5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

安岡正篤の世界

1 :易の初心者:2001/07/02(月) 02:03
易に関する興味が嵩じて、先日、神渡良平『安岡正篤の世界』(同信社発行・同文館発売)を買って読み始めました。陽明学、易など、東洋思想の大家であり、「平成」という元号を提案した、というまことしやかな噂が或る人物。あまりにもスケールが大きすぎて、自分にはリアルな実感が得られないこの人物について、2chという場で、具体的に物語ることができる人はいるのでしょうか?

http://www.google.com/search?q=%88%C0%89%AA%90%B3%93%C4%82%CC%90%A2%8AE&btnG=Google+%8C%9F%8D%F5&hl=ja&lr=

2 :易の初心者:2001/07/02(月) 02:11
もひとつ。1270件もあるからたいへんだけど。

http://www.google.com/search?q=%88%C0%89%AA%90%B3%93%C4&hl=ja&safe=off

3 :名無しさん@占い修業中:2001/07/03(火) 12:15
晩年はボケて六星占いの細木のオババが愛人として取り入ったと
いうらしいぞ。

4 :世界が:2001/07/03(火) 12:18
おいらは丁未日辛亥時間。
雀どもにはおいらの世界はわからないぜ。
おっちゃんはなんせ鳳凰だからな。

5 :名無しさん@占い修業中:2001/07/03(火) 15:13
ずーっとまえからすごい人だ、とは聞いていたんだけど、
展示物を見て、やっとそのすごさがリアルにやっとわかった。
この人は、疑いようもなく、<昭和>を作った人だった。

書庫にあった書物の量と質も、半端じゃない。
神田の古本屋に迷い込んだのかと思ったよ。
書斎に筮竹があったのはご愛嬌か? それともほんとにやってたのかな?

6 :なんでも:2001/07/03(火) 16:53
一度読んだ内容はコピー機みたいに丸暗記していたというからすごい。

7 :名無しさん@占い修業中:2001/07/04(水) 20:02
この人は、理論家であって、実践家ではないね!

8 :たしかどこかで見た:2001/07/05(木) 10:19
>7四柱推命の阿部泰山も同じだつたという報告あったね

9 :名無しさん@占い修業中:2001/07/05(木) 12:27
風靡を好まず、という人みたいだね。
染井霊園にあるお墓も、個人のものじゃなかったよ。
実績からすると、信じられないくらいつつましい。

10 :>9:2001/07/05(木) 14:37
>>9 細木オババに財産取られたからかもね。
>>6 その能力はうらやましいな。。。。物忘れがひどいもんで。

11 :名無しさん@占い修業中:2001/07/05(木) 16:23
易の本、出ているね.
『易と健康法』上下 (ディーシーエス 2001)

『易学入門』(明徳出版社 昭和35年)も買ってみたけど
こっちは、初学者には抽象的すぎるなぁ。

12 :名無しさん@占い修業中:2001/07/05(木) 16:34
あ、まちがい。『易と健康』上下でした。

13 :名無しさん@占い修業中:2001/07/05(木) 16:56
安岡先生の易の本読んだけど、まったく役にたたなかった。
訳が、あまりにも、抽象的すぎる。
やはり、実践には、加藤大岳の本のほうが、断然いいし、占例等も載って
いるから、実践家には、安岡先生の本はだめだろうね。

14 :名無しさん@占い修業中:2001/07/05(木) 17:29
詩的なの?

15 :名無しさん@占い修業中:2001/07/05(木) 19:31
うにゃ、結構、良いよ。『易と健康』。
話し言葉で解説しているから、とにかく読みやすい。
占い的にはどうだか知らないけど、易経に関心ある、
初学者の導入としては、すごくいいなぁ〜と思った。
岩波や朝日新聞社の易経の本も持ってんだけど、
敷居が高くて,結局、全部読み通せないんですよ。
すると、全体像がつかめないから、面白くなくなっちゃうんだよね.

ただ、サヨの人は、ちょっとダメかも〜。
安岡さんって、この本読んだ感じでは、共産主義嫌いみたいだ。

16 :名無しさん@占い修業中:2001/07/09(月) 20:22
意外と話が続かないね・・・。

17 :名無しさん@占い修業中:2001/07/11(水) 02:59
age

18 :名無しさん@占い修業中:2001/07/14(土) 12:16
細木と縁があったんだね・・・

19 :名無しさん@占い修業中:2001/08/15(水) 15:31
いまでも、安岡さんのお墓に参る人っていっぱいいるみたいだね。

いつも墓前に華が添えられている。

20 :名無しさん@占い修業中:01/09/23 18:44
最近、安岡さんの本って読まれているみたいだなー。
講談社からも新しく、神渡良平さんの概説書が一冊出ていたよ。
すべてには同意できない(特に、トゥインビーを
講話の中でちくちく紐解いたあたり)んだけど、
この人の本は、自分も読んで嘆ずるところがあったから、
思わず買ってしまった。これから読む予定。

うーんとさ、話が途切れていたので、雑談で悪いんだが、
自分は、埼玉にある安岡記念館へ行って、世界観がガラッと変ったよ。
戦後日本の原点にダイレクトに触れたように感じたから。
ここが、自分が生きている、知っている、日本、という
情報空間の始まりだ、
良くも悪くも、ここから始まった「何か」に自分は包まれて、
これまで生きてきたのだ、という強烈なインスパイアを受けたよ。
その後、数日は興奮しまくって、身近な人に、自分の印象を話しつづけていた。
もし行ってない人は、近所なら、話の種にでも行ってみるのが良いかもしれない。

21 :検索したらこんなのあった:01/09/24 01:41
安岡正篤、児玉誉士夫、小佐野賢治
http://mentai.2ch.net/soc/kako/966/966748748.html

22 :名無しさん@占い修業中:02/05/21 01:22
細木数子から知ったけど。。。
こんな凄い人と愛人だった細木が凄い。。。

23 :名無しさん@占い修業中:02/05/22 09:53
自分も、細木さんから知った。>22
だから、占いの人だと思ってましたよ、最初は。



24 :名無しさん@占い修業中:02/06/06 22:44
易学入門ちょっと読んだけどおもしろかった

25 :名無しさん@占い修業中:02/07/19 15:39
とりあえず、浄化あげ。

26 :名無しさん@占い修業中:02/07/19 15:40
六星の人は書きこせんのかね。

27 :名無しさん@占い修業中:02/07/19 17:39
age

28 :名無しさん@占い修業中:02/07/19 17:52
細木はどうやって出会ったんだ?

29 :名無しさん@占い修業中:02/07/20 01:10
安岡さんが生きてたら、
ここの占いを見てどう思うのか……。

著作では、曲学とか言って、
中途半端なものを罵倒してるからなぁ。

30 :名無しさん@占い修業中:02/07/20 01:58
24才の時に本を出した上に出版元が格式が高いところだったので東大の教授達も
驚いたって著作に書いてた。


31 :名無しさん@占い修業中:02/07/21 20:54
『王陽明研究』だっけか。

しかし、東大のような、他人の権威によっかかるような人ではないのでは?
安岡さんって。

32 :名無しさん@占い修業中:02/07/21 21:04
細木はもともと安岡が遊びにいってた銀座のバーのママ。
安岡の名を利用して占い師に転身したのさ。
金に汚いのはマスコミ関係では有名。
安岡も細木とのつながりが一生の汚点だな。

33 :名無しさん@占い修業中:02/07/21 21:12
>しかし、東大のような、他人の権威によっかかるような人ではないのでは?
>安岡さんって。
「東大の」とは書いてなくて「教授達も驚いたようである」な感じで書いてた。
自然、「東大の」になるから俺が勝手に書いた。



34 :名無しさん@占い修業中:02/07/21 21:13
ちなみに細木の学問(といえるなら)は安岡とはいっさい関係なし。
あれは、元さる霊能者の愛人だったK・M(s17年生まれ)という女が、
そこで得た運命学と仏教の知識をその後知り合った細木にふきこんだもので、
それも中途半端だからかなり間違ってる。
ずっと細木の側近でいたが今はどうか?

35 :名無しさん@占い修業中:02/07/21 21:17
帯に推薦の言葉を書いてんだよね。確か。細木さんの最初の著作に>32

しかし、34が言うように、学問的に何も継承しなかったのなら、
もったいなさ過ぎる。

36 :名無しさん@占い修業中:02/07/21 21:18
>>32
前にテレビの豪邸拝見の番組で話すこと全部自慢。屋根が特別とか、高価な壷を
もらったとか。
安岡さんは易自体はしたの?易学入門見る限りは通説と違うところが多いし、
当たらないって言われてるんでしょ?

37 :名無しさん@占い修業中:02/07/21 21:20
安岡さんの記念館が埼玉にある。そこに行ったことがある。>36

卦は立てていたみたいだよ。書斎に、筮竹があった。
当たるか当たらないかは、知らない。

38 :名無しさん@占い修業中:02/07/21 21:23
>>37
俺も行こうかな記念館。で、揮毫が書かれただけで1200円もする色紙買お(笑


39 :名無しさん@占い修業中:02/07/21 21:26
本読むと、とにかく英語が多い。

40 :名無しさん@占い修業中:02/07/21 21:27
わはははは>38

場所自体は結構良いよ。都会の空気に疲れた身には、骨休めにはなります。

管理人の人は親切で話ずきだ。安岡さんの話し始めると止まらない。
見学した後でよったら、温かいお茶出してもらった。

そゆ具合に、さりげにもてなしてくれると思います。



41 :名無しさん@占い修業中:02/07/21 21:29
安岡の学問継承するったって、器っちゅうもんがあるだろうに。
いくらなんでも細木のババアじゃ無理だべ。
安岡も晩年ぼけて欲深の女狐に化かされたようなもんだわ。

42 :名無しさん@占い修業中:02/07/21 21:32
晩年は同じ話を何度もするようになったらしい。

43 :名無しさん@占い修業中:02/07/21 21:32
安岡さんが、ネットの時代に生まれてれば、
今語られているよりも、ものすごいことになっていただろうなぁ。>41

惜しむらくは、海外でも良いから、同等の能力がある人と、
日常的に会話できなかったことなのではないか、と思う。
日本国内では、それを探すのは難しかった、ということなんだろうなぁ。

44 :名無しさん@占い修業中:02/07/21 21:39
>安岡さんが、ネットの時代に生まれてれば、
>今語られているよりも、ものすごいことになっていただろうなぁ。>41
同意。歴代首相を引き付ける魅力を生で知りたかった。


45 :名無しさん@占い修業中:02/07/21 21:42
いま、御弟子さんだった人が、研究会とかやってるよ>44

関西師友会なら、今でも残っていると記憶してる。

46 :名無しさん@占い修業中:02/07/21 21:46
>>45
よし!いっちょ乗り込んで天下国家を論じてくるか!

47 :名無しさん@占い修業中:02/07/21 21:48
わはははは>46

佐高信は、批判しているから、その辺もチャンと読んでいけば良いのでは。
全てがOKなんてあり得ないのだし。

でもさ、記念館は行った方が良いかもしれない。インスパイアされます。

48 :名無しさん@占い修業中:02/07/21 21:55
佐高信が安岡さんの書いたの一冊しか読んでないんだよね。台湾か中国に対して
安岡さんが書いた書簡を批判してた。言葉尻をとらえた感はぬぐえない気がする。

記念館は本当に行こ!で、揮毫が書かれただけで(略


49 :名無しさん@占い修業中:02/07/21 21:57
いや、企業がやってる精神鍛錬的研修を積極的に推し進めた、
という点で批判していた>佐高

自分が読んだのはそういう感じ。>48


50 :名無しさん@占い修業中:02/07/21 22:06
佐高って直接会ったことあるの?会ってみないと真価はわからない。

51 :名無しさん@占い修業中:02/07/22 00:59
佐高信は元・総会屋だよ。

暴力団と同類の人間でしかない。信じちゃだめ信じちゃだめ

52 :証拠:02/07/22 01:03
『宝島30』1993年9月号p50-60 佐高へのインタビュー
---------------------------------------------

聞き手  ついでにいうと、あの書き方だと、『佐高だって、元総会屋じゃねーか』というような、ガキの仕返しがきっと出てくるんですよ。

佐高信  総会屋云々のほうは、そういう雑誌にいた(総会屋雑誌編集者だった)ってことを隠してはいないけどね。

聞き手  (総会屋雑誌編集者だったということを)隠してはいない。でも語ってらっしゃらない。実際、どんなだったのですか?

佐高信  ん――まあ、営業と編集は分かれているから、わたしが直接広告を取るという
       ことはないわね。ただ、広告とタイアップした記事はたくさんあるわけで、
       どこぞの社長の提灯記事書けとかは日常茶飯事だからね。一方で批判記事というのも書いてはいたわな。

(注:「批判記事を書かれたくなければ金をよこせ」というのが総会屋の脅迫手口)

53 :名無しさん@占い修業中:02/07/22 01:28
総会屋雑誌でも好きな雑誌もあったなあ。
今残ってるのでは創(つくる)とかさ。
あそこも今は独立資本だけど。
噂の真相の編集人だって、もともとは総会屋雑誌の広告取りだよ。
当人に聞いてみてもいいし、創刊した年のバックナンバー見れば事情がわかる。
昔は総会屋オーナーでも金出して口出さない太っ腹のタイプもいたし
そういうレッテル張りで決め付けるもんじゃないよ。
52さんは40代以下でしかもそれなりにマスコミの内部にいないとしたら
総会屋とか総会屋雑誌が、それなりの論壇としての役割を果たしてた
時代の全体像は知らないでしょ。
もちろん企業ゴロの総会屋のほうが多いけどね。

ある意味、普通の雑誌ほかマスコミでも広告スポンサーの悪口とか
は絶対に書けないし、ひもつきには変わりない。
少なくとも元総会屋だったから、その人の批判がすべて間違ってる
ということにはならない。
自分でいろいろ読んで自分なりの意見を持つべきだよ。

54 :名無しさん@占い修業中:02/07/22 02:03
井筒俊彦さんあたりと、学術的な対談をして欲しかったな。

自分が知らないだけかも、だが。

55 :名無しさん@占い修業中:02/07/22 02:20
        ∬  マターリ      ∬
        。。 ・・(/ノノヾ)・。。。 ∬
     o0o゚゚   (´Д` ;)   ゚゚oo     
    。oO  ( (( ー----‐ )) )   O0o   
   (~~)ヽ             (´^ヽO,
  (⌒ヽ             (⌒)(゙゙゙)~
   /~゙゙ヾ⌒`ゝ-(~´`(⌒(⌒~ヽ~ ~~  、、
   ゝー ′ '"      ``"       ¨^^

安岡さんという、突出した故人をしのびたい。という感じですね。
その人の良いところを、学びたい。

56 :名無しさん@占い修業中:02/07/22 02:26
吉外男(石オタ)
・駄スレをよく立てる。
・教えてチャンである。
・1日10H位インターネットをやってる。
・ドキュンなレスが非常に多い。
・人のせいにする。
・よく間違える。
・甲日で身弱。(多分)
・昔からいるが全く成長してない。
・ヤフーや、オカルト板をよく見てる。
・自分が責められるとすぐに「つまんない」
_______________
レスの特長
_______________
730 :645 :02/07/08 02:53
うん、まぁ、罵り合いでいいんではないのか。

ID反対。ここ、依存チャンをはじめとする、心のヨわっちー人多いのに。
そういう人が、意図的に整理されたと見える場所で、
心理的に強いやつに知らない間にとりこまれるくらいなら、
罵倒の応酬にびびって他の板に行くほうがいい(w。

IDそのものが、2chの理念に反しているってのが、それ以前の大前提だけど。

そんな感じだな。

57 :名無しさん@占い修業中:02/07/22 02:33
56は、故人を汚す、クソ野郎。

別スレなら許すけど、このスレは止めろよな。

58 :名無しさん@占い修業中:02/09/12 23:35 ID:ObPusHny
塩田潮『安岡正篤 昭和の教祖』(文春文庫)
は読みごたえあった。70人に取材したらしいよ。

59 :名無しさん@占い修業中:02/09/13 13:04 ID:???
>>58
「教祖」(w  でもそれ以外の何物でもないんだよね。ありがと。

60 :名無しさん@占い修業中:02/09/14 18:59 ID:k0q2mevw
>59

『安岡正篤の世界』と『安岡正篤 昭和の教祖』を
パッと読み比べてまったく違ったのは、
中曽根康弘が安岡正篤と面談するくだりなどかなぁ。

『安岡正篤 昭和の教祖』は全体的にツッコミが鋭いし、
ジャーナリスティックな批判的精神がある良書だと思います。
どっちか一冊お薦めするなら、こっちかもしれないなぁ。

61 :名無しさん@占い修業中:02/09/14 19:18 ID:???
あの本読むと戦後日本政治史の裏面が、
ダイナミックにわかる。というか、わかった気がしたYO。

金がドロドロ絡むような、そういう泥臭いじゃ裏面なくて、
戦後の日本が、失ってしまった戦時中の理念を立てなおすために、
どうしようとしていたのか、誰がそれを担っていたのかってことが、
ぼんやりわかった(ような気がした)。

占いとは六★繋がりで関係するだろうから、
興味ある人はぜひ読んで欲しいなぁ。
「老いらくの恋」というタイトルで、出てる。

62 :名無しさん@占い修業中:02/09/14 19:19 ID:???
×「老いらくの恋」というタイトルで、出てる。
○「老いらくの恋」というタイトルで、最終章に出てる。


63 :名無しさん@占い修業中:02/09/14 20:11 ID:???
ちょこちょこ時間作りながら『安岡正篤 昭和の教祖』よんでみるYO

64 :名無しさん@占い修業中:02/10/09 03:46 ID:H68W1cnd
安岡氏に傾倒している頃
友達と関西師友協会に遊びに行き
「百朝集」と公演のビデオテープを買ったことがありました。
そこにいた白髪の初老の方に
「勉強を大切にな」と言われたのを思い出します。
懐かしい

65 :中庸:02/10/11 02:42 ID:???
細木数子の六星占術に振り回されない“賢者”は、
やはり、安岡正篤を知ろうとするのでしょうか。

六星占術スレッドの住人の「大殺界」偏重には、
最近さすがにヘキエキしてきました。
ここ、なかなかいいですね。また来ます。

66 :名無しさん@占い修業中:02/10/12 09:26 ID:???
>65

六★の評価が、世間一般的に高いとは思えない。
占い産業の範疇と見られているはず。

週刊誌の記事で、安岡正篤のことを知ってる、
わりと若い世代の国会議員が、
安岡〜細木ラインを知って、絶句していた記事が載っていたはず。

賢者、賢人うんぬんという儒教的風土で好まれる権威づけが、
人を依存させて、周囲を思考停止させる原因のひとつだと思う。


67 :中庸:02/10/14 03:41 ID:X4S3HPYz
田中角栄首相の日中友好の当時の安岡正篤の話がありますが、
北朝鮮に関してはどんなものだったのでしょうか?


68 :名無しさん@占い修業中:02/10/14 03:43 ID:???
板違い質問だボケェ

69 :名無しさん@占い修業中:02/10/14 08:41 ID:???
>>68
お前自体が板違い。

70 :名無しさん@占い修業中:02/10/17 00:44 ID:KuEGdwTP
【amazon.co.jp】
安岡正篤の出版書籍案内や解説など
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4884741641/ref=pd_ecc_rvi_1/249-7761034-5125116

71 :名無しさん@占い修業中:02/12/07 18:30 ID:9bPmL7L4
田中清玄さんとは付き合い無かったという話ですが。

72 :名無しさん@占い修業中:02/12/08 18:45 ID:Gr9cxhz5
『田中清玄自伝』読んだよ。。。

ビックリしたのは、下山事件・三鷹事件・松川事件など、
戦後直後の国鉄労働争議を巡る謀略事件について、
松本清張や大森実とは全く逆の解釈を、
自らの体験に基づいて行なっていること。

あれは、アメリカの謀略ではなく、
米軍の補強基地として日本を稼働させないために
旧ソ連が行なったものだ、と田中清玄は主張している、と理解した。

こういうすれ違いが生じているのはなんでなんだろう???
左翼と右翼の違いって具合に、簡単に片付けられないし。

73 :72:02/12/08 18:47 ID:Gr9cxhz5
占いの人から、この手のディープな話題を聞きたい。2chだし。

占いの人が、日本の戦後をどのように総括しているのか、
すごく興味あるんですが。。。。

易鬼さんとか、どうですか?

74 :72:02/12/08 18:52 ID:Gr9cxhz5
安岡正篤さんは、血盟団事件の
井上日昭さんと関わっていることで、
ものすごく著名なはずだ。

占いからたどるルートとしては、

細木数子〜安岡正篤〜井上日昭〜血盟団〜四元義隆〜田中清玄

とか、そういう感じになると思うが。

もう、どーでもいい、子供の遊びは止めましょう。
いろんなものを、自分の知識と見識の範囲で、俯瞰する姿勢を
持てなければ、占いなんてツールを使っている意味なんかなんもないと思う。

75 :山崎渉:03/01/08 16:19 ID:???
(^^)

76 :山崎渉:03/01/19 06:59 ID:???
(^^)

77 :名無しさん@占い修業中:03/02/21 13:05 ID:s4n1HRb+
安岡正篤氏の話をまともにできそうな板、スレッドってどこでしょうか?

78 :名無しさん@占い修業中:03/02/21 22:59 ID:???
どこでしょうね?
哲学板では安岡さん関係のスレは撃沈してましたが。。。>77

この板は細木女史への興味から入った人が多いみたいだから
安岡さんに特化した話はなかなか難しいかもしれません。
よろしければ碩学に似合ったスレを古文漢文板に作ってみてください。

なんか具合がよさそうだったら呼んで下さい。

79 :名無しさん@占い修業中:03/02/22 20:21 ID:i55WYanU
当世での漢学権威って誰よ。
http://academy.2ch.net/test/read.cgi/kobun/1016717580/l50

こことかどう??>77

80 :77:03/02/26 18:59 ID:???
>78
ありがとうございます。
安岡氏の本をいくつか見て、なかなかいい部分が多いと思い
調べているうちに2chで引っかかったのがこの板だけでした。
私の探し方がまずいのかもしれません。
細木さんとの関係を知らなかったのでショックでした。
「細木 安岡正篤」でぐぐってみたら、安岡さんは商売の道具に
使われたのかなあと複雑な印象を持ってしまいました。

>79
しばらく紹介して頂いたスレをROMしてみます。


この板で安岡氏の意義は薄そうなので下げておきます。

81 :山崎渉:03/03/13 14:06 ID:???
(^^)

82 :山崎渉:03/04/17 09:19 ID:???
(^^)

83 :山崎渉:03/04/20 03:56 ID:???
   ∧_∧
  (  ^^ )< ぬるぽ(^^)

84 :名無しさん@占い修業中:03/04/22 20:59 ID:???
おぉ!こんな所に安岡正篤氏のスレが!
43>惜しむらくは、海外でも良いから、同等の能力がある人と、
 >日常的に会話できなかったことなのではないか
人物論を探求していた安岡氏は素晴らしいといわれる人の噂を聞くと、実際に
会いに行き親睦を深めていたそうです。孔子が老子に会いに行き教えを垂れる
心もちに近いな〜、と私は想像してます。

85 :山崎渉:03/05/21 23:48 ID:???
━―━―━―━―━―━―━―━―━[JR山崎駅(^^)]━―━―━―━―━―━―━―━―━―

86 :山崎渉:03/05/28 14:27 ID:???
     ∧_∧
ピュ.ー (  ^^ ) <これからも僕を応援して下さいね(^^)。
  =〔~∪ ̄ ̄〕
  = ◎――◎                      山崎渉

87 :名無しさん@占い修業中:03/05/31 21:50 ID:sVIPmoEE
>>1
>「平成」という元号を提案した
噂ではなく、これはホント。
あと玉音放送の原稿も書いたそうですけど。


88 :名無しさん@占い修業中:03/06/08 05:31 ID:???
>87
終戦詔書については、いくつかの部分の修正だったように思います。
つーか終戦詔書の全文読んでみ。日本が戦後復興した意味が分かるから。

89 :名無しさん@占い修業中:03/07/09 13:12 ID:???
元共産党で転向右翼の田中清玄氏は安岡氏を
玉音放送の原稿の件で「天皇の言葉に文句をつけている」うんぬんという
趣旨で批判しているが、それどう思います? >87

あれは田中氏が知らなかっただけなのか? それとも元々仲が悪いだけ?

90 :山崎 渉:03/07/12 12:02 ID:???

 __∧_∧_
 |(  ^^ )| <寝るぽ(^^)
 |\⌒⌒⌒\
 \ |⌒⌒⌒~|         山崎渉
   ~ ̄ ̄ ̄ ̄

91 :山崎 渉:03/07/15 13:08 ID:???

 __∧_∧_
 |(  ^^ )| <寝るぽ(^^)
 |\⌒⌒⌒\
 \ |⌒⌒⌒~|         山崎渉
   ~ ̄ ̄ ̄ ̄

92 :名無しさん@占い修業中:03/07/21 18:14 ID:???
>89
87じゃないけど確かに陛下の言葉に修正を入れるというのはあんましよく
ないとも受けられがちだけど、発せられる前のものだと可みたいね。
田中某という方のことはよくわかりませんが極端から極端に行く方ならば
難癖を付ける商売を本業になさっているみたいに感じますね。
一度発せられると天皇の言葉は引っ込みがつかない性質のものだから大変です。

93 :名無しさん@占い修業中:03/07/21 18:36 ID:B5RHA5WC
>92 お返事、どうもありがとう

田中清玄氏は、昭和天皇と植物園(偶然に)であってから、天皇シンパに変わったみたいです。
仕事としては、土建業をやったあとで、アラブ関係の人脈を作って、
日本の石油フィクサーと呼ばれる立場になった人みたいですね。
難癖うんぬんは、いまのところよくわからないので、なにか信頼すべき資料があったら教えてください。

文献で知る限りの田中清玄氏は、ハイエクと交流があったり、
山口組の三代目と親交があったり、とにかく人間関係の幅が広い人みたいです。
世代が違うので残念ながら本人を直接知りませんが、異彩を放っていて魅力的な人だと思いました。



94 :名無しさん@占い修業中:03/07/22 14:12 ID:???
安岡正篤という人を巡る人脈が間違いなく昭和期の日本を形作っていたと思う。
当然ですけど、そこにはポジティブな面とネガティブな面があるんですけど、
血盟団事件のようにネガティブではあるが、
未だに強い影響をもたらしつづけている思想的背景を提供していたように、
当事者以外にはあまりにも複雑に絡み合っているようにしか見えなくて、
解はあるはずなんだろうけど、すっと胸オチするように理解できないところが多い。

戦前の思想のわかりにくさは、このまえNHKで深夜にやっていた、
2.26事件の当事者間のやり取りを聞いていても感じた。
「天皇陛下の軍隊」という概念を、上官と下士官がお互い自明の了解事項として、
そこで殺し合いすら辞さない会話が自然に成立していることに違和感があった。

安岡正篤さんは、戦前から戦後にかけて一貫する流れの中心にいる人だから、
米国に占領されてから日本の何が変わったのか、なにが同じなのかを
人を通して知ろうとしたときの、キーマンのひとりだと思う。



95 :名無しさん@占い修業中:03/07/23 23:32 ID:???
彼の人生は日本がどうあるべきかを諭し続けたものだったんじゃないのかなって思います。
時代背景は奔流だったけど道徳に適う人間を育成しようという気魄があったのかなと。
最近講話の文庫化されたものが立て続けに出てますね。下手な啓発書よりずっと価値がある。

96 :ぼるじょあ ◆yBEncckFOU :03/08/02 03:01 ID:???
     ∧_∧  ∧_∧
ピュ.ー (  ・3・) (  ^^ ) <これからも僕たちを応援して下さいね(^^)。
  =〔~∪ ̄ ̄ ̄∪ ̄ ̄〕
  = ◎――――――◎                      山崎渉&ぼるじょあ

97 :山崎 渉:03/08/15 18:37 ID:???
    (⌒V⌒)
   │ ^ ^ │<これからも僕を応援して下さいね(^^)。
  ⊂|    |つ
   (_)(_)                      山崎パン

98 :名無しさん@占い修業中:03/08/29 09:32 ID:MStxtoDB
安岡さんの本は読んだ事あります。結構面白かったよ。

99 :名無しさん@占い修業中:03/09/24 13:26 ID:???
「活眼・活學」の一册だけでもいいから読めと。

100 :名無しさん@占い修業中:03/11/02 03:44 ID:???
100

101 :名無しさん@占い修業中:03/12/17 12:42 ID:1ZgWEBgo
新右翼の教祖的存在だった野村秋介がボロクソに言っていたなー

102 :名無しさん@占い修業中:03/12/25 23:03 ID:j681rFra
時務を知るは俊傑にあり。
俊傑のみが、真に活きた問題、とくに大きな問題の解決とその指針を与えられる。

世の中にはたくさんの評論家、政治家、学者など知識人がいますが、俊傑などごく少数です。得がたいものです。
吉田茂さんなどが好例でしょう。企業家ならジャック・ウェルチでしょうか。
あの時も、マスコミから、評論家から、他の政治家から、知識人から、共産思想者などいたる人から、非難されたり、理屈づけされたりしました。

安岡先生は、ひとつの肩書きなどに収まらぬ、たいへんな俊傑だったと思います。
まさに政治家の先生、とくに宰相の先生、国民の師だったと思います。
あえて失礼を承知で比肩するなら、晏子、諸葛孔明、孔子・孟子、吉田松陰、老子、陶淵明などでしょうか?
しかし、これも彼の一面しか示せていません…

103 :名無しさん@占い修業中:04/01/24 19:10 ID:B2RkTqON
問題意識を本当に持っている人は>>102さんがいうように少数だってのは同意するよ。

うんとさ、おれは現実でももっとぶっちゃけたところを話すべきだと思う。
2chでしかこうして話せないのは、ホント間違ってると思う。

97年にはまったくほとんど誰にも知られてなかった
ジャーナリズムにおけるメディアリテラシーの話を
今日、訪れた独立行政法人のセミナーでは当たり前のように語ってたよ。

そういう問題点は、日本国内に五万とあると思う。もっとみんな本音を語ろう。プライドを捨てて。

104 :名無しさん@占い修業中:04/04/12 22:06 ID:???

 __∧_∧_
 |(  ^^ )| <寝るぽ(^^)
 |\⌒⌒⌒\
 \ |⌒⌒⌒~|         山崎とおる

105 :444:04/05/03 18:27 ID:XIunJAyr
アッ!!こんなところに安岡先生のスレッドが!!!

27 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)