5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

■墓相について■

1 :名無しさん@占い修業中:02/06/20 23:41
墓の無い家庭は病人多く短命、良き相続人に恵まれない、
墓相の良し悪しで一家の盛衰も決まる、と言われています。
お墓参りや墓相などについて。

2 :名無しさん@占い修業中:02/06/21 10:45
2get!

3 :名無しさん@占い修業中:02/06/21 10:59
黒はダメだってな。まいったマイッタ

4 :1:02/06/21 22:28
黒は火難などで良くない。白が良し。

5 :名無しさん@占い修業中:02/06/21 23:01
冠婚葬祭板に墓石屋スレがあった気がするが...
足があって下が開いてるのはダメなんだよね。
家運の「先が見える」とか。
マジかよ?

6 :名無しさん@占い修業中:02/06/21 23:08
>>5
すごく恐いんですが(汗

7 :名無しさん@占い修業中:02/06/21 23:10
参考になりますね。
■■■■墓石屋ですが何か質問ある?■■■■
http://life.2ch.net/test/read.cgi/sousai/1018018716/l50

8 :名無しさん@占い修業中:02/06/22 18:16
大理石も良くないんだよね。

9 :名無しさん@占い修業中:02/06/24 14:20
まず先に墓相の理屈を述べてほしい。家相はそれなりに気が関係していて
そこに住む人間に影響を与えている事が解るが、墓相の場合、その場に
居ないのになぜ影響を与えてしまうのか?

10 :名無しさん@占い修業中:02/06/24 14:25
方角というのもありますよね。
いない人間に影響というよりも、家系の流れに対する影響というか、
そういうことだと思います。

11 :名無しさん@占い修業中:02/06/24 14:50
10 あるわけねーだろ!!!! お前は墓石やか??? 人を脅して食う連中は占いも墓やもおなじっか。

12 :  :02/06/24 14:54
墓相屋もタチ悪いが
自演屋はもっとタチ悪いわな  

13 :名無しさん@占い修業中:02/06/24 15:00
軽々しく墓相とかいって中途半端なこと書かない方がいいよ。

14 :名無しさん@占い修業中:02/06/24 15:26
おれは墓相はあると思うけどね
墓参りに行く事で運が強くなったりしたし

15 :名無しさん@占い修業中:02/06/24 16:22
墓参りしたら、あれよあれよと偶然が重なって縁遠い親戚と連絡をとりあった
時がありました。

16 :名無しさん@占い修業中:02/06/24 18:32
>方角というのもありますよね。
いない人間に影響というよりも、家系の流れに対する影響というか、
>そういうことだと思います。

方角?もっと詳しく説明して頂かないと解りません。
誰に対する方角なのか、大極とどう関係しているのか。そこらへんを
もっと詳しく説明して下さい。




17 :名無しさん@占い修業中:02/06/24 18:34
14と15

墓参りは、墓相ではないでしょ。全く違う全然違う

18 :10:02/06/24 19:21
私は墓屋じゃないですし全然関係ないです。(^^;
どの方角を向いているととか、そういう迷信じみたことが
ありますよねということを言いたかったのですが、別に私
にはどうでもいいことなのでやめときます。
私は別に信じてもいないですから。

19 :名無しさん@占い修業中:02/06/24 19:52
バレンタインデーは、チョコレート会社の戦略
墓相は、墓屋の戦略
気学は、旅行会社の戦略

20 :名無しさん@占い修業中:02/06/25 05:52
>>17
運が強くなるなら関係あるんじゃないの?
大体占い師で墓相をやってる人なんて
ざらにいる訳ないんだから墓相屋に直接聞けば

21 :名無しさん@占い修業中:02/06/25 07:04
細木数子に聞け

22 :名無しさん@占い修業中:02/06/25 07:16
>大体占い師で墓相をやってる人なんて
>ざらにいる訳ないんだから

気学とか風水やってる人は、陽宅、陰宅として
家相、墓相は知ってるのが当たり前。

23 :名無しさん@占い修業中:02/06/27 03:05
だな。

24 :名無しさん@占い修業中:02/06/27 03:15
先日、じいちゃんの葬式準備してたら、こんな本が出てきました。
「世にも不思議なお墓の物語」文部省認可 久保田茂多呂
すごく古い、カラーですが挿絵がどう見ても色鉛筆、しかも小学生級
そこがよけいになんか・・・・発行日はわかりませんが、感想を送るための
ハガキは「昭和44年まで有効」だそうだ・・・


25 :名無しさん@占い修業中:02/06/27 03:39
機会があったら是非読みたい。

26 :24:02/06/27 03:55
結局は墓相の解説が多いんですが、テレビで対談をやったものも
載ってます。11PMでの対談です。
テレビに映った画面を写した写真付きで、明らかにテレビの枠が映っている
のが笑えてホラーな本です。

27 :名無しさん@占い修業中:02/06/27 05:49
ワラ

28 :名無しさん@占い修業中:02/06/27 08:45
良い墓にするつっても立て替えるのに数百万もかかる。

29 :名無しさん@占い修業中:02/06/27 11:54
だから、墓相の理屈を言ってくださいって。
家相はちゃんと理屈が通ってるから信じれるけど、墓相の場合なにが関係
してるの?気?方角?

30 :名無しさん@占い修業中:02/06/27 12:25
墓相は易学上、睡蓮の気が強く現れているので、古来から風教零進のきわみが強くなり
四柱推命上でいう穀戚の方位がえいきょうがでるはな

31 :名無しさん@占い修業中:02/06/27 20:22
>30
あなたが、もし初心者だったら、自分の文章の意味が解りますか?
もう少し解りやすく説明してもらえませんか?

32 :名無しさん@占い修業中:02/06/27 21:39
墓参り、墓相関係は一種の秘伝扱いが多い。
ものがものだけに下手なことをすると強烈なしっぺ返しにあうから。
金儲けの墓屋も、自分が悪くならないために、
この点だけはちゃんとおさえているよ。
だから、なおさらタチが悪いんだけどね。

墓や霊関係は胡散臭いのがほとんどだから、自分も勉強して
見分ける眼力をつけないといけないと思う。

33 :名無しさん@占い修業中:02/07/01 22:18
>>32
なるほどね。
何で秘伝が多いの?
金の亡者だからか!?

34 :名無しさん@占い修業中:02/07/02 00:53
秘伝よりおでんが好きだ

35 :名無しさん@占い修業中:02/07/03 04:44
おでんには秘伝がない。
墓相の秘伝は?

36 :名無しさん@占い修業中:02/07/04 03:51
たしか風水の原点・・・ってかもともと自宅からお墓の位置を見るのが風水

じゃなかったっけ?子孫を大切にするうんたらかんたら・・・

37 :名無しさん@占い修業中:02/07/04 22:41
自宅から墓の位置がどうして関係あるんだよと言いたい

38 :名無しさん@占い修業中:02/07/04 22:44
自宅から墓の位置がどうして関係ないんだよと石オタに言いたい

39 :名無しさん@占い修業中:02/07/04 22:56
染井霊園とかどう?

あそこときどきいくけど、一箇所だけ凄く怖い場所がある。
もう、直感的に、なんかいるな、と。
念のようなものはのこんじゃないのかな。

あそこ、有名人の墓が多い。
安岡正篤さんや宮武外骨さんのお墓もあるんだけど
そこは、別に怖くない。そういうのは、皮膚感覚で伝わってくる。


40 :あぼーん:あぼーん
あぼーん

41 :名無しさん@占い修業中:02/07/04 23:02
一緒に行った人がいってたけど、
安岡さんのお墓の前に行くと、
こちらに背を向けて、どかっと座ってて、
なんか知らないやつが来たけど、
まぁ勝手にやってくれ、という感じだと言ってた。

一度だけ、ものすごく暖かく感じたときがあって、
そのときは、墓前に華と線香が添えられていた。
たぶん、生前に親しかった人が来たんじゃないのか、と二人で話してた。

個人情報保護法案に関心もってったので、
某国会議員が言った、戦前に言論弾圧に対して
公然と戦った宮武さんのお墓は、
スカッと抜けた感じ。奥さんと一緒に入ってんだよね。
なんか、もう破れ傘という感じだけど、気持ちがいい。

墓相って良くわからないけど、墓の前に立ったとき、
感じる印象はあるし、それは、訪れるたびに変ったりするよ。


42 :39=41:02/07/04 23:02
です。

43 :名無しさん@占い修業中:02/07/04 23:04
37=40です。

44 :39=41:02/07/04 23:08
>37

いや、自分は、特に墓相関係の怪しい商売は、肯定してないよ。

親が死んだとき、そういうのに頼ろうとは思ってないし。
戒名つけるのも、ある意味バカラシ、とおもってるくらいだからして。

まぁ、みなが来てくれるような、お墓を作れれば、それでいいな、くらい。

あっという間に、忘れられるのは、悲しい。ものすごく。
好きな人ならば、特に。

45 :名無しさん@占い修業中:02/07/04 23:23
墓相は風水ではないよ 風水は風が水になるだけよ だから水は風だ

46 :名無しさん@占い修業中:02/07/04 23:24
全然分かてないYO.(w

47 :名無しさん@占い修業中:02/07/05 00:21
>>41
それが墓相の秘伝です。
ただ、なんとなく感じる程度では駄目で、こういう場合はこうする、
ああするというのが、しっかりと出来て一人前と言われます。
魂魄が扱えるかどうかが鍵になります。

48 :名無しさん@占い修業中:02/07/05 21:58
秘伝とか言ってたらいつまでたっても、メジャーにならいよ

49 :名無しさん@占い修業中:02/07/05 23:32
秘伝、秘伝と何もないのに高い金をだまし取ろうとする輩が
横行するので、秘伝という言葉のイメージが悪くなりました。
私がいう秘伝は、メジャーであってはならない部類の秘伝です。
太陽は地上に光をそそぎますが、かならずどこか一部に影を作ります。
その影にあたるのが秘伝であり、メジャーにはなりえないものです。


50 :名無しさん@占い修業中:02/07/06 02:19
49 かっこいいこといってるな霊視やろう

51 :名無しさん@占い修業中:02/07/06 02:38
>49
なら永遠に、墓相は世間から離れた状態になるよ。
秘伝以外に教えられるものすらない、
、秘伝を教えてと聞けば秘伝だから教えられないという
結局何もないのと一緒。

52 :名無しさん@占い修業中:02/07/06 12:39
誰も教えないとは言っていないのじゃないか?
大抵墓相の本に祭り方の悪例などいろいろ書いてる。
秘伝とはそれのことじゃないの。

53 :あぼーん:あぼーん
あぼーん

54 :名無しさん@占い修業中:02/07/07 16:50
>>53
この板をご覧の方に誤解されないためにも書きます。

墓相は占いの根幹です。板違いではありません。
日本の墓相、あちらの陰宅、どちらも命運の基礎として扱われています。
この分野を扱わなくなったこと、それこそが現在の軽薄占術横行を示しています。
避けて通れない分野をかえりみなくなった現状を憂うべきでしょう。

ちなみに、秘伝とは墓相の悪例ではありません。
悪例は一般論ですから、素人でも扱える分野です。
秘伝とは、この世からあの世を少しだけのぞき見る技術のことです。
その印を見極める技術とでも言いましょうか。
けっして霊能者ではありません。扱えないレベルの問題は、信頼の
おける能力者にお任せします。
かつては、職業的な占者には、そういう技術がちゃんとあったのです。

秘伝は出し惜しみではありません。ましてや、金を巻き上げるエサでも
ありません。
むやみに出すと、この世から消されてしまう部類のものだからです。
ご存じの方は、この掟のようなものを破らないように、あえて少し
変えて書き記しておられます。
真摯にこの方面を学ばれている方は、ご理解いただけるでしょう。

55 :あぼーん:あぼーん
あぼーん

56 :名無しさん@占い修業中:02/07/07 17:14
>>54
偉い!

>>55
壮大な知恵遅れプ

57 :名無しさん@占い修業中:02/07/07 21:03
>54
墓相が一般化しない理由は、理論がはっきりとしないからではないか?
気学にしても、家相にしても、証明できないものの、ちゃんとした理屈を
それなりに述べている。
私は、このスレの始めから理論を教えてほしいと言っているのに
だれ一人としてこの疑問に答えていない。それはあなたも一緒。
秘伝など、墓の前で暖かく感じるなど、だれもそんな事聞いてない。

58 :名無しさん@占い修業中:02/07/07 21:08
私も57にどうかん ちんぽ

59 :名無しさん@占い修業中:02/07/08 05:07
>>54の覗き見る技術などと言うのも勿体ぶってるとしか思えんが
>>57は無知を盾に何を威張っているのか?
理論があったとしても根掘り葉掘り教える暇人はいないだろう。

60 :名無しさん@占い修業中:02/07/08 23:35
理論を言わないのならこのスレに来る意味なし、さいなら

61 :名無しさん@占い修業中:02/07/16 00:09
確信をつかれて、手も足も出ぬか?>54

62 :名無しさん@占い修業中:02/07/17 09:39
墓相について、語っている有名な先生など見た事がない

63 :名無し@占い修行中:02/07/19 11:45
徳風会=墓相

64 :名無し@占い修行中:02/07/19 12:21
細木数子=金儲けインチキ墓相

65 :名無しさん@占い修業中:02/07/19 20:05
墓相はいいよ 土入れ替えてぼろもうけ 松長風雅く

66 :名無しさん@占い修業中:02/07/19 23:29
墓でおしっこすると賃胡がはれる

67 :あぼーん:あぼーん
あぼーん

68 :名無しさん@占い修業中:02/07/22 12:23
はかはか

69 :名無しさん@占い修業中:02/08/09 00:10
墓相は大事である。

70 :名無しさん@占い修業中:02/08/09 14:29
東東南南以外は駄目です。

71 :名無しさん@占い修業中:02/08/09 15:25
>>57 理論というほどではありませんが、基本は、
「先祖に失礼のないように墓を作り、挨拶に伺う」だと思っています。
ただ、各宗教や流派の違いがありますので、一概には語れないでしょう。
秘伝も何もないです。高いお金をかける必要も全然ないです。
愛する人が亡くなった時、なるべく気持ちの良い場所にいてもらいたい、
と、願う心が「墓相」を作ったのではないでしょうか?
生き残った者が、己の幸せの為に墓を立てる、
先祖を己の欲望達成の道具に使うような発想では、
どんな墓を立てても幸せにはなれないと思います。

72 :名無し@占い修行中:02/08/09 16:00
黒い墓は秘密のある家庭、犯罪者を出すそうです。白にしましょう。

73 :名無しさん@占い修業中:02/08/30 05:25 ID:e+14HSdz
灰色は?

74 :名無し@占い修行中:02/08/31 15:35 ID:uxKXE0O/
灰色は、男が生まれにくく養子相続になったり
子供がいても遠方に出ることになりやすい。

75 :名無しさん@占い修業中:02/09/07 22:40 ID:10BmSObX
>>74
ありがとう。

76 :名無しさん@占い修業中:02/09/09 03:45 ID:???
墓屋も今不況?

77 :名無しさん@占い修業中:02/09/09 05:47 ID:???
今まで生まれて死んだ人の墓が、
すべてあったら、地球は墓で埋め尽くされる。



78 :名無しさん@占い修業中:02/09/26 07:01 ID:???
墓のない人ってどうなの?

79 :名無しさん@占い修業中:02/09/26 16:08 ID:???
徳川が豊臣を滅ぼすために、墓嵐したのは有名じゃないのかえ?

80 :名無しさん@占い修業中:02/10/06 01:45 ID:???
そうなの?
墓嵐なんかしてよく勝てたねぇ。

81 :名無しさん@占い修業中:02/10/27 12:47 ID:F3kUdTYK
墓石業者として言わせてもらうと、墓相なんて商売のためのインチキ。
業界の集まりでは、売るために墓相をもっと活用しようなんて話も出てる。
もともとは風水とか、大きな思想的背景があったのだろうけれども、
今普通に流通しているような墓相の本は、形骸的かつ恣意的でなんの根拠もない。

82 :名無しさん@占い修業中:02/11/06 11:31 ID:LZD9DFjK
>>81
墓相は全く考慮しないって事?
墓相は全く当らないって事か?

83 :名無しさん@占い修業中:02/11/06 14:35 ID:kL4AMcOs
>>82
>墓相は全く考慮しないって事?
普通に仕事するときには、全く考えない。
お客さんの希望に沿った形に仕上げることのほうがずっと大事。

お客さんのほうが墓相にこだわっている場合には、何も言わず希望通りにする。
お客さんのやりたい墓の形が、墓相の本で悪く言われていたり、
親戚に「これは縁起よくない」と言われて気にして躊躇している時には、
「墓相なんて全く根拠ありません。自分のやりたい形にすることが一番ですよ」
と、はっきり言う。
 
まあ、「吉相墓」とかいう墓を専門に売っている業者もいるけどね。
売っている側だって、どこまで本気で信じているんだか。

84 :名無しさん@占い修業中:02/11/06 14:36 ID:kL4AMcOs
>>82
>墓相は全く当らないって事か?

個人的な意見けど、そこそこ妥当な見方もいくぶん含まれている。
ただ、明らかに因果関係を逆に捉えていると思う。そこが問題。

たとえば、あまり大きく豪華な墓を建てると家が没落する、なんて書いた墓相の本があるけど、
よくよく考えれば、大きく豪華な墓なんて懐具合が一番いい時期に建てるわけで、
あとは没落していくほうが多いに決まっている。
スポーツ・イラストレイテッドの表紙を飾った選手はスランプになる、
というジンクスと同じで、表紙に載るのが選手の調子が一番いいときである場合が多い以上、
これはジンクスでも占いでもなんでもなく、統計学的に自然な事柄でしかない。
豪華な墓を建てると家が没落するのではなくて、
やたらに浮かれて豪勢な墓を建てようとする者は、今まさに頂点にいるのであって、
これから没落していく傾向にある、というだけの話。

墓相はたいてい、○○という墓を建てる → ××という結果になる、
という言い方をしているけど、実際には、
××という結果になりうるときに、墓が○○という状態になりやすい、
ということだと思う。

85 :82:02/11/06 14:48 ID:DeUAwEiK
>>83-84
なるほど、ありがとうございます。
私も因果関係が大いに関係有ると思います。
墓相が左程重要ではないという事にちょっとショックかな。

86 :名無しさん@占い修業中:02/11/25 01:15 ID:JcEFOABP
色々検索してみたのですが、自分では見付ける事ができなかったので、
質問させてください。
お墓が相当古いので、お地蔵様が傾いた状態などで
お墓をリフォームしたいのですが、何も知らない素人が
お墓を触るのはとても恐ろしいので、何処かに相談したいのですが
この時期は触ってはいけない。とか色々相談にのって頂きたいのですが
この場合どういう職業の方に相談すればよいのでしょうか。

87 :名無しさん@占い修業中:02/11/25 10:45 ID:kPh96IDA
>86
徳風会に相談してみてはどうでしょうか。統計にもとずいた墓相の事などお墓について色々
教えてくれます。徳風会で検索してみてください。

88 :名無しさん@占い修業中:02/11/25 22:51 ID:2K8zw/vP
>>87
 本当に助かりました。
 親に頼まれて検索していたのですが、
 非常に感謝しています。
 本当にどうも有り難う御座いました。

89 :81:02/11/27 11:48 ID:aCrei2uZ
繰り返しになるが、業者として言わせてもらうと、
墓相なんて基本的に商売のためのインチキ。
この時期は触ってはいけない、とかいうことは一切ない。
だまされないように。

90 :名無しさん@占い修業中:02/11/27 11:52 ID:CnMwLRku
業者に暮相がわかるわけないでしょ。

91 :名無しさん@占い修業中:02/11/27 11:53 ID:CnMwLRku
もちろん建築士も家相は知らない。だって試験に出ないし。

92 :81:02/11/27 12:02 ID:aCrei2uZ
私は建築士の免許も持っているけど、
家相に関しては、近代建築学が見落としてきた
先人の知恵が込められているということで、再評価するむきがある。

しかし、墓相に関しては、そんなことは一切ない。
何冊か本を読んだが、言っていることが本によって矛盾しているし、
なんの根拠も示されていない恣意的な叙述ばかり。
統計的にデータがあるなんて言う人もいるが、統計的相関性は
○○をすると××になる、という因果関係の証明にはならない。
せいぜい84で書いたような相関性があるかもしれない、という程度だろう。
こういう墓を作るとこうなる、という因果的な説明は、基本的にインチキ。

93 :81:02/11/27 12:07 ID:aCrei2uZ
誤解があるといけないので、追加。

風水思想に基づいた墓の設営に関しては、一定の学問的研究があって、
これは読んでみてもたいへん面白い。
風水というのは、豊かなものの見方を含んでいるなあと感じる。

私がインチキだというのは、あくまで、
○○という墓を作ると××になる、という断定的な言い方をする
俗流墓相学のこと。これは一切信じる価値なし。

94 :名無しさん@占い修業中:02/11/27 17:11 ID:???
無知そうな人の断定も価値ない

95 :81:02/11/27 17:45 ID:???
煽りにも価値なし

96 :名無しさん@占い修業中:02/12/16 15:22 ID:Ruj19bZk
>>93さん
和風水って偽物でしょ?

97 :旗屋 ◆k2gtjXMMYY :02/12/16 18:01 ID:vUj5sVhQ
>>96
残念、96さん。和風水は本物です。(^-^)
墓相は、韓国や琉球でさかんですね。

和風水の理論の一部は墓相とリンクします。
八神のうち、獏の神獣が墓関係の担当です。

98 :旗屋 ◆k2gtjXMMYY :02/12/16 18:17 ID:vUj5sVhQ
ここに書き込むことはしばらくありませんが、
旗屋の騙りがよく出没するので注意です。
この書き込みのトリップが本物です。
または、┣━━━ 最新の占術研究 (和風水・他)━━━┫
のスレッドでトリップを確認してください。

99 :81:02/12/20 13:03 ID:0axGQKUe
>>97
>和風水は本物です
というのは、具体的にどういうことですか?

100 :あぼーん:あぼーん
あぼーん

101 :名無しさん@占い修業中:02/12/27 00:46 ID:???
和風水の人は墓相を詳しく

102 :名無しさん@占い修業中:03/01/04 04:34 ID:???
和風水と墓相は関係ない。

103 :81:03/01/06 06:40 ID:pAf4TmdF
物事の因果関係を説明する体系は、占いではなくて自然科学になる。
科学なら、厳密な検証を経てその理論が実証される必要がある。
理論だけ整備したところで、それは科学としては全く無意味。
むしろ、何でもきちんと説明できてしまうような体系というのは
ポパーの指摘通り、科学としては無内容になってしまう。

占いというのは、本質的に自然科学とは異なる知の体系としての要素を持つ、
という点をしっかりおさえておかないと、
占いの探求というのはおかしな方向に行くかもしれない。
そもそも占いは、自然科学的な意味での因果関係を説明するものではないし、
下手に統計だの、効果の実証だの、厳密に無矛盾な理論体系だのといった
自然科学的手法を持ち出す必要は必ずしもないと私は思う。

墓相にしても和風水にしても、その部分を根本的に間違えているだろう。

104 :山崎渉:03/01/08 15:58 ID:???
(^^)

105 :名無しさん@占い修業中:03/01/16 05:01 ID:GdlQU28r
良スレあげ

106 :山崎渉:03/01/19 06:52 ID:???
(^^)

107 :旗屋YY ◆k2gtjXMMYY :03/01/28 17:49 ID:oY1ZvXQj
和風水のことなら、和風水スレッドでお尋ねくださいね。
┣━━━ 最新の占術研究 (和風水・他)━━━┫
というスレッドタイトルです。

和風水の構造は理解できるかな?
従来の占方法との差は、スケール大きさです。
もちろん、和風水の方が大きいものですよ。

108 :81:03/01/28 18:36 ID:ZJiqLKOU
>>107
申し訳ありませんが、そちらのスレッドに関しては
議論の立て方自体が最初から間違っていると思うので、
私には参加する気はありません。

「厳密に無矛盾な占いの理論体系」を求めるということ自体、
占いの本質から外れることで、私は無意味だと思う。
それに、占いの要は、それがどう現実の中で人々の生き方に関係してくるかであって、
その大事な部分を論じないまま「まずは無矛盾な体系」などとやっているのは
占い師側の内部事情にすぎず、占いを現実の中で見る社会的観点に欠けている。
従来の占いの方法との差など、大局的に見ればどうでもいいこと。

墓相の問題にしても、それが死に関する人間のあり方を豊かにするのではなくて、
現実には、つまらない制限を与え、金を巻き上げるだけの道具になっている、
まさにそこが問題なのだから。
こういう問題にこそ、占い師側はきちんと答えるべき。

109 :名無しさん@占い修業中:03/02/11 08:43 ID:DFAePMKS
107のスレは素人よりレベルが低い。

110 :旗屋YY ◆k2gtjXMMYY :03/02/15 11:44 ID:YuT23xIc
>>109
残念、それは理解できない人の逃げ口上ですね (^-^)

111 :旗屋YY ◆k2gtjXMMYY :03/02/15 11:47 ID:YuT23xIc
>>108
和風水にリンクしている墓相で金を巻き上げた人はいませんね。
構造を理解できたら和風水が金を巻き上げる道具かどうかは簡単にわかるでしょう。

112 :あぼーん:あぼーん
あぼーん

113 :名無しさん@占い修業中:03/03/03 21:13 ID:???
墓相ってどれ位重視すればいいのだろう?

114 :名無しさん@占い修業中:03/03/19 01:53 ID:???
推命の墓とどう関係が。

115 :81:03/03/25 18:28 ID:Kev8IVIZ
お彼岸もすぎて時間ができたので、たっぷり書き込んでみよう。

>>113
全く気にする必要はないです。無視しても害はない。

墓相を無視した後に何か悪いことが起きると、
「やっぱり墓相がいけなかったのだろう」とか言い出す人がいるが、
起こった事象と墓相との間に何の因果的関連も証明できない以上、
それはそう思う当人の主観による勝手な関連づけにすぎないので無視すること。
人間生きていれば悪いことだってあるわけで、
そんなものをいちいち墓相に関連づけて納得するとしたら、
その心理の方をむしろ考える対象にした方がいい。

116 :81:03/03/25 18:29 ID:Kev8IVIZ
>>111
「理解できれば云々」というのは、いかにも新興宗教の勧誘ふうの言い方。
そうではなくて、細かいところを理解できるかどうかに関わらず、
外部の者にその正当性を主張できるというのが、社会的な説明責任というものだろう。
また、占いを商売にすることそれ自体が「金を巻き上げる行為」である、
という見方もあるわけで、こんな答え方は何の回答にもなっていない。
「うちは他のところとは違いますよ」なんて、いかにもインチキ商売師の言うセリフだろう。

私は、そちらが墓相を重要なものとして主張する以上、
墓相の存在意義をきちんと説明することを求めている。
いわば、占い業界の外側から問いかけをしているのであって、
業界内部の事情を聞いているのではない。


「社会的観点の欠如」というものがまさに当てはまるような回答で、
馬鹿馬鹿しさや失望を通り越して、いいかげん哀れになる。
この程度しか言えないのなら、ここに来なくてもいい。自己満足していなさい。

117 :81:03/03/25 18:29 ID:Kev8IVIZ
ちなみに、占いとしての風水は、自然科学的な現実世界の地理学ではなく、
人間の体験世界における環境を扱うものだと私は考えるので、
むしろ地表が平らであることを前提にする方が自然だと私は思う。
丸い地平が前提でなければ矛盾している、と始める時点ですでに
占いの本質や人間の体験世界を捉え損なっているだろう。

風水や占星術を、現代の科学的知見を元に組み替える試みは多々あるが、
私はそんな整合性よりも、歴史の中で風水や占星術が培ってきた文化の厚みを大事に思う。
矛盾があるかどうかよりも、それが現にどのような厚みを持っているのかを評価すべき。

和風水の側も、きちんと反論する気があるなら、
こうした問題や、>>103>、>108などにきっちりと論理的に答えてほしい。

118 :81:03/03/25 18:30 ID:Kev8IVIZ
今月の新刊、横田睦『お墓博士のお墓と葬儀のお金の話』(光文社新書)に
墓相のことが書かれている。
墓相に関する基礎知識ということで、引用してみる。

・・・・
 まるで古(いにしえ)より存在してきたもののように思われがちです
が、我が国において墓相というものが論じられるようになったのは比較的
最近のこと、現代の定説としては、明治時代の中山(多田)通幽なる人物
を墓相の開祖としているようです。
 彼は単に、「墓相を診る」ということを行っていたのではなく、福田海
(ふくでんかい)という団体を創始した、ある種の宗教家ないし活動家で
あったとも言えるかもしれません。事実、中山が説いた主張というのは、
清掃や供養など無縁墓への奉仕という隠れた徳(陰徳)を積めば、これに
感応して幸福(陽徳)がもたらされるというものであり、団体(福田海)
の活動も無縁のお墓の清掃や修復、供養などが中心でした。
                           (続く)

119 :81:03/03/25 18:31 ID:Kev8IVIZ
(続き)
 つまり、そうした活動の結果として、絶家となった無縁墓の類型化が行
われる。で「凶相墓」が生まれることとなり、その逆に無縁とならない
墓、すなわち家の栄える墓である「吉相墓」が判じられるようになったわ
けです。墓相は、中山が活動を実践していく過程で形成された副産物で
あったとも言えるでしょう(現在、墓相を論じた書籍の多くが「統計学的
に証明された」といったことをしきりに主張しておられる背景もどうやら
この辺りに端を発しているようです)。
 大陸においても陰陽五行などの論理に基づき、父母や先祖を安らげる墓
の場所を見立てる「陰宅風水」というものが存在していましたが、我が国
の墓相はそれとは全く異なる反転した論理構造を成していることになります。
    (p.227-228)

120 :名無しさん@占い修業中:03/03/25 21:02 ID:I3Ox7bLS
祖父母が死んでから、15年ぐらいは墓を立てなかった。まず、いえることは墓を立てたからといって何も変わらん。後、同じ時期に同じような墓を立てた場合でも同じような相続運があるかといったら絶対無い。運命というのは一つの事柄で決まるものではない。

121 :名無しさん@占い修業中:03/03/30 15:55 ID:???
どんな占いだって因果関係をたやすく証明できない。出来たらノーベル賞もの。


122 :81:03/03/30 16:25 ID:KmBoxPSh
>>120
同意。

>>121
因果関係が証明できたら、それは占いではなくて立派な科学。
占いというのは、そもそもそういう根拠を持たないからこそ占いのなであって、
「因果関係が証明できた占い」なんて「黒い白馬」なみの形容矛盾。
だから占いは、危うくいかがわしいし、逆に、自然科学的手法にのらない
人間学的な余地を持っているとも言える。

占いをする側にもし良心というものがあるなら、そういう部分を自覚して、
あたかも明確な因果関係が成立しているかのような言い方をするべきではないだろう。

123 :名無しさん@占い修業中:03/04/15 16:57 ID:???
           ___
         |...:.::......|
         | 3....|
         | 0...:|
         | 0:..:|
      ,,,.   | 0::..| ,'"';,
    、''゙゙;、).  |...::::.:::..| 、''゙゙;、),、
     ゙''!リ'' i二二二二!゙''l!リ'''゙
     ‖  `i二二二!´ ‖
     昌 |: ̄ ̄ ̄ ̄:| 昌
    | ̄:|_|;;;l"二二゙゙l;;|_| ̄:|
    |  :|::::::| |;;;;;;;;;;| |::::|  :|
    |  :|::::::|┌─┐|::::|  :|
 ./゙゙└‐┴ ┴l,,,,,,,,,,l┴┴‐┘゙゙゙゙\
 | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|
  ̄|三|三三|三三三三|三三|三| ̄
   |  |:::  |: :    : : |::   |  |
   |  |:::  |: :    : : |::   |  |
  /_|:::  |: :     : :.|::  :|_ヽ
 _|___|;;;;;;;;;;|,;,;,,,,,,,,,,,,,,,;,;,|;;;;;;;;;;|___|_
 l;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;l

124 :120:03/04/15 20:42 ID:???
あのー建立したのが、運であって
相続運というなら大きい墓所を相続するのが相続運。
お墓持たないのは自由ですが、
建立出来ないのは金運、子供運が無い、
生きてた時のゴタゴタ引きずっているのも運。。。
普通に続いて往けたらと希望してます。

詳しい方へ
カロウトの墓は無縁多いですか。

125 :81:03/04/15 22:38 ID:qnkfjYVU
>>124
なるほど、そういう意味での運の話ならわかるなあ。
墓相が運を引き寄せるのではなく、運が墓の形となって現れるというのが本当でしょう。
墓相学は、これを逆の因果関係として主張するという、ばかげた転倒をしている。

>カロウトの墓は無縁多いですか。
そういう事実はないでしょう。 
東京の区部の東側では、関東大震災後の都市整備の際に、
墓所をコンクリート製のカロトにするよう都から設計指導された。
それで多くの墓所が区画されたカロト方式。遺骨も土になんか還らないで箱の中。
それでも、東京の東側が西側に比べて顕著に無縁率が多い、なんて話は聞かない。

ソースは忘れたけれども、三代続く家というのは、全体の50%しかないそうだ。
つまり統計的に言うと、三代後には半数の家が無縁になっているわけで、
要するに、「無縁になる」なんてごくありふれた話だということ。
無縁にならないような墓相などを云々するよりも、
永代供養墓のように、家の継続を前提としないこれからのお墓の形態を
いかに考えていくかの方がずっと現実的な需要があって大事なことのはず。

126 :124:03/04/16 18:14 ID:???
50%ですか多いです。
寂しいですね。こんなに都市部で人が余ってるのに
子供のいない時代が来るのでしょうか。
永代供養、ゴミ捨て場的感が拭えなくて、、、
家の継承は在る人間のこと。
継承させる物持てる人間でありたい。
不平と感じても、お金持ちは代々の所多いです。
しかし、墓地が広い他はお金持ちと云われる家の墓
高価でも無いと感じる。
小市民的人の方がせまい墓地ローン買い高い石買う。
墓石屋さんこの人たちの相手が殆どでしょう。
お寺さんもやはり金で動く、良い位置にいるものは
恩恵も多い。
親孝行といってもローンで首回らないになるなら運無い。




127 :山崎渉:03/04/17 08:44 ID:???
(^^)

128 :山崎渉:03/04/20 04:06 ID:???
   ∧_∧
  (  ^^ )< ぬるぽ(^^)

129 :81:03/04/21 17:09 ID:qQAXuDmA
>>126
家制度は江戸時代からあったけれども、基本的には課税のための単位で、
家に後継ぎがいなくなると、全く血縁のない人間を連れてきて継がせるなんて普通だった。
いわゆる「家の墓」なるものが本当に成立したのは、明治時代で、
たかだか100年程度の歴史しかない。そして墓相学の歴史はさらに浅い。

こちらがそちらに何か言えることはないけれども、
「家の墓」という発想が、実はそれほど永遠なるものではなくて、
時代が下ればいくらでも変化しうるものでしかない、ということを知れば
いくらかは感じ方が変わってくるかもしれない。

現代の墓相学なんて、そういう自由な発想の芽をつみ取るものでしかない。
占いの中でも、相当にくだらない部類に属するものだよ。

130 :81:03/04/21 17:33 ID:qQAXuDmA
ちなみに、ヨーロッパの話だが、
公営墓地に墓所を持っている人が亡くなると、
墓地管理者が子供や縁者に「墓地を承継するか?」と聞いてくる。
するとなんと、半数以上の人が「しない」と答えるそうだ。
その墓地は遺骸もろとも墓地管理者が片づけて合葬してしまうわけだが、
やはり日本とは墓に対する感覚が違うと感じる。
墓というのが必ずしも継承するものとして捉えられていないわけだ。
 

ところで、いまさらだが>>123は上手だなあ。
陵カロトの墓になっている。3尺角墓所くらいの、わりと小規模の墓かな。

131 :あぼーん:あぼーん
あぼーん

132 :名無しさん@占い修業中:03/04/21 18:03 ID:???
昔の常識でものを計るのがおかしい。三代で絶える家が幸福なのか考えたことあるのか?
色んな病災が不思議じゃないご時世で、何が起きても構わないのならいいが
吉相墓で安定した家系が続くならそっちを取るね。

133 :81:03/04/21 18:16 ID:qQAXuDmA
>>132
>三代で絶える家が幸福なのか考えたことあるのか?
そんなこと人それぞれ。
その人が本当に幸福かどうかを他人が判断できるわけもない。

人の幸せはそれぞれのはず。「家の継続こそが幸福」ということを
無条件に前提にした墓相学に、人間の多様な生き方をすくい取ることはできない。

>吉相墓で安定した家系が続くならそっちを取るね。
だから、「吉相墓で安定した家系が続く」という理屈に何の根拠もない、
というのが最大の問題でしょう。

134 :名無しさん@占い修業中:03/05/11 15:23 ID:???


135 :名無しさん@占い修業中:03/05/16 23:06 ID:???
家のある人は、継承させたい。
別に悪い事ではない。 問題は、継承させたいのに出来ないこと。
吉相墓かどうかも大事か?要するに墓は死んだ人のお骨のゴミ捨て場で無い。
根拠で世の中全て動くともいえない。
根拠よりも、先祖崇拝親年長者大事にしたい気持ちが叶うこと。


136 :81:03/05/17 08:08 ID:9KmtuiZd
>>135
その「先祖崇拝親年長者大事にしたい気持ち」につけ込んで商売をしているのが墓相学なんだよ。
宗教的感情のありかとしてのお墓は大事だと思うが、
そのことと、墓相学がかかえている現実問題とは別個に考えるべき。
「先祖崇拝親年長者大事にしたい気持ち」を叶えるのに、
問題の多い墓相学にあえて従わなくてはならない理由などない。
墓相で得をするのは墓相学者と石屋だけ。


それから、
>根拠で世の中全て動くともいえない。
というのは事実だが、墓相の根拠の追求はそれとはまた別の問題。

墓相学者は「墓相には統計的根拠がある」などと主張しているが、
第三者による十分な科学的検証に耐えられるだけのデータは発表されていない。
また、前にも述べたが、統計は相関関係を示すが因果関係までは立証しない。
それなのに、「○○という墓は××になる」などと、
あたかも明確な因果関係が確立されているかのように教唆するという馬鹿げたことをする。
例えば、高学歴者ほど子供を作る率が少ないという統計的データがあるが、
これをもとに、「子孫を繁栄させるためには、大学教育を受けないようにするといいです」
とか人に勧め出すとしたら、発想の仕方が狂っているとしか言いようがない。
要するに、墓相学者はそういうことをやっている。

はっきり言って墓相学は、科学的にも、倫理的・人道的にも問題があると私は思う。
墓相を主張するなら、少なくとも明確に根拠ぐらい示すのが道義的責任というものだろう。
示せないなら墓相など最初から言うべきでない。

137 :81:03/05/17 08:25 ID:9KmtuiZd
つけたし。

要するに、「墓相には根拠がある」と主張しているのは墓相学者のほうだ、ということ。
私は、「そちらがあくまで根拠があると主張するのなら、
その根拠をきちんと示してみろ」と言っているだけ。
きちんと示せもしない根拠を、あたかも存在するかのように言う
墓相学者のほうに問題がある。

138 :81:03/05/17 14:26 ID:9KmtuiZd
私は、人間にとって占いが持っている価値を充分に認めたいと思っている。
厳密な因果関係を証明せよ、などという無茶だって普通は言わない。占いは科学ではないのだから。
たが、墓相学の場合、これをすると必ずこうなる、というようなことを平然と言い放つし、
それによって現実に無意味なトラブルだって起きている。

例えば、吉相墓を建てることが必ず子孫の繁栄に寄与する、
というような事実がない限り、墓相学というのは単なる詐欺だろう。
はっきり言って、そんな事実はない。(あるというなら証明してみなさい)
私が知っているところでも、墓相を気にした墓を建てたのはいいが、
5年もしないで無縁になってしまったところがある。
現在、その墓は無縁の公示を出されているから、半年もすれば撤去されて終わるだろう。

墓相は現実には、石屋と結託して墓を売りさばくための霊感商法みたいなものであって、
普通の占いと一緒に考えてはいけない。
先祖を思う気持ちを大事にする気があるなら、なおさらのこと、
その気持ちにつけ込む霊感商法たる墓相学なんてものは、徹底的に批判して潰していく必要がある。

139 :名無しさん@占い修業中:03/05/28 10:37 ID:???


140 :山崎渉:03/05/28 14:00 ID:???
     ∧_∧
ピュ.ー (  ^^ ) <これからも僕を応援して下さいね(^^)。
  =〔~∪ ̄ ̄〕
  = ◎――◎                      山崎渉

141 :名無しさん@占い修業中:03/05/31 08:48 ID:eeJNarwD
 

142 :名無しさん@占い修業中:03/05/31 16:14 ID:???
墓相イコール霊感商法ですか?
霊感に故人を当てはめてよいのか理解不能。
日本人には、サービスに対し対価を支払う習慣が薄いからかな?
デザインにも価値がある。
表現方法としてデザイン使ったとしては問題ないが、吉相墓って言葉の問題。
習慣風習には難解で説明できないものも多い。

撤去されるのは、その人の墓と遺骨(故人)一度なくなった時点でこの世から
ある意味、撤去されてる。
困るのは関わりのある人の心の問題だけかもしれない。

其処から言うと心を取り出して貴方の常識私の非常識のレベルになったら収集付かない。

143 :名無しさん@占い修業中:03/05/31 16:18 ID:???
81さんはきっと死亡と同時に体も消えてなくなるのでしょう。
そうなったら墓なんて要らないから心配少なくていい。
その方法でもご教授ください。


144 :81:03/06/12 12:44 ID:S63xT54k
>>142
デザインにお金を払うことと、墓相の問題とは、全く別問題。

墓のデザインは、それこそ私の仕事になるが、
要するに、見た目や使い勝手を、施主の希望する方向で作り上げること。
希望する事柄をきちんと提供できるから、はじめて仕事として成り立つ。

しかし墓相の場合、「こういうデザインにすればこうなる」という、
見た目・使い勝手以上のある種の効用を、明確にうたっている。
しかも、その効用の存在には統計的根拠がある、とまで言っている。
しかし、墓相にそんな明確な効用なんか現に存在しないし、
批判に耐えうるだけの統計的検証が行われているわけでもない。
施主は、存在しない効用のために何十万、何百万円もの吉相墓を買わされるんだから、
これは明らかに詐欺だろう。
(そもそも、墓相が問題になるケースで多いのは、よく指摘されることだけれども、
施主の親戚筋が、施主がお墓を作るときに、「墓相がよくない」と
やたらに口出ししたり無理に介入してくること。)


デザインの問題なんかじゃない。これから墓を作る施主に対して
存在しない効用をうたうこと、それによって
相当額の金を出すにもかかわらず自由なデザインを選べないことに問題がある。
別に故人の話をしてるわけではない。

145 :81:03/06/12 12:45 ID:S63xT54k
続き。

その地域で、慣習上「よい」とされている墓の形みたいなものもあるかもしれないが、
それはそれこそ慣習として尊重すればいいだけのこと。
そもそも墓を建てること自体が、明確な理由もなく続けられている慣習だが、
言葉では言えないような意味を確かに持っていると、仕事の上で実感することは多いし、
そういう意味のある仕事に関わっているという自負もある。
その一方で、「墓はいらない」という自由があったっていいとも思う。

ただ、私が取り上げてきている「墓相」は、そういう慣習とは異なる、もっと限定的で明確なもの。
明治時代に現代的な「家の墓」という概念が成立して以降、
ある種の形の墓に特定の効用があって、それには確かな根拠があると明言する墓相学のこと。
これはウソだろう、と私は言っている。私が問題にしている対象を間違えないでほしい。


それから、「吉相墓って言葉の問題」なんてことはない。
それによって単なる言葉以上に苦労する施主がたくさんいるという現実を
石屋として嫌というほど見てきているから、これだけの批判をしている。
あなたはもっと現実を見るべき。

146 :81:03/06/12 12:46 ID:S63xT54k
>>143
何を言っているのか意味がよく分からない。

墓に関しての心配事は、仕事上いくらでも相談を受けている。仕事と関係ないところでも。
墓相なんて実際には、その心配事をいたずらに増やしているだけ。
私は、「心配事を無意味に増やすようなウソはやめろ」と言っているのだが、
それが何かおかしいのか?

墓相学なんかなくなったほうが、もっと自由に墓の問題を考えることができるし、
心の問題についても真摯に取り組んでいけるはず。

147 :名無しさん@占い修業中:03/06/12 14:05 ID:151hSDE5
>>146
君は暇人なんだよ。墓相にはまる現代人はやる事が他にないだけ

148 :81:03/06/13 11:55 ID:Ss04Y3AV
>>147
施主に口を挟む親戚筋なら「やる事が他にない」というのもありそうだが、
こと施主自身に関しては、それは必ずしも事実と一致しない。

むしろ、施主がいろいろな悩みを抱え、落ち着いてものが考えられないようなときに
墓相にハマることが多い、という印象がある。
それにつけ込むという点では、墓相学なんて火事場泥棒みたいなもの。

149 :名無しさん@占い修業中:03/06/15 10:17 ID:???
相て言うなら何故に墓地は駅前の新築マンションの坪単価の2倍位なの?
墓石付いてならわかるが地面が高すぎる。整地とかに掛かるのはわかるも
一般の墓地は無茶苦茶高いと思うのは私だけ?
おまけに所有権で無く使用権でしょう?

石屋と左官屋でも別物なんでそれに占い師?入るとややこしくなる。
占い師で実際にお坊様もあるが、修行もしない占い師でお坊さんの法話数回で
わたしはお坊様にもなれる(修行してからにして欲しい。)って言う占い師が
いる。そいつは問題ある。報酬ん百万。石屋の利益より高いからね。

150 :山崎 渉:03/07/15 13:10 ID:???

 __∧_∧_
 |(  ^^ )| <寝るぽ(^^)
 |\⌒⌒⌒\
 \ |⌒⌒⌒~|         山崎渉
   ~ ̄ ̄ ̄ ̄

151 :ぼるじょあ ◆yBEncckFOU :03/08/02 03:02 ID:???
     ∧_∧  ∧_∧
ピュ.ー (  ・3・) (  ^^ ) <これからも僕たちを応援して下さいね(^^)。
  =〔~∪ ̄ ̄ ̄∪ ̄ ̄〕
  = ◎――――――◎                      山崎渉&ぼるじょあ

152 :山崎 渉:03/08/15 18:33 ID:???
    (⌒V⌒)
   │ ^ ^ │<これからも僕を応援して下さいね(^^)。
  ⊂|    |つ
   (_)(_)                      山崎パン

153 :名無しさん@占い修業中:03/09/19 16:44 ID:bMg4UgAx
墓相の先生に見てもらい
新規のお墓を建立するのに330万請求されました
墓相の業界では妥当な数字ですか?
ちなみに2平方mに五輪塔のみです
どなたか墓相の先生の指導でお墓立てた方いらっしゃいませんか?

154 :名無しさん@占い修業中:03/09/19 22:09 ID:???
>>153
そういうのは複数の会社で見積もりとってもらうんだよ。
そうすれば相場も分かるでしょ。

155 :名無しさん@占い修業中:03/09/19 22:33 ID:???
>>153
墓石を扱うほかの業者さんに見積もりをだしてもらうのがいいです。
どの程度の高さ、意匠のものかにもよりますが、
通常のお墓だと御影石で100万くらいかな。それもものによって違いますけど。
330万だと結構、立派なものなんでしょう。
大きさ、意匠などを伝えて、これを頼むとなるといくらするか、というように聞いてみて。
当たり前だけど、つながりのある業者に言ってはだめですよ。

156 :名無しさん@占い修業中:03/09/19 23:16 ID:???
「お墓がなくっても、わたし、こ〜んなに成功してます!!!」
っていう人いませんかね?いたら、教えて下さい。
いるのでしょうか。そしてその真似はできるのでしょうか。
ポイントは、本当にお墓がないかどうか。本人があることを知らないだけ
だったり、兄弟親戚などが代わりにきちんとお墓つくっていたりしていれ
ば該当しないのですが。どうでしょう。

157 :81:03/09/20 04:38 ID:IHQGfuqs
>>153
現物を見ないと正確なことは分からないが、
墓相関連なら、おそらく白御影石系の石材を使っているだろう、
ということを前提に考えてみる。
ずば抜けて大きな五輪塔であるとか、
庵治石のようにやたら高い石材を使っているとか、
設置に難しい場所であるとかでなければ、
いろいろ多めに見ても150万〜200万くらいで充分利益が上がる。
石屋として言わせてもらうと、ちょっと高い印象がある。

私も、墓相で建てられた五輪塔を見たことがあるが、
うちで工事すればせいぜい120万円程度のものだった。
>>154>>155の言う通り、普通の業者に見積もりを出してもらうといい。

158 :153:03/09/22 12:43 ID:zxHO5fbZ
亀レスすいません。
>>154
おっしゃる通りです。明日石屋さんに行ってみます。ありがとうございました。
>>155
墓相の先生曰く
「設計図だけ渡す方法もあるが、私に全て任せてもらえばオリジナルの物を中に入れる」
らしいです。
なんの石を使うかとは聞いても教えてもらえません。
明日似たようなお墓だと一般的にいくらくらいか調べてみます。ありがとうございます。
>>157
上記の通り素材に関する話は拒否されてます。
四角い石の墓は積み木なので、オリジナルの念?のこもった柱を入れていただけるそうです。
更に、家系図によって五輪塔の傘の角度や諸々の寸法が違うとのことです。
見せていただいた設計図の五輪塔は縦5センチ横2センチの大きさで、
とても角度が計算されているとは思えませんでした。
一口に五輪塔と言っても千差万別いろいろあるのでしょうか?

広くご意見いただきたいのでageます

159 :153:03/09/22 12:46 ID:zxHO5fbZ
おっと長すぎました。
省略部分は
広くご意見いただきたいのでageます
だけです。
すいません。

160 :81:03/09/22 14:42 ID:O3l1BEgp
>>158
>上記の通り素材に関する話は拒否されてます。
標準的な三段墓でも、石の種類によって50万円から300万円くらい値段の開きがある。
私なら、石種を言わずに高額の見積を出す相手を信用しない。

ちなみに、よく墓相学で良い石とされる白御影石の場合、
うちでは50万〜120万円というところ。白御影石は基本的に安い。
(ただし庵治石という白御影石だけは例外で、これだと250万円以上もらわないと合わない)

信仰に関わるものを物の値段だけで推し量るのは間違いだろうし、
信心があればその人が幾ら出そうと基本的に自由だと私は思う。
そもそもお墓自体、信仰がなければ誰も買おうと思わないだろう。
ただ、当人の納得に釣り合う「程度」というものがあるはず。


>家系図によって五輪塔の傘の角度や諸々の寸法が違うとのことです。
傘の角度や諸々の寸法というのは、具体的にどれぐらい違いがあるのだろう?
ごくごく微妙な角度の違いなら、石職人がそこまで作り出せない場合もある。
精確さが必要になる石製品を発注するときには、こちらで原寸の型を作って出すことが多いが、
それでも微妙なところがなかなか合わないことも多い。
現場の据え付け時に、目地で逃げるとかして、何とか合わせているのが普通。


>一口に五輪塔と言っても千差万別いろいろあるのでしょうか?
「空風火水土」の五輪から構成される、という基本的な要素は当然ながら共通だが、
実際の意匠やプロポーションは、地域や石職人によってかなり違う。

161 :名無しさん@占い修業中:03/09/22 15:06 ID:jhdWwDXs
kiuliul

162 :名無しさん@占い修業中:03/09/22 18:47 ID:???
>153
先生は誰ですか?
私も2平方mのお墓に五輪搭立てました。境石入れて赤土入れて四十万
五輪搭は真壁石高さ約一メートルで四十三万です、合計八十三万。
墓石の寸法は健康にする寸法やお金が入るようにする寸法があるらしいですね。
徳風会では建立の時に秘伝のノミ打ちをします。

163 :81:03/09/22 19:19 ID:O3l1BEgp
>>162
真壁石というのは国産白御影石だな。
高さ1メートルは普通の墓石(八寸角)に比べてかなり小ぶり。
全部込みで83万円なら普通の石工事として妥当な金額。

153さん、石種はともかく、大きさぐらいは分からないだろうか?

164 :153:03/09/22 20:27 ID:zxHO5fbZ
みなさんありがとうございます
>>162
ありがとうございます
先生の名前は伏せさせてください。
紹介していただいたのは親の知人ですが、ネット上にページもあります。
徳風会さんのHP読ませて頂いて勉強になりました。
秘伝のノミ打ち以外に中に入れる物とかはありましたか?
>>81
今親にも確認しましたが高さ1メートル強で白い石と言われただけです。
ただ敷地面積が誤りでした。
4平方mでした。
この条件だといくらくらいが妥当なのでしょうか?




165 :162:03/09/22 21:00 ID:???
>>164
五輪搭の中に入れる物は無かったです。

166 :162:03/09/22 21:01 ID:???
>>164
五輪搭の中に入れる物は無かったです。

167 :162:03/09/22 21:02 ID:???
二重カキコしてしまいました、すみません。

168 :81:03/09/22 21:34 ID:O3l1BEgp
>>164
4平方mということは、要するに2m四方ということだったのかな?
そうなると、本体の五輪塔が標準的な白御影石製で50〜70万円、
基礎工事にカロト、境石、赤土で60〜80万円、その他雑費を含め
合計でやはり120〜160万円くらいじゃないだろうか。
4平方mで330万なら、相当に立派な墓ができる。


私自身は徳風会も含め、墓相という考え方自体に反対の立場だが、
153さんが墓相にこだわりたいのなら、それでいいと思う。
(私は墓相学者の主張の矛盾やいい加減さを批判しているのであって、
建立者が墓にいろいろな気持ちを込めることには反対しない)

ただ、一般の石屋として言うなら330万円はえらく高いと感じる。
私ならお薦めしない。
>>162の話なんかを読むと、墓相をやるにしても
もう少しお手頃のところだってあるんじゃないかと思ったりするが。

169 :153:03/09/24 17:09 ID:sbACrMJg
昨日石屋さんに行ってきました。
高くても160万円でした。
一度頭の中を白紙に戻し、他の墓相家の先生や石屋さんにお話を聞いて勉強してみます。
墓相にこだわるつもりは無いのですが、悪いと言われるものは排除したいです。
昨日の石屋さんは、押し付けはせずお客さんの希望を優先すると言われました。
しかし、祖父が別の場所に墓があり、祖母が永大供養されている状況で
その二人を分家初代として墓を建てるのに、
なにが希望でどうすればいいのかもわからないのが本音です。
分家初代の最低限のマナーや、しきたり、墓の形など決まった物があるのでしょうか?

>>81
縦長の約4平方mです。長方形です。
81さんは分家初代ならどういうお墓の形にして、どこに誰の戒名(俗名)を彫りますか?
ご教授よろしくお願いします。


170 :162:03/09/24 18:45 ID:???
私の墓地は正方形の4平方mでした、訂正します。

171 :81:03/09/28 14:18 ID:eHdcAHN3
>>169
返事が遅くなって失礼。
やっぱり160万円くらいでしたか。

>墓相にこだわるつもりは無いのですが、悪いと言われるものは排除したいです。

墓相に関しては、いろいろな人がいろいろ言っているので
何が良くて何が悪いか、共通見解があるとは言えないだろう。
ただ、墓の設計関連でよく聞くことがあるとすれば、
石材に黒御影石はダメ、猫足と呼ばれる細工をしない、の二点ではないかな。

猫足は細工に値段が張るし、構造的にも不安定だから私もあまり勧めない。
しかし、黒御影石がダメだという説には全く根拠がないと私は思う。
東北などには昔から黒御影石をよく使う地域もあるのだが、
その地域ばかりに悪いことが起きる、なんて話は聞いたことない。
いずれにしても石種は好みと予算の問題。気になるなら外せばいい。


>なにが希望でどうすればいいのかもわからないのが本音です。

普段から墓について勉強しているならともかく、
一般の人がいきなり希望を聞かれても、どうしてよいかわからないほうが普通。
その場合には、石屋に何種類か図面を引いてもらうといい。
たたき台になる図面があれば、具体的にものを考えやすくなるし、
希望も自ずから明確になってくる。

墓は決して安くない買い物なのだから、後悔しないよう気になることは何でも相談する。
そこできちんと相談にのってくれないような石屋にはお願いしないこと。

172 :81:03/09/28 14:19 ID:eHdcAHN3
続き。

>分家初代の最低限のマナーや、しきたり、墓の形など決まった物があるのでしょうか?

私は東京のほうで仕事をしているが、分家初代だから、というような決まり事は基本的に無い。
分家の人が墓を作るとき、よく気にすることとして挙げられるのは、
「本家よりも大きい墓を作ってはならないと聞くけど…」だが、
私は「そういう決まり事はありません」とはっきり言う。
まあ、本家とのつきあいとかいろいろあるだろうし、
どうしても気になる場合には、それなりに小さくまとまったデザインをしてあげている。

地方に行けば、その土地なりのしきたりがあるかもしれないが、
それはその地域の人に実際に聞いてみるしかないだろう。

173 :名無しさん@占い修業中:03/09/28 14:59 ID:???
聞いた話なのですが、墓地で百本の内黒御影が五十本ぐらい立っている場合は
黒御影の悪い影響が出にくいが、白御影が沢山立っている墓地に黒御影を二三本立てていると
その立てている家庭には悪いことが起きると言っていました。

174 :名無しさん@占い修業中:03/09/28 17:29 ID:???
,

175 :162:03/09/29 00:20 ID:???
>>169
色々な先生がいるので墓相の先生によって教えも違いますので迷うと思います。
それと330万は高すぎると思う。今の先生の墓相を信じているなら設計図だけもらって
近くの安く見積もってくれる石屋にたのんで建てたほうがいいと思う。石は北木石が理想です。
分家初代なら五輪搭と祖父母の代々墓が必要です。


176 :名無しさん@占い修業中:03/09/29 00:23 ID:wRd34Ix1
|  |
|  |∧_∧
|_|´・ω・`)  あの・・・お茶ですけど
|紳| o o旦~
| ̄|―u'
""""""""""

|  |
|  |∧_∧
|_|´・ω・`)  置いとくんで、飲んでね。
|助| o ヽコト
| ̄|―u'  旦~旦~



177 :81:03/09/29 14:08 ID:wlllVlBX
>>175
>石は北木石が理想です。

「白御影石は良し」というふうに、大まかな石材のグループで良し悪しを言う話はよく聞くが、
特定の石種が名指しで理想とされるのはあまり聞かない。
これはどういう理屈からそうなっているの?石屋として単純に興味がある。
地場の石が最もよい、なんて話も聞くことがあるが、それはどうなんだろうか。

ちなみに北木石とは、瀬戸内海の北木島近辺で採掘される石材。
白御影石の一種だが、実際に見るとかなり黄赤を帯びたものもある。
そうした色味は墓相に関係しないのだろうか。


>分家初代なら五輪搭と祖父母の代々墓が必要です。

これもどういう理屈でそう決まっているのだろう?
少なくとも、私の知っている住職たちはそうした決まりは存在しないと言っている。
こと真宗ともなれば、
親鸞本人が吉凶という考え方にとらわれないよう教示していたとか。
仏教式で墓を造るのならば、その宗派の教えに関係ないところで
やたらに決まりを作るべきではないと私は思うけど。

178 :162:03/09/29 14:43 ID:???
>>177
北木石は吸水率が低いので理想的なのだそうです。あまりに高いと石が水分を吸って
シミができ、それがいけないらしいので北木石がいいらしいです。
墓相家の人がじかに石を見て北木石の中でもシミや傷、あざのない特に白いのを選ぶらしいです。
わかりませんが黄赤のあるのは多分選ばないと思います。

>分家初代なら五輪搭と祖父母の代々墓が必要です。

墓相でやるなら五輪搭と祖父母の代々墓が必要なので絶対そうしろというわけではないです。
私の教えてもらった墓相だと祖父母を分家初代にお墓を建てるのなら五輪搭と祖父母の代々墓が必要になってきます。
先祖の祀り抜けがあるといけないらしいです。
お墓を建てる形は建てる人個人の自由なので自分のやりたいようにやればいいと思います。



179 :81:03/09/29 15:25 ID:wlllVlBX
>>178
早速のお返事ありがとうございます。


>北木石は吸水率が低いので理想的なのだそうです。

そうなると、北木石だから良い、というのではなくて、
白味が強く吸水率が低ければ良い、ということですね。
私なら国産よりもポルトガル産白御影石とかを薦めたいところだけど。

ちなみに北木石は、白御影石全体で見た場合、
白いものでもいくぶん黄赤味を帯びている石だ。


>先祖の祀り抜けがあるといけないらしいです。

これについては、墓石の正面を「先祖代々之墓」にするとか、
墓誌にまず先祖代々各所霊位」と一行入れ、それに続けて祖父母を刻み込む、など、
墓石をまる一本別に建てなくとも対応できる方法はあると思う。
予算もあるだろうし、私なら二本建てることは薦めないな。
(まあ、石屋としては、多く建ててくれるほうが商売にはなるけどね。
商売がしたくて墓相を持ち出す石屋も多い。私が問題にしているのはそれ)

180 :153:03/10/01 17:42 ID:iSgArUsQ
みなさま多忙だった為ご無沙汰です。

>>81
石の話になっているみたいですが、
前回石屋さんではブルーシルク?という素材を勧められました。
日本名はわかりません。
どういう石かご存知ですか?

>>162
>分家初代なら五輪搭と祖父母の代々墓が必要です。
>先祖の祀り抜けがあるといけないらしいです。

ここがとても肝心な部分だと思います。
162さんは2つとも建てたのですか?

181 :162:03/10/04 12:45 ID:???
>>180
五輪搭と予算の都合で祖父母の木票を建てました。木票はいずれ石に変える予定です。

182 :153:03/10/04 14:28 ID:vdd68s1G
>>162
正方形の4平方mに2つ建てることは可能なんですか?
五輪搭を先に石で建てるのは指導されたのですか?
私の墓地は長方形なので五輪搭だけでいいと言われました。
なぜ五輪搭だけでいいのかがとても疑問ですが…


183 :162:03/10/04 15:29 ID:???
>>182
正方形の4平方mなら三基ぐらい建てられます。
五輪搭を先に建てるよう指導されました。
五輪搭だけでいいというのはなぜでしょうね?まあ指導は先生によって違いますから。

184 :162:03/10/04 17:50 ID:???
>>182
先生に祖父母の墓はなぜ建てないのですか?と質問できないでしょうか?

185 :153:03/10/05 16:59 ID:0TuGmGRJ
>>184
してみましたが、五輪塔に工夫して戒名を彫れば問題無いと言われました。
水子の扱いはなにか助言されたことありますか?

186 :162:03/10/06 16:42 ID:???
>>185
なるほど。たしかに極端に狭い墓地やお金の無い人には五輪搭に戒名を彫ることもあると私も指導されました。
水子は男の子はお地蔵様で、女の子は観音様で逆位の場所に建てるよう言われました。ただし三ヶ月以内に流産した
水子はお墓を建てません。

187 :153:03/10/06 18:28 ID:???
>>186
なるほど
出産後の死去の対応わかりますか?
先々木票を石に建て替えた場合五輪搭との距離はどのくらいですか?
質問ばかりですいません…


188 :162:03/10/06 20:00 ID:???
>>187

出産後の逆死者は十四歳以下(水子も含む)は全て一基にして全員の霊名を刻み
十五歳以上の家族は男女に分けて一基に全員祀ります。

木票を石に建て替えた場合五輪搭との距離は七センチから十センチ位です。
一番下の台石全体を拭くことのできる距離を取らないといけませんから。

189 :81:03/10/07 08:33 ID:7TYRsfEB
遅くなりまして失礼。

>>180
>前回石屋さんではブルーシルク?という素材を勧められました。
>どういう石かご存知ですか?

名前は知っているけど、うちでは使ったことがない石なのでなんとも言えない。
知り合いの石材加工業者に聞いてみたところ、
南アフリカ産の青みがかった石だが、日本に原石で入ってくることはほとんどなく
もっぱら中国で製品加工されたものが流通しているそうだ。

昔から頻繁に使われている石材なら、経年変化について実地で分かるが、
ここのところ中国経由で新たに日本に入ってくるようになった石材については、
長期的にどうなるか、本当のところはなかなか分からない。
吸水率、経年による色あせの具合、ビリやサビなどの生じやすさについて、
その石を実際に使っている石屋さんにしっかりと聞いておく必要がある。


ところで、その後調べてみたところ、
北木石は墓相家が好む石として、それなりに有名みたいですね。
北木石はわりあいと経年変化が起きやすい石で、
なかには「もともと黄赤の石なんだろうか」と思えるくらいに変わってしまうのもある。
こういう点は墓相学上問題にならないのだろうか、と思うのだが…?

190 :81:03/10/07 08:34 ID:7TYRsfEB
墓相反対派としてひと言。

墓を建てる際には、どういう気持ちをもって先祖を敬うか、という
宗教的感情、宗教心が最も根本的な事柄のはず。
どういう決まりになっているか、という形式にあまりこだわると、
結局は「先生」に仔細に伺うことばかりになってしまい、
自分の気持ちから自発的に何かを選択する、という部分が欠落していってしまう。
墓相学はそうした点で、宗教の空洞化を引き起こしている、と私は思う。
その上、その「先生」なるものは、自分の語る墓相学に関する
適切な理論的根拠をなんら示すことができなかったりするのだ。

宗教にとっての決まりごとが、単なる形式以上に
本質的なものであることは理解しているつもりだが、
少なくとも、その決まりごとが、
自分の気持ちを存分に受け止めるに足るものであるか、
また、自分の予算に見合うかどうか、きちんと見極める必要がある。


153さんと162さんのお話を読んでいて、私が気になるのは、
「どういう決まりなのか」「こういう決まりになっています」という話が主で、
自分がどういう気持ちをもって墓を造りたいのか、
どういう気持ちを自分の墓に込めたいのか、があまり出てきていないこと。
私が仕事で墓石の相談を受けるときには、むしろその気持ちのほうを重点的に聞くよ。
それが「ニーズに応える」ということだと思っているから。

191 :153:03/10/09 18:31 ID:???
>>188
う〜ん。
そのスペースがあるかどうか微妙ですね。
調べてみます。

>>189
宗教に関してはこだわりはありません。
以前お盆やお彼岸について調べてみましたが、どうも納得のいく答えはありませんでした。
本来宗教とは死者に対するものではなく、現在生存する人間の行き方についてのものと考えています。
父母を敬え等は十戒にもありますが、亡くなったご先祖様に対する宗教というのは中国以東のモンゴロイド限定だという説もあります。
お釈迦様も生き方について述べていると思っています。
長くなりましたが、宗教的にはご先祖様を敬う気持ちを形にするのは非常に難しいです。
「ニーズに応える」とは気持ちを形に反映できるということなのでしょうか?
もちろん決まり等は無いと思っていますので、ご助言くださいますか?
今まで知らないことといえ、粗雑に扱っていた祖父祖母と、
産まれて直ぐに亡くなった息子に対し、
償いの気持ちを持ち、生涯をかけて供養していきたいと思っています。
こういう気持ちの場合のご助言お願いします。

みなさんいつも真剣に答えていただいてとても感謝し、助かっています。
ありがとうございます。
変な文章ですいません。


192 :81:03/10/12 16:03 ID:JUUXvfAx
>>191
>「ニーズに応える」とは気持ちを形に反映できるということなのでしょうか?

ええと、ここは微妙で、気持ちを形に反映させるのは間違いないが、
芸術家が自分の着想を自由に彫刻にするようなものとはちょっと違う。
むしろ逆で、ほとんどの場合は、いわゆる和型三段墓という
一般的な定型に収めるように私は考える。
ただ、どうしてもその和型に収まりきらない希望がある場合もあって、
そのときには、何か特殊な加工をしたり、
全く新しいところからデザインしたりする。

自由に設計をするデザイン墓というのも流行っているけど、私の経験上から言うと、
気持ちをそのまま形にすればいいかというと、決してそうではないような印象がある。
人間の気持ちというのは、時間とともに、成長とともに微妙に変わっていくもの。
ある瞬間の気持ちが生々しく具体的な形になってしまうと、それにずっと囚われてしまって
気持ちが自然に変わっていくことを妨げてしまう。そんなことを私は感じてきている。

私は、よく見られる一般的な和型の三段墓のデザインをかなり評価している。
あれはシンプルで抽象的な形態であるだけに、様々な気持ちの変化を受けとめる余地があると感じるし、
実際そうだからこそ和型が一般的な形式として残った、というのもあるだろう。

続きます。

193 :81:03/10/12 16:03 ID:JUUXvfAx
153さんの話を読む限りでは、私は普通の和型の墓でいいような感じがする。
祖父母に関しては、竿石や墓誌にきちんと名前を彫り込んであげれば、
もうそれで充分以上ではないだろうか。
産まれて直ぐに亡くなった息子さんのことが気になるなら、
小さいお地蔵様でも敷地内に置いてあげるのはどうだろうか。

亡くなった方への気持ちを表すのなら、
お墓の形にやたらこだわったり、高いお墓を作ったりするよりも、
まめにきちんとお参りに行くことのほうがずっといいと私は思う。
そのためには、無理なく予算に見合ったお墓を建てて、
お墓の形も、自分がお参りするのにやりやすいことを第一に考えたっていい。

>償いの気持ちを持ち、生涯をかけて供養していきたいと思っています。

亡くなった方が一番嬉しく思うのは、何よりもこの気持ちでしょう。
いい供養ができると思います。

194 :153:03/10/13 17:04 ID:???
>>193
>153さんの話を読む限りでは、私は普通の和型の墓でいいような感じがする。

最近そう思うようになりました。
お墓を建てたらそれで終わりというものでもなく、それからが大切だと思います。
身内に不幸事が次々と起こり、不安な気持ちになり、何かに頼らざるを得ませんでした。
相変わらず不幸事は起こりつづけていますが、それを御先祖のせいにするのはご先祖に申し訳ないかと。
ご先祖を供養することと、現世での試練は別にして考えてみようと思い始めています。
人のせいにする生き方は好まないので…
和型の三段墓についていろいろお聞きしたいのですが、スレ違いになるので問題提起しておきます。
家系・先祖・運命・不幸 いろいろ因果関係はあると思いますが、単純に

墓相学は統計学ですか?

>亡くなった方が一番嬉しく思うのは、何よりもこの気持ちでしょう。いい供養ができると思います。
共感して頂きありがとうございます。感謝します。辛いことも多いですが精進します。

195 :名無しさん@占い修業中:03/11/03 20:33 ID:???
最近考えたのだが、お墓は基本は一人に一つか夫婦に一つでないかと。
納骨出来るカロートの墓が必要では無い気がする。
先祖と親の墓くらいは作れる人生の運が欲しいかね。

一人に一つでは墓地に限りがあるし、親の墓を子が作ることが出来れば理想。
墓地の値段が高いといっても石の値段の方がはるかに高い。
家もそうだろうが、お墓も創れる時に創らないと何時までも作れない。
100万単位の仕事プロの意見は聞いてみるのはいいね。
墓相=デザインなのか、統計なのか、習慣なのか、、、
お気持ちのお値段を石の値段に加えられるイメージを感じるのは
気のせいであって欲しい。

196 :81:03/11/07 19:35 ID:rpkKN14Y
>>194
遅くなりましたが、エールだけ送らせてください。

>辛いことも多いですが精進します。

何かに頼らず、ご自分で考えていくことを選んだ以上、
辛いことも多いと思いますが、そのぶんの実りはあると思います。

頑張ってください。応援しています。

197 :81:03/11/07 19:37 ID:rpkKN14Y
>>194
>家系・先祖・運命・不幸 いろいろ因果関係はあると思いますが、単純に
>墓相学は統計学ですか?

これまで何度か書いてきたことだけど、改めてまとめてみる。
事実だけ端的に言うと、「統計的根拠があると墓相学者は自ら主張している」。

これに対してよく言われる(つまり、私だけではなく様々な人が指摘する)反論は、
第三者による厳密な統計学的検証に耐えうるだけのデータなど、
どの墓相学者も出していない、というもの。
墓相学者の言う「統計的根拠」なるものが実際どの程度であるかについては
>>118>>119を参照です。

さらに、私なりの反論をもう一つ付け加えると、
墓の形と家の運との間に、仮に統計学的に有意な相関関係があったとしても、
それは必ずしも両者の間に因果関係があることを保証しないので、
「墓の形がこうだと家の運はこうなる」というような一律の関係を
その統計的根拠から導き出せない。
つまり墓相学は、統計学についてそもそも根本的に誤解をしている。

「統計的根拠がある」と自ら主張しているにもかかわらず、
この二つの反論に、きちんと明確に回答をした墓相学者はひとりもいない。
このスレでも誰ひとりきちんと答えていない。おそらくまともに答えられない。

>>122でも書いたように、私は占いを、
自然科学とは異なる人間学的価値を持つ体系として評価する立場。
科学性を持ちだして占いを批判するような浅薄な立場は取らない。
だからこそ私は、墓相学のように、
「統計的根拠あり」などといかにも科学的根拠があるかのように詐称し、
「こうしないと不幸になりますよ」と言って人を不安にさせ、
細かい理屈を展開して煙に巻いて、人から金を巻き上げるような
倫理的にも問題のある、欺瞞に満ちた体系を厳しく批判する。

198 :81:03/11/07 19:38 ID:rpkKN14Y
>>195
都内だと、お墓のほうが永代使用料より安いところはザラ。
私が入っている寺院墓地では、小さい墓所で、
お墓本体が30万円、墓地の永代使用料が150万円というところがある。

うちの場合は基本的に、デザイン料をわざわざ上乗せすることはあまりないな。
デザインといってもほとんどの場合、基本型の仕様を少し変更するぐらいだし。
やたら手がかかるデザインの時に、2万円ほど上乗せしたことはあるが、
これは設計料としてまあ妥当なところでしょう。
先の墓相家のように、顧問料(?)で200万円近くも上乗せできるなら、
墓石屋ほどいい商売はないけどね。


>墓相=デザインなのか、統計なのか、習慣なのか、、、

墓相は、デザインでも、統計でも、習慣でもない。
ひとことで言うなら、明治期に発生した新興宗教が俗化・展開したもの。
要するに新興宗教の一形態ということだ。詳しくは>>118>>119を参照。

墓相はデザインだ、統計だ、習慣だ、と主張する人もいるが、
これははっきり言って、歴史的経緯に関する知識が欠如しているだけでなく、
墓相が新興宗教であることを隠すための方便になっている。
新興宗教がデザイナーとか科学的理論とか伝統とかを詐称しているわけだ。

199 :名無しさん@占い修業中:03/11/08 20:29 ID:???

 ズサー ;⌒);⌒)
ヽ○_ノ;⌒);⌒)
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

200 :名無しさん@占い修業中:03/11/08 20:33 ID:???
200
 ズサー ;⌒);⌒)
ヽ○_ノ;⌒);⌒)
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

201 :名無しさん@占い修業中:03/12/03 01:11 ID:???


202 :名無しさん@占い修業中:04/01/23 14:30 ID:lg5qcnbe
あげておこう。
墓相学の正体を明らかにしておくためにも。

203 :名無しさん@占い修業中:04/01/23 15:56 ID:???
信じる、信じないは別にして霊能者に聞いた話
墓の形や素材については非常識でなければ・・・ということと
向きは考えたほうがいいそう
悪いことがおこるというより縁がうすくなるそうだ
新規に作る場合も何らかの都合で墓をいじる場合も
可能なら身内の誰かの法事に合わせるほうがベストだとか

204 :名無しさん@占い修業中:04/02/01 01:30 ID:???
白御影石が良いと聞きますが、この石で一般的な墓石を作るとするといくらぐらい掛かるんでしょうね?

205 :81:04/02/02 08:49 ID:VXaXV++Y
>>204
三段墓本体のみ、基礎や外柵工事などは別途の金額で言うなら、
大きさにもよるが石材によって50〜300万円と開きがある。
標準的なものなら100万円以内に収まるのでは。

206 :204:04/02/05 01:03 ID:???
超カメレスで済みません。
費用の件、お答えくださり、どうもありがとうございました。

207 :名無しさん@占い修業中:04/02/11 13:51 ID:???
http://www5b.biglobe.ne.jp/~bosou/

208 :名無しさん@占い修業中:04/02/27 22:14 ID:???
age

209 :名無しさん@占い修業中:04/03/09 01:29 ID:???
>>206
その後は?

210 :名無しさん@占い修業中:04/03/24 11:35 ID:QH5XGTTj
はかまんこ

211 :名無しさん@占い修業中:04/04/14 20:54 ID:AkpYxdNw
age

212 :名無しさん@占い修業中:04/04/16 10:28 ID:V3TzSyvg
ちゃんとした墓相学の先生に相談して吉相墓にして早10年以上。
でも、不妊歴も10年になり跡継ぎにはいまだ恵まれません。
最近墓相が信じられなくなってきました・・・。

213 :名無しさん@占い修業中:04/04/16 10:29 ID:???
>>212
ニイシンと墓はちゃうで!

214 :名無しさん@占い修業中:04/04/16 12:24 ID:???
日本の墓相なんてのは、墓石屋が儲けるためにやってんの。

215 :名無しさん@占い修業中:04/04/16 13:54 ID:???
細木数子がある番組で、3段の墓の一番上は先祖、二段目が財産、3段目が不動産って
言っていたのですが、本当ですか?

216 :81:04/04/17 09:53 ID:uD/pn1HE
>>214
大当たりだね。
まあ、墓石業に関わる一人としては、一部の墓石屋だけと思いたいけどね。

墓石業界では、今年から、墓石ディレクター制度なるものが動きはじめている。
墓に関する一定の知識を有していることを証しようという全国的な資格制度だ。
この資格試験のためのテキストの中に、墓相に触れている部分がある。
内容としては、基本的には断言を避ける慎重な姿勢だが、
大筋のところで「恣意的で根拠がない」とする、まあ妥当な内容だ。

要するに、「墓相は恣意的で根拠がない」というのは、
墓石に関わる仕事をする人が持っているべき基礎的知識になった、ということだ。

>>215
何の根拠もなし。

217 :名無しさん@占い修業中:04/05/08 08:43 ID:LqZoc2f9
デレクター試験のことを書くと、必ず荒らしが現れるというのは、
2ch学では定説なのですか?

218 :81:04/05/08 19:44 ID:HjwiWueo
久々に来たら、なんだかよく分からないことになっているが…

そうか、ディレクター制度がらみの荒らしなのか。。。>>258

76 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)