正規分布の意味を頭に叩き込んだけどね。
この人自身は数学屋→統計屋だから信用しているよ。

206 :あげてみますが。。。:02/05/26 01:17
私もその本、注文しました。>>200

207 :159:02/05/29 23:40
193の本、今日買ってきた。
statisticaのライト版が1700円で手に入ったと思えば超お買い得だぁ。
statisticaは今まで使ったことが無いのでインストールして触るのが楽しみ。
内容はまっとうで堅そうだ。やっぱり新村さんだ。浮き足立った手法では
なく、基本的なものだけに絞ってある(最後に決定木分析がある以外は)。
文系の学生にデータ分析を教える講義がベースにある本らしいから、大体この
くらいの分量なんだろうな。なるほろ〜色々な意味で参考になるなぁ。

208 :159:02/05/31 16:50
>>200=193
>あと、これ、データを保存して取りこむために、
>EXCEL(というかCSVファイル)が必要みたいだから、
>どこかで調達しなければ。秋葉で安価に売ってないかな。
CSVファイルを作るだけならテキストエディタ(Windowsならメモ帳とか)が
あれば十分だよ。
新村さんの本のP.99のデータを入力するなら、それぞれの変数を半角のカンマ
で区切ればいい。
例:p.99の1件目のデータなら
1,0,55,2,6,0,3,野球部(Enterキーで改行コードを入れ、次行に移る)

保存するときに拡張子をcsvにすればいいだろう。
一般に公開されているデータを使いたいなら、やはりExcelを入手するしか
ないだろうが、とりあえずの方法として。

209 :159:02/05/31 19:04
手始めの基礎資料として、出生数を月別に検討してみた。
ソースはwebで公開されている平成12年の人口動態データと、昭和59年の
人口動態統計の本。
1980年〜2000年の21年分。昭和22年〜30年までのデータも入手可だったが、
資料によると1月に不自然なピークがあり、きれいなデータでないため、
扱わなかった。昭和30年以降、1979年までのデータは飛び飛びにしか入手
できず。

210 :159:02/05/31 19:05
出生数平均
1月 110030.1
2月 99980.5
3月 107408.6
4月 106157.8
5月 111773.7
6月 108223.2
7月 116848.3
8月 115636.8
9月 112526.6
10月 111052.1
11月 104135.1
12月 109525.5

211 :159:02/05/31 19:18
月により出生数の偏りがないかどうか、月を独立変数、出生数を従属変数
として、一元配置分散分析をした。
F値=3.39567、有意確率=0.0002
よって、月による出生数の偏りあり。
続いて多重比較(Scheffe法)をしたところ、
2月(99980.5)<7月(116848.3)という結果になった(p<0.05)。
2月は他の月に比べ短いので出生数が少ないのは当然だが、7月以外の
月とは有意な差が認められず、7月も他の月とは有意な差がなかった。

2月と7月の差の原因は不明だが、総合して考えると、月による出生数の
差はないと思われる。
YAJIさんのように人口動態データを加工して星座別の出生数を出すべき
かもしれないが、以上の結果から考えるに、星座別に検討しても同様な
結果になるのではないだろうか。

212 :おっ!!:02/05/31 21:05
頑張ってますね。>>159
ファイト!!

213 :名無しさん@占い修業中:02/06/01 01:48
>>211にケチわけじゃないのですが、1日当たりのの出生数を出すと
夏にピークがくると思いますが、いかがですか?

214 :159:02/06/01 02:03
>>213
夏?夏とは何月のことを言っているの?
言われている意味がちょっと見えない。ごめん、ポイントを明確にして
書いてもらえますか。

215 :159:02/06/01 02:12
あと、わざわざ一元配置分散分析で検定しているのは、そういう、
月ごとの出生数のバラツキが偶然の範囲なのか、それとも偶然の範囲を
超えていて、背景に何らかの要因が働いている可能性があるかを検証
するためなのね。
つまり、生の数で計算して多いとか少ないとかいう段階(=記述統計)
を過ぎているのだ。

216 :名無しさん@占い修業中:02/06/01 02:26
>一元配置分散分析で検定

もちろん、それはそうなんだが、
毎年5〜10月が多くて11〜4月が少ないんなら、何かあるかも?
つーことでさ。


217 :159:02/06/01 02:33
>>216
・・・うーん。だから「それ」を統計手法で調べたんだけどなぁ。


218 :159:02/06/01 02:40
んでね、何で各月の出生数に有意な偏りがないかどうか検討したのはね、
個別に色々なものを検討する場合の出発点を確かにしたかったのさ。
例:アナウンサーには双子座太陽が多い
→もしこれが統計で有意になっても、元来の出生数が月ごとに明らかな
偏りがあれば、その影響を無視できず、結局のところ確かめたい仮説も
検証できない、っていうのを恐れたため。

219 :名無しさん@占い修業中:02/06/01 02:42
もし偶然なら、毎年夏に多くなる、つーのは不自然じゃないの?
たとえそれが、個々の月同士の比較で有意差は出なくても、
夏冬カテゴリと考えて仮に1%の影響要因があっても
検出できないんでない?

220 :名無しさん@占い修業中:02/06/01 02:45
それは年と月の2次元で配置してみないとならないね。


221 :名無しさん@占い修業中:02/06/01 02:49
>>219
では、四季はどの月で分けるのが適当でせうか?
やってみるよ。

>>220
年と月で2元配置したら、どうなるか考えた?
くりかえし数が1回になっちまうのでわ?

222 :名無しさん@占い修業中:02/06/01 02:50
夏冬の増減が毎年繰り返すのなら、
その差が少なくても、そりゃ原因を考える必要があるだろ。


223 :219:02/06/01 02:57
データをぱっと見ただけで2月7月の差を考えてたんで
季節は5〜10月と11〜4月でいいよ。
つーか受胎が9ヶ月前の秋の夜長つーのは、どうかな?

224 :159:02/06/01 02:58
今までのやり取りを振りかえると、
何か根本的なところで共通認識が違っているような気がする。
統計学の本を読んでくれ(泣)。新村さんの本で十分だから。

>>222
夏冬の増減が毎年繰り返すとは書いていない。
21年間の月別平均を出しただけだ。
ミクロなステップを重ねて結論を出さんとあかんと思う。

225 :219:02/06/01 02:58
すでにある説の受け売りだけど。

226 :159:02/06/01 03:02
>>219=223
了解。分け方が恣意的だとツッコミも入りそうだけど、暖かい季節と
寒い季節ということで私自身は納得する。
秋の夜長というのは私もチラと考えた。

そういえば、2月は障害児の出生率が高いと聞いたことがある。
難産が多いということだろうか。
ならば、出生数だけでなく、死産の数も調べた方がいいかもしれ
ないな。

227 :159:02/06/01 03:09
5-10月、11-4月で検討するのは、ファイルを他所に置いてきてしま
ったままなので、ちょっとお待ちを。ではでは。

228 :219:02/06/01 03:13
実際に調べるのは大変だろうけど(織れは挫折)
死産まで調べたら発表してください。


229 :名無しさん@占い修業中:02/06/01 03:22
ニューヨークではテロの9ヶ月後、出産が増えたそうな。

230 :名無しさん@占い修業中:02/06/01 04:13
>>224

平均といっても、毎年そんなに差が無いんでしょ?
変動が大きかったら平均で調べる意味がなくなる。

231 :名無しさん@占い修業中:02/06/01 06:06
>209
>昭和22年〜30年までのデータも入手可だったが、
>資料によると1月に不自然なピークがあり

日本の1960年以前は、冬に出生数の異常に高いピークが現実に存在した、
ということです。

232 :名無しさん@占い修業中:02/06/01 06:15
この時代の死産にも、冬にピークが見つかっているようです。

233 :名無しさん@占い修業中:02/06/01 06:31
>218
>個別に色々なものを検討する場合の出発点を確かにしたかった
中略
>元来の出生数が月ごとに明らかな偏りがあれば

過去の調査によると、時代によって出産の分布は違うみたいですね。
実験データの年代に合わせるしかないでしょ?

234 :名無しさん@占い修業中:02/06/02 01:11
議論いい感じですね。

235 :159:02/06/02 01:45
70年代の出生数データが手に入らなかったので、どなたか探せる方が
いらっしゃれば、提供していただけると大変ありがたい。
やはり30年分は欲しい。サンプルが多い方が正確を期せるので。

>>233
過去ログから、昔(60年代以前か)は1月に出生数のピークがある(理由も
過去ログにあり)ので、私はその頃については検討の対象外にしている。
60年代以前生まれの日本人については、統計による検討は不適当だろう。
ホロスコープを読む事例研究は許されるかもしれないが。
実験データの年代に合わせるしかないというのは、どういうことをおっしゃ
っているのか、今一つ分からないので、もう少し補足していただきたい。

236 :デムパ:02/06/02 02:34
精神的ショックで出産が早まることはよくきくよね。〉テロ後の出産ラッシュ
再生への希望の子供たちになってゆくのかもしれないね。
(ナショナリズム扇動に利用される人生たちでありませんように。)
サイコな方面はテロのによる死者の生まれ変わり云々と言い出すかもな・・
生まれた子にテロの記憶があってもただのマスコミ・ニュースによる胎教だからな、
消防士の生まれ変わりと英雄扱いしたりラディンの魂として逮捕したりはやめろや。米国ならやりかねん。

237 :名無しさん@占い修業中:02/06/02 17:31
>>235

実験データの年代に合わせるってーのは、
人口動態という言葉にあるように、
出産分布は時間によって変動していくわけで、
固定した出産分布の基準を見つけようとする方向に
無理を感じるってこと。

実験に使用したデータの年代に合わせて一般の出産分布を考える。
一般の出産分布からの偏差を考えれば、フラットな基準以外でも
使えるンでないか?

238 :159:02/06/02 23:07
>>237
つまり、こういうことだろうか?
1960年生まれの集団について、太陽星座による職業の違いがあるかどうか
調べたい。その際には1960年生まれの出生数データを使って、そこからの
逸脱を調べればよい、と。
私は今のところそれには興味がない。
1月に出生数=出生届が多い、という「人為的な偏り」からフリーになって
も何らかの偏りがないかどうかというのを確かめるのが今回の趣旨だった
から。
「実験」をする際にはその「実験」をする人が、あなたのいうようなことを
考慮に入れて検討すればいいと思うが、いかがだろうか。
もし私の理解が間違っているとしたら、申し訳ない。
また、あなたは統計の知識があるようだから、あなたの目的とする検討を試
みてここで結果を開示していただければありがたい。

239 :名無しさん@占い修業中:02/06/02 23:19
>1960年生まれの集団について、太陽星座による職業の違いがあるかどうか
>調べたい。その際には1960年生まれの出生数データを使って、そこからの
>逸脱を調べればよい、と

そうですね。


>人為的な偏り」からフリーになっても何らかの偏りがないか

この点については、私は先行研究をとりあえず受け入れてます。
それを覆す緻密な論があれば参考にしたいとは思いますが。


240 :193 ◆9uo04hmc :02/06/03 16:59
あ、他のスレでムカムカ腹を立てていたうちに、
いつのまにか、ずんずん進んでる…。

>>208
ありがとう。それ、試してみるです。

241 :名無しさん@占い修業中:02/06/04 02:27
もしかして私もあなたと同じスレでムカムカだったりして。。。>>240

242 :159:02/06/04 03:25
>>223
5〜10月と11〜4月で2群に分けてt検定してみた。
1%水準で、有意な差があった。
およよと思って、1月〜6月と7月〜12月に分けてt検定してもやはり有意な差が。
そして、1〜3月、4〜6月、7〜9月、10〜12月にの4群で一元配置分散分析を
しても有意な差があった。
(急いでいたので詳しい統計値は持ってこられなかった)
あなたの考えたとおり、季節による偏りがありそうだ。
月による偏りはないといった、私の前言は撤回する。

で、家のPCに入っていた理科年表データから、全国の月別平均気温と、出生平均の
相関係数をインストールしたてのstatisticaで計算したら面白かったぞ。
相関係数r=0.7689、p=.009なので「使える」相関係数だ。
割合強い正の相関、つまり気温が上がると出生数も増加する関係にあると推定
される。

243 :159:02/06/04 03:32
気温が上がると出生数が増加する、というのは、夏に生まれる子どもが
多い。で、さかのぼると秋に受胎する子どもが多いってことかなぁ。
何だか占いとは関係なくなってきたけど、例えば○○は太陽星座獅子が
多い!と素直に言うのは考えないといけないな、この結果をみると。

244 :193 ◆9uo04hmc :02/06/06 22:33
いま、48ページまで読破。

尖り度って、始めて知ったよ。

前は、その辺、適当に処理していると思ってた。

あと、御決まりのようですが、自由度、がわからない。
なんで、N−1なのか。まぁ、いいや、すっ飛ばして先進む。

245 :193 ◆9uo04hmc :02/06/07 23:28
統計解析で自由度がよくでてきます。
しかし、自由度がよくわかりません。

過去の記憶をたどると、
PV=nRTの状態方程式があったとき、このなかで変数は5つあるが
そのうち4つの変数が決定されると残り一つは決まるので
自由度は4である。
自由度とはこのようなものであったと思います。

統計解析の本には”自由度はN-1”という程度であまり詳しくのっていません。
ある本では、”x1,x2,x3,,,xnと、x(平均値とする)があるとき
(x1-x)+(x2-x)+(x3-x)+...+(xn-x)=0
となるので自由度はn-1である”
と記載されてました。

しかし、上記の式のなかで変数はx1からxnまでのn個と平均値xのn+1個です。
自由度はn+1-1のn個ではないでしょうか?

ご存知の方よろしくお願いいたします。
http://aoki2.si.gunma-u.ac.jp/lecture/mb-arc/arc014/237.html

> ある本では、”x1,x2,x3,,,xnと、x(平均値とする)があるとき
> (x1-x)+(x2-x)+(x3-x)+...+(xn-x)=0
> となるので自由度はn-1である”
> と記載されてました。
>
> しかし、上記の式のなかで変数はx1からxnまでのn個と平均値xのn+1個です。
> 自由度はn+1-1のn個ではないでしょうか?

n 個の測定値は、その平均値が規定されているので、
どんな数値でも取りうるわけではなくて、
n-1 個だけは自由に決めることができる。したがって、
不偏分散の計算における自由度は n-1 であるということでしょう。
不偏分散の計算では平均値を使いますから、不偏分散は
平均値が特定の値を取ることに依存しているわけです。
http://aoki2.si.gunma-u.ac.jp/lecture/mb-arc/arc014/239.html


わからん…・(泣

246 :私も:02/06/08 01:12
>PV=nRTの状態方程式があったとき、このなかで変数は5つあるが
>そのうち4つの変数が決定されると残り一つは決まるので
>自由度は4である。
>自由度とはこのようなものであったと思います。
ここまでしか分かりません。。。

役にたてなくてごめんね。
放置されたらかわいそうと思ったのでレスしてみました。

247 :159:02/06/08 01:56
>>245
自由度については、引用されている以上の解説は、読んだことが無いです。
しかし、前半で引用されている記事は「変数」の使い方が間違ってるな。
「変数」ではなく「ケース数」だよ。(^^;;
新村さんも例の本のp.43で
「誰か、自由度に関してもっと分かりやすい解釈を本にして出してほしい
ものだ。」
とさじを投げているくらいだから、あまり深く考えない方がいいと思う。
標本から母集団を推定する場合に、自由度を使うと分かっていればいいの
では。
自由度で停止するより、新村さんの本のサンプルデータを打ち込んで、
それを付録のSTATISTICAで本と首っ引きで分析していくのを勧めます。
私もひとに教える時には、彼らの興味の持てそうな身近なデータを統計
ソフトで一緒に分析して、その出力結果を説明することにより分析手法
を理解させようとしてます。
これは新村さんの主張している統計教育の方法でもあります・・・

248 :159:02/06/08 02:09
(今手元にあるデータである)標本が母集団全体であるとすれば、
分散を求める際には単なるケース数=nで割ればよい。
しかし、母集団から抽出された標本であるなら、n-1で割らねば
ならない(不偏分散)。その理由としては>>245で述べられている
理由があるし、個人的な感覚としては、
標本から平均値を計算した。一応それを母集団の平均と推定する
わけだが、母集団の真の平均とは十中八九、誤差がある。
で、少々の誤差があっても真の答え=母集団の値、がヒットしやす
いように、標本平均からさらに他の統計値を計算する際には誤差の
分をおまけしてn-1で計算する・・・というイメージ。
え、ますます分からん?
そりゃ当然です。私自身がよう分かっていないのだから。
本を読んで「分からん」と思ったら、それは自分がアホな場合と、
あと書いている本人自身もよく理解していない場合があるでしょ。
そういうことです。とほほ。

249 :193 ◆9uo04hmc :02/06/09 21:09
ありがとう>247-248

閑話休題。

ところで、別スレの話題だけど、

>302 名前:名無しさん@占い修業中 投稿日:02/06/03 20:01
>嶋中雄二

って、

嶋中雄二『太陽活動と景気』(日本経済新聞社)

の人ダヨネ…。うちに本ある。むかーし、栗本さんの本を
読み漁っていたとき、たまたま古書店で見つけて買ったものだけど。

250 :193 ◆9uo04hmc :02/06/09 21:13
嶋中雄二のページ
http://www.ufji.co.jp/shimanaka/top.html

これ、見つけました。とりあえず、情報共有ってことで。

251 :名無しさん@占い修業中:02/06/15 18:55
YAJIさんが出生データが更新してた。
何か変化ある?

252 :名無しさん@占い修業中:02/06/16 23:08
折れも統計の専門家じゃないんで、エラソゲなんだけどちょっと一言。

自由度の意味を理解できないとすると
統計ソフトの機能を利用するにしても、
現実問題に統計を応用するとき、
手続きの妥当性を満たすの難しいと思うよ。


253 :名無しさん@占い修業中:02/06/16 23:39
YAJIさんのデータって何?

254 :名無しさん@占い修業中:02/06/20 18:44
>>252
じゃあ、分かりやすく教えてください。

255 :名無しさん@占い修業中:02/06/29 11:27
難しい話よりヤジさんのグラフの方が出生月なんか関係ないってよくわかる。
あれではダメなの?


256 :名無しさん@占い修業中:02/06/29 11:27
http://www.dffmedia.com/index.php
無料で募金が出来るサイトです
1日ワンクリック!

257 :名無しさん@占い修業中:02/06/29 20:45
>>255

グラフは人の目で見やすいが、
数字自体を分析する必要性はなくならない。

258 :名無しさん@占い修業中:02/07/01 00:22
数学板の統計スレの方がこの板の素人より良いと思われ>254

まあ、素人なりの理解で説明すると、
例えば、いかさまでサイコロの目を調整したとして、
その場合、5面までは出目の確率を自由に決めることはできるが、
5面までの出目の確率を決めた段階で、6面目は自動的に決まってしまう。
つーように思っているが。。。。

259 :193 ◆9uo04hmc :02/07/01 16:52
なるへそ>258

それ、すごくわかりやすい。

今日受けた講義でも、
自由度の問題はスキップしてましたよ。
覚えとけって感じで。

先は遠い・・・・・・。



260 :193 ◆9uo04hmc :02/07/01 17:10
聞きかじりだけど、

自由度が用いられた発祥って、
もともとが、それほどたくさん無作為抽出できないような
実験で使われていた、t−分布から来ているらしいから、
100以上のサンプルをとれるような実験対象なら、
それほど自由度を考えなくて良い、ということらしい。

今日受けた講義では、そういってた。パン工場を例に出して、
説明してたな。そういうのは、非常にわかりやすく感じた。
ただし、なぜ、1引くのかはわからん、覚えとけ、と。

ちなみに二次元グラフ見たら、n=100くらいで、だいたい、正規分布に近づいてました。


261 :193 ◆9uo04hmc :02/07/01 17:11
わからん、というのは間違い。

短時間では説明しにくい、というのが正確だったと思う。

262 :193 ◆9uo04hmc :02/07/01 17:40
外れ値を除去したい(統計学?)
http://science.2ch.net/test/read.cgi/math/1016211834/

文科省・統計数理研究所って知ってますか?
http://science.2ch.net/test/read.cgi/math/1005729178/

商品や環境の評価(統計)
http://science.2ch.net/test/read.cgi/math/1016948157/

統計学なんでもスレッド
http://science.2ch.net/test/read.cgi/math/1012782106/

数学板のをとりあえずはっとくYO。また、しばらくこれなくなりますが・・・。

263 :名無しさん@占い修業中:02/07/01 21:30
>260
>100以上のサンプル

エラソゲですまないけど、も一度調べ直したら?

264 :193 ◆9uo04hmc :02/07/01 23:33
>263

自分が調べたのではなく、推測統計学概論を
受けて、そこで、示された図の話。

明日も行くから、どのへんが間違ってるか教えてよ。

t〜t(100)

って定義している図だから、数値は間違いようがないぞ…。

265 :名無しさん@占い修業中:02/07/01 23:35
じゃあ「サンプル」になるじゃないか>264

266 :159:02/07/01 23:39
しばらくこれなかった。自由度についてイロイロ書いてある。
>>262=193 の数学板のスレに逝ってきます。ありがとう。

>>263 100以上のサンプルというのは、「講義」で先生が口走ったこと
みたいだから、厳密な場面で言ったのではないんじゃないかな。

267 :193 ◆9uo04hmc :02/07/01 23:41
書き方がまずかったのかもしれない。

t〜t(n-1)=t(v)

で、n-1を100とした場合ね。

パン工場の例って割りとポピュラーなものだという
印象を受けたから、「100以上のサンプルをとれるような実験対象」
と、はしょって書いて、これでわかると勘違いしていた。スマンソ。

小標本の母平均を推定するという趣旨で
出てきた、図。



268 :193 ◆9uo04hmc :02/07/01 23:43
細かい図なんで、よくわからないんだけど、ざっと見た感じだと、
サンプルを100くらいとったt分布って、確かに正規分布に近づいているよ。>267

というか、もう、頭の中が、ウニになりました。今日は。
数式をちっとも終えなかったし。

これ、もう何度か、復習しないとダメだ。

269 :193 ◆9uo04hmc :02/07/01 23:46
>数式をちっとも終えなかったし。
>数式をちっとも追えなかったし。

やはり、それなりに基礎がないと時間がかかりそうだよ。

隣の人は、途中で帰ってんの。気持ちはちょっとわかった。
話は面白かったけど。

270 :名無しさん@占い修業中:02/07/01 23:52
>>268
>100以上のサンプルをとれるような実験対象なら、
>それほど自由度を考えなくて良い

先生にこの内容を詳しく質問してみて下さい。
他にも条件があるような気がします。

271 :159:02/07/01 23:55
小標本から母集団を推測する場合、ばらつきを大きく考えないと
いけないので、t分布ってやつを統計値を出すときに用いないと
いけないんじゃなかったっけ。
でも、ある程度標本が確保できるなら、正規分布の考え方で良い
・・・まあ今日先生が例に出してはった、パン工場でよろし、と
いうことでせうか。

ひとりや二人の男と付き合って、それで世の男とはこんなもんだ
と結論づける=小標本、かな。
その狭い見聞から分かることは、おのずから限りがあるので、
保険として、男というものは大体こんなもんだろうと考えられる
範囲を広くしておくという。

272 :159:02/07/01 23:57
で、自由度に関する議論を読んでいて思ったのだけど、
皆さん、何のために統計をするの?
私は、手元のデータを必要に迫られて分析するために。


273 :159:02/07/02 00:11
この間買ってきた本を書いておきます。
『心理統計学の基礎―統合的理解のために』
南風原朝和 著 有斐閣 2002
灯台の教育学系のセンセなので、心理統計学と銘打ってあるけど、
今問題になっている自由度についても、他書とは一味違った解説
がしてあります。
立ち読みしたら、重回帰のところで自分がひとつ勘違いしている
のに気がついて、即購入と相成りました。

274 :名無しさん@占い修業中:02/07/02 00:50
>手元のデータを必要に迫られて分析するために

同じく。

275 :270:02/07/03 18:10
>>268

t分布が成り立つことが前提でしたね。
カン違いしてた。ごめんよ。
素人の悲しさ。。。とほほ。。。

276 :名無しさん@占い修業中:02/07/04 01:41
実際のデータでは前提条件が満たされているかが、
結構大きな問題だったりするからね。

277 :名無しさん@占い修業中:02/07/06 14:07
それで占星術は、当たるのか、当たらないのか。
どっちだ!

278 :名無しさん@占い修業中:02/07/09 19:57
統計的な判断ができるほど前提条件を満足させるデータは殆ど無いみたい。

279 :名無しさん@占い修業中:02/07/09 23:00
占いが当たってるという統計が無いだけでしょ。

280 :名無しさん@占い修業中:02/07/09 23:22
それを前提条件に取り入れてナ。

281 :名無しさん@占い修業中:02/07/10 00:32
闘鶏はなかなか難しいね だって調教できないからね

282 :名無しさん@占い修業中:02/07/10 23:19
それで、芥川賞作家のデータで、占いは当たってるのか当たってないのか。

283 :名無しさん@占い修業中:02/07/10 23:50
>>282<278

284 :名無しさん@占い修業中:02/07/11 17:57
>277
残念ながら、あたらない。

>279
「占い」というように一般化するからいけない。特定の「占い師」なら意味が通る。
一般化して言うなら、細部に関してはまず当たらない。


285 :名無しさん@占い修業中:02/07/11 18:03
当たらないのにお金ぶんだくるから自浄作用が必要なのに、そんなの聞いたことがない。

286 :根本的疑問いくつか:02/07/11 19:44
鑑定料とったらいけないという議論が以前ありましたね。
粘着スレ乱立男が孤独な戦いを強いられていましたが、みんなか
らけちょんけちょんに言われて、自分が立てたスレを捨てて逃げ
ていきましたね。

そんな彼のことなどどうでもいいのですが、有効な統計なら、情報提供
料としての金銭を取ってもよろしいのでしょうか?

そもそも占いと統計の関係性は希薄なような気がしますが。単なるデータ
と、理論を現実に適用して導き出す推測である占いとは、関係があるよう
で、どこか別物のような・・・。素人だからわからないのかな。


287 :193 ◆9uo04hmc :02/07/11 21:17
つーか、統計学ちょっとぐらいかじれよ。。。
ここでブツブツいってないで。

ちょっと勉強したから、エラソでご免ねー(w。

素人だからわからないじゃなくて、なにも知らないから
わからないの。あったりまえじゃん、そんなの。ヴァカじゃねーの?

288 :193 ◆9uo04hmc :02/07/11 21:22
関心があるんだったら、ここでやったら?ってことね。
幸いなことに、ちゃんとかじってる人もいそうですし・・・。>286
関心なかったらやる必要ないよ? もちろん。
同じところで、ぐるぐる、ずっと悩んでれば良いんだから。

おれは、そういうの嫌なわけ。
だれがどう考えたって、時間の無駄だから。そんだけ。

289 :名無しさん@占い修業中:02/07/11 22:22
さあて、負け犬=スレ乱立男がえらそうにほざいてますが、
皆さん、またからかってあげてください(大笑い

演技なのがわからないみたい。

290 :193 ◆9uo04hmc :02/07/11 22:29
ぷっ

というか、だったら、統計学の話をすれば?
あなたに可能ならね。

できないんだったら、泥沼にはまったまま、どっかいけよー(w>289



291 :名無しさん@占い修業中:02/07/11 22:40
私は別人だけどさ、皆が思ってるのは、統計の話がなんで占いスレに出てくるのか、
ちゃんと説明しろよ、ということじゃないの?

そういう疑問持っただけで、「ヴァカ」とか「泥沼」とか言われたら、誰でもいやにな
っちゃうんじゃないか?

290さん、なんでもいいけど、言い方にとげがあるね。

292 :193 ◆9uo04hmc :02/07/11 22:46
スマンソ>291

統計が占いと関係あるかないかは、
それを主張している人たちに、聞いて欲しい。
著名人も含めて、そゆこと主張している人ってたくさんいるはずです。
しかも、それに追従する人が多い。

自分は、統計は統計、占いは占い、だと思ってるよ。
それを調停できるだけの思念像を作れたら、立派だと思うが、
なかなか難しいだろう。

293 :名無しさん@占い修業中:02/07/12 15:01
>286
>単なるデータ

?単なる数字ってこと?
統計は単なる数字じゃないけど・・・。

294 :名無しさん@占い修業中:02/07/13 12:46
>つーか、統計学ちょっとぐらいかじれよ。。。
>ここでブツブツいってないで。

もう終わってるね。こんなん言ってるようじゃ。せっかく少しは楽しめるかな
と思ったのに無茶苦茶だ。自意識過剰のあいつが絡むスレはいつも最後はこう
なる(悲

放っとくしかないのかな。統計の話する前に、人間的にいやになる。


295 :煽ろうとは露ほども思わんのだけど:02/07/15 09:36
あのさ、統計を駆使した経済指標のインチキぐらい
いくらなんでも皆さん知ってるよね。
日米の失業率を単純に両者比較できないことぐらい、知ってるよね。。。。。。
その多くは、手法以前に母集団問題に帰結するってことも知ってるよねえ、えええええ!!

296 :名無しさん@占い修業中:02/07/15 15:55
専門学校生、頑張って煽りまくれや。

297 :名無しさん@占い修業中:02/07/16 13:59
このスレつまんない。

298 :名無しさん@占い修業中:02/07/16 17:04
さあ、いこ。

299 :名無しさん@占い修業中:02/07/16 17:15
面白いと思うネタを自分でフレば?

300 :300:02/07/16 17:36
300ゲットー!!!

301 :名無しさん@占い修業中:02/07/16 18:04
>面白いと思うネタを自分でフレば?

つまんない。


302 :名無しさん@占い修業中:02/07/16 18:52
>>301

何を言いたいわけ?
一言じゃ伝わらないよ???

303 :名無しさん@占い修業中:02/07/16 19:22
>何を言いたいわけ? 一言じゃ伝わらないよ???

つまんない。


304 :名無しさん@占い修業中:02/07/20 00:32
>うまんない。

そのレス連発を確認できましたので後はご自由に。。。

305 :193 ◆9uo04hmc :02/07/20 00:33
変なやつは無視しましょう。

あんまこんなこといいたくないけど、荒らすことそのものが
目的となってるヤツラがいる。

306 :193 ◆9uo04hmc :02/07/20 00:34
御互いの主義主張が違うという喧嘩ならすれば。
その上なら、罵倒もありでしょ。理不尽なこと多いしな。この業界。

だけどさ、いまの荒らしがやってることって
まったくそういうわけでもない。筋が違うだろう。

307 :名無しさん@占い修業中:02/07/20 00:44
>筋が違うだろう。

そだね。
つまんない、の連発で確認できたよ。

308 :わかってるとは思うけど:02/07/20 01:07
193 ◆9uo04hmc が荒らしの大元。

309 :名無しさん@占い修業中:02/07/25 19:47
昭和21年の10月、11月、12月の出生数をだれか教えてください。

310 :名無しさん@占い修業中:02/07/25 22:52
昭和46年と昭和51年も教えて

311 :名無しさん@占い修業中:02/07/29 20:05
データがないのかもね。

312 :名無しさん@占い修業中:02/08/02 19:54
みんな、教える気がないだけ

313 :名無しさん@占い修業中:02/08/10 11:43
占星術で当たってるデータを発掘しようぜ。

314 :名無しさん@占い修業中:02/08/11 02:04
統計的な意味での当たってるの定義基準は?

315 :名無しさん@占い修業中:02/08/14 08:32
どんな統計をとるにしても日本の月別の出生数が必要。
だれかupして

316 :名無しさん@占い修業中:02/08/14 22:11
母集団が日本人全部なら。

317 :名無しさん@占い修業中:02/08/14 22:44
そうですね。
外国でもわかればupしてほしい。

318 :名無しさん@占い修業中:02/08/15 02:17
>315
「月別」の出生数ってなんの占いに必要なの?

319 :名無しさん@占い修業中:02/08/15 14:33
ttp://homepage2.nifty.com/YAJI/umaretuki.htm
参照。

320 :名無しさん@占い修業中:02/08/15 15:36
参考になったね 運子は万戸南アだね

321 :名無しさん@占い修業中:02/08/15 15:50
人口や出生者数調べるなら、統計局の国勢調査の内容を調べたらいいよ。

322 :名無しさん@占い修業中:02/08/15 20:57
>>321
どうやって調べるの?

323 :名無しさん@占い修業中:02/08/15 21:02
どのみち母集団の外部には適用でキン罠。

324 :名無しさん@占い修業中:02/08/15 21:21
みんなで、できること考えようよ!

325 :名無しさん@占い修業中:02/08/15 22:43
現実問題、母集団として定義できる集団を見つけるしかないだろ。

326 :名無しさん@占い修業中:02/08/15 23:06
どんな集団が考えられる?
批判覚悟でみんなであげよう。

327 :321:02/08/15 23:10
本当に調べたいときは、統計局に直接電話した方がいいよ。>322
ここ、いろんな人が見てるからあまり安易に日本の国情知られない方が
いいと思うから詳細は書かないでおくね。

328 :名無しさん@占い修業中:02/08/15 23:23
出生数ってそんなにやばいことなのか?

329 :321:02/08/15 23:54
いや、やばくないよ。

330 :名無しさん@占い修業中:02/08/16 00:15
ようするに、海外の厨房が情報検索手段を知るってことがヤバイってこと?>329

331 :名無しさん@占い修業中:02/08/16 00:16
この板って、そんなに、重要視されてるのか????

たかが、占い板なのに。。。そりゃ、裏情報もあるが。。。
ちく裏のほうがすごいだろうに。。。

332 :321:02/08/16 00:48
うん。意外と見てるからね。>330

この板が重要視されているわけじゃなくて、書いたことキーワードで
検索できるからね。いろんな検索ツールがあるんだって。 >331


333 :名無しさん@占い修業中:02/08/16 01:15
趣味で、2chを題材にテキストマイニングやってる人もいるね。>332

おれもやろうかと、思案中。


334 :sage:02/08/16 01:25
2chではテーマと関係ないところで、まれにすごい裏情報が出ていることあるから
カナーリ面白いと思う。>333
おいらは、眺めて楽しむわ。

335 :332=334:02/08/16 01:26
さげ間違えたよ。素人ぶりがばれたな。(w

336 :名無しさん@占い修業中:02/08/16 01:29
>335
石オタ(w。

337 :名無しさん@占い修業中:02/08/16 22:49
>334

そうだね。うそか本当かわからないが、
皇室ゴシップネタの厚さには、自分も驚愕した。

ああいう話って、いったいどこの誰が書いてんだろうなぁ??
サヨっぽい批判ネタが多い。

338 :名無しさん@占い修業中:02/08/17 22:59
>>326

公開データ調べたが、占星術として検証に使えそうなデータは余りないな。

339 :名無しさん@占い修業中:02/08/17 23:04
なんかの、以前のようにリキ入れる気がせんわの。
なんでやろの。

340 :名無しさん@占い修業中:02/08/17 23:18
この板の、まじな議論を嫌うウイルスに感染

341 :名無しさん@占い修業中:02/08/17 23:39
石オタジエンウイルスには既に感染済み。
だから性病に感染しやすい状態。

342 :名無しさん@占い修業中:02/08/18 22:05
>328
どういう条件のデータを探してる?

343 :名無しさん@占い修業中:02/08/24 22:45 ID:eDRpp5JL
せっかく、この夏休みにみんなで研究しようと思ったのに…

344 :名無しさん@占い修業中:02/08/24 22:56 ID:Hyh62O30
>339に同じくだな・・・

345 :名無しさん@占い修業中:02/08/24 23:51 ID:NwpaHWuy
芥川賞、直木賞作家の受賞者の太陽が水瓶座に多い(37/280)っていうのは
偶然の域ですか?

346 :名無しさん@占い修業中:02/08/25 17:51 ID:adh0VO6d
偏りはあるようです。

347 :名無しさん@占い修業中:02/08/25 20:36 ID:aCqw5zj5
280人中、37人が水瓶座の場合
水瓶座が受賞しやすいと判断してよいか
水瓶座が受賞しやすい確率は1/12であるという仮説を
危険率5%で検定せよ。

348 :名無しさん@占い修業中:02/08/26 16:25 ID:qvns32As
前提として、小説家全体で12星座の分布は等しいのかなぁ?


349 :名無しさん@占い修業中:02/08/26 17:36 ID:2+xv7irb
どの業種も太陽星座で12等分されることはあまりないんじゃない?>348

350 :名無しさん@占い修業中:02/08/26 17:46 ID:???
ネットはどこまでも話題がめぐり続けるんだなぁ。
12星座で区切るよりもよりよい切り方があるはず。>348



351 :名無しさん@占い修業中:02/08/26 17:58 ID:AiGPQYCD
>>348
小説家全体である必要はないんじゃない?
日本人の分布が等しければ。
日本人はほぼ分布していると考えていいんじゃない。

352 :名無しさん@占い修業中:02/08/27 17:44 ID:Pv9Q1deu
>>351

もし何らかの要因で水瓶座の小説家が多ければ、受賞者も多くて当然だから。


353 :名無しさん@占い修業中:02/08/27 18:18 ID:/oXmnn6o
そうそう、まず文筆は水星なわけだから太陽より水星だろうと思う>350
でもサインじゃ有意じゃないだろうな。アスペクトやできればハウス分布が
わかればいいと思う。ハウスはムリだね


354 :名無しさん@占い修業中:02/08/27 19:31 ID:???
統計ソフト・データに関する情報
http://www.jscs.or.jp/etc/softlink.html

355 :名無しさん@占い修業中:02/08/27 21:58 ID:g6djDrsM
統計学関連なんでもあり
http://mcgi2.nifty.ne.jp/cgi-bin/bbs_by_date.cgi?user_id=NCD01156&msg_per_page=10&def=10


356 :名無しさん@占い修業中:02/08/27 23:40 ID:yCYKt8zy
>>352
小説家に水瓶座が多ければ、それはそれですごいデータ。

357 :名無しさん@占い修業中:02/08/28 02:48 ID:oEKVD/xL
誰も347の問いには答えないのか?

358 :名無しさん@占い修業中:02/08/28 17:52 ID:0g0+/YX4
ごめん。僕じゃわからない。

359 :名無しさん@占い修業中:02/08/29 00:23 ID:Bew/UvtY
>356
占星術的な要因(なにをもってそう考えるかは議論あるが)以外に、
原因がなければなぁ。



360 :名無しさん@占い修業中:02/08/29 16:35 ID:Bew/UvtY
占星術的な要因以外=バイアスつーことかの。

361 :名無しさん@占い修業中:02/08/30 12:59 ID:YaksrvcV
>>355
教えてもらえませんでした。
誰か
>>347
の答え教えて

362 :名無しさん@占い修業中:02/08/30 13:48 ID:???
347が361に回答すればいいんじゃないの?

363 :名無しさん@占い修業中:02/08/30 16:59 ID:x/0vbwOT
ここには、そんなもの解けるやつなんか来ないさ。

364 :名無しさん@占い修業中:02/08/30 19:40 ID:e42Z+ixT
質問自体が不十分だからね。

365 :名無しさん@占い修業中:02/08/30 20:57 ID:fYTqWBU6
牡羊座牡牛座双子座蟹座獅子座乙女座天秤座蠍座射手座山羊座水瓶座魚座
受賞者数362011211217283213263727280
これが必要だね。

366 :名無しさん@占い修業中:02/08/30 21:00 ID:fYTqWBU6
うまく出ない
牡羊座牡牛座双子座蟹座獅子座乙女座天秤座蠍座射手座山羊座水瓶座魚座
受賞者数362011211217283213263727280

367 :名無しさん@占い修業中:02/08/30 21:03 ID:fYTqWBU6
これで許して
牡羊座36
牡牛座20
双子座11
蟹座21
獅子座12
乙女座17
天秤座28
蠍座32
射手座13
山羊座26
水瓶座37
魚座27

368 :名無しさん@占い修業中:02/09/06 20:35 ID:U/niLcb5
それではまだ足りないで初。

369 :名無しさん@占い修業中:02/10/24 18:34 ID:o1SKBITO
少なくとも300件は必要だと、とある本に書いてあった。
あと、もうちょっとなんだけどね>367


370 :名無しさん@占い修業中:02/10/24 18:34 ID:o1SKBITO
それから、事前にその年その年の、出生月の偏りも調べないと
統計として成り立たないらしいよ。
例を挙げると、戦前、日本は12月1月生まれが多かったけど、
戦後は7.8月が多いそうだ。これは農業国から工業国への推移と
密接な関係あるらしい。(石オタでスマソ)

371 :名無しさん@占い修業中:02/10/30 21:53 ID:Wv0vpN9O
>>370
それじゃ、そのデータを提示してよ。
皆、そんなこと言ってるだけでやろうともしないじゃん。


372 :名無しさん@占い修業中:02/10/31 05:20 ID:???
研究はデータ集めるところからはじまるんだよ。
そこから他人を頼ってるようじゃ・・・・・。。。。

373 :名無しさん@占い修業中:02/10/31 21:24 ID:kCX7vwFU
データ集めた人いる?

374 :名無しさん@占い修業中:02/10/31 22:58 ID:???
有効なデータ集めて技法を学んで正誤を研究してか・・・一生終わっちまうな(大笑

375 :名無しさん@占い修業中:02/11/01 08:37 ID:w+Bamz3I
良く当たる占いサイト
「MEMBRAN」
http://www.ex.biwa.ne.jp/~mat/uranai/

376 :名無しさん@占い修業中:02/11/01 08:43 ID:???
>>374
そりゃゴークランだ。

彼のように一生をデータ集めに捧げたような人は他にいるのだろうか?

377 :名無しさん@占い修業中:02/11/08 20:21 ID:w0o3zyRB
↑そのゴークランって人、どんなデータを収集してましたか?
興味があるので、よかったら教えて下さい。

378 :名無しさん@占い修業中:02/11/08 21:02 ID:1DnCstf+
ぐぐれ>>377

379 :名無しさん@占い修業中:02/11/12 21:20 ID:aBQbXNzq
ぐぐれとは何ですか?>>378

380 :名無しさん@占い修業中:02/11/12 22:48 ID:AddwIwTC
そもそも生年月日と運命には、因果関係はありません。

381 :名無しさん@占い修業中:02/11/13 00:26 ID:???
そもそも運命が定義されてない。

382 :名無しさん@占い修業中:02/11/16 03:08 ID:???
「運命」みたいな漠然としたものじゃなくて、
計測可能な出来事と生年月日の関係を調べたいね。

383 :名無しさん@占い修業中:02/12/09 23:55 ID:AvDwdiN8
>382
もうやってるじゃん。

384 :名無しさん@占い修業中:02/12/10 17:27 ID:bsjQaMm4
どこで?

385 :名無しさん@占い修業中:02/12/15 17:54 ID:t9E4kgeT
>383じゃないけど
芥川賞のやつではないでしょうか。

386 :名無しさん@占い修業中:02/12/31 12:52 ID:Y25blsYC
芥川賞の統計のページなくなっちゃいましたね。

387 :名無しさん@占い修業中:03/01/02 21:58 ID:mGSj3HF3
移動しただけ。まだあるよ。
「星占いは当たるのか」でぐぐれ。

388 :名無しさん@占い修業中:03/01/03 04:09 ID:7rj4lFuc
がいしゅつかもだけど、作家の年齢分布とコントロールの年齢分布が違うな。

389 :名無しさん@占い修業中:03/01/03 12:19 ID:pho2zVqi
コントロールの年齢分布ってなんでつか?

390 :名無しさん@占い修業中:03/01/03 13:54 ID:7rj4lFuc
実験群、対照群でぐぐれ

391 :名無しさん@占い修業中:03/01/03 18:16 ID:pho2zVqi
コントロールという言葉が出てこないですが

392 :名無しさん@占い修業中:03/01/04 17:01 ID:XA2PtXhN
「星占いは当たるのか」でぐぐれ。ってどういうこと。
どこにあるのか教えて。

393 :名無しさん@占い修業中:03/01/05 15:08 ID:PQN5OJPb
コントロール=統制・・対照群の選択>391

もし、これで意味がわからない場合は統計の一般用語集をどうぞ。


394 :山崎渉:03/01/08 16:00 ID:???
(^^)

395 :名無しさん@占い修業中:03/01/15 21:51 ID:???
age

396 :名無しさん@占い修業中:03/01/15 21:59 ID:???
本家石ロリ↑


397 :山崎渉:03/01/19 06:52 ID:???
(^^)

398 :名無しさん@占い修業中:03/02/16 13:47 ID:LBk+Qowu
386以外で月別の出生数がわかるHPないですか。

399 :名無しさん@占い修業中:03/02/16 13:51 ID:???
石ロリ自作自演荒らし=山崎渉はギャンブル好きなヤシだよ。。

400 :名無しさん@占い修業中:03/02/23 21:41 ID:DVH+NwNi
age

401 :名無しさん@占い修業中:03/03/06 11:37 ID:???
占いを統計学だと思ってる馬鹿な占い師もたくさんいるよな〜
ホントは違うのに。

402 :名無しさん@占い修業中:03/03/06 22:11 ID:???
単に経験に基づいてることを言いたいみたい>占い師

403 :名無しさん@占い修業中:03/03/08 01:21 ID:+KCvEVnE
>>401

占いってなんなのですか? (四柱推命の話を聞いて最近怖くなってきてます)
一切、根拠の無いことなんですか? なら少し安心。

404 :名無しさん@占い修業中:03/03/11 00:44 ID:???
確かな証拠は無いわな>占い

405 :山崎渉:03/03/13 13:43 ID:???
(^^)

406 :名無しさん@占い修業中:03/03/18 18:18 ID:???
経験的=統計的とは!!
ものすごい主張だな。

407 :名無しさん@占い修業中:03/03/18 20:05 ID:???
要は「思い込み」だよね。
経験的に、こんな感じだと思う、それが占いの根拠です。
とくに東洋の占術はどうしても中国人の思想遍歴に影響を受ける。
長い時間経過のなかで、迷信部分が多くなってきます。
統計的といっても、厳密な意味での統計ではないですね。


408 :名無しさん@占い修業中:03/03/18 20:23 ID:???
西洋的思考では、中国の思考方法は理解しがたいよ>407

古い宗教的伝統をしょってる華僑の人たちと話したことあります? 
近代以降の教育を受けた身としては、なんかぜんぜん考え方が違うので違和感がありまくりだ。
ただ、その手の考え方は日本国内にもあるんだよ。

中国的な天文観は、天の概念あれども、惑星は単なる天の上で動く「点」の扱いだったという話だから、
そこからして西洋の天文観とは異なるんだよね。たまねぎ状の天文観じゃないんだよ。
はっきりとはわからないのだが、もしかすると、
あっちは時間を連続したものとして捉えていないのではないのか?と激しく疑ってる。

統計的手法って、時間を連続の一部としての点としてに捉えて、
そこで得られた数値をプロットして、仮構した母集団の推定精度をあげるってのが
基本的な考え方でしょ? たぶん、古代中国文明を精神的源流とする人たちには
そういう考え方はまったくないとおもうな。

409 :名無しさん@占い修業中:03/03/18 21:16 ID:???
>>408
なるほど。
時間の観念が実は違うのでは?ということですね。
いわれてみれば、伝統云々といっている人たちの理論の非現実性は、そのことが要因のひとつかもしれませんね。
正しいとか、間違っているとかではなく、根本的な考え方の発想原点が異なるということですね。

410 :名無しさん@占い修業中:03/03/18 21:16 ID:???
と、すると、西洋占星術とかではどうなんでしょうね?

411 :名無しさん@占い修業中:03/03/19 00:12 ID:???
統計つー言葉はそもそも静的意味だからな。
動的データを扱いう方法もあるけど、
発想が違うってか。。。。

412 :名無しさん@占い修業中:03/03/20 00:11 ID:WlWXXgpQ
>409

ルクレティウスを物理学方面から読み込んでる人がいるよね。
ミシェル・セールだっけ? 

自分はそのへんあんまちゃんと読んでないから
あれなんすけど、古代思想を現代の知見から
新しく「読みなおす」というのは、それほど特殊なことじゃないみたいだよ。

古いものが現代社会で意味を持とうとすると、
そういう方向がひとつあるのではないのかとか、ちと思います。




413 :名無しさん@占い修業中:03/04/10 16:23 ID:???
時間軸による動的変化を例えば日単位で繰り返せば調波になるネ。

414 :山崎渉:03/04/17 09:00 ID:???
(^^)

415 :山崎渉:03/04/20 04:03 ID:???
   ∧_∧
  (  ^^ )< ぬるぽ(^^)

416 :名無しさん@占い修業中:03/04/24 13:51 ID:???
上げとく

417 :名無しさん@占い修業中:03/04/25 14:41 ID:GKGKePSw
ネットTV電話レディー募集中!顔出しはしなくてもOK!
お家のパソコンから24時間いつでも気軽に出来る
テレビ電話サイトで会員さんとお話しするだけで最低1800円〜最高3500円の
高時給!
女性スタッフが多いから安心して働けます。
18才以上45才位までの女性なら主婦(お子様がいてもOK)・学生・OL・フ
リーター・副業でもOK!
週2〜3日、1日2〜3時間からの勤務でOKです。
現在ネットTV電話レディー登録者も200名を突破致しました。
YahooBBマガジンでも紹介された安心の人気サイトです。
暇な時間に遊び感覚でアルバイトができます!
家族にも職場にも絶対バレないように処理致します。
パソコンをお持ちであれば、お金は一切かかりません。
登録料&月間コストも完全無料! カメラ&マイク無料貸与。
貴女も今まで欲しくても手に入れられなかった物を手に入れませんか?

お問合せは・・・
cool6666mayumi@hotmail.comまで!


418 :名無しさん@占い修業中:03/05/15 03:07 ID:???
(^^)

419 :_:03/05/15 03:07 ID:???
〜oノハヽo〜                
  ( ^▽^) < こんなのございまーす♪ 
http://www.hiroyuki.zansu.com/hankaku/jaz07.html
http://hiroyuki.zansu.com/hankaku/jaz10.html
http://www.hiroyuki.zansu.com/hankaku/jaz08.html
http://hiroyuki.zansu.com/hankaku/jaz09.html
http://www.hiroyuki.zansu.com/hankaku/jaz06.html
http://hiroyuki.zansu.com/hankaku/jaz05.html
http://www.hiroyuki.zansu.com/hankaku/jaz01.html
http://hiroyuki.zansu.com/hankaku/jaz02.html
http://www.hiroyuki.zansu.com/hankaku/jaz03.html
http://hiroyuki.zansu.com/hankaku/jaz04.html

420 :名無しさん@占い修業中:03/05/22 15:53 ID:???
占い理論を検証してくれ

421 :山崎渉:03/05/28 14:24 ID:???
     ∧_∧
ピュ.ー (  ^^ ) <これからも僕を応援して下さいね(^^)。
  =〔~∪ ̄ ̄〕
  = ◎――◎                      山崎渉

422 :名無しさん@占い修業中:03/06/01 02:31 ID:???
石ロリスレ

423 :山崎 渉:03/07/12 12:22 ID:???

 __∧_∧_
 |(  ^^ )| <寝るぽ(^^)
 |\⌒⌒⌒\
 \ |⌒⌒⌒~|         山崎渉
   ~ ̄ ̄ ̄ ̄

424 :山崎 渉:03/07/15 13:01 ID:???

 __∧_∧_
 |(  ^^ )| <寝るぽ(^^)
 |\⌒⌒⌒\
 \ |⌒⌒⌒~|         山崎渉
   ~ ̄ ̄ ̄ ̄

425 :ぼるじょあ ◆yBEncckFOU :03/08/02 03:09 ID:???
     ∧_∧  ∧_∧
ピュ.ー (  ・3・) (  ^^ ) <これからも僕たちを応援して下さいね(^^)。
  =〔~∪ ̄ ̄ ̄∪ ̄ ̄〕
  = ◎――――――◎                      山崎渉&ぼるじょあ

426 :山崎 渉:03/08/15 18:18 ID:???
    (⌒V⌒)
   │ ^ ^ │<これからも僕を応援して下さいね(^^)。
  ⊂|    |つ
   (_)(_)                      山崎パン

427 :名無しさん@占い修業中:03/10/09 23:30 ID:X4RJhJDL
これ、続けないの?

428 :名無しさん@占い修業中:03/10/11 08:47 ID:RLHur6ug
月別の出生数がわからないと無理

429 :めぐみ:03/10/11 13:13 ID:VPcijKj3
http://elife.fam.cx/a013/

430 :名無しさん@占い修業中:03/10/11 23:53 ID:RLHur6ug
戦前の月別出生数が欲しいな。
どこかの図書館に厚生省が出した人口動態統計がないかな。

431 :名無しさん@占い修業中:03/10/13 22:13 ID:P2tv4h+4
皆、占いが当たらないことを知ってるから統計には関わりたくないんだよ。

432 :名無しさん@占い修業中:03/10/22 21:01 ID:AWY1fAn3
age


433 :名無しさん@占い修業中:03/10/31 21:56 ID:H8Mq5wUm
まじめに語りたいな

434 :名無しさん@占い修業中:03/11/01 17:58 ID:qfDPsZo0
もう一度、みんなでデータを持ち寄り、なんとか結論を出そうよ。

435 :名無しさん@占い修業中:03/11/03 22:31 ID:nbFD95cr
今日、星座別の知能指数やってたよ

436 :名無しさん@占い修業中:03/11/06 22:32 ID:fVfMgZ7c
age

437 :名無しさん@占い修業中:03/11/09 23:29 ID:7QB2Np4y
日本人で一番多い星座は何?

438 :名無しさん@占い修業中:03/11/09 23:32 ID:???
( ´,_ゝ`)プッ 隣り板いけ。

439 :名無しさん@占い修業中:03/11/10 17:18 ID:WLyrQEPQ
>>438
おまえこそ理解できないなら隣り板へいけ。

440 :名無しさん@占い修業中:03/11/18 09:28 ID:lHpbfoc4
age        

441 :名無しさん@占い修業中:03/12/17 22:18 ID:T8AMo4iV
age

442 :名無しさん@占い修業中:03/12/28 00:36 ID:B9ILV0UH
kuso age

443 :名無しさん@占い修業中:03/12/29 03:59 ID:???
統計は有効だ。今のぐちゃぐちゃの占星術においては
それしかない・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

444 :444:03/12/29 04:11 ID:???
@

445 :名無しさん@占い修行中:03/12/31 04:28 ID:???
占いは統計学なんて思ってる占い師がいたら、プププププププ( ´,_ゝ`)プッ

446 :名無しさん@占い修業中:04/01/16 23:55 ID:sxsWXMTm
占いが統計学なんじゃなくて占いを統計でどの程度当たるのか見ようっていってるの

447 :名無しさん@占い修業中:04/01/16 23:57 ID:???
( ´,_ゝ`)プッ

448 :名無しさん@占い修業中:04/01/17 19:08 ID:wi9gS2OL
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20040114-00000004-mai-l15
交通人身事故と干支との関係 丑年生まれ、要注意です−−村上署調べ /新潟

 村上署が、管内で起きた昨年1月から11月末までの人身事故と
その当事者の干支(えと)との相関関係を調べたところ、
丑(うし)年生まれの人が最も交通事故に遭いやすいという結果が出た。
 調査は、交通安全の意識向上を目的に一昨年から始められ、今回が2回目。
 対象となった事故は369件の人身事故で、
その当事者は682人(男415人、女267人)。
最も確率の高い丑年生まれの人は全体の10・7%を占めた。
逆に最も当事者率が低かったのは辰(たつ)年生まれの6・2%だった。
 事故の内容別にみると、追突事故(93件)では、
未(ひつじ)年生まれが最も多く13・9%。道路を逸脱するなどの自損事故(52件)では、
寅(とら)年が最多で15・4%。ハンドルやブレーキ操作の誤りが元になった事故(48件)では、
亥(い)年が18・8%で最も多かった。寅年生まれは、正面衝突事故でも最多の21・4%を占めた。
 事故原因を作った、いわゆる「第1当事者」(365人)では、亥年が12・3%を占め、
最も多かった。【小暮靖男】(毎日新聞)
[1月14日19時21分更新]



449 :名無しさん@占い修業中:04/01/17 19:45 ID:???
事故が一番多い時間帯は夕暮れ時なので丑刻とは関係なし

450 :名無しさん@占い修業中:04/01/31 23:45 ID:???
糞スレ醸しあげ

451 :名無しさん@占い修業中:04/02/14 23:32 ID:fvk7vqpF
AGE

452 :名無しさん@占い修業中:04/02/25 22:07 ID:LXc0AsLl
定期アゲ

453 :名無しさん@占い修業中:04/03/23 23:13 ID:P5dkt0s6
A.g.e

454 :名無しさん@占い修業中:04/04/10 20:31 ID:???
age

455 :387:04/04/30 00:15 ID:oYJ4/ybY
ttp://www.amigo2.ne.jp/~yaji
で四柱推命の統計も始めたようだ。

456 :名無しさん@占い修業中:04/05/01 23:41 ID:7jChs9z1
結局、四柱推命も当たらないってこと。

457 :名無しさん@占い修業中:04/05/03 14:27 ID:/OSCMMHR
age

458 :名無しさん@占い修業中:04/05/06 23:46 ID:vslCYcLr
>>456
当たらないとは言ってない。逆に偏りがあると書いてある。
よく読め。

136 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)