5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

占いというものの論理的矛盾

476 :450.464:04/04/22 00:17 ID:???
>>459
>占星術という名で語られてきたものの根本を探っていくと
>他の領域との区別がどんどん曖昧になってゆく。

極論すれば占星術自体の根っこが 実は まったく“得体の知れない”地下構造
から生えているのだ と言っても過言ではないだろう。


>松村氏が現在進行形でやっているのは、広い意味で
>精神世界と呼ばれているものに属する諸物から、極限まで
>単純な要素を抽出して汎世界的な法則原理としてまとめる
>ということに尽きるのではないか?


別に松村氏うんぬんは抜きにして、そうした方向性を持った研究こそが、
新しい(あるいは、思いっきり古い)時代の「科学」と成り得る。と
俺も考えているよ。従って研究の方向性自体は俺も支持している。
こうした根っこの部分の解明は、誰しも期待する所が大なのではないかな?

しかし、こうした未開拓とも言える分野で、誰もが認めうる成果を出すのは
生易しい事ではない。「科学」の成果とは、試行錯誤の繰り返しと膨大な
失敗の積み重ねの果て、初めて得られる、一粒の貴重な結晶のようなもの。
だからこそに、求めるだけの価値がある。と、言いたい。
未知を目指すのであれば、中途半端な仕事ぶりでは、道を切り開いたとは、
誰にも言ってもらえないだろう。
別に新しい時代のオピニオンリーダーが誰であろうと構わんよ。
そこに見るべき価値のある本物を提示してくれるのであれば。
彼の力量はそこで問われる事になるのだろう。

                inicial M.

192 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)